1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 23:25:12.67 ID:9nal6slG0
P「……………」ブツブツ

小鳥「Pさん大丈夫ですか?凄いクマですけど…」

P「えぇ…3日前からずっと悩んでいることがあって、ここの所ロクに寝られてなくて…」

P「すみません小鳥さん、プライベートなことで申し訳無いんですけど、よかったらちょっと相談に乗ってもらえますか?」

小鳥「えぇ、私なんかでよければ」

P「そんなことで、って笑われちゃうかもしれませんけど…」

小鳥「フフッ私もよくくだらないことで真剣に悩んじゃう方ですから、お気になさらず何でもどうぞ」

P「では…」


  「――俺はどっちと結婚すべきなんでしょう?」


小鳥「!?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440167112

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 23:30:10.17 ID:9nal6slG0
小鳥「けっ、けけけけけ、こけっ…!こけっこんですか!?」

P「すみません、もういい大人だってのにこんなことで…」

小鳥「いやいやいや!これ悩まなかったら他に悩むこと無いレベルの案件じゃないですか!!」

P「ありがとうございます…小鳥さんならそう言ってくれるんじゃないかと思いました」

小鳥「いや誰でも言いますって……あ、あの。結婚ってプロデューサーさん自身のお話ですよね?友達の話とかでは無く…」

P「えぇ、勿論。正直、急な話だったので自分でもまだ戸惑っている所はあるんですが…」

小鳥(急な話…ご実家で何かあって、急いで身を固めないといけなくなったとかそういう話かしら…?)

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 23:30:36.92 ID:9nal6slG0
小鳥「けっ、けけけけけ、こけっ…!こけっこんですか!?」

P「すみません、もういい大人だってのにこんなことで…」

小鳥「いやいやいや!これ悩まなかったら他に悩むこと無いレベルの案件じゃないですか!!」

P「ありがとうございます…小鳥さんならそう言ってくれるんじゃないかと思いました」

小鳥「いや誰でも言いますって……あ、あの。結婚ってプロデューサーさん自身のお話ですよね?友達の話とかでは無く…」

P「えぇ、勿論。正直、急な話だったので自分でもまだ戸惑っている所はあるんですが…」

小鳥(急な話…ご実家で何かあって、急いで身を固めないといけなくなったとかそういう話かしら…?)

5: >>4ミス 2015/08/21(金) 23:31:37.63 ID:9nal6slG0
小鳥「す、すみませんちょっと水飲みますね…」ゴキュゴキュ

小鳥(お、落ち着くのよ小鳥!これは取扱いを誤ると765プロの人間模様が木端微塵に粉砕され)

小鳥(その流れで会社も砕け散る可能性大の超大型爆弾…!!こ、ここは慎重に話を紐解いて…)ゴクゴク

P「言うまでもないですが、候補の二人は「ストア―――ーッッップ!!!」

P「?」きょとん

小鳥「わ、私の心臓に恨みがあるのでなければゆっくり!」

小鳥「ゆっくり慎重に少しずつスローペースで嚙み締めてお話をお願いします…!」ゼェゼェ……

P「そんな動揺することですか?小鳥さんだってよく知ってる二人ですs「ブフォッ!!!」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 23:33:25.20 ID:9nal6slG0
小鳥「た、大変失礼致しました…」

P「いえ…」フキフキ

小鳥(ど、どどどどどうしよう…!私もよく知ってるってことは、もしかしての悪い予感がズバリ的中……)ダラダラ

小鳥(どの2人で悩んでいるのかも問題だし、私含めどの12人が選ばれなかったのかがもっと問題だし…ぐすん。ってそんな場合じゃなくて!)

P「…一生のことですから。青臭いと言われるかもしれませんが、出来る限り純粋な気持ちで決めたいとは思ってるんですよね」

小鳥「は、はい。そうですねやっぱり大事なのは当人同士の気持ち的なアレがあったりなかったりするって言いますし…」ダラダラ

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 23:34:07.36 ID:9nal6slG0
P「…とはいえ、実際問題として俺には成さなければならないことがある訳ですから」

P「そのパートナーとしてどうか…っていう視点も、必要になると思うんですよ」

小鳥「な、なるほど…。上手く生活していけるのかとか価値観の相違とかお金のこととかもありますものね。聞いたことありますよー私は…」

小鳥(トップアイドルを目指すなら、そもそも結婚は駄目な気もするけど…あっ!だからそこは分けるとか!?)

P「お金……そうなんですよね、それも…」ムゥ

小鳥(お金が引っ掛かっている…!?ということは伊織ちゃん!?やよいちゃん!?或いはその二人で悩んでいる!?)ゼェハァ

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 23:34:41.98 ID:9nal6slG0
P「…どっちも本当に良い娘なのは分かってるんですよ」

小鳥「そ、そりゃあもうそうでしょうよ。むしろよくも2人まで絞り込めたものだと…」

P「いえ、俺の中では二人しか無かったので」

小鳥「そ、そうだったんですか……」シュン

小鳥(これは他の11人には聞かせられな…いや、盛大にヤケ酒コースかしら……)フフフ……

P「…どっちが美しいかということなら、世間で言われてる様に、たしかに彼女の方だとは思うんですが」

小鳥(世間で美しいと言われている…なら貴音ちゃん?あずささん?千早ちゃんってことも…)

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 23:35:21.11 ID:9nal6slG0
小鳥「ち、ちなみにPさんの女性の好みっていうのはどういう感じなんですか?」

小鳥(攻めた!攻めましたよ~私!!)

P「どちらかと言えば、お淑やかな子…だと思っていたんですが」

P「彼女と接してみて、引っ張って行ってくれるお姉さんって良いなぁ…と。そして垣間見える『脆さ』がもう…!」

小鳥(律子さんキタ!?そして対抗馬は雪歩ちゃん…!?)ドキドキ

P「あと、子供のこともありますよね」

小鳥「こ、こど……!」ブシュッ

P「どっちでも可愛いのは間違い無いんですけど、髪の色が…」

小鳥(色…?やよいちゃんとか貴音ちゃんのことかしら…?)

P「好みで言えば、男の子は金髪の方が映えるなぁと思うんですけどね」

小鳥「え?でも美希ちゃんは染めてるだけだから元は茶系ですよ?」

P「美希?」きょとん

小鳥「えっ違うんですか!?でも他に金髪の子なんて……!!」はっ!

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 23:36:15.50 ID:9nal6slG0
小鳥「プロデューサーさん…もしかしてもう一人の女の子の髪の色は、蒼ですか?」

P「?はい、そうですが」

小鳥「長さは?」

P「ロングですね」

小鳥「金髪の子に比べて、おっぱいは?」

P「甲乙付け難いです」

小鳥「………………」スゥッ



   「ビアンカかフローラかの話かいっ!!!!」バンッ!!!



P「!?」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 23:48:07.11 ID:9nal6slG0
小鳥「まったくもう。結局そんなオチですか」

小鳥「この数分で確実に何日分かは縮んだ私の寿命を返してほしいですよ」ぷんすか

小鳥(まぁこの朴念仁のPさんが、急にそんなことを言い出す異常さに気付けなかった私もアレだけど…)

P「何を怒っているのかさっぱり…俺は最初からドラクエⅤの話をしていたんですが」

小鳥「紛らわし過ぎますよ!友達じゃなく自分の話だって言ったり、私がよく知ってる二人だとか!」

P「俺、RPGは主人公を自分の名前にして感情移入する派なので…小鳥さんがドラクエ経験者だっていうのは」

P「小鳥さんがそこの棚の下の引き出しに、こっそり作ってるゲーム置き場を見て知ってましたし」

小鳥「し、知ってたんですか…」ギクッ

P「気持ちは分かりますが、業務時間内は止めといた方がいいと思いますよ」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 23:51:32.27 ID:9nal6slG0
P「というか、そもそも俺が名前言おうとして止めたのは小鳥さんじゃないですか」

P「一体何と勘違いしてたんです?」

小鳥「っ!さ、さーて何のことやら!それより相談ですよね相談!」

小鳥「ビアンカフローラ問題は、きのこたけのこ、コロコロボンボン、イチロー松井に匹敵する大問題ですからね」

小鳥「場合によっては人が死に兼ねない宗教戦争。じっくりと相談に乗らせてもらいますよ」

P「ありがとうございます。まず、結婚前夜についての俺の解釈を聞いてもらいたいんですけど…」

小鳥「ふむふむ」

~10分後~

P「その姿をフローラは目撃していた。だから俺の足音が聞こえた時、急いでベッドに~」ペラペラ

~30分後~

小鳥「Pさんは全然分かって無いですっ!!多くは言えませんが、ビアンカは、ビアンカは…!!」

~2時間後~

P「結婚はそんな衝動に任せてして良いものでは無いでしょう!?」

小鳥「愛の他に何が必要だって言うんですか!?」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/21(金) 23:58:05.29 ID:9nal6slG0
春香「おはようござ…って皆、事務所のドアの前で何してるの?」

真美「しーっ!!今良いとこなんだから!!」ワクワク

真「は、春香もホラそこ静かに座って!!」ドキドキ

雪歩「………っ!!///」ドッドッド

春香「?Pさんと、小鳥さんの声…?あの二人が言い争うなんて珍s



  小鳥「好きなら好きだと言えばいいじゃないですか!この意気地無しっ!」

  P「どちらも愛してるからこそ困ってるんじゃないですか!何故それが分からないんです!?」



春香「!?」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 00:05:42.16 ID:eVNNF9iL0
春香「!?!?!?」ずいっ!

真美「はるるん瞳孔ww」

真「怖い怖いっ!そんな見たこと無い表情で迫って来ないで!」

春香「何が!どうして!一体!」

春香「……何が!?」

雪歩「お、落ち着いて春香ちゃん。私達も5分位前に来たばかりだから、ちゃんとは分からないけど」

雪歩「プロデューサー…結婚相手を2人の内どちらにするか迷ってるみたいで……」

春香「結婚…!?!?」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 00:08:53.39 ID:eVNNF9iL0
春香「そ、そんなお付き合いもまだなのにいきなりそんな…!!」アセアセ

真美「どーどーはるるん。はるるんがそうとは限らな…いや、そうじゃないとも言って無いからそーはく解除して。泣かないで」

真「察するに、2人に絞っているのは間違いないみたいだけどね」

真「…正直、突然過ぎて手が震えてるけど……」カタカタ

雪歩「――逃げる訳には、いかないよね…」ゴクリ…

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 00:15:13.81 ID:eVNNF9iL0
真美「ていうか、さっきから所々ドラクエで例えてるのは何なんだろうね」

春香「…小鳥さんにも教えられないからじゃないかな。『誰と誰』なのか……」

春香(もしかしたら、片方は小鳥さん自身…?仮に、そうなんだとしたら…)グスッ

真(多分、フローラは雪歩のことなんだと思う。でも、ビアンカは可能性……駄目だな。傷付くだけだって分かってるのに……)

雪歩(プロデューサー。その目標、貴方と一緒なら私が…)


  小鳥「えぇい!じゃあアイドルの皆にもどっちが良いか聞いてみましょうよ!」

   P「望む所です!!」


4人「「「「えぇっ!?」」」」ガタンッ!!

P「ん?」クルッ

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 00:24:34.36 ID:eVNNF9iL0
春香「あたた……あ」タラリ

P「おはよう。なんだ、もしかしてそこで待ってたのか?」

P「来てたんなら早く入ってくれば良かったのに」

真「あー……いえ、なんか大事な話をしているみたいだったので入り辛くて…」アセ

P「あぁ。いつの間にか熱くなっちゃってたからな…これは恥ずかしい所見られちゃいましたね、小鳥さん」ははは

小鳥「は、はい。つい私も熱が…」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 00:27:33.05 ID:eVNNF9iL0
小鳥(春香ちゃん達、明らかにそこで盗み聞きしてた感じだったわよね。何でそんなことを…)

春香(…プロデューサ―さん、あんな話を私達に聞かれたっていうのに)

春香(何でこんな普通な感じなんだろう…?)

雪歩(プロデューサー、さっき『どっちが良いか私達にも聞いてみよう』って言ってた…?)

真(当事者…結婚相手の候補者に、そんなことを相談するワケ無い。つまり…)

真美(相談を持ち掛けられた子は……兄ちゃんの相手じゃないってコトになるよね…)
   
     「――そうだ」

4人「―――っ!」ビクッ!!

P「ちょうど良かった。ちょっと皆に聞きたいことがことがあるんだが…」

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 00:33:35.12 ID:eVNNF9iL0
春香「な……ナんデすか?ゴホッ!プロ、プロデューサーさん…」


   ドクン……ドクン……


P「っと。でも一辺にってわけにもいかないな」ボソッ

P「じゃあ…」


   ドッドッドッドッドッド…




    「春香」



      
        

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 00:43:00.20 ID:eVNNF9iL0
プロデューサーさんから、三文字の言葉が発せられる。
今ほど自分の名前がその三文字であることを恨む日は、これからきっともう無いだろう。

不思議なことに、さっきまでの爆発してしまいそうな程の震えは、その瞬間ピタリと止まる。
その代わり、今度は氷漬けにされたかの様に微塵も動かせなくなってしまった。

俯いた体勢のまま、真っ白な頭の中にポツポツと悲しい色の雨が降り始める。



春香「………………」

P「ちょっと向こうの部屋に来てもらえるか?」

春香「………………」

真「……はr


  「ハイ、プロデューサーさん」ニコッ…


  
後に、音無小鳥は語る。
それは向けられた誰もが恋に落ちてしまいそうな程―――見事な笑顔だったと。

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 00:54:30.02 ID:eVNNF9iL0
小鳥「………はっ!あ、あまりの破壊力に意識を奪われていたわ」フー

小鳥「あれ?2人は何処に?」キョロキョロ

雪歩「…奥の会議室で話してるみたいですよ」

小鳥「あぁ、そうえばそういう話だったわね。…ね、ねぇなんで三人共そんな神妙な顔してるの?」

真「…そりゃ、明日…ていうか数分後は我が身ですし……多分」

雪歩「もしこの中にお目当ての娘が居るんなら…だもんね」

真美「兄ちゃんだから仕方無いって言えばそれまでだけど、流石にちょっとむしんけー過ぎるよねー」

雪歩「プロデューサーからすれば、私達なんて子供にしか見えないのかもしれませんけど、でも……」

小鳥「…………あっ(察し)」

小鳥「ち、違うのよみんな!私達が話してたのは~~」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 01:04:58.80 ID:eVNNF9iL0
真美「うええええぇっ!?!?ホントにマジでガチでドラクエの話だったの!?」

真「動揺して気付かなかったけど、言われてみれば思い当たるフシはいくつも…」

雪歩「はふぅ……ほっとしましたぁ…」

小鳥「フフッ私も最初は勘違いしたから気持ちは分かるわ。ホント人騒がせよね」

真美「はるるんにも教えてあげないとね。えーとこないだ作ったテッテレーボードがこの辺に…」


     ――バチンッ!!!


4人「!?」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 01:06:44.61 ID:eVNNF9iL0
真美「な、なにが――


  「プロデューサーさんの…バカッ!!!」


4人「」


   ガチャッ!!  ダダダダダダッ!!!  ガチャッ!!  ダダダダダッ!!!


雪歩「……ま、真ちゃん。今、何が見えた…?」アセ

真「顔真っ赤にして、泣きながら走って行った………春香」

真美「お、追いかけるよっ!!ダッシュで超ダッシュでっ!!!」


その後、たまたま事務所入口付近まで来ていて、泣き顔の春香と擦れ違ったことで何かを察した千早が
事務所に入るなりプロデューサーを平手打ちし、その直後に泣き崩れたり
何やかんやで真相を知った春香が、北海道へ高飛びしようとしているのを響が寸前で取り押さえたりと

色々てんやわんやがあった後、事務所にアイドル全員が集合する運びになった。


※響はロケ帰りで空港に居る所に、真からの電話受けて春香をとっつかまえました。

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 01:19:38.85 ID:eVNNF9iL0
真美「さてさて、なんやかんやで事務所に全員集合した訳ですが」

伊織「何よなんやかんやって。いや大体話は聞いてるけど」

あずさ「色々大変だったみたいね~」

伊織「アンタ達は放っておくとマジで意味分かんない方向に暴走していくわよね」ハァ

美希「ショージキ、春香には同情を禁じ得ないの」

亜美「ダメージで言えば千早お姉ちゃんも相当だけどねー」

千早「くっ……」

貴音「高潔な心が故の行動、私は素晴らしいと思いますよ。千早」

響「早とちりが過ぎたことが問題だったけどな。千早だけに」

やよい「春香さんとプロデューサーって今どこにいるんですか?」

律子「奥の部屋で土下座してるはずよ。そろそろ戻って来ると思うけど…って噂をすれば」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 01:26:57.12 ID:eVNNF9iL0
    
  ガチャッ

P「だから俺は全然気にしてないから大丈夫だって。ほら皆待ってるから」

春香「うぅ……はい、本当にすみませんでした…」グスッ

亜美「はるるんおかえりー」

真美「お勤め御苦労さんでしたっ!」ビシッ!

伊織「…で、一体何が始まる訳?わざわざ全員集めたりして」

響「まさか本当に自分達にビアンカフローラ問題のアンケート取る訳じゃないよね?」

小鳥「うーん、当たらずとも遠からずって感じかしらね」

皆「?」

小鳥「プロデューサーさん、どうぞ」

P「はい。コホン、皆には今から――」



      「ビアンカとフローラになってもらう」



13人「!?」

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 01:37:29.17 ID:eVNNF9iL0
伊織「ねぇ、プロデューサー。そのビアンカとフローラっていうのはゲームのキャラよね?」

伊織「ゲームのキャラは実際には存在しないから、現実の人間である私達はそれにはなれないの。分かる?」ニコッ…

P「ちゃんと境目は見えてるから、菩薩顔は止めてくれ」

亜美「じゃあコスプレでもしろってこと?だったら亜美はアリーナやりたいな~」

真美「まこちんテリ―やってよ!もしくはクリフトかククール!」

真「せめて女キャラをやらせてよ!」

小鳥「ふふっ是非撮影会には呼んでほしいけどそうじゃなくて、Pさんは思ったのよ」

小鳥「ビアンカかフローラを決められないのは、自分が現実でそういう経験をしたことがないからではないかと」

小鳥「だから主人公に感情移入し切れず、いつまでも朝を迎えることが出来ない…」

律子「それ言い出したらちゃんと感情移入できたドラクエユーザーほぼゼロになりそうですが…」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 01:45:16.88 ID:eVNNF9iL0
雪歩「えぇと…もしかして、主人公に感情移入できるようになる為に」

雪歩「私達にその、ビアンカさんとフローラさんを演じて欲しいってことですか?」

P「いや、ビアンカかフローラかを選ぶのはあくまでゲームの中の俺だからな」

P「現実の俺が同じ気持ちを経験するには、やはり現実の人間が相手でなければならない」

響「分かるような分からないような…」

伊織「アホなこと言ってるのは間違いないけどね」

P「そこで皆には」


   「俺に告白をしてもらいたい」


13人「―――――ッ!!」

P「それに対して、俺は心から真剣に考えて」

P「答えを返す。それが今日の演技力レッスンのお題であり……俺からのお願いだ」

P「勝手な話で悪いが、やってくれるか?」


その問いに対し、13人の少女達は各々が己の中で、葛藤という名の激戦を演じ
結果、お互いに視線を交わし合いながら全員が参加を表明した。

アイドルによる絶対に負けられない疑似戦争が――ここに開幕する。

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 01:58:56.86 ID:eVNNF9iL0
P「さて、結構な長丁場になりそうだから早速始めようか」

P「小鳥さん、クジをお願いします」

小鳥「ここに」サッ

亜美「クジ?全員で兄ちゃんに告って、それで一人が選ばれるんじゃないの?」

P「どこのハーレム王だ俺は…。ゲームが二者択一なんだから、現実もそれに合わせないと話変わってくるだろ」

小鳥「リメイクでは三択ですけどね。さぁ恨みっこなしのいっせーのせっ!」ハァハァ

律子「なんでそんな息荒くしてんですか…」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 02:18:44.37 ID:eVNNF9iL0
雪歩(二者択一…つまり1対1の真剣勝負……)ゴクリ

真(単純な勝率はぐぐっと上がったけど、その分負けた時のダメージは測り知れないな…)

美希(ちぇっ、ミキは別に全員いっせーにでも良かったのにな)ほっ

千早(有利な相手…なんてものがあるとは思えないけれど、誰が恋敵になるかは重要ね。願わくば…)

各々の情念が視認出来そうな程に渦巻く中、一人ずつクジを手に取り一組目の、否。緒戦のカードが決まる。


小鳥「先が紅く塗られた割り箸。それを持つ者が開幕試合のメインアクター」

P「久々に見ましたねこういう籤引き」のほほん

小鳥「さぁ…一斉に掲げてください!」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 02:50:52.72 ID:eVNNF9iL0
美希「はーい!ミキがアタリなのっ!」

真「一番手で喜べるなんて流石美希だね。正直ボクはちょっとホッとしちゃったよ」アハハ…

美希「ごーほー的にハニーに告白が出来るチャンスなんだよ?そんなの早い方が良いに決まってるの!」

美希「ビアンカかフローラか何てどうでも良い位にハニーの胸がいっぱいになっちゃって、レッスンがミキで打ち切りになっちゃっても恨まないでね」

美希(さて、相手は…ちぇ春香じゃない。千早さん…も違う)

美希(デコちゃんでも無い。まさかあずさじゃ…違ったの。あと怖いのは…)

律子「大した自信ねぇ。対戦相手を見る前にそんなこと言ってて良いのかしら?」

美希「フフン。皆には悪いけど、誰が相手だろーと恋愛勝負でミキが負ける訳…


律子「…………」キラン スッ


美希「――っ!」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/22(土) 03:10:29.04 ID:eVNNF9iL0
律子「小鳥さんにほだされて、一応クジを引いてはみたものの」

律子「やっぱり私がやることじゃないと思っていたけど…ちょっとやる気が出て来たわ」

律子「よろしくお願いするわね、美希?」ニコッ

美希「…じょーとーなの。サイッコーに相手にとってフソク無しって思うな」

美希「今迄のウラミも込めて、この絶対に負けられない勝負で…律子をギッタンギッタンにしてやるの」フフフ…

律子「あらあら『さん』を忘れる程怯えた心で、果たして勝負になるのかしらねぇ」


   ゴゴゴゴゴゴ……


響「く、空気が震えてるぞ…」

亜美「こりゃー一瞬たりとも目の離せない好カードになりそうですぜ…」ゴクリ…

P「うんうん、やる気十分な様で何よりだ」

P「それじゃ小鳥さん、お願いします」

小鳥「コホン…それでは!開幕試合、美希ちゃん律子さん問題!」

小鳥「用意……アクション!」

64: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 01:34:40.17 ID:5JkVmkgo0
P(なんやかんやで明日、結婚相手を決めることになってしまった)

P(美希か、それとも律子か…俺はどちらを……)テクテク

美希「ハニー!」

P「!」

美希「こんな時間にどうしたの?あっもしかしてミキに会いに来てくれたとか!」

   『はい  →いいえ』ピッ

美希「眠れないから歩いてたら、たまたまミキの部屋の近くに来たんだ…でもそれでも会えて嬉しいの!」

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 01:57:06.14 ID:5JkVmkgo0
美希「今日は静かで星が綺麗だよね」

美希「ホントなら眠るには絶好の夜なんだけど…流石のミキも今日ばかりはなかなか寝付けなかったの」

美希「こんなの初めて…ううん、二度目かな。ハニーのこと好きなんだって気付いた時に続いて…」

P「…………」

美希「色々考えちゃってモヤモヤしてたから、グーゼンでも会いに来てくれて嬉しかったの」ニコッ

P「…………」

美希「…ねぇ、ハニーはどう思ってる?このジョーキョーのこと」

68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 02:04:36.75 ID:5JkVmkgo0
美希「ミキはね、良かったって思ってるんだ」

美希「そりゃ突然のことでビックリはしたし、ホントならもっと時間を掛けてじっくりオトしていこうと思ってたけど…」

美希「ゼッタイ、いつかは向き合わないといけないって思ってたから……律子とは」

P「…………」

美希「律子はあーいう性格だから」

美希「これ以上無い位に、まっすぐ真剣勝負できる機会が出来て良かったってホントに思ってるよ」

美希「……強がってるだけかもしれないけどね」ボソッ

69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 02:19:18.85 ID:5JkVmkgo0
美希「あーあ、ミキらしくないよね。結果が出る前に負けることを考えちゃうなんて」

美希「もしかしてこれがウワサのマリッジブルーってやつなのかな?」

P「……………」

美希「ハニー」

美希「ミキね、頑張るよ。今までも頑張って来たけど、ハニーがミキを選んでくれたら」

美希「もっともーっと色んなことを、苦手だったりつまんないと思ってたことだってゼッタイ頑張れる」

美希「ハニーの傍に居るだけで、ミキはずっとキラキラ出来るから…」


        「ミキを――選んでください」


P(……………)テクテク…

律子「うげっ!プロデューサー!」

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 02:27:54.46 ID:5JkVmkgo0
P「……………」

律子「あはは、すみませんすみません。そんな嫌な予感がしてたのでつい口に…」ペコリ

P「?」

律子「いやーでもプロデューサーも鬼畜ですねぇ。せめて一晩の間位、夢を見せてくれてもいいじゃないですか」

P「……………」

律子「え?振られる方に前もって心の準備をさせに来たじゃないんですか?」

      『はい →いいえ』ピッ

律子「たまたま歩いてたら…」

律子「…まぁ、考えてみればプロデューサーにそんな気遣い出来るわけないですよね」

72: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 02:53:05.05 ID:5JkVmkgo0
P「……………」

律子「だからそんな無用な気遣いもしなくていいですよ」

律子「仮に私がPの立場でも…というか、100人居れば90人はあの子を選ぶでしょうから」

律子「あ、なけなしの自尊心が効いた台詞なのでツッコまないでくださいね」

P「……………」

律子「まったく、ままならないものですよねぇ」

律子「もっと上手くスマートにやって、二人の結婚式の司会でもやって」

律子「両方から、互いの愚痴という名の惚気を聞く。そんな青写真を描いてもいたんですけど…何の因果か今はこうなっている」

73: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 02:53:56.28 ID:5JkVmkgo0
律子「……………」

律子「ま、時間を掛ければリカバーできないこともないでしょうから、その辺りはよろしくお願いしますね」

律子「プロデューサー殿」クルッ

P「……………?」

律子「…ホント、残酷な人ですね」


      「――言わなきゃ、分かりませんか?」


P(……………)

74: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 02:58:42.43 ID:5JkVmkgo0
P「……………………」

P「……………………」

P「………………決めた」

P「明日、俺が選ぶのは―――」


 『美希  律子』


    ピッ

       

75: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 03:07:46.33 ID:5JkVmkgo0
Pの選択


   (>>77のコンマが50未満→『3a』 50以上→『1a』)

   
※暗号    

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/23(日) 03:13:36.30 ID:LhsMOFDg0
ksk

85: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 03:33:07.34 ID:hjkZiGWU0
~翌朝~

美希「あ」

律子「ん?あらおはよう、美希」

美希「おはようなの……律子」キリッ

律子「…まぁ、考えてることは分からなくもないから今日ばかりは許してあげるけど」

律子「大事な日なんだから、そのクマは直しといた方がいいわよ」シャコシャコ

美希「むぐ…言われなくても、今顔洗ってメイクする所なの」

律子「アンタでも眠れなくなったりすることがあるのねぇ」

美希「何勘違いしてるか知らないけど、ミキはいつも通りぐっすり10時間睡眠」

美希「9時にはお布団の中だったの」

律子「ふーん」

美希「む…なにその余裕な感じ。そういう律子の方はどうだったの?よく見たら目が―「私は――」


        「アンタと同じよ」

         「……そっか」

             

86: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/08/25(火) 03:33:48.17 ID:hjkZiGWU0
    
  ザッ    ザッ
 
P「……………」

小鳥「ウォッホン。それではP君」

小鳥「星井美希君か、秋月律子君か。君がどちらを花嫁に選ぶのか…答えてくれるかね?」

美希「…………」

律子「…………」

P「はい」

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:29:28.72 ID:9e5rtvS00
P「最初に、二人に言っておきたい言葉がある」

P「ありがとう」ペコッ

美希・律子「!」

P「こんな俺を好きだと言ってくれて、本当に嬉しかった」

美希「…お礼を言われるようなことじゃないよ、ハニー」

律子「そうね。別に貴方の為にしたことでもなし」

P「分かってるよ。ただ俺の素直な気持ちとして、これだけは最初に伝えておきたかったんだ」

93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 00:48:24.96 ID:9e5rtvS00
P「美希」

美希「!」

P「初めて会った時の衝撃は未だに覚えている」

P「こんな逸材がこの世にいたのかと…この子がアイドルになったら、どこまで高みへ登っていけるのか」

P「それを考えると胸が高鳴って止まらなかった。…まぁ実際に口説き落としてみたら、とんだ問題児だった訳だが」

美希「えへへ…最初の頃はホントにごめんなさいなの」

P「それから一緒に活動していく中で、どんどん輝きを増して行く美希を見て」

P「そして何の因果か、俺に好意を寄せてくれる様になった美希の存在が…俺の中でどんどん大きくなっていっていた」

律子「…………」フッ…

P「律子」

律子「!」

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/01(火) 01:11:37.25 ID:9e5rtvS00
P「俺がプロデューサーになって初めての担当アイドルが、お前だったな」

P「どっちも半人前のくせに自信過剰でプライドだけは高くて…事あるごとに何度ぶつかり合ったか分からないよな」

律子「えぇ…その節はご迷惑をお掛けして掛けられましたね」

P「今思えば赤面ものの失敗も何度やったか分からないが…あの時間は、俺にとって楽しくて仕方が無かった」

律子「!」

P「俺と律子で創り上げたアイドル秋月律子が、このドン底の底辺からアイドル界の頂点に立つ」

P「その無謀な大目標に向かって、二人であがき続けた日々は今の俺を形成する大きな部分を担っていて――」

P「――今でもまだ、どこかで俺はそれを成す日を追っている自分を感じている」

律子「…………」グスッ…

美希「……………」キュッ…

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 13:42:38.84 ID:vBNu4uw60
P「律子の良い所も悪い所も…それも結局良い所なんだけどな、俺はよく知っているし」

P「一人の女性として、物凄い魅力を持っていることも分かっている。自分では気付いてない様だがな」

律子「何を………」

P「――律子と結婚すれば、きっと俺は幸せな家庭を築くことが出来るんだろう」

P「だらしない俺を時に慰め、時に背中を蹴飛ばし…喧嘩もあるだろうが、楽しい暮らしが待ってることは容易に想像できる」

美希「…っ………」

律子「………………」フゥ



     「――だけど」



P「すまない、律子。俺はお前とは結婚出来ない」

103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/16(水) 01:52:02.26 ID:ZLGZzXL10
美希「………っ!!!」

律子「どうしてです?」

律子「私はこれでも、貴方のことが大好きなんですよ?プロデューサー殿?」

P「あぁ。だけど俺は律子のことをアイドルとしか見ることが出来ない」

P「そして何より――美希を他の誰かに渡すことが出来そうもない」

律子「敏腕プロデューサーともあろう者が、出来ないばかりですね」

律子「けれど…本当に大事な選択って、そんなものかもしれません」テクテク…

美希「~~~律子っ!!」

律子「バカね。アンタが今見るべきなのは、私の後ろ姿なんかじゃない筈よ」

美希「……ッ!!………っ!……………」クルッ!

P「美希、好きだ。俺と結婚してくれ」



   「はい。ありがとう…大好き、ハニー」ギュッ…


     
律子(よくできました。アンタで良かったわ、本当に…)

引用元: P「どっちと結婚するべきか…」