ありす「ラジオネーム【フレッシュ】さんから」


――――――――――――――――――――


十月某日、ユリユリのSRを2枚求めてひたすらドリフェスを走る
まずチーム3勝で1枚手に入れたまではよかった
2枚目、メダルガチャを回して回して気が付いたら残る景品はSRまひろんとユリユリ、ドリームチケット、10%ガチャ券、エンブレム3個が1つに無数のバッジ…
おかしいな…何でこんなに回したのに出てきてくれないんだろう?
もうAPドリンク買うお金どころか明日からはもやしすら食べられないよ…


ラウンド専用ドリンクだけじゃユリユリだけが出てこないかもしれない…
どうしよう…


――――――――――――――――――――


ありす「えっと…」


巴「…強く生きるんじゃ」

3: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:00:02.55 ID:5nHkDn8DO
巴「8回目の放送、パーソナリティーの村上巴じゃ」


ありす「同じく橘ありすです」


巴「いきなり重たいのが来たのう…」


ありす「まだ10月になったばかりなのに…大丈夫なんでしょうか」


巴「…祈るしかないのう」


――――――――――――――――――――


まあこの番組を視聴してメールを送っている辺り多少の蓄えはあるのかもしれませんが…


――――――――――――――――――――


ありす「何にしても課金には注意しましょう」


巴「破産してもちひろ姐さんが喜ぶだけじゃしな…」

4: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:01:52.83 ID:5nHkDn8DO
巴「ってうち等まで沈んどったらいかん!今回のゲストを呼ぶぞ!」


ありす「あ、はい!今日のゲストはこの方です」


卯月「こんにちは!」


巴「おお、ある意味最も相応しいゲストじゃな!」


卯月「(イチゴ料理が不安だけど)お呼ばれしたので来ちゃいました!」


ありす「という訳で本日のゲストは島村卯月さんです」


卯月「(でも何で私がゲストに選ばれたんでしょう?)」


巴「おっと、一旦CMじゃ」


ナレーション(川島さん)「この番組は悟桐学園高校サバゲ部の提供でお送りします」


卯月「学園じゃなくて部活がスポンサーになれるんですか?」

5: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:03:03.93 ID:5nHkDn8DO
巴「改めてパーソナリティーの村上巴じゃ」


ありす「同じく橘ありすです」


卯月「ゲストの島村卯月です!」


ありす「ドラマもそろそろ終わりでようやく笑顔が戻りましたね」


卯月「正直ずっとあの状態はキツかったです…」


巴「まあ笑顔あっての卯月姐さんじゃからのう…途中から別人かと疑うレベルじゃったわ」


卯月「凛ちゃんと未央ちゃんにも言われましたよそれ…」


巴「さて、卯月姐さんに質問が来ておるから紹介するぞ」


卯月「はい、頑張って答えます!」


ありす「切り替え早っ!」

6: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:05:28.32 ID:5nHkDn8DO
ありす「それじゃまずはラジオネーム【ハートキャッチ】さんから」


――――――――――――――――――――


しまむーに質問です


ドラマの泣いていたシーンでは何を思い出して泣きましたか?


――――――――――――――――――――


卯月「慧眼の魔術師が制限入りしたのを思い出してました…」


巴「そういや卯月姐さんのデッキはEMじゃったのう…」


ありす「私は卯月さんとデュエルして初めてペンデュラムの恐ろしさを思い知りました…」


巴「しかも必ず初手でセッティングしてくるからの…そういやEmと混合はせんのか?」


卯月「トラピーズ・マジシャンは入れようかどうか悩みましたけどね…結局メインはオッドアイズですからやめました」


ありす「(よく考えたらキーカードが制限入りしただけであそこまで泣けるって…ある意味凄いですね)」


巴「(実際にドラマと同じ事が起こったら…考えたくないのう)」

7: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:06:50.90 ID:5nHkDn8DO
巴「次はラジオネーム【スマイル】さんからじゃ」


――――――――――――――――――――


しまむーに質問です


凛ちゃんがトライアドプリムスを結成した時どんな気持ちでした?


――――――――――――――――――――


卯月「最初は寂しかったですけど私もピンキーキュート、未央ちゃんもボジティブパッションを結成しましたから…」


巴「まあうちの事務所はイベントの度にコロコロとユニットが変わるからのう…」


ありす「一貫性がないですよね…」


卯月「まあでもニュージェネレーションの活動もなくなった訳じゃないしプライベートで必ず一緒になりますし」


巴「それはそれで凄いのう…」

8: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:08:10.14 ID:5nHkDn8DO
ありす「続いてラジオネーム【スイート】さんから」


――――――――――――――――――――


しまむーに質問です


しぶりんとちゃんみお、本命はどっち?


――――――――――――――――――――


卯月「え?」


巴「どういう意味じゃ?」


ありす「(何となく分かりましたけど…一応黙っておきます)」


卯月「えっと…本命とかよく分かりませんけど2人共大好きですよ!」


巴「卯月姐さんらしいのう…」


ありす「(この手の質問にそれは色々とアウトだと思います…)」

9: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:09:34.15 ID:5nHkDn8DO
巴「最後にラジオネーム【プリンセス】さんからじゃ」


ありす「今回はプ○キュ○押しですか?」


――――――――――――――――――――


しまむーに質問にです


自分と同じ声をした緑のブサイクを切り捨てた時はどんな気分でしたか?


――――――――――――――――――――


ありす「お空の上を舞台にした方のドラマの事ですね」


卯月「かなり複雑でしたよ…収録終わった日は夢にまで出てきましたし」


巴「まあ自分と同じ声で奇声をあげとるからのう…」


卯月「でもよく見ると可愛く思えてきたりしちゃって…」


巴・ありす「ゑ…」


卯月「え?可愛くないですかぴにゃこら太」


ありす「ノーコメントです…」


巴「穂乃香姐さんと存分に語り合ってみるとええ…」


卯月「あれー?」

10: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:11:04.24 ID:5nHkDn8DO
巴「質問はこれで終わりじゃな」


卯月「何だか変わった質問ばかりでしたね…」


ありす「卯月さん実はパッションだったんですか?」


巴「それを言ったらうちは何になるんじゃ?」


ありす「巴さんはキュートでもいいと思います!」


巴「キュート路線じゃと紗枝姐さんや歌鈴姐さんと被る気がするんじゃが…」


卯月「でも巴ちゃんはクールって感じではないですし…やっぱりパッションですか?」


巴「その方がええな…」


ありす「それでは次のコーナーです、【今日のイチゴ料理(エコー)】」


卯月「(頑張って気絶しない様にしなきゃ…)」


巴「今回のレシピはラジオネーム【薔薇牛乳】さんから貰ったぞ」


卯月「(ミ○キィ○ーズ?)」


ありす「今回のイチゴ料理は【イチゴハンバーグ】です」


卯月「どう考えたらイチゴとハンバーグを合わせるって発想が出来るんだろう…」

11: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:12:39.37 ID:5nHkDn8DO
ありす「材料はこちらです」


――――――――――――――――――――


材料(3人分)
・ハンバーグ
牛挽肉(70g)
豚挽肉(150g)
レバーペースト(50g)
イチゴ(みじん切り、お好みで)
パン粉(100g)


・ソース
おろしニンニク(1個分)
イチゴ(ミキサーにかけた物1パック分)
味噌(甘味がない物、100g)
醤油(大さじ1)


――――――――――――――――――――


卯月「え…ハンバーグなのにレバーと味噌?」


ありす「まず挽肉とレバーペーストをボウルに入れてよく捏ねます、均等に混ざったらパン粉を加えて更に捏ね、最後にイチゴを入れて軽く混ぜます」


ありす「暫く冷蔵庫に入れて休ませたらミカンぐらいの大きさに取って中の空気を抜きながら平にします」


ありす「フライパンにラードを入れて熱し、強火で焼き色を付けて弱火にしゆっくりと中まで火を通します」


ありす「焦がしたくない人は焼き色だけ付けて電子レンジを使うといいです」


ありす「ハンバーグをお皿に取って、フライパンに溜まった肉汁に味噌とおろしニンニクを入れてよく混ぜます」


ありす「味噌がトロトロになったらミキサーにかけたイチゴを入れて1煮立ち、最後に醤油を入れて混ぜたらハンバーグにかけます」


ありす「これで出来上がりです」


卯月「イチゴの匂いが…しない?ニンニク使ってるからかな?」


巴「匂いはともかく、これも美味そうじゃ」

12: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:15:21.59 ID:5nHkDn8DO
ありす「それでは試食しましょう」


ありす・巴・卯月「頂きます!」


卯月「…」オソルオソル…パクッ


卯月「…」モグモグ


卯月「…」ゴクン


卯月「…」


卯月「あ…これ美味しいかも」


――――――――――――――――――――


ファッ!?


――――――――――――――――――――


ありす「美味しいのは当然ですよ、イチゴなんですから」


巴「ちょいとニンニクの匂いが気になったがこれも美味いのう…」


卯月「あ、ブレスケアはちゃんとしないといけませんね…」


ありす「という訳で【今日のイチゴ料理】のコーナーでした」

13: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:16:57.77 ID:5nHkDn8DO
巴「早くもエンディングじゃ」


卯月「今日は楽しかったですよ!」


ありす「それはよかったです」


巴「他の皆も卯月姐さんみたいに普通にイチゴ料理を食って欲しいのう…」


ありす「たまに気絶する人が居ますからね…」


卯月「(多分美味しくなかったからだろうけど…言わない方がいいかな)」


ありす「では最後にまたメールを紹介します、ラジオネーム【光の使者】さんから」


――――――――――――――――――――


まさかしまむーまで味覚障害になるなんて…(絶望)


何もかも美城常務が悪いんだ!


――――――――――――――――――――


卯月「いやあのうちの事務所は346じゃなくてCGですし私は味覚障害になってませんから!」


ありす「ゲストが気絶しないと必ず来ますよね…このメール」


巴「もう慣れたわ…ツッコミが追い付かん」


卯月「いつも来てたんですね…(気持ちは分かりますけど)」

14: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:18:16.51 ID:5nHkDn8DO
巴「最後にラジオネーム【アカンベェ】さんからじゃ」


ありす「何で最後は悪役なんですか…」


――――――――――――――――――――


しまむー(正常な味覚に)戻って来てぇー!


ラジオだとしまむーの笑顔が見れなくて色んな意味で辛いです(泣


――――――――――――――――――――


ありす「某大御所みたいに映像付きで放送出来る程予算がないから仕方ありません…」


巴「そういや前回ちひろ姐さんがスポンサーに介入してるとかなんとか言っておったが…」


――――――――――――――――――――


前回の件で黒い噂の証拠が見つかったそうですよ


――――――――――――――――――――


卯月「確か今朝ちひろさんは社長に呼び出されてましたけど…」


ありす「まあ…ちひろさんは居ない方が平和ですからね(お兄ちゃんの財布も)」


巴「否定は出来んのう…」


卯月「フォローしたいのに出来ません…」

15: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:19:39.22 ID:5nHkDn8DO
巴「といった所で終わりじゃ」


巴「お相手は村上巴と」


ありす「橘ありすと」


卯月「島村卯月でした!」


巴「卯月姐さんもレッドベリィズに加入せんか?」


ありす「調度3属性でバランスいいですね」


卯月「でもほたるちゃんは…」

16: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:20:59.13 ID:5nHkDn8DO
~終了後~


巴「お疲れじゃ」


ありす「お疲れ様でした」


卯月「お疲れ様です!」


――――――――――――――――――――


折角なので視聴者プレゼント用に3人でダブルピーススマイルをお願いします


――――――――――――――――――――


卯月「分かりました!」


巴「ってうち等もやるんか!?」


ありす「聞いてないですよ!」


――――――――――――――――――――


たった今思いついたので


――――――――――――――――――――


巴「即行動にも限度があるじゃろが!」


卯月「私は構いませんよ?」


ありす「流石ですね…」


―撮影は一発で終わりました


―例の如くサーバーはパンクしかけました

17: ◆Q9Ut3Q1M6s 2015/10/05(月) 23:22:21.06 ID:5nHkDn8DO
~同日・夕方~


卯月「ただいま戻りまし」


未央「しまむー!」ガシッ


凛「卯月!」ガシッ


卯月「えっ、え…2人共どうしたんですか!?」


凛「ごめん…私達が気付いてあげられなくて…」


未央「まさかイチゴ料理を美味しく思えるぐらいに病んでたなんて…」


卯月「え…あれは本当に美味しかったんですけど」


凛「分かってる…分かってるから無理はしないで!」


未央「プロデューサーに何としても時間は作って貰うから!」


卯月「いやだから…」


―翌日卯月は凛・未央同伴で病院に行く羽目になった…


因みに検査結果は健康そのものだった



引用元: 巴「レッドベリィズのいちご味らじお」ありす「8回目です」