2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 00:45:09.43 ID:2v1t2S3kO
不知火「はい、そのような噂が鎮守府内で飛び交っている様です」

提督「お化けかぁ~いるわけないじゃない」

不知火「同感です、しかしこのままでは士気に関わります」

提督「みんな年頃の女の子って事か」

天龍「ま、全くどどどどいつもこいつも、腑抜けけてやがるよな」

提督「天龍、ふふふ・・・怖いか?」

天龍「こ、怖くなんかねーよ!この天龍様がお化けなんかでビビる訳ねぇ!」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 00:47:07.40 ID:2v1t2S3kO
不知火「・・・」

提督「不知火、どうした?」

不知火「いえ、何も」

提督「まぁとにかく何とかするか」

天龍「どど、どうするってんだよ?」

提督「とにかく情報収集だな、目撃者とかいるのか?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 00:49:45.67 ID:2v1t2S3kO
目撃者1

羽黒「司令官さん?」

提督「羽黒、お化け見たんだって?」

羽黒「えぇ!?・・・は、はい」

那智「おい貴様、怖がっているだろう!」バキッ

提督「いてぇ!いやちょっと那智落ち着け!」

那智「羽黒の見た話なら私も聞いている、私が伺おう」

提督「そ、そうか・・・」

提督(俺はお化けよりこっちのが恐ろしいわ・・・)

那智「貴様、何か良からぬ事を考えていないか?」

提督「いやいや、そんな事はない!」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 00:51:21.57 ID:2v1t2S3kO
提督「で、そのお化けとやらなんだが」

那智「あぁ、実は私もあの時は一緒に居た・・・」

那智「妙高型4姉妹で入渠上がりに“間宮さんのアイスが食べたい“と足柄が言うのでな」

那智「その日はちょうど貴様が暁型に食堂でアイスパーティーをしていただろう?」

提督「あぁ、暁がどうしてもって言うからなぁ」

那智「それで私達は食堂に向かっていたのだが」

那智「後ろを歩いていた羽黒が急に悲鳴を上げてな」

那智「なんでも工廠の窓にゆらゆらと揺れる人影を見たとか・・・」

那智「私達3人は見ていないのだが、その人影が羽黒の事を睨んでいたそうだ」

提督「人影ねぇ・・・」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 00:53:03.01 ID:2v1t2S3kO
那智「まぁ話はこんなところだ」

提督「え、もうおしまい!?」

那智「あぁ、恐らく建造でもしてたんじゃないかと私は思う」

提督「いや、あの日は資材が減ってたから建造はしていないような・・・」

那智「とにかくこれだけだ、力になれなくてすまない」

提督「そんな事はない、ありがとうな2人とも」

羽黒「い、いえ・・・すみません」

那智「それでは失礼する」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 00:54:55.08 ID:2v1t2S3kO
目撃者2

提督「金剛はいるかー?」

榛名「提督!どうなされました?」

提督「いやぁ金剛に話があって来たんだけど」

比叡「お姉様は今は寝込んでいますのでお引き取り頂けますか?」

提督「どういうことだ比叡?」

比叡「いやぁ、それが・・・」

霧島「それは私からご説明します」

提督「霧島?」

霧島「先日、私はお姉様に提督に料理をプレゼントする手伝いをしていました」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 00:56:18.64 ID:2v1t2S3kO
 

金剛「Hey 霧島!食堂はどうネ?」

霧島「お姉様、提督がいらっしゃいます」

霧島「時間を置いて出直すしかないかと・・・」

金剛「そ、それじゃしょうがないネー、テイトクにはSurpriseで驚かせたいネ!」

霧島「お姉様、見つからないように回り道して戻りましょう」

金剛「了解ネー!」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 00:58:08.11 ID:2v1t2S3kO
霧島「そうして私達は工廠の脇を通る形で戻っていたのですが・・・」

提督「もしかして、急に悲鳴が聞こえたとか?」

霧島「何故ご存知なのですか!?」

提督「いや、なんとなくだけど・・・」

霧島「はい、急な悲鳴に驚いたお姉様は持っていた鞄を落としてしまって」

霧島「その中に入っていたティーセットが・・・」

提督「だいたいは把握した、金剛には俺が夕食を一緒に食いたいとでも言っといてくれ」

榛名「提督、ありがとうございます!」

比叡「元は提督の為に起きた悲劇なんだから、しっかりお姉様を慰めてくださいね」

提督「分かっているよ、でそのあとは?」

霧島「その時2階で悲鳴を上げる人の視線を追ったのですが」

霧島「工廠の窓にゆらゆらと人影が・・・」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 01:00:52.64 ID:2v1t2S3kO
司令室

不知火「お戻りですか、成果は有りましたか?」

提督「どうやら工廠に何かあるみたいでな、今夜工廠を見張ることにした」

不知火「お一人で・・・ですか?」

提督「川内と青葉が付き合ってくれる」

提督「川内には後日夜戦をするという約束でな」

不知火「恐らく何も見つからないとは思いますが」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 01:01:41.51 ID:2v1t2S3kO
提督「何もないならそれでおしまいってだけの話だ」

提督「様は勘違いを証明出来れば目標達成だからな」

不知火「では今のうちに仮眠を取ることをお勧めします」

不知火「本日はオリョールクルーズ以外予定もありません」

提督「そうだな、不知火任せる」

不知火「了解!」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 01:03:02.13 ID:2v1t2S3kO
夜の工廠

川内「なんだか夜戦の時みたいにワクワクするね!」ボソボソ

青葉「川内さん落ち着いてください、シャッターチャンスが逃げてしまいます!」ボソボソ

提督「そんなチャンスは来ないよ・・・」

川内「提督、誰か来る!」

提督「え、そんな馬鹿な」

ガラガラ



大淀「皆さん一列に並んでください」



提督「大淀?何をやっているんだこんな時間に・・・」

青葉「司令官、今は様子を見ましょう!」ボソボソ

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 01:04:54.33 ID:2v1t2S3kO
大淀「では点呼をとります」

那珂1「1」

那珂2「2」

那珂3「3」

那珂4「4」

・・・



川内「那珂ちゃんがあんなに!?」

青葉「こ、これは事件の臭いがしますねー・・・」

提督(なんか分かった気がする・・・)

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 01:06:05.49 ID:2v1t2S3kO
大淀「では順番に前に出てください、クレーンが後はやってくれます」

那珂1「・・・」ガシャン!



青葉「こ、これは・・・」カーンカーン

川内「か、解体だね・・・」カーンカーン

提督「解体だな・・・」カーンカーン

青葉「何だか予想通りの展開ですね、つまらない」カーンカーン

川内「一応私の妹だから、ちょっとは気を使いなさいよ・・・」カーンカーン

提督「とりあえず大淀に話を付けて来るか・・・」カーンカーン

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 01:08:43.70 ID:2v1t2S3kO
提督「大淀、こんな時間に何してるんだ?」

大淀「提督?提督こそ何故こちらに?」

提督「皆が工廠でお化けを見たと言うから何事かと思ってな」

提督「別に解体の指示をしていないじゃないか」

大淀「いえ、提督が面倒くさがって解体作業を行わないので」

大淀「保有枠ギリギリになってしまっているものですから・・・」

提督「いや、けど近代化改修が・・・」

大淀「お忘れですか?先週に我が艦隊は装甲の改修を全て完了しています」

提督「アレー?」

大淀「ですからこうして無駄な出撃をしないように減らしているところです」

川内「なーんだ、結局は提督の怠慢が招いた結果かー」

青葉「これは思わぬネタが上がりましたね、司令官」

提督「・・・間宮アイスで手を打とうじゃないか」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 01:10:52.57 ID:2v1t2S3kO
翌日

金剛「テイトクぅううううううう!!!」

提督「どうした金剛?」

金剛「自分でDinnerに誘っておきながらすっぽかすなんてどういう事ネー!」

提督「あー、悪かった金剛、朝メシ一緒にどうだ?」

金剛「そんな簡単な問題じゃないネー!」

不知火&大淀「おはようございます」

提督「お、おはよう2人とも」

提督「大淀昨日はすまなかったな、これからは解体の指示を不知火に出しておくから」

大淀「昨日?何のお話でしょうか・・・?」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 01:13:24.21 ID:2v1t2S3kO
提督「へ?いや工廠での話だけど」

不知火「昨日は私と次の作戦について戦艦、空母を交えて会議でしたが?」

提督「会議?」

大淀「はい、次の作戦で私の持つ艦隊司令部施設の出番ということで」

大淀「皆さんに装備についてのご説明をしておりました」

不知火「会議は翌0200まで行われ、その後全員の就寝を当直の長門さんが確認していますが」

提督「・・・マジ?」


天龍「おう提督、なんだ金剛にまたなんかやったのか?」

金剛「そうデース!テイトクは最低デース!!!」

提督「いや待てこれには色々事情が・・・」

天龍「あれ大淀?お前さっき工廠に向かってなかったか?」

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 01:15:22.36 ID:2v1t2S3kO
提督「ファッ!?」

大淀「私はずっと不知火さんと一緒でしたが・・・?」

天龍「へ、いやだって・・・へ!?」

提督「天龍耳貸せ」

天龍「なんだよ・・・」

提督「・・・」ゴニョゴニョ

金剛「天龍ずるいデース!ワタシもテイトクと内緒話したいデース!」

提督「って事なんだけど・・・」

天龍「お、おおおおまえそそそれって・・・」ガクブル

大淀「あのーお二方とも・・・」

提督&天龍「ギャーーーー!!!」ジョバー

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/09(月) 01:17:06.98 ID:2v1t2S3kO
不知火(結局、工廠のお化け事件は提督&天龍お漏らしコンビのニュースにより)

不知火(うやむやとなって幕を閉じました)

カーンカーン







もう・・・おしまいです、これで限界っす
お目汚し失礼いたしました

引用元: 提督「え?お化けが出たって?」