1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:32:31.92 ID:hyggTRQZO
コナン「おら!光彦死ね!」

光彦「痛いです!やめてください!」

コナン「そう言って心の中では喜んでるんだろ!」

光彦「そんなわけないでしょ!」

コナン「口答えするんじゃねえ!」ドゴォ!

光彦「痛い!!」

コナン「どうだ?キック力増強シューズで蹴られる感覚は?」

光彦「やめて・・・もうやめて・・・。」

コナン「うるせえ!!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1608467551

引用元: 光彦「月影島に行きましょう!」 



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:33:32.68 ID:hyggTRQZO
~その後~

光彦「うう・・・ぐすっ・・・。」

阿笠「ほら、これでよし。」

光彦「ありがとうございます・・・。」

阿笠「お礼なんて言わんでくれ、わしら大人がコナン君を止められないのが悪いんじゃ。」

光彦「博士は怖くないんですか?僕に手当てなんてしたら、博士も一緒に・・・。」

阿笠「わしはメカを作っておる、言わばコナン君のライフラインじゃ。ちょっとのことでは狙われんよ。」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:34:07.92 ID:hyggTRQZO
阿笠「わしがそもそもメカを作らなければ、君が傷つくことも無かったが・・・。」

光彦「そんなこと言わないでください!博士の発明のおかげで、僕らはいくつもの危機を切り抜けられたんです!」

阿笠「光彦君・・・ぐすっ・・・。」

光彦「・・・ねえ、博士。」

阿笠「何かね。」

光彦「コナン君は、どうして変わってしまったんでしょう?」

光彦「前のコナン君は、とても勇敢で心優しくて、人を傷つけて楽しむような人間ではなかったんです。」

阿笠「・・・・・・。」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:34:48.14 ID:hyggTRQZO
光彦「何か・・・彼の心を歪ませる出来事があったんでしょうか?」

阿笠「・・・あるとすれば・・・。」

光彦「!?」

阿笠「一つ心当たりがある。毛利君の仕事について行って、ある島に出かけた。」

阿笠「そこから帰ってきた彼は、以前とは雰囲気が変わっていた。」

阿笠「思えばあの時からか、彼が荒れてしまい、君を傷つけるようになってしまったのは。」

光彦「その島とは・・・?」

阿笠「名を、月影島という。」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:35:32.55 ID:hyggTRQZO
光彦「月影島・・・。」

阿笠「その島で殺人事件が起き、犯人は最後に自殺してしまったそうじゃ。」

光彦「もしかしてコナン君・・・目の前で犯人を死なせてしまったんじゃ・・・。」

阿笠「・・・服部君から聞いたことがある。コナン君が言っていたそうじゃ。」

阿笠「『犯人を推理で追い詰めて自殺させる探偵は、殺人者と変わらない』とな。」

光彦「コナン君・・・。」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:36:24.18 ID:hyggTRQZO
光彦「じゃあコナン君は、犯人を自殺させてしまって、その影響で心が壊れてしまったんでしょうか・・・。」

阿笠「かもしれん。」

光彦「もう元のコナン君には戻れないんでしょうか?」

阿笠「分からん。こればかりは彼自身の中でしか解決できんのじゃ。」

光彦「そんな・・・僕は友達なのに、何も助けられないなんて・・・。」

阿笠「光彦君、君はあんなにひどい目にあっているのに、まだ友達だと?」

光彦「当然です!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:36:55.61 ID:hyggTRQZO
阿笠「・・・もし・・・もし彼を助けられる手段があるとしたら、君はどうする?」

光彦「何が何でも助けます!」

阿笠「君の命が危険に晒されるかもしれんぞ?」

光彦「構いません!」

阿笠「・・・よし分かった。ならばやるぞ!」

光彦「?」

阿笠「地下室に来なさい。」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:37:37.00 ID:hyggTRQZO
~地下室~

光彦「何があるんですか?」

阿笠「わしも君と同じじゃ。例え危険なことであっても、コナン君を助けたい。」

阿笠「そのため日夜研究を重ねておった。」

阿笠「その成果がこれじゃ!」

光彦「これは・・・ベルトですか?」

阿笠「聞いて驚くな。これは時間遡行を可能にするタイムベルトじゃ!」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:38:14.16 ID:hyggTRQZO
光彦「もしかしてこれを使えば・・・過去に行けるんですか!?」

阿笠「そうじゃ!これで月影島で事件が起きる時間まで戻り、コナン君の心が壊れないようにする!」

光彦「これでコナン君は元に戻る・・・。」

阿笠「やるぞ光彦君!」

光彦「はい!」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:38:47.39 ID:hyggTRQZO
光彦「では早速・・・。」

阿笠「おっと待つんじゃ。」

光彦「え?」

阿笠「このベルトは時間移動はできるが、空間移動はできん。」

阿笠「実際に月影島まで移動してからじゃ。」

光彦「そうなんですか・・・。」

阿笠「それに準備もいるじゃろう。作戦実行は明日にしよう。」

光彦「分かりました。」

光彦(コナン君・・・必ず君を救ってみせます!)

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:39:24.28 ID:hyggTRQZO
~翌日~

コナン「よう光彦、おっはよ~う!」ドォン!!

光彦「ぐえぇ!!」

コナン「ひゃはは!!いい声出すなあ!!」

光彦「くっ・・・。」

コナン「なあ、お前らもやれよ、ほら!」

歩美「え・・・。」

元太「けど・・・。」

コナン「ああ!?」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:40:05.04 ID:hyggTRQZO
元太「わ、分かったよ!」

光彦「元太君・・・。」

元太「・・・おら!」ドン!

光彦「痛っ!」

コナン「おいおい、突き飛ばすだけじゃ面白くないだろ?」

コナン「歩美ちゃん、手本を見せてやりなよ。」

歩美「う・・・うん。」

 

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:41:22.51 ID:hyggTRQZO
歩美「えいっ!」ズゥン!!

光彦「あばぁっ!!」

コナン「流石歩美ちゃん、鳩尾に膝蹴り、クリーンヒットだ!!」

歩美「うん・・・ありがとう・・・。」

光彦(耐えろ、耐えるんだ。放課後に博士と過去に行って、コナン君を助ければ、すべて良くなる。)

光彦「運命は・・・変わるんだ・・・。」

コナン「はあ?変わるわけねえだろ!」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:42:32.89 ID:hyggTRQZO
コナン「お前は一生俺の玩具なんだよ!!」

光彦「くうっ!!」

コナン「お前の運命、推理してやろうか?俺は探偵だから分かるんだ!」

光彦「・・・・・・。」

コナン「小学生、俺の玩具として痛めつけられる。」

コナン「中学生、狂いだし、俺に服従することに生きがいを見出す。」

コナン「高校生、遂に精神が崩壊し、俺に感謝の言葉を述べながら自殺。」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:43:19.99 ID:hyggTRQZO
コナン「お前の人生、どうせ薄っぺらいんだ!」

光彦「その推理で・・・。」

コナン「あ?」

光彦「その推理で僕を追い詰めているとは、思わないんですか?」

コナン「・・・何が言いたい。」

光彦「その推理で僕が自殺に追い込まれたらって、考えないんですか!?」

コナン「・・・光彦てめえ!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:44:04.36 ID:hyggTRQZO
歩美「コナン君、もうやめて!」

コナン「歩美!」

元太「俺も見てられねえ!」

コナン「元太まで!」

歩美「今まで怖くて言えなかった。けど、友達がこれ以上傷つくの、もう見たくない!」

元太「ごめんな光彦、痛かっただろ?」

光彦「歩美ちゃん、元太君・・・。」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:44:41.97 ID:hyggTRQZO
コナン「そうかよ、分かった。」

歩美「コナン君、今からでも・・・。」

コナン「じゃあ死ね。」

歩美「え?」

ドゴォン!!

歩美「」

光彦「・・・歩美ちゃん?」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:45:27.26 ID:hyggTRQZO
コナン「キック力増強シューズのレベルを最大にした。」

コナン「歩美の貧弱な体じゃあ、耐えられやしねえよ。」

元太「コナン・・・。」

コナン「元太、お前の体は無駄に頑丈だからな、何発もやらねえと・・・。」

元太「ひっ!」

光彦「元太君、逃げましょう!」

元太「・・・いや、光彦だけ逃げろ!俺はここで食い止める!」

光彦「何言ってるんですか!そんなことしたら元太君が!」

元太「今までお前を助けなかった報いだ!!」

光彦「そんな・・・。」

コナン「安心しろよ!どっちも殺してやっからよ!!」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:46:28.25 ID:hyggTRQZO
元太「行け!光彦!」

光彦「ごめんなさい!元太君!」ダッ!

コナン「おらあ!!」ドゴォ!

元太「ぐああああ!!!!!」

光彦(ごめんなさい、元太君!必ず過去を変えてみせますから!)

コナン「おらおらおら!!!」

元太「ぎゃああああああ!!!!!」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:47:10.17 ID:hyggTRQZO
~阿笠邸~

光彦「博士!」

阿笠「おや光彦君、どうしたのかね。出発は放課後じゃろ?」

光彦「いえ駄目です。今すぐ行かないと!」

阿笠「・・・分かった。話は車の中で聞こう!」

光彦「準備は?」

阿笠「最終調整が必要じゃが、時間が無いからこのまま行こう!」

光彦「はい!」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:48:00.81 ID:hyggTRQZO
~車内~

光彦「・・・ということなんです。」

阿笠「何と・・・そんなことが・・・。」

光彦「だから僕は・・・何としても・・・。」

阿笠「勿論じゃ、絶対に成し遂げねばならない。」

光彦「はい・・・あれっ、博士。」

阿笠「何かね?」

光彦「凄く後ろからですが、何かが超スピードでこっちに近づいてきてます。」

阿笠「まさか・・・。」





コナン「ヒャッハ~!!」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:49:05.84 ID:hyggTRQZO
阿笠「間違いない、コナン君じゃ!スケボーで追いかけてきたんじゃ!」

光彦「どうして場所が分かったんでしょう!?」

阿笠「探偵団バッジは?」

光彦「電源を切ってます。」

阿笠「服に何か付いてないかね?ガムのような何かが。」

光彦「・・・あっ、背中に付いてます!」

阿笠「発信機じゃ!すぐに脱いで捨てるのじゃ、速く!」





コナン「服を捨てたな。発信機に気付いたか。」

コナン「だがここまで来れば十分だ。目的地も想像がつく。」

コナン「この方向だと港だが・・・どこか遠くに逃げるのか?」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:50:01.69 ID:hyggTRQZO
阿笠「まずいの、目的地がバレたかもしれん。」

光彦「大丈夫ですよ。月影島に向かうだなんて、コナン君でも想像がつきませんよ。」

阿笠「だといいが・・・。」

光彦「それより、月影島にはどうやって向かうんですか?元々放課後に行く予定でしたから、今の時間のチケットは無いでしょう?」

阿笠「いや、そもそも運航しているかどうか・・・。」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:51:11.35 ID:hyggTRQZO
~港~

阿笠「じゃから、そこを何とかしてくれ!」

係員「しかし、月影島への便は一日一つだけですので。」

阿笠「分からん奴じゃのお!」

光彦「博士・・・早くしないとコナン君が僕らを見つけてしまいます。」

阿笠「ええい、仕方があるまい!」

阿笠「光彦君、ここで時間移動じゃ!」

光彦「ええ!?でも時間移動の影響は計り知れないから、影響を抑えるため島に着いてからやろうって!」

阿笠「今コナン君に捕まれば元も子もない!リスクは承知の上じゃ!」

光彦「・・・分かりました!」

阿笠「早速準備を・・・。」

コナン「見つけたぞ!光彦!!」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:52:05.21 ID:hyggTRQZO

光彦「コナン君!」

コナン「一体どこに行くんだ?ええ?」

光彦「博士・・・。」

阿笠「待ってくれ、最終調整をしとらんから起動に時間が・・・。」

コナン「博士~!あんたまで俺の敵に回るのか~!」

阿笠「コナン君・・・いや新一!」

コナン「おいおい、人前でその名前で呼ぶんじゃねえよ。」

阿笠「すまんかった。君の優れた頭脳を過信し、放っておいても心の整理がつくものと思っていた!」

コナン「何の話を・・・。」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:52:46.85 ID:hyggTRQZO
阿笠「君を歪ませたのはわしら大人じゃ。もっと気にかけてやれば良かったと、毎晩枕を濡らしていた!」

コナン「だから何を話して・・・。」

阿笠「必ず・・・必ず君を救ってみせる!」

コナン「博士・・・。」

光彦「コナン君・・・僕も頑張ります!」

光彦「コナン君は僕の・・・友達ですから!」

コナン「光彦・・・誰が勝手に喋っていいっつったよ~!!」

光彦「ひい~!!」

阿笠「よし、時間移動、実行じゃ!」

シュン

 

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:58:10.06 ID:hyggTRQZO
~過去~

光彦「あれ・・・。」

阿笠「ふう、どうやら無事に着いたようじゃな。」

係員「うわっ、あなたたち一体どこから!?」

阿笠「何を言っとるんじゃ、今来たばかりじゃろうが。」

係員「えっ、えっ?」

阿笠「疲れとるんじゃよ、ちょっとは休みなさい。」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 21:59:06.28 ID:hyggTRQZO
光彦「あの、博士。」

阿笠「何かね。」

光彦「いきなり顔、覚えられてませんか?」

阿笠「仕方ないじゃろう、こうするしかなかったんじゃ。」

光彦「この時間、本来僕らは別の場所にいる、なのに同じ人間が別の場所に存在していることが知られたら・・・。」

阿笠「大混乱になるの。」

光彦「だから島に行ってから時間移動しようとしたんでしょ?」

阿笠「うむ、あっちでの目撃情報が本土にまで来ることはまず無いじゃろう。」

阿笠「それと念のため、変装の道具も持ってきたぞ。わしはサングラスとかつらじゃ。」

光彦「僕は眼鏡と帽子ですね。」

阿笠「服も持ってきたぞ、着替えよう。」

阿笠「これで潜り抜けられるといいがの。」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:00:27.31 ID:hyggTRQZO
~十分後~

阿笠「さて、まず島に行かねばならんが、その前に今回の計画を説明しよう。」

光彦「はい、お願いします。」

阿笠「そもそもコナン君の心が壊れてしまったのは何故か、おそらく犯人を推理で追い詰めて死なせてしまったからじゃろう。」

阿笠「それを避けるためには、何をすればいいと思う?」

光彦「う~ん、事件が起きる前に犯人を説得すればいいのではないでしょうか?」

光彦「そうすれば事件自体起きません。」

阿笠「確かに、それができれば最良じゃろう。じゃが上手くいくと思うか?」

阿笠「人を殺すというのは生半可な覚悟で実行できるものではない。」

阿笠「何も知らない赤の他人であるわしらが説得を試みて、思いとどまってくれるじゃろうか?」

光彦「それは・・・難しいと思います。」

阿笠「うむ。だから犯人が殺人を犯す直前で食い止め、警察に拘束してもらう。」

阿笠「力ずくで止めてしまい犯人の無念は晴れないが、誰も傷つかないのが一番じゃ。」

光彦(本当にそれでいいんでしょうか?説得する方法があるんじゃないでしょうか?)

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:01:45.55 ID:hyggTRQZO
阿笠「わしが知っているのは、犯人が浅井成実(せいじ)という医者で、男性であるが女性として振舞っていたこと。」

阿笠「犯行の動機は家族を殺した者たちへの復讐。」

阿笠「そして殺されたのは次の3人じゃ。」

阿笠「川島英夫、村長選立候補者の一人で、第一の被害者じゃ。」

阿笠「黒岩辰次、同じく村長選立候補者の一人で現村長でもある。第二の被害者じゃ」

阿笠「そして最後の被害者、西本健。無職じゃ。」

阿笠「これ以外の情報は公開されておらん。」

阿笠「コナン君たちも事件のことを話そうとせんから、詳しいことは分からんかった。」

光彦「いつ事件が起きるのかも分からないとなると、ずっと見張っているしかありませんね。」

阿笠「そうじゃの。とりあえず今は島に行こう。」

光彦「はい、あの便でしょうか?」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:02:35.06 ID:hyggTRQZO
~船上~

光彦「そういえば博士、コナン君たちは今どこに?」

阿笠「確か今日この日、島へ出発したはずじゃ。」

光彦「あれ、島への便は一日一つだけって・・・。」

阿笠「・・・・・・あ。」

小五郎「ったくよ~、世間じゃ花見だってのに、何だってこの名探偵毛利小五郎が、あんな島に出向かなきゃいけねえんだ。」

阿笠・光彦(やっぱり乗ってる~!!)

光彦「どうするんですか博士!」

阿笠「お、落ち着け、まだバレておらん!」

小五郎「一週間前に届いたあんな手紙のせいでよ。」

光彦(手紙?)

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:03:29.90 ID:hyggTRQZO
小五郎「確か・・・麻生圭二っつたか。自分勝手な依頼人だぜ。」

光彦(どうやら麻生圭二という人の依頼で島に来ているようですね。)

蘭「いいじゃない、伊豆沖の小島でのんびりできるんだから。ねえコナン君?」

コナン「うん!」

光彦(コナン君!)

阿笠(うう・・・またあの頃の新一が見られるとは・・・。)

光彦(感無量です!)

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:04:24.38 ID:hyggTRQZO
~村役場~

小五郎「もっとよく調べてください。現にこうして彼からの手紙が・・・。」



阿笠「なんじゃ、様子がおかしいの。」

光彦「まさか依頼人はもう死んでるとか・・・。」

阿笠「ははは、まさか。」



主任「あ、麻生圭二だとぉ~!?」

阿笠・光彦「!?」

主任「そんなはずはない・・・だって彼は十年以上前に・・・死んでいるんですから・・・。」

阿笠「まさか・・・。」

光彦「大当たりでしたね・・・。」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:05:08.75 ID:hyggTRQZO
主任「あの・・・詳しい話は奥で・・・。」

小五郎「はい・・・。」

コナン「・・・・・・。」

光彦「どうしましょう、奥に行ってしまいます。」

阿笠「じゃがこれ以上近づくと、わしらのことがバレてしまうぞ。」

光彦「・・・う~ん。」

???「・・・・・・。」グビッ

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:05:59.24 ID:hyggTRQZO
光彦「うわ、あの人昼間からお酒飲んでますよ。」

阿笠「もしや、あの人は!」

光彦「知っているんですか?」

阿笠「最後の被害者、無職の西本さんじゃ。」

光彦「それじゃあ、詳しい話を知っているかもしれませんね。」

阿笠「よし行くぞ。酔ってるみたいじゃから意外とすんなり話してくれるかもしれん。」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:06:36.75 ID:hyggTRQZO
阿笠「すみません、ちょっといいですか?」

西本「ん?」

光彦「無職の西本さんですよね?」

西本「何だと!喧嘩売ってんのか!」

光彦「ご、ごめんなさい!」

阿笠「これこれ、無職の人に無職と言っては失礼じゃろう。」

光彦「そうですね。配慮が足りませんでした。申し訳ありません。」

西本「あ、ああ。分かればいいんだ。」

阿笠「ところで、麻生圭二さんについてお聞きしたいんですが。」

西本「麻生だとっ!?」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:07:34.05 ID:hyggTRQZO
阿笠(やはり何か知っておるようじゃな。ここは鎌をかけてみるか。)

阿笠「十年以上前に死んだという麻生さん、あの事件は貴方と川島さん、黒岩さんが仕組んだんじゃろう?」

西本「ど、どうしてそれを!?」

阿笠(ビンゴじゃ!)

阿笠「安心してくれ貴方を捕まえようだなんて思っておらん。むしろ逆、守りに来たんじゃ。」

西本「守りに?」

光彦「実は、貴方たち3人が殺されるという情報が入ったんです。」

西本「じゃあ・・・麻生はやっぱり生きているんだ!!」

光彦「落ち着いてください。殺そうとしているのは・・・。」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:08:23.49 ID:hyggTRQZO
阿笠「待つんじゃ、光彦君。」

光彦「どうして?犯人を教えてあげれば、殺されずに済むかもしれないのに。」

阿笠「それでは犯人が逆に殺されてしまうかもしれん。」

阿笠「誰も傷つかない、それが最良じゃろ?」

光彦「・・・そうでしたね。」

西本「おい、さっきから何を二人でこそこそ話してる。」

阿笠「ああ、気にせんでくれ。こっちの話じゃ。」

阿笠「それより貴方のことは必ず守るから、事件について詳しく聞かせてくれんか?」

西本「ああ、分かった。」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:09:03.25 ID:hyggTRQZO
西本「・・・というわけなんだ。」

光彦「そんなことで同級生を!?」

西本「ゆ、許してくれ麻生!俺は・・・俺は!!」

阿笠(麻薬売買に協力しないからと、家族諸共口封じのために殺すなんて・・・下衆が。)

光彦「博士・・・こんな屑を助けなくちゃいけないんですか?」

阿笠「・・・そうじゃ。それがコナン君のためなんじゃ。」

西本「お願いだ・・・助けてくれ・・・。」

阿笠「分かっておる。」

光彦「・・・・・・。」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:09:39.74 ID:hyggTRQZO
~その後~

光彦「何だか僕、犯人に同情しちゃいます。」

阿笠「では殺人を見逃すかね?」

光彦「それは・・・絶対に駄目です。」

阿笠「どんな理由があろうとも、人を殺してはいかん。」

光彦「はい・・・。」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:10:48.91 ID:hyggTRQZO
阿笠「麻生さんのことは分かったし、次は犯人の浅井成実さんを探そう。」

光彦「確か医者でしたよね。どこかの病院に勤めてるんでしょう。」

阿笠「一つ一つ見ていくかの。」



島の漁業を守るために、この清水正人に清き一票を!!



光彦「なんですか、あれ?」

阿笠「選挙カーじゃ。村長選が近いらしい。」





成実「私は医者の浅井成実!!ちゃんと医師免許持ってます!!」

小五郎「あ、ドクターでしたか・・・。」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:11:49.75 ID:hyggTRQZO
阿笠(まずい、コナン君たちじゃ!)

光彦(あれ、今浅井成実(なるみ)って・・・。)

阿笠「あの人が犯人の・・・。」

光彦「とても人を殺すようには見えません・・・。」

阿笠「油断してはならんぞ。本性を隠しているだけかもしれん。」





小五郎「前の村長の三回忌・・・?」

成実「ええ、今夜公民館で法事をやる予定なんです。」

小五郎「なるほど、行ってみます。ありがとうございます。」

成実「いえ、どういたしまして。」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:12:35.36 ID:hyggTRQZO
成実「あれが毛利小五郎・・・。」

阿笠「すみません、いいですか?」

成実「はい、何でしょうか?」

阿笠「あなたが浅井先生ですか?」

成実「ええ、そうですが。」

阿笠(なるほど、ここでは『せいじ』ではなく『なるみ』と呼ばせているのか。)

光彦「今の人たちに話していたこと、僕らにも教えてくれませんか?」

成実「ええ、公民館で前村長の三回忌があるから、村長候補の三人に会える、って話したわ。」

阿笠(ではそこで殺すのじゃな。)

光彦「博士、僕らも行きましょう。」

阿笠「うむ。」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:13:48.08 ID:hyggTRQZO
光彦「あの、浅井先生。」

成実「何?」

光彦「復讐なんて・・・良くないです。」

成実「・・・・・・。」

光彦「他にも道は・・・。」

阿笠「光彦君!」

阿笠「すみません、子供の戯言です。聞き流してください。」

成実「はい・・・。」

阿笠「光彦君よ、言いたいことは分かる。じゃがわしらには止められん。」

光彦「・・・はい、分かってます。」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:14:47.70 ID:hyggTRQZO
~公民館~

阿笠「入り口から入ると怪しまれるから、どこかの窓から様子を見よう。」

光彦「それ逆です、博士。」

阿笠「公民館の裏はすぐ海じゃから、そっちから回るとしよう。」

光彦「はい。」

光彦「ここが裏手・・・。」

阿笠「ピアノが見えるの。演奏会場か?」

光彦「へえ、ちょっと見てみましょうよ!」

阿笠「これ!見つかったらどうする!」

光彦「大丈夫ですよ!今法事の準備中で、誰も入ってきません!」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:15:28.32 ID:hyggTRQZO
光彦「田舎だからか、戸締りもしてないですね。」

光彦「防犯意識が希薄なんでしょうか・・・。」

光彦「それにしても埃だらけですね、掃除すればいいのに。」

光彦「あれ、ピアノの下に白い粉が・・・。」

阿笠「これこれ、早く戻らんと見つかってしまうぞ。」

光彦「ねえ博士、この白い粉はなんでしょうか?」

阿笠「ん?砂糖か何かか?」ペロッ

光彦「そんなものがあるわけないでしょ。」ペロッ

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:16:03.32 ID:hyggTRQZO
阿笠「・・・・・・。」

光彦「・・・・・・。」

阿笠「・・・・・・。」

光彦「・・・・・・。」

阿笠「ほら、出るぞ。」

光彦「はい。」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:16:47.56 ID:hyggTRQZO
~その夜~

光彦「ねえ博士。」

阿笠「何じゃ。」

光彦「殺人を犯す直前で食い止めて、警察に捕まえてもらうんですよね?」

阿笠「そうじゃよ。それが一番良いんじゃ。」

光彦「僕思ったんですけど・・・。」

阿笠「・・・・・・。」

光彦「犯人に味方すればいいんじゃないですか?」

光彦「殺人計画を成功させて、コナン君が真相を突き止められないようにする。」

光彦「犯人の無念は晴らせる、屑は消える、コナン君は正常のまま。」

光彦「これが一番なんじゃないですか?」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:17:45.56 ID:hyggTRQZO
阿笠「光彦君・・・君は天才じゃ!!」

光彦「ですよね!」

阿笠「わしも薄々気づいていた。やはりそうするべきじゃ!」

光彦「何だか頭が冴えてきたっていうか・・・。すごく気分がいいです!」

阿笠「わしもじゃ、最高の気分じゃ!」

光彦「今なら何だって出来そうな気がします!」

阿笠「必ずやり遂げられるぞ!」

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:18:17.72 ID:hyggTRQZO
川島「ふふふ。」

光彦「誰か出てきますよ。」

阿笠「村長候補の川島さんじゃ。」

川島「私に何の御用ですか?まさか次期村長に媚を売るつもりで?」

阿笠「他にも誰かいるのか?」

川島「浅井先生・・・。」

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:18:58.70 ID:hyggTRQZO
成実「・・・・・・。」

光彦(まさかここで・・・川島さんを殺すつもりなんじゃ・・・。)

光彦(ぐふふふふ!!!)

成実「・・・そんなつもりじゃ・・・。」

川島「では何故?」

成実「・・・・・・。」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:19:47.59 ID:hyggTRQZO
成実「私の本当の名前は・・・せいじ。」

川島「?」

成実「麻生成実(せいじ)です。」

川島「麻生・・・まさか!?」

成実「そう、麻生圭二の息子だ。」

川島「じゃあ私に復讐を・・・。」

成実「・・・そのつもりだった。」

川島「何!?」

成実「最初は殺してやるつもりだった。」

成実「けどできない、俺は医者なんだ。例え憎い奴でも、命を奪うなんてできない!」

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:20:49.32 ID:hyggTRQZO
川島「・・・・・・。」

成実「だから・・・お願いだ。自首してくれ・・・。」

川島「・・・・・・。」

阿笠「いかんのお~!!」

川島「!?」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:21:32.05 ID:hyggTRQZO
阿笠「こんな屑は死ぬべきじゃ。そのために今日まで生きてきたんじゃろ!」

成実「貴方は!?」

阿笠「今ここで殺さんと、今度は君を殺しに来るぞ~!」

川島「何だと!?」

阿笠「川島さん、あんたはここで死ぬんじゃ!」

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:22:18.44 ID:hyggTRQZO
阿笠「光彦く~ん!」

光彦「は~い!!」ドゴォ!!

川島「ぐはあっ!!」

光彦「ひゅ~!キック力増強シューズで人間を蹴るのは最高ですね!」

川島「お前ら・・・何を・・・!?」

阿笠「よ~し、海に引きずり込むぞ!」

川島「ごぼぼぼぼ!」

阿笠「苦しいか!苦しいか!」

光彦「お前らのやったことに比べれば可愛いもんだ!」

成実「ああ・・・ああ・・・。」

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:23:03.24 ID:hyggTRQZO
光彦「念入りにもう一度蹴っておきますね~!」ドゴォ!!

阿笠「ナイスじゃ!」

川島「」ピクッピクッ

阿笠「そろそろ死んだじゃろ~!」

光彦「いえ~い!!」

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:23:43.04 ID:hyggTRQZO
阿笠「さて、この後はどうするんじゃ?浅井先生。」

成実「へっ!?」

阿笠「考えてるんじゃろ?殺人計画を!」

成実「そうですけど・・・。」

光彦「教えてください!僕、先生の味方ですから!」ニコッ

成実「ひっ!」

光彦「どうしました?」

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:24:59.65 ID:hyggTRQZO
成実「あの、死体をピアノのところまで運んで、テープレコーダーで月光を流します。」

阿笠「なるほど~!月光か~!良い曲じゃ!」

阿笠「じゃあ運ぶぞ。」

光彦「あ、後は僕たちがやるんで、先生は戻っていてください。」

成実「あ、はい。」

阿笠「よいしょ、よいしょ。」

光彦「重いですね~。博士、後お願いします。」

阿笠「いや、ええ~!?」

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:25:33.36 ID:hyggTRQZO
~その後~

キャアァァァァァァァァ!!!!

コナン「遅かったか!!」

小五郎「川島さん・・・。」

成実「あの、私が検死をします!」

小五郎「あ、ああ・・・お願いします。」

成実「・・・ダメです、死んでいます。」

蘭「そんな・・・!!」

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:26:43.90 ID:hyggTRQZO
小五郎「蘭、派出所に連絡を!」

蘭「う、うん!」

小五郎「公民館の玄関には俺たちがいたから、この部屋の扉に鍵が・・・。」

コナン「掛かってないよ!」

小五郎「じゃあ外部犯の犯行だな!」

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:27:21.03 ID:hyggTRQZO
コナン「そうかな?」

小五郎「あ?」

コナン「見て、外につながるドアからピアノまで、引きずられた跡がある。」

コナン「これって一度外に出て、そこで殺してから引きずってきたってことでしょ?」

コナン「外部犯なら、わざわざ中に運んでくる必要は無いよ!」

小五郎「確かに、見つかるリスクが高くなるようなことはしないよな・・・。」

コナン「おそらく外部犯に見せかけて、公民館にいる人が殺したんだ!」

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:27:56.54 ID:hyggTRQZO
成実「あの・・・。」

小五郎「何か分かりましたか?」

成実「はい、死因は溺死です。コナン君の言うように、外で殺害されたと思います。」

成実「それと体に二か所、打撲の跡がありました。新しい傷なので、殺されたときのものかと。」

小五郎「大の男に打撲を二つ・・・犯人は男だな・・・。」

コナン「うん・・・引きずった跡から見て犯人は一人だから、女性二人がかりってのもないね。」

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:28:48.02 ID:hyggTRQZO
蘭「お父さん、おまわりさん連れてきたわよ!」

駐在「え~と、私を呼んだのは?」

小五郎「この私、毛利小五郎です!」

駐在「おお~あの有名な宇宙飛行士の!」

小五郎「ちがうって・・・。」





小五郎「とにかく今日はもう遅いので、事情聴取は夜が明けてからにしましょう。」

小五郎「すぐに帰って、戸締りしてください!いいですね!」

コナン「僕たちも戻ろうか。」

蘭「ええ、成実先生も戻りましょう?」

成実「え、ええ・・・。」

68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:29:59.53 ID:hyggTRQZO
~帰り道~

成実「じゃあ、私はこっちですので。」

成実「早く事件を解決してくださいね。」

小五郎「勿論ですとも!」

成実「それじゃあ!」

69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:30:25.62 ID:hyggTRQZO
成実「・・・・・・。」

阿笠「見事じゃのう!」

成実「!?」

光彦「まるで事件に無関係かのように振舞っていましたね。」

阿笠「心の中でガッツポーズしてたじゃろ!?」

成実「誰が!!」

70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:31:01.50 ID:hyggTRQZO
阿笠「ところで、わしら今夜泊まるところが無いんじゃよ。」

成実「それが何だよ。」

阿笠「泊めてくれんかの~!」

光彦「男同士だし、いいでしょ~?」

成実「なっ!?」

阿笠「もはや君とわしらは運命共同体、お互い近くにいた方が都合がいい。」

成実「・・・分かった。ついてこい。」

光彦「楽しみですね~!」

成実「・・・・・・。」

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:31:56.86 ID:hyggTRQZO
~その後~

成実「ここが俺の家だ。」

阿笠「両親とは一緒に暮らしておらんのか?」

成実「ああ、親は本土で暮らしていてな、俺も週末には帰ってるんだ。」

光彦「バイトの医者みたいですね。」

成実「・・・・・・。」

72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:32:32.01 ID:hyggTRQZO
~その晩~

阿笠「ぐごごごごご!!!!」

光彦「zzzzzz」

阿笠「ぐごごご・・・は、何じゃ今の音は!?」

阿笠「ああ、わしのいびきか。」

阿笠「おや、先生がおらんぞ。」

阿笠「光彦君、起きるんじゃ。」

光彦「ぐへへ、コナン君、靴を舐めるだなんて、プライド無いんですか~?」

阿笠「気持ち悪い夢見てないで、さっさと起きんか!」ペチン

光彦「はにゃ?」

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:33:09.86 ID:hyggTRQZO
光彦「どうしたんでしょう、こんな夜中に。」

阿笠「もしや、次の殺人の準備か?」

光彦「分かりました!きっと公民館に向かったんですよ!」

阿笠「なるほど!わしらも手伝いに行こう!」

光彦「すべては復讐達成のために!」

75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:33:42.74 ID:hyggTRQZO
~公民館~

小五郎「二年前に亡くなった前村長の亀山さんの死因ですが、本当に心臓発作で?」

成実「ええ、あの方は以前から心臓が悪くて。」





阿笠「おや、コナン君たちもおるぞ。」

光彦「流石ですね、これが連続殺人になると気付いたんでしょう。」

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:34:28.11 ID:hyggTRQZO
コナン「ねえ、その時何か変わったことなかった?」

成実「そういえば、窓が一つ開いてたと思います。」

駐在「その時は、誰かが閉め忘れたんだろうってことになったかの。」

小五郎「その窓とは?」

成実「確か・・・。」





阿笠「む?」

光彦「こっちに来ますね。」

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:35:18.38 ID:hyggTRQZO
成実「この窓だと・・・。」

コナン・小五郎「誰だ!?」

阿笠(うおっ!?)

光彦(見つかりました!!)

阿笠「逃げるぞ!!」

小五郎「待てぃ!!」

コナン「逃がすか!!」

78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:35:45.31 ID:hyggTRQZO
阿笠「はあ・・・はあ・・・。」

光彦「もっと速く走ってください!」

阿笠「年寄りに無茶言わんでくれ!」

小五郎「いたぞ!」

阿笠「ヤバい!」

79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:36:29.01 ID:hyggTRQZO
コナン「逃がすか・・・よっ!!」

阿笠「ほげえ!?」ドカ!

光彦「博士!」

小五郎「よし、捕まえたぞ!」

光彦(あわわわ!!)

小五郎「サングラスなんぞかけやがって、怪しい奴だ!」

コナン「・・・!?」

小五郎「一体誰だ!!」

阿笠「うっ・・・。」

小五郎「あんたは・・・阿笠博士?」

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:37:19.36 ID:hyggTRQZO
コナン「博士だけじゃない・・・。」

光彦「うう・・・。」

コナン「帽子と眼鏡で変装してるが・・・よく見れば分かる。」

コナン「どうしてこんなところにいるんだ、光彦。」

光彦(コナン君・・・。)

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:38:11.10 ID:hyggTRQZO
~その後~

小五郎「はあ~!?双子の弟だ~!?」

阿笠「そうなんじゃよ~!」

コナン「お前もか?」

光彦「はい!」

蘭「そっくりね~!」

光彦「そ、そうですか?」

小五郎「名前は何て言うんだ?」

阿笠「わしは阿笠修士(しゅうじ)じゃ!」

光彦「僕は円谷幹彦(みきひこ)です!」

82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:39:00.23 ID:hyggTRQZO
コナン「修士に幹彦ねえ・・・。」

阿笠「都会から離れたところでのんびり暮らすのが、子供のころからの夢での~!」

光彦「僕は病気の療養のため、空気の綺麗なこの島で暮らしているんです。」

コナン「ふ~ん。」

小五郎「それで、さっきは何で逃げ出したんだ。」

阿笠「そりゃあ、怒鳴られれば誰だって逃げるわい!」

光彦「びっくりしました。」

小五郎「ぐっ・・・。」

成実「・・・・・・。」

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:39:37.69 ID:hyggTRQZO
阿笠「それじゃあわしらは帰るから。」

光彦「さよなら~!」

蘭「ばいば~い!」

コナン「・・・・・・。」

成実「・・・・・・。」

コナン「ねえ、成実先生。」

成実「な、なあに?」

コナン「あの二人、先生は見たことある?」

成実「ええ、あるわよ。びっくりだわ~まさかコナン君の知り合いの弟だなんて!」

コナン(成実先生が嘘をつく理由は無い・・・。とすると、本当に別人か。)

84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:40:45.39 ID:hyggTRQZO
駐在「療養でこの島に来るとは、麻生さんの子供とは逆じゃな~!」

コナン「え!?」

成実「!?」

コナン「どういうこと!?」

駐在「麻生さんには息子がいての、病気で本土の病院に入院しておったんじゃ。」

駐在「麻生さんが亡くなってからは、音沙汰が無くなってしまったがな。」

小五郎「その息子、名前は?」

駐在「確か・・・せいじと言ったかの。」

コナン「せいじ・・・。」

小五郎「もしかして、今回の事件はその息子が起こしているんじゃ・・・。」

コナン(その可能性は高いな・・・。)

小五郎「よし、今夜は公民館で寝ずの番だ!その息子が来るかもしれねえ!」

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:41:34.20 ID:hyggTRQZO
~翌日、昼~

目暮「おい、起きろ。毛利君!」

小五郎「目暮警部殿!どうしてここへ?」

目暮「お前が事件に絡んでいると聞いて、わざわざ出向いてきたんだ。」

小五郎「そ、そうだ警部殿。事件の説明を・・・。」

目暮「それならコナン君たちから全部聞いたよ。」

小五郎「え?」

目暮「被害者の状態を含め、すべて説明してもらった。」

目暮「わしらが来るまで、お前と老いぼれ警官以外は起きていたよ。」

駐在「・・・・・・。」スピー

目暮「村役場で事情聴取をしとるから、お前も手伝いに来い!」

小五郎「はあ・・・。」

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:42:04.81 ID:hyggTRQZO
~夕方~

黒岩「川島が殺されたということは、まさか・・・。」

黒岩「いや、まだ資産を狙った犯行とも・・・。」

阿笠「いいや、麻生さんの敵討ちじゃ!」

黒岩「貴様らは!?」

光彦「こんにちは~!」

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:42:46.57 ID:hyggTRQZO
阿笠「これこれ、もう夕方じゃ。」

光彦「あ、そっか~!」

黒岩「何なんだお前らは!」

阿笠「事情聴取でお疲れのところ申し訳ないんじゃが、ちょっと頼まれてくれんか?」

黒岩「わしを村長と知っての無礼か!?」

阿笠「まあ落ち着いて、あんたの秘密はすべて西本さんから聞いておる。」

光彦「秘密をバラされたくなかったら、僕らに従ってください!」

黒岩「西本の奴め・・・。」

88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:43:17.78 ID:hyggTRQZO
阿笠「秘密がバレたらどうなるかの~!」

光彦「そういえば、娘さんがいましたよね~?」

黒岩「!?」

光彦「婚約者がいるそうですが、それも破談になりますね。」

阿笠「路頭に迷って、風 に墜ちてしまうじゃろうな!!」

黒岩「頼む、娘だけは・・・娘には何もしないでくれ・・・。」

阿笠「では話を聞いてくれるか?」

黒岩「・・・分かった。聞こう。」

89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:43:46.20 ID:hyggTRQZO
~村役場の放送室~

黒岩「こんなところで何を・・・。」

阿笠「そりゃ!!」ザクッ!

黒岩「ぐお!!」

光彦「いいですね!肺を一突きだ!」

黒岩「かはっ!・・・!?」

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:44:31.96 ID:hyggTRQZO
阿笠「肺に穴を開けたからの、呼吸も上手くできんわ。」

黒岩「はっ、はあ!?」

光彦「麻生さんを苦しめたんだ。貴方も苦しみ抜いて死んでください。」

成実「入りますよ・・・きゃ」

阿笠「おっと、声を出さんでくれ。」

成実「こ、これは一体・・・。」

阿笠「黒岩さんを殺しているんじゃ。」

光彦「声を出せないようにはするためにはどうするか、二人で考えたんです!」

成実「あ・・・あ・・・。」

91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:45:17.94 ID:hyggTRQZO
阿笠「さて、殺した後はどうするかね?」

成実「えっと、月光の第二楽章をかけます・・・。」

光彦「分かりました!」

成実「それと、血でこの楽譜を床に描いてください。」

光彦「楽譜?」

阿笠「後はわしらでやっておくから、先生は戻って戻って!」

成実「はい・・・。」

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:46:03.02 ID:hyggTRQZO
光彦「何でしょう、この楽譜・・・。」

阿笠「何じゃ、何の曲じゃ?」

光彦「月光ではないみたいですね。」

光彦「先生の作曲でしょうか?」

阿笠「ほお、粋な趣味じゃの~!」

光彦「でもまだまだですね。僕が手直ししてあげましょう!」

阿笠「良い考えじゃ、わしも手伝うぞ!」

光彦「二人で名曲を作りましょう!」

93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:46:36.55 ID:hyggTRQZO
~村役場ロビー~

コナン(修士・・・幹彦・・・。)

コナン(おかしい、ここで暮らしているなら住民名簿に名前が載っているはずなのに。)

コナン(どこにも載ってない。じゃああの二人は何者なんだ!?)

コナン(博士や光彦なら身分を偽る必要は無いし・・・。)

94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:47:25.93 ID:hyggTRQZO
西本「・・・・・・。」

コナン(そういえば西本さん、事情聴取が終わったのに帰らない・・・妙だな。)

西本「・・・・・・。」サッ

コナン(あっ!)

コナン「僕トイレ!」

コナン(あれ、トイレにいないな?)

♪♪♪♪♪

コナン「この曲は、月光の第二楽章!?」

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:48:45.26 ID:hyggTRQZO
~放送室~

西本「あわわわ・・・。」

コナン「西本さん!」

黒岩「」

コナン(しまった!!)

小五郎「これは!?」

目暮「すぐに鑑識と検死官を呼ぶんだ!」

刑事「しかし、検死官は本土へ戻りました!」

目暮「何い!?」

96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:49:30.13 ID:hyggTRQZO
成実「あの、私でよければ・・・。」

小五郎「成実先生・・・。」

コナン(まただ・・・。連続殺人だと分かっていて・・・。)

コナン(また犠牲者を出しちまった!ちくしょう!!)





阿笠「きっと今頃イライラしとるぞ~!」

光彦「ふふふ、もっと楽しんでくださいよ、コナン君!」

阿笠「さあ、次は最後の殺人じゃ!」

光彦「どう殺すか考えないと、ですね!」

97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:50:10.28 ID:hyggTRQZO
~その後~

成実「被害者が死に至ってから、数分しか経っていないと思われます。」

小五郎「数分ですか・・・。」

目暮「となると、犯人はまだ役場の中だな。出入口は警官がいるから逃げられんよ。」

鑑識「警部、譜面のようなものがあります!」

目暮「見せてみろ!」

小五郎「これは一体・・・。」

コナン「何だ・・・何だこれは!?」

小五郎「ダイイングメッセージか?」

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:51:04.28 ID:hyggTRQZO
コナン「いや、こんなもの書いてる体力は無いだろうから、きっと犯人によるメッセージ。」

コナン「・・・・・・まさか!」

目暮「何か分かったのかね!?」

コナン「多分、ピアノの鍵盤にアルファベットを当てはめて、該当する文字をそのまま譜面で表しているんだ。」

小五郎「よし、読んでみろ。」

コナン「うん。WAKATTERUNA HANNINHA MITSUHIKO」

目暮「分かってるな、犯人は光彦・・・。」

コナン「・・・えええええ!!」

小五郎「よし、村の光彦という男を連れて来い!」

99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:51:56.80 ID:hyggTRQZO
駐在「おりゃせんよ、そんな男。」

目暮「あ、あんたは・・・。」

駐在「わしゃ長いことこの村におるが、光彦なんて名前は聞いたことが無い。」

小五郎「じゃあこの譜面は一体・・・。」

目暮「おい、これが連続した事件だとしたら、第一の事件でも楽譜があったんじゃないのか?」

小五郎「あ・・・ピアノに楽譜が置いてあるのは当たり前だから、よく見てませんでした。」

駐在「その楽譜ならわしが持っとるぞ。」

小五郎(こいつ・・・勝手に現場の物を・・・。)

100: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:52:49.51 ID:hyggTRQZO
コナン「見せて!」

駐在「ほれ・・・。」

コナン「・・・・・・。」

蘭「何て書いてるの?」

コナン「OREHA KOUKOUSEITANTEI KUDOU SHINICHI」

蘭「俺は高校生探偵、工藤新一・・・。」

蘭「そんな・・・新一が・・・。」

コナン「そんなわけないよ、何かの偶然だよ!」

小五郎「そうだ!あの音痴の探偵ボウズが、こんな芸当できるわけがねえ!」

コナン(腹立つけどおっちゃん、ナイスフォローだぜ!)

蘭「でも・・・絶対音感持ってたから・・・。」

101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:53:20.63 ID:hyggTRQZO
コナン(何でだよくそ!どうなってんだ!)

目暮「まあまあ、工藤君はそもそもこの島にきておらんだろ?」

蘭「それは・・・多分そうですけど。」

駐在「楽譜と言えば・・・麻生さんが死んだ日にも金庫から楽譜が見つかったの~。」

小五郎「何だって!?」

102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:53:55.20 ID:hyggTRQZO
目暮「その楽譜が今回の事件を解くカギになるんじゃ・・・。」

小五郎「その楽譜はどこにある!」

駐在「公民館の倉庫じゃ。あ~でも鍵は派出所に・・・」

目暮「だったらさっさと取ってこい!!」

駐在「はっ、はい~!」

コナン「僕も行くよ~!」

蘭「コナン君!!」

小五郎「蘭、お前はここにいろ。とりあえず落ち着くのが先だ。」

蘭「う、うん・・・。」

103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:54:33.24 ID:hyggTRQZO
~公民館~

阿笠「やっと出てこれたの~!!」

光彦「女子トイレに隠れるだなんて、大胆ですね~!」

阿笠「浅井先生のサポートがあってこそじゃよ!」

光彦「何だかみんな騒いでましたけど、まあ何てことないでしょう!」

光彦「ところで、なんで公民館に?」

阿笠「うむ、西本さんを呼び出しておるんじゃ。」

104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:55:08.41 ID:hyggTRQZO
光彦「遂に屑がみんな消えるんですね!」

阿笠「そうじゃぞ!!」

光彦「あ、その前に・・・。」

阿笠「どうした?」

光彦「このピアノにあった白い粉・・・へへへ。」ペ ペ ペ

阿笠「ぬおおズルいぞ!わしにも分けてくれ~!」ペ ペ ペ

光彦「うひょひょひょ~!!!」ペ ペ ペ

阿笠「あ ・・・ へへ・・・。」ペ ペ ペ

105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:56:01.88 ID:hyggTRQZO
西本「おい・・・何をやってる・・・。」

阿笠「来たか!」

西本「ああ、駐在がいつまでも戻ってこないから、捜査は明日再開しようって。」

西本「なあ、本当に助けてくれるんだよな?」

阿笠「ぐふふふ~!」

西本「うっ!?」

光彦「まあまあ、まずはここに入ってください。」

西本「ここは倉庫・・・でも鍵は?」

光彦「窓を破りました。」

西本「おいおい・・・。」

107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:56:34.78 ID:hyggTRQZO
阿笠「さてと・・・。」

西本「?」

光彦「死んでください!」グッ!

西本「ぐえっ!!」

西本「苦しい・・・!!」

阿笠「君は無職じゃからの、他の二人よりは楽に死なせてやる。」

西本「じゃあ、川島と黒岩をやったのは・・・。」

阿笠「わしらじゃ~!」

光彦「いや~人を殺すのって楽しいですね~!」

109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 22:58:14.13 ID:hyggTRQZO
西本「狂ってやがる・・・。」

光彦「貴方もですよ?麻生さんを殺したんですから。」

西本「助けてくれるって・・・言ったじゃねえか・・・。」

阿笠「何のことかの~年寄りは忘れっぽくっての~!」

光彦「ごめんなさ~い、この人もう爺さんだから!!と言っても、西本さんより年下ですけどね!」

西本(くそ・・・意識が・・・。)

光彦「もう少しです~!命の灯が消える瞬間のカタルシス~!」

西本(ごめん麻生・・・俺もそっちに・・・。)

西本(いや、俺は地獄行きだから・・・お前には会えないな・・・。)

西本(なあ麻生・・・俺は一体、どこで間違えたんだろう・・・。)

110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:00:28.92 ID:hyggTRQZO
西本「」

阿笠「・・・おっ、死んだな。」

光彦「フォオオオオオオオ!!!!!」

阿笠「ほほほ、病みつきになってしまったか。」

光彦「もっと!もっと人を痛めつけたい!殺したい!」

阿笠「わしもこれからは殺戮兵器を作りまくってやるわ!!」

光彦「うひゃひゃひゃひゃひゃ!!!」

111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:01:33.36 ID:hyggTRQZO
成実「おい、静かにしろよ。誰か来たらどうする。」

光彦「おやおや、もっと早く来ていれば、先生も見られたのに?」

成実「は?」

阿笠「人が死ぬ瞬間じゃよ!ああ、先生は医者じゃから見慣れてるか!」

成実「お前ら・・・いい加減にしろ!!」

光彦「何でですか?積年の恨みを晴らせて満足しないんですか~?」

成実「人が死ぬってことはな・・・そんな簡単なことじゃないんだよ!!」

阿笠「ほ~う。」

光彦「何だ・・・結局あなたは中途半端なんですね。」

112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:02:35.01 ID:hyggTRQZO
成実「あ!?」

光彦「中途半端に復讐を誓って・・・医者だから殺せないって・・・。」

阿笠「そんな覚悟では君のお父さんも浮かばれんよ。」

成実「お前に父さんの何が分かる!」

阿笠「分かるとも!」

阿笠「君のお父さんは仇を取ってほしかったんじゃ!」

阿笠「本土の病院に入院していて、ほとんど存在を知られていない君なら、必ずや自分を殺した奴らを地獄に叩き落してくれるだろう!」

阿笠「そう思っていたに違いない!」

成実「そんなわけ・・・父さんはそんな人じゃ・・・。」

113: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:03:19.50 ID:hyggTRQZO
阿笠「お前こそ何を知っている!父親が麻薬売買の片棒を担いでいたと知っていたか?」

阿笠「偉大なピアニスト・・・その面だけしか知らんだけじゃ!」

阿笠「人間は誰しも裏の顔を持つ!他人を騙して生きているんじゃ!」

成実「違う・・・違う!!」

阿笠「何が違う!?お前もそうじゃ!本当は男なのに女のふりしてるじゃないか!」

阿笠「島のみんなを騙している!お前も既に犯罪者じゃ!」

成実「うう・・・ううう・・・。」

阿笠「泣くな!最後まで務めを果たせ!ここで無様に警察に捕まっては、父親に顔向けできまい!」

成実「ぐぐ・・・うぐっ!」

114: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:05:17.31 ID:hyggTRQZO
~しばらく後~

成実「・・・それじゃあ、後は手筈通りにお願いします。」

阿笠「うむ、首吊り自殺に見せかければいいんじゃな?」

光彦「任せてください!」





阿笠「・・・行ったか?」

光彦「行きました。」

阿笠「ぷぷぷぷぷ~!!見たかね光彦君、あの泣き顔~!」

光彦「見ました見ました!汚かったです~!」

阿笠「わしの適当な演説にビビっておったぞ~!」

光彦「名演技でしたよ~博士~!」

115: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:05:56.06 ID:hyggTRQZO
阿笠「おっと無駄話をしてる暇はない。さっさとこのゴミを吊るさんとな。」

光彦「足元に踏み台と楽譜を置いて・・・。」

阿笠「また楽譜か・・・。」

光彦「まったく、意味の分からないもの書きますね~!」

阿笠「どれどれ、確かに無茶苦茶じゃな~!」

光彦「こりゃまた手直しが必要ですね!!」

116: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:06:24.54 ID:hyggTRQZO
~しばらく後~

蘭「きゃああああああ!!!!!」

コナン「どうした!!」

西本「」

コナン「西本さん・・・。」

蘭「コナン君、足元に譜面が!」

コナン「これは・・・。」

蘭「何て書いてあるの?」

コナン「・・・アチョー。」

蘭「は?」

117: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:06:57.92 ID:hyggTRQZO
目暮「この楽譜を読み解いてみたら、よく分からん文章になった。」

目暮「川島氏には、昔●●●を漏らしたことをバラされた。」

目暮「黒岩氏には、好きだった女の子を取られた。」

目暮「麻生氏には、美少女フィギュアの収集を馬鹿にされた。」

小五郎「はあ・・・。」

118: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:07:45.16 ID:hyggTRQZO
小五郎「遺書・・・ですかね?」

目暮「一体何故死ぬ前にこんなものを・・・。」

コナン(おかしい・・・何か意味があるはずだ・・・。)

目暮「だが側にテープレコーダーがあり、第三楽章が流れていたことを踏まえると。」

目暮「この一連の事件を自分の死で終わらせたということだろう。」

コナン(本当にそうだろうか・・・。)

コナン(何なんだこの事件・・・どうなってるんだ!)

コナン(俺の勘では犯人はあの人だが・・・確たる証拠が無い。)

コナン(どうする・・・このままじゃ犯人が分からねえ!!)

119: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:08:23.46 ID:hyggTRQZO
駐在「はあ・・・はあ・・・。」

コナン「あれ、どうしたの?」

駐在「やっと見つけたんじゃ!麻生さんが残した楽譜を!」

コナン「見せて!!」

コナン「WAGAMUSUKO SEIJIHE」

コナン「我が息子、せいじへ。これは・・・!?」

駐在「もしや、せいじ君への手紙か?」

コナン「もしかすると・・・使えるかもしれない・・・。」

120: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:08:52.71 ID:hyggTRQZO
???「ピンポンパンポーン!!!」

コナン「!?」

小五郎「何だ何だ!?」

???「島内のみなさん、こんばんは~!!!」

目暮「どこから流している!?」

駐在「村役場の放送室じゃ!あそこなら島内全域に放送を流せる!」

蘭「この声・・・まさか・・・。」

121: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:09:22.25 ID:hyggTRQZO
???「僕のこと分かりますか~?」

???「高校生探偵の工藤新一どぅえ~す!!!」

コナン「何だって!?」

目暮「工藤君!?」

蘭(新一!)

小五郎「村役場に急ぐぞ!!」

122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:09:52.34 ID:hyggTRQZO
~村役場~

目暮「おい、開けるんだ!」

刑事「駄目です!どこも開けられません!」

目暮「どうなっているんだ・・・警備していた警官は何をやっている!」

刑事「それが・・・全員眠っておりまして・・・。」

目暮「何だと~!!」

123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:10:38.52 ID:hyggTRQZO
新一「どうも皆様、お集りいただきありがとうございます!」

小五郎「おい、探偵ボウズ!いきなり出てきたと思えば、何の茶番だ!!」

目暮「そうだ!声だけじゃなく、姿も現せ!!」

蘭「新一!!出てきてよ!!」

コナン(何だこれは・・・。)

新一「今夜僕がお話しするのは、この奇妙な連続殺人の真相です。」

小五郎「まさか、解けてるっていうのか!?」

新一「まずは事件をおさらいしましょう。」

新一「第一の事件では、川島さんが溺死しました。」

新一「第二の事件では、黒岩さんが肺に穴を開けられ殺された。」

新一「そして第三の事件、西本さんが自殺に見せかけて絞殺された。」

124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:11:30.50 ID:hyggTRQZO
小五郎「見せかけ・・・西本さんは自殺じゃないのか!っていうか、何でお前が事件にそんなに詳しいんだ!」

目暮「ちょっと待ってくれ工藤君、捜査結果と食い違いが・・・。」

新一「これらの事件はすべて、男性による力技でなければ実行できないため、当然犯人も男性でしょう。」

目暮「お~い・・・。」

新一「次に殺害の動機についてですが、おそらく麻生圭二殺害の復讐でしょう。」

小五郎「じゃあ、麻生さんの息子であるせいじが、今回の犯人なんじゃ?」

蘭「この島のどこかに、隠れているの!?」

125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:12:02.20 ID:hyggTRQZO
駐在「・・・・・・。」

新一「いいえ、隠れてなんていませんよ。」

新一「彼はずっと、すぐ近くにいたんです。」

目暮「一体・・・どこにいるんだ!」

新一「麻生圭二の息子・・・それは、浅井成実さん、貴方だ!!」

成実「・・・・・・!!」

蘭「そんな、成実先生が・・・。」

126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:12:53.42 ID:hyggTRQZO
新一「前々から父親の死に疑問を感じていた成実さんは、医大卒業後、この島にやってきた。」

新一「麻生圭二の息子であるとバレないよう、女医師としてね。」

新一「女性っぽい顔立ちや、医師免許に名前の読みが書かれていないことから、周囲には浅井成実(なるみ)で通せた。」

小五郎「待て待て、それは全部お前の推測だろうが!!」

新一「成実さんの家を漁っていたら、証拠がたくさん出てきましたよ。」

目暮(こいつ、さらっと不法侵入しとる・・・。)

127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:13:49.63 ID:hyggTRQZO
成実「・・・・・・。」

新一「そう、男である成実さんなら、一連の事件は実行可能なんです。」

成実「ち、ちがっ!!」

新一「三人の人間を殺した殺人鬼は・・・成実さん、貴方です!!」

成実「違う!私じゃ・・・俺じゃない!!」

蘭「成実先生・・・やっぱり・・・。」

成実「麻生圭二の息子だってのは本当だ。でも俺は殺してない!」

新一「言い逃れはできませんよ、証拠もある。」

成実「証拠!?」

128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:14:34.07 ID:hyggTRQZO
新一「西本さんは殺される直前、死に際の音声を録音していたんです。」





西本「苦しい・・・!!」

成実「君は無職だからね、他の二人よりは楽に死なせてやる。」

西本「じゃあ、川島と黒岩をやったのは・・・。」

成実「そうさ、俺だ!」

成実「いや~人を殺すのって楽しいね~!」





目暮「これは・・・!!」

小五郎「西本さんと成実さんの会話・・・。」

成実「嘘だ!こんな会話してない!」

129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:15:22.91 ID:hyggTRQZO
光彦「ふふふふふ!!!」

阿笠「おやおや、随分と楽しそうじゃないか、光彦君。」

光彦「博士もやりますね~!証拠の捏造とは!」

阿笠「まあの!じゃが、決定的な証拠(捏造)は他にもある。」

130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:15:58.45 ID:hyggTRQZO
成実「違う・・・違うんだ!」

小五郎「信じたくないが・・・あの会話を聞いては・・・。」

成実「そんな・・・。」

新一「証拠ならまだあります!」

新一「川島さんが死ぬ直前、必死に抵抗したんでしょう。」

新一「何かを掴んだような痕跡がありました。」

目暮「いや、だから工藤君!」

新一「成実さん、貴方の首元、見せてもらえませんか?」

132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:16:29.16 ID:hyggTRQZO
蘭「あの・・・失礼します・・・。」

成実「・・・!?」

蘭「指の跡!?」

成実「こんなもの知らない!」

新一「その指跡が川島さんのものと一致すれば、決定的でしょう。」

新一「早く取り押さえてください!警部!」

133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:18:30.13 ID:hyggTRQZO
目暮「工藤君・・・だから川島さんは・・・。」

川島「生きているよ。」

新一「!?」

川島「浅井先生により死を偽装され、本土の病院で治療を受けていた。」

新一「バカな!?」

川島「彼は私の命の恩人だ。」

134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:19:21.10 ID:hyggTRQZO
川島「皆さん!あの男が言っていることは嘘っぱちだ!」

川島「私を殺そうとしたのは浅井先生ではない。老人と子供の二人組だ!」

小五郎「老人と子供!?」

川島「浅井先生は私に正体を明かした後、自首を勧めてきた。」

川島「その直後、二人組が私を襲ってきたんだ!」

135: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:20:05.99 ID:hyggTRQZO
阿笠「まさかあの男が生きておったとはな・・・。」

光彦「誤算でした。」

阿笠「さてさて、どうしたものか・・・。」

光彦「・・・・・・!」

阿笠「どうしたのかね?」

光彦「彼が来たようです。」

136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:21:25.53 ID:hyggTRQZO
~放送室の扉前~

コナン「はあ・・・はあ・・・。」

光彦「やはり来ましたかコナン君。どうにか入り込めたようですね。」

コナン「どういうトリックでここにいるか知らねえが・・・。」

コナン「警官をみんな眠らせたり、工藤新一の声を出したりできるのは阿笠博士だけだ。」

コナン「怪しいと思ってたがお前ら・・・。」

光彦「ええ、流石にバレますよね。」

137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:22:26.38 ID:hyggTRQZO
コナン「何が目的だ!」

光彦「復讐ですよ。君に対するね。」

コナン「俺に?俺が何をしたって言うんだ!!」

光彦「ああ、今の君には分からないでしょう。」

コナン「?」

光彦「君のせいで苦しい日々を送りました。小学一年生には耐え難いほどの。」

コナン「何の話をしているんだ!」

光彦「僕と博士はね、未来から来たんです。」

光彦「ほんの少し先の未来、僕は毎日君から暴力を振るわれていました。」

光彦「何故こんな仕打ちを受けなければならないのか、不思議でたまらなかった。」

138: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:23:20.92 ID:hyggTRQZO
光彦「でも君とは友達だったから、どうしても理由が知りたかった。」

光彦「そして博士に教えてもらったんです。月影島から帰ってきてから、様子がおかしくなったことを。」

光彦「犯人を推理で追い詰めて死なせてしまったという可能性を。」

コナン「俺が・・・犯人を・・・。」

光彦「だから君を救うため、過去へやってきたんです。」

光彦「しかし、途中で考えが変わった。」

光彦「殺人計画を完璧に遂行し、犯人を死なせず、屑は葬り去る。」

光彦「そして君の心は壊れない。」

コナン「言ってることとやってることが全然違うじゃねえか!」

139: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:24:10.47 ID:hyggTRQZO
光彦「犯人が中途半端だったんですよ。」

コナン「中途半端?」

光彦「復讐を誓っておきながら、人を救おうとする。」

光彦「川島さんの死を偽装したようにね。彼にはもう殺意なんて無い。」

光彦「それを知ったら腹立たしくて、もう!!」

光彦「こんなポンコツ処分しなきゃならない、と思ったんです。」

光彦「すると何故か、同時に君への憎悪も膨れ上がってきたんです。親愛の念も消えてしまった。」

コナン「光彦・・・何があったんだ・・・。」

光彦「さあ、分かりません。僕にも僕が分からない。」

コナン「・・・・・・。」

光彦「さあ、クライマックスですよ!博士!」

140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:25:16.73 ID:hyggTRQZO
阿笠「ほほほ、新一、覚悟するんじゃ!」チャキ

コナン(拳銃!?)

阿笠「そおれ!!」パン!

コナン「ぐああ!!!」

光彦「くくく、油断してましたか?付き合いの長い博士が自分を撃つわけがない、そう思ってました?」

阿笠「足を撃った。しばらく動けんぞ。」

コナン「何をするつもりだ・・・。」

阿笠「まあ見ておれ・・・。」

阿笠「新一の声で話す最悪のセリフを、特と聞いておくがいい。」

141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:26:03.09 ID:hyggTRQZO
新一「おらあ!変なことするんじゃねえぞ!」

目暮「な、何だ急に!?」

新一「こっちには人質がいるんだ!」

コナン「離せ!離せ!」

蘭「コナン君!」

新一「妙な真似してみろ!このガキの脳天ぶち抜くぞ!」

小五郎「お前こそ妙な真似するんじゃない!」

目暮「要求は何だ!」

新一「浅井成実!今ここで死ね!」

成実「!?」

新一「そうすればガキを解放してやる!」

142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:26:51.95 ID:hyggTRQZO
光彦「ま、解放しませんけどね。」

光彦「工藤新一と江戸川コナンは心中するんです。燃え盛る業火の中でね。」

コナン「業火だと?」

光彦「そ~れ!」ポチ

ドガーン!!

143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:27:39.62 ID:hyggTRQZO
目暮「どうした!?急に燃え出したぞ!!」

刑事「警部!役場に火がついて近づけません!!」

小五郎「あいつ、死ぬ気なのか!?」

新一「おい、死ぬならこれを使いな!」ポイッ

成実(・・・包丁!?)

新一「お前は医者だろ!?子供が死ぬんだぞ、てめえの命ぐらい差し出せ!!」

成実「はあ・・・はあ・・・。」

144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:28:34.71 ID:hyggTRQZO
蘭「やめて、成実先生!」

新一「蘭!!お前はこのガキが死んでもいいんだな!!」

蘭「そんな・・・。」

成実「・・・いいんだ。」

成実「俺はずっと島のみんなを騙していた。父さんの仇を討つために。」

成実「でも駄目だった。俺は半端者だから、人の命を奪うだなんて無理なんだ。」

成実「父さんの無念を晴らすことができなかった・・・。」

成実「ごめん・・・父さん・・・。」

145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:29:11.58 ID:hyggTRQZO
成実「それに最初から・・・計画が終われば死ぬつもりだった・・・。」

成実「最後に人を助けて死ねるんなら・・・俺の人生も・・・。」

成実「少しは意味が・・・あったのかな・・・。」

新一「さあ、その包丁で自分を突き刺せ!!」

蘭「やめてえ!!!」

成実(終わったよ・・・父さん・・・何もかも・・・。)

146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:29:51.59 ID:hyggTRQZO












駐在「我が息子、成実へ。」

147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:30:17.08 ID:hyggTRQZO
成実「!?」

駐在「麻生さんが残した楽譜じゃ。コナン君が解読しておったよ。」

成実「父さんの・・・。」

駐在「楽譜には、こう書いてあるらしい。」

148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:31:00.18 ID:hyggTRQZO
我が息子、成実へ

病気は良くなったか?元気になって走り回るお前を早く見たい。

講演ばかりで構ってやれなかったこと、いつも申し訳ないと思っている。

お見舞いに行ったときはいつも、入院生活を楽しそうに語ってくれた。

将来は医者のピアニストになりたいと言ってくれて、とても嬉しかった。

お前にいつまでも尊敬される父親であり続けたいと思っていたが、謝らなければならないことがある。

149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:31:58.09 ID:hyggTRQZO
私は幼馴染と一緒に、麻薬売買を行っていた。

父さんは悪人で、決してお前に尊敬されるに値する者ではない。

今日幼馴染たちに手を切るよう話してきたが、口封じに殺しに来るだろう。

だからその前に、お前に伝えておきたいことがある。

この先何があっても、これだけは絶対に忘れないでくれ。

150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:32:44.97 ID:hyggTRQZO
どうか幼馴染たちに復讐しようと思わないでくれ。

そんなことをしてはお前の手が血みどろに染まる。

罪にまみれた人生を送るのは、私だけで十分だ。

成実、お前だけはまっとうに生きてくれ。

幸せで溢れた素晴らしい人生を送ってくれ。

父より

151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:33:37.00 ID:hyggTRQZO
成実「・・・父さん・・・。」

阿笠「ええい、何をモタモタしてるんじゃ!早くせんか!!」

光彦「博士!火の勢いが強くなって、このままでは僕らも!」

阿笠「ぐぬぬ!!!」

コナン「・・・逃がすかよ・・・。」

152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:34:27.87 ID:hyggTRQZO
光彦「コナン君、君はここで焼け死んでください!」

阿笠「すまんのう、わしらはこのタイムベルトで時間移動できるんでな、いつでも脱出できるんじゃ!」

コナン「なんだそりゃ・・・。」

阿笠「ではこれにて、バ~イ!!」

光彦「さらばです~!!」

コナン「待て!!」

シュン

153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:34:59.79 ID:hyggTRQZO
コナン「消えちまった・・・。」

コナン「ちくしょう!!」

コナン「ああ・・・足が・・・動かねえ・・・。」

コナン「父さん・・・母さん・・・蘭・・・。」

コナン「駄目だ・・・。」

コナン「もう・・・終わっちまうのか・・・。」

154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:35:57.17 ID:hyggTRQZO
成実「まだ終わっちゃいない!!」

コナン「!?」

成実「よし、まだ生きてるな!!」

コナン「どうして・・・ていうかその手!?」

成実「へへへ、ちょっと火傷しちまった。」

155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:36:29.18 ID:hyggTRQZO
コナン「危険だ・・・ゴホッゴホッ!!」

成実「おいおい、あまり喋るなよ、煙吸い込んじまうぞ。」

コナン「どうして・・・。」

成実「俺は父さんのこと尊敬してるからさ・・・。」

成実「だから父さんに胸張れるよう、まっとうに生きるんだ!!」

156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:37:25.74 ID:hyggTRQZO
成実「捕まってな!窓突き破るぞ!!」

コナン「えっ、ちょっ!?」

成実「うおおぉぉぉらああぁぁぁぁ!!!!!!!」

ドガーン!!!

157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:38:09.15 ID:hyggTRQZO






蘭「・・・君、コナン君!」

コナン「・・・んん・・・。」

蘭「良かった!!」

コナン「蘭姉ちゃん・・・。」

小五郎「おお!目が覚めたか!」

158: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:39:14.47 ID:hyggTRQZO
コナン「あれ、成実さんは?」

小五郎「警部殿に連れていかれたよ。今回の事件の重要参考人だからな。」

コナン「そっか・・・。」

小五郎「まあ川島さんが昔のことを含めてすべて話すそうだから、情状酌量の余地は十分あるだろう。」

小五郎「っていうか、今回の事件で加害者として積極的に関わったとも考えにくいしな。」

159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:39:43.77 ID:hyggTRQZO
コナン「あっ、そうだ。放送室にいた人だけど、新一兄ちゃんじゃなかったよ!」

蘭「・・・分かってる。」

コナン「へ?」

蘭「新一は何があっても、人に死ぬよう言ったりしない。絶対に。」

コナン「・・・・・・。」

160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:41:50.01 ID:hyggTRQZO
小五郎「ほら、救急車が来たぞ。お前は早く乗れ。」

コナン「おじさん、僕足を怪我してるんだけど。」

蘭「じゃあ私がおぶって行ってあげる。」

コナン「あ・・・ありがとう。」

コナン「・・・・・・。」

蘭「あら、寝ちゃった?」

161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:42:20.30 ID:hyggTRQZO
~数日後~

コナン(は~あ、しばらく入院か・・・。)

コンコン

コナン「どうぞ~!」

元太「よお!コナン!」

歩美「お見舞いに来たよ!」

コナン「お前らな・・・ここは病院だぞ、静かにしろ。」

光彦「そうですよ、ちゃんとマナーは守らないと。」

コナン「光彦・・・。」

162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:42:49.80 ID:hyggTRQZO
光彦「はい、どうしました?」

コナン「いや、何でもない。」

阿笠「どうじゃ、足の調子はいいかな?」

コナン「ああ博士、もうすっかり良くなったよ。」

阿笠「それは何よりじゃ。」

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:43:19.84 ID:hyggTRQZO
~数時間後~

歩美「じゃあコナン君、私たちは帰るね。」

光彦「また明日も来ますからね!」

元太「また明日な!」

コナン「おう!」

阿笠「退院したら、またみんなでキャンプにでも行こう。」

コナン「ああ、楽しみにしてるよ。」

164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:43:47.04 ID:hyggTRQZO
コナン「・・・・・・。」

コンコン

コナン「は~い!」

成実「よおっ!」

コナン「成実さん!」

165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:44:33.74 ID:hyggTRQZO
コナン「どうしてここに!?」

成実「何だ、俺がお見舞いに来ちゃ悪いか?」

コナン「そんなことは無いけど・・・。」

成実「俺が助けたガキがどうなったかのか気になってな、無理言って連れてきてもらったんだ。」

コナン「まだ、取り調べは続くの?」

成実「そりゃな、実行犯が別にいるとはいえ、計画を立てたのは俺だ。」

166: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:45:53.41 ID:hyggTRQZO
コナン「そっか・・・。」

成実「そう落ち込むな。そこまで重い刑にはならないらしいからさ。」

コナン「・・・・・・。」

成実「・・・・・・。」

コナン「小五郎のおじさんに手紙を出したのってさ、犯行を止めてほしかったから?」

成実「・・・かもしれない。」

コナン「やっぱり・・・。」

167: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:47:58.23 ID:hyggTRQZO
成実「でも呼んで正解だったのは毛利小五郎じゃなくて、君の方だったな。」

コナン「僕?」

成実「君がいなければ、父さんの楽譜を見ることもできず、事件が終わった後に死んでいた。」

コナン「・・・・・・。」

168: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/12/20(日) 23:48:51.50 ID:hyggTRQZO
成実「だから今日は・・・一言お礼を言いに来たんだ。」

コナン「え・・・。」

成実「ありがとな、小さな探偵さん。」





おしまい