1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:22:24.39 ID:zhpOXjWN
生徒会室

恋「ふぅ...大分片付けたつもりでしたのに、書類がまだこんなにも残って──少し休憩しましょうか」

コンコン

恋(はて、こんな時間にどなたでしょう)

恋「どうぞお入り下さい」

ガチャッ

すみれ「やほー、遊びに来たわよ」

恋「あぁ、すみれさんでしたか」

4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:28:38.94 ID:zhpOXjWN
恋「部活はどうしたのですか?」

すみれ「休憩中に抜け出してきたの。恋の様子を見に来たの。それより貴女大丈夫? 見た感じ随分お疲れみたい」

恋「...えぇまぁ。今生徒会長の仕事と文化祭の仕事を両立していまして、──もう順調に作業こなすだけでも毎日ハードです」ニコニコ

すみれ「流石と葉月恋と言うか...それでも笑顔で居られる貴女が流石だわ。とても同じ高校一年生とは思えないし立派よね」

5: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:32:06.83 ID:zhpOXjWN
恋「立派という程ではないですよ。私はただ目の前にある問題を片付けているだけですから。」ニコッ

すみれ「エライエライ♪」ナデナデ

恋「うぅ...頭撫でないで下さい。恥ずかしいです///」カァァ

すみれ「──でも、あまり問題を一人で抱え込んじゃダメよ。頑張り過ぎて体を壊してしまうから」

6: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:33:03.24 ID:zhpOXjWN
すみれ「もし学校アイドル部にも出来ることがあったらいつでも頼ってくれてもいいんだからね」

すみれ「かのんも可可も千砂都も、ちゃんと貴女の抱える悩みや問題も正面から向き合って解決に導いてくれるはずだから。もちろん私も──」

恋「ありがとうございます...頼りにしてますね、すみれさん」

すみれ「わ、私だけじゃなくて皆にも頼るのよ!///」

7: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:34:07.54 ID:zhpOXjWN
すみれ「あ、そうだ。恋の大好きな飴持ってきたから、これ食べて元気出しなさい」

つ 苺飴

恋「あ、ありがとうございます!」

パクッ

恋(おいしい♡)パァッ

すみれ「どう?これで少し疲れが取れてきた?」

恋「はい、少しだけ♡」

すみれ「少しだけ...ね」

恋「?」

8: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:35:14.20 ID:zhpOXjWN
すみれ「あのさ、ちょっと私の前に立ってくれる?」

恋「えっと、何をするつもりですか?」

すみれ「いいからっ♪スタンドアップ!」

恋「分かりました...」スクッ

スタスタ

恋「それで、すみれさんは何を───」

ムギュッ

すみれ「...」ギュッ

恋「...すみれさん?」

9: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:36:51.47 ID:zhpOXjWN
恋「あの、これは一体?」

すみれ「ふふ、恋が元気になるよう今エネルギーを送ってるの。今の貴女の元気とはカラカラだから、私のハグで充電してあげてるって訳」

恋「なるほど...確かにこれは元気出ますね」

すみれ「でしょう?」

10: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:40:01.45 ID:zhpOXjWN
すみれ「でね。私、もっと元気が出る方法知ってるのだけれど試してみない?」

恋「試してみたいです。どうすればいいのですか?」

すみれ「恋の方からも私を抱き締めるの。そうすれば、充電スピードが上がってすぐに元気とやる気が恋の中でいっぱいになるわ」

恋「なるほど...では早速やってみましょうか」

ギュッ

恋「...ふふ、すみれさんあったかいです」

すみれ「...///」

11: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:41:30.12 ID:zhpOXjWN
恋「これで良いのですか?」

すみれ「うん。元気出てきた?」

恋「はい...ちなみにどれほど充電すればいいのですか?友人同士でこういったことをするの初めてなので、よく分かりません」

すみれ「時間なんて気にしなくていいのよ、恋が満足するまで好きなだけ私にくっついて充電しなさい」ギュッ

恋「分かりました。ではもうしばらく充電させてもらいますね───」

ギュッ

15: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:47:23.09 ID:zhpOXjWN
恋(全く、私はどうしてしまったのでしょう...)

恋(昔の私なら、すみれさんに甘えるようなことはなかったはずなのに)

恋(──違いますね。彼女が優しい人だと知ったから、こうして甘えるのでしょうね)

恋(けどこうして甘えることがとても心地いい)


恋(私は今、、、とっても幸せです)



──
───

17: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:54:45.59 ID:zhpOXjWN
ピロン

すみれ「あ、誰かからLINE来たみたい」

恋「かのんさん達からでは?」

すみれ「あーそうかもね。勝手に抜け出してきたから心配して連絡してきたってとこかしら」

恋「長いこと抱き合っちゃいましたもんね。でもお陰でバッチリ充電させてもらいました♪ありがとうございますすみれさん!」

すみれ「どういたしまして」

18: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 19:56:24.40 ID:zhpOXjWN
すみれ「じゃあ私そろそろ行くから。ごめんね、お仕事残ってるのに勝手に邪魔しちゃって」

恋「気にしないで下さい。えっと...また充電させて下さいね」

すみれ「うん。また明日」

ガチャッ

すみれ「...」

クルッ

スタスタ

ムギュッ

恋「すみれさん...?どうしてまた充電を?」

すみれ「...///」

19: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2021/09/20(月) 20:01:08.54 ID:zhpOXjWN
すみれ「分かってるのよ。離れなくちゃいけないこと位。でも...もう少しだけ恋の熱を感じたいの」ギュッ

すみれ「もう少しだけ...いい?」

恋「もちろん構いません。すみれさんも私と同じ甘えん坊さんなのですね」

すみれ「ありがとう」

すみれ「...言っておくけど、こんなに甘えるのは恋だけなんだからね」

恋「冗談でも嬉しいです」

すみれ「嘘じゃ...ないんだから」

ギュッ...♡


──
───

終わり

引用元: 恋「すみれさんと充電」