勇者「ここは…これは、玉座?この城の謁見の間か…」

戦士「おおっ!?王様ガイコツになってるじゃねーか!?」

商人「やはり、このお城は魔王に滅ぼされたという事なんでしょうか…?」

盗賊「滅んでたのを再利用しただけかもしれないけどな。どっちにしろ、しかばねをそのままにしておくなんて良い趣味してるぜ」

商人「…僕達は勝てるでしょうか…?」

勇者「勝てるか、じゃねー、勝つんだよ。必ずな」

戦士「おおっ!負けねーぞ俺らは!」

商人「そ、そうですよね。すみません…」

盗賊「不安になるのは分かるがな。ただ、まだ何日かレベルアップに使えるんだ、今勝てなくても明日、明後日にはなんとかなるさ。今までだってそうだったしな」

戦士「この城で銀色のやつも何体か倒したしな!」

商人「ええ、強くなってるって実感はあります。すみません、変な事言って…」

勇者「…何度も言うが、必ず勝つ。絶対にだ。世界の為にも、この城の連中の為にも、俺ら自身の為にもな…」

603: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/09/09(水) 17:54:56 ID:/PRwN1zk
盗賊「…おい、見てみろ。あのバリアに囲まれた階段…」

商人「怪しいですね。もしかしてあそこに魔王が…」

勇者「この城も大体探索したからな。もう残ってるのはあそこくらいしかねえ」

戦士「おっしゃー!突撃…」

盗賊「待て待て待て待て、今日は闘わないって言っただろ!突撃すんなよ!偵察だ!」

商人「じゃ、じゃあ階段を下りてみましょう…うわあ…」ゴクリ…

盗賊「はっ、趣味の良い装飾とは言えない部屋だな。まあいかにもって感じではあるがな」

戦士「お、おおおっ!?あそこにいるでかいのって…」

商人「あ、あれが魔王…!?」

盗賊「っぽいな。ついにここまで…おい、勇者!?」

勇者「あいつが…」ギリッ

盗賊「勇者!今日は闘わないぞ!お前自身が言った事だろう?」

勇者「…!ああ、悪かった…」

盗賊「いや、ついに、ついに逢えたんだもんな。気持ちは分かるぜ。だが今日は引くぞ。お前らも…」

商人「ええ、気付かれないように…やっぱり強そうだったなあ…でも、でも…!」

604: ーー夜、イシスの宿屋 2020/09/09(水) 18:06:39 ID:/PRwN1zk
商人レベル27「いやあ、魔王は怖かったですけど、今日は収穫も多かったですね!僕レベル4も上がっちゃいましたよ!」

戦士レベル34「俺も1つ上がったぜー!勇者は新しい呪文覚えたんだよな!」

勇者レベル35「ザオラルだな。まあ、蘇生呪文はあって困ることはないだろうな。結局死んだらアイテムは捨てなきゃならねえが…」

商人「アイテムといえば、今日はそっちも大漁でしたね!いのちのきのみ1つ、いのちのいし3つ、せかいじゅのは1つ、しあわせのくつ2つ、だいちのよろい1つ…」

戦士「それ全部あなほりだもんな!やっぱりすげーぜ商人!」

勇者「ついでにイシスの近くで戦ったモンスターがどくばり落としたな。こっちは宝箱だが…」

商人「ええ、本当に今日は…って痛い!?なんで蹴るんですか盗賊さん!?」

盗賊レベル35「お前は…何がパーティーに貢献しないとだ!何が…!」ゲシゲシッ

勇者「おい、止めろ『ゼロ』!」

戦士「そうだぞ!暴力は良くないぞ『ゼロ』!」

ゼロ「てめーら…変なコードネーム付けてるんじゃねえよ!くそっ、明日は負けないからなっ!」タタタ…

606: ーー110日目、バラモス城 2020/09/14(月) 14:36:38 ID:QzmQYJTA
勇者「昨日は戦闘に集中しててどうやって魔王の居場所まで辿り着いたか良く覚えてなかったからな。今日はきちんと道順を確認して…」

ーーエビルマージがあらわれた!はぐれメタルがあらわれた!

盗賊「これは…!お前らは魔法使いをやれ、俺がどくばりで銀色の奴を…」

はぐれメタルはにげだした!

商人「逃げた!じゃ、じゃあ魔法使いに集中して、まずはあんまり効かないけどマホト…」

エビルマージはラリホーをとなえた!勇者をねむらせた!商人をねむらせた!

戦士「おおっ!?まずくねーかこれ!?」

エビルマージはもえさかるかえんをはいた!エビルマージはマヒャドをとなえた!

盗賊「くそっ、まずいぞ!戦士、ここは…」

エビルマージはラリホーをとなえた!戦士をねむらせた!

盗賊「おいおいマジかよ、くそっ、逃げるっきゃねえ!」ダカダカダカ…

しかしまわりこまれてしまった!エビルマージはマヒャドをとなえた!エビルマージはラリホーをとなえた!盗賊をねむらせた!

盗賊「あ…しまっ…」zzz…

エビルマージはメラミをとなえた!エビルマージはマヒャドをとなえた!エビルマージはマヒャドをとなえた!…

607: ーー111日目、イシス近郊 2020/09/14(月) 14:45:22 ID:QzmQYJTA
戦士「全滅だー!もろはのつるぎ3つとルーンスタッフ捨てるぞー!」ポポポポーイ

勇者「痛いな…痛い。装備もそうだが、1日無駄になっちまった…」

商人「魔王戦を前に、とても厳しい事態になりましたね…」フウ…

盗賊「確かに厳しいが…あっという間に全滅したから魔力をほとんど使わなかったのは不幸中の幸いだろ」

商人「そうですね、今日はこのまままた魔王の城に行けますね。それくらいですけど良い事って…」

勇者「宿に泊まったら更にもう1日だからな。まあ…最悪1日2日捨ててもレベルアップに時間を割く必要があるかもな」

戦士「とりあえず今日は新しいとこ行かないといけないんだろ?」

商人「ですね。魔王城の東にあったあの大穴に…」

勇者「あそこも何かありそうな場所だからな、もしかしたら危険があるかもしれねーが、行かなきゃいけねえからな」

盗賊「だな。よし、切り替えて行こうぜ!」

戦士「おー!何が待ってようがもう負けねーぞ俺らは!」

612: ーーバラモス城 2020/09/21(月) 20:09:19 ID:K/RQi9rw
勇者「さて…今日は昨日出来なかった魔王の居場所までの道順の確認だ」

商人「一昨日は魔物に手一杯で道順をちゃんと覚えられませんでしたからね…」

盗賊「昨日はあのザマだしなあ。ま、一回は行って帰ってこられたんだ、何とかなるだろ」

勇者「昨日は全く何ともならなかっただろ…」

戦士「でももう負けねーぜー!」

勇者「負ける余裕がねえんだよ。余裕を作るためにも…」

商人「ええ、ここは階段での上り下りがたくさんありますから、またあなほりで装備を…」

盗賊「はっ、今日はまた勝たせてもらうぜ、俺の盗みがな!」

戦士「ほんとかー?『ゼロ』」

ゼロ「その呼び方は止めろ!だいたい今日は山ほど盗むからゼロじゃねえんだよ!」

勇者「まあ、流石に一昨日みたいに装備品もその他も大量に、って訳にはいかないだろうが、期待はしてるぜ」

商人「はい、頑張ります!」

盗賊「おう、大船に乗ったつもりでいろよ!」

613: ーーバラモス城 2020/09/21(月) 20:18:32 ID:K/RQi9rw
ーーうごくせきぞうがあらわれた!ホロゴーストがあらわれた!まものたちはいきなりおそいかかってきた!ホロゴーストはザラキをとなえた!

商人「う…う…ああ…!」パキーン!

戦士「商人!大丈夫かあ!?」

勇者「なんだ…!?何かが壊れた音…いのちのいしか!」

商人「ええ、石が身代わりになってくれて助かりました…」

盗賊「よっしゃ!後はたおすだけだ!そらあっ!」ピシャッ

戦士「うおおおー!」ザンッ

ーーまもののむれをやっつけた!

商人「た、助かった…でもいのちのいしが…」

盗賊「へっへっへっ、こんなこともあろうかと、盗んでおいたぜ、ほらっ!」ポイッ

商人「うわっ!?な、何を投げて…これ、いのちのいし!?盗んでくれたんですね…」

盗賊「へっ、これでゼロとは呼ばせねえぜ!」ドヤッ

戦士「やるな盗賊ー!結局数では商人に負けたけどな!」

勇者「商人がいのちのいし1つにいのちのきのみ2つ、盗賊がいのちのいし1つだけか。やっぱり一昨日みたいにはいかないな…」

盗賊「おい!結果発表しなくても良いだろ!俺も商人も頑張ったで良いんだよ!」

614: ーーギアガの大穴 2020/09/21(月) 20:28:11 ID:K/RQi9rw
勇者「魔王の城の事ばかり考えてて、危なく今日新しい場所に行く事を忘れそうになったな…」

商人「見て下さい、外でもろはのつるぎが掘れましたよ!1つでも装備品が…」

盗賊「しっ!静かにしろよ、何がいるか分からないぜ、ここは」

戦士「んー?商人が更にアイテム見つけたのが悔しいのか?」

盗賊「そ、そうじゃねえよ!断じて!…しかし、それにしてもでかい穴だな」

勇者「ああ…どちらかというと、こんな所に人が居たってのの方が驚きだがな」

兵士1「ここはギアガの大穴だ。我々はここを見張っている。時々いるのだ、世を儚んで身を投げに来るような者がな」

商人「こんな所まで…!?」

兵士1「天国に繋がっているようには思えんがな、こんな穴」

戦士「んな事より俺らでさえラーミアがいなきゃ来れなかったこんなとこにどうやって人が来るんだ??」

兵士2「この穴に入って出てきた者は居らぬ。穴の中がどうなっているのか、誰にも分からんのだ」

勇者「まあ、出てくる以前に落ちて生きていられるとも思えねえが…生きるにしよ死ぬにせよ、何処に辿り着くのか…」

戦士「なあ、お前たちはここにどうやって来たんだ?世をはかなんだ?奴らはどうやってここまで来たんだ?なあなあ…」

616: ーーバラモス城 2020/09/28(月) 19:26:23 ID:Pg05lQ12
盗賊「…よしっと。この階段を下りたら魔王のいる場所だな」

勇者「道順はもう覚えたな」

商人「ええ、何回も来ましたから。次は最短距離で来られますよ」

戦士「いつでも魔王と戦えるな!」

勇者「そうだな…あの厄介な魔法使いの群れの対処法も分かってきたしな」

商人「結局、全員で直接攻撃するのが一番でしたね…」

盗賊「ムチで攻撃する俺と勇者の攻撃力、それと勇者の素早さがあればなお良し、って所だな。種使うか?」

勇者「そうだな、すばやさのたねは俺が使う。ちからのたねは…」

盗賊「そっちもお前が、と思ったが、これからも力が伸びるのはお前だろうし、俺が食った方が良いかもなあ」

商人「戦士さんは状態異常の呪文にかかりやすいですから、ラックのたね食べた方が良いですよ」

勇者のごうけつのうでわ付けてるから、しあわせのくつ履けねえんだよな」

戦士「じゃあラックのたね全部もらうぜー!」

盗賊「全部かよ!…まあ、最終目的が魔王なんだから問題ないか。盗みやあなほりで集めてきた種がやっと役に立つ時がきたな。あとは決戦だ。良いスリルが待ってそうだぜ…!」

617: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/09/28(月) 19:39:37 ID:Pg05lQ12
盗賊「ーーおらっ!どくばりをくらえっ!」プスゥ

ーーはぐれメタルをたおした!まもののむれをやっつけた!

戦士レベル36「おっしゃー!今日銀色2匹目だな倒したの!」ウオー

商人レベル32「みんなレベルアップしましたね!僕は3つアップしましたよ!」

盗賊レベル37「やっぱり銀色だな。効率が段違いだ」

勇者レベル37「ネクロゴンドの洞窟の方が安全に稼げるんじゃないかとも思ったが、こっちの方が断然銀色が出るからな。危険を冒す価値はあるぜ」

戦士「よっしゃ!じゃあ明日いよいよ魔王か?」

勇者「そう思ってたが…もう少しレベルが必要かもな。明日もとなると装備を捨てるようだが、全滅で4つ捨てる方が痛え」

盗賊「今日装備を見つけられたらまた違ったんだけどなあ。俺も商人もいのちのいし2つずつだけだもんな」

商人「初日が何だったのかって位に何も見つけられなくなりましたね…」ガッカリ

戦士「商人は頑張ってると思うぞ!」

盗賊「『は』って何だよ!俺も頑張ってるよ!」

勇者「まあ、そんな訳だ。明日もレベル上げに専念するが、出来れば装備も集めたい。鎧がもう1つ手に入れば言うことないが…」

商人「なかなか上手くいかないですよね…」

盗賊「なあに、明日は俺の大活躍で装備品集まりまくりだ、お前らもお前らも期待してろよな!」

619: ーー113日目、バラモス城 2020/10/05(月) 19:12:08 ID:NgYNadxk
勇者「出たぞ、銀色だ!逃がすな!」

盗賊「おお、任せろ!」プスッ

戦士「うおりゃー!経験値よこせー!」ガギン

ーーまもののむれをやっつけた!

商人レベル35「やりましたね!今日はレベル3つ上がりましたよ!」

戦士レベル38「俺は2つ上がったぜー!」

盗賊レベル38「俺だけ1つしか上がらなかったな。勇者は2つ上がって凄い呪文も覚えたんだろ?」

勇者レベル39「ベホマズンだな。確かに強力だが、魔力の消費がとんでもなくてな。2発しか撃てねえし撃たなきゃならないような闘いは負け戦だろうな」

商人「切り札って感じですよね」

戦士「商人のあなほりは今日もすごかったな!いのちのいし2つにしあわせのくつまで見つけたんだろ?」

商人「装備が見つけられて良かったですよ。あと、イシス周辺でかしこさのたねも見つけました」

盗賊「俺だっていのちのいし、あとイシス周辺でかしこさのたねとやくそうを見つけたぜ。ま、今日は商人の勝ちって事にしといてやるぜ」

勇者「今日は…?」

商人「さあ、明日はいよいよ魔王と対決ですね!僕らも強くなったけど、魔王も強そうですよね…」

盗賊「やるしかないだろ、いつだって俺達は成し遂げてきた。明日だって、魔王にだって勝ってやるさ!」

620: 明日といっても来週ですが 2020/10/05(月) 19:22:55 ID:NgYNadxk
勇者「よし、じゃあ今のステータスだな。並び順でいくぜ」

盗賊 レベル38
すばやさ242 うんのよさ168攻撃力136 守備力146
最大HP323 MP157

戦士レベル38
すばやさ30 うんのよさ47攻撃力261 守備力78
最大HP400 MP0

勇者レベル39
すばやさ92 うんのよさ110攻撃力156 守備力115
最大HP373 MP159

商人レベル35
すばやさ95 うんのよさ130攻撃力130 守備力84
最大HP282 MP167

盗賊「いつのまにか勇者がレベル一番高くなってたよな」

商人「盗賊さんは全体的に数字が高いですね…」

勇者「逆に戦士は攻撃力とHPだけ高いまさに戦士ってステータスだな」

戦士「この数字は俺はごうけつのうでわ、他の3人はしあわせのくつの補正が付いてるぜー!これで明日魔王に挑むぜー!」

商人「明日はやりますよ、見ていて下さいね…!」

622: ーー114日目、バラモス城、玉座の間 2020/10/11(日) 17:53:28 ID:IFv5uzNE
勇者「ついに…ついにここまで来たぜ魔王!」

魔王「ついにここまで来たか、盗賊よこのバラモスに逆らうとは、身の程知らずの者達だな」

盗賊「さあて、身の程知らずはどっちかな?」

魔王「ここに来た事を悔やむが良い。そなたらのハラワタを食らいつくしてくれるわ!」

商人「そうはさせない!僕らが…勝つ!」

戦士「おおー!俺は、俺らは負けねーぞ!」

勇者「ああ…!行くぜお前ら!」

ーーバラモスがあらわれた!

623: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/10/11(日) 17:59:45 ID:IFv5uzNE
商人「行きます!まずスクルトを…」ギュウウウ…!

盗賊「俺は準備が整うまで防御してるぜ、俺の攻撃なんてたかが知れてるからな」

バラモスはイオナズンをとなえた!

勇者「…っ!すげえ呪文だが、耐えられねえ程でもねえ!おらっ!」ピシャッ

商人「もう一度スクルト!そして…ルカナン!」ヒョロロロロ…

戦士「効いたな!よっしゃ!斬るぜー!」ザクッ

バラモスのこうげき!バラモスはメラゾーマをとなえた!

盗賊「うっ…おお!?はっ、なんだよ、耐えられるじゃないか、魔王といっても大したこと…」

バラモスはバシルーラをとなえた!戦士ははねとばされた!

勇者「おい…おいぃ!?バシルーラって、お前、お前なあー!」

商人「こ、これは…かなりまずいですよ…まさかバシルーラなんて…」

624: ーー115日目、アリアハン、ルイーダの酒場 2020/10/11(日) 18:11:36 ID:IFv5uzNE
盗賊「まあ………残念だったな…」

戦士「くそー!飛ばされちまうなんてよー!」ダンッ

勇者「戦士のうんのよさが低いって懸念が現実になったな。仕方ないが…くそっ」

商人「最後盗賊さんも混乱してましたよね。あれだけ運が良い盗賊さんが…」

盗賊「悪かったな商人、死なせちまって」ガッカリ…

商人「で、でも収穫もありましたよ!ルカニと、あとラリホーも効きましたよ、あの魔王!」

勇者「結構眠らせられたな。ラリホーを上手く使って、寝てる間に戦士が攻撃出来れば…可能性は低くなさそうだ」

盗賊「戦士が飛ばされたってのは、考えようによっては悪くないぜ。捨てる装備品が1つ減ったんだからな」

商人「とはいえ、1日経ったし4つは捨てるようですけどね。いよいよ装備してるモノまで捨てるようです…」

勇者「まあ、嘆いてても仕方ねえ。次は勝つ、それだけだ」

戦士「おおー!次こそは負けねーぞ!」

626: ーーバラモス城 2020/10/19(月) 19:52:07 ID:/INXv6Yc
戦士「じゃあ早速魔王にリベンジしようぜ!」

盗賊「とはいえ、勇者はともかく商人は魔王戦で使った魔力が回復してないだろ」

商人「そう…思ってたんですけど…」

勇者「回復してるのか?」

盗賊「回復?宿にも泊まってないのにか?」

商人「多分、女王様に報告して休んだ時に…」

戦士「んー?なんで報告して休むと回復するんだ?」

商人「分かりませんけど…もしそうなら僕ら今までかなり損してたような…」

盗賊「書いてる奴がセーブする前に宿に泊まる習慣があるから気づかなかったんだな…」ボソッ

勇者「なら…すぐにリベンジしに行くか。魔力が減ってるなら1日経験値稼ぎにと思ってたが…」

戦士「おおー!行こうぜ魔王の所によおー!」

商人「な、なんかなし崩し的に…大丈夫なのかなあ…?」

627: ーーアリアハン城内 2020/10/19(月) 20:03:28 ID:/INXv6Yc
倉庫番「さっき勇者殿達が酒場に来てたそうだが、何かあったのか?」

使者「それが…どうやら仲間が魔王にバシルーラで飛ばされたらしくて」

倉庫番「へ?勇者殿はもう魔王と戦ってるのか!?」

使者「昨日が初戦だったみたいね。負けてしまったようだけれども…」

倉庫番「…やはり魔王は…」

大臣「やはり魔王は手強い、という訳だな」ウオッホン!

使者「大臣…お暇なんですか?」

大臣「なんの、王座を奪い取る計画を進めてる最中だからな、多忙も多忙よ。ところでお前達…そう、お前達だ、よく聞いてくれよ」

倉庫番「?一体誰に…」

大臣「勇者達は身に付けてるモノまで捨て始めて、もう後がない状況であるのは分かってくれていると思う。もしあと1回か、多くてもあと2回負けたならーーおそらくパーティーは再起不能となるであろう。その時はこのSSも打ち切りとなる。この世界は魔王に負けて終わりじゃな」

使者「縁起でもない事言ってませんか…?」

大臣「そうならないよう最大限の努力はするが、まあ…覚悟はしておいて欲しいのだ。こんな事を言うのは忍びないのだが、仕方ないのだ…」

???(えっ!?じゃあ私石像のままですか!?そんな、ひどい…)

倉庫番「ん?何か言ったか?」

使者「いえ?貴方こそ…いえ、今のは誰の…?」

629: ーーバラモス城、玉座の間 2020/10/25(日) 19:22:50 ID:Mu.fCI2Y
盗賊「救済措置か…そういう融通が効くならそもそも商人を一時離脱させたりとかしてないんだよな」

商人「町作り用の人を用意しますよね…」

戦士「問題ねーぜー!今日俺らが勝てば良いだけだからなー!」

盗賊「まあ、今日負けてもそれぞれの装飾品…しあわせのくつやごうけつのうでわを捨てればなんとかなるだろ?」

勇者「素直に全滅すればな。せかいじゅのはで生き返らせた後全滅したりすれば日数のペナルティと合わせて6つ以上捨てることになるかもしれねえ」

商人「その場合はせかいじゅのはも失っていよいよ大ピンチですね…」

戦士「だから今日勝つんだよ!なんで負けた時の話してんだよ!」

勇者「ああ、こればっかりはお前の言う通りだ。今日は勝つ。行くぜ…!」

商人「はい!全力を尽くします!」

盗賊「つう事でだ、覚悟しろよ魔王!」

魔王「身の程知らずにも程があるわ!何度でも返り討ちにしてくれるわ!」

ーーバラモスがあらわれた!

630: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/10/25(日) 19:31:16 ID:Mu.fCI2Y
商人「序盤は前回とおなじですよね、まずスクルトを…」ギュウウウ…

盗賊「俺は防御に徹するぜ!さあ来い魔王!」

勇者「俺は…試しに使ってみるか、マホトーン!」パラララ!

戦士「効かねーな!でも関係ねー、斬るぜー!」ザクッ

バラモスのこうげき!

盗賊「はっ、防御してればなんともないぜ、商人の呪文のおかげもあるけどな!」

商人「ではラリホーを…ううっ、効かない!」

バラモスはイオナズンをとなえた!バラモスのこうげき!

勇者「戦士、ベホマだ!商人は盗賊にベホイミを…」

バラモスはバシルーラをとなえた!

商人「ひっ…!な、なんともなかった!よーし、またラリホーだ!」ポワワーン

盗賊「くそっ、今日は眠らないな!前回は寝不足だったのか?」

バラモスはメダパニをとなえた!商人はこんらんした。

勇者「…ちっ!面倒な事になりやがったぜ!」

631: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/10/25(日) 19:44:09 ID:Mu.fCI2Y
商人はバギをとなえた!

盗賊「くそっ、ダメージは大したことないが、商人のサポートと魔力が無くなるのはきついぜ!」

戦士「でも混乱する前にルカニしててくれてたぜ!さっさと倒しちまうぜー!」ザンッバラモスはメラゾーマをとなえた!バラモスははげしいほのおをはいた!

勇者「くそっ、まずいぞ…俺一人じゃ回復しきれねえ。しかも…」

商人はヒャダルコをとなえた!

戦士「いてー!つめてー!撃つならあっちだろ商人ー!」

盗賊「言っても仕方ないだろ。しかし、商人が虫の息になっちまってるが…」

勇者「…悪いが、1回死んでもらおう。その後に…」

バラモスのこうげき!バラモスはイオナズンをとなえた!商人はしんでしまった!

盗賊「よし、じゃあせかいじゅのはだ!生き返れ商人…!」

商人「……はっ!?え、えっと…?」

勇者「混乱して死んで生き返ったんだ!回復を!」

商人「は、はい!え、えっと、盗賊さんにベホイミ!」パアアア…

盗賊「サンキュー!…本当に生き返るんだなせかいじゅのはってヤツは。初めて使うから実は不安だったんだが…」

632: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/10/25(日) 19:50:36 ID:Mu.fCI2Y
戦士「うおおおー、どんどん攻撃するぜー!うらあー!」ガッ

勇者「もう一度マホトーンを…くそっ!効かねえ!」

バラモスはメラゾーマをとなえた!バラモスははげしいほのおをはいた!

勇者「ちっ、戦士、ベホマだ!くそ、なかなかラリホーやマホトーンをかける暇がねえ…」

盗賊「メダパニやバシルーラを封じられればかなり不安を取り除けるんだが、なかなか上手くいかないな…」

商人「ぼ、僕がラリホーを…ああっ、やっぱり効かない!」

バラモスのこうげき!

盗賊「へっ、攻撃を俺にしてくれるのは助かるぜ!ほとんど効かないからな!」

勇者「商人が混乱して攻撃した時無傷だったからな…」

商人「ぼ、僕そんなことしてたんですか!?」

盗賊「ああ、後で一杯おごれよ、この戦いに勝ったらな!らあっ!」ピシャッ

戦士「うおおおー、会心のおおお、一撃いいい!」ズドガン!

盗賊「はっ、良いの入ったじゃないか戦士!」

勇者「搦め手は上手くいかねえが、ダメージは順調に入ってる…勝負はこれからだ、気を引き締めろよ!」

634: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/11/01(日) 19:19:55 ID:U1JTFFBA
バラモスはメダパニをとなえた!

勇者「くっ…!…効かなかったぜ、うおらっ!」ピシャッ

盗賊「たまに攻撃が緩くなる時があるな」

商人「ええ、おかげでなんとか回復が間に合ってます…ベホイミ!」パアアア…

戦士「俺はひたすら攻撃だー!おらー!」ザクッ

勇者「ああ、お前は攻撃の手を緩めるな。一番ダメージを稼げるのはお前だからな」

戦士「分かってるぜー!おら!おら!おらー!」ザクザクッ

盗賊「こういう時お前の単純さは武器かもな!…っと!?」

バラモスははげしいほのおをはいた!バラモスのこうげき!

勇者「あぶねえ!ベホマ!」パアアア…

商人「たまに緩みますけど、基本物凄い攻撃です…!」

勇者「商人!魔力は!?」

商人「……正直、少し不安になってきてます」

勇者「ああ、俺もだ。慎重に、だが可能な限り早くだ!気合い入れろよ!」

戦士「おおー!斬って斬って斬りまくるぜー!」

635: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/11/01(日) 19:28:27 ID:U1JTFFBA
バラモスはイオナズンをとなえた!バラモスはメラゾーマをとなえた!

戦士「うおおおお、負けねーぞおおおおー!」

商人「うう、ラリホーもマホトーンも全然効かないですね…」

勇者「結果論だが魔力の無駄になっちまったな。おい盗賊、今回復を…」

盗賊「ああ、助か…」

バラモスははげしいほのおをはいた!バラモスのこうげき!盗賊はしんでしまった!

勇者「ベホマ!…くっ、間に合わなかったか!」

商人「だ、大丈夫ですよ!まだせかいじゅのははあります!僕持ってますから!」

勇者「ああ頼む!盗賊を…」

戦士「おおおおお!おらあー!」ザンッ!

勇者「ま、待て!魔王が…」

ーーバラモスをやっつけた!

商人「勝っ………た?」

戦士「おお!勝ったぞ!勝ったぞ!うおおおお!!」

勇者「勝った……倒した……終わった、のか…おおお、うおおおおー!勝ったぞーー!!」

636: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/11/01(日) 19:38:06 ID:U1JTFFBA
魔王「おのれ戦士…わしは、わしは諦めんぞ…うおおおおー!」ピカー…

商人「き、消えた…や、やりました!やりましたよ皆さん!やっと、やっと…!」

戦士「おい!盗賊を生き返らせねーのかよ!」

商人「あ、す、すみません!今…」

勇者「ああ、俺がやる。ザオラルくらいの魔力は…」

ーー勇者、勇者よ、私の声が聞こえますか…あなた達は本当によく頑張りました…

戦士「うおお!?誰の声だ!?」

勇者「この声は…どこかで聞いたような…」

盗賊「…ん?ああ…凄くスッキリした目覚めだ…っておお!?ここは魔王の…!?どうなって…」

商人「盗賊さん!?生き返ったんですか!?」

戦士「おい!俺達勝ったんだぞ!魔王に勝ったんだぞ!」

盗賊「本当か!?…ちっ、倒した瞬間に死んでたなんて、持ってねえぜ」

勇者「………お疲れ。あと……………ありがとう。お前らのおかげで…」

ーーさあ、帰りなさい。あなた達を待つ人達の所へ…

商人「ええ!?今勇者さんが締めの言葉を…ああ、光に包まれて…」ピカー…

638: ーーアリアハン城下町 2020/11/08(日) 19:46:16 ID:5luaFst6
戦士「おいおい、アリアハンに来ちまってるぞ!?」

盗賊「あの声の主の力なのか?にしても勇者、さっき何か言ってなかったか?」ニヤニヤ

勇者「うるせー、なんでもねーよ」チッ

商人「ははは…まあ、改めて言うとなると…あ、町の人達ですよ!」

町娘「お帰りなさい!バラモスを倒したという噂はもうここにも届いてますよ!」

老人「そなたこそまことの勇者じゃ!」

兵士「さあ、王様がお待ちかねですよ!」

戦士「おお!?もうみんな魔王を倒したって知ってるのかよ!?」

勇者「俺らより早く伝わる噂ってどういう事なんだ…?」

町娘「まあ、貴方が商人さん!?大きな町を作ったんですってね!」

商人「え!?ええまあ、作ったというか、まあ…」

町娘「その若さで凄いわね!格好良いわ!」

盗賊「おいおい、そんな前科一犯よりこの盗賊さんの方が…」

町娘「盗賊?なんだかカビ臭い洞窟にたむろしてそうね」

盗賊「カビ臭くねえよ!俺は塔派なんだ!」

639: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/11/08(日) 19:53:40 ID:5luaFst6
勇者「…やれやれ、うるせえ奴等だ…ああ」

使者「おめでとう勇者殿。ついにやったわね」

勇者「ああ。時間掛かっちまったが…」

使者「そんなことないわ。たったの四ヶ月足らずですもの。あっという間だったわ」

倉庫番「ああ、見事だったよ。父上を、オルテガ殿を超えたな、勇者殿」

勇者「そう…かな。分からねえけど…」

倉庫番「いろいろと話を聞きたい所だが…王様が待ってるからな。急いだ方が良さそうだ」

使者「良いのよ、あんな王様待たせとけば」

勇者「そういう訳にもいかないだろうな…お前ら、城に行くぞ!」

戦士「おー!王様に会いに行こうぜー!」

盗賊「城じゃ宴だろうな。美人に囲まれてごちそう食べて…」

商人「ああ、そういうのあるんですかね?全然考えてなかったですけど…」

使者「ふふ。こうやって見てるとバラバラなのにね」

勇者「苦労したよ、道中…でもまあ、あとちょっとで終わりか…終わるんだな…」

640: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/11/08(日) 20:06:45 ID:5luaFst6
盗賊「おお、兵士達が整列して俺らに最敬礼だぜ。へへ、気分良いな」

大臣「よくやった勇者達よ!これでまたアリアハンの名も世界中にとどろくであろう!さあ、王様」

王様「うむ…勇者よ、よくぞバラモスを倒した!国中の者達がそなたらを讃えるであろう!これで世界は平和を取り戻したのだ!さあ皆の者、祝いの宴じゃ!」

近衛兵「はっ!…いち、にっ、さん、はいっ!」

パーパパーパパパパパパパパパ…

戦士「すげえな、兵士達って音楽も出来たのか!…ん?なんだ…?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

商人「こ、これも宴の演出…じゃないですよね!?」

勇者「何か…とてつもないモノが…!」

ズガン!ズガン!ズガン!ズガン!ズガン!ズガン!

盗賊「なっ!?兵士達が消し炭に…おい、この笑い声はなんだよ!?」

ーーわははははは!喜びの時間に少し驚かせてしまったようだな!

商人「だ、誰だ!?誰がこんな…!?」

ーーわしは闇の世界を支配する者。わしがいる限り、この世界もやがて闇に包まれるであろう!

勇者「闇の…世界?どういう事だ…どういう事だ!?」

641: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/11/08(日) 20:17:33 ID:5luaFst6
ーーわしは大魔王。全てを滅ぼす者。苦しみ、絶望するがよい。そなたらの苦しみはわしの喜び…

王様「だ、大魔王!?まさか、そのような者が…」

ーーそなたらがわしの生け贄になる日を楽しみにしておるぞ。わははははは…!

戦士「ああー!?ふざけんなー!負けねえぞ俺らはー!おいー!返事しやがれー!」ウガー

盗賊「…もういなくなったみたいだな。にしてもなんだよ、せっかく…」

王様「おお、なんという事だ…せっかく世界に平和を取り戻せたかと思ったのに…」

大臣「王様…」

王様「世界が闇に包まれるなどと、皆にどう言えば…言える訳が………」

商人「……」

王様「わしは疲れた……下がって良いぞ………」

大臣「王様…済まない、我が王はすっかり気を落とされてしまったようだ。今日の所は…」

勇者「…分かりました。では…」

大臣「済まない…」

盗賊「…ふう、大変な事になっちまったなあ。本当に…」

商人「ええ、まさか、まさかこんな…これからどうなってしまうんだろう…?」

645: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/11/16(月) 19:50:33 ID:dR91c.jE
使者「…一大事ね」

倉庫番「一大事というか、よくこの城滅ぼされなかったな…ああ、勇者殿。この度は…なんと言うべきか…」

勇者「…問題ない」

倉庫番「え?」

勇者「そりゃあ面食らったが…少し旅が伸びただけだ。今までとやる事は変わりない」

商人「そ、そうですよね。やるしかないですし…が、頑張りますよ!」

盗賊「まあ、これまで以上のスリルが待ってるなら悪くはねえな。な、戦士。…戦士?」

戦士「俺よお、実はな、これで旅終わっちまうのちょっと残念だったんだよ。だからさあ…今めっちゃ嬉しいんだよー!まだお前らと冒険出来るんだろ!?最高じゃねーかよー!」

商人「はは…戦士さん…」

勇者「ったく、呑気な野郎だ。だがまあ、ビビって逃げ出す奴はいないみたいだな」

盗賊「当たり前だろ。やってやるぜ!」

使者「貴方達は凄いわね。ほんの4ヶ月前は駆け出しだったのに…そうだわ、貴方達に招待状が来てたのよ。ポルトガ王からね」

商人「ポルトガ王から…?」

使者「貴方達に話があるそうよ。行ってみたら?何か…良い事がある気がするわ」

勇者「ポルトガか…行ってみるか。船のおかげでここまで旅をきてこれたし、礼もしないとな」

646: ーーポルトガ城 2020/11/16(月) 20:03:52 ID:dR91c.jE
盗賊「久しぶりだな、この城も。にしても、町のカップル、呪い解けてて良かったよなあ」

商人「本当ですね!お礼に武器までもらってしまって…僕らには使えませんが、貴重な装備品ですよ」

戦士「さっき魔王戦でしあわせのくつともろはのつるぎ捨ててもう予備ゼロだもんな!」

勇者「予備がないじゃねー、もう装備してる物捨て始めたんだよ、もろはのつるぎは装備してないが…っと、私語はここまでだ」

ポルトガ王「よくぞ我が招待に応えてくれた。魔王を倒したそうだな、素晴らしい働きだったな!」

商人「なんでもう知って…あ、町の人の呪いが解けたから…」

ポルトガ王「そなたらの東方見聞の情報のおかげもあり、今や我が国はくろこしょうの入手も容易になった。全てそなたらのおかげだ、礼を言わせて貰うぞ」

勇者「いえ、こちらこそ王様からいただいた船のおかげで目的を達する事が出来ました。ありがとうございました」

ポルトガ王「そうは言うが、そなたらの旅はまだ終わっていないのだろう?そこでだ、この国の宝物庫にある物を持って行くと良い。そなたらの旅に装備品が必要なのだろう?」

盗賊「おいおい、気配りの達人かよポルトガ王は…」

ポルトガ王「それと…ノルドを覚えておるか?奴もそなたらの旅を心配しておったぞ。ああ見えて悪いやつではないのだ」

戦士「おお!じゃあそっちにも行ってみようぜ!」

商人「ええ、行ってみましょう!これで少しだけ旅が楽に…ありがたいですね」

勇者「ああ、期待には結果で応えないとな…」

647: ーーノルドの洞窟 2020/11/16(月) 20:20:13 ID:dR91c.jE
戦士「外にいたバンパイアがラックのたね持ってたぜー!」

勇者「今日は結構アイテムが手に入ったな。ポルトガ城でも手に入ったしな」

商人「まふうじのつえ、スタミナのたね、あといかりのタトゥーですね。装備品に少し余裕が出来ましたよ」

盗賊「ゆうわくのけんもあるしな。ーーしかし、洞窟なんてじめじめしてて暗くて、よくこんな所に…おっと」

ノルド「おお、久しぶりだなお前さんがた。無事でやっとったのか?」

戦士「久しぶりだな!魔王を倒してきたぜー!」

ノルド「魔王を!?あの恐ろしく強いという魔王をか?大したものだな!」

勇者「それが目的だったからな。目的を果たしただけだ」

ノルド「ふむ!ポルトガ王が手紙に書いていた大変な旅とはそういう事だったのか。ポルトガ王も心配していたのだよ」

商人「さっき会ってきました。そうしたらポルトガ王がノルドさんも心配してくれているって…」

ノルド「ふむ!しかしお前さんがたは目的を果たしたと。めでたい!ならばもう必要ないかもしれないが、ここにあるものを持っていきなされ。大したものはないがね」

盗賊「ここに…おお、こんぼうとけいこぎか!良いねえ!」

ノルド「冒険は終わってもお前さんがたの人生は続く。その新しい門出の祝いだとでも思って下され」

勇者「…ありがたい。いただくよ」

ノルド「…まあ、魔王編終了からの大魔王編開始だ、スタートに少しくらい余裕があっても良いだろう。旅の最初にだってアリアハン王がいろいろくれたのだし、今回だって…ああいや、何でもないよ。達者でな」

649: ーーギアガの大穴 2020/11/23(月) 17:14:24 ID:KdYfw5E6
商人「装備品、助かりましたね!」

戦士「だな!…で、この穴に何しに来たんだ?」

勇者「大魔王は闇の世界にいるって言ってただろ。それを聞いてピンと来たのがここだったんだが…」

盗賊「ああ、どうやら当たりのようだな。穴が広がって、こいつは…」

商人「す、凄い有り様ですね…あ、あそこに見張りの人がいますよ!すみません、これは…」

見張り「お、大きな音がして、亀裂が…何者かがこの穴を通ったみたいだ。物凄く大きな何者かが…」ガタガタ…

戦士「この穴を更に広げるような奴がいるのか!?やべーだろ!」

見張り「そ、そして俺の相棒がこの穴から落ちて…!ああ…!」

盗賊「…勇者、これは…」

勇者「ああ、俺らも行くしかねえ。良いな?」

商人「だ、大魔王と戦うと決めた以上、こんな事でしり込みしたりしませんよ!行きましょう!落ちましょう!」

戦士「おおー!どんなすげーつえー奴だろうと負けねえぜー!」

650: ーーラダトーム西の港 2020/11/23(月) 17:27:54 ID:KdYfw5E6
勇者「…っ、ここは…」キョロキョロ

盗賊「穴から落ちたら、変な所に出たな…ここが闇の世界って奴なのか?」

商人「あ、誰か居ますよ!すみません…」

大男「ん?あんたたちどこから来たんだ?ああ分かったぞ、あんたたちも上の世界から来たんだろう?」

勇者「上の世界…て事は、ここはやはり別の世界なのか…」

大男「ここは闇の世界アレフガルドって言うんだ。覚えておくんだな」

戦士「闇の世界!?ここが大魔王って奴のいる所なんだな!?」

盗賊「らしいな。しかしここは薄暗いな。今夜…って訳ではないんだろうな」

使者「闇の世界というくらいですものね。ずっとこんな暗さなんでしょうね」

商人「わっ!??び、びっくりした、来てたんですか?いつの間に…」

使者「一応ここがどんな世界なのか確認にね。やっぱり暗闇の世界みたいね、ここは」

勇者「だとしたら、何かあるのか?」

使者「貴方達には2日に1ヶ所、新しい場所に行く縛りがあったでしょう?でもずっと暗いといつ夜が明けたのか、次の日になったのか分からない。だから、こちらでは宿に泊まるかルーラするか以外では日にちが経過しない、という事にするらしいわ。勿論、あちらに戻ったなら今まで通りのルールだけれども」

商人「地上を長々と歩いていても日にちがそのままって事ですか。これは少し楽になったかもしれませんね!」

勇者「ああ、その分引くタイミングを間違える可能性もありそうだが、基本的には楽になっただろうな。さて、なら早速外に出てみるか。はたして何が待っているのか…」

651: ーーラダトーム郊外 2020/11/23(月) 19:07:40 ID:KdYfw5E6
盗賊「しっかし、ずっと薄暗いな。黄昏時がずっと続いてるみたいだ」

商人「少し肌寒いですしね。これが闇の世界…」

勇者「おそらく今までより遥かに強い魔物が出るはずだ。油断するな…出たぞ!」

ーースライムベスがあらわれた!

戦士「おお!?あんまり強く無さそうだぞ!?」

盗賊「油断するなって言ってただろ…そらよっ!」ピシャ

ーースライムベスをやっつけた!

商人「…あっさり倒せましたね」

勇者「いや、まだ油断は出来ない。あいつがたまたま弱かっただけでーー」

ーースライムベスがあらわれた!

戦士「おいぃ!また88804444444411奴だぞ!?」

盗賊「せいっ」ピシャ

ーースライムベスをやっつけた!

勇者「どういう事だ…?こんなものなのか闇の世界は…?それとも魔物さえ大魔王を恐れて…?分からねえ、なにもかも分からねえ…」

652: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/11/23(月) 19:22:57 ID:KdYfw5E6
ーーサラマンダーははげしいほのおをはいた!

商人「あっつ…!す、凄い炎です…」フラッ…

勇者「防御してろ!ベホマ!」パアアア…!

マドハンドはなかまをよんだ!だいまじんがあらわれた!

盗賊「くそっ、あいつの攻撃力は半端じゃないぞ!」ピシャ

マドハンドをたおした!サラマンダーのこうげき!

戦士「いてー!このやろー!」ザクッ

サラマンダーをたおした!

勇者「くらえっ!うらあっ!ピシャッ!

ーーまもののむれをやっつけた!

商人「ふうっ…凄く強いですね、あのドラゴン…」

盗賊「あの手から呼ばれるでかい奴もな。しかし、最初はあんなモンスターで油断させるとは、大魔王ってのも小さい奴だな」

戦士「魔法使いみたいなヤツも強かったな!」

勇者「あいつは何故か単独でしか行動してないみたいだが、群れてたら恐ろしいだろうな、あの呪文は…さて、回復したらもう魔力が無いな」

盗賊「あっちに戻るだろ?新しい場所に行くのはあの港で達成出来たしな。目の前に次の町があるのに引き返さなきゃならないのはちょっと後ろ髪引かれるけどな…」

654: ーー117日目、ラダトーム城下町 2020/11/29(日) 20:06:42 ID:RS14fOGs
盗賊「ルーラで上に戻って1日。宿に泊まれば2日なんてあっという間だな」

商人「お金を銀行に預けてこられたのは良かったです。あんまり現金を持ち歩いてると不安ですから…」

勇者「…で、この町、ラダトームだが…暗いな」

戦士「闇の世界だもんな!」

盗賊「いや、それもそうだが雰囲気もなあ」

商人「仕方ないですよ、光を大魔王に奪われたとあっては…あれ?あそこは賑やかですね…宿屋」

勇者「行ってみるか…ああ!?大食い大会!?」

男性「ま…参った!食べ過ぎてお腹が苦しい…」グフッ

女の子「おー!またかったぞー!つぎはだれだー?」

戦士「なあなあ、あの子ども、どっかで見たことねーかあ?」

盗賊「確かに何処かで…ああー!カンダタとかいう盗賊の子分だったガキだ!」

子分?「んー?なんだおまえたち、おやぶんのことしってるのか?おやぶんはいまろーやだぞ!」

商人「ろ、牢屋!?また何か悪事を働いて…?」

勇者「そういえば、東の港にいた男が俺たちを見て『またお客さんか』なんて言ってたな。また…俺らの前にも上から落ちてきた奴がいた。あいつの事か?」

盗賊「会いに行ってみるか。知らない仲でもないしな。しかし、これも腐れ縁ってヤツなのかねえ…」

655: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/11/29(日) 20:16:08 ID:RS14fOGs
カンダタ「ああっ!皆さん、お久しぶりです!私です、カンダタですよ!」

商人「ええ、この子に聞きましたよ。なんでまたこんな所に…」

カンダタ「いやー、悪いことは出来ませんね。こんな世界に落とされて、今では真面目にやってますよ」

盗賊「どこから突っ込んだら良いんだ…?どうやって落とされたかか、真面目にやっててなんで牢屋の中なのかか…」

カンダタ「貴方達は悪い事をして落とされた…訳ではないですよね。どうしてこんな所に?」

戦士「大魔王を倒しに来たんだよ!」

カンダタ「ええー!?それは…いえ、貴方達なら出来るかもしれませんね。そうだ、お城には行きましたか?まだならうちのヤツに案内させますが。良いか?」

子分?「おー!じゃあいくぞ!」タタタ…

商人「あ、待って!…早いなあ、ところで、町ではあの子以外子供の姿を見ませんでしたが…」

カンダタ「ああ、他の子供達はみんなお城の中に避難してるんですよ。そうだ、あの子をそのままお城に置いてきてくれませんか?なにせ私はもう少しここにいなければいけないので…へへへ」

勇者「ああ、構わないぜ。全く、何やらかしてこんな所にぶちこまれたんだかな…」フウ…

656: ーーラダトーム城内 2020/11/29(日) 20:29:59 ID:RS14fOGs
子分?「ついたぞ!おしろだぞ!」

戦士「おおー!でっけー城だな!」

盗賊「だな。こんなにでかい城がある国でも、大魔王には敵わないか…」

勇者「おい、お前もここに避難してろってさ。親分はまだあそこにいなきゃいけねえらしいからな」

子分?「えー?おしろのなかつまんないぞ…」

商人「ほら、あそこに子供達もいるから…」

子分?「おー!おまえら、食べものよこせー!」ガオー

盗賊「…あれで良いのか?まあ良い、じゃあ王様に挨拶に行こうぜ。正面の階段上れば謁見の間か、アリアハンと一緒だな」

戦士「お、あれが王様か?立派そうだな!」

王様「ん?そなたら見ない顔だな。そうか、上の世界から…町の様子を見てだいたい分かっただろうが、この国には絶望しか残されておらぬ…」

勇者「その絶望を打ち払いに…大魔王を打倒するために俺達は来ました。俺達の国、アリアハンの為にも」

王様「そうか…もう希望はないかと思っていたが、そなたらがもたらしてくれると言うのならそれを待とう…この城にはたいようのいしという物がある。大魔王の元へ行くのなら持っていくと良い」

商人「ありがとうございます!必ず大魔王を倒してみせます!」

王様「しかし、アリアハンとな…かのオルテガもそこから来ていたと言っていたが、お主らオルテガを…」

勇者「オルテガ!?親父が…親父がここに来ていた!?生きていたのか、親父…?」

659: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/12/07(月) 19:32:30 ID:3vw4Q0B.
盗賊「どうやら勇者の親父さんがここに居たってのは間違いなさそうだな」

商人「ひどい怪我をして、自分の名前以外の記憶を失っていたそうですね。それなのに、大魔王を倒すためにまた旅立って…」

戦士「勇者の事もおぼえてのねーのかなあ。辛いなあ、勇者」

勇者「んな事はどうでも良い。生きてたってだけで儲けもんだ。まだ生きてるかは分からねえけどな」

盗賊「そうか、そうだな、今までの親父さんの情報は古すぎて、やっぱり生きてるって証拠になるような物じゃなかったが…」

商人「今回はつい最近までここに居た、っていう話ですもんね!」

勇者「ああ。それに目的は一緒だ。生きてりゃそのうち会えるだろ、お互いにな」

戦士「大魔王を目指すだけだよな!」

盗賊「で、親父さんの話を聞くついでに色々聞いて回ったが、とりあえず東にマイラって村があるらしい。まずはそこを目指すか」

商人「外にいた神父さんから地図を貰いましたよ。ようせいのちずっていうらしいですけど、これがあれば迷わずに行けますよ!」

戦士「たいようのいしってのも簡単に見つかったよな!」

勇者「とりあえずこの城で出来る事は終わったか。じゃあ出発するぞ。次へは明後日到着だが、まずは周辺の様子を見たい」

盗賊「マイラへは船で南を回って行け、なんて言われたが、歩いて行けるかもしれないしな。その辺の確認もしに行こうぜ」

660: ーーラダトーム東部 2020/12/07(月) 19:43:01 ID:3vw4Q0B.
ザザーン…ザザーン…

商人「…海、ですね。やっぱり歩いてはマイラの村へは行けないようですね」

勇者「まあ想定内だな。そしてここに来るまでに特に変わった魔物もいなかったな。1体だけ悪魔みたいなヤツはいたが」

戦士「うおー、1回死んじまったあ…」ガックリ

勇者「仕方ねえ、俺の回復も遅かった。もっと慎重になるべきだったな」

盗賊「攻撃力高いからなこっちの世界の奴らは。さて、東は調べ終わったし、次は北と西に行ってみるか」

商人「来た道を戻って、北に…あ、あれ、洞窟じゃないですか?」

勇者「ここは…ラダトームの北、北北西辺りか?マイラに行く前に探索するのも良いかもな」

戦士「どんどん進もうぜ!…お、ほこらが見えてきたぜー!」

盗賊「誰か住んでるかな?とりあえず明後日はここに来てみるのも良いかもな」

勇者「情報は必要だからな、いろんな場所で話は聞きたい所だな。よし、じゃあこのまま南下してラダトームの西方面、余力があったら更に南方面まで行ってみるか。魔力もまだ余裕があるしな…」

661: ーーラダトーム南部 2020/12/07(月) 19:54:20 ID:3vw4Q0B.
戦士「お、また洞窟があるぜー!」

盗賊「ここがラダトームから一番近いかもな。さて…そろそろ引き返すか?」

勇者「そうだな…魔力に少し余裕があるうちに戻った方が良いかもな」

商人「ああ、今度は僕が死んでしまいました…」フウ…

戦士「あの手が呼び出すでかいヤツ、つえーよな」

盗賊レベル40「めちゃくちゃ痛そうだったよなあのつうこんのいちげきは。でもみんなレベルは上がったよな」

勇者レベル41「一昨日城の周りで上がったのと合わせて2は上がったな。商人は3上がったか?」

商人レベル39「勇者さんはついにギガデインを覚えましたよね!」

戦士レベル40「最強の呪文なんだろ?俺でも知ってるぜー!見てみてえな!」

勇者「俺も試し撃ちはしてみたいが、消費がでかすぎるからな…」

盗賊「あと、今日は収穫無しだったが、一昨日はてつのつめを一個盗んでるぜ!俺が!」

商人「でも今日戦士さんと僕が死んだから、ノルドさんから貰った装備品はさっそく無くなっちゃいました。このペースだとあっという間にまた在庫が尽きてしまいそうです。気を付けないとなあ…」

663: ーー118日目、ラダトーム郊外 2020/12/13(日) 19:45:15 ID:VRiYRnNA
勇者「周辺であと調べてないのは南だ。今日は南に行くが、ずっと外を歩きっぱなしってのはアイテムが集まりづらいな…」

商人「あなほりが5回しか出来ませんからね。ダンジョンなら穴を掘って階段上って穴を掘って…と出来るのですが…」

盗賊「おいおい、アイテム入手にはもう1つ方法があるだろ?忘れたのかよ」

戦士「モンスターが宝箱を落とすかもしれないよな!」

盗賊「そうじゃねえだろ!盗みだよ盗み!俺がぱぱっと…」

戦士「でもよお、レベルが上がればたくさん盗むようになるって言ってたのにさっぱりじゃねーかよ!」

勇者「もうレベル40なんだけどな」

盗賊「ぐっ…だ、だからこれからなんじゃねえか!見てろよ、今日こそは…」

商人「まあまあ、アイテム獲得も大事ですけど、何より死んで捨てる事の無いように注意しないと…」

勇者「まあな。だが、捨てる用以上に装備できる武器や防具が欲しい。いくら俺らのレベルが上がっても、今の装備ではな」

戦士「俺は良いけど、みんなの武器は欲しいよなー」

盗賊「正直、俺と商人はこれ以上があるか怪しいもんだが…戦力はアップさせたいよな。ま、任せとけよ。モンスターが持ってさえいれば、俺が…」

664: 以下、名無しが深夜にお送りします 2020/12/13(日) 19:55:18 ID:VRiYRnNA
ーーまおうのかげはザキをとなえた!

勇者「うおっ!?…いのちのいしが砕けやがった!おらあっ!」ピシャシャッ

ーーまおうのかげたちをやっつけた!

商人「ふう。ザキは怖いですけど、力は大したことないですね、今のモンスターは」

戦士「砂漠に来たら、あの影ばっかり襲ってくるな!」

盗賊「あとはあれだな、羽の生えた…あれがキメラなんだろ?」

商人「多分ですけど、そうだと思います。キメラのつばさのあの…初めて生きてる姿を見ましたよ、僕」

戦士「なあ、じゃあ上の世界で売ってたキメラのつばさってどこのキメラの羽だったんだ?」

商人「さあ…商人達の間でも長年の謎なんですよね、キメラのつばさの材料がどこから来てるのか…」

盗賊「世の中分からない事ばっかりだなあ…」

勇者「んな事より見てみろよ。町だ」

戦士「おお、砂漠の中にある町とかイシスみたいだな!」

盗賊「あんな立派な城はないけどな。しかし方角的にここがマイラではないだろうし、別の町なんだろうな」

商人「勇者さん、明日はここに来るのはどうですか?昨日見つけたほこらより人がいるでしょうし、情報も…」

勇者「ありだな。だが…いや、とりあえず今は探索だ。今日の結果次第で、この町か別の場所にするか決める。とりあえず進むぞ。この先にもまだ何かありそうだからな…」

665: ーーリムルダール南部 2020/12/13(日) 20:06:27 ID:VRiYRnNA
商人「あっ!また町が見えてきましたよ!」

盗賊「お、湖に囲まれた町か。ああやって大魔王や魔物から少しでも身を守ろうとしてるのかもな」

戦士「さっき見つけた町は凄い丈夫そうな城壁があったよな!」

勇者「あれも魔物から守るためのモノだろうな。砂漠の中、城塞、そして湖…この闇の世界の人間達も必死だ」

商人「ええ。なんとかしてあげたいですね…」

盗賊「するさ、俺達がな!さて…それにしても遠出しすぎたんじゃないのか?」

戦士「今日はまたラダトームに帰らなきゃならないんだよな?」

勇者「ああ、正直足を伸ばし過ぎたな。思った程道中の魔物が強くなかったからついつい歩きすぎた」

戦士「俺らが強くなったのかもしれねーな!」

商人「とはいえ、魔力が切れたら生き残れませんし…急いで帰らないといけないですね」

盗賊「この世界に来たばかりの時に抱いた懸念が的中したな。朝が来るまでにって考えてた上と違って、引き際を間違えそうになっちまわないかってな」

勇者「間違えたかどうかはこれから決まるんだろ。さあ、さっさと戻るぞ。影やキメラはともかく、あのドラゴンの骨みたいな奴なんかはなかなか手強いからな」

戦士「あの白い死体と出てきた時やばかったな!マヌーサで攻撃全然当たらなくなった所にブレスガンガン使われたもんな!」

盗賊「でも誰も死ななかったぜ。生きてりゃ勝ちだ、もちろんこの後無事で帰れればだけどな。よし、帰ろう!」

666: ーーラダトーム城下町 2020/12/13(日) 20:16:41 ID:VRiYRnNA
商人「ふう、どうなるかと思いましたけど、無事に帰って来られましたね!」

戦士レベル41「みんなレベル上がったよな!」

盗賊レベル41「俺はアイテムも手に入れたぜ。どくがのこな1つにキメラのつばさ3つ、そして装備品のてつのつめだ」フッ

商人レベル40「今日は誰も死ななかったですから、黒字ですね!」

勇者レベル42「新しく装備出来る程のは無かったがな。マイナスなくいろんな場所を見つけられたのは大きな成果だな」

戦士「町3つにほこら1つ見つけたよな!」

商人「勇者さんは最後にギガデインの試し撃ちもしてましたよね。凄かったですよ、あの呪文!」

盗賊「食らいたくない威力だったなあ。大魔王が使ってくるなんてこと無きゃ良いんだが」

戦士「それで明日はどうするんだ?ほこらか?町か?」

勇者「そうだな…今日もアイテムのマイナスが嵩むようなら町よりダンジョンでアイテム探索が良いかと思ったんだが、プラス1だからな。少し考えさせてくれ。このまま南を中心に冒険するならそこまで魔物は怖くないが、しかし…」

668: ーー岩山の洞窟、B1F 2020/12/21(月) 16:56:58 ID:M66iWojI
盗賊「ったく、洞窟は嫌いなんだよ…」ブツブツ…

商人「塔派でしたよね盗賊さん」

戦士「塔も洞窟も一緒じゃねーか!」

勇者「全くだ、同じダンジョンだろうに」

盗賊「全然違うだろ!塔は洒落てて風通しも良くて明るくて、逆に洞窟は暗くてジメジメしてて…」

勇者「うるせーな、我慢しろよ。今までだって…」

盗賊「ああ今までだって洞窟に潜ってきたし今日も我慢するよ!にしたって今日は町に行っても良かったじゃないか」

商人「そうですね、今日町じゃなくてここに来たのは…」

勇者「やっぱり装備に余裕が欲しいからな。今日洞窟に来たら、明日も来られる。逆に今日町に行ったら明日も洞窟には来られねえ」

盗賊「まあなあ。その間にバタバタ死んで装備が枯渇するのは避けたいな」

戦士「捨てる用じゃなく、装備する用の武器も欲しいぜー!」

勇者「それも期待したい所だな。外にはいない魔物から珍しい武器防具が手に入るかもしれねえ」

商人「新しい品物が見られるのは商人としても魅力的ですね!よし、進みましょう!」

669: ーー岩山の洞窟、B2F 2020/12/21(月) 17:06:17 ID:M66iWojI
勇者「…と意気込んで来てみたが、外で遇ったモンスターと顔ぶれが変わらねえ…」

商人「それどころか、上の世界の魔物もいましたね…」

戦士「亀とか宝石のモンスターとかいたな!」

盗賊「残念ながら、外にはない凄い装備とかは手に入りそうもないな。手に入ったのはあなほりで見つけたいのちのいしとはでなふく…」

商人「魔物が落とした宝箱からすばやさのたね2つと、盗賊さんが盗んだすばやさのたね1つですね」

盗賊「一応装備は手に入ったが、効率が良くもないし、経験値も今一つだなあ…すばやさのたねを拾う効率だけは悪くなさそうだけどな」

勇者「あんまり旨味の無い洞窟だな。もう出るか…」

商人「外で戦った方が実入りが良さそうですよね」

盗賊「その代わり強い魔物が多いけどな。ま、この前酷い目に遭ったし、今日は慎重に戦えば大丈夫だろ」

戦士「よっしゃー!今日は死なねーし負けねーぞ!」

670: ーーラダトーム郊外 2020/12/21(月) 17:17:51 ID:M66iWojI
盗賊「書き忘れてたけど今日は119日目な!」

商人「いきなりどうしたんですか…?でも結局、外でも手に入ったのはてつのつめ1つだけでしたね」

戦士「盗賊が盗んだな!珍しく!」

盗賊レベル43「珍しくはねえよ!ったく、まあ装備はともかくレベルは上がったな」

勇者レベル43「あのドラゴン、ブレスは危険だが経験値は旨いな」

戦士レベル42「強い分経験になるんだな!」

商人レベル42「僕はやっと遅れを取り戻しましたよ」

盗賊「転職と離脱があってもう追い付いてるってのがな、流石商人はレベルアップが早いな」

商人「体力も魔力ももう少し欲しいのですけど…」

勇者「まあこれからレベルアップする時間はかなりありそうだし大丈夫だろ。このペースで強くなれば大魔王にも手が届くはずだ」

戦士「負けられねーもんな!」

勇者「当たり前だ。大魔王は必ず倒す。そしてその過程で…」

盗賊「親父さんが見つかるかも、だな。俺は結構可能性あると思ってるぜ」

商人「目撃証言も最近だし、目指してる物も一緒ですからね。きっと会えますよ」

勇者「まあ、期待し過ぎねえようにするがな。大魔王までの距離、俺達は、そして親父はどの辺にいるのか…進むしかねえな…」

675: ーー120日目、ラダトーム郊外 2021/01/01(金) 01:10:08 ID:CXGK5GXQ
戦士「おいおい、良いお年をって言うつもりが今年もよろしくになっちまったじゃねーか!」

盗賊「いろいろあんだよ。こう、いろいろ…年末年始なんだからよ!」

商人「それにしてももう少し早く更新出来た気もしますけど…今回もちょっとしか更新出来ないみたいですし…」

勇者「もう深夜だからな…まあ、あけましておめでとう。つっても、下の世界に来てから一回も明けてないけどな」

商人「闇の世界ですからね…それで今日はどこに?」

勇者「俺らは来たときしか船に乗ってないからな。海に出てみようと思う」

戦士「おー!良いな!」

勇者「今までの探索で3つの町を見つけたが、多分城で聞いたマイラの村ってのはまた別みたいだからな。ちょっと地図見てみろ」

盗賊「あー、マイラは西にあるって聞いたが、地図で見ると西にある大きな島っていうか小さな大陸っていうか、ここは俺らまだ未踏なんだな」

商人「ここにマイラの村がある…?」

勇者「多分な。一応城で聞いたのはマイラだけだし、最初に行くならこの村かと思ってな。とりあえず場所は確認しときたい」

戦士「よっしゃー!船でマイラ目指すぜー!」

677: ーー海上 2021/01/01(金) 22:47:24 ID:CXGK5GXQ
ーークラーゴンのこうげき!クラーゴンのこうげき!

盗賊「うおっ!?手数、いや足数か?多いな!」

ーークラーゴンのこうげき!クラーゴンのこうげき!

戦士「うおー!?めちゃくちゃ…って程でもねーけど痛え!それが何発も来やがるぜ!」

クラーゴンのこうげき!クラーゴンのこうげき!クラーゴンのこうげき!

勇者「たまんねえなこれは…!商人!」

商人「は、はい!ラリホー!」パラララ!

盗賊「お、良く眠ったじゃないか…おらっ!ピシャシャシャ

クラーゴンはめをさました!クラーゴンのこうげき!クラーゴンのこうげき!

戦士「うおお!?ムチで叩いたらみんな起きちまうぜー!」

商人「ならーー海霧よ、現世の我等の鏡となれ!マヌーサ!」ポワワ…

クラーゴンのこうげき!ミス!クラーゴンのこうげき!ミス!

勇者「効いたようだな、らあっ!」ピシャシャシャッ

ーークラーゴンたちをやっつけた!

盗賊「ふうっ。イカ型のモンスターはどこに行っても手強いな…っと、みんな見てみろよ、あれはーー」

678: ???「そろそろ出番ですね!」イソイソ 2021/01/01(金) 22:59:49 ID:CXGK5GXQ
商人「あれはーー塔、ですか?」

勇者「そのようだな。ずいぶん古めかしい塔のようだが…」

盗賊「洞窟はいくつか見つけたが塔は初めてだな、こっちじゃ。重要な所、なのかもな」

勇者「最初に行けと言われた村の近くにある塔か。近々来なくちゃいけないだろうな」

戦士「その村はどこにあるんだ?」

商人「もう少し進んでみましょう。この辺りは島が多いですね…」

盗賊「船からは見えないか。下りてみるか?地図を見る限りこの小大陸が怪しいだろ」

勇者「だな。よし、下りて進んでみるぞ…っと、すぐに見つかったな」

戦士「森に囲まれた村だな!」

盗賊「大魔王の眼から逃れるためにこんな所に村があるのかもな。ラダトーム以外の町はみんなそんな感じだったな」

戦士「湖とか砂漠とか、城壁でぐるっと囲んだ町もあったな!」

勇者「それらと比べるとこの森は少し頼りないようだが、ここは大魔王の城からは比較的遠いみたいだからな。他と比べて少しは安全なのかもな。今のうちは…さあ、もっと進むぞ」

商人「早くこの世界にも光と平和を取り返さないといけないですもんね…急ぎましょう!」

679: ーーアレフガルド南東部、最果ての海 2021/01/01(金) 23:14:19 ID:CXGK5GXQ
戦士「なあ、ここどの辺だ?」

盗賊「あのおそらくマイラだろう森の村の南、湖の町よりも更に遥かに南だがーーどうやらまた何かあるみたいだな」

商人「ほこらですね。こんな人里離れた所にあるほこらなんて…」

勇者「何かあるだろうな。大魔王の目の届かない、届きにくい所に潜んでる隠者か、隠された重要な物か…」

盗賊「ここのもう少し西にもほこらがあったな。大魔王の城から一番遠いであろう所にある2つのほこらか。早めに来た方が良いかもな」

戦士「これでもうほとんどこっちの世界で行ってない所は無くなったな!」

勇者「地図の中央近く、大魔王の居城近辺以外は、だけどな。さて、その辺はまだ行けないみたいだからな、戻るぞ」

商人「どっちから戻ります。来た方とは逆回り、西からぐるっと戻っても良さそうですけど…」

勇者「いや、もと来た方に戻ろう。マイラらしき村の周辺の魔物がどんなもんか確認もしたいしな」

盗賊「しかし、城の連中は南からマイラを目指せ、なんて言ってたが、地図を見ても実際に探索してみても、どう考えても北回りの方が早いよなあ」

戦士「南からだとほぼ世界一周だよな!」

商人「ただ、南からの方がいろんな町やほこらが途中にあったから、そういう町に立ち寄って欲しかったのかもしれませんが…」

勇者「そうならそう言ってくれれば良かったんだけどな。まあ良い、戻るぞ。魔力だってあまり無駄には出来ねえ、フラフラしてられねえからな」

680: ーーラダトーム郊外 2021/01/01(金) 23:36:11 ID:CXGK5GXQ
盗賊「で、結局こっちで経験値稼ぎなんだな」

商人「マイラ周辺の魔物はやっかいでしたから。死体がマヌーサ唱えて、手間取ってる間に悪魔がメラゾーマを撃ってきて…」

勇者「あげく死体があの忌まわしいマホトラ野郎を呼びやがるからな。あそこは効率の面で良くはねえな」

戦士レベル43「今日はみんな1ずつレベル上がったな!勇者は俺の体力越えたよな!すげー!」

勇者レベル44「まあな。魔力もこの調子で伸びて欲しいものなんだがな…」

盗賊レベル44「逆に俺ら3人とも伸び悩んでるよな」

商人レベル43「ここまでレベルが上がると伸びにくくなるのかもしれませんね。限界が近いのか…」

戦士「今だ限界突破!叫べへのへのかっぱ!」クワワッ

勇者「うおっ!?いきなりでけえ声出すんじゃねーよ!…ったく、あと今日は装備品はプラマイゼロだな。誰も死なねえし何も拾わねえ。アイテムは運が絡むが、今日みたいに死なないように…」

戦士「生きているんだ!それで良いんだ!」クワワワッ

盗賊「だからうるせえよ!昨日なに見たか丸わかりじゃねえか、ったく…」

682: ーー121日目、マイラの村 2021/01/11(月) 18:54:19 ID:CBszKBoc
戦士「よっしゃー!着いたぜマイラにー!」

商人「本当に森の中ですね…それもかなり深い…」

盗賊「このくらいの小さな村なら隠せる位には深い森だな。ただ…」

勇者「温泉の湯気が目立っちまうな。これを目標にモンスターが攻めてこなけりゃ良いが…」

商人「魔物の標的になってしまったらひとたまりもないですよね、こんな小さな村では…」

戦士「なあ、温泉入ってみようぜ温泉!」

盗賊「お前なあ、遊びに来たんじゃ…まあせっかくだしな…ってこれ、ちょっとぬるいな」

老人「おお、お前さん達もぬるいと思うか?そうなんじゃ、これも世界が闇に包まれてしまってからなんじゃよ」

商人「こんな所にも影響が…」

勇者「おい、あんまりのんびりするなよ。この村でも情報を集めなきゃならねえんだからな」

盗賊「そうだな、ようせいのふえに西の塔、それにもちろん大魔王や勇者の親父さんの行方…」

商人「小さい村ですけど、人は結構いますからね。いろいろ聞いてみましょうよ」

戦士「っしゃー!上がって情報収集だぜー!」

683: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/01/11(月) 19:05:13 ID:CBszKBoc
勇者「…情報を集めてまたものの、だ」

商人「この村にあるというようせいのふえは結局見つかりませんでしたね…」

盗賊「ようせいのふえが精霊ルビス様とかいうのを助ける為に使うんじゃないかって話が聞けただけだったな」

勇者「そしてそのルビスは西の塔に閉じ込められている、と。どうやら重要な人物らしいし助けてやりたいが…」

商人「肝心のようせいのふえの在り処が分かりませんからね…何処か別の場所でまた情報を集めないといけないかもしれませんね」

盗賊「結局、親父さんの情報も無かったなあ」

戦士「でも大魔王の話は聞けたよな!」

勇者「ああ、あの竜の女王から貰ったひかりのたまは大魔王に使うべきモノらしいな。そいつが分かったのはでかいぜ」

商人「古より続く光の神と闇の大魔王の戦い…竜の女王様は神の使いという話でしたから、大魔王に抵抗する術を持っていたのかもしれませんね」

戦士「なんかもう大魔王を倒せそうになってきたよな!」

盗賊「そんなに甘くはないだろ。だが少しずつ喉元に届きそうにはなってきたよな」

勇者「必ず届かせる。必ず倒す。必ずだ」

戦士「じゃあまた魔物退治して強くならないとな!」

商人「そうですね。またラダトームに戻って経験値を稼ぎましょう…!」

684: ーーラダトーム城下町 2021/01/11(月) 19:17:32 ID:CBszKBoc
商人「…はあ、死んでしまいました…」ガックリ

盗賊「やっぱりあのドラゴンは強いな。油断した訳じゃないがあっという間に体力を削られたな」

戦士「今日も装備見つからなかったよなー」

勇者「今日はマイナス1だ。まだ余裕がない訳じゃないが…」

盗賊「この綱渡りな状況は早く脱したいよなあ。とはいえなかなか盗む隙もないんだよな」

商人レベル44「あなほりも不発です…レベルは上がりましたけど」

戦士レベル44「俺も上がったけど、体力が全然増えなくなったんだよなー」

盗賊「俺はレベルさえ上がらなかったぜ。それにひきかえ勇者はめちゃくちゃ体力上がったよな」

勇者レベル45「ああ。余程の事が無ければ死ぬ気はしねえ。そろそろ隊列を考え直す頃合いかもな」

商人「今は盗戦勇商ですよね。確かに体力的にも防御力的にも勇者さんが2番目の方が良さそうですけど…」

盗賊「ベホマ使える勇者を前に出すのもなあ。ま、これからゆっくり考えようぜ。とりあえず宿で飯だ」

戦士「腹へったぜー!今日も腹一杯食って明日も頑張るぜー!」

686: ーー122日目、ラダトーム城内 2021/01/18(月) 17:13:32 ID:5uEz8uBQ
商人「はあー、今日も疲れましたね…あ、あれは…」

子分?「おーおまえら!にくもってきたか?」グイグイ

戦士「おう、ドラゴン肉だぜー!」ドサドサッ

子分?「おおー!さっそくさばくぞ!」キヤッキャッ

盗賊「いつみても大した手際だよな」

子分?「とくいぶんやだぞ!…お?ゆーしゃ、ふくかわったか?せんしとおそろいだな!」

勇者「ああ、だいちのよろいな。魔物がおとしたんだよ」

商人「やっと優秀な装備品を手に入れましたよね」

盗賊「そしてこれ!さざなみのつえだ!書いてる奴がガキの頃、ファミコン版で唯一手に入れる事の出来なかった逸品だぜ!」

勇者「つーか存在自体知らなかったみたいだな」

子分?「どーでもいいな!」

商人「ま、まあそうですけど…でもやっと凄いアイテムが手に入り始めましたよね。この調子で武器の方も新調出来れば良いんですけど…」

687: ーー123日目、ドムドーラ砂漠 2021/01/18(月) 17:20:33 ID:5uEz8uBQ
戦士「おっ?今日は2日分進むのかあ?」

商人「ええ。このSSを見て始めたくなった、という話はとても嬉しいのですが…このペースだと明らかに先にクリアされてしまいそうだと…」

勇者「焦るのが遅いんだよ。そもそも今からいそいだって追い越されるだろ」

盗賊(まだだ…まだ笑うな…しかし…)

戦士「お?なんだ盗賊、月君ごっこか?」

商人「なんですか月君ごっこって…」

盗賊「ふっ…お前ら、見ろこれを!」ドーン!

戦士「うおおお!?ひのきのぼうか!?」

盗賊「さっきのスライムつむりから盗んだのさ!なんでこんなとこにあんなのがいるのか知らないけどな!」

商人「凄い!装備品ですよ!やった、やりましたね!」

戦士「うおおー!すげーぜー!」

盗賊「はっはー!もっと誉め称えて良いんだぜー!」ドヤドヤッ

勇者「……いや、お前らひのきのぼうではしゃぎすぎだろ…そりゃ助かるがよ…ったく、おめでたい奴らだ…」

688: ーードムドーラの町 2021/01/18(月) 17:32:19 ID:5uEz8uBQ
商人「砂漠の町…イシスを思い出しますね」

戦士「なんで砂漠なんてとこに人が沢山住んでるんだろうな?」

盗賊「逆だろ。砂漠なんて過酷な所だからこそ、身を寄せあって暮らしていかなきゃならないんだろうよ」

勇者「しかし冷えるな、砂漠なのに…いや、イシスも夜には冷えたからな。朝のないこの世界の砂漠は寒い場所なんだろうな」

商人「さて、この町でも情報を集めないといけないですよね。誰か大魔王とかに詳しい人は…」

盗賊「お、あんな所に美人がいるぜ。いや、あれは…エルフか?人間の町にエルフがいるなんてな…ちょっと行ってみようぜ」

エルフ「…あら?そこのお兄さん、誰かに似てるわね。ねえ、誰かに似てるって言われた事ない?」

勇者「誰か…親父か!?」

エルフ「ああ、親子なのね。あの人間も大魔王の事を聞きに来たわ。でも私はようせいのふえの事しか知らないと答えたの」

商人「ようせいのふえ…!ど、どこにあるか知ってるんですか?」

エルフ「ええ、私知ってるわよ。マイラの村の温泉から南に10歩、笛が埋まっているのよ」

戦士「おおー!情報だぜー!」

勇者「話してくれてありがとう。…よし、さっそくマイラに向かうぞ。これでルビス様とかいうのを助けられる。どんな人物なのか…」

689: ーーラダトーム郊外 2021/01/18(月) 19:18:55 ID:5uEz8uBQ
盗賊「マイラでようせいのふえを手に入れた俺達は、その足でまたラダトームに戻り経験値を稼ぐのであった!」キリッ

商人「誰に向けて言ってるんですか…?」

勇者レベル47「相手は大魔王だ、少しでも強くなっておきたいところだからな」

戦士レベル46「おー!…でも最近レベルアップしても全然強くなれねーんだよなー」

盗賊レベル47「他はともかく、体力が上がらないのはなあ。少しだが焦るぜ」

商人レベル46「種集めとかしなきゃいけないんでしょうか…そうだ!ドムドーラの町に、アッサラームから来た元踊り子の女性がいましたよね?」

勇者「ああ、嫌な客から逃げて、と言ってたな。ったく、こんな世界まで逃げなきゃならねえなんてどんなたちの悪い客だったんだかな…」

戦士「きっと盗賊みたいな奴だな!」

盗賊「ふざけんな、俺みたいな紳士がいるもんかよ!…で、それがどうかしたのか?」

商人「あの女性、座長にあったらよろしく言っておいて欲しいって言ってたじゃないですか。なので、伝言を伝えに行くついでにどこかで種集めをするのなんてどうかなって」

勇者「…なるほどな、悪くねえ。問題はどこで集めるかだが…」

盗賊「ま、それはゆっくり考えようぜ。それより今日はさっさと休もう、ラダトームからドムドーラ、そこからマイラに行ってラダトームに戻って…だからな。疲れたぜ、今日は」

戦士「俺も腹が減ったぜー!飯だ飯だ!」

691: ーー124日目、アッサラーム 2021/01/26(火) 18:04:51 ID:LEZ/ssUs
盗賊「少し更新が遅れたな。ま、いろいろ忙しいんだよ」

戦士「んー?書いてる奴が一番好きな漫画家先生が連載始めたから興奮してたら更新忘れてたって素直に…」

商人「わー!わー!えっと、とりあえず今日はアッサラームであのドムドーラにいた人こ事を報告ですよね!」

勇者「ああ。その後サマンオサの洞窟にでも行こうかと思ってる。スタミナはたねと、あとてつかぶとが手に入る可能性があるみたいだからな」

盗賊「ラーのかがみがあった洞窟だよな。あそこでスタミナのたねは効率悪そうだが、防具も欲しいからなあ」

戦士「あそこマホトラ野郎がいっぱいいたけど大丈夫なのかー?」

商人「…正直、あんまり気は進まないですけど…あ、座長さんですよ。すみません、僕たち…」

座長「あ~、今踊り子達のレッスン中だから後にしてくれる?夜なら空いてるから。それ、いち、に、いち、に…」

勇者「夜、か。サマンオサからラーミアで夜が明ける前にここに戻って来られるか?」

商人「難しいように思います…いや、無理じゃないですか…?」

戦士「どうするんだ?他の所に行くのか?盗賊は…おい、盗賊!」

盗賊「うへへ、いち、に、いち、に……んっ!?何か言ったか?」

商人「盗賊さん…踊り子ばっかり見てないで会話に参加して下さいよ…」

692: ーー124日目、アッサラーム 2021/01/26(火) 18:07:16 ID:LEZ/ssUs
盗賊「少し更新が遅れたな。ま、いろいろ忙しいんだよ」

戦士「んー?書いてる奴が一番好きな漫画家先生が連載始めたから興奮してたら更新忘れてたって素直に…」

商人「わー!わー!えっと、とりあえず今日はアッサラームであのドムドーラにいた人こ事を報告ですよね!」

勇者「ああ。その後サマンオサの洞窟にでも行こうかと思ってる。スタミナはたねと、あとてつかぶとが手に入る可能性があるみたいだからな」

盗賊「ラーのかがみがあった洞窟だよな。あそこでスタミナのたねは効率悪そうだが、防具も欲しいからなあ」

戦士「あそこマホトラ野郎がいっぱいいたけど大丈夫なのかー?」

商人「…正直、あんまり気は進まないですけど…あ、座長さんですよ。すみません、僕たち…」

座長「あ~、今踊り子達のレッスン中だから後にしてくれる?夜なら空いてるから。それ、いち、に、いち、に…」

勇者「夜、か。サマンオサからラーミアで夜が明ける前にここに戻って来られるか?」

商人「難しいように思います…いや、無理じゃないですか…?」

戦士「どうするんだ?他の所に行くのか?盗賊は…おい、盗賊!」

盗賊「うへへ、いち、に、いち、に……んっ!?何か言ったか?」

商人「盗賊さん…踊り子ばっかり見てないで会話に参加して下さいよ…」

693: ーーピラミッド 2021/01/26(火) 18:16:20 ID:LEZ/ssUs
商人「混雑してたからか2回投稿してしまいました…それで、結局ピラミッドに来たんですね」

勇者「夜には戻らないとならねえし、種集めならむしろこっちの方が良いからな」

盗賊「スタミナのたねとかしこさのたね、二種類見つけられる可能性があるからな。へへ、俺の盗賊としての腕が唸るぜ」

戦士「あなほり期待してるぜー商人!」

盗賊「おい!…ふっ、まあお前らのそんな反応も今日までだ。今日の俺はやるぜ!」

商人「とりあえず頂上まで上って、下りてきて、ですよね」

勇者「一往復分はあなほりをする。後は下の階層で盗みに期待するってところだな。上だと種落とす魔物が出ないみたいだからな」

戦士「種の他はとげのむちとかも集めるんだよな!やくそうもあると良いな!」

盗賊「ま、今更薬草も…とは思うが、あって損はないからな。いつ必要になるかも分からないしな」

勇者「まんげつそうなんかもずっと使わなかったのに、ネクロゴンドではかなり使ったからな。備えておいて損はねえ」

商人「ですね。よし、じゃあ行きましょう!」

694: ーー夜、アッサラーム 2021/01/26(火) 20:01:11 ID:LEZ/ssUs
盗賊「はっはっは!やくそう5つにスタミナのたね2つ、これが俺の盗賊としての実力だぜー!」ドヤドヤッ

戦士「おおー!たまにはやるじゃねーか盗賊ー!」

商人「僕はとげのむちとやくそう1つずつでした。あとは宝箱からやくそうとスタミナのたね1つずつですね」

勇者「かしこさのたねこそなかったが、欲しい物は大体手に入ったな。上々だ。さて、劇場に行くぞ」

盗賊「お!この時間は本番だな!良いぞー、脱げー!」ヒヤッホー

商人「盗賊さん…恥ずかしいから止めてくださいよ…あ、座長さんですよ」

座長「おや、貴方方は昼間の…どのようなご用ですかな?」

盗賊「あーっと、かくかくしかじかで…」

座長「なんと!?あの子が無事だったと言うのですか!?そうですか、良かった…」

勇者「座長に伝えてくれ、と言っていたよ」

座長「そうですか、あの子は今何処に…いえ、彼女は自由になったんだ、聞かない方が良いでしょうね」

盗賊「まあ…聞いたところで気軽に行ける場所でもないけどな」

座長「そうだ、お礼にこれを差し上げましょう!本当にありがとうございました」

戦士「お?なんだこれ水着か?装備だぜー!」

商人「け、結構大胆な水着ですね…でも装備には違いありませんよ!座長に伝えに来て良かったですね!」

696: ーー125日目、アリアハン城内 2021/02/01(月) 19:08:49 ID:g/51UCb.
使者「そう、闇の世界アレフガルド…そこで大魔王に挑む事になった訳ね」

倉庫番「今までより更に厳しい戦いになるな…勇者殿に頼ってばかりで申し訳ない」

勇者「いや、俺自身が大魔王を許せないだけ…親父の事もあるしな」

倉庫番「そうだ、オルテガ殿が生きていたというのは朗報だな!あの人がそえ簡単に死ぬはずはないと思っていたんだよ」

勇者「今も生きてるかは分からないがな…」

使者「それでも希望があるだけ良いわ。火山の火口に落ちて亡くなったとしか伝わっていなかった頃よりずっと」

勇者「まあな…王様は?」

使者「相変わらずよ。いつまでもウジウジしないで欲しいものだけれど」

勇者「仕方ねえよ、相手が大魔王じゃな…さて、そろそろ行く。ここには金を預けたついでに来ただけだからな」

倉庫番「ああ、気を付けてな。勇者殿だけが頼りだからな…行ってしまったか」

大臣「おお、勇者殿はもう行ってしまったのか。大事な知らせがあったのだがのう」

使者「何かあったのですか?まさか王様に何か…」

大臣「いや、もっと大事な事だ。好きな漫画家先生の復帰に続き、贔屓にメジャーリーガーが凱旋…更に宝くじで一万円が当たるなど書いてる者は最近つきすぎていてな、そろそろ反動が来る頃だと思うのだ。なのでこのSSが更新されなくなったら…察して欲しい」

倉庫番「誰に対する知らせですかそれは…?」

使者「確かにつきすぎてるとは思うけど、一万円当たったくらいで死んでたら世の中死体だらけよ…」

697: ???「いよいよ私の出番…!」 2021/02/01(月) 19:20:30 ID:g/51UCb.
ーールビスの塔、1F

戦士「っしゃー!新しいダンジョンだぜー!負けねえぞ俺はー!」

盗賊「うるせえなあ。しかしやっぱり塔は良いな。洞窟なんかと違って洒落た…」

戦士「高いもんな!好きそうだよな!」

盗賊「人をバカみたいに言うんじゃねえよ!そしてお前には言われたくねえんだよ!」

商人「二人とも、ダンジョンでは静かに…魔物が寄って来ちゃいますよ」

勇者「全くだ。しかしこの闇の世界にあって、微かに神聖なモノを感じる場所だな」

戦士「そうかあ?魔物だらけじゃねーか?」

盗賊「むしろ魔物によって聖なる力が乱されているような、そんな雰囲気だな」

商人「人も居ましたし、元々魔物なんかとは縁のない場所だったんでしょうね」

勇者「その人達の話では、ようせいのふえがあるなら5階に行け、滑る床には注意しろ、だったな」

盗賊「ようせいのふえはルビス様ってのの封印を解けるって話だ、おそらく封印されてるルビス様がいるのが5階なんだろうよ」

商人「詳しくは分からないですが、重要人物のようですから魔物もきっと強力なものがいそうですよね」

戦士「俺が全部ぶっ飛ばすから大丈夫だぜー!」

勇者「ああ、慎重にビビらず行くぞ。これが大魔王打倒に繋がると良いんだが…」

698: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/02/01(月) 19:30:28 ID:g/51UCb.
盗賊「くそっ、銀色野郎め…!そらっ!」ガギン!

はぐれメタルはにげだした!サタンパピーはメラゾーマをとなえた!ラゴンヌはマヒャドをとなえた!

商人「うわーっ!?す、凄い呪文です…それっ!」ザクッ

ーーまもののむれをやっつけた!

戦士「くそー!銀色全然倒せねー!」

盗賊「上の魔王との戦いでどくばりを捨ててしまったのが痛いな。他に捨てられるものも無かったから仕方ないんだけどな」

勇者「それよりお前ら銀色の奴に拘りすぎだ。挙げ句逃げられて他の魔物から攻撃されまくってるじゃねえか」

商人「そうなんですけど、でも銀色を見るとどうしてもテンションが…あっ!」

はぐれメタルがあらわれた!ダースリカントがあらわれた!

盗賊「おっ!出たぜ銀色が!」

戦士「うおおー!今度こそ倒してやるぜー!」

はぐれメタルはにげだした!ダースリカントのこうげき!

戦士「ぐわー!いてえぜー!」

勇者「俺の話聞いてたか!?早速銀色に目が眩んでるじゃねえか!」

盗賊「仕方ないんだ、銀色の前には理性を失う、冒険者のサガなんだよ…」

701: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/02/07(日) 17:32:12 ID:x255xkis
盗賊「見ろ、階段だ。ここを上れば4階だったか?」

商人「そうですね。ここまではそんなに強い魔物はいませんでしたね」

戦士「ライオンみたいなヤツのマヒャドは痛いけどな!」

勇者「あの影のザキも怖いが、いのちのいしは沢山あるからな。まあ大丈夫だろ」

盗賊「ここまで来たら目的の5階はもうすぐだな。塔は上に行くほど狭くなるからな」

商人「ええ、でも…どこでしょう?階段は…」

戦士「あれ?見当たらねーぞ!どういう事だよ!?」

勇者「階段が無い、先に進めない、今まではこういう時はーー」

盗賊「飛び下りる、だよなあ。さて、どこから落ちたものかな?」

戦士「まん中穴になってるじゃねーか!ここから飛び下りればいいんじゃねーのか?」

商人「でも、ここだと多分未知の場所には行けないですよね、さっき歩いてた場所に落ちるだけでは…」

勇者「だがここ以外に落ちる場所はねえ。つまりここより下の階の何処かから落ちなきゃならねえって事だ。なら結局落ちた方が早いだろうな」

盗賊「はあ、飛び下りかよ…先頭はイヤなもんだがまあ、仕方ないな…うおりゃっ!」ピューン…

戦士「よーし続くぜー!待ってろよルビス様とかいうヤツー!」ピューン…

702: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/02/07(日) 17:41:48 ID:x255xkis
勇者「さて、3階に落ちてみたが…ここからどうするかだな」

盗賊「どうやら、下の階から考えるに上に行くにつれ塔の北側には行けなくなってるみたいだ」

商人「つまり…まだ見ぬ階段は北側にある。飛び下りるなら北側って事ですね?」

戦士「おっしゃー!じゃあ北に進んでみるぜー!」

勇者「…ここがこの階の一番北側だな。盗賊の言う通りなら、あそこの壁がない部分から飛び下りれば…だな」

商人「その前に話に聞いた滑る床がありますね。まあ、落ちる為に来たのだから別に障害にはならないですけど…」

勇者「しかし確かにこの通路の東側、壁になってるがこの壁の向こう側にも何かありそうだな」

盗賊「ああ、おそらく下から上って行くんだろうよ。じゃあ飛び下りるぜっ!らああああっ!」ピューン…

ーー1F

商人「ーーっとお!ここは…1階まで落ちてきましたか?」

盗賊「だな。そしてほら、見てみろよ」ニヤリ

戦士「おおお、階段だー!」

勇者「どうやら当たりのようだな。さて、このまま素直に5階まで行けると良いが、どうなるか…」

704: ーールビスの塔、5F 2021/02/15(月) 19:34:04 ID:HASBi/bg
戦士「おおー!着いたな5階に!」

商人「この階だけ魔物が下とは違いますね。強いし、いろんな種類の魔物もいますし…」

勇者「見たことないやつもいたな。あの這いつくばってるドラゴン、そこまで強くはないが群れると厄介そうだな」

盗賊「ま、魔物が強くなったって事は目的地も近いって事だろうよ。ほら、見てみろよ」

戦士「お?石像か?女だな!」

商人「なんかこう…神秘的なヒトですね」

勇者「この石像がルビス様、なんだろうな。盗賊、ようせいのふえを」

盗賊「ああ、任せてくれ!…と、どこにしまったか…あった、じゃあ吹くぜ!」ピュロロー…

戦士「ふああ…なんか眠くなる音だなあ…」

商人「安らぎますね…あ、あ、せ、石像が…!」

勇者「石化が解けて…ヒトに…これは…」

ルビス「………」

705: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/02/15(月) 19:44:09 ID:HASBi/bg
勇者「あなたが…ルビス…様?」

ルビス「…えっ?あっ、あーっと、もしかして封印解けてます?」

商人「え、ええ、多分…」

ルビス「わー!や、やり直しやり直し!はい、今封印が解けました!良いですね!?」

盗賊「は、はあ」

ルビス「まあ、まさか封印が解かれる日が来るなんて!まるで夢のようですわ!」

戦士「え?封印はもうとっくに…」

ルビス「私は精霊ルビス!このアレフガルドを創った者です!」

勇者「戦士の言葉を遮るように大声で…このヒトが創造主…?」

ルビス「貴方にはこのせいなるまもりをあげましょう!これ付けるとザキ効かなくなりますよ!私の加護がモリモリの凄い御守りなんですよ!はい、勇者さん!」

盗賊「いや、俺は盗賊だが…」

ルビス「貴方達が大魔王を倒したらきっと力になりますからね!じゃ、大魔王退治ガンバ!」シュイーン…

商人「…居なくなりましたね」

勇者「……思ってたのと違ったが、封印は確かに解いた。これで良かった、はずだが…」

戦士「つーか大魔王を倒したらってよお!倒すのを手伝ってくれねーのかよ!」

706: ーーマイラの村 2021/02/15(月) 19:55:25 ID:HASBi/bg
盗賊「なんか、どっと疲れたなあ。これ、本当に事態が進展したんだよな?」

商人「多分…でも、確かにあの御守りは凄いモノでしたよ!」

戦士「その御守りで大魔王に勝てるのか?」

勇者「とてもそうは思えないが…創造主がくれたモノだ、重要なモノなんだろう」

盗賊「そう思うしか無いよなあ。でもまあ、あの塔では装備品が沢山手に入ったな!俺はしあわせのくつを盗んだし…」

商人「僕はなげきのたて、ゆうわくのけん、そしてこのふしぎなぼうしを掘り当てましたよ!」

戦士「すげーぜ商人ー!」

盗賊「俺も凄いだろ!しかし商人は久々の装備更新だな」

商人「あれ?僕が装備して良いんですか?盗賊さんも装備出来ますけど…」

勇者「盗賊は守備力がまだまだ高いからな。今回は商人が装備した方が良いだろう。それにあそこは装備も経験値もかなり美味しい所のようだからな」

戦士「また行ってあなほりすれば良いよな!」

盗賊「ま、次は盗むけどな。でもこれくらいの性能の頭防具が手に入るなら、ラーのかがみの洞窟でわざわざてつかぶと探ししなくてもよさそうだな」

商人「マホトラもされないでしょうしね…」

勇者「ともかく、これで装備品にも少し余裕が出来てきた。ルビス様の件はともかく、良い探索が出来たな」

盗賊「これで大魔王にも近づいてると良いんだがなあ。あのヒト、なんだったんだろうな…」

708: ーー126日目、ルビスの塔 2021/02/21(日) 20:27:53 ID:po1WSDyk
戦士「うおおー、今日も魔物倒しまくったぜー!」

盗賊「今日は盗みも絶好調だ。ふしぎなぼうし2つにすばやさのたね1つ。ま、これが俺本来の実力ってヤツだな」フフン

商人「凄いですね!僕はふしぎなぼうし1つ掘り当てましたけど、一度死んだのでプラマイゼロです…」

戦士「ごめんなー商人、混乱して殴っちまってよー…」

商人「仕方ないですよ、混乱は…」

勇者「回復役の俺らの判断が遅かったのもあったしな。それと、あとアイテムは宝箱からすばやさのたねを見つけて…」

盗賊レベル50「俺と勇者はレベルが大台到達だな。これなら大魔王にも対抗出来るんじゃないか?」

勇者レベル50「まあ、そうだと良いがな…いや、そうでなきゃいけねえな」

商人レベル49「そうですよね、この塔での成果はなんともいえませんでしたけど、それでもこの世界の為に大魔王は倒さないと…」

戦士レベル49「倒すためにはあとどうしたら良いんだ?どこに行ったら良いんだ?」

勇者「さあな。まあ、今までに見つけた町やほこらに片っ端から行ってみるしかないだろうな。この塔でもっといろいろな事が分かると思ったんだが、言っても仕方ねえな…」

709: ーー某所 2021/02/21(日) 20:37:03 ID:po1WSDyk
ルビス「かんぱーい!」

精霊「かんぱーい!」チンッ

エルフ「…何やってるの?」

ルビス「何って、宴ですよ宴。決まってるじゃないですか!」

精霊「ルビス様復活記念パーティーですよ~」

ルビス「はい、貴方も歌って!知らぬエルフが~、小皿叩いて~♪」

エルフ「歌わないわよ!そんな事より勇者達はまだここに来ないの!?このあまぐものつえがないと大魔王の島には渡れないのにこれじゃいつまで経っても…」

ルビス「それは大丈夫ですよ、ね?」

精霊「ええ、私が今夜勇者の夢枕に立ってここに来るよう言いますから」

エルフ「そんな事出来るの…?」

精霊「ええ、勇者が旅立つ朝にもそうやって性格診断とかしたんですよ~」

ルビス「なので、明日にもここに来てくれはずですよ!うふふ、凄いでしょう?」

エルフ「凄いけど、ならもっと早く教えてあげれば良かったのに、頼りになるんだかならないんだか…」フウ…

711: ーー127日目、精霊のほこら 2021/03/02(火) 17:33:00 ID:Az5He2cA
商人「…ここが、勇者さんが呼ばれたっていうほこらですか?」

勇者「ああ…眠ってる間中ずっとここに来いここに来いってしつこくて寝た気がしなかったぜ…」ゲンナリ

戦士「どんなヤツが呼んでたんだろうな?大魔王か?」

盗賊「こんなほこらでいきなり大魔王と対決ってのもスリルはあるが…おっ、見てみろよ」ヒュウッ

エルフ「…」

商人「あれは…エルフですよね?」

盗賊「だな。しかし流石エルフだな、かなりの美人だぜ。しかも勇者、お前のことじっと見てるぜ」グリグリ

勇者「いてえなおい!…何か用か?」

エルフ「…」ジーッ

戦士「喋れねーのか?」

エルフ「…本当に似てるのね。そっくり」ボソッ

勇者「えっ?」

エルフ「何でもない。階段、上って。待ってるヒトいるから」

商人「は、はい。エルフって何考えてるか分からないですね…」

712: ーー精霊のほこら、2F 2021/03/02(火) 17:43:22 ID:Az5He2cA
盗賊「おお。沼地の中のしけたほこらだと思ってたが、なかなか…」

戦士「花畑だな!すげー!」

商人「こっちの世界は日差しがないから、花もあまり咲いてないですもんね」

勇者「そういう小さな事も大魔王の策略なのかもな」

盗賊「花を見て心を和ませる時間さえ奪うってか。なるほどなあ」

戦士「お?誰かいるぜー!」

精霊「ようこそ。私はかつてルビス様に仕えていた者なんですよ~」

商人「ルビス様ってあの…確かに雰囲気似てますね…」

精霊「貴方の性格診断したのも私なんですよ~。あの時失礼な事言ったかもしれませんが、許して下さいね~」

勇者「それは良いが…ルビス様に仕えていた?確か性格をどうこう言われた時は、私は全てを司るものと…」

精霊「さて!貴方達にはこのあまぐものつえあげちゃいますよ~。はいっ、勇者さん!」

商人「いえ、僕は商人…」

精霊「次はここの東のほこらですからね~。じゃあ大魔王退治頑張って下さいね~」

盗賊「はあ、どうも。まあ、なんていうか、あの上司にしてこの部下ありって感じだな…」

713: ーーラダトーム城下町 2021/03/02(火) 17:56:05 ID:Az5He2cA
戦士「何日かぶりに帰って来たなーラダトーム!」

勇者「一応、たまにはここの王様に冒険の報告をしないとな」

商人「しかし今日は盗賊さん大活躍でしたよね!アイテム沢山盗んで…」

盗賊「ふっ、もろはのつるぎから始まって、てつのつめ2つにだいちのよろいも盗んだぜ」ドヤドヤッ

戦士「たまにすげーな盗賊!」

盗賊レベル51「ふっ、そんな口ももうきけなくなるぜ。言ったろ?レベルが上がる毎に盗みやすくなるってな」

勇者レベル51「言ってた通りではあるか。今日は更に宝箱からもう1つだいちのよろいが出てきたな」

戦士レベル51「みんなレベルアップしたしな!」

商人レベル50「もちろん、このあまぐものつえも今日の大きな成果ですよね」

盗賊「そりゃそうなんだが、ルビス様に続いてこう、なんていうか、なあ?」

勇者「…今後必要なモノを貰ったんだ。大事な事だったんだよ」

戦士「この世界の偉い奴らは変なのばっかりだよな!」

商人「せ、戦士さん、お城に入ったらそんな事大声で言わないで下さいよ…」

715: ーー128日目、ドムドーラ 2021/03/09(火) 17:41:37 ID:vJqIoZK.
盗賊「ふっ、今日も稼ぎまくってしまったぜ」ドヤッ

商人「だいちのよろい、ちからのたね、てつのつめを一個ずつ盗みましたもんね!」

戦士「ホントにレベル上がると盗みやすくなるんだな!すげー!」

盗賊「信じてなかったのかよ!ったく、しかしこれだけ盗んだんだ、もう何回か全滅してもゲームオーバーにはならないだろ。このまま最短で大魔王まで突き進んでも良いんじゃないか?」

勇者「そうしたい所だがな。まだ大魔王の本拠地に行く方法がが見つかってねえからな…つっても、大体の目星は付くけどな」

戦士「ん?そうなのか?」

商人「おそらく昨日の精霊が言っていた東のほこらでしょう。そこに行けば何か分かるはず…」

盗賊「ルビス様配下が行けって言ってるんだからな。まず間違いないだろう。多分、きっとな」

勇者「まあ、流石にそこは信用して良いだろう…おそらく」

商人「あのヒトとあのヒトですからね、若干の不安はありますけど、僕らには信じるしかないですからね…」

戦士「で、魔王の本拠地ってどこなんだ?」

勇者「ラダトームの向かい側に城が見えてるだろ!まあ、ラダトームからも行けるのか、何処か別の場所から乗り込むのか、その辺もまだこれからだけどな」

盗賊「最短で乗り込むって言ってもまだまだだよなあ。くそ、もどかしいぜ…」

716: ーー129日目、せいなるほこら 2021/03/09(火) 17:52:16 ID:vJqIoZK.
聖者「よくぞ来た、勇者よ!今こそ雨と太陽が交わる時!そなたににじのしずくを授けようぞ!」

にじのしずくをてにいれた!

戦士「おおー!で、これどこでどうやって使うんだ?」

聖者「それはお主らで探すがよい…が、1つヒントをやろう。お主らがまだ行っていない町や村があるなら、そこで人々の話に耳を傾けるのが良かろう」

盗賊「結局最後は地道な情報収集か。最初から変わらないな」

勇者「行ったことがない町…あとは城砦都市か湖の町かだな」

商人「湖の町の方が活きやすかったですよね。次はそこに行ってみますか?」

盗賊レベル52「確かあの辺は銀色が沢山出たよなあ。1回しか行ってないから確かな事は言えないが」

戦士レベル51「でももうレベルはすげー上がったぜ!まだレベルアップするのか?」

勇者レベル52「上げすぎって事は無いだろうが…まあ、そこまで時間を割かなくても良いかもな」

商人レベル52「大魔王がどれ程強いか分かりませんからね」

盗賊「しかし商人はついに俺らに追いついたな。2回の転職と離脱もあったのになあ」

商人「商人はレベルが上がりやすいですから…」

勇者「そろそろ種なんかを積極的に使っていく頃かもな。しかしにじのしずくか、これがどんな役に立つのか…」

718: ーー130日目、ルビスの塔 2021/03/15(月) 20:49:33 ID:819aWoRQ
商人「この塔には経験値を稼ぎに来たのに、銀色の魔物は1体も倒せず…」

盗賊「最近特に逃げ足が早い気がするよなあ。全然倒せないぜ。他の魔物も結構経験値あるからなんとかなってるが…」

戦士「でもアイテムはめっちゃ集めたよな!」

勇者「商人のあなほりがゆうわくのけん、どくけしそう、ふしぎなぼうし、すばやさのたねか。ふしぎなぼうしは2つ見つけたな」

盗賊「で、俺がいのちのいし、しあわせのくつ、ふしぎなぼうし、ちからのたねだ。更に魔物の宝箱からすばやさのたね。大豊作じゃないか」ホクホク

商人「今日で装備品は凄く余裕が出来ましたね!でもどくけしそうはなんでここにあったのか…落とす魔物も見当たらないようですし…」

ノレ「前回もそういう事ありましまよねー」

盗賊レベル53「ん?何か言ったか?」

勇者レベル53「いや?何も」

戦士レベル52「レベルも上がったし言うことなしだな!」

商人レベル53「そして明日はまた新しい町ですね!」

勇者「ああ、あの湖の町で情報を集める。ほこらの爺さんによればあそこで大魔王の本拠地まで行く方法が分かるらしいからな。そして…いや、とにかく明日だ。さあ、帰るぞ!」

719: ーー131日目、リムルダールの町 2021/03/15(月) 20:50:12 ID:819aWoRQ
町人

720: 間違えた… 2021/03/15(月) 21:00:49 ID:819aWoRQ
町人「リムルダールの町へようこそ」

商人「こんにちは!…なるほど、リムルダールという町なんですね」

盗賊「ラダトームとは比べるまでもないが、ドムドーラよりかはなんぼか田舎っぽいか?」

勇者「大差なく見えるがな。それより、遠くから見ると湖の町かと思ってたが、どうやらこれは水濠だな」

戦士「水濠ってーと、攻めてくる奴から守るって感じのやつかー?」

盗賊「へえ、意外とモノを知ってるじゃないか。だな、おそらくは魔物、それも大魔王の魔物から守るためって考えるのが普通だろうな」

商人「でも…どうなんでしょう?大魔王が現れてからこんな大掛かりな水濠を作るなんて間に合うものなんでしょうか?」

勇者「作ってる間に魔物をけしかけられそうなもんだよな。ここは大魔王の城からもかなり近いようだしな」

戦士「てえと、他のものから守るためってのか?」

盗賊「人と人との戦争でもあったのかもしれないし…」

商人「大魔王以前にも脅威があったのかもしれませんね」

勇者「俺らには分からないし関係もない事だがな。それより情報を集めよう。幸い人口は多いようだ、情報も多数手に入るだろう」

盗賊「多いと話を聞いて回るのも大変だから幸いとも言い切れないけどな。ま、急がば回れだ、地道に話を聞きに行きますかねえ…」

721: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/03/15(月) 21:14:33 ID:819aWoRQ
商人「…ふう。これで一通り話は聞いて回れましたね」

盗賊「想像以上の情報量だったな。まず大魔王の本拠地への行き方だ。ここの西の岬でにじのしずくを使えば良いみたいだな。」

勇者「大魔王の城の玉座の裏に階段があるなんて話もあったな。まああの囚人は嘘吐きらしいから眉唾ではあるが…あとやはりひかりのたまがないと大魔王を倒すのは難しいらしい」

商人「まほうのかぎを作りたがってるご老人に鍵を見せてあげたりもしましたね。本当にまほうのかぎが作れるものなんでしょうか?あとけんじゃのいしという凄いアイテムの話もありましたけど…」

盗賊「俺らには縁がないモノかもなあ。で、一番の情報は…」

戦士「勇者の親父さんがこの町にも来てたって事だよな!やっぱり親父さん俺らより先に進んでるみてーだな!」

勇者「だが、海の藻屑になったなんて言ってる老人もいたからな…」

商人「だ、大丈夫ですよ!オルテガさんが荒れた海になんて負けるわけないでしょうから!」

盗賊「だな。町のガキも言ってたが、もしかしたら今頃大魔王を倒しちまってるかもしれないぜ」

戦士「俺らも負けてられねーぜ!なあ勇者!」

勇者「…まあな。何より、辿り着いたは良いが大魔王には及ばない、なんて事になってる可能性もある。なら早めに追い付いて加勢したい所だな」

商人「そうですよ!僕ら四人にオルテガさんも加わって五人になれば大魔王にも勝てますよ!」

盗賊「ここまで一人で来た英雄に俺らが加わったら鬼に金棒だな。じゃあ勇者、明後日は大魔王の城に殴り込みだな?」

勇者「ああ、親父に追い付き、大魔王を倒す。やっと、やっとここまで来たぜ…!」

723: ーー132日目、リムルダール西の岬 2021/03/23(火) 19:37:09 ID:vFPdEZBw
戦士「お、この辺か?」

盗賊「だな。まだ城には入れないまでも、近くまで偵察には行きたいからな」

商人「にじのしずくを使えばここを通れるようになる、そういう話でしたよね」

勇者「ああ…使ってみるぞ。こうか…? 」パァァァ…

戦士「お、おおおー!?なんか光ってるぞ!?」

商人「7色に…これは…虹?これがにじのしずくの…」

勇者「虹が…橋に、なった。これは…」

盗賊「…へっ、虹が橋になるとはな。なかなかメルヘンじゃないか」

戦士「これ、本当に渡れるのか?…おー!歩けるぞ!」

商人「す、凄いですねこれは…でもこれで…」

勇者「ああ、ついに殴り込みできるわけだ、大魔王の根城にな!」

盗賊「良いねえ、待ちに待った、ってヤツだ。明日が待ちきれないぜ、なあ?」

戦士「おおー!大魔王も城の魔物も全部ぶっ飛ばしてやるぜー!」

724: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/03/23(火) 19:47:10 ID:vFPdEZBw
商人「…城の周辺、やっぱり強い魔物が多いですけど…」

勇者「ああ、思った程ではないな。今の俺らならそこまで問題ではなさそうだ」

戦士「沼地ばっかで歩きづれーなあ…お!いよいよ城の目の前だぜー!」

商人「これは…なかなか異様な雰囲気ですね」

盗賊「なんだよ、びびってんのか?良いじゃないか、過去最高のスリルがありそうだぜ」

商人「いえ、びびってる訳では…」

勇者「確かに、ただならない雰囲気だ。警戒は必要だろう。だがそれだけだ。明日ここに入る事には違いねえ」

商人「ええ、もちろんです」

戦士「なあ勇者、言ってやれよ!ついに来たぞー!ってよお!」

盗賊「はっ、面白いな。いっちょ宣戦布告と行くのも悪くないな」

勇者「ふっ、やってみるか…おい!大聞こえるか大魔王!ついにここまで来たぞ!もうすぐてめえの破滅の時だ!震えて待ってやがれ!」

商人「そうだ、勝つのは僕たちだ、勝つのは…」

ーー城内

???「…?何か聞こえたような…若者の声?誰かここまで辿り着いたのか?そうか…ならもし、もし私が倒れても、彼等が…いや、彼等の為にも、私が成し遂げなければな。行こうーー」

726: ーー133日目、ゾーマの城 2021/03/29(月) 17:39:00 ID:JgniKssM
戦士「おらー!ついに来たぜー!」

勇者「門番でもいるかと思ったが、あっさり入れたな」

盗賊「そもそもここまで辿り着けるヤツがいるなんて想定してないんだろ」

商人「確かに、ここに来るまでは大変でしたね…」

戦士「変な奴らに振り回されたりな!」

勇者「ルビス様とかな…まあ、おかげでここまで来られたがな」

盗賊「よっしゃ!早速スリル満点の大魔王城探索と行こうぜ!」

商人「そうですね…城内はより重苦しい雰囲気ですね」

勇者「何かが潜んでるような、狙われてるような…おい盗賊!ズカズカ進むな!」

盗賊「大丈夫だよ。うっすらとな、足跡が見えるんだ。先にここを進んだ勇敢な人のな」

戦士「んー?誰だあ?…あ!」

勇者「親父…か!?」

盗賊「おそらくな。さ、続こうぜ。大魔王退治の手柄、独り占めにされちゃ敵わないからな!」

727: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/03/29(月) 17:45:40 ID:JgniKssM
商人「ここを真っ直ぐ、ですか?」

盗賊「ああ。迷いながらも進んでる。一人でな」

戦士「ここの魔物強いのにすげーな!」

勇者「だが、だからこそいつまで進めるのか…ここは?」

盗賊「どうやらこの大きな部屋に進んだようだな。よし、入るぞ」

商人「うわあ、大きな石像ですね…あ、あれ!?」ゴウン!

戦士「うおっ!?後ろで扉が閉まったぞ!うぐおお…!開かねー!」グググ…

盗賊「おい見ろ!石像が…」

勇者「動き出した…こいつらが門番か!」

石像「我等は魔王の部屋を守るもの!我等を倒さぬ限り先には進めぬぞ!」

盗賊「面白れえ。やってやろうじゃないか!」

ーーだいまじんがあらわれた!

728: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/03/29(月) 17:55:34 ID:JgniKssM
戦士「うおおお、りゃああああ!」ズガン!

ーーだいまじんをやっつけた!

商人「ふう。全部で6体も襲ってくるなんて…」

勇者「だが、初めての相手じゃないからな」

盗賊「よく手の魔物に呼ばれて出てきたよなあ。ったく、あいつにどれだけ痛い目にあわされただろうな」

戦士「お、前も後ろも扉が開いたぜ!」

商人「この先は…床にバリアがありますね。我等が足に魔力の加護を、悪しき大地にまどろみを!トラマナ!」パラララ!

勇者「よし、進もう…これは…玉座」

盗賊「玉座…確かリムルダールで聞いたよな。玉座の後ろに階段があるってよ」

戦士「牢屋に入ってる嘘つき野郎が言ってたよな!」

勇者「信用ならない情報だが、試してみて損はねえ…これは」

商人「ありましたね、階段!」

盗賊「なんでもやってみるもんだな。なんであんな奴がこんな事知ってたのかは分からないが…よし、進むぞ」

731: ーーB2F 2021/04/05(月) 18:02:26 ID:WRvqaq7U
商人「うう…地下に下りたら寒くなってきましたね…」ブルブル

盗賊「なんかいやーな冷気だよな。ただ寒い訳じゃないっていうかな」

戦士「おー?この床前に見たことあるな!」

勇者「滑る床か…ただでさえ床が穴だらけの上にこれとは、大魔王の性格の悪さが滲み出てるようだな」

盗賊「大魔王なんて名乗るくらいだ、酷い性格してるんだろうさ。さて、どう渡るかだが…」

戦士「めんどくせー!真っ直ぐ突き進むぜー!」ドカドカ

商人「ちょっ、戦士さん!?」

勇者「おい待て!…あいつ、滑りながらも先に進めてやがる…」

戦士「おお!?めっちゃ滑るけど進めるぜー!」ツルツル

盗賊「………辿り着きやがった」

商人「はは、凄いですね…じゃあ僕らも行きますか…」

勇者「大魔王の罠もバカ用には出来てなかったようだな。よし、進むぞ」

732: ーーB4F 2021/04/05(月) 18:13:44 ID:WRvqaq7U
商人「…地下3階、4階とちょっとした迷宮みたいにはなってますけど…」

盗賊「足跡をつけていけばどこに進んだか分かるからな。まあ、足跡も迷ったりはしてるが最終的に進む道は大体わかるからな」

勇者「魔物の攻勢も苛烈になってきたな。死ぬほどではないが魔力は温存しないといけねえ」

商人「ええ、緊急時以外はなるべく僕のベホイミで…」

盗賊「まあ、日程に余裕はある。まだ行ってない場所もいくつかあるし、今日無理でも…っと、これは…」

戦士「血の跡があるぜー!おい、これって勇者の…」

商人「しっ!戦士さん!」

勇者「…敵の本拠地を進んでるんだ、手傷の1つや2つ負うだろう。だがまあ…急ぐべきか」

盗賊「だな…大丈夫だ、この先は血痕が無くなってる。おそらく回復したんだろう」

戦士「やっぱり勇者の父ちゃんも勇者なんだな!回復魔法使えるんだな!」

勇者「しかしそれもいつまで持つか…俺らだって魔力は無駄遣い出来ねえくらいだからな」

商人「一人で進んでるオルテガさんはもっと…急ぎましょう!」

盗賊「だな、さてこの先は…なんだ?焦げ臭いな…そして…音?戦ってるような…近いな。何かが起こってる、急ぐぞ!」

733: ーー精霊のほこら 2021/04/05(月) 20:30:57 ID:WRvqaq7U
エルフ「オルテガは大魔王の城へ行った。後を追うように勇者も。オルテガ…」

精霊「どうしたんですか~?元気ないですね~。貴方は口うるさいくらいでないと~」

エルフ「好きで口うるさくしてる訳じゃないわよ!二人がもっとしっかりしてれば…」

精霊「そうそう、そのくらい元気な方がオルテガも好きだと思いますよ~」フフフ

エルフ「好きとかそういう…ルビス様、なんとか言ってよ!」

ルビス「オルテガ…」

エルフ「…?ルビス様?」

ルビス「え?あ、いえ、すみません。そうですね、たまにはマイラ産のジパングティーが飲みたいですよね」

エルフ「…話聞いてた?」

ルビス「良いから良いから、お茶にしましょうよ」

精霊「はーい、今淹れますからね~」

エルフ「…?ルビス様らしくないわね。何かあったのかしら…」

ルビス「………オルテガ、貴方は…」

735: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/04/11(日) 19:49:55 ID:mCn19gcY
ゴオオオ…ピカッ!…ドーン…!

商人「今のは…!」

盗賊「落雷みたいな音だな。これは…」

勇者「くっ!」タタタ…

戦士「おお!?どうした勇者ぁー!」

盗賊「どうしたじゃねえよ、こんなダンジョンの中で落雷なんて…!」

商人「呪文でしかあり得ません、そして電撃呪文がつかえるのは…」

戦士「勇者だけなんだろ?え?つまり…勇者の父ちゃんか!?」

盗賊「しかいねえだろうよ!だが待て勇者、一人で行くんじゃねえ!」

商人「僕らも!急ぎましょう!」タタタ…

勇者「…!くそっ…!」

戦士「何か倒れてるぞ!なんだあれ!」

盗賊「盗賊「人…なのか?黒焦げで…」

商人「もし人だとしたら…こんな所にいる人は…」

勇者「親父ぃ!!」

736: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/04/11(日) 19:57:44 ID:mCn19gcY
オルテガ「そこに…誰かいるのか…私にはもう…何も…」

戦士「お、おい勇者!回復呪文、いやザオラルを…」

商人「いえ…これは、もう…」

勇者「おい親父!俺だ、分かるか!?ここまで来たぞ、あんたを追ってここまで!」

オルテガ「ア…リアハンに…行ったら……平和な世にして…やれなくて…父を…許し…て…くれ、と…」

勇者「親父!親父ぃ!!」

盗賊「………っ」

オルテガ「た、頼みま…ぐふっ!」ガクッ

勇者「おや…っ!」

商人「オル…テガ…さん…」

勇者「親父…親父…くっ……」

737: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/04/11(日) 20:04:48 ID:mCn19gcY
戦士「ゆ、勇者…」

盗賊「…少し、そっとしといてやれ」

勇者「……いや、大丈夫だ。進もう」

商人「いえ、勇者さん…」

勇者「ここは敵地だ。モタモタしてられねえ。行くぞ」

盗賊「いや、しかしな勇者…」

勇者「悲しんでるように見えるか?」

戦士「ええ!?だって勇者、親父さんが…」

勇者「俺は今…誇らしいだけだ。たった一人で、ここまで戦い抜いた勇者が自分の父親だってな。だから…だから…」

商人「勇者さん…」

勇者「………行くぞ。この偉大な勇者がただ1つやり残した事の決着を着けなきゃならねえ」

盗賊「そうだな、行こう…だが、無理はしないぞ。気持ちは分かるが、負けたら元も子もないからな」

勇者「分かってる…行こう」

739: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/04/19(月) 21:03:58 ID:l9R5Werk
戦士「勇者ー、大丈夫か?」

勇者「何がだ?心配されるような事は何もねえ」

盗賊「あーほら、魔力だよ魔力。そろそろ少なくなってきたんじゃないか?」

勇者「今半分くらいだな。魔力はもう少し、いや大幅に上げないといけないかもな…」

商人「僕はもう少し余裕がありますけど、戦闘中の回復はやっぱりベホマじゃないと間に合わないですからね」

盗賊「城に入ってからここまで結構な道程だからなあ、魔力は多い方が良いよな…っとお」

戦士「階段だ!まだ下りるのかよ!?」

勇者「いや、これで最後だろうさ。この気配ーー」

商人「ええ、恐ろしい雰囲気に普通じゃない冷気。おそらくここが…」

盗賊「俺らの旅の終着点か。よし、乗り込むぞ!」

勇者「ああ、大魔王のツラ一度拝んでおかねえとな!」

740: ーーB5F 2021/04/19(月) 21:13:24 ID:l9R5Werk
戦士「うおっ!?暗いな!」

商人「ええ、これでは手探りであなほりするしかありません」ザックザック…

盗賊「お前…大物だよな」

勇者「これは…祭壇か?ここに上れと言わんばかりだが……上ってみるか」

戦士「暗くて高さも良く分からねーな!…おお!?明かりが付き始めたぞ!」

商人「あ、あれは…奥から歩いてくる…あいつは…!」

大魔王「勇者よ!生け贄の祭壇によくぞ来た!我こそは全てを滅ぼすもの!」

勇者「お前が…大魔王…!!」

盗賊「へっ、こいつはスリルがありそうな相手だな…!」

大魔王「出でよ我がしもべ達!この者達の苦しみをわしに捧げよ!」

勇者「ああ!?てめえが戦うんじゃねーのかよ!」

戦士「おお!?でもこいつさっきチラッと見たぞ!」

盗賊「ああ!勇者、親父さんの敵だぜこいつは!」

勇者「そういう事かよ…やってやろうじゃねえか!」

ーーキングヒドラがあらわれた!

742: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/04/25(日) 19:55:56 ID:SKdHSwjY
盗賊「こいつはでかいな!だが…そらっ!」ピシャッ

商人「ちょっと硬いみたいですね、ならば…ルカニ!」ムニョーン

戦士「柔らかくなったぜー!おらおらっ!」ザクッ

キングヒドラはもえさかるかえんをはいた!キングヒドラはもえさかるかえんをはいた!

勇者「この程度…!大して効きやしねえよ!らあっ!」ピシャッ

キングヒドラのこうげき!キングヒドラはもえさかるかえんをはいた!

盗賊「はっ、確かにそれほどの攻撃じゃないな!」

商人「とはいえ、僕の体力だと早めに…ベホイミ!」パアアア…

戦士「おらー!」ザクッ

キングヒドラのこうげき!キングヒドラのこうげき!

勇者「戦士、回復だ!ベホマ!」パアアア…

戦士「うおおー!元気百倍!うりゃあー!」ザグッ

盗賊「へっ、どうやらこいつは親父さんと戦って弱ってるみたいだな!対した攻撃してこないぜ!」

勇者「ああ…親父の為にも勝つ!油断するなよお前ら!」

743: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/04/25(日) 20:03:58 ID:SKdHSwjY
キングヒドラはもえさかるかえんをはいた!キングヒドラのこうげき!

商人「盗賊さん、ベホイミを!」パアアア…

盗賊「サンキュー!そらそらっ!」ピシャッ

戦士「うおおおおー!会心の、一撃ぃー!!」ズバシュッ!

ーーキングヒドラをやっつけた!

盗賊「よっし!倒したぜ!ははっ、大魔王直属の手下でもこんなもんか!」

商人「オルテガさんのおかげでもありますよね」

勇者「ああ…やったぞ、親父」

戦士「よっしゃー!次は誰だー!?」

盗賊「ああ、どんどん進もうぜ!…と言いたい所だが…」

商人「勇者さん、魔力の残りは…」

勇者「…まあ、まだ大丈夫だ。いける所まで行くぞ。大魔王の手下があと何人いるか分からないが…」

戦士「全部ぶっ倒してやるぜー!」

盗賊「ああ、じゃあ次に行くとするか。今の俺らがどの程度通用するか、大魔王の部下なら相手に不足はないからな!」

744: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/04/25(日) 20:10:31 ID:SKdHSwjY
商人「さて…次の戦いの前に回復しましょう。出来るだけ僕が回復を…」パアアア…

盗賊「ベホマ使えるのは勇者だけだからなあ」

戦士「ここに来る前に結構魔力使っちまったんじゃねーのかあ?」

勇者「まあ、な。なんだかんだ、この城の魔物たちは手強いからな」

盗賊「ちなみに俺らはなるべく、というかほとんど逃げずに戦ってるぜ!」

戦士「男らしくねーもんな逃げるなんて!」

商人「誰に説明して…っと、皆さん!あれは…」

勇者「あいつは…下の魔王!?いや、少し雰囲気は違うが…」

盗賊「あの魔王と親子…いや兄弟か?そっくりだな。強さまでそっくりなら…へっ、こいつはまたスリルがありそうだな!」

戦士「魔王だって俺らが倒したぜ!こいつだって怖くないぜー!」

商人「そうですよね…さあ、行きましょう!」

ーーバラモスブロスがあらわれた!

746: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/05/03(月) 17:34:10 ID:lzegHdXU
勇者「さて…上の魔王は攻撃も搦め手も多彩だったが、こいつはどうだ?」

盗賊「先手必勝!おらっ!…って硬いぞこいつ!?」ギィン!

商人「呪文や炎は防げませんけど、それでもスクルト!」ギュウウ…

勇者「戦士!くさなぎのけんを振りかざしてみろ!」

戦士「振りかざす?どうやるんだ?…こうか!?」ブンブン

盗賊「おっ、敵さんの守備力が下がったぜ!ここから…」

バラモスブロスはイオナズンをとなえた!バラモスブロスははげしいほのおをはいた!

戦士「おわー!あっちいぞー!」

商人「ど、どうやら上の魔王と同等の攻撃をしてくるようですね、これは…」

バラモスブロスははげしいほのおをはいた!バラモスブロスはイオナズンをとなえた!

盗賊「くっ!?おいおい、めちゃめちゃ攻撃的じゃないかよ!?」

勇者「盗賊、ベホマだ!しかしこの攻撃力…」

バラモスブロスのこうげき!バラモスブロスははげしいほのおをはいた!

商人「うわあっ!?搦め手がない分攻撃力が凄まじいですよ!ベホイミじゃとても…」

勇者「でも回復だ!大丈夫だ、俺らならやれる!真っ向勝負だ!」

747: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/05/03(月) 17:43:45 ID:lzegHdXU
盗賊「しかしこの攻撃では、どうやらおれの奥の手を使う時が来たようだぜ」

戦士「おおー!そんなのあるのか盗賊!」

盗賊「これが奥の手!みをまもる!」ガチィ

商人「…」

盗賊「あと俺は防御だけしてるからな!頼んだぞ!」ガチィ

勇者「…まあ、悪くねえ。回復の手間が省けるからな」

戦士「盗賊がサボってる間に倒しちまえって事だな?おらあっ!」ザグッ

盗賊「サボってるんじゃねえ!攻撃を受け止めてるんだ!」

商人「確かに先頭の人へのダメージが減れば…」

バラモスブロスははげしいほのおをはいた!バラモスブロスのこうげき!バラモスブロスはイオナズンをとなえた!

盗賊「ぐおお、三回攻撃かよっ!」

勇者「耐えろよ、ベホマ!」パアアア…

戦士「うおー、どりゃー!」ズバシュッ

盗賊「早く倒してくれよ!俺もいつまで持つか分からないからな…」ガチィ

749: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/05/10(月) 20:16:05 ID:Rf4joQSc
バラモスブロスははげしいほのおをはいた!バラモスブロスのこうげき!

勇者「くっ、手を緩めるなよ戦士!ベホマ!」パアアア…

戦士「おおー!おりゃあー!」ザクッ

商人「べ、ベホイミを…」

バラモスブロスはイオナズンをとなえた!バラモスブロスははげしいほのおをはいた!

商人はしんでしまった!

盗賊「商人!くそっ、馬鹿げた攻撃力しやがって!」ガチィ

勇者「生き返らせる暇はねえが、このままじゃ総崩れだ…戦士!まだかっ!?」

戦士「うおおおおりゃああああ!」ザンッ

ーーバラモスブロスをやっつけた!

盗賊「た、倒したか…なかなかのスリルだったな、へへっ…」フウ…

勇者「もう魔力もねえ。商人を生き返らせたら撤退だ。くそっ、予定通りではあるが大魔王を目の前にして…」

750: ーーリムルダールの町、宿屋 2021/05/10(月) 20:34:06 ID:Rf4joQSc
盗賊「ふう、なんとか町まで帰って来られたな」

商人「引き返すにも余力ギリギリでしたね…すみません、また死んでしまって…」ガックリ

戦士「仕方ねーよ、攻撃凄かったもんな!」

勇者「ああ…と言いたいところだが、実際商人の体力は心許ないな。まあ、足りないのはそれだけじゃないが…」

盗賊「勇者の魔力ももっと欲しいよな。というか最優先だよな勇者の魔力アップは」

勇者「大魔王のいるあの場所への道中でかなり魔力を使っちまうからな。消費自体を減らせれば一番だが…」

商人「戦士さん以外の攻撃力を上げる必要もありそうですね。道中の敵を手早く始末出来れば消耗も減りますし…」

盗賊「防御力も必要だな、特に戦士は。お前はうんのよさも欲しいけどな」

戦士「どっちもみんなの半分もないぜー!」

勇者「課題山積だな。全滅せずに問題点が見つかっただけ良しとすべきか…しかしレベルはかなり上がったのに、手下に勝つので目一杯とはな…くそっ!」

754: ーー134日目、ガルナの塔 2021/05/19(水) 17:02:54 ID:6iJb8DVQ
盗賊「うーん、やっぱり塔は良いぜ!…って言いたい所なんだけどな」

商人「せっかく日の当たる世界に戻ってきたのに、塔の中で種集めですからね…」

勇者「仕方ねえ、大魔王打倒には現状足りないモノが多すぎだ」

盗賊「それは分かるんだがなあ、うーん」

戦士「で、ここには何があるんだ?」

商人「一番の目的はかしこさのたねですね。ついででいのちのきのみやちからのたねが見つかれば言うことなしです」

勇者「とりあえずかしこさのたねを…そうだな、5つを目標にするか。どのくらい時間がかかるかも分からねえからな」

商人「1ヶ所での種集めとなるとあなほりではなかなか難しいですから、盗賊さんが頼りです」

盗賊「任せとけよ、パパッと盗んでやるぜ!」

戦士「時間かかりそうだなー」

盗賊「おいっ!すぐだすぐ!さあ、行くぞ!2階の方が効率が良さそうだからな!」

755: ーー夕方、ダーマの宿屋 2021/05/19(水) 17:18:37 ID:6iJb8DVQ
戦士「やっぱり結構かかったな!」

商人「かしこさのたね5つを手に入れるまでの戦闘回数は112回でした。盗みが3回で宝箱が2回、盗賊さんのレベルは55から56です」

盗賊「やけに説明口調だな?それはそうと、こんなもんだろ時間は。簡単に見つかるなら苦労はねえよ」

勇者「そうかもな。そしてついでに手に入ったいのちのきのみとちからのたねはそれぞれ1つずつか」

戦士「もっとほしかったよなー」

商人「まあ、当初の目的は達成しましたから…ただ、5つでは足りなそう、ですか?」

勇者「大体ベホマにして2回分くらいは魔力が増えるだろうが…だからどうした、って量だな」

盗賊「だよなあ。また明後日にでも来るようかもなあ。強力な武器とかも探したいんだけどな」

戦士「明日はまだ行ってない所に行くんだな?」

商人「ええ、確認した所まだ行ってない場所は4ヵ所です。そのどこかに…」

勇者「ラダトーム北西のほこら、ラダトーム北の洞窟、マイラとリムルダールの間にあった洞窟、そして城砦じみた町。一応8日の余裕があるって事だが、予断は許さねえって所だな」

盗賊「長いようであっという間だったりするからなあ。ま、なんとかなるさ。今までもなんとかなったしな。前向いて行こうぜ!」

757: ーー135日目、ラダトーム北の洞窟 2021/05/24(月) 21:33:51 ID:XUwdmMJs
勇者「とりあえず最初はこのダンジョンからだな」

戦士「珍しいモンスターとかいるかもしれねーな!」

盗賊「つまり今までにないお宝が手に入る可能性もあるって事だ。俺の盗みが火を吹くぜ!」ニヤリ

商人「僕もあなほりで…あれ?穴が…掘れない…!?な、なんで…?」ガギンガギン

戦士「床が固いのか?」

勇者「いや…どうやら呪文全般が使えないようだ、この洞窟の中ではな」

盗賊「そういやあなほりも呪文の一種なんだな…」

商人「そ、そんな…」ガックシ

盗賊「ま、気にするなよ!俺がお前の分まで盗んでやるからさ!」ドヤドヤッ

勇者「調子に乗ってやがるな…そういうのは結果を出してからにして欲しいもんだが、お手並み拝見といくか…」

758: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/05/24(月) 21:44:57 ID:XUwdmMJs
ーーサラマンダーははげしいほのおをはいた!

戦士「ぐおおっ!?やっぱりすげーなこいつの炎!」

勇者「それもそうだが、何より回復呪文が使えねえのが不味い…うおおっ!」ピシャアッ

ーーまもののむれをやっつけた!

商人「な、なんとかみんな無事でしたね…でもここは危険なダンジョンですね…」

盗賊「回復出来ないのはあまりにもなあ。ま、最下層まで行ったし、出口ももうすぐだ」

戦士「一番下、面白かったなー!飛び降りても飛び出してくる穴!」

勇者「あれが町で聞いた魔王の爪痕ってやつなんだろうな。大魔王がこの世界に現れた時に出来たっていうな」

盗賊「しかしこのダンジョンじゃ長居出来ないから経験値稼ぎも出来なきゃアイテム集めも難しいな。どうする?」

商人「うーん…こちらの世界ではかしこさのたね集めは出来ないみたいですし、スタミナのたねを集める為に大魔王の城近くに行くのはどうですか?」

勇者「あの辺なら経験値も稼げるだろうし一石二鳥かもな。よし、行こう」

戦士「よっしゃー!大魔王の手下をバンバン倒すぜー!」

759: ーー136日目、アリアハン、ルイーダの酒場 2021/05/24(月) 21:57:16 ID:XUwdmMJs
商人「す、すみません、バシルーラで飛ばされてしまうなんて…」

盗賊「ま、仕方ないだろ。飛ばされる時は飛ばされるもんだ」

戦士「俺なんか魔王戦で飛ばされたぜー!」

勇者「あれは酷かったな…しかし、商人が飛ばされる前にとんでもない物が手に入ったな」

盗賊「おう、俺の手で盗んだらいじんのけん!どうだよ戦士、使い心地は?」

戦士「めちゃめちゃ凄かったぞこれ!くさなぎのけんがズバーって感じならこれはズババババッ!って感じでよお!」

勇者「その例えじゃ分かんねえよ。が、俺にお下がりで来たくさなぎのけんはやっぱり強いな。二人の武器が更新されたのはでかいぜ」

商人「流石ですね盗賊さん!」

戦士「だなー!すげーぜ盗賊ー!」

盗賊「だろだろ?もっと称えてくれて良いんだぞ」ドヤドヤドヤドヤッ

勇者「過去最高に調子に乗ってやがるな…まあ結果を出したから良いけどよ。しかしスタミナのたねは手に入らなかったな」

商人「明日もあそこで良いんじゃないですか?バシルーラは少し怖いですけど…」

盗賊「逆にバシルーラでもなければ種集めの止め時が分からないからな、かえって良いんじゃないか?それにもう一振りらいじんのけんが手に入るかもしれないぜ!」

戦士「そしたら勇者もこの剣か!すげえな!」

勇者「正直、それは俺も魅力的だと思ってる。あれがあればとげのむちと使い分ける必要も無くなるからな。まあ、手に入ってからの話だけどな…^

762: どうでも良い話 2021/05/29(土) 06:24:25 ID:dS46GACg
盗賊「おお!ついにリメイクか!この俺、盗賊が更にイケメンに…」

戦士「でもよお、ドラクエのリメイクとか移植ってあんまり…」

盗賊「止めろ止めろ!大体4のリメイクを最近って言うんじゃねえ!PS1だぞあれは!」

商人「年齢がばれそうですね…もう大体ばれてる気もしますが…」

勇者「ああ、リメイクなんてどうでも良いな…おれは…馬姫派なんだよぉ!」ゴゴゴゴゴ…!

商人「ゆ、勇者さん!?フローラ派のわりにそこは正統派なんですね…」

盗賊「馬姫って正統派か?正統派はボンキュッボンだろ」

勇者「そもそも6でリメイクするっつったら誰だって仲間に出来るモンスター増えるのを期待するじゃねーかよ!それを…それを…うおおおお!」ダダダダダダ…

戦士「おお!?どこ行くんだよ勇者ー!」

???「なんだかんだ言ってもリメイク楽しみだよね?あたしとしては女商人を更にきゅーとでせくしーだいなまいつな感じに…」

倉庫番「俺がオルテガさんに世話になった時のエピソードとかも来るのか…?」ソワソワ

ノレ「私の活躍大増量は間違いなしですよね~」

使者「揃いも揃って浮ついてるわね…」

764: ーーゾーマの城南部毒の沼地 2021/05/31(月) 19:58:00 ID:etziMvdE
勇者「さて…じゃあ今日はスタミナのたね集めだな」

盗賊「ついでにあの剣も見つかれば完璧だな。まあ俺が盗んでやるさ、昨日みたいにな!」

商人「よいしょ、よいしょ…うーん、あなほりでは見つかりませんね…」グチャベチャア

戦士「沼の中大変だな商人!」

盗賊「あーあー無理しなくて良いぞ、俺が見つけるからな!」

勇者「昨日の戦果ですっかり調子に乗ってやがるな…」

商人「でもここは経験値も稼げますし、種やあの剣以外にも良いものがあるらしいって聞いてますし良い所ですよね」

勇者「敵が強いから長居は出来ないけどな。ああ戦士、一旦武器を交換してくれるか?素早さの高い俺があの剣を持ってた方が良いと思うからな」

戦士「俺はどっちでも良いぜー!じゃあ早速始めようぜ!」

765: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/05/31(月) 20:09:36 ID:etziMvdE
ーートロルキングはバシルーラをとなえた!

戦士「おおっ!?効かねえぞー!おらー!」ザシュッ

ーートロルキングをやっつけた!

商人「ふう、バシルーラはドキドキしますね…あ、宝箱落としてますよ!」

勇者「こいつの宝箱は…よし!らいじんのけんだ!」ジャキーン

商人「目論見通り二つ目が手に入りましたね!」

盗賊「やったな!…ちぇっ、俺が盗んでやるつもりだったんだがなあ」

戦士「でもスタミナのたね4つ盗んだじゃねーか!」

商人レベル58「またレベルも上がりましたし、種の効果で体力不足もある程度改善されましたよ!」

盗賊レベル59「まあ、そのくらいはな。欲を言えばもうひとつ欲しかったがそろそろ潮時だよな」

勇者レベル59「魔力が切れかけだからな。魔力の方は確かに増えたがもう一声二声欲しい所だな…」

戦士レベル58「またあの塔行くのか?」

勇者「明日は新しい所に行くようだからあっちの世界には行けねえ。またここだろうな。今日あっちが良かったかもしれねえが仕方ねえ」

盗賊「明日は新しい所、明後日種集めで次はまた新しい所、その次辺りか?大魔王再挑戦は」

勇者「そうだな…装備品の余裕もあるし、もっと早く挑んでも良いかもしれねえ。それも種集めの結果次第だ。一気に集まってくれれば良いんだが、そんな都合良くはいかないだろうな…」

768: ーー137日目、沼地の洞窟 2021/06/08(火) 20:27:23 ID:hPn//vmE
商人「今日は未知の洞窟へ行って、もし稼げるような洞窟だったらそのまま長居して…という予定だったのですが…」

大男1「俺たちゃトンネルを掘ってるんだ」

大男2「掘って掘ってまた掘って…と」

大男3「早くリムルダールに行きてえなあ」

戦士「ダンジョンじゃねーのか!?」

勇者「ただのトンネルだな、未完成の。魔物も居やしねえ」

盗賊「ま、将来的にはどうなるか分からんけどな。アリアハン城の地下から行ける洞窟だって、昔は避難路かなにかでダンジョンではなかったはずだからな」

商人「そうですね、時が経てばここに住み着く魔物も…」

戦士「盗賊みたいなやつだな!」

盗賊「だから俺は塔派だ!そんな事よりこれからどうする?また種集めか?」

勇者「そうだな、それもしたいが…まずはまた大魔王の城に行ってみようかと思ってる」

商人「何かあるんですか?」

勇者「前にも言ったが、俺らは大魔王の元にたどり着くまでになるべく消耗しないのが課題だ。で、今俺達はこのらいじんのけんを手に入れたんだが、こいつがどの敵に有効か分かればかなり戦闘をスムーズにこなせるはずだ」

盗賊「なるほど、道中の予行演習か。確かに必要かもな」

勇者「その後余裕があったら種集めだ。この後、出来るだけ速やかに大魔王打倒を果たしたい。すべき事は全てやらないとな」

769: ーーゾーマの城、B4F 2021/06/08(火) 20:35:58 ID:hPn//vmE
勇者「うおお、らいじんのけんをくらえー!」ズガァン

戦士「俺も剣を使うぜー!」ズガァン

ーードラゴンゾンビをやっつけた!

商人「今の魔物には良く効きましたね、らいじんのけん!」

盗賊「剣を持ってる方の骨野郎にも結構効いたな。あと意外と魔法使いみたいな奴にもそこそこだったな」

勇者「魔法を使うような奴には効かないかと思ってたんだがな。逆にあのライオンみたいなのには危険だな」

戦士「魔法を跳ね返しちまうもんな!」

商人「マホカンタされたらひとたまりもありませんね。あとあの悪魔には使わなくても良さそうですよね」

勇者「体力が低いからな、斬った方が早いだろうな。さて、これで確認は終わったな。このまま歩いて外に出て種集めだ」

盗賊「よっしゃ、俺の出番だな!今日も盗みまくってやるぜ!」

770: ーー138日目、アリアハン、ルイーダの酒場 2021/06/08(火) 20:48:38 ID:hPn//vmE
商人「えーと、また飛ばされてしまい大変申し訳なく…」ガックシ

盗賊「ま、仕方ない…とはいえ、何か対策が必要だったかもなあ。マホトーンとかな」

戦士「結構体力があるからすぐは倒せないんだよなあいつら!」

勇者「まあ、今日はどうせこっちで種集めの予定だったからな。ちょうど良いと言えばちょうど良い」

盗賊「スタミナのたねは結局2つしか集められなかったか。盗みとあなほりで1つずつだな」

戦士「んー?でもスタミナのたね結構持ってないかあ?」

商人「ええ、袋じゃなくて個人で持ってた種を僕が飛ばされてアイテム整理したことで見つけたみたいな形で…別に今日集めてた訳じゃないんです」

勇者「思ったより持ってたな。となるとやっぱり一番必要なのはかしこさのたねだな」

盗賊「またあの塔だな。今回は10個位集めたいよな」

商人「それだけあればかなり楽になるでしょうね」

勇者「本当はベホマズンを連発出来るくらい魔力が増やせれば良いんだが、どれだけかかるか見当もつかねえ。そんなに大魔王を放っておく訳にもいかないからな。とはいえ今日はなるべく多く集めたい所だけどな…」

772: ーーガルナの塔、2F 2021/06/13(日) 21:07:22 ID:dtr8gBY.
商人「…という訳で種集めですね」

戦士「ここでしか種集められねーのか?」

盗賊「かしこさのたねってなるとどうしてもな。更にちからのたねといのちのきのみも集まるしなあ」

勇者「俺はもうレベルアップで体力が上がらなくなったからな。いのちのきのみもまあまあありがたいな」

商人「戦士さんの体力抜いたと思ったらあっという間にカンストしましたよね勇者さんの体力…」

戦士「もう力しか勝てねえぜー!勇者凄いぜー!」

勇者「その力はまだ全然敵わねえけどな。まあ、かえって役割分担がハッキリして悪くないのかもしれねえけどな」

盗賊「さてと。今日はやっぱり10個くらいを目標にするか?」

商人「そうですね、そのくらい集められれば良いんじゃないでしょうか」

勇者「武器を新調して道中はかなり楽になった。更に魔力が増えればより余力を残しやすくなるだろう。10個集めるまでは帰らないつもりでやるぞ!」

773: ーー夕方、ダーマの宿屋 2021/06/13(日) 21:15:56 ID:dtr8gBY.
盗賊「…な~んて意気込んだものの、かしこさのたねは6個で打ち止めだ」

戦士「途中から全然落とさなくなったぜー!」

商人「5個まではまずまずのペースだったんですけど、そこからまるっきり集まらなくなって…」

盗賊「リアル時間の方がな。ま、ついてないとこんなもんかもな」

勇者「種が集まらなくなった途端にまんげつそうが集まり始めたけどな。今更なんだよな、それも8つも」

盗賊「そう都合良く種や木の実ばっかり盗めないんだよ!ま、ちからのたね1個といのちのきのみ3つ合わせて10個って事で勘弁してくれ」

商人「6つでも結構悪くなさそうですけどね」

勇者「無い袖は振れねえしな。後はレベルアップでなんとかするしかねえ。…なかなか全てが思い通りにはいかねえな。この旅はこんなことばっかりだけどな…」

774: ーー139日目、メルキド 2021/06/21(月) 19:27:27 ID:g6Vh/Rwk
商人「今日はこっちの世界でまだ訪れていなかった最後の町に来ましたけど…」

勇者「活気が全くないな。まるで町そのものが死んじまってるみたいだ」

戦士「でも地下には盛り上がってる所あったぜ?」

盗賊「モンスター格闘場なあ…大魔王に怯えて生きる気力を無くしても賭け事にだけは熱くなれるもんなんだな」

商人「そう考えると賭け事って凄いんですね。これは将来の商売に役立ちそうだ…」メモメモ

盗賊「何をやる気だよ…?それよりこの町にはなんにもなかったな。ま、来るのが遅かったってだけかもしれないが」

勇者「今更大魔王の島に渡る方法を教えられてもな。町はこんなだし、新しい場所に行く縛りが無きゃ無駄足も良いところだ」

戦士「俺は魔法のモンスターで町を守るって話すげーと思ったけどな!」

商人「あれはどうなんでしょう…?実際に出来ればそれは凄い事だとは思いますけど、とても大魔王に対抗できるようなモンスターが造れるとは…」

勇者「そんなものが出来たら逆に危ねえだろ。そのモンスターで世界を支配出来ちまう。まあそんな簡単に出来るもんでもないだろうけどな…」

775: ーーリムルダールの町、宿屋 2021/06/21(月) 19:39:20 ID:g6Vh/Rwk
商人「…で、あの後いつもの大魔王の城南部の毒の沼地でスタミナのたね集め兼経験値稼ぎだったんですけど…」

盗賊「今日はアイテム大猟だったぜ!どくがのこなともろはのつるぎが2つずつ、てつのつめ、だいちのよろい、すばやさのたね…」

戦士「あのすげー剣と金ピカの爪も見つけたぜー!」

勇者「らいじんのけんとおうごんのつめな。肝心のスタミナのたねは4つだったが…」

商人「あとせかいじゅのはも1つ見つけましたよ!これは大きいですよ、大魔王との戦いに向けて!」

盗賊レベル64「レベルも上がったな。ここで戦い続ければ2つか3つはレベルが上がるな」

戦士レベル63「更に強くなっちまったぜー!」

勇者レベル64「種の効果も出てきてる。準備は整った…いよいよ明日、大魔王に挑もうと思ってる」

商人レベル63「…!いよいよですね…」

盗賊「まだラダトーム北西のほこらには行ってないが…ま、ゆとりは必要だよな」

戦士「明日には世界が平和になるんだな!?やったな!」

勇者「俺らが大魔王を倒したら、な。もちろんそうするつもりだし、そうしなきゃならねえお前ら、覚悟決めろよ」

盗賊「ああ!へっ、過去最高のスリルが俺を待ってるぜ!」

商人「緊張するし怖さもあるけど…全力を尽くしますよ!やってやりましょう!」

777: ーー140日目、リムルダール郊外 2021/06/28(月) 20:17:08 ID:en0BpHnA
勇者「準備出来たか?」

商人「ええ。ではせいすいを!」

戦士「よっしゃ撒くぜー!」パチャパチャ

盗賊「よし、これで大魔王の城までは魔物は出ないな」

勇者「少しでも消耗を減らさねえといけねえからな。どうせ他にせいすいの使い道もないしな」

商人「でも、なんていうか…いよいよって感じですね」

戦士「だな!いよいよ大魔王をぶっ飛ばせるな!」

盗賊「ちゃんとスリルを用意しといてくれよ大魔王さんよ。さて、じゃあ出発しようぜ!」

勇者「ああ、行くぞ!」

戦士「おおー!やってやるぜー!」

778: ーーゾーマの城、B5F 2021/06/28(月) 20:31:26 ID:en0BpHnA
ーーキングヒドラはもえさかるかえんをはいた!キングヒドラのこうげき!

戦士「ぐおお、いてー!」

商人「このモンスター、炎が気になりますけど直接攻撃もかなりの驚異ですね…!」

盗賊「つーかなんで復活してるんだ!?この前倒しただろうがよ!」

勇者「構わねえよ、こいつは何度だって倒してやる!おらあっ!」ズバッ

戦士「うおおおー!」ザグッ

ーーキングヒドラをやっつけた!

盗賊「ふう、片付いたな。ま、問題はこの後だけどな」

商人「ええ、上の魔王に良く似たモンスター…強敵したね」

戦士「でも俺達だってあの時からめっちゃレベル上がったぜー!」

勇者「種もかき集めたしな。それに前回も勝てたんだ、今回はもっと楽に勝てるはずだ。ただ、油断はするなよ」

商人「はい、やりましょう!」

盗賊「へっ、俺はこいつのくれるスリルを歓迎するぜ。さあ、今回も飛びっきりのヤツをくれよな!」

ーーバラモスブロスがあらわれた!

779: ーーゾーマの城、B5F 2021/06/28(月) 20:44:14 ID:en0BpHnA
盗賊「さあ来いスリル!俺が受け止めてやるぜ!」ガチィ

勇者「…防御してるだけじゃねえか」

商人「この魔物は体力は少なかったはず。まずはルカニをかけて短期決戦でいきましょう!」ギュウウウ…

バラモスブロスははげしいほのおをはいた!

戦士「ぐおおお、すげえ炎だ!でも負けねーぜー、」ズバッ

勇者「余裕のあるうちは俺も攻撃に回るぜ、らあっ!」ザシュッ

バラモスブロスのこうげき!バラモスブロスはイオナズンをとなえた!

盗賊「へっ、へへへっ、まだまだ耐えられるぞ俺はよおっ!」ガチィ

商人「今回は最初から亀作戦ですからね、前より耐えられるはず…」

盗賊「おいおいなんだよ亀作戦とはよ。もっとスタイリッシュな作戦名にしてくれよ」ガチィ

戦士「んー、身を守る大作戦か?」

勇者「スーパーチキン大作戦だろ」

盗賊「おいい!それのどこがスタイリッシュ…」

バラモスブロスのこうげき!バラモスブロスははげしいほのおをはいた!

商人「うわっ!?ふざけてる場合じゃないですよ!」

780: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/06/28(月) 20:55:59 ID:en0BpHnA
勇者「戦士、回復だ!チキン野郎はもう少し我慢してろ!」

盗賊「ああ、まだ問題ないぜ…って俺はチキン野郎じゃねーよ!」ガチィ

バラモスブロスのこうげき!

戦士「おおっ!?ヤバいんじゃねーか盗賊ー!」

盗賊「ああ、流石にそろそろ…」

勇者「待ってろ、ベホマ!」パアアア…

盗賊「おっし、これで大丈夫だぜ!」

商人「僕はベホイミを…もう少しです、戦士さん!」

戦士「おおおりゃあー!」ザグッ

ーーバラモスブロスをやっつけた!

盗賊「おおっし!へっ、なかなかのスリルだったぜ」

勇者「防御してただけだろ…」

商人「ま、まああの猛攻撃を先頭で受け止めるのは大変ですから…」

戦士「よっしゃー!あと何匹で大魔王なんだ?」

勇者「さあな、ただこのまま大魔王って感じじゃなさそうだ。もう1体くらい戦うようかもな。だがここまでかなり魔力の消費を抑えられている…順調だ。お前ら、ここから先も気合い入れろよ!」

782: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/07/04(日) 19:39:46 ID:Zg4a1ngk
盗賊「さて…大魔王が近付いて来たぜ」

商人「いよいよ対決…っ!?こ、この臭い…」

戦士「くせーな!なんの臭いだ!?」

勇者「死臭、だな…っと、お出ましだぜ、こいつが臭いの…なんだ!?」

盗賊「魔物の骸骨、アンデッドみたいだがこいつ、どこかで…?」

戦士「なんでもいーぜ!敵なんだろ?倒そうぜ!」ジャキン

商人「そ、そうですね、やるしかないです!」

勇者「ノロマそうだがパワーはありそうだ。油断するなよ!」

盗賊「ああ、こいつもまた格段のスリルが味わえそうだぜ!」

戦士「行くぜー!」

ーーバラモスゾンビがあらわれた!

783: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/07/04(日) 19:47:21 ID:Zg4a1ngk
商人「まずはスクルトを唱えて…」ギュウウウ…

戦士「よっしゃー!守備力アーップ!おらおらあっ!」ズバシュ

勇者「良く攻撃が通るようだな。相手の守備力は低そうだ…らあっ!」ザシュ

バラモスゾンビのこうげき!

盗賊「ぐぼおっ!!?っくあ、とんでもないぞこいつ…」

戦士「盗賊ー!?めっちゃ吹っ飛んだけど大丈夫かあ!?」

バラモスゾンビのこうげき!

勇者「がはっ!?くっそ、なんだこいつのパワーは!?痛いなんてもんじゃねえぞ!?」

バラモスゾンビのこうげき!

戦士「ぐわあーっ!?い、いってえ…ちくしょー!」ズバッ

商人「あ、あんなのが当たったらひとたまりも…あっ!戦士さん!危ない!」

バラモスゾンビのこうげき!戦士はしんでしまった!

盗賊「戦士っ!?くそっ、とんでもないなこいつは!だが単体攻撃だけなら立て直しは難しくないはずだ、ここを耐えられれば…」

784: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/07/04(日) 19:59:24 ID:Zg4a1ngk
勇者「くっ、天よ、偉大なる神々よ!哀れな我らに奇跡の手を!ザオラル!」ピキュウーン…

戦士「ん、ああ…な、なんだ!?どうなってるんだ!?」

商人「戦士さん、戦闘中です!攻撃を!」

戦士「あの骸骨か!おらあっ!!」ザシュ

バラモスゾンビのこうげき!盗賊はすばやくみをかわした!

盗賊「くうーっ!最高のスリルだぜ!」

勇者「よし、立て直せたな!あとは倒すだけだ、うらあっ!」ズバシュ

商人「僕も攻撃を…それっ!」ドスッ

戦士「うおおりゃあああー!くらえー!」ズバシュ!

ーーバラモスゾンビをやっつけた!

盗賊「よっしゃ!攻撃力は凄まじい上かなりタフだったがなんとか倒せたな!」

勇者「攻撃が単発だからな。しかし、多少消耗もしたがまだまだ余力がある。この状態で大魔王と戦えるなら上出来だ」

商人「おそらく次こそ大魔王のはず…いよいよですね!頑張りましょう!」

785: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/07/04(日) 20:13:34 ID:Zg4a1ngk
勇者「ついに…ついにここまで来たぞ大魔王!」

大魔王「勇者よ、なにゆえもがき生きるのか?」

商人「…?何故生きるのか…?」

大魔王「滅びこそが我が喜び。死にゆく者こそ美しい…」

戦士「ああー?ならお前が滅びれば良いじゃねーか!」

盗賊「はっ、たまには良いこと言うじゃねえか。全くその通りだぜ!そんなに滅びが好きならお前一人で滅んでろよ!」

商人「ええ、僕らはもう誰も貴方に滅ぼされたりなんかしません!滅びるのはーー」

勇者「お前だ大魔王。俺達がお前を誰より美しくしてやるよーー行くぞ!」

大魔王「さあーー我が腕の中で息絶えるがよい!」

ーーゾーマがあらわれた!

787: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/07/12(月) 17:09:49 ID:Immh1.ig
盗賊「まずは俺の仕事だ!食らえ、ひかりのたま!」ピシャアアアアア…!

戦士「うおお!?めっちゃ光ってるぞ!」

商人「す、凄い…大魔王がひかりのたまに照らされて…」

勇者「闇が…剥がれ落ちた!」

大魔王「ほう、我がバリアを破る術を知っているとは。だが無駄なこと。さあ悶え苦しむがよい」

戦士「うるせー!苦しむのはお前だー!」ズバシュ!

商人「ルカニをかけましょう!攻撃を通りやすく…」ギュウウウ…

勇者「よし、俺も行くぜ!らあっ!」ザシュッ

ゾーマはこごえるふぶきをはいた!

盗賊「ぐおおおっ!?なんだこの威力…」

ゾーマのゆびさきからいてつくはどうがほとばしる!

商人「冷たいっ…!な、なんだ!?ルカニの効果が消えてる…?」

ゾーマのこうげき!ゾーマはマヒャドをとなえた!

勇者「くっそ…なんて攻撃力だ!耐えられるか…?」

788: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/07/12(月) 17:15:51 ID:Immh1.ig
ゾーマのこうげき!ゾーマはこごえるふぶきをはいた!

商人「せ、せめてスクルトで直接攻撃だけでも…」

ゾーマのゆびさきからいてつくはどうがほとばしる!

勇者「この攻撃力じゃ回復はベホマしかねえ、盗賊!今…」

ゾーマはマヒャドをとなえた!ゾーマはこごえるふぶきをはいた!

盗賊はしんでしまった!商人はしんでしまった!

戦士「お、おい!二人とも!」

ゾーマのこうげき!ゾーマはこごえるふぶきをはいた!

戦士はしんでしまった!

勇者「戦士ー!くそっ、どうする?生き返らせる暇はねえ。いや…俺一人に気を配れば良いなら…」

ゾーマのこうげき!ゾーマはマヒャドをとなえた!

勇者「違う!一人で敵う相手じゃねえ! 蘇生を…」

ゾーマのこうげき!ゾーマのこうげき!

勇者たちはぜんめつした!

789: ーー141日目、ラダトームの城、謁見の間 2021/07/12(月) 17:22:50 ID:Immh1.ig
ラダトーム王「おお勇者よ!死んでしまうとはふがいない!」

勇者「ふがいない、か。全くだな…3人を生き返らせるか」パアアア…

戦士「…んんー?どこだここ…」

商人「ここは…ああ、そうか…」

盗賊「…惨敗、だったなあ」

兵士「ま、まあこうやって帰ってこられただけでも…」

町人「そ、そうですよ!また挑めば次こそは…」

子分?「なんだ?こてんぱんにやられたのか?だめだめだな!なさけないぞ!」

兵士「お、おい!」

盗賊「いや、そのガキの言う通りだよ。言う通りだけどな…」

勇者「もちろん、これで終わる訳にはいかねえよ。見てろよ、必ず…」

子分?「そうか!がんばれよ!だいまおーにくまってるからな!」

戦士「おおー!丸ごと持ってきてやるぜ!」

商人「いやあ、それはちょっと…」

791: ーー142日目、ガライの家 2021/07/19(月) 20:06:18 ID:MA1VPzQ6
ガライ父「息子ですか?息子は旅に出ると言ったきりで…」

ガライ母「こんな世の中でしょう?心配で…」

商人「ガライさんなら、つい先日メルキドで見かけましたよ」

ガライ父「本当ですか?」

盗賊「ああ、元気にしてたよ。魔物だらけの中あんな遠くまで歩いて行ったんだから大した男だよ」

ガライ母「そうですか…良かった」ホッ

戦士「なあ、勇者のかーちゃんも心配してるんじゃないのか?」

商人「そうですね、アリアハンに戻ってもご実家には寄ってないですし、たまには帰っては…」

勇者「…全部片付いたらな。今は大魔王だ。にしても、予想通りだがここにも情報も何も無かったな」

盗賊「民家が一軒じゃなあ。さて、ここでもう未踏の場所は無くなっちまったな」

商人「二日後から1日ごとに装備を投げ捨てるようですね。少し追い込まれたような…」

戦士「でもまだまだいっぱいあるぜー!」

勇者「そうだな、捨てる事を恐れずに少し時間を使うのも良いかもな。とりあえず今日はまたスタミナのたね集めだ、行くぞ」

792: ーーゾーマの城南部毒の沼地 2021/07/19(月) 20:13:00 ID:MA1VPzQ6
盗賊「ーーふっ、すっかり存在を忘れてたぜまふうじのつえ!」ミョーン

戦士「でかいのの魔法は封じたな!おらー!」ズバシュ

ーートロルキングたちをやっつけた!

商人「ふう、最近は僕のマホトーンでバシルーラを封じながら戦ってましたけど、道具ならタダですもんね」

勇者「そして盗賊なら素早く使えるからより安全、か。最初からこうしてりゃ良かったな」

盗賊「ま、これからは任せときな。俺が…」

トロルキングがあらわれた!

戦士「おお!?また出たぜー!」

盗賊「早速出番だぜ!まふうじのつえをーーあ、1体封じ損ねた」

トロルキングはバシルーラをとなえた!盗賊ははねとばされた!

商人「と、盗賊さーん!」

勇者「マジか、まだ種も1つしか集まってないんだが…かなり計算が狂っちまったぜ…」

794: 前回はまだ141日目でした 2021/07/26(月) 19:52:01 ID:hYbHVEgQ
ーー142日目、ピラミッド

盗賊「ここに来る前にアリアハンにも寄ったが…本当に良かったのか?おくふろさんに顔見せなくて」

勇者「言っただろ、全部済んだらってな」

商人「ちなみにお金は673000ゴールドにもなりましたよ!貯まりましたね!」

戦士「使い道ねーからな!んで、なんで今更ピラミッドなんだ?」

盗賊「前にな、ピラミッドって所はおうごんのつめを持ってると物凄い勢いで魔物に襲われるって聞いたことがあったんだよ。で、ここにはかしこさのたねとスタミナのたねを落とす魔物がいる」

勇者「だからおうごんのつめを下の世界で手に入れている俺らをその魔物達に襲わせて種を大量に手に入れる、って目論見だったんだがな」

商人「どうやらおうごんのつめならなんでも良い訳じゃなかったみたいですね…でも、あなほりでかしこさのたね1つ見つけましたよ!」

盗賊「完全な無駄足にはならずに済んだな。ま、ダメだったものは仕方ない。ここからギアガは近いし、日付が変わる前に下に戻れるだろ」

勇者「またいつもの場所で種集めだな。ついでにせかいじゅのはも見つけられれば言うことなしなんだが…」

795: ーールビスの塔、5F 2021/07/26(月) 20:04:34 ID:hYbHVEgQ
戦士「んで、なんでルビスの塔に来たんだ?いつもの場所って言ってたじゃねーか!?」

盗賊「いったんいつもの場所には行っただろ。そこからここに移動してきたってだけでな」

勇者「……迷走してるって自覚はある」

商人「ま、まあ大魔王との力の差をあれほど見せつけられましたから…」

勇者「俺らは体力も足りねえが素早さも足りねえ。俺がもう少し素早ければ間に合った回復もあったからな」

盗賊「で、すばやさのたねとスタミナのたねを両方集められるのは何処か?となって思いついたのがここって訳だよな?」

ノレ(実に賢明な案ですね!)

商人「今、何か…?でも、ここって種を落とす魔物との遭遇率そこまで高くないんですよね。いえ、高くないっていうか…」

勇者「全然だ。あの素早いメダパニ野郎ばっかやたらと出てきやがる」

盗賊「という訳で、結局いつもの場所に逆戻りするようだな。ま、こっちでも収穫はあったわけだが」

商人「1つですがすばやさのたねを掘り当てましたよ!あと、ここに来るまでの道中で大魔王戦で失った装備はほぼ取り戻せましたよ」

勇者「5つ失って5つ見つけたからチャラだな。さて、また戻るか…悪いな、あちこち歩かせて」

戦士「勇者は悪くないぜ!悪いのは種落とす魔物ちゃんと用意してないルビス様だぜー!」

ノレ(そんな、ひどい…)

796: ーーゾーマの城南部毒の沼地 2021/07/26(月) 20:12:39 ID:hYbHVEgQ
盗賊「…ふう。あちこち歩いたのもあってそろそろ限界だな」

勇者「結局スタミナのたねは3つだけか。くそっ、最初からここに集中してりゃな…」

商人「でもピラミッドもルビス様の塔もいずれは試さなきゃいけなかったと思いますし…」

戦士「装備とか他の種も見つけたから無駄じゃないぜー!」

盗賊「確実に大魔王討伐には近づいたよ。明日やるかはともかくな」

勇者「明日か…劇的なパワーアップができたとは言いがたいが、あまり大魔王を野放しにしておくのもな…」

商人「こちらが攻めこんだのを見てあちらも出方を変えるかもしれないですよね。とはいえ焦っても…」

盗賊「ま、とりあえず宿に戻ろうぜ。その後ゆっくり考えよう。な?」

戦士「はらも減ったしなー!」

勇者「そうだな…よし、リムルダールまで戻るぞ」

商人「ええ、ゆっくり休んで明日に備えましょう!」

798: ーー143日目、ガルナの塔 2021/08/02(月) 20:12:47 ID:SiueCaEA
勇者「いろいろ考えたがかしこさのたねを集める事にした。前回負けたのはリカバリーがほぼ出来なかった事だからな」

盗賊「て事は…ベホマズンを使えるくらいに魔力を上げたいって事だな?」

勇者「ベホマズンを複数回撃てる魔力があればおそらく負ける事はない。おそらく、だけどな」

商人「僕らの最低限の体力も必要ですよね…」

戦士「そのための昨日とかの種集めだろ?」

盗賊「そういう事だな。ま、任せとけよ。今日はバリバリ盗める予感がするぜ!」

戦士「ホントにか~?」

商人「とりあえず僕のあなほりはキメラのつばさとたびびとのふくでした。たびびとのふくはすぐ捨てるようですね…」

勇者「もう新しい場所はないからな。1日毎に何か捨てなきゃならねえ。当面は問題ないが、あまり連敗するようだとな…」

盗賊「そうならない為にも今日はガッツリ集めるぜ!見てろよ!」

799: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/08/02(月) 20:31:14 ID:SiueCaEA
盗賊「はっはー!見たかこの俺の盗みの腕前を!」ドヤドヤドヤドヤドヤッ

戦士「ひいふうみい…かしこさのたね17個!?すげーな!」

勇者「正直驚いたぜ…まさかこんなに集めてくれるとはな」

商人レベル69「盗賊さん、特にレベル70超えてから凄く盗めるようになりましたね!」

盗賊レベル70「まあな!積み上げてきた経験と実績の賜物だ、ははははは!」ドヤドヤドヤドヤドヤッ

戦士68「これでかなり魔力も上がるんじゃねーのか?」

勇者レベル69「ああ。一つ一つは些細な効果だが、ここまで数が集まればな。本当に腕前の問題なのか単に運が良かったからなのかは分からないがな」

盗賊「お?なら明日スタミナのたね集めでもして試してみるか?」

勇者「これだけ集まるならそれも良いかとも思うが、大魔王にあまり挑まないのもな…」

戦士「今日も悩むのか勇者?悩んでばっかりだな!」

商人「悩むのも仕方ないですよ。ただかしこさのたねの効果はレベルが上がらないといけませんから、大魔王に挑むのはもう少し前でも良いような…でも…うーん、本当に悩みますね…」

801: ーー144日目、ゾーマの城南部毒の沼地 2021/08/09(月) 17:43:54 ID:L80qHZtU
商人「えー、という訳で種を集めに来ましたけど…」

戦士「今日はスタミナのたね5つか!昨日はマグレだったんだな!」

盗賊「マグレじゃねえ!今日は時間が短かっただけだ!」

勇者「ここは魔物が強いからな、回復用の魔力が尽きるまでの時間しか取れねえのは仕方ないが…にしてももう少し欲しかったな」

戦士「おまけに死ぬしな盗賊!」

商人「ま、まあそこは僕ら回復役が気を付けなかった部分でもありますし…」

盗賊「って事で今日はてつのつめと、日数経過でもろはのつるぎも捨てたぜ。今日盗んだばっかりだったけどなもろはのつるぎ」

戦士レベル72「しかし勇者めっちゃ魔力上がったよな!」

勇者レベル73「ベホマ8回ぶんくらい上がったな。これでもベホマズン1発分も増えてないが…」

商人レベル73「でもこれで道中の消費を抑えられればきっと2、3発は撃てますよ。そしてそれは僕らの仕事です」

盗賊レベル73「回復は商人が、魔物を手早く倒すのが俺らの仕事だな。て事でちからのたねも使っちまおう」

勇者「よし、明日はまた大魔王に挑むぞ。今度こそ奴に地獄を見せてやるぜ…!」

802: ーー145日目、ゾーマの城B5F 2021/08/09(月) 17:51:55 ID:L80qHZtU
戦士「つー事でまたイケニエの祭壇まで来たぜー!」

商人「ここまで勇者さんは一切魔力を使わずに来られました。これなら…!」

盗賊「ここからはそうはいかねえだろうけどな。ま、攻撃を受け止めるのは任せとけよ!」ガチィ

勇者「今から防御してるのかよ…」

大魔王「勇者よ、また懲りずにやって来るとはな」

戦士「お!大魔王じゃねーか!俺らは何度だって来るぜー!」

商人「そ、そうです!僕らは諦めたりなんかしません!」

大魔王「勇者よ、何故ありもしない希望にすがるのか?」

盗賊「はっ!なんでてめえがそんなこと決めつけるんだよ!?」

勇者「ああ、希望はある。俺らが諦めない限りはな。そして俺らは諦めねえ。覚悟するんだな大魔王ーー!」

803: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/08/09(月) 18:01:17 ID:L80qHZtU
ーーバラモスブロスはイオナズンをとなえた!バラモスブロスははげしいほのおをはいた!バラモスブロスのこうげき!戦士はしんでしまった!

商人「せ、戦士さん!ど、どうしましょう、せかいじゅのはを使いますか!?」

勇者「いや、あれは使えねえ。結局以前負けた後1枚も手に入らなかったからな。お前らは耐えててくれ、俺がベホマで体勢を立て直す!」

バラモスブロスのこうげき!バラモスブロスははげしいほのおをはいた!

盗賊「と、とはいえこの攻撃じゃお前2、3ターンに1回くらいしか攻撃出来ないだろ!?」

勇者「だから耐えてくれ!こいつは体力はねえ、そのうち絶対に勝てる!」

商人「わ、分かりました!僕らは防御を…」ガチィ

バラモスブロスはイオナズンをとなえた!バラモスブロスははげしいほのおをはいた!

盗賊「くそっ、このトカゲ野郎調子に乗りやがって…」

勇者「くっ、3人に交互にベホマしてるようじゃなかなか攻撃に…いや、隙有りだ!おらあっ!」ガギィ!

ーーバラモスブロスをやっつけた!

盗賊「おお、なんとか倒したな!」

商人「でも、やっぱりこの敵は消耗させられますね…戦士さんも生き返らせなきゃならないし…」

804: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/08/09(月) 18:09:36 ID:L80qHZtU
商人「そおれ、会心の一撃ー!」ドガゴン!

バラモスゾンビをやっつけた!

盗賊「よっしゃ、今度はこいつは死者なく倒せたな!」

戦士「うおおお、でもごめんよお!生き返るのに何回もザオラル使わせちまったんだろお?」

勇者「運だから仕方ねえよ。しかしまさか6回もかかるとはな。ここまででかなりベホマも使っちまったし…」

商人「…勇者さん、今なら引き返すっていう選択も…」

勇者「いや、これ以上ヤツは放っておけねえ。進むぞ」

大魔王「勇者よ、またその苦しみを我に捧げに来たか」

盗賊「んな訳あるかよ。お前が苦しむ番だ、今回はな!」

戦士「おおー!今回こそは負けねーぜ!」

商人「ええ、倒しますよ、僕らの全身全霊で!」

勇者「ーーという訳だ。覚悟するんだな大魔王!」

ーーゾーマがあらわれた!

806: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/08/16(月) 16:17:43 ID:2r7W0rJc
盗賊「しゃあ、まずはひかりのたまを…」

ゾーマのこうげき!ゾーマはこごえるふぶきをはいた!

戦士「ぐおおおお!いてー!」

商人「は、早い…!」

盗賊「くそっ、遅れたがひかりのたまだ!おらっ!」ピカー

勇者「くっ、眩しい…よし、弱ったようだな!」

商人「僕がルカニを!」ギュイイーン

戦士「おっしゃー!ぶった斬るぜー!」ズバシュ

勇者「よし!後は商人も防御してろ!らあっ!」ザクッ

ゾーマのこうげき!ゾーマはマヒャドをとなえた!

盗賊「くそっ、相変わらず強力な攻撃だぜ…!」

ゾーマはこごえるふぶきをはいた!ゾーマのゆびさきからいてつくはどうがほとばしる!

商人「ああ、またこれです!ルカニが…」

勇者「悪いがかけ直してくれ!くっ、やはり手早く片付けるって訳にはいかなそうだぜ!」

807: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/08/16(月) 16:22:56 ID:2r7W0rJc
ゾーマのこうげき!ゾーマはこごえるふぶきをはいた!

盗賊「くっ、大丈夫かお前ら!?」

戦士「くうう、やっぱりすげえ攻撃だぜー…」フラフラ

勇者「ヤバいと思ったら防御してろ!ベホマ!」パアアア…!

ゾーマはマヒャドをとなえた!ゾーマのゆびさきからいてつくはどうがほとばしる!

商人「ま、また消された…ルカニ!」ギュイイーン

ゾーマはこごえるふぶきをはいた!ゾーマはマヒャドをとなえた!

商人「っ、しまった!防御してない隙を…」

勇者「大丈夫だ!ベホマ!」

盗賊「ちっ、この調子だと勇者が攻撃に回れねえぜ」

戦士「大丈夫だぜ!俺が倒すぜー!」ズバッ

ゾーマのこうげき!ゾーマはこごえるふぶきをはいた!

戦士はしんでしまった!

808: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/08/16(月) 16:34:51 ID:2r7W0rJc
勇者「くそっ!盗賊!」

盗賊「おう!せかいじゅのはをつかうぜ!」

戦士「ぐおおおお、めちゃめちゃ痛かったぜー!」

商人「貴重なせかいじゅのはを投入…もう負けられませんね…」

盗賊「当たり前だ!今日こいつを葬る!だろ?勇者」ニヤリ

勇者「当然だ…!世界樹の名のもとに!気力!体力!死力!活力!全ての力よ、我等が底より湧き出でよ!ベホマズン!」ピカアアアア…

戦士「お、おおおおお!?みんなのキズが一気に消えだぜー!めちゃくちゃすげー!」

商人「やっと運用可能になりましたね、ベホマズン!」

盗賊「へっ、あのクソ地道な作業も(=`ェ´=)だじゃなかったって訳だ。これならいけるぜ!」

ゾーマのこうげき!ゾーマのこうげき!

戦士「ぐおおっ!?でも体力はまだまだあるぜー!うりゃー!」ズバッ

勇者「前に負けた時と変わったのは魔力だけじゃねえ、体力だって上がってるんだ。つまりベホマズンの効果も上がってるって事だ。簡単には死なねえよ俺らは!さあまだまだ行くぞ!」

810: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/08/17(火) 17:48:41 ID:N4AsXVmk
盗賊「ええい、誤字は勢いで誤魔化す!うおおおお!」ガチィ

戦士「攻撃しねーのかよ!」

盗賊「これが俺の仕事だからな!」ガチィ

ゾーマのこうげき!ゾーマはこごえるふぶきをはいた!

商人「くっ…やっぱり攻撃が凄い…」

盗賊「な?あんな攻撃が来るんだぜ?防御は必要だろ?」ドヤッ

勇者「いや攻撃が激しいのはとっくに分かってるだろ…」

戦士「うりゃー!攻撃だー!」ズバッ

ゾーマはマヒャドをとなえた!ゾーマはマヒャドをとなえた!

商人「つ、強い…防御の上から…」

勇者「もう少し耐えろ!回復を…」

ゾーマはこごえるふぶきをはいた!ゾーマはマヒャドをとなえた!

商人はしんでしまった!

戦士「あー!商人ー!」

盗賊「大丈夫だ、まだ俺はあの葉っぱをもう1枚持ってる!だがこれで残りは商人が持ってる1枚だけ…早めに決着を着けなきゃならないぜ!」

811: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/08/17(火) 17:55:03 ID:N4AsXVmk
商人「す、すみません、大事なせかいじゅのは…」

勇者「おい商人!一番大事なのはなんだ!?あの野郎を倒す事だろうが!」

商人「…!そ、そうですね…!」

盗賊「ああ、早いとこあいつを…」

ゾーマのゆびさきからいてつくはどうがほとばしる!ゾーマはマヒャドをとなえた!

勇者「くそが…!もう1発だ、ベホマズン!」ピカアアアア…!

戦士「回復したぜー!おらー!」ズバシュ

盗賊「おい勇者!まだ魔力残ってるんだろうな!?」

勇者「あと1発は撃てる!だが急がなきゃいけねえ!」

商人「ええ、わかってます!またルカニを…」ギュイイーン

戦士「おっしゃー!もう1発!」ザクッ

勇者「今なら余裕がある、俺も行くぜ!うおおおおおおーっ!」ザンッ

ーーゾーマをやっつけた!

812: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/08/17(火) 18:04:08 ID:N4AsXVmk
大魔王「…勇者よ、よくぞ我を倒した…」

勇者「ああ………お前も、強かったよ…」

商人「ええ、本当に…」

大魔王「だが、光在る所に闇もまたある…わしには見えるのだ…」

戦士「ああ!?何がだよ!?」

大魔王「いつの日か再び、闇の中から何者かが現れよう…」

盗賊「…まあ、そりゃあいつかはな…」ボソッ

大魔王「だがその時、お前は年老いて生きてはいまい!わはははは…ぐふっ!」

勇者「………」

商人「…終わりました、ね」

盗賊「…まあ、気にすんな。ただの負け惜しみだよ。お前は立派に…」

ゴゴゴゴゴゴ…

戦士「おおお!?なんだなんだ!?崩れ出したぞ!」

勇者「ちっ、大魔王の最後の悪足掻きか!?脱出するぞ!」

815: ーー魔王の爪跡、B1F 2021/08/23(月) 18:00:43 ID:vYcOYp..
盗賊「ほらっ、急げ急げ!」タタタ…

戦士「なあ、ここって1回来たことあったよなあ?」

商人「魔王の爪跡と呼ばれてた呪文が使えない洞窟ですよね。大魔王の城がこんな所と繋がってたなんて…」

勇者「とにかく早くしろ!ここも崩れてきたぞ!」

戦士「おお!?見ろよあっち、明るくなってるぞ!」

盗賊「あそこが出口だ!もう少しだぞ!」

商人「はあっ、はあっ、はあっ…だ、脱出出来ましたあ…ああ、明るいなあ……明るい!?」

勇者「ああ、眩しいな…光が…このアレフガルドに光が戻ったんだ」

戦士「うおおおおー!やったんだな!?やったんだな俺達!」

盗賊「ああ、成し遂げたぜ、遂にな。さーて、ここからラダトームまであと少しだ。さっさと帰って王様にとびきりのごちそう食わせてもらおうぜ!」

816: ーーラダトーム郊外 2021/08/23(月) 18:15:15 ID:vYcOYp..
商人「もうすぐですよラダトームのお城。ここまで来て言うのもなんですけど、ルーラで来れば早かったですよね」

盗賊「せっかく光が戻ったんだ。お日様の下を歩きたいだろ。なあ?」

戦士「おおー!…ん?どうした勇者?元気ねえんじゃねーか!?」

勇者「…んな事ねえよ」

盗賊「はあー、お前どうせ大魔王の最後の言葉気にしてるんだろ?真面目な奴だよお前は」

勇者「真面目?俺が?」

商人「そうですよ、いつ来るかも分からない次の脅威の事を今から考えてるなんて…」

盗賊「思えば最初会ったときあんなに刺々しかったのも責任感からだろ?勇者たる自分が魔王を倒さない訳にはいかないってな」

戦士「足引っ張るなよとか言われたなー!」

勇者「…悪かったよ」

商人「やだなあ、気にしてませんよ。ねえ?」

戦士「全く気にしてないぞー!」

盗賊「俺らは過去の事なんか微塵も気にしてないからよ。お前も遠い未来の事なんか気にすんな。気にしても仕方ないしな」

戦士「今勇者がいるみたいによお、遠い未来にもきっとすげえ勇者がいるはずだぜー!」

商人「ええ、僕もそう思いますよ。根拠は何もないですけど、でも何故か確信めいたものがあるんです。世界はきっと、これからも大丈夫だろうって」

817: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/08/23(月) 18:24:56 ID:vYcOYp..
盗賊「光がある時闇もまたある、なら闇がある時光もまたある、だろ?なんとかなるさ!」

勇者「…おれが心配してるのは、俺みたいな勇者が現れないって事じゃねえよ」

戦士「ああー?他に何かあるのかよ!?」

勇者「未来の勇者は……お前らみたいな仲間に出会えるのか?俺は一人ではここまで来られなかった、お前らがーー」

商人「…ふっ、あはははは!」

勇者「ちっ…ああ分かってるよ!柄にもない事言ったよ!忘れてくれ…」

商人「す、すみません、そういう意味で笑ったんじゃなくて…大丈夫なんです。だって最初会ったときの僕らはーー特に僕は、凄く頼りなかったでしょう?でもここまで勇者さんについて来られた」

盗賊「だな。きっと未来の勇者も、頼りない仲間に舌打ちしながらなんとかやり遂げるさ」

戦士「俺らでも出来た!未来でも出来るに違いないぜー!」

勇者「お前らは本当に根拠のないことばっか…ああ分かったよ、未来を気にするのはやめだ。おら、もう町に着いたぞ!さっさと行くぞクソ野郎共!」

町人「あ!勇者様ご一行だ!おーいみんな!勇者様達が戻ってきたぞー!…」

818: ーーラダトーム場外、ひとまずはーー 2021/08/23(月) 18:39:39 ID:vYcOYp..
勇者「…さて、行くか…」

盗賊「お、いたいた。おーい、王様が探してたぜ。宴の主役が居なくなったってな」

勇者「…どうしてここに居るって分かった?」

商人「だって勇者さん、俺はこの国には必要ない…とか言い出しそうじゃないですか」

勇者「商人までかよ。お前ら…」

戦士「俺らはいつまでもお前と一緒だぜ勇者ー!」

勇者「なんだよ、全員揃っちまったのかよ。宴に誰も残ってねえじゃねえかよ」

盗賊「良いだろ。『平和』は確かに置いてきたからな」

商人「ええ、この国の人達に一番大切な物をね」

戦士「で、どこ行くんだ勇者?」

勇者「何処って…」

子分?「んー?なんだおまえたち?こそこそしてどこかいくのか?」

勇者「お前は…親分、良かったな。恩赦で釈放されたそうしゃねえか」

子分?「おー!これからはいっしょだぞ!おまえたちはいっしょじゃないのか?」

勇者「俺らは…そうだな、俺らも一緒だ。これから何処へ行くにしてもな」

819: 以下、名無しが深夜にお送りします 2021/08/23(月) 20:01:55 ID:vYcOYp..
商人「勇者さん…」

子分?「そっかー。どこいくかしらないけど、またこいよ!だいまおーにくまだ食べさせてもらってないからな!」

戦士「ああー!すっかり忘れてたぜ!ごめんよー!」

盗賊「ま、いつかどこかでもっとうまいもの見つけて帰ってくるさ。その時まで元気でな」

子分?「おー!おなかすかせてまってるからな!」

商人「おなか空かせてない時あったかなあ…?さて、行きましょうか。と言っても、上の世界へは戻れなくなってしまったようですけど…」

戦士「アリアハンの王様は大魔王倒したって分かるかなあ?元気出してくれてると良いよな!」

盗賊「王様はともかく使者のおねーさんにももう会えないかもなあ。勇者、残念だったか?」ニヤニヤ

勇者「んな事ねえよ。だがいつか報告には帰らないとな」

商人「でも上には…あ、そうか」

勇者「ああ、その方法もこれから探せば良い。それじゃ行くぞ。とりあえずルビス様にでも話を聞きに行くか。それからーー」

ーーおしまい

引用元: 【プレイ日記】勇者「縛りプレイさせられた」【DQ3】