1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 18:18:21.96 ID:Kolznmrn0
雪乃「あら比企谷くん、今日は早く来てしまったのね。」

八幡「悪かったな…」

雪乃「えぇ反省しているのならば何か態度で示しなさい。」

八幡「お前って本当に嫌な女だよな…」

雪乃「何か聞き捨てならないことを言わなかったかしら?それとも私の空耳かしら?」

八幡「じゃあもう一度言うわ。お前って本当に嫌な女だよな。」

雪乃「下等生物の分際で随分と偉そうな事を言うのね。貴方はいつからそんなに偉くなったのかしら?」

八幡「お前が嫌われる理由は俺にはよくわかるよ。そうやって上から目線でいつも他人を見下してんだろ?内心、俺のことも嘲笑ってんだろう?」

雪乃「貴方、今日ちょっとおかしいわよ?風邪でもひいたのかしら?」

八幡「なぁ雪ノ下、この際だからハッキリ言わせてもらうわ。お前のそういう態度とか言動とか本当にムカつくんだわ。」

雪乃「仕方がないわね…改善に努めてあげるわ」

八幡「ぶっちゃけお前より陽乃さんが愛される理由が俺には分かるわ。」

雪乃「…」

八幡「お前だってわかってるだろう?なぜいつも陽乃さんが選ばれるのかぐらい…」

雪乃「黙りなさい。」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448615897

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 18:26:21.42 ID:Kolznmrn0
八幡「お前って本当に利己的だよな。自分は平気で人を傷つけることを言うくせに少しでも自分が言われると必死に自分を守ろうとするんだもんな」

雪乃「…」

八幡「言い返せないのか?」

雪乃「そう…貴方はそれだけ私が嫌いということね?」

八幡「逆に今までお前を好きになる理由がひとつでもあったか?毎日いじめに近い罵倒を浴びせられて、存在否定も毎日されて、冗談の域を超えてるもんな。」

雪乃「確かにそれは事実だわ…貴方がここまで思っているとは思っていなかったわ。」

八幡「お前って人の気持ち本当に分からないんだな。正直、軽蔑するわ。」

雪乃「貴方は一体何を望んでいるのかしら?」

八幡「別に何も望んでなんかいねぇよ。強いて言うならお前の罵倒を聞かない日々をこれからずっと過ごしていきたい。」

雪乃「それはどういう意味かしら?罵倒をやめろということかしら?」

八幡「それは無理だろうから、もっといい方法がある。お前は俺に対する罵倒は度を越している。つまり俺に対して嫌悪感があっての行動だ。」

雪乃「それは違うわ。」

八幡(そんなの俺だって知っている…でもこうするしかないんだ。)

八幡「これからはあくまでも部長と部員の関係でいればいい。必要最低限の会話だけをすればな。そうすれば互いに良いだろう。」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 18:34:29.52 ID:Kolznmrn0
雪乃「そんなの嫌よ…意味がないじゃない…」

八幡「意味は大アリだろ。お前だって無駄口叩かないで由比ヶ浜ともっと話せばいいんだ。俺はお前が散々罵倒してきた空気だとでも思っていればいい。」

雪乃「何故…?貴方は本当はそんなこと思っていないはずよ?」

八幡「だから俺はお前のことを軽蔑する。ワガママな思考回路で勝手に判断して他人の気持ちまで決め付けるなよ。」

雪乃「姉さんに言われたのかしら?別に貴方がいるから…」

八幡「ここまで説明してもわからないみたいだから。ハッキリ言わせてもらう俺は雪ノ下雪乃が嫌いだ…大嫌いだ…」

八幡(俺は最低だ…世の中で一番嫌った詭弁や欺瞞を自らの意思で選択したのだから。そして大切な女の子に涙を流させたのだから)

雪乃「さよなら…」ポロポロ

結衣「あっ!ゆきのん!どこ行くの!?」

八幡「よう由比ヶ浜、受験勉強は順調か?」

結衣「ってかゆきのん、泣いてたよね?何かあったの?」

八幡「さぁな…俺は自分の気持ちを素直に言っただけだ。」

結衣「ゆきのんのこと追いかけようよ!」

八幡「お前が行ってやれよ。嫌いな俺に来られても迷惑なだけだろう。」

結衣「は?何言ってんの?何があったか分からないけど、行かなくちゃ!」

八幡「行くなら勝手に行け。俺はもう帰る…じゃあな」

ガラガラガラ

結衣「ヒッキー!」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 18:41:56.55 ID:Kolznmrn0
結衣「ゆきのん?何があったの?」

雪乃「別に何もないわ…それに貴方の気にすることじゃないわ。」

結衣「でもヒッキーもゆきのんも様子おかしかったし!」

雪乃「由比ヶ浜さん…比企谷くんのことこれから先もよろしくね。そして幸せにね。」

結衣「いきなりどうしたの?やっぱりおかしいよ?」

雪乃「貴方も気づいていたかもしれないけれど、私は少なくとも彼に恋愛感情を抱いていたわ。俗に言う好きって事かしら…」

結衣「やっぱり…」

雪乃「でもさっき、ハッキリと彼の口から嫌いと言われたわ。」

結衣「え?ヒッキーがそんな事を?」

雪乃「えぇ…」

結衣「ヒッキーの事だからきっと何か事情があったに違いないよ!ゆきのんのこと嫌いなわけ無いじゃん!」

雪乃「私も何か事情はあるに違いないと思っているけれど…そんな事どうでもいいわ…彼の口から言われた時から、胸の痛みが治まらないのよ。
それに今までの事を考えれば私のことが嫌いでもおかしくないわ。」

結衣(ゆきのんって痛む胸あったっけ!?)

結衣「そんなことないよ!私がヒッキーをここに連れてくるよ!」

雪乃「そうね…やはり話し合わないとダメよね…」

結衣「うん!連れてくる!だから待ってて!」

雪乃「えぇ…ありがとう 由比ヶ浜さん…そしてさよなら…」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 18:46:54.78 ID:Kolznmrn0
陽乃「雪乃ちゃん~ダメだよ?お姉ちゃんより先に4のうとしちゃ?屋上から飛び降りようとするなんて雪乃ちゃんらしくないなぁ。」

雪乃「姉さん…どうしてここに?」

陽乃「やっぱり雪乃ちゃんのそばに比企谷くんを置くのは危険だね。比企谷くんの言葉だけで命まで無くそうとしちゃうんだもんね…」

雪乃「何が言いたいのかしら?」

陽乃「比企谷くんがここに来て4ぬなって言ってくれたら4ぬのやめるんでしょ?それがどういう事かわかる?」

雪乃「姉さんには関係ない話ね…」

陽乃「依存だよ…依存…雪乃ちゃんは比企谷くんがいないと生きていけなくなっちゃってるんだよ?自分では気づいてないかもしれないけど。」

雪乃「…」

八幡「やっぱり…こんなやり方間違ってますよ…」

陽乃「やっぱり来るんだ♪」

雪乃「比企谷くん…」

八幡「すまない雪ノ下。今のお前は正直俺も怖い。その…お前の好意には気づいていたけどここまでのものだとは思わなかった。」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 18:52:45.22 ID:Kolznmrn0
八幡「でも言わせてくれ。俺に依存するなら一生依存することを約束してくれ。」

陽乃「想定外の回答だなぁ お姉さんビックリ。」

八幡「結論から言えば俺はお前の事が好きだ。多分、今まで好きになった異性の中でも間違いなく一番好きだ。」

雪乃「本気なの…?」

八幡「本気だ。」

雪乃「じゃあ何故さっきあんな酷い事を言ったのかしら?」

八幡「お前の要素通り、この悪魔が関係してる。」

陽乃「悪魔だなんて酷いなぁ~」

八幡「この悪魔に雪乃ちゃんがどのぐらい依存してるか試して欲しいって言われたんだ。そして俺自身も試したいと思った。何せ今までで一番好きになった女の子だからな」

八幡「お前が飛び降りようとするのは想定外だった…でもそれが依存だっていうならそれを俺が一生背負って生きていくよ。」

八幡「雪ノ下…お前のことを愛している。俺と結婚を前提に付き合って欲しい。」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/27(金) 18:54:43.34 ID:Kolznmrn0
雪乃「何かしら?この意味不明なストーリーは?評価以前に頭がおかしいと言いたいわね。」

八幡「そうだぞ材木座、雪ノ下が俺に恋愛感情なんてあるわけないだろう…俺が雪ノ下を好きなのは合ってるけど。」

雪乃「!!!」

八幡「あっ、言葉に出ちまったな。雪ノ下、すまん。今のは忘れてくれ。」

雪乃「この意味不明なストーリーであっている所は二つ目があったわ。私が比企谷くんに恋心を抱いているという点よ。」

おしまい


引用元: 八幡「雪ノ下に全力で嫌われてみる。」