1: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/24(木) 13:23:22.38 ID:UvfKvQp4
せつ菜「ユニットライブの話ですか?!」

歩夢「あ、う、うん」

せつ菜「初耳です!まさか2回目のユニットライブが出来るなんて!!」

歩夢「あはは…」

しずく「…とりあえず、ゆっくり話したいので空き教室にでも行きますか」

歩夢「そうだね」

スタスタ

せつ菜「え、ちょっと待ってください!」

歩夢「どうしたの?」

せつ菜「ここでいいじゃないですか!ちょうどA・ZU・NAで揃ってますし」

しずく「せつ菜さん忙しそうなので」

せつ菜「忙しくなんてありません!」

2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/24(木) 13:27:25.10 ID:UvfKvQp4
歩夢「でも生徒会の仕事で疲れてそうだし」

せつ菜「大丈夫です!ここで3人で話し合いましょう!」

しずく「……なんでわからないんですか!」

せつ菜「え?」

しずく「ユニットライブの会議にせつ菜さんは必要ないんです!!!」

せつ菜「……え」

歩夢「ちょ、ちょっとしずくちゃん!」

しずく「これからA・ZU・NAはわたしと歩夢さんの2人でやっていくって決めたんです!だからせつ菜さんは口を挟まないでください!!」

せつ菜「」

しずく「はぁ…はぁ…」

歩夢「……」

4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/24(木) 13:33:12.17 ID:UvfKvQp4
せつ菜「ど、どういうことなんですか……」

しずく「それは」

歩夢「ストップ」

しずく「!」

歩夢「わたしが説明するね」

せつ菜「…」

歩夢「…さっきしずくちゃんも言ってた通り、A・ZU・NAは今後わたしとしずくちゃんの2人でやっていく」

歩夢「理由は……せつ菜ちゃんもわかってるはず」

せつ菜「…わたしが踊れないからですか…?」

歩夢「…」

せつ菜「わたしが踊れないから…!!結成からずっと頑張ってきたメンバーを見捨てるんですか!!?」

歩夢「踊れないことがどれだけのことなのかわからないの!?」

せつ菜「!」

5: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/24(木) 13:40:08.37 ID:UvfKvQp4
歩夢「わたしたちはスクールアイドルだよ!?ダンスが踊れないでどうするの!?」

せつ菜「う、歌があるじゃないですか!この前のライブだって、ダンス無しで披露した曲がありましたけど好評でしたよ!?」

歩夢「それ以上に踊ってほしいってアンケートで言われてたんだよ!」

せつ菜「うっ……で、でも別に全部が全部踊れないわけじゃないじゃないですか!!」

歩夢「ライブのたびにパフォーマンス出来る曲数が減ってきてるのに!?」

せつ菜「!」

歩夢「新曲ならともかく、既存の曲だって満足に踊れないレベルになってきてるのに!?」

せつ菜「それは…」

7: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/24(木) 13:44:43.30 ID:UvfKvQp4
せつ菜「…ゆ、ユニットの曲であれば全然行けますよ!!」

歩夢「そうだろうね!せつ菜ちゃんに合わせて振り付けを考えてるからね!」

せつ菜「…え?」

歩夢「言うつもりはなかったけどここまで来たら言うしかないよね」

せつ菜「歩夢さん…?」

歩夢「わたしとしずくちゃんはね、もっと激しいダンスだったり細かい振りのあるダンスに挑戦したいと思ってたの」

歩夢「そんな時、Maze Townという曲が生まれた」

せつ菜「…」

歩夢「振り付け担当はわたし せつ菜ちゃんさ、疑問に思わなかったの?」

せつ菜「何にですか…?」

歩夢「なんでこの曲で、こんなに大人しい振り付けなんだろって」

せつ菜「…!」

8: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/24(木) 13:49:44.48 ID:UvfKvQp4
歩夢「せつ菜ちゃんの体を考えてああいう振り付けにしたの!」

せつ菜「!」

歩夢「わたしはもっと激しい振り付けにしてみたかった…しずくちゃんもそう言ってた」

歩夢「けど、せつ菜ちゃんも一緒に踊れなかったら意味がないから…」

せつ菜「っ…」

歩夢「他の曲だってそうだよ 小道具を使ってみたり、トロッコをたくさん使ったり」

歩夢「出来ることは出来る限りやってきたつもりだよ!」

せつ菜「うう…」

歩夢「だからこそ、ライブ後のアンケートを見るのが怖いの…わたしもしずくちゃんも我慢してるのに、手抜きだとか言われてるんだよ!?」

せつ菜「…し、知りませんでした…そんなことを言われてたなんて…」

9: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/24(木) 13:53:48.69 ID:UvfKvQp4
歩夢「だからもうわたしたちも限界なんだよ…」

せつ菜「…」

歩夢「A・ZU・NAは、わたしたちの名前から1文字ずつ取ってつけたユニット名」

歩夢「1人が欠けちゃったら、A・ZU・NAは成立しない そんなことはわかってるよ…」

歩夢「でももう限界なの…自分たちのやりたいことを我慢してまで、せつ菜ちゃんと一緒にステージに立ちたくない」

せつ菜「……」

しずく「…わかってください、せつ菜さん わたしたちだって簡単にこのようなことを決めたわけではありません」

しずく「2人で数ヶ月悩んで出した答えなんです」

せつ菜「…」

しずく「わたしや歩夢さんのため、何よりせつ菜さんのため」

せつ菜「わたしのため…?」

10: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/24(木) 13:58:45.37 ID:UvfKvQp4
しずく「せつ菜さんが無理してハードな練習に付いてこようとする姿や」

しずく「みんなが踊ってる中1人だけ踊れないせつ菜さんの悔しそうな顔を見たくないんです」

せつ菜「……」

しずく「わかってください…」

せつ菜「……本音を話してくれてありがとうございます」

しずく「…」

せつ菜「お2人の気持ちは理解出来ました 言ってることはごもっともです」

せつ菜「わたしの本音は、これからもずっとA・ZU・NAとしてやっていきたいです」

せつ菜「でも、それによってしずくさんや歩夢さんに迷惑をかけるのであれば、わたしは喜んでA・ZU・NAを辞めます!」

歩夢「せつ菜ちゃん…」

12: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/24(木) 14:01:45.90 ID:UvfKvQp4
せつ菜「今までありがとうございました!これからも2人の活躍を誰よりも応援しています!」

しずく「…」

せつ菜「…あはは……うう…ぐすっ……ごめんなさい…っ……わたしは席を外しますね……」スタスタ


しずく「………」

歩夢「…大丈夫だよ」

しずく「!」

歩夢「わたしたちは間違ってない それを証明するためにも、せつ菜ちゃんの分までこれから頑張らなきゃ」

しずく「…はい…っ」グス

13: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/02/24(木) 14:03:19.29 ID:UvfKvQp4
~完~

引用元: 歩夢「しずくちゃん今いい?今度のユニットライブの話なんだけど」 しずく「大丈夫ですよ」 せつ菜「!」