3: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/14(月) 00:15:04.18 ID:kFJ4i0Lm0
ハルヒ「有希ー!」

長門「?」

ハルヒ「部活見学行かない?」

長門「部活見学?」

ハルヒ「SOS団!」

長門「何それ」

ハルヒ「世界を大いに盛り上げるための…何だっけ」

長門「正式名称は把握しておくべき」

ハルヒ「細かいことはいいの。行きましょう」

長門「行かない」

ハルヒ「へ?」

長門「わたしは文芸部に入る」

ハルヒ「何で?」

長門「読書が好きだから」

ハルヒ「駄目。SOS団に入りなさい」

長門「不可能」

ハルヒ「何でよ!」

長門「既に文芸部の入部届を書いた」つ

ハルヒ「」ビリッ

長門「…器物損壊」

ハルヒ「これで断る理由はなくなったでしょ?」

ハルヒ「さ、行きましょう」

7: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/15(火) 00:19:02.04 ID:VJU0WC+J0
職員室

ハルヒ「え?廃部?」

岡部(※キョンの担任)「厳密には違うんだが」

ハルヒ「どういうこと?」

岡部「最後の部員が3月で卒業したんだ」

ハルヒ「なるほど」

岡部「今月中に4人入らないと即廃部」

ハルヒ「そんな決まりがあるのね」

岡部「それよりハンドボール部はどうだ?楽しいぞ?」

ハルヒ「遠慮しとく」

キョン「岡部先生ー」

岡部「すまん誰か呼んでるから」

長門「了解した」

岡部「ハンドボール部も考えといてくれ」

8: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/15(火) 00:28:01.80 ID:VJU0WC+J0
職員室前廊下

長門「SOS団は廃部確定」

ハルヒ「確定じゃないわよ?」

長門「?」

ハルヒ「今月中に4人入ればいいんでしょ?」

長門「入る見込みはある?」

ハルヒ「あるわよ。あたしと有希と、あと2人でしょ?」

長門「なぜわたしが人数に含まれている?」

ハルヒ「それに、誰もいないってことは、あたしが入れば自動的に部長でしょ?」

長門「団長」

ハルヒ「あ、部じゃなくて団だから…いやでも部活動だよね…?」

長門「あとで確認しておくべき」

ハルヒ「ま、どっちにしてもあたしがリーダー…悪くないわね」

長門「いずれにしてもわたしは文芸部に入る」

ハルヒ「何で?」

長門「廃部濃厚。それに名称がうさん臭い」

ハルヒ「うさん臭いって…」

長門「こんな得体の知れない団体を立ち上げた人の顔が見たい」

ハルヒ「そんなこと言ったらその人に失礼でしょ」

10: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/15(火) 08:16:16.41 ID:VJU0WC+J0
旧館2階

ハルヒ「さ、着いたわよ」

長門「文芸部?」

ハルヒ「SOS団」

長門「ここに文芸部と表示されている」

ハルヒ「SOS団は文芸部の部室を間借りしてたのよ」

長門「それは事実?」

ハルヒ「多分」

長門「なぜSOS団と表示されていない?」

ハルヒ「さあ。面倒臭かったんじゃない?」

長門「質問」

ハルヒ「何?」

長門「SOS団は本当に存在する?」

ハルヒ「するに決まってるでしょ」

11: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/19(土) 20:06:05.00 ID:fxyA2R8k0
ガラガラ

長門「ここが文芸部?」

ハルヒ「SOS団」

長門「…」

ハルヒ「…」

長門「何もない」

ハルヒ「何もないことないでしょ」

長門「では何がある?」

ハルヒ「PC」

長門「なぜ?」

ハルヒ「知らないわよ」

長門「質問。SOS団の活動内容は?」

ハルヒ「世界を大いに盛り上げること」

長門「具体的に」

ハルヒ「えっと…」

長門「…」

ハルヒ「…」

長門「回答拒否。すなわちSOS団の存在を否定」

ハルヒ「なんでそうなるのよ」

12: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/19(土) 23:32:18.81 ID:fxyA2R8k0
朝比奈「あのー…」

ハルヒ「ん?」

長門「誰?」

朝比奈「朝比奈みくるです」

ハルヒ「みくるちゃんね。何の用?」

朝比奈「見学させてほしいんですけど…」

ハルヒ「SOS団の?」

朝比奈「いえ、書道部の…」

長門「書道部は本館の2階。ここは旧館」

朝比奈「そうですか。失礼しました」

ハルヒ「ちょっと待ちなさい!」ガシッ

朝比奈「?」

ハルヒ「あんた、SOS団に入りなさい」

朝比奈「何でですか?」

ハルヒ「かわいいから」

朝比奈「…」

長門「…」

ハルヒ「何よ」

13: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/19(土) 23:41:59.33 ID:fxyA2R8k0
長門「理由はそれだけ?」

ハルヒ「そうよ」

長門「強引な勧誘は迷惑」

ハルヒ「そう?」

長門「当然」

朝比奈「あのー…」

ハルヒ「ん?」

朝比奈「あたし、もう行っていいですか?」

長門「構わない」

ハルヒ「ちょっと待ちなさい」

長門「そしてわたしも行く」

ハルヒ「有希!」ガシッ

長門「?」

ハルヒ「あのときの約束は嘘だったの?」

14: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/19(土) 23:51:54.36 ID:fxyA2R8k0
長門「約束?」

ハルヒ「約束!」

長門「どんな?」

ハルヒ「…」

長門「…」

朝比奈「…」

ハルヒ「あたしと有希でこの世界を盛り上げようって」

長門「大雑把」

ハルヒ「あたしが盛り上げ役で、有希が…」

長門「…」

ハルヒ「…」

朝比奈「…」

長門「不成立」

ハルヒ「とにかく、あたしと有希でこの世界を盛り上げるの!」

長門「wwww」

朝比奈「(笑)」

ハルヒ「みくるちゃん?」

朝比奈「なんか、楽しそうですね」

長門「そう?」

朝比奈「そうですよ。あたしも入れてください」

ハルヒ「ん?」

長門「入れてください?」

朝比奈「あたし、SOS団に入部します」

15: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/20(日) 00:00:56.83 ID:P2X19db40
ハルヒ「ありがとーっ!」ガシッ

朝比奈「うわっ」

ハルヒ「これで3人!」

長門「なぜわたしが算入されている?」

ハルヒ「細かいことはいいの」

長門「細かくない」

ハルヒ「有希、ちょっと考えてみなさい」

ハルヒ「あたしは活発、有希は無口、みくるちゃんはかわいい」

ハルヒ「このSOS団には、女子の三要素が全部集まってるのよ」

長門「女子の三要素?」

ハルヒ「あと足りないのは何?」

長門「…」

朝比奈「…」

ハルヒ「普通の男子!」

朝比奈「普通の男子?」

ハルヒ「特別天才でもなく、足も速くない、普通の男子」

ハルヒ「それさえいれば、SOS団は完成よ!」

17: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/22(火) 08:01:44.73 ID:P3cgL4330
1年5組

谷口「よおキョン」

キョン「谷口か」

谷口「何やってんだ?」

キョン「入部届書いてるんだが」

国木田「へー、ちょっと見せてよ」




谷口「入部先が空欄…」

国木田「どうするつもりなの?」

キョン「それで悩んでるんだろ」

朝倉「もう始まって2週間よ?」 ←※宇宙人設定は無し

国木田「はー…ついにキョンもニート確定か…」

キョン「何で?」

18: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/25(金) 15:41:15.94 ID:XKUG8M0x0
国木田「とりあえずどこか入ってみなよ」

キョン「どこに?」

国木田「…」

キョン「…」

朝倉「…」

谷口「…」

国木田「キョンが入りたいところに入ればいいんじゃない?」

朝倉「無責任ね」

国木田「キョン、どこに入りたい?」

キョン「入りたいところは無い」

国木田「即答?」

19: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/25(金) 15:47:00.92 ID:XKUG8M0x0
キョン「俺って運動音痴だし、文化系もよくわからん」

朝倉「音楽系は?」

キョン「無理だな」

谷口「即答…」

国木田「まあキョンが好きなのは変な女だけだから」

キョン「そんなことないだろ」

朝倉「変な女?」

国木田「ん?」

谷口「どうした?」

朝倉「キョンくん、いいのがあったわ」

キョン「言ってみろ」

朝倉「SOS団」

国木田「…」

谷口「…」

キョン「…とりあえず入ってみる」

20: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/29(火) 08:06:01.05 ID:nvkSu7Wi0
文芸部室前

キョン「待て待て待て待て」

朝倉「何?」

キョン「思いっきり文芸部って書いてあるぞ」

朝倉「SOS団は文芸部室を間借りしてるのよ」

キョン「…占領じゃないだろうな」

朝倉「さあ。どうだろ」

キョン「否定しないのかよ」

21: ◆oZv4slwyL7GY 2013/01/29(火) 08:10:55.68 ID:nvkSu7Wi0
ガラガラ

ハルヒ「何やってるの?」

キョン「あ、いや、えっと」

朝倉「この人がSOS団に入りたいって言うから連れてきたの」

ハルヒ「あ、もしかして普通の男子?」

ハルヒ「よかった、イケメンが来たらどうしようかと思ってたんだ」

キョン「は?」

ハルヒ「さ、とりあえず入って。みくるちゃん、お茶お願いね」

朝比奈「はーい」

22: ◆oZv4slwyL7GY 2013/02/03(日) 23:37:38.88 ID:fEGKv2eP0
ハルヒ「えーと、お名前は?」

朝倉「キョンくん」

キョン「おい」

ハルヒ「キョンね。よろしく」

キョン「おい!」

ハルヒ「何よ」

キョン「本名で言え」

朝倉「いいじゃんキョンくんで。妹ちゃんにもキョンくんって呼ばれてるんだし」

ハルヒ「そうなの?」

キョン「まあ…そうだが」

ハルヒ「じゃああたしもキョンって呼んでいいわね」

キョン「…好きにしろ」

23: ◆oZv4slwyL7GY 2013/02/03(日) 23:55:49.48 ID:fEGKv2eP0
ハルヒ「で、そっちの子は?」

朝倉「付き添いの朝倉涼子」

ハルヒ「…付き添い?」

朝倉「うん」

ハルヒ「入らないの?」

朝倉「うん」

ハルヒ「じゃあ入るのはキョンだけね」

キョン「とりあえずな」

ハルヒ「とりあえず?」

キョン「とりあえず」

ハルヒ「…」

キョン「…」

朝倉「…」

長門「誰もこんな胡散臭い部に入ろうとは思わない」

ハルヒ「有希?」

長門「活動内容不明、正式名称不明、部室は文芸部室を間借り」

長門「誰もこんな胡散臭い部に入ろうとは思わない」

長門「大事なことなので二回言った」

ハルヒ「ちょっと有希、」

長門「そもそも存在すら怪しいこの部に見学者が来ただけでも奇跡」

ハルヒ「有希!」

24: ◆oZv4slwyL7GY 2013/02/04(月) 00:04:36.88 ID:36hoow5f0
長門「例えば『サッカー部』はサッカーをする。『吹奏楽部』は吹奏楽をする」

長門「では『世界を大いに盛り上げる……の団』は何をする?」

ハルヒ「世界を大いに盛り上げるんでしょ」

長門「具体的に」

ハルヒ「…」

長門「…」

ハルヒ「…」

朝比奈「あのー」

ハルヒ「ん?」

朝比奈「キョンくん帰っちゃいましたけど…」

ハルヒ「へ?」

25: ◆oZv4slwyL7GY 2013/02/04(月) 00:14:11.12 ID:36hoow5f0
昇降口

ハルヒ「キョン!」

キョン「何だよ」

ハルヒ「結局どうするのよ!」

キョン「何が?」

ハルヒ「SOS団!入るのか入らないのか!」

キョン「とりあえず入るって言ったよな?」

ハルヒ「とりあえず?」

キョン「とりあえず」

ハルヒ「そんな中途半端な気持ちじゃ駄目!」

キョン「は?」

ハルヒ「入るのか入らないのかはっきりしなさい!」

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「…やめる」

ハルヒ「へ?」

キョン「じゃあな」

ハルヒ「ちょっと待ちなさい!」

26: ◆oZv4slwyL7GY 2013/02/04(月) 00:18:46.28 ID:36hoow5f0
キョン「何だよ」

ハルヒ「1回だけ!1回だけでいいから!」

ハルヒ「あたしたちの活動を見てからにして!」

キョン「活動?」

ハルヒ「活動!」

キョン「どんな?」

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「…」

キョン「じゃあな」

ハルヒ「ちょっと待って!」

キョン「何だよ」

ハルヒ「今度の土曜!9時に北口駅前!」

キョン「土曜9時に北口、了解」

キョン「それで?」

ハルヒ「…」

キョン「…」

ハルヒ「そのとき考える」

27: ◆oZv4slwyL7GY 2013/02/11(月) 08:57:02.64 ID:cnnWmOaP0
土曜日 北口駅前

ハルヒ「キョン来ないわね…」

朝比奈「そうですね…」

長門「彼が来る見込みはない」

ハルヒ「は?」

長門「見学に来ただけで奇跡」

長門「入部するなど絶対にあり得ない」

ハルヒ「なんで?」

長門「活動内容」

ハルヒ「…」

長門「…」

ハルヒ「…」

長門「無回答。すなわち」

朝比奈「あ、キョンくん来ましたよ」

長門「?」

キョン「おす」

ハルヒ「遅いじゃないの」

キョン「まだ30分前だぞ?」

ハルヒ「早く来て何が悪い?」

朝比奈「まあまあ、早く始めましょう」

ハルヒ「そうね。そうしましょう」 

キョン「何を?」

ハルヒ「…」

キョン「…」

長門「…」

29: ◆oZv4slwyL7GY 2013/02/28(木) 00:29:14.32 ID:qdPdGdmX0
ハルヒ「決めた!」

長門「何を?」

ハルヒ「今日の活動内容」

キョン「言ってみろ」

ハルヒ「宇宙人を探します」

キョン「…」

朝比奈「…」←未来人設定無し

長門「帰る」←宇宙人設定無し

ハルヒ「ちょっと待ちなさい!」←願望実現能力設定無し

長門「宇宙人は存在しない」

ハルヒ「そんなの探してみなきゃわからないじゃない」

長門「わかる」

ハルヒ「それに、もし宇宙人が見つかったら、この世界は大いに盛り上がるでしょ?」

長門「捕らぬ狸の皮算用」

ハルヒ「へ?」

長門「見つからないものを見つかる前提で話してはいけない」

長門「そちらの2人にも意見を求める」

キョン「面白そうだな」

長門「へ?」

朝比奈「宇宙人探しなんて小学生以来です」

キョン「ちょっと楽しみだったりする」

長門「…あれ?」

ハルヒ「ほら、キョンとみくるちゃんも乗り気みたいだし」

ハルヒ「宇宙人探し、始め!」

長門「…了解」

30: ◆oZv4slwyL7GY 2013/02/28(木) 00:47:52.24 ID:qdPdGdmX0
数時間後

ハルヒ「見つからなかったわね」

朝比奈「そうですね」

長門「当然」

ハルヒ「キョン、どうする?」

キョン「何が?」

ハルヒ「入部の件」

長門「あなたは諦めることを覚えるべき」

ハルヒ「何言ってんの?」

長門「このような目的も意味もない活動を見せられて、入部しようとする人はいない」

ハルヒ「そんなの聞いてみなきゃわからないでしょ!」

長門「では聞く。あなたはSOS団に入部する?」

キョン「入部させてくれ」

長門「…はい?」

キョン「こんなに楽しいと思ったの、小学生以来だから」

長門「…」

ハルヒ「…」

朝比奈「よかったじゃないですか」

ハルヒ「そうね」

長門「…わたしは」

ハルヒ「有希?」

長門「…」

朝比奈「長門さんも入ってください」

キョン「4人いないと成立しないんだから」

長門「…了解した」

ハルヒ「それでは!」

長門「」ビクッ

ハルヒ「涼宮ハルヒ、長門有希、朝比奈みくる、キョン」

ハルヒ「この4名を部員とする『世界を大いに盛り上げるための…」

長門「…」

キョン「…」

朝比奈「…」

ハルヒ「…何とかの団』の発足を、ここに宣言します!」

長門「正式名称は把握しておくべき」




引用元: えすおーえす!【涼宮ハルヒの憂鬱×けいおん!】