2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 13:49:42.01 ID:jsOibY+Q0

~執務室~


加賀「……」カキカキ


加賀「……」カキカキ


加賀「……」カキカキ


加賀「……」カキカキ


加賀「……ふう」


加賀(もう少しで執務も終わりね。赤城さんは何をしているのかしら)



提督「カガさん」


加賀「なんでしょう提……っ!?」


提督「これ、美味しいっす」モグモグ


加賀(あれは、私の大好きなお菓子)


加賀(食べっこマシュマロ!)


提督「カガさん、欲しいっすか?」


加賀(ほ、欲しいわ……!)


加賀「いいわね。せっかくだから頂くわ」


提督「やっぱやめるっす」


加賀「は!? え!?」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 13:55:32.22 ID:jsOibY+Q0

提督「どうしたんです?」


加賀「い、いや。欲しいと聞かれたのに、断られたので」


提督「ふーん」モグモグ


加賀(美味しそう……欲しい)


提督「なら、一個あげてもいいっすよ」


加賀「ほ、本当? 嬉しいわ」


提督「はい」クチクワエ


加賀「……」


提督「ほあ。ふぁふぁさん」


加賀「……」


提督「いらないっふか?」


加賀「いやいやいや」


提督「もうすぐ飲み込んひゃうっすお」


加賀「いやいやいや」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 16:32:14.14 ID:jsOibY+Q0



~寝室~


加賀「ぶはああっ!!」


赤城「ZZZ……ZZZ……」


加賀「……ゆ、夢……?」


加賀(なんてこと……あのヒゲ提督から迫られるなんて)


赤城「むにゃ。ん? 加賀さん、どうかされました?」


加賀「赤城さん、起こしてしまいましたか。すみません」


赤城「いえいえ……ふぁあ。ちょうど起床の時間でしたし、問題ありませんよ」


加賀「……」


赤城「さぁて。では本日も食べ! いや、出撃頑張りますか! 加賀さんは本日も秘書官でしたね」


加賀「……ええ」



12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 16:33:59.88 ID:jsOibY+Q0


~提督室~


ガチャリ


加賀「……おはようございます。提督」


提督「やあ加賀くん。おはよう」


加賀「……」


加賀「今日は」


提督「ん?」


加賀「いい、天気っすね」


提督「え? ああ。うん。そう? 外結構曇ってるけど……」


加賀「こんな日は、お菓子が食べたくなるわ」サッ


提督(あ、あれは……!)


提督(私の大好きな、食べっこマシュマロ!)


加賀「提督」


加賀「欲しいっすか?」


提督(ほ、欲しいっ!)


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 16:39:07.40 ID:jsOibY+Q0

提督「いや、まあその……。加賀くんが要らないと言うなら、もらってもいいかな……なんて」


加賀「ふぁい」クチクワエ


提督「……」


加賀「ふぇいとふ」


加賀「ほら」


提督「いやいやいや」


加賀「ぶひゅーっといってふらさい」


提督「いやいやいや」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 16:46:28.33 ID:jsOibY+Q0

加賀「……」


提督「……」


加賀「ぁん。……モグモグ……」


提督(ああっ! お、美味しそうっ!)


加賀「……なんで食べてくれないっすか」


提督「ええ? そ、そんなの無理に決まってるじゃないか。セクハラになっちゃうんだよ?」


加賀「別に、ヒゲ提督さんならセクハラとは思わないっす」


提督「いやダメだよ……。僕は君の上司である訳だし。ていうか今日話し方変じゃない?」


加賀「……」


加賀「いつも通りっす」


提督「それだよ! 加賀くん、っす、とか言ったことあったっけ!?」


加賀「……夢に出て来た人が、その」


加賀「可愛すぎて」


提督「知らないよ!」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 16:54:04.49 ID:jsOibY+Q0


加賀「まぁ、そんなことはどうでもいいっす」


提督「そ、そう? 秘書官の言葉遣いって、結構大事だと思うんだけど……」


加賀「ヒゲさん」


提督「せめて提督ってつけてくれないかな」


加賀「二個目食べるっすけど。欲しいっすか?」サッ


提督(あ、あれは……!)


提督(私の大好きな、食べっこマシュマロ!)


提督「そ、そうだねえ。まあ、少しだけ、食べたいかな。はは」


加賀「ふぅ~ん……」


加賀「どぉしよっかなぁ~……」


提督(ほ、欲しいっっ!!)




龍驤「なんやあいつらまたやってんのか」


大鳳「ほんと仲いいですよね」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 17:04:26.61 ID:jsOibY+Q0


加賀「じゃあ、私の言うこと聞いてくれたら、あげてもいいっすよ」


提督「い、いやいやいや。マシュマロ一つでそんな」


加賀「ふぅん……」


加賀「私が、近くのコンビニの『食べっこマシュマロ』を、全て店から買い取ったと言っても、っすか?」


提督(なん……だと……!)


┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


提督「……加賀くん」


加賀「っす」


提督「それは……本当なのかね……?」


加賀「……私の部屋に来て」


加賀「確かめてみるっすか……?」


┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨



龍驤「なんだこれ」


大鳳「圧倒的JOJO感ですね」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 17:35:31.97 ID:jsOibY+Q0


~~~~~


提督(結局加賀くんの部屋まで来てしまった)


加賀「さ、ヒゲ提督さん」


提督「ん?」


加賀「いつでも、いいっすよ」


提督「え? 何してるの加賀くん。布団に横になって」


加賀「……」


提督「そ、それより、マシュマロはどこなんだい?」


加賀「ここにあるっす」ムネユビサシ


提督「え? どこ」


加賀「……」


提督「まぁまぁ、執務を疎かにするわけにもいかないし、マシュマロがあるなら買わせてもらうよ」


加賀「……じゃ、じゃあ」


加賀「マシュマロ出したら、なんでも言うこと聞いてくれるっすか?」


提督「ええ? うーん。まぁ加賀くんなら無茶は言わないだろうし、別にいいけど」


加賀「じゃ  り」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 17:39:23.19 ID:jsOibY+Q0


提督「え?」


加賀「……」


提督「加賀くん、今なんて」


ババッ


提督「って加賀くううううーーーーん!!!」




龍驤「布団に隠れてもーたやん」


大鳳「恥ずかしかったんでしょうね」


瑞鶴「なら言わなきゃいいのに……」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 17:43:34.91 ID:jsOibY+Q0


~次の日~


提督(今日は雨か……)


提督(しまったな。降りだすと思ってなかったから傘を忘れてしまった)


提督(執務までに間に合えばいいが。しばらくはここで雨宿りだな)



加賀「ヒゲ提督さん」


提督「おや、加賀くん」


加賀「傘、忘れたの?」


提督「ああ、うむ。ついうっかりね」


加賀「そう……」


提督「おや? 語尾が直っているいるね」


加賀「あれは、その、一時の気の迷いです」


提督「そうかそうか」


提督「やっぱり加賀くんは、普段通りが一番だよ」


加賀「そうっすかね」


提督(直ってなかった)


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 17:47:43.82 ID:jsOibY+Q0

加賀「ヒゲ提督さん」


提督「ん? なんだね」


加賀「私、ビショビショです」


提督「え? ああ。そうだね」


加賀「ブラも透け透けっす」


提督「……」


加賀「さて、と」サッ


提督(あ、あれは……!)


提督(私の大好きな、食べっこマシュマロ!)


加賀「……ヒゲ提督さん。今、私のこといやらしい目で見てたっすか?」


提督「えっ!? いやいや、見てないよ! 加賀くんのことなんて見てない!!」


加賀「……」


提督「……」


加賀「あむ」パク


提督「ああっ!」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 17:54:46.68 ID:jsOibY+Q0


加賀「……美味しい」


提督(ほ、欲しい……!)


加賀「ヒゲ提督さん、欲しいっすか?」


提督「え? いや、そ、そうだね。欲しいかな」


加賀「じゃあ」


加賀「私をマシュマロだと思ってください」


提督「ん?」


加賀「思いましたか?」


提督「あ、ああ。うん。加賀くんをマシュマロだと思うことにしたよ」


加賀「じゃあ、私のこと好きっすか?」


提督「ああ、好きだ」


加賀「だ、大好きっすか?」


提督「ああ。大好きだ」


加賀「……」


ダダダダダダダッ


提督「えっ!? ちょっ! 加賀くんどこいくの!? ていうか傘持ってたの!!? 加賀くーん!!」




龍驤「はいはい。甘い甘い」


大鳳「なんなんですかこの茶番は」


瑞鶴「原作に似ているようで似ていないこの展開って……」


翔鶴(私もマシュマロ食べたくなってきた)


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/26(火) 17:59:14.34 ID:jsOibY+Q0


~とある休日~


提督(近くのコンビニにマシュマロが売ってないせいで、わざわざマシュマロ製造工場まで来てしまった)


提督(試食もできるらしいし、楽しみだなあ)


「ではー、マシュマロ工場見学の方は、こちらに並んでくださーい」


提督「お、呼ばれたな。はーーーい」


加賀「はーい」


提督「……」


加賀「……」


提督「か、加賀くん!?」


加賀「ヒゲ提督さん。偶然っすね」



引用元: 加賀さんとマシュマロ