1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/09/05(水) 17:27:48.01 ID:+RwYLMye0
妹「ご主人様っ。なでてっ!なでて!」ハッハッ

兄「よしよし」ナデナデ

妹「くぅーんくぅーん」

兄「背中が汚れるから、床転がるのはやめときな」

妹「くぅー…ん」ションボリ

兄「聞き分けのいい子だ、えらいえらい」

妹「!! わん、わん。えらいっ?えらいっ?」

兄「うんうん、偉いぞ」

兄「偉いからもう今日は寝なさい、明日も学校だから」

妹「……きゅぅーん」バタンッ





5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 17:29:19.11 ID:+RwYLMye0
兄「……どうしてこうなったよ」

兄「妹が変調を起こしたのは約一ヶ月くらい前から」

兄「最初は気が狂ったのかと思ったけど、どうやらわざと演じてやっているらしい」

兄「相手にしないと、ずっと悲しそうにぐずっているから相手にするしかない」

兄「本当に、なんでこうなっちまったんだ」

兄「……明日は学校だから早く寝よう」


9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 17:30:55.72 ID:+RwYLMye0

教室

兄「おはよ」

男友達「はよっす」

兄「悪いが宿題のノート見せてくんねっ?」

男友達「珍しいな。お前が宿題やってねーの」

兄「……昨日は忙しかったんだ」

男友達「ご両親はまた仕事で海外か」

兄「親はそうだけど、家事とかじゃねえんだよなあ」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 17:32:50.62 ID:+RwYLMye0

男友達「まあ妹ちゃんも居るしお前も家事は慣れてるか」

兄「そうだな」

男友達「でも何で妹ちゃんじゃなくて俺なんだ?だって……」

妹「兄さん男友達さん、おはようございます」

兄「おはよう」

男友達「今コイツに宿題写させてやってんだ。家で妹ちゃんに頼めばいいのにな」

妹「わたしより、男友達さんのが頼りやすいのでしょう」ニコッ

兄「そういうことだな」

男友達「そういうもんかねえ」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 17:34:36.88 ID:+RwYLMye0

妹「ああ、兄さん。」ガサゴソ

妹「お弁当、家に忘れていたでしょう」

妹「私のも作って頂いたのはありがたいのですが、それでご自分のを忘れるのはちょっとおバカさんですね」

兄「あ、わりい。ありがとう。マヌケだったわ」

妹「気をつけてくださいよ、もう」ニコッ

妹「では、男友達さんお邪魔しました」スタスタ

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 17:35:58.21 ID:+RwYLMye0
男友達「いやーしかし妹ちゃん、かわいいっつーか綺麗っつーか」

男友達「それで成績も優秀なんだからまさに才色兼備だよなぁ」

兄「俺よりずっと成績良いしなぁ」

男友達「それなのに何で宿題を妹ちゃんに聞かなかったんだよ」

男友達「なんたってクラスメイトじゃねーか」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 17:37:23.23 ID:+RwYLMye0

兄「いやぁ、兄としてのプライドかなぁ」

男友達「年子とはいえ、普通に同学年だろうがよ」

兄「まあいろいろあんだよ、いろいろ」

男友達「ん、割と意外に大変そうだな。なんか困ったら相談してくれよ」

兄「ああ、そんときは頼んだわ」

兄(有り難いが、っつてもなぁ……、妹が犬になったなんて相談できねーよ……)

15: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2012/09/05(水) 17:38:29.43 ID:+RwYLMye0

放課後

妹「兄さん兄さん、一緒に帰りましょう」

兄「はいよ。冷蔵庫カラだから今日は買い物行かなきゃ行けないもんなー」

妹「じゃあ皆さんお先に失礼します」

女の子たち「妹ちゃん、じゃあねー」「また明日ー」「兄もじゃーなー」

兄「ういっす」

16: さるくらいそうだし飯、残ってたらやる 2012/09/05(水) 17:39:04.85 ID:+RwYLMye0

近所のスーパー

妹「兄さん今日は晩御飯、何にしますか?」

兄「そうだな、シチューとか食べたい気分だ」

兄「明日は俺が当番でカレー作るから、じゃがいも余分に買うかー」

妹「両方に使えますからね」

妹「はたから見たら学生カップルみたいですね、わたしたち」

兄「普通に兄妹に見えんじゃね?」

妹「ああ、そうかもですね」ニコッ

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:02:13.86 ID:+RwYLMye0
玄関

兄「割とじゃがいも、重いな」

妹「全部持たせてしまってすみません」

兄「気にしなくていいよ、それは別の問題」

妹「鍵、さっさと開けますね」タタタッ

兄「サンキュー」

ガチャリ

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:04:08.57 ID:+RwYLMye0
兄「ふー、ただいま」

バタン

妹「ご主人様ぁ、くぅーん」  ペロ

兄「妹、玄関ではやめなさい」

妹「きゅぅ…ん」

兄「ここで四つん這いは汚れるし、お客さん来るかもだろ」

兄「中なら相手してあげるから、とりあえず服着替えてきな」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:06:57.15 ID:+RwYLMye0
妹「わんっ!きがえ!」ドタドタ

ガチャン ファサッ シュッスッ ガチャン ドタドタ
妹「きがえ!わんわん!ご主人様!」スリスリ

兄「はやいな」

妹「ご主人様、おべんと、おべんと」スリスリ

兄「弁当……?」

30: 回線が安定しない。落ちて消える可能性あり 2012/09/05(水) 18:10:26.57 ID:KmSjKxZg0
妹「おべんと…」ションボリ

兄「ああ、今日の忘れ物か」

妹「わぉん!うん!うん!」ブンブン

兄「偉かったなー。ありがとなー。よしよし」ナデナデ

妹「くぅーん、くぅーん」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:14:03.51 ID:KmSjKxZg0
兄「嬉ションはするなよ」

妹「しない!がるるっ!」

兄「怒るなよ」ぷいっ

妹「あ!あ!」

兄「どうした?」

妹「ゆる…ゆるして、ゆるして」ウルウル

兄「……わかったから泣かないでくれ」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:24:00.87 ID:KmSjKxZg0
兄「今日はシチューなんだろ?美味しいの作ってくれよ。それで許してやるから」

妹「わんっ!!がんばるっ」パアァッ

兄「とりあえずご飯作ってきてくれ、俺宿題やってるから」

妹「わん!」パタパタ

兄「……ふう」カリカリ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:34:24.18 ID:KmSjKxZg0

兄「昨日は一日中、妹の相手をしてたからなぁ」

兄「今までは生活に支障が出なかったから付き合ってやってたけど、」

兄「宿題の邪魔になるまでしつこくなってきたから、ちょっと注意するか…」

兄「気が重いな」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:35:19.09 ID:KmSjKxZg0
妹「わんわん!ご主人様!ごはん!しちゅー」

兄「はいはい、ありがとう今行く」

兄「美味しかったよ、妹」

妹「くぅん!くぅん!良かった!」

兄「お風呂、先入ってて」

妹「わん!」

兄「……出たら俺の部屋に来てくれ、話がある」

妹「わぁん?」

兄「とりあえず風呂入ってきな」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:37:03.35 ID:KmSjKxZg0
妹「でた!でた!わおーん!」

兄「よし、そこに座ってくれ」

妹「わん!わかったっ!」ぺたり

兄(犬みたいに…)

兄(普通に人間らしく座ってほしかったが…)

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:39:46.37 ID:KmSjKxZg0

兄「あのな、ちょっとショックかもしれないが最後まで黙って聞いてくれ」

兄「最近お前がやってる、そのな、」

妹「……」

兄「、犬ごっこだが」

妹「がるるっ!」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:42:50.09 ID:KmSjKxZg0
兄「あのな」

妹「きゃうん!くぅうん…」バッ

ガチャン ドタドタ

兄「あっ…」

兄「……」

兄「今日は邪魔はされないだろうから、今のうちに勉強しとこう」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:46:47.43 ID:KmSjKxZg0
次の日

兄「ふーむ」

『先に学校に行ってきます、今日のお弁当は竜田揚げにしました』

兄「妹は先に学校に行ったのか」

通学路

男友達「うっす」

兄「おう」

男友達「今日は妹ちゃんいないんだな」

兄「先に行ったそうだ」

男友達「ほー」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 18:57:47.95 ID:KmSjKxZg0
男友達「なんだ、喧嘩でもしたのか?」

兄「そういうわけじゃないけどな」

男友達「いつも一緒に登校する仲いい兄妹なのにか」

兄「兄離れの時期なんだろ」

男友達「ふーん、そういうもんかねぇ」

兄「今までが仲良すぎただけで、これが普通だろう」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 19:38:17.34 ID:nttDds840
授業中

先生「というわけで、人権問題とは2つの側面があるわけですね」

先生「人民が闘争の末勝ち取った権利と、王など有力者が慈民のために与えた権利」

先生「後者に関しては、人民を利用してほかの権益層を掣肘する意味も多いですが」

先生「まあ、これはただの雑談なのでお気になさらず」

先生「本筋に戻りますと、生存権に関して、日本で一番有名な裁判はなんでしょう。この間授業でやりましたが」

先生「妹君」

妹「朝日訴訟ですか」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 19:43:15.59 ID:nttDds840
先生「そうです。よく覚えていますね」

先生「この事件をきっかけに、日本でも人権というものがクローズアップされたわけです」

先生「本質的に欽定の大日本帝国憲法と、敗戦で作られた日本国憲法憲法」

先生「日ともに人民が勝ち取ったものではないと私は思うのですが」

先生「日本人の権利意識にかんしても、この辺が根深いと思われますよね」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 19:48:55.58 ID:nttDds840
先生「でもって、そういった権利意識の低さが、今の日本に宿痾として存在するわけです」

先生「しかし、妹君はいつもきちんと復習をしててえらいですね」

キーンコーン

先生「と、時間ですので、今日はここまで」

女の子「ねー妹、今の授業でここわかんないんだけど」「わたしもー」

妹「ええっと、それは」


兄「ふぅ…」

70: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 19:52:48.85 ID:nttDds840
男友達「んー兄、今の授業のここわかるか?」

兄「いいや」

男友達「まじかー、じゃあ家で妹ちゃんに聞いといてくれよ」

兄「今、そこで聞けよ」

男友達「いや、割り込めねえだろ、あれ」

男友達「…やっぱ家でなにかあったのか?」

男友達「今朝のことといい」

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 19:56:27.00 ID:nttDds840
兄「あるっちゃ、あるな」

男友達「そうか。話したくなったら言ってくれよ」

兄「おう。…ありがとな」


兄『べったりだったのは俺も同じか』

兄『俺がいない方が、妹にも良いし、ちょうど良かったな』

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 20:06:10.08 ID:nttDds840
兄「さっさと帰って、今日のカレーはゆっくり時間をかけて煮込むか」

妹「兄さん、帰りましょう」

女の子たち「ねー妹ー」

兄「呼ばれてるぞ」

妹「ええ、ではちょっとだけ…」

兄「先に帰って、カレー煮込んどくから」トコトコ

妹「…はい」

妹「…」

女の子たち「妹ー?」

妹「…はーい、今」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 20:12:10.01 ID:nttDds840
兄「ふー。今日のカレーは、ちょっといい出来なんじゃないかな、と」

ガチャン

兄「おー妹、お帰り。今日のカレーな、けっこうい…」

妹「きゅぅうん!わん!!!」ガバッ

兄「お、おいっ」ガタン

ガッシャン

兄「ああっ…」

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 20:13:54.57 ID:nttDds840
兄「…」

妹「わ、くぅ」

兄「…」

妹「…ごめんなさい」

兄「…」

妹「ごめんなさい、兄さん」

79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 20:16:18.77 ID:nttDds840
兄「…久しぶりに、兄さんって家で呼ばれたな」

妹「…はい」

兄「なあ」

兄「どうしてなんだ?」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 20:17:35.17 ID:nttDds840
兄「責めてるわけじゃないんだ」

兄「なんでなのか分からなければ、俺としても対応できない」

妹「…」

妹「好きなんです、兄さんのこと」

妹「…」

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 20:20:36.90 ID:nttDds840
兄「…まあ、そうなんだろうな」

兄「よくわからないが、最近の行動から考えるとさ」

妹「…」

兄「好きだってのはわかった。で、なんであんなことを」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 20:33:08.28 ID:nttDds840
妹「だって、血のつながった兄弟じゃないですか」

妹「素直に甘えて、何かあったら」

妹「…私としては、あっても構わないのですけど、…そうなると兄さんが大変ですし」

兄「…」

妹「犬であれば、可愛がって頂けるんじゃないかなと」

妹「…そう思ったんです」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 20:39:11.83 ID:nttDds840
兄「…」

妹「…」

兄「うん」

妹「…はい」

兄「わかった」ギュッ

妹「えっ?」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 20:41:10.78 ID:nttDds840
兄「甘えたかったんだろ」

兄「構って欲しかったんだろう」

兄「犬の真似をしなくても、してやるから」

妹「…はい」

兄「とりあえず、カレー片付けよう」

妹「…」

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/05(水) 20:44:22.28 ID:nttDds840
兄「…どうした?」

妹「…もうちょっとだけ」

妹「もうちょっとだけ、抱きしめていてください」

兄「だめだ」

兄「カレーは早く掃除しないと大変なことになる」

妹「…はい、兄さん」

兄「それに、抱きしめるくらいならいつでもしてやるから」

妹「…はいっ!」



―――end―――

引用元: 妹「わんわん、ご主人様っ」