9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 08:51:08.81 ID:+T6nNMmf0
※赤犬がまだ大将の頃


ザッ


赤犬(ここがごらく部の部室か)

赤犬(それにしても……)

赤犬(大将であるわしが直接派遣されるたぁ、どんな強者が潜んどるんじゃ)

赤犬(総帥には慎重に事をすすめろと言われたが……)

赤犬(さっさととっ捕まえて帰っちゃるわ)


ガラッ

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 09:11:26.56 ID:+T6nNMmf0
赤犬「入部希望じゃ」

あかり・京子・結衣・ちなつ「!?」

赤犬(あぁ……? おなごの餓鬼しかおらんじゃねぇか……)

ちなつ(な、なにこの人……?)

結衣(や、ヤクザ……!?)

あかり(渋いおじさんだぁ)

赤犬「とりあえず入部させてもらうけぇな」ノソノソ

結衣「は、はい…… (身かじめ料的なものが目的か……?)」ガタガタ

ちなつ(こ、恐いけど……断るのも恐い……)ガタガタ

京子「……」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 09:22:15.15 ID:+T6nNMmf0
赤犬「んじゃあ、まず名乗るけぇの」

結衣・ちなつ「は、はい……」

赤犬「わしの名は、サカズキじゃ」

あかり「サッカー好き……?」

赤犬「サカズキじゃ。球蹴りはせんわ」

結衣「サカズキ……さんですね」

赤犬「あぁ (通称の方は広く知られてるけぇ、伏せておく)」

ちなつ「えぇっとじゃあこっちも……ちなつです」

結衣「結衣です」

あかり「あかりです」

京子「京子です」

赤犬「……あぁ。おいおい覚えちゃるわ」

ちなつ(よくわかんないけど……)

結衣(恐喝とかしてくるわけではなさそうだな……)

京子「……」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 09:31:59.45 ID:+T6nNMmf0
赤犬「んで……このごらく部ってのは、普段なにをしとるんじゃ」

結衣「(いざそう聞かれると困るな……)えぇっと……適当に、その日の気分でやる事決めて……遊んでますね」

赤犬(海賊ではないっつう話じゃが……遊んでるってどういう事じゃ。組織の中身が見えん)

赤犬「具体的にはなにしとるんじゃ」

ちなつ「えぇっと…… (いざ具体的に聞かれると……)」

あかり「その……(困るよぉ……)」

結衣(話題BOXでお話ししてるとか言えば良いのか……?)

京子「……」

赤犬(……口篭っとる。やっぱりそれなりの事はしちょるんじゃな、こりゃ)正義感ムラムラ

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 09:33:04.64 ID:+T6nNMmf0
赤犬「……まぁえぇ。んじゃあ、今日はなにするんじゃ」

結衣「えぇっと……(特に決めてないよ~……)」

赤犬「わざわざ集まっとったんじゃから、なんかしようと思っとった事があるんじゃろ」

結衣「いや、その……(どうしよう……)」

京子「……」スッ

赤犬「?」


京子「K-1やろう!」


赤犬「!」

あかり・結衣・ちなつ「!?」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 09:40:08.40 ID:+T6nNMmf0
赤犬(K-1……? なんじゃそれは……?)


あかり「京子ちゃん!」コソコソ

結衣「いきなりなに言ってんだよ?」コソコソ

ちなつ「そうですよー」コソコソ

京子「いやーよく見てみてよ、サカズキさんの体」コソコソ

あかり・結衣・ちなつ「……」チラッ

京子「筋肉半端無いだろー?」コソコソ

結衣「た、確かに……」コソコソ

ちなつ「ガタイが良いってレベル越えてますねー……」コソコソ

京子「だから、サンドバッグみたいに殴らせて貰おうって事だよ。きっと、私達のパンチなんて屁でもないだろう?」コソコソ

あかり「えぇ~?」コソコソ

結衣(そう言えば京子の奴、昨日の夜K-1見て感化されたとか言って、今日は朝からしきりにエアーパンチしてたな……)

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 09:46:35.28 ID:+T6nNMmf0
京子「よーし、じゃあ今日はK-1をしよう!」スッ

結衣(い、良いのかよ……勝手に……)

ちなつ(殴らせてもらう遊びで決定しちゃって……)

赤犬「K-1っつうのはなんじゃ」

京子「! (知らないのかー) えぇっと……簡単に言うと、喧嘩ですかねー?」

赤犬「!」

赤犬(宣戦……布告か?)

京子「って言っても、もちろんガチでやるわけじゃなくて……」

赤犬「……」


京子「その鋼の肉体をお持ちのサカズキさんに、私達のパンチを受けて貰おうかと! (いきなり厚かましいけど許してー)」ドドーン


赤犬「!!」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 09:58:23.29 ID:+T6nNMmf0
京子「お願いします!」

赤犬(どういう事じゃ……)

京子「サカズキさんのボディーなら、ただの女子中学生のパンチなんて、多分なんでもないと思うんで~」

赤犬(宣戦布告した上で、攻撃は一方的にさせろと……一体どういう要求じゃ)

京子「お願いします!」手パンパン

赤犬「……」

赤犬(……まぁえぇわ)

赤犬(わしは、海軍本部最高戦力。ここは胸を貸しちゃる)

赤犬(とりあえずここは言う通り、事を進ませてちゃるわ。最後は絶望の中で縛につかせちゃるけどな)

赤犬「……」スッ

あかり・京子・結衣・ちなつ「!」


赤犬「どっからでも打ってこんかい!」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 10:10:18.89 ID:+T6nNMmf0
ちなつ「じゃあ私からですね」スッ

京子「よーし、ちなつちゃん、行けー!」

結衣「サカズキさんの言う通り、遠慮するなよー」

あかり「体重乗せてどーんだよぉ」

ちなつ(人を殴るなんて初めてよ……緊張する……)ドキドキ

赤犬(一番手っつう事は、一番の格下か?)

赤犬(んじゃあ、覇気も一切纏わぬ完全な生身で受けちゃるわ)

ちなつ(でもちょっと楽しみかも……)

赤犬「おら、こんかい!」

ちなつ「よーし!」グッ

赤犬(どんなもんか見極めちゃるわ)

ちなつ「おりゃあ!」ダッ

赤犬(総帥も警戒する組織の力ってもんをな……!)


ちなつ「ていっ!」ペチッ

赤犬「」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 10:14:15.06 ID:+T6nNMmf0
京子「ちなつちゃん、ワンツー!」

ちなつ「とりゃあ!」ペチッ ペチッ

赤犬「……」

結衣「腰を入れて!」

ちなつ「せいっ!!」ペチッ

赤犬「……」

ちなつ「ふぅー……」

赤犬「……」

ちなつ「ありがとうございましたー! (なんか超すっきりしたー!)」ペコッ


赤犬「……」


京子「どうだったー?」

ちなつ「脳汁出まくりでしたよ~」

あかり「ちなつちゃん、顔が晴れ晴れとしてるよぉ」

結衣「サカズキさん、ビクともしないのがすごいよなー」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 10:23:05.01 ID:+T6nNMmf0
京子「じゃあ次は結衣!」

結衣「よーし!」


赤犬「……」

赤犬(……どういう事じゃ)

赤犬(なんじゃ今のパンチは……)

赤犬(強いとか弱いとかいう次元じゃないけぇのぉ……)

赤犬(なんかの作戦か……?)


京子「結衣は結構身長もあるから、サカズキさん、ちょっと気をつけてねー」

結衣「いや、サカズキさんからしたらこんなの誤差の範囲だろー」


赤犬「……」

赤犬(いつ本命の攻撃をするかわからなくして、錯乱させる作戦か……?)

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 10:30:34.89 ID:+T6nNMmf0
結衣「よーし、行きますよー」腕グルングルン

赤犬「……」

赤犬(見た目では、こいつが一番の格上っぽいが……)

赤犬(わざわざこんな手の込んだ作戦仕込んできてるんじゃから、そんなわかりやすい話のわけはないけぇな)

赤犬(こいつも本命じゃないと踏むべきじゃ)

赤犬(ここも流す)

赤犬「どっからでも打ってこんかい」

結衣「いきますよー」グッ

赤犬(構えは悪くないが)

結衣「……」ダッ


結衣「せいっ!」パンッ

赤犬「……」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 10:35:57.49 ID:+T6nNMmf0
結衣「とりゃあ!」パンッ パンッ

京子「おぉ、良い音!」

結衣「せいや!」パンッ

赤犬(やはりな。さっきのよりは当たりが良いが、ダメージで言ったら同じく0じゃ)

結衣「ていっ!」パンッ

ちなつ「結衣先輩、素敵ですぅ~」

結衣「ふぅー……(これ気持ち良いなぁー……)」

結衣「ありがとうございました!」ペコッ


京子「結衣のパンチでもぴくりともしないとわなー」

あかり「すごいねぇ」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 10:53:00.68 ID:+T6nNMmf0
京子「じゃあ次は私だねー(わくわくやばい!)」ドキドキ


赤犬「……」

赤犬(残りの2人のどっちかが本命の攻撃をしてくるって事じゃ)

赤犬(そこを見極めんといかん)

赤犬「……」

赤犬(……よく考えてみれば、ここでこの黄色髪の攻撃が本命じゃなかったら)

赤犬(自動的に赤髪の攻撃が本命っちゅう事になる)

赤犬(それじゃあ錯乱の意味がなくなる)

赤犬(っちゅう事は、この黄色髪が本命の攻撃してくるっちゅう事か?)

赤犬(いや、でも結局こうやって決まって来ちまうなら、これはこれで錯乱の意味がなくなる……)

赤犬「……」

赤犬(どっちじゃ……!)

京子(昨日からうずうずしてたまらないんだよー)ニヤッ

赤犬「!」

赤犬(なるほどなぁ……こうやって3番目でいよいよ選択に困るってのがこの作戦の肝か……!)

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 11:03:19.46 ID:+T6nNMmf0
京子「よーし、行くぜー!」腕グルングルン


赤犬「……」

赤犬(……なんつって悩んでる間に、本命の攻撃叩きこんじゃるっつう作戦なんじゃろ)

赤犬(決定じゃ。本命はこの黄色髪)

赤犬(次にいよいよ”攻撃”がくる……!)


京子「おりゃあぁぁぁぁぁ!」ダッ


赤犬(力の程は知らんが、このわしが直接派遣され、総帥が気をつけろと警告するほどの上物じゃ)


京子「せいっ!」シュッ


赤犬(覇気は纏わせてもらうけぇの)覇気!


京子「!」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 11:11:01.85 ID:+T6nNMmf0
京子「うっ……」フラフラ

結衣「きょ、京子!?」

ちなつ「京子先輩!?」


赤犬(なんじゃ……? たったこれだけの覇気で……)


京子「……」パタッ

結衣「うっ……」フラフラ パタッ

ちなつ「あっ……」フラフラ パタッ


赤犬(……気絶かい。……ったく、期待はずれも良い所じゃ)

赤犬(歯ごたえ無さ過ぎて、ちっとばっかし寂しいが……早急に済むに越した事ぁない。……これでこのまま捕まえて帰れば……)


「ダメだよぉ。みんなの前で覇気なんか使っちゃ」


赤犬「!」


あかり「ねぇ、赤犬?」ニコッ

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 11:18:25.87 ID:+T6nNMmf0
赤犬「……お前じゃったか。本命は」

あかり「なにがかなぁ?」ニコニコ

赤犬「詳しくは知らんが……赤髪海賊団にちょっかいかけてるそうじゃな」

あかり「なにを言ってるのかよくわからないよぉ」ニコニコ

赤犬「……なにが目的じゃ」ギロッ

あかり「あれれぇ? 海軍さんなのに、海賊さんの肩を持つのぉ?」

赤犬「こっちとしても、新世界のパワーバランスが崩れるのは困るけぇのぉ」

あかり「そっかぁ……」

赤犬「……目的はなんじゃ」

あかり「……だってさぁ、ただでさえあかり目立たないんだから」

赤犬「……」


あかり「赤髪は2人もいらないよぉ」

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 11:24:28.09 ID:+T6nNMmf0
あかり「って言っても、メインの目的は他にあるんだけどねぇ」ニコニコ

赤犬「……なんじゃ」

あかり「赤犬も関係してる事だよぉ」

赤犬「……!」

あかり「あのね」

赤犬「……」

あかり「あかりねぇ」

赤犬「……」


あかり「大将さんになりたいんだぁ」

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 11:31:36.50 ID:+T6nNMmf0
赤犬「大将……だと?」

あかり「うん!」

赤犬「それと赤髪がどう関係するんじゃ」

あかり「手土産だよぉ。いきなり手ぶらで行っても、相手してもらえないかなぁって」

赤犬「……」

あかり「だから四皇の1つを落とせば、手土産になるかなぁって思ってたんだけど……」

赤犬「……」

あかり「それは海軍さん的にも困っちゃうんだねぇ。じゃあそれはやめるよぉ」

赤犬「……」

あかり「だからもう次のステップに進むねぇ」

赤犬「……次のステップ?」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 11:37:55.64 ID:+T6nNMmf0
あかり「うん! だからちょうど良かったよぉ、赤犬が来てくれて」

赤犬「……どういう事じゃ」

あかり「あかり、大将になりたいって言ったよねぇ?」

赤犬「……あぁ」

あかり「でも、今は3つともポストが埋まってるよねぇ」

赤犬「……」


あかり「あかり、待つのは嫌なんだよねぇ」ニコッ


赤犬「……どういう意味じゃ」グワッ

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 11:42:04.21 ID:+T6nNMmf0
赤犬「どういう意味じゃ……!」ギロッ

あかり「ちょっと待っててねぇ……」トコトコ

赤犬「……?」


押し入れガラッ


あかり「……」スッ ファサッ

赤犬(なんだあれは……?)


あかり「ほら、わんわんのパジャマだよぉ」クルッ


赤犬「……!?」

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 11:42:43.30 ID:+T6nNMmf0
あかり「髪の赤いあかりがこのパジャマを着れば……」


あかり「”赤犬”になれるんだよねぇ」

赤犬「!!」


あかり「じゃあ、次のステップ……」


あかり「サカズキ消しを始めるよぉ」


赤犬「!!」

118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 11:58:04.02 ID:+T6nNMmf0
赤犬(やはり元帥の警告通り、かなりの危険因子じゃったか)ニヤッ

あかり「ふふ」ニコッ

赤犬「大将の首狙うたぁ、でかく出たもんじゃな」

あかり「引退してくれるなら良いんだけどねぇ」ニコニコ

赤犬「……ふっ。生憎まだまだ……」ボッ

あかり「!」


赤犬「衰えんけぇの!!」冥狗!


パシッ


赤犬「!!」


あかり「ダメだよぉ」

あかり「部室が燃えちゃったら困るからねぇ。表に出るよぉ」トコトコ


赤犬(冥狗が……片手で……)

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 12:32:59.03 ID:+T6nNMmf0
――部室の前――


赤犬「……」

あかり「……」


赤犬「じゃあ始めるとするか (……全身全霊を懸け無きゃいかん相手のようじゃな)」

あかり「うん」


赤犬「久し振りの、本気の殺し合いじゃ」ニヤッ

あかり「……」


赤犬「なんじゃ、ここまで来て怖気づいたか」

あかり「ううん」

赤犬「……?」

あかり「殺し合いはしないよぉ」

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 12:37:53.00 ID:+T6nNMmf0
赤犬「殺し合いはしないじゃと……?」

あかり「あ、でも赤犬はあかりの所を殺すつもりなら、それはそれで良いんだけどねぇ」

赤犬「……どういう事じゃ」

あかり「あかりは赤犬を殺したいわけじゃないんだよぉ」

赤犬「……わしを”消す”言っとったじゃろ」

あかり「うん」

赤犬「殺すんじゃなかったら…」


お団子フワフワ


赤犬「!?」


あかり「文字通り、消すんだってば」ニコッ


赤犬「!?」

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 12:41:23.05 ID:+T6nNMmf0
赤犬(2つの髪玉が……浮いた……?)


あかり「……」ダッ


赤犬(本人が来たか……!)


あかり「よいしょ」帽子パシッ


赤犬「なっ……」

あかり「帽子は貸しておいてねぇ」

あかり「それで……」指パチンッ


お団子ビュンッ ビュンッ


赤犬「!! (髪玉が……わしの方に……)」


赤犬「……」お団子シャキーン!


赤犬「……」アッカリーン

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 12:50:18.54 ID:+T6nNMmf0
赤犬「……」

あかり「あははは。お団子似合ってるよぉ」

赤犬「くっ……」お団子カシッ グイッ グイッ

あかり「それはあかりにしか取れないよぉ」ニコニコ

赤犬「くそっ……」ハァハァ

赤犬(じゃ、じゃが……消されたわけじゃないけぇ……)

赤犬(まだなにか……)

あかり「これで終わりだよぉ」

赤犬「!?」

あかり「正確に言うと、消したわけじゃないねぇ」

赤犬「……どういう事じゃ」

あかり「そのお団子が頭に付くと、あかりと存在感が逆になるんだよぉ」

赤犬「存在感が……逆に……!?」

あかり「だから”消える”っていう表現は、自虐だねぇ……」トホホ

129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 12:59:30.36 ID:+T6nNMmf0
あかり「自分たちじゃ自覚出来ないけど」

赤犬「……」

あかり「今、赤犬の存在感はあかりと同じになってて、逆にあかりの存在感は赤犬と同じになってるんだよぉ」

赤犬「なっ……」

あかり「ポジションも入れ替わるから、周りの人は普通に接してくるからねぇ」

赤犬「つまり……今のわしは、周りからは貴様の姿に見えるって事か……?」

あかり「ううん。赤犬のままだよぉ。上手く言い表せないけど……人物自体はそのままで、本当にポジションと存在感だけが入れ替わる感じかな」

赤犬「って事は……」

あかり「うん。今あかりが海軍本部に行けば、赤座あかりとして普通に大将の椅子に座れるんだよぉ」

赤犬「なっ……」

あかり「逆に、赤犬はそのまま普通に七森中の生徒として授業に出られるし、ごらく部にも出られるんだよぉ」

赤犬「……」

あかり「一週間だけで良いんだよぉ。どうしても大将やってみたいんだぁ」

赤犬「……」

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 13:05:52.06 ID:+T6nNMmf0
――海軍本部――


海軍部下「あかり大将! 報告です!」

あかり「なんだね?」ドヤァッ

海軍部下「イーストブルーでかくかくしかじか」

あかり「ふむふむ」

海軍部下「以上です!」

あかり「うむ。御苦労であった」ドヤァッ

あかり「……」


あかり(大将楽しいよぉ)ニコニコ

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 13:09:40.35 ID:+T6nNMmf0
――七森中――


京子「赤犬ー! タイトルコールとOPやるぞー!」

赤犬「……」ムクッ

赤犬「……」ノソノソ




\アッカイーヌ/


赤犬「は、はーい……」


赤犬「ゆ、ゆるゆり、はっじまっるけぇー……」


京子「赤犬、ウインクウインク!」


赤犬「……」パチッ

136: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/08(土) 13:10:42.72 ID:+T6nNMmf0
結衣「すぐOPだぞー」

ちなつ「いきますよー。せーっの!」


京子・結衣・ちなつ「ゆっりゆっららららゆるゆり♪」

赤犬「……」


京子「おい、赤犬もしっかり歌いな! 昨日しっかり教えただろ?」パンッ

赤犬「……」


赤犬「……ふぅ」


赤犬「ゆっりゆっららららゆるゆり♪」





引用元: 赤犬「ゆっりゆっららららゆるゆり♪」