ぼすっ!


一式「!?」


桑田「いつまで寝てんだこのボンクラ!さっさと起きろっつーの!!」

一式「いた、いたたた!?」

桑田「おら!さっさと起きろって!」

一式「……う……あまり寝れなかった……」

桑田「っつーかオメー、夜中どっか行ってたろ!」

一式「……起きてたのか?」

桑田「ちげーよ、物音したからよ」

葉隠『ふわあ……』

桑田「あ!?オメー寝るとか起きるとかの概念あんの!?ナメてんの!?」

葉隠『幽霊成り立てだから仕方ねーんだ!』ばーん

桑田「何胸張ってんだクソが!さっさと成仏しろ!!」

葉隠『ひでーぞ桑田っち!』


一式(……ほとんど寝れなかった……すごく眠い……)


桑田「風呂入ってくるか?斑井」




1:ささっと出発
2:準備をあれこれ
3:ふろ
4:そのた

↓2

520: ◆z.6vDABEMI 2016/02/14(日) 22:34:23.11 ID:Yuw5EoRco
>>519
>>518
ぞろ


一式「……風呂」


◆→で


かぽーん


一式(……誰もいないな)

ちゃぷ

一式(……全く、俺は何を考えているんだか)

一式(夜更かしをすれば眠いのは当然だよな……)

一式(……)


それにしても……フェデリコ。
昨日の話は嘘には聞こえない。
つまり……やはり真実か。

俺達に会っていたのも偶然。

だからこそそれが必然だとフェデリコは考えている……フェデリコ……。


一式(葉隠も自分の意志では成仏出来ないようだし)

一式(スピリットも難儀なもんだな)

ざぶぶぶ


一式(ふぅ……だいぶ目がすっきりしてきた)

一式(……)




1:出発
2:何かを考える
3:そのた

↓2

523: ◆z.6vDABEMI 2016/02/14(日) 22:44:42.27 ID:Yuw5EoRco
>>522





一式「うーん……だいぶ体の疲れがとれたな」

セレス「もうよろしくて?」

桑田「っつかオメーのせいでスケジュール押してんだよアホ」

一式「……ああ、わかってる」

葉隠『んじゃ出発か!』

霧切「ええ、また砂漠は暑いわ。気を付けて」





ざっざっざ

びゅおおおっ!


ソニア「おー!もーれつー!」

小泉「こう、風が強くなると……前が見えなくなるわね」

桑田「目に砂入ったらいてーから気をつけろよ?」

一式「心得ている」

葉隠『うう、鎧重い……』

ざああああ

一式「足が取られたら流されそうだな」

霧切「そうね。それも危険よ」

霧切「どこに流れ込むか分からない砂の流れが時々あるみたい。足下にも注意して」

桑田「んで、これから向かうのは火の国最奥、【カルデラ】だ!」




1:さくさく進む
2:アイテムを探す
3:敵を探す
4:誰かと話す(好感度チャンス)
5:そのた

↓2
限界。おやすみんみん

529: ◆z.6vDABEMI 2016/02/15(月) 21:49:18.81 ID:BGxB7GVYo
>>525
4ね?


一式「そう言えば小泉」

小泉「ん?なによ」

一式「こんなものを手に入れたんだが」ごそ


つ【ねこぱんち】


小泉「なによこれ……」

一式「武器屋で買った」

霧切「グローブ……かしら?」

小泉「うーん……アタシの猫の時の手によく似てるね……」

小泉「これ付けろって?」

一式「ああ、似合うんじゃないか?」

小泉「……もー……」


ぎゅぎゅ……


小泉「これで満足?」

一式「似合うぞ、小泉」

セレス「まぁ……」

葉隠『お、なかなかじゃねーか!』

小泉「そ……そう?」


▼小泉は称号【ねこねこかわいい】を手に入れた!

530: ◆z.6vDABEMI 2016/02/15(月) 21:50:28.95 ID:BGxB7GVYo
ーーーーーーーーーーーーーーー

ステータス更新。ねこねこかわいい

ーーーーーーーーーーーーーーー

【ねこねこかわいい】小泉真昼
種族:獣人/猫
職業:盗賊
属性:風

レベル:12  次のレベルまであと21
体力/術力:20/14
筋力/防御:7/8
魔力/抵抗:2/4
俊敏/魅力:23/3
幸運:2
E:ねこぱんち(筋力+1/俊敏+4/低確率で追撃)
E:たいまつ(戦闘中に使うと聖なる火を起こす)
E:青春ワンピース(防御+2/俊敏+2)

【特技】
盗む(素早い動きで敵の持ち物をかすめ取る)
キャットウォーク(次ターン攻撃を1度だけ回避/術力3)
連牙(二連続攻撃/術力5)

ーーーーーーーーーーーーーーー


小泉「なんて言うか恥ずかしいわね、これ」

ソニア「愛です!!」

小泉「あい、なのかなぁ?」

一式「よく似合うぞ、小泉」

小泉「……なんか腹立つなぁ……」




1:さくさく進む
2:アイテムを探す
3:敵を探す
4:誰かと話す(好感度チャンス)
5:そのた

↓2

533: ◆z.6vDABEMI 2016/02/15(月) 22:09:05.56 ID:BGxB7GVYo
>>532


一式「……敵はいるか?」

小泉「そうねぇ……」

きょろきょろ……

葉隠『お?あれって?』


▼エンカウント!
【サンドウルフ】が2体現れた!


ウルフ「ぐるる!」

ウルフ「がぁっ……!」


小泉「出たわね」

一式「こいつらが……」

小泉「目にものくれて上げましょうよ、斑井!」




斑井      26/25
小泉      20/14
ソニア     22/30

サンドウルフA
サンドウルフB


【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ(ターン消費なし)
7:逃げる

↓2で一式のコマンド選択
一式のコマンドや技は>>372に

536: ◆z.6vDABEMI 2016/02/15(月) 22:30:32.07 ID:BGxB7GVYo
>>535


小泉「さくっとやるわよ!」

▼小泉の攻撃!
キュート!サンドウルフAに2ダメージ!

小泉「……アタシ力足りないのかなー?」

ソニア「仕方がないのです、それも愛です!」

ウルフA「がるるっ!」

▼サンドウルフAの攻撃!
バイト!ソニアに1ダメージ!

ソニア「大丈夫、怖くない」なでなで

ウルフA「」!?

ウルフB「がかあっ!」

小泉「ッ、こいつッ!」

▼サンドウルフBの攻撃!
バイト!小泉に7ダメージ!

小泉「くっ、そ……!」

ソニア「愛でます!」

▼ソニアのヒール!
小泉の傷を治した!


一式「さっさと終わらせるか!」

▼一式は魔力を高める───

一式「……ハァッ!」

ごぼぼぼぼっ!

▼一式の【ウォータ】!
サンドウルフAに16ダメージ!
サンドウルフAは倒れた!


一式(メンバー構成を考えてもいい時期かもな)




斑井      26/22
小泉      20/14
ソニア     21/27

サンドウルフB


【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ(ターン消費なし)
7:逃げる

↓2で一式のコマンド選択
一式のコマンドや技は>>372に

540: ◆z.6vDABEMI 2016/02/15(月) 22:50:08.21 ID:BGxB7GVYo
>>538

一式「……霧切!頼みたい!」

霧切「ええ、任せて」

▼小泉と霧切を入れ替えた!

ウルフB「がふぅ!」

▼サンドウルフBの攻撃!
バイト!ソニアに1ダメージ!

ソニア「これも……愛です!」

一式「よし……頼んだ」

霧切「ええ、行くわ……」

▼霧切の【キュレーション】!
クリティカル!!


サンドウルフ
魔物族/獣種/陸上型
   属性:土
   体力:15
筋力/防御:15/5
魔力/抵抗: 0/10
   俊敏:15


霧切「……なるほど、こんなものね」

一式「こいつら……火属性じゃないのか!」

小泉「間違われやすいのね?」

一式「なら話は早い!」

▼一式の【ウィンド】!
ウィーク!サンドウルフに32ダメージ!

サンドウルフBを倒した!!


一式「……っし」

セレス「よろしい」

霧切「ま、上々じゃないかしら」


▼【GET!】
経験値:20
マネー:450



541: ◆z.6vDABEMI 2016/02/15(月) 22:53:31.40 ID:BGxB7GVYo
レベルアップ!
ーーーーーーーーーーーーーーー

【名探偵】霧切響子
種族:人間
職業:探偵
属性:無

レベル:12  次のレベルまであと38
体力/術力:24/20
筋力/防御:20/12
魔力/抵抗:15/12
俊敏/魅力:10 /3
幸運:2
E:ミミックペイン(筋力+4/全体攻撃)
E:青春ワンピース(防御+2/俊敏+2)

【攻撃魔法】
無:打(拳に魔力を這わせた打撃/術力2)
  衝(拳から放たれる衝撃波/射程無し/術力6)
【補助魔法】
無:霧(敵の攻撃成功率を下げる/術力5)
【特技】
キュレーション(敵の弱点を見破る)

ーーーーーーーーーーーーーーー



霧切「……あまり実感は沸かないのだけれど」

一式「そんなもんだ」

セレス「さて、砂漠のど真ん中……どうされますか?貴方様」

桑田「おー、すげー」

一式「……」いらっ




1:さくさく進む
2:アイテムを探す
3:敵を探す
4:誰かと話す
5:そのた
6:バトルメンバー変更

↓2

544: ◆z.6vDABEMI 2016/02/15(月) 23:05:43.88 ID:BGxB7GVYo
>>543

▼霧切と小泉を入れ替えた!

ーーーーーーーーーーーーーーー

【ボディガード】斑井 一式
種族:魔獣
職業:黒魔導師
属性:闇

レベル:9  次のレベルまであと11
体力/術力:26/25
筋力/防御:16/22
魔力/抵抗:26/15
俊敏/魅力:7/-5
幸運:0
E:魔法練習書【十計】(魔力+6)
E:正義の甲冑(防御+8/低確率カウンター)
E:皮の盾(防御+3)

【攻撃魔法】各術力3/12/?
火:ファイア
水:ウォータ
雷:サンダー
土:アース
風:ウインド
木:ウッド
闇:ダーク /シャドウ
血:ブラッドファング
【回復魔法】
木:セラピー(味方全/少量回復/術力6)
【特技】
かばう(1ターンの間味方への攻撃を全て自分が受ける)
蝶の舞(一定確率で攻撃を回避する)
【協力技】
ムーンパレード(セレス/闇属性3連続判定/術力各10)
スワイプスティール(小泉/コンマ2連続判定/低確率で持ち物を盗む/俊敏値補正/術力各8)
ポリー(ソニア/全体中回復+状 異常を全て解除/術力各15)
エクストラ・フール(葉隠/コンマ3連携の物理攻撃/コンマ値で威力変化/術力各20)

ーーーーーーーーーーーーーーー

545: ◆z.6vDABEMI 2016/02/15(月) 23:06:54.82 ID:BGxB7GVYo
ーーーーーーーーーーーーーーー

【名探偵】霧切響子
種族:人間
職業:探偵
属性:無

レベル:12  次のレベルまであと38
体力/術力:24/20
筋力/防御:20/12
魔力/抵抗:15/12
俊敏/魅力:10 /3
幸運:2
E:ミミックペイン(筋力+4/全体攻撃)
E:青春ワンピース(防御+2/俊敏+2)

【攻撃魔法】
無:打(拳に魔力を這わせた打撃/術力2)
  衝(拳から放たれる衝撃波/射程無し/術力6)
【補助魔法】
無:霧(敵の攻撃成功率を下げる/術力5)
【特技】
キュレーション(敵の弱点を見破る)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【異国の使者】ソニア
種族:人間
職業:王女
属性:愛

レベル:10  次のレベルまで3
体力/術力:22/30
筋力/防御:4/27
魔力/抵抗:7/19
俊敏/魅力:9/20
幸運:3
E:鞭剣ハイル(筋力+1/防御+6/低確率で追撃)
E:十手(筋力+1/防御+4)
E:ワンダーフリル(防御+3/抵抗+3)

【攻撃魔法】
愛:アフェクション(強い愛で敵を縛る/術力5)
【回復魔法】
愛:ヒール(単体小回復/術力3)
  キュア(単体中回復/術力8)
  アピース(単体状 異常回復/術力5)
【補助魔法】
愛:チアーズ(単体/攻撃と魔力を高める/術力8)

ーーーーーーーーーーーーーーー


霧切「あら、気に入ってもらえた?」

一式「……まぁな?」




1:さくさく進む
2:アイテムを探す
3:敵を探す
4:誰かと話す
5:そのた

↓2

548: ◆z.6vDABEMI 2016/02/15(月) 23:22:31.96 ID:BGxB7GVYo
>>547


一式「ふぅ……」

小泉「さーて!さくっとアイテム探ししましょ!」

セレス「ですわね」

桑田「オレの鼻でなんか探してやろうか?」くんくん





くんくん


桑田「……ん?なんかこっちから匂いがすんな」

小泉「ほんと!?」

セレス「宝ですか!?」

霧切「あまりはしゃがないで?」


ざくざく!


▼【こいし】を見つけた。
投げると10のダメージ。


一式「……」

一式「……これをどうしろと」

桑田「投げればいいんじゃね?」




1:さくさく進む
2:アイテムを探す
3:敵を探す
4:誰かと話す
5:そのた

↓2

551: ◆z.6vDABEMI 2016/02/15(月) 23:30:28.89 ID:BGxB7GVYo
>>550
ワン!モア!(CV山口勝平)



一式「いや、まだだ!諦めるな!」

桑田「よしゃーっ!!」





くんくくん……


桑田「ん?」

葉隠『お?なんかみっかったんか?』

小泉「なになに?」

セレス「今度こそお宝ですわね」

一式「何を期待してるんだ」

ソニア「愛ですわ」

一式「いや、愛はあまり……」

葉隠『で、何があるってんだ?』

霧切「……?」




で、何があるって?
1:お金たくさん
2:回復アイテム
3:一見使えなさそうな装備
4:そのた(無理ない範囲で)

↓2
おやすみらジョヴォヴィッチ

559: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 12:30:47.97 ID:dTIKewy2o
>>553
>>552
まったりと昼


ざくざく……


一式「俺も知らない謎の小袋」

桑田「……何だ?なんで3つもあんだ?」

霧切「罠かもしれないわ」

一式「ああ……さすがに怪しすぎる」

葉隠『んじゃ開けないでおくか?』

小泉「何言ってんのよ、開けるわよ」

葉隠『えぇー……?』

セレス「ですわね。お宝の可能性もありますし」

霧切「危ないわよ、そんな勝手に開けたら……」


小泉「せーの!」

セレス「それ!」

ソニア「愛ですわね!」

桑田「いやオメーもかい!?」





なぞのこぶくろ判定。
いっぺんにやりましょう。


↓1・2・3レス判定。
それぞれどんな物がほしいか(回復アイテム!とか○○の武器!とか)
そのレアリティを各レスのコンマ末尾で判定

563: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 13:00:51.42 ID:dTIKewy2o
>>560
7
>>561
3
>>562
6





ぽわっ!!


小泉「まずこれは何なの?」


【GET!】
ジャスティスウイング
→一部の防具に装着すると空も飛べるはず。装着の作業をご家庭で行えば100ポンドの節約になります
→俊敏+2/地形ダメージ無視/射程無視


セレス「……ん?これは……」


【GET!】
うごくぬいぐるみ
→なんか汚れているようにも見えるぬいぐるみ。ボタンを押すと動く。ブルスコファー
→魔力+10/抵抗+2


ソニア「それと……」がさがさ


【GET!】
サンバイザー
→アクセサリ。強い紫外線から目を守る。6点入ってこの価格!
→防御+1/目くらまし系の効果を低確率で無効



一式「……サンバイザーって……」

桑田「誰が何のためにおいてんだよ、っつーか6つしかねーし!」

霧切「貴方には必要ないじゃない、戦わないんだから」

桑田「」!?

葉隠『いや、多分俺もいらんと思うけど……』


霧切「と言うか、だらだらしている暇なんてないのよ?」

霧切「砂漠のど真ん中で日が落ちたらどうするつもりなの?」





1:さくさく進む
2:アイテムを探す
3:敵を探す
4:誰かと話す
5:そのた

↓2

567: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 13:56:44.53 ID:YCy7E+6BO
>>566
>>564
これね、と言うわけでステータス更新。

ーーーーーーーーーーーーーーー

【ボディガード】斑井 一式
種族:魔獣
職業:黒魔導師
属性:闇

レベル:9  次のレベルまであと11
体力/術力:26/25
筋力/防御:16/23
魔力/抵抗:26/15
俊敏/魅力:7/-5
幸運:0
E:魔法練習書【十計】(魔力+6)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:正義の甲冑(防御+8/低確率カウンター)
E:皮の盾(防御+3)

【攻撃魔法】各術力3/12/?
火:ファイア
水:ウォータ
雷:サンダー
土:アース
風:ウインド
木:ウッド
闇:ダーク /シャドウ
血:ブラッドファング
【回復魔法】
木:セラピー(味方全/少回復/術力6)
  癒やしの薬草(味方全/小回復/術力5)
【特技】
かばう(1ターンの間味方への攻撃を全て自分が受ける)
蝶の舞(一定確率で攻撃を回避する)
【協力技】
ムーンパレード(セレス/闇属性3連続判定/術力各10)
スワイプスティール(小泉/コンマ2連続判定/低確率で持ち物を盗む/俊敏値補正/術力各8)
ポリー(ソニア/全体中回復+状 異常を全て解除/術力各15)
エクストラ・フール(葉隠/コンマ3連携の物理攻撃/コンマ値で威力変化/術力各20)

ーーーーーーーーーーーーーーー

568: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 13:57:13.17 ID:YCy7E+6BO
ーーーーーーーーーーーーーーー

【名探偵】霧切響子
種族:人間
職業:探偵
属性:無

レベル:12  次のレベルまであと38
体力/術力:24/20
筋力/防御:20/13
魔力/抵抗:15/12
俊敏/魅力:10 /3
幸運:2
E:ミミックペイン(筋力+4/全体攻撃)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:青春ワンピース(防御+2/俊敏+2)

【攻撃魔法】
無:打(拳に魔力を這わせた打撃/術力2)
  衝(拳から放たれる衝撃波/射程無し/術力6)
【補助魔法】
無:霧(敵の攻撃成功率を下げる/術力5)
【特技】
キュレーション(敵の弱点を見破る)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【異国の使者】ソニア
種族:人間
職業:王女
属性:愛

レベル:10  次のレベルまで3
体力/術力:22/30
筋力/防御:4/28
魔力/抵抗:10/22
俊敏/魅力:9/20
幸運:3
E:鞭剣ハイル(筋力+1/防御+6/低確率で追撃)
E:十手(筋力+1/防御+4)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:ワンダーフリル(防御+3/抵抗+3)
E:すいとう(魔力+3/抵抗+3/攻撃が水属性になる)

【攻撃魔法】
愛:アフェクション(強い愛で敵を縛る/術力5)
【回復魔法】
愛:ヒール(単体小回復/術力3)
  キュア(単体中回復/術力8)
  アピース(単体状 異常回復/術力5)
【補助魔法】
愛:チアーズ(単体/攻撃と魔力を高める/術力8)

ーーーーーーーーーーーーーーー

569: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 13:57:40.65 ID:YCy7E+6BO
ーーーーーーーーーーーーーーー

【ゴシックロリータ】セレス
種族:獣人/狐
職業:召還師
属性:闇

レベル:12  次のレベルまであと16
体力/術力:18/25
筋力/防御:3/8
魔力/抵抗:24/12
俊敏/魅力:4/1
幸運:14
E:うごくぬいぐるみ(魔力+10/抵抗+2)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:ワンダーフリル(防御+3/抵抗+3)

【魔法】
召還(各属性の魔獣を召還する/ターン毎術力5)
創造(特徴を指定して魔獣を生み出す/ステータスは魔力比例/術力を全て使用/魔獣はターン経過などでは消滅しない)
増幅(呼び出した魔獣を強化する)
【特技】
呼吸法(術力を回復する)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【正義執行】葉隠康比呂
種族:スピリット
職業:占術師
属性:木

レベル:10  次のレベルまであと13
体力/術力:8/40
筋力/防御:3/12
魔力/抵抗:13/13
俊敏/魅力:13/-1
幸運:2
E:突剣ウルズ(筋力+3/防御+3)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:正義の甲冑(防御+8/低確率カウンター)

【回復魔法】
木:癒やしの薬草(薬草の力を使って全体小回復/術力5)
  癒やしのハーブ(全体状 異常回復/術力10)
【特技】
ポセッション(常時発動/筋力と防御は装備に比例する)
ポルターガイスト(コンマによる3連続判定/使用後は1ターン取り憑きを解除、物質化禁止/術力15)
マテリアライゼイション(物質化/2ターンの間、ステータスを全て2倍として計算/術力10)
エクトプラズム(己を物質化して別な物へ変化する)
トランス(暴走状 になる/ダメージ倍率1.2倍/カウンター率上昇/持続3ターン)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【ねこねこかわいい】小泉真昼
種族:獣人/猫
職業:盗賊
属性:風

レベル:12  次のレベルまであと1
体力/術力:20/14
筋力/防御:7/9
魔力/抵抗:2/4
俊敏/魅力:23/3
幸運:2
E:ねこぱんち(筋力+1/俊敏+4/低確率で追撃)
E:たいまつ(戦闘中に使うと聖なる火を起こす)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:青春ワンピース(防御+2/俊敏+2)

【特技】
盗む(素早い動きで敵の持ち物をかすめ取る)
キャットウォーク(次ターン攻撃を1度だけ回避/術力3)
連牙(二連続攻撃/術力5)

ーーーーーーーーーーーーーーー

570: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 13:59:13.54 ID:YCy7E+6BO
ーーーーーーーーーーーーーーー

所持金:615マネー

【道具】
やくそう(体力10回復)×5
傷薬(体力30回復)
不死鳥の羽根(戦闘不能を回復)
紙の人形(強い魔獣を呼び出す/セレス専用/使い切り)
ちいさなお守り(ファンブル回避)×2
鳥のぬいぐるみ
死霊の石(合成アイテム)
雷神の鱗×3
スタチューのかけら
あふれ出た綿
こいし(固定10ダメージ)

【武具】
闇の魔法書(魔力+2/闇威力上昇)
わらにんぎょう(防御+1/確率反射)
次剣リーベ(筋力+1/防御+2)
雷の指輪
魔法の服(防御+2/抵抗+2)×2
ジャスティスロボ(筋力+5/防御+20)
危ない水着(魅力+10/ターゲットになりやすい/女性用)
スリングショット(俊敏+4)
理力の杖(術力+5)

【貴重品】
勅命の証/ギルドの証
橙色の腕輪

ーーーーーーーーーーーーーーー



一式「………準備いいか?」

霧切「ええ、まぁ」

きゅ!

葉隠『行くかー』

一式「お前それいるのか?」

葉隠『いるべ!いるに決まってるべ!眩しいのは嫌いだべ!!』

小泉「まぁいいけどさ」

571: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 14:01:41.81 ID:YCy7E+6BO


ざくざく……


霧切「……」ふぅ

セレス「相変わらず暑いですわね」

小泉「それに目印もないし」

桑田「オレでなきゃ迷ってるね」くくくん

ソニア「えぇ……そうですわね」

ざああ……

霧切「むしろもう迷ってるんじゃない?」

一式「……あ?」

桑田「そ、そんなわけねーだろ」くくくん

霧切「同じところを回っている気がするのだけれど」

セレス「……」じとー

桑田「なことねーよ!」




1:さくさく進む
2:慎重に進む
3:敵を探す
4:誰かと話す(好感度チャンス)
5:そのた

↓2

577: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 21:09:44.11 ID:dTIKewy2o
>>573
さっくさく



桑田「絶対ちげーって!次はこっち……」

一式「本当に合ってるのか?」


ちょうちょ「フリイィィィィ」ぱたぱた


桑田「ほら、こっちだこっち!」

一式「待てなんだ今の」

セレス「あれは……【砂塵蝶】」

セレス「砂漠でもごく限られた場所にしか現れないのです」

一式「それで?」

セレス「その蝶がいるところには水があると言われているのです」

葉隠『ってことはもうちょいで着くのか!?』

セレス「……おそらく」



ざわあああ……

578: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 21:14:11.00 ID:dTIKewy2o
セレス「! アレは?!」

一式「砂漠の奥に塔のようなものが見え始めたな」

葉隠『その近くには町か?あれ』

小泉「ってことはあれが【カルデラ】ね!」

桑田「だろうな!」

ソニア「でしたらさくっと街に入ってしまいませんこと!?」

霧切「と、したいのだけれど………」

ソニア「え?」

桑田「この辺は【サンドワーム】がたくさん住んでたりすんだよな」

桑田「砂の中に隠れてて、獲物をとっつかまえるんだ!」

霧切「というわけ」

葉隠『最後の最後でやべーな!?』

一式「安全に行こう………敵に遭って全滅なんてまねになったら笑えない」

セレス「それに【すなぼうず】でしたっけ?いるかもしれないのですよね」

霧切「慎重に?いえ、走り抜けるのも手よ」





1:さくさく進む
2:慎重に進む
3:敵を探す
4:誰かと話す(好感度チャンス)
5:そのた

↓2
カルデラまで後一歩だ!

581: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 21:26:46.07 ID:dTIKewy2o
>>580
四国



一式(時間を使えば、捕まる可能性が高まるな)

一式「もうこうなったら一気に抜けるか………!」

葉隠『おーし、行くか!』

小泉「そうね、いくわよー!」


だだだだだ!!
ざくざくざく


一式(………!)


ずわあああああ


ワーム「ぴぎゃあああああ」


桑田「うおあああああ!?」

セレス「あれがサンドワーム!?気持ち悪い!!」

小泉「振り返らない方がいいわよ!」

ソニア「もう………すこし………!」




582: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 21:30:22.50 ID:dTIKewy2o
◆火の国最奥【カルデラ】

だっ!


桑田「おーし!門までとうちゃーく!!」

セレス「ぜぇ、はぁ………」

小泉「ふー、走ったわね……」

一式「なんとか撒けたな」

葉隠『人間……やりゃ出来るべ……』ふー

霧切「貴方に疲れの概念ってあるのね?」

葉隠『俺だって疲れたら疲れたっていうぞ!?』

ソニア「何にせよ、何も問題がなかったのでなによりですわね!」


ざわ


霧切「……忘れてたわ、このカルデラ……あまり人間がいないから」

霧切「獣人の里なのよ。あまり騒いだら問題になるかもしれない」

桑田「……んで、こっから火のクリスタルに行ける塔があるわけだ」

一式「時刻はまもなく夕方か」

小泉「日が傾きはじめてるわね……どうする?」




1:カルデラで一泊
2:さっさと塔に行く
3:そのほか

↓2

585: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 21:49:37.99 ID:dTIKewy2o
>>584


一式「カルデラで一泊!」どどん


霧切「貴方……はぁ、まあいいけど」

セレス「夜にダンジョンアタックをすると考えると、背に腹は変えられませんから」

霧切「……そうね。なら、宿の確保は桑田君に頼むわよ」

桑田「名前呼んでくれた!まかせろ霧切ちゃん!!」びゅん

小泉「やっすい男ね」

セレス「しかしこれでここで一泊出来ますわ」

一式「この夜もゆっくりしていけるってことだな」

葉隠『なー、そんじゃどうすんだ?』




1:さっさと寝る(イベント判定)
2:どこかに遊びに行く
3:誰かと話す
4:そのた

↓2

588: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 21:55:51.88 ID:dTIKewy2o
>>587


一式「まぁ、とりあえず街を見て回ってみないか?」

霧切「そうね」

すたすた




桑田「霧切ちゃああああ……あれ!?どこ行った!?」





わいわいがやがや


いぬ「あははは」

たぬき「それで今日はー……」
ダチョウ「なるほど」

ぺんぎん「くえー」


一式「大量の獣人がいるな」

霧切「このカルデラの生まれた歴史のせいよ」

霧切「もともと迫害されていた獣人達が寄り集まって作った場所と言われているわ」

葉隠『なるほどな』

セレス「では私達は耳もしっぽも出しっぱなしで大丈夫って訳ですわね」

小泉「あ、そうね」ぴこぴこ

ソニア「さわりたい……」

一式「やめとけよ」




1:ダンスステージへ
2:闘技場へ
3:レストラン?へ
4:カルデラの長の家へ
5:そのた(なんかありそうな場所なら)

↓2

591: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 22:07:18.92 ID:dTIKewy2o
>>590


一式「この闘技場?ってのはなんだ?」


◆→闘技場


NA『さあああ始まりました!』

NA『勝ち抜き戦のサバイバルバトル!!』

わあああああ

NA『魔物との3連戦、勝つチームは現れるのでしょうかー!?』

わあああああ


霧切「もともと、獣人の強さを誇示するために始まった大会らしいわよ」

ソニア「ああ、知っています!」

ソニア「今では戦いのための場として残っていて、経験と賞金を手に入れる為のものとなっているとか!」

葉隠『で、参加チームがどこまで勝てるかを賭けるわけか』

一式「ふむ……」

霧切「ええ。これのためだけに来る人もいるわ」

霧切「試合は勝ち抜き戦。3連戦になるわ」

霧切「ただし、連戦と連戦の間で全回復はしない」

ソニア「支給アイテム分の回復は見込めるのですよね!」

葉隠『どうする、斑井っち。やってくんか?』

一式「ああ……」




1:参加する(参加者3名を指名)
2:見学する
3:賭けに興じる
4:そのた

↓2

594: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 22:22:53.67 ID:dTIKewy2o
>>593


一式「見学していこうじゃないか」

葉隠『賭は?』

セレス「そうですわよ、大金は?」

一式「やめとけ」





男性達「ぐっ……!?」

リザード「ギャース」

NA『おおーっと!?2回戦で終了だぁーーーっ!!』

うわああああああ

NA『圧倒的強さを誇る挑戦者だったが、相性が悪かったかー!』

セレス「リザードソルジャー……この地でもなかなかお目にかかれない種類ですわね」

一式(ドラゴンかなんかだろうか)

NA『今日の参加者達はまだ全く3回戦まで行けていないーっ!!』

NA『さーあ!ここで我こそは勝てる!と言うやつはいるかー!!』


「オレがやるぜ!」ばっ!


NA『あーっと!まさか!まさかのチャンピオン乱入だーーーー!』

わああああ!!


一式「……チャンピオン?」

595: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 22:27:03.56 ID:dTIKewy2o
獣人女「オレがやってやる!」

NA『ぬぁーんと!この闘技場が誇る勇者!クイーンがやってきたぞー!!』

わあああああ!!

獣人女「どいつもこいつも弱ぇなぁ……」

獣人女「待ちくたびれたぜ!オレが手本を見せてやる!!」

わあああああ!!


霧切「だいぶ自信があるみたいよ」

ソニア「ですわね。当然オッズも低そうです」


獣人女「らあああっ!!」

ごきぃっ

リザード「!?」

どさ

わあああああ!!

NA『リザードソルジャーも難なく突破あああああ!!やはりこのクイーンを止められる者はいないのかあああああ!!』

どしんっ!


ゴーレム『……』

セレス「あれは」

小泉「ゴーレム!あんなでかい石の固まり───」


獣人女「がああっ!!」



ゴーレム『』ばきいいいいいんっ


わあああああ!!


獣人女「誰でもいい!オレと戦ええええ!!」




1:名乗り出る
2:誰か行かせる
3:見守る
4:そのた

↓2

599: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 23:00:37.33 ID:dTIKewy2o
>>597


一式「……」

小泉「……あー、アンタまさかと思うけど」


一式「俺がやる!」ばっ


葉隠『あーあーあー……』

霧切「自信あるの?貴方」

一式「ああ、やれるさ」


わあああああ!!!??

NA『なんとっ!挑戦者が現れたぞおおおお!!!』

わあああああ!!


一式「フェアな戦いを心がけよう。俺一人でいく」たんっ

一式「セレス、よければ俺に賭けておいてくれ」

一式「ま、今の所持金全部でも」

セレス「貴方随分大きく出ますわね」

一式「勝てる自信が100%あるわけではないが、だが……」


すたっ!


一式「なんだか出来る気がする」

600: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 23:04:37.30 ID:dTIKewy2o
獣人女「オメーがオレの相手だな」

一式(やっぱり……終里か)

獣人女「なぁ、オメーはすぐ死んだりしねーだろ……」

獣人女「オレを楽しませろよ!!」


▼バトル!


わあああああ……


NA『さあ!さあさあ!!』

NA『盛り上がって参りましたーーー!!』

わあああああ!!


獣人女「オメー、みない顔だな?新入りか?」

一式「いや、旅の途中で立ち寄っただけだ」

獣人女「なるほどな……」

獣人女「オメーはあいつら見合いに弱くはねーだろ……な!」

一式(おそらく速度ではあちらが優位!)

一式(なら俺はどうする!考えろ!)





一式     26/25

獣人女

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ(ターン消費なし)
7:逃げる

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>567

604: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 23:18:40.36 ID:dTIKewy2o
>>602
>>601
しかし無情にもファンブル


一式「……ちなみにひとつ聞きたい」

獣人女「なんだ?」

一式「仲間の力を借りるのはありか?」

獣人女「好きにしろよ!」

一式「霧切ー!キュレーシ」

獣人女「させねぇけどな!」


▼獣人女の攻撃!
インパルス!一式に5ダメージ!


一式「ぐ……!?」

霧切「カッコ悪いわね」

葉隠『最低だべ……どこもフェアじゃねーし』

一式「こ、の……!」


▼一式の体が膨らむ……一式の【シャドウ】!


獣人女「……ばーか!」

▼ミス!獣人女によけられた!

一式「な……!?」

小泉「俊敏がある一定値に達すると、敵攻撃を回避出来るようになるらしいわよ」


一式「ち……!シャドウは連発できない!どうする……!?」




一式     21/13

獣人女

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ(使用不可)
7:ギブアップ

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>567

607: ◆z.6vDABEMI 2016/02/17(水) 23:40:53.96 ID:dTIKewy2o
>>606


▼一式は身を固めた!

一式「霧切!キュレーション頼む!」

霧切「貴方って恥とか外聞って言葉、知ってる?」

一式「知ってる!知ってるが故だ!」

霧切「貴方まだ彼女に一発もダメージ与えてないんだけど……はぁ、まあいいわ」


▼キュレーション!

獣人女 終里
   属性:???

体力/術力:45/10

筋力/防御:28/5


霧切「……こんなもんよ」

一式「助かる……」

一式(つまり終里は軽い。一発当てれば逆転はまだ見える)

獣人女「おい!戦えよ!!」


▼獣人女の攻撃!
インパルス!一式に2ダメージ!


一式「……ああ、そろそろまじめに戦わないとな……!」




一式     19/13

獣人女

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ(使用不可)
7:ギブアップ

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>567

612: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 00:11:24.71 ID:IkITzf15o
>>609


一式「……く、このままじゃジリ貧」

一式「それなら……」


一式「フェデリコ直伝のこの踊り」

獣人女「ちえぇぇぇいっ!!」

▼獣人女の攻撃!
インパルス!一式に5ダメージ!

一式「が、は……!?」

獣人女「……おい、オメー」


どさ

わあああああ!!


獣人女「さっきからやる気あんのか?オメー」

獣人女「弱ぇ……弱すぎんぞ」

一式「……ぺっ」

一式(ち、口の中を切ったか)

一式(くそ、まだ足ががくついている……これでは)

一式(蝶の舞は踊れないな……まずい、マジでこのままじゃどうしようもない……)


小泉「はぁ……見直したわよ、悪い方に」

セレス「何というか………残念ですわね。買い被りすぎましたわ」




一式     19/13

獣人女

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ(使用不可)
7:ギブアップ
8:

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>567

615: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 00:22:57.30 ID:IkITzf15o
>>614
>>613


獣人女「オメー、ほんとにこれで終わっちまうのか?」

獣人女「なあ、なんか一発くらいはオレに当てて見ろよ」


▼獣人女は様子を見ている。


NA『あーー!!出ました!チャンピオンの威圧ー!!』

NA『ここで不用意に仕掛けても無駄!チャンピオンの身のこなしに着いていくことは不可能!』

NA『さあどうする!挑戦者ー!!』


一式「………ああ、そうだな」

一式「だから俺はこうする」

▼魔力が高まっていく………

獣人女「!」

一式「俺の渾身の───」


▼ウォータ!!


ど、っばしゃああああんっ!!


獣人女「ぐ……っ!?」

▼ウィーク!獣人女に25ダメージ!

獣人女「が、アアアアッ!!?」

わあああああ!!!??

NA『ま、まさか!?』

NA『チャンピオン、弱点を見破られたーーー!!』

わあああああ!!


一式(やはり付け入る場所は抵抗の低さだけか!)

獣人女「……そうだ……そうだよ!もっと!もっとオレに向かってこい!!」




一式     19/10

獣人女

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ(使用不可)
7:ギブアップ
8:

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>567

今日はここまででーす

620: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 20:44:13.26 ID:oNLibLrEo
>>617
終里は判定クリティカル



一式「もう一発当てれば俺にも勝機がある……!」


わあああああ!!


NA『盛り上がって来ましたアアアアッ!』

NA『チャレンジャー、チャンピオンの属性を遂に見抜くーっ!』

NA『これはもう分からないぞ!』

NA『どちらが勝ってもおかしくはないっ!』


獣人女「……いや」


ぐぐぐっ

一式(あれは……クラウチングスタートのような構え……?)

獣人女「勝つのは───オレだ!!」


▼獣人女が地面を蹴り出す───


▼その速度に観客も、面と向かった敵も───

▼音すらも置き去りにされる───


一式(……なにか、仕掛けてk)



 ご  ッ  

621: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 20:52:46.24 ID:oNLibLrEo
その瞬間、俺の世界から音が消え去った。
ここは天か?地か?
どちらを向いているとも分からない。
ゆっくりと体が浮いているようだ。
じわじわと鈍く、腹が痛み始める。
それがいったい何秒のことだったか分からない。


気付けば俺は天を仰いでいた。



……あああああああああ!!



一式「───ッ!?」はっ


NA『決まったァァァァアアアアア!!』

NA『チャンピオン渾身の一発───』

NA『一撃食らえばもはや立つこともままならぬことと、』

NA『火のように駆ける神速の攻めー!!』

NA『名付けて【自炎怒】ーーーーっ!!』



一式「か……は……」


遅れて体から血がこみ上げる。
腹が痛い、なんてもんじゃない。
もはや致命傷を浴びてしまったようだ。
本当に立てない……。

むしろ、意識を保つ、ことも……むず……


一式(……だ、めだ……)

一式(このまま意識を失えば、どうなるか分からない……)

一式(この生命力の低下だ……)

ぞわっ

一式(闇に戻ってしまう……!)



すたすた


獣人女「……弱ぇ」

獣人女「オメーは弱い……弱い……!弱い弱い弱い弱い弱い弱いッッ!!」

獣人女「そんなのでここに来るんじゃねぇ!!」


小泉「す、ご……」

セレス「あれは……人間業、いや、獣人だとしても反則的な……!」

霧切「……」

ぎゅ

霧切「……斑井君」




1:負けを認める
2:魔法を行使しようとする
3:意識を失う
4:そのた

↓2

625: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 21:00:11.78 ID:oNLibLrEo
>>623


一式(……あと……)

一式(後一発……なんだ……)

ごぽ……

一式(最後の……力を、俺に……)

ごぼぼぼぼ


一式「ぁ、お……オオオオオ!!!」


ズキィ……ンッ

一式(ぐ、ふっ)

一式(───だが……!)


ざわっ

霧切「! 斑井君、まさか!」

小泉「あ、アイツ何してんのよ!?」


獣人女「……あ?」

ぼぼぼぼ

獣人女「……おもしれぇ!」ぐぐぐっ


NA『また出るぞー!チャンピオン渾身の自炎怒だーー!!』


ごぽ



一式「ウォータ!」
獣人女「ウオオオオオオッ!!」



バヂバヂバヂバヂィィィ!!

626: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 21:02:06.24 ID:oNLibLrEo
じゅわあああああっ!!


葉隠『うぉっ!?』

霧切「水蒸気!」

セレス「これではフィールドが見えません!」

霧切「なんて熱気……こんなの直に受けたら斑井君……!」

ソニア「無事でいてください!斑井さん!!」

セレス「……貴方様ッッッ!!」



しゅうううう……



NA『……霧が……晴れる……!』



がくん



NA『!?』


獣人女「……やる……じゃねぇか……」

一式「……」


NA『ちゃ、チャンピオンが……膝を付いた……!!?』


どわあああああああっ!?

627: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 21:05:18.18 ID:oNLibLrEo
一式(これで本当に仕舞いだ)

一式(そうさ、お終いだ……)

とぷん

一式(……俺は全ての魔力を使い切った……もう……)

一式(いし、き……がもた……な……)



セレス「貴方様ァァァァァァッッ!!」だっ

小泉「ちょ、セレスちゃん!」

ばっ!

NA『セコンドがフィールドに乱入だーっ!』

セレス「いやあああっ!」

救急隊員「……大丈夫、息はしてる」

セレス「!」

NA『チャレンジャーもチャンピオンも、命に別状はないらしい!』

NA『ナイスファイトだったぞー!!』


獣人女「……今までいなかったぜ」

セレス「え?」

獣人女「そんなやつだよ。倒れてるのに、まだオレを殺そうとしてきたやつ」

獣人女「オレはそう言うやつ嫌いじゃねぇ。卑怯でもねぇし」

獣人女「また来いよ。今度はオメーらまとめて相手してやる」

セレス「……」







628: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 21:10:09.75 ID:oNLibLrEo


「おおまだらいよ、しんでしまうとはなさけない」

ぱたん、と本を閉じる音。
続けて貴方の目の前には、いつぞや見た顎髭の男が、いつぞやの笑みを浮かべながら立っています。

「惜しかったね」

まずはねぎらい。

「でもあれはダメだよ斑井君。君はあの強さの敵を倒せるほどの経験もないんだから」

「……まあ、運が悪かったんじゃない?」

続いたせりふはどこか適当で、とても人事でした。

ところで今回はなぜ自分がここに?
貴方は男に尋ねます。

「あー、あああ……説明してなかったね」

こほんと、咳をひとつしてから男はにっこり笑いました。

「君が敗北したりなんかして、意識を失うとここにとばされる仕組みなんだよ」

貴方は殺意がこみ上げるのを我慢します。

「仕方がないでしょ?俺だって呼びたくて呼んでないんだから」

「ま、あえて聞いておこうか……そんな装備で大丈夫か?」

「なーんて、ね」

笑い声はいつの間にか闇に消え、貴方は部屋に独りきりになります。
続けて貴方に示される選択の道は───




1:戦闘をやりなおす
2:負けたあとの宿屋から再開する
3:特訓イベントを組み込んでもらう
4:そのた、可能な範囲で。

↓2

632: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 21:22:11.42 ID:oNLibLrEo
>>630


貴方は声を上げます。

待て、と。もはや独りきりの部屋で。
否、独りきり?いつから?


「……ん?どったの斑井君?」


再び幻想のように、顎髭の男が貴方の背後に現れます。
向き直った貴方は、質問をするのです。

ここでだけできる訓練なんてないのか?
いや、あるだろう?
貴方が『悪趣味な神』であるならば。


「カンのいいガキは嫌いだよ」

一瞬だけ、眼光が鋭くなりました。
しかし直後には、男の顔色は先までと元通りだったのです。

「……ふーん、コンマ9ね。なかなかいい目を出すじゃないか斑井君」

「普段なら断るところだけどね、いいよ。運に免じて許してあげる」

あっさりと許可が下ります。
その軽さに貴方はつい素っ頓狂な声を上げるでしょう。

「え?俺がいいっつってんだからいいの。ただし内緒ね?君が俺に特訓されたなんて」

「って言っても特訓かぁー、何がしたいの?キミは」




1:総合能力を高める(レベルアップ)
2:新たな力に目覚める(新技)
3:仲間との絆を深める(協力技強化)
4:隠された力を使う(魔獣の能力解禁)
5:そのた

↓2

635: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 21:39:20.74 ID:oNLibLrEo
>>634


隠された力の解放。
貴方が望んだのはそれでした。


「……いいの?それ」

一言、残念そうに男は言います。

しかし、隠したのは貴方でしょう。
そう、貴方は男に言い返します。

「ああ、まぁ……そうだったね」

ぱちん、と指が鳴らされると、貴方の体の輪郭は徐々にぼやけ始めました。

そう、本来の姿である闇に……影に戻ったのです。

「戦闘中に、」

そんな貴方に神は声をかけました。

「キミはその本来の姿に戻ることができる……それも意図的に」

「それは限りなくごくわずかな時間、キミの意識をつなぎながらも戦わせてくれるだろう」

けどね、と男は笑います。

「そんな強い力に、デメリットがないわけがないよね。」

「使えば使うほどキミの理性は蝕まれていく……」

「解決するのはキミと仲間との絆だ、覚えておいてね」

「そして……」


徐々に貴方の意識が薄れていきます。
もう退出しろ、ということなのでしょう。


「また会おうね、斑井一式」

「今度はキミの勝ち戦を見せてくれ」


そうして、とぷんと貴方は闇に溶けました。







636: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 21:42:08.21 ID:oNLibLrEo



がばっ!


一式「……ハァ、はぁ……」


セレス「ご無事でしたか!」

一式「! セレス」

セレス「ああ、貴方様が亡くなったら私は、わたくしは……」

一式「……すまん」

セレス「いいのです、貴方がこうして目を覚ましてくださったなら」

一式「……」

セレス「……」


一式(……気まずい……)

一式(すでに時刻は夜だ。そんなに寝ていたのか)

一式(ここは桑田に探させて霧切が取った宿らしい。幸い、何部屋か借りているようだ)

一式(この部屋には俺とセレスのみ)


セレス「……本当に……心配させて……!」

セレス「貴方は、貴方様は……大馬鹿です……!」





1:謝る
2:抱きしめる
3:もう一度寝る
4:ほかのみんなの様子を聞く
5:そのた

↓2

639: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 21:49:22.95 ID:oNLibLrEo
>>638
>>637


ぎゅ

セレス「ッ、……!」

一式「……悪かった」

セレス「!」

一式「……負けて……すまない」

セレス「……ッ……!!」

ばっ!

セレス「そ、そんなこと……!」

セレス「今更どうだっていいですわよ……!貴方様が無事なら……!」

セレス「なぜなのです……なぜ、あんな目に……!なぜ貴方は死にに行ったのです!」

セレス「もっと早く……ちゃんと戦っていれば!貴方様は、ッ!」

一式「……すまん」

セレス「……もう……知りませんわッ!」



一式「おい、セレス」

セレス「少し風を浴びてきます……貴方様も頭を冷やしてくださいまし……!」


ばたんっ


一式「……あー……」

▼system
【セレス】の好感度が揺れ動いている……


一式「……」




1:追いかける
2:ゆっくり眠る
3:魔獣の力を解き放つ
4:そのた

↓2

642: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 21:54:35.13 ID:oNLibLrEo
>>641

一式「……」

一式(……追いかけなければ……!)

だだだ

小泉「ん?あれ、斑井、目ぇ覚め」

一式「ちょっと行ってくる!」

葉隠『……青春だな』

桑田「はぁ?」


◆→町中


だっだっだっ……


一式「はぁ、はぁ……!」

一式「セレスーーーッ!!」

ざわざわ

一式「……くそ、すこし遅かったか!」

一式「どちらに行ったか分からない……人混みもあるし」

一式「くそ……」

一式(……いや、諦めるな)

一式(セレスを見つけるんだ……!)

一式(あいつが行きそうなところは……)




直下末尾
目標5以上

644: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 22:06:37.20 ID:oNLibLrEo
>>643


一式「……! ここか!」ばっ


しーん……


一式「……完全に見失った……!」

一式(……どうしよう)

一式(まさかあんなにセレスが怒っているなんて……)

一式(俺の不始末とは言え……申し訳ない)

一式(何とかしなくては……)


しゅぅぅっ


一式「!」

葉隠『斑井っち!』

一式「おま……な、なんでここに!」

葉隠『ん?あれ、なんでだろ』

葉隠『……ってそれは別にいいべ!オメー、セレスっちに何したん!』

一式「それは、……」

葉隠『……あー……、なんかやらかしたな……』

一式「……」

葉隠『どうすんだべ、このままセレスっち……帰ってこねーかもしんねーぞ』

一式「だから……探してる」

葉隠『そんなら俺らも一緒に探すっつーのに……そう言う時は頼れよ!』

一式「!」




1:一緒に探してもらう
2:それでもひとりで探す
3:なんか話す
4:そのた

↓2

647: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 22:20:14.86 ID:oNLibLrEo
>>646
>>645


一式「……」

一式「……頼む」

葉隠『!』

一式「ちょっとカッコつけたかっただけなんだ」

一式「それがどうして……」

葉隠『ま、反省は後な。さっさと探すべ』

一式「……ああ」

葉隠『───! むむ!ぴーんと来たぞ!』

一式「あ?」







◆→で、街のはしっこの方



セレス「……斑井様……」くすん



一式「見つけた……!」

セレス「……!? あ、貴方様!なぜここに……」

葉隠『たまには役立つな、俺も』

一式「ああ、全くだな」

648: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 22:23:59.20 ID:oNLibLrEo
セレス「貴方様……」

一式「……ほんと、お前の気持ちが分かってないな、俺も」

一式「すまなかった。」

セレス「……」

一式「死ぬようなまねをしたことも、お前の前で無様な姿を見せたことも……」

一式「本当に言ってほしいことを、言ってやれなかったことも」

セレス「……今更……」

一式「ああ、ほんと今更……だな。それも含めて」

一式「すまなかった、セレス。反省してる」

一式「だから、俺とともに来てくれ。俺はまだお前の力が必要なんだ」

一式「お前がいなくなったら、俺はどうしたらいいか分からない」

セレス「……しかたがありませんわね」

ぎゅ

一式「」!

セレス「私も貴方様に謝ることがありますわ」

一式「……え?」

セレス「全額スりました」

一式「」

葉隠『』

セレス「貴方様が負けたせいでね!!!」


▼system
セレスと仲直り……した?好感度は少しあがったらしい。


一式「だから……それはほんと……悪かったって……」




1:明日に備えて寝る
2:誰かと話す
3:闘技場に行く
4:そのた

↓2

653: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 22:39:10.18 ID:oNLibLrEo
>>650


一式「……俺たち、いくら持ってたっけ……」

セレス「600マネーほどでしたかね」

一式「それが一発で……」

セレス「パーです」

葉隠『ま、数千数万が消えてなくて何よりって思うしかねーな……』

一式「確かに……」

セレス「屈辱ですわ」 

一式「……ん?なにが?」

セレス「こんな勝負に負けたことです」

セレス「私の名において、ギャンブルに負けることはまさに恥!」

セレス「くっ……今後覚悟なさい、斑井様」

一式「だから……悪かったって……」

セレス「それはそうと……」

セレス「旅の資金は、勇者を探していたホープリアと聖騎士隊からでています」

セレス「しかしあくまでそれは、必要最低限の資金です」

一式「つまり、宿代や食費だな」

セレス「ええ。新たな装備などは私達が自ら調達しなければならないのです」

セレス「あまり聖騎士隊、ひいては石丸君に借金を作っては問題ですからね」

一式「お、おう」



1:魔物退治!
2:闘技場で金稼ぎ
3:イリュージョン!
4:そのたなんかいいあんばいの手段

↓2

658: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 22:48:54.65 ID:oNLibLrEo
>>655
>>654


一式「……そう言えば、ギルドは各国のいろいろなところにあるんだったな」

セレス「? それがどうかしまして?」

一式「ならここにもギルドがあるんじゃないか?」

葉隠『……ん?』


◆→冒険者ギルド 火の所


からんからん


少年「なんだなんだ!?こんな夜遅くに人はきちゃいけないんだーい!」

一式「子供!?」

葉隠『……あー、まぁ……』

セレス「彼はただの子供ではありませんわよ、斑井様」

一式「……なるほど」

少年「そうなんだー!オレっちはモナカちゃんから、この火の国のギルド運営を任されたんだーい!」

一式「ってことは雷の国にもあったのか……」

葉隠『俺らドワーフの里しか行ってねーからな』

少年「え!?ドワーフの里行ったの!いいなぁー!」

セレス「話がそれておりますわ。で、斑井様、ここには何用で?」

少年「あ、そうだった!えーっと……なんだ!」



1:クエスト(依頼)を探す
2:ミッション(目標)を探す
3:ぐだぐたと話す
4:夜も遅いので寝る
5:そのた

↓2

661: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 23:10:51.53 ID:oNLibLrEo
>>660

一式「クエスト一覧を頼む」

少年「人使いが荒いなぁ……でも、はーい!」


ーーーーーーーーーーーーーーー

マフモフなしっぽ!
依頼内容:【ウルフのしっぽ】を5つ納品
達成報酬:獣人の装備できる武器

サンドウルフのしっぽは柔らかく暖かい。これで夜の砂漠を越すための防寒具を作るんだ!

ーーーーーーーーーーーーーーー

リザード退治!
依頼内容:砂漠に出現する【リザード】を3体倒す
達成報酬:シルバーレイピア(武器)/500マネー

あいつら、少し頭がいいからって調子にのってるんだ。
俺たちがやられる前にやってくれないか!

ーーーーーーーーーーーーーーー

こんなところに花畑?
依頼内容:砂漠の中の花畑を見つける
達成報酬:薬草系

なんでも、砂漠なのに花畑があるところがあるらしい。
見つけて報告してくれないか?


ーーーーーーーーーーーーーーー

グルメは挑む
依頼内容:【サンドワーム】を1体倒す
達成報酬:【行き着けない隠れ名店】の紹介/1200マネー

くっそー、後少しなんだ……おいしいご飯にありつくためには、あのサンドワームを倒さないといけない……。
でも、もう腹が減りすぎて……

ーーーーーーーーーーーーーーー


少年「どれかやるのかー?」




1:依頼を受ける(どれ受けるか)
2:目標もみる
3:そのた

↓2

664: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 23:23:26.48 ID:oNLibLrEo
>>663

一式「その、ミッション?ってのも見せてくれ」

少年「おう!」

少年「ミッションってのは、オレっち達ギルド側から出されるお題だぞ!」

少年「クリアすれば報酬がもらえるんだい!」


ーーーーーーーーーーーーーーー

魔法の研究
目標課題:魔法で敵を10体倒す
達成報酬:はちみつ×5(術力回復アイテム)

ーーーーーーーーーーーーーーー

高みを目指す者達
目標課題:ステータス強化技を5回使う
達成報酬:800マネー/力のかけら

ーーーーーーーーーーーーーーー

紳士たるもの
目標課題:【かばう】を3回使う
達成報酬:300マネー

ーーーーーーーーーーーーーーー

絆を力に
目標課題:【協力技】で敵を10体倒す
達成報酬:星のイヤリング(アクセサリー)

ーーーーーーーーーーーーーーー

ミスターものしり!
目標課題:【キュレーション】を15回使う
達成報酬:七色の鞭(武器)

ーーーーーーーーーーーーーーー


少年「どうするんだー?」




1:何か受ける
2:もっと違うものがないか聞く(依頼/目標のオールリセット)
3:誰かと話す
4:そのた

↓2

665: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 23:27:48.31 ID:oNLibLrEo
個数指定してなかった。
ミッション、クエスト合わせて3つまで受けられます。
ってことで、改めて↓

667: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 23:49:55.75 ID:oNLibLrEo
>>666


一式「なら……これとこれと……」

少年「受けてくれるのか!やったー!」

セレス「ふふ、子供ですわね」


▼system
【依頼】リザード退治!
【目標】紳士たるもの
【目標】ミスターものしり!
以上3つを受けた!

ーーーーーーーーーーーーーーー

リザード退治!
依頼内容:砂漠に出現する【リザード】を3体倒す
達成報酬:シルバーレイピア(武器)/500マネー

達成状況:0体

ーーーーーーーーーーーーーーー

紳士たるもの
目標課題:【かばう】を3回使う
達成報酬:300マネー

達成状況:0回

ーーーーーーーーーーーーーーー

ミスターものしり!
目標課題:【キュレーション】を15回使う
達成報酬:七色の鞭(武器)

達成状況:0回

ーーーーーーーーーーーーーーー

668: ◆z.6vDABEMI 2016/02/18(木) 23:52:49.00 ID:oNLibLrEo
セレス「ですが」

一式「?」

セレス「もう夜もかなり遅いですわ、斑井様」

セレス「貴方が伸びていたせいで、ただでさえなかった時間がさらになくなりですね」

一式「ほんとに悪かったって……」

セレス「……とにかく!貴方様、今日のところは帰って寝ましょう」

葉隠『だべ。みんなにも事情説明しねーとならんしな、な?』

セレス「貴方のくせにいいことを言いますね、その通りです」

葉隠『よっしゃー!』

一式「ほめられてないぞ」

セレス「さて、貴方様は当然、私達の意見を取って宿に戻り、明日に備えて寝ますよね?」




1:寝る
2:いやだ!どっか行く!
3:寝た……と見せかけて夜の街へ
4:そのた

↓2
おやんみみ

673: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 18:39:36.33 ID:zzhAhLDpo
>>670


一式「いや、こう体の調子を見るために外をあるいて……」

セレス「斑井様?」

一式「……あの」

セレス「貴方様?」

一式「体」

セレス「寝ます、わよね?」

一式「……ああ、当たり前だ。」

葉隠『さっき言い掛けたのは何だったん……』

一式「冗談に決まってるだろ」

セレス「ですわよね、物わかりのいい斑井様は好きですわ」

一式「よし、寝るか」

葉隠『え?お、おう……?』




674: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 18:45:46.79 ID:zzhAhLDpo
◆→で、次の日


一式「と言うわけで依頼を受けてきた」

霧切「……なるほど、それであの後帰りが遅かったのね」

霧切「なら今回は目をつぶりましょう……あまり心配をかけないで、斑井君」

ソニア「しかし、なぜご依頼を承ったのです?皆様のお困りも分かりますが、斑井さんは先を急いでいたのでは……」

一式「それなんだが……」

桑田「どうせ、レベルが足りないとか何とかって理由だろ?」

一式「……」

桑田「あ、正解?」

小泉「面倒だから火の神殿に向かいながらあげちゃえばいいじゃない!」

セレス「火の神殿に向かうための場所は【聖火の塔】と呼ばれております。そこを攻略して、」

セレス「初めて我々は火のクリスタルを見ることが出来るのです」

桑田「あっ、オレのセリフ」

葉隠『そのせいかのとう?だかはいいけどよぉ……』

セレス「聖火の塔でもリザードの出現報告はあるそうですわ」

桑田「だぁぁっ!!」

一式「……なるほど」

小泉「じゃ、一石三鳥ね。レベルはあがる、リザードも倒せる、塔も攻略出来る!」

霧切「……だと、いいのだけれど」




1:街の外の砂漠へ
2:聖火の塔へ
3:他のところへ
4:そのた

↓2

677: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 19:50:29.93 ID:zzhAhLDpo
>>676
>>675


一式「だが、それに賭けてみるのもありだろう」

霧切「貴方……本気?」

一式「本気だ。でなければ言わない」

霧切「……聖火の塔に行くのね……」

霧切「分かったわ。死なないように気をつけましょう」

すたすた

桑田「……霧切ちゃん」

一式「……? なんだかとげがあったような……」

ソニア「何か知っているのでしょうか?」

小泉「さぁね。迷ってる暇ないよ、行かないと!」

一式「……だな」







678: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 19:55:28.48 ID:zzhAhLDpo
◆→聖火の塔 入口



兵隊獣「はっ!現在聖火の塔内部には異常なし、であります!」

兵隊獣「しかし、一部エリアはその神聖性を失わぬように我々の手をかけておりません!」

兵隊獣「それらの場所には魔獣の出現情報や、リザード系の地竜種が現れるとのことであります!」


霧切「……」

一式「なるほど、そこまでは安全で」

葉隠『そっからは命の保証はありませんよ、と』

桑田「お、オレは行かねーからな?」

霧切「いいわよ、貴方はここでステイ」

小泉「胸がドキドキしてくるわね……!」


兵隊獣「なお、この聖火の塔はきわめて神聖な空間であります!」

兵隊獣「最上階に近づくごとに、その人の精神を清めると言われております!」

兵隊獣「盗みや悪さは天罰が下ります!であります!!」


小泉「……な、なによ……そんな目で見ないでよ……」

一式「……とにかく突入だ」


◆→で、一階


一式「……」

小泉「……狭いわね、フロア」

葉隠『塔だからな?』

セレス「目の前に階段がありますわね?」

一式「……」




1:上に行く
2:フロアを見回す
3:誰かと話す
4:そのた

↓2

681: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 20:23:23.60 ID:zzhAhLDpo
>>680
くり


一式「フロアに異常は……ないな」

小泉「はー、ね。さっさと行っちゃいましょう?」


こぽこぽこぽ


セレス「ところでこの音は?」

葉隠『ん?あれじゃね?』

一式「あれとは……」


くるり


【せいなるおみず☆】
ここで手を洗って中に入ってね


一式「……なんだあれ」

セレス「おみず……ですか?」


▼有り体に言えば回復ポイントらしい……
この水を飲めば回復できそうだ!覚えておこう!


一式「……えーと……」




そして次の階でクリティカル消費。
1:リザードゾーン
2:なんかとてもありがたいゾーン
3:誰かしらのイベントゾーン
4:そのた

↓2

684: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 20:49:52.47 ID:zzhAhLDpo
>>683
いべんとやで。


葉隠『……』

セレス「貴方にかけたら成仏しそうですわね」

葉隠『 や め て 』



◆→で、二階



こつこつ……



ねこ「」



一式「うおっ!?」

セレス「ッッッ!!」びくっ

ソニア「あら?猫ちゃんですか?」

小泉「……」

一式「動かないな……」

つんつん

一式「……これは……剥製……?」

小泉「……」

葉隠『つーかこれ、猫かいな?』

つんつん

葉隠『見たことねー色してんな』

霧切「そうね……珍しい種類じゃないの?」

小泉「……」

一式「……」


一式(猫の剥製のようなものが……)

一式(狭いフロアにびっしり並んでいる……)

一式(……よく見れば剥製だけじゃない。なんだか……これはまるで……)




1:剥製をさわる
2:先に進む
3:誰かと話す
4:そのた

↓2

687: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 21:01:27.42 ID:zzhAhLDpo
>>686
>>685


一式「……」

小泉「……」

一式「……小泉」

小泉「! な、なに?」

一式「ここに来てから顔色が悪いぞ」

小泉「……」

一式「まさか、とは思ってたが」

小泉「……うん、アタシの仲間だね」

一式「!」

小泉「あ、アンタには言ってなかったわよね。アタシの種族って、結構他種族からしたら貴重らしくってさ」

一式(風呂でそんな話してたな……)

小泉「特に珍しい色の毛並みの仲間は、狩られて……」

小泉「……」

一式(……俺達の世界とそんなに変わらないな)

小泉「大丈夫。お父さんやお母さんはいないみたいだし」

小泉「たぶんまだ……生きてる、はず」

一式「……」

小泉「多分ね、この聖火の塔にこれが祀られてるってことは……鎮魂を祈ってくれてるんだと思うの」

小泉「それはうれしいけど……やっぱりこうやってみるの、悲しいね」




1:慰める
2:なだめる
3:なでる
4:一緒に泣く
5:ほか

↓2

690: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 21:15:41.73 ID:zzhAhLDpo
>>689
>>688


一式「……ああ、悲しいな」

小泉「……うん」

小泉「なんかさ、いつか『アタシの狩られた仲間を見ることがあるのかな』って思ってて、勝手に」

小泉「その時、アタシはなんて言うのかなとか、もしかしたら泣くのかなとか、思ってたんだけど」

小泉「……ううん、実際見たら……何の声も出ない」

一式「……」

小泉「悲しいのに、ほんとに悲しいと……」

小泉「……ひとって、なにも言えないもんなんだね」

小泉「なんだろ、ほんと」

小泉「……へん、かな」

一式「……」


ぽん


小泉「───!」

一式「泣きたい時は、泣いてもいいぞ」

小泉「……」

なでなでなでなで

一式「気を張らなくてもいい。お前の悲しみは、俺も背負いたい」

ぽろ

小泉「……まだらいぃ……」

691: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 21:21:27.39 ID:zzhAhLDpo
ぽろぽろ

小泉「……ひゃっ!?あれ!?アタシ、あ……」

一式「……気にしなくていい」

なでなでなで

小泉「……あ……」

一式「実感がなさ過ぎる話だろう、だからこそ言葉が沸かないのだろう」

小泉「……うん……」

一式「けれど、わき上がる悲しい気持ちを、殺さなくてもいい」

小泉「斑井……う、うう……」ぽろ



▼しばらく小泉をなでた……


▼………………



小泉「……ふう……」

小泉「ごめんね、弱い顔見せちゃった」

一式「そんなことはないさ」

小泉「ほんとは気にしてないつもりだったけどやっぱ、ダメだね」


▼……小泉との関係が少し深まった気がした。




1:次の階に行く
2:辺りを見回す
3:むしらアイテム探す?
4:そのた

↓2

695: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 21:58:27.75 ID:zzhAhLDpo
>>693
ぐっぼーい。


小泉「……」

一式「……どうした?」

小泉「……ううん、なんか気になってさ」

小泉「知ってる顔、なんこかあるから……」

すた……

セレス「あら、あれは……」

小泉「? どうしたの?」

ちゃらっ

小泉「!」

葉隠『ん?』


▼ペンダントのようなものだ

▼……小泉が見ている


小泉「……これ……」

一式「?」

小泉「なんでここに……!」

▼【思い出のペンダント】を手に入れた。
小泉専用アイテム。
→戦闘開始時に先制攻撃/俊敏+15/俊敏値に応じて追加攻撃




1:次の階に行く
2:辺りを見回す
3:そのた

↓2

699: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 22:12:50.42 ID:zzhAhLDpo
>>697
>>696


小泉「……」


一式「お前、これ……」

小泉「色々……いいたいことはあるけど、ごめん……まだ説明しない……ううん」

小泉「説明できない……なんていうか、心の整理が着かないから」

一式「とりあえず、身につけていけ」

一式「神秘性がある……のかなんのか……」


▼ペンダントを手に取る……

▼小泉に付けてあげることにした……


ちゃら


▼きれいな石の付いたペンダントだ

▼何が込められた物なのか……それはわからない


▼……けれど……



小泉「……斑井」

700: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 22:14:50.27 ID:zzhAhLDpo
ーーーーーーーーーーーーーーー

【ねこねこかわいい】小泉真昼
種族:獣人/猫
職業:盗賊
属性:風

レベル:12  次のレベルまであと1
体力/術力:20/14
筋力/防御:7/9
魔力/抵抗:2/4
俊敏/魅力:38/3
幸運:2
E:ねこぱんち(筋力+1/俊敏+4/低確率で追撃)
E:たいまつ(戦闘中に使うと聖なる火を起こす)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:青春ワンピース(防御+2/俊敏+2)
E:思い出のペンダント(先制攻撃/俊敏+15/俊敏20ごとに追加攻撃)

【特技】
盗む(素早い動きで敵の持ち物をかすめ取る)
キャットウォーク(次ターン攻撃を1度だけ回避/術力3)
連牙(二連続攻撃/術力5)

ーーーーーーーーーーーーーーー



一式「お前の気持ちが整理が付いたら……」

一式「その時でいい。俺に教えてくれないか」

小泉「……うん、いつか必ず言うから……」





1:次の階に行く
2:辺りを見回す
3:そのた

↓2

703: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 22:33:31.73 ID:zzhAhLDpo
>>702

小泉「……いこ、斑井」


◆→三階


がさがさがさ……


むし?「」


セレス「ひっ!?」

葉隠『なんだあれ』

一式「……でかい虫みたいなのがいるな」



ソニア「あああああ愛です愛です」

セレス「早く退けてくださいませ」

小泉「さささささっさと行きましょう斑井っっ!!」

一式「!?」

葉隠『……お、俺もあんま虫は苦手』

一式「マジか、役立てよ葉隠」

葉隠『さらっとひでぇ!』

霧切「……私もあんまり好きじゃないの」




1:虫と戦う
2:一階降りる
3:……走り抜けてみる?
4:そのた

↓2

706: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 22:52:46.06 ID:zzhAhLDpo
>>705
>>704
ここはクリティカルの見本市なのかなー?


一式「……霧切」

霧切「いやよ」

一式「……」

霧切「キュレーションでしょ?」

一式「……」図星

霧切「さすがの私でもわかるわよ、そのくらい」

霧切「あまり虫が好きではないの。だかは気は進まないけど……」

霧切「……貴方がそう言うのなら……やむなしね」


▼霧切の【キュレーション】!


【クロビカリ】
魔物族/昆虫種/甲虫型

属性:土
特性:物理攻撃で絶命すると、低確率で卵を生む

体力/術力:40/7
筋力/防御:20/5
魔力/抵抗: 0/5
   俊敏:40


▼キュレーションを使った……残りノルマ14回


霧切「……ッ……」くらっ

一式「霧切!?」

霧切「ごめんなさい……気持ちが悪いわ……」

一式(俊敏が高いか……走り抜けるのは不利と見た)



1:虫と戦う
2:一階降りる
3:……走り抜けてみる?
4:そのた

↓2

709: お笑い向上委員会にロッチさんがでるから見ようね。 ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 23:02:10.14 ID:zzhAhLDpo
>>708


一式「これは分が悪いな……」

小泉「……ご、ごめんね斑井」

セレス「もういても立ってもいられません!!」


◆→やむなく二階に降りた


ねこ「」


葉隠『はー……最悪だべ、実際最悪だべ』

葉隠『なんなんだよあれ……見つかったら囲まれるんじゃねーか?』

一式(あれに似ている……ごき……いや、なんでもない)

セレス「しかし通れないとなると困りましたわね」

一式(戦ってもいいが万一打撃で倒してしまうと問題だし……)

一式(何より女性陣が戦ってくれない)

霧切「……何か対策が必要ね。どうする?」




1:セレスの魔獣で燃やすとか?
2:葉隠、どうにかしろ
3:俺が一人で退治するよ
4:いなくなるまで黙って待とう
5:そのた

↓2

713: お笑い向上委員会にロッチさんがでるから見ようね。 ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 23:10:19.78 ID:zzhAhLDpo
>>711


一式「おい葉隠、なんとか」

葉隠『なんか言われると思った』





セレス「しかし、なんとかと言ってもどうしますの?」

葉隠『そーだぞ?基本、俺は物理技メインだしな』

葉隠『いや、霊体で攻撃する方法を知らんからなのだけども』

小泉「なんかやったら出来るんじゃない?」

ソニア「男は度胸ですわ!」

霧切「まぁ……、……そうね」

葉隠『全員適当かよ』

一式「ま、ガンバ?」

葉隠『お……おまっ……!』

霧切「何も勝算がなくて適当に言ってるわけじゃないわよ?」

葉隠『そうとしか聞こえてこねーよ!!』




一応、なんとか出来るかどうか判定。
ゾロだし、まぁあれ、目標3で。じゃ、みんなロッチさん見ようね。

716: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 23:26:01.36 ID:zzhAhLDpo
コンマ7


ソニア「……あ、愛ですよ愛……」

葉隠『……あー、もー……わかった!分かったべ!やってみる!』

ソニア「そうです!何事も愛です!」

葉隠『愛だな!愛!!』


▼そのままお待ちください









▼数十分後



葉隠『……』

セレス「あら?帰ってきたのですか?」

葉隠『帰ってくるだろ!!』

セレス「それで?」

葉隠『……追っ払ったけど』

セレス「あら?」

小泉「追っ払った……の?」

一式「顔が死んでるが」

葉隠『何も言うな』

一式「葉隠」

葉隠『もう言うな』




1:とりあえず戻る?
2:葉隠をなでる
3:一回落ち着く
4:そのた


サンシャイーーーン

719: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 23:39:43.50 ID:zzhAhLDpo
>>718


一式「……分かった」

一式「もう何も言うまい……だが」

がしっ!(鎧を)

葉隠『?』

一式「お前の勇気、買った」

葉隠『……?……、……?』


一式「俺達のために、勢いとは言え勇気を振り絞ってくれた」

一式「ありがとう、葉隠」

葉隠『……いや、そんな……』

葉隠『ま、まぁ?オメーが頼んでくるんだったら今後とも考えてやらんこともねーべ?』そわそわ

セレス「ちょろいな」


◆→そして三階


小泉「ほんとにあの虫いないわね」

霧切「ふぅ……やっと落ち着けるわ」

一式「で、どうやって」

葉隠『聞くな、言わない』

一式「……」

一式(なんかあったな……)




で、三階に来れたわけですが。

1:そのまま上に行こう!
2:フロアを見回る
3:誰かと話す
4:そのた

↓2

722: ◆z.6vDABEMI 2016/02/20(土) 23:53:24.57 ID:zzhAhLDpo
>>721


一式「このフロアには何かないのか?」


▼……

▼……

▼……

▼石畳だけが続いている……

▼目の前に階段がある


一式「何もないのか……」


霧切「どうも、敵が本格的に出始めるのは6階からよ。まだ大丈夫」

霧切「でも気をつけて、さっきみたいなことがあったら……」


がくがくがく

葉隠『俺もう無理!またあんなん出たらほんと成仏する!!』

セレス「あれに触るくらいなら自害します」

一式「そんなにも!?」

小泉「……うー、自害は言い過ぎだけどもう先には進みたくない……よ」





なんもないです。
1:そのまま上に行こう!
2:もっと目を凝らす
3:誰かと話す
4:そのた

↓2

726: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 00:11:09.15 ID:bWN7hTA6o
>>724


一式「なら、先を急ぐとするか」


◆→で、四階


こんこんこん……


小泉「あれ?またなんもない?!」

セレス「おそらく、この辺りはまだ塔の管理者達の管理が行き届いているのでしょうね」

霧切「……そうね。だいたい次の階辺りからは、人があまり立ち入らない区域に入ってくる」

霧切「だからこのあたりで一旦気を引き締めて頂戴。突然敵が出るかもしれないわ」

葉隠『またあんなん出たらいやだぞ……』

霧切「そう言うことを言わないで。私だっていやよ」

一式「俺もあまり虫は得意ではなくてな……」

ソニア「ところで、このフロアの壁はとても不思議ですわね」

一式「あ?」

セレス「あら?本当ですわね、何か呪文が書かれています」

小泉「うわ、なにこれ……アタシには読めないわよ」

葉隠『さーな……古代語とかそんなんじゃねーの?』

一式「ほう……?」




1:さっさと上に行く
2:誰かに壁の文字を読ませる
3:誰かと話す
4:そのた

↓2
ウイルス性のやつでもないけどおやんみみ。

729: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 20:11:24.87 ID:bWN7hTA6o
浪速のサイボーグと呼ばれるオレがスレ更新するで。点呼

732: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 20:17:32.04 ID:bWN7hTA6o
>>728
 は い く り 


一式「確かに見れば……古い文字のようだ」


▼壁にびっしりと何か文字が書かれている


セレス「……これは……!」

一式「?」

セレス「も、もしや……!【具現の天才】が書き残したと言われる【召還術】……!」

一式「……? ああ、あの山田みたいなやつか」

小泉「アタシ達には全く読めないわね……セレスちゃん、読めるの?」

セレス「ええ、もちのロンです」

ソニア「貴重な資料ですわね……それで?」

セレス「ええ、ここには……新たな技術が刻まれています」

セレス「魔獣と共鳴し、術者自らの身体能力を大幅にあげることが出来るすべ……」

セレス「これは……一大事ですわ、ぜひ理解しなければ……!」


▼セレスは壁の文字を見つめる……

▼その頭に、心に、新たな言葉が刻まれる……!


▼セレスは新たに【共鳴】を覚えた!
→召還した魔獣とセレスの魂のリンク。魔獣の属性に応じてステータスを上昇させる/上昇するステータス値は消費術力に比例


一式(リンク……か。どっかで聞いた単語のような……)




1:さっさと上に行く
2:壁の文字を読んでみる
3:誰かと話す
4:そのた

↓2

735: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 20:30:45.88 ID:bWN7hTA6o
>>734


一式「うーん……」ずい

セレス「あら?貴方様も読めるので?」

一式「いや、読めたらいいなと思ってな……」


一式「……」

一式(……ダメだ、ぜんぜん読めない……)


きらっ

一式(ん、一部分だけ読めるな……?)


【互いを知ることこそ共鳴の神髄】


一式(……互いを知る……か。さて……)

一式(風呂場で交わったあれも共鳴に入れていいのか……どうか分からんが、極めるなら俺は葉隠を知らんとならんらしい)

一式(…… い や で す )




1:さっさと上に行く
2:壁の文字を読む(もうできない
3:誰かと話す
4:そのた

↓2

738: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 20:50:02.60 ID:bWN7hTA6o
>>737
5か、渋いな


一式「ちょっと話がある」

葉隠『……あ?』





一式「風呂場での話だが」

葉隠『はい解散』

一式「まぁ待て」がしっ

葉隠『待てねーべ!あれホントに最悪だったって!』

一式「そう怒るな、ちょっと聞きたいことが……」

葉隠『なんか混ざってくる感じがするし、俺が俺じゃねーようなそんな怖い感じだったしよ……』

一式「……それは……その……すまん」

葉隠『あー……で?何だ?【リンク】どうこうの話か?』

一式「……ああ、そうだ」

葉隠『いや、俺も分からん』

一式「はぁ?」いらっ

葉隠『そう怖い顔すんなってーの!』

葉隠『……つーか、実際意味不明だべ。オメーと俺がどっかで繋がっちまってるなんて最悪っつーか、なんつーか……』

一式「だが俺はこの力は有意義に使いたい。もっとお前を理解しなければならないようだ」

葉隠『えー……?理解って……』

一式「……」ずずずず

葉隠『それはやめてくれ』




……って言ってもなにしたらいいの?

1:興味のありそうな話題を振る
2:自分の考えを読んでもらう
3:そう言えばインスピレーション使えるの?
4:そのた

↓2

742: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 21:15:23.45 ID:bWN7hTA6o
罰として>>1はケジメしました

>>740


一式「……えーと、そうだな」

葉隠『……』

一式「……」

葉隠『……』

一式「……」


一式(こいつの興味ありそうなワードが分からん……)


一式「……あー、」


一式(……何となく頭に浮かんだことを言ってみよう)


一式「そう言えばお前、邪教の神が気になってたんだってな?」

葉隠『お、そうなんだべ。実はあいつらは俺の商売敵なんだべ!』

一式「……は?」

葉隠『あいつ等のせいで俺を解雇しろなんてやつまでいたんだべ!心外だ!』

葉隠『俺はちゃーんと未来を予測してんだってーの!インスピレーションなめんな!』


▼葉隠の怒りをなだめた……

▼……なんだこいつ……


セレス「いつまで茶番を演じているので?」

一式「ああ、すまん……今行く」

葉隠『ちょ』



743: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 21:17:59.60 ID:bWN7hTA6o
◆→五階


ぐるるる……


小泉「! なんかいる……!」

霧切「……あれ、は」


リザード『……』


一式「! 闘技場でもあんなの見たな!」

葉隠『ひぃっ!?ありゃリザードか!?』

霧切「ええ。それもあの闘技場のように戦士としての資格もない、ただのリザードよ」

霧切「そんなに戦って困るような相手じゃないけど」

セレス「して、ここでひとつ提案が」

一式「……なんだ、いやな予感がするが言って見ろ」

セレス「不意打ちしませんこと?」

一式「!!??」

ソニア「なるほど!闇で煙幕を作り、それに乗じて倒そうと言うことですか!」

葉隠『ふつうの冒険者がやることじゃないですよね!?』




1:闇討ち決行(目標6)
2:正々堂々と戦う
3:そのた

↓2

746: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 21:28:53.95 ID:bWN7hTA6o
>>745
もうファンブルは出すなッ!いいかッ!!


ソニア「ニンニンニン……ニンニンニン……」

一式「ニンニンニンったらニンニンニン……」

葉隠『んでオメーノリノリな!』

ソニア「おったまげー!ですわ!斑井さんはそんな才能もお持ちで!」

一式「ちょっと何言ってるか分からない……が、とにかく」

きゅいいいいいん

一式「放て……シャドウ!」


ぼわっ!


リザード『!? !?!?!?』

リザード『&♯◎《⊕㈱……!?』


小泉「なんて言うか……怖いわ、アンタら」

霧切「……」




ソニア「そいやっさぁ!!」

一式「葬る!!」



がきいいいいいんっ!

747: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 21:30:44.05 ID:bWN7hTA6o
一式「───!」

ソニア「な……!」


リザード『……卑怯なり……人の子』

リザード『我は竜の種族ぞ……!』


どわあああっ!

一式「ちぃ!バレてたか!」ざざざ

セレス「そりゃバレますわよ」

霧切「さて、どうするの?向こうは大変にお怒りだけど」

一式「……そらお前……あれだ」

リザード『生きて帰れると思うなよ!!』がああああ!



▼エンカウント!


▼【リザード】が現れた!


リザード『人の子ら……覚悟はいいか……!』

葉隠『ひいいいい!?』



748: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 21:31:13.07 ID:bWN7hTA6o
現在の斑井ステータス

ーーーーーーーーーーーーーーー

【ボディガード】斑井 一式
種族:魔獣
職業:黒魔導師
属性:闇

レベル:9  次のレベルまであと11
体力/術力:26/25
筋力/防御:16/23
魔力/抵抗:26/15
俊敏/魅力:7/-5
幸運:0
E:魔法練習書【十計】(魔力+6)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:正義の甲冑(防御+8/低確率カウンター)
E:皮の盾(防御+3)

【攻撃魔法】各術力3/12/?
火:ファイア
水:ウォータ
雷:サンダー
土:アース
風:ウインド
木:ウッド
闇:ダーク /シャドウ
血:ブラッドファング
【回復魔法】
木:セラピー(味方全/少回復/術力6)
  癒やしの薬草(味方全/小回復/術力5)
【特技】
かばう(1ターンの間味方への攻撃を全て自分が受ける)
蝶の舞(一定確率で攻撃を回避する)
【協力技】
ムーンパレード(セレス/闇属性3連続判定/術力各10)
スワイプスティール(小泉/コンマ2連続判定/低確率で持ち物を盗む/俊敏値補正/術力各8)
ポリー(ソニア/全体中回復+状 異常を全て解除/術力各15)
エクストラ・フール(葉隠/コンマ3連携の物理攻撃/コンマ値で威力変化/術力各20)

ーーーーーーーーーーーーーーー

749: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 21:34:08.09 ID:bWN7hTA6o


リザード『主等は……処す!』


▼リザードは大変お怒りだ!


一式「面倒なことになったな」

ソニア「全くどうしてこうなったでしょう」

霧切「あなた達それ本気で言ってるの?」

葉隠『あー……もう止めようぜ、無駄だべ』

霧切「……それもそうね」




一式       26/25
霧切       24/20
ソニア      22/30

リザード

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ
7:逃げる(使用不可)
8:魔獣化

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>748

752: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 21:54:26.31 ID:bWN7hTA6o
>>750
せやで。

>>751


一式「ここはまず霧切、」

霧切「言いたいことは分かるわ。でも」

リザード『ッ、シッ!』

しゅ!

▼リザードの攻撃!
スクラッチ!ソニアに7ダメージ!

ソニア「っ!?」

霧切「……素早いわね!」

▼霧切の【キュレーション】!


リザード
亜人族/竜人種/陸上型

属性:
特性:

体力/術力:30/30
筋力/防御:35/20
魔力/抵抗:?/?
   俊敏:15


▼キュレーションを使った……残りノルマ13回


小泉「かなり……強い」

ソニア「わたくしの防御も突っ切りましたし……!」

霧切「それに属性や特性を見抜けなかったわね……ごめんなさい」

一式「いや、ここまで分かれば充分……!」

754: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 22:01:46.50 ID:bWN7hTA6o
ソニア「ですがっ!」

▼ソニアの攻撃!
ウィーク!【リザード】に2ダメージ!
チェイン!【リザード】に2ダメージ!


リザード『ですが、なんだ……?』

ソニア「!?」

霧切「さすがは竜人……弱点を突いただけじゃ……」

一式「なら俺が決めればいいだけの話だろう」


ごぽっ


霧切「!」


▼一式のウォータ!


リザード『な、主……その水量は……ッ!?』

一式「俺は機嫌が悪いんだ、さっさと倒れてくれ」

どばしゃあああああっ!!

リザード『ぐ、あああああ!!』


▼ウィーク!








▼リザードに9ダメージ!




一式「!?」

霧切「気をつけて……相手、耐性も高いみたい」



一式       26/22
霧切       24/20
ソニア      15/30

リザード     17

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ
7:逃げる(使用不可)
8:魔獣化

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>748

757: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 22:12:46.65 ID:bWN7hTA6o
>>756
はいくり


リザード『……ぐ……主等、主等ァァァ!!』

▼リザードは怒り狂っている!

セレス「! 何かきます!」

一式「……なに?」

リザード『オオオアアアアア!!』


▼リザードの力が右腕に集約される───


▼神速の連撃、【スクリュースクラッチ】!



リザード『覚悟ォォ!!』


一式「や、ば……!」
 





つるっ



一式「あ?」


どごぉおおおおお……ん


▼しかし攻撃は外れてしまった!


リザード『……ぐ……!』

小泉「……ファンブル!いけるわよ!」

758: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 22:17:53.15 ID:bWN7hTA6o
霧切「……悪いわね、貴方は敵なの」

▼霧切の【打】!
【リザード】に2ダメージ!


霧切「これじゃまるで馬鹿みたい、だけど」

ソニア「はいっ!」


▼ソニアの攻撃!

ウィーク!【リザード】に2ダメージ!
チェイン!【リザード】に2ダメージ!


一式「ああ、いける……!」


▼一式の【ウォータ】!



ごおおおお……!!


リザード『……ぐ』


▼クリティカル!リザードに14ダメージ!


ばっしゃーん


リザード『ぐあああああ……』


どさ


▼リザードを倒した!

【GET!】
経験値:16
マネー:530

竜人の鱗



759: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 22:28:37.18 ID:bWN7hTA6o
レベルアップ!

ーーーーーーーーーーーーーーー

【勇者(?)】斑井 一式
種族:魔獣
職業:黒魔導師
属性:闇

レベル:10  次のレベルまであと44
体力/術力:28/30
筋力/防御:18/25
魔力/抵抗:29/15
俊敏/魅力: 7/-4
幸運:1
E:魔法練習書【十計】(魔力+6)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:正義の甲冑(防御+8/低確率カウンター)
E:皮の盾(防御+3)

【攻撃魔法】各術力3/12/?
火:ファイア
水:ウォータ/ アクア
雷:サンダー
土:アース /グランド
風:ウインド
木:ウッド /フォレス
闇:ダーク /シャドウ
血:ブラッドファング/ブラッドスピア
【回復魔法】
木:セラピー(味方全/少回復/術力6)
  癒やしの薬草(味方全/小回復/術力5)
【特技】
かばう(1ターンの間味方への攻撃を全て自分が受ける)
蝶の舞(一定確率で攻撃を回避する)
【協力技】
ムーンパレード(セレス/闇属性3連続判定/術力各10)
スワイプスティール(小泉/コンマ2連続判定/低確率で持ち物を盗む/俊敏値補正/術力各8)
ポリー(ソニア/全体中回復+状 異常を全て解除/術力各15)
エクストラ・フール(葉隠/コンマ3連携の物理攻撃/コンマ値で威力変化/術力各20)

ーーーーーーーーーーーーーーー

760: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 22:29:09.46 ID:bWN7hTA6o
ーーーーーーーーーーーーーーー

【異国の使者】ソニア
種族:人間
職業:王女
属性:愛

レベル:11  次のレベルまで24
体力/術力:25/30
筋力/防御: 5/28
魔力/抵抗:10/22
俊敏/魅力:10/20
幸運:3
E:鞭剣ハイル(筋力+1/防御+6/低確率で追撃)
E:十手(筋力+1/防御+4)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:ワンダーフリル(防御+3/抵抗+3)
E:すいとう(魔力+3/抵抗+3/攻撃が水属性になる)

【攻撃魔法】
愛:アフェクション(強い愛で敵を縛る/術力5)
【回復魔法】
愛:ヒール(単体小回復/術力3)
  キュア(単体中回復/術力8)
  アピース(単体状 異常回復/術力5)
【補助魔法】
愛:チアーズ(単体/攻撃と魔力を高める/術力8)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【ゴシックロリータ】セレス
種族:獣人/狐
職業:召還師
属性:闇

レベル:13  次のレベルまであと39
体力/術力:18/30
筋力/防御: 3/9
魔力/抵抗:26/13
俊敏/魅力: 4/1
幸運:14
E:うごくぬいぐるみ(魔力+10/抵抗+2)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:ワンダーフリル(防御+3/抵抗+3)

【魔法】
召還(各属性の魔獣を召還する/ターン毎術力5)
創造(特徴を指定して魔獣を生み出す/ステータスは魔力比例/術力を全て使用/魔獣はターン経過などでは消滅しない)
増幅(呼び出した魔獣を強化する)
共鳴(魔獣の属性に応じてステータス上昇/上昇するステータス値は消費術力に比例)
【特技】
呼吸法(術力を回復する)

ーーーーーーーーーーーーーーー

761: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 22:29:59.92 ID:bWN7hTA6o
ーーーーーーーーーーーーーーー

【さまよう魂】葉隠康比呂
種族:スピリット
職業:占術師
属性:木

レベル:11  次のレベルまであと41
体力/術力:10/45
筋力/防御: 3/12
魔力/抵抗:15/15
俊敏/魅力:13/0
幸運:2
E:突剣ウルズ(筋力+3/防御+3)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:正義の甲冑(防御+8/低確率カウンター)

【回復魔法】
木:癒やしの薬草(薬草の力を使って全体小回復/術力5)
  癒やしのハーブ(全体状 異常回復/術力10)
【特技】
ポセッション(常時発動/筋力と防御は装備に比例する)
ポルターガイスト(コンマによる3連続判定/使用後は1ターン取り憑きを解除、物質化禁止/術力15)
マテリアライゼイション(物質化/2ターンの間、ステータスを全て2倍として計算/術力10)
エクトプラズム(己を物質化して別な物へ変化する)
トランス(暴走状 になる/ダメージ倍率1.2倍/カウンター率上昇/持続3ターン)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【ねこねこかわいい】小泉真昼
種族:獣人/猫
職業:盗賊
属性:風

レベル:13  次のレベルまであと34
体力/術力:20/16
筋力/防御: 8/11
魔力/抵抗: 3/4
俊敏/魅力:38/3
幸運:2
E:ねこぱんち(筋力+1/俊敏+4/低確率で追撃)
E:たいまつ(戦闘中に使うと聖なる火を起こす)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:青春ワンピース(防御+2/俊敏+2)
E:思い出のペンダント(先制攻撃/俊敏+15/俊敏20ごとに追加攻撃)

【特技】
盗む(素早い動きで敵の持ち物をかすめ取る)
キャットウォーク(次ターン攻撃を1度だけ回避/術力3)
連牙(二連続攻撃/術力5)

ーーーーーーーーーーーーーーー

762: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 22:32:21.45 ID:bWN7hTA6o


一式(なんか魔法覚えた)


小泉「うんうん、なかなかいい感じじゃない?」

葉隠『……いまいちなんの話だかぴんとこねーんだけども』

小泉「いいのよ、とりあえず頷いときなさい!」

葉隠『そんなまた適当な……』

セレス「うふふ、私も戦えますのよ、斑井様?」

一式「……お、おう」



▼リザードを倒した!……のこり2体




1:さっさと進む
2:ちょっと休む
3:誰かと話す
4:メンバーチェンジ?
5:そのた

↓2

767: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 22:42:49.20 ID:bWN7hTA6o
>>764


葉隠『ま、ここらは……ガンガン行くぜぇ!』

一式「なぜ突然声を上げた」


◆→六階


霧切「この辺りからはほとんど手入れをされていないらしいわ」

ソニア「場を保護するのが大事なのでしょうか……?」

霧切「かしらね?あるいは」

ずずずずず……

霧切「……人が入っても生きて帰れないのかも……」

葉隠『おいおい!冗談でも言っていいことと悪いことがあんぞ!』

小泉「それをアンタが言うのね」

一式「新手のギャグか?」

葉隠『だー、もーっ!』


霧切「ところで……シッ、何か様子がおかしいわ」

一式「なに?」

霧切「フロアが静かすぎる……敵もいない」

霧切「何が起きてるの……?」

ちょろちょろ……

一式(……何の音だ?)





1:バキッと進む
2:うろうろする
3:やすみ
4:そのた

↓2

770: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 22:53:31.17 ID:bWN7hTA6o
>>769
ぐっぼーい


ちょろちょろ……


一式(……これは……?)

葉隠『ん?たぶんあっちからじゃねぇの?』

一式「……なに?」





ばばーんっ

【疲れたら飲んでね ※おひとりさま一回まで】


小泉「これって!小さい泉……よね!」

霧切「誰かが設置した?でも、それはおかしい」

ソニア「ここに人は立ち入ってないんですよね?」

葉隠『ってことは、どっちかだよな……』

セレス「人が立ち寄っていないのが嘘か、」

一式「人以外が設置したか」


霧切「……毒はないようね」

一式「いつのまに味見を」

霧切「あなた達が見ていない間よ。味見は一回に入らないと思いたいわね」

小泉「この水、どっから来てるのかしら……?」

葉隠『おおかた上からだろ?ここいら暑いし、蒸発した水分が火の神殿とかに入って、付近の岩や地面で濾過されてこの辺りににじみでてるんだ』

セレス「馬鹿のくせに賢そうなこと言うのはやめてくださいます?」





なんか、一回しか使えないって書いてある。誰にも見られてないけど。

1:バキッと進む
2:水をすいとうに入れたり……
3:葉隠、なんとかしろ
4:そのた

↓2

773: ◆z.6vDABEMI 2016/02/21(日) 23:09:21.46 ID:bWN7hTA6o
>>772


一式「だが待て、これは何かの罠という可能性もある」ずい

霧切「……それで何で貴方が真っ先に飲もうとしてるの?」

一式「何かしらの罠があったらマズいだろ」

葉隠『罠ってなんだべ罠って……』

ソニア「愛と関係がありますか?山は死にますか?川は死にますか?」


▼一式は水を飲むことにした……









▼うンまァァァ~~~~~い!!(ドッギャアアアアン)

▼まるで体の疲れが嘘のように元気になる味だった!




一式「!!」

セレス「いかがですか?」

一式「……間違いない、これは旨い水だ!」

小泉「……ああ、そう……」

▼なんか求めてたのと違う答えだったらしい!




1:バキッと進む
2:水をすいとうに入れたり……
3:葉隠、なんとかしろ
4:そのた

↓2
おやんみみ

779: ◆z.6vDABEMI 2016/02/22(月) 22:37:16.37 ID:JZ3QQ0K8o
えっ……えっ、どうしよう……ど、……やる?それとも今日はその……やめとく?

783: ◆z.6vDABEMI 2016/02/22(月) 22:42:22.65 ID:JZ3QQ0K8o
>>775
>>771
葉隠終了のお知らせ(?)


一式「葉隠」

葉隠『いやです』

一式「そう言わずに」

葉隠『やーだーって!俺成仏したらどーすんだべ!』

セレス「ところで興味が出たのですが」

葉隠『……あ?』

セレス「貴方、水に取り憑いたりは出来ないので?」

霧切「液体に?出来たら面白いけれど」

葉隠『どーこも面白くねーべ!』

一式「まあまあ男は度胸!」


ざっぱーんじゃっぱーん


小泉「ちょ、斑井!?」


▼泉の水がなくなった。


▼……葉隠が憑いていた鎧が若干さびている



葉隠『』

一式「……葉隠?」

葉隠『』


▼鎧は動かない……




こ、これってまさか……ま、まさかね?まともに戦闘してないのにいなくなるなんてそんな……ねぇ?

1:バキッと上に行く
2:誰かと話す
3:鎧になんか魔法とかかける
4:そのた

↓2

790: ◆z.6vDABEMI 2016/02/22(月) 22:54:41.80 ID:JZ3QQ0K8o
>>785


鎧『』

一式「おい、葉隠?」

鎧『』

セレス「まぁ、機嫌を直してくださいませんこと?」

鎧『』

小泉「なんなのよ、もういいわよ?それ」

霧切「……」

ソニア「ど、どうされたんでしょうか?」

鎧『』

一式「お、おい葉隠、もう……」

鎧『』

一式「いやいや……うそだろ?」ぱんち


鎧『』

よ ろ い 『』

ぱきいいいいいいんっ



一式「」
小泉「」
セレス「」


よ『』   ろ『』    い『』



一式「……え……?」




いやしかし、イベントでもないのにメンバー脱落はどうだろうか(必死)

1:無視して次の階
2:泉を見つめる
3:かけらを集める
4:葉隠、悟りの境地へ(ただし戦闘に復帰するとは言ってない)
5:ほかなんか面白そうなこと(無茶ぶり)

↓2

793: ◆z.6vDABEMI 2016/02/22(月) 23:12:56.63 ID:JZ3QQ0K8o
>>792


一式「……はは……お、おい……」

よ『』

一式「お前……まだ、未練あるんじゃなかったのかよ……」

一式「いいのかよ……いいのかよ!」

一式「これで!終わって!!」

霧切「落ち着いて、斑井君」

よ『』

一式「おまえ……まだ、何にも……」



『……ら……い……』


一式「!」


『斑井……聞こえますか斑井……』

『今オメーの脳内に直接呼びかけています……』

一式(───葉隠!)

『オメーとリンクしてたんはマジだったらしいな……あやうくマジで消えるとこだったぞ』

『だが……オメーの中に俺が残っていたから……完全に消えずに済んだ』

『今はちょい……アレだ。体力的にもほぼゼロだけどな』

一式(……どうなる?お前はほぼ死んだようなもんだろ?)

『魂はまだ残ってる。どうも相当めんどっちい呪いみたいだぞ、これ』

『肉体も精神も果てて、それでもこの現世に意識を残される……まさに拷問』

一式(……フェデリコもそんな思いをしたのだろうか?)


▼なんかリンクしてて首の皮一枚繋がったらしいが……

794: ◆z.6vDABEMI 2016/02/22(月) 23:16:59.91 ID:JZ3QQ0K8o
『と言うわけでしばらくは俺は、』

『オメーの精神に巣くう化け物扱いなわけだ』

一式(悪かったよ……ほんと悪かったって……)

『なんかパワーもらえそうなところに行ってくれたら復帰できないこともないかもしれないこともないから頼んだ』

一式(なんだその適当な感じは)

『俺まだメインとして活躍をひとつもしてないのに消えたくない!』

一式(そしてただのだだっ子か)

『……もうアレだな、色々諦めてるべ。実際悟りそうだべ』

『だが!俺はまだ滅びてない!絶対に復活してやるからな!』

一式(ああ、そうですか……)


▼……ありがたいなぁ……?


小泉「? 斑井、大丈夫?」

一式「……ああ、大丈夫だ」

一式「…………………………たぶん」

セレス「なんですの、その沈黙……」





1:さくっと上に
2:誰かと話す
3:あたりを見回す
4:そのた

↓2

798: ◆z.6vDABEMI 2016/02/22(月) 23:53:36.31 ID:JZ3QQ0K8o
>>796


一式「……せめてここに何かあればいいんだが……」


▼一式は辺りを見回した!


……かさ……


一式「ん?なんだこの音は」

セレス「音?ですか?何か聞こえ……」


かさかさ……かさ……


小泉「ち、ちょっと!?なんか動く音がするわよ!?」

霧切「それもいやな音ね」


かさかさかさかさかさか


一式「まさかと思うが───」

葉隠『間違いねーべ、こりゃあのクロビカリの音だべ』

一式「ちゃっかりふつうにしゃべるな」

セレス「……まさか、そんなばかな……」


かさっ!!


▼エンカウント!【クロビカリ】が現

霧切「いやああああ!!来ないで!」

ソニア「愛なんてありませんわ夏!!」


一式(全員が戦闘意欲を失っている……)




1:一式ひとりで退治する
2:みんなで逃げる
3:そのた

↓2


お、おやんみみ(震え声)

803: ◆z.6vDABEMI 2016/02/23(火) 12:52:22.94 ID:Q4mp1iJqO
ひる

>>800

一式「きっとここまで運が悪いのも全てお前のせい!」

セレス「それはなんとも言えませんが……」

一式「俺はお前をゆるさんっっっっ!!!」

小泉「なんかかっこつけてないでどうにかしなさいよ!」

一式「任せろおお!!」

クロビカリ「かさかさ」かさかさ

一式「食らえぇぇぇ!!!これが俺の───」


▼力がみなぎる!



一式「 シ ャ ド ウ ! ! 」


クロビカリ「」

ぼっ


▼クリティカル!!【クロビカリ】は消滅した!


一式「よぉぉぉし!」

小泉「……アンタなに本気出してんのよ……」

セレス「まあ、ここでやるレベルではないですわね」

葉隠『害虫駆除に本気になるっておい』

一式「害虫駆除じゃない、お前達の安全確保のためにはやむを得ない選択だった!」

霧切「まぁ……とにかく進むわよ?それでいいのね」

一式「……待て、もしかしたらこの先にもあいつがいる可能性があるな……」




1:先に塔上ってクロビカリを駆逐してやる、一匹残らず
2:魔獣とかでなんとかできない?
3:みんなで一緒に行こうよ(震え)
4:そのた

↓2
次よる。多分よる

808: ◆z.6vDABEMI 2016/02/23(火) 23:37:47.74 ID:yZ2RRziFo
>>805


一式「先にもしまたあいつがいたら」

霧切「……そ、そういうことは考えないでちょうだい!?」

一式「」

セレス「最悪ですわ……」

小泉「今日は帰ろう?」

一式「そんなにもか」

ソニア「帰りましょう」

一式「そしてお前もか」

葉隠『全く、斑井っちは女心が分からんやつだべ』

一式「そしてお前はうるさい」

小泉「? なにが?」

一式(かわいそうに……)

一式「……そ、そうだ、セレス!魔獣で、なんとか出来ないのか?」

セレス「え?ああ、魔獣を先行させて……」

ソニア「ああ!クロビカリを倒すのですね!」

一式「どうだ?」

セレス「出来ないことはないと思いますが」





直下
目標6

810: ◆z.6vDABEMI 2016/02/23(火) 23:50:42.52 ID:yZ2RRziFo
>>809
あざす!!だが足りない!!あえて言おう、馬鹿!!!



セレス「……試しますか?」

一式「是非」

セレス「はぁ……仕方がありませんわね」


▼セレスは魔獣を呼び出した!


ファイアバー『気合いだ!気合いだ!気合』

セレス「お逝きなさい」

一式「それなんて釈由美子?」


▼魔獣は階段を駆け上がる───




セレス「あ」




▼七階辺りで燃え尽きた



セレス「やっちまったな」

小泉「って七階ってここの上じゃない!?」

一式「ってことは?」

セレス「……上の階にはクロビカリは出ませんとしか……」




1:上がる
2:誰かと話す
3:そのた

↓2

813: ◆z.6vDABEMI 2016/02/24(水) 00:10:17.48 ID:h78+Gixmo
>>812


一式「警戒重点!」

びくっ!!

一式「出ない、と信じよう!上の階は!」

セレス「……です、わね」

小泉「上がるしかないってこと?」

一式「ああ、ここは気をつけて……ゆっくり上がるぞ」

霧切「……それがいいわね」

葉隠『ゆっくり、ゆったりな……』


◆→七階


こつこつ


ソニア「イェスッ!!クロビカリはいませんでした!!!」

一式「どんだけ喜ぶんだよ」

小泉「……でさ、あの宝箱ってなに?」

一式「あ?」


▼部屋の真ん中に宝箱がある



一式「さすがに罠……だろ」

小泉「と思いたいけどさ」





1:あけよう
2:小泉、調べてくれ
3:無視する
4:そのた

↓2

ごめんなさい、寝ます
次あさ

818: ◆z.6vDABEMI 2016/02/24(水) 13:56:10.39 ID:sJJI7qU7O
>>815


一式「小泉、調べてくれ」

小泉「オッケー!任せ」

一式「あけなくていいからな」

小泉「え?」

一式「開けなくていい、何があるか分からないからな」

一式「ただ調べるだけでいいぞ」

小泉「……そう?」


こつこつこつ……


小泉「……うーん」こんこん

小泉「……」くんくん

小泉「……」じー



一式「どうだ?」

小泉「どうもこうも、なんか固くて重そうなものが入ってるみたいよ」

セレス「固くて重い?」

霧切「武器、かしらね?」

一式「さぁな。そればっかりは開けてみなけりゃ分からないさ」

小泉「中で動いてはないから、モンスターとは考えにくいけど……」




1:おーぷん!
2:なにかしら魔法をぶっかける
3:無視する
4:そのた

↓2

822: ◆z.6vDABEMI 2016/02/24(水) 14:42:13.69 ID:sJJI7qU7O
>>820


セレス「……開けますか?」

葉隠『開けるべ!な!』

一式「……はぁ……そうだな」

ソニア「いざ!おーぷん!」


くぱぁ



▼中には【さかなのほね】が入っていた。
→誰が食べたの?何の魚かは不明だが、ほんのりと魔力を感じる。そして、ほんのり臭い。アクセサリー扱い。
魔力+1/抵抗+1/注目を集める



一式「……いるか?」

小泉「アタシはいらない」

ソニア「わ、わたくしも……」

一式「……」

霧切「何かに使うかもしれないから持って行きましょう」さっ

一式「」!




1:ギャバンッと上に
2:さかなのほねの使い方を考える
3:誰かと話す
4:そのた

↓2

826: ◆z.6vDABEMI 2016/02/24(水) 15:20:32.03 ID:sJJI7qU7O
>>824
なぜ……クリティカルを出した!答えろ!(真剣)


一式「何かに使うって言っても何に使うんだ?」

セレス「そうですわよ、なんだか生臭い……」

霧切「……このにおいがするものをつけていれば、敵からの注目を集めることが出来るはずよ」

小泉「あ、そっか!つまり」

一式「……防御が固い人間が持っておけば楽になると」

霧切「ええ。魅力値が高いと攻撃を受けやすかったりするみたいだけど、これをつければさらに効果が強くなるかもしれない」

葉隠『ってもそれならつけられそうなんはソニアっちくらいじゃねーの?』

一式「……うーむ……」

ソニア「わたくしが装備すればよろしいのでしょうか?」

一式「……いや、まだ他にも使い道があるはずだ……」





クリティカル特典やで。
使い道を↓3くらいまで募集。んで、コンマ値(二桁)が一番高いやつを実行

830: ◆z.6vDABEMI 2016/02/24(水) 16:15:48.41 ID:sJJI7qU7O
>>827


その時、一式の脳に電流走る───


骨ッ!骨!骨!骨ッ……!
なぜこの考えに至らなかったのだ……ッ!


一式「……ウォータ」

こぽぽぽぽばしゃばしゃばしゃ

霧切「? 斑井君、何をして……」

葉隠『……あー、まさかと思うけどオメー』

一式「ああ、俺はこれの正しい使い方を閃いた」

セレス「ほう?して、その使い方とは?」


一式「小泉、咥えろ」

小泉「」


セレス「……は?」

葉隠『オメー何がしたいんだべ?』

一式「小泉は猫の獣人……お魚咥えた野良猫にならないわけがない」

小泉「な、なっ……な……っ」かああああ

霧切「……」

一式「そして、咥えたらかわいい」

一式「かわいいは正義だ。以上」

葉隠『以上、じゃねぇよ!?』

ソニア「愛なんでしょうか、それは……?意図が分かりませんわ……」

一式「さぁ!見せたまえ!僕に咥えた姿を見せたまえ!」

葉隠『なんか別なのになってるぞ!?』

小泉「う、ううっ……!」かああっ

831: ◆z.6vDABEMI 2016/02/24(水) 16:20:26.92 ID:sJJI7qU7O
小泉「そんなこと、言われたら……」ぴこぴこ

小泉「あの、アタシも一応……獣ベースだし……」ぴこぴこ

小泉「も、……我慢でき……」ふりふり


しゅばっ


その時───俺達の目は小泉の姿を追いかけることを諦めた───



小泉「んにゃあああああっ!!」はむはむ

霧切「……うそ」

セレス「まぁ、そうなりますわね」

一式「」

小泉「お魚!最高にゃん!」はむはむ

一式「……これはこれでたまらん」

葉隠『おい元凶』



▼小泉がなんか魚臭くなった。

▼あと俊敏が1上がった。



小泉「にゃあ……」はむはむ

一式「録画機器はないのか」

霧切「あるわけないじゃない」

一式「くっ、ジャスティスロボに付けさせるんだった!」

葉隠『オメーはジャスティスロボを何だと思ってる』




1:ギャバンッと上へ
2:誰かと話す
3:そのた
4:小泉をごろごろする

↓2

834: ◆z.6vDABEMI 2016/02/24(水) 17:10:31.71 ID:sJJI7qU7O
>>833


一式「よーしよしよしよし」なでなで

小泉「んにゃあああああっ!!」

一式「よーしよしよしよし」なでなで

小泉「にゃああああああん!!」ごろごろ




霧切「何してるの?」

一式「愛でているのだが」

セレス「はぁ(困惑)」

小泉「んにゃー♪」

▼喜んでいる。後から思い出さないでほしい

霧切「急いでいたんじゃなかったの?」

一式「だが……あと、あとちょっとだけ……!」なでなで

葉隠『いや、いいけどもよ……』

小泉「にゃ……にゃあん……」うとうと

一式「いかん、なですぎて寝そうだ」

ソニア「ではわたくしももふもふさせていただきますわね!」


霧切「もうやだこの人達……」

セレス「本音が出てますわよ」

霧切「……いえ、本音じゃないわ。私は事件を解決したいだけ……ここで時間を食っているのが退屈なのよ」

セレス(嘘付け)


小泉「にゃ……あれ?アタシ……?」

一式(ちっ、正気に戻ったか……)




1:ギャバンッと上へ
2:誰かと話す
3:そのた
4:小泉をごろごろする

↓2

837: ◆z.6vDABEMI 2016/02/24(水) 17:48:28.38 ID:sJJI7qU7O
>>836


一式「油を売ってる場合か、さっさと進むぞ」

霧切「どの口が言うのかしらね」

一式「そんな怖い顔でにらむなよ……」


◆→八階




リザード『……人の子ら、ここから先は聖域』

リザード『通すわけには行かないな!』

一式「く!リザードか!」

霧切「……彼ら、私達を邪魔している?」

セレス「それも意図的に。不思議な話ですわね?」

霧切「……」


▼エンカウント!【リザード】が現れた!


一式「なぜリザードが、邪魔するのかは分からんが……」

一式「奴らは敵。倒さない理由がない!」




一式       28/30
霧切       24/20
ソニア      25/30

リザード

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ
7:逃げる(使用不可)
8:魔獣化

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>759

840: ◆z.6vDABEMI 2016/02/24(水) 18:46:30.34 ID:sJJI7qU7O
>>839

一式「ち、俺は……」


▼一式は仲間をかばう姿勢だ……

▼【かばう】を使った……のこり2回



リザード『がぁぁっ!!』

▼リザードの攻撃!スクラッチ!

一式「させない!」

▼一式がかばった!一式に10ダメージ!

一式「……い……っ!」

霧切「やはり力は強いみたいね!」

ソニア「警戒しましょう!」

▼霧切の攻撃!
ペイン!リザードに1ダメージ!
チェイン!リザードに1ダメージ!

霧切「……ふつうの攻撃じゃダメね……」

ソニア「っ!」

▼ソニアの【ヒール】!一式を10回復した!


一式「ち……」

リザード『どうした人の子等、この程度か』

霧切「……マズいわね」

セレス「このままですと押し切られる……?」




一式       28/30
霧切       24/20
ソニア      25/27

リザード     のこり28

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ
7:逃げる(使用不可)
8:魔獣化

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>759

846: ◆z.6vDABEMI 2016/02/25(木) 23:12:04.62 ID:Nru0cjdKo
>>842
>>841


一式「あまり時間をかけてもダメか!」

リザード『だが主等にやすやすとやられる我ではない!』ひゅ

ソニア「早い!」


▼リザードの攻撃!
スクラッチ!ソニアに7ダメージ!


ざしゅ

ソニア「う、くっ!」

霧切「……なら、これは!」


▼霧切は魔力を密集させた濃い霧を放つ!リザードの周りに漂っている……


葉隠『おー……あんな魔法の使い方もあるんか』

霧切「探偵の基本よ。名も【霧】と呼ばれる至ってシンプルな煙幕術」

リザード『くっ!我の視界をふさぐか!』

一式「よし!これに乗じる!」

ソニア「合点!」


▼ソニアは明るい魔力を一式に放つ!【チアーズ】!

ぱあああああ

一式「!」

▼一式の攻撃と魔力が一時的に高まった!

一式「……これなら!」

847: ◆z.6vDABEMI 2016/02/25(木) 23:16:16.34 ID:Nru0cjdKo
ごぽっ

一式「よし……!」

リザード『……ぐ、視界が……どこから仕掛ける!?』


ごぼぼぼぼぼ!!


▼一式の【ウォータ】!


どばっしゃあ!

リザード『ぐぅぅぅ!?』


▼ウィーク!リザードに19ダメージ!


一式「……よし!」

霧切「これなら行ける……!」

ソニア「気を引き締めましょう、皆様!」

リザード『我の眼前が……』


▼リザードの視界は晴れない




一式       28/27
霧切       24/15
ソニア      18/19

リザード     のこり9

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ
7:逃げる(使用不可)
8:魔獣化

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>759

850: ◆z.6vDABEMI 2016/02/25(木) 23:24:06.50 ID:Nru0cjdKo
 


リザード『ぐおおおお!!』

▼リザードの攻撃!
しかしその先には誰もいない!

霧切「本来なら次は私達が先に仕掛けるのだけれど」

ソニア「それは無駄な時間ですわ、残念ですが」

霧切「……私達の力じゃリザードは落とせない」

ソニア「斑井さん!締めてくださいませ!」

一式「ああ、任された」


こぽ


一式「食らえ、リザード。お前に恨みはないけれど」


▼一式の【ウォータ】!



ごぼぼぼぼ!!

リザード『!!』


▼ウィーク!リザードに19ダメージ!


リザード『ぐああああ……』


▼リザードをたおした!


【GET!】
経験値:16
マネー:530



851: ◆z.6vDABEMI 2016/02/25(木) 23:29:45.94 ID:Nru0cjdKo


一式「……何とか倒したか」

霧切「あの強化技、なかなかのものだったわね」

ソニア「ふふ、誉めてもジャバウォック終身栄誉賞しか出ませんわよ?」

葉隠『太っ腹!?』

一式「リザード退治もあと1体だな……」


▼リザードを倒した……のこり1体


小泉「でもあいつ、なかなか強いわよね」

セレス「あまり連戦はしたくありませんが」

一式「だが、上の階にもリザードがいる可能性は大いにあり得る」

葉隠『んじゃどうすんだ?一回引くか?』

一式「……引いてもいいのかもな、体勢を立て直してからアタックするのは罪じゃない」

セレス「しかしあまり悠長にしている場合でもありませんわよ?」

霧切「そうね……意外と時間を食ってる。もしかしたらもう夕方かも」

一式「そんなに!?」

小泉「で?どうすんのよ?」




1:アクセラっと上へ
2:誰かと話す
3:一旦降りる
4:メンバー交代とかする
5:そのた

↓2

855: ◆z.6vDABEMI 2016/02/25(木) 23:47:18.96 ID:Nru0cjdKo
>>853
>>852


一式「……ダンジョンアタックを止めるわけにはいかなくなったな」

ソニア「ですわね。とっとと懲らしめてやりましょう!」

葉隠『何をだべ?』

小泉「いや、だからどうするんだって聞いて……」

一式「そういえば、一番下には回復ポイントがあったな」

小泉「……」

セレス「……まさかと思いますが」

霧切「……」

葉隠『……』


◆→で、一回


小泉「なんだかんだ水はおいしいのよね……」ごくごく

葉隠『生き返るべ!水は命の恵みだべ!』

一式「さりげなく登場してもダメだぞ?お前、防具は没収されてんだからな」

葉隠『ええー!?』

セレス「……悔しい、でも……飲んでしまうッ!」ごきゅごきゅ

▼全員回復した!


一式「……さて、戻るか」

セレス「後はこれがなければ……」



856: ◆z.6vDABEMI 2016/02/25(木) 23:53:06.61 ID:Nru0cjdKo
◆→九階


こつこつ……


一式「!」


リザード『人の子等、ここまで来たか』

リザード『だが、もうここで諦めてもらおう』


リザードソルジャー『……』ずしん


霧切「あれは……リザードソルジャー」

セレス「間違いありませんわね」

葉隠『闘技場で見た厳つい竜か!?』

一式「……リザードとはまた一線を画した強さを誇る難敵か……」

ソルジャー『知っているなら引け、人』

ソルジャー『我らは無意味に貴様等を攻撃したくない』

ソニア「ですが、わたくし達も押し通らなければなりません」

小泉「面倒なことになったわね……」




1:たたかう
2:説得(要コンマ7以上)
3:賄賂的なもの
4:セレス、魔獣とかでなんとかならん?
5:霧切、さっきの霧でなんとかならん?
6:葉隠は投げ捨てるもの
7:そのほか

↓2

859: ◆z.6vDABEMI 2016/02/26(金) 00:03:17.72 ID:WeNoN3Umo
>>858


一式「戦闘は避けたいところだ。せめてどちらか一体なら……」

セレス「同時にかかられたら厳しいところです」

一式「なぁ、霧切」

霧切「……何?」

一式「さっきの霧でどうにかできないか?」

霧切「どうにかって……彼らを撒けないかってこと?」

一式「ああ、俺達が用のあるのは火の神殿だけだ」

ソニア「そうですね。この塔を登り切れば神殿に行けるそうですし……それなら戦わず愛を通せます」

小泉「って言うけど、そう簡単に行くの?」

霧切「やってみなければ分からないわ」

葉隠『やってみるんか?』

霧切「ええ。出来ないって言うのは簡単だもの」

しゅうう

霧切「ただ、失敗しても怒らないでね?」

小泉「……すっごいいやな予感」

一式「止めろ」




霧切煙幕判定
リザード達を撒ける目標は6
4か5でも撒けないにしても戦闘は有利
直下

862: ◆z.6vDABEMI 2016/02/26(金) 00:10:34.38 ID:WeNoN3Umo
>>860
しっかりとフラグ回収


霧切「はあっ!」


▼フロアを霧が埋め尽くす!


しゅうううう


ソルジャー『……小癪なまねを!』


ぶぅんっ!


一式「? 今のは」


……ぶゎあああああっ!!


小泉「きゃぁっ!?」

セレス「な、風!?どこから!」

葉隠『おいおい……冗談じゃねーぞ……』


ソルジャー『リザードソルジャーともなれば空気をも切る』すちゃ!


一式「切った……のか?霧を!それも」

霧切「魔力で作り出した煙幕だったのだけれどもね」

ソルジャー『無駄よ』

一式「……ち、仕方がない!」


▼エンカウント!

863: ◆z.6vDABEMI 2016/02/26(金) 00:14:05.97 ID:WeNoN3Umo
▼【リザード】が現れた!
▼【リザードソルジャー】が現れた!


セレス「……リザードソルジャー」

小泉「訓練されたリザードの兵士よね」

霧切「正直、やりたくはない」

一式「だが……」


ソルジャー『我を越えられぬ身が神殿に行けると思うなよ』すちゃ


葉隠『逃げんのに背中見せりゃ一発だべ』

一式「それは勘弁だな」

ソニア「うう、恐ろしい力を感じます!」

霧切「こうなった以上、全力で当たるわよ」

霧切「ただ、遊びの時間をくれるかどうかが問題ね……」

小泉「どういうこと?」

セレス「補助を重ねるだけの時間があるかどうかが微妙なのでしょう」

葉隠『つーか、リザードソルジャーって弱点どうなってんだ?』

霧切「水は克服しているでしょうね」




一式         28/30
霧切         24/20
ソニア        25/30

リザード       あと30
リザードソルジャー

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ
7:逃げる(使用不可)
8:魔獣化

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>759

おやんみみ

866: ◆z.6vDABEMI 2016/02/26(金) 23:06:07.91 ID:WeNoN3Umo
1時間くらいやる

867: ◆z.6vDABEMI 2016/02/26(金) 23:14:40.88 ID:WeNoN3Umo
>>865


ソルジャー『ハァッ!』

小泉「く、来るわよ!」

ソニア「く……!?」

▼リザードソルジャーの攻撃!
スラッシュ!ソニアに17ダメージ!

ずざざざざ!

ソニア「っ、ああ!?」

セレス「!?」

ソルジャー『うろたえるな人の子、我の本気はまだだぞ……!』

一式「! ソニア!!」

ソニア「まだ……戦えます」

葉隠『ま、マジかいな……ちょ、ちょったんまっ!』

リザード『逃がすか!』

▼リザードの攻撃!
スクラッチ!一式に10ダメージ!

一式「ちいっ……!」

リザード『このまま全員追い込む!』

霧切「……させないッ!」

▼霧切は魔力を密集させた濃い霧を生み出す!
▼……リザードソルジャーの周りに漂っている……

ソルジャー『何ィ!?我が遅れを!?』

霧切「何度も負ける私達じゃないってことよ」

868: ◆z.6vDABEMI 2016/02/26(金) 23:22:26.08 ID:WeNoN3Umo
ソニア「わたくしの……愛を」

ぽわわわわ

▼ソニアの【ヒール】!
ソニアの傷がふさがる……15回復した

一式「だが、そう何度も使えるような手でもない……まずは先に数を減らす!」

リザード『大口を!』

一式「どうかな!」

ごぽ……

リザード『!』

▼一式の【ウォータ】!
ウィーク!リザードに14ダメージ!

リザード『ぐ、おおおお!?』


一式「……これで一旦は軌道に乗せられたか?」

霧切「さぁね。リザードソルジャーからの一撃が来ないとも言えないわ」

セレス「でしたら力押ししかないのでは?」

葉隠『だべ。一撃にかけるかいな?』

一式「となるとまずはリザードを仕留めたいか……?」




一式         18/27
霧切         24/15
ソニア        23/27

リザード       あと16
リザードソルジャー

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ
7:逃げる(使用不可)
8:魔獣化

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>759

871: ◆z.6vDABEMI 2016/02/26(金) 23:36:05.40 ID:WeNoN3Umo
>>870
>>869
ないす


一式「後は押し込むだけ……!」

ソルジャー『ぐうう!!貴様等ああああ!!』

▼リザードソルジャーの攻撃!
だが当たらない!

ぶんぶんぶん

リザード『ちぃ……!まずは主からか!』

ソニア「!」

▼リザードの攻撃!
スクラッチ!ソニアに7ダメージ!

ずしゃあああっ!!

葉隠『ひいい!?ソニアっち!?』

小泉「すごい力!大丈夫!?」

ソニア「……ええ、まだ……まだですわ!」きっ

一式「ソニア!」

ソニア「わたくしのことはお気になさらず!先にこちらを止めるでしょう!」

一式「だが……」

霧切「……悪いけど、食らう前に倒す必要もあるわ。今は飲み込んで」

一式「……!」

872: ◆z.6vDABEMI 2016/02/26(金) 23:41:36.08 ID:WeNoN3Umo
▼ソニアは明るい光を放つ!【チアーズ】!

ぱんぱんっ!

一式「!」

▼一式の攻撃と魔力が高まる!

霧切「今のうちに……!」

▼霧切のキュレーション!


リザードソルジャー
亜人族/竜人種/陸上型

属性:
特性:低確率追撃

体力/術力:50/30
筋力/防御:45/?
魔力/抵抗:35/?
   俊敏:20


霧切「……かなりの情報を得られたわ!」

一式「筋力の値がずば抜けてるな」

霧切「おそらく、今まで会った中でも一番ね」

一式「やはり短期戦は不利!」

ごぽっ

リザード『またあの技……!』


▼一式の【ウォータ】!
クリティカル!リザードに29ダメージ!!
リザードを倒した!


どさぁ

ソルジャー『……もしやあのリザードを倒したか!?』



一式         18/24
霧切         24/15
ソニア        16/19

リザードソルジャー  あと50

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ
7:逃げる(使用不可)
8:魔獣化

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>759

877: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 20:36:23.57 ID:qPJqqyR1o
>>875
>>873


ソルジャー『……そこかぁっ!』ぶんっ!

ソニア「く!かわし……」

ぶんっ!

▼リザードソルジャーの攻撃!
スラッシュ!霧が晴れてしまった!

ソニア「!」

霧切「ダメージを受けなかったことを喜ぶべきなのでしょうね」

ソルジャー『もはやお主等に逃げ場はない……!』

葉隠『おいおいおい……ちょっと待てっての……』

霧切「大丈夫……とは言えないけど、なんとかして彼を倒すわよ」

ソニア「合点です!」

▼ソニアの周りに強い魔力が漂う!

ソニア「これで!」カッ!!

▼【アフェクション】!


ソルジャー『』!

▼リザードソルジャーに1ダメージ!
▼リザードソルジャーの動きが少しだけ遅くなった……


ソルジャー『体が……重い……!?』

ソニア「それが!愛の重みです!」

878: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 20:41:06.53 ID:qPJqqyR1o
霧切「とは言え、私達では有効打を与えられないのもまた事実ね……」

霧切「……なんとか出来ればいいのだけれど」

霧切「私もソニアさんも、筋力が足りないわ」


▼霧切は敵の様子をうかがっている


一式「だが……」

霧切「ええ、他の人選を試すのもありじゃないのかしら?」

霧切「それぞれの特性をつかんでおくのも貴方の役目よ、斑井君」

一式「……少しだけ待ってくれ」

霧切「?」


ずず……


▼一式の周りに赤い液体が集う……


小泉「っ、生臭いわよ!魚?」

霧切「いえ、これは───」

一式「少しだけ試させてもらう!」

ずおおおっ!!

ソルジャー『それは……!』

▼一式の【ブラッドスピア】!

一式「貫けェェェッ!!」

 ず ど ん っ 

879: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 20:44:14.49 ID:qPJqqyR1o
▼リザードソルジャーに19ダメージ!

ソルジャー『……ぐ……!?』

一式「有効か!」

霧切「行った……!」

セレス「彼の力がリザードソルジャーを上回ったと?」

ずずずずず

ソルジャー『ぐあああ!』

▼敵の生命力を吸い上げた

▼一式は4回復した!


一式「……ち、まだまだピンピンしているか!」

ソルジャー『くう……面白い真似をしてくるな、人の子!だがまだ足りん!』

小泉「弱点とかわかんないの?」

霧切「見せてくれないのよ……」




一式         22/10
霧切         24/15
ソニア        16/14

リザードソルジャー  あと30

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ
7:逃げる(使用不可)
8:魔獣化

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>759

882: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 21:50:12.36 ID:qPJqqyR1o
>>881


一式「……押し切る!セレス!」

セレス「ええ、仰せのままに……貴方様」

▼ソニアとセレスを入れ替えた!

一式「お前は俺が守る」

▼一式は仲間をかばう構えだ!

ソルジャー『面白い……やって見ろ!』

ひゅんっ!

一式「……く!」

▼リザードソルジャーの攻撃!
スラッシュ!一式がかばった!20ダメージ!

一式「が……は……!」

霧切「ちっ………!」

▼霧切は持ち物の傷薬を使った!
一式の傷が30回復した!

一式「……すまん……」ぐい

霧切「気にしないで。貴方に倒れられたら、私達にすべはない」

セレス「して、私はなにを?」

一式「……セレス、【創造】を試してくれないか」

セレス「新技ですわね」

ソルジャー『ほう?人の子等、まだ隠し玉があるのか?』

セレス「ええ、どうなるかは分かりませんがね」

一式「頼んだぞ」

セレス「頼まれます」




セレスの創造、追加安価
創造したい魔獣の特徴を↓1と↓2、それぞれ単語で指定

885: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 22:16:14.19 ID:qPJqqyR1o
>>883
>>884


セレス「お出でなさい………!」

▼セレスの【創造】!
持ちうる術力をすべて消費し、魔獣を生み出す!


ごごごごご!


スライム『ぱよちーん!』

セレス「!?」

一式「!?」


▼【ブレイブスライム】が召還された!


ブレイブスライム
魔獣族/異形種/軟体型

属性:風
特性:竜人種に強い

体力/術力:30/30
筋力/防御:30/30
魔力/抵抗:25/25
   俊敏:5


スライム『ぼくがきたからには、もうだいじょうぶだちん!』

一式「セリフが大丈夫ではないんだが」

スライム『ぼくがどうかしたんちん?』

葉隠『どこまでも限りなくアウトだべか?』

セレス「いいえ、セーフですわ」

一式(………しかし、なんでまた属性は風なんだ?)




一式         28/10
霧切         24/15
セレス        18/0
ブレイブスライム   30/30

リザードソルジャー  あと30

【コマンド】
1:攻撃
2:魔法
3:特技
4:防御
5:アイテム
6:メンバーチェンジ
7:逃げる(使用不可)
8:魔獣化

↓2で一式のコマンド選択
一式の最新ステータスは>>759

888: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 22:30:21.26 ID:qPJqqyR1o
>>881
言い忘れてたけど、かばうは基本『全員の攻撃を』受け止めるで。

>>887
消えないで。別々になってるで。

890: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 22:35:46.61 ID:qPJqqyR1o
>>887



ソルジャー『分が悪いか………先に片を付ける!』ごおっ

霧切「……来る!」

ご、お

霧切「!」

一式「霧切ッ!」

ソルジャー『まずは貴様!!』


▼リザードソルジャーの攻撃!
スラッシュ!霧切に32ダメージ!


どすぅ


霧切「か、はっ……!」

一式「霧切ーッ!!」

ソルジャー『さあ、次は誰だ………』



一式「お前」


ソルジャー『!』

一式「今何をしたか……分かってるのか」

ソルジャー『……ふ、人の子が我を制するか?だが』

一式「分かってるのか」ぎろ

ソルジャー『………!』

891: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 22:44:22.72 ID:qPJqqyR1o
一式「お前は……俺が……」


ずずずずず


小泉「な、何の音これ!」

葉隠『知らんて!つーか……』

セレス「風が……?」


一式「絶対に倒す……!!」

▼一式の周りに風が集まる!

ソルジャー『な、これだけの魔力!?なぜこんな……!』

一式「さぁ、お前の罪を……」だっ

ソルジャー『待て人の子、我が侮った!ここは一つ穏便に』

一式「出来るわけないだろうが!!」


ごぉ、ッ!


▼一式の【ウィンド】!!
クリティカル!リザードソルジャーに28ダメージ!!


ソルジャー『ぐああああっ!?』

一式「ち……ソニアから受けた補助はここで消えたか……!」

スライム『でもぼくがいるちん!』

小泉「あ!」


▼ブレイブスライムの攻撃!
スティッキー!リザードソルジャーに4ダメージ!


ソルジャー『そんな……ばか、な……われ……が……』

どさっ


▼リザードソルジャーを倒した!

▼戦闘に勝利した!


【GET!】
経験値:40
マネー:1290

竜人の鎧
くさりかたびら



892: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 22:51:28.42 ID:qPJqqyR1o
レベルアップ!
ーーーーーーーーーーーーーーー

【勇者(?)】斑井 一式
種族:魔獣
職業:黒魔導師
属性:闇

レベル:11  次のレベルまであと43
体力/術力:30/30
筋力/防御:20/26
魔力/抵抗:30/17
俊敏/魅力: 7/-4
幸運:1
E:魔法練習書【十計】(魔力+6)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:正義の甲冑(防御+8/低確率カウンター)
E:皮の盾(防御+3)

【攻撃魔法】各術力3/12/?
火:ファイア
水:ウォータ/ アクア
雷:サンダー
土:アース /グランド
風:ウインド
木:ウッド /フォレス
闇:ダーク /シャドウ
血:ブラッドファング/ブラッドスピア
【回復魔法】
木:セラピー(味方全/少回復/術力6)
  癒やしの薬草(味方全/小回復/術力5)
【特技】
かばう(1ターンの間味方への攻撃を全て自分が受ける)
蝶の舞(一定確率で攻撃を回避する)
【協力技】
ムーンパレード(セレス/闇属性3連続判定/術力各10)
スワイプスティール(小泉/コンマ2連続判定/低確率で持ち物を盗む/俊敏値補正/術力各8)
ポリー(ソニア/全体中回復+状 異常を全て解除/術力各15)
エクストラ・フール(葉隠/コンマ3連携の物理攻撃/コンマ値で威力変化/術力各20)

ーーーーーーーーーーーーーーー

893: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 22:51:54.58 ID:qPJqqyR1o
ーーーーーーーーーーーーーーー

【名探偵】霧切響子
種族:人間
職業:探偵
属性:無

レベル:13  次のレベルまであと17
体力/術力:26/20
筋力/防御:22/14
魔力/抵抗:15/13
俊敏/魅力:10 /3
幸運:2
E:ミミックペイン(筋力+4/全体攻撃)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:青春ワンピース(防御+2/俊敏+2)

【攻撃魔法】
無:打(拳に魔力を這わせた打撃/術力2)
  衝(拳から放たれる衝撃波/射程無し/術力6)
【補助魔法】
無:霧(敵の攻撃成功率を下げる/術力5)
【特技】
キュレーション(敵の弱点を見破る)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【異国の使者】ソニア
種族:人間
職業:王女
属性:愛

レベル:12  次のレベルまで9
体力/術力:26/30
筋力/防御: 6/30
魔力/抵抗:11/22
俊敏/魅力:10/20
幸運:3
E:鞭剣ハイル(筋力+1/防御+6/低確率で追撃)
E:十手(筋力+1/防御+4)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:ワンダーフリル(防御+3/抵抗+3)
E:すいとう(魔力+3/抵抗+3/攻撃が水属性になる)

【攻撃魔法】
愛:アフェクション(強い愛で敵を縛る/術力5)
【回復魔法】
愛:ヒール(単体小回復/術力3)
  キュア(単体中回復/術力8)
  アピース(単体状 異常回復/術力5)
【補助魔法】
愛:チアーズ(単体/攻撃と魔力を高める/術力8)

ーーーーーーーーーーーーーーー

894: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 22:52:30.14 ID:qPJqqyR1o
ーーーーーーーーーーーーーーー

【ゴシックロリータ】セレス
種族:獣人/狐
職業:召還師
属性:闇

レベル:14  次のレベルまであと25
体力/術力:20/35
筋力/防御: 3/10
魔力/抵抗:27/13
俊敏/魅力: 4/1
幸運:15
E:うごくぬいぐるみ(魔力+10/抵抗+2)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:ワンダーフリル(防御+3/抵抗+3)

【魔法】
召還(各属性の魔獣を召還する/ターン毎術力5)
創造(特徴を指定して魔獣を生み出す/ステータスは魔力比例/術力を全て使用/魔獣はターン経過などでは消滅しない)
増幅(呼び出した魔獣を強化する)
共鳴(魔獣の属性に応じてステータス上昇/上昇するステータス値は消費術力に比例)
【特技】
呼吸法(術力を回復する)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【さまよう魂】葉隠康比呂
種族:スピリット
職業:占術師
属性:木

レベル:12  次のレベルまであと33
体力/術力:12/50
筋力/防御: 3/4
魔力/抵抗:16/16
俊敏/魅力:14/0
幸運:2
E:突剣ウルズ(筋力+3/防御+3)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)

【回復魔法】
木:癒やしの薬草(薬草の力を使って全体小回復/術力5)
  癒やしのハーブ(全体状 異常回復/術力10)
【特技】
ポセッション(常時発動/筋力と防御は装備に比例する)
ポルターガイスト(コンマによる3連続判定/使用後は1ターン取り憑きを解除、物質化禁止/術力15)
マテリアライゼイション(物質化/2ターンの間、ステータスを全て2倍として計算/術力10)
エクトプラズム(己を物質化して別な物へ変化する)
トランス(暴走状 になる/ダメージ倍率1.2倍/カウンター率上昇/持続3ターン)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【ねこねこかわいい】小泉真昼
種族:獣人/猫
職業:盗賊
属性:風

レベル:14  次のレベルまであと20
体力/術力:20/18
筋力/防御: 9/12
魔力/抵抗: 3/5
俊敏/魅力:39/3
幸運:2
E:ねこぱんち(筋力+1/俊敏+4/低確率で追撃)
E:たいまつ(戦闘中に使うと聖なる火を起こす)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:青春ワンピース(防御+2/俊敏+2)
E:思い出のペンダント(先制攻撃/俊敏+15/俊敏20ごとに追加攻撃)

【特技】
盗む(素早い動きで敵の持ち物をかすめ取る)
キャットウォーク(次ターン攻撃を1度だけ回避/術力3)
連牙(二連続攻撃/術力5)

ーーーーーーーーーーーーーーー

895: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 22:56:06.32 ID:qPJqqyR1o
ーーーーーーーーーーーーーーー

▼リザードを倒した!
▼ミッション【リザード退治!】をクリアした。ギルドに報告に行こう!

▼かばうを使った……のこり1回

▼キュレーションを使った……のこり12回

ーーーーーーーーーーーーーーー


一式「強敵だったが……なんとか退けたか……」

霧切「……私も……今のでなんとか、経験を積めたみたいね」

ソニア「心配いたしましたわ、霧切さん!柔肌が傷ついたらどうしようかと……!」

霧切「……ええ、そうね……」

小泉「アタシ達もかなり強くなった……ような、なってないような……?」

セレス「ふふ、なったのだと思うように致しましょう?」




1:さくっと上の階へ
2:誰かと話す
3:装備とか確認する
4:そのた

↓2

898: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 23:01:03.45 ID:qPJqqyR1o
あ、レベルアップしたら回復するシステムです。だから回復とかその辺は心配ないさー。

899: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 23:07:15.85 ID:qPJqqyR1o
>>897
>>896


一式「こうなったら何階まであるか知らんが、上るしかないだろうな……」

セレス「ですわね」


◆→十階


かんかんか……


たぬき「!?」

一式「!?」

霧切「……?」

たぬき「な、なんだなも?いつのまにこんなところに来たんだなも?」

一式「いや、今だ」

たぬき「ここは僕のお店だなも!」

セレス「はぁ?しかしここは確か神聖な塔……」

たぬき「代々みんなここで商売してたんだなも!だから僕もここにいるんだなも!」ぷんすか

一式「……ええと……」

たぬき「ここは僕のお店だなも!」

葉隠『店ってどういうことなんk』

たぬき「にぎぇやああああ!?悪霊退散!悪霊退散!!」塩ばらまきー

葉隠『ぬぐぁああああ!!?』

一式「楽しそうで何よりだ」

小泉「……っていうかたぶんこの狸、無許可よね」




1:はいはい分かった、どんなのが売ってるの?(コンマ)
2:とりあえず立ち話
3:誰かに見合った装備を探してもらう
4:無視してさらに上
5:そのた


905: ◆z.6vDABEMI 2016/02/28(日) 23:28:17.50 ID:qPJqqyR1o
>>901
飛び出せ!


一式「あー、はいはい……で?どんなのが売ってるんだ?」

たぬき「興味あるんだなも?見ていくんだなも!」




▼何買う?のこり2350マネー

9番玉のふく:500マネー     一式/小泉/霧切/葉隠
→胸に⑨と書かれたビリヤードの玉みたいな色の服。チルノではない。
→防御+9/注目を集める

霞の服:1200マネー        全員
→まるで霞のごとく、重さを感じさせない貴重な素材の服。
→防御+6/抵抗+6/俊敏+3

プリンセスな服:800マネー    セレス
→王女に相応しい服。そのゴージャスさに敵すらひれ伏す。
→防御+4/抵抗+4/一定確率で敵をひるませる

おばけのかぶりもの:500マネー  全員
→バスターされそうなゴースト風のかぶりもの。頭装備にあたる。
→防御-5/存在が薄くなる

サンダル:200マネー       一式/葉隠
→とてもラフな履き物。男の子のあこがれ?
→俊敏+1

ドラゴンのスカジャン:900マネー 葉隠?
→なんかどっかで見たことあるなぁ。……いや、たぶん気のせいだべ。なんかの間違いだべ?
→防御+5/抵抗+5/ごくまれに追加攻撃





すきなのどうぞ↓2

ちょっとここまでで。おやんみみ

913: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 20:57:32.58 ID:iK6ASxPRo
>>907
わかったで。買うで。
のこり350マネー


一式「……じゃあ、それとそれを」

たぬき「お買い上げだなも!ありがとうだなも!」

もそもそもそぼすっ

たぬき「はい!」←ぽけっとから出した

一式「!?」

小泉「今どっから出したの……?」

霧切「……お姉様と同じような能力かしら?」


▼【霞の服】と【プリンセスな服】を手に入れた!


一式「……も、もらうぞ?」

たぬき「? 仕舞わないんだなも?」

霧切「お姉様」ぱちん

すたっ!

お姉様『うん、分かってるよ霧切ちゃん』

さっさっさっー(しまってる)

たぬき「……? ポケットに仕舞わないんだなも??」

葉隠『オメーと俺らを一緒にすんなっつーの……』




1:ここでそうびしていくかい?
2:たぬきを脅す
3:みんなと話す
4:サッーと上へ
5:そのた

↓2

916: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 21:17:18.82 ID:iK6ASxPRo
>>915
>>914


一式「……霧切」

霧切「? なに?」

一式「あのたぬきにキュレーションしてくれ」

霧切「……なんで……?」

一式「なんとなく?」


▼【キュレーション】!


ーーーーーーーーーーーーーーー

たぬきち
獣人族/半獣種/陸上型

属性:木
特性:お金をたくさん持っている/ルール違反者に強い

体力/術力:30/100
筋力/防御: 5/5
魔力/抵抗: 5/5
俊敏/魅力:20/5
幸運:99

ーーーーーーーーーーーーーーー

▼キュレーションを使った……あと11回


霧切「……このルール違反者ってなにかしら?」

一式「さぁ……?」

ソニア「ん……?いかがなさいましたか?」




1:ここでそうびしていくかい?
2:たぬきを脅す
3:みんなと話す
4:サッーと上へ
5:そのた

↓2

919: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 21:44:31.40 ID:iK6ASxPRo
>>918


一式「……せっかくだから装備していくか?」

小泉「え?あー……いいんじゃないかしら」

霧切「でも、誰に装備させるの?」

一式「あー……そうだった……」

葉隠『え?決めてなかったん?』

一式「今考えておく……そうだ、ところで店長」

たぬき「ぼくだなも?」

一式「お前、このフロアにルールを課しているようだな」

たぬき「何で知ってるんだなも!まぁ……いいも、それでなんだも?」

一式「聞きたい。お前が課しているルールとは?」

たぬき「そんなの教えてあげるわけないも!」

たぬき「強いて言うなら、ここはぼくのお店だなも!ものを持って行ったら怒るんだなも!」

小泉「……ふーん……盗品が出たら困るもんね」

セレス「なんとなく読めましたわね」




ところで、装備は誰に装備させましょっか。
↓2とかで。

923: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 22:09:51.06 ID:iK6ASxPRo
>>921
こう
ーーーーーーーーーーーーーーー

【名探偵】霧切響子
種族:人間
職業:探偵
属性:無

レベル:13  次のレベルまであと17
体力/術力:26/20
筋力/防御:22/18
魔力/抵抗:15/19
俊敏/魅力:11/3
幸運:2
E:ミミックペイン(筋力+4/全体攻撃)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:霞の服(防御+6/抵抗+6/俊敏+3)

【攻撃魔法】
無:打(拳に魔力を這わせた打撃/術力2)
  衝(拳から放たれる衝撃波/射程無し/術力6)
【補助魔法】
無:霧(敵の攻撃成功率を下げる/術力5)
【特技】
キュレーション(敵の弱点を見破る)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【異国の使者】ソニア
種族:人間
職業:王女
属性:愛

レベル:12  次のレベルまで9
体力/術力:26/30
筋力/防御: 6/31
魔力/抵抗:11/23
俊敏/魅力:10/20
幸運:3
E:鞭剣ハイル(筋力+1/防御+6/低確率で追撃)
E:十手(筋力+1/防御+4)
E:サンバイザー(防御+1/目くらましを低確率無効化)
E:プリンセスな服(防御+4/抵抗+4/一定確率で怯ませる)
E:すいとう(魔力+3/抵抗+3/攻撃が水属性になる)

【攻撃魔法】
愛:アフェクション(強い愛で敵を縛る/術力5)
【回復魔法】
愛:ヒール(単体小回復/術力3)
  キュア(単体中回復/術力8)
  アピース(単体状 異常回復/術力5)
【補助魔法】
愛:チアーズ(単体/攻撃と魔力を高める/術力8)

ーーーーーーーーーーーーーーー

ソニアはワンダーフリル着とったで。小泉とおんなじやったから処理省いたで。すまんの。

924: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 22:10:17.38 ID:iK6ASxPRo
次から分かりやすいように装備とかちゃんと書くようにするで。すまんの。

925: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 22:15:34.14 ID:iK6ASxPRo
一式「そういえばさっき手に入れたアイテム、見てなかったな」

小泉「ん?アイテム?」

セレス「ああ、そういえば何か手に入れておりましたわね」


【竜人の鎧】
→竜人が己の体を守るために装備する鎧。竜人専用武具なので、このままでは人間は着られない。

【くさりかたびら】
→リングプルみたいなやつがたくさん固められている。金属アレルギーにはちょっと厳しい。
防御+6/俊敏-1



葉隠『ほー』

一式「お前着るか?それとも金属アレルギーか?」

霧切「……このまま使うよりは、合成したほうがよさそうよ」

小泉「ってことはなんかあの、よく分かんない子呼ぶのね?」

葉隠『っつーか、なんなんだべ?これ。なんでこんなもん、竜人が持ってんだって?』

霧切「さぁね。ずっと昔に誰かが来たのかもしれないし、あるいは彼らの持ち物なのかもしれない」

一式「……ふむ」




1:装備とか確認
2:たぬきを脅す
3:みんなと話す
4:サッーと上へ
5:そのた

↓2

928: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 22:30:22.56 ID:iK6ASxPRo
>>927
なんて非道な……


一式「さーて」

がし

一式「おいたぬき、ひとつ相談だ」

たぬき「!?」

一式「ここは塔の管理者、ひいてはカルデラには無許可だろ」

たぬき「だから許可はいらないんだなも!元々」

ばんんっっっ

たぬき「!!」

一式「……たぬき……これは……俺からの譲歩だ」

一式「誰も知らないんなら、もしも俺がそれを教えたら……お前は困るよな……?」

ごごごごご

たぬき「な、なにするつもりだなも……」

一式「単刀直入に言おうか……この先にいるであろうクロビカリを倒してこい」

たぬき「やだも!!ぼくもクロビカリ嫌いだなも!!」

一式「あ?じゃあここをバラされてもいいのか?ああ?」

小泉「悪い顔してる……」

ソニア「あ、愛があればいいのですが……」

一式「バラされたらどうする?なぁ、どうする?」

たぬき「うう……それはイヤだなも……」

一式「じゃあやれよ」

たぬき「」

葉隠『そ、そのへんでやめとかね?』

一式「……いいや……まだだ……倍プッシュだ……!」

小泉「なんなのその熱意」




はい直下

930: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 22:44:34.77 ID:iK6ASxPRo
>>929


一式「たぬきち!お前なら出来る!」

たぬき「! う、うう……!」

一式「さあ!頑張れ!出来る!北京だってがんばっているだろう!」

たぬき「やぁってやるだなもー!!」


▼たぬきちの攻撃!
ゴールデンボール!


ぽいーん
※よい子にはお見せできません


霧切「!!?///」

ソニア「わぉ!」


ぽいーんぽいーんぽいーん……









たぬき「や、やっただなも……2フロア分たおしたんだなも……」

一式「たぬきち!」

たぬき「ここからあと4フロアくらいあるんだなも……もう勘弁してくれだなも……」



1:いや、まだ出来る
2:たぬきをなでる
3:誰かと話す
4:キンッと上へ
5:そのた

↓2

933: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 22:50:35.25 ID:iK6ASxPRo
>>932


たぬき「だなも……」ぷるぷる

一式「ああ、お前……ここがこんなになってしまって……」

※先に言っておきますが、下ネタです。

ソニア「お、おー……ま、真っ赤……!」

たぬき「ぼくは……もうだめだなも……」

一式「そんなことはない!お前はまだ生きるんだ!」

葉隠『正直生きた心地しねーべ……』

一式「いやまぁお前は死んでるけどな!」

葉隠『そりゃそうだ!はっはっは!』

小泉「なによその下手なジョークは」

たぬき「……つかれたんだなも……」

一式「ソニア」

ソニア「!?」

一式「こいつを撫でてやってくれないか」

ソニア「え!!?」

一式「いや、ここを撫でなくてもいいんだ。だが、こいつを撫でてくれ」

セレス「ふつうの女性には厳しくありません?」

※下ネタです。

葉隠『うひ……そんな腫れたりすんだな……』そー

一式「お前のはこうはならんだろ」

小泉「返す返すも最低な会話よそれ」

934: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 22:56:20.40 ID:iK6ASxPRo
一式「たぶん俺のもこうはならんしな」

葉隠『なったらきついべ!』

たぬき「男の象徴が痛すぎるんだなも……」

ソニア「と、と言うかいつまでそれをこちらに見せているのです!?」

たぬき「……ぼく基本ケモノだから……」

一式「たぬきにとって!コレは武器だろう!」

葉隠『あ、それ聞いたことあるべ』

一式「平成狸合戦ぽんぽこ見たことないのかお前!キ(ピーー)マでアレコレしてただろ!って見たことないな!何でもないぞ!」

小泉「ごめん、何言ってるか全くわかんない」

お姉様『うーんと……私は君を消したらいいのかな?』

霧切「速まらないでお姉様」



ソニア「う、……ええと……」そー

たぬき「……おねえさん……」

なでなで

たぬき「」!

ソニア「あ、頭です、頭をなでていますわ」

ソニア「……こ、この……玉は見ていませんわよ……!」

たぬき「おねえさん……やさしいんだなも……」

葉隠『っつーか、ぽんぽこってなに?』

一式「たぬきが  で変身して山を壊そうとしてる人間をビビらせる話」

霧切「伏せ字……」



1:男どもは粛正だなも
2:斑井君?(にっこり)
3:葉隠もこれやれば?(適当)
4:……よし、上行こっか……
5:そのた

↓2

939: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 23:19:51.65 ID:iK6ASxPRo
>>936
5なのでこの程度で済む


霧切「……斑井君?(にっこり)」

一式「!」

霧切「あなた本当に……いえ、なんでもない」

霧切「とりあえず───」


小泉「サイテー」

セレス「やはり男性はこういうもので喜ぶのですね」

霧切「……(苦笑い)」

一式「」


▼一式は称号【大変なヘン  】を手に入れた。ヘン  !


葉隠『……ドンマイ』

一式「お前もだぞ変 」

霧切「彼はもう死んでるし……」

葉隠『ほらセーフ!』

一式「セーフの基準がおかしいんだよ」

霧切「それに男性器の機能的なものも死んでいるはずだわ」

葉隠『あれ?そういえば幽霊のそのへんってどーなってんだ?』

小泉「何の話よ……こっちでやんないでね?」


ソニア「だ、大丈夫ですか?」

たぬき「だいぶ腫れも引いたも……」




1:たぬきをさらに追い込む
2:たぬきをなでる
3:誰かと話す
4:ポカンッと上へ
5:そのた

↓2

942: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 23:33:23.48 ID:iK6ASxPRo
>>941
たぶんそれは間違ってない……たぶん……


一式「ソニア、そちらはどうだ?」

ソニア「ああ、斑井さん!」

たぬき「助かったんだなも……」

一式「?」

ソニア「彼の大切なところを撫でることは出来ませんでしたが、彼の体を撫でることは可能でしたわ」

一式「……お、おう……」

たぬき「人に撫でられると安心するんだなも、そしたら嬉しいんだなも」

一式「そ、そうか……(困惑)」

ソニア「何とかなってよかったですわね」

たぬき「だなも!」

一式「……腫れは引いたのか。体は大事にしろよ」

たぬき「正直な話、クロビカリにこれをぶつけたからもう死にたい気持ちで一杯だなも」

一式「悪かったよ……」

ソニア「これも我々への愛……ですわね!ありがとうございます、たぬきちさん!」

ソニア「この旅が終わりましたら、わたくしのふるさとにご招待いたしますわ!」

たぬき「ほんとかだなも!」

一式「……太っ腹だな」

ソニア「ええ、彼にはそれだけの恩義があります!」

一式「ああ、そうだな」

たぬき「クロビカリは倒したも。だから安心していくんだなも!」




1:たぬきをさらに追い込む
2:たぬきをなでる
3:誰かと話す
4:ポカンッと上へ
5:そのた

↓2

946: ◆z.6vDABEMI 2016/02/29(月) 23:44:21.44 ID:iK6ASxPRo
>>944
2chmateで見るとID表示が松風になってるのがもうフラグ



一式「さくっと上の階に行くか」

小泉「……そうよね」

霧切「はぁ……」


◆→十一階


かんかんかん……



一式「」!


リザード?『……』


小泉「なによあれ!?」

一式「色違いのリザード?」

セレス「でしょうか?なんだか青いような……」

葉隠『今までのって何色だったっけ?』

霧切「緑……かしらね。もしかしたら亜種かも」

一式「だとしたら当たるのは厳しくないか?」

小泉「でもあいつ倒さないと上行けないじゃない!」

ソニア「たぬきちさんはどうしてたんでしょうか?」




1:たたかう
2:作戦会議
3:闇討ちしようぜ?
4:そのた

↓2
今日はこの辺でおやみみ

953: ◆z.6vDABEMI 2016/03/01(火) 22:13:04.14 ID:i27ee0DUo
>>948
>>947

一式「それは……」


◆→で、戻った


一式「おいたぬき」ギリギリギリ

たぬき「痛いんだなもおおおおそんなところを掴まないで欲しいんだなもおおおお」

小泉「目も当てられないような事するの止めてくれない?」

葉隠『んで、どうやってあいつを出し抜くんだべ?』

たぬき「それは……」

一式「よし通報だ、そうしよう」

たぬき「やめてだなもおおおおお」

一式「じゃあ言え。あいつをどうやって出し抜いた」

たぬき「それは……そ、それはだなも……」

セレス「……それは?」



たぬき「【放送禁止用語】を【放送禁止用語】したんだなも!!」


ソニア「……? 新手のダンスユニットですか?」

一式「そんなイカ臭いユニットがいてたまるか」

葉隠『せっかくの伏せ字!……つーか、そんなので出し抜けるわけねーべ!』

たぬき「ほんとだなも!ぼくの【放送禁止用語】には敵を退ける効果があるんだなも!」

一式「嘘付けこら。第一、ふつう【放送禁止行為】なんてされたら敵だろうが人間だろうが逃げるだろうが」

葉隠『あー』

ソニア「破廉恥なのです?」




1:だまされたと思ってやってみよう!
2:……いや、こんなのが本当な訳がない。たぬきをさらに脅す
3:めんどくさいからあのリザード倒して来いよたぬき
4:……男は度胸だ。な?葉隠(にっこり)
5:そのほか

↓2

957: ◆z.6vDABEMI 2016/03/01(火) 22:23:07.97 ID:i27ee0DUo
>>955


一式「あるだろ?お前には……そういった禁則事項を乗り越えた!下ネタでも18KINでもないものが」

たぬき「なんか文字が違うんだなも……」

一式「うるさいうるさい!」ぎゅうううう

たぬき「わあああ!?」

一式「クカカコキカキコ……さぁ言ってもらうぞたァぬきくゥゥゥゥん!」

セレス「貴方様のその表情はなんなのです……」

たぬき「わ、分かったんだなもおおお!」

一式「」!

たぬき「これは今度こそ本当なんだなも、聖水なんだなも……」

小泉「聖水?」

葉隠『また下ネタ?』

たぬき「聖水が下ネタになってたらもうそれは君の心が汚れてるんだなも」

一式「……はぁ、それで?」

たぬき「この聖水には、悪いものを寄せ付けなくなる力があるんだなも」

たぬき「だからこれを使うと敵がいなくなるんだなも」

たぬき「敵にぶつけたらいいんだなも!びゅーんって!」

霧切「……ねぇ、それいま瓶ごと投げてたけど……」




1:よこせ
2:……下ネタですか?
3:めんどくさいから【禁則事項】の方をや……やるの?
4:ちなみにそれって俺とか葉隠は消えてなくなったりしないよね?
5:そのた

↓2

960: ◆z.6vDABEMI 2016/03/01(火) 22:33:03.20 ID:i27ee0DUo
>>959


一式「よこせ」

たぬき「はっ?」

一式「なんなら半分でもいい。寄越せ」

小泉「最初の善人そうなキャラはどこへやらねアンタ……見た目通りの怖い人よ……」

一式「俺は善人になった覚えはないけどな」

たぬき「……わ、分かったんだなも、これをあげるから」

一式「ああ、黙っておけばいいんだろ」

たぬき「だなも!」


▼一式達は聖水を手に入れた!
→敵に向かって投げよう。


一式「これで……」


◆→で、十一階


ごちーん
一式「ソゥイ!」

リザード?『ぎゃあああああす!!』どすんどすん……


セレス「……いなくなりましたわね」

葉隠『呆気なさすぎだべ……』

霧切「……コレでいいのかしら……」




1:探索探索ぅー!
2:キリギリッと上へ
3:誰かと話す
4:そのた

↓2

963: ◆z.6vDABEMI 2016/03/01(火) 22:44:59.94 ID:i27ee0DUo
>>962
>>961


一式「逃げた敵が何か落としていないか?」

小泉「え?あー……」

ごそごそこそ

セレス「……貴方、そういうことは得意ですのね」

小泉「一応盗賊やってたからね。生きるためには仕方がなかったのよ」

セレス「ですが、その……」

小泉「なに?セレスちゃん、言いたいことがあったらちゃんと言ってね」

セレス「……いえ、なんでもありませんわ」

葉隠『……それを活かせばなんか儲かりそうだよな!』

一式「よし、お前は成仏しとくか?」

葉隠『やめろってぇ!』


ごそこそ!

小泉「! これは!」


▼一式達は【傷薬】を手に入れた!
→体力が30回復する代物。


一式「ふつうに使えそうなアイテムだな」

小泉「だね。これは持って行こう!」

ソニア「何かあったときには使いましょうね」



1:探索探索ぅー!
2:キリギリッと上へ
3:誰かと話す
4:そのた

↓2
そろそろ次スレですか?

966: ◆z.6vDABEMI 2016/03/01(火) 23:42:55.83 ID:i27ee0DUo
>>965
>>964
はいくりー



一式「ソニア」

ソニア「はい?」



一式「この建物、どう思う?」

ソニア「すごく……大きいです」

一式(まさかの反応)

ソニア「なんと言いますか……現代的な技術はひとつも用いられていないのに、この塔を作るなんて」

ソニア「獣人さんと言うのはすばらしい方々なのですね」

一式「……ああ、そうだな」

ソニア「人間は憎しみ合います、傷つけ合います……そして、互いを苦しめ合います」

ソニア「簡単な理由で。肌の色や目の色、背の高さ、生まれ、話し方、好み、そのほかいろいろな理由で」

ソニア「獣人達が一部の人間から差別されるのも、本当に簡単な理由……」

一式「……」

ソニア「けれど、そんなもの……なくそうと努力すればするほど相手との違いを知ってしまって……難しい」

ソニア「……そう思います」

一式(……突然まじめな話をされてしまって困惑)

ソニア「斑井さん」

一式「……なんだ」

ソニア「わたくしたちに隠し事などはありませんか?」

一式「? なぜ?」

ソニア「いえ、聞いておきたかったのです」




なんかしらイベントの予感。
1:魔獣だよって言っちゃう
2:実は銭湯で大変なことになったよって言っちゃう
3:隠し事などない!
4:そのた

↓2
明日新スレ重点。おやみ

引用元: 【ダンガンロンパ】マダライファンタジー2 美女と野獣と機械式【安価コンマ】