1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/03(月) 19:21:50.91 ID:A4t0a7pM0
穂乃果ママ「あんた、彼氏いないの?」

穂乃果「ぶふっ!か!彼氏!?」

穂乃果ママ「何驚いてんのよ。今時の女子高生ならいてもおかしくないでしょ」

穂乃果「うちは女子高だよ!?」

穂乃果ママ「男の子なら他の学校にいるでしょ。で、どうなの?」

穂乃果「そ、そんなの……」

雪穂「お母さん。お姉ちゃんに彼氏なんているわけないじゃん。だってお姉ちゃんだよ?」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1438597310

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/03(月) 19:22:37.64 ID:A4t0a7pM0
穂乃果ママ「まあ……やっぱりそうよねえ」

穂乃果「!し、失敬な!穂乃果にだって彼氏くらいいるよ!」

雪穂「へえ、じゃあ今度家に連れてきてよ」

穂乃果ママ「そうね。私もどんな子か見てみたいわ」

穂乃果「へ?えーっと、それはその……」

雪穂「あれー?やっぱり彼氏なんていないんじゃないの?」

穂乃果「そ、そんなことないよ!いいよ!連れてきてあげる!すっごくかっこいいんだから!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:24:30.32 ID:o8licld00
>2の続き

-------
----
--

穂乃果「というわけだから助けて!」

海未「またあなたはそうやって見栄を張って……」

ことり「でも穂乃果ちゃんらしいね」

海未「まったく……しかたありません。ここは私が彼氏の代役をしましょう」

ことり「何言ってるの海未ちゃん?私が彼氏役をするから大丈夫だよ?」

海未「へえ?私は髪をバッサリいく覚悟がありますよ?」

ことり「私も穂乃果ちゃんの為ならこんな髪惜しくないよ?」

穂乃果「ふ、二人とも、喧嘩しちゃだめだよ!というか何をいってるのかな!?」

絵里「やめなさい、あなた達。穂乃果が困ってるでしょ」

穂乃果「絵里ちゃん……」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:24:56.82 ID:o8licld00
絵里「ここは間をとって私が行くわ。あなた達は引っ込んでなさい」

穂乃果「絵里ちゃーーーん!」

真姫「馬鹿ばっかりね」

凛「困ったものだにゃー。ね、かよちん」

花陽「ほ、穂乃果ちゃん。わ、私が彼氏役でもいいよ……?」

凛「……え?」

希「いやー、賑やかやなあ」

にこ「騒がしいの間違いでしょ」

穂乃果「わーん!これじゃあ話が進まないよー!」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:26:25.03 ID:o8licld00
穂乃果「そうだ!にこちゃん、虎太郎君貸して!」

にこ「嫌に決まってんでしょ!ていうかどんだけ年の差あると思ってんのよ!」

穂乃果「ケチー!それなら花陽ちゃん!確かお兄さんがいたよね!貸して!」

花陽「だ、だめだよ!お兄ちゃんには彼女さんがいるから。だ、だから代わりに私が……」

凛「……かよちん?」

穂乃果「そっか。彼女さんがいるなら仕方ないよね。じゃあどうしよー!」

にこ「今部活の合宿中とでも言っとけばいいんじゃない?後は適当なタイミングで別れたとでも言っておきなさいよ」

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:27:21.85 ID:o8licld00
穂乃果「なるほど!その手があったか!」

希「にこっち、アイドルは恋愛禁止やなかったん?」

にこ「今回はいいのよ。ちょっとした遊びみたいなもんでしょ」

海未「遊び!?私は本気ですよ!」

ことり「私も!」

絵里「私もよ!」

にこ「黙れ馬鹿ども!」

穂乃果「よーし!その作戦でいってみよう!」

-------
----
--

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:28:11.32 ID:o8licld00
穂乃果ママ「ふーん、合宿中なの。残念ねえ」

穂乃果「うんうん。だから今は会えないんだ!」

雪穂「じゃあ写真見せてよ。ツーショット写真あるでしょ?」

穂乃果「そ、そんなのないよ!」

雪穂「じゃあピンでもいいから」

穂乃果「こ、このあいだ間違って消しちゃったんだよねー。いやー残念残念」

雪穂「それなら彼氏から送ってもらってよ。それならできるでしょ?」

穂乃果「え!?い、今は練習で忙しいって言ってたからそんな暇ないと思うな」

雪穂「なら明日だったらいいよね。まさか明日も明後日も用事がってことはないよね?」

穂乃果「う……た、多分……」

雪穂「そう。じゃあ楽しみにしてるね」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:29:18.61 ID:o8licld00
-------
----
--

穂乃果「どーしよー!」

真姫「中学のときの同級生から写真でも送ってもらったら?」

穂乃果「そんなに仲のいい男子いないんだよね……」

海未「私とことりが穂乃果に寄ってくる悪い虫を成敗してましたからね」

ことり「皆しつこかったよね。告白するなんて子がいたときはどうしてやろうかと思ったよ」

穂乃果「それ初耳なんだけど!?」

海未「言ってませんからね。そういえば私を篭絡して穂乃果に近づこうとする不埒者もいましたね」

ことり「ことりにもいたなあ。結局全部切り捨てちゃったけどね」

希(三人ともやっぱりモテたんやな……男子諸君もかわいそうに)

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:30:02.43 ID:o8licld00
にこ「ネットから適当に写真でも引っ張ってきたら?」

穂乃果「だめだよ!勝手に使ったらその人に悪いよ!」

にこ「へんなとこ律儀ね、あんた」

穂乃果「そうだ!確か陸上部の子にボーイッシュな子がいたはずだから!その子に男装してもらって一緒に写真を撮ってもらおう!」

絵里「待ちなさい穂乃果。そんなこと頼んだらその子の乙女心を傷つけてしまうかもしれないわよ」

穂乃果「そ、そうだよね。だって女の子だもんね……」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:30:58.73 ID:o8licld00
絵里「だから私が男装するわ。さあ穂乃果、このハサミで好きなように私の髪を切りなさい」

海未「絵里!ずるいですよ!穂乃果!私がやります!さあバッサリといってください!」

ことり「二人ともずるい!私がやるよ!穂乃果ちゃん!やっちゃって!」

花陽「わ、私もちょっとくらいなら」

凛「……」

希(凛ちゃんの目がヤバイことになっとる……)

穂乃果「さ、流石に人の髪を切るのはできないよ」

凛「……穂乃果ちゃん。凛にいい考えがあるにゃ」

穂乃果「え!?何々!?」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:33:49.07 ID:o8licld00
凛「ナンパだよ!穂乃果ちゃんならすぐに声を掛けられると思うな!だって可愛いんだもん!」

穂乃果「そ、そうかな」テレテレ

凛「そうにゃそうにゃ!むしろこっちから声を掛けるくらいでいくにゃ!うまくいけばほんとに彼氏ゲットにゃ!」

穂乃果「彼氏……穂乃果にほんとうに彼氏が……よし!やってみるよ!早速秋葉原にゴーだよ!」

真姫「ち、ちょっと穂乃果!……行っちゃった……」

-------
----
--

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:34:25.43 ID:o8licld00
穂乃果「よし到着!それじゃあ早速……って思ったけど何すればいいんだろ?」

穂乃果「……とりあえず適当に歩いてみようかな」






う?「ターゲット動きました。追跡します」

こ??「うん。お願いね」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:36:05.14 ID:o8licld00
穂乃果「うーん。特に何にもないなあ。どうしよう」

男「お、もしかしてミューズの穂乃果ちゃん?」

穂乃果「え?そ、そうですけど」

男「マジで!?うっわー!超可愛いんですけど!何?一人なの?」

穂乃果「は、はい。えっと、あなたは?」

男「俺?俺実はミューズのファンでさー。PVも見たよ。すっごく良かったよ!」

穂乃果「本当ですか!ありがとうございます!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 12:37:10.67 ID:o8licld00
男「どういたしましてー。でさ、折角こうして出会ったんだし、どこかでゆっくりお茶でもしない?」

穂乃果(これってナンパ?ナンパだよね?どうしよう。ついて行っていいのかな)

男「あ、もしかして警戒してる?大丈夫だって、ちょっとそこでお話するだけだから」

穂乃果「あ、えっーと、その」

男「ほんの小一時間程度しか時間とらないからさ。ね?」

穂乃果「う、うーん……」

男「あーもう、まどろっこしいな!いーからさっさと行こうぜ!」グイッ

穂乃果「きゃっ!」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 17:53:43.12 ID:o8licld00
>17の続き




筋肉男「おい。おまえ何をしてる」

穂乃果「え?」

穂乃果(何この人?すごく大きい)

男「あ?誰だよお前」

筋肉男「ただの通りすがりだ。で、お前は何してるんだ?」

男「お前には関係ねえだろ。どっか行けよ」

筋肉男「そうはいかないな。どう見ても彼女が迷惑してるじゃないか」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 17:54:31.64 ID:o8licld00
男「ああ?んなわけねーだろ。ちょっとお茶するだけだぜ?なあ?」

筋肉男「そうなんですか?」

穂乃果「えっと、確かにお茶に誘われましたけど……行くとは言ってません」

筋肉男「決まりだな。お前、さっさとその手を離せ。さもなければ痛い目を見るぞ」

男「うるせえ!さっさと消えろ!お前みたいな[ピザ]に何が出来るってんだよ!」

筋肉男「ほう。この筋肉を唯の脂肪の塊と言うか。なら、実際に体験してもらおう」

筋肉男「いけ」

筋肉男②・筋肉男③「了解」ガシィ

男「おい!離しやがれ!」

筋肉男「連れて行け。食ってもいいぞ」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 19:05:43.37 ID:o8licld00
男「手前ら!こんなことして唯じゃ済まねえぞ!」

筋肉男②「おいおい、暴れんなよ」

筋肉男③「ちょっと体を借りるだけですから」

男「っこの!く、くそ野郎が!やめろ、やめてくれー!」ズルズル






穂乃果「……行っちゃった」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 19:06:20.03 ID:o8licld00
筋肉男「大丈夫でしたか?穂乃果さん」

穂乃果「あれ?どうして私の名前を?」

筋肉男「実は俺、ミューズのファンでしてね」

筋肉男「といってもこんな。むさ苦しい男がファンでも迷惑なだけでしょうが」

穂乃果「そんなことないです!素敵な体だと思います!」

筋肉男「そう言ってもらえると嬉しいです。さっきの二人も喜びます」

筋肉男「それと、余計なお世話かもしれませんが、ここにはさっきみたいに柄の悪い男もいます」

筋肉男「ああいうのには簡単に付いていってはダメですよ」

穂乃果「はい!キモに命じます!」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 19:06:52.76 ID:o8licld00
プルル プルル

筋肉「おっと……ではこのあたりで失礼します。それでは!」ダッ!

穂乃果「あっ!……行っちゃった」

穂乃果「……うん。さっきの人の言うとおり、怪しいに人に付いて行ったらだめだよね!」

穂乃果「よし!作戦変更!写真だけ撮らせてくれそうな人に頼むことにしよう!」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 19:07:20.51 ID:o8licld00




筋肉男「……もしもし、俺です」

こ??「こ??です。さっきはありがとうね」

筋肉男「あれくらいかまいませんよ。こ??さんにはいつもお世話になってますから」

こ??「でも助かったよ。お礼は今度するね」

筋肉男「それじゃあ折角なんで期待して待ってます」

こ??「うん。それじゃあ、また何かあったら連絡するね」

筋肉男「はい。それじゃあ」ブツッ

こ??「……う?ちゃん。邪魔者の排除、終わったよ」

う?「わかりました。引き続き追跡を続けましょう」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 19:13:22.35 ID:o8licld00
-------
----
--

穂乃果「えっーっと、誰か一緒に写真を撮ってくれそうな人は……」

穂乃果「あ!あの人あんまり怖くなさそうだし大丈夫かも!」

穂乃果「あのー!すみません!」




マキライバー「は、はい?」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 19:15:35.71 ID:o8licld00
穂乃果「すみません。ちょっとお願いがあるんですけど」

マキライバー「え?ぼ、ぼ、僕ですか?」

マキライバー「……というか、もしかしてミューズの、ほ、穂乃果ちゃん?」

穂乃果「はいそうです!」

マキライバー(うおおおおお!!まじかああああああ!!)

マキライバー(何んだこれ夏色奇跡か!?まさか憧れの穂乃果ちゃんに会えるなんて!)

マキライバー(てか実際に見たらマジかわいい!こんなん可愛すぎて犯罪的だろおお!)

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/04(火) 19:16:20.88 ID:o8licld00
穂乃果「あ、あの、すみません。大丈夫ですか?」

マキライバー「ふ、ふひっ!だ、大丈夫です……ところでお願いって言うのは……」

穂乃果「一枚だけでいいので一緒に写真を撮って欲しいんです。お願いできますか?」

マキライバー「い、一緒ですか!?ほ、僕なんかと!?」

穂乃果「はい。いいですか?」ジッ

マキライバー(穂乃果ちゃんの上目遣いキタコレーーー!こんなん断るわけねえ!)

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 11:18:47.39 ID:A4HmZtK+0
マキライバー「ぜぜぜぜぜ、全然オッケーですすすすすす」

穂乃果「本当ですか!?ありがとうございます!穂乃果のスマホで撮りますね。それじゃあお隣失礼しまーす!」

マキライバー(近い!今!なう!穂乃果ちゃんが近い!超いい匂いすりゅうううううう!)

マキライバー(ああ!腕が、僕の腕が今穂乃果ちゃんの腕に当たった!ちょう嬉しいいいい!)

マキライバー(ここから僕の穂乃果ちゃんのもぎゅっとラブでばんさーいが始まるんだ!やったぜえええ!!)

マキライバー(ごめんね真姫ちゃん!僕今日からホノキチになっちゃうううう!)

穂乃果「それじゃあ後はスマホを撮影モードに……」スマホイジイジ

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 11:19:36.43 ID:A4HmZtK+0
ホノライバー「ふひッ、ふひひッ、ふひひひひ」






う?「不埒者め」ドスッ

キモライバー「うっ!」ドサッ


36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 12:54:12.19 ID:A4HmZtK+0




穂乃果「っと。よし!準備おっけー!それじゃあ早速……ってあれ?いない?」

穂乃果「さっきまで隣にいたと思ったんだけど……どこ行ったんだろう?」

穂乃果「ひょっとして急用でもできたのかな?……だったらしょうがないかな」

穂乃果「でもどうしよう。何とかして写真を撮りたいんだけどなあ」

穂乃果「よし!もうすこし探してみようかな」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 12:54:44.90 ID:A4HmZtK+0




う?「不埒者の始末が終わりました。気絶させて裏路地に転がしてあります」

こ??「さすがう?ちゃん。見事な手刀だったね。目で追うのもやっとだったよ」

う?「あのくらい、こ??もできるでしょう」

こ??「こ??はあんなふうに加減ができないよ。多分ケガさせちゃう」

う?「では今度稽古を付けてあげましょう。こ??ならすぐにできるようになりますよ」

こ??「ありがとう。う?ちゃん」

う?「いえ。さて、どうましょうか。あのままだと写真を撮るまであの子は帰りませんよ」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 12:55:20.11 ID:A4HmZtK+0
こ??「そうだね……よし、筋肉男さんに頼んで一緒に写真を撮ってもらうようにするよ」

う?「こ??はあの人を随分と信用しているようですが、大丈夫なのですか?もし間違いでも起きたら」

こ??「大丈夫だよ。あの人に限ってそれはないから」

う?「……よくわかりませんが、ひとまず信じます。そうと決まれば早速行動してもらいましょう」

う?「早くこの場所から離れさせないと、また変な虫が寄ってくるかもしれません」

こ??「そうだね。それじゃあ連絡してみるね」


-------
----
--


39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 12:55:53.03 ID:A4HmZtK+0
穂乃果「いやー、ありがとうございます!おかげで助かりました!」

筋肉男「いえいえ。俺も一日に二回も穂乃果さんに会えて嬉しかったですから」

穂乃果「そういわれるとなんか照れるなあー。そうだ!私の家、和菓子屋なんです!よかったらきてください!サービスしますよ!」

筋肉男「それはありがたいですね。ぜひ通わせてもらいます」

穂乃果「はい!来てださいね!」

プルル プルル

筋肉男「おっと……すいません。そろそろ用事があるので失しますね」

穂乃果「わかりました!今日は本当にありがとうございました!」

筋肉男「どういたしまして。では」ダッ

穂乃果「…………」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 12:56:22.02 ID:A4HmZtK+0




筋肉男「こ??さん。任務完了しましたよ」

こ??「ありがとう。何度もごめんね」

筋肉男「かまいませんよ。まあ強いて言うなら今度のお礼には更に期待させてもらいますよ」

こ??「うん、任せて。満足させてあげる」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 18:57:45.60 ID:A4HmZtK+0
筋肉男「それは楽しみです。では、失礼します」ブッ

う?「こ??、お礼というのはいったいなんですか?」

こ??「ひ・み・つ。大丈夫、変なことはしないから」

う?「それならいいのですが……まあ今はそれは置いておきます」

う?「とりあえず穂乃果の安全は守れました。明日の穂乃果からの報告を楽しみにしておきましょう」


-------
----
--

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 18:58:19.38 ID:A4HmZtK+0
穂乃果「なんとかごまかせたよ!」

真姫「よかったじゃない。妹さんたちはどんな反応だったの?」

穂乃果「すごく驚いてたよ。まさか本当にいるなんてって」

真姫「あなたどれだけ男っ気がないって思われてるのよ……」

穂乃果「でもね。困ったことにそこ男の子をお父さんが気に入っちゃってね」

穂乃果「『こいつ、いいガタイしてるな。饅頭作りがうまそうだ』って」

真姫「随分と好印象ね」

穂乃果「でね、ちょっとここで報告がございまして……」

穂乃果「実は穂乃果……この人に恋をしていましました!」

海未・ことり・絵里・花陽「!」ガタッ

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 18:58:48.90 ID:A4HmZtK+0
穂乃果「恥ずかしながらそうなるんだー。だから今日は秋葉原に行ってあの人を探すつもりだよ!」

希「さすが穂乃果ちゃん!積極的や!」

絵里「穂乃果!考え直しなさい!男なんかと付き合う必要ないわ!」

花陽「そうだよ穂乃果ちゃん!禁断の花園こそ至高なんだよ!」

凛(ああ……かよちんが……かよちんが……)

にこ「ちょっと穂乃果!あんた本気なの!」

穂乃果「もちろん!今の私は誰にも止められないよ!」

にこ「……本気なのね」

穂乃果「うん!」

にこ「……しょーがないわね。今回だけは許可してあげる。フォローは任せなさい」

穂乃果「おお!ありがとう、にこちゃん!」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 18:59:17.15 ID:A4HmZtK+0
海未「ことり!いったどういうことですか!」コソコソ

ことり「ことりにもこれは予想できなかったよ!で、でも大丈夫だから!」コソコソ

海未「どうしてそう言い切れるんですか!穂乃果から告白なんてされたらどんな殿方でもでもOKを出してしまうはずです!」

ことり「だ、大丈夫だよ。だってあの人、女の人には興味ないから」

海未「え?そ、そうなんですか?」

ことり「うん。この前のお礼だって、特大のパフェをご馳走しただけだよ」

海未「な、なるほど。それなら穂乃果には可哀相ですが、失恋が確定してますね」

ことり「うん。だからだいじょう………ん?」

海未「どうしました?」

ことり「何かメールが来たみたい。えっと……ええええ!」

海未「ど、どうしたんです?」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 18:59:51.38 ID:A4HmZtK+0
筋肉男『早速ですが謝らせてください。すみません、俺は穂乃果さんを好きになってしまいました』

筋肉男『これから彼女の家にいって思いを伝えるつもりです。どうか止めないでください』

筋肉男『追伸  パフェおいしかったです』

海未「…………」

ことり「…………」

凛(なんだか二人から親近感を感じるにゃ……)


穂乃果「よし!それじゃあ早速いっくぞー!」ダッ

絵里「待ちなさい穂乃果!」ダッ

花陽「穂乃果ちゃん!」ダッ

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 19:00:30.49 ID:A4HmZtK+0



希「……行ってもうたな」

希(死体を三つ残して)

真姫「ま、うまくいくことを期待ておきましょう」

希「そうやねえ。ところで幼馴染二人……と凛ちゃんは呆けたまんまやけど、大丈夫かな?」

にこ「大丈夫でしょ。というか、そんなに穂乃果や花陽のことがそんなに好きだったのかしらね」

希「女の子同士でも好き合うのはうちはありやと思うでー。にこっちはどう思う?」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/05(水) 19:01:00.16 ID:A4HmZtK+0
にこ「許容はできるし、別にいいと思うわ。理解はできないけどね」

希「ほほう、にこっちはノーマルか」

にこ「そうね」

真姫「!!」がーん

希(あ、死体が一つ増えた)

にこ「真姫もそう思うでしょ」

真姫「…………う」

にこ「……う?」

真姫「う……う、うわあああああん!」ダダダダッ

にこ「え!?ちょっとどうしたのよ!?」

にこ「……行っちゃった。いったん何だってのよ」

希(恋って難しいもんやなあ)


------おしまい--------

引用元: 穂乃果ママ「ねえ穂乃果」穂乃果「ん?」