1 :名無しさん@おーぷん:14/05/02(金)22:54:53 ID:M0y5SWHjm主 ×
少女「せい!やー!」

ブンッ!ブンッ!

側近「お嬢様」

少女「あ、側近!」

側近「一体何をしていらっしゃるのですか?」

少女「今ね、剣術の練習してたの!」

側近「剣術?」

少女「うん!私、将来ね、勇者になりたいの!」

側近「……え?」

少女「将来は勇者になって、お父さんを守ってあげるの!!」

側近「……お嬢様、それは」

少女「さ!頑張って立派な勇者になるぞー!」

側近「……では、私はこれで」

少女「うん!またね!」

少女「えい!えい!」

ブンッ!ブンッ!

2: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)22:55:26 ID:M0y5SWHjm ×
ーーーーー

側近「……国王様、お嬢様のことですが」

国王「……勇者になりたい、か」

側近「どう思われますか?」

国王「そんなの決まっている。許さんよ」

側近「……ですよね」

国王「アイツには女王の座を継がせ、国王の座を継ぐ跡取りとなる男をものにしてもらわねばならない」

側近「……勇者を目指すなど、言語道断、と」

国王「うむ。ましてや旅に出て死なれては困る。そうなれば我が国は終わりだ」

側近「……左様でございますか」

4: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)22:57:08 ID:M0y5SWHjm ×
少女「ふん!ふん!」

ブンッ!ブンッ!

兵士「おっ!お嬢、剣の練習かい?」

少女「あ、兵士!」

兵士「でも、ダメだ。もっと腰を入れなきゃな」

少女「?」

兵士「あー、分かんねえか。ちょっと貸してみ?」

少女「う、うん」

兵士「剣はな、こうやって振るんだよ!」

ブォン!!ブォン!!

少女「すごい!音が全然違う!」

兵士「ハハッ、でもその歳で剣振って音がなんなら上出来ですぜ」

少女「ホント!」

兵士「おう、このまま行けば一流の剣術使いになれんぜ!」

少女「分かった!私頑張る!」

8: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)22:58:50 ID:M0y5SWHjm ×
兵士「しっかし、どうして急に剣なんて始めたんすか?」

少女「私ね、将来勇者になりたいんだ!!」

兵士「勇者?なんで?」

少女「……人を守れるようになりたいから」

兵士「守れるように?」

少女「私達王族のために人が死なないように、私自身が、私と、誰かを守れるようになりたいの」

兵士「……お嬢はしっかり者ですね。なるほど、人を守れるようにね」

少女「……もう誰も、私を庇って傷つかないように」

兵士「分かった!そんならこれからは俺が剣術指導して差し上げやしょう!」

少女「え!ホント!」

兵士「おう!こう見えても俺、結構強いんすよ?」

少女「知ってるよ、兵士はこの城で一番強いもんね!」

兵士「ハハッ、それほどでもありますよ!!」
9: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:00:26 ID:M0y5SWHjm ×
少女「それじゃあよろしくね!兵士!」

兵士「おう!任せて下さいよ!」

側近「……お嬢様」

少女「せい!やー!」

兵士「お!いいっすよ、その感じですよ!」

少女「へへー、さっきの兵士の真似したんだ!」

兵士「おっ?だとしてもすごいですよお嬢!」

アハハハハ

側近「……頑張ってください」
10: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:02:29 ID:M0y5SWHjm ×
ーーーーー

少年「…………」ペラッ

子供「…………おーい」

少年「…………」ペラッ

子供「なーあ、おーい」

少年「…………」ペラッ

子供「おいおいどうしたんだよ?急に本なんて読み出してよ?」

少年「…………」ペラッ

子供「そんなんよりさ!外で剣術稽古しようぜ?立派な戦士目指してさ!」

少年「…………なるほど。こういう仕組みなのか」

子供「あ、喋った」

少年「さっきから何?僕本読んでるんだけど」

子供「だーかーら、読書なんかしてないで稽古しようぜって!」
 
12: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:04:57 ID:M0y5SWHjm ×
少年「いいよ。僕は本読んでるから」

子供「……つーか、さっきから何の本読んでるんだよ?」

少年「魔法についての本」

子供「魔法?あ、なるほどな」

少年「……何一人で納得してんのさ?」

子供「アレだろ?勇者になるには魔法も使えないとだもんな!」

少年「……僕は勇者になる気は無いよ」

子供「は?」

少年「僕は、魔法使いになりたいんだ」

子供「魔法使い?お前が?」

少年「そうだよ」

子供「いやいや、待て。それはおかしい」

少年「何でさ?一応僕にも魔力はあるみたいだし、おかしい事は無いだろ」

子供「そうじゃなくて!お前は、俺達の中じゃ村で一番強いんだぞ?」

少年「だから?」

15: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:06:54 ID:M0y5SWHjm ×
子供「お前は勇者になるべくして産まれたような奴なんだよ!そんな奴がどうして魔法使いなんか……」

少年「僕より強い人なんていくらでもいるさ」

子供「……そうだろうけど」

少年「それに、僕は誓ったんだ」

子供「は?誓った?」

少年「魔法使いになって、なんでもできるようになりたいんだ」

少年「攻撃も、防御も、回復も、なんだってできるように」

子供「……何かあったか?」

少年「……少なくとも、自分の負った傷は自分で回復できるようにはしたいんだ」

子供「ふーん。まぁいいか」

少年「大丈夫だよ。魔法使いを目指すからって、剣術の稽古はやめないからさ」

子供「へ?なんで?」

少年「魔法使いが剣振れたっていいだろ?」

子供「男の魔法使いってだけでも珍しいのによ」

少年「剣もできる男魔法使いがいたっていいだろ」

子供「……ま、頑張れよ」

少年「あぁ、君も頑張って戦士になれよ」

子供「おうよ」
16: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:08:25 ID:M0y5SWHjm ×
ーーーーー

少女「ふん!ふん!」

ブンッ!ブンッ!

少女「うーん、うまくいかないなぁ」

バタバタバタバタ

兵士「あ、お嬢!」

少女「あ、兵士!今日も練習見てくれる!?」

兵士「……お嬢、ちょっとそれどころじゃなくなりました」

少女「え?何で?」

兵士「……魔王が復活しました」

少女「……え?」

「兵士!急げ!」

兵士「おうよ!!っと、お嬢」

少女「……兵士」

兵士「大丈夫ですよお嬢、別に死ぬわけじゃないんですから」

少女「……分かった。待ってる」
17: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:11:05 ID:M0y5SWHjm ×
ーーーーー

国王「……魔王が」

側近「ハイ、とうとう復活しました」

国王「いつか来ると分かってはいたが、ついにか」

側近「魔王討伐の為、すでに200以上の勇者達が旅に出ております」

国王「……そうか」

側近「どうかされましたか?」

国王「……昔は、勇者も少なかったな、と」

側近「昔の勇者は、選ばれた者にしかなれませんでしたからね」

国王「娘は、どうしてる?」

側近「……相変わらず、剣術の稽古をしています」

国王「まだ勇者になると言って聞かないのか」

側近「はい……」

国王「このことをアイツが知れば……」

側近「旅に出ると言うでしょうね」

国王「……やはりか」

側近「しかし、お嬢様はまだ10歳。まだ冒険に出るには早いでしょう」

国王「いくつになったって冒険に出す気は無いさ」

側近「……では、私はこれで」
18: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:14:31 ID:M0y5SWHjm ×
バタンッ

側近「……お嬢様」

少女「なあに?側近?」

側近「!?」

少女「ねぇ、今の話しって……」

側近「……聞いていらしたのですか」

少女「魔王のことは兵士から聞いてた。でも、パパは……」

側近「……お嬢様、お聞きください」

少女「……側近?」

側近「魔王は目覚め、魔王軍は復活します。そして、モンスター達は国軍を攻めて来ます。そうすれば、人間と魔王軍は戦争になります」

少女「……うん」

側近「そして、戦争を止める為には、魔王を倒せる、選ばれし勇者が必要です」

少女「……選ばれし、勇者」

側近「現在、勇者は誰にでもなれます。しかし、魔王を倒せるのは才能に選ばれた真の勇者だけです」

少女「……」

側近「お嬢様、アナタは選ばれし勇者の卵だと私は思っております。6年後、16歳になったその時、魔王がまだいれば、私は、お嬢様が旅に出れるよう全力でサポートします」

少女「側近……」

側近「ですからその時まで、どうかお待ちください、お嬢様」
19: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:18:12 ID:M0y5SWHjm ×
少女「……分かった」

側近「……お嬢様」

少女「私、その時が来るまで待つ。だから、側近も待っていて」

側近「……かしこまりました」

少女「……それじゃ、私は稽古してくるね。一人でだって剣は振れるから」

側近「頑張ってくださいませ」

少女「うん」

タッタッタッ

側近「……お嬢様」

側近「……神よ、どうか、彼女に旅をさせてくださいませ」

側近「才能に選ばれし彼女を、どうか……」
20: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:21:45 ID:M0y5SWHjm ×
ーーーーー

ザワザワ……ザワザワ……

「魔王が復活したらしい……」

「この村は大丈夫だが、魔王城近辺の村はもう……」

「この村も安全ではなくなるかもしれない……」

子供「おいおい、聞いたか?大人達の会話」

少年「盗み聞きは趣味悪いんじゃ無いかな?」

子供「盗み聞きじゃないって!たまたま聞こえちゃっただけ!」

少年「ふーん」

子供「つか、それならお前も盗み聞きになるじゃねえかよ」

少年「まぁね。魔王の事だろ?」

子供「おう。魔王復活の影響で今まで大人しかったモンスターもいまじゃ暴れまわってるらしいぜ」

少年「ちょっと前までは人間とモンスターの垣根は無かったらしいのにね」

子供「は?何それ?」

少年「知らない。本に書いてあったんだよ」
21: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:24:26 ID:M0y5SWHjm ×
子供「はー、そんな時代があったのかね?」

少年「さぁ?もう関係ないことじゃない?魔王復活しちゃったみたいだし」

子供「だな!そんで、お前どうすんだ?」

少年「どうするって?」

子供「魔王が復活した今!魔王討伐の旅ができるんだぜ!?」

少年「旅ができるって、ピクニックに行くのとは違うんだよ?強力なモンスター相手にして、命を危険に晒して戦うんだから」

子供「わ、分かってるよ!で、お前はいつ行くんだ?」

少年「……16歳くらいかな」

子供「奇遇だな!俺も16歳くらいの予定!」

少年「なんで?」

子供「へ?」

少年「なんで16歳なの?ちゃんと理由があるんでしょ?」
22: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:26:33 ID:M0y5SWHjm ×
子供「そりゃ、もちろん旅に出るのが許される年齢だからな!」

少年「ふーん」

子供「そういうお前はどうなんだよ?」

少年「僕?色々あるけど、やっぱり早い方がいいしね」

子供「なんだよ、対して変わんねえじゃねえかよ!」

少年「……確かにな」

子供「よっしゃ!そうと決まれば稽古をしようぜ!10年後、強くなるためによ!」

少年「ハイハイ、行ってらっしゃい」

子供「いや、お前も行くんだよ!」

少年「やだよ、今本読んでるから」

子供「またかよ……分かった分かった!じゃあお前の魔法の練習にも付き合うから!」

少年「!」

子供「な、それならいいだろ!?」

少年「……分かった。それなら付き合うよ」

子供「よし、決まり!行こうぜ!」

少年「うん」
23: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:28:18 ID:M0y5SWHjm ×
ーーーーーーーーーー

ガサガサ……ガサ……

「……こっちです、お嬢様」

「うん、分かった」

「慎重に進んでくださいませ」

ガサガサ……ガサガサ……

「この穴を出れば、外です」

「うん」

ガサガサ……ガサ……

側近「……着きましたよ、お嬢様、城の外へ」

「知らなかったよ、こんな地下道があったなんて」

側近「城のごく一部の人間しか知りません。もちろん、国王様も」

「……ありがとう、側近」

側近「いえいえ」

「私に魔法を教えてくれたのも側近だし、長かった髪を切ってくれたのも、装備や道具を用意してくれたのも、全部側近だし」

側近「言ったはずです。全力でサポートすると」

「……本当にありがとうね。側近」
24: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:29:16 ID:M0y5SWHjm ×
側近「ではお嬢様、そろそろ……」

「……うん、行くね」

側近「……では、行ってらっしゃいませ、お嬢様」

「違うよ側近。もうお嬢様じゃないよ」

側近「……そうでしたね、失礼。では、もう一度」

「うん」



側近「行ってらっしゃいませ、勇者様」

女勇者「うん、行ってくる」
25: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/02(金)23:30:50 ID:M0y5SWHjm ×
ーーーーーーーーーー

「……いよいよだな」

「あぁ、ここから先は別々の道だけどな」

「……良かったのか?勇者からの誘い、全部断って?」

「いいんだ。どうせアイツらが見てるのは、魔法学校主席の称号だけだ」

「そっか」

「お前は、勇者と行くんだよな」

「あぁ、せっかくの誘いだったからな」

「お前にも沢山誘いが来てたっけな」

「お前ほどじゃないさ」

「そっか……」

「……さて、と、それじゃあ行くか」

「あぁ。それじゃあ行こうか」

「だな」


魔法使い「またな、戦士」

戦士「またな、男の魔法使いさんよ!」

34: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/03(土)22:30:33 ID:o7gWPtFGb ×
ーーーーー

女の子「ひっく……ひっく……」

女の子「お母さん……お母さん……」

ガサガサッ!!

ゴブリン達「キェェェェ!!」

女の子「!?」

ゴブリンA「お?ラッキー!人間のメスのガキじゃねえか」

ゴブリンB「ガキの肉はうまいからなぁ!!こいつはいい収穫だぜ」

女の子「ヒッ!?」

ゴブリンC「もうちょい成長してりゃあ慰みものにもできたけどな!ギャハハハハ!!」

女の子「やぁっ……こないで!」

ゴブリンA「おいおい泣いちまったぜ?たまんねぇな!!」

ゴブリンB「早いとこ連れてっちまうか!!」

ゴブリンC「いい子にしててねー?すーぐ楽になるからねー?」

ゴブリン達「ギャハハハハ!!」

女の子「やっ……イヤッ!!」
35: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/03(土)22:34:11 ID:o7gWPtFGb ×
ザシュッ!!

ゴブリンA「ギャハハハハ……ハ?」

ドサッ

ゴブリンB「あ?ゴブリンA?どうした?」

ゴブリンC「!! ゴブリンB!!後ろだ!!」

ゴブリンB「あ?」

ザシュッ!!

ゴブリンB「ア……アアアアア!!」

ドサッ

?「後一匹だね。お嬢ちゃん、もうちょっと待っててね」

ゴブリンC「テ、テメェ!よくも!!」

?「あーあ、慌てちゃって」

ザシュッ!!ザシュッ!!

?「隙だらけだったよ?」

ゴブリンC「あ……あぁ」

ドサッ

?「ふぅー、疲れた。大丈夫だった?お嬢ちゃん?」

女の子「……うん」

?「この森はゴブリン達が住んでるから危険だし、一緒に出よう?」

女の子「う、うん!」
36: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/03(土)22:37:12 ID:o7gWPtFGb ×
ーーーーー

母親「あの子ったら、今頃どこにいるのかしら?」オロオロ

父親「安心しなさい、きっとすぐに帰ってくる」

母親「でも!もしゴブリンの森に入っていたら!!」

父親「……大丈夫、きっと帰ってくるさ」

「お母さーん!お父さーん!」

母親「!?」

父親「あの声……娘だ!!」

女の子「お母さん!お父さん!ただいま!」

母親「馬鹿!今までどこにいたの!」

女の子「綺麗なお花を探して、森に行ってたの!」

父親「森に!?あそこにはゴブリン達が!」

女の子「いたよ!でもね、お姉ちゃんがやっつけてくれたの!」

?「もう森に一人で入っちゃダメだよ?」

女の子「うん!お姉ちゃん!」
37: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/03(土)22:40:08 ID:o7gWPtFGb ×
母親「アナタが……娘を」

父親「……ありがとうございます」

?「いえ、当然のことをしたまでです」

母親「あの……お名前は……」

?「……女勇者」

父親「え?」

女勇者「女勇者です。今は勇者として魔王討伐の為の旅に出てます」

父親「女性の身で、勇者を?」

女勇者「はい、ちょっと珍しいですけどね」

父親「い、いえ!そんなつもりでは!」

女勇者「大丈夫ですよ。自分でも思ってますから」

女の子「お姉ちゃんね!私を襲おうとしたゴブリンを一人でやっつけたんだよ!」

父親「一人で!!お強いんですね」

女勇者「まぁ、一応勇者なんで」

母親「あの、本当にありがとうございます!!」

女勇者「そんな、頭を上げてくださいよ」
38: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/03(土)22:43:26 ID:o7gWPtFGb ×
母親「では、何かお礼を!お礼をさせてください!」

女勇者「そんな、大げさですってば……」

母親「いえ!娘の命を救ってくれた方に、何もしないんでは私の気が済みません」

父親「私からも、是非」

女勇者「うーん、困ったなぁ……」

グイグイ

女の子「ねぇお姉ちゃん!ウチでご飯食べていってよ!」

女勇者「ご飯?」

女の子「うん!お母さんの料理、すっごく美味しいんだよ!」

女勇者「え?ホント?」

女の子「うん!だから一緒に食べよ?」

女勇者「……でしたらお母さん、お言葉に甘えてよろしいですか?」

母親「はい!是非どうぞ!」

女勇者「ふふっ、ありがとうございます」
39: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/03(土)22:47:45 ID:o7gWPtFGb ×
ーーーーー

女の子「……スー……スー」

母親「へぇ、その若さで旅を?」

女勇者「はい。ずっと父親に反対されていたんですけど、ある人のおかげで……」

父親「ちなみにそのお父さんは何をしている方なんですか?」

女勇者「……詳しくは言えませんが、貴族みたいなものです」

父親「貴族!?」

母親「と言うことは、貴族の方でしたか!」

女勇者「そんな大層なもんじゃないですよ。それに今はもう関係無いことですし」

父親「そ、そうですか」

母親「それで、次はどの町に?」

女勇者「そうですね。仲間を募集するため、隣の村に行こうかと」

母親「でしたら、あの子に会えるかもしれませんね」

女勇者「あの子?」

父親「あぁ、この間この村を出た男の魔法使いがいましてね」

女勇者「……男の魔法使い?」
40: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/03(土)22:50:32 ID:o7gWPtFGb ×
母親「ええ、なんでも魔法学校を首席で卒業した優秀な子らしいですよ」

女勇者「へー、是非仲間に引き入れたいですね」

父親「でも、彼は旅に出る前から数多の勇者から誘いが来たのですが、全て断っているらしいですよ」

女勇者「それは興味深いですね」

母親「仲間にできるといいですね!なんなら色仕掛けでもして!」

女勇者「いやー、私なんかじゃ色仕掛けなんてできませんよ」

父親「ご謙遜を!女勇者さんは、とても可愛らしい容姿をしていらっしゃいますよ?」

女勇者「もーお父さんってば口が上手いんですから!」

母親「ホント、若い女の子見るとすぐこうなんですよ」

父親「ちょ、ちょっと母さんったら!」

アハハハハハ!

女の子「……うーん、どうしたの?」

母親「あら、起きちゃった」
41: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/03(土)22:53:28 ID:o7gWPtFGb ×
女の子「うーん……お姉ちゃんは?」

女勇者「ハイハイ、ここにいますよ」

女の子「あ、お姉ちゃん!」

女勇者「うん、なあに?」

女の子「お姉ちゃん、今日泊まっていくよね?」

女勇者「うーん、それは無理かな」

女の子「えー?なんで?」

女勇者「私は勇者だから、旅を続けないといけないからね」

女の子「そんなー」

女勇者「大丈夫だよ。魔王を倒したら、きっとまた来るから!」

女の子「分かった!約束だよ!」

女勇者「うん!」

母親「……頼もしい方ですこと」

父親「そうだな。アイツによく似てる」
42: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/03(土)22:55:46 ID:o7gWPtFGb ×
ーーーーー

女勇者「スミマセン、わざわざ道中の食事まで用意していただいて」

母親「いえいえ、道中お気をつけください」

女勇者「ハイ!ありがとうございます!」

女の子「お姉ちゃん、またね!」

女勇者「うん、またね!」

母親「……行ってしまいましたね」

父親「だな」

女の子「ねぇねぇ、お姉ちゃん次いつ会えるかな?」

母親「……近いうちに会えると思いますよ」

父親「あぁ、そう遠くは無いさ」

女の子「ホント?やった!」

父親「……魔王がまた目覚めたか」

母親「前回は、ダメでしたからね……」

女の子「?」

父親「おっと、そろそろ家に入ろうか。体が冷えてしまうからな」

母親「そうね。それじゃお風呂に入りましょ」

女の子「うん!」
43: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/03(土)22:57:50 ID:o7gWPtFGb ×
ーーーーー

女勇者「次の村に着いたら仲間探しの始まりだね」

女勇者「それにしてもあの両親、やけに質問して来たな」

女勇者「やっぱり、女で勇者ってのが珍しいのかね?」

女勇者「さて、とりあえず早く次の村に行かないとね!」

ガサガサガサガサッ!!

ゴブリンD「こいつか、仲間をやった野郎ってのは」

ゴブリンE「女か!しかも丁度いい年頃の!」

ゴブリンF「食ってよし! してよし!」

ゴブリンG「最ッ高のメスじゃねえか!!」

ゴブリンH「しかもかなりの上物だぜ!!」

ゴブリンI「うっひょー!!はやくめちゃくちゃにしてえ!!」

女勇者「……はぁ、ゴブリンの群れか。やだなぁ」

ゴブリンD「よっしゃ行くぜ!!」

ゴブリン達「ヒャッハー!!」

女「群れってめんどくさいんだよね。数だけ多くてさ」

ザシュッ!!ザシュッ!!ザシュッ!!ザシュッ!!ザシュッ!!

ドサドサドサドサッ

ゴブリンD「……へ?」
44: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/03(土)23:01:27 ID:o7gWPtFGb ×
女勇者「あーあ、仕留めそこねちゃった。だからめんどくさいんだよね」

ゴブリンD「ひ、ひぃ!!」

女勇者「え?何?怯えてるの?」

ゴブリンD「く、来るなぁ!!」

女勇者「あー、みっともない。分かったよ、近づかないよ」

ゴブリンD「……へ?」

女勇者「ほら、逃げるなりなんなり勝手にしな」

ゴブリンD「……」

女勇者「何?それとも斬られたいの?」スッ

ゴブリンD「ひっ!!お、覚えてやがれ!!」ダッ

女勇者「……背中は、敵に向けない方がいいんじゃないかな?」

ボオウッ!!

ゴブリンD「は?火?」

女勇者「メラ」

ボオオオッ!!

ゴブリンD「ぎゃ、ぎゃああああ!!熱いいいいい!!」

女勇者「子供が来るような森にいるゴブリン、見逃すわけ無いじゃん。第一、見逃すなんて一言も言ってないのにさ」

ゴブリンD「ああああああああ!!」

シュウウウ……

女勇者「あらら、灰になっちゃった」

女勇者「でもなー、側近のメラはもっと凄かったからなー」

女勇者「ま、これから勉強していけばいっか!」

51: 名無しさん@おーぷん:14/05/04(日)23:06:18 ID:AZGd3IS8F ×
ーーーーー

ワイワイガヤガヤ

「いらっしゃーい!!安くするよー!!」

「武器ー、武器はいらんかねー?」

「傷ついたそこのアナタ!回復薬置いてるよ!!」

魔法使い「うわぁ……凄い賑わいだな」

商人「お、そこの魔法使いさんよ、今夜の宿はお決まりかい?」

魔法使い「残念だったね。お決まりだよ」

商人「まさか野宿なんて言わないですよね?」

魔法使い「そのまさかだったら?」

商人「危ない危ない!それだったら格安の宿紹介するよ?」

魔法使い「大丈夫、ちゃんと宿とってるから」

商人「……ッチ、おっとそこの踊り子さんよ!今夜泊まる宿は決まってるかい?」

魔法使い「……舌打ちならもうちょっと離れてしろよな」

魔法使い「……ま、離れてても聞こえるんだけどさ」

魔法使い「えっと、酒場は………あったあった」

53: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/04(日)23:08:12 ID:AZGd3IS8F ×
ワイワイワイワイ

魔法使い「……ここも賑わいも外に負けてないな」

魔法使い「えっと、依頼はっと……」

魔法使い「……ゴブリンの討伐か」

主人「おっと兄ちゃん、その依頼受けんのかい?」

魔法使い「考え中だよ」

主人「やめとけやめとけ、兄ちゃん見た所旅に出たばっかで仲間もいないんだろ?」

魔法使い「……まぁね」

主人「それにこのゴブリン達はリーダーを中心に群れを作って生活してる。悪いことは言わねぇ。やめとけやめとけ」

魔法使い「……受ける」

主人「は?お前さん今なんつった?」

魔法使い「受けるよ、この依頼」

主人「いやいやいや、アンタ馬鹿か!?第一に依頼受けんのにも金が必要なんだぞ!?」

魔法使い「契約金だっけか?ほらよ」

ドサッ

主人「……気をつけてな」

魔法使い「報酬、忘れるなよ?」

58: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/04(日)23:13:47 ID:AZGd3IS8F ×
ーーーーー

魔法使い「……ここか」

魔法使い「ゴブリンの森。自然豊かな綺麗な森だったが、魔王が復活したことでゴブリンが住み着き、今ではゴブリンが支配する森になった、ねぇ」

魔法使い「それじゃ、行こうか」

キャーッ!!

魔法使い「……悲鳴、女のものだね」

魔法使い「……急ぐか」

タッタッタッ


女「いやぁ!離して!」

ゴブリン1「ヒャヒャヒャ!!こりゃ上物だ!ヨダレが止まんねぇ!」

ゴブリン2「歳は18くらいか……最高の慰み者の素材だなぁ!!」

女「ヒイッ!!イヤ!誰か!誰かあ!!」

ゴブリン1「ハッ!叫んだって誰もきやしないぜ!!」

ゴブリン2「この森は広いからなぁ!!こんな所からじゃ誰にも聞こえねえよ!!」

魔法使い「やっ」

ゴブリン達「ってええ!?」

女「……魔法使い?」

魔法使い「男のね」
59: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/04(日)23:16:11 ID:AZGd3IS8F ×
ゴブリン1「て、てめえ!驚かすんじゃねえ!!」

ゴブリン2「そうだ!!ぶっ殺すぞ!!」

魔法使い「それじゃ、魔法使いデビューの初戦闘と行きますか」

ゴブリン1「行くぜ!!この棍棒の餌食にしてやる!!」

ゴブリン2「ヒャッハー!!」

魔法使い「……ヒャド!!」

ビュオオオオオ!!
カチンッ!!

ゴブリン1「なっ!?足から体が!!」

ゴブリン2「凍っていく!?」

魔法使い「よかった。ちゃんとモンスターにも効くみたいだ」

ゴブリン1「クソッ!!全身が……凍って!!」

ゴブリン2「動けねぇ!!」

魔法使い「……ねぇ、氷って、強い衝撃を受けると砕けるよね?」

ゴブリン1「まさか!?」

ゴブリン2「た、助けてくれ!!」

魔法使い「さっきそこの女の人が助けてって言った時、なんて言った?」

ゴォォオオオ!!

ゴブリン1「た、頼む!命だけは!」

ゴブリン2「や、やめろおおお!!」

魔法使い「イオ」

ドゴォォオオオン!!
60: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/04(日)23:19:14 ID:AZGd3IS8F ×
女「…………」

魔法使い「……怪我、無い?」

女「は、はい!あの、ありがとうございます!」

魔法使い「いえいえ。でも、危ないですから早く帰ることをお勧めします」

女「ハイ!では!」

タッタッタッ

魔法使い「……ゴブリンは人間の女を捉え、食べたりする、か」

魔法使い「本に書いてあった通りだったけど、本当、下衆なモンスターだな」

魔法使い「……さっさと駆逐しないと」

魔法使い「そんじゃあ、声の聞こえる方に進みますか」

魔法使い「次は……あっちか」
61: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/04(日)23:24:13 ID:AZGd3IS8F ×
ーーーーー

魔法使い「………よし、これで木の枝は大丈夫だな」

魔法使い「後は木の枝を積んでっと……」

魔法使い「そんで、メラ」

ボッ!

魔法使い「火力調整できるし、ホント便利だな。メラ。つか火」

魔法使い「結構遅くなっちまったな……うっわ、星めっちゃ綺麗」

魔法使い「でも、なぁ……」チラッ

ゴブリン達「」

魔法使い「ハァ……今日だけでどんぐらいゴブリン倒したっけ?」

魔法使い「確か50超えた辺りで数えんのやめたっけな……まぁ、いいか」

ああああああああ!!

魔法使い「今の……ゴブリンの悲鳴?」

魔法使い「……結構近かったな、誰かいるのか?」

ガサガサ……ガサガサ……

魔法使い「っ!?敵か!?」

ガサガサ……ガサガサ……ヒョイ

「あれ、旅の方ですか?」

魔法使い「……人間」

「あ、スミマセン、突然現れて」

女勇者「初めまして、私、女勇者です!」
62: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/04(日)23:28:28 ID:AZGd3IS8F ×
魔法使い「……女、勇者?」

女勇者「ハイ、アナタは?」

魔法使い「……魔法使い。よろしく」

女勇者「よろしく!私は、女だけど勇者をやってるんだ!」

魔法使い「うん、見たら分かるよ……」

女勇者「アナタは、魔法使いだよね?」

魔法使い「まぁ、一応……」

女勇者「今は、何をしてるの?」

魔法使い「……もう遅いから、朝になるまで待ってる。朝になったら依頼を終わらせる」

女勇者「依頼?」

魔法使い「うん、酒場で受けたゴブリンを討伐する依頼。君は違うの?」

女勇者「私は、次の村に行く道中でして……」

魔法使い「……なるほど、やっぱりか」

女勇者「へ?やっぱり?」

魔法使い「いや、なんでもない。それよりもう遅い、君もここにいるかい?」

女勇者「うん、是非!」

64: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/04(日)23:31:43 ID:AZGd3IS8F ×
ーーーーー

魔法使い「でも、道中のゴブリンはどうしてたんだい?ゴブリンが群れで襲って来た時なんかは」

女勇者「別に?普通に斬ってたよ?仕留めそこねたら魔法で倒してた」

魔法使い「群れを剣で!?」

女勇者「うん。あ、パン食べる?」

魔法使い「え?あ、ありがとう」

女勇者「でも、私はそんなに魔法は強くないから、ほとんど剣で倒してたよ」

魔法使い「でも、どうやって?」

女勇者「私に剣を教えてくれた人が、剣術の達人だったんだ。城の中じゃかなう人はいなかったんだ」

魔法使い「へー、凄い人なんだね」

女勇者「ねぇ、君はどうして魔法使いになったの?」

魔法使い「……僕は、自分のためかな」

女勇者「自分の?」

魔法使い「うん……昔、友達と遊んでた時にモンスターに襲われて、僕は友達をかばって怪我をしたんだ」

女勇者「それで、モンスターを倒せるようにって?」

魔法使い「……違う。モンスターは倒せたんだ」

女勇者「子供の頃に!?」

魔法使い「うん、一応戦闘の事は学んでたから」
65: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/04(日)23:35:12 ID:AZGd3IS8F ×
女勇者「へー、私なんて子供のころはまだ剣振ったばっかりだったよ」

魔法使い「……でも、友達は泣いていたんだ。モンスターを見て、じゃなく、僕の傷を見て」

女勇者「傷を、見て……」

魔法使い「痛そうだって、ごめんなさいって……」

女勇者「…………」

魔法使い「それで、僕は考えた」

魔法使い「怪我も、何もかも、自分の事を自分で出来ればってさ」

女勇者「……回復魔法」

魔法使い「それからは、努力し続けた。回復魔法も、攻撃魔法も、色んな魔法を覚えたんだ」

女勇者「……その火も、メラで?」

魔法使い「まぁね。努力のかいあって、魔法学校も主席卒業できたしね」

女勇者「あ、君だったんだ。話に聞いた魔法使いは!」

魔法使い「へ?」
66: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/04(日)23:39:54 ID:AZGd3IS8F ×
女勇者「そのパンくれた家族がね、君の事教えてくれたんだ。凄い魔法使いがいるって!」

魔法使い「……なんか、照れるな」

女勇者「何言ってるの!君は実力を認められてるんだよ?もっと胸張りなよ!」バンバンッ!

魔法使い「あ、ありがと……君は?」

女勇者「へ?私?」

魔法使い「君は、なんで勇者に?」

女勇者「私?私はある意味君とは真逆だよ」

魔法使い「逆?」

女勇者「私は、人を守るために勇者になったんだ」

魔法使い「人を守るため、か。素敵な理由だね」

女勇者「でしょ?」

魔法使い「うん。立派な理由だよ」

女勇者「ふふ、ありがとう」

68: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/04(日)23:47:14 ID:AZGd3IS8F ×
ーーーーー

女勇者「……すー……すー」

魔法使い「……寝ちゃったか」

女勇者「ん……すー……すー」

魔法使い「人を守るため、か……」

魔法使い「……ホント、立派な理由だよ」

ガサガサ……ガサガサ……

魔法使い「……動くな」

ガサッ……

魔法使い「早いとこ巣に帰れ。今、機嫌がよくないんだ」

ガサガサガサガサ!!

ゴブリン3「残念だったなぁ!!俺達も丁度不機嫌なんだよ!!」

ゴブリン4「つーわけでそこのお嬢ちゃんをよこしな!!」

ゴブリン5「安心しろ、お前の代わりにちゃあんと調 しておくからよ!!」

ゴブリン達「ギャハハハハハッ!!」

魔法使い「……後悔、すんなよ」

ゴオオオオオオオ……

魔法使い「メラゾーマ!!」

ゴブリン3「……へ?」

ドゴオオオオオオオオン!!

魔法使い「……忠告はしたはずなのにさ」

魔法使い「……はぁ」

魔法使い「ここで……か」

78: 名無しさん@おーぷん:14/05/05(月)23:13:26 ID:fUaN5mNVw ×
ーーーーー

「ねぇ、いいの?」

「ん?何が?」

「こんなところにいて、いいの?」

「大丈夫だよ、安心して」

「そうなんだ。なら、いいんだ」

「うん」

「!? 危ない!」

「きゃっ!!」

「うっ……ぐっ……」

「……え?」

「うらぁあ!!」

「…………その腕」

「ハァ……ハァ……だ、大丈夫だよ」

「……ーーーー」

「ーーー」

ザ……ザザ……ザ……

80: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/05(月)23:16:59 ID:fUaN5mNVw ×
ーーーーー

女勇者「……んん」

魔法使い「……起きた?」

女勇者「……おはよう」

魔法使い「うん、おはよう。朝食、出来てるよ」

女勇者「ありがと……」

魔法使い「? どうかした?」

女勇者「……ううん、なんでもない」

魔法使い「そう?」

女勇者「うん!それじゃ、いただきます!!」

魔法使い「うん、召し上がれ」

女勇者(……不思議な夢だったな)

女勇者(まるで……どこかで起きてるみたいな)
81: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/05(月)23:20:43 ID:fUaN5mNVw ×
魔法使い「……大丈夫?」

女勇者「へ?」モグモグ

魔法使い「なんだか、表情が暗いけど」

女勇者「ふうん、はいほーふはほ!!へいひへいひ!!」モグモグ

魔法使い「うん、食べながらしゃべんなくても大丈夫だよ」

女勇者「ほっか」ゴクンッ

女勇者「ううん、大丈夫だよ!!平気平気!!」

魔法使い「そっか。それなら、後少ししたら行こうか」

女勇者「了解!!」
82: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/05(月)23:23:12 ID:fUaN5mNVw ×
魔法使い「さて、僕も食べなくちゃ」

女勇者「……」ジーッ

魔法使い「……ん?どうかした?」

女勇者「いや、さ……そのローブ、暑くないの?」

魔法使い「いや?どうして?」

女勇者「いや、なんとなく」

魔法使い「でも、このローブは僕にとって大切な物なんだ」

女勇者「へー、誰かからもらったとか?」

魔法使い「んー、まあそんな感じかな」

女勇者「ふーん」モグモグ
83: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/05(月)23:26:15 ID:fUaN5mNVw ×
グアアアアアアアアッ!!

女勇者「っ!?」

魔法使い「今の声、ゴブリン……いや、違うな」

女勇者「分かるの?」

魔法使い「なんとなくね……」

女勇者「でも……いまのって……」

魔法使い「……ボスか!」

女勇者「ボス?」

魔法使い「あのゴブリン達はボスを中心に群れを作ってこの森に暮らしてる。そのボスが、今鳴いたんだろ」

女勇者「そうだったんだ……」

魔法使い「……行こう。森の奥だ」

女勇者「う、うん!!」

ダッ!!
84: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/05(月)23:29:10 ID:fUaN5mNVw ×
ーーーーー

ゴブリン王「ったく!!どいつもこいつも!!まともにメス一匹連れてこれねぇのかよ!!」

部下ゴブリン「す、すみません!ゴブリン王様!!」

ゴブリン王「……ッチ、まったく、使えねぇやつらだな!」

部下ゴブリン「……実は今、人間がこの森に入り込み、仲間が大量にやられております」

ゴブリン王「あぁ!?」

部下ゴブリン「すでに三桁近くの仲間達がやられております」

ゴブリン王「なるほどなぁ……よし、仲間達に伝えろ!ソイツには手ェ出すな!!」

部下ゴブリン「……ゴブリン王様?」

ゴブリン王「ソイツは俺が殺る。ハッ!久しぶりに昂ぶってきちまったよぉ!!」

グアアアアアアアア!!

87: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/05(月)23:55:31 ID:fUaN5mNVw ×
ーーーーー

魔法使い「…………」

女勇者「あと、どれくらいかな!?」

魔法使い「…………」

女勇者「悪いゴブリンのボスなんて私がすぐに……あれ?」

魔法使い「……止まって」

女勇者「へ?あ、うん!」

魔法使い(……おかしい、ここまでゴブリンが一匹も出てこない)

魔法使い(一体、どうして……)

女勇者「あ、あのー?どうかしたの?」

魔法使い「静かに」

女勇者「は、はい!」

魔法使い「…………」

女勇者「…………」

魔法使い(やけに静かだな……いや、違う)

魔法使い「……なるほどね」ニヤリ

女勇者「え?え?なるほど?」

90: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/05(月)23:59:44 ID:fUaN5mNVw ×
魔法使い「ねぇ、女勇者」

女勇者「は、はい!?」

魔法使い「おかしいと思わないかい?」

女勇者「へ?何が?」

魔法使い「出てこないだよ、ゴブリンがさ」

女勇者「え?あぁ、確かにそうだね」

魔法使い「森もやけに静かなんだよ」

女勇者「そ、そう?」

魔法使い「おそらく、僕たちは待ち構えられてる」

女勇者「なるほど、だからさっきの……」

魔法使い「……女勇者、提案があるんだ」

女勇者「提案?」

魔法使い「あぁ、まずーーーーー」
91: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:07:02 ID:TeO8bJ5W7 ×
ーーーーー

ゴブリン王「…………」

部下ゴブリン「ゴブリン王様!!現在人間が一人接近中です!!」

ゴブリン王「ほほう、どっちだ?」

部下ゴブリン「へ?どっち?」

ゴブリン王「オスかメスかに決まってんだろうがあ!!」

部下ゴブリン「ひ!メスです!若いメスでございます!」

ゴブリン王「若いメス!?最高じゃねえか!!よーしよしよし!!早く来やがれ!!」


魔法使い「へー、やっぱり本に書いてあった通りだ」

ゴブリン王「っ!?」バッ!!

魔法使い「人間の女、それも若い女を好む、か。聞けば聞くほど下衆なモンスターだね」

部下ゴブリン「き、貴様ァ!!どこから来た!!」

魔法使い「へ?村からだけど」

部下ゴブリン「ふ、ふざけるなぁ!!」

ゴブリン王「馬鹿!!むやみに突っ込むな!!」
92: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:10:40 ID:TeO8bJ5W7 ×
魔法使い「ヒャド」

ビュオオオオオオオ!!

部下ゴブリン「ぐっ!?体が凍っていく!?」

魔法使い「続きましては、イオ!」

ドゴオオオン!!

部下ゴブリン「ぐ、ぐわあああ!!」

魔法使い「あーぁ、むやみに突っ込むから、下半身無くなっちゃったね」

部下ゴブリン「き、貴様ァ!!」

魔法使い「あ、安心してよ。大丈夫だから……」

魔法使い「君が死ぬのは最後だ」

部下ゴブリン「っ!!」ゾクッ!!

ゴブリン王「……テメェ、やるじゃねえかよ」

魔法使い「あ、アンタがボスか。なるほどね、強そうじゃん」

ゴブリン王「そんでお前、どうやって俺たちに気付かれずにここに来た?」

魔法使い「どうやって来たと思う?」

ゴブリン王「……いい、テメェに吐かせてやる」ジャキッ

魔法使い「でっかい斧だね。それ、人間から盗んだの?」

ゴブリン王「まあな!!」

ブオオンッ!!
93: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:13:26 ID:TeO8bJ5W7 ×
魔法使い「!?」サッ!

ゴブリン王「お、かわしたか」

魔法使い「まったく、危ないじゃないの」

ゴブリン王「当然だろうがよ!!」

ブオオンッ!!

魔法使い「ホント厄介だよ、そのリーチは」

ゴブリン王「ほらほらほらほら!!いつまで逃げられるかなぁ!?」

魔法使い「いいや、いつまでも逃げられはしないんだな」ザッ

ゴブリン王「お?立ち止まってなんのつもりだ!?」

魔法使い「ヒャド!!」

パキパキパキッ!

ゴブリン王「なるほど、氷の盾か」

ゴブリン王「だが甘い!!」

バキンッ!!

魔法使い「まぁ破ってくるよね」

ゴブリン王「舐めんじゃねぇ!!」

魔法使い「だから次の手は打ってる」

部下ゴブリン「ゴブリン王様!!後ろです!!」

ゴブリン王「っ!?」
94: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:16:09 ID:TeO8bJ5W7 ×
ピキピキピキピキッ!!

ゴブリン王「氷の欠片が収縮していく!?」

魔法使い「イオラ!!」

ドゴオオオオオオオン!!

魔法使い「……ッチ」

部下ゴブリン「ゴブリン王……様」

魔法使い「よかったな、そこのアンタ」

部下ゴブリン「なっ!?貴様!!」

「やかましい」

部下ゴブリン「!?」

ゴブリン王「よぉ、今のはヒヤっとしたぜぇ?」

魔法使い「アンタのリーダー、そうとう強いわ」

部下ゴブリン「ご、ゴブリン王様!!」

ゴブリン王「ったく、正直人間舐めてたわ」

魔法使い「俺もアンタを舐めてたよ」

ゴブリン王「だからよ……ちょっと大人気ないことするわ」パチンッ

ガサガサガサガサガサガサガサッ

魔法使い「……ちょっと大人気ないだ?ふざけんな」

ゴブリン達「ヒッヒッヒッヒ」

魔法使い「何が、ちょっとだよ」
95: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:19:58 ID:TeO8bJ5W7 ×
ゴブリン王「俺の仲間達総勢500以上のお出迎えだぜ?ありがたく思いな」

魔法使い「余計なお世話だよコンチクショウが」

ゴブリン王「かかれ!!」

魔法使い「……そろそろかな」スッ

ゴブリン達「あぁん?何だその手は!?」

魔法使い「合図だよ」

パチンッ

ザシュッ!!

雑魚ゴブリン「…………え?」ドサッ

ザシュッ!!ザシュッ!!
ザシュッ!!ザシュッ!!

部下ゴブリン「あ……アレは?」

魔法使い「メラゾーマ!!」

ドゴオオオン!!

部下ゴブリン「な、仲間達が……」

ゴブリン王「……ッチ、そっちかよ」

魔法使い「ま、主役は遅れてやってくるってやつだよ」


女勇者「ふぅ、危なかった」
96: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:25:12 ID:TeO8bJ5W7 ×
部下ゴブリン「あ……ああ!!」

ゴブリン王「……なるほどな、最初の通達の女か」

女勇者「さて、後は二匹だけ?」

魔法使い「あ、下半身ない方はまだ殺しちゃダメだよ」

女勇者「りょーかい」

ゴブリン王「……まったく、人間もなかなかやるじゃねえかよ」

魔法使い「いやぁ、正直こんなに上手く行くとは思いませんでした」

女勇者「それじゃ、さっさと終わらせようか」

ゴブリン王「まったく……まったくよぉ、楽しくなって来ちまったよお!!」

魔法使い「っ!!あの動き!!」

ゴブリン王「俺も本気出すしかねえなあ!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!

女勇者「そんな……魔法!?」

ゴブリン王「ベギラマ!!」

魔法使い「くっ!!メラミ!!」

ドッゴオオオオオオオオン!!
97: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:28:12 ID:TeO8bJ5W7 ×
ゴブリン王「ッチ、相殺かよ」

女勇者「い、今のって……」

ゴブリン王「俺様がなんで王様なんて呼ばれるか分かるか?」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!

魔法使い「っ、来る!!」

ゴブリン王「他の奴らより強いからなんだよ!!」

ゴブリン王「ベギラゴン!!」

魔法使い「メラゾーマ!!」

ドッゴオオオオオオオオオン!!

女勇者「きゃっ!」
98: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:32:10 ID:TeO8bJ5W7 ×
ゴブリン王「なかなかやるじゃねえかよ、ますます殺しがいがあるぜ!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!

女勇者「っ、また来る!!」

魔法使い「……女勇者、次だ」

女勇者「……え?」

魔法使い「ちょっと予定は変わったけど、次だ。アイツの攻撃したら、作戦通りに行く」

女勇者「……分かった」

ゴブリン王「ベギラゴン!!」

魔法使い「っく!!」

ドゴオオオオオオオン!!

ゴブリン王「……あ?消えた?」

魔法使い「残念だったね」

ゴブリン王「っ!?」バッ!!

魔法使い「や、顔怖いよ」

ゴブリン王「テメェ!いつのまに背後に!?」

魔法使い「移動魔法……って分かる?」

ゴブリン王「……まさか!?」

魔法使い「ま、想像通りじゃない?ではでは」
99: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:35:32 ID:TeO8bJ5W7 ×
魔法使い『まず、ここからは別行動だ』

女勇者『へ?別行動?』

魔法使い『あぁ、ゴブリン達はきっと森の奥、大群で待ち構えてる。もし囲まれたら厄介だ』

女勇者『う、うん』

魔法使い『そこで、まずは君が正面突破するんだ。そうすればまず敵は君に備えるから』

女勇者『分かった。それで?』

魔法使い『そしたら僕が油断してる奴らを叩く。でも、多分倒し切ることは出来ない』

女勇者『そしたら?』

魔法使い『僕が合図したら、突入して欲しい。ちゃんと君への意識が外れたタイミングで合図するから』

女勇者『うん、了解』

魔法使い『それから、必ず僕が敵の隙を作るから』


『君はそこを叩いて欲しい』
100: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:37:14 ID:TeO8bJ5W7 ×
女勇者(ゴブリン王が後ろを向いた!!今だ!!)

魔法使い(……いいタイミングだ)

ゴブリン王「き、貴様ぁ!!」スッ

魔法使い「あ、多分もうアンタの攻撃は俺には当たらないよ」

ゴブリン王「なっ!?」

女勇者「はああああ!!」

ザシュッ!!

ゴブリン王「ぐっ!?」

魔法使い「もうアンタ攻撃出来ないからさ」

女勇者「はぁ!!はぁ!!はあぁ!!」

ザンザンザンザンッ!!

ゴブリン王「ぐあああああ!!」

ドサッ

女勇者「ハァ……ハァ……」

魔法使い「……女勇者」

女勇者「……魔法使い」

魔法使い「お疲れ様」

女勇者「…………うん」

101: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:42:41 ID:TeO8bJ5W7 ×
部下ゴブリン「うう……ぐう……!!」

魔法使い「あぁ、そうだアンタに色々聞かないとだな」ガシッ

部下ゴブリン「ぐっ!?」

魔法使い「アンタら、なんで女だけを捕まえてるのよ?」

部下ゴブリン「…………」

魔法使い「早く言いなよ。機嫌がよけりゃ回復してあげるからさ」

部下ゴブリン「…………魔王様の為だ」

女勇者「え?魔王?」

魔法使い「だろうよ。ゴブリンは女を捕らえ、食べ、 したりするとは聞くけど、ここには何にも無い」

部下ゴブリン「最初から……分かっていたのか」

魔法使い「で、捕まえた女を魔王はどうしてんの?」

部下ゴブリン「……それは私の知り得る所では無い」

魔法使い「あっそ」
102: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:46:17 ID:TeO8bJ5W7 ×
部下ゴブリン「……で、どう殺すつもりだ?」

魔法使い「あ、ばれてんだ」

部下ゴブリン「目を見れば分かる」

魔法使い「何?俺どんな目してんの?」

部下ゴブリン「……いや、やめておこう」

魔法使い「そうか」

ビュオオオオオオオ……

部下ゴブリン「……さらばだ」

魔法使い「……ああ、またな」

ピキーン!!

女勇者「……ヒャド」

魔法使い「行こうか、女勇者」

女勇者「……いいの?」

魔法使い「へ?」

女勇者「殺さなくて、いいの?」

104: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:50:09 ID:TeO8bJ5W7 ×
魔法使い「……殺すばっかりじゃ人殺しと変わらないよ」

女勇者「でも……」

魔法使い「いいんだよ」

女勇者「……そっか」

魔法使い「行こう、女勇者」

女勇者「…………」

魔法使い「? どうかした?」

女勇者「……ねぇ」

魔法使い「ん?」

女勇者「私と、パーティを組まない?」

魔法使い「…………」

女勇者「君が色んな勇者の誘いを断ったのは聞いたよ。別に、無理にとは言わない」

魔法使い「……そんな噂まで聞いたんだ」

女勇者「うん。でも、君とならきっと、私はどこまでも強くなれる気がするんだ。勇者としても、人としても」

魔法使い「…………」
105: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:52:30 ID:TeO8bJ5W7 ×
女勇者「だから、もしよければ、私とパーティを組んでください!」カァー

魔法使い「……なんか、告白みたいだね」

女勇者「……あんまり変わんないと思うよ」

魔法使い「……分かった」

女勇者「え?」

魔法使い「分かった。君とパーティを組むよ」

女勇者「……ホント?」

魔法使い「それに、僕も言おうと思ってたからね」

女勇者「え!?」

魔法使い「うん。森を抜けたら、言おうと思ってた」

女勇者「……なんか、ズルいよ」

魔法使い「ハハッ、ごめん」

女勇者「むーっ」
106: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)00:55:08 ID:TeO8bJ5W7 ×
魔法使い「ごめんごめん、それじゃ」スッ

女勇者「うん!」スッ

ギュッ

魔法使い「これからよろしく、女勇者」

女勇者「よろしくお願いします、魔法使い!」

ーーーーー

主人「…………」

魔法使い「はい、全額あるね。あんがとさん」

主人「嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ嘘」

魔法使い「いやー、ゴブリン退治大変だったなー」ニヤニヤ

主人「嘘だ嘘だそんな事があるはすがないんだそうだこれは夢だ今俺は夢を見ていて目が覚めたら生意気な魔法使いが倒れたって噂を聞いてそれをツマミに酒を飲むんだハハハハハハハハ」

女勇者「……この人大丈夫?」

魔法使い「大丈夫、行こうか」

女勇者「う、うん」

主人「あばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばばば」

112: 名無しさん@おーぷん:14/05/06(火)23:06:32 ID:ucZhNd5At ×
ーーーーー

ザワザワザワザワ

「なぁ、なんか主人の様子おかしくね?」

主人「あぺペペぺペペぺ」

「あぁ、なんかやり手の魔法使いに一枚食わされたらしいよ」

「やり手の魔法使い?」

「なんでも、急に現れて大変な依頼こなしていって、報酬金たっぷり取られたらしいよ」

「それって例のゴブリン退治?」

「おう。主人、ソイツがくたばるって決め打ってたからよっぽどショックでかかったんだろうよ」

「なるほどね、馬鹿な主人だね」

「確かによ、見た目やなんかで物は決めちゃなんねぇよな」

「そうそう、最近はガキだって怖いもんなんだからよ」

「スリのガキとかか?」

「あー、なるほどな」


「…………なるほどねぇ」
113: 名無しさん@おーぷん:14/05/06(火)23:09:58 ID:ucZhNd5At ×
ーーーーー

魔法使い「……とりあえず、状況整理しようか」

女勇者「うん」

魔法使い「まず、俺達はあの酒場で依頼達成の報告したよな」

女勇者「したね」

魔法使い「それで、報酬金で飯食ったよね」

女勇者「美味しかったね」

魔法使い「それから、早いうちに寝床を確保しようって宿入ったよね」

女勇者「入ったね」

魔法使い「それで僕は二つ部屋を取ろうとしたじゃん?」

女勇者「したね」

魔法使い「では何故、僕達は今同じ部屋にいると思う?」

女勇者「私が一部屋でイイって言ったから?」

魔法使い「さぁここで問題が発生です」
114: 名無しさん@おーぷん:14/05/06(火)23:12:19 ID:ucZhNd5At ×
女勇者「え?なんでよ?」

魔法使い「よし、一から順に説明しようか」

女勇者「分かった」

魔法使い「まず、女勇者、君は女です」

女勇者「だね」

魔法使い「次に、僕は男です」

女勇者「だね」

魔法使い「次に、男女は同じ部屋で寝ません」

女勇者「だね」

魔法使い「では、何故部屋を一つにした?」

女勇者「部屋代浮くじゃん」

魔法使い「これには魔法使い、チクショウの一言です」

女勇者「でも、旅の道中の節約は基本だって教わったよ?」

魔法使い「モラルの方が大事だ」

女勇者「昨日一晩一緒に過ごしといて何を今更」

魔法使い「野外だもの」
115: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:17:28 ID:ucZhNd5At ×
女勇者「えー、でもー」

魔法使い「……ハァ、まぁベッドは二つあるし、もういいか」

女勇者「え?同じベッドで寝ちゃダメなの?」

魔法使い「うん、ダメなの」

女勇者「ハイハイ、分かったよ」

魔法使い「で、行くんでしょ?」

女勇者「うん、行くよ」

魔法使い「それなら、早く行こうか」

女勇者「行こうか!仲間探し!」

魔法使い「うん」
 
117: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:19:54 ID:ucZhNd5At ×
ーーーーー

ワイワイガヤガヤ

魔法使い「そんで、どこ行くつもり?」

女勇者「うーん、酒場に人が多いんだろうけど、なんとなく行きづらいよね」

魔法使い「それじゃ、闘技場とかは?」

女勇者「闘技場?」

魔法使い「あぁ、腕自慢達が集まって試合してる場所だよ」

女勇者「へー、面白そうだね!そこ行こうよ!」

魔法使い「よし、決定」

女勇者「いい人いるといいね!」

魔法使い「慎重に選ばないとだよ」


?「…………」サッ
118: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:22:50 ID:ucZhNd5At ×
ーーーーー

ワー!ワー!ワー!ワー!

魔法使い「……この村はどこ行っても活気に溢れてるな」

女勇者「すっごい盛り上がりー!!」

「おいおい!!アイツ今何連勝だよ!?」

「分かんねぇ!!少なくとも50は行ったろ!!」

「馬鹿!!下手すりゃ100だよ!!」

魔法使い「……へぇ、凄い人いるみたいだね」

女勇者「見に行こ!!」グイッ

魔法使い「わっ、ローブ引っ張んないでよ!!」ジャランッ


?「……金、持ってんじゃん」
119: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:25:43 ID:ucZhNd5At ×
ワー!ワー!

「いっけー!!ブッ飛ばせ!!」

「連勝記録作っちまえ!!」

魔法使い「あそこの中央だ!!」

女勇者「どれどれ!?」

剣士「ハアアアアア!!」

ビュンッビュンッ

女勇者「わっ!凄い剣捌き!」

魔法使い「……違う、そっちじゃない」

女勇者「へ?」

剣士「ハァ!ハァ!ハアアアアア!」

武道家「…………」スッ

ビュンッ!ビュンッ!ビュンビュンビュンッ!!

女勇者「ッ!?全部かわしてる!?」

魔法使い「あの武道家……かなり強いよ」

女勇者「あ、彼が動く!」

魔法使い「え?」
120: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:28:25 ID:ucZhNd5At ×
武道家「…………」ザッ!

剣士「ッ!?」バッ!

武道家「………ハアアアアア!!」

ズドン!!

剣士「なっ!?」

武道家「……隙あり」グオオンッ

剣士「しまっ!?」

ズダアアアアン!!

剣士「ガハッ!!」

審判「勝負あり!!」

ワアアアアアアアア!!

女勇者「す、凄い……」

魔法使い「壁まで直接吹っ飛ばすって……なんつうデタラメな」

女勇者「ねぇ、あの人なら……」

魔法使い「あぁ、仲間にできたら心強いな」

女勇者「よーし、それじゃあ早速行こ!!」

?「…………ッ!!」サッ!!

魔法使い「……やられた!!女勇者、走って!!」ダッ!!

女勇者「へ?へ!?」
121: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:30:53 ID:ucZhNd5At ×
ーーーーー

?「…………ッ!!」ダーッ!!

魔法使い「チッ、早い!!」

女勇者「え?何!?何!?私わけわかんないままに走ってんだけど!?」

魔法使い「……スられた」

女勇者「へ!?スられた!?お金!?」

魔法使い「報酬金も全部!?あの小さいのに!?」

女勇者「え?アレ……子供じゃない!?」

魔法使い「分かんねえけど走れ!!」

女勇者「う、うん!ま、待てー!!」

?「…………待つもんか」ダーッ!!
122: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:34:22 ID:ucZhNd5At ×
魔法使い「ここ……スラムか」

女勇者「入り組んでるね……」

魔法使い「自分のホームグランドってか……上等!!」

バッ!!サッ!!

魔法使い「俺から逃げ切れりと思うなよ!!」

女勇者「そろそろ疲れたよー」

?「…………マジかよ、まだ着いてくんのかよ」

?「……ちょっとヤバイな」

バッ!!ザッ!!バッ!!

魔法使い「!?」

女勇者「壁を蹴って、上に!?」

魔法使い「あんのクソが!!」
123: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:37:07 ID:ucZhNd5At ×
ゴオオオ……

女勇者「ちょっ!?魔法使い!?」

魔法使い「メラミ!!」

女勇者「避けてえ!!」

?「…………」ヒョイ

魔法使い「避けた!?」

女勇者「よ、良かったぁ……」

魔法使い「チクショウ……」

女勇者「でも、どうしようか……お金」

「あらあら、アナタ達、お困り?」

魔法使い「……は?」

女勇者「……アナタ」
124: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:40:04 ID:ucZhNd5At ×
ーーーーー

?「…………追って来なくなったな」

?「…………逃げ切ったか」

魔法使い「残念だったなクソ野郎が」

?「ッ!?」

女勇者「やっほー、さっきぶり」

?「な、なんでアンタら!?」

魔法使い「ある奴に聞いたんだよ、お前の寝床をよ、盗賊さんよ!!」

盗賊「……誰に?」

「私よ」

盗賊「……やっぱりお前かよ、武道家!!」

武道家「まったく、アンタはこりないんだから」

盗賊「うっせぇ!テメェは関係無いだろうがよ!」

武道家「関係無いけど事情は分かるわよ」
125: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:43:55 ID:ucZhNd5At ×
魔法使い「とりあえずだ、金は返せ」

武道家「ほら、早くしなさい」

盗賊「……ホラよ」ポイッ

女勇者「おっとと……」パシッ

魔法使い「しっかし、お前、なんでこんな所で寝泊まりしてんだよ。それもお前、女だろうがよ」

盗賊「……どうだっていいだろ」

女勇者「でも、危ないよ?」

盗賊「……今までだって何度も危険はあった」

武道家「その度に逃げてきたんでしょ?」

盗賊「……そうだよ」

魔法使い「なるほどな、その逃げ足は日頃の鍛練の効果ってか」

女勇者「……ねぇ、魔法使い」

魔法使い「ん?」

女勇者「ちょっと耳貸して?」

魔法使い「?」

ゴニョゴニョ……ゴニョゴニョ……

魔法使い「……マジで?」

女勇者「うん」

127: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:45:25 ID:ucZhNd5At ×
魔法使い「まぁ……それは僕がどうこう言える話じゃないけどさ」

女勇者「ハイ!じゃあ決定!」

武道家「あら?なんの話?」

女勇者「んふふ、ねぇ、盗賊ちゃん!!」

盗賊「んだよ」

女勇者「私達と一緒に旅に出ない!?」

盗賊「……は?」

武道家「……え?」

魔法使い「ハァ……」

女勇者「ね!?どうかな!?」

盗賊「いや、やだけど」

女勇者「断るなら捕まえて君の事兵士達に突き出しちゃおっかなー」

魔法使い「うっわ、きたねぇ」

武道家「あらあら、中々強引ね」
128: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:49:04 ID:ucZhNd5At ×
女勇者「で、どうする?」

盗賊「……それ脅迫だろ」

女勇者「いやいや、純粋なお願いだよ?」

魔法使い「嘘つけ」

盗賊「……分かったよ。行けばいいんだろ」

女勇者「それじゃ!よろしくね!」

魔法使い「…………」

武道家「あら、それなら私もお供してよろしいかしら?」

魔法使い「え!?」

女勇者「いいんですか!?」

武道家「えぇ、その子の見張りも兼ねてね」

盗賊「はぁ!?」

武道家「それに、アナタ達にも興味があってね」

女勇者「私達に?」

131: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:53:27 ID:ucZhNd5At ×
武道家「そうよ。酒場の主人を騙くらかした子供達がいるって、噂で聞いてたからね」

魔法使い「なんて酷い噂だ」

武道家「それが会ってみれば、こんな可愛らしい子供達なんだからビックリだわ」

女勇者「そ、そんな、可愛らしいだなんて……」

魔法使い「ど、どうも……」

武道家「で、どうかしら?ダメ?」

女勇者「いえいえ!とんでもない!」

魔法使い「実は、アナタを闘技場で見つけて仲間に誘おうとしてたんですよ」

盗賊「待てよ!!俺は良くねえ!!」

魔法使い「諦めろ盗賊、女勇者は一度決めたら曲がらんぞ」

女勇者「それじゃ!!よろしくお願いします!!武道家さん!!」

武道家「あら、そんな堅苦しいのはやめて、呼び捨てで結構よ」

女勇者「は、はい!」
 
133: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:57:33 ID:ucZhNd5At ×
ーーーーー

魔法使い「それじゃ、状況の整理から始めようか」

女勇者「うん」

魔法使い「まず、僕達は盗賊と武道家を仲間にしたよね」

女勇者「心強い仲間だね」

魔法使い「それで、それから皆でご飯食べたよね」

女勇者「楽しかったね」

魔法使い「それから、宿に戻ったよね」

女勇者「遅かったからね」

魔法使い「で、盗賊が床で寝ようとしたから俺達がもう一部屋とることになったよね」

女勇者「盗賊をベッドで寝かしてあげたかったからね」

魔法使い「で、なんでベッド一つしかない部屋にしちゃったのかな?」

女勇者「だって安かったから」

魔法使い「いや、おかしいんだって」
134: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/06(火)23:59:34 ID:ucZhNd5At ×
女勇者「でも、仲間が出来てよかったね」

魔法使い「ごまかせると思うなよ」

女勇者「盗賊ちゃんにも装備買ってあげたし」

魔法使い「そうだね。でも違うね」

女勇者「武道家がいいの選んであげてたね」

魔法使い「オシャレだったね。違うね」

女勇者「盗賊ちゃん恥ずかしがってたね、こんなの俺には似合わねえよ、って」

魔法使い「可愛かったね。でも今は違うよね」

女勇者「それじゃ、明日からも頑張ろうね!!」

魔法使い「待って、ねぇ、待って」

女勇者「じゃ、寝よっか」

魔法使い「おいコレどうすりゃいいんだよチクショウが!!」

147: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/08(木)23:10:32 ID:z6Fz7B3Hc ×
ーーーーー

補佐「魔王様、例のゴブリン達ですが、つい先日人間によって滅んだようです」

魔王「……そうか」

補佐「妙に落ち着いていますね」

魔王「元々奴らには期待してなかったからな。人間共のイメージを利用して、ゴブリン共には人間を捕らさせる役目しか与えていなかった」

補佐「そうでしたか」

魔王「……しかし、少し気掛かりだな」

補佐「何がですか?」

魔王「ゴブリン共を倒した人間の方だ」

補佐「それでしたら、人間の魔法使いと勇者の二人だそうですが」

魔王「……そうか」ニヤリッ

補佐「……魔王様?」

魔王「……面白くなってきたな」
148: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/08(木)23:12:28 ID:z6Fz7B3Hc ×
ーーーーー

女勇者「さて、それじゃ行こうか!!」

盗賊「…………」

武道家「ん?どうしたの?盗賊ちゃん?」

盗賊「……やっぱり、この格好、恥ずかしいんだけど」

武道家「あら?可愛いじゃない、似合ってるし」

魔法使い「うん、可愛い可愛い」

女勇者「似合ってるよー」

盗賊「や、やめてくれ!!恥ずかしい!!」

女勇者「ほら、自信持って!!」

魔法使い「頑張れ盗賊。それじゃ行こう」

武道家「そうね、行きましょう」

盗賊「無視すんなよ!!つうか待てよ!!」
149: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/08(木)23:15:29 ID:z6Fz7B3Hc ×
武道家「それで、どこ行くのかしら?」

魔法使い「とりあえず、北の街に向かいましょう」

女勇者「その街ってどうやって行くの?」

魔法使い「そうだね……海を渡るのが一番早いんだけど、船が無いしね。砂漠を横断すんのが一番早いかな」

盗賊「砂漠ぅ?俺やだよ、そんな暑そうな所」

武道家「それじゃあ道中でもっと布幅少ない装備買わないとね」

盗賊「よぉし!!砂漠横断やってやる!!」

魔法使い「それじゃ行こうか」

女勇者「うん!行こう!!」
150: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/08(木)23:18:05 ID:z6Fz7B3Hc ×
ーーーーー

盗賊「ふんっ!!」シュッ!!

ザクッ!!

武道家「ハァァァァァァ!!」

ズドンッ!!

魔法使い(武道家はともかく……盗賊の方も計算外だったけど、この二人……)

女勇者「……強い」

盗賊「ハハハッ!!アンタら、遅いんだよ!!」

ザシュッ!!

武道家「逃がすかよォ!!一匹残らず殲滅してやるからよ!!」

魔法使い(……しかし、なんつーか)

女勇者(武道家……性格変わってない?)

武道家「ヒャハハハ!!死ね死ね死ねええ!!」

魔法使い(……変わってるな)

女勇者(変わってる)

152: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/08(木)23:20:07 ID:z6Fz7B3Hc ×
ーーーーー

パチ……パチ……

盗賊「ひー、疲れた疲れた」

女勇者「お疲れ様」

魔法使い「にしてもお前、強かったんだな」

盗賊「へっ!弱っちいとあそこじゃ生きてけないからな!!」

魔法使い「……そっか」

女勇者「武道家は闘技場で見た時以上だったよ!!」

武道家「まぁね。私、対人戦は苦手なのよ」

魔法使い「へぇ、なんで?」

武道家「……手加減しなくちゃならないじゃない」

女勇者「ッ!?」ゾクッ!

魔法使い「……なるほど、殺せないからね」

武道家「……まあね」

盗賊「……怖っ」
153: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/08(木)23:24:08 ID:z6Fz7B3Hc ×
ーーーーー

パチ…………パチ………

武道家「…………」

盗賊「……寝ないの?」

武道家「あら?まだ寝てないの?」

盗賊「目が覚めちゃっただけだよ」

武道家「あら、ダメよ。子供はちゃんと寝ないと」

盗賊「……なぁ、前からずっと気になってるんだけどよ」

武道家「あら、何?」

盗賊「アンタさ、なんでそんなに俺にかまうの?」

武道家「……」

盗賊「俺があの汚い場所に住んでた頃から、アンタずっと俺の世話を焼いてたじゃねえかよ」

武道家「……そうね」

盗賊「なんで、アンタは俺にかまうんだよ」

武道家「……身の上話になるけど、平気?」
154: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/08(木)23:27:34 ID:z6Fz7B3Hc ×
盗賊「……いいよ」

武道家「ちょっと重い話になるわよ?」

盗賊「構わない」

武道家「……私には姉と妹がいたの」

盗賊「うん」

武道家「姉は、とっても優しくてしっかり者だったの。料理も上手くて、おっとりとした人だった」

盗賊「うん」

武道家「妹は、それに対してやんちゃな子だったわ。しょっちゅう私の稽古の真似事したりして」

盗賊「稽古?武道の?」

武道家「ううん、剣術。私ね、最初の頃は戦士になろうと思ってたの」

盗賊「へー」

武道家「とにかく、私は姉と妹と仲良く暮らしてたの」

盗賊「……親は?」

武道家「……死んじゃったの。私達が小さい頃に」

盗賊「……え?」
155: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/08(木)23:30:27 ID:z6Fz7B3Hc ×
武道家「モンスターに、殺されちゃったのよ」

盗賊「……」

武道家「それで、ある日、私はいつも通り稽古に行ってた」

武道家「それで、帰ってきたら、家がボロボロになってたの」

武道家「全身から、嫌な汗が出たわ。それでも、家の中を見なくちゃいけない。確認しなくちゃ、確かめなくちゃいけないの」

盗賊「……それで?」

武道家「……死んでたの。姉と、妹が」

武道家「村が、モンスターに襲われて、その被害にあったみたい」

武道家「私はそれを見た瞬間、その場で固まっちゃったの」

武道家「でも、次の瞬間、私はそこにへたり込んだの」

盗賊「……なんで?」

武道家「……妹の手に、短剣があったの」

盗賊「ッ!!」
156: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/08(木)23:33:34 ID:z6Fz7B3Hc ×
武道家「戦っちゃったんでしょうね……その短剣で、小さい体で、村を襲って壊滅させちゃったようなモンスターに」

武道家「……妹の体は、酷く傷だらけだったわ。抵抗してしまったから……姉を、守ろうとしたから」

盗賊「……妹の面影を、俺に重ねてるってわけ?」

武道家「……正直、ね」

盗賊「……その喋り方は?」

武道家「……忘れないように」

盗賊「忘れない?」

武道家「姉と、健気に戦った妹を、忘れないように、私の中で、二人が生き続けられるように、ね」

盗賊「…………」

武道家「で、どう思った?」

盗賊「え?」

武道家「私がアナタにかまう理由を、私がこんな喋り方をしてる理由を聞いて、どう思った?」
157: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/08(木)23:36:51 ID:z6Fz7B3Hc ×
盗賊「……申し訳なく思った」

武道家「アナタが?なんで?」

盗賊「そんな理由が、そんな事があったとは知らずに、今までアンタにいろんな事言っちまって、申し訳なく思った」

武道家「……気にすることじゃないわよ」

盗賊「……一つ質問」

武道家「なぁに?」

盗賊「なんで、戦士にならなかったの?」

武道家「……剣じゃなくて、自分のこの身で、復讐したいからね」

盗賊「……そう」

武道家「……ほら、そろそろ寝なさい」

盗賊「……アンタは?」

武道家「私は、まだイイわよ」

盗賊「分かった」

武道家「おやすみなさい」
158: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/08(木)23:40:13 ID:z6Fz7B3Hc ×
盗賊「……なぁ」

武道家「ん?まだなにかあるの?」

盗賊「アンタは、俺に妹の面影を重ねてんだろ?」

武道家「……まぁね」

盗賊「だったらさ……その、さ……」

武道家「?」

盗賊「……兄貴って……呼ばせてくれよ」

武道家「……ふふ」

盗賊「んだよ!!ダメか!?」カァーッ

武道家「妹は兄ちゃんって呼んでたわよ」

盗賊「だ、だからなんだよ!!俺は俺だ!!」

武道家「……ふふ、そうね。イイわよ、兄貴で」

盗賊「……おやすみ、兄貴」

武道家「おやすみ」

武道家「……兄貴、か」

武道家「……ふふ、悪くないわね」

166: 名無しさん@おーぷん:14/05/09(金)22:52:42 ID:iFyoPfLyD ×
ーーーーーーーーー

「国王様!!魔王軍が南より進軍し、現在抗争中です!!」

「国王様!!東の街ですが、モンスター達の襲来によりほぼ壊滅状態です」

「国王様!!いかがなさいますか!?」

「国王様!!」

国王「……勇者は?」

側近「……これまで大量に投下しました勇者達も、ほとんどが対した功績も上げれずに散っています」

国王「……やはり、天に選ばれなかった者は、ダメなのか」

側近「………しかし、一組だけ、魔王城に近付いているパーティが」

国王「止めろ」

側近「……そのパーティは」

国王「聞きたくはない!!」

側近「……失礼致しました」

国王「どれ、一つ一つ問題を整理していこうか」

側近(……お嬢様)

側近(どうか……どうか!!)
167: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)22:55:07 ID:iFyoPfLyD ×
ーーーーー

魔法使い「さて、村に着いたね」

盗賊「なんかよー、久々に人工物見た気がするぜ」

女勇者「ホント。なんならパーティ以外の人間見たのすら久しぶり」

武道家「今回の道中は長かったからね。霧の森だったり吹雪の山だったり色々抜けたからね」

魔法使い「とりあえず、宿に向かおうか」

武道家「そうね、そうしましょ」

女勇者「しばらく野宿続きだったからね。しっかり休めればいいけど」

盗賊「別に俺はどこでだって休めるけどな」

魔法使い「ハイハイ、そんじゃいくぞ」

ヒソヒソ……ヒソヒソ……

村人A「なぁ……今のって」

村人B「噂の勇者一行だろうよ」

村人A「なんつーか……雰囲気違うな」

村人B「あぁ、他のパーティなんかとじゃ比べ物になんねぇだろうよ」

村人A「あの人ら、相当強いぞ」

ヒソヒソ……ヒソヒソ……

魔法使い「…………」
168: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)22:59:14 ID:iFyoPfLyD ×
ーーーーー

魔法使い「それじゃ、僕と武道家はこっちの部屋だから」

盗賊「へいへーい」

武道家「私がいないからってイタズラとかしちゃダメよ?」

盗賊「言われなくたってしねーよ」

盗賊「女勇者の前じゃ出来ねえよ」ボソボソ

武道家「……それもそうね」ボソボソ

女勇者「ん?どうしたの?」

魔法使い「なんでもないよ。それじゃあね」

女勇者「はいはーい」
169: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:02:56 ID:iFyoPfLyD ×
ーーーーー

武道家「…………」ジーッ

魔法使い「次の村を越えたら、いよいよ魔王城か……」

武道家「…………」ジーッ

魔法使い「……何?武道家?」

武道家「ねぇ、なんで魔法使いちゃんっていつも体隠してるの?」

魔法使い「は?」

武道家「いや、私、魔法使いちゃんがローブ脱いでる所見たこと無いんだけど、なんか理由あるの?」

魔法使い「……いや、特に理由は無いよ」

武道家「じゃあ脱いでみてよ」

魔法使い「…………」

武道家「つまんない嘘はつくもんじゃないわよ」

魔法使い「……見られたくないんだ」
170: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:05:23 ID:iFyoPfLyD ×
武道家「見られたくない?何を?」

魔法使い「……いいよ、見せるよ」

武道家「へ?」

パサッ……

魔法使い「ほら」

武道家「……酷い傷跡ね」

魔法使い「ちょっと、ね」

武道家「……で、それを見せたくない理由ってのは?」

魔法使い「……他言すんなよ」

武道家「あら、もしかしてあまり話したくない話?」

魔法使い「いいよ、話すから」

173: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:08:09 ID:iFyoPfLyD ×
武道家「で、なんでなの?」

魔法使い「……友達庇って怪我した」

武道家「詳しく」

魔法使い「……小さい頃に友達と遊んでたら、モンスターに襲われて、それで友達庇って怪我したんだ」

武道家「……ふうん」

魔法使い「もういいだろ?ローブ着るよ」

武道家「怪我の理由は分かったわ。でも……」

魔法使い「でも?」

武道家「それを隠す理由は何?」

魔法使い「……ハァ」

武道家「誰かに、見られると困る事でもあるのかしら?」
174: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:10:15 ID:iFyoPfLyD ×
魔法使い「……まったく、アンタ厄介だわ」

武道家「あら、そう?」

魔法使い「でも、ここから先は言えない」

武道家「そうなの、残念ね」

魔法使い「……ちょっと外行ってくる」

武道家「それじゃ、私は女勇者ちゃんの所行こうかしら」

魔法使い「…………チッ」

武道家「ふふ、じゃあね」

魔法使い「…………」
175: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:13:11 ID:iFyoPfLyD ×
盗賊「ふぃー、疲れたー」

女勇者「そうだねー」

盗賊「いーや、俺このまんま寝ちまおうかな」

女勇者「私もー」

ガチャ

武道家「女勇者ちゃん、稽古しなくていいの?」

女勇者「あ!そうだった!今行くね!!」

盗賊「行ってらっしゃーい」

女勇者「行ってきまーす!!」

武道家「あんまり寝ると夜眠れないわよ」

盗賊「へいへーい」
176: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:16:11 ID:iFyoPfLyD ×
ーーーーー

女勇者「せい!やー!」

武道家「あら、今日調子イイじゃない」

女勇者「ホント?」

武道家「ええ、剣もしっかりと振れてるわよ」

女勇者「へへー、じゃあ上手いことこの調子キープしないとだね」

武道家「……ねぇ、女勇者ちゃん」

女勇者「んー?何?」

武道家「……魔法使いちゃんのローブ脱いでる所、見た事ある?」

女勇者「脱いでる所?そう言えば無いな」

武道家「一度も?」

女勇者「うん、初めて会った時もずっと着てたよ」

武道家「ふぅん……」

女勇者「? どうかしたの?」
177: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:20:12 ID:iFyoPfLyD ×
武道家「それじゃあ、魔法使いちゃんが友達を庇って怪我した話、知ってる?」

女勇者「うん、初めて会った時に聞いたよ。それが魔法使いになったきっかけだって」

武道家「……女勇者ちゃん、ちょっと休憩しましょう」

女勇者「ん?いいけど?」

武道家「それじゃ、一旦宿に戻りましょう?」

女勇者「いいけど……どうして?」

武道家「いや、ちょっと落ち着いてお話したいだけ。私の部屋でいい?」

女勇者「ふぅん……いいけど」

ーーーーー

盗賊「…………」

盗賊「…………全然寝れない」

盗賊「……ちょっと外行こうかな」
178: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:23:25 ID:iFyoPfLyD ×
ワイワイガヤガヤ

盗賊「俺がいた所ほどじゃないけど、この村も結構賑やかだな」

盗賊「ん?あれ?魔法使い?」

魔法使い「…………」

盗賊「おーい、魔法使い!!」

魔法使い「……ん?あぁ、盗賊か」

盗賊「なーにしてんだよ?」

魔法使い「……服、見てたんだ」

盗賊「あー?服?」

魔法使い「ほら、コレ」

盗賊「何これ……ワンピース?」

魔法使い「……あぁ」

盗賊「なんで見てたの?買うの?」

180: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:26:21 ID:iFyoPfLyD ×
魔法使い「……似合うだろうなと思ってさ」

盗賊「ふーん、誰に?」

魔法使い「……昔の友人にね」

盗賊「昔の友人?誰?」

魔法使い「……盗賊も知ってる人だよ?」

盗賊「……女勇者?」

魔法使い「……うん」

盗賊「マジで?コレが?アレに?似合う?無い無い」

魔法使い「……昔の女勇者は、こんな格好もしてたんだよ」

盗賊「ふーん。でもよ、俺二人が昔からの友人だなんて初めて聞いたぜ?」

魔法使い「……誰にも話して無いからね」
181: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:29:19 ID:iFyoPfLyD ×
盗賊「……もしかして、女勇者が忘れてるパターン」

魔法使い「そのパターン」

盗賊「……マジで?」

魔法使い「マジで」

盗賊「……なぁ、その話、詳しく聞かせてくれよ!!」

魔法使い「……いいよ」

盗賊「そんなら、宿戻ろうぜ!俺の部屋今誰もいないからさ!」

魔法使い「分かった。じゃあちょっと手貸して?」

盗賊「?」スッ

ギュッ

魔法使い「飛ぶよ」

盗賊「へ?」

魔法使い「ルーラ」

ビュウンッ!!

村人A「あれ、消えた!?」

村人B「は?消えた?何が?」

村人A「人!人が!」

村人B「ハッ、馬鹿も休み休み言え」
182: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:32:21 ID:iFyoPfLyD ×
ーーーーー

ビュウンッ!

魔法使い「到着」

盗賊「す、スゲー!!」

魔法使い「あんまり離れた所には飛べないけどね」

盗賊「へー、でもスゲーよ」

魔法使い「そう?ありがとう」

なでなで

盗賊「こ、子供扱いすんな!!」

魔法使い「ハハハッ、ごめんごめん」

盗賊「いいよ、そんじゃ話してくれよ!」

魔法使い「……何から話そうかな」
183: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:36:03 ID:iFyoPfLyD ×
ーーーーー

ガチャッ

武道家「はい、どうぞ」

女勇者「お邪魔しまーす!」

武道家「あ、窓際魔法使いのベッドだから、そっち座って頂戴」

女勇者「りょーかい」ポフン

武道家「それじゃ、色々聞いちゃおうかしら」

女勇者「えー?例えばー?」

武道家「……勇者を志した理由とかかしら、ね」

女勇者「理由?私はね、誰かを守る為に勇者になったんだ」

武道家「誰かって?」
184: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:40:25 ID:iFyoPfLyD ×
女勇者「それは、親だったりとか国民だったりとか」

武道家「国民……ねぇ」

女勇者「……へ?」

武道家「女勇者ちゃん、貴女、良い所のお嬢様じゃないの?」

女勇者「あっ」

武道家「例えば、王族とかの」

女勇者「…………」

武道家「分かりやすいくらいやっちゃったって顔してるわね」

女勇者「……いつから?」

武道家「へ?」

女勇者「いつから気が付いてたの?」

武道家「うーん、気付いたのは最近よ?」

女勇者「どうして?」

武道家「剣術」
185: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:43:36 ID:iFyoPfLyD ×
女勇者「剣術?」

武道家「女勇者ちゃんの剣術、私が昔学んでたのと違うのよね」

女勇者「……そっか」

武道家「色々考えたんだけどね、一つ気付いたのよ」

武道家「女の子が、剣術を学べる環境ってそんなにないって」

女勇者「……そうね」

武道家「貴族だったとしても、女の子に剣術を教える親はいないわよね」

女勇者「うん……」

武道家「でも、親で無くても教えてくれる人はいるわよね。騎士とか、兵士とか」

女勇者「……」

武道家「ねぇ、女勇者ちゃんの剣術って、誰に教わったの?」
186: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:45:07 ID:iFyoPfLyD ×
ーーーーー

盗賊「え?女勇者ってお嬢様なの?」

魔法使い「あぁ。自分では気付いてないだろうけど、女勇者は自分で結構なヒントを言ってるんだ」

盗賊「例えば?」

魔法使い「例えば、女勇者は最初会った時、僕にこんな事を言ってた」

魔法使い「私には剣術の師匠がいて、城の中じゃその人に敵う人はいなかったって」

盗賊「は?城?」

魔法使い「うん、この国に城は二つしか無いし、片方に人はいない」

盗賊「て事はつまり……」

魔法使い「女勇者は城の中にいた人間だって事だ」

盗賊「うっわ、マジかよ」

魔法使い「第一、女の子に剣術仕込むような環境なんて、そう無いからね」

盗賊「あ、それもそうだな」
187: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:48:38 ID:iFyoPfLyD ×
ーーーーー

武道家「ふーん、城一番の兵士ね」

女勇者「うん、意外?」

武道家「いや、全然」

女勇者「え?」

武道家「なるほどね、兵士仕込みなら、あの剣術も納得ね」

女勇者「あの剣術?」

武道家「女勇者ちゃんが仕込まれた剣術は、対モンスター、それも群れなんかを想定した剣術なのよ」

女勇者「対モンスター?」

武道家「普通剣術ってのは対人間を想定してるようなスポーツみたいなものばかりなの。でも、女勇者ちゃんのは違うの」

女勇者「違う……」
188: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:51:22 ID:iFyoPfLyD ×
武道家「例えば、一人でモンスターの群れを相手にしたことある?」

女勇者「う、うん」

武道家「女勇者ちゃん、その時どうした?」

女勇者「……剣で仕留めてた」

武道家「でしょうね」

女勇者「私の剣術……モンスターとの戦いを想定してたんだ」

武道家「……その兵士さん、今頃どうしてるの?」

女勇者「……兵士は、魔王復活の時に大量に現れたモンスターとの戦いで負傷して、それからはずっと私に剣術を教えてくれてた」

武道家「ずっと?兵士が?」

女勇者「……片腕、無くしてるんだ、兵士」

武道家「……ごめんなさいね。変な事聞いて」

女勇者「ううん、平気」
189: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:54:23 ID:iFyoPfLyD ×
武道家「でも、なんで女勇者ちゃんは剣術を学んだの?」

女勇者「え?」

武道家「女の子が剣術学ぶなんて、何か理由があったんじゃない?」

女勇者「理由……」

武道家「……まさか、思い出せないの?」

女勇者「……うん、思い出せないや」

武道家「私の予想、言っていい?」

女勇者「いいけど……」

武道家「多分、女勇者ちゃんを庇って怪我した人がいて、その為じゃないの?」

女勇者「私を……庇って」
190: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/09(金)23:57:17 ID:iFyoPfLyD ×
ーーーーー

盗賊「でもさ、なんで魔法使いは、そんなお嬢様と昔知り合いだったんだ?」

魔法使い「……僕は、城に近い村の出身だったんだ」

盗賊「ふむふむ」

魔法使い「それで……僕は勇者を目指してた」

盗賊「……は?」

魔法使い「それで、稽古の為に近くの森に行ってて」

盗賊「いやいや、ちょっと待って」

魔法使い「ん?」

盗賊「いや、魔法使い……勇者になりたかったの?」

魔法使い「……勇者の資格って分かる?」

盗賊「聞いた事はあるけど……」

魔法使い「勇者の資格って言うのは、神様が与えた勇者の才能で、僕はそれを生まれ持ったらしい」

盗賊「勇者の才能を?魔法使いが?」
191: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:00:00 ID:5IKkDvewC ×
魔法使い「過去の文献とか見ると分かるんだけど、昔魔王がいた時代、勇者ってのはあまりいなかったんだ」

魔法使い「今と違って、勇者ってのは、勇者の資格を持った人間にしかなれなかったからね」

盗賊「今は違うんだ」

魔法使い「うん。資格が無くても、実力があればなれるからね」

盗賊「なるほどね。それで?」

魔法使い「うん。行った森に、女勇者はいたんだ。なんでも、綺麗な花を探してたらしい」

盗賊「へー、想像出来ねぇ」

魔法使い「今でこそ強いけど、昔は全然違ったんだよ」

盗賊「どんくらい?」

魔法使い「突然現れた僕を見て悲鳴上げるくらいには」

盗賊「それホントに女勇者?」

魔法使い「うん」
192: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:03:01 ID:5IKkDvewC ×
盗賊「なんつーか、想像つかねーわ」

魔法使い「まぁ、今の女勇者しか知らないとそうなるよね」

盗賊「で、二人はそっから仲良くなったんだな」

魔法使い「うん。僕も最初お嬢様だって知った時はびっくりしたけどね」

盗賊「でも、どうして向こうは忘れちまってるんだ?お互いの素性話し合うくらいに仲良かったんだろ?」

魔法使い「……ある日、僕と女勇者はいつも通り森で遊んでたんだ。その頃はもう森は二人の遊び場だった」

魔法使い「それで、いつも通り二人で遊んでると、モンスターが現れたんだ」

盗賊「……モンスターが」

魔法使い「僕は女勇者と逃げようとした。でも、女勇者は恐怖で動けなくなってたんだ」

盗賊「…………」

魔法使い「モンスターは、逃げ遅れた女勇者を襲った。僕はそれで、女勇者を庇ったんだ」
 
194: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:05:55 ID:5IKkDvewC ×
魔法使い「女勇者は動けない状態で、僕は、戦う事を選んだ。幸いいつも稽古できるように剣は持ってたからね」

盗賊「剣を……」

魔法使い「それで、なんとかモンスターは倒したんだけど、僕は酷い怪我をした。今でも傷跡が残ってるようなね」

盗賊「……倒したんだ」

魔法使い「まぁ戦闘技術は身につけてたからね」

盗賊「それで?」

魔法使い「なんとかモンスターを倒して、女勇者の所に駆け寄ったんだ」

魔法使い「もう大丈夫、悪いモンスターはやっつけたよ。みたいな事を言った気がした」

魔法使い「でも、女勇者は泣いたんだ」

盗賊「え?なんで?」
195: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:08:59 ID:5IKkDvewC ×
魔法使い「……モンスターに受けた傷を見て、女勇者は泣いたんだ」

魔法使い「痛そうだって……ごめんなさいって」

魔法使い「それから、女勇者と森で会う日は無くなったんだ」

盗賊「……で、その森で再会したんだ」

魔法使い「うん。今度は、向こうから現れてね」

盗賊「なんつーか、運命的っつーのかな。いいよな」

魔法使い「まぁ、一方的な再会になっちゃったけどね」

盗賊「ハハハッ、違いねえや」
196: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:11:15 ID:5IKkDvewC ×
ーーーーー

女勇者「……そうだったかも」

武道家「でしょ?」

女勇者「誰かが……私を庇って……それで……」

武道家「怪我をした?」

女勇者「怪我をして……それで……」

武道家「……ねぇ、女勇者ちゃん」

女勇者「……うん」

武道家「その人にお礼、しなさいよ?」

女勇者「…………うん」
197: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:13:20 ID:5IKkDvewC ×
武道家「……流石に分かってるのね」

女勇者「……なんで私、気が付かなかったんだろう」

女勇者「……最初に会った時に話してくれたり、その後で、夢に見たり」

女勇者「なんで……今になって気が付いたんだろ……」

武道家「……私、アナタ達の部屋行くからね」

女勇者「うん……武道家」

武道家「お礼なんていいわよ。それ、言う相手違うわよ」

女勇者「ううん、間違って無い」


女勇者「ありがとう、武道家」

武道家「……どういたしまして」
198: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:16:20 ID:5IKkDvewC ×
ーーーーー

盗賊「それで、魔法使いを目指したんだ」

魔法使い「うん。まぁね」

盗賊「なんか、もったいねえなー」

魔法使い「いいんだよ、これで」

ガチャッ

武道家「あら、魔法使いちゃん」

魔法使い「……武道家」

武道家「悪いんだけど、盗賊ちゃんと二人で話したいから、部屋戻ってくれる?」

盗賊「へ?」

魔法使い「いいけど……」

武道家「それじゃ、よろしく」

200: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:19:49 ID:5IKkDvewC ×
バタンッ

盗賊「え?何?話しって?」

武道家「そんなんないわよ。嘘よ、嘘」

盗賊「へ?」

武道家「ま、ちょっとした気遣いよ」

盗賊「まったく分からん」

武道家「いいから、ちょっと外出ましょ。新しい装備でも選んであげるから」

盗賊「ッ!?」ゾクッ

武道家「ふふ、今度はどんな装備にしようかしらね」

盗賊「か、勘弁してくれ!!」

武道家「ハイ、それじゃ行くわよ」

盗賊「嫌だあああああああああ!!」

201: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:22:41 ID:5IKkDvewC ×
ーーーーー

ガチャッ

女勇者「……魔法使い」

魔法使い「あれ、女勇者。どうしてここに?」

女勇者「……ッ!!」

ギュウッ!!

魔法使い「え?え?え!?」

女勇者「…………」ギュウッ

魔法使い「あのー、女勇者さん?僕、何故急に抱きつかれたのかな?」

女勇者「……少年」

魔法使い「……なるほど」

女勇者「少年、なんだよね」

魔法使い「……そうだよ」
202: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:24:43 ID:5IKkDvewC ×
女勇者「……ごめんね。思い出せなくて」

魔法使い「いいよ。別に」

女勇者「……ありがとう」

魔法使い「うん」

女勇者「今まで……ありがとう」

魔法使い「うん」

女勇者「……助けてくれて、ありがとう」

魔法使い「ありがとう、か」

女勇者「あの日、言えなかったから……」

魔法使い「……そうだったね」

女勇者「……うん」
203: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:26:14 ID:5IKkDvewC ×
魔法使い「……なんで、思い出せたの?」

女勇者「……武道家が、たくさんヒントくれたんだ」

魔法使い「なるほどね……」

女勇者「……ねぇ、魔法使い」

魔法使い「ん?」

女勇者「なんで、言わなかったの?」

魔法使い「僕、昔君を助けた人なんだなんて、厚かましいだろ?」

女勇者「最初会った時に、ヒントくれたのに?」

魔法使い「……君に、気付いて欲しかったのかもね」

女勇者「……そっか」

魔法使い「……うん」
204: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:28:38 ID:5IKkDvewC ×
ーーーーー

盗賊「疲れたー、もう寝る!!」

女勇者「え?もう?」

盗賊「……武道家の着せ替え人形になってた」

女勇者「あー……」

盗賊「とんでもなく恥ずかしい装備にされそうだったから、武道家の隙を見て金をスってなんとさ逃れた」

女勇者「後で返すんだよ?」

盗賊「大丈夫、もう返してる。武道家に気付かれないうちに」

女勇者「そんな事も出来るんだ……」

盗賊「まぁね。そんじゃおやすみ」

女勇者「うん、おやすみ」
205: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:31:13 ID:5IKkDvewC ×
ーーーーー

「急いで!!早く!!」

「アレが出口だ!!」

「くっ!!」

「女勇者!魔法使い!早く!」

「分かってる!!でも……」

「……こうなったら!!」

「ダメよ!アンタまで死ぬわよ!」

「でも!!」

「……女勇者」

「ーーーーー」

「……え?」

「ーーーーー」

「……魔法使い?」

「……嘘、でしょ?」

「魔法使いいいいいいいい!!」
206: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:34:07 ID:5IKkDvewC ×
女勇者「ッ!?」ガバッ!

女勇者「ハァ……ハァ……」

女勇者「……何、今の」

女勇者「……魔法使いの、夢」

女勇者「でも、前とは違う夢……」

女勇者「……魔法使い」

女勇者「……もしかして、私」

盗賊「うーん……女勇者?」

女勇者「!?」

盗賊「どうかしたの?」

女勇者「ううん!!平気!!おやすみ!!」ガバッ

盗賊「? おやすみー」

女勇者(そんな……そんな訳……)

女勇者「…………あるのかな」ボソッ
207: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)00:37:24 ID:5IKkDvewC ×
ーーーーー

武道家「……ふぁー、おはよー」

魔法使い「あ、おはよう、武道家」

武道家「あら、起きてたの……ね?」

魔法使い「? どうしたの?」

武道家「魔法使いちゃん……ローブ……いや、傷跡が……」

魔法使い「あぁ、治したんだ。回復魔法でね」

武道家「……いいの?消しちゃって?」

魔法使い「……魔王に挑もうって時に、古傷なんて余計だからね」

武道家「……そっか。それもそうね」

魔法使い「でも、このローブは着続けるけどね」

武道家「……そうね。それがいいわよ」

魔法使い「それじゃ、準備が出来たら行こうか」

武道家「了解」

212: 名無しさん@おーぷん:14/05/10(土)23:00:18 ID:Bsh3p993t ×
ーーーーーーーーーー

補佐「……魔王様、勇者達が四天王を撃破いたしました」

魔王「……そうか」

補佐「勇者達は現在、コチラに接近中。魔王城到着も時間の問題かと」

魔王「魔王城に……そうか……」

補佐「……魔王様」

魔王「魔王城なんて言うと聞こえはいいが、実際この城は俺の為の城だからな」

補佐「……生贄を捧げる事で、魔王様の力を高める城、それが魔王城ですからね」

魔王「人を喰らう城だ、この城はよ」

補佐「そうですね。それで、勇者達は……」

魔王「俺が殺す。勇者達を殺し、この城に捧げてやろう」

補佐「……承知いたしました」

魔王「……勇者、か。懐かしい響きだ」

補佐「……では」

バタンッ!!
213: 名無しさん@おーぷん:14/05/10(土)23:02:48 ID:Bsh3p993t ×
ーーーーー

パチパチパチ……

盗賊「アレが魔王城か……」

武道家「まさか、本当にここまで来れるなんてね」

魔法使い「ま、それでも野宿だけどな」

女勇者「……きっと最後の野宿になるだろうね」

魔法使い「明け方、魔王城に攻め込む」

盗賊「……なんか、今から緊張すんな」

武道家「あら、そんな事で本番大丈夫なの?」

盗賊「兄貴は緊張しねぇのかよ?」

武道家「……少し、ね」

女勇者「……絶対に、生きて帰ろう」

魔法使い「あぁ」
214: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:04:21 ID:Bsh3p993t ×
ーーーーー

パチ……パチ……パチ…………

魔法使い「……明け方だ」

武道家「ここまで、長かったわね」

盗賊「へ、きっとここからも長いさ」

女勇者「大丈夫、私達ならね」

武道家「……そうね、自信を持ちましょう」

盗賊「だな」

魔法使い「それじゃ、そろそれだな」

女勇者「……行こう」

バアンッ!!
215: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:07:33 ID:Bsh3p993t ×
ーーーーー

補佐「魔王様……」

魔王「いよいよか」

補佐「……恐らく、今回の勇者達が、最初で最後の魔王城侵入者になるでしょう」

魔王「だな」

補佐「では、私は……」

魔王「補佐」

補佐「ハイ」

魔王「今までありがとうな」

補佐「……もったいなきお言葉です」

魔王「勇者達を倒せば、俺は外に出て魔王軍を率いて、人間の城を攻め落とす」

補佐「期待、しております」

魔王「あぁ、見てろよ」
216: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:10:08 ID:Bsh3p993t ×
ーーーーー

魔法使い「……また、か」

女勇者「だね」

武道家「イヤに静かね」

盗賊「モンスターが、いない……」

武道家「目的が、読めないわね」

魔法使い「……モンスターなんて、いないんじゃないか?」

盗賊「は?」

女勇者「魔王以外、いないのかも……」

武道家「……なるほどね。外で野宿出来るほどに危険が無いもの。いなくても不思議じゃないわ」

魔法使い「……いや、強い魔力を感じる」

盗賊「それの正体が、魔王って事か」

武道家「そうかもね」
217: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:13:44 ID:Bsh3p993t ×
女勇者「……この、奥かな」

武道家「……私でも、魔力とやらを感じるわね」

盗賊「俺もだ」

魔法使い「だろうよ。ヒシヒシと感じる」

女勇者「……皆」

武道家「分かってる」

盗賊「終わったら国王からふんだくってやる」

魔法使い「大丈夫だよ」



女勇者「絶対に、勝とう」


バアンッ!!


魔王「……待ってたぜ、勇者ァ!!」

女勇者「魔王!!いざ、勝負!!」
218: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:15:51 ID:Bsh3p993t ×
ーーーーー

?「始まったね」

?「………最終決戦」

?「今は、見守るしか出来ないか」

?「………応援、する」

?「いいんですか?本当に干渉しなくても」

?「あぁ、これはコイツらの戦いだ。手を出すのは野暮ってもんだぜ」

?「………空気読めない」

?「さて、見守ろうか。世界を賭けた最終決戦をよ」

?「そうですね」
219: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:18:20 ID:Bsh3p993t ×
女勇者「はああああああ!!」

ブォン!!

武道家「うおおおおおお!!」

ブンッ!!

魔王「ハッ!!そんなんで俺を落とせると思うな!!」

盗賊「……ハァ!!」

ビュンッ!!

魔王「ハッ!甘い甘い!!」

魔王「メラゾーマ!!」

魔法使い「ベギラゴン!!」

ドゴオオオン!!

武道家「くっ!!」

盗賊「魔法使いの魔法と互角!?」

魔王「なかなかやるようだなぁ!!滾らせてくれるじゃねえか!!」
220: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:22:00 ID:Bsh3p993t ×
女勇者「フンッ!!」

ザシュッ!!

魔王「ッ!?」

女勇者「……魔法後で一撃が限界か」

魔王「ハハ……ハハハハハハ」

ゴオオオオオオオオオオオ……

魔法使い「クソッ!!」

魔王「イオナズン!!」

魔法使い「マヒャド!!」

ドゴォン!!

魔王「なるほど……氷で爆発の衝撃を弱めたか」

魔法使い「アレで防ぎきれねぇのかよ……」

魔王「しかし……更に策があったか」

武道家「あぁ!!」

ズドォン!!

魔王「氷の破片で仲間を隠す……か。面白い!!」
221: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:24:29 ID:Bsh3p993t ×
魔王「素晴らしい、素晴らしい!!」

ゴゴゴゴゴ……

魔法使い「ヤバイ!!止めろ!!」

女勇者「盗賊!!」

盗賊「おうよ!!」

ザシュッ!!
ザシュッ!!

魔王「その程度で、俺が止まると思ったか!!」

魔法使い「クソッ!!防御しろ!!」

魔王「ドルマドン!!」

ドォン!!ドォン!!ドゴォン!!

女勇者「ッ!!武道家!避けて!!」

武道家「くっ!!」

ドゴォン!!

魔王「攻撃先の先読み……なるほど」
222: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:26:19 ID:Bsh3p993t ×
女勇者「ハァ……ハァ……」

魔王「勇者……貴様、俺の行動を読んでるな?」

女勇者「……不思議と、戦闘中だと分かるのよ」

魔王「生まれ持った勇者の素質か……面白い!!」

女勇者「!! 魔法使い!!」

魔法使い「ッ!!」

魔王「ハァッ!!」

武道家「!? 武術!?」

魔法使い「くっ!!」

ビュンッ!!

魔王「外した……なるほど、移動魔法か」

魔法使い「……アンタ、つくづく反則級だよ」
223: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:28:06 ID:Bsh3p993t ×
?「互角、いや、魔王が上ですね」

?「………魔王強い」

?「だろうな、アイツは俺にだって抗える数少ない野郎だ」

?「この勝負、魔王の勝ちですかね」

?「………ゲームオーバー」

?「いーや、魔王は負ける」

?「え?」

?「………どうして?神様」

?「アイツは、俺の後釜だ」


?「アイツは、絶対に負けないさ」
224: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:30:16 ID:Bsh3p993t ×
盗賊「…………」スッ

女勇者「ダメだよ、盗賊」

盗賊「……俺の動きまで読めんだ」

女勇者「盗賊の方が速くても、パワーは向こうの方が上。ガードされてカウンターもらうのがオチだよ」

盗賊「……分かったよ」

武道家「くっ、打つ手無しね」

魔法使い「……いや、ある」

女勇者「……え?」

魔法使い「一つだけ、とっておきがある」

武道家「とっておき?」

魔法使い「……使いたく、なかったな」

女勇者「……その構え」
225: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:34:37 ID:Bsh3p993t ×
魔法使い「盗賊、武道家、女勇者。なんとか、魔王の動きを止めて欲しい」

盗賊「……勝算は?」

魔法使い「当たれば、100%」

武道家「……分かった」

女勇者「魔法使い……」

魔法使い「……ごめん」

魔王「おうおう!!来るならさっさとしやがれ!!」

女勇者「……行くよ」

盗賊「了解」

武道家「全力で、魔王を止める!!」

魔王「おもしれえ……やってみろよ!!」

女勇者「はああああああ!!」
226: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:37:28 ID:Bsh3p993t ×
魔法使い(……迷うな)

魔法使い(出し惜しみする必要は無い)

魔法使い(この一撃で……終わるなら!!)

魔法使い(僕は……撃つ!!)

魔法使い「うおおおおお!!」

魔王「ハッ、気合十分かよ。だったら……」

女勇者「!? マズイ!!」

盗賊「魔法使い!!避けて!!」

武道家「ダメだ!聞いてない!!」

女勇者「……くっ!!」ダッ!

盗賊「女勇者!?」

魔王「メラゾーマ!!」

グオオオオオオン!!

女勇者「させない!!」

ドゴオオオオオン!!
227: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:40:10 ID:Bsh3p993t ×
盗賊「……女勇者」

女勇者「ハァ……ハァ……ぐっ!」

魔王「……アイツを庇ったか」

女勇者「魔法使いには……指一本触れさせない!!」

魔法使い(……女勇者)

女勇者「!?」

魔法使い(ありがとう……もう、大丈夫だよ)

女勇者「……テレパシー?」

魔法使い(それから……ごめんね)

魔法使い「魔王……終わりだ!!」

魔王「ッ!?まさか!?」

魔法使い「ハアアアアアア!!」


魔法使い「ギガデイン!!」

ドゴォン!!ドゴォン!!

ドゴオオオン!!
228: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:44:09 ID:Bsh3p993t ×
魔王「グ……グアアアアアア!!」

ドサッ

魔法使い「ハァ……ハァ……」

武道家「今の魔法……アレって」

女勇者「ギガデイン……勇者の血を持つ人間にしか使えない魔法だよ」

盗賊「勇者の、血……」

武道家「でも、なんで魔法使いちゃんが……」

女勇者「……魔法使いは、勇者の血を持つ。それだけだよ」

武道家「そんな……それじゃあ、魔法使いちゃんは、勇者の資格を持ちながら、魔法使いになったって事!?」

盗賊「……魔法使い」

魔王「アァ……アアア!!」

魔法使い「……お前の負けだ、魔王」

魔王「ク……クソがああああ!!」
229: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:48:00 ID:Bsh3p993t ×
魔法使い「ホントは……使いたくなかったのによ……」

魔王「……ハハ……ハハハハハハハハ!!知らないぞ……どうなっても!!」

女勇者「……え?」

魔王「この城は、魔王城は雑食だ。俺すらも、食い物にしちまうようななぁ!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……

武道家「ッ!!城が!!」

盗賊「崩れてく!?」

魔王「ハッ……俺を喰らう気かよ……自身を壊してまでよ……」

女勇者「まさか……魔王……」

魔王「……俺が倒れた時点で俺の負けだ……てめぇら、速くしねえと喰われちまうぞ」

武道家「速く!逃げるぞ!」

女勇者「魔法使い!速く!」

魔法使い「……クソ、立てねえ」

女勇者「それなら、私が運ぶから!!」
230: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:50:28 ID:Bsh3p993t ×
魔法使い「……女勇者」

女勇者「絶対に、一緒に、行きて帰ろう!!」

魔法使い「……あぁ」

タッタッタッ…………

魔王「……終わりか」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

魔王「……まさか、俺まで喰らうとはな」

魔王「……しっかし、あの魔法が拝めるとはな」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

魔王「……寝るか」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

魔王「疲れたんだよ、静かにしやがれ」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

魔王「……無理、か」
231: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/10(土)23:53:26 ID:Bsh3p993t ×
ーーーーー

武道家「ハァ、ハァ、ハァ」

盗賊「急いで!!早く!!」

武道家「アレが出口だ!!」

女勇者(……アレ?)

魔法使い「くっ!!」

武道家「女勇者!魔法使い!早く!」

女勇者「分かってる!!でも……」

女勇者(これ、どこかで……)

盗賊「……こうなったら!!」

武道家「ダメよ!アンタまで死ぬわよ!」

盗賊「でも!!」

女勇者(そうだ、盗賊が私達の所に来ようとして)

女勇者(それから……)

魔法使い「……女勇者」

女勇者「ダメ!!」

魔法使い「……え?」

女勇者「魔法使いだけ、死なせたりはしない!!」 

魔法使い「女勇者……」

女勇者「私、まだ魔法使いに何にも聞いてない!!」

女勇者「それに、伝えられてない!!」

魔法使い「……女勇者」

女勇者「だから……だから!!」

魔法使い「ごめんね」

ヒュンッ

武道家「女勇者ちゃん!!」

盗賊「魔法使いは!?」

女勇者「……え?」

武道家「……女勇者ちゃん?」

女勇者「どうして……外に」

盗賊「……移動魔法」
234: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:00:22 ID:JyI2YdVHc ×
女勇者「!! 魔法使い!!」

魔法使い「……良かった。ちゃんと飛ばせた」

女勇者「魔法使い!!速く!!移動魔法使えるんでしょ!?」

魔法使い「……もう、魔力足りてないよ」

女勇者「そんな……なんで!?」

魔法使い「……女勇者」


魔法使い「ーーーー」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……ドゴオオオン!!


女勇者「……魔法使い?」

女勇者「……嘘、でしょ?」

女勇者「魔法使いいいいいいいい!!」
 
236: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:03:10 ID:JyI2YdVHc ×

(女勇者)

女勇者「!?」

(ごめんね……期待に応えれなくて)

女勇者「……魔法……使い」

(僕は、君に三つ隠し事をしてた)

女勇者「……三つ?」

(まず、僕には勇者の才能があった。それが、周辺の音から、必要な情報を全て見れる目だった事)

女勇者「……うん」

(そして、僕は昔君に会っていた事)

女勇者「うん……うん」

(それと、最後)

女勇者「うん……」

(僕は)

(君の事が好きだ。幼い頃から、ずっと)

女勇者「ッ!!」
237: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:04:09 ID:JyI2YdVHc ×
(……女勇者、バイバイ)

女勇者「……魔法、使い」


「好きだよ」


女勇者「……うぅ……うわあああああああああん!!」

武道家「…………」

盗賊「…………」

女勇者「ああああああああ!!うああああああ!!」

239: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:06:36 ID:JyI2YdVHc ×
ーーーーー

?「この結末は、神様、アナタが作った結末では無く、彼らが導いた結末なんですね」

?「………バットエンド」

神「だな。でも、これでもう俺の役目は終わりだ。後は任せたぞ。天使、妖精」

天使「分かりました」

妖精「………お仕事頑張る」

神「後は、お前らの世界だ」

天使「なら、文句はやめてくださいよ」

妖精「………いちゃもんお断り」

神「あいよ。それじゃ、最後の仕事、してくるよ」

天使「行ってらっしゃいませ」

妖精「………お土産よろしくね」

神「おうよ」
240: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:09:46 ID:JyI2YdVHc ×
ーーーーーーーーーー

「いらっしゃーい!!いかがですかー!!」

「そこのお兄さーん、寄ってかないかい!!」

盗賊「……なんつーか、騒がしいな」

武道家「そうね。魔王の封印が済んでからは一層ね」

盗賊「封印、か」

武道家「……そうね」

盗賊「……なぁ、アレ」

武道家「……え?」


女勇者「…………」

盗賊「おい、女勇者」

女勇者「あ、久しぶりー!」

武道家「女勇者ちゃん……その格好」

盗賊「……ワンピース」
241: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:12:18 ID:JyI2YdVHc ×
女勇者「へへー、似合う?」

武道家「えぇ、似合ってるわよ」

女勇者「えへ、ありがとう」

武道家「……盗賊ちゃん?」

盗賊「……うん、似合ってる」

女勇者「それじゃ、もう行くね!」

武道家「あら、どこ行くの?」

女勇者「昔の知り合いの所!!じゃーねー!!」

武道家「またねー!!」

盗賊「…………」

武道家「……どうかしたの?」

盗賊「……いや。大丈夫、兄貴」

武道家「……女勇者ちゃんは大丈夫よ」

盗賊「……そうだな」
242: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:15:29 ID:JyI2YdVHc ×
ーーーーー

女勇者「……ねぇ、魔法使い」

女勇者「どう、かな?この格好」

女勇者「何と無く見つけて、そしたら、なんか買わなきゃ!って思ったんだ」

女勇者「似合ってる、かな?」

女勇者「…………」

女勇者「あれから、色々あったんだよ」

女勇者「私、女王の座、継がなくてよくなったんだ」

女勇者「お父さんに、魔王討伐の礼として、何でも叶えるって言われて……それで……」
243: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:17:55 ID:JyI2YdVHc ×
女勇者「あ、後ね、武道家と盗賊ちゃん、一緒に暮らすんだって」

女勇者「今は盗賊ちゃん、武道家に武術を教わってるみたい」

女勇者「兄貴みたいな、立派な武道家になるって」

女勇者「あ、さっき偶然二人に会ったよ!」

女勇者「盗賊ちゃん、可愛くなって……それから……」

女勇者「それから…………」

女勇者「……魔法、使い」

女勇者「ズルイよ……あんな事言い残して、いなくなるなんてさ」

女勇者「あんな事言われたって……私……」

女勇者「……どうしたらいいか、分からないよ」
244: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:21:31 ID:JyI2YdVHc ×
女勇者「うぅ……うぅ、うぅ」

女勇者「ゴメンね……泣くなんてさ」

女勇者「ダメ……だよね」

女勇者「……魔法、使い」

?「あのー、スミマセン」

女勇者「……ハイ」

青年「……大丈夫ですか?」

女勇者「……うん、大丈夫」

青年「嘘、ですよね」

女勇者「ハハッ、ばれた?」

青年「えぇ、誤魔化し方が、昔の友人そっくりで」

女勇者「……そっか」
245: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:24:06 ID:JyI2YdVHc ×
青年「…………」

女勇者「…………」

青年「……謝って、許されますかね?」

女勇者「許さないよ、馬鹿」

ギュウッ!!

魔法使い「……ただいま」

女勇者「……なんで、どうして!?」

魔法使い「……誰かが、助けてくれたんだ。お前はやり残した事が多すぎる、って」

女勇者「多すぎだよ、ホント」

魔法使い「そうか……大変だな」

女勇者「自業自得だよ」

魔法使い「……ねぇ、女勇者」

女勇者「何?男の魔法使い?」
246: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:24:35 ID:JyI2YdVHc ×

「好きだよ」



「私も」
247: 1◆oNDhRi.Qoo:14/05/11(日)00:26:47 ID:JyI2YdVHc ×
くぅ疲おしまい

クソ長い間、ありがとうございます。

テーマは「昔の話し」
中二臭い話になりました