前回 巴「レッドベリィズのいちご味らじお」ありす「26回目です」

2: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:24:03.39 ID:zdla7K7DO
ありす「ラジオネーム【狩人】さんから」


――――――――――――――――――――


正月に特番の人狼ゲームを見る
ありすちゃんが共有騙りで吊られ、お嬢は狂人なのに人狼に噛まれてしまった…


つまり最後まで生きてたかな子ちゃんがレッドベリィズのリーダーに?


――――――――――――――――――――


かな子「リーダーは巴ちゃんなんですけどね…というか私はレッドベリィズじゃないんですけど」


巴「だがうち等の師匠じゃぞ」

3: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:26:29.28 ID:zdla7K7DO
巴「27回目の放送、パーソナリティーの村上巴じゃ」


ありす「同じく橘ありすです」


かな子「同じく三村かな子です」


巴「正直あのセッションはきらり姐さん無双じゃったな…」


かな子「猫又6人中1人しか噛まずに勝っちゃいましたからね…」


ありす「私と巴さんも人狼陣営でしたけど全然勝った気がしませんでした…」


かな子「それは仕方ないよ…殆どきらりちゃんの掌の上だったし」


巴「間違いなく断言出来るのは…あの場にのあ姐さんがおらんで良かったっちゅー事じゃな」


ありす「ですね…」

4: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:28:27.74 ID:zdla7K7DO
巴「それじゃゲストを呼ぶかのう」


ありす「今回のゲストはこの方です」


 

巴「…全く分からんのう、いつも通りじゃが」


ありす「随分古いアニメだというのは分かりましたけど…」


かな子「アニメ…あ、もしかして」


奈緒(ハイライトOFF)「…オッス」


巴「奈緒姐さんじゃったのか…」


――――――――――――――――――――


因みに選曲理由は神谷繋がりとなります


――――――――――――――――――――


奈緒「ゲッ○ー線浴びせてやろうかコラァーッ!」


かな子「落ち着いて!後スタッフさんと奈緒ちゃんにしか分からないネタは控えて!」

5: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:29:43.21 ID:zdla7K7DO
http://youtube.com/watch?v=RQoAedA6jF8&itct=CCkQpDAYACITCNTJ88zsk8oCFQgjWAod3fYJjFIP44Ks44Or44OR44OzIE9Q&client=mv-google&gl=JP&hl=ja



ありす「って2人目ですか…」


奈緒「まさか中の人繋がりじゃないだろうな」


加蓮「ヤッホー、奈緒が出るって言うからついでに来たよ」


奈緒「やっぱり中の人繋がり…ってコンビニ行くノリで死にに来るなよ!」


ありす「それはどういう意味ですか!」


かな子「まあまあ、2人共落ち着いて…」


巴「加蓮姐さんも来た…ちゅー事は」


――――――――――――――――――――


残念ながらしぶりんはニュージェネのお仕事の為呼べませんでした
それに年末に来たばかりですしおすし


――――――――――――――――――――


かな子「だよね…」


ありす「という訳でゲストはトライアドプリムスのお2人です」


巴「一旦CMじゃ」


ナレーション(川島さん)「この番組は聖グロリアーナ女学院の提供でお送りします」


奈緒「前に来た時も思ったけど…本当に実在してんのかそこは!」


ありす「確か晴さんは雷門中は本当に実在してたとか言ってましたが…」


奈緒「ゑ…」

6: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:31:09.92 ID:zdla7K7DO
巴「改めてパーソナリティーの村上巴じゃ」


ありす「同じく橘ありすです」


かな子「同じく三村かな子です」


奈緒(諦め)「…ゲストの神谷奈緒です」


加蓮「同じく北条加蓮です」


巴「奈緒姐さんは2回目じゃから分かっとるとしてまずは質問からじゃ」


加蓮「大丈夫、バックナンバー聞いて来たから」


かな子「バックナンバーあるんですか…」


ありす「私も初めて知りました…」

7: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:32:15.91 ID:zdla7K7DO
ありす「まずはラジオネーム【あんこう】さんから」


――――――――――――――――――――


奈緒ちゃんに質問です


幸子ちゃん(orみくにゃん)、藍子ちゃんと一緒に弄られキャラユニットを組む気はありますか?


――――――――――――――――――――


奈緒「ねぇよ!」


加蓮「えー、いいじゃん結成しちゃおうよ」


奈緒「嫌だ!」


かな子「リスナーやスタッフより加蓮ちゃんが奈緒ちゃんを弄ってる…」


巴「意外とノリがええな加蓮姐さん…」


ありす「イチゴ属性があれば是非レッドベリィズに欲しいですね」


加蓮「乗っ取っちゃってもいい?」


巴「それはいかん」

8: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:33:49.23 ID:zdla7K7DO
かな子「次はラジオネーム【ねこにゃー】さんから」


――――――――――――――――――――


加蓮ちゃんに質問です


入院してる時に病室がぴにゃこら太で埋まった事があるって本当ですか?


――――――――――――――――――――


加蓮「ないない」


奈緒「あってたまるかよ」


ありす「ですよね…」


加蓮「でもぴにゃこら太の着ぐるみをお見舞いに持って来られた事はあるよ…温かいからって」


奈緒「それをアタシに着せようとしたりしてたなそういえば」


加蓮「だって奈緒がぴにゃこら太の着ぐるみ着たら病気治る気がするし」


ありす「それで治るなら医者はいらないと思いますけど…」


かな子「むしろ笑いたいかからかいたいだけだよね…」


巴「誰が持って来たかは聞かん方がええな…モロバレじゃろうが」


かな子「そうだね…」

9: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:36:07.63 ID:zdla7K7DO
巴「次はラジオネーム【アヒルさん】さんからじゃ」


――――――――――――――――――――


ゲストの2人に質問です


TPのライブでしぶりんが来ずに仕方なくぴにゃこら太をセンターに立たせてた事はありますか?


――――――――――――――――――――


ありす「これこそありえないと思いますが…」


奈緒・加蓮「…」


巴「ってどうしたんじゃ?」


奈緒「凛がシンデレラガールになった時に冗談抜きで、1度だけそうなりかけた事がある…」


かな子「ええっ!?」


加蓮「その時は開始3分前に何とか着いたんだけど…」


巴「もし間に合わんかったら大ブーイングじゃったな…」


加蓮「だから今後の為にもセンターは奈緒にしようよ」


奈緒「断る!」


ありす「センターでなければ問題ないみたいに言ってますけど普通に問題しかありませんよ…」


かな子「フリスクならむしろ違和感ないのにね…」

10: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:37:04.09 ID:zdla7K7DO
かな子「最後にラジオネーム【カメさん】さんから」


奈緒「ハガキ出す前に戦車を強化しろよ!」


――――――――――――――――――――


ゲストの2人に質問です


TPでデュエルしたら誰が1番強いですか?


――――――――――――――――――――


奈緒「加蓮だろ」


加蓮「私だね」


ありす「即答ですか!」


奈緒「グスタフ3体とギャラクシーデストロイヤーが同時に並んだ時のあの絶望感…」


ありす「ランク10…加蓮さんは列車ですか」


加蓮「一応エスパーロビンや時械神みたいな簡単に出せるレベル10も入れてるけどね」


加蓮「凛ならブラロや月華竜で対抗してくれるのに奈緒ってば…まあ私達2人が組んでも卯月に勝てないんだけど」


奈緒「初手セッティングとかいうチートをどうにかしないと無理だろ…」


ありす「卯月さんならこの前菜々さんに負けてましたけど…例の如く初手セッティングしておきながら」


奈緒「マジで?」

11: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:38:00.17 ID:zdla7K7DO
巴「質問はこれで終わりじゃな」


奈緒「相変わらず酷いな」


加蓮「そお?結構楽しかったけど」


奈緒「そりゃリスナーに便乗してアタシ弄ってりゃ楽しいだろうよ!」


巴「いっそ加蓮姐さんをパーソナリティーにした方がよかったかのう?」


かな子「それはそれで面白そうではあるけど番組の主旨が変わっちゃうよ」


ありす「この番組はあくまでもイチゴがメインですからね」


ありす「という訳で次のコーナー、【ストロベリーファイト(ゴング音)】!」


ありす「今回のイチゴ料理はラジオネーム【ダージリン】さんから頂いた【ハッシュドイチゴ】です」


奈緒「何やってんだスポンサー!」


かな子「そしてイチゴスイーツはイチゴフォンデュを作ったよ」


加蓮「うわぁ楽しみ」

12: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:39:26.33 ID:zdla7K7DO
ありす「まずは私から」


――――――――――――――――――――


ハッシュドイチゴの材料
イチゴ(1パック)
ドライイチゴ(1つかみ)
バター(少量)
小麦粉(少量)
片栗粉(少量)


――――――――――――――――――――


ありす「まずイチゴをフォーク等で潰して、ドライイチゴを細かく刻んで混ぜます」


ありす「バターを溶かしてからイチゴに混ぜて小麦粉、片栗粉を加えてよく混ぜます…この時塩で味も付けておきましょう」


ありす「混ぜたら小判型に形を整えてから片栗粉を塗して油で揚げます、形が崩れやすいので1度冷凍するといいですよ」


ありす「油から浮き上がったら出来上がりです、熱々の内に食べましょう」


奈緒「イチゴしか使ってない…これならワンチャンあるか?」


巴「犬がどうかしたんか?」

13: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:40:14.53 ID:zdla7K7DO
かな子「次は私だよ」


――――――――――――――――――――


イチゴフォンデュの材料
イチゴ(1パック、丸のまま)
パンorラクス(好きなだけ、一口サイズにしておく)


イチゴ(1パック、ミキサーにかける)
ホワイトチョコレート(100g)
牛乳(コップ1杯)
ブランデー(少量)


――――――――――――――――――――


かな子「まずはチョコを細かく刻んでから湯煎で溶かしてミキサーにかけたイチゴを入れていくよ」


かな子「その間に牛乳にブランデーを入れてレンジで1分温めておきます」


かな子「そしたらこの2つを合わせてよく混ぜて、保温出来る容器に入れたら出来上がりです」


かな子「今回は(予算の都合で)用意出来なかったけどマシュマロに付けて食べても美味しいよ」


加蓮「イチゴ高いからね…マシュマロは残念だけど仕方ないね」

14: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:41:28.28 ID:zdla7K7DO
巴「それじゃ試食するかの…まずはありすからじゃ」


全員「頂きます」


加蓮・奈緒「…」モグモグ


奈緒「…ゴフッ!」


かな子「奈緒ちゃん!どうしたの?」


奈緒(水飲み)「イチゴがしょっぱいぞこれ!」


加蓮「そお?私は美味しいと思うけど」モグモグ


かな子「(そういえば加蓮ちゃんはポテチとかよく食べてたっけ…)」


ありす「確かにこれならバターの塩気だけで良かったかもしれませんね…」


巴「普通に美味いと思うがのう…次は師匠の番じゃ」


奈緒「あー…しょっぱい後だと凄く癒される」モグモグ


加蓮「さっきのも捨てがたいけどこれも美味しいね…イチゴにつけるよりパンにつけた方が好きかも」モグモグ


かな子「マシュマロだとイチゴの酸味と調和して凄く美味しくなるんだけどね…今回出せなくてごめんなさい」


ありす「これでも十分美味しいと思いますけど…」

15: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:42:26.21 ID:zdla7K7DO
巴「それじゃ判定は…」


奈緒・加蓮「かな子」


ありす「やっぱり塩加減は大事ですね…」


かな子「それは1番最初に気付いて欲しかったなぁ…」


――――――――――――――――――――


久しぶりのコーナーだったので現状を確認がてら
かな子ちゃんは現在2勝で後3回勝てばご褒美ですね(1度負けた時に勝ち数はリセットされてる)
ありすちゃんは変わらず1回勝てればご褒美です


――――――――――――――――――――


かな子「後3勝…頑張ります」


奈緒「かな子が1回でも負けたって未だに信じられないんだけど…」


ありす「私が勝つのはそんなにおかしいですか?ストロベリーファイトのコーナーでした」

16: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:43:39.25 ID:zdla7K7DO
巴「あっという間にエンディングじゃ」


加蓮「楽しかったよ」


奈緒「生還出来たのが何よりも嬉しい…」


ありす「何で皆さんイチゴ料理で生死が云々言うんですか…」


かな子「何でかなぁ…(まだ言うべき時じゃないよね…)」


加蓮「(ハッキリ言うのも優しさだよ?)」


かな子「(加蓮ちゃん直接脳内に言うのはやめてよ!)」


ありす「?」


巴「最後にまたメールを読むぞ、ラジオネーム【カチューシャ】さんからじゃ」


――――――――――――――――――――


ハッシュドイチゴ…そんな使い方もあったのか(メモメモ


塩加減に気を付けながら実作してみるよ


――――――――――――――――――――


奈緒「それより戦車の操縦を頑張れよ!」


ありす「何でそこで戦車なんですか!?」


加蓮「あー…戦車は乙女の嗜みらしいから」


巴「初耳なんじゃが…」


かな子「(もしかして今回のスポンサーが関係してるのかなぁ?)」

17: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:44:24.75 ID:zdla7K7DO
かな子「最後にラジオネーム【ティーガー】さんからです」


――――――――――――――――――――


もしかして加蓮ちゃんの病気って味覚障害だった?


大変だ!奈緒ちゃんのキスで治さなきゃ!


――――――――――――――――――――


奈緒「何でそうなる!」


加蓮「そっか…私は味覚障害だったんだ…早く奈緒にキ」


奈緒「違うだろ!というかしねーよ!」


ありす「確かに今はWEB配信もしてますからね…」


かな子「うん、恥ずかしいじゃ済まないね」


巴「そういう問題ではないと思うんじゃがな…」


奈緒「巴だけがアタシの味方か…」



18: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:45:02.65 ID:zdla7K7DO
巴「といった所で終了じゃ」


巴「お相手は村上巴と」


ありす「橘ありすと」


かな子「三村かな子と」


奈緒「神谷奈緒と」


加蓮「北条加蓮でした」


巴「まあするなとは言わんがやるなら人目の付かん所でやるんじゃな」


加蓮「そうする」


奈緒「アタシに味方はいねーのか!」


ありす「(私もいつか巴さんと…)」


かな子「(智絵里ちゃんの唇は暖かくて柔らかかったなぁ)」

19: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:45:53.52 ID:zdla7K7DO
~終了後~


巴「お疲れじゃ」


ありす「お疲れ様でした」


かな子「お疲れ様です」


奈緒「お疲れ」


加蓮「お疲れ様ー、さてそれじゃ早速人目のない所に」


奈緒「だからやらねーっての!」


ありす「というかその会話はスタッフに筒抜けですがいいんですか?」


――――――――――――――――――――


大丈夫だ、問題ない
自分等は空気だと思ってくれれば


――――――――――――――――――――


奈緒「そんなねちっこい視線送る空気があってたまるかぁ!」


かな子「あ、お菓子まだ残ってますから遠慮なく食べて下さいね」


巴「貰うわ」


ありす「私も食べます」


奈緒「って助けろよー!」


―この後?ご想像にお任せします

20: ◆Q9Ut3Q1M6s 2016/01/08(金) 23:47:34.68 ID:zdla7K7DO
~同日・夕方~


加蓮「ただいまー」ツヤツヤ


奈緒「ただいま…」ズーン…


未央「おかえりー…ってかみやんどしたの?」


凛「イチゴ料理のせい…じゃないねどうしたの?」


奈緒(顔面蒼白)「吸われた…色々と」


加蓮(顔真っ赤)「吸っちゃった…色々と」


凛「そっか…奈緒が遂に大人の階段を」


未央「かみやんが大人の階段を!」


卯月「大人の階段?」


凛「卯月は(まだ)知らなくてもいいよ…むしろ知らないままでいて(私が実技で教えるから)」


奈緒「おい()の中」



引用元: 巴「レッドベリィズのいちご味らじお」ありす「27回目です」