1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:09:30.44 ID:+CEgL8Ow0
男「友っ!」

友「なんだよ」

男「彼女ほしぃ」

友「そうか、よかったな」

男「もおおおお!おおんぅ! 流すなよぉおおんうお!」

友「うるせぇな、なんだよ」

男「彼女ほしぃんだよっぉ!」

友「あー、はいはい。頑張って、じゃぁ俺は用事あるから」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1437527360

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:10:56.03 ID:+CEgL8Ow0
男「……なんだよ、俺たち親友じゃなかったのかよ……。お前だけ、さっさと彼女作りやがって、俺なんてもう高校二年生なのに一度も……うっ、うっ……」

友「泣くなよ」

男「いや泣く」

友「泣き止んでんじゃねーか。あぁ、分かったよ、なんかあれば協力するから」

男「ほんとか! じゃぁ早速手伝ってくれ」

友「ぇぇ……」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:12:28.81 ID:+CEgL8Ow0
男「俺!好きな人がいるんだ! その人との仲を取り持ってくれ」

友「へぇー、誰だよ」

男「女さん」

友「おまっ! 俺の彼女じゃねーか!」

男「じゃぁっ、早速告白してくる」タッタッタ

友「おいまてっ! ていうか俺に協力しろっていったのに一人で行くのかよ!」

友「おいこらっ!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:14:39.37 ID:+CEgL8Ow0


友「はぁはぁ……、あいつどこ行きやがった」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:15:34.27 ID:+CEgL8Ow0
男「女さん!」

女「なに? 男くん、いきなり」

男「俺とつきあってください!!」

女「はぁ?」

??「ちょっと待った!」

男「だっ、誰だ!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:21:01.55 ID:+CEgL8Ow0
男「だっ、誰だ!」

幼馴染み(以下 幼)「男、あんた私の気持ち知ってるくせに……そんなこと。ひどい……」

男「な、ななんのことだ」

女「ちょっと、あんたたち」

男「くそっ! 女さん、あいつ怖いから逃げるぞ!」

女「えっ、ちょっと、手引っ張らないでよ!」

男「おいっ! さっさっと来い!!」

女「ちょっと、顔面蹴らないでよ」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:21:43.81 ID:+CEgL8Ow0


友「はぁ、はぁ……疲れた。ん? あれは幼さん?」

幼「……ブツブツ」

友「なんかブツブツ言ってるな」

幼「ブツブツ」

友「なぁ、幼さん」

幼「あー、友くん」

友「男知らない?」

幼「おと、こ?」ピクッ

友「ひぃ!? え、いや、その、男探してるんだけど……」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:23:48.34 ID:+CEgL8Ow0
幼「へぇ、奇遇だね。私も今から男を探すつもりだったの」

友「へ、へぇそうなんだ」

幼「だからさ? 一緒に探そ? ね? はい、これ友くんの」

友「え……な、ナイフ? なんでこんなもの……」

幼「じゃぁ、男探しにいくわよ」

友「(なんで幼さんは釘バットを武装してるんだ……)」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:27:41.19 ID:+CEgL8Ow0


男「よ、よし。ここまで逃げたら」

女「……もう、なんなの? それにさっきの」

男「女さん、俺女さんのことが好きなんだ」

女「え、え?」

男「だから付き合ってほしい」

女「いや、でも私は……」

男「うんそうだよね、俺キモいんもんね」

女「いや、そうじゃなくて……いや、それもあるけど」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:32:22.33 ID:+CEgL8Ow0
男「いや、いいんだ気にしないで。俺は君を苦しませるのが一番辛いから」

女「……男くん」

男「だからさ……」

女「?」

男「……いや。女さんは、友のこと好き?」

女「え、あ、あぁうん、まぁまぁ」

男「そうか良かった。じゃぁ、他の人に告白されるのは辛いよね」

女「あ、うん」

男「僕は君に辛いを想いをさせたくねぇ、だから行ってくるよ」

女「?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:33:29.25 ID:+CEgL8Ow0
男「幼っ!」

幼「あー、男ー……」

男「幼、貴様が、女さんのことを好きなことは知っている」

男「それを知っていた俺が、あんなことをしたのは酷く重い罪になる」

男「だが、もうそんなことはやめるんだ」

男「女さんは、……」

幼「……」

友「え……、そうだったの?」

幼「もういいわ、男、私はあんたを[ピーーー]」

男「いいだろう、かかってこい」

幼「はああぁぁぁっ!!」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:36:44.28 ID:+CEgL8Ow0


友は思う。

自分が全て悪いのではないのだろうか、と。
自分が、女と付き合わなければ、こんなことちはならなかったのに。

好きな人を思うが故、生まれてしまった諍い。
そのどちらにも、非はないと友は思う。

彼らが女を好きになってしまった時点で、こうなることは決まっていたのだろう。人は運命には逆らえない。

つまり、どちらも悪くないのだ。
だがしかし、そのきっかけを作ったのは自分だ。

ならば、悪いのは自分だけなのではないだろうか。

友は思う。

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:39:59.82 ID:+CEgL8Ow0
友は自分を責める。
お前が全て悪いのだと。

しかし、そうして自らを責めることで自らの罪を許容して軽くしようとしている自分に気づき、酷い嫌悪に包まれる。

どうしようもなく吐きたくなった。でも、友は吐かなかった。あと儚かった。


友の視線の先では、二人の男女が文字通り雌雄を決していた。

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:45:21.48 ID:+CEgL8Ow0
幼の掌に握り締められた釘のついたバットが、男の肩を襲う。

男は軽く身体をひねり、それを躱す。男の左手には、今はもう亡き者となった女の靴が握られている。

男はその靴を自分の右手に、まるで自らの手を足のように、嵌めた。

男は、その武装された右手で幼の左胸に掌底打ちを仕掛ける。

しかし、幼の左手にその右手は払われる。幼の目線が男の右手に集中していた。

その隙を男は見逃さなかった。
素早く腰を落とし、幼の右足を払う。足払い。

いきなりの出来事に幼は対応できず、バランスを崩す。

「くっ……」

幼の口から、僅かに息が漏れる。

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:49:21.23 ID:+CEgL8Ow0
「……悪いな」

男は呟いた。

男は幼の右手を蹴飛ばした。バットが飛び、友の頭に当たる。

飛び出た釘の一本が、友の額を貫いたのを確認すると、男は目を落とし幼を見た。

「これで、……おわりだ」

「ほんとうにそうかしら」

背後、すぐそばで、聞き覚えのある声が響く。

「ま、まさか……」

男が振り向くと、そこには幼が居た。

「……そう、実はあたしたちは双子なの」

「そうか」

「……さよなら、男」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:54:44.34 ID:+CEgL8Ow0
男の脇腹に、ナイフが刺さる。

「……ぅ、ぐ」

男はしゃがみこんだ。

「は、はは……ここまでか」

男は右手に嵌めた靴を外し、言う。

「これを、友の側に置いてやってくれないか……?」

「いやよ」

「そうか」

すると男は立ち上がり、友の側にまで行き、靴を倒れた友の顔に乗せ、元の位置に戻るとしゃがみこんだ。

「殺せし」

「……じゃあね」

二人の幼の右手が、男の両胸を貫く。

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:55:37.40 ID:+CEgL8Ow0
「だが、俺だけでは逝かん、お前らも一緒だ」

男は懐から、時限爆弾を3分後にセットすると絶命した。

3分後、二人の幼は死んだ。




そして、誰もいなくった。

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/22(水) 10:56:36.55 ID:+CEgL8Ow0
おわり

引用元: 男「彼女ほしぃ」友「そうか」男「もおおおぅぉんっ!