1: ◆uYNNmHkuwIgM 2022/02/25(金) 23:10:25.63 ID:KdHhZWAD0

千早「おはようございます。プロデューサーいますか?」

志保「!!千早さん、おはようございます!!」

千早「おはよう、志保。どうしたの?ずいぶんと慌てているようだけど」

志保「あの...急なアクシデントで、仕事の穴埋めに来てくれないかってプロデューサーさんに言われたんですけど...その...今シアターには誰もいなくて...」

千早「えぇ、そのようね。でも、それが慌てている理由何の関係が?」

志保「はい、その...」

陸「ちはやおねえさん、こんにちは」

千早「あら、陸くん来ていたのね、こんにちは」

志保「ということなんです。陸を連れていくわけにもいかないし、1人で留守番させておくのも不安で」

志保「どうしてこんな時に限って、みんな留守にしてるのよ...」

千早「はい」

志保「どうしたんですか?千早さん、手をあげて」

千早「私がいるじゃない」

志保「へ?」

千早「私が陸くんと留守番をしておくわ」

志保「そそそそそそそそんな!申し訳ないです!」

千早「遠慮しなくていいわ。それに、私はプロデューサーに呼ばれてきたのだから、志保がアクシデントを片付けてくれないと、用事が済ませられないの」

志保「......あの、本当に、いいんでしょうか...?」

千早「陸くん、お姉ちゃんは仕事に行かないといけないみたいなの。私と一緒に帰るのを待ちましょうか?」

陸「そうなの?おねえちゃんいってらっしゃい!ぼく、ちはやおねえさんとまってるね」

千早「陸くんがよければ、私は何の問題もないわ。いってらっしゃい」

志保「すみません、ではお言葉に甘えます。陸をよろしくお願いします」

千早「えぇ、甘えられました」

志保「りっくん、千早お姉さんに迷惑かけちゃダメだよ」

陸「うん!いってらっしゃい!」

 

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1645798225

2: ◆uYNNmHkuwIgM 2022/02/25(金) 23:14:27.48 ID:KdHhZWAD0

千早「陸くん、何して待ってようか?」

陸「ぼくね、ちはやおねえさんのおうたききたい!あさのテレビみてるの!」

千早「お歌ね。わかったわ、何のお歌がいいかしら?」

陸「うーんと、すまいるたいそう!」

千早「スマイル体操ね。わかったわ」

千早「絶対ハッピー♪」

陸「いちにー」

千早「全体ハッピー♪」

陸「さんしー」

 

3: ◆uYNNmHkuwIgM 2022/02/25(金) 23:17:47.95 ID:KdHhZWAD0

千早「ふぅ...私の歌はどうだった?」

陸「すごいすごい!」

千早「ありがとう」

陸「どうしたらちはやおねえさんみたいに、じょうずにうたえるの?」

千早「陸くん、上手く歌いたいの?」

陸「うん。こんどね、ほいくえんで、さんかんびがあるの」

千早「そうなんだ。お母さんは来てくれるの?」

陸「うん。おねえちゃんもきてくれるっていってた」

千早「ふふ、もしかして、志保がスケジュールNGにしてた日かしら?」

陸「それでね、おうたをうたうんだけど、じょうずにうたいたくて」

千早「陸くんは、どうして上手に歌いたいの?」

陸「おかあさんとおねえちゃんにきいてもらいたいから」

千早「そう。陸くんは、お母さんとお姉ちゃんが大好きなのね」

陸「うん!」

千早「ふふ、なら大丈夫よ」

陸「だいじょうぶなの?」

千早「ええ、大好きって気持ちがあれば、2人にはきちんと伝わるわ」

陸「そうなの?」

千早「そうよ。歌の千早お姉さんが保証します」

 

4: ◆uYNNmHkuwIgM 2022/02/25(金) 23:19:41.73 ID:KdHhZWAD0

千早「そうだ、陸くん、チョコレートがあるの。食べる?」

陸「ちょこ!うん!たべ......えっと、たべない」

千早「あら、どうしたの?チョコレート嫌いだった?」

陸「ううん、すき。でも、おねえちゃんが、おゆうはんのまえはおかしたべちゃだめだよって」

千早「そうなの。志保は案外厳しいのね」

陸「きびしい?」

千早「えっと、そうね、ガミガミって怒ること」

陸「ううん。おねえちゃんやさしいよ」

千早「そうね、ごめんなさい。志保は優しい子だって、私もそう思うわ」




千早「お家でお姉ちゃんと何して遊ぶの?」

陸「おねえちゃん、えほんよんでくれるの。おねえちゃんのえほんじょうずだから、たのしい」

千早「さっきのお歌と一緒ね。志保は陸くんのことが大好きだから、絵本を上手に読めるんだと思う」

陸「そうかな、えへへ」

千早「きっとそうよ」

 

5: ◆uYNNmHkuwIgM 2022/02/25(金) 23:21:21.89 ID:KdHhZWAD0

千早「陸くんは、大きくなったら何になりたいの?」

陸「かいじゅう!」

千早「怪獣?」

陸「うん!おっきいの!」

千早「随分と大きくなりたいのね」

陸「うん、おおきいほうがつよいから!」

千早「陸くんは強くなりたいの?」

陸「うん、だって、おおきくてつよいほうがまもれるから」

千早「そうなのね。何を守るの?」

陸「おかあさんとおねえちゃん!」

陸「かぞくのなかでおとこのこはぼくだけだから!おんなのこをまもってあげるんだ」

陸「でもまだぼくこどもだから、おっきくなってからまもるの」

千早「じゃあ、ぐーんと大きくならないとね」

陸「うん!」

千早「好き嫌いなくご飯を食べると、ぐーんと大きくなるって聞いたわ」

陸「......がんばる」

千早「えぇ、頑張って」

 

6: ◆uYNNmHkuwIgM 2022/02/25(金) 23:22:34.30 ID:KdHhZWAD0

陸「ちはやおねえさんは、おっきくなったらなにになりたい?」

千早「そうね、私は世界中の子供を笑顔にできる歌を歌いたい」

千早「私、子供がみんなで住んでるお家に歌を歌いに行ってるの。その活動を続けて、その先にそんな未来があるといいなって思ってる」

陸「...」

千早「ごめんなさい、ちょっと難しかった?」

陸「ぼく、ちはやおねえさんのおうただいすき」

陸「だからね、できるよ!」

千早「ありがとう。陸くんにそう言ってもらえると、心強いわ」

 

7: ◆uYNNmHkuwIgM 2022/02/25(金) 23:24:01.99 ID:KdHhZWAD0

陸「わぁ!すごい!!」

千早「ふふ、私の勝ちね」

陸「どうやったら、そんなにかみひこうきとぶの?」

千早「少しコツがあるの。ここをこうして、こうするの」

陸「えっと、ここを、こう?」

千早「えぇ、飛ばしてごらん」

陸「わぁ、すごい!たくさんとんだ!」

千早「高く飛んだね」

陸「ちはやおねえさん、すごい!」

千早「昔、紙飛行機を作るのが得意な子に教えてもらったの」

陸「ぼくもそのこにあいたい!」

千早「今はね、遠くに住んでるから、会えないの」

陸「そうなの?さみしいね」

千早「そうね。でも、遠くに住んでいても、心は繋がってる。側にずっといるわ。ずっと。」

陸「とおくにすんでるのにちかいの?なぞなぞみたいだね」

千早「陸くんも大人になったらきっとわかるわ」

 

8: ◆uYNNmHkuwIgM 2022/02/25(金) 23:25:16.95 ID:KdHhZWAD0

志保「ただいま帰りました!すみません千早さん、陸が迷惑かけなかったでしょうか!」

千早「志保、しーっ、起きてしまうわ」

陸 zzz

志保「あぁ、膝枕までさせてしまって、ごめんなさい」

千早「いいのよ。気持ちよく寝ているようだから、志保の帰り支度が整うまで、もう少しこのままにさせてあげて」

志保「はい。ふふっ、りっくん、よかったね」


END

引用元: 【ミリマスSS】千早「2人でお留守番」