1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 13:21:07.40 ID:vPlScxk4O

 真澄「だから、私と付き合いなさいと言っているのよ」

 柚子「……えっと、それは決闘?それとも買い物とか?」

 真澄「何を言っているの、恋人として付き合いなさいと言う事よ//」

 柚子「………」
 
 真澄「もぅ、女の子の口から言わせないでよ…ばか//」

 柚子「私も女だけどぉ?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433132467

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 13:26:26.24 ID:vPlScxk4O

 真澄「……っで、どうなのよ?」

 柚子「えっどうって?」
 
 真澄「私と付き合ってくれるの?くれないの?」

 柚子「あっあぁ、気持ちは嬉しいんだけど私達女同士だしぃ」

 真澄「愛に性別は皆無だ!!」

 柚子「えぇ、でも私には……」

 真澄「榊遊矢ね」

 柚子「///」

 真澄「そう、私と付き合ってくれないならこのノートどうしようかしら?」

 柚子「あっそれはぁ!?」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 13:33:44.84 ID:vPlScxk4O

 真澄「ふふっ、見覚えあるでしょ?」

 柚子「何故あなたが私の日記を!?」

 真澄「うふふ、ちょっとね」

 柚子「返しなさい!!」

 真澄「嫌よぉ、折角手に入れた交渉材料ですもの……」

 柚子「この外道ぉ!!」
 
 真澄「何とでも言いなさい、でっどうするの?私と付き合ってくれる?」

 柚子「誰が付き合うか!!」
 
 真澄「あーらぁそう、だったら今手に持っている本でも声を出して読んでみようかしら?」

 柚子「いや、それだけは止めて真澄!!」

 真澄「ま・す・み?」

 柚子「いぇ真澄様ぁそれだけは勘弁して下さいぃ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 13:39:08.42 ID:vPlScxk4O

 真澄「なら、私と付き合いなさい」

 柚子「………わかった」

 真澄「これからは、真澄ちゃんって呼んでね柚子」ニコ

 柚子「うっ//」

 柚子(あれ?今私ドキッとしてた?真澄の笑顔を見て……)ドキドキ

 真澄「どうしたの柚子?」

 柚子「なっ何でもないわよ真澄」

 真澄「むぅー」

 柚子「えっ、あっ真澄…ちゃん?」

 真澄「宜しい」ニパァ

 柚子(その笑顔は反則よぉ~!!)ドキドキ


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 13:43:43.02 ID:vPlScxk4O

 真澄「じゃぁ、早速デートしましょデート!!」

 柚子「えっ今すぐ?」

 真澄「ふふぅ、おばかさぁんデートっていうのは待ち合わせして来るのをドキドキと待っているのが良いんじゃない、てことで明日の日曜日に待ち合わせしましょ?」

 柚子「良いけど場所は?」

 真澄「じゃぁ、カードショップで」

 柚子「わかったわ」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:18:49.24 ID:2iTKsrfS0

 自宅にて


 柚子「………どうにかして、あの子から日記を取り返さないと…」

 柚子「明日、あの子の隙を見て取り返すしか無いわね」

 
 真澄「うふふ、デートデート♪」

 真澄「何着て行こうかしら……うふふ//」


 そして次の日

 柚子「ふぅ、もうすぐ着くわ」

 真澄「あっ柚子ちゃんこっちこっちぃ!!」

 柚子「うぅ~恥ずかしいから止めなさーい!!」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:23:42.97 ID:2iTKsrfS0

 柚子「まったく、ところでもう来てたのね待たせちゃったかな?」

 真澄「ううん、私も今来たところだから」ニコ

 柚子「……眼の下にクマが」
  
 真澄「あぁ、昨日楽しみで眠れ無かったからてへへ//」

 柚子「そんな事言われると照れるじゃない」ボソッ

 真澄「何か言った?」

 柚子「べっつにぃー、さぁ早く入ろ真澄」

 真澄「」ジー

 柚子「……ちゃん」

 真澄「えぇ、行きましょう!!」



9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 19:32:02.86 ID:2iTKsrfS0

 真澄「シングルでも見る?」
 
 柚子「私は別に……あっ『でゅえるめいと』のスリーブだ」

 真澄「あら、柚子も『でゅえるめいと』を読んでるの?」
 
 柚子「うん、面白いからちょっとね」

 真澄「えぇー、好きなキャラとか居るの?」

 柚子「私はきめるちゃんが好き」

 真澄「私は、んー迷うわね」

 柚子「にしても意外だったわ」

 真澄「そりゃー私だって決闘者だもん」

 柚子「ふふっ、そうね……あっあっちで何かやってるわ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 21:29:49.54 ID:2iTKsrfS0

 真澄「何、赤馬零児と公開決闘ですって」

 柚子「抽選で5名までかぁ、良いな私も戦ってみたいなぁ」

 司会「それでわぁ、当選した5名を紹介しまーす!!スポットライトが当たった5名がLDS社長『赤馬零児』と戦える決闘者だぁ」

 真澄「えぇ、嘘私ぃ!?」

 権現坂「ふむ成る程」

 遊矢「赤馬零児……」

 モブ「ふふふっ、ふははは掛かってきやがれ雑魚がぁ!!」

 司会「そして残る一名はぁ~!?」

 柚子(お願いお願いお願い!!)ドキドキ


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 21:38:40.51 ID:2iTKsrfS0

 司会「この方だぁ!!」 

 遊星「えっ?」

 アキ「やったわすごいじゃない遊星!!」

 遊星「けど今はアキとの買い物の途中だ……」

 アキ「そんなの後で良いから、それに遊星よ格好いい所見たいし……駄目かな?」

 遊星「…おい、決闘しろよ」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 22:04:16.27 ID:2iTKsrfS0

 司会「それでは、先ず赤馬零児選手VSモブ選手だぁ!!」

 モブ・零児『決闘!!』

 モブ「先手必勝俺のターン、俺は手札より『レスキューラビット』を召喚し効果を発動、デッキより『ヴェルズヘリオロープ』2体を特殊召喚」

 司会「おぉーと、いきなり展開開始だぁ!!」

 モブ「そして、2体のモンスターでオーバーレイ!!現れろ『ヴェルズオピオン』更に効果を発動しデッキより『侵略の反発感染』を手札に加える……俺はカードを一枚伏せターンエンド」

 司会「なんとぉ1ターン目にしてエクシーズモンスター此に対して赤馬選手どうでるのかぁ?」

 零児「私のターン……ドロー!!」

 モブ「凄いドローだ、身体にビリビリと来るぜ…」

 零児「ふっ、私は手札より魔法カード『ワンフォーワン』を発動、手札の『DDリリス』をコストにデッキより『DD魔導賢者ケプラー』を特殊召喚」

 零児「そして効果により『地獄門の契約書』を手札に加え『地獄門の契約書』を発動私はデッキよりDDモンスター1体を手札に加える、私が加えるのは『DDナイトハウリング』」

 零児「私はカードを伏せターンエンド」
 

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/01(月) 22:50:52.18 ID:2iTKsrfS0

 モブ「ふはは、流石の赤馬零児とはいえこの状況を打破するのは無理だったみてぇだなぁ、俺のターンドロー」

 モブ「てめぇと俺との格の違いを見せてやるよ手札より『ヴェルズカストル』を召喚!!」

 零児「リバースカード『ブレイクスルー・スキル』を発動、相手モンスター1体の効果を無効にする」

 モブ「無駄だ、リバースカード『侵略の反発感染』俺のフィールドに存在するヴェルズモンスターは魔法・罠効果を受けないぜ」

 モブ「そして、『ヴェルズカストル』の効果により手札より『ヴェルズサラマンドラ』を召喚更にもう一度オーバーレイ現れよ『No39希望皇ホープ』更にカオスエクシーズチェンジ『CNo39希望皇ホープレイ』」

 司会「なんと、なんとぉ連続エクシーズだぁ!!おぉーとルールを説明しておりませんでしたがライフは8000で行っております!!」

 モブ「このまま「SNo希望皇ホープザライトニング」にチェンジバトルだ!!そしてオーバーレイユニット2つ使い攻撃力を5000にする」

 零児「くっ」

 残り3000

 モブ「更にヴェルズオピオンダイレクトアタック!!」

 零児「私は手札より『バトルフェーダー』を特殊召喚しバトルを終了させる」

 モブ「ちっ、仕留め損なったターンエンド」

 零児「私のターンドロォー!!」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 13:03:08.40 ID:FgXZR59wO

 零児「この瞬間、『地獄門の契約書』の効果により1000のダメージを受ける、そしてこの瞬間手札の『DDD反骨王レオニダス』の効果によりこのカードを特殊召喚し受けたダメージを回復する」

 零児「そして手札より魔法カード『ブラックホール』を発動しフィールドのモンスターを全て破壊する」

 零児「そして、私は手札よりモンスターカード『DDナイトハウリング』を召喚し、効果により墓地の『DDリリス』を特殊召喚しエクストラデッキに行った『DD魔導賢者ケプラー』を手札に加える」

 零児「私はレベル4『DDリリス』にレベル3『DDナイトハウリング』をチューニング 疾風を切り裂く咆哮よ新たなる王を生み出さんシンクロ召喚 レベル7『DDD疾風王アレクサンダー』」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 13:27:44.17 ID:FgXZR59wO

 零児「更に『地獄門の契約書』の効果によりデッキから『DDD死偉王ヘル・アーマゲドン』を手札に加え、手札より『魔神王の契約書』を発動」

 零児「このカードは手札又はフィールドのモンスターを使い融合を行うカード、そしてDDモンスターの融合を行う時墓地のカードを除外し素材に出来る、私は墓地の『DDナイトハウリング』と『DDリリス』を素材として『DDD神託王ダルク』を融合召喚」

 零児「そして、スケール4『DDD死偉王ヘル・アーマゲドン』とスケール 10『DD魔導賢者ケプラー』でペンデュラムゾーンをセッティング!!」


 
 

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/02(火) 18:25:25.67 ID:/0fWSYAY0

 零児「 我が魂を揺らす おおいなる力よ、この身に宿り て闇を引き裂く新たな力となれ!ペンデュラム召喚! 出現せよ 私のモンスターたちよ!現れよ『DDD反骨王レオニダス』」

 零児「全員でダイレクトアタックだ!!」

 モブ「ふんべぇぇぇぇー」

 司会「圧倒的に零児選手の勝利だぁ!!」

 真澄「あれが、赤馬零児の実力」

 遊矢「おっ、柚子お前も来てたのか」

 柚子「あっ、遊矢」

 遊矢「さっきの見たか?流石 真澄「あのちょっと」

 遊矢「真澄」お前も来てたのか?

 真澄「幼なじみだが、何だか知りませんけど人の彼女にちょっかい出すの止めてもらえませんか?」
 
 遊矢「えっ?」
 

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 12:05:47.04 ID:jXFxsS3LO

 遊矢「ちょっと待ってくれ、柚子が真澄の彼女って何を言ってるんだ?」

 柚子「私は真澄ちゃんの彼女になったのよ、何を言っているか分からないと思うけど私も分からないの」

 遊矢「おい、真澄説明しろ!!」

 真澄「簡単な事、好あっている2人が恋人になるのは自然な事」

 遊矢「柚子………」

 真澄「だから、もう私の柚子に手を出さないでねバイバーイ」

 真澄達の決闘はおまけで書きます
 

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 12:14:02.95 ID:jXFxsS3LO

 真澄「パックだわ、買ってみましょ?」 
 
 柚子「ええ、ひとつください」

 真澄「何か良いの出た?」

 柚子「うん、『幽鬼うさぎ』」

 真澄「凄いじゃない、私は『ハーピィの羽箒』よ」

 柚子(なんか、真澄と居ると楽しいな…このまま本当に付き合っても良いか……!?)

 柚子(あれ?何で今遊矢の顔が頭に過ぎったのかしら?)

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/03(水) 12:26:11.52 ID:jXFxsS3LO

 柚子(あっ、そうかやっぱり遊矢の事……)

 真澄「やっぱり遊矢の事が好きなんだなんて彼女の横で考えないでよ……」

 柚子「えっ、どうして」

 真澄「柚子ちゃんの事なら分かるよーだぁ」

 柚子「ごめんなさい」

 真澄「別に良いわよ、どうせ私の彼女に変わりは無いもの」

 柚子「ねぇ真澄ちゃん」

 真澄「んっ?」

 柚子「真澄ちゃんは私の何処が好きなの?」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/04(木) 13:46:07.93 ID:2QMXBFgCO

 真澄「どこって、全部好きよ?」

 柚子「そうじゃなくて、具体的に何故私なのか知りたいの」

 真澄「えっ、そんなの恥ずかしいぃ//」

 柚子「お願い教えて」

 真澄「うぅ、敵でありながらも私を助けてくれた時とっても優しい子だなぁと思ってそしたら、何故か毎日柚子の事考えて……榊遊矢を見る度に嫉妬するようになって柚子を私だけの柚子にしたくなったの」

 柚子「ふーん」

 真澄「それで、卑怯だと思ったけどどうしても柚子と一緒になりたくて」

 遊矢(闇)「おい、今の話詳しく聞かせて貰おうか?」

 真澄「ぐっ、榊」

 柚子「遊矢!?」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/05(金) 12:56:47.51 ID:L3FRxHk3O

 遊矢(闇)「可笑しいと思ったぜ、柚子がお前とつきあってるなんてな……」

 真澄「何が言いたいのよ………」

 遊矢(闇)「俺と柚子を賭けて決闘しろ!!」

 柚子「えっ!?」

 遊矢(闇)「どうするんだよ、なぁ真澄」

 真澄「ぐっぅ!!」

 柚子「真澄……ちゃん?」

 真澄「良いだろう賭けてやるぜ柚子を」 

 遊矢(闇)「グッド!!」

 >>28すみません、気付きませんでしたそこは普通にダメージからのペンデュラムということでご了承ぐださい


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 22:14:35.99 ID:+TDpR/UIO

 
 真澄「先行は貰ったわ、私のターン!!」

 真澄(よし、良い手札だわ…悪いけどこのターンで決めさせて貰うわ)

 真澄「私は、魔法カード『ブリリアント・フュージョン』を発動しデッキより『ジェムナイトラズリー』『ジェムナイトラピス』『ジェムナイトアンバー』を墓地へ送り融合召喚!!」

 真澄「現れでちゃえ『ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ』そしてこの瞬間『ジェムナイトラズリー』の効果により墓地の『ジェムナイトラピス』を手札に加える、更に『レスキューラビット』を召喚し効果を発動、デッキより『ジェムナイトサファイア』を2体特殊召喚」
 
 真澄「更に『ジェムナイトフュージョン』を発動し手札の『ジェムナイトラピス』と『ジェムナイト・オブシディア』で融合召喚『ジェムナイトレディ・ラピスラズリ』ここで融合素材となった『ジェムナイトオブシディア』の効果により墓地から『ジェムナイトラピス』を特殊召喚」

 真澄「そして『ジェムナイトレディ・ラピスラズリ』の効果デッキより『ジェムナイトラズリー』を墓地に送りフィールドに特殊召喚されたモンスター1枚につき500ダメージ相手に与える!!」

 遊矢「ちぃやるな」

 ライフ5500

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/09(火) 22:32:49.55 ID:3FKb0o8j0

 真澄「まだよ、私は、『ジェムナイトラズリー』の効果により『ジェムナイトアンバー』を手札に加え更に『ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ』の効果『ジェムナイトレディ・ラピスラズリ』を融合素材にし『ジェムナイトマスター・ダイヤ』を特殊召喚し効果を発動、墓地の『ジェムナイトレディ・ラピスラズリ』をゲームから除外しその効果を得るそして効果により、エクストラデッキの『ジェムナイトレディ・ラピスラズリ』を墓地に送り2500のダメージを与える」

 遊矢「……」

 3000

 真澄「墓地の『ジェムナイトオブシディア』を除外し『ジェムナイトフュージョン』を手札に加え発動、『ジェムナイトラピス』と『ジェムナイトサファイア』 」体で融合、再び現れでちゃえ『ジェムナイトマスター・ダイヤ』効果を発動『ジェムナイトレディ・ラピスラズリ』を除外し『ジェムナイトラズリー』をコストに1500のダメージ!!」
 
 遊矢「ぐぅ!!」

 1500

 真澄「そして『ジェムナイトサファイア』を手札に加えレベル10『ジェムナイトマスター・ダイヤ』『ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ』でオーバーレイ現れよ『グスタフマックス』とどめよ」

 遊矢「ぐっ、手札より『Emダメージジャグラー』の効果を発動、ダメージを与える効果が発動した時手札より捨ててその発動を無効にし破壊する!!」

 真澄「なに!?お前のデッキはEMでは無いのか!?」

 

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/11(木) 12:28:13.52 ID:mVcq9vYrO

 真澄「リバースカードを一枚セットターンエンド……しかし何故奴があんなカードを…」

 ゲニス「それは僕の仕業だよ」

 真澄「誰だ貴様は!?」

 遊矢「おぉ、デニス来てたのか」

 ゲニス「うん、なんせあの赤羽零児の決闘が見れるんだもん来るに決まってるじゃないか」

 遊矢「あとありがとうな、お前のカードのおかげでワンターンキルを防げたよ」

 ゲニス「そうかい、それは良かった」

 ゲニス(まぁ、むしろ感謝するのはこっちかなちゃんと入れてくれてたんだね、僕との友情のカード……)ニタァ

 遊矢「どうしたデニス?」

 ゲニス「何でも無いよ」


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/12(金) 11:49:39.63 ID:aw+tJQxdO

 
 遊矢「俺の……ターーーン!!」

 遊矢「俺は手札の『EMシルバークロウ』を召喚、そして墓地の『Emダメージジャグラー』の効果を発動しデッキより『Emハット・トリッカー』を手札に加え特殊召喚!!」

 柚子「……レベル4が2体、来るぞ真澄ちゃん!!」

 遊矢「俺はレベル4『Emハットトリッカー』と『EMシルバークロウ』でオーバーレイ!!」

 遊矢「 漆黒の闇より愚鈍なる力 に抗う反逆の牙!今、降臨せよ!エクシーズ召喚!現れ ろ!ランク4!『ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラ ゴン』」

 真澄「ふんっ、手間かけて呼んだわりには攻撃力2500?それじゃぁ私の『ジェムナイトマスター・ダイヤ』は倒せないわ!!」

 遊矢「それはどうかな?」

 真澄「なに!?」

 遊矢「『ダークリベリオンエクシーズドラゴン』のモンスター効果、オーバーレイユニットを2つ使用し相手モンスターの攻撃力を半分にしその半分の攻撃力を『ダークリベリオンエクシーズドラゴン』の攻撃力に加える!!」

 真澄「なんだとぉ!?」

 
 

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/18(木) 11:28:08.27 ID:es4aFXhRO

 遊矢「行け、ダークリベリオンエクシーズドラゴン!!反逆のライトニングディスオベイ!!」

 真澄「ぐぅ!!」

  5500

 遊矢「俺はカードを一枚セットターンエンドだ」

 真澄「私のターンドロー!!よしっ私は墓地の『ジェムナイトフュージョン』の効果、墓地の『ジェムナイトマスター・ダイヤ』を除外し手札に加える」

 真澄「そして『ジェムナイトフュージョン』を発動して手札の『ジェムナイトサファイア』と『ジェムナイトアンバー』で融合召喚、出でよ『ジェムナイトプリズムオーラー』」

 遊矢「またお得意の融合召喚か……」

 真澄「バトルよ、『ジェムナイトプリズムオーラー』でダークリベリオンエクシーズドラゴンに攻撃!!」

 遊矢「攻撃力で劣るモンスターで攻撃……こりゃ何かあるねリバースカードオープン『EMピンチヒッター』相手の攻撃を無効にしEMモンスターを特殊召喚する!!現れろ『EMラクダウン』」

 真澄「ちっ、良い勘してるわ…墓地の『ジェムナイトフュージョン』の効果サファイアを除外し手札に加えるそして『ジェムナイトプリズムオーラー』の効果によりこのカードを捨てダークリベリオンエクシーズドラゴンを破壊!!」

 遊矢「ちっ」

 真澄「私はターンエンド」


41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:38:00.42 ID:Izg+fLlo0

 遊矢「俺のターン、よし俺は手札よりフィールド魔法『天空の虹彩』を発動、効果により『EMラクダウン』を破壊し『オッドアイズペンデュラムドラゴン』を手札に加える」

 遊矢「そして俺はスケール1『星読みの魔術師』とスケール8『時読みの魔術師』をペンデュラムゾーンにセッティング!!」

 遊矢「揺れろ魂のペンデュラム、天空に描け光のアーク出でよ、我が僕のモンスター共よ!!現れよ『EMラクダウン』『EMウィップ・バイパー』『オッドアイズペンデュラムドラゴン』」

 真澄「出たわね貴方のエース……」

 遊矢「俺は『EMウィップ・バイパー』の効果を発動し『ジェムナイトプリズムオーラー』の
攻撃力と守備力を入れ替えバトルだ!!」

 真澄「オッドアイズの攻撃……」

 真澄(ふふっ、しかし無駄な事…私の伏せカードは『決戦融合ーバトルフュージョン』いくら攻撃力の高いモンスターであろうと返り討ちにしてあげるわ)

 遊矢「行け『EMラクダウン』で『ジェムナイトプリズムオーラー』を攻撃!!」

 真澄「ふんっ、攻撃力の低いモンスターで自ら自爆とは貴方 遊矢「破壊された『EMラクダウン』の効果を発動、戦闘でこのカードが破壊された時このカードを破壊したモンスターの攻撃力を 800下げる!!」

 真澄「何ですって!?」

 遊矢「よし、行け『オッドアイズペンデュラムドラゴン』で『ジェムナイトプリズムオーラー』に攻撃…螺旋のストライク・バースト」

 真澄「だけど無駄よリバースカードオープン」

 柚子「駄目よ真澄ちゃん、あのペンデュラムカードによって攻撃宣言時に魔法、罠カードは発動出来ないの」

 真澄「えっ!?うわぁぁぁ!!」

 1700

 遊矢「それでは『EMウィップ・バイパー』でダイレクトアタック!!」

 真澄「…………」  ライフ0


 

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/24(水) 22:52:47.43 ID:Izg+fLlo0

 真澄「はぁ、やっぱり強いわね貴方の彼氏…」

 柚子「えっ、ちょっと違うわよ///」

 遊矢「そうだよ、別に付き合ってる訳じゃないんだし」 

 真澄「そう、でも榊遊矢……一言言うけど柚子を泣かしたら承知しないから、残念だけど彼女が望むのは私じゃなく貴方みたいだし」

 遊矢「……あぁ、絶対幸せにしてみせる!!」

 柚子「遊矢//」

 真澄「じゃぁ、話も付いた所でデートの続きしよっか柚子」

 遊矢「……ちょっ待て!!」

 真澄「何かしら人のデートを邪魔するなんて野暮ねぇ」

 遊矢「俺が勝ったんだから、デートすんのは可笑しいだろ」

 真澄「何言ってんのよ、恋人同士がデートして何が悪いの?」

 遊矢「柚子を賭けて決闘したじゃんか!!」

 真澄「ジョジョネタでしょ?」

 遊矢「な訳あるかぁ!!」

 真澄「貴方が何を言おうと柚子は私の彼女よ」
 
 遊矢「約束が違うぞ!!」

 柚子「わっ、私の彼女と幼なじみが修羅場すぎるぅ!!」

 end

引用元: 真澄「柚子私と付き合いなさい」柚子「………ごめんもう一回良い?」