1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 03:04:10.34 ID:HBmC/4mW0
穂乃果「おまんじゅうの試食、持ってきたよー」

絵里「どうしたの、急に?」

穂乃果「お父さんが新作できたから、みんなに食べてもらいたいんだって」

希「そうなん? あとでお礼言いにいかんとね」

花陽「わたしももらっていい? お腹すいちゃって……」

穂乃果「うん、もちろんっ。みんなの分もあるからね!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1426269850

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 03:08:11.93 ID:HBmC/4mW0
ことり「それじゃあ、ことりもひとつもらおうかな」

凛「凛ももらうにゃ!」

真姫「私もいただくわ」

にこ「ん……」

海未「……」スッ

にこ「ありがとう穂乃果、いただくわ」

海未「では、私も。穂むらのおまんじゅうをいただくは久しぶりです」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 03:12:39.10 ID:HBmC/4mW0
ことり「……?」

穂乃果「あれ、にこちゃん。いつの間におまんじゅう取ったの?」

真姫「パソコンの前から全然動いてないじゃない」

にこ「……海未に取ってもらったのよ」

絵里「全然気付かなかったわ」

海未「そうですか?」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 03:16:22.86 ID:HBmC/4mW0
にこ「まぁ、まだまだ修行が足りないってことね」

真姫「意味わかんない……」

凛「そんなことより、早く食べるにゃっ」

穂乃果「そうだよー」

花陽「いただきます!」

ことり「……」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 03:23:53.11 ID:HBmC/4mW0
――

海未「では、今日の練習は終了です」

絵里「寒くなってきたから、風邪ひかないようにね」

真姫「ねぇ、にこちゃん。これからなんだけど……」

にこ「あー……ごめん、真姫ちゃん。これからちょっと用事があって」

花陽「にこちゃん、珍しいね。真姫ちゃんの誘いを断るなんて」

にこ「どうしても、外せない用事があって……」

真姫「そう……なら仕方ないわね」

にこ「ごめんね。また、今度」

真姫「ええ。それじゃあ、私は先に帰るわ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 03:29:02.52 ID:HBmC/4mW0
凛「海未ちゃーん、今から時間ある?」

海未「凛……すみません、今日は……」

凛「おうちの用事かにゃ?」

海未「え? ……ええ。早めに帰らなくてはならないので」

凛「そっかぁ」

花陽「え、海未ちゃんも?」

海未「私も、とは?」

凛「かよちん?」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 03:35:10.13 ID:HBmC/4mW0
花陽「あ、えとね。にこちゃんも真姫ちゃんの誘い断ってたから」

凛「へぇー、あのにこちゃんが?」

海未「……たまたま、予定があっただけではないでしょうか」

花陽「……そうだよね」

凛「じゃあ、今日は真姫ちゃんと帰ろうかなぁ」

にこ「真姫ちゃんなら、もう行ったわよ」

凛「にゃっ! それを早く言うにゃっ。かよちんはどうする?」

花陽「わたしはことりちゃんと帰るから、また明日だね」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 03:43:45.52 ID:HBmC/4mW0
凛「うんっ。海未ちゃんもまた明日ねっ」

海未「ええ……さようなら」

ことり「花陽ちゃーん、帰ろーっ」

花陽「あ、うん! 今行くねっ。じゃあね、海未ちゃん」

海未「はい、さようなら」

にこ「ちょっと、にこも忘れないでよね」

花陽「わ、忘れてたわけじゃないよっ。にこちゃんもまたね」

にこ「ええ、またね」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 03:48:38.01 ID:HBmC/4mW0
にこ「……あれ、希たちは?」

海未「そういえば、いつの間に」

にこ「また生徒会室かしら」

海未「まったく……公共の場をなんだと思っているのでしょう」

にこ「ほんとよね……」

海未「……では、私も帰りますね」

にこ「そうね……にこも帰るわ」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 03:56:47.15 ID:HBmC/4mW0
――

海未「……」テクテク

穂乃果「あ、ねぇ。あれ、海未ちゃんじゃない?」

希「お、ほんとやね」

絵里「今日は凛と一緒じゃないのね」

穂乃果「そうだね。最近はいつも一緒だったのに」

希「そんな日もあるんやない? ほら、海未ちゃんも忙しいだろうし」

穂乃果「うーん……そうかも」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 04:02:02.57 ID:HBmC/4mW0
希「海未ちゃんだけじゃなく、みんな大変なんかもね」

穂乃果「二人も?」

絵里「まぁ、それなりに、かしらね」

穂乃果「じゃあ、穂乃果が癒してあげるね!」

希「穂乃果ちゃん……ほんとええ子やね」

絵里「その気持ちだけでも嬉しいわ……さぁ、身体が冷えないうちに帰りましょう?」

穂乃果「うんっ」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 04:09:32.48 ID:HBmC/4mW0
――

ことり「ふんふーんっ」トタトタ

ことり(花陽ちゃんのほっぺた、ぷにぷにで柔らかかったなぁ)

ことり(もっと触っていたかったけど、衣装も作りたいし、しかたないよね)

にこ「……」トコトコ

ことり(あ、にこちゃんだ)

にこ「……」キョロキョロ

ことり(にこちゃんのおうちって、こっちの方だったかな?)

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 04:13:24.68 ID:HBmC/4mW0
にこ「……」

ことり(……この近くって、海未ちゃんのおうちだよね)

にこ「あ、あんた」

ことり「!」

海未「……にこ、奇遇ですね。こんなところで」

にこ「ちょっと、こっちの方に用事があってね」

海未「そうでしたか」

ことり(ちょっと、二人の距離、近いんじゃないかな)

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 04:19:24.76 ID:HBmC/4mW0
海未「いよいよ寒さも厳しくなってきましたね」

にこ「そうね……さすがにスカートじゃ厳しいわ」

ことり(……考えすぎ、かな)

海未「せめてもう少し長くしてみてはどうですか?」

にこ「それもそうだけど……アイドルとしては、ちょっとね」

ことり(ことりも寒くなってきたし、帰ろうかな)トタトタ

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 04:24:59.18 ID:HBmC/4mW0
海未「……」

にこ「……ことり、帰ったわね」

海未「そのようです」

にこ「……」

海未「……」

にこ「……うっ、やっぱりさむっ」

海未「……うちにあがってください。温かいもの、用意します」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 04:31:08.94 ID:HBmC/4mW0
――

凛「真姫ちゃんと帰るの、久しぶりにゃーっ」

真姫「そうね。たまには悪くないかも」

凛「おぉ、真姫ちゃん素直ー」

真姫「な、なによ」

凛「えへへー」

真姫「むっ……」

凛「あ、怒っちゃだめだよ。今日はいっぱい遊ぶんだから!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 04:37:11.92 ID:HBmC/4mW0
真姫「遊ぶのはいいけど……もうすぐテストよ? 大丈夫なの?」

凛「……テストなんて気のせいにゃ」

真姫「凛、あなた……」

凛「あーっ!」

真姫「」ビクッ

凛「真姫ちゃん、あのラーメン屋、すんごくおいしいんだよっ」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 04:41:19.89 ID:HBmC/4mW0
真姫「もう……またなの?」

凛「真姫ちゃんはラーメン嫌い?」

真姫「そんなことないけど」

凛「よし、じゃあさっそくいくにゃーっ」

真姫「ちょっと、凛! 引っ張らないでっ」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 04:47:33.33 ID:HBmC/4mW0
――

にこ「……」ピトッ

海未「んっ」

にこ「ねぇ……こっち、向いてよ」

海未「ですが……」

にこ「……悪いのは、にこ」

海未「……」

にこ「あんたは何も悪くない」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 04:51:03.34 ID:HBmC/4mW0
海未「……」

にこ「ねぇ」スーッ

海未「っ」ピクン

にこ「もう、いいよね」

海未「に……きゃっ」ドサッ

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 04:57:30.57 ID:HBmC/4mW0
にこ「……」チュッ

海未「そ、それ以上やったら」

にこ「怒る?」

海未「……ええ」

にこ「でも、そう言って」カプッ

海未「っ!」ピクンッ

にこ「いつも、受け入れてくれるよね」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/14(土) 05:03:02.22 ID:HBmC/4mW0
海未「それは、にこが……」

にこ「にこが?」

海未(そんな潤んだ目で)

にこ「……なにも言わないなら」

海未(見つめてくるから)

にこ「こっちからいくわ」チュッ

海未(私は、どうすれば……)

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:01:28.02 ID:s5AIzp3/0
――翌朝

真姫「にこちゃん、なんだか調子悪そうね」

にこ「ん、そう?」

真姫「ちょっとくまが……」

にこ「あー……昨日、あんまり眠れなかったのよ」

真姫「なにかあったの?」

にこ「ん、ちょっとね」

真姫「そう……」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:02:01.28 ID:s5AIzp3/0
凛「海未ちゃん海未ちゃんっ」

海未「ふぁ……おや、凛。どうしました?」

凛「? なんだか眠そうだね」

海未「そう、ですね。疲れが抜けきっていないのかもしれません」

凛「あんまり無理しちゃだめだよ?」

海未「……ええ」

凛「今日はおうち帰ったら、早くに休んでね」

海未「はい、ありがとうございます」

凛「……凛との、約束だよ」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:02:54.51 ID:s5AIzp3/0
にこ(真姫ちゃんはやさしい)

海未(凛はやさしいですね)

にこ(言葉には出さなくても、その気持ちはわかる)

海未(そして、その気持ちを素直に表現してくれる)

にこ(でも、それだけじゃ物足りない)

海未(でも、私はそうはできない)

にこ(……このままで)

海未(いいのでしょうか……)

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:03:38.38 ID:s5AIzp3/0
――お昼休み

ことり「ねぇ、海未ちゃん」

海未「はい、なんでしょう」

ことり「昨日、にこちゃんといっしょにいた?」

海未「にこ? ……ああ、それなら、家の近くでたまたま会っただけですよ」

ことり「ほんと?」

海未「……ええ。なんでも、あの近くに用事があったとか」

ことり「ふーん……そっかぁ」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:04:20.86 ID:s5AIzp3/0
海未「それを知っているということは、ことりもそばにいたのですか?」

ことり「うん。花陽ちゃんと遊んだ帰りにね」

海未「声をかけてくれればよかったのに」

ことり「ちょっと迷ったんだけどね。ほら、昨日寒かったし」

海未「そうですね。もう、冬も近いですから……」

ことり「そう、だね」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:04:59.42 ID:s5AIzp3/0
ことり「……海未ちゃんって」

海未「はい」

ことり「寒くなると、近くなるよね」

海未「? どういうことですか?」

ことり(気付いてなかったんだ)

ことり「ううん、なんでもない。ほら、お昼休み、終わっちゃうよ」

海未「……ことり?」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:05:27.50 ID:s5AIzp3/0
――

にこ「……」

希「にこっち」

にこ「……ん」

希「どうしたん、ぼーっとして」

にこ「ちょっと、疲れてるのかも」

希「憑かれてる?」

にこ(……なにか違う気がする)

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:05:57.12 ID:s5AIzp3/0
希「ははーん……さては、恋の悩みやね?」

にこ「なにばかなこと言ってるのよ」

希「……おや」

にこ「なによ」

希「……今度は真面目に聞くよ。なにかあったん?」

にこ「なにもないって、言ってるじゃない」スタスタ

希「にこっち……」

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:06:45.72 ID:s5AIzp3/0
絵里「あら、希。そこ、にこの席よ?」

希「そんなん知ってるよ」

絵里「にこに用事?」

希「いや、特にはなかったんやけどね」

絵里「そう?」

希「そうや」

絵里「それならいいけど……」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:07:15.04 ID:s5AIzp3/0
――放課後

花陽「雨、降ってきたね」

穂乃果「そうだねぇ……練習どうしよっか?」

海未「……」

穂乃果「……海未ちゃん?」

海未「あ、はい。なんでしょう」

真姫「海未……あなた、顔色悪いわよ?」

海未「そうでしょうか」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:07:48.02 ID:s5AIzp3/0
凛「海未ちゃん、あんまり休めてないって言ってたし……大丈夫?」

海未「ええ……さぁ、練習に……」フラッ

絵里「そういうわけにも、いかないんじゃない?」ガシッ

海未「絵里……」

絵里「あなたが倒れたら、皆の練習が大幅に遅れることになるわ」

海未「それは……」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:08:22.49 ID:s5AIzp3/0
希「そうやね。それに、今日はあいにくのどしゃ降りや」

ことり「みっちり練習、ってわけにはいかないから」

凛「今日はおやすみかにゃ?」

真姫「しっかり休養をとるのも、大事なんじゃない?」

絵里「ええ、その方が今後の練習のためになると思うわ」

海未「皆さん……」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:08:54.89 ID:s5AIzp3/0
絵里「それじゃあ、今日は各自解散、でいいわね」

海未「はい……すみません、ありがとうございます」

絵里「気にしないで」

凛「じゃあ、凛が海未ちゃんを送っていくにゃ」

海未「ふふ、凛も、ありがとうございます」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:09:30.47 ID:s5AIzp3/0
にこ「まったく、気を付けなさいよね」

海未「すみません……」

にこ「……」スタスタ

海未「?」

にこ「昨日、ごめんね」ボソッ

海未「!」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:10:12.60 ID:s5AIzp3/0
にこ「にこは先に帰るけど、真姫ちゃんも行く?」

真姫「うーん……そうするわ。じゃあね、みんな」

絵里「ええ、またね」

海未「……」

凛「忘れ物はないかなぁ……よし、おっけー。さ、海未ちゃん、帰るにゃっ」

海未「……え、ええ」

凛「じゃあ、また明日ね!」

海未「お先に失礼します」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:10:57.65 ID:s5AIzp3/0
ことり「……なんか」

希「おかしい」

花陽「どうしたの?」

穂乃果「なにかあった?」

絵里「海未の調子のこと?」

ことり「ううん……あ、それも気になるけど」

希「にこっちも、元気がなかった」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:12:27.65 ID:s5AIzp3/0
絵里「テストが近いから、遅くまで勉強しているとかじゃないかしら」

希「それやったらええんやけど、ね」

ことり「考えすぎかなぁ……」

花陽「ダイエット、してるとか?」

希「ううん……そうじゃないと思うんよね」

穂乃果「……まさか、昨日のおまんじゅうのせいじゃ」

希「もしそうやったら、うちらも体調崩してるんと違う?」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:13:01.22 ID:s5AIzp3/0
絵里「穂乃果の家のおまんじゅうでそんなことあるわけないじゃない」

花陽「そうですっ。とってもおいしかったし」

穂乃果「そう言ってくれると、嬉しいな。えへへ」

ことり「……」

穂乃果「ことりちゃん?」

ことり「ねぇ、穂乃果ちゃん。やっぱり、海未ちゃん、なんか変だよね?」

穂乃果「うーん……でも、どうしたの、って聞いても、素直に答えてくれないだろうし……」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/17(火) 01:13:58.91 ID:s5AIzp3/0
希「それはにこっちも同じやね」

絵里「二人がいないところで話しても、しょうがないんじゃない?」

ことり「そう、かもね」

花陽「しばらくは様子を見てみようよ」

穂乃果「わかった。穂乃果も注意してみるよ」

希「せやね。うちもにこっちの様子気にしとく」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:18:24.50 ID:Ed/cN14j0
――

凛「海未ちゃん、大丈夫?」

海未「ええ、心配かけてすみません」

凛「気にしないで!」

海未「……はい」ギュッ

凛「! 海未ちゃん?」

海未「っ! す、すみません、急に!」

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:18:54.51 ID:Ed/cN14j0
凛「あ、ううん。ちょっとびっくりしただけ」

海未「……このままで、いいでしょうか?」

凛「うん、手繋いで帰るって久しぶりだね」

海未「凛は、あたたかいですね」

凛「海未ちゃんも、あったかいよ」

海未「ふふっ……」

凛「へへっ」

海未(やはり私は、凛のことが……)

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:19:30.51 ID:Ed/cN14j0
凛「……ねぇ、海未ちゃん」

海未「はい、何でしょう」

凛「凛ね、海未ちゃんのこと、大好きだよ」

海未「ええ……しっかりと伝わっていますよ」

凛「だから、海未ちゃんの力になりないなぁ……って」

海未「凛……」

凛「もしなにかあったら、なんでも言ってね! 凛がお手伝いするから!」

海未「……ありがとうございます、凛」

凛「……えへへ」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:20:06.02 ID:Ed/cN14j0
――

にこ(あ……傘、持ってない)

真姫「にこちゃん、傘は?」

にこ「ん、忘れちゃったみたい」

真姫「もう、ちゃんと天気予報見てないからよ」

にこ「そうね」

真姫「にこちゃん?」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:20:32.60 ID:Ed/cN14j0
にこ「……真姫ちゃん。傘、入れて?」

真姫「ええ、もちろんよ」

にこ「ありがと。真姫ちゃんはやさしいね」

真姫「なっ、なによ急に!」

にこ「そう思っただけよ」

真姫「もう……ほら、濡れる前に帰りましょ」

にこ「そうね」

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:21:06.87 ID:Ed/cN14j0
にこ「……」

真姫「……ねぇ、にこちゃん」

にこ「ん?」

真姫「最近、元気ないわね」

にこ「そうかしら」

真姫「笑顔が減ったわ」

にこ「!」

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:21:42.92 ID:Ed/cN14j0
真姫「初めは、私がなにかしたのかと思ってたけど」

にこ「……」

真姫「皆の前でも笑顔を見せないなんて、にこちゃんらしくない」

にこ「そんなこと……」

真姫「ねぇにこちゃん……なにかあったの?」

にこ「なにも……」

真姫「……」

にこ「ないわ」

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:22:37.51 ID:Ed/cN14j0
真姫「……そう」

にこ「……」

真姫「信じるわ」

にこ「ありがと」

真姫「当然よ。私は、その、にこちゃんの……なんだから」

にこ「ん」

真姫「なにかあったら、相談してね」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:23:04.34 ID:Ed/cN14j0
真姫「……」

にこ(それから、真姫ちゃんは何も言わなくなった)

真姫「……水溜まり、気をつけて」

にこ(これくらいのことしか)

真姫「……」

にこ(にこが頑固なのを知ってるから、なんだよね)

真姫「……」

にこ(……お互いを知りすぎる、っていうのも、つらいわ)

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:23:32.93 ID:Ed/cN14j0
真姫「……今日は、すぐに帰るんでしょ?」

にこ「え? ……ええ、ママが遅いから」

真姫「わかったわ」

にこ「近くの交差点までで大丈夫よ」

真姫「じゃあ、そうするわ」

にこ「お願い」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:24:00.62 ID:Ed/cN14j0
――

にこ「ここでいいわ」

真姫「少し、濡れるわよ?」

にこ「大丈夫よ」

真姫「それじゃあ、ここで」

にこ「……ねぇ」

真姫「なに?」

にこ「キス、して」

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:24:39.03 ID:Ed/cN14j0
真姫「こ、ここで?」

にこ「……」

真姫「でも……」

にこ「お願い」

真姫「う……」

にこ「……」

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:25:22.72 ID:Ed/cN14j0
にこ(やめなさいよ、にこ)

にこ「傘で隠せば、だれにも見つからないわ」

真姫「そうかも、しれないけど……」

にこ(真姫ちゃん、困ってるじゃない)

にこ「嫌なら、別にいいけど」

真姫「そんなこと!」

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:25:53.12 ID:Ed/cN14j0
にこ「じゃあ、早く」

真姫「わ、わかったわよ!」スッ

にこ(あぁ……)

真姫「……」チュ

にこ「ん……」

にこ(にこは……)

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:26:33.87 ID:Ed/cN14j0
真姫「……ん、これでいい?」

にこ「うん。ありがと」

真姫「まったく、道の真ん中でなんて」

にこ「そう、だよね……うっ……」

真姫「え……にこちゃん? なんで泣いて……」

にこ「なんでも……なんでもないの」

真姫「なんでもないことないじゃない!」

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:27:02.72 ID:Ed/cN14j0
にこ「ほんとに……ぐすっ……なんでもない」

真姫「にこちゃん……」

にこ「っ……またね!」ダッ

真姫「ま、待って!」

にこ「……」クルッ

にこ「大好きだよ、真姫ちゃん!」

にこ(にこは、最低だ)

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:27:40.68 ID:Ed/cN14j0
――

海未「家の前まで、ありがとうございます」

凛「ううん、気にしないで」

海未「ふふっ。では、また明日、ですね」

凛「うん! あったかくして休んでね!」

海未「はい。凛も気を付けて帰ってくださいね」

凛「うん、じゃあね!」

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:28:40.30 ID:Ed/cN14j0
海未(……今日は、早く休みますかね)

「……」バシャバシャ

海未(? 何でしょう?)

「はぁ……はぁ……」ガシッ

海未「!」クルッ

にこ「はぁ……っ……」

海未「にこ!?」

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:29:13.47 ID:Ed/cN14j0
海未「どうしたのですか! そんなに濡れて……」

にこ「来て」

海未「え……?」

にこ「いいから!」グイッ

海未「あっ……」トサッ

海未(傘が……)

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:29:45.60 ID:Ed/cN14j0
にこ「……」タタタ

海未「ちょっ……にこ!」

にこ「……」グイッ

海未「きゃっ!」

にこ「黙って」

海未「こんな路地裏に……どういうつもりですか」

にこ「うるさい!」ダンッ

海未「!」

68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:30:19.91 ID:Ed/cN14j0
海未「にこ……?」

にこ「にこは……最低よ」

海未「何か、あっtにこ「……」チュッ

海未「んっ!」

にこ「黙って、って言ったよね」

海未「……はい」

69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:31:22.43 ID:Ed/cN14j0
にこ「にこはね、真姫ちゃんが好きなの」

海未「……」

にこ「それなのに、あんたとこうして……」

海未「……」

にこ「なんで……」

海未「にこ……」

にこ「なんで、あんたが……」

海未「……」

70: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:31:58.62 ID:Ed/cN14j0
にこ「あんたとのキスが、忘れられないのよ!」

海未「にこ、あなたは」

にこ「真姫ちゃんを困らせて!」

海未「……」スッ

にこ「あんたにもむりやり!」

海未「落ち着いてください」ギュッ

にこ「! やめて!」

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:32:34.58 ID:Ed/cN14j0
海未「やめません」

にこ「なんでよ!」

海未「泣いているあなたを、放っておくわけにはいきません」

にこ「やめなさいよ……」

海未「……」ギュ

にこ「やめ……やさしく、しないで……」

海未「……もう、冷たくなっているではありませんか。さぁ、うちに行きましょう」ニコッ

にこ「う、うぁ……うわああぁぁぁぁああああぁぁああ!」

72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/18(水) 00:33:14.41 ID:Ed/cN14j0
――

凛「……?」

凛「いま、何か聞こえたような……」

凛「聞いたことある声」

真姫「凛!」

凛「ま、真姫ちゃん! こんなところでどうしたにゃ?」

真姫「に、にこ……はぁ、にこちゃん、見なかった?」

凛「にこちゃん? 見てないけど……何かあったの?」

真姫「あのね、家にも帰ってないみたいで――」

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:00:58.26 ID:xhtZR5Sw0
――翌朝

海未「にこは風邪でお休みです」

凛「……」

真姫「……そんな連絡、私にはきてないんだけど」

海未「つい先ほど、連絡がありました」

真姫「メールで?」

海未「ええ」

真姫「そう」

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:01:37.34 ID:xhtZR5Sw0
ことり「……ねぇ、海未ちゃん」

海未「なんですか、ことり」

ことり「昨日、ゆっくり休めた?」

海未「……ええ、もちろん」

希「その割には」

海未「希……」

希「やけに疲れた顔やね」

78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:02:26.89 ID:xhtZR5Sw0
海未「……」

凛「海未ちゃん?」

海未「……すみません。少し、嘘を吐きました」

凛「うそ?」

海未「ええ。昨日は両親ともに不在で」

希「じゃあ、家事とか、自分で?」

海未「はい。頼まれていたこともあったので」

ことり「ふーん……」

79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:03:17.41 ID:xhtZR5Sw0
絵里「おはよう、みんな」

海未「絵里、おはようございます」

ことり「……」

絵里「あら、ことり? 元気がないようだけど、どうかした?」

ことり「あ、ううん。なんでもないよ。ちょっと考え事」

絵里「そう? なにかあったら相談するのよ?」

ことり「うん、ありがとうっ」

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:03:59.76 ID:xhtZR5Sw0
絵里「海未も、ね?」

海未「っ! ……はい、ありがとうございます」

凛「……」

花陽「お、遅くなりました!」バタバタ

穂乃果「う、海未ちゃん! 置いていくなんてひどいよ!」

海未「待ち合わせに遅れる穂乃果がいけないのですよ」

穂乃果「ちょっとくらい待ってくれてもいいじゃん!」

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:05:17.42 ID:xhtZR5Sw0
凛「かよちんも遅いにゃー!」

花陽「ご、ごめん。寝坊しちゃった……」

海未「まったく……二人とも、寝坊するなんてたるんでいる証拠です!」

穂乃果「ご、ごめんなさーい!」

海未「二人は特別メニューで練習を行います!」

花陽「ええーっ! そんなぁ……」

穂乃果「海未ちゃんの鬼!」

82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:06:01.15 ID:xhtZR5Sw0
真姫「……」

凛「ねぇ、真姫ちゃん」

真姫「……ん?」

凛「……やっぱり、なんでもない」

真姫「……そう? 私、にこちゃんに連絡してみるわ」

凛「うん」

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:06:46.74 ID:xhtZR5Sw0
――

海未(『頼まれていたことがあって』ですか)

海未(それこそ、嘘)

海未(自然と流れ出た、嘘)

海未(いけないこととわかっていながら、それを隠そうとして出た、嘘)

海未(……最低なのは、私です)

海未(凛、私は……)

84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:07:33.77 ID:xhtZR5Sw0
――

にこ(にこは、最低だ)

にこ(真姫ちゃんを裏切った)

にこ(真姫ちゃん……)

にこ(ちゃんと話さなきゃ)

にこ(いつまでも、黙ってるわけにはいかないもの)

にこ(……仮病で休むなんて、かわいいものよ)

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:08:30.63 ID:xhtZR5Sw0
――お昼休み

凛「真姫ちゃん、返事、きた?」

真姫「……いえ、きてないみたい」

凛「にこちゃん、寝てるのかな」

真姫「そうだといいんだけど」

ことり「失礼しまーす……あ、いた!」

真姫「ことり? どうしたのよ」

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:09:04.93 ID:xhtZR5Sw0
希「海未ちゃんとにこっちのことで、ちょっとね」

凛「希ちゃんまで……」

ことり「ここじゃ話しにくいし、部室にでもいかない?」

希「そうやね。ええかな、ふたりとも」

真姫「わかったわ」

凛「すぐ行くよ」

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:09:46.95 ID:xhtZR5Sw0
――

ことり「あまり時間もないから、単刀直入に言うね」

希「あの二人、何か隠し事でもあるんやないかな、って思ってるんよ」

凛「隠し事……」

真姫「なによ、それ」

ことり「二人の距離が近い気がして……」

真姫「だから……どういうことよ!」バンッ

ことり「っ……」ビクッ

88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:10:17.85 ID:xhtZR5Sw0
希「真姫ちゃん、落ち着いて」

凛「……」

希「凛ちゃん?」

凛「……もしかして、なんだけど」

ことり「!」

凛「海未ちゃんと、にこちゃんが」

真姫「! 凛、やめて!」

89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:11:01.56 ID:xhtZR5Sw0
凛「二人が、凛たちに内緒で」

真姫「お願い、それ以上は……」

希「そ、そうや! まだ結論付けるには……」

ことり「うん、凛ちゃんの勘違いかもよ?」

凛「そうだといいけど」

真姫「……」

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:11:59.81 ID:xhtZR5Sw0
希「なにか、あったん?」

凛「昨日のことなんだけど」

ことり「昨日って、にこちゃんと真姫ちゃんで帰ったんじゃなかった?」

真姫「……ええ、そうよ。でも、急に走ってどこかに行っちゃったの」

希「そうやったん?」

凛「……そのことで、言わなかったことがあって」

91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:12:47.40 ID:xhtZR5Sw0
真姫「……」

凛「真姫ちゃんに会うちょっと前に、海未ちゃんの家の近くでにこちゃんの声が聞こえた気がするの」

ことり「まさか……」

凛「雨の音でよくわからなかったけど、たぶん……」

希「じゃあ、にこっちは海未ちゃんに会いに……?」

凛「……ぅ」グスッ

真姫「……凛、本当なの?」

凛「うん……」

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:13:16.16 ID:xhtZR5Sw0
ことり「……」

希「な、なにか理由があるんやない?」

凛「そう……なのかな」

ことり「海未ちゃんに、聞いてみないと」

希「にこっちにも」

真姫「いえ、二人は何もしないで」

93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:14:09.10 ID:xhtZR5Sw0
希「……ええの?」

真姫「これは、私たちの問題よ」

凛「そう、だよ。凛たちで、なんとかしなきゃ」

ことり「大丈夫?」

凛「うん。だから、見守っててほしいかな」

真姫「どうにもならなそうだったら、その時は相談するわ」

94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:14:43.60 ID:xhtZR5Sw0
希「……わかった」

ことり「じゃあ、そうするね」

凛「ありがと」

真姫「早いうちに、なんとかするわ」

凛(海未ちゃん……)

真姫(……にこちゃん)

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:15:22.34 ID:xhtZR5Sw0
――校舎裏

海未「……いい加減、やめませんか」

にこ『……』

海未「にこ!」

にこ『わかってるわよ』

海未「それなら……」

にこ『そう思うんなら、電話なんてかけてこないでよ!』

海未「っ!」

96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:16:06.50 ID:xhtZR5Sw0
にこ『いい? 何度も言うけど、にこが好きなのはあんたじゃない』

海未「……」

にこ『でも、あんたの声を聞くと……わからなくなるのよ』

海未「にこ……」

にこ『……真姫ちゃんには、にこがしたこと、ちゃんと話すわ』

海未「そう、ですか」

にこ『ええ。悪いのは、全部にこだもの』

97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:17:01.56 ID:xhtZR5Sw0
海未「そんなことは!」

にこ『安心して。あんたが困るようにはしないから』

海未「いえ、私も一緒に話します」

にこ『……』

海未「抵抗する余地があったにもかかわらず……あなたを受け入れたのは、私の意思です」

にこ『……』

海未「にこ一人が罪をかぶるような真似は、許しません」

にこ『……勝手にしなさいよ』ブツッ

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:18:15.65 ID:xhtZR5Sw0
海未「にこ……」

海未(私も、きちんと凛に話さなければ)

海未(私の過ちを)

海未「……」

「今の」ザッ

海未「!」

穂乃果「今話してたの、どういうこと?」

海未「穂乃……果」

99: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/03/19(木) 01:26:25.94 ID:xhtZR5Sw0
1スレを長くしたくないので、今日はこれでおしまいにするとともに、このスレでの更新も終わりたいと思います。

次回は『凛「海未ちゃんと」 真姫「にこちゃん」』のタイトルで今月中に立てる予定です。

宣伝→『海未「もうすっかり秋ですね」』

読んでくれる方々、ありがとうございました。次回も見かけた際にはよろしくお願いします。おやすみなさい。

引用元: 海未「にこと」 にこ「海未」