1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 09:49:20.66 ID:L0Sfp2kg0
ダンガンロンパ安価スレ



前スレ
【ダンガンロンパ 】俺「安価で今度こそコロシアイ学園生活を生き残る」part4 




巻き戻しは章が違うと不可になります
俺が死亡時は捜査開始前に死亡した場合は章の最初から、捜査開始後に死亡した場合はそこからとなります
デスペナはありません
事件が起きるまでの章前半ゾロ目は主にアイテムか、再判定
捜査開始後のゾロ目は主に好感度ボナ
巻き戻しの最大ストックは2つまで
コンマ振り直しの最大ストックは5つまで

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1634950160

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 10:08:27.22 ID:L0Sfp2kg0
コンマ03(13)
2階廊下


葉隠「…見たか苗木っち?」

苗木「う、うん…。俺君が霧切さんを男子トイレに連れ込んでたね…」

苗木「何するんだろ?…」

葉隠「そりゃ何って  しか無いだろ」

苗木「え…?でもそんな男子トイレなんかで…」

葉隠「きっと俺っちの 癖だってアレが。霧切っちは流されて彼氏の 癖に染まって行ってるんだ!」

苗木「ええ…でも一昨日は俺君、皆んなに謝罪して何股もかけてたって…」

葉隠「アレも俺っちの作戦だろ。ああする事で自分の 癖を理解してくれる女はいったい誰が残るのかって」

苗木「それが霧切さんだったって事?…」

葉隠「そうとしか思えねえ」

苗木「う、うーん…」

葉隠「別に俺っちの 癖にどうこうケチつけるつもりないけど、オレ達の目の届く所でああ言う事するのはやめてほしーべ」

苗木「まぁ…そうだね…」

葉隠「と言うか、ぶっちゃけ羨ましい」

苗木「ええ…」

葉隠「だってよ!霧切っち以外も腐川っちと朝日奈っちと舞園っちは既に俺っちに攻略されてるんだぞ!?」

葉隠「俺っち1人にだ!」

苗木「え?…うん…」

葉隠「ウカウカしてるとマズイぞ苗木っち…。このままだとこの学園の女子は皆んな俺っちの女になっちまう…」

葉隠「そうしたらオレ達は今見たような光景をこれからずっと指を加えて見て行かなきゃならねえ…」

苗木「そ、それは嫌だね…」

葉隠「だろ!?オレ達も何とかして1人の男としてこの過酷な生存競争生き残らねーと!」

苗木「いや、その前にこのコロシアイ学園生活を生き残らないとだけど…」

苗木(生存競争を生き残る…か)



葉隠の好感度が2に下がった

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 10:10:44.01 ID:L0Sfp2kg0
同じなのでカット
保健室

朝日奈「どうしてなの…。何でこんな事に…」ポロポロ...

霧切「…。」スタスタ

俺(今朝の朝食会…。俺達は一向に姿を現さない山田君を心配して、動機が発表された後でもあったので訪ねてみた…)

俺(だが、山田君の部屋は鍵が開きっぱなしで中には誰も居らず手分けして捜索する事になったのだが…)

舞園「俺君!」タッタッタッ

大神「今のアナウンスは!?」タッタッタッ

俺「…また、起きてしまった」フルフル

苗木「えっ…あっ!?」

セレス「犠牲になったのは山田君と石丸君でしたか」

葉隠「い、いっぺんに二人死ぬとかありえねえべ…」

霧切「山田君は胸に刺された後…。石丸君には後頭部を何かで殴られた跡があるわね…」

俺「他殺か…」

セレス「つまり、生き残っているメンバーの中に犯人がいると言う事ですわね」

全員「「…。」」ゴクリッ

俺「…。」


『この学園の事で重大な発見をした。俺君と二人きりで相談したい事がある。23時半になったら娯楽室まで来て。霧切』

霧切『誰かが私になりすまして、俺君を誘き寄せて殺害しようと目論んでたんじゃない?』



俺(アレを俺に宛てて書いた人がこの事件に関係してるのは恐らく間違い無いだろう…)

俺(昨晩犯人が俺に向けていた殺意は、俺が現れなかった為にその代わりに山田君と石丸君の方へと向いてしまったんだろう…)

山田「」ドクドク...
石丸「」ドクドク...

俺(ここで殺される訳にはいかない…。二人を殺した犯人を見つけなければ…)



───捜査開始

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 10:16:14.39 ID:L0Sfp2kg0
前スレ1000(コンマ振り直し権利
保健室

俺「山田君…。石丸君…」ゴクリッ...

山田「」ドクドク...
石丸「」ドクドク...

朝日奈「うぅっ…何で…」ポロポロ...

セレス「ふむ…」カチッ

電子生徒手帳「モノクマファイル3」

セレス「事件が起きたのはやはり夜時間みたいですわね。ですが、今回はモノクマファイルに書かれた手掛かりも少ない…」

セレス「珍しいですわね。こうもファイルに記述された内容が少ないのは」

苗木「自分達で捜査しろって事か…」

セレス「フッ、今回の犯人はモノクマの忖度すら受けてついてますわね」

大神「難しい事件になりそうだな…」

俺「…。」

俺「ッ…」グッ

俺「…。」スタスタ

舞園「お、俺君…」

俺(ようやくここから出られるかもしれない糸口を掴んだんだ…)

俺(未だこんな所で終われない…。いや、終わらせたくない!)

俺「…それでも、事件を解決して犯人を見つけ出して…生き残るんだ俺達が」

霧切「そうね…」スタスタ...

俺「霧切さん…?」

霧切「…私達は未だやり残した事がある。そうでしょう?」

俺「…!」

俺(そうだ。一緒にあの部屋を見た彼女も真実を知りたがっている…)

俺(どんなに苦しい状況でも、俺達はこんな所で躓いている訳にはいかない…)

俺(逆境には慣れている…。だから、必ず今回も事件を解決して二人を殺した犯人を特定しなければ…)


コンマ下二桁
76以上最後に霧切が持って来た証拠により、真犯人が分かってしまった…
41~75この事件の全貌は見えて来たが、何かが引っかかっていた…
21~40証拠はそこそこ揃ったが、全貌までは見えなかった
20以下俺、今回の事件ではあまり頭が回らなかった


安価下

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 10:17:23.31 ID:voFJFZpCO
うーん

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 11:06:32.95 ID:L0Sfp2kg0
巻き戻し権利を使用しますか?(@1

1使用する
2このまま行く

多数決下3まで

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 11:16:28.12 ID:h+YcYXeIO
1

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 11:34:50.83 ID:L0Sfp2kg0
>>18
見つかっての方です

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 11:40:53.48 ID:L0Sfp2kg0
やり直し場所を決めます
指定が2回被った場所から再開します

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 11:41:20.74 ID:ua+waNvhO
前964

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 11:54:08.86 ID:L0Sfp2kg0
俺個室
布団の中

霧切「俺君、演技で良いのにちょっとやり過ぎでしょ?…///」ヒソヒソ

霧切「ほ、本当に妊娠しちゃうじゃない…///」

俺「霧切さんだって途中までノリノリだったじゃん」

霧切「それは…別に良いでしょ?こ、恋人なんだから…///」

俺「可愛い…」ギュウッ

霧切「…///」ニヤッ

霧切「…!」ハッ

霧切「ちょっと俺君、本来の目的を忘れてるわよ?」ヒソヒソ

俺「え?本来の目的?…あ、確か黒幕を欺くって…」

霧切「時間もそろそろ経ったし、始めましょうか。私に話を合わせて」

俺「何を…?」

布団「」モゾッ

霧切「俺君ったら、どんな趣味よ…。まさか、個室じゃ無くて外で りたいなんて…///」

俺(えっ…?ええっ!?)

霧切「…。」ジッ

俺(くっ…。目で合わせろと訴えかけてきてる…。こうなったらやるしか無いか…)

俺「いやあ偶にはちょっと違う事もしてみたいかなって…///」

霧切「…本当に変 だわ。4股してる時に他の女の子にこの 癖が露見しなくて良かったわね」

霧切「こんな変 な 癖理解してあげられるの、私くらいなものよ…///」

俺(霧切さんもそれで良いのか…)

俺「じゃ、じゃあ一旦服着て場所変えてみないか?」

霧切「仕方ないわね…///」

俺(いったい何処へ行く気なんだ?…)




2階トイレ前

霧切「この辺りなら一通りも少なそうだし、大丈夫かしら…///」

俺(トイレ…?何があるんだここに?…)

監視カメラ「」ウイ-ン

俺(とりあえずずっと   してた最中だったし、黒幕は今の俺達の事を欲 中の唯のバカップルにしか見えて無い筈…)

俺(だとしたら、このまま流れに乗るしか無いか…)

俺「霧切さん、俺もう待ちきれないよ。早く行こうぜ」ギュッ

霧切「ちょっ…!?///」

霧切胸「」モ ッ


コンマ下二桁
61以上俺達は誰にも見られる事無く男子トイレの一番奥の部屋へと入った
41~60朝日奈、舞園に見られていた…
40以下苗木、葉隠に見られていた…


安価下

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 11:55:56.56 ID:3b9f2yoKO

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 12:02:56.80 ID:L0Sfp2kg0
コンマ56(66)(行く場合は巻き戻し権利)

巻き戻し権利を直ぐに使用して振り直しますか?
1使用する
2このまま行く

多数決下3まで

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 12:10:25.95 ID:mqTxwieJ0
1

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 12:16:14.89 ID:L0Sfp2kg0
巻き戻しを使用します

コンマ下二桁
61以上俺達は誰にも見られる事無く男子トイレの一番奥の部屋へと入った
41~60朝日奈、舞園に見られていた…
40以下苗木、葉隠に見られていた…


安価下

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 12:16:33.33 ID:lvXlLmuxO

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 12:19:41.80 ID:L0Sfp2kg0
コンマ33(再判定)

コンマ下二桁
51以上俺達は誰にも見られる事無く男子トイレの一番奥の部屋へと入った
31~50朝日奈、舞園に見られていた…
30以下苗木、葉隠に見られていた…


安価下

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 12:20:06.86 ID:T2KvqkkGO
まだかよ

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 12:35:25.68 ID:L0Sfp2kg0
コンマ86(96)

コンマ振り直し権利を使用しますか?(@1
1使用する
2このまま行く

多数決下3まで

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 12:36:14.22 ID:wdFxDRkMO
1

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 13:06:26.50 ID:L0Sfp2kg0
コンマ振り直しを使用します

コンマ下二桁
51以上俺達は誰にも見られる事無く男子トイレの一番奥の部屋へと入った
31~50朝日奈、舞園に見られていた…
30以下苗木、葉隠に見られていた…


安価下

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 13:06:57.18 ID:knjd++5mO

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 13:19:19.31 ID:L0Sfp2kg0
コンマ18(28)(葉隠好感度2に低下)
保健室

俺「山田君…。石丸君…」ゴクリッ...

山田「」ドクドク...
石丸「」ドクドク...

朝日奈「うぅっ…何で…」ポロポロ...

セレス「ふむ…」カチッ

電子生徒手帳「モノクマファイル3」

セレス「事件が起きたのはやはり夜時間みたいですわね。ですが、今回はモノクマファイルに書かれた手掛かりも少ない…」

セレス「珍しいですわね。こうもファイルに記述された内容が少ないのは」

苗木「自分達で捜査しろって事か…」

セレス「フッ、今回の犯人はモノクマの忖度すら受けてついてますわね」

大神「難しい事件になりそうだな…」

俺「…。」

俺「ッ…」グッ

俺「…。」スタスタ

舞園「お、俺君…」

俺(ようやくここから出られるかもしれない糸口を掴んだんだ…)

俺(未だこんな所で終われない…。いや、終わらせたくない!)

俺「…それでも、事件を解決して犯人を見つけ出して…生き残るんだ俺達が」

霧切「そうね…」スタスタ...

俺「霧切さん…?」

霧切「…私達は未だやり残した事がある。そうでしょう?」

俺「…!」

俺(そうだ。一緒にあの部屋を見た彼女も真実を知りたがっている…)

俺(どんなに苦しい状況でも、俺達はこんな所で躓いている訳にはいかない…)

俺(逆境には慣れている…。だから、必ず今回も事件を解決して二人を殺した犯人を特定しなければ…)


コンマ下二桁
66以上最後に霧切が持って来た証拠により、真犯人が分かってしまった…
31~65この事件の全貌は見えて来たが、何かが引っかかっていた…
11~30証拠はそこそこ揃ったが、全貌までは見えなかった
10以下俺、今回の事件ではあまり頭が回らなかった


安価下

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/23(土) 13:19:52.83 ID:snleTeguo

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 00:20:23.53 ID:AKnxbgY90
コンマ83(93)(ほぼ原作と同じなの学級裁判は簡易版に)
学級裁判場

霧切「山田君の死因は、現場に落ちていた包丁で刺された物…刺された箇所の傷跡も一致していたわ」

腐川「そ、そんな所まで見るなんて…相変わらずグロいのが好きな変 だわ…///」

朝日奈「腐川ちゃんはずっと気絶してたしね…」

腐川「し、仕方ないでしょう!?あんな血の海の部屋を平気で捜査できるアンタらの方がおかしいわよ!?」

霧切「ちゃんと調べないと真実に辿りつかないでしょう?私はここで間違えて処刑されたく無いだけ…」

腐川「うぅ…」

舞園「えっと…それじゃあ凶器が分かったと言う事は、次は山田君を殺害した犯人を見つけ出さないとですね…」

セレス「2人を殺害した犯人はこの中の誰か…と言う事ですわね」

俺「いいや、それは違うな」

セレス「…違う?どう言う事ですか俺君?」

俺「山田君を殺した犯人はこの中には居ないんだ」

苗木「居ない?…」

葉隠「じゃ、じゃあいったい誰が殺したんだべ!?まさか、これまでに死んだ誰かの幽霊とか…」

朝日奈「あり得ないでしょ…」

江ノ島「仮に幽霊が殺したとかなら学級裁判が成り立たなくね?…」

大神「俺は犯人には検討がついているのか?…」

俺「ああ…。山田君を殺した犯人は石丸君だよ…」

苗木「えっ!?い、石丸君が!?」

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 00:20:52.52 ID:AKnxbgY90
学級裁判場

葉隠「それこそあり得ねえだろ!?」

霧切「どうしてそう思うのかしら?」

葉隠「だ、だってよ!石丸っちは殺されてる被害者なんだぞ!?」

俺「確かに石丸君は被害者だ…。だけど、石丸君が犯人と言うのは現場の証拠が物語ってるんだ」

葉隠「証拠?…」

俺「ああ…石丸君の手には美術室のハンマーが握られていたけど、手の先には真新しい深い切り傷があった…」

俺「アレは恐らく山田君を刺した際に負った傷だと思う…」

朝日奈「でもそれだけで、石丸が山田を殺した犯人って…」

俺「他にもあるんだ。石丸君の服には山田君を刺した際についた返り血がベッタリとついていた…」

俺「自分の身体の頭部以外は何処にも傷なんて負って無いのにだ」

舞園「それが山田君の…」

俺「あぁ、石丸君の遺体の傷付いた手や衣服から見てそうとしか考えられない…」

霧切「事件の起きる直前…山田君が廊下を歩いていた石丸君を追って行ったと言う証言も確認できているしね…」

葉隠「へ?誰が見たんだ?…」

霧切「それは本人の意向により言えないわ…」

葉隠「ええ…」

俺(アルターエゴ…。アレを俺達が隠し持っていることがモノクマに伝わる訳にはいかないからな…)

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 00:40:07.46 ID:AKnxbgY90
学級裁判場

朝日奈「けど、どうして山田を殺害した石丸も死んでるのかな?…」

舞園「石丸君の致命傷の後頭部にはハンマーで叩かれた傷があったんですよね?…」

セレス「恐らく、そのハンマーを石丸君本人が持っていたと言う事は…」

腐川「わ、分かったわ!石丸の奴…さては罪の意識に耐え切れずに自殺したのよきっと!」

江ノ島「外に出たいが為に他の奴を殺したのにそんな事ある?」

葉隠「いや、あの時の石丸っちなら有り得るかもしれん…相当追い込まれてたしな…」

大神「それでは、今回2人を殺害した事件の犯人はここには居ないと言う事か…」

朝日奈「この場合って犯人は石丸…で良いのかな?…」

セレス「モノクマに聞けば宜しいでしょう。事件も解決できた事ですし、さっさと投票タイムに移りましょうか。モノクマさん?」

モノクマ「うん?もう議論の方は終わりで良いのかな?」

苗木「ちょっと待って…」

江ノ島「苗木?どったの?」

苗木「何か変じゃない?…」

葉隠「変って何が変なんだべ?」

苗木「だってさ、もし石丸君が自殺したんだとしたら…石丸君の残したあのダイイングメッセージは何だったんだろう?…」

朝日奈「あぁ、そっか。あれ結局何だったんだろ?…」

苗木「自殺するつもりなら、残す必要がないよね?…」

大神「確かに…」

腐川「き、きっと辞世の言葉でも書いてたのよ…」

大神「遺言と言う事か…」

舞園「ですが、石丸君が血文字で残していた言葉って3文字だけでしたよね?…確か<1 十みたいな…」

舞園「流石に遺言にするには短過ぎるような…意味も分かりませんし…」

俺「そう…確かにまだこの事件は終わって無いぞ」

江ノ島「へ…?終わって無いの!?」

腐川「石丸が犯人なんじゃなかったの!?」

葉隠「ど、どう言う事なんだべ?…」

霧切「…石丸君の残したダイイングメッセージ…アレは反対から読むのよ」

舞園「反対から?…」

俺「ああ、それに十じゃ無くて、上に変に跳ねてた場所も文字としてつけ加えるんだ…」

セレス「…。」

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 00:56:35.53 ID:AKnxbgY90
学級裁判場

舞園「反対から読む且つ、十の頭の跳ねてる場所も文字として読み取ると…」

苗木「十に見えてたのはセ……1はレ…?」

朝日奈「え?…」チラッ

セレス「…。」

江ノ島「最後の>みたいなのは?…」

俺「アレは恐らくスって書きたかっけど、途中で力尽きたんだと思う…下に血文字の線も伸びてたし…」

葉隠「それじゃあ全て組み合わるとセレス…あっ!」

俺「…セレスさん。君が石丸君を殺害した真犯人だな?」チラッ

セレス「なるほど…。俺君と霧切さんはあのダイイングメッセージのような物を解いて最初ならわたくしに狙いを定めてましたか…」

霧切「…。」

セレス「ですが…その推理は間違いですわよ!!!」クワッ

朝日奈「ひいっ!?」ビクッ!!

舞園「せ、セレスさん?…」ゴクリッ...

俺「何が違うのかな?…」

セレス「何もかも違うんだよ!!何だその当て字の当て方は…十も<も全部私だと擦りつけたいように自分の都合の良いように改変してるだけじゃねーか!!」

俺「そうかもしれない…だけど…」

セレス「そもそも!わたくしが犯人ならそんな痕跡残さねーに決まってるだろ!?」

セレス「わたくしは裏社会を実力で練り歩いてきた超高校級のギャンブラー、セレスティア・ルーデンベルクだぞ!?」

セレス「それを分かってんのかビチグソがぁ!?」ビシッ

俺「…確かに、普段のセレスさんならそんな痕跡完全に消してここで俺達を負かしていたかもしれない」

セレス「うるせー!!このクソガキ!ぶち殺すぞ!」

俺「でも、君がその現場に至ったのは誤算があったからだろ?…」

セレス「誤算だと!?何か言ってみろ!?」

俺「…本当は君は、念入りに段取りを考えて…俺を殺そうとしていた」

セレス「…!」

俺「だが、俺は君が呼び出した現場に現れなかった為に急遽ターゲットを変えるしか無かった…」

俺「そこで目をつけたのが、自分の事を出し抜き…ここから卒業を考えようとした石丸君だった…」

セレス「ッ……」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 01:19:12.02 ID:AKnxbgY90
学級裁判場

舞園「ど、どう言う事ですか?…俺君を殺そうとしてたって…」

俺「実は俺は昨日の夜、霧切さんを名乗った何者かに呼び出されてたんだ…」スッ

舞園「それは…」


「この学園の事で重大な発見をした。俺君と二人きりで相談したい事がある。23時半になったら娯楽室まで来て。霧切」


腐川「し、深夜に2人きりでいったい何を…!?」

葉隠「さては2人で娯楽室でやらしい事しようとしてたんだろ!」

江ノ島「この流れで何でそうなるの…」

霧切「…それを俺君に書いたのは私じゃないわ」

俺「これを俺に書いたのはセレスさん…君だな?…」

セレス「…。」

セレス「何故、そう思われますの?…」

俺「証拠があるからだ…」チラッ

霧切「…。」スッ

苗木「あ…。それ…」


「この学園の事で重大な発見をした。俺君と二人きりで相談したい事がある。23時半になったら娯楽室まで来て。霧切」


霧切「セレスさんの部屋にあるメモ帳の筆圧をなぞったの。聞いた事無い?こうする事で文字が浮かび上がってくるのを…」

セレス「…。」

大神「なるほど…。それを調べる為に、捜査時間中に全員の部屋の鍵を集めていたのか…」

霧切「そうね…。セレスさんだけで良かったけど、1人だけだと怪しまれて証拠も隠蔽されそうだから皆んなも巻き込ませて貰ったわ」

俺「この、俺に差し出されたメモも霧切さんの持っているメモの筆圧を照らし合わせると…」スッ

苗木「あ…」

舞園「筆跡が一致する…」

江ノ島「それじゃあ…」

セレス「…。」

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 01:25:36.77 ID:AKnxbgY90
学級裁判場

スロット「セレスセレスセレス」パパ-ン!!

「GUILTY!!」


モノクマ「大正解!!今回山田君を殺害した人物は石丸君でしたが、その石丸君を殺害した人物はなんとセレスティアなんちゃらさんなのでした!」

俺「モノクマファイルに書かれてる事件が起きた時刻と、これに指定されてる時刻は5分違い…」

俺「霧切さんになりすませ、俺を待ち伏せて殺害する予定だったセレスさんは俺が来なかったハプニングにより1階の保健室で事件を起こしていた石丸君をターゲットに変更して持っていた美術室のハンマーで殺害した…」

俺「だけど、予定が代わり急いでいた君は石丸君の死を見届けるまで確認はしなかった…そこに隙が生まれた…」

俺「…そうだな?セレスさん」

霧切「…。」

セレス「…。」

セレス「フッ…ふふ…」

全員「…!」

セレス「なるほど…。人の生命力を侮ってしまったわたくしの負け…ですか…」

セレス「いえ、用意周到に準備していたのに予定通り現れなかった俺君の運の良さに負けたと言うべきでしょうか?」

俺「…。」

セレス「聞かせてくださいます?その時間、俺君は何をしていたのか」

俺「…いや、普通に紙に気が付かなくて気付いたのがそもそも1時間後だった」

苗木(ええ…)

セレス「フッ…なるほど…。俺君なら気付くと…評価し過ぎていたわたくしの完敗ですわね」ニコッ

俺「他人を評価する癖が仇となったな…。俺はそこまでできた人物じゃ無い…」

セレス「ええ、本当に……。ですが…」

セレス「……いえ、この先の事はもうわたくしには関係の無い事」

俺「??」

セレス「始めてください。モノクマさん」スタスタ

モノクマ「ラジャー。それじゃあ素直にお仕置き場の方へと向かって下さい」

俺「セレスさん…」

セレス「皆さん。それではまた来世でお会いしましょう」ニコッ

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 01:33:21.32 ID:AKnxbgY90
お仕置き場

火炙りにされて真っ黒になったセレス「」

モノクマ「いやあ、ようやく女子から犠牲が出てくれたね」

モノクマ「男子ばっかり死ぬし、なのに俺君は何股もしてめちゃくちゃしだすし」

モノクマ「このまま女子による俺君を巡ってバトルロワイヤルの展開も期待したけど、それは見る事ができなくなりそうで良かった良かった」

モノクマ「そうだね?苗木君、葉隠君?」

苗木「ふ、ふざけるなよ!」

葉隠「そ、そうだ!オレと苗木っちは死なねーぞ!?」

霧切「…。」

俺(セレスさん…)

火炙りを喰らい真っ黒になったセレス「」

俺(…彼女は最後、俺に何を伝えようとしたんだろうか?)

俺(アレだけ仲は良好だったのに、こうなる運命を変える事はできなかったのだろうか…)

俺(今はただ、俺は無事に生き延びた安心感よりも……親しい友を失った喪失感を感じるしか無かったのだった…)



第3章END

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 01:34:38.56 ID:AKnxbgY90
第3章END(活躍率100%)


1次のチャプターへ進む(エピローグ選択へ)
2章の最初から始める

多数決下5まで

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 01:34:49.91 ID:8MjNEhtB0

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 07:10:34.57 ID:AKnxbgY90
最初から始めます
最初からやり直します
分岐までカット
廊下

俺「…。」ヨロヨロ...

俺(うぅ…。まさか、朝日奈さんに手を出してしまった事で、こんな事になるなんて…)

俺(睡眠不足、体力不足、精力不足…。今日はもうこのまま部屋へ戻って休まないと死ぬ…)ヨロヨロ

俺(そこを曲がれば俺の部屋だ…)スタスタ


コンマ下二桁
51以上誰も居なかったので俺は何とか部屋に戻ってシャワーを浴びてベッドにダイブした
31~50舞園が俺の部屋の前に居た
11~30江ノ島が俺の部屋の前に居た
10以下腐川が俺の部屋の前に居た


安価下

72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 07:13:36.93 ID:d5dBEBJEO
ほい

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 07:16:19.96 ID:AKnxbgY90
コンマ93(98)
俺個室

俺(俺は部屋へ戻るなり、異様な匂いを消す為にシャワーを浴びて…)

俺(ベッドへダイブした…)

俺「はぁ…。少し仮眠取ったら朝食会に行こう…」ボフッ

俺(どうせ霧切さんとか葉隠君が現れるるのは9時頃だし、偶にはいつもより1時間くらい遅れても良いだろ…)

俺「…。」

俺(…うん?何かポケットに入ってる)ゴソゴソ

俺ズボンポケット「朝日奈   「」」

俺「これは朝日奈さんの…。あぁ、そっか。剥いだ時に邪魔だったからポケットに入れたままなんだった…」

朝日奈xxxx「」

俺「…まぁ返さなくて良いか。このまま貰うとしよう」ゴソゴソ

俺(とりあえず朝日奈さんの事は置いといて…)

俺(俺は現在舞園さんと付き合いつつ、江ノ島さんから好意を伝えられて、腐川さんとも付き合って…)

俺(それでもって霧切さんとよりを戻した…?いや、在るべき姿に戻ったと言うべきか?…)

俺(このまま隠したままで良いんだろうか…)


1やっぱり、はっきりしないといけないよな…。皆んなを呼び出して俺がクズでしたと白状しよう…
2…いや、ここまで来たら隠し通して俺はハーレム王になろう!


多数決下3まで


朝日奈の   を入手した

74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 07:17:27.79 ID:xKWBGppSO
1

76: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 07:25:11.88 ID:AKnxbgY90
分岐までカット
3階廊下

俺(新たに解放されていた3階には、物理室、美術室、娯楽室があった)

俺(また手分けして捜索する事になったが、それぞれ興味がある部屋に向かって行く…)

俺「…。」

俺(残念ながらこの階にも学園長室は無かった…)

俺(…と言う事は次の階にあるんだろうか?)

俺(仕方ない。一先ず俺もこの部屋の探索をしに行くとするか…)



1物理室を見に行く
2美術室を見に行く
3娯楽室を見に行く


多数決下3まで

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 07:26:22.73 ID:YONoxK76O
3

79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 08:12:27.19 ID:AKnxbgY90
娯楽室

俺「娯楽室か…」スタスタ...

セレス「フフ…こんな部屋もあったなんて。この部屋が有ればここでの生活もますます充実した生活になりそうですわね)

俺「…。」

俺(…セレスさんは本気でここでの生活を受け入れるつもりなんだろうか)

俺「ここにある雑誌も。最近の物じゃ無いな…」

監視カメラ「」ウイ-ン

モノクマ『えー、残念ながら最新の雑誌を置く事はできませーん』

俺(…雑誌が有れば外の状況も確認できるかと思ったが、あくまで俺達に外の情報は与えないつもりか)

葉隠「将棋にオセロにチェスにダーツにビリヤード」

葉隠「はぁ…これだけあっても相手が居なきゃな。一人で遊んでもつまんねえって」

セレス「あら?では宜しければわたくしがお相手を務めましょうか?」

葉隠「超高校級のギャンブラーと対決しても勝てる訳が無いべ…」

葉隠「負け続けるだけのゲームなんかやってもつまらないしな…」

セレス「あら、それは残念ですわね」

葉隠「やっぱゲームは俺と同じくらいの実力の奴とじゃねえと…なぁ俺っち。俺っちくらいなら俺でも戦える自信あるぞ」

俺「…。」



1俺はセレスさんに勝つ自信あるぞ
2セレスさんの相手になるかどうか分からないが、いつか挑んでみたいな
3葉隠君には負けない
4悪いが俺はこう言うゲーム苦手なんだ葉隠君…

多数決下3まで

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 08:15:49.12 ID:HZVXTpQSO
1

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 08:31:50.62 ID:AKnxbgY90
娯楽室

俺「俺はセレスさんに勝つ自信あるぞ」

葉隠「え?…」

セレス「フッ…俺君がわたくしに?」

俺「ああ」

セレス「確かに、学級裁判の時の俺君の発想力と閃きは目を見張る物が有りますが…」

セレス「超高校級のギャンブラーであるわたくしに、ゲームの実力で上回るなど…」

俺「だったら、今ここで勝負してみるか」

セレス(こいつ…)ピキッ

セレス「フッ、構いませんわよ?なら今ここで勝負してみます?」

俺「ああ、ならビリヤードなんてどうだ?」

セレス「何でも構いませんわ。俺君の得意な種目でどうぞ」

セレス「そうですわ。万が一にでも俺君がわたくしに勝てたら何でも一つだけ言う事を聞いてあげましょう」ニコッ

俺「ほう、大きく出たな」

セレス「ええ、その代わり負けた時は二度とわたくしにゲームで勝てるなどとイキら無いで下さいね」

俺「面白い」

葉隠「お、おいやめとけって俺っち…潰されんぞ?…」

俺「大丈夫さ。まぁ見とけって」スタスタ

セレス「うふふ、俺君の実力が楽しみですわ」ニコニコ

セレス(そのプライド、ズタズタに引き裂いてやるよ…)

俺(そして、俺は本気になったセレスさんと対戦した結果……)


コンマ下二桁
71以上本当に勝った(セレス好感度6に上昇+イベント)
56~70俺、言うだけは有り接戦だったが負けた(セレス好感度6に上昇)
41~55普通に負けた
40以下びっくりするくらい惨敗し、靴を めさせられた…(セレス好感度4に低下)


安価下

84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 08:33:18.11 ID:iEkLW9V3O

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 08:34:36.02 ID:AKnxbgY90
コンマ11(再判定)

コンマ下二桁
61以上本当に勝った(セレス好感度6に上昇+イベント)
46~60俺、言うだけは有り接戦だったが負けた(セレス好感度6に上昇)
31~45普通に負けた
30以下びっくりするくらい惨敗し、靴を めさせられた…(セレス好感度4に低下)


安価下

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 08:35:46.04 ID:dE/YyztoO
はい

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 08:43:16.53 ID:AKnxbgY90
コンマ04(09)
同じなのでカット
食堂

江ノ島「てか3階にもやっぱ出口なんか無かったね…」

朝日奈「はぁ…いよいよ、いつになったらここから出る時が来るのか心配になって来たよ…」

セレス「良いではありませんか。ここの生活に慣れてしまえば殺人とは無縁になりますわ」

セレス「皆さんで生きていきましょう」ニコッ 

葉隠「簡単に言うけど厳しいべ…」

山田「ここにはアニメが無いから地獄だ…」

苗木「舞園さんも早く出たいよね…」

舞園「私は……」チラッ

苗木「え?…」

舞園(俺君さえ居れば、ここでの生活も別に…///)

腐川(か、仮にここで一生生活する事になっても、あたしには恋人が居るから怖い物無しね…うふ…うふふ…///)

江ノ島(ここで生活する事になったら、あたしはいつか俺君と…///)

朝日奈(…あぁ…。また俺と りたいなぁ…///)

俺「…あれ?」

女子達「…。」ジッ...

俺(落胆してる男子達とは反対に、何か女子達の視線が俺の方に集まって…)ゴクリッ...

霧切「…。」

俺(もしかして、予定通り謝るならこのタイミングしか無いか?…)


1事実を打ち明け、皆んなに土下座して謝る
2……未だ早いな。未だ打ち明ける時では無い


多数決下3まで

88: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 08:45:26.69 ID:CLKV0vwkO
1

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 08:51:15.64 ID:AKnxbgY90
食堂

俺(……やはりここしか無い。言おう!)グッ

俺「皆んな!俺からも一つ、聞いて欲しい事があるんだ!」ガタッ

葉隠「ん?未だ何かあんのか?」

俺「…。」スタスタ

苗木「俺君?…」

山田「どうして移動されるのですかな?…」

石丸「…。」

俺「…。」土下座「」バッ

江ノ島「は?…」

舞園「ど、どうしたんですか俺君?…」

腐川「な、何で急に土下座?…そ、そう言うxxx!?///」


大神「何か謝罪をしなきゃならない事でもあるのか?…」

俺「ああ、ある…」

朝日奈(え?まさか…?)

霧切「…。」

俺「スゥ-...ハァ-...」

俺(さらば俺の学園生活……)

俺「霧切さん、舞園さん、江ノ島さん、腐川さんごめんなさい!」

舞園&江ノ島&腐川「「え?…」」

俺「俺は……特定の女の人を選べずに…4股してました!!」ググッ

全員「…。」シ-ン...

苗木「…。」

苗木「…え?よ、4股!?」

葉隠「ど、どう言う事だべ!?はっ…」

舞園「う、嘘だよね?俺君…?」

俺「…本当だ。俺は皆んなと恋人になってたんだ…」

舞園「…うっ…」グスッ

江ノ島「嘘でしょ?最低だよ…」

腐川「そ、そう言うxxx!?あ、ああ…なるほど…。あたしを驚かす為に、ドッキリか何かなのね…」

俺「いや、本当なんだよ…。周りの反応を見たら分かると思うが、本当に4股していた俺は…」

朝日奈(俺…)

俺(更に朝日奈さんと昨晩xxxxした罪もここで白状してしまうか…?)


1俺の罪を全て洗いざらい白状する
2……いや、そこまで言う必要無いな。むしろ俺の方が被害者だし

多数決下3まで

91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 08:52:45.69 ID:1NsP5lhZO

93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 09:11:38.76 ID:AKnxbgY90
同じなのでカット
脱衣所

霧切「さてと…」

俺「あ、えーと…」

霧切「…。」

俺「…今の俺と居るところを見られると、他の人から霧切さんまで変な目で見られたり噂が立つかもしれない」

霧切「…。」

俺「俺は先に部屋に戻るよ」クルッ

霧切「別に良いじゃ無い。他人の評価や噂を立てられようと…」

俺「え?…」クルッ

霧切「確かに俺君は最低な事をしたわ。女の敵…いえ、今の私達の状況だと男の敵でもあるから両方かしら?」

俺「うっ…」ズキッ

霧切「でも俺君は今のままではいけないと考え、状況を変えようと自分の罪を皆んなに打ち明けた…」

霧切「ちゃんと反省しているのなら、もうそれでいいじゃない」

俺「で、でも…やっぱり許される事じゃ無いだろ…」

霧切「許せないからって、いつまでも避けていたらやり方は黒幕と同じよ」

俺「え?…」

霧切「…黒幕は罪を償う機会すら与えず、処刑するだけ」

霧切「でも、私達は黒幕とは違う…。そうでしょう?」

俺「霧切さん…」

霧切「ちゃんと反省しているのだったら、赦してあげる事だってできる…」

霧切「だから、私も最初は怒ってはいたけど…今はもう気にして無いわ」

俺「…!!」

霧切「だ、だから……。きっと俺君とは協力しないとここから出る事は不可能なんだし…」

霧切「俺君はこれまで通り、こ、これからも私の傍に居なさいよ…///」

俺「霧切さん…」


1ごめん…。本当にすまなかった…。もう二度とこんな事はしないと…これからは絶対に君を悲しませたりしないと誓うよ(俺は自分の過ちを深く反省した)
2こ、これまで通り…って事は…(俺は気が付けばまた霧切さんを押し倒して襲っていた…)


多数決下3まで

94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 09:13:19.97 ID:b5VyEx6DO
1

96: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 10:11:37.02 ID:AKnxbgY90
俺部屋

俺(霧切さんと和解して、部屋に戻った俺は…)

俺「…悪いのは俺なんだし、皆んなに謝らないとな」

俺「とりあえず今日の内に夜時間に入る前に1人謝りに行こう」

俺(俺が行かなきゃいけない所は 欲に任せて した朝日奈さん…)

俺(そして4股してた事を隠して付き合っていた舞園さん、江ノ島さん、腐川さんの所か…)

俺(苗木君、山田君、葉隠君、石丸君、大神さん、セレスさんはまぁ関係無いし行かなくて良いな…)

俺「とにかくこの4人の場所へ行かないと…」


コンマ下二桁
61以上俺は先ず朝日奈の所へ向かった
41~60俺の部屋がノックされた
11~40俺の部屋のチャイムが1回だけ鳴った
10以下俺の部屋のチャイムがしつこく鳴った


安価下2

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 10:14:27.92 ID:QhFQCf6qO

106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 14:06:13.10 ID:AKnxbgY90
コンマ92(巻き戻し+コンマ振り直し2)
巻き戻し権利を使用しますか?

1使用する
2使用しない

多数決下3まで

108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 14:11:27.46 ID:HUKcg63XO
1

111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 14:18:13.03 ID:AKnxbgY90
あからさまなアイテム狙いでのやり直しが目的になっていて、これでは今後納得するまで全く進まないので他の世界線へ行った場合(クリア後の最初から含む)前の世界線へと巻き戻せるのは今後不可能とします


巻き戻し権利を使用します
質問タイムを
1挟む(30分のみ
2挟まない


多数決下3まで

112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 14:18:56.15 ID:mG5gCKEuO
1

131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:23:01.51 ID:AKnxbgY90
24からやり直します
俺個室
布団の中

霧切「俺君、演技で良いのにちょっとやり過ぎでしょ?…///」ヒソヒソ

霧切「ほ、本当に妊娠しちゃうじゃない…///」

俺「霧切さんだって途中までノリノリだったじゃん」

霧切「それは…別に良いでしょ?こ、恋人なんだから…///」

俺「可愛い…」ギュウッ

霧切「…///」ニヤッ

霧切「…!」ハッ

霧切「ちょっと俺君、本来の目的を忘れてるわよ?」ヒソヒソ

俺「え?本来の目的?…あ、確か黒幕を欺くって…」

霧切「時間もそろそろ経ったし、始めましょうか。私に話を合わせて」

俺「何を…?」

布団「」モゾッ

霧切「俺君ったら、どんな趣味よ…。まさか、個室じゃ無くて外で りたいなんて…///」

俺(えっ…?ええっ!?)

霧切「…。」ジッ

俺(くっ…。目で合わせろと訴えかけてきてる…。こうなったらやるしか無いか…)

俺「いやあ偶にはちょっと違う事もしてみたいかなって…///」

霧切「…本当に変 だわ。4股してる時に他の女の子にこの 癖が露見しなくて良かったわね」

霧切「こんな変 な 癖理解してあげられるの、私くらいなものよ…///」

俺(霧切さんもそれで良いのか…)

俺「じゃ、じゃあ一旦服着て場所変えてみないか?」

霧切「仕方ないわね…///」

俺(いったい何処へ行く気なんだ?…)




2階トイレ前

霧切「この辺りなら一通りも少なそうだし、大丈夫かしら…///」

俺(トイレ…?何があるんだここに?…)

監視カメラ「」ウイ-ン

俺(とりあえずずっと   してた最中だったし、黒幕は今の俺達の事を欲 中の唯のバカップルにしか見えて無い筈…)

俺(だとしたら、このまま流れに乗るしか無いか…)

俺「霧切さん、俺もう待ちきれないよ。早く行こうぜ」ギュッ

霧切「ちょっ…!?///」

霧切胸「」モ ッ


コンマ下二桁
61以上俺達は誰にも見られる事無く男子トイレの一番奥の部屋へと入った
41~60朝日奈、舞園に見られていた…
40以下苗木、葉隠に見られていた…


安価下

132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:23:15.45 ID:JbiRb17KO
たのむ

133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:24:37.50 ID:AKnxbgY90
コンマ45(55)(再判定)


コンマ下二桁
51以上俺達は誰にも見られる事無く男子トイレの一番奥の部屋へと入った
31~50朝日奈、舞園に見られていた…
30以下苗木、葉隠に見られていた…


安価下

134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:24:49.07 ID:5Hx2u8qSO
はい

140: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:33:28.05 ID:AKnxbgY90
コンマ振り直し権利を使用しますか?(@2
1使用する
2このまま行く

多数決下3まで

141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:33:46.88 ID:5/hAgQM5o
1

144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:41:12.62 ID:AKnxbgY90
コンマ振り直し権利を使用します


コンマ下二桁
61以上俺達は誰にも見られる事無く男子トイレの一番奥の部屋へと入った
41~60朝日奈、舞園に見られていた…
40以下苗木、葉隠に見られていた…


安価下(単発末尾Oの場合は無効

145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:42:07.63 ID:/508EpDvO

149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:44:43.97 ID:AKnxbgY90
コンマ73(83)

コンマ振り直し権利を使用しますか?(@1
1使用する
2このまま行く

多数決下3まで

151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:45:10.76 ID:zgW0s0SlO
1

155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:58:42.79 ID:AKnxbgY90
コンマ振り直し権利を使用します


コンマ下二桁
61以上俺達は誰にも見られる事無く男子トイレの一番奥の部屋へと入った
41~60朝日奈、舞園に見られていた…
40以下苗木、葉隠に見られていた…


安価下(単発末尾Oの場合は無効

156: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 15:58:51.40 ID:zgW0s0SlO
さて

160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 16:13:05.56 ID:AKnxbgY90
コンマ40(50)
廊下
壁の横

朝日奈「見た?舞園ちゃん…」

舞園「え、ええ…。俺君と霧切さんが男子トイレの方に…」

朝日奈「…何するのかな?」

舞園「俺君、霧切さんの胸を触ってましたよね…?と言う事は多分…これから…///」

朝日奈「や、やっぱりそうだよね…///」

朝日奈(あぁ…。やっぱり霧切ちゃんだけいいなぁ…)

朝日奈「…///」モジモジ

舞園(私も未だ納得できてないよぉ…///)

舞園「…///」モジモジ

朝日奈「あ、あのさ…。私達が注意しに行かない?…///」

舞園「え?…」

朝日奈「ほら。やっぱり、ああ言う事って外でやるもんじゃ無いし…///」

舞園「そ、そうですね!!直ぐに注意しに行きましょう!///」スタスタ

朝日奈&舞園((2人はどんな   してるんだろう…?///))ソワソワ...



男子トイレ奥

俺「流石に男子トイレにはカメラは設置されて無いみたいだな」キョロキョロ

霧切「ここよ」スッ

俺「用務室?ここに何が…?」

霧切「いいえ、この壁の奥…」グッ

俺「???」

壁「」グルンッ

俺「えっ!?」

霧切「恐らく、黒幕も知らない秘密の部屋だわ」スタスタ

俺(何で本当に秘密の部屋が当たり前かのようにあるんだよ…) スタスタ...

161: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 16:22:28.89 ID:AKnxbgY90
秘密の部屋

俺「どうやってここを知ったんだ?…」スタスタ

霧切「この階層のここだけ、プールが上に作られていて他の部屋とは造りが変わってたから念入りに知らべてたのよ」

霧切「そしたら偶然…」

俺「…。」スタスタ

霧切「この前はあまり男子トイレに長居するのもマズイと思って直ぐに出るしか無かったけど、黒幕は今私達がここのトイレで未だ   してると思ってる筈…」

霧切「これで少しはゆっくり調べられそうね。身体を張った甲斐があったわ」スッ

棚に置かれた本「」

俺「黒幕も知らない部屋なら何か外へ出られる手掛かりが見つかるかもしれないか…」チラッ 

ネット回線「」

俺(ネット回線もある。もしかしたらアルターエゴならここから外の情報を手に入れる事ができるかもしれないか?…)スッ


朝日奈『あれー?居ないね?』


俺&霧切「「え?…」」ビクッ!!

霧切「…どうして朝日奈さんと舞園さんがここに?」

俺「分からない…何で…」



舞園『おかしいですね?2人がここへ入る所は見てたんですが…』


霧切「…。」

俺(げっ…監視カメラに向かっての演技を2人に見られてたのか…)

霧切「…仕方ないわ。一旦出直しましょう」

俺「え?だが…」

霧切「男子トイレに女子3人が集まるのは流石に不自然過ぎるわ…」

霧切「今は黒幕に怪しまれる前にここを出ましょう…」

俺「そうだな…。また時間を改めて来るしか無いか…」

162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 16:31:38.80 ID:AKnxbgY90
男子トイレ

用務室扉「」ガチャッ

朝日奈「えっ!?」ビクッ!!

俺「や、やぁ舞園さん、朝日奈さん…」スタスタ

舞園「2人とも、どうしてそんな狭い所に…」

霧切「…それはこっちのセリフよ。どうして貴女達が男子トイレに入って来てるの?」

朝日奈「そ、それは…ねえ?…///」

舞園「え、ええ…2人でこんな場所でxxxxするなんてズルいです!」

俺「いや、何でズルいんだよ…」

舞園「そ、それは…///」

霧切「悪かったわね。ちょっといつもと変わったスリルを楽しみたくて」

舞園「うっ…」

霧切「でも、やっぱりこんな狭い場所でするのは無理だったわ…」

朝日奈「そりゃそうだよ!xxxxはもっと広い場所じゃないと楽しめ無いよ!」

霧切「…。」

俺「と、とにかく皆んな出ようか…。もう用事は無くなったし…」

霧切「はぁ……そうね…」

舞園「うん…」

朝日奈「そうだね…」

俺「…。」

俺(なんなんだこの会話…。この空気…)

俺(誰一人得してない…。全員ガッカリしてるじゃないか…)

俺(思惑はバラバラだが…)

163: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 17:13:41.61 ID:AKnxbgY90
俺個室

俺(あの後、俺達は一旦解散した)

ベッド「」ドサッ

俺「…。」

俺(はぁ…折角身体まで張って演技したのにな…)

俺「…。」

俺「…///」

俺(…いや、ヤッてる最中は本当は演技じゃなくお互い普通に楽しんでたんだけど)

俺「はぁ…気持ちよかったなぁ…///」

俺「…て浮かれてる場合じゃない」フルフル

俺(あの部屋の謎はまた何れ調査に向かうので良いとして…)

俺(今は動機が発表されて1日が経過したんだ…)

俺(今までは大抵翌日迄に何かが起きていたから、この時間まで何も起きなかったのは不思議な感覚だ…)

俺「そろそろ夜時間だ…。このまま何も起きなければ良いが…」

俺「とりあえず女問題は一通り片付いた事だけが救いだな…」

俺「俺はもう誠実に生きると決めたし、女関係の問題はこれ以上起こらないと思うが…」



コンマ下二桁
31以上部屋に霧切が訪ねて来た
30以下しかし、扉にメモが…


安価下

164: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/24(日) 17:13:50.31 ID:eT15y8twO
てい

183: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/25(月) 07:23:57.51 ID:NP6sDi/K0
コンマ31(41)
俺個室

モノクマ『えー、校内放送でーす。 午後10時になりました。 ただいまより夜時間になります』

モノクマ『間もなく食堂はドアをロックされますので、立ち入り禁止となりま~す。 ではでは、いい夢を。おやすみなさい…』

俺「夜時間か…」

俺(秘密の部屋の調査はまた明日かな?…)

俺(いや、それは無いか。霧切さんなら……)

チャイム「」ピンポ-ン

俺「フッ…やっぱりそうだろうな」スタスタ

───
──




霧切「どうしたの?ニヤニヤして?気持ち悪いわよ?」

俺「いや、霧切さんの事が何となく分かって来た気がして…」

霧切「え?…何よ急に…」

俺「ううん。何でも無いさ」

霧切「…。」

霧切「逆に聞きたいのだけど…」

俺「うん?」

霧切「俺君…私の事をあれだけ抱いておいて、未だ理解して無かったの!?」

俺「あ、いや…違うくて!そ、そう言う訳じゃ…」

霧切「フッ、冗談よ」

俺「へ?…」

霧切「俺君の癖に生意気だったからちょっとやり返してみただけ」ニヤッ

俺「ええ…」

俺(そうだった…俺が無意識に霧切さんを理解してるように、霧切
さんも俺の事知ってるんだった…)

霧切「フッ…」

俺「…。」

俺「まぁいいか…。可愛いから許す」

霧切「ッ…!///」

俺「お…?」

霧切「コホン…もう戯れるのは良いでしょう?//」

俺「あ、ああごめん。そろそろ本題に入ろうか。」

霧切「とりあえず、私がわざわざ他の人達が外出禁止のこの時間にここに来た意味…俺君は既に理解できてるみたいね?」

俺「ああ…」

霧切「それじゃあ…」



コンマ下二桁
71以上俺と霧切さんは一旦   して1時間半後に向かおうとした結果、途中保健室の電気が点いている事に気が付いた
70以下俺と霧切さんは直ぐにもう一度秘密の部屋へと向かい調査を行った


安価下

184: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/25(月) 07:28:05.82 ID:q9EQ0ffzO

187: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 16:54:20.56 ID:qpJzzR4N0
コンマ82(92)
俺個室

霧切「早速……と言いたい所だったけど…」

俺「え?…」ドキッ

霧切「…俺君。どうして下半身を膨らませてるの?」

俺「あ、い、いや…これは…その…///」

霧切「もしかして本当は違う事を期待していたのかしら?」

俺「そんな事無い!そんな事無いが…その…」

俺「昼間の事を思い出しちゃって…///」

霧切「…///」

霧切「はぁ…仕方ないわね」スッ

俺「霧切さん?…」

霧切「その状態だと動けないでしょう?処理しないと…///」

俺「あ…///」



───
──


188: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 16:54:47.47 ID:qpJzzR4N0
1階廊下

霧切「はぁ…本当、俺君の 欲には困ったものね」スタスタ

俺「相性が良さ過ぎるんだよ。霧切さんと」スタスタ

霧切「まぁ…それは、私も同意はするけど…///」スタスタ

俺「え?何か言った?」

霧切「…何も言ってないわ」スタスタ

俺「そ、そうか…うん?」チラッ

霧切「どうしたの?さっさと2階に…」

俺「いや、何故か保健室の電気が点いてて…」

保健室「」パアァ...

霧切「保健室の…?一応、夜時間は外出禁止のルールがある筈だけど…」

俺「誰か電気消し忘れただけかな…?」

霧切「…どうかしら?」

俺「どうって…他に何が…。いや、まさか…」

霧切「…。」

俺「とにかく確認してみよう」スッ

扉「」ガラッ

俺「誰か……」

霧切「…。」

俺「……え?」


コンマ下二桁
81以上山田が死亡し、石丸が死のうとしていた
41~80山田と石丸が死亡し、セレスがその場に居た
40以下山田と石丸が死亡していた…

安価下

189: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 16:55:27.00 ID:IVxnqibSo

190: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 17:01:13.51 ID:qpJzzR4N0
コンマ00


14章にて残姉フラグゲット
2舞園or朝日奈or腐川好感度11に
3アイテム大量ゲット(巻き戻し2、コンマ振り直し3)
4男子の好感度回復(苗木6、葉隠5に上昇)


多数決下5まで

192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 17:02:45.79 ID:1C2EjK460
3で戻ろう

205: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 18:27:11.18 ID:qpJzzR4N0
アイテム大量入手
巻き戻し権利を使用しますか?(@2

1使用する
2このまま行く

多数決下3まで

206: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 18:27:49.25 ID:BJbA77OaO
1

208: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 18:36:59.07 ID:qpJzzR4N0
巻き戻し権利を使用します

忙しいので直ぐに再開は不可です
質問タイム19時半まで

279: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 20:39:11.24 ID:qpJzzR4N0
やり直し場所を決めます
指定が2回被った場所から再開します

281: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 20:39:54.58 ID:PDA1WmYnO
163

285: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 22:57:42.11 ID:qpJzzR4N0
163からやり直します
俺個室

俺(あの後、俺達は一旦解散した)

ベッド「」ドサッ

俺「…。」

俺(はぁ…折角身体まで張って演技したのにな…)

俺「…。」

俺「…///」

俺(…いや、ヤッてる最中は本当は演技じゃなくお互い普通に楽しんでたんだけど)

俺「はぁ…気持ちよかったなぁ…///」

俺「…て浮かれてる場合じゃない」フルフル

俺(あの部屋の謎はまた何れ調査に向かうので良いとして…)

俺(今は動機が発表されて1日が経過したんだ…)

俺(今までは大抵翌日迄に何かが起きていたから、この時間まで何も起きなかったのは不思議な感覚だ…)

俺「そろそろ夜時間だ…。このまま何も起きなければ良いが…」

俺「とりあえず女問題は一通り片付いた事だけが救いだな…」

俺「俺はもう誠実に生きると決めたし、女関係の問題はこれ以上起こらないと思うが…」



コンマ下二桁
21以上部屋に霧切が訪ねて来た
20以下しかし、扉にメモが…


安価下

286: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 22:58:01.11 ID:Qjzjw7nCO

289: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 23:01:48.20 ID:qpJzzR4N0
コンマ11(※+10すると上回るので再判定無し)
俺個室

モノクマ『えー、校内放送でーす。 午後10時になりました。 ただいまより夜時間になります』

モノクマ『間もなく食堂はドアをロックされますので、立ち入り禁止となりま~す。 ではでは、いい夢を。おやすみなさい…』

俺「夜時間か…」

俺(秘密の部屋の調査はまた明日かな?…)

俺(いや、それは無いか。霧切さんなら……)

チャイム「」ピンポ-ン

俺「フッ…やっぱりそうだろうな」スタスタ

───
──




霧切「どうしたの?ニヤニヤして?気持ち悪いわよ?」

俺「いや、霧切さんの事が何となく分かって来た気がして…」

霧切「え?…何よ急に…」

俺「ううん。何でも無いさ」

霧切「…。」

霧切「逆に聞きたいのだけど…」

俺「うん?」

霧切「俺君…私の事をあれだけ抱いておいて、未だ理解して無かったの!?」

俺「あ、いや…違うくて!そ、そう言う訳じゃ…」

霧切「フッ、冗談よ」

俺「へ?…」

霧切「俺君の癖に生意気だったからちょっとやり返してみただけ」ニヤッ

俺「ええ…」

俺(そうだった…俺が無意識に霧切さんを理解してるように、霧切
さんも俺の事知ってるんだった…)

霧切「フッ…」

俺「…。」

俺「まぁいいか…。可愛いから許す」

霧切「ッ…!///」

俺「お…?」

霧切「コホン…もう戯れるのは良いでしょう?//」

俺「あ、ああごめん。そろそろ本題に入ろうか。」

霧切「とりあえず、私がわざわざ他の人達が外出禁止のこの時間にここに来た意味…俺君は既に理解できてるみたいね?」

俺「ああ…」

霧切「それじゃあ…」



コンマ下二桁
71以上俺と霧切さんは一旦   して1時間半後に向かおうとした結果、途中保健室の電気が点いている事に気が付いた
70以下俺と霧切さんは直ぐにもう一度秘密の部屋へと向かい調査を行った


安価下

290: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 23:03:09.68 ID:JLMj58ZH0
振り直し使えんのかい

292: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 23:05:04.43 ID:qpJzzR4N0
コンマ68(78)
同じなのでカット
1階廊下

霧切「はぁ…本当、俺君の 欲には困ったものね」スタスタ

俺「相性が良さ過ぎるんだよ。霧切さんと」スタスタ

霧切「まぁ…それは、私も同意はするけど…///」スタスタ

俺「え?何か言った?」

霧切「…何も言ってないわ」スタスタ

俺「そ、そうか…うん?」チラッ

霧切「どうしたの?さっさと2階に…」

俺「いや、何故か保健室の電気が点いてて…」

保健室「」パアァ...

霧切「保健室の…?一応、夜時間は外出禁止のルールがある筈だけど…」

俺「誰か電気消し忘れただけかな…?」

霧切「…どうかしら?」

俺「どうって…他に何が…。いや、まさか…」

霧切「…。」

俺「とにかく確認してみよう」スッ

扉「」ガラッ

俺「誰か……」

霧切「…。」

俺「……え?」


コンマ下二桁
81以上山田が死亡し、石丸が死のうとしていた
41~80山田と石丸が死亡し、セレスがその場に居た
40以下山田と石丸が死亡していた…

安価下

293: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 23:06:01.59 ID:rsbfj0oSO
はい

294: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 23:07:29.93 ID:qpJzzR4N0
-10忘れてましたが変わらないのでそのまま(69)
巻き戻し権利を使用しますか?(@1

1使用する
2このまま行く

多数決下3まで

295: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/26(火) 23:08:26.32 ID:CRjrZX/30

335: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 11:45:36.51 ID:zd51ODOX0
12時になったらやり直し場所を決めます
1の合図待たずに早い順で2回場所が被った所から再開します

337: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 12:00:52.70 ID:8g54Q/bTO
前スレ953

339: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 12:14:23.90 ID:zd51ODOX0
前スレ953からやり直します
俺個室

俺「ごめん。ちょっと今日はこの後江ノ島さんと用事があって…」

セレス「あら、既に先約が居ましたの。昨日あんな事があったと言うのに流石俺君はモテモテですわね」ニコッ

俺「別にそんなんじゃ無いさ…。ただ、迷惑をかけた人達には改めてちゃんと話しておこうと思って…」

セレス「フッ、そうですか。では仕方ありませんわね、また機会がある時に遊んで下さい」スタスタ

俺「ああ…こんな俺で良ければ喜んで」

扉「」バタンッ

俺(さて…予定通り江ノ島さんのところへ行くか…)

俺(やはりこう言うのは早い方が良いよな。今日の間に行っておこう)スタスタ



江ノ島個室

江ノ島「どしたの俺?こんな時間に…?」

俺「ああ…えっと…」

江ノ島「もしかしてさっきのモノクマが提示した新しい動機の事?それなら別に」

俺「いや、違うんだ」

江ノ島「え?」

俺「昨日の昼間の事で…」

江ノ島「あぁ…別に良いよ。今更…」

江ノ島「アタシの方も超高校級のギャルの癖に、あんたに何股もかけられてたの見抜けなかったし…」

俺「…。」


1何かお詫びをさせて欲しい
2俺が言うのもなんだが黒幕を倒す為に力を貸して欲しい
3それでも君の気持ちを弄んですまなかった

多数決下3まで

340: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 12:18:17.95 ID:QGEqa2kLO
1

342: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 12:41:35.94 ID:zd51ODOX0
江ノ島個室

俺「何かお詫びをさせて欲しい」

江ノ島「は?お詫び?」

俺「ああ…君を傷つけて、謝罪も遅くなった君には特別に何かお詫びを…」

江ノ島「急にそんな事言われてもなぁ~」

俺「ああ…。俺で出来る事なら何でもする」

俺「江ノ島さんの叶えたい事を言ってくれ」

江ノ島「…。」



江ノ島好感度5
コンマ下二桁
99江ノ島「うん?い、今、何でもするって……」
81以上江ノ島「お詫びか……」(江ノ島好感度6に上昇)
51~80そんな重く考えないで良いと断られた
50以下逆に江ノ島の怒りを買ってしまった…(江ノ島好感度3に低下)


安価下

343: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 12:46:27.69 ID:7rLdGyPqO
えい

346: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 12:59:38.10 ID:zd51ODOX0
コンマ69(79)
振り直し権利を使用しますか?(@3

1使用する
2このまま行く

多数決下3まで

348: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 13:03:42.10 ID:CW4m8ALGo
2

350: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 13:14:06.47 ID:zd51ODOX0
コンマ69(79)
江ノ島個室

江ノ島「そんな深く考え無くて良いって」

俺「いや、しかし…」

江ノ島「はい、もうめんどいからそう言うの無しで」

俺「江ノ島さん…」

江ノ島「つーか、なーんか浅いんだよね俺って…」

俺「え?…」

俺(浅い…?)

江ノ島「まぁいいや…。もう今日は話したい気分じゃ無いから帰って」

俺「あ…」



江ノ島個室前

扉「」バタンッ

俺「…。」

俺(何か手順をミスったらしい…)

俺(結局、俺の案も飲んでくれず和解には至らなかったな…)

俺(また時間がある時に来た方が良さそうだ…)

351: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 13:15:05.58 ID:zd51ODOX0
同じなのでカット
脱衣所

俺「霧切さん…どうして山田君は…」

霧切「私は聞いているだけよ。夜中、勝手にアルターエゴを使っていた理由を…」

俺「夜中に勝手に…?」

山田「ぼ、僕はただお話をしてただけですぅ…」

舞園「お話ってアルターエゴとですか?…」

パソコン「」

山田「彼女は…僕の趣味丸出しの会話にも引かず…。初めてだったんですぅ…」

山田「普通の女の子と、あんな風に喋れたのってぇ…」

朝日奈「普通の女の子…じゃ無いけどね…」

腐川「て、て言うか…不二咲は男じゃないのよ…気持ち悪い…」

山田「僕にとっては!アルターエゴは女の子だったんです!」

セレス「はぁ…アレはただの人工知能です。貴方の話に興味を抱いたのであって、貴方に興味を抱いたのでは無いのです」

山田「う、うぐぐ…そ、そんなの…分かってるよぉ…」

山田「分かってるけどお…」

俺(女子に責められまくりでボロクソだな…)

霧切「ふぅ…山田君はこのアルターエゴが今の私達にとって、どれほど重要な物か理解できてないようね…」

山田「分かってます!分かってますよ…!だけど…」

霧切「俺君からも山田君に言ってあげたら?」

俺(…こっちに飛び火して来た。最悪だ)

俺「はぁ…」


1ま、まぁ、ここで密かに扱う分には別に良いんじゃないか?…(山田を庇う)
2山田君、アルターエゴじゃなくても女の子と話したいならここにも沢山居るじゃないか(厳しく責める)


多数決下3まで

352: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 13:19:24.05 ID:gcXEFehtO
1

355: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 13:26:02.33 ID:zd51ODOX0
同じなのでカット
俺個室
布団の中

霧切「俺君、演技で良いのにちょっとやり過ぎでしょ?…///」ヒソヒソ

霧切「ほ、本当に妊娠しちゃうじゃない…///」

俺「霧切さんだって途中までノリノリだったじゃん」

霧切「それは…別に良いでしょ?こ、恋人なんだから…///」

俺「可愛い…」ギュウッ

霧切「…///」ニヤッ

霧切「…!」ハッ

霧切「ちょっと俺君、本来の目的を忘れてるわよ?」ヒソヒソ

俺「え?本来の目的?…あ、確か黒幕を欺くって…」

霧切「時間もそろそろ経ったし、始めましょうか。私に話を合わせて」

俺「何を…?」

布団「」モゾッ

霧切「俺君ったら、どんな趣味よ…。まさか、個室じゃ無くて外で りたいなんて…///」

俺(えっ…?ええっ!?)

霧切「…。」ジッ

俺(くっ…。目で合わせろと訴えかけてきてる…。こうなったらやるしか無いか…)

俺「いやあ偶にはちょっと違う事もしてみたいかなって…///」

霧切「…本当に変 だわ。4股してる時に他の女の子にこの 癖が露見しなくて良かったわね」

霧切「こんな変 な 癖理解してあげられるの、私くらいなものよ…///」

俺(霧切さんもそれで良いのか…)

俺「じゃ、じゃあ一旦服着て場所変えてみないか?」

霧切「仕方ないわね…///」

俺(いったい何処へ行く気なんだ?…)




2階トイレ前

霧切「この辺りなら一通りも少なそうだし、大丈夫かしら…///」

俺(トイレ…?何があるんだここに?…)

監視カメラ「」ウイ-ン

俺(とりあえずずっと   してた最中だったし、黒幕は今の俺達の事を欲 中の唯のバカップルにしか見えて無い筈…)

俺(だとしたら、このまま流れに乗るしか無いか…)

俺「霧切さん、俺もう待ちきれないよ。早く行こうぜ」ギュッ

霧切「ちょっ…!?///」

霧切胸「」モ ッ


コンマ下二桁
91以上俺達は誰にも見られる事無く男子トイレの一番奥の部屋へと入った
71~90朝日奈、舞園に見られていた…
31~70苗木、葉隠に見られていた…
30以下江ノ島に見られていた…


安価下

356: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 13:27:54.76 ID:Yf1R8QHyO

359: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:12:10.95 ID:zd51ODOX0
コンマ76(86)
同じなのでカット
俺個室

俺(あの後、俺達は一旦解散した)

ベッド「」ドサッ

俺「…。」

俺(はぁ…折角身体まで張って演技したのにな…)

俺「…。」

俺「…///」

俺(…いや、ヤッてる最中は本当は演技じゃなくお互い普通に楽しんでたんだけど)

俺「はぁ…気持ちよかったなぁ…///」

俺「…て浮かれてる場合じゃない」フルフル

俺(あの部屋の謎はまた何れ調査に向かうので良いとして…)

俺(今は動機が発表されて1日が経過したんだ…)

俺(今までは大抵翌日迄に何かが起きていたから、この時間まで何も起きなかったのは不思議な感覚だ…)

俺「そろそろ夜時間だ…。このまま何も起きなければ良いが…」

俺「とりあえず女問題は一通り片付いた事だけが救いだな…」

俺「俺はもう誠実に生きると決めたし、女関係の問題はこれ以上起こらないと思うが…」



コンマ下二桁
31以上部屋に霧切が訪ねて来た
30以下しかし、扉にメモが…


安価下

360: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:12:27.49 ID:MI+XJIk6O
てい

361: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:14:06.40 ID:zd51ODOX0
コンマ49(59)
俺個室

モノクマ『えー、校内放送でーす。 午後10時になりました。 ただいまより夜時間になります』

モノクマ『間もなく食堂はドアをロックされますので、立ち入り禁止となりま~す。 ではでは、いい夢を。おやすみなさい…』

俺「夜時間か…」

俺(秘密の部屋の調査はまた明日かな?…)

俺(いや、それは無いか。霧切さんなら……)

チャイム「」ピンポ-ン

俺「フッ…やっぱりそうだろうな」スタスタ

───
──




霧切「どうしたの?ニヤニヤして?気持ち悪いわよ?」

俺「いや、霧切さんの事が何となく分かって来た気がして…」

霧切「え?…何よ急に…」

俺「ううん。何でも無いさ」

霧切「…。」

霧切「逆に聞きたいのだけど…」

俺「うん?」

霧切「俺君…私の事をあれだけ抱いておいて、未だ理解して無かったの!?」

俺「あ、いや…違うくて!そ、そう言う訳じゃ…」

霧切「フッ、冗談よ」

俺「へ?…」

霧切「俺君の癖に生意気だったからちょっとやり返してみただけ」ニヤッ

俺「ええ…」

俺(そうだった…俺が無意識に霧切さんを理解してるように、霧切
さんも俺の事知ってるんだった…)

霧切「フッ…」

俺「…。」

俺「まぁいいか…。可愛いから許す」

霧切「ッ…!///」

俺「お…?」

霧切「コホン…もう戯れるのは良いでしょう?//」

俺「あ、ああごめん。そろそろ本題に入ろうか。」

霧切「とりあえず、私がわざわざ他の人達が外出禁止のこの時間にここに来た意味…俺君は既に理解できてるみたいね?」

俺「ああ…」

霧切「それじゃあ…」



コンマ下二桁
71以上俺と霧切さんは一旦   して1時間半後に向かおうとした結果、途中保健室の電気が点いている事に気が付いた
70以下俺と霧切さんは直ぐにもう一度秘密の部屋へと向かい調査を行った


安価下

362: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:14:17.86 ID:Kk34WwMQO
やはりここを狙われるか…

365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:19:02.91 ID:zd51ODOX0
コンマ86(96)
同じなのでカット
1階廊下

霧切「はぁ…本当、俺君の 欲には困ったものね」スタスタ

俺「相性が良さ過ぎるんだよ。霧切さんと」スタスタ

霧切「まぁ…それは、私も同意はするけど…///」スタスタ

俺「え?何か言った?」

霧切「…何も言ってないわ」スタスタ

俺「そ、そうか…うん?」チラッ

霧切「どうしたの?さっさと2階に…」

俺「いや、何故か保健室の電気が点いてて…」

保健室「」パアァ...

霧切「保健室の…?一応、夜時間は外出禁止のルールがある筈だけど…」

俺「誰か電気消し忘れただけかな…?」

霧切「…どうかしら?」

俺「どうって…他に何が…。いや、まさか…」

霧切「…。」

俺「とにかく確認してみよう」スッ

扉「」ガラッ

俺「誰か……」

霧切「…。」

俺「……え?」


コンマ下二桁
81以上山田が死亡し、石丸が死のうとしていた
41~80山田と石丸が死亡し、セレスがその場に居た
40以下山田と石丸が死亡していた…

安価下

366: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:19:29.97 ID:HYCxouPOO
うーん

367: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:21:30.61 ID:zd51ODOX0
コンマ97(99)(巻き戻し+コンマ振り直し2)
巻き戻し権利を使用しますか?(@1

1使用する
2このまま行く

多数決下3まで

368: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:22:07.07 ID:oNF63g04O
1

370: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:23:25.80 ID:zd51ODOX0
巻き戻し権利を使用します

35分まで質問有れば

380: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:48:58.87 ID:zwX1pgAf0
342

382: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:55:40.49 ID:zd51ODOX0
342からやり直します
江ノ島個室

俺「何かお詫びをさせて欲しい」

江ノ島「は?お詫び?」

俺「ああ…君を傷つけて、謝罪も遅くなった君には特別に何かお詫びを…」

江ノ島「急にそんな事言われてもなぁ~」

俺「ああ…。俺で出来る事なら何でもする」

俺「江ノ島さんの叶えたい事を言ってくれ」

江ノ島「…。」



江ノ島好感度5
コンマ下二桁
99江ノ島「うん?い、今、何でもするって……」
71以上江ノ島「お詫びか……」(江ノ島好感度6に上昇)
41~70そんな重く考えないで良いと断られた
40以下逆に江ノ島の怒りを買ってしまった…(江ノ島好感度3に低下)


安価下

383: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 19:57:14.91 ID:Cp8WxIyDO
どりゃあああ!

384: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 20:09:33.26 ID:zd51ODOX0
コンマ91(99)
江ノ島個室

江ノ島「うん?い、今、何でもするって……」

俺「え?…あ、ああ…何でも…」

江ノ島「何でも……」ゴクリッ...

俺(…あれ?これはちゃんと言っておいた方が良いかもしれない)




1あ、あくまで常識的な範囲でだよ?(巻き戻し+コンマ振り直し2)
2……無いと思うが、他の子達と同じ事をして欲しいとかでも…まぁ一応構わないが……(難しい)


多数決下5まで

385: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 20:17:08.39 ID:zwX1pgAf0
2

391: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 20:37:42.12 ID:zd51ODOX0
江ノ島個室

俺「……無いと思うが、他の子達と同じ事をして欲しいとかでも…まぁ一応構わないが……」

江ノ島「えっ…他の子って…」

江ノ島(霧切とか舞園さんとか朝日奈さんとかって、俺君とえ…   したんだよね…?)

俺(いや、流石に江ノ島さんに限ってそんな舞園さんや朝日奈さんみたいな事は無いよな…)

俺(あくまで常識的な範囲で頼んで来る筈…)

江ノ島「…。」



コンマ下二桁
99江ノ島(え…ど、どうしよう…///)(次のコンマへ)
98以下江ノ島「い、いや、流石にそれはいいよ…」


安価下

392: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 20:37:50.15 ID:9RIJ17vxO
1

399: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 20:53:39.79 ID:zd51ODOX0
コンマ振り直しを使用しますか?(@5

1使用する(※ここは緩和有りません
2使用しない

多数決下5まで

401: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 20:54:38.96 ID:a6xl2HEdo
まあ1回だけ
1

405: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 20:57:26.33 ID:zd51ODOX0
コンマ振り直しを使用します


コンマ下二桁
99江ノ島(え…ど、どうしよう…///)(次のコンマへ)
98以下江ノ島「い、いや、流石にそれはいいよ…」


安価下(末尾Oは不可

406: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 20:58:34.72 ID:a6xl2HEdo
ふむ

412: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:06:22.79 ID:zd51ODOX0
コンマ振り直しを使用しますか?(@4

1使用する(※ここは緩和有りません
2使用しない

多数決下5まで

414: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:12:08.49 ID:zwX1pgAf0
1

417: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:16:39.85 ID:zd51ODOX0
コンマ振り直しを使用します


コンマ下二桁
99江ノ島(え…ど、どうしよう…///)(次のコンマへ)
98以下江ノ島「い、いや、流石にそれはいいよ…」


安価下

418: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:17:00.88 ID:xp5b5MHmO
エンジョイ!

420: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:18:07.25 ID:zd51ODOX0
コンマ88(再判定)


コンマ下二桁
99江ノ島(え…ど、どうしよう…///)(次のコンマへ)
98以下江ノ島「い、いや、流石にそれはいいよ…」


安価下(末尾Oは不可

421: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:19:25.13 ID:a6xl2HEdo
えいや

422: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:20:18.16 ID:zd51ODOX0
コンマ13(23)
コンマ振り直しを使用しますか?(@3

1使用する(※ここは緩和有りません
2使用しない

多数決下5まで

430: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:48:19.83 ID:FL7QhbaAO
1

432: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:53:15.22 ID:zd51ODOX0
コンマ振り直しを使用します


コンマ下二桁
99江ノ島(え…ど、どうしよう…///)(次のコンマへ)
98以下江ノ島「い、いや、流石にそれはいいよ…」


安価下

433: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:53:24.59 ID:Hnwc3AcoO
エンジョイ!

436: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:55:10.85 ID:zd51ODOX0
コンマ59(69)
コンマ振り直しを使用しますか?(@2

1使用する(※ここは緩和有りません
2使用しない

多数決下3まで

437: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:56:40.05 ID:zwX1pgAf0

440: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:58:22.36 ID:zd51ODOX0
コンマ振り直しを使用します


コンマ下二桁
99江ノ島(え…ど、どうしよう…///)(次のコンマへ)
98以下江ノ島「い、いや、流石にそれはいいよ…」


安価下(末尾Oは不可

441: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:58:31.47 ID:W8GEUNNNo
エンジョイ!

444: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 21:59:19.13 ID:zd51ODOX0
コンマ47(57)
コンマ振り直しを使用しますか?(@1

1使用する(※ここは緩和有りません
2使用しない

多数決下3まで

445: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:00:28.75 ID:zwX1pgAf0

450: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:28:52.44 ID:zd51ODOX0
コンマ振り直しを使用します


コンマ下二桁
99江ノ島(え…ど、どうしよう…///)(次のコンマへ)
98以下江ノ島「い、いや、流石にそれはいいよ…」


安価下

451: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:29:56.01 ID:xp5b5MHmO
エンジョイ!

452: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:30:42.82 ID:zd51ODOX0
コンマ01(11)(再判定)


コンマ下二桁
99江ノ島(え…ど、どうしよう…///)(次のコンマへ)
98以下江ノ島「い、いや、流石にそれはいいよ…」


安価下

453: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:31:21.02 ID:nAgPSZ/OO
ほい

454: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:41:18.62 ID:zd51ODOX0
コンマ02(12)
江ノ島個室

江ノ島「い、いや流石にそれはいいよ…」

俺「だ、だよな…」

江ノ島「…。」

俺(流石に常識の範囲内ってのは弁えてるよな)

江ノ島「…とりあえず今は思い浮かばないからさ、また今度でもいい?」

俺「え?ああ…それはいつでも構わないが…」

江ノ島「そっか。分かった、じゃあまた何か思いついたら頼むかもしれないから待ってて」

俺「ああ」

江ノ島「アタシにお詫びする前に死んだりしないでよ?」

俺「いやいやそんな事ある訳無いだろ」

江ノ島「だといいけど、新しい動機も発表されてまた何が起きるか分からないんだし俺も気をつけなよ?」

俺「ああ…心配してくれてありがとう」




江ノ島個室前

扉「」パタンッ

俺(願いはまた今度って事になったが…)

俺「とりあえず、誠意は伝わって和解できたって事で良いのかな…」

俺(江ノ島さんが俺にどんな頼みをしてくるのか一切想像つかないが…)

俺「とりあえずその時になったら、なるべくその願いを叶えてやれるように構えておくか…」スタスタ

455: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:41:59.30 ID:zd51ODOX0
同じなのでカット
脱衣所

俺「霧切さん…どうして山田君は…」

霧切「私は聞いているだけよ。夜中、勝手にアルターエゴを使っていた理由を…」

俺「夜中に勝手に…?」

山田「ぼ、僕はただお話をしてただけですぅ…」

舞園「お話ってアルターエゴとですか?…」

パソコン「」

山田「彼女は…僕の趣味丸出しの会話にも引かず…。初めてだったんですぅ…」

山田「普通の女の子と、あんな風に喋れたのってぇ…」

朝日奈「普通の女の子…じゃ無いけどね…」

腐川「て、て言うか…不二咲は男じゃないのよ…気持ち悪い…」

山田「僕にとっては!アルターエゴは女の子だったんです!」

セレス「はぁ…アレはただの人工知能です。貴方の話に興味を抱いたのであって、貴方に興味を抱いたのでは無いのです」

山田「う、うぐぐ…そ、そんなの…分かってるよぉ…」

山田「分かってるけどお…」

俺(女子に責められまくりでボロクソだな…)

霧切「ふぅ…山田君はこのアルターエゴが今の私達にとって、どれほど重要な物か理解できてないようね…」

山田「分かってます!分かってますよ…!だけど…」

霧切「俺君からも山田君に言ってあげたら?」

俺(…こっちに飛び火して来た。最悪だ)

俺「はぁ…」


1ま、まぁ、ここで密かに扱う分には別に良いんじゃないか?…(山田を庇う)
2山田君、アルターエゴじゃなくても女の子と話したいならここにも沢山居るじゃないか(厳しく責める)


多数決下3まで

457: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:48:02.99 ID:zwX1pgAf0

458: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:51:36.59 ID:zd51ODOX0
同じなのでカット
脱衣所前

俺(一先ず大丈夫そうだし、これでこの後は昨日誘ってくれたセレスさんとでも…)

霧切「俺君」スタスタ

俺「うん?霧切さん?」クルッ

霧切「この後、予定があるかしら?…」

俺「どうしたんだ?」

霧切「付き合って欲しい事があるんだけど…」

俺「え?…」

俺(珍しいな…。いつも単独行動してる霧切さんが俺に助力を乞うなんて…)

霧切「俺君にしか頼めない事よ…」

俺「俺にしか?…」

霧切「ええ…」

俺「…。」


1今日は霧切に付き合う
2今日はセレスさんとやりたい事が…


多数決下3まで

459: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:52:40.92 ID:6f6XWN8mO
1

461: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:54:23.96 ID:zd51ODOX0
同じなのでカット
俺個室
布団の中

霧切「俺君、演技で良いのにちょっとやり過ぎでしょ?…///」ヒソヒソ

霧切「ほ、本当に妊娠しちゃうじゃない…///」

俺「霧切さんだって途中までノリノリだったじゃん」

霧切「それは…別に良いでしょ?こ、恋人なんだから…///」

俺「可愛い…」ギュウッ

霧切「…///」ニヤッ

霧切「…!」ハッ

霧切「ちょっと俺君、本来の目的を忘れてるわよ?」ヒソヒソ

俺「え?本来の目的?…あ、確か黒幕を欺くって…」

霧切「時間もそろそろ経ったし、始めましょうか。私に話を合わせて」

俺「何を…?」

布団「」モゾッ

霧切「俺君ったら、どんな趣味よ…。まさか、個室じゃ無くて外で りたいなんて…///」

俺(えっ…?ええっ!?)

霧切「…。」ジッ

俺(くっ…。目で合わせろと訴えかけてきてる…。こうなったらやるしか無いか…)

俺「いやあ偶にはちょっと違う事もしてみたいかなって…///」

霧切「…本当に変 だわ。4股してる時に他の女の子にこの 癖が露見しなくて良かったわね」

霧切「こんな変 な 癖理解してあげられるの、私くらいなものよ…///」

俺(霧切さんもそれで良いのか…)

俺「じゃ、じゃあ一旦服着て場所変えてみないか?」

霧切「仕方ないわね…///」

俺(いったい何処へ行く気なんだ?…)




2階トイレ前

霧切「この辺りなら一通りも少なそうだし、大丈夫かしら…///」

俺(トイレ…?何があるんだここに?…)

監視カメラ「」ウイ-ン

俺(とりあえずずっと   してた最中だったし、黒幕は今の俺達の事を欲 中の唯のバカップルにしか見えて無い筈…)

俺(だとしたら、このまま流れに乗るしか無いか…)

俺「霧切さん、俺もう待ちきれないよ。早く行こうぜ」ギュッ

霧切「ちょっ…!?///」

霧切胸「」モ ッ


コンマ下二桁
91以上俺達は誰にも見られる事無く男子トイレの一番奥の部屋へと入った
71~90朝日奈、舞園に見られていた…
31~70苗木、葉隠に見られていた…
30以下江ノ島に見られていた…


安価下

462: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:54:47.65 ID:jfYFJRvaO

463: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:56:42.70 ID:zd51ODOX0
コンマ65(75)
同じなのでカット
俺個室

俺(あの後、俺達は一旦解散した)

ベッド「」ドサッ

俺「…。」

俺(はぁ…折角身体まで張って演技したのにな…)

俺「…。」

俺「…///」

俺(…いや、ヤッてる最中は本当は演技じゃなくお互い普通に楽しんでたんだけど)

俺「はぁ…気持ちよかったなぁ…///」

俺「…て浮かれてる場合じゃない」フルフル

俺(あの部屋の謎はまた何れ調査に向かうので良いとして…)

俺(今は動機が発表されて1日が経過したんだ…)

俺(今までは大抵翌日迄に何かが起きていたから、この時間まで何も起きなかったのは不思議な感覚だ…)

俺「そろそろ夜時間だ…。このまま何も起きなければ良いが…」

俺「とりあえず女問題は一通り片付いた事だけが救いだな…」

俺「俺はもう誠実に生きると決めたし、女関係の問題はこれ以上起こらないと思うが…」



コンマ下二桁
31以上部屋に霧切が訪ねて来た
30以下しかし、扉にメモが…


安価下(末尾Oは不可

464: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 22:57:42.15 ID:zwX1pgAf0

465: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 23:07:43.80 ID:zd51ODOX0
コンマ15(25)
俺個室

モノクマ『えー、校内放送でーす。 午後10時になりました。 ただいまより夜時間になります』

モノクマ『間もなく食堂はドアをロックされますので、立ち入り禁止となりま~す。 ではでは、いい夢を。おやすみなさい…』

俺「夜時間か…」

俺(秘密の部屋の調査はまた明日かな?…)

俺(いや、それは無いか。霧切さんなら……)

カサッ

俺「…うん?」

扉「メモ「」」スッ

俺「メモ…?」スタスタ

俺(誰か…いや、多分霧切さんが俺の部屋の扉に挟んだ…?)スッ


「この学園の事で重大な発見をした。俺君と二人きりで相談したい事がある。23時半になったら娯楽室まで来て。霧切」



1やはり来たな。集合場所へ行ってみよう
2しかし部屋に居る


多数決下3まで

466: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 23:08:04.18 ID:64KmTT3UO
1

474: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 23:26:39.65 ID:zd51ODOX0
俺個室

俺「やはり来たな。集合場所へ行ってみよう」スッ

俺「…でも何で娯楽室なんだ?まぁいいか、気にしなくても」スタスタ

扉「」バタンッ



──俺は全く気がつかなかった…。今回のこれだけは霧切さんが書いた物では無い。
俺を殺す為の罠なのだと…



娯楽室

俺「おーい霧切さん」

扉「」ガチャッ

俺「…あれ?」スタスタ

室内「真っ暗「」」

俺「照明が…もしかして未だ来てないのか?…」スッ

俺(いや、霧切さんに限ってそんな筈…)

照明のボタン「」パチッ

俺「はっ!?まさか!?罠!?」クルッ

大きなハンマー「」ブンッ

俺「し、しまっ───!?」

俺額「」ゴンッ!!!

俺「ッ!?」フラッ

俺「くっ…」

俺額「」ブシュッ!!.

???「…。」

俺(しまった…。霧切さんかと思ってたが、罠だった……)ピクッ

???「あら、流石ですわね。一撃で殺る筈でしたが、咄嗟に急所を外して未だ息があるなんて…」

???「ですが、わたくしの夢の為にも俺君にはここでしっかり死んで貰いますわ」

俺(マズイ…。は、早く動かないと…こ、殺される…)グッ

俺(ダメだ…。か、身体に…力…が…)ドクドク...

俺「うっ…」

俺視界「」スウッ...

俺(き、霧切さん…すまな……)

俺「」ガクッ



コンマ下二桁
71以上俺、一撃で負傷して気を失うが…何とか早目に目を覚ますと…
31~70俺、一撃で重傷を負い気を失うが何とか一命は取り留める(3章END)
30以下俺、トドメをさされてこのまま死亡


安価下

475: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 23:26:58.83 ID:piJvT2EoO
てーい!

481: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/27(水) 23:55:30.15 ID:zd51ODOX0
コンマ83(93)
???

俺『こんな事をして、皆んなをどうするつもりだ?…』フラフラ

???『へぇ…流石は俺だね。未だ起きてられるんだ』

俺『ッ…!』

眠らされた他の仲間達『』

俺『お、お前は…!』

???『前にも言ったでしょ?アタシは俺君のその才能が覚醒する所を見てみたいって///』

???『キャッ、言っちゃった恥ずかしい///』

俺『ふざけるな!?そんな事の為…に…』フラフラ...

???『そんな事なんかじゃ無いです…。アタシにとってはそれが全て…』

???『その為にアタシの身も心も全て俺君に捧げたんですから…』

俺『ふざけるな…。アレは…お、お前が……』ドサッ

???『あぁ、もしかして霧切の事気にしてんのかよ!?んなもん大丈夫だって!次に目を覚ましたらこの世界の価値観とか全て無くなってるからよ!』

俺『く…クソッ…』スッ...

霧切『』

俺『響……う────』スッ

俺手「」ドサッ

???『さぁ、最後の仕上げだ。アタシの俺はいったい何処まで楽しませてくれるかしら?』

???『ふふふ…あーハッハッハッハッ!』

俺(お、俺は…。必ず……お前を…す……)

俺『』

483: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 00:37:31.32 ID:c4/sfa+I0
3階娯楽室

俺「う……」パチリッ

俺(ここ…は……)

視界「」スゥッ...

俺(あ…そうだ…。俺、額を思い切り打たれて……)

「くっ…!さっさとその汚い手を離せよビチグソがぁッ!!」

俺「はっ!?」ビクッ!!

俺(あ…な、何だ…?この光景……)

俺「き、霧切さん?…」

霧切「良かった。気が付いたのね俺君」ググッ

セレス「うっ…!」ギチギチッ

俺「霧切さん?これは…」

霧切「…分からない?貴方はセレスさんに殺されかけていたのよ」

俺「えっ……」

セレス「ッ…!」ギチギチ...

俺額「」タラ...

俺「あ…」

俺(まさかこの傷…。俺はセレスさんに…?)

484: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 01:25:16.53 ID:c4/sfa+I0
霧切「モノクマ、見ているんでしょう?」グッ

監視カメラ「」

霧切「殺人を未遂に防いだこう言う場合はいったいどうなるのかしら?…」

モノクマ『やれやれ、セレスティアなんちゃらさんは殺人すらちゃんと出来ないとか僕は非常に悲しいです』

セレス「し、仕方ねーだろ!?霧切本人がここに現れなきゃ私は今頃…!ぐっ…」

モノクマ『はいはい。負け犬の遠吠えはみっともないよ』

セレス「ま、負け犬…?この私が?…」

霧切「挑発は良いから、彼女の身柄をどうするのかと聞いているの」

モノクマ『うーん、流石に僕も殺人が未遂で終わる事は想定してなかったからねえ』

モノクマ『でもまぁ、他の生徒を傷付けて秩序を乱したのは事実なんだしお仕置きは必要だよね俺君』

俺「あ…」

俺「」ドクドク…

モノクマ『と言っても、人を殺した訳じゃ無いから流石にいつものようなスペシャルなお仕置きはちょっとできないかな』

俺「どうする気なんだ?…」

セレス「…。」ゴクリッ...

モノクマ『そう言う事で、セレスティアなんちゃらさんは1050年地下行きに決定~!!』

霧切「地下行き…?」

監視カメラ「手バクン「」」ウイ-ン

俺「あ…」

セレス身体「」ガシッ 

セレス「!?」

モノクマ『それではセレスティアなんちゃらさん、行ってらっしゃ~い!』 

穴「」バカッ

セレス「あぁぁぁぁっ」ヒュ-ン 



──こうして、俺を殺そうとしていたセレスさんは地下と言う所へ連れて行かれて俺達の前から姿を消した…


俺「セレスさん…」

霧切「仕方無いわ。彼女だって、失敗すればこうなる事になるのだって予測はできていた筈よ…」

俺「ああ…」

俺(だが…もし、俺が被害を受けてなければセレスさんとも分かり合う事ができたんだろうか…)


──その疑問は今となってはもう、解き明かされる事は無かった…

487: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 10:43:37.34 ID:c4/sfa+I0
廊下

俺「セレスさん…」

霧切「地下へ連れて行く…とは言われたけど、多分…もう二度と会う事は無いでしょうね…」

俺「…。」

霧切「…それに、今は他人の事を気にしている余裕は無いでしょう?」

霧切「俺君のその傷を直ぐに治療しないと、俺君まで危険な事になるわ」

俺額「」ドクドク...

俺「そう…だな…。凄い痛いし、血が止まらないや…」フラフラ

霧切「とりあえず保健室まで行きましょうか。そこへ行けば治療できる道具が幾らかあった筈よ」スッ

俺「ああ…。ところでどうして霧切さんはここへ来て俺を…」ガシッ

霧切「それは…俺君が部屋を出たタイミングと入れ違いで私も俺君の部屋を訪れていたのよ」スタスタ

俺「俺の部屋に?…」

霧切「そこで俺君が机の上に置いてあったメモを見て直ぐに駆け付けたの…」

俺「ああ…なるほど…。だから直ぐに…」

霧切「全く…少しは警戒心くらい持って欲しい物だわ。それにあんな字、私じゃ無い事くらい直ぐに気付いて欲しかったかしら…///」

俺「はは…。すまない…」

俺視界「」スッ

俺「あ、あれ…?また視界が…」クラッ

霧切「俺君?…」


コンマ下二桁
81以上何とか踏みとどまり、自力で保健室まで行ったが…
80以下俺は血を流し過ぎてそこで視界が暗転した…


安価下

488: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 10:51:47.89 ID:GseieBpAO

491: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 12:03:51.15 ID:Xq0DOmAxO
コンマ89(99)


1俺覚醒の目醒め(山田、石丸生存。俺スキルゲット)
2現場に江ノ島が居た(江ノ島好感度10チャレンジ)
3アイテムゲット(巻き戻し+コンマ振り直し2)
4現場に他ヒロインが居た(他ヒロイン好感度11チャレンジ)


多数決下5まで

495: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 12:07:42.97 ID:Ev8HyMINo
3

506: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 12:48:20.67 ID:l8Kk3aeIO
単発末尾Oが多かったので13時10分から多数決取り直します


1俺覚醒の目醒め(山田、石丸生存。俺スキルゲット)
2現場に江ノ島が居た(江ノ島好感度10チャレンジ)
3アイテムゲット(巻き戻し+コンマ振り直し2)
4現場に他ヒロインが居た(他ヒロイン好感度11チャレンジ)


時間になったら1の合図待たずに多数決下5まで(単発なし
参加する方は今の内に回避お願いします

515: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 13:10:02.96 ID:JNjXZ6iq0
3

521: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 14:40:35.48 ID:l8Kk3aeIO
アイテム取得
巻き戻し権利を使用しますか?

1使用する
2このまま行く(ロックします

多数決下3まで

523: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 14:41:29.20 ID:Ev8HyMINo
1

536: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 19:20:53.99 ID:c4/sfa+I0
19時50分に場所決め
1の合図無しで指定が2回被った場所から再開します

541: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 19:50:54.55 ID:aIeoklNnO
465

543: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 20:19:23.91 ID:c4/sfa+I0
465からやり直します
俺個室

モノクマ『えー、校内放送でーす。 午後10時になりました。 ただいまより夜時間になります』

モノクマ『間もなく食堂はドアをロックされますので、立ち入り禁止となりま~す。 ではでは、いい夢を。おやすみなさい…』

俺「夜時間か…」

俺(秘密の部屋の調査はまた明日かな?…)

俺(いや、それは無いか。霧切さんなら……)

カサッ

俺「…うん?」

扉「メモ「」」スッ

俺「メモ…?」スタスタ

俺(誰か…いや、多分霧切さんが俺の部屋の扉に挟んだ…?)スッ


「この学園の事で重大な発見をした。俺君と二人きりで相談したい事がある。23時半になったら娯楽室まで来て。霧切」



1やはり来たな。集合場所へ行ってみよう
2しかし部屋に居る


多数決下3まで

544: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 20:20:31.66 ID:aIeoklNnO
2

550: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/28(木) 23:29:04.36 ID:c4/sfa+I0
俺個室

俺「…。」

俺(…どうしてわざわざ娯楽室に?)

俺(おかしい。昼間あんなに愛し合った今の霧切さんなら、わざわざそんな手間がかかる事をする必要が無い…)

俺「もしかしてこれ…誰かが霧切さんの名前を使って、俺を誘き寄せようとしてるんじゃ…?」

俺(もしそうなら、わざわざ娯楽室に行かずにここで霧切さんを待っていればこの紙とは関係無く…)

俺「怪し過ぎる…。一先ず直ぐには向かわずここで待機しておくか…」


────
───
──




数十分後

ピンポンッ

俺「あ…」

霧切『俺君、未だ起きているかしら?』

俺(やっぱりそうだったか…!)スッ

扉「」ガチャッ

俺「霧切さん…」

霧切「??どうしたの?いきなり神妙な顔をして…?」

俺「実は…」

552: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/29(金) 06:40:54.39 ID:MkCs5M1+0
俺個室

霧切「なるほど…。私の名前を使った誰かに狙われてると…」

俺「ああ…」

霧切「誰に狙われているのか心当たりは?」

俺「有り過ぎて分からん…」フルフル...

霧切「…。」

俺「俺が傷付けた子達にはちゃんと謝罪して回って、一応和解はできたと思ってたんだが…」

霧切「…とにかく、このメモを差し出した犯人を直接捕まえるしか無さそうね」

俺「捕まえる?…」

霧切「そうしないと今この指定された場所へ行かずに生き延びたとしても、俺君が誰かから狙われている事実は変わらない…」

霧切「いつかまたこの犯人に狙われるのが目に見えているでしょう?」

俺「…。」

霧切「だったら犯人が待ち伏せていると分かっている今の間に捕まえておいた方が良いじゃない」

俺「しかし、何らかの凶器を持った犯人を二人で捕まえるって危険じゃないか?…」

霧切「…そうかもしれないわね」

霧切「でも私に任せておけば大丈夫よ」

俺「霧切さんに?…」

霧切「ええ。この場所で襲撃が来るって分かっていれば対処の仕様は幾らでもあるもの」

俺(凄い自信満々だな…。そんなに腕っ節に自信があるのか…)


1ここは自信満々の霧切にそのまま囮役を任せる
2しかし、霧切が心配なので囮役は俺がやる


多数決下3まで

553: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/29(金) 06:55:48.14 ID:RoMWiw140
2

558: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/29(金) 16:28:26.69 ID:MkCs5M1+0
俺個室

俺「…いや、霧切さんにそんな危険な真似はして欲しくない」

霧切「え?だけど…」

俺「犯人は俺をご指名なんだ。囮役は俺がやる…」

霧切「大丈夫なの?…」

俺「自信は無いさ…。だけど、俺の後に霧切さんが控えてくれるならきっと何とかなるって信じてるさ」ニコッ

霧切「はぁ…」

霧切「分かったわ…。くれぐれも無理はしないでね」

俺「ああ…」



娯楽室前

俺「…。」スタスタ...

娯楽室「」

俺(いったい、誰が俺を狙ったんだろうか…)ゴクリッ

俺(仲間内に、俺を殺そうとしている人物が…)スッ

扉「」キイッ

娯楽室内「真っ暗「」」

俺「…。」ドキドキ...

照明のスイッチ「」スッ

霧切「俺君!!!」

俺「ッ…!?」クルッ

大きなハンマー「」ビュオッ!!




コンマ下二桁
81以上身体能力の高かった俺、逆に自力で受け流して拘束しようとしたがラッキー   が発動した
61~80身体能力の高かった俺、逆に自力で受け流して拘束した
31~60俺、直撃を受けそうになったが、控えていた霧切が助けてくれた
30以下俺、直撃を受け死亡


安価下

559: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/29(金) 16:34:17.94 ID:Mj1kep32O
ほい

569: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/29(金) 19:12:22.28 ID:MkCs5M1+0
コンマ94(99)(巻き戻し+振り直し2)
娯楽室

俺「くっ…!」チラッ

霧切「───!」

俺(俺は霧切さんと共に生きてこの学園から脱出するんだ…)

大きなハンマー「」ビュオッ!!

俺「だったら、こんな所で死ねるかよおおっ!!」ビュオッ

???「…!?」

???(自ら前に!?こいつ…!恐怖心が無いのか!?)

俺頭部後ろ「」ビュオンッ!!

俺「っ!!」ガッ

犯人の右腕「」グイッ

???「はっ!?」ブワッ

俺「でりゃあぁぁぁぁっ!!」グッ

???(なっ…!?一本背負い!?)

俺「うわっ!?」ブワュ

俺(マズイ…力入れ過ぎて俺まで…)

ドスンッ!!

???「うっ…!」

ムニュッ!!

俺(ん…?何だ?柔らかい感触が…)

霧切「…。」

霧切「…こんな事になる事ある?」



俺(何だ?この柔らかいの…)グッ

柔らかい物「」ムニュッ

セレス「ちょっ!?///」

俺「…え?この声…セレスさん?」パツ

セレス「ッ…!///」

俺「あ…」

俺左手「セレス胸「」」ガシッ

俺「…。」

俺「セレスさん…。まさか…君が犯人だったのか…」モ モ

571: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/29(金) 21:43:32.51 ID:MkCs5M1+0
娯楽室前

大きなハンマー「」

霧切足「大きなハンマー「」」トンッ

セレス「くっ…!」

霧切「諦めなさいセレスさん。貴方の負けよ」

セレス「チッ…。まさか本人がこの時間に俺君と現れるなんて…」

セレス「霧切さん達は何股ばかりする俺君に見切りをつけたんじゃなかったんですか?…」

霧切「…確かに、他の子達はそうかもしれないけど私は俺君に見切りをつけた事なんて一度も無いわ」

俺「霧切さん…」

セレス「フン…。そうですか…。霧切さんは賢いですわね…」

霧切「賢い…?私が…?」

セレス「それで?2人はわたくしをどうするつもりでしょうか?」

俺「どうするって…」

セレス「…。」

セレス「…俺君、わたくしは貴方を殺そうとしたのですよ?」

俺「それは…」

セレス「まさか、情けをかけるなんてこの状況で言うつもりでは無いでしょうね?」

俺「セレスさん…」

俺(…どう言う事だ?セレスさんのムーブ…。随分と諦めが良いと言うか…)

俺(もしかして、自分がゲームオーバーって事を理解してるのか?…)

581: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 00:06:15.93 ID:f1QEwNvq0
娯楽室前

セレス「この学園生活…。情なんて物を持てばどうなるのか…俺君は分かっていますよね?」

俺「……。」

霧切「さっきは俺君を殺そうとしていたのに、随分と諦めが良いのね…」

セレス「フッ…だって、これはわたくしと俺君とのゲームですもの」

霧切「…ゲーム?」

セレス「ええ。これはわたくし達のゲーム…」

セレス「超高校級のギャンブラーであるわたくしが、俺君に負けたまま終わるなんてあってはならない事でしょう?」

霧切「…。」

セレス「今まで学級裁判で活躍をし続けていた俺君を殺し、学級裁判でわたくしが生き残ればこの勝負はわたくしの勝ちとなっていました」

セレス「ですが、わたくしはまた俺君に負けてしまいました…」

俺「…。」

セレス「いえ、行動前に俺君と霧切さんの信頼関係を見抜けなかったわたくしの負けは確定していたのかもしれませんね…」

セレス「殺人は果たせませんでしたが、秩序を乱そうとしたわたくしもこれからお仕置きとなるのでしょうか?」

霧切「…その事については、今もこの映像を見ているであろうモノクマに聞いてみるしか無いわね」チラッ

監視カメラ「」

俺(俺を殺そうとした犯人は…まさかのセレスさんだった…)

俺(…彼女だけは俺の事で巻き込んで無いし…霧切さんを除けば、今現在だと一番親しい友人だと思っていたのに…)

俺(彼女は俺を殺そうとした…)

俺(でも、このままだとセレスさんはここで今までにお仕置きに遭った人達のように…)

582: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 00:10:38.18 ID:f1QEwNvq0
娯楽室前

俺「…。」

俺「…ちょっと待ってくれ霧切さん」

霧切「何?…」

セレス「…うん?」

霧切「もしかして俺君、本当に彼女に情をかける気?…」

俺「いや、そうじゃない…ただ彼女には未だ果たして貰って無い事があるんだ…」

セレス「あ…」

霧切「果たして貰って無い事?…」

俺「セレスさん…。俺は前に、君と勝負した時どんな願いも一度だけ従ってくれると言ってたな?…」

セレス「あぁ…。確かそんな約束もしていましたわね…」

セレス「…なるほど。わたくしが死ぬ前に、使っておこうと言う事ですか」

セレス「流石俺君ですわね…。そんな所も抜かり無いなんて…いったいどんな願いをわたくしに叶えて貰いたいのですか?」ニコッ

俺「…。」

霧切「俺君、彼女にいったいどんな願いをする気…?」

俺「セレスさん…」

セレス「…。」

霧切「…?」



1これからもセレスさんには友達として変わらないで接して貰いたいんだ。…うん?あ、あれ…?セレスさん?…
2…セレスさんは、今日から俺の犬だ
3ここから脱出する為に俺達に力を貸して欲しい


多数決下3まで

583: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 00:10:57.28 ID:1PI7/vuCO
1

596: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 08:26:49.55 ID:f1QEwNvq0
娯楽室前

俺「これからもセレスさんには友達として変わらないで接して貰
いたいんだ」

セレス「え?…とも…だち?…」

俺「ああ」コクッ

セレス「何故…」

俺「何故って…楽しかったからかな?セレスさんと一緒に遊ぶのは…」

セレス「楽…しい…?わたくしと勝負を行って…」

俺「え?ああ…」

セレス(今までわたくしと勝負を行って来て、そのような感情を持った方など…)

セレス(そうか。これが、損得感情無く付き合う事のできる本当の友…)ドクンッ

セレス(え?…違いますわ。こ、この胸の高鳴りは……)ドクンッドクンッ

セレス(なるほど…。これこそが…)

セレス「残念ですが、俺君のお友達になるのはお断り致しますわ」ニコッ

俺「ああ…うん?あ、あれ…?セレスさん?… 」

霧切「…。」

俺「で、でも何でも聞くって…」

セレス「ええ。それは変わりません。ですが、わたくしはお友達よりももっと良い物になってさしあげます///」

俺「もっと良い物…?」

霧切(嫌な予感が…)

セレス「うふふふふ…///」

俺(よく分からんが…ま、まぁとりあえずセレスさんが納得してくれるならそれで良いか…)



セレスの好感度が10に上がった

601: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 09:43:09.99 ID:f1QEwNvq0
階段

俺(セレスさんの件が片付いたので、俺達は寄宿舎へ戻ろうとしていた)

セレス「俺君、霧切さん以外の子達とはもう関係を完全に断つ事はできたのですか?」スタスタ

俺「ああ…まぁ…」スタスタ

霧切「…まぁ?返事が曖昧ね」スタスタ

俺「えっと…江ノ島さんだけは完全に友達に戻った気がするけど、他の子は未だ俺から一方的って感じで…」

セレス「フッ…」

俺「…え?」

セレス「いえ、いつかちゃんと良い関係に戻ると良いですわね」

俺「ああ…でも他の子も悪い子は居ないから、いつかきっと霧切さんと付き合う事を認めてくれるって信じてるさ」

霧切「…///」

セレス「ええ。本当に…」ニヤッ

602: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 09:44:20.54 ID:f1QEwNvq0
保健室前

霧切「そ、それにしても…私達がこれだけ色んな事があったのに、どうしてモノクマは現れないのかしら…」

俺「確かに不思議だったんだ…。アイツならこんな事態、必ず見逃す訳無いし何かアクションをかけて来ると思ったんだが…」

セレス「他の場所でモノクマを捜索中とかでしょうか?」

俺「うーん…あっ」

保健室扉「」ガラッ 

モノクマ「それじゃあね」スッ

扉「」バタンッ

俺「モノクマ…?いったいそこで何して…?」

モノクマ「ややっ!?ど、どうしてこの時間に俺君達がこんな所に!?」

セレス「それは此方のセリフですわ。その部屋で何をしようとしていたのです?」

モノクマ「そ、それは君達にはな~んも関係無い事だよ。うん」

霧切「その手に持ってるのは何?…」

モノクマ「な、何の事かなぁ?」サッ

俺(怪し過ぎる…)

霧切「遺書って字が見えた気がするけど?…」

モノクマ「や、やだなぁ!僕が遺書なんか書く訳無いじゃ無いか!」

モノクマ「そんな事より、君達こそ夜時間のルールを破ってちゃマズイんじゃ無い?疑われる前にさっさと部屋に戻らないと」

セレス「その外出禁止のルールを作ったのはわたくし達ですけどね」

モノクマ「うぐっ!?」

俺「答える気が無いなら確かめてみれば良いさ。保健室で何かあったんだろ?」スッ

モノクマ「あ…ま、待ってよ俺君!その部屋は未だ…」

扉「」ガラッ

俺「いったいここで何が…」スッ

照明「」カチッ

俺「…え…?」

霧切「これは…」

セレス「石丸君に…山田君…?…」

モノクマ「あーあ…これから楽しくなる筈だったのに勿体無い」


石丸「う……」ドクドク...

山田「」ドクドク...



俺(保健室の中に居たのは、まさかの血塗れになって倒れている石丸君と山田君だった…)

604: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 09:56:51.71 ID:f1QEwNvq0
保健室

俺「石丸君!?山田君!?ど、どうしたんだこれは…」スッ

セレス「もしや、モノクマにやられたのですか?」

モノクマ「違うよ。僕はそんな事しないよ」

石丸「ぼ、僕が…殺ったんだ…。止めようとしてくれた…彼を…」ドクドク...

俺「…え?」チラッ

山田「」ドクドク...

石丸「ゴホッ…。だ、だから僕は……責任を取って……自分で…」

石丸腹「」ドクドク...
包丁「」

俺「自殺しようとしていたのか…」

霧切「そう言う事…。貴方が持ち逃げしようとしたのは石丸君の遺書だったのね…」

モノクマ「事件の全貌が分かっちゃつまらないからねぇ。まぁそれもオマエラの所為で台無しになっちゃったけど」

石丸「うぅ…すまなかった…。山田君……」

石丸「責任を取って…僕も…そっちに……」

俺「ま、待て石丸君!?諦めるな!?」

石丸「きょ、兄弟……」

俺「はっ!?」ビクッ!!

石丸「うっ…」ガクッ

石丸「」スッ...

俺「あ…。あぁ…」

モノクマ「セルフだけど、ルールだから一応言っておかないとね。死体が発見されました、一定の自由時間の後学級裁判を開きます」

俺「石丸君…」

石丸「」ドクドク...
山田「」ドクドク...

609: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 10:13:05.57 ID:f1QEwNvq0
学級裁判場

スロット「石丸石丸石丸」パパ-ン

「GUILTY!!」

モノクマ「大正解。山田君を殺したのはなんと自殺した石丸君なのでした~」

モノクマ「ってアホらしい。回答をカンニングした悪い生徒が3人も居たから、今回の学級裁判は成り立ってなかったね」

全員「…。」シ-ン...

俺「…。」

俺(石丸君は大和田君と不二咲君の死に取り憑かれて、自殺しようとしていた…)

俺(…だが石丸君は俺にアルターエゴと会わせて欲しいと、助けて欲しいと合図を送っていた)

俺(なのに、俺は自分の事ばかりで断って…)


俺『ごめん、俺急いでて…別の人に頼んでくれないかな?…』

石丸『…。』



俺(こんな事になるなんて予想もしてなかった…)

俺(もしあの時、彼の言う事を聞いてあげていれば……この事件は、もっと簡単に防ぐ事ができた筈の事件だった…)

朝日奈「犯人が死んでるって事は、この後お仕置きは無いんだよね…?」

モノクマ「そうだね。僕としては非常に残念だけど、お仕置きする対象が居ないからね」

モノクマ「その分、次の人にはいつもよりスペシャルなお仕置きを受けて貰うから楽しみにしておいてね」

大神「貴様…!」

モノクマ「それじゃ、今回の学級裁判はこれにてお開き~シーユーアゲイン」ピョンッ



──こうして、セレスの事件は未然に防いだが…同時に別の場所で起きていた事件は防げず、俺達は三度目の学級裁判を行い無事に乗り切ったのだった…


第3章END

615: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 10:40:45.72 ID:f1QEwNvq0
第3章END


1次のチャプターへ進む
2最初から始める
3巻き戻し権利を使用する(@2


多数決下5まで

617: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 10:48:03.17 ID:E+6B8wR7O
3

620: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 11:00:09.58 ID:f1QEwNvq0
巻き戻し権利を使用します
全く進んで無いので直ぐに場所決め

指定が2回被った場所から再開します

621: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 11:01:06.78 ID:jY21/q6uo
>>582

624: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 11:57:57.11 ID:FRp5ugORO
582からやり直します
娯楽室前

俺「…。」

俺「…ちょっと待ってくれ霧切さん」

霧切「何?…」

セレス「…うん?」

霧切「もしかして俺君、本当に彼女に情をかける気?…」

俺「いや、そうじゃない…ただ彼女には未だ果たして貰って無い事があるんだ…」

セレス「あ…」

霧切「果たして貰って無い事?…」

俺「セレスさん…。俺は前に、君と勝負した時どんな願いも一度だけ従ってくれると言ってたな?…」

セレス「あぁ…。確かそんな約束もしていましたわね…」

セレス「…なるほど。わたくしが死ぬ前に、使っておこうと言う事ですか」

セレス「流石俺君ですわね…。そんな所も抜かり無いなんて…いったいどんな願いをわたくしに叶えて貰いたいのですか?」ニコッ

俺「…。」

霧切「俺君、彼女にいったいどんな願いをする気…?」

俺「セレスさん…」

セレス「…。」

霧切「…?」



1これからもセレスさんには友達として変わらないで接して貰いたいんだ。…うん?あ、あれ…?セレスさん?…
2…セレスさんは、今日から俺の犬だ
3ここから脱出する為に俺達に力を貸して欲しい


多数決下3まで

627: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 11:58:13.94 ID:OcpDheKMO
3

643: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 18:25:18.89 ID:f1QEwNvq0
一先ずもう一度多数決取ります
582からやり直します
娯楽室前

俺「…。」

俺「…ちょっと待ってくれ霧切さん」

霧切「何?…」

セレス「…うん?」

霧切「もしかして俺君、本当に彼女に情をかける気?…」

俺「いや、そうじゃない…ただ彼女には未だ果たして貰って無い事があるんだ…」

セレス「あ…」

霧切「果たして貰って無い事?…」

俺「セレスさん…。俺は前に、君と勝負した時どんな願いも一度だけ従ってくれると言ってたな?…」

セレス「あぁ…。確かそんな約束もしていましたわね…」

セレス「…なるほど。わたくしが死ぬ前に、使っておこうと言う事ですか」

セレス「流石俺君ですわね…。そんな所も抜かり無いなんて…いったいどんな願いをわたくしに叶えて貰いたいのですか?」ニコッ

俺「…。」

霧切「俺君、彼女にいったいどんな願いをする気…?」

俺「セレスさん…」

セレス「…。」

霧切「…?」



1これからもセレスさんには友達として変わらないで接して貰いたいんだ。…うん?あ、あれ…?セレスさん?…
2…セレスさんは、今日から俺の犬だ
3ここから脱出する為に俺達に力を貸して欲しい


多数決下3まで

644: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 18:26:52.55 ID:dvIAXLVo0
3

650: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 18:39:39.15 ID:f1QEwNvq0
娯楽室前

俺「ここから脱出する為に俺達に力を貸して欲しい」スッ

霧切「俺君!?何を言って…彼女は貴方を…!」

セレス「まさか本当にわたくしを許す…と言う事ですか?…」

俺「許すとか許さないとか…そんな話じゃ無いんだ。ここから出る為には皆んなの力が必要だ」

俺「セレスさんは聡明だし、頭も回る部類だ…」

俺「彼女の力も借りる事ができれば大きな力になると思う」

霧切「確かにそうかもしれないけど…」

セレス「フッ…良いでしょう」スッ

俺手「」セレス手ガシッ

俺「セレスさん…」

セレス「それが俺君の願いなら聞き入れて差し上げましょう。ここを出る為にわたくしの力が必要ならば、いつでも力をお貸し致しますわ」

俺「ありがとう」

霧切「…。」

セレス(…しかし、もし今後俺君が無様な様でしたら今度こそわたくしの手で殺して差し上げましょう)ニヤッ

俺「一先ずこれを片付けてこないとな…」

美術室のハンマー「」

セレス「わたくしが片しておきますわ。これを美術室から出したのはわたくしですから」

俺「…。」



1霧切とここに居る
2ハンマーは俺が片付けてくるよ
3ごめん。俺はちょっと頭痛がするから先に部屋へ戻るよ…


多数決下3まで

652: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 18:42:13.21 ID:De51PylQO
うーん1か2と思うが…
2

655: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 18:59:13.76 ID:f1QEwNvq0
娯楽室前

俺「いや、ハンマーは俺が片付けてくるよ」スッ

セレス「あら、俺君は紳士ですわね」

俺「そう言うのじゃ無いけど…。まぁ重い物は男が持たないとだしさ…」ガシッ

俺「そんじゃ、ちょっと行ってくる」スタスタ

セレス「はい、宜しくお願い致しますわ」

霧切「…。」

セレス「さて、ではわたくし達は先に戻りましょうか?」

霧切「セレスさん…貴方…」

セレス「はい?」

霧切「…反省していないでしょう?」

セレス「おや、何の事ですか?」

霧切「俺君は甘過ぎるから貴方を見逃したけど、私に隠し通そうとしても無駄よ…」

セレス「…。」

霧切「今後もこの学園に居る間は、俺君の事を殺そうと考えているでしょう?貴女は…」

セレス「フッ…」

セレス「彼の存在が、わたくしにとってメリットじゃ無かったら再び手をかけるだけですわ」

セレス「…今度こそ邪魔が入らないよう、確実に」

霧切「そうはさせないわ…。私が居る限り、絶対に俺君の事は守ってみせる…」

セレス「フフ、良いですわね。霧切さんの愛の力が勝つのか、それともわたくしが勝つか…」

セレス「今度は霧切さんがわたくしと勝負してみます?」クスッ

霧切「…。」

霧切(はぁ…。厄介な存在を仲間に加えてしまったわね俺君…)

656: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:04:28.65 ID:f1QEwNvq0
娯楽室前

俺(俺は直ぐにハンマーを美術準備室に戻すと、3階の廊下へと戻った)

俺「あれ?2人とも未だ部屋に戻って無かったのか?」スタスタ

霧切「ええ…」

セレス「どうせなら一緒に降りようかと思いまして」

俺「そ、そっか…。じゃあハンマーは返し終わったし戻ろうか」

霧切「そうね…」

セレス「はい」ニコッ

俺(この2人、どんな会話をしてたんだろうか…?)スタスタ

霧切「…。」ツ-ン

セレス「フッ…」

俺(そんな事を考えながら、俺達は1階の保健室の前まで一緒に階段を降りて行った)

657: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:05:38.75 ID:f1QEwNvq0
保健室前

霧切「それにしても、私達がこれだけ色んな事があったのにどうしてモノクマは現れないのかしら…?」

俺「確かに不思議だったんだ…。アイツならこんな事態、必ず見逃す訳無いし何かアクションをかけて来ると思ったんだが…」

セレス「他の場所でモノクマを捜索中とかでしょうか?」

俺「うーん…あっ」

保健室扉「」ガラッ 

モノクマ「それじゃあね」スッ

扉「」バタンッ

俺「モノクマ…?いったいそこで何して…?」

モノクマ「ややっ!?ど、どうしてこの時間に俺君達がこんな所に!?」

セレス「それは此方のセリフですわ。その部屋で何をしようとしていたのです?」

モノクマ「そ、それは君達にはな~んも関係無い事だよ。うん」

霧切「その手に持ってるのは何?…」

モノクマ「な、何の事かなぁ?」サッ

俺(怪し過ぎる…)

霧切「遺書って字が見えた気がするけど?…」

モノクマ「や、やだなぁ!僕が遺書なんか書く訳無いじゃ無いか!」

モノクマ「そんな事より、君達こそ夜時間のルールを破ってちゃマズイんじゃ無い?疑われる前にさっさと部屋に戻らないと」

セレス「その外出禁止のルールを作ったのはわたくし達ですけどね」

モノクマ「うぐっ!?」

俺「答える気が無いなら確かめてみれば良いさ。保健室で何かあったんだろ?」スッ

モノクマ「あ…ま、待ってよ俺君!その部屋は未だ…」

扉「」ガラッ

俺「いったいここで何が…」スッ

照明「」カチッ

俺「…え…?」

霧切「これは…」

セレス「石丸君に…山田君…?…」

モノクマ「あーあ…これから楽しくなる筈だったのに勿体無い」


石丸「う……」ドクドク...

山田「」ドクドク...



俺(保健室の中に居たのは、まさかの血塗れになって倒れている石丸君と山田君だった…)

658: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:06:15.17 ID:f1QEwNvq0
同じなのでカット
学級裁判場

スロット「石丸石丸石丸」パパ-ン

「GUILTY!!」

モノクマ「大正解。山田君を殺したのはなんと自殺した石丸君なのでした~」

モノクマ「ってアホらしい。回答をカンニングした悪い生徒が3人も居たから、今回の学級裁判は成り立ってなかったね」

全員「…。」シ-ン...

俺「…。」

俺(石丸君は大和田君と不二咲君の死に取り憑かれて、自殺しようとしていた…)

俺(…だが石丸君は俺にアルターエゴと会わせて欲しいと、助けて欲しいと合図を送っていた)

俺(なのに、俺は自分の事ばかりで断って…)


俺『ごめん、俺急いでて…別の人に頼んでくれないかな?…』

石丸『…。』



俺(こんな事になるなんて予想もしてなかった…)

俺(もしあの時、彼の言う事を聞いてあげていれば……この事件は、もっと簡単に防ぐ事ができた筈の事件だった…)

朝日奈「犯人が死んでるって事は、この後お仕置きは無いんだよね…?」

モノクマ「そうだね。僕としては非常に残念だけど、お仕置きする対象が居ないからね」

モノクマ「その分、次の人にはいつもよりスペシャルなお仕置きを受けて貰うから楽しみにしておいてね」

大神「貴様…!」

モノクマ「それじゃ、今回の学級裁判はこれにてお開き~シーユーアゲイン」ピョンッ



──こうして、セレスの事件は未然に防いだが…同時に別の場所で起きていた事件は防げず、俺達は三度目の学級裁判を行い無事に乗り切ったのだった…


第3章END

659: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:06:53.12 ID:f1QEwNvq0
第3章END


1次のチャプターへ進む
2最初から始める
3巻き戻し権利を使用する(@1


多数決下3まで

661: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:07:54.17 ID:jY21/q6uo
3

663: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:10:04.82 ID:f1QEwNvq0
巻き戻し権利を使用します

25分まで何か質問あれば

670: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:30:44.99 ID:f1QEwNvq0
やり直し場所を決めます

指定が2回被った場所から再開します

671: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:31:55.41 ID:4uf5o12i0
とりあえず650

674: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:33:11.14 ID:f1QEwNvq0
娯楽室前

俺「ここから脱出する為に俺達に力を貸して欲しい」スッ

霧切「俺君!?何を言って…彼女は貴方を…!」

セレス「まさか本当にわたくしを許す…と言う事ですか?…」

俺「許すとか許さないとか…そんな話じゃ無いんだ。ここから出る為には皆んなの力が必要だ」

俺「セレスさんは聡明だし、頭も回る部類だ…」

俺「彼女の力も借りる事ができれば大きな力になると思う」

霧切「確かにそうかもしれないけど…」

セレス「フッ…良いでしょう」スッ

俺手「」セレス手ガシッ

俺「セレスさん…」

セレス「それが俺君の願いなら聞き入れて差し上げましょう。ここを出る為にわたくしの力が必要ならば、いつでも力をお貸し致しますわ」

俺「ありがとう」

霧切「…。」

セレス(…しかし、もし今後俺君が無様な様でしたら今度こそわたくしの手で殺して差し上げましょう)ニヤッ

俺「一先ずこれを片付けてこないとな…」

美術室のハンマー「」

セレス「わたくしが片しておきますわ。これを美術室から出したのはわたくしですから」

俺「…。」



1霧切とここに居る
2ハンマーは俺が片付けてくるよ
3ごめん。俺はちょっと頭痛がするから先に部屋へ戻るよ…


多数決下3まで

675: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:33:53.75 ID:cU9r0YlDO
1

678: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:49:58.31 ID:f1QEwNvq0
娯楽室前

俺「それじゃ行ってらっしゃい」

セレス「え、ええ…」ガシッ

美術室のハンマー「」

セレス「これ、なかなか重いですわね…」チラッ

俺「そう言えば霧切さん。さっきさ──」

霧切「うん?さっき?」

俺「ああ、俺の部屋に来た時───」

セレス(…か弱い女子が重い物を持とうとしているのに、全く力を貸そうともしない)

セレス(俺君はEランクに格下げですわね…)ピキッ...

スタスタ...



娯楽室前

美術室扉「」ガラッ

霧切「俺君、本当に良かったの?…」

俺「え?…」

霧切「自分の命を狙った人を、そのままにしておいてって意味よ…」

俺「それは…」

霧切「…この学園に居る以上、彼女はまたいつか必ず俺君の事を襲うわよ」

俺「その時はまた懲らしめめてやれば良いさ」

霧切「忘れたの?彼女は超高校級のギャンブラー…それに頭もキレるから、今度は今回みたいに上手くいかないかもしれないわよ…」

俺「…それでも、お仕置きにかけられて殺されるのはされて欲しくなかったんだ。俺は何も被害を受けてなかった訳だし」

霧切「はぁ……貴方はかなりのお人好しだわ…」

俺「それは知ってただろ?」

霧切「フッ……そうね」クスッ

俺「ところで…」

霧切「??」


1さっきから疑問に思っている事を霧切に尋ねてみる
2……何かセレスさん遅くね?もしかして何かあったんじゃ…?
3セレスさんは放っといて先に2階へ降りよう


多数決下3まで


セレスの好感度が5に下がった

679: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 19:50:53.01 ID:DTTq2bwVO
2

682: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 20:06:35.63 ID:f1QEwNvq0
娯楽室前

俺「……何かセレスさん遅くね?もしかして何かあったんじゃ…?」

霧切「この短時間で…?」

俺「念の為に見に行ってあげよう」

霧切「はぁ…仕方ないわね…」スタスタ


美術準備室

扉「」ガチャッ

俺「何やってんのさセレスさん?遅くね?…」

セレス「あら、俺君に霧切さん?」

大きなハンマー「」

霧切「…もしかして、降ろす事はできたのに上にかける事ができなかったの?」

セレス「え、ええ…お恥ずかしながら…///」

俺「何やってんだよ…。全く仕方ないな…」スッ

大きなハンマー「」ガシッ

俺「ほら、これで良いだろ」

セレス「ええ、結構ですわ」

霧切「それじゃあ戻りましょうか」スタスタ

俺「ああ」スタスタ

セレス「フッ…」

セレス(……最低限のお手伝いはしにきましたか)

セレス(Eランク…は下げ過ぎでしたわね…)

セレス(俺君は美味な餃子も作れる事ですし、Dくらいに留めておいてあげましょう)



セレスの好感度が6に上昇した

683: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 20:07:30.27 ID:f1QEwNvq0
保健室前

霧切「それにしても、私達がこれだけ色んな事があったのにどうしてモノクマは現れないのかしら…?」

俺「確かに不思議だったんだ…。アイツならこんな事態、必ず見逃す訳無いし何かアクションをかけて来ると思ったんだが…」

セレス「他の場所でモノクマを捜索中とかでしょうか?」

俺「うーん…あっ」

保健室扉「」ガラッ 

モノクマ「それじゃあね」スッ

扉「」バタンッ

俺「モノクマ…?いったいそこで何して…?」

モノクマ「ややっ!?ど、どうしてこの時間に俺君達がこんな所に!?」

セレス「それは此方のセリフですわ。その部屋で何をしようとしていたのです?」

モノクマ「そ、それは君達にはな~んも関係無い事だよ。うん」

霧切「その手に持ってるのは何?…」

モノクマ「な、何の事かなぁ?」サッ

俺(怪し過ぎる…)

霧切「遺書って字が見えた気がするけど?…」

モノクマ「や、やだなぁ!僕が遺書なんか書く訳無いじゃ無いか!」

モノクマ「そんな事より、君達こそ夜時間のルールを破ってちゃマズイんじゃ無い?疑われる前にさっさと部屋に戻らないと」

セレス「その外出禁止のルールを作ったのはわたくし達ですけどね」

モノクマ「うぐっ!?」

俺「答える気が無いなら確かめてみれば良いさ。保健室で何かあったんだろ?」スッ

モノクマ「あ…ま、待ってよ俺君!その部屋は未だ…」

扉「」ガラッ

俺「いったいここで何が…」スッ

照明「」カチッ

俺「…え…?」

霧切「これは…」

セレス「石丸君に…山田君…?…」

モノクマ「あーあ…これから楽しくなる筈だったのに勿体無い」


石丸「う……」ドクドク...

山田「」ドクドク...



俺(保健室の中に居たのは、まさかの血塗れになって倒れている石丸君と山田君だった…)

684: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 20:08:07.09 ID:f1QEwNvq0
同じなのでカット
学級裁判場

スロット「石丸石丸石丸」パパ-ン

「GUILTY!!」

モノクマ「大正解。山田君を殺したのはなんと自殺した石丸君なのでした~」

モノクマ「ってアホらしい。回答をカンニングした悪い生徒が3人も居たから、今回の学級裁判は成り立ってなかったね」

全員「…。」シ-ン...

俺「…。」

俺(石丸君は大和田君と不二咲君の死に取り憑かれて、自殺しようとしていた…)

俺(…だが石丸君は俺にアルターエゴと会わせて欲しいと、助けて欲しいと合図を送っていた)

俺(なのに、俺は自分の事ばかりで断って…)


俺『ごめん、俺急いでて…別の人に頼んでくれないかな?…』

石丸『…。』



俺(こんな事になるなんて予想もしてなかった…)

俺(もしあの時、彼の言う事を聞いてあげていれば……この事件は、もっと簡単に防ぐ事ができた筈の事件だった…)

朝日奈「犯人が死んでるって事は、この後お仕置きは無いんだよね…?」

モノクマ「そうだね。僕としては非常に残念だけど、お仕置きする対象が居ないからね」

モノクマ「その分、次の人にはいつもよりスペシャルなお仕置きを受けて貰うから楽しみにしておいてね」

大神「貴様…!」

モノクマ「それじゃ、今回の学級裁判はこれにてお開き~シーユーアゲイン」ピョンッ



──こうして、セレスの事件は未然に防いだが…同時に別の場所で起きていた事件は防げず、俺達は三度目の学級裁判を行い無事に乗り切ったのだった…


第3章END

685: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 20:08:44.62 ID:f1QEwNvq0
第3章END


1次のチャプターへ進む
2最初から始める


多数決下3まで

690: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 20:12:52.39 ID:5Nlom//aO
1

701: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 20:42:39.17 ID:f1QEwNvq0
このまま進みます

狙っていた人が多そうだったので再確認
※女キャラ全員生存目指してた人は脱落となりますが本当に宜しいでしょうか?


1進む
23章やり直す


多数決下5まで(単発無し)


705: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 20:49:55.43 ID:uVzakIkVO
2

708: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 21:27:31.26 ID:f1QEwNvq0
埋まらないので再多数決

1進む
23章やり直す


多数決下3まで(単発無し)

709: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 21:29:47.49 ID:rEzx+WcxO
2

714: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 21:37:11.56 ID:f1QEwNvq0
3章最初からやり直します
分岐までカット
廊下

俺「…。」ヨロヨロ...

俺(うぅ…。まさか、朝日奈さんに手を出してしまった事で、こんな事になるなんて…)

俺(睡眠不足、体力不足、精力不足…。今日はもうこのまま部屋へ戻って休まないと死ぬ…)ヨロヨロ

俺(そこを曲がれば俺の部屋だ…)スタスタ


コンマ下二桁
51以上誰も居なかったので俺は何とか部屋に戻ってシャワーを浴びてベッドにダイブした
31~50舞園が俺の部屋の前に居た
11~30江ノ島が俺の部屋の前に居た
10以下腐川が俺の部屋の前に居た


安価下

715: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 21:39:12.43 ID:CWR1qJE1O

717: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 21:53:03.27 ID:f1QEwNvq0
コンマ43(48)
廊下
俺部屋前

舞園「あれ?俺君留守かな?…」

俺(げっ…ま、舞園さん?…)

舞園「あ、俺君。外に出てたんだ?こんな朝早く珍しいね?」

俺「あ、ああ…ちょっとトイレに行ってて…」

舞園「そうなんだ???」

俺(…いや、平静を保て俺。悟られるな)

俺「舞園さんはどうしたんだ?こんな朝早くから…」

舞園「あっ…えっと…。よく考えたらもう幼馴染じゃなくて彼女なんだし、朝ちゃんと起こしてあげるのも私の仕事かなって…///」

俺「そうなんだ…」

俺(…何で今日からなんだよ。最悪のタイミングだ)

舞園「…。」

俺「…うん?」

舞園「と言うか…何か臭いません?…」クンクン

俺「えっ…?」ドキッ!!

俺(なっ…ま、マズイ…朝日奈さんとやった時の臭いが身体中に…)ゴクリッ

俺(ど、どうする?なんて答える…?)ドクンッ


1ち、ちなみにどんな臭いする?…
2き…気の所為だよきっと…
3舞園さんには分からないだろうがこれが大人の男の臭いさ…

多数決下3まで

718: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 21:55:14.84 ID:CWR1qJE1O
1だっけな

721: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 21:59:12.04 ID:f1QEwNvq0
廊下

俺「ち、ちなみにどんな臭いする?…」

舞園「えっ…?どんなって…」

俺「あ、ああ…俺は鼻つまってるのかあんまり分からなくて…」

舞園「うーん…」

俺(ヤバイ…。舞園さんが●●の臭いを何と答えるのか興味あって、ヤバイのに逆に質問してしまった…)

舞園「生モノから出る汁のような…」

俺(生モノかなかなか面白い例えするな…///)

舞園「でも何かこの臭い、鼻をつくような…」

俺「鼻に付く!?」

舞園「え?」

俺「あ、い、いや…。魚料理とかかな?て事は食堂の方からかな?…あはは…」

舞園「…。」


コンマ下二桁
21以上舞園「今日の食事当番は大神さんだったけど、何を料理してるんだろ?…」(話題逸らしに成功した)
20以下舞園「…と言うか…何か俺君の方から変な臭いしない?…」(墓穴を掘ったせいで怪しまれてしまった…)


安価下

722: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:00:16.22 ID:8XvhzP75o

725: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:07:28.49 ID:f1QEwNvq0
コンマ22

1巻き戻し権利入手(コンマは22で進行
2権利消費無しで振り直す

多数決下3まで

726: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:08:00.17 ID:CWR1qJE1O
1

729: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:09:50.46 ID:f1QEwNvq0
巻き戻し権利入手
コンマ振り直しを使用しますか?(@4

1使用する
2使用しない

多数決下3まで

730: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:10:11.94 ID:rEzx+WcxO
2

735: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:20:24.86 ID:f1QEwNvq0
廊下

舞園「今日の食事当番は大神さんだったけど、何を料理してるんだろ?…」

俺「分かんないけど、ちょっと見て来てくれ無いかな舞園さん」

舞園「え?…」

俺「もしかしたら朝食でヤバい料理が出てきたら困るし…」

舞園「確かにそうだね…。うん、私ちょっと見てくる」クルッ

俺「ああ、宜しく」

スタスタ...

俺(ふぅ…危なかった…。何とか話題を逸らす事に成功したか…)

扉「」ガチャッ

俺(この臭いを消す為に直ぐにシャワー浴びて、一旦休むか…)スタスタ...

736: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:21:22.39 ID:f1QEwNvq0
俺個室

俺(俺は部屋へ戻るなり、異様な匂いを消す為にシャワーを浴びて…)

俺(ベッドへダイブした…)

俺「はぁ…。少し仮眠取ったら朝食会に行こう…」ボフッ

俺(どうせ霧切さんとか葉隠君が現れるるのは9時頃だし、偶にはいつもより1時間くらい遅れても良いだろ…)

俺「…。」

俺(…うん?何かポケットに入ってる)ゴソゴソ

俺ズボンポケット「朝日奈   「」」

俺「これは朝日奈さんの…。あぁ、そっか。剥いだ時に邪魔だったからポケットに入れたままなんだった…」

朝日奈xxxx「」

俺「…まぁ返さなくて良いか。このまま貰うとしよう」ゴソゴソ

俺(とりあえず朝日奈さんの事は置いといて…)

俺(俺は現在舞園さんと付き合いつつ、江ノ島さんから好意を伝えられて、腐川さんとも付き合って…)

俺(それでもって霧切さんとよりを戻した…?いや、在るべき姿に戻ったと言うべきか?…)

俺(このまま隠したままで良いんだろうか…)


1やっぱり、はっきりしないといけないよな…。皆んなを呼び出して俺がクズでしたと白状しよう…
2…いや、ここまで来たら隠し通して俺はハーレム王になろう!


多数決下3まで


朝日奈の   を入手した

738: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:23:56.44 ID:9qWa1BulO
1

742: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:25:51.23 ID:f1QEwNvq0
同じなのでカット
3階廊下

俺(新たに解放されていた3階には、物理室、美術室、娯楽室があった)

俺(また手分けして捜索する事になったが、それぞれ興味がある部屋に向かって行く…)

俺「…。」

俺(残念ながらこの階にも学園長室は無かった…)

俺(…と言う事は次の階にあるんだろうか?)

俺(仕方ない。一先ず俺もこの部屋の探索をしに行くとするか…)



1物理室を見に行く
2美術室を見に行く
3娯楽室を見に行く


多数決下3まで

743: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:26:06.98 ID:YmquUjgLO
3

745: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:27:48.77 ID:f1QEwNvq0
娯楽室

俺「娯楽室か…」スタスタ...

セレス「フフ…こんな部屋もあったなんて。この部屋が有ればここでの生活もますます充実した生活になりそうですわね)

俺「…。」

俺(…セレスさんは本気でここでの生活を受け入れるつもりなんだろうか)

俺「ここにある雑誌も。最近の物じゃ無いな…」

監視カメラ「」ウイ-ン

モノクマ『えー、残念ながら最新の雑誌を置く事はできませーん』

俺(…雑誌が有れば外の状況も確認できるかと思ったが、あくまで俺達に外の情報は与えないつもりか)

葉隠「将棋にオセロにチェスにダーツにビリヤード」

葉隠「はぁ…これだけあっても相手が居なきゃな。一人で遊んでもつまんねえって」

セレス「あら?では宜しければわたくしがお相手を務めましょうか?」

葉隠「超高校級のギャンブラーと対決しても勝てる訳が無いべ…」

葉隠「負け続けるだけのゲームなんかやってもつまらないしな…」

セレス「あら、それは残念ですわね」

葉隠「やっぱゲームは俺と同じくらいの実力の奴とじゃねえと…なぁ俺っち。俺っちくらいなら俺でも戦える自信あるぞ」

俺「…。」



1俺はセレスさんに勝つ自信あるぞ
2セレスさんの相手になるかどうか分からないが、いつか挑んでみたいな
3葉隠君には負けない
4悪いが俺はこう言うゲーム苦手なんだ葉隠君…


多数決下3まで

746: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:28:38.15 ID:4uf5o12i0
1

748: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:29:40.35 ID:f1QEwNvq0
娯楽室

俺「俺はセレスさんに勝つ自信あるぞ」

葉隠「え?…」

セレス「フッ…俺君がわたくしに?」

俺「ああ」

セレス「確かに、学級裁判の時の俺君の発想力と閃きは目を見張る物が有りますが…」

セレス「超高校級のギャンブラーであるわたくしに、ゲームの実力で上回るなど…」

俺「だったら、今ここで勝負してみるか」

セレス(こいつ…)ピキッ

セレス「フッ、構いませんわよ?なら今ここで勝負してみます?」

俺「ああ、ならビリヤードなんてどうだ?」

セレス「何でも構いませんわ。俺君の得意な種目でどうぞ」

セレス「そうですわ。万が一にでも俺君がわたくしに勝てたら何でも一つだけ言う事を聞いてあげましょう」ニコッ

俺「ほう、大きく出たな」

セレス「ええ、その代わり負けた時は二度とわたくしにゲームで勝てるなどとイキら無いで下さいね」

俺「面白い」

葉隠「お、おいやめとけって俺っち…潰されんぞ?…」

俺「大丈夫さ。まぁ見とけって」スタスタ

セレス「うふふ、俺君の実力が楽しみですわ」ニコニコ

セレス(そのプライド、ズタズタに引き裂いてやるよ…)

俺(そして、俺は本気になったセレスさんと対戦した結果……)


コンマ下二桁
61以上本当に勝った(セレス好感度6に上昇+イベント)
51~60俺、言うだけは有り接戦だったが負けた(セレス好感度6に上昇)
31~50普通に負けた
30以下びっくりするくらい惨敗し、靴を めさせられた…(セレス好感度4に低下)


安価下

749: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:34:26.11 ID:JlfgQl2A0

751: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:39:57.93 ID:f1QEwNvq0
コンマ11(振り直し)

コンマ下二桁
51以上本当に勝った(セレス好感度6に上昇+イベント)
41~50俺、言うだけは有り接戦だったが負けた(セレス好感度6に上昇)
21~40普通に負けた
20以下びっくりするくらい惨敗し、靴を めさせられた…(セレス好感度4に低下)


安価下

752: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:41:43.40 ID:N2zD1hHgO

754: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:49:31.80 ID:f1QEwNvq0
コンマ振り直しを使用しますか?

1使用する
2使用しない

多数決下3まで

755: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 22:55:02.63 ID:rEzx+WcxO
1

757: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 23:34:09.59 ID:f1QEwNvq0
振り直し権利を使用します


コンマ下二桁
51以上本当に勝った(セレス好感度6に上昇+イベント)
41~50俺、言うだけは有り接戦だったが負けた(セレス好感度6に上昇)
21~40普通に負けた
20以下びっくりするくらい惨敗し、靴を めさせられた…(セレス好感度4に低下)


安価下

758: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/30(土) 23:46:25.46 ID:dvIAXLVo0

759: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 00:06:44.80 ID:T0vSDOj30
コンマ46(51)
同じなのでカット
食堂

江ノ島「てか3階にもやっぱ出口なんか無かったね…」

朝日奈「はぁ…いよいよ、いつになったらここから出る時が来るのか心配になって来たよ…」

セレス「良いではありませんか。ここの生活に慣れてしまえば殺人とは無縁になりますわ」

セレス「皆さんで生きていきましょう」ニコッ 

葉隠「簡単に言うけど厳しいべ…」

山田「ここにはアニメが無いから地獄だ…」

苗木「舞園さんも早く出たいよね…」

舞園「私は……」チラッ

苗木「え?…」

舞園(俺君さえ居れば、ここでの生活も別に…///)

腐川(か、仮にここで一生生活する事になっても、あたしには恋人が居るから怖い物無しね…うふ…うふふ…///)

江ノ島(ここで生活する事になったら、あたしはいつか俺君と…///)

朝日奈(…あぁ…。また俺と りたいなぁ…///)

俺「…あれ?」

女子達「…。」ジッ...

俺(落胆してる男子達とは反対に、何か女子達の視線が俺の方に集まって…)ゴクリッ...

霧切「…。」

俺(もしかして、予定通り謝るならこのタイミングしか無いか?…)


1事実を打ち明け、皆んなに土下座して謝る
2……未だ早いな。未だ打ち明ける時では無い


多数決下3まで

760: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 00:07:46.18 ID:xeo9ElZA0

762: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 03:20:56.79 ID:T0vSDOj30
食堂

俺(……やはりここしか無い。言おう!)グッ

俺「皆んな!俺からも一つ、聞いて欲しい事があるんだ!」ガタッ

葉隠「ん?未だ何かあんのか?」

俺「…。」スタスタ

苗木「俺君?…」

山田「どうして移動されるのですかな?…」

石丸「…。」

俺「…。」土下座「」バッ

江ノ島「は?…」

舞園「ど、どうしたんですか俺君?…」

腐川「な、何で急に土下座?…そ、そう言うxxx!?///」


大神「何か謝罪をしなきゃならない事でもあるのか?…」

俺「ああ、ある…」

朝日奈(え?まさか…?)

霧切「…。」

俺「スゥ-...ハァ-...」

俺(さらば俺の学園生活……)

俺「霧切さん、舞園さん、江ノ島さん、腐川さんごめんなさい!」

舞園&江ノ島&腐川「「え?…」」

俺「俺は……特定の女の人を選べずに…4股してました!!」ググッ

全員「…。」シ-ン...

苗木「…。」

苗木「…え?よ、4股!?」

葉隠「ど、どう言う事だべ!?はっ…」

舞園「う、嘘だよね?俺君…?」

俺「…本当だ。俺は皆んなと恋人になってたんだ…」

舞園「…うっ…」グスッ

江ノ島「嘘でしょ?最低だよ…」

腐川「そ、そう言うxxx!?あ、ああ…なるほど…。あたしを驚かす為に、ドッキリか何かなのね…」

俺「いや、本当なんだよ…。周りの反応を見たら分かると思うが、本当に4股していた俺は…」

朝日奈(俺…)

俺(更に朝日奈さんと昨晩xxxxした罪もここで白状してしまうか…?)


1俺の罪を全て洗いざらい白状する
2……いや、そこまで言う必要無いな。むしろ俺の方が被害者だし

多数決下3まで

764: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 03:43:39.10 ID:8S9erS0AO
1

767: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 03:47:56.76 ID:T0vSDOj30
同じなのでカット
脱衣所

霧切「さてと…」

俺「あ、えーと…」

霧切「…。」

俺「…今の俺と居るところを見られると、他の人から霧切さんまで変な目で見られたり噂が立つかもしれない」

霧切「…。」

俺「俺は先に部屋に戻るよ」クルッ

霧切「別に良いじゃ無い。他人の評価や噂を立てられようと…」

俺「え?…」クルッ

霧切「確かに俺君は最低な事をしたわ。女の敵…いえ、今の私達の状況だと男の敵でもあるから両方かしら?」

俺「うっ…」ズキッ

霧切「でも俺君は今のままではいけないと考え、状況を変えようと自分の罪を皆んなに打ち明けた…」

霧切「ちゃんと反省しているのなら、もうそれでいいじゃない」

俺「で、でも…やっぱり許される事じゃ無いだろ…」

霧切「許せないからって、いつまでも避けていたらやり方は黒幕と同じよ」

俺「え?…」

霧切「…黒幕は罪を償う機会すら与えず、処刑するだけ」

霧切「でも、私達は黒幕とは違う…。そうでしょう?」

俺「霧切さん…」

霧切「ちゃんと反省しているのだったら、赦してあげる事だってできる…」

霧切「だから、私も最初は怒ってはいたけど…今はもう気にして無いわ」

俺「…!!」

霧切「だ、だから……。きっと俺君とは協力しないとここから出る事は不可能なんだし…」

霧切「俺君はこれまで通り、こ、これからも私の傍に居なさいよ…///」

俺「霧切さん…」


1ごめん…。本当にすまなかった…。もう二度とこんな事はしないと…これからは絶対に君を悲しませたりしないと誓うよ(俺は自分の過ちを深く反省した)
2こ、これまで通り…って事は…(俺は気が付けばまた霧切さんを押し倒して襲っていた…)


多数決下3まで

768: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 03:49:17.06 ID:KcA5nmRH0
1

770: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 03:53:56.20 ID:T0vSDOj30
同じなのでカット
俺部屋

俺(霧切さんと和解して、部屋に戻った俺は…)

俺「…悪いのは俺なんだし、皆んなに謝らないとな」

俺「とりあえず今日の内に夜時間に入る前に1人謝りに行こう」

俺(俺が行かなきゃいけない所は 欲に任せて した朝日奈さん…)

俺(そして4股してた事を隠して付き合っていた舞園さん、江ノ島さん、腐川さんの所か…)

俺(苗木君、山田君、葉隠君、石丸君、大神さん、セレスさんはまぁ関係無いし行かなくて良いな…)

俺「とにかくこの4人の場所へ行かないと…」


コンマ下二桁
41以上俺は先ず朝日奈の所へ向かった
21~40俺の部屋がノックされた
20以下俺の部屋のチャイムがしつこく鳴った


安価下

771: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 04:21:10.48 ID:xeo9ElZA0
はい

772: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 04:30:00.73 ID:T0vSDOj30
コンマ48(58)
同じなのでカット
俺個室
ベッド

俺(明日は絶対に舞園さん、最後には江ノ島さんか腐川さんだな…)

俺「しかし、3階が解放されてからと言う物。俺がこんなに動機となる理由を作ってるのに未だに黒幕が何もリアクションして来ないのが気になるな…」

俺(普通ならこんな絶好のタイミング、あいつが逃さない事は無いと思うが…)

俺(…まぁあいつの行動なんて読める訳無いか)

俺「とりあえず今日は寝よう…」ゴロン...




江ノ島部屋

モノクマ「うぷぷ。俺君に淡い恋心を裏切られた感想はどう?」

江ノ島「…。」チラッ

モノクマ「やっぱり絶望した?あはは、そりゃそうだよね」

モノクマ「僕を裏切ってまで信じてついて行った奴に結局裏切られてるんだもん」

モノクマ「お姉ちゃんには人を見る目が全く無いと言うか…本当に残姉だよね」

江ノ島「何が言いたいの?…」

モノクマ「分からない?絶望は十分味わったでしょ?満足したならそろそろ僕の所に戻って来なよ」

モノクマ「やっぱりお姉ちゃんの事を理解してるのは、俺君よりも僕の方だからね」

江ノ島「…。」


コンマ下二桁
71以上江ノ島「…。」
70以下江ノ島「そうだね…。俺君は最低だった…」


安価下

773: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 04:33:25.84 ID:knShTsgEO
えい

775: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 06:48:34.99 ID:T0vSDOj30
巻き戻し権利を使用しますか?

1使用する
2使用しない

多数決下3まで

776: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 06:50:58.63 ID:JfI7c7VxO
1

779: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 06:58:46.87 ID:T0vSDOj30
巻き戻し権利を使用します

7時15分まで何か質問有れば

781: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 07:30:22.01 ID:T0vSDOj30
やり直し場所を決めます
指定が2回被った場所から再開します

782: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 07:31:19.01 ID:gEWy4ABPO
721

787: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 09:22:51.34 ID:T0vSDOj30
721からやり直します
廊下

俺「ち、ちなみにどんな臭いする?…」

舞園「えっ…?どんなって…」

俺「あ、ああ…俺は鼻つまってるのかあんまり分からなくて…」

舞園「うーん…」

俺(ヤバイ…。舞園さんが●●の臭いを何と答えるのか興味あって、ヤバイのに逆に質問してしまった…)

舞園「生モノから出る汁のような…」

俺(生モノかなかなか面白い例えするな…///)

舞園「でも何かこの臭い、鼻をつくような…」

俺「鼻に付く!?」

舞園「え?」

俺「あ、い、いや…。魚料理とかかな?て事は食堂の方からかな?…あはは…」

舞園「…。」


コンマ下二桁
21以上舞園「今日の食事当番は大神さんだったけど、何を料理してるんだろ?…」(話題逸らしに成功した)
20以下舞園「…と言うか…何か俺君の方から変な臭いしない?…」(墓穴を掘ったせいで怪しまれてしまった…)


安価下

788: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 09:42:23.75 ID:xeo9ElZA0

791: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 10:02:32.91 ID:T0vSDOj30
コンマ75(80)
同じなのでカット
俺個室

俺(俺は部屋へ戻るなり、異様な匂いを消す為にシャワーを浴びて…)

俺(ベッドへダイブした…)

俺「はぁ…。少し仮眠取ったら朝食会に行こう…」ボフッ

俺(どうせ霧切さんとか葉隠君が現れるるのは9時頃だし、偶にはいつもより1時間くらい遅れても良いだろ…)

俺「…。」

俺(…うん?何かポケットに入ってる)ゴソゴソ

俺ズボンポケット「朝日奈   「」」

俺「これは朝日奈さんの…。あぁ、そっか。剥いだ時に邪魔だったからポケットに入れたままなんだった…」

朝日奈xxxx「」

俺「…まぁ返さなくて良いか。このまま貰うとしよう」ゴソゴソ

俺(とりあえず朝日奈さんの事は置いといて…)

俺(俺は現在舞園さんと付き合いつつ、江ノ島さんから好意を伝えられて、腐川さんとも付き合って…)

俺(それでもって霧切さんとよりを戻した…?いや、在るべき姿に戻ったと言うべきか?…)

俺(このまま隠したままで良いんだろうか…)


1やっぱり、はっきりしないといけないよな…。皆んなを呼び出して俺がクズでしたと白状しよう…
2…いや、ここまで来たら隠し通して俺はハーレム王になろう!


多数決下3まで


朝日奈の   を入手した

792: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 10:05:01.40 ID:KcA5nmRH0
1

794: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 10:11:40.43 ID:T0vSDOj30
同じなのでカット
3階廊下

俺(新たに解放されていた3階には、物理室、美術室、娯楽室があった)

俺(また手分けして捜索する事になったが、それぞれ興味がある部屋に向かって行く…)

俺「…。」

俺(残念ながらこの階にも学園長室は無かった…)

俺(…と言う事は次の階にあるんだろうか?)

俺(仕方ない。一先ず俺もこの部屋の探索をしに行くとするか…)



1物理室を見に行く
2美術室を見に行く
3娯楽室を見に行く


多数決下3まで

795: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 10:12:52.62 ID:KcA5nmRH0
3

797: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 10:23:28.15 ID:T0vSDOj30
娯楽室

俺「娯楽室か…」スタスタ...

セレス「フフ…こんな部屋もあったなんて。この部屋が有ればここでの生活もますます充実した生活になりそうですわね)

俺「…。」

俺(…セレスさんは本気でここでの生活を受け入れるつもりなんだろうか)

俺「ここにある雑誌も。最近の物じゃ無いな…」

監視カメラ「」ウイ-ン

モノクマ『えー、残念ながら最新の雑誌を置く事はできませーん』

俺(…雑誌が有れば外の状況も確認できるかと思ったが、あくまで俺達に外の情報は与えないつもりか)

葉隠「将棋にオセロにチェスにダーツにビリヤード」

葉隠「はぁ…これだけあっても相手が居なきゃな。一人で遊んでもつまんねえって」

セレス「あら?では宜しければわたくしがお相手を務めましょうか?」

葉隠「超高校級のギャンブラーと対決しても勝てる訳が無いべ…」

葉隠「負け続けるだけのゲームなんかやってもつまらないしな…」

セレス「あら、それは残念ですわね」

葉隠「やっぱゲームは俺と同じくらいの実力の奴とじゃねえと…なぁ俺っち。俺っちくらいなら俺でも戦える自信あるぞ」

俺「…。」



1俺はセレスさんに勝つ自信あるぞ
2セレスさんの相手になるかどうか分からないが、いつか挑んでみたいな
3葉隠君には負けない
4悪いが俺はこう言うゲーム苦手なんだ葉隠君…


多数決下3まで

798: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 10:24:53.08 ID:KcA5nmRH0
1

800: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 10:30:33.23 ID:T0vSDOj30
娯楽室

俺「俺はセレスさんに勝つ自信あるぞ」

葉隠「え?…」

セレス「フッ…俺君がわたくしに?」

俺「ああ」

セレス「確かに、学級裁判の時の俺君の発想力と閃きは目を見張る物が有りますが…」

セレス「超高校級のギャンブラーであるわたくしに、ゲームの実力で上回るなど…」

俺「だったら、今ここで勝負してみるか」

セレス(こいつ…)ピキッ

セレス「フッ、構いませんわよ?なら今ここで勝負してみます?」

俺「ああ、ならビリヤードなんてどうだ?」

セレス「何でも構いませんわ。俺君の得意な種目でどうぞ」

セレス「そうですわ。万が一にでも俺君がわたくしに勝てたら何でも一つだけ言う事を聞いてあげましょう」ニコッ

俺「ほう、大きく出たな」

セレス「ええ、その代わり負けた時は二度とわたくしにゲームで勝てるなどとイキら無いで下さいね」

俺「面白い」

葉隠「お、おいやめとけって俺っち…潰されんぞ?…」

俺「大丈夫さ。まぁ見とけって」スタスタ

セレス「うふふ、俺君の実力が楽しみですわ」ニコニコ

セレス(そのプライド、ズタズタに引き裂いてやるよ…)

俺(そして、俺は本気になったセレスさんと対戦した結果……)


コンマ下二桁
61以上本当に勝った(セレス好感度6に上昇+イベント)
51~60俺、言うだけは有り接戦だったが負けた(セレス好感度6に上昇)
31~50普通に負けた
30以下びっくりするくらい惨敗し、靴を めさせられた…(セレス好感度4に低下)


安価下

801: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 10:34:35.02 ID:iAggBYvy0

802: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 10:37:23.75 ID:T0vSDOj30
コンマ02(07)
やった事あるのでカット
食堂

江ノ島「てか3階にもやっぱ出口なんか無かったね…」

朝日奈「はぁ…いよいよ、いつになったらここから出る時が来るのか心配になって来たよ…」

セレス「良いではありませんか。ここの生活に慣れてしまえば殺人とは無縁になりますわ」

セレス「皆さんで生きていきましょう」ニコッ 

葉隠「簡単に言うけど厳しいべ…」

山田「ここにはアニメが無いから地獄だ…」

苗木「舞園さんも早く出たいよね…」

舞園「私は……」チラッ

苗木「え?…」

舞園(俺君さえ居れば、ここでの生活も別に…///)

腐川(か、仮にここで一生生活する事になっても、あたしには恋人が居るから怖い物無しね…うふ…うふふ…///)

江ノ島(ここで生活する事になったら、あたしはいつか俺君と…///)

朝日奈(…あぁ…。また俺と りたいなぁ…///)

俺「…あれ?」

女子達「…。」ジッ...

俺(落胆してる男子達とは反対に、何か女子達の視線が俺の方に集まって…)ゴクリッ...

霧切「…。」

俺(もしかして、予定通り謝るならこのタイミングしか無いか?…)


1事実を打ち明け、皆んなに土下座して謝る
2……未だ早いな。未だ打ち明ける時では無い


多数決下3まで

805: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 10:56:26.15 ID:wQJgESKVO
1

808: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 11:50:08.52 ID:T0vSDOj30
食堂

俺(……やはりここしか無い。言おう!)グッ

俺「皆んな!俺からも一つ、聞いて欲しい事があるんだ!」ガタッ

葉隠「ん?未だ何かあんのか?」

俺「…。」スタスタ

苗木「俺君?…」

山田「どうして移動されるのですかな?…」

石丸「…。」

俺「…。」土下座「」バッ

江ノ島「は?…」

舞園「ど、どうしたんですか俺君?…」

腐川「な、何で急に土下座?…そ、そう言うxxx!?///」


大神「何か謝罪をしなきゃならない事でもあるのか?…」

俺「ああ、ある…」

朝日奈(え?まさか…?)

霧切「…。」

俺「スゥ-...ハァ-...」

俺(さらば俺の学園生活……)

俺「霧切さん、舞園さん、江ノ島さん、腐川さんごめんなさい!」

舞園&江ノ島&腐川「「え?…」」

俺「俺は……特定の女の人を選べずに…4股してました!!」ググッ

全員「…。」シ-ン...

苗木「…。」

苗木「…え?よ、4股!?」

葉隠「ど、どう言う事だべ!?はっ…」

舞園「う、嘘だよね?俺君…?」

俺「…本当だ。俺は皆んなと恋人になってたんだ…」

舞園「…うっ…」グスッ

江ノ島「嘘でしょ?最低だよ…」

腐川「そ、そう言うxxx!?あ、ああ…なるほど…。あたしを驚かす為に、ドッキリか何かなのね…」

俺「いや、本当なんだよ…。周りの反応を見たら分かると思うが、本当に4股していた俺は…」

朝日奈(俺…)

俺(更に朝日奈さんと昨晩xxxxした罪もここで白状してしまうか…?)


1俺の罪を全て洗いざらい白状する
2……いや、そこまで言う必要無いな。むしろ俺の方が被害者だし

多数決下3まで

809: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 11:52:19.77 ID:EFQiYoOlO
1

812: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 15:45:14.73 ID:T0vSDOj30
同じなのでカット
脱衣所

霧切「さてと…」

俺「あ、えーと…」

霧切「…。」

俺「…今の俺と居るところを見られると、他の人から霧切さんまで変な目で見られたり噂が立つかもしれない」

霧切「…。」

俺「俺は先に部屋に戻るよ」クルッ

霧切「別に良いじゃ無い。他人の評価や噂を立てられようと…」

俺「え?…」クルッ

霧切「確かに俺君は最低な事をしたわ。女の敵…いえ、今の私達の状況だと男の敵でもあるから両方かしら?」

俺「うっ…」ズキッ

霧切「でも俺君は今のままではいけないと考え、状況を変えようと自分の罪を皆んなに打ち明けた…」

霧切「ちゃんと反省しているのなら、もうそれでいいじゃない」

俺「で、でも…やっぱり許される事じゃ無いだろ…」

霧切「許せないからって、いつまでも避けていたらやり方は黒幕と同じよ」

俺「え?…」

霧切「…黒幕は罪を償う機会すら与えず、処刑するだけ」

霧切「でも、私達は黒幕とは違う…。そうでしょう?」

俺「霧切さん…」

霧切「ちゃんと反省しているのだったら、赦してあげる事だってできる…」

霧切「だから、私も最初は怒ってはいたけど…今はもう気にして無いわ」

俺「…!!」

霧切「だ、だから……。きっと俺君とは協力しないとここから出る事は不可能なんだし…」

霧切「俺君はこれまで通り、こ、これからも私の傍に居なさいよ…///」

俺「霧切さん…」


1ごめん…。本当にすまなかった…。もう二度とこんな事はしないと…これからは絶対に君を悲しませたりしないと誓うよ(俺は自分の過ちを深く反省した)
2こ、これまで通り…って事は…(俺は気が付けばまた霧切さんを押し倒して襲っていた…)


多数決下3まで

813: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 16:06:17.05 ID:m5ubkMrC0
2

817: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 18:27:34.49 ID:T0vSDOj30
同じなのでカット
脱衣所

俺(あの後、俺のタマが空になるまで俺の下半身は2人に刺激を与えられ)

俺(満足した霧切さんは捜査へと向かった…)

朝日奈「そう言えば俺、舞園ちゃん達とは仲直りしたの?」

俺「いや…未だ何も…」

朝日奈「したく無いの?」

俺「したいとは思ってるが…舞園さんとはもう無理だろうな」

俺「今朝も勘違いさせる為に嫌われ役を演じる事になって、そして昼間のだ」

俺「舞園さんはもう無理だと思う」

朝日奈「そっか…」

俺「ああ…」

朝日奈「じゃあ腐川ちゃんと江ノ島ちゃんはイケるんだね?」

俺「ああ……え?」

朝日奈「私に任せてよ。その2人は必ずヨリを戻させてあげる」ニコツ

俺「えっ…い、いや…」

俺(そ、それってまさか…)ゴクリッ...

朝日奈「大丈夫。既に霧切ちゃんから許可は貰ってるから!」

俺「」

俺(もし増えればこれからもっと摂取されるって事だろ?…)

俺(こ、ここでの生活が地獄と化して来てるんだが…)


コンマ下二桁
21以上腐川、俺管理組みに入った
20以下腐川、ドン引きしていた(腐川好感度5に低下)

安価下


コンマ下二桁
31以上江ノ島、俺管理組みに入った
30以下江ノ島、ドン引きしていた(江ノ島好感度5に低下)

安価下2

818: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 18:31:37.86 ID:poi5bNOmo

819: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 18:32:21.23 ID:xeo9ElZA0

828: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:20:13.81 ID:T0vSDOj30
コンマ振り直し権利を使用しますか?(@3

1使用する
2このまま行く

多数決下3まで

829: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:23:10.55 ID:992s1jQcO
1

833: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:28:50.00 ID:T0vSDOj30
コンマ振り直しを使用します


コンマ下二桁
11以上腐川、俺管理組みに入った
11以下腐川、ドン引きしていた(腐川好感度5に低下)

安価下


コンマ下二桁
21以上江ノ島、俺管理組みに入った
20以下江ノ島、ドン引きしていた(江ノ島好感度5に低下)

安価下2

834: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:29:39.54 ID:hIircHDCO
1

835: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:30:11.40 ID:hIircHDCO

838: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:34:52.29 ID:T0vSDOj30
2つとも取るのは流石に頭おかしいので無効にします


コンマ下二桁
11以上腐川、俺管理組みに入った
10以下腐川、ドン引きしていた(腐川好感度5に低下)

安価下


コンマ下二桁
21以上江ノ島、俺管理組みに入った
20以下江ノ島、ドン引きしていた(江ノ島好感度5に低下)

安価下2(末尾O以外

839: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:35:08.94 ID:KcA5nmRH0
対策とる気のないイッチが糞

840: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:35:40.17 ID:xeo9ElZA0
それ言うんやったら手前の振り直し使うかどうかからやり直せや

844: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:39:06.11 ID:T0vSDOj30
コンマ94(99)(巻き戻し+コンマ振り直し2)
コンマ17(22)
巻き戻し権利を使用しますか?

1使用する
2このまま行く

多数決下3まで

845: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:39:25.65 ID:xeo9ElZA0

851: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:43:21.98 ID:T0vSDOj30
このまま行きます
同じなのでカット
翌日
廊下

俺(腐川さんを抱いた翌日…)

俺(…俺は舞園さんの部屋を訪ねていた)

俺「…。」スッ

インターホン「」ピンポ-ン

俺(江ノ島さんは今日だよな…)

俺(流れで他の女子達には何故か許して貰える事になったが、残りの彼女にだけは、ちゃんと自分の手でケジメをつけておかないと…)

扉「」ガチャッ

舞園「はい?誰ですか?……あ…」

俺「ま、舞園さん…」

舞園「俺君……。何の用ですか?…」

俺「…。」

俺(俺は気付いた…)

俺(…舞園さんが幼馴染である俺に対して、他の人と同じように敬語を使っている)

舞園「あの…用が無いのなら、忙しいのでこれで…」スッ

俺(そんな彼女に対して…俺は……)ゴクリッ...


1俺を助けて……
2本当にすまなかった…。さよなら…
3舞園さんの事も抱きたいんだ!


多数決下3まで

855: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:45:22.45 ID:KcA5nmRH0
2

857: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/10/31(日) 22:52:48.62 ID:T0vSDOj30
舞園個室前

俺「本当にすまなかった…」ペコリッ

舞園「…。」

俺「さよなら…」クルッ

扉「」バタンッ

舞園「…。」

舞園「さよなら…」グッ

扉「」バタンッ

舞園(……やっぱり、ここだと誰も信じちゃいけないんだ)

舞園(幼馴染の俺君でさえも、私の事を裏切ってた……)

舞園「…。」

舞園「ここのルールに従うしか無いんだ…。この生活から今直ぐ逃れるには、自分の手で……」グッ




舞園の好感度が消滅した

870: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 01:17:24.13 ID:gt5mLtTg0
巻き戻し権利を使用しますか?

1使用する
2使用しない

多数決下3まで


871: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 01:19:12.95 ID:6Ke0NfLsO
1

873: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 01:23:40.11 ID:gt5mLtTg0
巻き戻し権利を使用します

45分まで質問有れば

895: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 02:14:27.24 ID:gt5mLtTg0
巻き戻し場所を決めます

指定が2回被った場所から再開します(>>787以降

896: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 02:15:28.77 ID:NsfKUGdfO
じゃあ787

899: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 02:17:40.95 ID:gt5mLtTg0
787から再開します
廊下

俺「ち、ちなみにどんな臭いする?…」

舞園「えっ…?どんなって…」

俺「あ、ああ…俺は鼻つまってるのかあんまり分からなくて…」

舞園「うーん…」

俺(ヤバイ…。舞園さんが●●の臭いを何と答えるのか興味あって、ヤバイのに逆に質問してしまった…)

舞園「生モノから出る汁のような…」

俺(生モノかなかなか面白い例えするな…///)

舞園「でも何かこの臭い、鼻をつくような…」

俺「鼻に付く!?」

舞園「え?」

俺「あ、い、いや…。魚料理とかかな?て事は食堂の方からかな?…あはは…」

舞園「…。」


コンマ下二桁
21以上舞園「今日の食事当番は大神さんだったけど、何を料理してるんだろ?…」(話題逸らしに成功した)
20以下舞園「…と言うか…何か俺君の方から変な臭いしない?…」(墓穴を掘ったせいで怪しまれてしまった…)


安価下

900: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 02:18:42.03 ID:NsfKUGdfO

902: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 02:28:48.78 ID:gt5mLtTg0
コンマ03(08)
廊下

舞園「…と言うか…何か俺君の方から変な臭いしない?…」クンクン…

俺「え?…」

俺(や、ヤバイ…)ゴクリッ...

舞園「これ食堂じゃなくて俺君だよね…?何か臭わない?…」グッ

俺「ッ…」

俺(も、もし次の手を間違えたら…お、終わるぞ…)

俺(どうする…)



1幾ら舞園さんでも言っていい事と悪い事がある!俺の何処が臭いんだ!?言ってみろよコラ!?
2臭いのは当然だよ。昨日俺、風呂入ってないもん…


多数決下3まで

903: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 02:30:53.83 ID:ea1u5SuFO
2

905: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 02:34:50.64 ID:gt5mLtTg0
廊下

俺「臭いのは当然だよ。昨日俺、風呂入ってないもん… 」

舞園「えっ…?」

俺(…こんな報告したくなかったがこう言うしかなかった)

俺(俺には後が無いからだ…)

俺「だ、だからさ…直ぐシャワー浴びたいし、とりあえず部屋に戻らせてくれる?…」



コンマ下二桁
21以上舞園「そ、そうなんだ…。何かごめんね…」(俺、難を逃れる)
20以下舞園「俺君、前に一緒に寝た時お風呂入って無くてもそんな臭いしてなかったけど……あれ?…」(俺、詰み)


安価下

906: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 03:05:17.98 ID:kk4x57VRo
エンジョイ!

907: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 09:28:56.02 ID:gt5mLtTg0
コンマ98(99)

1巻き戻し+振り直し2
2下の段40%上昇

多数決下3まで

908: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 09:30:05.29 ID:HFnph8Ze0
2

910: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 09:58:13.61 ID:gt5mLtTg0
再判定

コンマ下二桁
61以上舞園「そ、そうなんだ…。何かごめんね…」(俺、難を逃れる)
60以下舞園「俺君、前に一緒に寝た時お風呂入って無くてもそんな臭いしてなかったけど……あれ?…」(俺、詰み)


安価下

911: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 10:03:34.16 ID:DKPEcgIuo

912: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 10:16:11.36 ID:kmfvhOb8O
コンマ16(21)
廊下

舞園「舞園「俺君、前に一緒に寝た時お風呂入って無くてもそんな臭いしてなかったけど……」

俺「そ、それは…えっと…」

俺(マズイ。そうだった、俺舞園さんと寝た事あるんだった…)

舞園「あれ?…」

俺「え?…」

俺ズボン「」グチャッ

舞園「…何か俺君のズボンの…その辺り…濡れてるよ?…」

俺「はっ!?」

俺(ま、マズイ……。急いでズボン履いて逃げたから、出しきれてなかった分が今頃…)

舞園「も、もしかして…この臭いって…」

俺(マズイマズイマズイ!これ以上は誰かと今まで   してた事が舞園さんにバレる…!)

俺「舞園さん!」スッ

舞園手「」ガシッ!

舞園「え?…」

扉「」バタンッ!!


俺個室

舞園「あ、あの…?どうしたの俺君?…」

俺「…。」


1土下座して何でも言う事聞くから、今見た事は誰にも言わないで欲しいと頼む
2もうこうなりゃこれ以上ボロが出る前に舞園さんを襲って黙らせるしかない…!!
3俺は悪くない!!!朝日奈さんが悪いんだ…


多数決下3まで

913: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 10:19:54.27 ID:HFnph8Ze0
2

915: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 10:33:51.89 ID:fK/98X8AO
俺個室

俺(…こうなったらもう…これしか無い)グッ

俺「舞園さん…」スッ

舞園「俺君?…」

ガシッ!

舞園(え?…)

チュウウウッ!!

舞園(えええっ!?///)ドキッ!!

舞園「ぷはっ…ちょっ、お、俺君!?///」

俺「もう我慢できない!舞園さん!俺の恋人なら俺を受け入れてくれ!」ガシッ

舞園「なッ!?ど、どうして…きゃっ!?」

ベッド「」ドサッ

俺(もうこうなりゃこれ以上ボロが出る前に舞園さんを襲って黙らせるしかない…!!)ガシッ

舞園「お、俺君!?待って!?あぁっ!?」


 


──そうして、俺は舞園さんを襲った…そして…


俺「はぁ…。はぁ…」


コンマ下二桁
66以上舞園、無理矢理襲われたにも関わらず自分は恋人だから構わないと嬉しがってくれた
41~65俺、朝日奈と同じで逆に   にハマった舞園により逆に…
40以下俺、全てが終わった後に泣いている舞園を見て激しく後悔した…(舞園好感度7に減少)


安価下


コンマ下二桁
11以上苗木が俺を呼びに来た(上で50以下の場合、苗木好感度2に低下)
10以下江ノ島まで来てしまった…(江ノ島好感度6に低下)


安価下2

916: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 11:11:13.00 ID:i3SHS+hFO
はい

917: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 11:15:29.68 ID:71OGNPujO

919: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 11:39:15.83 ID:fK/98X8AO
コンマ00

1アイテム大量(巻き戻し2+コンマ振り直しMAX、ここで使用するなら巻き戻し消費無し)
2舞園好感度11に(※その後の展開が変わります)
3残姉好感度10チャンス(コンマ81以上必要)
4朝日奈or腐川好感度10に
5男子キャラ好感度大きく上昇(生き残りの男子キャラの好感度がそれぞれ3上昇)


多数決下5まで

920: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 11:42:35.69 ID:HFnph8Ze0
1

930: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 12:37:29.27 ID:BqwVTNPkO
アイテム大量獲得(巻き戻し2+コンマ振り直し3)(アイテムMAX状態)
巻き戻しを使用しますか?(ここで消費する場合ストック消費無し)


1使用する
2使用しない

多数決下3まで

931: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 12:46:00.30 ID:HFnph8Ze0
1

936: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 13:32:27.63 ID:BqwVTNPkO
俺個室

俺(…こうなったらもう…これしか無い)グッ

俺「舞園さん…」スッ

舞園「俺君?…」

ガシッ!

舞園(え?…)

チュウウウッ!!

舞園(えええっ!?///)ドキッ!!

舞園「ぷはっ…ちょっ、お、俺君!?///」

俺「もう我慢できない!舞園さん!俺の恋人なら俺を受け入れてくれ!」ガシッ

舞園「なッ!?ど、どうして…きゃっ!?」

ベッド「」ドサッ

俺(もうこうなりゃこれ以上ボロが出る前に舞園さんを襲って黙らせるしかない…!!)ガシッ

舞園「お、俺君!?待って!?あぁっ!?」


 


──そうして、俺は舞園さんを襲った…そして…


俺「はぁ…。はぁ…」


コンマ下二桁
56以上舞園、無理矢理襲われたにも関わらず自分は恋人だから構わないと嬉しがってくれた
31~55俺、朝日奈と同じで逆に   にハマった舞園により逆に…
30以下俺、全てが終わった後に泣いている舞園を見て激しく後悔した…(舞園好感度7に減少)


安価下


コンマ下二桁
02以上苗木が俺を呼びに来た(上で50以下の場合、苗木好感度2に低下)
01以下江ノ島まで来てしまった…(江ノ島好感度6に低下)


安価下2

937: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 13:49:11.77 ID:kk4x57VRo
エンジョイ!

938: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 13:51:42.15 ID:n/8LypFpO
(o∀n)

943: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 15:58:12.80 ID:WkNSBGf30
振り直し権利を使用しますか?(@5

1使用する
2使用しない

多数決下3まで

944: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 16:02:23.77 ID:HFnph8Ze0
1

946: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 16:08:01.56 ID:WkNSBGf30
コンマ振り直しを使用します

コンマ下二桁
56以上舞園、無理矢理襲われたにも関わらず自分は恋人だから構わないと嬉しがってくれた
31~55俺、朝日奈と同じで逆に   にハマった舞園により逆に…
30以下俺、全てが終わった後に泣いている舞園を見て激しく後悔した…(舞園好感度7に減少)


安価下


コンマ下二桁
02以上苗木が俺を呼びに来た(上で50以下の場合、苗木好感度2に低下)
01以下江ノ島まで来てしまった…(江ノ島好感度6に低下)


安価下2

947: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 16:14:23.25 ID:AlwSRTHmo

948: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 16:23:13.19 ID:HFnph8Ze0
a

950: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 16:26:44.73 ID:BqwVTNPkO
コンマ25(30)
コンマ19(24)
コンマ振り直し権利を使用しますか?(@4

1使用する
2使用しない

多数決下3まで

952: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 16:28:27.35 ID:aDfxnsP4O
1

953: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 16:31:28.07 ID:BqwVTNPkO
振り直し権利を使用します

コンマ下二桁
56以上舞園、無理矢理襲われたにも関わらず自分は恋人だから構わないと嬉しがってくれた
31~55俺、朝日奈と同じで逆に   にハマった舞園により逆に…
30以下俺、全てが終わった後に泣いている舞園を見て激しく後悔した…(舞園好感度7に減少)


安価下


コンマ下二桁
02以上苗木が俺を呼びに来た(上で30以下の場合、苗木好感度2に低下)
01以下江ノ島まで来てしまった…(江ノ島好感度6に低下)


安価下2

954: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 16:34:40.69 ID:P+xcQCvNO
はい

955: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 16:43:35.35 ID:kk4x57VRo
エンジョイ!

957: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 16:53:43.80 ID:WkNSBGf30
コンマ69(74)
コンマ35(40)
コンマ振り直しを使用しますか?(@3

1使用する
2使用しない

多数決下3まで

958: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 16:56:14.75 ID:Bmb8aYBgO
1

960: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 17:03:57.98 ID:WkNSBGf30
振り直し権利を使用します

コンマ下二桁
56以上舞園、無理矢理襲われたにも関わらず自分は恋人だから構わないと嬉しがってくれた
31~55俺、朝日奈と同じで逆に   にハマった舞園により逆に…
30以下俺、全てが終わった後に泣いている舞園を見て激しく後悔した…(舞園好感度7に減少)


安価下


コンマ下二桁
02以上苗木が俺を呼びに来た(上で30以下の場合、苗木好感度2に低下)
01以下江ノ島まで来てしまった…(江ノ島好感度6に低下)


安価下2

961: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 17:06:26.86 ID:CTHRLUMvO
なんで振り直し使ってるのに安価の範囲が下がってないんだろう

962: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 17:09:53.13 ID:2OOA0GSSO
もうダメそう

971: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 18:09:30.82 ID:gt5mLtTg0
コンマ86(91)
コンマ13(18)
コンマ振り直しを使用しますか?(@2

1使用する
2使用しない

多数決下3まで

974: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 18:12:50.25 ID:Z50334xh0
あ、1

982: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 18:28:42.82 ID:gt5mLtTg0
 
振り直し権利を使用します

コンマ下二桁
56以上舞園、無理矢理襲われたにも関わらず自分は恋人だから構わないと嬉しがってくれた
31~55俺、朝日奈と同じで逆に   にハマった舞園により逆に…
30以下俺、全てが終わった後に泣いている舞園を見て激しく後悔した…(舞園好感度7に減少)


安価下


コンマ下二桁
02以上苗木が俺を呼びに来た(上で30以下の場合、苗木好感度2に低下)
01以下江ノ島まで来てしまった…(江ノ島好感度6に低下)


安価下2

983: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 18:35:18.10 ID:sXi0UjToO
エンジョイ!

984: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 18:41:15.41 ID:F8q5FQtwO
もう進むか…?

986: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 18:44:30.90 ID:gt5mLtTg0
コンマ10(15)
コンマ41(46)
コンマ振り直しを使用しますか?(@1

1使用する
2使用しない

多数決下3まで

987: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 18:46:24.88 ID:Z50334xh0
次スレ立てて
1

989: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 18:56:33.56 ID:gt5mLtTg0
振り直し権利を使用します

コンマ下二桁
56以上舞園、無理矢理襲われたにも関わらず自分は恋人だから構わないと嬉しがってくれた
31~55俺、朝日奈と同じで逆に   にハマった舞園により逆に…
30以下俺、全てが終わった後に泣いている舞園を見て激しく後悔した…(舞園好感度7に減少)


安価下


コンマ下二桁
02以上苗木が俺を呼びに来た(上で30以下の場合、苗木好感度2に低下)
01以下江ノ島まで来てしまった…(江ノ島好感度6に低下)


安価下2



続きは次スレで 


>>1000のコンマが
コンマ下二桁
91以上99権利
66~90巻き戻し権利
41~65コンマ振り直し権利
31~40ゲーム攻略本
30以下何も無し

990: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 18:57:50.83 ID:AlwSRTHmo
コンコルドみたいになってる

991: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 18:59:12.54 ID:O7Rn/KtDO
いつもの無駄遣い

1000: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2021/11/01(月) 19:04:28.15 ID:uXVfRnZiO
最初から11にしとけば良かったんだよ!!

引用元: 【ダンガンロンパ 】俺「安価で今度こそコロシアイ学園生活を生き残る」part5