1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:00:39.51 ID:GWCN7IEr0
警告~
これは 少女「わたしは瑞鶴になった」の続きです
動きと対話は未だ下手なので......ドンマイ

オリジナル展開、オリジナル世界観があり

前みたいの痛いな世界観紹介はやめるのでご心配なく、気をつけなくでもいい......っと思いますか......

ドンマイ!


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1454252429

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 08:46:02.68 ID:BkwsB65U0
なんだ......悲しいそうな『…』
私何か遭ったのか!?
言ってみろ! コブラ(コブラ~)

ーーーーーーーーーーーーーこれ以後主篇ですーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この世界は広いだった、色々な人がいて
色々な物語があった......

例え艦娘だとしても......叶えたいの夢でもある
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は疾風......オリジナル艦娘として作り上げたの実験艦

そして......今日から第二鎮守府の艦娘の一員になった

......現在の技術では、男でも艦娘になれる

艦娘の質があればね

「何笑ってんだよ、この御馬鹿!」

隣りいたのは曙、養成所の時から僕のパートナーとして一緒に行動した

[小さな爆弾]に呼ばれた、個性的な女の子だ

疾風「いいや、これから僕は艦娘として......人間を守るの者になったよ!」

曙「嬉しいのはお前だけよ......」

曙の言う通り

艦娘は人々に嫌悪されていた

強大の力持ってるの代わりに、何時裏切りられるか......

僕達はそんな不信の根から、蔑視の木に成長続けていた

......

疾風「まぁ、そうだな......曙、これから何かしたい?」

曙「朝ごはんだろう? まさかまだ食事をしないまま訓練するのか?」

疾風「あはははは、そうだな」

曙「......あんた......まさか本当にそうするつもり」

疾風「ないよ~」

曙「......だといいな」

曙「共に食事に行こう、ここに置いたら馬鹿なことをするだろう」

疾風「は~い」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
食堂に到着した~

長いだった、僕達の暮し所と遠い過ぎる

曙「お婆さん!朝ごはん頼む」

「誰がお婆さんだ!」

疾風「ああ~! 北上さん、こんにちは」

「え~い、だから駆逐艦うるさいだからな......」

疾風(嬉しいそうな顔をしていて)

ここはお婆さんじゃなく、北上さんだった

第一艦隊の一員として、僕達の大先輩

勿論、この人元々......僕達と同じ人間だった

曙「......ごめんなざい」

「ふふふふう~」

後ろにいた......まるで幽霊みたいな人は大井さん

このプレッシャーは......大井さんの殺気だった

流石に曙でも畏れるだろう?

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 12:33:41.36 ID:DCEEuAmN0
 
僕と曙は空いの椅子を探して
そして......

「......椅子はないならここにあるよ」

疾風「暁さん~おはよう」

「食べるの時は喋るな、レディらしくないそ」

疾風「別にレディを狙っているわけじゃないけど、わかった?」

曙「こうちに投げるな、まるで私のせいじゃないか!」

暁「御馳走さま......最近どうだった?」

疾風「いつものようにね」

暁「飛び級でここに配屬したのはお前だけ、特に......」

暁「スパイじゃないかな~?って噂になっていた」

この鎮守府は時々上の命令を違反して、人の命を第一にするのことを有名になっただから

艤装を使ってあいつの頭に構って価質があったので......僕と曙を実験サンプルを使うだから

僕はそれを発見し、奴らを脅かした

暁「話できるのことはそれだけ、上を脅かすの貴方の覚悟は本当なら......奴らに証明しろう」

暁「じゃあな」

疾風「......レディらしくないそ?」

暁「たまにはいいじゃない?」

疾風「......そうだな」

曙「......(やばい、話追いつかない)」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「お呼びますか?」

提督「ああ、疾風君」

提督「まずは貴方の能力を試したいから、貴方の艤装は既に用意した」

提督「多分これは貴方にとってとんでものチャンスではないか......っと思っていた」

疾風「僕の能力分かっていたらどうする?」

提督「貴方に対するの対策を立って直しなければならないな~......っと思うか?」

疾風「......やはりお前面白いな」

提督「俺は好きな人がいるそ」

疾風「男に興味はないから心配するな、それとも......」

提督「これ以上は止めておこう」

疾風「そう~ね」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
僕は曙を連れて、練習場に到着した
目の前に長い白髪の少女がいた

「貴方は疾風だな......」

疾風「菊月さんですね?」

「そうだ、ちょっと相手して貰おう?」

疾風「いいよ~」

曙「あれ? 私なんでここに?」

疾風「ここに見てね~」

「て......菊月!頑張って!!」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 12:47:30.98 ID:DCEEuAmN0
曙「......人多いね」

「君は?」

曙「曙です」

「私は雷、暁型三番艦の雷よ」

曙「よろしく......ここは何をするの? 見に来たの人は多いね」

雷「演習だよ」

曙「演習?」

「腕試しのことだ」

曙「長門さん」

長門「お互いの実力を試し、そしてその中に自分の弱さを気付いて強くなれるためだ」

曙「なるほど......」

長門「そして......見たことないの艤装を見に来たの奴もいるだろうな」

曙「......手加減してくれるかな?」

雷「菊月は手加減なんでしませんよ」

曙「いいや、疾風のことだ」

(ポン!)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「始めるか?」

菊月「そうだな、かかってこ......い!?」

(ポン!)

僕は全速で菊月の前に立ちとめて

彼女を海に押し倒した

菊月「くっ!?」

疾風「......僕の勝ち~」

菊月「まだだ!」

やはりそうかな......僕は僕の武器を持ち出して

菊月の顔に狙った

疾風「僕の勝ち......だね?」

菊月「......天白」

疾風「?」

菊月「いいや、なんでもない......私の負けた」

疾風「お疲れ様」

菊月「いいえ......この後話しがある」

疾風「デート?」

菊月「お前男だろう?」

疾風「男とデートは気にしないよ~」

菊月「......デートじゃない、お話だ」

疾風「わかってるよ、こうちは冗談だ」

疾風「では......まだ後でね」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
曙「......まだ派手にやった」

雷「......そんなはずが......いいや」

雷「だっとしたら」

曙「?」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 00:18:19.63 ID:m8rX/+zv0
僕は提督の後ろについて、ハンガーの奥に行ってしまった

提督「ここなら安全だな」

疾風「ここにくるということは......誰も聞かされたくないからですね?」

提督「そういうことだ、菊月......出てきてもいいよ」

菊月「そうか......疾風さん、貴方は......天白という艦娘をご存知していますか?」

疾風「......天白姉さんのことですか?」

菊月「......やはり......」

疾風「菊月......天白姉さんが言ったの菊月さんだね」

菊月「天白から......ですか?」

疾風「そう......一番期待することができるの......部下だって」

菊月「......そう......か」

疾風「......天白が言った菊月なら、信用できる人」

疾風「私は偽装アーマーを使い、疾風型二番艦という偽名を乗っていた」

疾風「本名は......天白型二番艦-神風だ」

菊月「......上の目を騙すつもりな」

提督「ここに狙って飛び級してきたのも......」

疾風「それは......秘密です」

提督「......そうか」

菊月「君は天白と......シンクロしたか?」

疾風「詳しい話は知らないけど、はい」

菊月「......なら......この子の存在を守らなければならないな」

疾風「......よろしくお願いします」

提督「先に聞きたいですか、この方法は天白から教えたのでしょうか?」

疾風「......実の姉はここにいます、僕は姉を守りたいから......」

提督「ここに来たか......」

疾風「......はい」

提督「ここはあくまても前線だ、死ぬの覚悟はいいか?」

疾風「深海棲艦を沈めさせるのは嫌いですけど、はい!」

菊月「君も奴らの声を聞こえるのか?」

疾風「多分天白型全員はそれをできるだろう」

菊月「......」

菊月「私より......彼女から技術を貰ったか」

疾風「......違うよ、天白姉さんは一度でも戦うのことを教えなかった」

菊月「な......に!?」

疾風「最後は人間らしく、僕と一緒に遊んで、笑って、楽しく毎日を過こした」

疾風「......僕は......天白姉さんの後ろに追いしめるつもりはない」

疾風「......僕は天白姉さんと違うの道を選ぶ、それは......天白姉さんのための選ぶだ」

菊月「......そうか」

疾風「ずっと後ろに追いつけるのも、面白くないじゃないか?」

菊月「!?......そうか......そういうことか」

菊月「自分らしく生きろ......か......ははは......」

疾風「......」

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 23:40:05.81 ID:gaQ58sHS0
僕はハンガーを後にした、そして食堂に向かおうと思っていたの時

出撃の第一艦隊の成員暁、加賀、不知火、赤城、金剛、羽黒とすれ違った

少し笑顔を出して、彼女達と敬礼した

そして僕は続き、食堂に向かっていく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
加賀「......」

赤城「どうした?」

加賀「......なんでもありません」

赤城「......そうですか」

暁「報告はわたくしがやります、ここで散開しましょう」

加賀「......了解」

赤城「五年前の暁は今と違いますね?」

暁「......五年後の今でも、わたくしは未だ子供ですよ?」

不知火「こんな子供がいるでしょうか?」

暁「......陽炎と雪風によろしくね」

不知火「わかりました」

金剛「提督とティータイムしましょうネ~」

加賀「......(ジー)」

金剛「良ければ加賀さんも一緒に来ないカ?」

加賀「結構です」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 23:12:21.69 ID:2B0U0j950
明日......僕初めての出撃任務が始めた

不安はない......なんで嘘だった

どうやって天白姉さんのようになれなく

全員無事に戻ってくるだろう?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作戦室へ行くと、恐らく僕と曙は最後到着したの人だろう?

暁「来たか? なら始めよか」

暁「私は今日の指導員だ、これからの作戦は心の中に無理矢理でも覚えてなざい!」

暁「貴方たちの任務は初心者として厳しいの任務だったかもしれん、でも......この鎮守府に着任したの時既に覚悟したのだろう?」

暁「エリア1011、かつてカムラン半島に呼ばれるの海域」

暁「深海棲艦の活動を目撃した情報を確認した、敵部隊の中にエリート艦があるのことを知っていた」

暁「そのために、我が鎮守府に依頼した......」

疾風「......なぜこうち任せるのか......それだけで分からないよ?」

暁「......行ってみればわかるよ」

疾風「......」

暁「ここに集めたの諸君全員新人だから、特別十分の時間を与える」

暁「その中に心の準備をしろう」

暁「疾風......旗艦は貴方に任せた」

疾風「......了解」

暁「不満か?」

疾風「......ない」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
暁は作戦室を後にした、僕はとんでもないの責任を負かされた

疾風「ということで......僕は貴女達リーダーになった訳だし、自我紹介をしましょう」

疾風「疾風型一型艦 疾風です、よろしく」

「私は吹雪です!よろしくお願いします!」

「私は深雪だよ! よろしくな!」

「......天龍だ......貴女達と一緒につもりはねえ、例え危険があっても俺を助けるなよ」

曙「曙です、気安くさわるなよ」

「......潮です......な......なんか......好いつらいのチームです......の感じ」

疾風「そうだな......色々問題あるけど、命を貸してくれ」

潮「......え?」

疾風「気にしなくでもいいよ、さぁ......行こうか!」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/10(水) 01:11:20.34 ID:Z46cRYpN0
エリア1011に到着した後、僕達は索敵するために電探を開いた

吹雪「こちら吹雪、敵影なし!」

深雪「こうちも同じ~」

曙「こうちもないわ」

潮「......なし」

天龍「面倒くせえ......やめたやめた」

疾風「......フリーダム的の隊員だらけだな......わかった」

疾風「敵の探察はこうちに任せる、いつでも戦えるように準備しよ......」

僕は目を閉じめた

疾風「......」

そしてもう一度目を開く、すべての景色は変ってしまった

全部色は蒼の物になってしまった

潮「......疾風さんの目が......火を出している!」

吹雪「ほん......本当だ!」

天龍「どうでもいいから、さっさとやれ」

曙「お前先から聞き捨てられない物を言ってくれるじゃねえか!」

疾風「黙れ」

曙「......ちっ」

疾風「......っ......敵の居場所を掴めた、行くそ!」

僕の目は恐らく青いの火を出しているだろうけど

長時間に使えできるものではない、体に対するの負擔も一般の物ではない

......まぁ......なんとかするからな

曙「目視できるの範囲に到着、これより砲撃戦を始めます!」

疾風「全砲門! 撃てえぇぇぇぇ!!!!!!!!!」

天龍「面倒くせえ! 一発で落としてやる!」

深雪「深雪スペシャルアタック!」

吹雪「ちょ......ちょっとまて!」

潮「み......深雪ちゃん!」

曙「馬鹿! 近寄るな!」

深雪「うひゃあ!」

深雪は何も考えずに敵へ突撃しにいく

天龍は本当に一発だけ撃っていた
その後何もしなく、そのまま一歩でも動きなかった

曙「馬鹿野郎!」

疾風「おい! 戻って立って直せ!」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/11(木) 01:07:39.41 ID:iLTb7ssA0
この後なんとなく敵を全滅したけど......エリート艦は見つけなかった
絶対どこにいるはずだった......どこにいる......

(パン!)

曙「うえ......えっ?」

疾風「......あ......曙!!!!!」

どこから撃って来たの砲撃は曙を当たってしまった
......曙が......

曙「......っく、小破だけよ......」

疾風「よくも......よくも!!!」

曙「落ち着け! 貴方まで混乱したら私達はどうする!」

疾風「......そうだった、すまん」

疾風「......もう一度使います!」

もう一度目を閉じめる

そして......すべての景色は変った

疾風「......見つけた!」

ライフル型の砲門を敵へ狙い撃っていく

そして......エリート艦ー リ級を命中した

「クっ......ニンゲンメ!」

疾風「話せるか!?」

「......キサマラニハナスコトハナイ!」

疾風「......なんとしても......止めないか?」

僕は悲しくて止まらない、なぜ戦わなければならない
僕の能力は......敵を見つけ出せるの能力ではなく

深海棲艦の感覚とシンクロして
......感情も分かってしまた

疾風「お前達だって戦いたくないじゃないか!!!」

天龍「何を言っているんだ? こいつ」

曙「......」

潮「......敵の......旗艦と話している?」

深雪「......何かあったのかわからないけど、いつでも撃っていけるの調子に構っていきましょうか」

吹雪「......深雪が真面目のことを!?」

曙「そこの空気読め!!」

「ワタシノカゾクを......コロシタノハオマエラジャナイカ!」

「ワタシユイイチの......カゾクをコロシタ!!!!」

疾風「......そうか、なんとしても......止めるつもりはないか」

「......トウゼンダ!」

疾風「......わかった、楽にするよ」

(ポン!)

僕は高速でリ級の目の前に止めて

彼女のコアを破壊した

「......ナン......」

疾風「......これが僕唯一の......貴方に対するできるの償いだから」

疾風「安らかに眠れ、僕達はそれしかできないから......」

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/14(日) 23:54:53.26 ID:ZGwVlWPo0
リ級の体から噴き出したの血は疾風の顔に染付けた

疾風「......これより帰還......?」

リ級のコアの中に何か残っている

疾風「......これは?......」

疾風「......玉?」

玉のような何か......僕はそれを持ち出すと

リ級の体は粉のように消えていく

疾風「なんだ!?」

曙「どうした!?」

疾風「玉を取り出すと壊れていく......まさか......」

疾風「......まぁ、これを持ち帰るのほうがいい」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そして......僕達は鎮守府に戻った

天龍「......補給しにいくぜ」

吹雪「もう!報告はまだ終っていないよ!」

深雪「いいでいいで! 旗艦に任せばいいじゃないか?」

吹雪「そんなこと......引きるな~!!!!」

潮「た......隊長さん、その......」

疾風「行っていいよ、友達と一緒にいけえ」

潮「......はい!」

そして曙以外の皆はこの場から去った

曙「......あの玉は......」

疾風「僕が報告しに行くよ、外にまでね」

曙「......後で教えてね、じゃあな」

疾風「ああ......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
執務室へ行くの途中から

僕はその玉を見ていながら考えていた

なぜ......コアの中にそんな物がいるのか

そして......なぜ体が壊れた?
(ぱっ)

疾風「うわあ!?」

誰とぶつかってしまった

「......大丈夫か?」

疾風「いたたた......玉は!?」

「これのことか?」

疾風「ああ......そうだ、すまんな」

「これから気をつけろ」

疾風「ありがとうございます! 木曽さん!」

そこにいたのは木曽さんだった、最近改二したばかりらしい
マントのことはとっても気に入ったのようだ

木曽「......お前......前日で訓練所の提督と演習したな?」

疾風「......そうよ?」

木曽「......そうか」

木曽「用事があるから先に行くよ」

疾風「は~い! これからも頼みます~」

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 01:23:55.46 ID:ZTRUWRvL0
疾風「......よし~行こうか」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
提督「ご苦労だ、疾風くん」

疾風「いいえ、そんなことないよ......小破三つ、やる気ない艦一つ」

提督「そうか......それで?」

疾風「......敵のコアにこれを見つけた」

玉のような物を渡した

提督「......やはりか......」

「失礼......第二艦隊ただいま帰還しましたクマ~!」

提督「ご苦労、球磨」

球磨「被弾者なし、今補給しにきます」

提督「ああ、わかった」

球磨「クマ! 補給クマ!」

アイス~
そして球磨は執務室から出てきた

疾風「なんだ~アイスか~」

提督「どこにいくつもりだ?」

疾風「っげ!? すまんな」

提督「......これは最近手に入れたの情報だ」

提督「識別番号......知っているか?」

疾風「......僕達艦娘の番号か?」

提督「そうだ、情報を教えたのは昔協力してくれたの第三十三鎮守府だ」

提督「最近撃破した敵のコア中に、それを......その玉を目撃した」

提督「調べるために取り出したのですか、その深海棲艦は粉になって......その場に消え去れた」

疾風「同じだな......先識別番号のことを言ったな? まさか......!?」

提督「そうだ......轟沈判定されたの別鎮守府の艦娘だ」

疾風「......その前、新世代の艦娘を深海棲艦化するの目撃情報と関係あるというのか?」

提督「そうだ......そして、時代は違う」

疾風「時代は違う......まさか!?」

提督「......つまり、目撃情報の前から......誰かの手に艦娘を深海棲艦化した」

提督「この玉は人工の物だ」

疾風「なんで僕に教えるんだ?」

提督「貴方知らなきゃいけないのだからな」

疾風「......わかった」

提督「そうだ......木曽という艦娘は知っているか?」

疾風「ああ、先すれ違ったことがあった」

提督「それちゃ話が早い」

提督「......君、自分の艦隊作ってみないか?」

疾風「はっ?」

提督「......君の能力は規格外の物だ」

提督「すでに常識的な範囲に外した」

疾風「それで?」

提督「つまり......一般の手段は君に通用しない」

提督「自分の手で自分の能力を追いかけることができるの仲間を見つからなければならない......」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/16(火) 23:56:46.42 ID:7BMhkHaZ0
 
疾風「そ......そうか?」

提督「元カメレオン小隊の成員を倒したのお前は自覚ないのかよ?」

疾風「僕そんなに強いのか!?」

提督「......」

疾風「......先言ったの木曾は......なにをするつもり?」

提督「これは貴方のほうですよ? 彼女の才能は恐ろしくほどの物だ」

提督「俺に対して普通だったですか、上の連中にとって好い物ではない」

提督「だから......もし上は何がしたの時、君が彼女達を守ってほしい」

疾風「ナイト役か?」

提督「リーダーだ......君はナイトに相応しい者じゃないからな」

疾風「それはそうだ......わかった、引き受けましょうか......たったし」

疾風「個人情報を教えてくれますか?」

提督「いつでも......と言いたいですか」

提督「......最小限の物しか渡せないそ」

疾風「......そうか」

疾風「......そろそろ食事の時間だから、失礼します」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
提督「......ふぅ~」

「どうした~?」

提督「......唯か?」

「昔の名前はよせよ~タカさん」

「今は龍準ですよ~」

提督「いいじゃないか? 生きているの古い知りあいは貴女しかいないからな......まさか貴女は例の艦隊の一員になったとは......今でも信じられんさ」

龍準「......一つ聞きたいことがある、なぜ彼に?」

提督「......豚を装ってトラを食べる......知ってるか?」

提督「あの子......そういうタイプだ」

龍準「......あの子が?」

提督「......彼を自分の艦隊を作り上げろとさせたのも、逆抑止力になるためだ」

龍準「......そうか......そういうことか」

提督「......いつでも俺たちになるために、それしかいないんだ」

龍準「大丈夫だ、タカ......私は昔からの古い知り合いだから、貴方はなぜそれをやったのかわかる」

提督「......最悪の大人だな」

龍準「......真実はどこにもいない、ということだ」

それを話が終わったの時
龍準は自分の艤装を解除した
マントの姿に戻った

龍準「実験体させないように、来年の時こうちは監視役を届けにいきますよ」

龍準「もしもの時、私達が彼を引き受けるようにな」

提督「......天白になれないように、頼む」

提督「桜ヶ丘の......唯」

龍準「......昔の名前はもうどうてもいいよ......大事なのは今だからな」

「お~い、翔風さんそろそろ怒るそ!」

龍準「今行くよ、美加」

23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/25(木) 21:46:05.78 ID:wN+8hCvB0
 
龍準「それでは......英知の父の導きがあらん事を......」

提督「......はッ?」

龍準「では......」

そして、龍準は窓から地上へ飛び降りた

提督「ちょっと!? こうち10Fだそ!!!」

龍準「だい~じょ~ぶ~」

提督「......なんじゃそりゃ?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「ふん~ふんふん~」

木曾「なんか機嫌良さそうだな、お前」

疾風「これから僕......一艦隊の旗艦になるよ!」

木曾「マジか? それは良かったな」

疾風「......木曾さんも僕の艦隊に編入する、提督が言ってた」

木曾「......残念ですか、それは無理だ」

疾風「なぜですか?」

木曾「俺はチームシップなんかの無理だったぜ」

疾風「そんなことないよ!」

木曾「......俺に何か分かる?」

疾風「さぁ?」

木曾「......それでは、二度と俺の前に編入のことを......」

疾風「できません!」

木曾「......」

疾風「諦めませんよ!」

木曾「......」

疾風「では~ばいばい~」

木曾「俺は......そんなものじゃない」

木曾「お前に追いつかめる者じゃねえ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
曙「なに笑ってんのよ!」

疾風「ちゃんちゃん~! 僕は一艦隊の旗艦になったよ!」

曙「特別対応艦隊一番隊......へぇ~」

疾風「曙も!」

曙「渡すな! 勝手に付けるな!!!」

制服に無理矢理隊章を付けてあげるの疾風に対して

曙は全力に抵抗した

でもそれは無理だった

曙「私は貴方のように、好きで艦娘になったわけじゃないよ!」

疾風「そうか、なら僕が好きになってやるよ!」

曙「か......勝手にしなざい!」

疾風「照れでる照れでる」

曙「うるさいわ!!!」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/06(日) 00:22:14.47 ID:rK1bAT2Y0
 ーーー
疾風「今三人しかいませんね~」

曙「どうでもいいわよ、さっさと解隊してもとの生活に戻......」

疾風「......この気配はなんだ」

曙「......深海棲艦か?」

疾風「ほら~早速装着しよう!」

曙「......わかったわよ! 諦めるわ! 押すな!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
提督-敵は10時から接近中、迎撃準備を......

提督-二つだけでいいか?

疾風「ああ、集めるのも間に合わないだし」

疾風「何とか時間を稼ぐするよ、出撃できるの艦娘を準備してくれ」

提督-わかった、頼むよ!

疾風「いくそ! いつものあれだ!」

曙「あれか......いいわ!」

曙と疾風は敵へ向かっていく

二人は魚雷を撃ち向かう

そして砲撃しながら接近続けた

疾風「よし!」

間もなく敵とぶつかる程度に接近したの時

曙と疾風は散開した

疾風「食らえ!!!」

錨で敵へ振り向かった

「!?」

曙「うおおおおお!!!!!!!」

曙も錨で敵へ攻撃始めた

疾風「うおおおお!!!!!!」

海下の魚雷を撃ち爆発させた

疾風「終わりだ!!!! ......!?」

突然撃って来たの砲撃に命中された

疾風「......鬼だっと!?」

「マサカバレテシマウトハナ、ワルクオモウナヨ」

疾風「......見たことないの鬼だ......」

疾風「火力は足りない......曙を完全に後退することはできない」

疾風「最悪だ......」

「?!」

(ポン)

「まったく、どいつもこいつも死にたい奴だな」

「......」

疾風「木曾!!!」

木曾「......」

木曾「この馬鹿野郎!!!! 死んだらどうするんだ!」

「敵の前に喧嘩するか?」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/09(水) 00:08:52.87 ID:SKjXetMK0
 ー
疾風「木曾......来てくれたな」

木曾「......もしお前ここに死んだら、俺はどうやって天龍に合わせるんだ」

疾風「......なるほど......」

曙「どうやって鬼級別の攻撃された上に小破だけ済むだよ!」

木曾「酷い状況ではないか......流石俺でも、この数の敵を無事にまとめて撃沈することはできない」

疾風「曙! 木曾!......今回の目的は敵を撃退ではなく、敵の足を止めるそして敵を弱体化することだけだ」

疾風「大破でも連れて戻してみせるよ!」

疾風「鬼神の木曾なら、指揮をちゃんと付いてくれるな」

木曾「貴女は旗艦だから、指揮任せるそ」

疾風「よし......お待ちありがとうね~鬼ちゃん」

「鬼ちゃんワナンダ!? ソンナヨビカタデヨブナ!」

疾風「あははは......」

疾風「木曾! 付いてこい!」

疾風「曙は魚雷専念せよ!」

疾風「いくそ!!!!!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風と木曾は敵へ突撃始める

そして曙は余っていたの魚雷で敵へ撃っていく

魚雷の爆発で敵の目視を奪っていたの隙に

木曾はサーベルを振り切っていながら

疾風はライフル系の砲門で敵を次々撃破した

鬼の攻撃を避けていながら鬼以外の敵を狙っているの作戦

「バカニスルナ!!!!!!!」

すべての砲門を疾風と木曾の身に集めていくの瞬間

「!?」

疾風は一瞬だけ彼女を睨んでいた

「......ウッテ!!!!」

疾風まだ砲撃に命中された

今度は中破だった

木曾も驚いたのように

暫く動きを止めた

でもすぐ手と足を動いて、交戦に戻った

「ナンデダ! クチクカンノクセニ!!!!」

「クチクカンノクセニ!!!!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「あはは~大破しちゃった」

曙「訓練生の時も同じことをしたな......」

木曾「燃料足りなくなった......どうする?」

「ハハハハ!!!! サマミロウ!!!」

疾風「大丈夫......僕達の勝ちだ」

「よくやった......」

黒いのセーラー服、両手に錨を持ちながら、鬼に攻撃始まった
第一艦隊の旗艦-暁の姿を見えた


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/18(金) 22:29:52.74 ID:GiBYeLQd0
暁「敵艦隊発見......撃沈するそ!」

加賀「了解」

赤城「艦載機! 発艦!」

不知火「......」

金剛「バーニング! ラァァァァァァぶぅぅぅぅぅぅぅぅぅう!!!!!!!!」

羽黒「撃ち方......はじめ!!!」

鬼へ向かって容赦なく砲撃と艦載機を打っていく

どうちか鬼か、わからないな

暁「トドメ!」

暁と不知火は魚雷に敵へ撃っていく

「ソンナ......バカナ!!!!!!!!!!!!!!」

魚雷は爆発した、しかし......残ったのは艤装の欠片だけだった

暁「よく頑張ったな、帰還しましょう」

疾風「......曙......あとはたの......」

曙「疾風!? おい!!」

暁「やばい......提督!」

-わかった、通達する!

-港を空らせよ、傷者第一優先せよ!!

赤城「......この子......」

曙「あいわからず化け物みたいな硬い装甲だ、三発の弾を当たったのに」

加賀「......どういうことかしら?」

木曾「......本当だぜ、三発くらったのに大破だけで済むのこいつしかいないぜ......」

木曾「先もついつい鬼級を逆脅した......こいつ一体......」

曙「......な......なんd!?」

木曾「どうした!?」

曙「出血だ......酷いな程度で!」

暁「......」

暁「ダメコンを使え、こうち持っている」

曙「はい! ......止まった」

曙「よかった......」

木曾「......」

-迷う必要があんのか?

-さっさと決めろよ......失望させるな、木曾

木曾「......言うわれでもな......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「......うん?」

木曾「おう......目覚めたか」

疾風「......木曾さん? 僕は......いたッ!?」

木曾「無茶するな、大人しく眠れ」

疾風「言うわれでも、眠りたくないけど」

木曾「しょうがないな......」

木曾「......ああ......」

木曾「子守唄聞いたことないな」

疾風「突然子守唄を歌いたらこうち困るよ......」

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/19(土) 00:02:54.12 ID:QB6/ybr40
疾風「木曾さんの左目はどうしたの? いつもカバーでいるけど」

木曾「左目? ......ああ、そうか」

木曾は左目の目隠しを外した

目隠しの下、見るだけ痛みを感じえるの傷を残っていた

でも疾風は気にしなく、逆に目の色を興奮した

疾風「うおおお!? 異色瞳~!」

右目は黒色、でも左目は赤色だった

木曾「変だろう?」

疾風「ううん~ 凄くいいよ!」

木曾「これは初めてだな、昔その目でひどい目に遭ってさ」

木曾「クラスメイトに嫌われて、親もこの俺を怖かっていた」

木曾「この傷は親につけられたの物だ、目はあの時閉めだから」

木曾「無事に残ることができた、でも永遠にこの傷を残るしかいなかった」

疾風は手を伸ばして、木曾の傷を触った

疾風「......」

木曾「何かいえよ、突然触ってきたから、こうちがどうするかわからねえよ」

疾風「......木曾さんは木曾さんだよ、誰でもない......曙と僕のために嫌いの戦場へ戻った」

疾風「こんな木曾さんだから、僕と曙はここに戻ってくることができた」

疾風「ありがとう」

木曾「......まったく、いつもわからないことするんだな、お前は」

疾風「この傷、かっこいいよ~」

疾風「いいや! 綺麗だよ!!!」

木曾「......綺麗?」

疾風「うん!」

木曾「......嬉しいよ、疾風」

疾風「......木曾さん、これからも僕の部隊にいてくれる?」

疾風「あなたがいれば、僕の勝算は一つ増えるよ」

木曾「......いいぜ、これから木曾でいい」

疾風「わかった! 木曾」

疾風「これからよろしくね」

木曾「ああ......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「完治した!」

木曾「......いいのか? 提督」

提督「ああ、この子もこの作戦を成功させたの一人だからな」

木曾「......そうか」

曙「よかったな、クズ」

疾風「......酷いな」

曙「どれくらい心配掛けたのよ! 次が遭ったらさっさと死ね」

疾風「......はいはい~」

暁「無事ならなんよりだ」

疾風「暁さん、こにちは~」

暁「こにちは......っても夜じゃない?」

疾風「気にしない気にしない~」

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 22:45:48.60 ID:jIWxB0fG0
更新始めます
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(一ヶ月後)
疾風「う......ん~」

木曾「なんだ?」

疾風「なんでいつも天龍と仲間悪いのかな?」

木曾「......昔、尊敬した人があってな」

木曾「彼女と同じ天龍だったよ、あいつと違って」

木曾「彼女の左目は訓練所の事件よりなくなって」

木曾「それでも戦い続けた」

木曾「あの時の私にとって、彼女は正しく姉貴みたいな者だった」

木曾「しかし......俺の目の前で死んでいた、俺を庇うために」

木曾「こいつと違う! 彼女はまさに天龍の名前を汚するんだ!」

疾風「そうか......」

疾風「でもここの天龍本当そんなに嫌われるの奴なのかな?」

木曾「何をいいたい? 」

疾風「......恐らく、彼女が会ったのことは、私達考えるより恐ろしいの事件にあったからこうなったじゃないか?」

木曾「......知るか」

疾風「......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「木曾は彼女を憎しめている、恐らくあの時自分の無力よみかえたくないかもしれない」

疾風「......放っていかないな」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天龍「......」

疾風「......(にゃりにゃり)」

天龍「近つくじゃねえっていったじゃねえか? 死にたいか?」

疾風「いいえいいえ、死にたくないよ」

天龍「ならさっさと消えなさいよ!」

疾風「だ~め!」

天龍は疾風の首を攫む

壁を打つ込んで行く

疾風「いたッ!?」

天龍「痛いなら、二度と近つくじゃn......ねえ......」

壁は頭と相応しいの穴を裂けてしまった

しかし疾風の頭は傷一つもなかった

天龍「......ありえない......駆逐艦はこんな攻撃受けでも血流れないなんで有り得るか!」

疾風「いたたたた~ 痛いよ、もう~!」

疾風「罰を受け入れよ!!!!」

天龍「なん......離せ!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「いただきます~!」

天龍「......いただきます......なんでアイスを食べるんだよ」

疾風「いい! 間宮甘い処の甘い物特別の暗号があるんだ」

疾風「それを呼んでみれば」

疾風「間宮さん~! アイスコーラ一つ追加してください!」

疾風「......そうすると......」


38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/22(火) 23:58:35.42 ID:jIWxB0fG0
間宮「はい~! お待ちました、コーラです」

疾風「......お......おう、ありがとう」

天龍「......」

疾風「曙......なんか間違っていたか? アイスもう一球を追加するはず......」

天龍「......大人しくアイスを再追加しろう......」

疾風「暗号面白くない? だって面白いじゃない」

天龍「......暗号なんで面白いものじゃないよ」

疾風「......暗号と関係あるんだ、なんで今こうなったの理由に」

天龍「......おまえわざのだろう!」

疾風「うん! わざの!」

天龍「付き合えるか! もd」

疾風「戻って、アイスはどうする?」

天龍「......ちッ」

疾風「甘い物を残る奴は我々の天敵だよ、だから早く食べましょう」

天龍「......」

天龍「なんでおれをそこまで追いつかめるの? おれを構うなって言ったはずだ」

疾風「昔々、ある少年と少年の姉ちゃんがいた」

疾風「毎日毎日少年と姉ちゃんはいつも一緒に遊んでいた、ゲームも、ご飯でも」

疾風「そしてある日、二人散歩していたの時......姉ちゃんは消えた」

疾風「少年は焦っていた......叫ぶのように姉ちゃんの名前を呼び出した」

疾風「......しかし、姉ちゃんは応えなかった」

疾風「......一時間後、少年は姉ちゃんを見つけ出した」

疾風「彼女は無事だったですか、少年は違った」

疾風「少年の心はとんでもないのトラウマを植えていしまった」

疾風「......以上、僕の友達の物語です」

疾風「一度その目を見ると......二度と見たくないと決めたよ」

疾風「今の貴女も、そんな感じだから」

天龍の手を掴む

疾風「......僕......貴女を見下げない!」

天龍「......離せ......」

疾風「......あ、溶けちゃう!!!!」

天龍(私を......見下げないか......)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「美味しいかった~」

天龍「......もう許してよう......」

疾風「駄目!......?」

-特別対応艦隊一番隊隊長-疾風、今すぐ作戦室へ......

疾風「早速の仕事か、行こう」

天龍「し......仕事!? うわああ!! 引ばるな!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
提督「......今度の任務はこれだ......」

提督「我々管轄内の25海域で、遠征部隊は所屬不明部隊の攻撃に受けた」

提督「死者なし、全員大破寸前に迫ったけど」

提督「無事に後退することができた」

疾風「それを調察しろう......ということ?」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/23(水) 09:05:32.45 ID:beTFRj4e0
疾風「わかった......行きます」

天龍「......おれもいくのかよ......引ばるな......」

提督「......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
曙「......まだ任務......」

木曾「その前......なんでこいつここにいる!」

疾風「大丈夫だよ~ 今罰を受けているからな」

木曾「......何か変な事をしたら、お前の頭をぶっ飛ばしてやるよ!」

天龍「へいへい~ 無駄の口調を止めてくれない? 腹立つ」

木曾「貴様!!」

疾風「木曾!」

木曾「......」

疾風「感情を混ませるな」

木曾「......わかったよ!」

天龍「......けッ!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

疾風「到着しました......」

木曾「......おい! 見ろう!!」

疾風「......なんだそれは......」

不明の色は海の上に浮いていた

疾風「......嫌な予感を感じえるな......とりあえずサンプルを採集します」

天龍「......おい、くるそ!」

疾風たちへ向かってくる謎の艦隊は攻撃始めた

疾風「......艦娘!?」

木曾「なんでこんなどころに艦娘がいる!? それに敵対している!」

天龍「......どうする?」

疾風「艦隊を散開し、今の状態......敵は六、僕達は四だ......こうちに不利だ」

疾風「そのために......魚雷と砲弾を惜しくな! 」

「「了解!」」

天龍「......はッ......無理だよ」

天龍「敵どう見るでも練度は違うぜ?」

天龍「それでも戦うのか? はッ?」

疾風「......練度違うでも、作戦があれば無傷に倒すことは可能だ」

木曾「......そうだな」

曙「......? 」

疾風「撃ち方! 始め!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
敵の目は何も映るていなかった

まるで人形みたいに......彼女達の戦い方も変しか思えない

疾風「曙......から離れろ!!!」

疾風は曙へ向かっていたの艦娘の頭を掴む、そして海へ押し倒した

木曾「......お......おい、あれは戦艦......

疾風「救援キ~ック!」

木曾「うわあああ!?」

疾風「......残るのは......天龍! 逃げろ!」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/23(水) 14:02:02.27 ID:beTFRj4e0
天龍「......!?」

足は倒れたはずの艦娘に引ばれで動かない

天龍「なんだ......こいつは!?」

木曾「......まさか路連れする気が!?」

疾風「まったく......度し難いな」

疾風は天龍の前に立ち止った

天龍「......おい、何をするつもりだ!? やめろ!!!」

疾風「死なないよ、僕は死なない!!」

砲撃を受けたの疾風は......小破だけで済みた

天龍「......なんでだよ!! 俺のような奴を庇うんだよ!!!」

疾風「......助ける理由は必要?」

天龍「......お前......あいつと同じだったか......」

天龍「......こんな俺を助けるのは......お前とあいつしかいねえ......」

天龍は立ち上げた......

天龍「......せっかく守れただし......今度は俺がやるよ」

天龍「かかってこいや!!!! このクソ野郎が!!!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天龍「うおりゃああ!!!」

敵へ向かって、手にもっていたの刀を振り切った

「!?」

天龍「貰う!!!!」

木曾「......なんだこいつ......突然強くなっている」

疾風「貴女と同じ......前へ進めの動力があれば」

疾風「なんとしても失うたくない、例えどんな手段でもね」

疾風「だから......彼女はこの艦隊に参加して貰ったよ」

木曾「......お前一体どんな艦隊を作り出すつもりだ......」

疾風「さぁ?」

疾風「僕も......わからないよ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
敵艦隊を全滅することができた......

でも......彼女達を生かすことはできなかった

彼女達全員......倒したの同時に脳部が壊された

......例え生きでも、彼女は何も覚えていない......
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
提督「よくやった、無事に帰ってきた」

疾風「そうね、残念だけど......彼女達の脳は壊れたんだ」

提督「......口を止めるためか......」

疾風「敵は深海棲艦じゃない、人間の仕業だ」

提督「......そうか、一番厄介なことになったな」

疾風「彼女はどうする?」

提督「今度の任務は機密任務だから、彼女達の信号機を取り離す後、知り合いに確保させるよ」

疾風「......影のやつらか?」

提督「ああ、信頼できるの友がいてな」

疾風「ちょっとよかった、僕も友がいてな」

提督「偶然だな?」

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/23(水) 15:10:18.20 ID:beTFRj4e0
疾風「偶然だね~」

加賀「コホン......」

疾風「では......ご飯に行きますよ~」

提督「ああ、行って来い」

疾風「......あ、例の艦娘はどうだった?」

提督「ちょっとあいつの提督を脅してみれば簡単にこうちに渡したよ」

疾風「......確かに、あいつはMだな」

提督「元艦娘ですか......M過ぎてしたの艦娘に迷惑掛けたのことに有名になったの奴」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「天龍......どうだ?」

天龍「ちょっと水を飲んだだけ、たいした傷もないな」

疾風「そうか......過去のことを話す気がある?」

天龍「......昔の俺は不良だったよ、なんでもイライラする」

天龍「それでも俺を仲間にしてくれるの奴がいるんだ......」

天龍「奴と一緒に馬鹿なことをやっていて、悪いことばかりですか、楽しいかったぜ」

天龍「そしてある日、暗号なんで遊んでいるの時」

天龍「......元は遊びだったですか、この俺達の目の前で一つのバックに渡せた」

天龍「有名のバックだったから、俺達はそれを考えず持って家に帰っていた」

天龍「でもそのあと......俺と彼女は黒服の人に回りこまれたんだ」

天龍「どこに連れて行かされたのか分からない、毎日痛い目付けられて......」

天龍「気がついたの時は朝だ......服は着いていなかった、彼女もどこにいったのかわからん」

天龍「俺と違う、彼女はもっといい人生があるんだ......だけど......連れて行かされたのは俺じゃなく......彼女だった」

天龍「......俺は最低な奴だ、どこにも居場所のないのクソ野郎だ」

疾風「......やはりか」

天龍「......やはり? 何か知っているのか!?」

-到着したよ、天龍と合わせろう

疾風「はいはい~ わかったよ~」

疾風「......付いて来て」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天龍と疾風は鎮守府のゲートに来た

そこで......一人の少女がいた

頭の上に円の何か浮いていて、紫色のショットヘアの少女は疾風達のことを気ついた

天龍「......そんな......」

「......久しいぶりです、楯琴さん」

天龍「有田......有田だろう!!」

「はい......元の有田としての天龍型軽巡艦-龍田ですよ」

龍田「お久しいぶりです、天白さん」

疾風「相変わらず......口調を止めないな」

龍田「どんなことでしょうか~ あらあら~」

天龍「......生きていた、よかった......うッ......よかったよ」

龍田「......はい、ここにいますよ」

疾風「......この子は同じ訓練所の新人ですよ......僕と違う鎮守府に着任した」

疾風「先貴方言ったの物語から、ちょっと聴いたことあるの感じだったので」

疾風「それに......あなたは龍田言ったのあの子と似合っているから、もしかすると元知り合いかも」

疾風「だから提督に渡してくれっていったよ」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/23(水) 15:43:42.47 ID:beTFRj4e0
天龍「......疾風......」

疾風「神風......天白型二番艦ー神風、僕本当の名前」

天龍「......天白......あの天白か!?」

疾風「......これより貴女は僕の指揮の下で戦いましょう、すべてを失うの準備は?」

天龍「......」

龍田「......あります」

天龍「......有田......なら、俺もある」

天龍「貴女達は俺が守る」

疾風「そういうこと......よろしくお願いします」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「そういうことで、天龍は僕の艦隊に参加した」

木曾「相談でもないのか?」

疾風「彼女の実力は本物だった、そのために彼女はここに着なくちゃいけない」

天龍「......頼む」

木曾「......わかった、認めよ......」

木曾「俺は木曾......天龍の名前を二度と汚すじゃねえそ」

天龍「......りょうかい」

疾風「......」

曙「楽しくないか?」

疾風「......いいや、僕まだ考えている、なぜこの特別対応艦隊を必要だったのか」

曙「......考えすぎるよ」

疾風「珍しいな......なんでクソとかクズとか喋べないのか?」

曙「......」

疾風「まぁいいか」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/23(水) 16:13:17.20 ID:beTFRj4e0
(一年後)
今度は大切の任務があった

前と同じように調察任務ですか......今度は違う

仲間がいた......
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「第八鎮守府第一艦隊の旗艦-大和、これからよろしくお願いします」

疾風「第二鎮守府の特殊対応艦隊第一艦隊の旗艦-疾風です」

大和「若いな......」

疾風「いつも言うわれますよ、作戦のついてですか」

大和「......ここから南東に向かう、そこは大量の深海棲艦がいた」

大和「しかし、前の探察部隊により、そこは深海棲艦だけじゃない......この艦娘がいた」

疾風「赤城? なんで深海棲艦と一緒にいるの?」

大和「それを調察ために、ここに来たの」

疾風「わかった、一緒に行こう」

天龍「......」

木曾「......」

電「......あわわわわわ、怖いのです」

天龍「......すまんなこいつのせいだ」

木曾「誰のせいだ? ああ?」

天龍「はッ? 俺様のせいて言いたい?」

大和「元気ですね」

疾風「元気だね~」

電「早く止めるのです!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風と大和たちは調察地点へ向かった

......そこにいたのは......謎の艦隊だった

疾風「......!?」

大和「どうかなさいましたか?」

疾風「......同じだ......誰かに操作されている!!」

大和「......どうする?」

疾風「戦いながら考えましょう、気絶、他の逮捕動作をやめろ、そうしたら彼女達の頭は壊されてしまう」

大和「わかりました、行きますよ」

電「はい! やってやるのです!」

疾風「この電なんか暴力だな」

電「気にしないのです!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦い始めから三十分後

敵の攻撃まだ激しくなっていた

大和「切がない......」

疾風「......気絶しかいないのか......」

天龍「......おい!? 艦載機が飛んでくるそ......」

四機の青い戦闘機が飛んできた


44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/23(水) 23:08:21.33 ID:wFidjAfR0
疾風「艦載機......見たことないの艦載機だ」

木曾「......いいや、知っているよ......こいつは頼もしい奴だ」

-こちら第一緊急対策艦隊の瑞翔鶴、これより支援を始めます

-敵のコントロール機械は頭にいたのナノマシンだ......その破壊は私達に任せる

-こちらアルタイル1、全機攻撃態勢を行う

-了解!

-了解!

-了解!

疾風「......瑞翔鶴......まさか!?」

木曾「話は後だ、陽動を始めよ!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
瑞翔鶴の支援より、僕達は敵の脳を破壊しなくで済む

大和は第八鎮守府に戻った

電と共に......

そして僕達は彼女達連れて帰還した、瑞翔鶴と共に
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
提督「......貴女は加賀の学生か?」

瑞翔鶴「はい! 第一緊急対策艦隊の瑞翔鶴です」

提督「艦隊なのに、貴女一人で?」

瑞翔鶴「......この艦隊の成員は自由で自分の戦場を決めるので、共に戦うのも万の一珍しいことです」

加賀「......瑞鶴!」

瑞翔鶴「加賀姉さん、お久しいぶりです」

加賀「......無事でなんより」

瑞翔鶴「......貴女はその部隊の旗艦ですか?」

疾風「はい、疾風型一番艦-疾風です」

瑞翔鶴「......そうか、疾風か」

瑞翔鶴「......どう見るでも天白だったけど?」

疾風「......バレだ? 流石天白姉さん気に入ったの瑞鶴さん」

瑞翔鶴「......なら、貴女はあの時の少年でしょうか?」

疾風「はい......本名はいえませんけど」

瑞翔鶴「結構ですよ、私......」

加賀「......私的のことはあとにしよう、今はこれを話すの場合じゃない」

瑞翔鶴「......わかった」

加賀「彼女達のナノマシンを撃破するの方法は貴女の提案?」

瑞翔鶴「はい!」

加賀「まだゲームか?」

瑞翔鶴「いいえ、感じです」

加賀「感じ?」

瑞翔鶴「多くのゲームをプレイしたら、何とか直感を鍛えてしまった」

加賀「相変わらず......変な物しか頭に入れないな」

瑞翔鶴「......まぁ......それより」

加賀「?」

瑞翔鶴「先から窓の外で私達のこと聞いているのはどいつだ?」

「......バレだか?」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 00:16:11.12 ID:b7TaXcyq0
「よう~」

加賀「お前?!」

「久しいぶり、加賀さん」

加賀「ルビレス!」

「......今は疾風型二番艦-鷹風ですよ」

疾風「ようしゃー! 弟ゲット!!!!」

「......よく私は男だって分かっているね」

提督「貴女の到着命令確かに明日じゃないか?」

鷹風「いいや~ だって暇じゃない?」

疾風「僕達なんか仲間よくなれるの感じ!」

鷹風「......ああ、そうだな、これからよろしくな」

「すみません、トイレ......ここじゃなさそうだ」

瑞翔鶴「......飛鳥、ここは執務室よ」

アスカ「すまん......ここ慣れませんから」

瑞翔鶴「もう......チョコ口についているよ」

アスカ「まじで!?」

瑞翔鶴「はッ......動かないで~!」

疾風「......」

鷹風「......」

加賀「......」

提督「......」

「「「「さっさと結婚しよう」」」」

瑞翔鶴「はッ!?」

アスカ「いいやいいやいいや! なんでこうなるんだ!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「ふん~ふふん~」

鷹風「楽しいそうだな......」

疾風「僕ずっと一人だから、家族増えたら楽しいじゃない?」

鷹風「そうだな......でも勘違いしないでね」

疾風「?」

鷹風「貴女は私姉さんじゃないよ、勝手に付けるな」

疾風「......」

鷹風「......まぁ、私はここに貴方を監視するためにきたんだ」

鷹風「......貴方と仲間良くするつもりはない」

疾風「......仲間よくなれないといけないよ?」

鷹風「......」

疾風「......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
瑞翔鶴「ああ! いたいた!」

疾風「瑞翔鶴さん、どうしたの?」

瑞翔鶴「......私は貴方と謝れしなくちゃいけない」

瑞翔鶴「......貴方の姉ちゃんを......」

疾風「瑞翔鶴さん、別にいいよ」

疾風「......安らかに眠らせてくれて、ありがとう」

瑞翔鶴「......疾風......」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 11:20:16.98 ID:jp4bVl1b0
疾風「......それに、一番失っているのは僕じゃない、貴女じゃない?」

アスカ「......そうだな」

瑞翔鶴「......盗み聞くな」

アスカ「しょうがないだろう? この体をなれるために」

アスカは忍者みたいな服着いた

......

疾風「川内?」

アスカ「ああ......」

疾風「......パイロットなのに?」

アスカ「なぜだろうな?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分の部屋に入ったの鷹風は携帯を使って誰と通信していく

鷹風「......はい、上手く入った」

鷹風「......アイリスはここにいなかった」

鷹風「......はい、彼の監視を準備します」

鷹風「......では」

鷹風「......先から何見ている?」

疾風「本人の前によく言えるね~」

鷹風「誰かノックでもしない、勝手に入ったのだ?」

疾風「龍準さん最近はどうだった?」

鷹風「さぁ?」

疾風「なるほど......」

鷹風「何分かっているのよ?」

疾風「秘密......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
木曾「......先からなんだよ?」

疾風「......しッ~!」

木曾「......あれは新人じゃない? なんで彼を監視するんだ?」

疾風「逆だよ、彼は僕を監視するためにここに来たのよ」

木曾「あいつが?」

疾風「......彼は艤装なくでも深海棲艦を倒すことができるよ......」

木曾「......まじで?」

疾風「......ほら、僕達バレでしまったよ」

木曾「......本当だ、ここを見ている」

疾風「......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鷹風「何をしているんだあいつ......」

瑞翔鶴「おい~ここにいてもいい?」

鷹風「好きにしろう......」

瑞翔鶴「......あら疾風だ、この場所にいればどこでも見えるね」

鷹風「......」

瑞翔鶴「疾風は天白だから彼を監視するのか?」

鷹風「いいや、そんな理由じゃないよ」

鷹風「彼はいつか、私達艦娘達にとんでもないの革命を起こるから」

鷹風「......問題は彼の覚悟はまだ決めていない」

瑞翔鶴「......ふん~」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 13:48:07.82 ID:jp4bVl1b0
瑞翔鶴「貴方も同じじゃない?」

鷹風「なんのことだ?」

瑞翔鶴「......実はとっても好きだろう? 皆のこと?」

鷹風「......さぁ?」

瑞翔鶴「......まぁ......それは置いていこう」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大和「......いよいよですね......」

第八提督「私達求めている自由のために、すべてを燃えつくせ」

大和「はッ!」

第八提督「......同志、アイリスよ......我々に手を貸してくれ」

「......ああ、天白型番外艦-アイリス......自由のために......全力を貸します」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
-我々はフリーダム・ソードだ......これより全世界に通達

-旗艦大和......

-はい! 私は大和です......我々はもう耐えません

-私達を過酷の対遇、そして私達の意志を無視して

-まさか私達が貴女達を守るというくたらない想法があるでしょうか?

-最近我々同志を人体実験をさせて、意識のない兵器として遠征部隊を襲撃した

-その目的はなんだのか......もう既にお分かりだろう?

-そう......私達を正々堂々で消滅するための言い訳を創るためのではないか

-......私達もう我慢できません、これより......私達は革命を上がり

-私達艦娘の国を作る!! ......では......

-自由のために!!!!!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
提督「......この映像はテレビ、インターネットを放送していた」

提督「......これはまずい、彼女達の行動は既に全世界の敵になった」

提督「同時に、艦娘の対遇はもっと厳しくなる」

鷹風「......」

疾風「......大和さん......」

疾風「提督......私が彼女達を止めにいこう」

鷹風「お前一人で何をできる?」

疾風「一人じゃないだろう?」

提督「......この事件死者出る前に、特殊対応艦隊の第一艦隊は彼女達をシャドー艦隊の出る前平息せよ!」

疾風「はッ!」

提督「彼女早過ぎる......全部「撃沈」せよ」

疾風「了解......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鷹風「......お前本気か?」

疾風「ああ......」

疾風「あの映像の中に後ろで立っていたの黒いマントを着いているの少女は貴方にとって重要の人物だろう?」

鷹風「!?」

疾風「......あの映像見ているの時、あの子しか目に入れなかった」

疾風「......今何も言わなくでもいい、このあとゆっくりで話しよ」

瑞翔鶴「旗艦さん、同行できますか?」

疾風「......許可します」

アスカ「出撃準備は終った、いつでも出撃できます」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 14:34:04.15 ID:jp4bVl1b0
大和は一つの艦隊を率いて、大本營へ向かっていく

その途中......疾風は彼女達の後ろへ接近していた

大和「着たか......疾風」

疾風「なんでこんなことをする!」

大和「......今やらなきゃ、私達は次の順番だった」

大和「敵に利用されているのは第七鎮守府の第一艦隊だ......彼女達以外誰も行方不明になっていた」

大和「間違いなく......私達も......」

疾風「......人を助けるのに、人に嫌われるなんで......退屈だな」

疾風「......でも、今貴女達のことを許したら......全世界の艦娘は一気に全世界の敵になる」

疾風「時間は早すぎる!」

木曾「......」

天龍「......」

大和「疾風こそ! 私達と一緒に戦えませんか!」

大和「天白の魂を引き続けているの貴方なら......」

疾風「断る......」

大和「......残念だったわ、全艦! 第二鎮守府の艦隊へ攻撃を!!!」

疾風「総員攻撃態勢よ! 瑞翔鶴さん!」

ここに向かってくるの艦載機は瑞翔鶴の艦載機に打ち落とした

瑞翔鶴「......アルタイル隊!! 自由射撃よ!!」

-了解! 敵を撃ち落せ!

疾風「撃って!!!......!?」

「邪魔をするな!!!」

疾風は右へ避けていくと

高速で接近してくるの何か迫ってきた

「ちッ......外れたか!」

鷹風「アイリス!!!!」

鷹風はアイリスを捕まって戦場から離れた

疾風「......撃ち方を緩るな!! 撃ち続け!!」

疾風「木曾! 天龍!!」

木曾「了解!」

天龍「周りの俺に任せろ!!」

疾風「大和!!!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アイリス「ルビレス!!!!!!!」

鷹風「アイリス!!!!!」

距離を離れて、お互いに向かって射撃始めた

鷹風「......互角か......」

アイリス「......なんでだ......なんで私を邪魔をする!!!」

鷹風「......そんなことしでも、皆戻れないんだ!!」

アイリス「だから? だからあんなことを許すのか? 馬鹿じゃない!」

鷹風「早過ぎるよ! 世人はまだわたし達を認識していない......今貴女達やっているのはまるで艦娘は深海棲艦より怖いの物みたいに教えるだけだ!!」

アイリス「はッ! 待つだけで......皆は私許すか!!!」

鷹風「......私......許すよ」


49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 14:48:10.59 ID:jp4bVl1b0
アイリス「......うわああああああ!!!!」

鷹風「......来い!!!」

砲門を捨ていて、配備したの剣を抜け出す

お互い向かって振り切った

......その途中は全部高速の戦いだった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
飛龍「邪魔をさせない!!! 大和さんの邪魔をしない!!」

天龍「......知ったことか! お前らを止めなければもっと厄介なことになるよ!」

木曾「......」

まるゆ「......」

木曾「潛水艦なのに私の服を......」

まるゆ「......答える必要はない」

木曾「ふッ、そうだな!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
曙「......」

瑞翔鶴「......自分だけ普通だと思うか?」

曙「......皆強すぎるよ、私はまるで......」

瑞翔鶴「この悔しさを憶えて、自分なり強くなっていけぇ」

-深雪!!

-吹雪! クルナ!!

瑞翔鶴「......なんだ?」

曙「......第三艦隊の深雪と吹雪!?」

瑞翔鶴「なんでこんなどころ......まぁ......」

瑞翔鶴「私を守れ......曙!」

曙「......はい!」

瑞翔鶴「無人機! 射出!!......全機シンクロ!」

天白の戦いから、瑞鶴は天白みたいに四機以上の機体とシンクロすることができた

四機の機動は突然強くなって......戦場の周りにいたの吹雪と深雪に向かっていく
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
深雪と吹雪はなぜここにいるか?

それは......深雪勝手の行動だった

突然姫級の敵を見たの後、まるで狂っていたのように

深雪「貴様!!!!!!!!!」

吹雪「深雪!? きゃあああ!?」

姫級へ向かって接近戦を始めた

そして......姫級は突然叫びだした......

それ......それで深雪は突然体は黒くなっていた

「ワレノナカマニナレ!!!!」

吹雪「深雪!!」

深雪「吹雪! クルナ!!」

深雪「キャアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!」

吹雪「深雪!!」

姫級はどこに消えた

深雪は......まるで深海棲艦みたいになっていた

深雪「キャアアアアアアアアアアアアア!!!」

吹雪「......そんな、深雪!!」

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 15:08:27.98 ID:jp4bVl1b0
深雪「キャアアアアアアアアア」

-そこの吹雪! 聞こえる!!

吹雪「はい!」

-......あれは間違いなく、深海棲艦化を進めている

-......彼女を「撃沈」しましょう!

吹雪「そんな......できない!」

深雪「ふ......ブキ、ワタシヲ......コロシテ......」

吹雪「そんなのできない!!!」

深雪「......ナラ......ワタシヲタスケテくれ」

-彼女を「撃沈」するんだ!! 殺すじゃない!!

吹雪「どういう......きゃああ!?」

-現代の艦娘深海棲艦化するの理由は......艤装不適用と......体の病気とか自分の抵抗力は弱くなる

-今は完全に変化していない! そのために......彼女を撃沈せよ!

吹雪「......そんなの......」

深雪「......吹雪......チイサイノコロヒーローニナリタイジャナイカ......吹雪なら......できr......キャアアアアアアアア!!!」

吹雪「!?......d......でも」

-弱気する場合か! 早く!!!

吹雪「......う......」

深雪「......ワタシノカワリニアイツを......」

吹雪「わかった......わかったよ! 深雪......」

吹雪「痛いけど......耐えてね......」

吹雪は魚雷を足の下に放置して......

吹雪「私は深雪を助ける!!! 私は英雄になる!!!!」

吹雪「英雄に......なるうううううううううううううんんんんんんんんんんんんんんんだあああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

足を気にしなく、深雪の艤装を向かって......飛びキックをした

......その後......吹雪の足は魚雷に壊されてしまった......

でも......深雪は無事に生還した......

艤装は完全に壊れたの共に......吹雪の艤装に入り変った

吹雪「きゃああ......わたし......やったよ......」

走りかけてきたの成員は彼女達を連れて鎮守府に戻った
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大和「......駆逐艦なのに、艤装の中にもう一つの魂を感じえる」

疾風「......」

大和「......どうちか間違いか、戦いに決めましょう!」

疾風「......大和さん」

疾風「わかった......行きます!」

疾風は大和に向かって砲撃を始めた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天龍「艦載機だけで飛ばすな!」

飛龍「......そう、なら......矢を撃つそ!」

天龍は艦載機を一つ一つを切り落とした

木曾「うおおおおおお!!!!!!」

まるゆ「......強い......やはり木曾さん強いよ」

まるゆ「......でも......経験は違う!!!」

木曾「そうだな! 次で勝負だ!!!」

51: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 15:26:29.15 ID:jp4bVl1b0
アイリス「キャア!」

鷹風「よ......くッ!?」

アイリス「甘いわよ!!!」

アイリスと鷹風の戦いは続けた

でも......アイリスは途中異状を現れた

アイリス「......うッ!?」

鷹風「貰う!!!」

アイリス「まずい!?......えっ?」

鷹風「......」

鷹風は剣をアイリスの目の前で止めていた

そしてアイリス焦って振り出したの剣は鷹風の素手で止めた

鷹風「勝負が決めたよ、アイリス」

アイリス「......なんで......素手で......」

鷹風「もうやめろよ、アイリス」

アイリス「......なんで......痛くないの?」

鷹風「......痛いけど、貴女感じたの痛いさと比べばとっても小さいよ」

アイリス「......そう言って、誰も守れないじゃないか」

鷹風「あるよ......アイリスを助けたの......私の唯一できたの正しいことだよ......」

鷹風「だから......私を一人置いていかないで、アイリス」

アイリス「......光......」

アイリス「......私の負けね......」

アイリス「もう......放しませんよ」

アイリスと鷹風はお互いを抱きしめて......お互いキスを交わした

電「あわわわわわわわ~!!」

第八鎮守府を盗めで抜いた、一人で疾風たち救援しに来たの電は突然のことに驚いた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大和の砲撃を避けなく、大和へ向かって攻撃始めた

大和「......その装甲......長門のか!?」

昔の知り合い-長門の硬いさを一番知っていたの大和は疾風の硬いさ正体を気ついた

大和「......やはり......あの時から違和感はその物か!!」

大和「......はッ......ははははは!!!!」

大和「......おかしいよ! お前!!!!!」

疾風「うわああああああ!!!!」

疾風「馬鹿野郎が!!!!!!!!」

まるで友の声を聞こえた

長門の声は脳内で再生した

大和「......きゃああ!?」

大和の砲門を射撃の前に壊して

道を止められたの弾は砲門の中に爆発した

大和「......くッ......まだ......!?」

ライフル型の砲門は頭に狙っている




52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 15:44:57.26 ID:jp4bVl1b0
疾風「......勝負あり」

大和「......」

大和「私の負けだ」

(ポン!)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まるゆ「......えっ?」

何か始まったのかわからないけど......まるゆの負けだった

理由は......木曾持っていたの刀は一つだけじゃなかった

木曾「まだ助けられたな、相棒」

木曾「もし勝負は技術だったら、俺の負けだ」

木曾「でも俺は一人じゃねえ」

かつての友-天龍の刀はまるで木曾を守るために

まるゆの腹の前に止めた

飛龍「やめなさい!」

天龍「げッ......俺の負けだよ」

木曾「わかった......艤装を渡せれば、まるゆを貴方に渡すよ!」

飛龍「こうちは人し。。。。。。」

木曾「知るか!」

飛龍「......」

天龍「......おい、こいつは本気だそ! もし俺死んだら誰もここで死ぬぜ!」

飛龍「......くッ......私達は死にたくないだけだ!!! なんで......死ねねばいけないの!!!」

木曾「だから......生かしてやると言った!」

木曾「艤装を渡せ!!!」

飛龍「......えっ?」

木曾「......今度こそ耐えるよ!」

飛龍とまるゆの艤装を破壊した
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大和「......え?」

疾風「よし! いきなさい!」

大和「......なんで?」

疾風「......耐えろ、機会はいつかあるんだ! その前......耐えるんだ!」

大和「......」


54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 21:14:44.58 ID:KxWKYE6h0
>>53
WHAT!?
Get the pooooooooowwwwwwwwwwwwwwwwwwwwweeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeerrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
突然英語で応事すると思わなかったよ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こうして......
主犯大和そして彼女艦隊の艤装を破壊するだけで済みた

......彼女達「撃沈」したということをやりつけた
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
提督「よくやった......これでなんとかなった」

疾風「そうだ......彼女達の中に離反者を見つけたんだ」

電「......はい!私は電です」

提督「よろしくな」

アイリス「......」

疾風「彼女も離反者の一人だよ、私の妹的な方で」

提督「......」

アイリス「......なんだ?」

提督「......目撃者なしですか、いつかばれるだろう?」

疾風「かもね~ でも......僕の家族を触ってみろう?」

疾風「後悔させてやるよ」

提督「......ならいい」

提督「貴女の情報すべて上書きさせて貰うよ」

アイリス「構わない、もう家族はいませんよ」

疾風「修正ノック!」

アイリス「いたッ!?」

疾風「僕と鷹風もいるだろう?」

アイリス「......」

疾風「そういうこと~これからよろしく~」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
吹雪「み......ゆき?」

「もう深雪じゃないよ......適合の艤装を見つかる前に、暫くここに離れることになるよ」

吹雪「そうか......あれ? 足がいる......たしかに......」

瑞翔鶴「深雪の艤装の御蔭て、貴方の足は無事に再生したよ」

吹雪「......そうか......」

瑞翔鶴「あの時の貴女は不思議な力を使っていたわ......」

吹雪「......分からないけど......なぜできるのだろう?」

「......まぁ、それは本当の私の艤装じゃないから......もし適合の艤装を見つけたら、ここに戻るよ」

吹雪「私も......英雄になる」

吹雪「待てるよ!」

瑞翔鶴「......貴女の力......ちょっとお薦めの所があるよ」

吹雪「?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鷹風「どうだ?」

疾風「無事に受け入れたよ」

木曾「それはよかったな......」

鷹風「......ありがとうございます」

疾風「いいえいいえ~」

鷹風「......私の名前は田井中 光......任務名はルビレス」

木曾「なんだって!?」

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 22:38:23.70 ID:KxWKYE6h0
鷹風「......なんだ......知ってるか」

木曾「いいや、知らんな......でもルビレスなら聞いたことある」

鷹風「悪魔とか......な?」

木曾「人性のない悪魔っとな」

鷹風「それはひどいな......」

疾風「はいはいこうちに向いて~」

鷹風「うわああ!?」

鷹風は突然声を出して、後ろ跳んで行く

木曾「あれ?」

疾風「......昔......何かあっただろう?」

疾風「例え、男に何かされてしまったのか?」

鷹風「......」

アイリス「それ本当ですか!?」

鷹風「......ああ」

鷹風「昔の任務で失敗したことがあってな......」

鷹風「依頼人の罠に落ちてしまって、なん週間で拷問でも言えるのことにされた」

鷹風「......あれもされたな、性的の物」

アイリス「......じゃあ、なんでキスしたの?」

鷹風「......この後母さんに助けられ、ようやっくあの地獄から離れた」

鷹風「......でも......一時期人を信用することはできなかった」

鷹風「それでも私は......強要されて、一部隊を作ってしまった」

アイリス「......それが私達でしょう?」

鷹風「ああ......」

疾風「......でも、貴方の状態は一般の対人恐怖ではないな~」

疾風「怖いではなく......性欲だろう?」

鷹風「......ああ、なん週間続けられたから、体に嫌な癖になっていた」

鷹風「初めて気ついたの時は陽華にやってしまったのことだ」

疾風「......」

鷹風「なんでだろう......心臓止められない、体もまるで自分のではないように」

鷹風「母さん止めなかったら、このあと何かなるかわからない」

疾風「......なるほど......」

鷹風「......でもアイリスが一緒にいたら、すべては変った」

鷹風「体もしっかり自分の物みたいに動ける、心臓は同じだけど」

鷹風「......もっと一緒にいたい......的な感じかな」

アイリス「ヤンデレか! お前!!! それは虐めだ!!!」

アイリス「私の訓練だけ厳しいだよ! この悪魔!!」

鷹風「アイリスを死なせたくないから......」

アイリス「......」

鷹風「ようやっく仲間を信頼できるようになったの時、彼女達全滅したよ......アイリス以外」

アイリス「......涙一つ流れていないの貴方......一体何を考えている?」

鷹風「あの時の拷問のせいて......私は泣き方を忘れた」

鷹風「そういうこと......」

アイリス「......だから今日の時、驚いたよ......悪魔らしくないの言葉を言っていた」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/24(木) 23:41:29.72 ID:KxWKYE6h0
鷹風「......私は貴女達を傷つくことは怖いんだ」

鷹風「......だから、これから私の傍に私を止めてくれますか?」

アイリス「......わかったよ、わたしがやればい(ちゅ)......うむ!? ......ひどいな」

鷹風「私こういうどころ......積極的だよ」

疾風「......貴女達これから特殊対応艦隊の第二艦隊に入ります」

疾風「......僕の後ろ、頼むそ!」

疾風「......もし僕人を殺すつもりがあったの時、止めてくれ」

鷹風「人殺すはわたしたちの専門だ......任せろ」

お互いの信念を交換して、誰も壊せないの繋がりとなっていた......
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
桜吹雪「私は桜吹雪......英雄になるの吹雪です!」

疾風「よろしくね~」

桜吹雪「深雪と一緒に、頑張ります!」

疾風「......特長は?」

桜吹雪は前の吹雪と違う、赤いのマフラーをついていた

桜吹雪「ライダーキック!」

木曾「なんだそりゃ......」

疾風「よし! これから貴女は僕の仲間だ!」

桜吹雪「よっしゃ!!」

木曾「なんじゃあそりゃ!?」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
赤城「へぇ~」

疾風「面白いだろう~」

赤城「......ねぇ」

疾風「うん?」

赤城「......特殊対応艦隊に作りあがって一体何をやりたいのか、疾風?」

疾風「......わからないけどね~」

赤城「......これはいつか、後悔することになるよ」

疾風「分かるけど......」

赤城「誰もなれたくないけど、ただ拒否だけちゃ誰も守れないよ」

疾風「......なら、どうすればいい?」

赤城「自分の風にやればいいのよ、疾風」

疾風「......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
木曾「......どうした?」

疾風「......わからないんだ、自分の風にやるで......」

木曾「......俺もわからんな」

曙「珍しい落ち込んでいる......どうした?」

木曾「わからんけど、自分の風にやるってどういうことかなって」

天龍「......哲學的だな」

曙「まさか天龍から哲學に聞こえるとはな......」

天龍「はッ?やる気あんのか? はッ!?」

木曾「天龍やめろ......まったく、子供か!」

天龍「なんだと!?」

疾風「自分の風にか......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 00:04:31.38 ID:eFeMzqYP0
疾風「!?......」

鷹風「聞こえた!?」

アイリス「......なんだそれ......悪意しか感じ得ない......」

疾風「提督! 敵があります!!」

-敵が!? どこだ!!」

疾風「......鎮守府の前方だ......演習を止めろ!」

-しかし......何もないそ

疾風「いいから! 早く!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
暁「ふん......」

電「な......なんでしょうか?」

暁「いいや、なんでもないよ」

暁「気まずい......」

-これより第一戦闘態勢を行う! 速やかに迎撃せよ

-繰り返す! 速やかに迎撃せよ!!

暁「電......ここに残れ!」

電「暁ちゃん!? どこに行くの!?」

暁「戦いだよ!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「ここまで近つく許せるとは......」

疾風「これより敵艦隊を鎮守府海域から駆逐せよ!」

全員「了解!」

天龍「無茶するなよ! 龍田!」

龍田「天龍こそ~」

疾風「攻撃はじめ!!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「くッ!?」

疾風「......切りがない」

鷹風「どうする?」

疾風「今戦うしかいない、それしかいないだ!」

疾風「うわあああ!?」

「ミツケタ!!! カンムス!!!」

疾風「あの時の......」

赤城「疾風!!!」

疾風「来るな!! 来たら......赤城さんやられる」

赤城「あの時の......ならなんとかなるよ!」

疾風「駄目だ! あいつ前と違う!!」

赤城「......第一攻撃隊! 離艦!!」

疾風「くッ......」

鷹風「......冷静を取れ! 早く!」

疾風「うるさい!! ドイツもこいつも馬鹿にしやかった」

鷹風「おい!」

疾風の異常を感じたの鷹風は疾風の前に立ち止めた

鷹風「やめろ!」

疾風「消えやがれ!!!!!!!」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 00:24:35.62 ID:eFeMzqYP0
鷹風「くわあああああ!?」

アイリス「光!!」

鷹風「私は大丈夫だ! 疾風暴走した......」

アイリス「......やばい!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風の暴走は続けていた

気がついたの時、誰に運んで鎮守府に戻った
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「ここは......」

加賀「鎮守府よ」

疾風「加賀さん......うッ......艤装は? 艤装はどうした?」

加賀「壊れたわ」

疾風「そ......そんな」

加賀「赤城は......貴方を守るために、自分防衛機を貴方の周りに置いたんだ、でも彼女は......」

-生きて......疾風

疾風「......あ......ああ......」

加賀「......流人......もう止めろ、艦娘をやめろ」

疾風「......姉ちゃん......」

加賀「......ここに残りましょう、私達は貴方を守りますわ」

疾風「待て......僕も一緒に......」

加賀「もういい! もういいんだよ!!!」

加賀「何時まで自分を無理するつもりだ!!」

加賀「周りの人のために考えろ!!!!」

加賀「......貴方をそこまで迫ってしまったの私も悪いこともあるけど、もういいんだ」

加賀「......お願い、もういいんだ!」

疾風「......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
木曾「......加賀」

加賀「......わかっています、木曾も別れをいいなさい」

木曾「いらねえ、俺は絶対彼の元に戻るよ」

加賀「......そうか、いい仲間に出会ったね」

木曾「そんなことないよ......」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「......うッ」

小さいの頃、姉ちゃん消えたの時本当に怖かった

心のどこか壊れたの気がするけど......あれから僕はみんなの許すを求めていた

......一人したくない......もう一人したくない

鷹風「疾風......私達は貴方を守るよ」

アイリス「心配するな、死ぬつもりはないわ」

曙「......さっさと家に帰れ、二度と会えるな......なんで言えない」

曙「私は貴方の御蔭て、ようやっく艦娘を好きになった」

曙「だから......生きて......お願い」

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 00:35:16.10 ID:eFeMzqYP0
「何を考えている?」

疾風「長門!?」

「......ここに悩む時間じゃねえそ」

疾風「......でも......ぼ......私どうすればいいの?」

疾風「怖いよ......皆私を見てくれないことを怖いよ......失うたくないよ!!」

「なら......自分で戦いなさい」

疾風「天白姉さん......」

「自分の風にね」

疾風「赤城......さん」

疾風「......ごめんなさい......そして、力をかしてください」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天龍「どこにいくつもり?」

疾風「僕の艤装のどころで」

天龍「......」

疾風「手を貸して......天龍」

天龍「勿論だぜ、でも......刀しか貸せるぜ」

疾風「ありがとう」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
疾風「ひでえな......でも......」

疾風「ごめんね、今度こそ......」

疾風「元の姿に戻りましょう、もう怖くないから」

疾風「天白姉さん......長門さん、赤城さん」

疾風「力を......貸して!!」

疾風の艤装は光に巻き込まれた

同時に疾風も体が変っていく

元は......神風の姿怖がった、でも今はみんなのために......もう怖くない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
加賀「......キャアアアアアア!!」

「ははははは!!! 出てこいよ!! ハヤテノ奴!!!」

加賀「狂っているのか......」

木曾「くッ......切りがない」

曙「大丈夫だ、避難を終るまで耐えてくれば!!」

暁「それ言っても、弾そろそろ終わりよ!」

加賀「流人......ごめん!」

突然......鬼は何者砲撃を受けた

「......ハヤテ? ハヤテだああああ!!!!!!!!!!!」

「......疾風じゃない、私は......天白型二番艦-神風だ」

「艦種は航空戦艦......食らえ!!!!」

後ろから砲門を伸ばしていく
敵へ向かって打ち出した

「なんだ!?」

神風「第一攻撃部隊! 攻撃せよ!!」

鷹風「......」

アイリス「......」


60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 00:52:46.70 ID:eFeMzqYP0
木曾「む......胸が......」

加賀「お......大きい」

曙「そんなこと考える場合じゃないだろう!!!」

木曾「......あ、そうだな!撃って!!」

神風「うおおおおお!!!!!!」

まるで戦神みたいに、敵へ突撃始めた

「あははははは!!! ハヤテハヤテ!!!」

神風「消えろ!!!」

鬼へ向かって何回目砲撃を打ち出した

......

「ワタシハ......シニタクナイ」

神風「もう遅い......」

(ぽん!)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この戦いの後、鎮守府の機能を修復するために一ヶ月を掛かってしまった

敵はすべて撃沈した、どうして突然強くなったのか......そして......その戦いの後
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
神風「みんな......帰りましょう」

木曾「変り過ぎよ、お前」

鷹風「......どんな姿でも、ハヤテはハヤテで......今は神風だな?」

瑞翔鶴「......天白型は戦艦なのか!?」

鷹風「特殊種かな?」

アイリス「まぁ、無事はなんよりだな帰還しま......?」

「ニンゲン? 」

神風「......深海棲艦!?」

「マテマテ、ホッボタタカウキハナイ」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
彼女の正体は......

応えなかったけど、初めての友好的な深海棲艦と出会えた

上に利用されないのために、彼女今私達は鎮守府に隠して

情報は報告しなかった
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「あちゃ......見ちゃいました......」

(ドンドン!)

「ヤバイ......早く逃げなきゃ」

「はいはい~お困りますね?」

「誰!?」

「名前はどうでもいいけど、付いて来てね」

「安全を確保するから」

「......わかった、一緒に行きます」

確保されたの彼女その後......艦娘になった
どこにいくのか、もちろん......
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
夕立「地球の平和は私と......」

時雨「ボクが守ります!」

「はい! カット!!」

「相変わらず凄いね!」

夕立「いいえいいえ、みんなの御蔭ぽい」

61: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/25(金) 00:59:48.16 ID:eFeMzqYP0
「夕立さん! 電話です」

夕立「は~い! もしもし......荒潮さん、お久しいぶり~」

夕立「......そうか、もうすぐか」

時雨「いよいよですね」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
神風「皆ついて来いよ~」

曙「わざのだろう! スピードを下ろせ!」

神風「ええ~」

木曾「......まぁ、そんなことだな」

あの戦いから、木曾の態度はちょっと変だ......なぜだろう?

まぁ......まだ一緒に海にいけるも楽しいし

......じゃあな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
五年後......艦娘を駆逐するの法律は正式発布した

......神風率いたの第二鎮守府は革命の中心になって、人間と人間の内戦が......ここから始まる......


                少年「私は疾風型一番艦 疾風になった」
                         完......TO BE CONTINUE

引用元: 少年「私は疾風型一番艦 疾風になった」