3: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 12:58:33.93 ID:ri9pTzvI
とある日 曜ちゃんの家


千歌「よーちゃん あーそーぼー!」


曜ママ「あら、千歌ちゃん」


千歌「おばさん、よーちゃんいますか?」


曜ママ「ごめんね、曜は今出かけてるの
     でもすぐ戻ってくると思うから部屋で待ってていいわよ」


千歌「わかりました!おじゃましまーす!」




4: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 12:59:59.52 ID:ri9pTzvI
千歌(よーちゃんの部屋、やっぱり綺麗だなあ)


千歌「早く帰ってこないかなあ~」





千歌(ん?机の上に何かある)


千歌(なんだろう?)

6: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:02:03.49 ID:ri9pTzvI
千歌(紙の束のように見えるけど、もしかして)


千歌「にしし、よーちゃん、さては悪かったテストを隠そうとしてたんだね」


千歌「誰もいないし、見ちゃえ!」



パサッ!




千歌「え」

8: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:03:27.18 ID:ri9pTzvI
紙をめくった瞬間 千歌の視界に信じられないものが飛び込んできた


それは 点の悪いテストでもない


学校からのプリントでもない



その紙切れにかかれていたのは



あられもない姿をした自分の絵だった

10: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:05:12.08 ID:ri9pTzvI
千歌「な・・・・に・・・・こ・・・れ・・・・」


一枚一枚紙をめくる千歌


だが、そのすべてに とても千歌の口から言えないような


壮絶な絵が並ぶ


それはよく見ると、漫画になっていた



千歌(嫌・・・・)

11: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:06:15.40 ID:ri9pTzvI
曜(バサッ)


曜「ち、千歌ちゃん・・・・」



そこへ、曜が帰ってきた


まるでタイミングを計ったのように


千歌「・・・・・」



千歌「よーちゃん、これ」

12: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:07:19.01 ID:ri9pTzvI
曜「ち、千歌ちゃん?!どうして?!」


千歌「こっちが聞きたいよ!!!なんなの、これ?!」


曜「こ、これは、その」


千歌「よーちゃん、千歌のことそういう風に見えたんだ」



千歌「サイテーだよ!!!!」



バタンッ!!!!

14: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:09:54.50 ID:ri9pTzvI
曜「・・・・・・・・千歌ちゃん」


静まり返った部屋にたたずむ曜は、散らかった紙束に視線を落とす。



曜(そう、これは夏コミに向けて書いていた私の同人誌)


曜(今時、全年齢の同人誌じゃ売れないわよって)



曜(梨子ちゃんのアドバイスでちょっとえっちなものを書いていたけど)



曜(キャラクターが無意識のうちに 千歌ちゃんそっくりになっていた)

15: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:11:11.09 ID:ri9pTzvI
曜「私、バカ曜だ・・・」
友達をそういう対象に書いてしまった罪悪感に迫られる。
どうして、こうなってしまったんだろう
曜「ごめんね、ごめん・・・」

16: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:13:32.39 ID:ri9pTzvI
次の日から、千歌ちゃんは学校に来なくなった





梨子「ねえ、曜ちゃん 千歌ちゃんどうして休みなの?」
    家に行っても全然会ってくれないし連絡もつかないのよ」



曜「・・・・・」


善子「聞いたわよ曜 千歌が堕天した絵を描いちゃったって」


梨子「堕天?!って、まさか曜ちゃん、千歌ちゃんの・・・」


曜「・・・」



曜(そうだよ、私のせいなんだよ)

17: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:15:13.84 ID:ri9pTzvI
梨子「私のせいだわ・・・曜ちゃんが千歌ちゃんのこと考えもせずに、あんなアドバイスをしちゃったから」
曜(梨子ちゃんは悪くないよ 書いたのは私なんだから)
善子「ふーん、曜ってそういうところあるんだ」
曜(そうだよ 私はサイテーなんだよ)
曜「・・・・・・・・・・」

18: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:16:49.90 ID:ri9pTzvI
その頃



千歌「よーちゃん、どうしてあんなものを」



千歌「わからないよ」



ピンポーン


ルビィ「ちかさーん、いませんかー」



千歌「誰とも会いたくない、みとねえ、いないって言って」



千歌「・・・」

19: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:18:52.44 ID:ri9pTzvI
よーちゃんの秘密を知ってしまった千歌



秘密を知られてしまった曜



二人の心は、どうすればいいか迷っていた



そしてその日の夕方


曜は千歌の家の前に立っていた




曜「・・・このままじゃ、私、本当にダメになる
  やっぱり、あやまろう」

21: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:21:20.84 ID:ri9pTzvI
ピンポーン


千歌「また・・・?みとねえ、いないって言って」


千歌「みとねえ、いないの?」







曜「千歌ちゃん!!!」

22: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:24:35.31 ID:ri9pTzvI
千歌「よーちゃん?!」


曜「ごめんなさい・・・・!
  私、人として最低なことをしちゃった」



千歌「・・・そうだよ、私のことそんな風にみてたの、よーちゃん」



曜「でもね、悪意があったわけじゃないの
  千歌ちゃんのことが、ことが・・・」




曜「す、す、す好きだから、千歌ちゃん・・・そっくりに書いちゃったの・・・」



曜「こんな私、サイテーだよね
  許してくれなんて言えないよね」



曜「だから、今日で」

24: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:29:36.37 ID:ri9pTzvI
千歌「いやだ!」



曜「え」


千歌「チカのこと好きなら、その先の言葉を言っちゃうのはいやだよ!」



曜「千歌ちゃん・・・」


千歌「たしかに、びっくりしたよ あんな絵を見ちゃったのは」



千歌「でも、分かっちゃったんだ
    好きだから、ああいうことしたいって
    そういう妄想をしちゃうことって」



曜「・・・・」



千歌「それだけ、よーちゃんはチカのこと
    好きなんだったって」

25: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:32:53.43 ID:ri9pTzvI
曜「・・・うううう
  ごめんなさーい!!!!」


曜の目から、大粒の涙がこぼれた
自分の劣情ですら、愛情の一部なんだと言った
大好きな千歌のことが とてもまぶしく見えたから



曜「千、歌ちゃん、ひっく、こんなこと言うのは、ひっく
  おかしい、ひっく、とおもうけど・・・
  わたし、千歌、ちゃん、が大好き」


千歌「うん、いいんだよ、よーちゃん」



曜「ちかちゃあああああああん」


よーちゃんはまるで、赤ちゃんのように泣きだした

27: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:35:41.29 ID:ri9pTzvI
千歌「ふふふ、よーちゃん、かわいい」


曜「も、もう!からかわないで!」



千歌「チカ、ああいうことはイヤだけど
    よーちゃんの気持ち、ちょっとだけわかったかも」



チュッ



千歌「よーちゃん、だいすき」

28: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:39:08.18 ID:ri9pTzvI
それから数ヶ月後



今年も夏コミの季節がやってきた



善子「フフフ・・・・来たわね 今年も夏の聖戦の日が」


ルビィ「そういえば、曜さん、結局出店したんですか?」


梨子「ええ、そうよ」


果南「もう、梨子が変なこというからああいうことになったんでしょ?」


梨子「反省してます・・・」


鞠莉「でも、まさかあれから二人でドージンシをライトするなんてすごいわ!」


花丸「どんな本ずら?」


ダイヤ「破廉恥なものなら許しませんわよ!!」


梨子「それは、ブースに行ってみればわかるんじゃないかな?」

29: 名無しで叶える物語(あら) 2021/05/13(木) 13:42:55.85 ID:ri9pTzvI
曜「千歌ちゃん、ようやくできたね」


千歌「うん」


曜「千歌ちゃん、手伝ってくれてありがとう」


千歌「えへへ、どういたしまして」



曜「ねえ、こんな本を書いちゃう私って、ヘン?」



千歌「へんじゃないよ
    それもよーちゃんの個性だから」





曜「えへへ・・・ちかちゃん    だいすきっ!」






C9x 1日目東S0417y「ヨーソロー」

タイトル
【全年齢】だいすきな千歌ちゃんのかわいいがつまった本





おわり

引用元: 千歌「よーちゃんの秘密」