1: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 22:26:42.99 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

小鳥「噂通り凄い髪型してる」

遊馬「だろ?紹介するぜ遊戯さん」

カイト「俺は天城カイト」

シャーク「神代凌牙」

遊馬「けど遊戯さんがわざわざ来るなんて何かあったのか?」

遊戯「・・・」

遊馬「あー俺達の普段の姿を見に来たってわけか」

シャーク「じゃあ見せてやろうぜ」

カイト「ちょうど事件があってな。ついて来い」

遊馬「2人とも口は悪いけど根はいい奴なんだぜ」

小鳥「うん!」

遊戯「・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1432992392

2: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 22:53:57.85 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

ツァン「誰?」

カイト「武藤遊戯だ」

ツァン「は?」

カイト「十代の先輩と言えばわかるだろ」

ツァン「十代の!?」

遊馬「こいつはツァン・ディレって言って大人気 女優なんだぜ」

小鳥「あ、でも人妻だからお触りはダメだよ遊戯さん」

遊戯「・・・」

シャーク「要件ってのは何だ?」

ツァン「実は僕の裏DVDが勝手に出回ってるんだよね」

カイト「何ら問題無いだろ」

ツァン「それが僕の偽物なんだよ!何とかしてよカイト!!」

シャーク「どうすんだカイト」

カイト「偽物退治でもしてやるか」

遊戯「・・・」

3: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:01:26.97 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

遊馬「偽物退治って言われてもな。何か考えでもあるのか?」

カイト「偽物には2パターンある。こいつのファンか恨みを持つ者」

シャーク「何か恨みを買ってるか」

ツァン「覚えが無い」

小鳥「人気を二分する雪乃先生とかは?」

シャーク「人気 女優の1人で俺らの学園の先公がそんな事するか?」

カイト「一応聞いてくるか、遊馬と小鳥はこいつについてやれ」

遊馬「護衛だぜ!」

小鳥「護衛だってするんだよ遊戯さん!」

遊戯「・・・」

4: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:06:15.50 ID:C00Y+V+w0
雪乃「私が?どうしてかしら?」

カイト「聞きにきただけだ。邪魔したな」

雪乃「最近 女優の偽物が後を絶たないのよ。坊やは知らなかったの?」

シャーク「俺らだって知らねえよ」

カイト「お前の偽物も居るのか」

雪乃「らしいのよ」

カイト「人気 女優の偽物・・・凌牙」

シャーク「ドン・サウザンドに違いねえ」

雪乃「例の坊や達がデュエルしてる?」

カイト「そうだ」

雪乃「なら私も拝んでみたいものね。その子の●●●を」

カイト「ドン・サウザンドに●●●はあるのか」

シャーク「何かそれっぽいのはあった気がするぜ」

6: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:09:42.42 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

Ⅳ「こいつが遊戯か?何か小せえな」

小鳥「でも十代さんの先輩なんだから」

Ⅳ「何でもやれそうだぜ。っつうか俺を呼び出して何だよ」

遊馬「カイトとシャークの連絡でな偽物 女優事件の裏にはドン・サウザンドが潜んでいるらしいぜ」

Ⅳ「あの野郎!」

ツァン「何かいつもドン・サウザンド出るよね」

遊馬「今度こそ決着をつけてやるぜ!」

遊戯「・・・」

7: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:16:47.75 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

遊馬「ドン・サウザンドを炙り出す方法」

カイト「俺達が居れば勝手に湧いて出てくるだろ」

Ⅳ「案外こいつがドン・サウザンドだったりしてな」

遊戯「・・・」

シャーク「なわけ・・・ねえ事もねえよな」

カイト「安心しろ。俺のドン・サウザンド探知機には何の反応もない」

遊馬「じゃあ安心だな」

シャーク「野郎も 女優に興味を示したって事は・・・」

カイト「お前達脱げるか」

ツァン「別にいいけど」

雪乃「脱ぐだけで出るの?」

カイト「確率は五分と五分だ」

遊戯「・・・」

8: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:22:37.45 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

ドン・サウザンド「・・・」

遊馬「出やがったぜドン・サウザンドが!!」

ドン・サウザンド「最早、言葉などいらぬな」

シャーク「言え!何の目的で 女優に化けて裏DVDに出やがった!」

ドン・サウザンド「我の新たなる境地・・・それを身につけねば奴らには勝てん」

カイト「奴ら?何者だ」

Ⅳ「構う事はねえ!」

遊馬「今日こそは決着をつけようぜ!」

カイト「ああ」

シャーク「見てろよ遊戯!これが俺達のデュエルだ!!」

遊戯「・・・」

9: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:27:39.76 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

ドン・サウザンド「グフッ!?何故だ!こいつらの力は何処から・・・!?」

カイト「経験の差だ」

シャーク「そしてお前は俺達にやられすぎて以前のような力もねえ!」

Ⅳ「言い残す事はねえか?ねえなら俺達のファンサービスを味合わせてやるぜ!」

ドン・サウザンド「まだだ・・・まだ我が敗れるわけにはいかんのだ!」

カイト「遊馬」

遊馬「ああ!かっとビングタックルだな!!」

ドン・サウザンド「我が完全復活を果たすには・・・やはり奴の肉体を」

遊馬・カイト・シャーク・Ⅳ「かっとビングだ!!!!俺!!!!」

ドン・サウザンド「うぐっ・・・ぐわああああああああああああああああああ」

小鳥「やったー!」

遊戯「・・・」

10: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:31:14.52 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

遊馬「どうだ遊戯さん!」

シャーク「これが俺達のデュエルだ」

カイト「気になるのはドン・サウザンドが言っていた奴らだ。あいつが恐るほどの力を持つ奴が居るとでも言うのか」

Ⅳ「そういやアストラルはどうした」

遊馬「アストラル世界の慰安旅行だって」

Ⅳ「そうか」

遊馬「せっかく遊戯さんが来てるんだからあいつらも呼ぶか」

小鳥「ふーん・・・あいつらって?」

遊馬「ああ!」

小鳥「ユートと黒咲さんか」

遊戯「・・・」

11: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:34:45.05 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

遊馬「ユートは?」

黒咲「遊矢と同化した」

シャーク「またかよ」

黒咲「何故脱いでいる」

ツァン「ドン・サウザンドをおびき寄せるためにね」

雪乃「そういう事よ」

黒咲「武藤遊戯か・・・変な髪型だ」

カイト「お前はどう思う」

黒咲「どうと言われても特に関わりが無かったから何とも言えん」

遊馬「言われて見ればいつも遊戯さん居なかったもんな」

遊戯「・・・」

12: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:44:34.19 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

黒咲「遊馬この男はお前の大先輩にあたるのだったな」

遊馬「そうだぜ」

黒咲「ならば俺の拳も避けれるはずだ」

遊馬「いや遊戯さんは腕っ節が弱いからダメなんだよ」

黒咲「バカな事を言うな。ならば何故十代や遊星の先輩なんだ」

シャーク「あれだろ超能力的な何かを使うんだろ」

カイト「モンスターの実体化」

Ⅳ「または遊星のようなとんでも発明」

遊馬「多分だけどこの鋭利な髪を伸ばして攻撃するんだろうぜ。だよな遊戯さん!」

小鳥「さすが大先輩ね!」

遊戯「・・・」

13: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:50:49.18 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

アストラル「ただいま・・・武藤遊戯!?なぜ彼がここに!?」

遊馬「視察だって」

カイト「武藤遊戯の強さを考えて居たところだ」

シャーク「アストラルはどう思う」

アストラル「武藤遊戯と言えば全デュエリストの原点にして頂点と言われている」

黒咲「ならば俺のように飛び立つ事も」

カイト「俺の一撃必殺ドローも」

シャーク「俺の変幻自在の蹴りも」

Ⅳ「俺のファンサービスも」

遊馬「でも腕っ節が弱いんだぜ?」

アストラル「というフリをしてるだけだろう。恐らくはその拳は大地を割りその蹴りは天を切り裂くはずだ」

遊馬「やべえな・・・カッコ良すぎだぜ遊戯さん」

遊戯「・・・」

14: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:57:25.32 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

遊馬「どこ行くんだ遊戯さん?」

遊戯「・・・」

シャーク「次は遊星さんのとこを見てくるって?」

小鳥「遊馬もいつか大先輩って言われるポジションになるんだよね」

遊馬「ああ!」

黒咲「暇ならエクシーズ次元にも遊びに来い」

遊戯「・・・」

シャーク「大学受験を控えてるから遊べねえ?」

カイト「十代の先輩にしては考えているんだな。しかしまだ学生だったとは」

Ⅳ「学ラン着てるじゃねえか」

カイト「十代も遊矢も柚子もずっと制服で行動してるだろ」

遊馬「またな遊戯さん!」

遊戯「・・・」

15: ◆OYngVbWKK2 2015/05/30(土) 23:59:41.49 ID:C00Y+V+w0
遊戯「・・・」

遊馬「どこ行くんだ遊戯さん?」

遊戯「・・・」

シャーク「次は遊星さんのとこを見てくるって?」

小鳥「遊馬もいつか大先輩って言われるポジションになるんだよね」

遊馬「ああ!」

黒咲「暇ならエクシーズ次元にも遊びに来い」

遊戯「・・・」

シャーク「大学受験を控えてるから遊べねえ?」

カイト「十代の先輩にしては考えているんだな。しかしまだ学生だったとは」

Ⅳ「学ラン着てるじゃねえか」

カイト「十代も遊矢も柚子もずっと制服で行動してるだろ」

遊馬「またな遊戯さん!」

遊戯「・・・」

16: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 00:00:12.81 ID:0SNPTmwm0
数日後

遊馬「遊戯さんとは分かり合える気がするぜ!」

小鳥「良かったね遊馬」

18: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 00:04:34.37 ID:0SNPTmwm0
クロウ「遊星!武藤遊戯がやって来たぞ!」

遊星「何!?何!?何!?何!?何!?何!?」

ジャック「落ち着け」

遊星「すまない」

遊戯「・・・」

ブルーノ「へえ遊戯さん?凄い髪型してるね」

遊星「遊戯さん今日は一体」

遊戯「・・・」

遊星「なるほど、俺達の生活態度を見に来たと言うわけですね」

遊戯「・・・」

19: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 00:12:56.09 ID:0SNPTmwm0
遊星「俺達の普段の活動と言えば専ら誰かの悩み相談ですね」

遊戯「・・・」

遊星「遊馬達と一緒?少し違うのですよ」

クロウ「あいつらは単体で行動するけど俺らはチームで動くんだぜ」

遊戯「・・・」

ジャック「まあ見ていろ」

龍亞「遊星!街に怪獣が現れたよ!!」

遊星「何!?」

ジャック「今日は怪獣退治か」

ブルーノ「普段の僕達はやれ○○や●●●と・・・遊戯さんは知ってるか」

クロウ「何かと自分の次元を襲われてるもんな」

ジャック「なぜ負ける」

遊戯「・・・」

ジャック「デュエリストが少ないから?そんなわけがないだろ」

クロウ「冗談キツいぜ」

20: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 00:22:03.85 ID:0SNPTmwm0
「ピギャアアアオオ!ピギャアアアオオ!」

ジャック「奴はまさか!?」

遊星「レッドキングだ」

クロウ「レッドキング?あいつは街に出ねえはずだぜ」

遊星「いや1度だけ街に現れた。最もそのレッドキングは魔法使いが出したまがい物だがな」

ブルーノ「どうするの遊星?」

遊星「戦うしかない。レッドキングは怪力の持ち主だが知恵は無い」

遊戯「・・・」

ジャック「だが何故レッドキングが・・・ドン・サウザンドか?」

遊星「いやドン・サウザンドではないはずだ」

ジャック「考えている場合ではない。デュエルだ!!」

遊戯「・・・」

21: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 00:29:07.95 ID:0SNPTmwm0
遊星「レッドキングの弱点は頭部だ!ジャック!!」

ジャック「同時攻撃だな遊星!」

「ピギャアアアオオ!ピギャアアアオオ!」

遊戯「・・・」

クロウ「行け!遊星!ジャック!」

遊星・ジャック「トゥッ!」

クルクルクルクルクルクル

ゴスッ

「」

ブルーノ「やった!どう遊戯さん?凄いでしょ!?」

遊戯「・・・」

ジャック「死んだのか」

遊星「いやどうもこのレッドキングは改造されているようだ。ただの尖兵程度に送り込まれたんだろうな」

クロウ「尖兵だと?」

遊星「ああ」

22: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 00:34:45.69 ID:0SNPTmwm0
龍亞「怪獣がどうやって現れたって?」

遊星「見たところ地面から現れた形跡も無ければ歩いて来たって感じでもない」

龍亞「何か空を割って出現したっていうか」

遊星「空・・・やはり俺と十代さんが恐れていた事が起こってしまったか」

クロウ「どういう意味だ?」

遊星「融合次元が起こしている次元間戦争の余波によって異次元に住む悪魔がデュエリスト抹殺に動き出している」

ブルーノ「異次元に住む悪魔?何なのそれ」

遊星「人は彼らを異次元人ヤプールと呼んでいる」

ジャック「異次元人ヤプールだと!?」

遊星「ああ」

遊戯「・・・」

23: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 00:39:55.47 ID:0SNPTmwm0
遊星「遊戯さんはヤプールとの戦いには」

遊戯「・・・」

遊星「そうですか・・・」

遊戯「・・・」

遊星「下品なこと以外もするんだね?一体何が下品なのか俺にはわかりません」

遊戯「・・・」

遊星「遊矢と柚子の○○?それの話はトップシークレットです」

ジャック「いくら遊星の先輩でもその話は許さんぞ!」

クロウ「あの2人は普通に生きてんだからよ」

遊戯「・・・」

遊星「そんな言い方はやめてください。どうしたと言うのですか遊戯さん!?」

遊戯「・・・」

24: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 00:46:17.84 ID:0SNPTmwm0
遊戯「・・・」

遊星「言ってる事が無茶苦茶ですね」

ブルーノ「後輩に楯突かれてるのに怒らないんだ遊戯さん」

遊戯「・・・」

ブルーノ「討論は必要だよね」

遊戯「・・・」

遊星「確かに遊戯さんの知らない事は沢山ありますが遊矢と柚子に関しては」

遊戯「・・・」

遊星「遊矢に肩入れする理由ですか?あいつが俺達の総大将だからです。可能性の男です」

遊戯「・・・」

遊星「随分前に遊戯さんの家でモンスターファイトした時に言ったじゃないですか」

クロウ「モンスターファイト?」

遊星「取っ手のついたモンスター人形をガチャガチャさせる一種のゲームみたいなものだ」

遊戯「・・・」

遊星「この前の続きですね。わかりました」

25: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 00:53:22.17 ID:0SNPTmwm0
遊戯「・・・」ガチャガチャ

遊星「城之内さんが裸一貫で米国へ渡る?」ガチャガチャ

遊戯「・・・」ガチャガチャ

遊星「日本語も危ないのにと言うわけですね。ですが遊戯さん」ガチャガチャ

遊戯「・・・」コテッ

遊星「俺の勝ちですね。どうですか遊戯さん」

遊戯「・・・」

遊星「十代さんにも言いたい事が?それは一体」

遊戯「・・・」

遊星「セレナの事ですか」

遊戯「・・・」

遊星「いえセレナは別に十代さんに特別な感情なんて、父親のような存在ですよ」

遊戯「・・・」

遊星「俺と十代さんと遊馬と遊戯さんは女に縁がありませんからね。何故でしょう」

遊戯「・・・」

遊星「遊矢だけズルい?実はもう1人ズルい奴が居るんですよ。俺の弟分的な男で」

27: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 12:54:51.67 ID:0SNPTmwm0
ユーゴ「遊戯じゃねえか」

リン「この人が遊戯さん・・・何か髪型が奇抜すぎる」

遊星「ユーゴとは1度会った事がありますね」

遊戯「・・・」

遊星「あ、はい」

ユーゴ「リベンジか?いいぜかかって来いよ!」

ジャック「リンの前だからってカッコつけるな」

クロウ「そうだぜ。そりゃお前や遊矢はデュエルで勝ったかもしれねえけど」

ユーゴ「わかったよ。そういやさっき牛尾のおっさんと会ったぜ。何か具合悪そうだったけど」

遊星「遊戯さんと牛尾一族には因縁があってな。牛尾は武藤遊戯アレルギーなんだ」

ユーゴ「ふーん」

遊戯「・・・」

遊星「あ、はい」

28: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 13:04:12.72 ID:0SNPTmwm0
ユーゴ「へえ脱獄囚を焼いたり不良を電気責めにしたりしたのか?すっげえな」

リン「何か怖い。噂では普通の人って話なのに、少なくとも遊星さんよりは」

遊戯「・・・」

ユーゴ「トランプで爆弾魔を?」

遊星「俺達の時代では遊戯さんを怒らせると制裁が待っているという言い伝えがある」

ジャック「牛尾の先祖もやられたそうだ」

クロウ「たまには力かしてくれてもいいのによ」

遊星「遊戯さんは忙しいんだ。ですよね遊戯さん」

遊戯「・・・」

遊星「あ、はい」

遊戯「・・・」

遊星「次は十代さんに会いに?わかりました」

遊戯「・・・」

遊星「あ、はい・・・」

30: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 13:09:13.11 ID:0SNPTmwm0
ジャック「何か会ったのか」

遊星「どうやら遊戯さんは十代さんに一番怒っているそうだ」

クロウ「何で」

遊星「俺にも理解ができない」

鬼柳「遊星居るか!?」

ジャック「鬼柳も会いに来たのか」

鬼柳「そうじゃねえよ。外に出てくれよ」

クロウ「勿体ぶらずに言ってくれよ」

鬼柳「空が割れて何か・・・何かやべえ事になってんだよ!」

遊星「何!?」

31: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 13:17:14.11 ID:0SNPTmwm0
遊星「あれはDT次元だ。何で・・・いかん爆発したぞ!」

ジャック「どうなっているんだ」

遊星「俺にもわからん」

クロウ「何で見えるんだよ!?」

遊星「誰かが意図的に見せつけた・・・その可能性が高い」

ユーゴ「誰が!?」

遊星「DT次元は争いが絶えない・・・そこに巣食う闇のモンスター集団が解き放たれた」

ジャック「何だと!?」

クロウ「ドン・サウザンドだな!」

遊星「いやさっき遊戯さんから聞いたんだが遊馬がこの前退散させたそうだ。ドン・サウザンドは1度やられるとしばらくは復活できない」

ジャック「ならば一体」

遊星「滅多に姿を見せない遊戯さんが現れたんだ・・・何かの予兆だぞ」

ジャック「ヤプールでは無いのか?」

遊星「それなら俺の知り合いの宇宙警備隊の者たちに連絡しておいたから安心してくれ」

ブルーノ「さすが遊星!」

遊星「胸騒ぎがする・・・俺達の今日までの絆が失われるそんな気が」

32: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 13:26:25.54 ID:0SNPTmwm0
遊戯「・・・」

十代「遊戯さん?遊戯さんじゃ無いですか!!」シュコシュコ

遊戯「・・・」

十代「浮き輪っすよ。セレナが今度ランサーズで海に行くって言うんで泳ぎ方を教えにね」シュコシュコ

遊戯「・・・」

十代「何でこっちに滞在してるかって?気が楽なんですよ」

遊戯「・・・」

十代「それにあの子の成長を見てると嬉しくなるっすね。こっちまで元気になるって言うか」

遊戯「・・・」

十代「遊戯さんもどうです?泳ぎませんか?」

遊戯「・・・」

十代「あっちいっすよね。舞網市って言うだけあって暑いっすよ遊戯さん」

遊戯「・・・」

33: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 13:43:37.97 ID:0SNPTmwm0
遊戯「・・・」

十代「遊戯さんの言ってる事も一理ありますよね。でもね遊戯さん」

十代「いい奴らなんですよ。遊馬も遊星も遊矢も」

遊戯「・・・」

十代「はっきり言ってたった1人で戦うのはキツかった。でもあいつらと一緒なら背中を任せられる。隣に居ると安心する」

十代「それに遊戯さんが思い出させてくれたワクワクする心もね!」

遊戯「・・・」

十代「教えた覚えがない?またまた、冗談言ってくれちゃって」

セレナ「誰だこいつは」

十代「遊戯さん」

セレナ「こいつが噂の」

十代「それにこの子の存在も大きいです。さっきも言いましたけど元気を与えてくれるっていうんすかね」

遊戯「・・・」

40: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 17:55:04.02 ID:0SNPTmwm0
遊戯「・・・」

十代「俺達が徒手空拳を屈して戦う理由?そんなの一つしかないじゃないですか」

十代「デュエルは楽しむもの、それを争いの道具には使えない」

十代「でも悪は何処からでもやってくる。だからこそ俺達は拳を使うんすよ遊戯さん」

遊戯「・・・」

セレナ「何で下手に出ているんだ?お前らしくないぞ!」

十代「遊戯さんは俺の尊敬するデュエリストだからな」

セレナ「くっ・・・」

遊戯「・・・」

十代「遊矢を見たい?前に会ったじゃないですか」

遊戯「・・・」

十代「じゃあ行きましょうか」

セレナ「私との約束はどうするんだ!?」

十代「悪りいな。また今度にしてくれよ」

セレナ「・・・」

41: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 18:06:19.12 ID:0SNPTmwm0
アユ「あ、十代お兄ちゃんだ」

タツヤ「誰?この人」

フトシ「口を慎め、武藤遊戯だ」

タツヤ「武藤遊戯?」

フトシ「痺れるゥ~!痺れるゥ~!痺れるゥ~!」

十代「俺の先輩で尊敬するデュエリストだぜ」

素良「へえ君が」

アユ「裏切り者は黙ってなよ」

素良「・・・」

タツヤ「十代兄ちゃんが尊敬するなんてよっぽどだよ!?」

十代「遊矢と柚子は何やってんだ?」

アユ「完璧次元からやって来た完璧決闘者とデュエル中だよ」

十代「完璧決闘者と言えば神に近いって言われてるほどの連中じゃねえか!」

「マグネットパワー+!」

「同じく-!」

遊矢「来るぞ柚子!」

柚子「うん!」

遊戯「・・・」

42: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 18:14:05.32 ID:0SNPTmwm0
十代「お疲れさん」

遊矢「十代さんに遊戯さん!」

柚子「何とも言えない髪型ね・・・」

遊戯「・・・」

十代「どうっすか遊戯さん?強いでしょ遊矢」

遊戯「・・・」

十代「始めて会った時はヘタレって言うか色々未熟者でね」

遊戯「・・・」

十代「何て事言うんですか遊戯さん!!それは言っちゃダメっすよ!!!」

柚子「どうかしたの?」

十代「な、何でもねえよ。柚子も強く・・・いや柚子は元々強かったよな」

遊戯「・・・」

十代「いや何ていうか・・・ユートと同化したって聞いたけど元気そうか?」

遊矢「デュエルで笑顔を・・・」

十代「元気そうだな」

遊戯「・・・」

43: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 18:26:52.46 ID:0SNPTmwm0
黒咲「武藤遊戯か」

遊馬「どうしたんだ突然?」

黒咲「奴が全てのデュエリストの始祖だと言われているが俺達が出会ってどれほど経つ」

シャーク「知らねえよ。いきなり何だよ」

黒咲「お前達には感謝している」

カイト「・・・」

黒咲「エクシーズ次元が復興したら今度はお前達が来い。俺ばかり来ていたんじゃ」

遊馬「そんなに似てんのか?エクシーズ次元とここって」

黒咲「そっくりだ。だからお前達には来てほしい。遊馬、凌牙、カイト、トーマス、アストラル」

Ⅳ「そのトーマスって呼ぶのはやめろ。遊矢にも言っとけよ」

黒咲「フッ」

「やっと見つけたぞ・・・我が対抗できる肉体を・・・」

アストラル「この声はドン・サウザンド!?バカなさっき倒したはずだ!?」

「その肉体を貰うぞ黒咲隼!」

黒咲「ぐわあああああああああああああああああああ」

遊馬「黒咲イイイイイイイイイイイイ!!!!!!!」

44: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 18:35:45.04 ID:0SNPTmwm0
黒咲「・・・ナッシュ」

シャーク「てめえドン・サウザンドか!」

黒咲「この男から感じるデュエルエナジーは素晴らしい!我の新たな身体だ!!」

カイト「黒咲・・・ドン・サウザンド!!」

アストラル「もうやめるんだ。何を先急いでいる」

黒咲「アストラルよ。我の力は度重なる戦いによって弱まっている」

アストラル「弱まっているだと・・・?」

シャーク「黒咲を解放しやがれ!こいつは関係ねえだろうが!!」

黒咲「我がやらねばならぬ。奴らは動き出している」

遊馬「ふざけんじゃねえ!デュエルだ!!」

シャーク「今度こそ因縁に決着をつけてやる!」

黒咲「貴様らでは我に勝てん!この黒咲隼と言う男の底力を解放してくれる!」

カイト「笑わせるな。こいつの底力を貴様なんぞに」

遊馬「ぶん殴って引き摺り出してやるぜ!」

45: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 18:42:57.12 ID:0SNPTmwm0
遊馬「硬い・・・何て硬さなんだ黒咲ィ!」

黒咲「黒咲隼は2年前まで鎧の勇者と呼ばれていた。硬くて当然だ」

シャーク「そういや聞いたことがあるぜ」

Ⅳ「何か知ってんのか!?」

カイト「エクシーズ次元では1年ごとに5色のデュエリストが平和を守っていると黒咲とユートは言っていた」

Ⅳ「5色?じゃああいつらは黒なんだな」

カイト「いや2人揃って青だそうだ」

Ⅳ「あ、青かよ・・・」

遊馬「俺の声が聞こえねえのかよ黒咲・・・黒咲イイイイイイイイイイイイ!!!!!!!」

カイト「方法がある。ドン・サウザンドを完全に倒す方法が黒咲を解放させる方法がな」

シャーク「何だそれは」

アストラル「柚子のブレスレットだ。あれはオーバーレイ・ユニットに似ている」

カイト「以前、奴は柚子のブレスレットを見て酷く恐れていた」

シャーク「ブレスレット・・・俺が取って来てやる。ここは任せたぜ!」

46: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 18:52:40.10 ID:0SNPTmwm0
遊戯「・・・」

遊矢「遊戯さんがわざわざ来てくれるなんて」

柚子「十代さんと遊星さんの先輩だからかなり強いのよね。きっと」

シャーク「柚子!」

柚子「どうしたの凌牙さん?血相変えて」

シャーク「黒咲がドン・サウザンドに乗っ取られた!あのブレスレットの力が必要だ」

遊矢「黒咲・・・隼が乗っ取られたのか!?」

シャーク「ユートも来い!」

十代「ドン・サウザンドか、行きましょう遊戯さん」

遊戯「・・・」

シャーク「今度こそ決着をつける。俺達の力で、十代が居るならあれをやってくれ」

十代「コンタクト融合だな」

シャーク「俺達の次元のデュエリストと遊矢、柚子、ユートのコンタクト融合でな!」

十代「遊戯さんも居るぜ」

シャーク「十代の先輩なら心強いってもんだぜ」

遊戯「・・・」

47: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 19:04:15.15 ID:0SNPTmwm0
カイト「わかった。その必要はない」

Ⅳ「全員集まってるぜ!」

遊馬「始めてお前を見た時からわかってた!お前は優しい奴だって!!」

黒咲「何をしても無駄だ!黒咲は死んだ!我が今日から黒咲隼だ!!」

アストラル「許さんぞドン・サウザンド!」

アリト「ナッシュが来るまで時間を稼いでやる」

ギラグ「おう!」

黒咲「フンッ!」

ドルべ「うぐぅ・・・」

黒咲「馴染む実に馴染むぞ」

遊馬「何が馴染むだ!てめえ何かに人の心がわかってたまるかよ!!」

アストラル「シャーク・・・間に合ってくれ」

黒咲「遊びは終わりだ。今度こそ我の勝利!」

48: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 19:11:25.99 ID:0SNPTmwm0
シャーク「待たせたな!」

遊馬「待ってたぜシャーク」

十代「ネオス」

ネオス「ここに居る者すべてとコンタクト融合・・・制限時間は3分くらいだぞ」

遊馬「それまでに倒す!」

十代「腹は決まったな。さあ遊戯さんも!」

遊戯「・・・」

ハートランド「私達も混ぜてもらおうか」

クラゲ先輩「調子に乗りやがって!先輩舐めんじゃねえぞ!」

蚊忍者「本家本元のワルの力を見せてやるってか?」

カイト「好きにしろ」

遊矢「絶対に倒そうドン・サウザンドを」

柚子「デュエリスト共通の敵を」

アストラル「ゼアルだ!」

遊馬「ああ!」

十代「俺はネオスとここに居る全てのデュエリストでコンタクト融合!!現れよエクシーズネオス!!!」

49: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 19:24:48.75 ID:0SNPTmwm0
黒咲「感じるぞ、あのブレスレットの力を」

十代「エクシーズネオスは融合したデュエリストを武器にする事ができる!頼むぜ遊馬!」

遊馬「鉄男ハンマー!」

黒咲「・・・」ガンッ

鉄男「ぐわあああああああああああああああああああ」

遊馬「委員長アロー!」

黒咲「・・・」キンッ

委員長「アアアアアアアアアアアア」

遊馬「キャットちゃんクロー!」

黒咲「・・・」キンッ

キャット「ぎゃあああああああああああああああああああああああああ」

遊馬「徳之助ボンバー!」

黒咲「・・・」ボンッ

徳之助「ウラアアアアアアアアアアアアアア」

遊矢「遊馬!俺達を」

シャーク「武器に変化させろ!」

遊馬「遊矢トンファー!シャークトンファー!」

シャーク「目を覚ませ黒咲!!」

遊矢「そんなの黒咲らしくないだろ!!」

50: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 19:42:52.32 ID:0SNPTmwm0
黒咲「ゴフッ・・・何だと・・・」

カイト「これこそが力を合わせた者の力!たった一人のお前ではわからんだろうがな!」

黒咲「くっ・・・何処までも我の邪魔を」

遊矢「遊馬、ユートが」

遊馬「ああ」

遊矢「隼!ブレイブだ!!」

黒咲「ブ、ブレイブ・・・」

遊馬「そのブレイブってのは」

遊矢「融合次元がやって来る前に居た隼と仲の良い仲間達の合言葉だ」

黒咲「ブレイブ・・・」

遊矢「キングを思い出せ!彼の勇姿を!!たった一人で融合次元の連中と戦い続けたキングを!」

遊馬「居たんだなエクシーズ次元にもかっとビングのような合言葉を持つデュエリストが」

遊矢「戻って来い隼!!!」

遊戯「・・・」

黒咲「ドン・サウザンド・・・貴様を追い出してやる。仲間が待っている・・・全ての悪の根源である貴様に俺の身体を好きにさせてたまるか!!」

「や、やめろ!!」

51: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 19:49:04.99 ID:0SNPTmwm0
黒咲「ハァハァ・・・迷惑をかけたな」

遊馬「ドン・サウザンド・・・もう言葉はいらねえよな」

ドン・サウザンド「好きにしろ。敵も味方も違う次元同士でも貴様らは力を・・・」

遊馬「ネオス頼みがある」

ネオス「・・・わかった」

ポンッ

カイト「なっ」

シャーク「融合を解除だと!?」

遊馬「十代さん」

十代「やるんだな遊馬」

遊馬「サシで決着をつけようぜ。俺とアストラルとドン・サウザンドで」

十代「超融合!!!」

シャーク「待て遊馬とアストラルだけじゃ!あと一歩であいつを!」

柚子「あ、遊戯さんも融合されてる!」

遊矢「遊戯さーーーーーーん!!!」

52: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 20:18:57.99 ID:0SNPTmwm0
ドン・サウザンド「ここは」

アストラル「遊馬の精神世界だ」

遊戯「・・・」

遊馬「このブレスレット」

ドン・サウザンド「やるがいい、だが我は」

遊馬「こんな物は必要ねえ」メキメキ

ドン・サウザンド「我も見くびられたものだな・・・たった一人の拳で倒せると言うのか」

遊馬「もういいんじゃねえか?戦い続ける事に意味なんてねえよ」

ドン・サウザンド「・・・」

遊馬「何か長い間、戦ってた気がするな俺達」

ドン・サウザンド「・・・そうだな」

アストラル「ああ」

遊戯「・・・」

53: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 20:37:50.13 ID:0SNPTmwm0
ドン・サウザンド「我も薄々、気づいていた。お前達には勝てぬという事を」

遊馬「デュエリストは助け合いなんだぜ。ドン・サウザンドもデュエリストだろ?」

遊馬「気がつけば色々な次元のデュエリストと仲良くなってた。黒咲とユートとは特にな」

ドン・サウザンド「どうやら我もお前のかっとビングに影響されてしまったようだ。遊馬、アストラル」

アストラル「・・・もしも転生できたら私とデュエルしよう。ドン・サウザンド」

ドン・サウザンド「転生か・・・もしある日、かっとビングだ!我と叫ぶ奴がいれば」

遊馬「そいつはドン・サウザンドに違いないぜ」

ドン・サウザンド「我はこれで逝かせてもらう。ただ一つだけ忠告しておこう」

アストラル「忠告?」

ドン・サウザンド「DT次元に巣食う邪悪なモンスター達に気をつけろ。奴らはヌメロンコードに似た物を生み出した」

遊馬「な、何だって!?」

ドン・サウザンド「もし発動されればお前達の今日までの繋がりも何もかも消えてしまうかもしれない。書き換えられて」

遊馬「忠告ありがとな。俺は待ってるぜドン・サウザンド」

ドン・サウザンド「かっとビングだな・・・さらばだ」

アストラル「観察結果その1000:誰とでも仲良くできる。それがデュエリストだ」

遊馬「ああ!」

遊戯「・・・」

54: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 20:54:11.96 ID:0SNPTmwm0
遊馬「・・・何だよ俺の周りに集まって」

カイト「起きたな遊馬」

シャーク「心配させやがって!」

遊戯「・・・」

十代「遊馬が?見届けてくれたんすね遊戯さん」

遊戯「・・・」

十代「そうですよ。俺達は互いに力を合わせ協力し時に励ましあいながら強くなってるんです」

遊戯「・・・」

十代「ありがとうございます。遊戯さん」

遊戯「・・・」

遊馬「遊戯さん!」

遊矢「また遊びに来てくれよ!」

遊戯「・・・」

遊馬「満面の笑みだ」

遊矢「いい笑顔だ」

十代「それでこそ遊戯さんだぜ!」

55: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 21:19:59.30 ID:0SNPTmwm0
ワーム・キング「ドン・サウザンドは次元を一つにしようとしたから敗北したのだ」

魔轟神ヴァルキュルス「一つの種族が一つの次元を統一すれば問題はない」

インヴェルズ・グレズ「だからこそデュエリストの結託や絆などを排除せねばならない」

エルシャドール・ネフィリム「今こそ発動する時」

インフェルノイド・ネヘモス「さらばだ歴戦のデュエリスト達よ」

リチュア・ノエリア「お前達に明日はない」

アポクリフォート・カーネル「・・・」

ピッ

56: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 21:25:47.73 ID:0SNPTmwm0
数日後

ユート「見てくれ隼」

黒咲「エクシーズ次元にそっくりだな」

ユート「不思議な次元だ・・・」

遊馬「見かけねえ顔だな」

ユート「・・・」

シャーク「人相の悪い野郎だぜ」

黒咲「・・・」

カイト「行くぞ」

シャーク「何か雰囲気似てるよな遊馬に」

遊馬「そうか?俺は別に何とも」

カイト「放っておけ観光客か何かだろ」

ユート「隼に似ているな、あの2人」

黒咲「あいつらが俺に?何処がだ」

ユート「いや・・・何となく思っただけだ」

57: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 21:30:17.64 ID:0SNPTmwm0
ユーゴ「また次元移動しちまったよ。悪いな巻き込んで」

リン「それよりも動くの?」

ユーゴ「いやうんともすんとも言わねえ」

遊星「良かったら見せてくれないか?」

ユーゴ「あ、ああ」

遊星「ここをこうすれば・・・これでいい」

リン「ありがとうございます!お陰で助かりました!」

遊星「ん?」

ユーゴ「・・・」

遊星「・・・」

リン「ほらユーゴもお礼しないと」

ユーゴ「あ、ああ。ありがとよ」

遊星「礼には及ばない」

ユーゴ「何かどっかで見た顔なんだよな」

リン「そう?」

ユーゴ「ま、いいか」

58: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 21:35:09.75 ID:0SNPTmwm0
十代「セレナ!」

セレナ「だ、誰だお前は!?」

十代「は?」

柚子「どうかしたの?」

セレナ「知らない奴が私に声を」

遊矢「まさか融合次元の!?」

十代「どうしちまったんだよ遊矢も柚子も」

柚子「あ、怪しいわね」

遊矢「ほら行くぞ!」

十代「何がどうなっちまってるんだ」

セレナ「・・・」

遊矢「セレナ?」

セレナ「こういう時にいつも誰かが私を守ってくれたような気がする・・・誰かが」

柚子「誰かって?」

セレナ「いや何でもない」

十代「・・・」

59: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 21:39:44.73 ID:0SNPTmwm0
十代「一体何が起こったんだ」

ユーリ「どうやらあるべき姿に戻ったみたいだね。みんなから出会いの記憶が消えているようだよ」

十代「ユーリ・・・」

ユーリ「気安く僕の名を呼ばないでくれるかな?邪魔だよ」

十代「たとえ記憶が消えても魂には刻まれている。いつか元に戻るかもしれない」

ユーリ「どうだろうね」

十代「その日までじゃあなユーリ」

ユーリ「・・・またね十代」

十代「フッ」

ユーリ「フフフ」

60: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 21:50:36.52 ID:0SNPTmwm0
柚子「何か心なしか逞しくなったよね遊矢」

遊矢「そうなんだよな。何かいつも俺の前に多くのデュエリストが居た気がするんだ」

柚子「私も心無しか、セレナがさっき同じ事言ってたよね」

遊矢「何なんだろうな」

柚子「さあ?」

遊矢「何か大事な事だった気がする」

柚子「掛け替えのない何かを・・・」










62: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 23:04:08.05 ID:0SNPTmwm0
このスレでまた続きを書いてくよ

64: ◆OYngVbWKK2 2015/05/31(日) 23:56:10.43 ID:0SNPTmwm0
遊戯「・・・」

遊馬「e・ラー?何だそれ?」

アストラル「私にもわからない。だがこの世界に再び何かが起ころうとしている」

カイト「・・・」

シャーク「・・・」

遊馬「最近様子が変だぞ?どうしたんだ2人揃って」

カイト「毎晩のように夢に出てくる奴が居てな」

シャーク「そいつは」

遊馬「赤と緑の髪の男と赤髪の女か?」

カイト「ああ」

シャーク「お前も知ってんのか!?」

遊馬「俺もそいつらが夢に出てきてさ」

遊戯「・・・」

アストラル「ん?」

遊馬「どうしたアストラル?」

アストラル「気のせいか」

遊戯「・・・」

65: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 00:02:12.12 ID:hazQp6gG0
カイト「とりあえずe・ラーとかいう奴の手がかりを探すか」

シャーク「何かあんのか?」

カイト「ドン・サウザンドの件だが」

アストラル「それなら和解した気がする」

遊馬「何か会ったか知らねえが敵意ってのが無いんだよな」

シャーク「俺も不思議と憎しみを感じねえ」

カイト「俺もだ」

遊馬「何か会ったんだよ。多分な」

遊戯「・・・」

アストラル「さっきから誰かに見られている気がしてならない」

遊戯「・・・」

66: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 00:13:20.32 ID:hazQp6gG0
カイト「e・ラーか・・・」

コナミ「また何か事件か?」

ツァン「あんたも大変よね。働きもせずに学校にも行かずに」

カイト「放っておけ、俺は別に」

ツァン「ねえカイト」

カイト「何だ」

ツァン「コナミが言ってるんだけどドン・サウザンドの件はどうなったの?」

カイト「ドン・サウザンドだと?何かあったのか?」

ツァン「僕も覚えが無いんだけどさ僕に変装して に出たんだって」

コナミ「さっきミザエルやアリトに話しても覚えが無いって」

カイト「お前はあるのか?」

コナミ「ああ」

カイト「サッパリわからん。何がどうなっているんだ」

67: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 00:23:57.76 ID:hazQp6gG0
カイト「偽物のこいつに」

「天城カイト・・・天城カイトよ」

カイト「何者だ」

「我だ」

カイト「ドン・サウザンド!?何処から」

「我の残留思念が語りかけている。すまぬカイトよ」

カイト「どういう事だ!?言え!」

「我が 女優に変化しすぎた結果、我の意思に反し邪悪なる者を産み落としていたようだ」

カイト「それがe・ラーだと言うのか?」

「うむ」

カイト「教えろ。e・ラーは何処に居る」

「奴は 女優として潜伏している」

カイト「わかった」

ツァン「どうしたのカイト?」

カイト「ちょっと付き合え」

68: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 00:30:05.60 ID:hazQp6gG0
カイト「最近新人 女優が現れていないか?」

ツァン「は?」

シャーク「カイト!」

Ⅳ「何か変な声が聞こえてな」

遊馬「ドン・サウザンドのな」

ツァン「そう言えばe田ラー子って 女優が現れてね。    が僕より大きくて」

遊馬「そいつだ!」

シャーク「そいつは今何しているんだ!?」

カイト「ちょっと待ってろ。俺だ。そこにe田ラー子って 女優は居るか?」

雪乃「どうかしたのかしら?珍しいわね坊やが私に」

カイト「質問に答えろ!居るのか居ないのか!?」

雪乃「居るわよ。今ねぶっかけ1000発の撮影を」

カイト「わかった。急ぐぞ!」

遊馬「ああ!」

遊戯「・・・」

69: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 00:38:07.22 ID:hazQp6gG0
e・ラー「アアアアアアアアアアアアアンンンンン!!!」

遊馬「かっとビングだ!俺!!」

シャーク「てめえがe・ラーだな!?」

e・ラー「やはり来たか、我が名はe・ラー・・・絶望の神」

Ⅳ「何が絶望の神だ。とりあえず表出ろよ」

シャーク「デュエルだ!」

e・ラー「この四人が来ると思った。我の野望のために」

カイト「ゴチャゴチャ言うな」

遊馬「この世界を壊させてたまるか!」

遊戯「・・・」

70: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 00:46:41.60 ID:hazQp6gG0
遊馬「見れば見るほど巨大だな。っつうかデカくなりやがったぜ」

e・ラー「ハアアアアアアアア!!!」

シャーク「効くかよ!年季が違うんだよ年季が!」

Ⅳ「生まれたてのてめえと俺らとじゃ場数が違うぜ!」

バインッ

シャーク「チッ」

Ⅳ「デカすぎる胸で攻撃が効かねえ!?」

アストラル「ドン・サウザンドが攻撃ならばe・ラーは防御だと言うのか!?」

e・ラー「我はこの次元を中心に二十三次元全てに絶望を振りまく次元の果てに飛んでいくがいい!」

アストラル「遊馬!」

遊馬「何だこの光は!?」

シャーク「避けきれねえ!」

Ⅳ「この・・・!」

カイト「くっ・・・」

71: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 00:53:26.02 ID:hazQp6gG0
カイト「・・・貴様!何をした!!」

e・ラー「煩わしい奴らを別次元へ飛ばした。どうもお前達は別次元に関する記憶を失っているようだ」

カイト「どういう・・・ことだ・・・!?」

e・ラー「お前が知る必要は無い。この次元も既に絶望へと包まれる」

カイト「何だと」

e・ラー「我が出演した には人々を絶望へと誘う効果を持っている」

カイト「くっ・・・」

e・ラー「仲間を失って貴様だけではどうにもならん」

カイト「まだクリスやミザエルが居る」

e・ラー「せいぜい足掻くがいい。さらばだ」

カイト「別次元の噂は聞いていたが実在などするのか・・・途方もない話だぞ」

72: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 01:00:06.65 ID:hazQp6gG0
遊戯「・・・」

エルフの剣士「・・・」

暗黒騎士ガイア「・・・」

デーモンの召喚「・・・」

幻獣王ガゼル「・・・」

クリボー「今の遊馬達には次元への行き来の記憶も無く路頭に迷うだろう。だから我らでサポートする」

遊戯「・・・」

クリボー「散れ」

遊戯「・・・」

クリボー「遊馬が飛ばされたのは我らが次元だ。行くぞ」

遊戯「・・・」

クリボー「気にする事は無い。デュエリストは助け合いだ」

遊戯「・・・」

74: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 12:58:47.61 ID:hazQp6gG0
遊馬「俺は九十九遊馬」

城之内「・・・」

本田「・・・」

御伽「・・・」

アストラル「しかし別次元があるとはな。だがデュエリストの気配をまるで感じない」

遊馬「あそこに何か腕にくっ付けてる奴が居るぜ」

城之内「・・・」

遊馬「へえデュエルディスクか」

アストラル「デュエルディスク・・・何処かで見た気がする」

遊馬「なあ帰り方ってわかるか?」

アストラル「次元転送装置があれば、だが帰っても我々の住む世界は暗黒に変えられてしまっているぞ」

遊馬「だってカイトやシャークだって」

アストラル「私と遊馬がこの様子ではおそらくカイトもシャークもⅣも」

遊馬「誰と喋ってるって?アストラルだぜ」

城之内「・・・」

遊馬「何だ城之内さんは見えねえんだ。ふーん」

75: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 13:07:19.06 ID:hazQp6gG0
カイト「くっ・・・」

小鳥「遊馬もシャークも璃緒さん達もⅢやⅤも消えて・・・」

鉄男「まだ俺達が居るぜ!」

徳之助「そうだウラ!」

カイト「のぼせ上がるな。俺が無理な相手を貴様ら程度の連中でどうにかできるわけがないだろ」

鉄男「・・・」

カイト「この世界は全てに絶望に染められた。e・ラーはまた何処かへ行ったはずだ・・・だから小鳥」

小鳥「えっ?」

カイト「しばらく耐えろ。こいつで遊馬達を探しに行く」

小鳥「何それ?」

カイト「奴の攻撃方法をオービタルに計算させ作った次元転送装置の試作品だ」

小鳥「だ、大丈夫なの?」

カイト「そこで死ねばそれで終わりだ。一か八かの賭けを俺はやる。だからお前はここに残れ」

小鳥「わかった。でもどうして私が?」

カイト「クリスもミザエルも消えたなら頼りになるのはお前やゴーシュ、ドロワぐらいだ、任せたぞ」

小鳥「うん!生き残ったデュエリストを探せばいいのね」

カイト「じゃあ行ってくる。どうなるかは知らんがな・・・」ピッ

76: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 13:18:56.68 ID:hazQp6gG0
アリト「あの日遊馬とナッシュ達に加勢しようと思ったら」

ミザエル「奇妙な場所だ。バイクに乗りながらデュエルをしてるぞ」

ギラグ「何てとこだ」

ベクター「はァ?なーに言ってんだよ。ここやあんなデュエル腐るほど見たじゃねえか」

璃緒「何か知ってるの?」

ベクター「こいつらこの間から様子が変だと思ったら・・・ついて来いよ」

ドルべ「何処へ行く」

ベクター「遊星のとこだよ」

璃緒「遊星?」

ベクター「お前ら大丈夫かよ。遊馬の先輩だろうが」

ミザエル「いや聞いた事も無いぞ」

ベクター「おいおいマジで言ってんのか・・・」

79: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 17:56:47.06 ID:hazQp6gG0
カイザー「つまり君達は次元を超えてやって来たと」

Ⅴ「そういう事になる」

カイザー「なるほど」

Ⅲ「帰る方法を考えないとダメですよⅤ兄様」

Ⅴ「焦ってはいけない。何事も慎重に行かねば」

カイザー「彼の言う通りだ」

Ⅴ「是非とも君に遊馬と会わせてやりたい」

カイザー「奇遇だな、実は俺も君に十代という男を会わせたいと思っていたところだ」

Ⅲ「・・・」

80: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 19:12:53.18 ID:hazQp6gG0
沢渡「赤馬零児が消えた今、ランサーズのニューリーダーはこの俺様だ!」

遊矢「だから何でそうなるんだよ」

沢渡「は?決まってるじゃねえか、俺しか居ないからだぜ」

柚子「バッカじゃないの」

遊矢「そういうのはみんなの意見を聞いてから」

沢渡「聞いてやったよ。黒咲もセレナも俺でいいってよ。後はてめえだけだ」

遊矢「権現坂とデニスは」

沢渡「デニスは知らねえよ。権現坂は痔の手術とかで入院中じゃねえか」

「ほらサインしろ、沢渡さんをリーダーにするって承諾するんだよ」

柚子「代理リーダーなら遊矢の方が適任よ!」

沢渡「何が適任だ、そんなチビの面倒しかできねえくせしやがって!」

カイト「おい」

沢渡「赤馬零児の弟だからって入れる必要ねえだろうが!」

カイト「おい!」

沢渡「何だよ!?」

カイト「邪魔だ。退け」

沢渡「お、おう・・・」

81: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 19:20:25.27 ID:hazQp6gG0
カイト「ここが別次元か、誰かの手がかりがあるかもしれん」

「いいんすか沢渡さん!」

「ここは一発ビシッと決めてくださいよ!」

沢渡「よ、よし・・・退けとは何だ!?ここは俺様の街だぞ!この沢渡シンゴの!」

カイト「だからどうした。馬鹿か貴様」

沢渡「ば、馬鹿だと」

カイト「そこに居る子供が貴様の怒鳴り声で怯えているだろ。少しは無い頭を振り絞って考えてみろ」

零羅「・・・」

カイト「変な髪型の奴を見なかったか?誰でもいい変な髪型の奴を」

遊矢「変な髪型なら目の前に」

柚子「う、うん」

カイト「俺か?どうやら別次元では俺の髪型は変のようだな」

「沢渡さん!」

沢渡「て、てめえ!デュエルだ、デュエルしろ!!」

カイト「好きにしろ。かかって来い」

82: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 19:29:18.69 ID:hazQp6gG0
遊矢「強いな。沢渡をボコボコにするなんて」

カイト「・・・」

柚子「?」

カイト「あの建物は何だ」

遊矢「レオ・コーポレーションって言って」

カイト「あそこなら転送装置を修理できるかもしれん」

柚子「けど社長が行方不明になっちゃったのよね」

カイト「行方不明?」

遊矢「何かの実験とか言って姿を消したんだよな零羅?」

零羅「うん・・・」

カイト「こいつは知り合いなのか?」

柚子「弟よ。あそこの社長は16歳なのよ」

カイト「弟か・・・お前は兄の事が好きか?」

零羅「うん」

カイト「そうか」

83: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 19:38:04.29 ID:hazQp6gG0
カイト「俺も手伝ってやる兄探しを」

遊矢「何処にも居ないって話なんだよな」

カイト「人がそう簡単に消えるはずがない」

柚子「どうして無関係なあなたが?」

カイト「兄が好きな弟に悪い奴はいない。それに」

遊矢「それに?」

カイト「お前達とは何処かで会った気がしてならない」

柚子「実は私も」

遊矢「俺もなんだ」

カイト「名は」

遊矢「俺は榊遊矢」

柚子「私は柊柚子よ」

カイト「カイト・・・天城カイトだ」

84: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 19:47:10.29 ID:hazQp6gG0
沢渡「酷い目に会ったぜ。だが今度会った時は必ず」

シャーク「何処なんだここは」

Ⅳ「知らねえよ」

沢渡「・・・」

「何か知らない奴が増えて来てるっすね」

沢渡「何か見たことあるんだよな・・・」

シャーク「別次元ってのは平穏だな」

Ⅳ「何か来たことあるんだよな」

シャーク「実は俺も」

沢渡「さっきの奴にしてもあいつらにしても」

85: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 21:51:01.72 ID:hazQp6gG0
シャーク「お、おい!あれ」

Ⅳ「カイト・・・お前も飛ばされたのか!?」

遊矢「誰?」

カイト「俺の仲間だ」

シャーク「あの女ドン・サウザンドは!?」

カイト「俺達の世界は全てに絶望に染められた。奴の勝利に近い」

Ⅳ「染められた?じゃあお前は」

カイト「俺は転送装置でやって来た。壊れてしまったがな」

零羅「・・・」

柚子「大丈夫よ、悪い人じゃ無いと思うから」

遊矢「何ていうか前からの知り合いって感じがするんだよ。カイトさんもあの2人も」

シャーク「あいつらは」

カイト「遊矢と柚子と零羅だ」

シャーク「遊矢・・・柚子・・・こいつらどっかで会った気がするぞ」

Ⅳ「・・・」

86: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 22:55:03.47 ID:hazQp6gG0
Ⅳ「デュエルだ、俺もこいつらに見覚えがあってならねえ」

シャーク「デュエリストならデュエルしかねえよな」

カイト「お前達はどうする」

遊矢「俺は別にいいけど」

柚子「この独特の威圧感・・・何度も感じた事がある気がする」

Ⅳ「なら決まりだな」

遊矢・柚子・カイト・シャーク・Ⅳ「デュエル!!!!!!」

カイト「ハァッ!!」

遊矢「なっ!?拳で」

ゴスッ

カイト「こいつ俺のタイミングに合わせてカウンターを・・・!?」

遊矢「覚えがある・・・この人の拳を俺は何度も味わった気がするぞ・・・」

シャーク「ボケっとしてんじゃねえぞ!!」

遊矢「この人は上段蹴りと見せかけて・・・下段だ!」

シャーク「何者だてめえ・・・俺とカイトのスピードについて行くなんて普通じゃねえぞ」

遊矢「わからない。身体が勝手に反応するんだ」

87: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 23:05:47.23 ID:hazQp6gG0
Ⅳ「ほらほら最高のファンサービスだろ!」

柚子「サソリ固め・・・この陰湿さ丸出しの攻撃は・・・」

Ⅳ「さらにここから!」

ギチギチ

柚子「コブラツイスト・・・このテクニックとバランス・・・思い出した!」

遊矢「どうやら俺達は大事な事を忘れていたようだ、そうだろカイトさん、凌牙さん!」

カイト「そのようだな」

シャーク「ああ・・・それでどうすんだ?続けるか?」

遊矢「当然だろ。だってデュエリストなんだから」

カイト「フッ」

柚子「この!」

パァンッ

Ⅳ「女だからって手加減しねえからな柚子!」

シャーク「かかって来い遊矢!」

零羅「・・・」

88: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 23:23:45.08 ID:hazQp6gG0
遊矢「じゃあ俺たち以外のデュエリストの記憶も」

カイト「何者かに書き換えられている」

シャーク「e・ラーか」

カイト「奴では無いだろ。遊馬とアストラルの言っていたもっと別の脅威」

零羅「に、兄様」

Ⅳ「は?」

シャーク「お前は赤馬に声が似てるからな。仕方ねえよ」

Ⅳ「俺があいつ代わりか?冗談じゃねえよ」

カイト「いいか零羅こいつは兄にしては少し教育に悪い。だから遊矢と柚子を兄や姉のように思えばいい」

Ⅳ「それはどういう意味だ!」

遊矢「何か母親にも怯えてるんだよな」

カイト「母親・・・なら柚子が母になってやれ、俺達は3人とも母が居ないからよくわからん」

柚子「私が!?」

シャーク「母親が居るのに母親を恐れてるってか」

Ⅳ「俺達は会いたくても会えねえのにな。残酷な話だぜ」

89: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 23:38:27.11 ID:hazQp6gG0
遊馬「バトルシティ?そんなのがあんのか?」

城之内「・・・」

遊馬「へえ6回目なのか、その遊戯って人が」

遊戯「・・・」

遊馬「俺も出て見たいな!」

遊戯「・・・」

遊馬「エントリー期間が終わった?マジかよ」

遊戯「・・・」

遊馬「しばらく泊まっていいって?やったぜ!」

遊戯「・・・」

遊馬「知り合い?何言ってんだよ。初めて会っただろ?」

遊戯「・・・」

90: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 23:45:32.87 ID:hazQp6gG0
黒咲「別次元のデュエリストを仲間にすると言っていたがこの次元のデュエリストのレベルは低すぎる」

赤馬「私の調べではこの次元には強力な3人のデュエリストが居るそうだ」

黒咲「どうだかな、このバトルシティを制すればわかるはずだが期待はできん」

遊馬「ん?」

黒咲「こいつは」

遊戯「・・・」

遊馬「待ってくれよ遊戯さん!」

赤馬「行こう」

黒咲「ああ」

遊馬「何処かで見た事があるな」

アストラル「私も見覚えがある」

黒咲「あいつ・・・いや気のせいか」

91: ◆OYngVbWKK2 2015/06/01(月) 23:57:25.66 ID:hazQp6gG0
沢渡「見つけたぞ!」

カイト「沢渡か」

シャーク「相変わらずうるせえ野郎だぜ」

遊矢「何か自分がリーダーだって言って聞かないんだよ」

柚子「父親の権力が無いとただの凡骨なのにね」

沢渡「うるせえぞ柊柚子!」

シャーク「悪りい事は言わねえ。リーダー何てやめとけ、ガラじゃねえだろ」

沢渡「何だと!」

シャーク「てめえは苦労知らずのただのボンボンだ、リーダーになんてなれるわけがねえ」

沢渡「言ってくれるじゃねえか!」

シャーク「そのねえ頭を使って考えろ。リーダーの重みって奴をな。遊びじゃねえんだ」

Ⅳ「デュエルしてやれよ凌牙」

シャーク「こいつと?それもそうだな」

沢渡「何処のどいつか知らねえが俺を舐めやがって!」

92: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 00:07:37.13 ID:r7F77yzY0
沢渡「ああああああああ!!!」

シャーク「どうだ沢渡」

沢渡「ま、またかよ!」

シャーク「俺を思い出したか?」

沢渡「凌牙・・・神代凌牙だろ?おい凌牙!これはどういう事だ!!」

シャーク「今のお前じゃリーダーにはなれねえよ。お前は昔の俺だぜ」

沢渡「は?てめえに俺の何が」

シャーク「ただ目立ちてえだけじゃ勤まらねえって事だ。俺は遊馬と出会って自分の価値観が変わった。お前は遊矢を見て自分が何なのかを考えてみやがれ」

沢渡「俺がこいつを?何言ってんだか」

シャーク「まだまだガキだな」

沢渡「チッ」

遊矢「沢渡もみんなの事を」

沢渡「忘れたくても忘れなれっかよ!特にこいつ!」

Ⅳ「年下に随分と舐められてるじゃねえか」

シャーク「慣れだ慣れ」

93: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 00:33:04.58 ID:r7F77yzY0
カイト「色々思い出して来た。零児は行方不明になったのではなく別次元へ飛んだんだ」

遊矢「どうやって?」

カイト「決まっている。次元移動装置だ」

遊矢「確かにそれなら」

カイト「安心しろ。お前の兄は俺が連れ戻してやる」

零羅「・・・」

Ⅳ「e・ラーはどうすんだ」

カイト「奴は俺達の次元を絶望に染めしばらく休眠しているだろう。何せ膨大なデュエルエナジーをするからな」

シャーク「じゃあ俺も旅立つとするか、頑張れよリーダー」

沢渡「うるせえ!」

カイト「お前は何処へ行く?」

シャーク「そうだな。とりあえず俺達の次元に戻ってそこから遊星のとこ行く」

カイト「遊星のところか?何故だ」

シャーク「七皇の絆が囁いてんだよ」

Ⅳ「俺は残るぜ。どうやら別次元のデュエリストとデュエルすりゃ記憶が戻るっぽいしこいつも俺に懐いてる」

カイト「その子は昔のハルトに似ている。大事にしてやれよ」

シャーク「また戻れるといいな昔のように」

94: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 01:24:24.44 ID:r7F77yzY0
遊矢「じゃあ権現坂の見舞いでも行こうか、ほら」

零羅「?」

遊矢「手を繋ぐか?」

零羅「・・・」

柚子「恥ずかしい?なら私が零羅の左手を握るから」

遊矢「俺は右手な!」

零羅「うん・・・」

Ⅳ「何でカイトや凌牙があいつらを気にかけるかわかった気がするぜ」

沢渡「何が?」

Ⅳ「あいつらは俺達や遊星達、十代とは違って普通なんだ。内心羨ましいんだろうな」

沢渡「何が羨ましいんだ?俺達デュエリストは戦って」

Ⅳ「血で血を洗う争いばっかで疲れるんだよな・・・上手く言えねえけど俺らは多分普通じゃねえ」

沢渡「・・・」

Ⅳ「そうだ沢渡真のリーダーになりたきゃ一つコツを教えてやる」

沢渡「言えよ!何だ!?」

Ⅳ「ファンサービスだ。ファンサービスさえあれば怖いものはねえぜ」

98: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 19:45:07.94 ID:r7F77yzY0
遊馬「惜しかったな遊戯さん」

遊戯「・・・」

遊馬「あの黒咲とかいう奴だろ?強かったよな」

城之内「・・・」

アストラル「しかし何というべきか君達のデッキ構築はあまりにも雑すぎる」

遊戯「・・・」

アストラル「どうしてエクシーズを使わないんだ?何か理由でもあるのか?」

遊戯「・・・」

アストラル「この次元には無い?冗談はよしてくれ」

遊戯「・・・」

アストラル「どういう意味だ?詳しく教えてくれ」

黒咲「おい」

城之内「・・・」

黒咲「貴様ではない。お前だ」

遊馬「俺?」

黒咲「こいつらでは物足りん!だが貴様からは俺と同じ匂いがする。デュエルだ!!」

99: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 20:06:50.94 ID:r7F77yzY0
シャーク「救世主?」

小鳥「彼よ。入って、どうぞ」

ユート「・・・」

シャーク「ユートじゃねえか、何でお前が」

ユート「君は俺を知っているのか?」

小鳥「シャークの知り合い?」

シャーク「いや・・・デュエルだ」

ユート「いきなりだな。別に構わないが」

小鳥「ユートはね、フラッと現れて私達の力になってくれたのよ」

シャーク「こいつの強さは知ってる。お前は覚えてねえかもしれないが俺達は」

ユート「俺も何処か懐かしい気がしてならない。君とは前に一度」

シャーク「すぐに思い出させてやるぜ、デュエルだ!」

100: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 20:13:56.45 ID:r7F77yzY0
赤馬「いや君達の実力では他の次元との戦いは」

海馬「・・・」

赤馬「上には上がいる。それをわかってほしい」

カイト「見つけたぞ零児」

赤馬「何者だ。私は君に会った覚えはないが」

カイト「零羅がお前の帰りを待っている。兄ならば弟を不安がらせるな」

赤馬「零羅の事まで、君は一体」

カイト「名乗る必要はない。デュエルがすれば思い出すはずだ」

赤馬「いいだろう。ならばデュエルを」

海馬「・・・」

カイト「貴様が武藤遊戯のライバルの海馬瀬人だったな。下がっていろ」

海馬「・・・」

カイト「教えてやろうか、お前達に足らん事を・・・それは」

赤馬「デュエル!」

カイト「俺達のデュエルを見ていればわかる」

101: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 20:23:33.92 ID:r7F77yzY0
黒咲「遊馬か・・・なぜ俺は忘れていたのだ」

遊馬「俺が黒咲の事を忘れるなんて、どういう事だ?」

アストラル「わからん。しかし記憶を書き換えられた可能性がある」

黒咲「お前達はどうしてここに?」

遊馬「それが俺達の次元がe・ラーとかいう奴に・・・」

アストラル「私達は敗れ何処かへ散り散りになってしまったようだ」

黒咲「こうしている場合ではない。行くぞ遊馬」

遊馬「行くって」

黒咲「お前の次元だ!あそこをエクシーズ次元の二の舞にしてたまるか」

遊馬「でも俺達だけじゃ」

黒咲「記憶が戻ったらば感じるはずだ。この近くにカイトが居る」

遊馬「・・・あ!」

黒咲「お前も来い、遊馬や十代達の先輩ならば奇跡を起こせるだろ」

遊戯「・・・」

102: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 20:40:06.31 ID:r7F77yzY0
カイト「思い出したようだな」

赤馬「不思議な話だ全員が全員記憶を書き換えられるとは」

カイト「何をしにこの次元に?」

赤馬「仲間を集めにな。そうか、零羅が私を」

カイト「一目でわかる。お前たち兄弟は仲がいい」

赤馬「兄の先輩である君に言われるとは光栄だな、一時帰還しよう」

カイト「頼む。俺は俺で決着をつけに行く」

遊馬「カイト!それに社長も!!」

カイト「遊馬と黒咲か」

黒咲「お前達の次元が危機らしいな」

カイト「方法はある。だが」

黒咲「忘れたか、俺たちエクシーズ使いにはエクシーズ使いにしかできぬ事があるはずだ」

カイト「・・・そうだな」

海馬「・・・」

黒咲「何をしているだと?俺たちデュエリストは額に指を当て集中する事で仲間のデュエルエナジーを感じる他の次元へ移動ができる」

103: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 20:49:39.63 ID:r7F77yzY0
ユート「君は凌牙・・・何が起こっているんだ!?この次元がこんなに無茶苦茶になるなんて!?」

小鳥「知り合いなの!?」

ユート「知り合いも何も俺と彼らは」

シャーク「後は」

遊馬「シャーク」

カイト「凌牙」

黒咲「ユート」

シャーク「遊馬、カイト」

ユート「隼」

遊戯「・・・」

海馬「・・・」

城之内「・・・」

シャーク「何だこいつら」

遊馬「俺達が連れて来た」

黒咲「先輩だか何だか知らんが俺達のデュエルを学ぶべきだ」

カイト「e・ラーを倒す方法を思いついた。寝ているならば今しかあるまい」

104: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 21:01:49.76 ID:r7F77yzY0
遊馬「RUM?それで俺達をランクアップさせて柚子のブレスレットを身につけた俺達でぶん殴るんだな」

カイト「ああ」

アストラル「だがカイトはRUMを」

カイト「俺にはクリスから預かっていたカードがある」

黒咲「そのe・ラーは」

カイト「あの黒雲の中だ」

遊馬「柚子が四六時中付けてただけあって何か柚子臭いな」

小鳥「柚子って誰?ねえ誰なの遊馬!?」

遊馬「小鳥」

小鳥「・・・」

黒咲「匂いを嗅ぐんじゃない!最近は付けてなかったから瑠璃の匂いはせんだろ!」

シャーク「柚子が風呂に入りゃゆず風呂の完成だぜ」

カイト「いや普通の風呂と変わらんぞ」

黒咲「何故カイトが知っている」

カイト「・・・」

黒咲「俺の話を聞け!何故だ!?何故知っている!!答えろカイト!!!」

105: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 21:41:38.78 ID:r7F77yzY0
カイト「始めるか」

黒咲「納得できんがそうするか」

シャーク「行け!遊馬!アストラル!」

アストラル「遊馬!」

遊馬「ゼアルだな!こいつを使ってくれユート!」

ユート「ああ!」

ユート「そしてここから」

カイト「RUM-アージェント・カオス・フォースを発動!」

シャーク「RUM-七皇の剣を発動!」

黒咲「RUM-レヴォリューション・フォースを発動!」

ユート「RUM-アストラル・フォースを発動!」

アストラル「力が漲ってくる・・・このまま突っ込むぞ遊馬!」

遊馬「かっとビングだアアアアアアアアア!!!俺エエエエエエエエエエ!!!」

遊戯「・・・」

106: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 22:32:38.80 ID:r7F77yzY0
数日後

遊馬「どう思う遊戯さん」

遊戯「・・・」

ユート「君だけが頼りなんだ。君だけが希望なんだ」

遊馬「俺達は奴らに染まっちまった。e・ラーは退散したしみんなの記憶が戻ったが」

ユート「元凶はわからずじまい、どうせデュエルはしないと思うが」

小鳥「で、でも力を合わせれば!」

遊馬「小鳥」

ユート「すまないが真面目な話をしているんだ」

小鳥「・・・」

遊馬「みんなチャレンジ魂が疼くとか行って何処かに行っちまうし」

ユート「どうにかならないか遊戯?」

遊戯「・・・」

107: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 23:10:15.67 ID:r7F77yzY0
アストラル「すまないなドン・サウザンド」

ドン「我が生まれ変わった時にこの次元が無ければ困る」

アストラル「しかし一向に成仏しないな、どうするんだ」

ドン「お前が遊馬ならば我はナッシュの背後にでも居よう。そのうち成仏するだろう」

アストラル「それとe・ラーの件だが」

ドン「あの女はまた動き出すだろう。我の らな部分で構成されているようだからな」

アストラル「ああ」

ドン「それにしても    が大きいな。我は嬉しいぞ」

アストラル「私もそれを思っていた。何とか倒さずに終わらせたい」

ドン「うむ」

アストラル「遊馬のかっとビングならば」

ドン「あるいは・・・」

アストラル「どうやら君も遊馬に感化されて来たようだ。もう昔のドン・サウザンドではない」

ドン「そのようだ」

108: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 23:26:53.21 ID:r7F77yzY0
カイト「悪かったな。帰っていいぞ」

遊戯「・・・」

カイト「黒咲からお前は真紅眼使いだと聞いてな。違うか?」

城之内「・・・」

カイト「別にそういうわけではない?たわけた事を」

城之内「・・・」

カイト「エクシーズ使いの側に居れば自然と創造できる。俺の知り合いに吹雪という男が居て」

城之内「・・・」

カイト「カードは生み出せる。常識だ」

城之内「・・・」

カイト「何?エクシーズ使いの側に居て生み出されたりする事は出鱈目だと?」

城之内「・・・」

カイト「前例がある。ちょっと待ってろ」

城之内「・・・」

カイト「話しただろ。別次元のデュエリストのデュエルエナジーを感じ飛ぶんだ。デュエリストならばこの程度は簡単だ」

109: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 23:37:02.40 ID:r7F77yzY0
遊矢「俺は素良やユートと関わってエクシーズと融合を」

柚子「私はまだ融合しかできないけどエクシーズやシンクロだって覚えるつもり」

カイト「というわけだ」

城之内「・・・」

カイト「まだ信じないのか、零羅も来ていたんだな」

零羅「・・・」

遊矢「それがしばらく俺の家で預かる事になってさ」

柚子「別次元へ出張なんだって」

カイト「そうか、Ⅳは何をしている」

遊矢「トーマスさんなら声が似てるから社長代行をしてるけど」

柚子「それとデニスをボコボコにしたり沢渡と喧嘩したりして」

カイト「あいつは限度を知らん。ハルトー!ちょっと来てくれ」

ハルト「どうしたに兄さん?」

カイト「少し零羅と遊んでやってくれないか?」

ハルト「うん!」

カイト「いい子だ。後でお菓子を買ってあげるからな」

ハルト「君が零羅くんだね、僕と一緒に懸垂勝負をしようか!」

零羅「う、うん」

110: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 23:46:48.96 ID:r7F77yzY0
カイト「で?お前は何の用だ」

素良「決まってるじゃないか、この次元がムチャクチャになったから復興の手伝いに」

カイト「必要無い。貴様は帰れ」

素良「・・・」

カイト「それがお前の懺悔のつもりか?貴様ら融合次元の連中の懺悔なんぞ聞く耳を持たん」

柚子「でも素良だって」

カイト「ユートと黒咲の気持ちを考えてみろ。さっさと俺の前から消え失せろ」

遊矢「ちょっとカイトさん機嫌が悪いから、ごめんな素良」

素良「・・・」

カイト「そこまで懺悔がしたいのならば地獄の閻魔にでも言ってやれ、どのみち貴様らは地獄行きだろうからな」

城之内「・・・」

カイト「さっきの子供と対応が違う?未来ある子供と未来を奪ったクズと一緒にするな」

城之内「・・・」

カイト「奴らに未来など無い。さあ始めるぞ城之内」

111: ◆OYngVbWKK2 2015/06/02(火) 23:56:47.59 ID:r7F77yzY0
カイト「レンガを割ってみろ」

城之内「・・・」

カイト「できないだと?さっきから我儘が多すぎるぞ」

遊矢「コツは簡単だ。デュエルエナジーを高めて割ればいいんだよ城之内さん」

柚子「じゃあ私が手本を見せて」

城之内「・・・」

カイト「女の柚子では無理だと?柚子は力だけなら遊矢より上だ。それに力ではなく魂で砕く」

柚子「エイッ!」

ゴギャッ

カイト「一気に12個だ。簡単だろ」

城之内「・・・」

カイト「お前達を鍛えていく。いいな」

城之内「・・・」

カイト「生意気だと?なら遊矢が教えてやれ」

遊矢「俺が?じゃあ、やってみようか城之内さん」

112: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 00:03:35.06 ID:zJwS51wj0
柚子「ねえカイトさん」

カイト「何だ」

柚子「今の遊矢なら十代さんに勝てると思う?」

カイト「無理だろうな」

柚子「・・・」

カイト「まさか十代に挑むのか」

柚子「って言ってるけど」

カイト「いい経験だ。やらせてやればいい」

柚子「大丈夫なの!?だって十代さんって」

カイト「遊星から聞いた事がある。天下無双とは十代のための言葉だと」

柚子「なら十代さんの先輩の遊戯さんは」

カイト「よくわからん奴だが十代と遊星が尊敬するなら軽く次元の一つは破壊できるだろ」

柚子「でも城之内さんのあの様子じゃ遊戯さんも」

カイト「能ある鷹は爪を隠すと言うだろ。何かしらの力を秘めているはずだ」

113: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 00:10:10.80 ID:zJwS51wj0
遊矢「一つだけじゃダメだよ城之内さん!」

城之内「・・・」

遊矢「そりゃ俺も最初はあれだったけど遊馬達と出会ってさ」

城之内「・・・」

遊矢「何で拳だって?デュエルは争うためじゃない。だから敵とは拳で戦うんだ」

城之内「・・・」

遊矢「拳で殴り合えば自然と笑顔になる。男と男の勝負なら尚更さ」

城之内「・・・」

遊矢「柚子が彼女!?いや前はそうだったけど・・・色々あってきっかけが掴めないんだ」

城之内「・・・」

遊矢「この話は終わりにしようか、さあデュエルエナジーを高めて!」

城之内「・・・」

114: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 00:18:11.77 ID:zJwS51wj0
カイト「どうだ」

遊矢「何とかコツは掴めたっぽい」

カイト「なら第二段階だ。お前達は零羅と一緒に居てやれ、あの年頃は理解してくれる者を必要としている」

遊矢「そういえば遊馬は」

カイト「遊馬なら遊戯に復讐を企てる連中と戦うとか言ってな」

柚子「凌牙さんは?」

カイト「凌牙は七皇メンバーとDホイールの乗り方を学びに行った」

城之内「・・・」

カイト「そうだ。この次元には特別な存在があってな」

城之内「・・・」

カイト「 女優だ」

城之内「・・・」

カイト「信じられない?ついて来い」

115: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 00:32:07.61 ID:zJwS51wj0
ツァン「誰?」

カイト「城之内だ」

ツァン「あんた来るたびに友達増やすよね」

城之内「・・・」

カイト「こいつは人気 女優のツァン・ディレと言ってアイドルのようなものだ」

城之内「・・・」

カイト「何を驚いているんだ。当然の事だろ」

城之内「・・・」

カイト「価値観が違いすぎるな。お前も何とか言ってやれ」

ツァン「て言うか城之内って誰よ。有名人?」

カイト「遊戯の仲間・・・十代の尊敬する遊戯の仲間の城之内だ」

ツァン「じゃあ凄いって事ね」

城之内「・・・」

カイト「家がデカいだと?何せ夫がプロでこいつは 女優だからな」

城之内「・・・」

カイト「人妻だが人気は変わらん。そんなものだ」

116: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 00:38:59.76 ID:zJwS51wj0
城之内「・・・」

カイト「 女優とは純潔さを求められる清潔な存在でな。俺もこいつに○○を狩られた事がある」

城之内「・・・」

カイト「俺の数少ない敗北だ」

城之内「・・・」

カイト「何で俺が知り合いなんだと?」

城之内「・・・」

カイト「さあな、気がついたら知り合いになっていた」

城之内「・・・」

カイト「お前達の次元では人助けをしないのか?たるんでいるな」

ツァン「て言うか僕はどうすればいいの?」

カイト「少し茶を飲みに来ただけだ」

ツァン「は?」

城之内「・・・」

カイト「俺専用の湯のみだ。暇な時はここでゴロゴロして時間を潰している」

117: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 00:47:57.90 ID:zJwS51wj0
遊矢「どうだ楽しいか?」

零羅「う、うん」

ハルト「ちょっと休憩しようか」

零羅「・・・」

柚子「ここカイトさんの部屋?」

ハルト「うん!」

柚子「へえ」

遊矢「どんな部屋なんだろな」

ハルト「見る?」

遊矢「どうする」

柚子「見たい?」

零羅「僕は・・・見たい」

ハルト「じゃあ入ろうか」

遊矢「遊馬達は想像できるけど」

柚子「カイトさんは・・・何か変な物とか落ちてそう」

119: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 12:46:59.45 ID:zJwS51wj0
遊矢「何かシンプルだな」

柚子「ダンベルがある。それと難しい本が」

ハルト「兄さんはここで日夜鍛えているんだ。あらゆる敵と戦うために」

遊矢「アルバムか、へえ・・・」

柚子「どの写真も真顔・・・ねえハルトくん」

ハルト「言うと思ったよ。何で真ん中に遊馬が立ってるんだって事でしょ?」

柚子「カイトさんと凌牙さんって仲良いの?」

ハルト「相性は最悪だからプライベートでは滅多に会ったりしないんだよ」

遊矢「そうか?遊馬がいない時はいつも2人で居る気がするけど」

ハルト「他に喋る相手が居ると一緒に行動するけど」

遊矢「遊馬が上手いこと2人を纏めて居るって事か」

ハルト「でも巨悪と戦う時は抜群のコンビネーションを見せるんだ。根っこは似てるから」

柚子「同族嫌悪ってやつね。言われてみれば会うといつも喧嘩してる気がする」

ハルト「鮫が一方的に兄さんに突っかかっていく感じでしょ?鮫は喧嘩っ早いって遊馬と兄さんがよく話してるから」

120: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 12:59:44.66 ID:zJwS51wj0
カイト「1日で出来る代物ではない。お前は筋があるから必ず創造できるだろ」

城之内「・・・」

カイト「積み重ねが必要だ。お前達は先輩らしいがデッキ構成がバラバラすぎる」

城之内「・・・」

カイト「お前のデッキは安定性があるが他の連中は何がしたいのか俺にはわからん」

城之内「・・・」

カイト「殴り合いがどう関係あるだと?あるだろ」

城之内「・・・」

カイト「それは今度説明してやる。帰るぞ、俺の肩に掴まれ」

城之内「・・・」

カイト「貴様の次元に知り合いが居ない・・・俺とデュエルエナジーを同調させろ」

城之内「・・・」

カイト「できないだと?やってやれぬ事は無い。やるんだ」

城之内「・・・」

カイト「少し黙っていろ。常識に囚われるな、自然と一体化しろ」

121: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 13:07:05.60 ID:zJwS51wj0
カイト「次元を飛び越えるのに苦労するとは、もう夜だぞ」

ハルト「あ、兄さん」

カイト「・・・これは」

ハルト「寝ちゃってるんだ3人とも」

カイト「・・・零羅の真ん中に遊矢と柚子か、ハルトは母さんがほしいか?」

ハルト「ううん。でも父さんが今日も合コンに行ったからそのうちできるかもね」

カイト「ああ」

ハルト「どうするの兄さん?」

カイト「寝ている子を起こすわけにはいかんからな。他で寝てくる」

ハルト「あの城之内って人は?」

カイト「帰した」

ハルト「どうだった?」

カイト「まだ時間がかかりそうだ。奴の話では海馬瀬人はシンクロだとか言ってたが」

ハルト「じゃあ」

カイト「遊星が教えてやっているだろ」

123: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 17:52:15.06 ID:zJwS51wj0
クロウ「遊星!何か簀巻きにされた奴が居るぞ!」

遊星「何!?」

海馬「・・・」

遊星「この人は海馬さんだ。手紙がついている」

ジャック「何と書いてある」

遊星「言う事を聞かないから縛り付けた。後はお願い」

ブルーノ「遊戯さんからだね」

沢渡「遊星!リーダーって何だよ!」

遊星「何!?」

シャーク「遊星!ドルべがDホイールに乗ってすっ転んじまった!」

遊星「何!?」

ジャック「どうするんだ遊星」

遊星「一気に3人か、1人ずつ順番にしていこう」

124: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 18:01:59.51 ID:zJwS51wj0
遊星「とりあえず言わせてもらいます。俺はあなたが好きではない」

海馬「・・・」

ジャック「何だその態度は!」

遊星「人を傷つけ奪ったカードをエースと言い張り遊戯さんのお爺さんのカードを破り捨てる鬼畜の所業を許す事はできない」

海馬「・・・」

遊星「過去は振り返らない?それは逃げです。それで遊戯さんのライバルと言い張るつもりですか?」

海馬「・・・」

遊星「なら言わせてもらう!他人の物を破壊する奴をどう思う!凌牙!」

シャーク「クソ野郎だぜ!」

遊星「荒波の中でボートの上に子供を縛り付けて放置する奴をどう思う!ジャック!」

ジャック「デュエリストの風上にも置けん奴だ!」

遊星「他人のカードを奪う奴をどう思う!沢渡!」

沢渡「最低な人間だぜ!」

遊星「以上です」

海馬「・・・」

遊星「言ってる意味がわからない?とりあえず海馬さんの話は置いておこう」

125: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 18:35:34.38 ID:zJwS51wj0
遊星「沢渡はリーダーがどうとか言ってたな。無理だから諦めるべきだ」

沢渡「何だそりゃ!」

遊星「とりあえず苦労しろ。お前は甘ったれている」

沢渡「どいつもこいつも何が甘ったれだ。人の苦労も知らねえで」

ジャック「その上お前はアホでアホで仕方がないだろ。ちゃんと考えてみろ」

沢渡「誰がアホだ!」

シャーク「こいつは置いといて、ドルべが転けちまったんだがよ」

遊星「これを使うといい」ゴソゴソ

シャーク「何だそれ」

遊星「医者カバンと言ってな。どんな怪我でもたちまち治る」

沢渡「チッ、じゃあ苦労してきてやるよ。じゃあな!」

海馬「・・・」

遊星「いきなり消えた?いえデュエリストのデュエルエナジーを感じ取っただけです」

130: ◆OYngVbWKK2 2015/06/03(水) 23:58:41.70 ID:zJwS51wj0
遊星「いいですか、額に人差し指と中指を当て集中し他次元のデュエリストのデュエルエナジーを感じる」

海馬「・・・」

フッ

ジャック「どうだ簡単だろ」

海馬「・・・」

ジャック「俺達をバカにしているのか!?」

クロウ「ふざけんじゃねえ!!」

遊星「ただいま」

海馬「・・・」

遊星「これですか?柚子のxxxです」

海馬「・・・」

遊星「xxx程度なら証拠にならない?ならばxxxを持っていてください」

海馬「・・・」

遊星「来ます。注意してください、怒ると厄介な男なので」

131: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 00:08:50.98 ID:iUYH7rxq0
遊矢「見つけたぞxxx泥棒!!」

海馬「・・・」

遊星「どうですか」

遊矢「返せよ!」

シャーク「返しに来たぜ・・・何やってんだ」

遊星「凌牙は遊矢と何度かデュエルしたな、どうだった」

シャーク「どうって・・・厄介な野郎だぜ」

遊矢「デュエルだ!」

海馬「・・・」

ジャック「思い上がるな。上には上が居る」

海馬「・・・」

遊星「確かに遊矢はルーキーだがこっちの方は貴方より先輩だ」

海馬「・・・」

遊矢「返せ!」

132: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 00:25:11.02 ID:iUYH7rxq0
遊星「もういいだろ。遊矢の勝ちだ」

ジャック「どうだ?先輩だか何だか知らんが初心に戻って今一度鍛え直してみんか」

海馬「・・・」

ジャック「貴様!」

クロウ「落ち着けよ遊矢」

遊星「犯人は俺だ」

遊矢「遊星さんが柚子のxxxを盗んだの!?」

遊星「拾った」

クロウ「凌牙がDホイールの練習してるからお前も」

海馬「・・・」

シャーク「てめえ!」

ジャック「どういう育ち方をすればそういう態度ができるんだ!!」

海馬「・・・」

遊星「そうですか」

133: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 00:53:41.62 ID:iUYH7rxq0
遊星「何となくジャックに似ているから簡単だと思ったが」

ジャック「どういう意味だ」

クロウ「野郎はジャックと違って単純じゃねえみてえだな」

ジャック「おい!」

ブルーノ「海馬さんは?」

遊星「凌牙が引っ張って行った」

ジャック「フン!武藤遊戯の一派は凌牙や遊馬達に任せればいい、俺は嫌だぞ」

クロウ「俺もどうにも好きになれないぜ。あの野郎のデカい態度だけは」

遊星「まあ俺達は俺達で忙しいからこういう時に凌牙のようなリーダーシップのとれる男が居るとありがたい」

ブルーノ「でも喧嘩しそうだよね」

遊星「遊馬曰く凌牙は見た目は鮫だが心はイルカのように純粋だと」

龍亞「遊星!アキ姉ちゃんが痴漢をボコボコにしてるよ!」

遊星「何!?」

ジャック「遊星」

遊星「行こうかみんな」

134: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 02:10:35.25 ID:iUYH7rxq0
シャーク「ほらよ」

海馬「・・・」

シャーク「見りゃわかるだろうがチャリだ。てめえはチャリから練習すんだよ」

アリト「俺らだってチャリから始めたんだぜ」

海馬「・・・」

ギラグ「その態度は何だ!お前は何のためにやって来たんだ!?」

遊馬「シャーク!」

シャーク「どうした遊馬」

遊馬「これ遊戯さんから海馬さんを上手く操作する事が書いてあるメモ」

シャーク「あいつを?」

遊馬「じゃあ頼むぜ!」

海馬「・・・」

シャーク「あ?シンクロだって?できるわけねえじゃねえか」

海馬「・・・」

シャーク「てめえは文句が多すぎるぜ。シンクロやりたきゃDホイールに乗れって諺がこの次元にはあんだよ」

135: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 02:36:25.05 ID:iUYH7rxq0
零羅「・・・」キコキコ

遊矢「上手いもんだな」

柚子「零羅くんはシンクロだって使えるからDホイール型自転車に乗れるのも当然よね」

シャーク「呑気なもんだぜ、どうだ海馬」

海馬「・・・」

シャーク「腕組んでるだけじゃ何も始まらねえだろ!てめえらの次元も力をつけねえと喰われるぞ!」

海馬「・・・」

シャーク「危機感が無さすぎだぜ。融合次元の連中に決まってんだろ!」

シャーク「e・ラーの襲撃で俺らの次元はムチャクチャになった!悪の芽はさっさと摘むべきなんだよ」

海馬「・・・」

シャーク「話がわかるじゃねえか、意外といい奴だなお前」

海馬「・・・」

シャーク「決まってんだろ。エクシーズ次元のレジスタンスの連中と俺とカイトで殴り込んで片っ端からやってやるんだよ」

海馬「・・・」

シャーク「遊馬や遊矢、他の連中は関係ねえよ。ぶっ壊される痛みってのを融合次元の連中に叩き込んでやる」

シャーク「言っとくが遊馬には言うんじゃねえぞ。遊馬は関係ねえこれはエクシーズの誇りと全ての元凶である融合の全面戦争だぜ」

139: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 10:56:31.53 ID:iUYH7rxq0
遊馬「こら!」

シャーク「ゆ、遊馬」

遊馬「お前はまた良からぬ事を考えてるなシャーク!」

シャーク「関係ねえだろ遊馬には!やらなきゃこっちが!」

遊馬「かっとビング注入ビンタ!」バシッ

シャーク「いってえな!何す」

遊馬「かっとビング注入ビンタ!」バシッ

シャーク「て、てめえ!」

遊馬「かっとビング注入ビンタ!」バシッ

シャーク「やめろ!こいつはエクシーズの」

遊馬「お前が闇に堕ちそうになった時に助け出すのが俺の役目なんだよシャーク!!」

シャーク「くっ・・・」

遊馬「さらにさらに豪華特典としてェ!!連続かっとビング注入ビンタだァ!!!」バシッバシッバシッバシッバシッバシッバシッバシッバシッバシッ

シャーク「アアアアアアアアアアアアアアア」

アストラル「シャークのLPは0だ。もういいだろ遊馬」

遊馬「これでシャークも考えを改めるだろうぜ」

140: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 13:36:07.27 ID:iUYH7rxq0
遊馬「って知らないうちにエクシーズと融合が全面戦争になりそうなんだ」

十代「いつかはこうなると思ってたぜ、なあ遊星」

遊星「あ、はい」

遊矢「俺達は拳を振るってデュエルしたりするけど憎しみ合いながらやるのは」

十代「みんな肝心な事を忘れてるんだろうぜ。って言っても俺も頭に血が昇りやすいからよ」

遊星「確かに融合次元のやっている事を考えれば当然の気がするがそれでは何の解決にもならん」

十代「ああ」

遊馬「融合とエクシーズ・・・」

遊星「この二つの召喚を極めた者が一番説得に適している」

十代「それならカイザーと遊矢・・・」

遊矢「・・・なら俺が説得するよ。十代さんや遊馬もそうやって困難を乗り越えたんだろ?今がその時だ」

遊馬「エクシーズ次元側には知り合いが居るけど融合って誰か居るのか?アカデミアは何か潰れたみたいだし」

十代「あの子は素良は・・・子供は巻き込むわけにはいかねえしな」

遊星「1人居るじゃないですか、纏められそうな男が」

十代「あいつか?」

141: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 13:45:10.31 ID:iUYH7rxq0
十代「アカデミアの生き残りは何人ぐらい居るんだ」

ユーリ「考えた事も無いね。全面戦争するんだよね?いいんじゃないかな、やりたければ勝手にやれば」

十代「デュエルは争いのためなんかじゃねえ拳と拳でも憎しみ合いながら殴り合うもんじゃねえだろ」

ユーリ「君がするの?全部纏めて」

十代「俺じゃねえよ。遊矢だ」

ユーリ「彼が?」

十代「あいつに興味があるとか何とか言ってたろ?見たくねえか」

ユーリ「わかったよ。何処に集結させればいいの」

十代「遊馬の次元だ。いいな」

ユーリ「うん」

ユベル「あの子で大丈夫なんだろうね十代」

十代「腐っても見た目は遊矢そっくりなんだ。大丈夫だろ」

ユベル「・・・」

142: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 14:01:47.92 ID:iUYH7rxq0
黒咲「ふざけるな!和解など断る!!」

遊馬「無駄に血が流れるよりいいじゃねえか、そうだよなユート」

ユート「遊馬の言う通りだ。カードに閉じ込められても戻れる保障はあると聞いた」

黒咲「ユート!」

ユート「アカデミアが滅んで瑠璃だって帰って来たんだ」

遊馬「でもやらかした事の責任は取らせる。デュエリストなら自分で撒いた種は自分で狩り取らねえと」

黒咲「誰が間を取り持つんだ?十代かお前か?」

遊馬「遊矢」

黒咲「あいつにそんな事ができるのか!?無理に決まっている!」

ユート「いや争い事の嫌いな遊矢なら纏める事もできるだろ。彼には人を惹きつける何かがある」

黒咲「ユートがそこまで言うなら賭けてやってもいいが奴らの返答次第では殲滅させてやる」

アストラル「今こそ和解の時だ」

遊馬「ああ!」

143: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 14:20:17.07 ID:iUYH7rxq0
ユーゴ「なあ遊星」

遊星「どうした?」

ユーゴ「俺らはどっちの味方をするんだ」

遊星「味方も何もデュエリストならみんな味方だ」

ユーゴ「だと言いけど融合次元の連中だろ?」

遊星「奴らのやっている事は許せんが償うことだってできる」

ユーゴ「やられたエクシーズの奴らはそれでいいのかよ?」

遊星「納得しない者も居るかも知れんがゆっくり時間をかけて解決して行けばいい」

ユーゴ「知らねえからな、遊矢が袋叩きにあっても」

遊星「・・・」

ユーゴ「俺は助太刀しに行くぜ!」

遊星「今回は話し合いだ。熱くなるな」

ユーゴ「呑気なこと言いやがって!」

遊星「俺達の敵は他に居る。デュエリスト同士が争っていても意味はない」

144: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 14:49:26.32 ID:iUYH7rxq0
遊矢「・・・」

柚子「元気出しなさいよ遊矢!遊矢ならやれるわ!」

沢渡「嫌なら俺がやってもいいんだぜ」

遊矢「遊びじゃないんだ。出しゃばるのはやめろよ」

沢渡「どいつもこいつも・・・俺を舐めてるのか!?」

遊矢「こういう真面目な時に目立ちたがるなって俺は言いたいんだよ!いい加減にしろ!!」

沢渡「チッ・・・」

柚子「機会があれば沢渡だって何かを先導する事だってあるんだし」

沢渡「勝手にしろ!その代わりお前が無理だったら俺がやってやるからな!」

遊矢「その時は頼むよ沢渡」

沢渡「わかったら行って来い!」

遊矢「ああ!」

柚子「・・・」

沢渡「お前も何か言ってやれよ!こういう時のお前じゃねえのかよ!!」

柚子「遊矢・・・頑張って!」

遊矢「じゃあ行って来る!」

145: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 15:15:33.01 ID:iUYH7rxq0
遊矢「凄い人数だな。あっちの黒いのがエクシーズであっちが融合か」

「ゴラァ!融合のモンが何の用じゃ!!」

「アホぬかせ!おどれらが呼んだんちゃうんかい!」

遊馬「遊矢」

シャーク「エクシーズの奴らが怒るのも無理はねえよ。なあカイト」

カイト「・・・」

十代「胸張って行こうぜ遊矢」

遊矢「あ、ああ」

カイト「こいつを持っていけ」

遊矢「柚子のブレスレット・・・返して無かったのかカイトさん」

カイト「今返した。問題は無いはずだ。お守り代わりに丁度いいだろ」

十代「もしもダメそうなら俺が」

遊矢「いいや、俺がやらなきゃダメなんだ!」

146: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 16:18:07.04 ID:iUYH7rxq0
ユート「遊矢」

「誰だあいつは」

黒咲「あいつはスタンダード次元の榊遊矢と言う男だ」

遊矢「みんな聞いてくれ!もう無駄な争いはやめるべきだ!」

「奴らが先に襲撃して来たんだろうが!俺達のやっている事は間違いだって言うのかよ!」

「ハッ!たかがエクシーズが何を」

ユーリ「うるさいよ。黙って遊矢くんの話を聞きなよ」

「・・・」

遊矢「確かに融合次元のやった事は悪い事だ。でも同じ事をすればそれは一緒なんじゃないのかよ!」

遊矢「争いでデュエルをするならデュエリストなんて名乗るな!戦いたければ拳で戦え!」

「そりゃ俺達だって戦いたくはないさ・・・でもあいつらは」

遊矢「そうだ。悪い事をすればちゃんと償いをする必要がある。融合次元のみんなもデュエルが好きなんだろ?」

「まあ、うん」

遊矢「だったら今までの行いを反省してエクシーズ次元の復興の手伝いをする。そしてそれでも戦いたければ」

遊矢「カードではなく己の肉体と肉体をぶつかり合えばいい。デュエルは人を笑顔にするもの楽しむものなんだ」

147: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 16:32:07.94 ID:iUYH7rxq0
ユート「遊矢の言う通りだ。デュエリスト同士が傷つけ合う事もない。そうじゃないか?」

ユーリ「僕は楽しめればそれでいいよ」

遊矢「考えてもみろよ、融合もエクシーズもシンクロもモンスターが力を合わせて召喚するだろ?」

遊矢「だったら俺達にだってできるはずだ。デュエリストは助け合いなんだから」

ユーリ「考えてみなよ、次元統一なんて馬鹿馬鹿しいじゃないか?一つになっちゃえば面白みが無いよね?」

ユート「それぞれの次元にそれぞれの違いがあり文化がある」

黒咲「お前こっち側に居たのか、受けた屈辱は忘れはせん遊矢の顔を立ててやる」

素良「僕達も君達にした事はずっと償っていくつもりだ。握手だよ」

ユート「カードにされた人々は」

遊矢「ほら封印するなら出す技術だってあるんだから」

ユーリ「じゃあエクシーズ次元に行こうか、復興の手伝いにね」

遊矢「中には許さないと思っている人だって居る。それを」

ユーリ「僕は何も悪いとは思ってない。まあ君達の近くに居るとワクワクするからね」

黒咲「黙れ、さっさと来い」

ユート「ありがとう遊矢・・・君のお陰で」

遊矢「いや俺だけじゃないさ!これが本来あるべき姿なんだから」

148: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 19:08:04.60 ID:iUYH7rxq0
数日後

十代「遊戯さんが現れてから何か問題を多く解決できるようになったよな」

遊星「それに遊矢も立派になりましたよね」

遊馬「良かったな遊矢!」

遊矢「当然の事をしたまでだって」

遊戯「・・・」

遊馬「次元統一ってどうするんだって?何言ってんだよ遊戯さん!」

遊星「遊戯さんも戦う時は拳で戦ってください。俺達デュエリストはデュエルで争いをしてはならない」

十代「って事っすよ遊戯さん」

遊矢「遊戯さんは大先輩だけどこっちの方は俺達が教えるから安心してくれよ!」

遊戯「・・・」

149: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 19:40:03.76 ID:iUYH7rxq0
沢渡「遊矢遊矢・・・なあ!俺に足りねえものって何だよ!!」

権現坂「全て」

デニス「何か根本的に・・・ね?」

沢渡「ふざけやがって!どんどん差が広がってく気がするぜ」

権現坂「遊矢は遊矢で努力した事で強くなり次元を超えた友人ができた。お前はどうだ?」

沢渡「俺だってなぁ!」

権現坂「その傲慢な態度が慢心を産み足元をすくわれる!違うか?」

デニス「そうだよね。リーダーリーダーって言うのは構わないけど周りをもっと見た方がいいんじゃないかな?」

沢渡「周りを?」

権現坂「そう周りをだ」

沢渡「周りを・・・」

150: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 19:52:11.20 ID:iUYH7rxq0
遊馬「さあ今日も気張って遊戯さんと」

沢渡「ストップ!行くんじゃねえ!!」

遊馬「沢渡?」

沢渡「努力してやるよ。見せろよリーダーってやつを」

遊馬「リーダー?誰が?」

沢渡「お前だよ。違うのか?」

遊馬「俺ってリーダーなのか?」

アストラル「そう言えば考えた事も無かった」

沢渡「何も無い空間で喋ってやがる・・・アストラルだな」

遊馬「多分だけど俺はリーダーじゃない気がするぜ」

沢渡「じゃあ誰だ?カイトか?凌牙か?」

遊馬「うーん・・・」

沢渡「どっちだよ」

遊馬「どっちなんだ?」

アストラル「と言われてもな」

151: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 20:06:30.00 ID:iUYH7rxq0
カイト「リーダーだと?」

シャーク「まだ言ってんのか」

沢渡「どっちがこの次元のリーダーだ」

カイト「俺は生来の一匹狼気質でなリーダーは凌牙だろ」

シャーク「歳上のカイトがリーダーじゃねえのか?」

遊馬「もう小鳥でいいんじゃね?」

小鳥「私!?」

沢渡「よし!じゃあ俺様が見極めてやるぜ!」

カイト「貴様のようなバカに見極めてもらう筋合いは無い」

シャーク「誰だっていいじゃねえか」

沢渡「ダメなんだよ!ほら何かやれよ!」

シャーク「どうすんだ」

カイト「俺は根本的にこいつが嫌いだ。力もないくせに口だけの男はな」

シャーク「お前は人の好き嫌いが激しすぎるんだよ。てめえが原因で新しい火種ができても絶対に助けねえぞ」

カイト「好きにしろ」

152: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 20:21:14.08 ID:iUYH7rxq0
シャーク「遊矢見てろって言ったのにお前だけは」

沢渡「ほらカイト!」

カイト「・・・」

バキッ

沢渡「いってえな!何すんだよ!」

カイト「男は殴られて強くなる。来い沢渡」

沢渡「上等だよ・・・俺はお前みたいな傲慢な野郎が大っ嫌いなんだよ!」

遊馬「カイト!」

カイト「安心しろ。殺しはしない」

沢渡「てめえカイト!!」

小鳥「何かシャークに似てるよね」

アストラル「言われてみれば」

シャーク「冗談言うなよ。俺とあいつの何処が」

カイト「腕の振りが甘い。お前と遊矢の差はそこにある」

沢渡「な、何だと?」

カイト「見せてやる。俺達デュエリストの拳の意味を!」

153: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 20:51:00.37 ID:iUYH7rxq0
カイト「どうだ」

沢渡「鉄でぶん殴られたって気がするぜ・・・」

カイト「俺達の拳は怒りや憎しみなどでぶつけるんじゃない。魂で相手を殴るんだ」

沢渡「た、魂?」

カイト「お互いの魂と魂のぶつかり合いだ」

沢渡「ふーん・・・そういう事か」

カイト「理解できたか、モンスター同士の戦いだけでは真のデュエリストとは言わん。呼んで字の如く己の肉体を屈指して戦うのもまた決闘者だ」

沢渡「それもそうだよな。あいつがてめえに懐く理由も何となく理解できたぜ」

カイト「ただのバカかと思えば見込みがあるな。お前はもっと強くなる」

沢渡「それぐらいわかってるっつうの!」

カイト「俺と凌牙が遊馬との出会いで他者を想いやる心を仲間を見つけたようにお前も変わるかもな」

沢渡「魂と魂か・・・そういやお互い全力でデュエルした時は何か楽しかったな」

小鳥「次はシャークよ!」

シャーク「俺か?ったく仕方ねえな」

155: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 21:16:04.54 ID:iUYH7rxq0
シャーク「俺らは遊星の次元でDホイールを学んだ」

沢渡「それぐらい知って・・・誰だ?あの女」

シャーク「知らねえのか?妹だ」

沢渡「そういや妹が居るって言ってたな」

シャーク「何回か会わせたろ」

沢渡「待てよ、遊矢にあって俺にねえ・・・女だ」

シャーク「何考えてんだ。女なんて関係ねえだろ」

沢渡「おいおい俺を誰だと思ってるんだ?沢渡シンゴだぜ」

シャーク「てめえはバカか」

沢渡「まあ見てろって、魂だろ魂」

シャーク「誰かいんのか?」

沢渡「俺はご覧の通り金もあればツラもいい!寄ってくる女は大勢居るぜ!」

シャーク「はあ・・・じゃあその凄さを見せてくれよ沢渡」

沢渡「任せとけ、俺は不可能を可能にする男だぜ」

156: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 21:29:05.36 ID:iUYH7rxq0
セレナ「どういう意味だ?」

沢渡「俺と付き合えよ。身近な奴で手を打ってやるぜ」

セレナ「?」

シャーク「簡単に言えば遊矢と柚子みたいなもんだ」

セレナ「お前と私が?なら断る。遊矢と柚子のような特別な関係をお前と何かとはなりたくない」

沢渡「何だそりゃ!?せっかく俺が」

シャーク「じゃあ相棒でいいんじゃねえか?ランサーズの仲間なんだろ?」

セレナ「相棒・・・お前とコンビを組めばあいつと合わせて3人組になるな。遊馬達や遊星達のようになれば喜ぶはずだ」

シャーク「あいつ?」

セレナ「な、何でも無い!相棒なら構わんぞ」

沢渡「どうだ凌牙!柚子とセレナじゃ差があるぜ、遊矢より一歩上だ」

シャーク「柚子とセレナの差?    か?」

沢渡「おう!俺の魂と魂が通じたんだろうぜ、これで一歩前進ってか?」

シャーク「こいつはこいつなりに努力ってのをしてんだろうな、いいんじゃねえか?それで」

160: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 22:46:08.91 ID:iUYH7rxq0
沢渡「こいつ3人組とか言ってたよな・・・そうか!」

シャーク「何か気がついたのか」

沢渡「遊馬とカイトと凌牙、遊星とジャックとクロウ、武藤遊戯とよくわからない2人!」

シャーク「それがどうした」

沢渡「どの次元にもトリオが居んだろ?お前を含めて」

シャーク「言われてみりゃそうだな」

沢渡「って事は俺と凌牙と誰かでトリオを組めば最強なんじゃねえか?」

シャーク「何で俺が含まれてんだよ。別にトリオじゃなくてもいいだろ。俺らは単独で動くし十代だって1人だろ」

沢渡「十代は1人で3人分の動きをするからいいんだろ」

セレナ「十代だって好きで1人で居るわけじゃない!何も知らんくせに勝手に決めつけるな!」

シャーク「何で怒ってんだ」

沢渡「し、知るかよ。とりあえず次元を超えたオールスターチーム!名付けてハイパー沢渡軍団ってのはどうだ?」

シャーク「狂ってんのかてめえ」

沢渡「お前は俺の先輩なんだろ?俺のワガママぐらい聞けよ」

シャーク「勝手にしやがれ」

161: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 23:01:12.85 ID:iUYH7rxq0
シャーク「ハイパー沢渡軍団だか何だか知らねえがランサーズじゃなくなるんだぜ」

沢渡「あいつらノリ悪いんだよ。俺が盛り上げても静かだしよ」

シャーク「黒咲が居るだろ」

沢渡「あいつ?あいつはダメだ。ランサーズで行動してる時なんて笑いもしねえよ。権現坂ぐらいだぜ理解者は」

シャーク「黒咲が笑わねえ?何言ってんだこいつ」

セレナ「事実だ。何をやっても無反応だぞ」

シャーク「あの野郎が・・・意外だぜ」

沢渡「とりあえずノリがいい奴って言えば万丈目ぐらいだな」

セレナ「あいつ?あいつは一緒に居ても何も役に立たん!」

シャーク「何でそう言い切れんだよ」

セレナ「仲間なら十代と一緒に居てやるべきだ。それなのにあいつらと来たら」

シャーク「社会人なんだから仕方ねえだろ」

セレナ「なら凌牙は遊馬がピンチの時に駆けつけるだろ」

シャーク「ああ」

セレナ「ジャックやクロウもそうだ。遊星がピンチの時は絶対に来る!十代だけ一人ぼっちなのはおかしいだろ!」

シャーク「世間知らずのバカが2人も居たんじゃ赤馬も腹が痛えだろうな・・・何基準で選んじまったんだ」

162: ◆OYngVbWKK2 2015/06/04(木) 23:13:16.26 ID:iUYH7rxq0
シャーク「大人には大人の世界があんだよ、万丈目だって忙しいから来れねえんだろ」

セレナ「仕事と十代どっちが大事なんだ!それに十代の仲間で純粋な融合使いは亮だけだろ!」

シャーク「カイトだって純粋なエクシーズ使いじゃねえだろ!ガタガタ喚きやがって!」

セレナ「ならお前は大人になったら遊馬とは一緒に居ないのか?」

シャーク「わからねえよ。未来の話なんて」

沢渡「万丈目だって若い頃は十代と並んで戦ってたんだろ」

シャーク「そういう事だ。若い頃は力を合わせて戦ってたんだろうぜ」

セレナ「いや十代はいつだって1人で戦って来た。そんな気がする」

沢渡「何とかしろよ」

シャーク「できねえよ、何で怒ってんだこいつ」

セレナ「時々、寂しそうにしてる十代の姿を知らんから呑気な事が言えるんだ」

沢渡「こいつ十代マニアなんじゃねえか?」

シャーク「こいつが?なわけねえだろ」

セレナ「くっ・・・」

163: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 00:11:38.01 ID:AMWxjJ0v0
シャーク「遊星!」

遊星「何!?」

シャーク「まだ何も言ってねえだろ」

クロウ「凌牙に沢渡、セレナ・・・うるせえ奴らばっかじゃねえか」

沢渡「ジャック!ハイパー沢渡軍団に入らねえか?」

ジャック「どういうセンスだ!」

遊星「いいだろう」

ジャック「遊星!?」

遊星「面白そうじゃないか」

クロウ「凌牙、沢渡、ジャック、セレナ・・・やっべえな」

ジャック「どういう意味だ!」

遊星「リーダーは沢渡なんだな」

沢渡「当然!」

遊星「沢渡は面白い男だ。きっと何かしてくれるだろ」

ジャック「馬鹿げている」

164: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 00:33:42.64 ID:AMWxjJ0v0
ジャック「俺を呼び出してどういうつもりだ」

シャーク「知らねえよ。何かしたいんだろ」

沢渡「後は万丈目ぐらいだな」

セレナ「呼んだのか!?」

万丈目「ここだ!」

沢渡「これでハイパー沢渡軍団勢ぞろいだぜ!」

万丈目「ハイパー沢渡軍団だと!?バカなのか貴様は!」

ジャック「先ずチーム名が酷すぎる!」

シャーク「ほら見ろ文句言われてるじゃねえか!」

セレナ「何をすればいいんだ?」

沢渡「メンバー揃ったし遊矢に自慢してやる」

ジャック「自慢だと?」

万丈目「好きにしろ。これだから沢渡は」

沢渡「黙って俺について来い!」

165: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 00:47:46.28 ID:AMWxjJ0v0
沢渡「これがハイパー沢渡軍団だ」

遊矢「いや言ってる意味がわからない」

柚子「また迷惑かけて!」

シャーク「今日だけだ。今日だけリーダーの気分を味合わせてやろうと思ってな」

柚子「ダメよ沢渡は甘やかすと図に乗るんだから」

沢渡「感想は」

遊矢「は?凄いんじゃないか凌牙さんにジャックさんが居るんだから」

沢渡「よし!」

ジャック「じゃあ解散だな」

万丈目「また機会があったら呼べ」

沢渡「もう帰っちまうのかよ!」

ジャック「これでいいだろ。お前が真のリーダーになったら付き合ってやってもいい」

万丈目「またな」

沢渡「マジで言ってんのかよ!せっかく出来た軍団を!!」

166: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 00:57:49.83 ID:AMWxjJ0v0
遊矢「じゃあ俺達も、行こうか零羅」

柚子「あんまり他の人に迷惑かけちゃダメよ」

沢渡「・・・」

シャーク「これが今の現状だ。落ち込む事は」

沢渡「落ち込むだと?この俺が?」

シャーク「ああ」

沢渡「道のりは険しいんだろうが!ならすぐになれるもんじゃねえんだろ?」

シャーク「それがわかってりゃ俺は別にいいぜ。何かあったらいつでも相談に乗ってやるよ」

沢渡「ヘッ」

シャーク「何笑ってんだ」

沢渡「別に、何でもねえよ。帰ろうぜセレナ」

セレナ「何でお前と帰らねばならないんだ」

沢渡「・・・」

シャーク「まあ頑張れよ沢渡」

167: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 01:07:20.14 ID:AMWxjJ0v0
Ⅳ「俺らはいつでもスタンダードにいりゃいいんだ」

Ⅴ「私の調査が済むまでだ」

Ⅳ「その調査ってのは?」

Ⅴ「・・・」

Ⅲ「しかし快適な次元ですね」

Ⅳ「ああ・・・じゃあ行ってくる」

Ⅴ「まだ彼の代わりをやっているのか」

Ⅳ「声が似てるってのも面倒だぜ。社長の真似するってのはよ」

168: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 13:01:34.84 ID:AMWxjJ0v0
Ⅳ「よっ」

遊矢「あ、トーマスさん」

Ⅳ「零羅は何やってんだ」

柚子「あそこでフトシくん達とプロレスごっこよ」

フトシ「これが脇固めだ」

零羅「こ、こう」

Ⅳ「あいつ喋れるのか」

遊矢「フトシが?まさか」

フトシ「痺れるゥ~!痺れるゥ~!痺れるゥ~!」

柚子「ほら」

Ⅳ「何か喋ってた気がするんだけどな。社長は帰って来ねえのかよ」

遊矢「忙しいから、だって社長だし」

Ⅳ「あいつもいつか兄貴を超えるかもしれねえんだよな。いや越えなきゃならねえんだ」

柚子「どうして?」

Ⅳ「弟だからだ」

169: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 13:12:48.74 ID:AMWxjJ0v0
Ⅳ「お前は一人っ子だよな」

遊矢「うん」

Ⅳ「男は誰でも親父を越えなきゃならねえんだ。そして次男坊は兄貴と親父を越えなきゃいけねえ」

柚子「どうして?」

Ⅳ「それが男として生まれた宿命ってやつだぜ」

柚子「へえ」

Ⅳ「兄貴は弟の手本になるように生きてきた。だから俺も弟の手本になるように生きてきた来た」

遊矢「具体的には?」

Ⅳ「ファンへのファンサービスは欠かさずやってきた」

遊矢「さすがプロ!」

Ⅳ「だから零羅もその日が来るかもしれねえな・・・そして俺も」

170: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 13:23:01.89 ID:AMWxjJ0v0
Ⅴ「荷造りはこれで完了だ。調査は終わろう」

Ⅲ「あ、Ⅳ兄様」

Ⅳ「何やってんだ2人揃って」

Ⅴ「帰り支度を」

Ⅳ「終わったのかよ調査!?」

Ⅲ「Ⅳ兄様もそろそろ帰った方がいいですよ。自分の次元に」

Ⅳ「でも社長の代わりって約束したから」

遊矢「自分のやるべき事があるならやった方がいいと思う。零羅の事もランサーズの事も俺に任せてくれよ!」

柚子「それにトーマスさんは・・・ね?」

Ⅳ「・・・そうだったな。報告するぜ、勝っても負けても」

零羅「・・・」

Ⅳ「俺らは互いに次男坊だ。頑張ろうな零羅」

零羅「う、うん」

Ⅳ「今度会う時は俺がお前にファンサービスを教え込んでやるよ」

171: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 18:04:36.46 ID:AMWxjJ0v0
遊馬「あれなんだ遊戯さん?」

遊戯「・・・」

アストラル「鉄板アイスホッケー?珍しい趣向のゲームだ」

遊戯「・・・」

遊馬「鉄板アイスホッケーの第一人者の猪頭吾郎か」

遊戯「・・・」

遊馬「興味あるかって?あるぜ!」

アストラル「ルールは」

遊戯「・・・」

遊馬「円状の氷の真ん中に火薬入りの試験管を差し込み高温の鉄板でホッケーをする。シンプルなルールだぜ」

遊戯「・・・」

遊馬「プロなのか!?やべえな」

アストラル「見た事も聞いた事もないゲーム・・・私もワクワクして来たぞ」

172: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 18:17:08.98 ID:AMWxjJ0v0
遊馬「よろしく頼むぜプロ!」

猪頭「・・・」

遊馬「この世界を舐めるなって?別に舐めてないぜ!」

アストラル「どうやら負けた方は吹き飛ぶゲームのようだ」

遊馬「身体は頑丈な方だから大丈夫だぜ」

城之内「・・・」

遊戯「・・・」

遊馬「どうした?」

遊戯「・・・」

遊馬「城之内さんを俺の次元に?そうか」

城之内「・・・」

遊馬「カイトは人付き合いが不器用なんだ。根はいい奴なのに」

173: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 20:43:38.41 ID:AMWxjJ0v0
遊馬「行くぞ鉄板アイスホッケーのプロ!!」

カンッ

アストラル「如何に溶かさず相手に・・・このゲーム!」

遊馬「どうしたアストラル!?」

アストラル「火薬が爆発すれば火傷は間逃れないぞ!」

猪頭「・・・」

カンッ

遊馬「俺は大丈夫だ。それにプロの肉体を見ろよ」

アストラル「無数の傷に火傷の痕」

遊馬「それを見れば一目瞭然だぜ!」

カンッ

猪頭「・・・」

カンッ

遊馬「かっとビングだ!俺!!」

カンッ

174: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 21:29:07.67 ID:AMWxjJ0v0
カイト「随分と疲れているな」

遊戯「・・・」

カイト「人数が増えた?誰だそいつら」

本田「・・・」

御伽「・・・」

静香「・・・」

本田「・・・」

カイト「本田ヒロト・・・ヒロトはカタカナか、面白い」

遊戯「・・・」

カイト「お前達デュエリストではないな」

静香「・・・」

カイト「そうだ。お前は城之内の妹なのか・・・?」

城之内「・・・」

カイト「まるで似てない。凌牙と璃緒の方がまだ似ている」

本田「・・・」

城之内「・・・」

カイト「喧嘩するな。人数が増えようが増えまいが問題はない」

175: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 21:44:03.47 ID:AMWxjJ0v0
カイト「エクシーズとはxyzつまり全く関係の無いモンスターだったとしてもエクシーズができる。例外もあるがな」

城之内「・・・」

カイト「無茶を言うな、こいつらは素人だろ。エクシーズとは何なのかを教えねばならん」

城之内「・・・」

カイト「勝手に弄るな」

城之内「・・・」

カイト「手先は器用だから安心しろだと?なら好きにしろ」

本田「・・・」

カイト「こういう一本気な奴の方が教えがいがある。俺には無い何かを持っている気がしてな」

御伽「・・・」

カイト「海馬?あの手の奴は好かん」

静香「・・・」

カイト「別に城之内とは友というわけではない。それとカイト君はやめろ」

本田「・・・」

カイト「貴様らと同い年だ。小柄に見えるのは気のせいだろ」


177: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 22:26:53.30 ID:AMWxjJ0v0
シャーク「カイトもよくやるぜ、どう思う黒咲」

黒咲「・・・」

シャーク「聞いてんのか?」

黒咲「あれは何だ」

シャーク「何が」

黒咲「あれだ!」

シャーク「な、何だありゃ・・・」

「ナッシュよ。聞こえるかナッシュよ」

シャーク「ドン・サウザンドか、どうかしたのか?」

「あの一団はe・ラーだ。あの女が再び眠りから覚めた」

シャーク「見りゃわかる。だがあの数は何だ!!」

「増えたのだ。人々の絶望を吸収し」

シャーク「増えただと!?どうしてまた!しかも全裸で」

「お前達は男だ。誰でも全裸の女には弱いはずだ」

シャーク「ふざけやがって!」

178: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 22:35:40.94 ID:AMWxjJ0v0
騒象寺「・・・」

遊馬「・・・」

アストラル「無言だ。どういうゲームなのか知らないが無言すぎる」

イシズ「・・・」

遊戯「・・・」

アストラル「彼女は」

遊戯「・・・」

アストラル「遊星の次元が!?海馬瀬人も巻き込まれて!」

騒象寺「・・・」

ドクンドクンドクン

遊馬「心臓の音までは止める事ができなかったようだな!」

アストラル「遊馬!急いで我々の次元へ戻るぞ!」

遊馬「どうしたんだ・・・」

アストラル「e・ラーが復活した!」

遊馬「何だって!?」

179: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 22:51:26.14 ID:AMWxjJ0v0
カイト「油断していたようだ。いきなり襲撃されるとは・・・城之内は何処へ行った」

本田「・・・」

カイト「あいつなら心配いらんか・・・」

e・ラー「見つけたぞ天城カイト」

カイト「どうやら目的は俺・・・いや遊馬も凌牙も含まれているようだな」

本田「・・・」

御伽「・・・」

カイト「女の全裸程度に見惚れるな。貴様らは城之内の妹を連れて逃げろ」

本田「・・・」

静香「・・・」

カイト「俺も兄だ。お前の兄も妹を全力で守るために戦うだろう。兄とはそういうものだ」

e・ラー「デュエル!」

e・ラー「デュエル!」

e・ラー「デュエル!」

カイト「力が分散しているという訳ではないようだな。来い」

180: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 23:05:52.69 ID:AMWxjJ0v0
シャーク「遊星達を倒しただと?ふざけんじゃねえ!!」

e・ラー「本当の話だ」

e・ラー「遊星は負けた」

シャーク「調子に乗りやがって!」

ドルべ「ナッシュ!」

ミザエル「まさかこれは」

ベクター「やっべえな、せっかく元に戻ったって言うのによォ」

シャーク「全裸なら勝てると思ってんのか!」

アリト「俺は負ける気がする」

ギラグ「お、俺も」

シャーク「なら遊星の弔い合戦だ!遊星らから学んだDホイールを見せてやるぜ!」ピッ

璃緒「Dホイール合体ね!」ピッ

e・ラー「Dホイール合体だと」

e・ラー「何だそれは」

シャーク「簡単に言えばスーパーロボットだ!遊星の科学力を舐めんなよ!!」

181: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 23:23:41.63 ID:AMWxjJ0v0
Ⅳ「兄貴!Ⅲ!」

e・ラー「絶望に飲み込まれて消え失せるがいい」

鬼柳「ヒャーハッハッハ!!!やっと見つけたぜ!」

Ⅳ「き、鬼柳か」

鬼柳「人の次元をムチャクチャにしやがって!」

Ⅳ「その剣はプラシドのか」

鬼柳「最後まで戦ったよあいつは・・・絶望の神だか何だか知らねえがあいつは絶望しなかったぜ!」

Ⅳ「Ⅲと兄貴も飲み込まれちまった・・・あの全裸ババアにな!」

鬼柳「遊馬がドン・サウザンドを説得して遊矢がエクシーズと融合の戦争を止めたんだ」

Ⅳ「ここでやらなきゃ意味はねえ!絶対に俺の家族を取り戻してやる!」

e・ラー「・・・」

鬼柳「来いよ絶望ババア」

Ⅳ「俺らは絶対に絶望なんてしねえ!」

182: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 23:32:09.75 ID:AMWxjJ0v0
黒咲「全裸になった程度で強くなったつもりか」

e・ラー「ケエエエ!」ビュルルル

素良「危ない!」

ユート「避けろ隼!その母 は酸だ!」

黒咲「ユート・・・それにお前まで」

素良「デュエリストは助け合いでしょ?」

黒咲「フッ」

カイザー「遊星も敗れ俺達の次元もe・ラーの大群に包まれた。残っているのは俺ぐらいだ」

黒咲「十代は」

カイザー「十代は行方不明だ」

黒咲「遊矢と瑠璃に出かける報告はしたか?」

素良「急いで飛び出して来たけど」

黒咲「ちゃんと保護者に言わねばならんだろ!」

ユート「そこまで怒鳴る事も無いだろ」

黒咲「スタンダードは平気だと思うがこいつを追ってあの2人はやって来るぞ・・・」

183: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 23:51:49.20 ID:AMWxjJ0v0
遊矢「酷いな・・・」

柚子「あ、あれ」

沢渡「えーっと」

セレナ「城之内だ」

城之内「・・・」

遊矢「城之内さ・・・デュエルエナジーが空っぽだ・・・」

城之内「・・・」

遊矢「真紅眼の黒竜・・・これを俺に!?」

城之内「希望を捨てるな・・・相手が絶望なら希望をでっかく持てば負ける事はねえ・・・」

遊矢「城之内さん・・・」

城之内「こいつを見ろよ・・・真紅眼の鋼炎竜だってよ・・・俺のエクシーズが完成した・・・ぜ」

柚子「城之内さん!」

セレナ「立ったまま息を引き取るとは・・・さすがは十代の言う伝説のデュエリストだ」

沢渡「こいつとはまともに会話した事もねえ・・・ねえけど城之内は男の中の男だぜ」

遊矢「希望を捨てちゃいけない。何が起こっても俺達はいつだって希望を胸に戦って来たんだ」

184: ◆OYngVbWKK2 2015/06/05(金) 23:58:07.05 ID:AMWxjJ0v0
ペガサス「ペガサス流星拳なのデース!」

シュパパパパパパパパパ

遊戯「・・・」

遊馬「先に行けって?でも!」

イシズ「・・・」

遊馬「これは青眼の白龍?何で俺に!?」

ペガサス「ペガサスローリングクラッシュなのデース!!」

遊戯「・・・」

遊馬「でもこのままじゃ!」

遊戯「・・・」

遊馬「俺と遊矢が最後の希望?」

アストラル「ここは任せよう!遊馬!」

ペガサス「ペガサス彗星拳なのデース!!!」

ゴォォォォォォォン

遊戯「・・・」

遊馬「わかってるぜ!またいつか会おうな遊戯さん!」

ペガサス「遊馬ボーイ!未来をその手で掴むのデース!」

遊馬「は?」

185: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 00:05:27.26 ID:Vl5NFvkI0
遊馬「少し目を離した隙に・・・」

アストラル「遊馬!」

e・ラー「九十九遊馬!」

遊馬「出たなe・ラー!」

e・ラー「九十九遊馬!」

e・ラー「九十九遊馬!」

e・ラー「九十九遊馬!」

アストラル「遊戯の次元に現れた全裸のe・ラーと同じ・・・だがこの数は!?」

e・ラー「お前さえ倒せば希望が潰える」

e・ラー「だがお前の心をへし折る事は容易ではない」

e・ラー「ならばどうするか」

e・ラー「無数の我でお前を包み無理矢理にでも絶望させる!」

アストラル「遊馬!」

遊馬「ゼアルだな!」

e・ラー「その前に取り囲み押し潰してくれる!」

186: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 00:12:34.26 ID:Vl5NFvkI0
カイト「遊馬の気配を感じたが」

シャーク「カイト!」

Ⅳ「無事だったんだな!」

黒咲「他の連中は!?」

カイト「知らん。だが遊馬が」

遊矢「みんなー!」

鬼柳「来たぜ遊矢も」

カイザー「見ろ。あの闇を」

シャーク「あそこに遊馬が居る・・・行くぞ!」

ユート「待つんだ凌牙!」

沢渡「俺も行くぜ!城之内のあの死に様を見せられたんじゃな!」

カイト「城之内・・・黒咲」

黒咲「どうした」

カイト「変な髪型の2人組と女が1人居る。探してくれ」

黒咲「ああ」

187: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 00:24:22.21 ID:Vl5NFvkI0
遊馬「クッソ・・・何だよ!こいつ!」

アストラル「マズいぞ遊馬!このままでは」

遊矢「遊馬!」

シャーク「待ってろよ遊馬!今そこから引きずり出してやるからな!」

遊馬「俺と遊矢が最後の希望・・・アストラル頼みがある。俺の魂を引っ張り出してくれ」

アストラル「そんな事をすれば君は」

遊馬「大丈夫だ。必ず俺は帰ってくる・・・このままじゃ飲み込まれちまう」

アストラル「・・・わかった。口を大きく開けてくれ」

遊馬「あーん」

ズボボボ

カイト「アストラル!何をしている!?」

アストラル「遊矢・・・遊馬の魂を受け取れ!!」

遊矢「えっ」

遊馬「遊矢口を開けてくれ・・・」

遊矢「何をするんだ遊馬!」

遊馬「デュエルでかっとビングを・・・」

188: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 00:33:14.74 ID:Vl5NFvkI0
シャーク「何を飲ませたんだ」

アストラル「遊馬の魂だ」

「デュエルでかっとビングを・・・」

アストラル「このカードを預かってくれ」

カイト「こいつは」

柚子「平気なの?」

遊矢「いや平気ってわけじゃない」

ユート「e・ラーの大群が去って行く」

黒咲「連れて来たぞ」

カイト「お前達を元の次元へ届ける。最終決戦はこのハートランドになるだろう」

静香「・・・」

カイト「城之内なら心配いらん必ず俺が連れて帰る」

本田「・・・」

カイト「約束する。あいつは必ず」

189: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 00:42:04.24 ID:Vl5NFvkI0
数日後

「デュエルでかっとビングを・・・」

遊矢「何処かに行って来いって?」

カイト「そうだ。それとこれを渡しておく」

遊矢「青眼の白龍?」

カイト「最終決戦の日は近い。だから柚子や子供達を連れて気晴らしに何処かへ行って来い」

遊矢「でも」

カイト「e・ラーはデュエルエナジーを消費すると眠る。おそらくひと月近くはな」

遊矢「・・・」

カイト「お前の中には遊馬が居る。お前達は俺達の最後の希望だ」

「デュエルでかっとビングを・・・」

192: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 13:28:07.38 ID:Vl5NFvkI0
「デュエルでかっとビングを・・・」

遊矢「どうだ零羅」

アユ「キャンプとか始めて?」

零羅「・・・」

タツヤ「こうやって餌をつけてやるんだ。ほら」

フトシ「痺れるゥ~!」

素良「突然キャンプだなんて大丈夫なの?」

遊矢「気晴らしに何処かへ行けって」

柚子「・・・」

素良「そう・・・」

「デュエルでかっとビングを・・・」

193: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 13:31:43.09 ID:Vl5NFvkI0
「デュエルでかっとビングを・・・」

遊矢「へえ結構上手いな!」

零羅「そ、そうかな」

柚子「うん!」

素良「・・・」

フトシ「どうした」

素良「ううん別に」

アユ「あれ?もしかして喋ったの!?」

フトシ「痺れるゥ~!痺れるゥ~!痺れるゥ~!」

タツヤ「気のせいさ」

アユ「それもそうね」

「デュエルでかっとビングを・・・」

194: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 13:34:26.91 ID:Vl5NFvkI0
「デュエルでかっとビングを・・・」

遊矢「自然を満喫するのも楽しいだろ?」

零羅「・・・」

遊矢「楽しくないか?」

零羅「た、楽しい」

柚子「やった!」

遊矢「楽しいか?それは良かった」

零羅「これは」

遊矢「ん?これは」

「デュエルでかっとビングを・・・」

196: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 18:33:47.24 ID:Vl5NFvkI0
「デュエルでかっとビングを・・・」

カイト「いいか遊矢、遊馬」

カイザー「俺たち残りのデュエリストの力を結集させ」

ユート「星座を動かす」

遊矢「星座?何で星座を」

シャーク「十二の星座は昔からデュエリストの力を高める効果がある」

遊矢「へえ」

黒咲「そしてお前達は射手座の加護を受けているとか・・・そうだな」

鬼柳「さあな、アストラルに聞けばいいんじゃねえか?俺は見えねえけど」

アストラル「そうだ。遊馬の咄嗟の機転が奇跡を産んだ。遊馬と遊矢の名を考えてみるんだ」

鬼柳「馬と矢・・・確かに射手座っぽいけど」

アストラル「今の2人は合体している。e・ラーの本体を射抜けば」

遊矢「でも本体なんて」

カイト「ドラゴンが導いてくれるはずだ」

197: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 21:30:30.95 ID:Vl5NFvkI0
遊矢「どうしてドラゴンが?」

カイト「ドラゴンには不思議な力を秘めている。ヌメロン・ドラゴン然りシグナーの竜然りお前やユートの竜もだ。受け取れ」

遊矢「こ、これは」

カイト「これで手元にアイズと名のつくカードが5枚揃った」

アストラル「5体のアイズと名のつくドラゴンにより遊矢の目は真実を射抜く!」

遊矢「俺・・・」

シャーク「さあてと遊矢を囲もうぜ」

素良「大丈夫なんだよね」

カイト「安心しろ。こいつをそう簡単には死なせたりはしない」

黒咲「もうエクシーズも融合もシンクロも関係無い。違うか?」

カイザー「ああ」

遊矢「・・・聞こえるか遊馬」

遊馬「聞こえてるぜ」

遊矢「俺達が最後の希望って、こういう意味だったんだな」

遊馬「全力でやって行こうぜ遊矢!前へ前へ進むんだ!」

198: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 21:39:13.21 ID:Vl5NFvkI0
遊矢「力が漲ってくる!これは!!」

アストラル「遊馬、遊矢!」

遊矢「それにこの黄金の弓矢は」

カイト「射て!」

遊矢「でもここから射っても」

カイト「真実はたった一つだ。お前達が射てば必ずe・ラーの本体を貫き邪悪な心を浄化できる!」

シャーク「闇に飲まれた仲間も助け出せる!やれ!!」

Ⅳ「ぶっ放せ!」

遊矢「この戦いが終われば全てに決着が」

遊馬「そうだ。もう争いなんて無くなるんだ。変な事は起こると思うけどな」

遊矢「それを解いていくのもまたデュエリスト」

遊馬「デュエリストが何かに挑む時、それは全てデュエルなんだ!」

アストラル「ああ!」

パシュッ

199: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 21:53:09.81 ID:Vl5NFvkI0
数日後

遊星「大変な目に会いましたよ。十代さんは何を」

十代「俺か?DT次元のモンスターを封印しててな。3回ほど死にかけた」

遊星「やりましたね遊馬と遊矢」

十代「やって来れたよ」

遊星「これからどうします」

十代「いつも通りって奴じゃないか?」

遊星「そうですね」

ジャック「そう言えばe・ラーとかいう絶望の神はどうしたんだ」

十代「あ、それなら」

クロウ「遊星!街で 毛ラーメンが出回ってるぞ!」

遊星「何!?」

十代「頑張れよ遊星!」

遊星「ええ」

200: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 23:20:44.95 ID:Vl5NFvkI0
鬼柳「絶望!●●●狩りをする巨女・・・ヒャーハッハッハ!!!見舞いの品だとよ!」

プラシド「俺は機械だ。 何ぞ見るわけがない」

Ⅳ「元気そうじゃねえか」

プラシド「フッ・・・人は希望がある限り絶望などせんと言う事だ」

Ⅳ「っつうか何で入院してるんだ?機械のくせに」

プラシド「たまには人間の気持ちを理解するのも悪くはない」

鬼柳「でもe・ラーだったか? デビューするなんて」

Ⅳ「元々 に出てたぜ」

鬼柳「そろそろ行くか」

Ⅳ「何処か行くのか」

鬼柳「遊星達が動き出した。じゃあな」

201: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 23:31:08.18 ID:Vl5NFvkI0
カイザー「ここが俺の母校のデュエルアカデミアだ」

黒咲「ここか」

ユート「俺は以前、十代に連れて来てもらったが」

シャーク「何処も彼処も女子の制服ってのは何であんな感じなんだ」

カイザー「言われてみれば」

黒咲「ああ」

カイザー「それで何をするんだ」

黒咲「特に用は無いが」

シャーク「どういう学園なのかを見たくてな。最近何も無くて暇なんだよ」

カイザー「見ての通り普通の学校だ」

202: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 23:46:43.12 ID:Vl5NFvkI0
カイト「あれを見ろ子供達をアユ達も素良も零羅もお前達の背を見て成長して行くんだ」

遊矢「俺達?」

カイト「そうだ。遊矢と柚子を手本に強さとは何かデュエリストとは何なのかを理解して行く」

柚子「うん」

遊矢「でも俺なんてまだまだ」

カイト「いやお前はもう立派な1人の男だ。遊馬達と並んで立って戦っていく1人のデュエリストだ」

遊矢「め、珍しいな俺を褒めるなんて」

カイト「これから自分の次元は自分で守っていけお前を筆頭に他の連中も自然と集まるだろ」

柚子「良かったわね遊矢!」

遊矢「ああ!」

カイト「たまには遊びに来い子供達を連れて、ハルトも喜ぶだろ」

遊矢「わかったよカイトさん」

カイト「・・・またな」

遊矢「じゃあ明日にでも遊びに行くよ!」

柚子「お休みだから!」

カイト「勝手にしろ」

203: ◆OYngVbWKK2 2015/06/06(土) 23:50:22.72 ID:Vl5NFvkI0
遊馬「色々と文句言いたいけど何から言えばいい」

小鳥「・・・」

遊戯「・・・」

遊馬「あ、遊戯さん」

遊戯「君は悩む必要は無い。あの子達は手遅れだ」

遊馬「それぐらいわかってるぜ。小鳥とユートと遊戯さんぐらいしか理解者がいないぜ」

遊戯「・・・」

小鳥「良かったね遊馬」

遊馬「ああ・・・」

遊戯「・・・」

遊馬「もう何が何だかサッパリだぜ、ハハハ・・・」










引用元: 遊戯『・・・』 遊馬『遊戯さんだぞ小鳥!』 小鳥『この人が!?』