1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:12:41.89 ID:pd2LTVfM0
私はいつも通り一緒に学校に行くために真姫ちゃんと凛ちゃんを待ってました

真姫「花陽、おはよ」

花陽「あ!真姫ちゃんおはよ!」

真姫「凛はまだ来てないの?」

花陽「うん…」

真姫「寝坊かしら?マッタク……」

花陽「あはは、もうちょっと待ってようか」

真姫「そうね」

そんな話をしていると、後ろから聞き覚えのある声が聞こえました。そうです、凛ちゃんです

凛「うす……花陽、真姫」

花陽「あ、おはよ!凛ちゃ……!?」

真姫「遅いわよ……って!え!?」




そこには男の子の格好をした凛ちゃんが居ました

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429582361

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:13:11.50 ID:pd2LTVfM0
花陽「え!?凛ちゃん!?」

真姫「どうしちゃったのよ!?それ!?」

凛「……別に、皆はこういうり…俺を望んでるんだ」

真姫「何よそれ!イミワカンナイ!」

凛「うるさいな、早く学校に行くよ」

真姫「何ですって!?」

花陽「……」


私には、凛ちゃんがどうしてこうなったのか心当たりがありました

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:13:38.83 ID:pd2LTVfM0
それは昨日……

~回想~

凛「かよち~ん!次体育だよ!早く行くにゃー!!」

花陽「ちょっと待って~」

凛「あははー!かよちん遅いにゃ~!」

モブA「ふふ、星空さんったら、まるで男の子みたい」

モブB「元気いっぱいな所とかね~」

凛「!」

花陽「凛ちゃ~ん!お待たせ~」

凛「……」

花陽「……凛ちゃん?」

凛「!?か、かよちん!?」

花陽「凛ちゃん?大丈夫?」

凛「…あはは!凛は大丈夫にゃ!さ!行くよ~!」

花陽「わわわ!引っ張らないで~」

凛「……」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:14:04.97 ID:pd2LTVfM0
~体育の時間~

凛「えへへ!いっちば~ん!!」

体育教師「お~流石星空だな!」

凛「まぁね!」

体育教師「もしお前が男の子なら、きっとモテモテ何だろうな!ははは。」

凛「!」

モブC「そうそう!もし男の子だったら私惚れてたかも~」

モブD「星空さんの走ってる姿カッコイイもんね~」

凛「……」

花陽「凛ちゃん……」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:14:35.79 ID:pd2LTVfM0
そして部活を終えて帰り道……いつもは楽しく帰る筈なのに空気は重かった

凛「……」テクテク

真姫(ちょっと花陽、凛どうしちゃったの?)

花陽(今日皆から男の子みたいって言われてて……気にしてるみたい)

真姫(ふ~ん、花陽、元気づけてあげなさいよ。きっとあなたの言葉なら凛も喜ぶはずよ)

花陽(……うん!)

花陽「ねぇ!凛ちゃん!」

凛「……なに?」

花陽「私は凛ちゃんのことすっごく可愛いと思ってるから!」

凛「……!ありがと、かよちん」

花陽「うん!」

凛「じゃあ凛、こっちだから!バイバーイ!」

花陽「バイバイ!凛ちゃん♪」

真姫「じゃあね凛、花陽」

花陽「うん!真姫ちゃんバイバイ!」



この時の私はまさかこんなことになるとは思ってもいませんでした……

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:15:04.76 ID:pd2LTVfM0
~そして現在~

凛「……」テクテク

真姫「……」テクテク

花陽「……」テクテク

花陽(どうして……?凛ちゃん……)

凛「かよっ……花陽、大丈夫か?」

花陽「!!だっ!大丈夫だよ!凛ちゃん!」

凛「ハハ、ちゃん付けはやめてくれよ。凛、もしくは凛くんって呼んで」

花陽「ええ!?そんないきなりは無理だよぅ……」

凛「ハハハ、花陽は可愛いな」ニコッ

花陽「ふぇ!?///」

真姫「……」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:15:41.57 ID:pd2LTVfM0
凛「真姫、さっきから黙ってるけどどうしたんだ?」

真姫「……別に」

凛「ふーん、そう」

凛「……」テクテク

真姫「……」テクテク

花陽「……」テクテク

花陽(うぅ……気まずいよぉ……)

<ネェアレッテ……
<ホシゾラサン……ダヨネ?
<ドウシテオトコノコノカッコウシテルンダロ……
<チョットカッコイイカモ……

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:16:26.03 ID:pd2LTVfM0
穂乃果「あ!花陽ちゃんだ!お~い!……ん!?」タタタッ

海未「あ!穂乃果!いきなり走らないで下さ……え!?」タタタッ

ことり「二人ともどうしたの……ってえ!?」タタタッ

凛「……うす、穂乃果ちゃん、海未ちゃん、ことりちゃん」

3人「……」ポカーン

海未「……って!凛!なんて格好をしてるんですか!?校則違反ですよ!?」

穂乃果「そこ!?」

ことり「や~ん!凛ちゃんかっこいい~!」

凛「……今日はこの格好で居させて…あとちゃん付けはやめてくれる?」

海未「……何かあったんですか?」

凛「……別に、気分転換だよ」

海未「……まぁ追及はしませんが、怒られても知りませんよ?」

凛「……良いんだよ、皆が望んでる事だから」

花陽・真姫「……」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:16:52.54 ID:pd2LTVfM0
~教室~

ガラッ

<ザワザワ

モブA「キャー!凛ちゃん男の子になってるー!」

モブB「キャー!カッコイイー!!」

モブC「本当に男の子に成っちゃった……」

モブD「……///」ポッ

凛「皆、おはよ」ニコッ

<キャー!リンクーン!
<カッコイイー!

凛(やっぱり……皆は凛が男の子になることを望んでるんだ……)

先生「おはよー、席に付け……!?」

凛「先生、おはよ」

先生「星空!なんて格好をしてるんだ!」

凛「……別に良いじゃないか、皆望んでるんだし」

先生「だが!校則違反だぞ!」

凛「……チッ!うっせーな!」

先生「……!?」ビクッ

先生「……分かった、今日は見逃してやる。」

凛「……あんがと」

先生「……悩みがあるなら、いつでも言えよ?」

凛「……うん」

花陽・真姫「……」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:17:19.85 ID:pd2LTVfM0
~昼休み~

モブA「ねー!凛くん!一緒にご飯食べよ!」

モブB「あ!ズルイ!私も私も~!」

ワイワイガヤガヤ

花陽「すごいね……」

真姫「……そうね」


凛「皆ごめんな!?今日はか……花陽と真姫と食べる約束してんだ」

エ-!
ソンナー!

凛「また皆と食べてあげるから……な?」ウインクッ

キャー!
ヤクソクダヨー!





凛「花陽、真姫!おまたせ!」

花陽「凛ちゃん…凄い人気だね…」

真姫「……ふん!」

凛「真姫、どうしたの?凛があまりにもかっこいいから見とれちゃった?」

真姫「……違うわよ!」タッ

凛「あ、真姫!……ったく、何だよ……花陽、俺かっこいいか?」

花陽「え!?……うん、かっこいいよ」

凛「えへへ~、……ハッ!」

凛「ゴホン……へへ、ありがと」ウインクッ

花陽「う、うん……!」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:18:00.87 ID:pd2LTVfM0
そして放課後

にこ「……穂乃果から話は聞いてたけど…」

希「これはまた……」

絵里「ハラショー……」

凛「もう!何だよ3人共!早く練習行くよ!」

えりのぞにこ「……」


~練習後~

絵里「はい、今日の練習はここまで!」

凛「今日は絶好調だったにゃ……ぜ!」

穂乃果「……何か違う」

凛「え?」

穂乃果「今日の凛ちゃんは何か違う!」

凛「ほ、穂乃果ちゃん何言ってるんだよ、凛は凛だよ?」

真姫「穂乃果の言う通りよ!」

凛「真姫……!」

真姫「そうよ!私の知っている凛は!お前なんかじゃない!」ダッ

穂乃果「真姫ちゃん!」

凛「……」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:18:28.87 ID:pd2LTVfM0
にこ「真姫ちゃん!……凛!私も真姫ちゃんと同意見よ!」ダダダッ

凛「何だよ……」

絵里「……ねぇ凛、何で男の子になったの?」

凛「皆、男の俺を望んでるんだ。だから男になった。そしたら皆に褒めてもらえたし喜んで貰えた。だから今の俺が一番なんだよ」

絵里「本当にそうかしら?」

凛「……どういう事?」

希「皆が皆、今の凛ちゃんを望んでる訳やないんよ?」

絵里「少なくとも、私も真姫のように今の凛を望んでないわ」

凛「……あっそ、花陽、帰るよ」

花陽「う、うん……」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:19:04.48 ID:pd2LTVfM0
~帰り道~

凛「……ったく!なんなんだよ皆して……絶対今の俺の方が良いのに…」

花陽「……凛ちゃん」

凛「なに?ちゃん付けやめて」

花陽「凛ちゃんは……今の凛ちゃんが好きなの?」

凛「……当たり前だろ?俺は今の俺に満足してる。」

花陽「……そっか、じゃあ私はこっちだから。バイバイ」フリフリ

凛「おう、またな!」

凛(……本当に今のままで良いのかな…?)

凛(ううん!良いに決まってる!これならかよちんにも……!)

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:19:30.27 ID:pd2LTVfM0
花陽「はぁ……どうしたら良いんだろ…」

希「教えて欲しい?」

花陽「ピャァ!の、希ちゃん!」

希「やっほ」

花陽「驚かさないでよぉ……」

希「驚かせたつもりないんやけどな……」

花陽「あはあ……で、どうすれば良いの?」

希「あぁ、これは花陽ちゃんにしか出来やんことや」

花陽「私しか?」

希「明日、凛ちゃんが本気でぶつかってくる。そんときに花陽ちゃんが思ってることを思いっきり言うんや」

花陽「ぶつかる?どうして分かるの?」

希「決まってるやん。カードがそう告げるんや」

花陽「……」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:19:58.37 ID:pd2LTVfM0
~次の日~

凛「皆、おはよ」ニコッ

キャーキャー!
リンクーン!
カッコイイ!

凛(ほらみろ!やっぱりこっちの凛の方がいいんだ!)

凛(後はかよちんに……)

凛「……花陽」

花陽「ん?何?」

凛「放課後、体育館裏に来てくれない?」

花陽「……うん、分かった」

真姫「……」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:20:39.11 ID:pd2LTVfM0
~放課後 体育館裏~

凛「……来たね」

花陽「おまたせ」

凛「いや、待ってないよ。それより俺の話を聞いてくれる?」

花陽「……うん」

凛「今の凛のこと……どう思う?」

花陽「うん、かっこいいと思うよ」

凛「そう……それじゃあさ」ズイッ

花陽「!?」ビクッ

凛「俺……花陽の事が好きなんだ。付き合ってくれ」クイッ

花陽「……ごめんなさい」ウルウル

凛「ッ!?」

花陽「私もね、凛ちゃんの事が大好きだよ」

凛「じゃあ何で!!」ドン!

花陽「……ッ!離れて!」

凛「!?」ビクッ

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:21:08.13 ID:pd2LTVfM0
花陽「確かに!私は凛ちゃんの事が好き!」

花陽「でも!私の好きな凛ちゃんは!明るくて!笑顔で!いつも私を引っ張ってくれて!抱きしめちゃいたくなるくらい可愛い!そんな凛ちゃんなの!今の凛ちゃんじゃないの!」ダッ

凛「かよちん!」

凛「……」

真姫「ようやく分かったかしら?」

凛「……見てたの?」

真姫「ごめんなさいね。でも、これで自分はどうするべきか、分かったわよね?」

凛「……うん、真姫ちゃん。ごめんなさい」ポロポロ

真姫「もういいわよ……それより、謝らなくちゃならない人が居るでしょ?」

凛「!凛!行ってくる!」ダダダッ

真姫「うん、それでこそ私の好きな凛よ」クスッ

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:21:49.42 ID:pd2LTVfM0
~公園~

花陽「……はぁ」

<カヨチーン!

花陽「!!」

凛「かよちん!かよちん!かよちーん!!」ダキッ

花陽「り、凛ちゃん!?」

凛「かよち~ん!ごめんなさ~い!凛が間違ってたよ~」グスグス

花陽「クスッ、凛ちゃんが分かってくれたなら、それでいいよ。だから泣き止んで?」ポンポン

凛「うん……」グスグス

花陽「もう、泣き止まない子はこうだよ?」

チュッ

凛「!!///」

花陽「うん!やっぱり凛ちゃんは可愛い!」

凛「えへへ~///」

花陽「えへ///ちょっと恥ずかしいな///」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:22:37.24 ID:pd2LTVfM0
凛「凛ね、なんで男の子になったと思う?」

花陽「みんなに男の子みたいって言われたから?」

凛「ううん、別にクラスの子達や先生に男の子みたいって言われたからじゃないの」

凛「凛は、ずっと前からかよちんの事が好きだったの」

凛「でもずっと、女の子同士なんておかしいと思ってた」

凛「だから男の子になったらって思ったの!かよちんと付き合えるかもと思って……」

凛「だから男の子になったんだけど……結局失敗しちゃったね」アハハ

凛「けど!次は失敗しないよ!」

凛「もう一回言います!かよちん!私と付き合ってください!」

花陽「……うん!もちろん!」グスッ

凛「あ!かよちん泣いてるにゃ~!」

花陽「だって、嬉しくって……私も凛ちゃんが好きだったから…」ポロポロ

凛「よ~し!」

チュッ

花陽「!///」

凛「えへへ~///さっきのお返し///」

花陽「うん!やっぱり!こっちの凛ちゃんが好き!大好き!」ダキッ

凛「凛も!かよちん大好き!」ダキッ

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/04/21(火) 11:23:10.45 ID:pd2LTVfM0
こうしてわたし達は付き合うことになりました

真姫ちゃんもすっかり機嫌がよくなって、いつも楽しく登校してます。

クラスの一部は少し残念がってたけど……やっぱりみんな、こっちの凛ちゃんの方がいいみたいです!




凛「かよち~ん!一緒に部活に行くにゃ~!!」

花陽「凛ちゃ~ん!待って~!」


私は、こんな日常が大好きです!

終わり

引用元: 花陽「凛ちゃんが男の子になっちゃった……」