1: エリザベス 2015/09/09(水) 04:28:37.85 ID:rdLef99q0
SS初投稿者です。

ゴッドイーターのSSを書いてみました。

ほとんど、自己満足の作品なので辻褄がなかなか合いません。

あと、補足すると本主人公sideは主人公視点

準主人公sideは主人公過去verから見た視点となっております。

「生きることから、逃げるな…か」

このセリフは、リンドウさんがハンニバルに取り
込まれているときに言ったセリフだ。

あのときは、レンくんいや、リンドウさんの神機にリンドウさんを殺せ!なんて言われて焦っちゃってたからなぁー。
あの時は、本当に感情で動いていたね、はははは(笑)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1441740517

2: エリザベス 2015/09/09(水) 04:31:37.67 ID:rdLef99q0
でも、それが功を成して今ここに、リンドウさんがいてアリサちゃんもいてみんながいる。

私がやった事に間違いはないと自負できる。

ただ、残念なのはシオちゃん、いわゆる特異点の子の時は、何もしてあげれなかった。

結果的に言えば、シオちゃんのおかげで地球が壊されずに済んだけどシオちゃんは月に寄生して帰ってこなくなっちゃった。

3: エリザベス 2015/09/09(水) 04:33:59.63 ID:rdLef99q0
ソーマさんに話しかけるの結構頑張ったんだよ?

シオちゃんが居なくなったショックで倒れるんじゃないかと、みんなでこそこそやってたけどね。

4: エリザベス 2015/09/09(水) 04:36:13.84 ID:rdLef99q0
そして、今は独立支援部隊『クレイドル』のリーダーだ。

最初はリンドウさんに任せようとしたのだけれど、

「俺には向いてないから、お前がやるんだ」

なんて言って、やらないしアリサちゃんやソーマさんに言ったら多数決に持ち込まれ満場一致で私がリーダー。

笑っちゃうよね。

でも、これでいいのかな?と思う事はしばしばある。

私がリーダーで何が出来るのか出来ないんじゃないかって。

5: エリザベス 2015/09/09(水) 07:50:20.81 ID:rdLef99q0
まぁ、博士に相談しても

「頼られる間は頼られておきなさい。いつか、仲間が助けてくれる」

と言って毎度毎度難しいミッションを突きつけてくる。ほぼ、単独で。

そういえば、神機のパーツは決まったやつしか使わなかったからフェンリルに寄付したんだっけ。

新しい神機使いさんが使ってくれるかなー。

6: エリザベス 2015/09/09(水) 07:59:39.39 ID:5vhuipWRO
ソーマさんにブラッドっていう新たなゴッドイーターのチームに私のような人がいるって言われたけど、どんな人なんだろう?

その人確か、新人さんで隊長になったんだっけ。

私と経緯がとても似てるね。

会ってみたいけどなー。

7: エリザベス 2015/09/09(水) 08:03:00.60 ID:5vhuipWRO
それで極東にキュウビ?

だっけ、それがレトロオラクル細胞を持っているから


「取りに行くから、待っててくださいねー」


なんて、アリサちゃんが可愛く言うもんだから待ってる。

ていうか、襲いたい(笑)まぁ、そんな事はしないけど。

8: エリザベス 2015/09/09(水) 08:09:06.40 ID:5vhuipWRO
という訳で、私は今現在、日本とすぐ近くの国のフェンリルにいる。

一人ぼっちである。

何これいじめ?

はぁ〜まぁ、いないものはいない。

待ってるしかないね。

私はリンドウさんを助けた時腕がアラガミ化して以来アラガミを倒しやすくなった。

最近神機とのシンクロ率がハンパない。

ショートブレードなのにヴァジュラを一発で倒せちゃう。

13: エリザベス 2015/09/09(水) 15:44:35.98 ID:0iW8LAHeO
と、外から声が、

「アラガミが外部居住区に入ってきた・・」

私の出番だな、よーし行くか!

アラガミが入ってきたところに行く。

と、思わず、

「なんなんだ、こいつ…」

声が出てきてしまった。そこには、私が知らないアラガミがいた。

「グギャギャルル…グラァァァ・・」

その特徴的な鳴き声で怒号した。

ちょっと舐めてたなー。まさかここまで大きいとは。ハンニバルの倍あるじゃん。

14: エリザベス 2015/09/09(水) 15:54:29.24 ID:rdLef99q0
「けど、やるしかないか。」

他にも神機使いは居るけれど、全員が強いってのはお世辞にも言えない。

他の神機使いさんには人民の誘導をお願いし、私はこいつとサシで勝負する。

それしか、時間を稼げない。

「うおぉぉぉぉ」

私の先制攻撃、決まった!

「グラッ・・」

「何・・」

痛っー!壁に吹っ飛ばされた。

19: エリザベス 2015/09/09(水) 18:59:10.39 ID:rdLef99q0
「うおりゃー!」

その時、右から何かにやられた。咄嗟でシールドが出せないままガードで致命傷は免れたけど…。

一体何が…・・

「さっきの攻撃モーションはハンニバルの…・・」

前にもこういう奴は見た。確かヴィーナスだった気がする。

しかし、吸収されている桁が違う。まだうじゃうじゃいそうだ。

そして、驚いた事に右腕の感触が違う。

20: エリザベス 2015/09/09(水) 19:37:51.85 ID:rdLef99q0
よく見ると、ハーネスが全壊していた。

「ありゃりゃ、これはダメなんじゃないの」

右腕から痛みが走ってきた。

リンドウさんはこんな気持ちだったのかな…。

でも、私には時間が無い。

このままだと、みんなを傷つけるかもしれない。

あぁ、最後は1人か…。ちょっと悲しいなぁー。

でも、こんなところで……

21: エリザベス 2015/09/09(水) 20:15:19.82 ID:rdLef99q0
「こんなところで、死ぬわけにはいかないんだぁぁぁ」

意識が朦朧としてくるなか、私は斬って撃って斬りまくった。

あぁ、アラガミが消えていく。私の意識と共に。

「せめて…コアだけでも、神機に残して…」

私の手は両方ともアラガミ化していた。

そして、捕食をした途端に意識を失った。

22: エリザベス 2015/09/09(水) 20:40:25.79 ID:rdLef99q0
気がつくと、両腕からは白い物が生えていた。

私は、それを動かせた。

「なんだ、私の腕じゃん。」

しかし、ここはどこなんだろうか?

なぜか、見た事がある寺院だった。

走馬灯なのだろうか。

一体のシユウが現れた。私はいきなり頭痛がきて体に抗えなかった。

気づくと私は赤い水溜りを見ていた。

そこには、アラガミ化した私が顔や半身が血だらけで立っていた。

23: エリザベス 2015/09/09(水) 20:52:00.12 ID:rdLef99q0
「あぁ、ついにアラガミを食べちゃったのかな。」

やはり、口には血の味がする。

傷から出た血の味と同じように。

すると、人の声が聞こえてくる。

前に聞いた事がある、懐かしい声が。

24: エリザベス 2015/09/09(水) 21:15:36.54 ID:rdLef99q0
「本当に、こんなところにいるんですか?」

「知らねぇよ、博士に聞け」

「まぁまぁ、そんな冷たい事言わないで楽しく行こうぜ、楽しく。なっ?」

私は気になってしまった。この声が誰の声なのかがとても知りたくて。

その声のする方向に。私は迷わずその場所に向かう。

やはり、私は知っていた。いや、知ってなければおかしかった

しかし、違和感があったんだ。

今の姿ではなく、昔の姿だったから。


25: エリザベス 2015/09/09(水) 21:45:32.49 ID:rdLef99q0
「なっ・・あれは!」

「おいっ・・」

「バカ!あいつ一人で」

「援護しましょう!」

「ウオオオオ」

私はアリサちゃんの牽制射撃をかわしたところに、上から…

キーン・・
「何っ・・」

ソーマさんからの一撃が来た。

しかし、アラガミ化している私には、何も効かなかった。

少し記憶が覗かれたのを除いて。

26: エリザベス 2015/09/09(水) 22:06:17.95 ID:rdLef99q0
「うぁぁぁ!」

私は気づくと腕を思いっきり振り上げてソーマさんを弾き飛ばしていた。

「ソーマ・・」

「アリサちゃん!コウタ君!ソーマさん!」

私は気づくと声をかけていて、気づいてもらえると思っていた。

「なんだこいつ・・」

「人間…なのか?」

「なんで私たちの名前を」

「なんで…なんで…なんで…誰も分からないの?私だよ?リーダーだよ?」

気づいてもらえない。

どうして…私なのに

いや、まだだ。

まだ、チャンスはあるはず。

27: エリザベス 2015/09/09(水) 22:23:47.86 ID:rdLef99q0
「みんな、私だよ。気づいてよ。」

「気をつけろ!何をしでかすか分からない!」

「そんな…」

誰も、気づいてくれない。

誰も、分かってくれない。

そんな私の憎悪心を表したかのような姿が私には見えていた。

意識も朦朧とし始めた。このままではいけない。

みんなを傷つけてしまう。

遠くに行こうとするも私の意識は沼の底にはまったように沈んで行こうとする。

すると足音がし、声が聞こえた。

「皆・・…」

あれは、サクヤさんと…私・・

28: エリザベス 2015/09/09(水) 23:15:37.26 ID:rdLef99q0
準主人公side

「サカキ博士、緊急事態です!先ほどからソーマさんたちの応答がありません!」




ソーマさんとアリサちゃんとコウタ君は別の任務で先に行っているんだなぁ。

私はサクヤさんと別任務中でこの任務が終わってからソーマさんたちと合流する話になっていたのだ。

まぁ、こっちの任務は、はやく終わったからあっちもすぐに終わるだろうと思った矢先…

「・・・繋がった!彼らに合流してください・・」

29: エリザベス 2015/09/10(木) 00:07:32.80 ID:zu55+svi0
ヒバリちゃんの一言が来た

「何があったの・・」

「分かりません。ですが、今からこの座標の位置に向かって下さい!早くしなければアリサさんたちが!」

そう言われ、私には訳が分からなくなり急いでサクヤさんと指定された場所を向かった。

「皆…」

これは、どういうことなの?皆がやられて…

30: エリザベス 2015/09/10(木) 00:25:32.18 ID:zu55+svi0
「まさか、皆をたった一体で?」

サクヤさんがそう言い、Oアンプルを使い

「私が、後方で援護するから気をそらさしてソーマたちを回収して」

「分かりました。お願いします」

よし!行くか!

「うおりゃゃゃあ」

剣で思い切り叩き斬ろうとした。でも、

「何・・硬すぎる、まさか弾かれるなんて。」

31: エリザベス 2015/09/10(木) 00:36:28.44 ID:zu55+svi0
「ウボァォォォォォォア」

相手の咆哮が、身体に恐怖心を植え付けてくる。

「こんな事で、やられてたまるかぁぁぁ・・」

聞かない攻撃でも、いつかはと思い斬って斬って斬りまくる。

でも、次の瞬間

「うごぉっ」

壁に思いっきり叩きつけられ意識が持ってかれかけそうになる。

くそぅ、ここまでなのか…

月の光の方に目をやると屋根の上に何かが見えた。

32: エリザベス 2015/09/10(木) 00:42:27.46 ID:zu55+svi0
「あそこにいるのは…白い女の子?」

ぼやけて、よく分からなかった。

アラガミが腕を振りかぶった瞬間、その女の子は何かを言っていた。

どんな事か、分からない。

そして、目の前が真っ暗になった。

33: エリザベス 2015/09/10(木) 00:48:21.75 ID:zu55+svi0
>>30と>>31の間に入れてください


「グラァァァァァァ・・」

うがっ・・攻撃の一撃が…とても重い!

ギリギリガードし、サクヤさんの遠距離攻撃でバランスよくダメージを与えるつもり何だったけど、こりゃ弾も貫通しそうにないね…。

「サクヤさん!やっぱり援護はいいです!ソーマさんたちの回収をお願いします!私はこのまま敵をひきつけて移動します!」

倒れている仲間たちがいない広い場所に移動しないと、大変なことになる。

私は通じもしない攻撃を当て、サクヤさんから視線を外させ目的の場所に誘導する。

ぐぅぅ…やはり一撃一撃が強い、関節や筋肉が震えてくる。

「ここまで来れば…サクヤさんがきっと…」

34: エリザベス 2015/09/10(木) 00:51:57.66 ID:zu55+svi0
本主人公side

朦朧とする意識が、私に夢を見せているのかな。

まさか、昔の私がいたなんて…

気がつくと私は、血まみれでグチャグチャになったアラガミの前にいた。

記憶には白い少女が焼きついていた。

見たことがあるはずなのに、思い出せない。

意識を無理やり他に向かされた感じ。

そして口には、色々な味がした。

鉄や、肉や、草花や…そんなものを混ぜた味。

そして目の前にあるアラガミの死骸の近くに、人の手の残骸や足だったものがあった。

35: エリザベス 2015/09/10(木) 01:09:29.43 ID:zu55+svi0
「そんな…私は…こんなはずじゃ…」

違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う違う

「イヤァァァァァ・・」

私じゃない…

食べてない、美味しくない、口にしてない、触れてない、見たこともない…

「うぐっ・・うぼぉぉぉぉ」

私は口の中に指を突っ込み中のものを吐いた。

もしかしたら、アリサちゃんたちじゃないのだろうと信じて…

36: エリザベス 2015/09/10(木) 01:42:23.10 ID:zu55+svi0
しかし、出てくるものは消化されており何が何だか分からなかった。

異臭が漂い死にたくなってくる。

でも、死にたくても死ねない自分に嫌気がさす。

仲間を傷つけて、自分だけが生き残っているという事実が頭から離れない。

私は強い眠気が来てその場に倒れこんだ。

37: エリザベス 2015/09/10(木) 02:05:06.51 ID:zu55+svi0
準主人公side

私は気づくと保健室のベッドで寝ていた。

どうやら、サクヤさんが応援を呼びアラガミが何処かに行ったのを見計らって拾ってくれたらしい。

「皆は・・」

リッカちゃんが、答えた。

「深刻な状態なんだ…ソーマさん以外は軽症なんだけど、ソーマさんは意識が戻らないんだ。」

私はソーマさんたちのところへ行こうとするとリッカちゃんに止められた。

38: エリザベス 2015/09/10(木) 02:07:06.83 ID:zu55+svi0
「まだ寝てて、ちゃんと治るまで外には出さないつもりだから。」

と、ベッドに戻された。

「治ったらちゃんと出してあげるから」

と、再度釘を刺され、その場を離れていった。

私は、ごめんね!って思い皆のところへ行った。

アリサちゃんとコウタ君はスヤスヤと寝ていたんだけど、ソーマさんだけは何か違う感じだった。

うなされているような、怯えているような。

39: エリザベス 2015/09/10(木) 02:19:17.24 ID:zu55+svi0
汗を拭いてあげようと、手を触れた瞬間いろんな映像が流れてきた。

特に一番気になったのが、未来の私がアラガミになっているという映像だった。

「何…これ…」

しかも、私は一度、人がアラガミになっているところを見ているような感じだった。

40: エリザベス 2015/09/10(木) 02:29:43.57 ID:zu55+svi0
「私は、私を止めないといけない」

「ごめんね、リッカちゃん。私また、約束破っちゃうけど行かなきゃならないところがあるから向かうね。」

私は、誰にもバレないように神機倉庫に向かった。

そこには、私の神機がピカピカにされ、そして隣には…

「ありがとう」

私は、最初に出会った奴のところに向かった。

41: エリザベス 2015/09/10(木) 07:49:05.03 ID:zu55+svi0
本主人公side

私は、全身に激痛が走り目を覚ました。

重りを付けているように体が重く、頭が押さえつけられているように痛みが脳内を駆け回ってく。

急な空腹に意識が刈られた。

何も考えれなくなってくる。

外に出るとそこには、私がいや、

昔の私が怪我だらけで立ち塞がっていた。

42: エリザベス 2015/09/10(木) 08:04:06.47 ID:f0fsv6KoO
「初めましてかな、そんな姿になっちゃうなんていったい何があったんだか」

「久しぶりだね、昔の自分。懐かしいよ」

私は、攻撃しようとする手を必死に止めながら

「意識が持ってかれそうなんだ、早く逃げてよ。」

「何を言ってるの?私は未来のあなたを救うためにやってきたんだ、この神機を使って」

神機の二刀流、でも元々私のだから抵抗はないんだね。

「ううっ…もう駄目、早く逃げて…」


43: エリザベス 2015/09/10(木) 16:25:24.84 ID:hMOBGFfAO
準主人公side

「ウゴォォォォォア」

「さーて、やりますか!」

準備万端!あとは、目の前の私を止めること・・

「うおぁぁぁぁ」

不意打ちで、脳天直撃!しかし、

「ウガァァ・・」

44: エリザベス 2015/09/10(木) 17:14:56.36 ID:zu55+svi0
「やっぱり効いてないか、じゃあこれなら!」

左足をねらう!

一瞬、デジャブを感じた。

前に受けたことがあるような攻撃。

そのモーションと全く一致していた。

私をアラガミに変えたあの一撃。

私はそれを神機でガードしながらもう一つの神機で左足を斬った。

「よしっ、体勢を崩した!」

45: エリザベス 2015/09/10(木) 17:16:17.10 ID:zu55+svi0
しかし、回復力が尋常じゃない。

「こりゃあ、大変だ」

落ち着いて、状況を分析して、私はどうするのか。

「無茶だけど、やるしかないね」

目の前にいる自分が、どうやって仲間を救ってきたのかを!

46: エリザベス 2015/09/10(木) 17:40:57.88 ID:zu55+svi0
本主人公side

頭の中で響くように声が、囁きが響き渡ってくる。

「心まで、アラガミになってないですよね。」

「私は、もう何も出来ないよ。何も見えない。」

「では、みんなが、極東支部やクレイドルのみんなが傷ついていいとでも?」

「そんなの、あるわけ…それにみんなはもう」

「大丈夫だよ、みんな生きてる」

47: エリザベス 2015/09/10(木) 17:47:11.69 ID:zu55+svi0
「もう、無理だよ…これ以上は私が、私がもたないよ…」

「生きることから、逃げるな・・」

「あなたが言った言葉をあなた自身で否定してどうするんですか」

「「「「リーダー」」」」

目の前の私の後ろに、みんながいた。

「この声は信頼の証、仲間の証、だから聞こえる。そう、考えはしない?」

皆が呼ぶ、私を…

「これからも頑張ってね、未来の私…」

みんなの声が聞こえてくる。

温かい声が、

そして、強く眩い綺麗な白い光が私を包んでいった。

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/10(木) 19:12:56.52 ID:zu55+svi0
目を開くと、前に見たことある病室の天井が、あった。

「あぁ・・目を覚ましました・・」

「早く先生を呼んでください・・」

「よかったぁ〜、一ヶ月も起きなかったんだよ。」

そうか、あれは夢だったのかな。でも、私の右手を見ると、

「あぁ、ハーネスですよね。今は修理中なので代機で補っています。」

49: エリザベス 2015/09/10(木) 19:32:28.30 ID:zu55+svi0
右腕にあった物は、腕輪ではなく点滴のような物で繋がれていた。

「ごめんなさい、リーダー。一人にしちゃって」

「大丈夫だよ。こうやって私はいるんだからさ。心配してくれてありがとね」

50: エリザベス 2015/09/10(木) 20:07:58.59 ID:zu55+svi0
あの言葉をまさか自分に言われるとは、

やっぱりまだまだだってことなんだよね。

「生きることから、逃げるな…か」

51: エリザベス 2015/09/10(木) 23:52:27.17 ID:zu55+svi0
以上で、終わりです。

ありがとうございました。

引用元: 「生きることから、逃げるな…か」