1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 01:10:24.30 ID:de4xYIdmO
シンノリウス「父上!何故私をアカデメイアへ!」

引用元: ヒロシリウス「シンノリウスよ、アカデメイアへいけ」 




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 01:15:05.02 ID:de4xYIdmO
シンノリウス「我、皇帝に仕える身、ゆくゆくはそなたもと考えておる」

シンノリウス「さすれば、我、ローマにとどまりおきて、皇帝のおそばにいといございまする」

ヒロシリウス「ええい、正直にもうせ、貴様がそばにおりたいのは
そなたの母ミサリョスと
年端もいかぬ妹、ヒマリスの元であろう」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 01:19:24.44 ID:de4xYIdmO
シンノリウス「そこまで分かっておられるならば何ゆえに!
学ならば家庭教師で十分ではござらんか!」

ヒロシリウス「我、心、鬼にしていいたり
シンノリウスよ世界へ出よ、そしてローマのために尽くせ、」

シンノリウス「分かりました、父上、あなたがそこまでおっしゃるのであれば」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 01:24:36.74 ID:de4xYIdmO
ミサリョス「聞いたぞ我、音に、聞いたぞ、ヒロシリウス、
何故、我からシンノリウスを引き離すか、」

ヒロシリウス「・・・・」

ミサリョス「言わぬか、何故じゃ、」

シンノリウス「母上、お止め下さい、父上には父上のお考えがあるのです」

ミサリョス「シンノリウス、おお、我が一人息子、目に入れても痛くはない息子よ、」

シンノリウス「母上、我、アカデメイアへ行ってまいります」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 01:30:08.45 ID:de4xYIdmO
ヒマリス「たーい、」

シンノリウス「妹、まだ言葉も知らぬ妹よ、
我が言葉、心で聞け
あまり母上を困らすで無いぞ、大きく育てよ
我、遠く離れようとそなたを愛しておるぞ」

ヒマリス「たーい」

ヒロシリウス「シンノリウス、餞別じゃ、奴隷シロヌスを連れてゆけ」

シンノリウス「父上、ありがたきや、ゆくぞシロヌス準備いたせ」

シロヌス「わんわん」(卑しき身分ゆえラテン語をしらん)

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 01:34:55.84 ID:de4xYIdmO
シンノリウス「それでは父上、母上、行って参ります」

ミサリョス「シンノリウスや、」

ヒロシリウス「シンノリウス、我、そなたの成長楽しみにしておるぞ
アカデメイアにて師を、そして盟友を作れ
必ずや、そなたであれば、アカデメイアに、いや、ローマに嵐を吹き荒らせようぞ・・・」

嵐を呼ぶ哲学者
パピルスシンノリウス

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 01:40:07.01 ID:de4xYIdmO
シンノリウス「初めての船旅じゃ、いざ、ギリシャへ、行かん、
シロヌス、みよ、みめ麗しきおなご共を、」

シロヌス「わんわん」(卑しき身分ゆえラテン語をしらん)

シンノリウス「さあさあ、そこの美しき者よ、
我が目に止まったとあらばそれは誠に幸いな事じゃぞ」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 01:46:27.72 ID:de4xYIdmO
ヨシナガリウス「これ、そこの者よ、」

シンノリウス「何用じゃ、今、忙しきゆえ後になされよ」

ヨシナガリウス「その格好、アカデメイアへ向かう学徒と見たり」

シンノリウス「いかにも、そなたは、」

ヨシナガリウス「我こそは、アカデメイアで、教鞭をふるいたる、ヨシナガリウスじゃ
情けなきや、今、フィロソフィを学ばんとする学徒が
そのような振る舞いをなさるとは
自分を制したまえよ」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 01:54:32.75 ID:de4xYIdmO
シンノリウス「ああ、みめ麗しきおなごが行ってしまわれた
ヨシナガリウス殿、人は恋をし、家庭を作り、国を守る者
フィロソフィとやらが、それがいけない事というなれば
フィロソフィとやらこそが人の道の邪魔ではござらんか、」

ヨシナガリウス「ふん、学なき者が、いっちょまえに語るな
それは人の道でもござるが獣の道でもござる
人にしか歩めぬ道それがフィロソフィなり
我、そなたらに教えて信ぜよう、真のフィロソフィを」

シンノリウス「左様か、我、少しばかりアカデメイアが楽しみになった
学ばせて貰おう、師よ、ヨシナガリウスよ」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 02:04:38.97 ID:de4xYIdmO
アカデメイアにて

???「皆の者、何か学ばんと来た者どもよ
そなたらの期待答えんが為にここは、あり
かのソフラテス共が言われた『我、無知を知る者』と
そなたらも自身の無知を知るがよい
そして学ぶがよい」

シンノリウス「なんと猛々しき吾人か、我、彼をローマの百人隊長と見たり」

ヨシナガリウス「ふふふ、違うぞ、シンノリウスよ、彼こそは、このアカデメイアの現園長じゃぞ」

シンノリウス「なんと、」

園長「皆の者よ、我、そなたらと共に学ばん、」

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 02:13:05.12 ID:de4xYIdmO
ヨシナガリウス「我、そなたらと共に学ばんとする、ヨシナガリウスじゃ、
周りを見るがいい、彼ら、汝らの同胞よ、仲良くいたせ」

皆の者「あい、つかまつった」

シンノリウス「そうであるか、おい、そこの者、我、シンノリウス、仲良くいたせ」

マサオリウス「・・・・」

シンノリウス「なんじゃ、無礼な、返事ぐらいいたせ」

マサオリウス「う、うけたまわっ」

シンノリウス「なんじゃ、ははは、緊張しておるな」

マサオリウス「さ、左様、我、家より一度として出た事なき身ゆえ・・・慣れん」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 02:19:00.74 ID:de4xYIdmO
シンノリウス「そは、我と同じ、仲良ういたせよ、」

マサオリウス「は、はっ」

ボースクス「無理強いいたすな、」

シンノリウス「無理強いなぞしておらん、なんじゃそなたは、」
ボースクス「我、ボースクス」

シンノリウス「ならば無理強いはせん、そなたも我と仲良くしてくれるか」

ボースクス「いいだろう」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 02:27:28.37 ID:de4xYIdmO
トオルス「なんと愚かしい者どもよ」

シンノリウス「なんじゃそなたは、いきなり無礼な」

トオルス「よくぞ聞いた、我、カザマリアヌス家の一人息子トオルス
我とそなたらでは身分が違うぞ」

マサオリウス「し、しかし、師ヨシナガリウス殿が
我ら学徒には身分の違いなぞないと・・」

トオルス「そは、ヨシナガリウスの持論じゃろ
我には家庭教師がおるしな」

シンノリウス「そうかさらば、我らヨシナガリウスと学を行く
そなたは、その家庭教師と共に行け」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 02:34:42.65 ID:de4xYIdmO
シンノリウス「さあ行こう」

マサオリウス「あい、つかまつった・・・」

トオルス「まて、しかししかしじゃ、ヨシナガリウス殿にも一理ある、
我そなたらと仲良くならんでもないぞ」

シンノリウス「なんじゃ、そなた、真は、我らと仲良くなりたいのではないか」

トオルス「無礼な、そのようなつもりは無い、
ただ我、幼きそなたらに哲学教えてしんぜようと」

シンノリウス「それは必要無い、さらば」

トオルス「・・・もうよい!」

シンノリウス「ははは、すまぬすまぬ、しかし我らは同胞じゃ
仲良くいたそう」


18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 02:42:44.34 ID:de4xYIdmO
ネネリピタル「シンノリウスよ」

トオルス「なんじゃ、おなごではないか、おなごに哲学は必要無かろう」

ネネリピタル「そなたではないシンノリウスにようがあるのだ」

トオルス「この、おなごのくせに」

ネネリピタル「なんじゃ、おなごのくせになんじゃ、申すがよい」

トオルス「なっ、なんでもござらん・・・」

マサオリウス「ネネリピタル、ただ者ではない・・・」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 02:49:37.93 ID:de4xYIdmO
シンノリウス「ははは、トオルスそなたの負けじゃ、さて、何用か、」

ネネリピタル「妾、ネネリピタル、仲良くいたそうぞ」

シンノリウス「あいつかまつった」

そしてシンノリウス、マサオリウス、ボースクス、トオルス、ネネリピタル
は盟友となり一つの小さなローマ帝国のような
素晴らしき共同体を作りあげた

ヨシナガリウス「ふふ、シンノリウスよ、もう共同体を作りあげたか
そなたらの周りは皆鳥のように自由でありながら
重装歩兵のごとき結託に結ばれておる
ただ者ではなし」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 03:02:55.07 ID:de4xYIdmO
マサオリウス「やめてたも、許してたも、」

クソリス「アカデメイアのお坊ちゃまめ、
つまらないフィロソフィなぞ学びよって」ビシビシ

ガキルス「我、そなたに真の哲学を教えてしんぜよう
それは力じゃ、そなた我にかなうまい?
我の言いつけに言われるがままにするか?」

マサオリウス「わかりました、我、そなたの言いつけを守る、されば、さればやめてくだされ」

ガキルス「ははは、我が力、そなた思うがままこれぞ哲学、ははは」

トオルス「くっ、ゆるせん・・・」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 03:10:13.34 ID:de4xYIdmO
ネネリピタル「トオルス殿何を見ているのか、」

トオルス「ネネリピタル殿・・・」

ネネリピタル「あれはマサオリウス、何故じゃ、トオルス殿、何故黙ってみておる
はよ、助けばや」

トオルス「出来ればやっておる、しかし、我力なきゆえ・・」

ネネリピタル「ええい、情けない、それでもアカデメイアの学徒、我らが盟友か、
我は、ゆくぞ」

トオルス「ああ、ネネリピタル殿、待ちたもれ」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 03:17:00.95 ID:de4xYIdmO
ネネリピタル「やあやあ、悪漢共、我ネネリピタル、
貴公らの悪行、目に痛し、止めよ止めよ」
クソリス「なにやつ、と、女ではないか、ははは驚かせおって
いかほどにいたそうか」

ガキルス「ははは女かちょうどよい、捕らえようぞ」

ネネリピタル「な、なにをするか、止めよ、止めよ」

マサオリウス「ネ、ネネリピタル」

トオルス「や、止めよ、止めよ、そなたら、
わ、我が父の耳に入れたればどうなるか分かっておるのか」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 03:21:50.55 ID:de4xYIdmO
クソリス「どうなると言うのじゃ」ゲシ

ガキルス「教えてたもれ」ガシ

トオルス「ぐっ、ぐふ」

マサオリウス「トオルス殿・・・」

ネネリピタル「蛆にも劣るゲス共め・・・」

シンノリウス「やめいやめぇい」

シロヌス「あおーん」(卑しき身分ゆえラテン語をしらん)

ボースクス「我来たり」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 03:29:15.10 ID:de4xYIdmO
マサオリウス「シンノリウス殿、と、何ゆえ裸なのじゃ、」

ネネリピタル「恥ずかしきや・・・」

シンノリウス「我が肉体、誠に美なり、
蛮人をも必ずやxxxに導きたまうぞな」
シロヌス「あおーんあおーん」

トオルス「シロヌスが発 しておる、もしやその言葉、誠やもしれん」

ボースクス「それは、無理なり」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 03:35:03.52 ID:de4xYIdmO
クソリス「なんじゃこやつは、気が触れておる、」

ガキルス「やってしまえい」

シンノリウス「くるか、この美しき身体に、」

ガキルス「ええいやってしまえいやと言うておる」
(何ゆえ、このものは自信にみちておる恐ろしきや)

クソリス「ええいそなたから行けい、我はその後でゆく、わっ」

シロヌス「あおーんあおーん」(卑しき身分ゆえラテン語をしらん)

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 03:40:38.30 ID:de4xYIdmO
シンノリウス「まて、シロヌス、いや、そのままつかんでおれ」
シロヌス「あおーん」

クソリス「何をするか、」

シンノリウス「そなたに我のうちで、もっとも美なる、尻を見せて差し上げようぞ」

クソリス「や、止めよ、止めとくれ、うわっ」ガク


シンノリウス「おっと、すまぬ、先ほどミュール貝を食べたゆえ・・」

ガキルス「クソリスに何を・・・」

シンノリウス「すまぬ・・・少しばかり・・・屁なる物を」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 03:46:40.11 ID:de4xYIdmO
マサオリウス「恐ろしや・・・」

ネネリピタル「流石、シンノリウス殿、我が見込んだ男よ」

シロヌス「へっへっへっへっ」(卑しきや)

ガキルス「次は、我か、しかし残念だな、我は、鼻が詰まっておるぞ」

シンノリウス「いや、残念ではござらん、我が目的、それは
我が尻にてそなたにフィロソフィを教えて差し上げることじゃ」

ガキルス「さ、さらば・・・」

シンノリウス「いくらでも見せて差し上げよう」

シロヌス「あおーん」
ボースクス「哀れなり」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 03:52:28.08 ID:de4xYIdmO
ガキルス「すまぬ・・・すまぬもう二度と
そなたらの前に現れん・・許してたもれ」

シンノリウス「あいつかまつった、そうであらば、見納めじゃ見てゆけ」

ガキルス「    」

マサオリウス「それから、ガキルスは日がどっぷりおつるまで
シンノリウス殿の尻を見続けたのであった」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 03:57:55.04 ID:de4xYIdmO
トオルス「シンノリウス、シンノリウスはどこか?」

マサオリウス「シンノリウス殿、我、探したるぞな」

ネネリピタル「シンノリウス殿、我とフィロソフィせぬか、」

ボースクス「シンノリウス、盟友よ」

ヨシナガリウス「ええい、シンノリウスめ、また逃げおったか?」

園長「ふふふ、シンノリウス、彼まさに嵐なり」

シンノリウス「シンノリウス、我、ここにあり」

終わり

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 04:13:23.78 ID:de4xYIdmO
さてりこん!

ユイリス「ウイッスス、ウイッススはおるか、」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 04:16:17.26 ID:de4xYIdmO
ウイッスス「なんでございますか?姉上、そうぞうしい、」

ユイリス「喜べ、妹よ、我が楽団、皇帝の招待状を承った」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 04:24:01.92 ID:de4xYIdmO
ウイッスス「そうでござったか、確か姉上の楽団の名は・・・」

ユイリス「忘れたか、『夕凪時ブドウ酒楽団』じゃ」

ウイッスス「いつ聞いても不可思議な名じゃ、
確か、姉上が盟友と共に夕凪時にブドウ酒を嗜む事からであったな」

ユイリス「そうじゃ、そうと決まっては、急いで、彼奴らに伝えねばの、行ってまいる」

ウイッスス「姉上、皇帝の前ではどうか粗相なきように、」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 04:32:07.37 ID:de4xYIdmO
リツニンティウス「それは誠か、ユイリス殿」

ミオクス「嘘をついてどうするか、そうか我らついに皇帝のそばへ行けるか」

ユイリス「そうじゃ我らが噂、皇帝の耳に入られたのじゃ
初めてじゃ皇帝陛下の前に参上するのは」

マユゲリウス「すまぬ、我、いくどかお目にかかった事がござるのじゃ」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 04:40:04.28 ID:de4xYIdmO
リツニンティウス「まあツムギリウス殿は
皇帝陛下側近の娘じゃからな・・」

ミオクス「まあ、さればじゃ、なおのこと力を入れて練習にはげまねばの
とくにユイリス殿」

ユイリス「ははは、参った参った、ミオクス殿はいつも手厳しい、
流石の、我も今回ばかりは真に取り組もう」

リツニンティウス「いつも皇帝陛下が見にきてくださればの、ユイリス殿も真面目なのにの」

ツムギリウス「ははは、ユイリス殿、これはリツニンティウス殿に一本とられたぞ」
ユイリス「さあさあ練習始めようぞ」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 04:49:14.22 ID:de4xYIdmO
狂気の時
歌手:夕凪時ブドウ酒楽団
作詞:ミオクス
作曲:マエザリウス

そなたを垣間見とれば心奪われてしまう
我が心はまさに雲のように漂い
とめどないそなたの狂気
我も狂うておってめそなたは気づかず
せめて夢の中ならばそなたと契りを結べよう
おお全知全能なる神に我が願い聞き届きたまえ
我らが狂気、共に侍らせよ
家宝の宝剣 今宵も抱き眠る
狂気の時よ 狂気の時よ 狂気の時よ来たれ

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 04:55:13.12 ID:de4xYIdmO
ユイリス「うむ、今宵も完璧じゃ、問題は皇帝陛下の前で同じ演奏ができるかだけじゃ」

ミオクス「それと、ユイリス殿が気を大きく持ち過ぎぬ事よの、」

リツニンティウス「はははミオクス殿の言うた通りじゃな」

マユゲリウス「はははははは」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 05:00:58.50 ID:de4xYIdmO
そして我ら夕凪時楽団は皇帝陛下キモユス・オタリス・ニートリウス殿の前に参上した

オタリス帝「おお、きたか
皆の者、紹介しようぞ、夕凪時ブドウ酒楽団じゃ
珍しいおなごのみの楽団よ
さあさあそちらゆるりとして参れ」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 05:10:34.53 ID:de4xYIdmO
ユイリス「は、は、はいありがたきお言葉、」

ミオクス「う、うつけもの、皇帝陛下の前でどもる奴がおるか、すみませぬ、」

リツニンティウス「ミ、ミオクス殿もどもっておるぞえ、」

オタリス帝「ほほほ、初初しくてよいぞ、」
???「左様で御座いますね、さあお前達、お呼びがかかるまで下がっておれ」

夕凪時楽団「はい、」

オタリス帝「なんじゃもう少しぐらい」

???「しかし陛下時間おしておりますゆえすみませんが」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 05:19:29.96 ID:de4xYIdmO
リツニンティウス「せっかく皇帝陛下に気に入ってもらえたのに、あの者は何者じゃ」

マユゲリウス「確かあのお方は・・・」

野心家・哲人・副皇帝オト二ス・ウルサス・ボウティウス帝

ユイリス「ほう、彼が音にききしウルサス帝か、我、彼が苦手なり」

ミオクス「我もじゃ」

リツニンティウス「皆の者、このカキ食うてみよ、誠に美味なり、流石は皇帝陛下の宴じゃ」

マユゲリウス「リツニンティウス殿、食べ過ぎると演奏に障りがでるゆえ
わきまえたまえよ」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 05:24:28.76 ID:de4xYIdmO
ウルサス帝「さあそなたら、皇帝陛下がお呼びじゃ演ぜよ」

ユイリス「喜んで、承りました」

リツニンティウス「ユイリス殿、最高の演奏を陛下に」

オタリス帝「気を重くせずゆるりと演ぜよ」

ミオクス「それでは」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/03/30(金) 05:37:14.63 ID:de4xYIdmO
汝、我急がせたまうな
歌手:夕凪時ブドウ酒楽団
作詞:オオトモリスス
作曲:マエザリウス
汝、我急がせたまうな
なぜならば我は正気ではござらん
暗殺者どもはそう
見えないとこで人を消したまうなり
xxxの神に身を捧げよう タナトスよ来るがよい、覚悟しておる
全ての道はローマに通じるのだ
いくらどこに落ち延びようと
この身体はローマを覚えているのだ
ローマへの地図を我はみよう
アッピア街道それは皇帝陛下の道
金色の翼それは我らローマ市民に
爪が割れようと 我は耐えよう
それがローマのためならば
大事なのは誇り 愛おしむこと
誇りが無ければ 人(ひと)では無い