1: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 20:52:55.43 ID:LO7s2qLn0
十代「なら黒咲や権現坂に聞けばいいんじゃね?」

セレナ「いや遊馬と遊星がいい」

十代「何でだよ。あいつらだって忙しいんだから」

セレナ「うるさい!私が遊馬と遊星の相手をするからその隙に」

十代「ん?」

セレナ「と、とにかく遊馬と遊星だ。いいな」

十代「わかったよ。何で身内はダメなんだろな」

セレナ「お前はカイトやクロウ何かと遊んでいればいい。文句はないな」

十代「言ってる意味はわからないけど、まあいいや」

セレナ「あの2人さえ引きつけておけば十代が3人組になれる」

十代「何か言ったか?」

セレナ「何でもない!早く行くぞ!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1433850765

2: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 20:58:27.16 ID:LO7s2qLn0
十代「悪いなセレナの事」

遊馬「別にいいぜ十代さん」

小鳥「どうして遊馬なの?黒咲さんに」

遊馬「小鳥」

小鳥「・・・」

十代「どうした遊馬」

遊馬「いや別に」

セレナ「お前はカイトと凌牙のところへ行け」

十代「あいつらがつるんでるって限らないだろ」

遊馬「確かにそうだぜセレナ」

セレナ「とにかく行け!あいつらが居ればお前だって1人で戦わないで済むだろ」

十代「さっきからどうしちまったんだ?じゃあ頼むよ遊馬」

遊馬「任せてくれよ!」

3: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 21:13:40.07 ID:LO7s2qLn0
遊馬「エクシーズって言うのは同じレベルのモンスターを揃えて」

セレナ「それぐらい知ってる」

遊馬「まあ簡単だよな」

セレナ「お前はいいな。いつも隣にカイトや凌牙が居て」

遊馬「いつも助けられるぜ。それがどうかしたのか?」

セレナ「いや」

アストラル「どうやら彼女の本来の目的は別にあるようだぞ遊馬」

遊馬「それぐらい目を見ればわかるぜ」

セレナ「十代と始めて会ったのはいつだ?」

遊馬「いつだったかな」

アストラル「あれはカイザーがSMデュエルを仕掛けた時ではなかったか」

遊馬「そうだ!SMデュエルだぜ」

セレナ「SM?」

遊馬「何だ知らねえのか?じゃあ教えなきゃな」

4: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 22:23:20.68 ID:LO7s2qLn0
十代「ってわけなんだけど」

カイト「またセレナのワガママか?」

十代「そうなるな」

カイト「たまにはガツンと言ってやるべきだろ」

十代「そんなこと言われてもな。あの子だって良かれと思って」

カイト「どうだかな。所詮は融合次元の生まれだ」

十代「待てよ。あの子は何もやってないぜ?」

カイト「甘いな。だが歴戦のデュエリストであるお前の考えだ何かあれば見抜いているだろ」

十代「あの子は他の連中とは違って人は傷つけてねえし」

恵「カイト」

十代「誰だ?」

カイト「レイン恵と言って遊馬と凌牙の通ってる学園の教師で  女優だ」

十代「何かあったのか?」

カイト「俺の問題だ。お前の手を煩わせる事もないだろ」

5: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 22:31:19.53 ID:LO7s2qLn0
十代「おーい凌牙!」

シャーク「十代か?何か用か」

十代「用って程でもねえけど」

シャーク「遊びに来てんのか?」

十代「セレナがエクシーズ覚えてえってよ」

シャーク「あいつが?何でまた」

十代「心境の変化?」

シャーク「心境の変化か」

十代「ああ」

シャーク「それで着いて来て暇つぶしってか?」

十代「そういう事だぜ」

シャーク「何っつうか暇人だなお前も」

十代「まあな。ハハハ」

6: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 23:00:53.21 ID:LO7s2qLn0
セレナ「十代はカイトや凌牙と仲良くやっているのだろうか」

遊馬「それでSMってのはな」

セレナ「遊馬と遊星の次元は何かと事件が起こると言われているからな・・・先手を打とう」

遊馬「聞いてるかセレナ?」

セレナ「あ、ああ」

セレナ「確かこの前テレビでやっていた映画でアイスティーと睡眠薬の相性はいいと言っていたな。アイスティーはあるか?」

遊馬「アイスティー?作ればあるんじゃねえか?冷蔵庫見てくれよ」

セレナ「わかった。すまないな遊馬お前には寝てもらう」

7: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 23:09:55.44 ID:LO7s2qLn0
セレナ「できた。後は睡眠薬を」サッー

セレナ「待たせたな!」

遊馬「俺の分もあるのか?ありがとよ」ゴクッ

セレナ「・・・」

遊馬「zzz」

セレナ「これでいいんだ。風邪を引くと可哀想だから毛布をかけておくか」

小鳥「大変よ遊馬・・・寝てるの!?」

セレナ「みたいだな。何かあったのか?」

小鳥「それが街に変なモンスターが現れて!」

セレナ「変なモンスターだと?」

小鳥「うん」

セレナ「なら十代とカイトと凌牙の3人なら勝てる!みんなを呼ぶんだ!」

8: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 23:15:37.07 ID:LO7s2qLn0
赤い忍者「九十九遊馬はおらんか」

青い忍者「我らはドン・サウザンドを破った九十九遊馬に要件がある!」

シャーク「遊馬だと?俺らが相手をしてやるよ」

カイト「さっさと来い」

赤い忍者「天城カイトと神代凌牙か」

青い忍者「ならば拙者が神代凌牙をやろう」

カイト「なら赤い方は俺か」

シャーク「何なんだこいつら」

カイト「ドン・サウザンドにとって変わって俺達に挑戦でも挑む腹だろ。違うか」

青い忍者「その通りだ。遊城十代、不動遊星一派、九十九遊馬一派、榊遊矢とランサーズを狙い!」

赤い忍者「我らがデュエルモンスター次元のトップへと躍り出る!」

カイト「御託はいい。さっさとかかって来い」

シャーク「デュエルだ!」

9: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 23:21:51.07 ID:LO7s2qLn0
セレナ「十代は何処だ?」

十代「どうしたセレナ」

セレナ「何をやっているんだ!」

十代「何って相手は2人だろ?大丈夫さ」

セレナ「くっ・・・」

小鳥「忍者だよね十代さん」

十代「忍者だな。セレナの仲間にも居るよな?」

セレナ「居るがそれがどうした」

十代「何か機嫌悪いよな」

小鳥「遊馬は寝ちゃうし」

十代「頑張れよカイト!凌牙!」

セレナ「・・・」

10: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 23:27:02.69 ID:LO7s2qLn0
十代「お疲れさん」

カイト「これぐらい修羅場をくぐり抜けた俺達には何ら問題無い」

シャーク「デュエルモンスター次元は戦国時代かよ。俺らのタマ狙うなんて」

十代「気をつけねえとな」

シャーク「ああ」

十代「そうだ!エクシーズどうだった?」

セレナ「私にかかれば簡単だ」

十代「そっか、良かったなセレナ」

セレナ「もう敵はいないのか?強大な敵は」

カイト「何を言ってるんだ貴様は」

シャーク「周りみて判断しろよ。戦闘狂かよてめえは」

セレナ「・・・」

十代「戦国時代か・・・今度の敵は悪とは言いきれねえぜ」

11: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 23:38:44.15 ID:LO7s2qLn0
セレナ「カイトと凌牙は個々で活動するのが基本なのか、ならば」

十代「遊星!セレナにシンクロを教えてやってくれ!」

遊星「何!?」

セレナ「・・・」

ジャック「シンクロだと?」

クロウ「こいつが?」

遊星「いいですよ十代さん」

十代「さすが遊星だぜ!」

セレナ「私は遊星と2人だけで学びたい。だからジャックとクロウは十代と何処かへ行ってくれ」

遊星「2人だけ?いいのですか十代さん」

十代「本人がそう言ってるんだ。悪いな遊星」

遊星「とりあえずパンツを見せてくれないか?シンクロ召喚には重要な事で」

十代「おい」

遊星「あ、はい」

12: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 23:46:12.02 ID:LO7s2qLn0
十代「悪りいクロウ奢ってくれて」

クロウ「構わねえよ」

ジャック「しかし、どういう風の吹きまわしだ?セレナが」

十代「みんなと溶け込みたいんじゃねえか?」

ジャック「セレナの面倒を見るのも大変だろ」

クロウ「遊矢と柚子に任せりゃいいんじゃねえか?」

十代「上手く言えねえけどあの子と居ると心が休まるんだよな」

クロウ「旅から旅の旅烏だもんな十代って」

ジャック「そうだな」

十代「最近はスタンダードでボーッとしてる事も多いんだぜ」

13: ◆OYngVbWKK2 2015/06/09(火) 23:53:57.20 ID:LO7s2qLn0
セレナ「お前は十代が一番信頼しているデュエリストだ。そして十代と双璧の存在だと遊矢が言っている」

遊星「そうでもないさ」

セレナ「どうして十代は1人なんだ?お前と遊馬にはジャックとクロウ、カイトと凌牙が居るのに」

遊星「それは十代さんの仲間はみんな社会人だからじゃないか?」

セレナ「社会人だから十代1人に戦う事を押し付けているのか!?」

遊星「いや違う」

セレナ「だったら何で!」

遊星「俺にも良くわからないが十代さんは1人でやってしまう。あの人の強さを知っているだろ?」

セレナ「し、知っている」

遊星「これは嘗てカイザーから聞いた話だ。みんなが十代さんを頼りにして十代さんは闇に堕ちた」

セレナ「闇だと?」

遊星「そうだ。だがなセレナあの人は君との出会いである種の父性という物に目覚めた」

セレナ「父性?」

遊星「君も何となく知っているんじゃないか?十代さんの中にある覇王の存在を」

セレナ「・・・」

14: ◆OYngVbWKK2 2015/06/10(水) 00:02:23.75 ID:efgMkPeb0
遊星「君は十代さんが1人だと言っているが万丈目さん達との絆はずっと繋がっている」

遊星「大人になれば頻繁には会えんだろ。だが一度生まれた絆はそう簡単に途切れはしないんだ」

セレナ「絆・・・」

遊星「さっき遊馬からの連絡で睡眠薬入りのアイスティーは美味しかったそうだ」

セレナ「あっ・・・」

遊星「悩みなんてかっとビングで吹き飛ばせと言っていた。十代さんが君を可愛がる気持ちもわかる。君はいい子だ」

セレナ「そ、そんな事ぐらい知っている」

遊星「そしてセレナにも大人になれば別れが来るだろ。遊矢に柚子、黒咲・・・特に権現坂との別れは辛いだろ」

セレナ「あまり話した事がないぞ権現坂とは」

遊星「それは勿体ない。権現坂ほどの男とあまり話した事が無いなんて」

セレナ「そんなになのか?」

遊星「沢渡で例えたら沢渡60人分ぐらいの男だ」

セレナ「そんなにか・・・」

15: ◆OYngVbWKK2 2015/06/10(水) 00:09:57.72 ID:efgMkPeb0
ジャック「デュエルモンスター次元は戦国時代なのか」

十代「カイトと凌牙も忍者に襲われてよ」

クロウ「勝ったんだろ?」

十代「あいつらが負けるわけねえさ」

ブルーノ「大変だよジャック!何か街で大変な事が起こってる!」

ジャック「何だと!?」

クロウ「行こうぜ!」

十代「大変な事?何処も彼処も大変なんだな」

16: ◆OYngVbWKK2 2015/06/10(水) 00:15:24.33 ID:efgMkPeb0
ブルーノ「あれだよ!」

クロウ「おいおい・・・大勢のデュエリストが」

十代「攻撃表示になったり守備表示になったりしてんのか・・・」

ジャック「元凶はあの空に浮かんでいる書物か」

十代「太陽の書と月の書・・・飛べるかクロウ!」

クロウ「俺が!?」

十代「クロウのジャンプ力はハンパじゃねえってな!」

クロウ「・・・ったくよ!ビリビリに破ればいいんだよな十代!」

十代「多分な!」

クロウ「うおおおおおおおおお!!!」

17: ◆OYngVbWKK2 2015/06/10(水) 00:19:30.23 ID:efgMkPeb0
遊星「みんな無事か」

クロウ「おう!」

ジャック「どうして魔法カードが」

十代「誰かが何かをやろうとしてた。そうだろ遊星」

遊星「ええ」

セレナ「お、おい十代」

十代「どうした?」

遊星「シンクロのコツも掴みましたよ」

十代「やったなセレナ!」

セレナ「いや実は」

遊星「何も言わなくてもいい。十代さんは気づいているはずだから」

セレナ「・・・」

18: ◆OYngVbWKK2 2015/06/10(水) 00:34:47.26 ID:efgMkPeb0
十代「有意義な一日だったな!」

セレナ「そ、そうだな」

十代「楽しかったか?」

セレナ「おい十代」

十代「何も言うなよ。俺のこと心配してくれたんだろ?ありがとなセレナ」

セレナ「べ、別にそうではない!」

十代「でも遊馬に睡眠薬を盛るのはダメだぜ。わかるよな?」

セレナ「ああ・・・」

十代「反省してるならそれでいいよ。3人組っていいよな」

セレナ「どうしてもと言うなら私がお前の」

十代「そうだな・・・じゃあ相棒になってくれよセレナ」

セレナ「い、いいんだな!?私が相棒で」

十代「セレナが相棒なら最高だぜ。ただし俺の真似はするなよ、危ねえから」

セレナ「・・・わかった」

19: ◆OYngVbWKK2 2015/06/10(水) 00:39:17.30 ID:efgMkPeb0
数日後

ユベル「ふーん相棒か」

十代「どうかしたのか?」

ユベル「僕と君は魂と魂で繋がっているんだそれを忘れないでね」

十代「?」

ユベル「僕はセレナに何一つとして負けていないって事だよ十代」










引用元: 十代『エクシーズやシンクロを習いたい?』 セレナ『そうだ』