1: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/04(水) 01:00:13.72 ID:dqPW9zBL0
朝霜、早霜、清霜の好感度を上げるスレ

結婚はしません

戦後、同居設定


↓2 提督行動安価(上記の艦に対して、初出時は同時にコンマで好感度判定)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1446566410

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 01:09:58.01 ID:FQnM8cZsO
清霜を戦艦に改造

4: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/04(水) 01:13:54.60 ID:dqPW9zBL0
提督「清霜、今から戦艦に―」

清霜「いい」

提督「憧れの戦艦になれるチャンスだぞ?」

清霜「いい」

提督「いいのかせんか―」

清霜「しつこい!」

5: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/04(水) 01:16:18.46 ID:dqPW9zBL0
提督「気を取り直して↓1に↓2しよう」


↓1 艦娘安価(朝霜、早霜、清霜、初出時はコンマで好感度判定)

↓2 提督行動安価

8: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/04(水) 01:24:30.54 ID:dqPW9zBL0
背を向けている清霜に話しかける。

提督「清霜」

清霜「何」

提督「振り向いてくれよ」

清霜「……」

何も言わず清霜が振り向く。
肩に手を置き拳を腹に付ける。


↓2 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/04(水) 08:06:28.68 ID:1zYNzY4fo
2-4-11

13: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 00:31:06.86 ID:NVIUnscE0
1→7


清霜「……やめてよ」

提督「相変わらず柔らかいな」

清霜「やめてったら」

ぶっきらぼうに言い放つと部屋に帰ってしまった。

14: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 00:32:16.47 ID:NVIUnscE0
提督「↓1に↓2しよう」


↓1 艦娘安価(前回と同様)

↓2 提督行動安価

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:33:53.14 ID:okSN62J/o
朝霜

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:35:05.20 ID:iiOMeFvAo
ご飯作る

19: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 00:40:52.25 ID:NVIUnscE0
提督「今起きたのか」

提督「どれ、ご飯作るか」

朝霜「いい」

提督「いいから食えよ」


↓1 メニュー

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:41:25.71 ID:zThwXZKiO
定番のシュールストレミング

21: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 00:42:19.32 ID:NVIUnscE0
↓1 好感度上昇コンマ(2桁目)

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:42:47.34 ID:Ym6Cs7NSO

23: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 00:48:26.30 ID:NVIUnscE0
14→17


朝霜「またそれかよ」

提督「そう言うと思ったよ」

提督「お前の分はこっちだ」

提督「いい匂いだろ?」

朝潮「その匂いでわかんねーよ」

25: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 00:49:20.69 ID:NVIUnscE0
提督「肩身が狭い」

提督「↓1に↓2しよう」


↓1 艦娘安価(前回と同様)

↓2 提督行動安価

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:49:40.01 ID:iiOMeFvAo
早霜

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:49:42.95 ID:g4lgTq/AO
耳掻き

29: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 00:51:11.57 ID:NVIUnscE0
人望のない提督


提督「耳かきしようか?」

早霜「いえ」

提督「いいから寝転べよ」

早霜「自分でやりますから」

提督「そうかい」

31: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 00:53:30.97 ID:NVIUnscE0
提督「同じ家に住んでいると言うのに関係が頗る悪い」

提督「この状況を打開しよう」

提督「↓1に↓2する」


↓1 艦娘安価(前回と同様)

↓2 提督行動安価

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:58:31.08 ID:+Za+oIBRo
朝霜

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 00:58:57.23 ID:xRSvOWJS0
仲良くなるにはどうたらよいか相談

34: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 01:05:00.95 ID:NVIUnscE0
提督「朝霜、仲良くなるにはどうすればいい?」

朝霜「なんでアタイに聞くんだよ」

提督「なんだかんだ言って接してくれるからな」

朝霜「なんだよその理由」

提督「どうすればいい?」

朝霜「……↓2しろよ」

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:05:41.58 ID:fkmroeDQo
忘れろ

38: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 01:09:18.25 ID:NVIUnscE0
提督「忘れる?」

朝霜「なんだかんだ言って接してくるのは司令の方だろ」

朝霜「情なんか忘れて監視してりゃいいじゃないか」

朝霜「ほっといてくれよ」


↓1 好感度上昇コンマ(2桁目)

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:11:43.22 ID:g4lgTq/AO

40: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 01:18:25.67 ID:NVIUnscE0
17→19


提督「俺はお前たちの親のつもりで―」

朝霜「そうゆうのがうざいんだよ!」

朝霜「もう関わってくんな!」

41: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 01:19:29.24 ID:NVIUnscE0
提督「↓1を↓2に誘おう」


↓1 艦娘安価(前回同様)

↓2 場所安価

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:22:20.70 ID:iiOMeFvAo
早霜

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:23:30.53 ID:m2RXMS9S0
海岸で散歩

44: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 01:33:01.19 ID:NVIUnscE0
提督「一緒に海岸に行こうか」

早霜「……」


↓1 好感度上昇コンマ(2桁目)

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 01:36:20.34 ID:g4lgTq/AO

46: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 01:41:25.10 ID:NVIUnscE0
1→4


早霜「遠慮します」

提督「そんなこと言わずにさ」

早霜「行きませんよ」

提督「昔はよくみんなで歩いたじゃないか」

早霜「昔は昔、今は今です」

提督「……無理には誘わないよ」

47: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 01:42:15.14 ID:NVIUnscE0
提督「↓1に↓2をプレゼントしよう」

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 06:39:58.36 ID:iiOMeFvAo
清霜

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 07:08:10.29 ID:kWK0C8wx0
アイス

51: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 23:30:25.16 ID:NVIUnscE0
清霜が帰ってくる。

提督「お疲れ」

提督「アイス食べるか?」


↓2 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 23:32:29.13 ID:yPwBPFFN0
はい

54: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 23:39:16.56 ID:NVIUnscE0
7→8


清霜「食べない」

提督「食べない?」

提督「溶けちゃうぞ」

清霜「別にいいもん」

提督「そうか……」

55: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 23:43:24.25 ID:NVIUnscE0
好感度


朝霜 19

早霜 4

清霜 8


平均 10

57: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 23:48:23.48 ID:NVIUnscE0
朝食を作っていると目覚ましが鳴る。
丁度朝食も作り終わり、朝霜達が起きてくるのを待つばかりだ。
やがて部屋から物音が聞こえてくる。

提督「朝食できてるから早く来いよ」

扉に向かって叫ぶが返事はない。


↓2 朝食時イベント安価

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/05(木) 23:55:43.29 ID:Wiz/pIx1O
全員来ない

60: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/05(木) 23:59:57.55 ID:NVIUnscE0
しかし誰一人として来るものはいない。

提督「部屋にいるから、ちゃんと食えよ」

扉に話しかけても返事はない。
仕方なく自分の分の朝食をもって自分の部屋に入る。
耳をすませていると扉が開く音がし、三人が食卓に付いた音がした。

61: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 00:05:45.51 ID:895Jxjnn0
提督「どうするか……」

すでに三人は学校に行ってしまった。
招集され、教育に必要な時期を戦闘に費やさせた罪滅ぼしだろうか、海軍直々に建てた学校である。
主に軽巡や駆逐艦が通っているが、教師として成人した艦娘も雇っているらしい。

提督「前はもっと素直だったのにな……」


↓1 提督行動安価(午前中)

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 00:06:58.85 ID:KSvGlKK3o
こっそり授業参観

64: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 00:14:01.11 ID:895Jxjnn0
見つからないように教室に向かう。
廊下からでも教師の声は聞こえ、その熱心さが伝わってくる。
深海棲艦との戦いが終わって退役した者たちの多くがここで働いている。
彼らもまた、途方に暮れぬよう雇われたのだった。


↓1 イベント安価

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 00:14:48.83 ID:2RpMhM+eO
こっそり見つからないように帰る

66: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 00:17:15.61 ID:895Jxjnn0
幸い三人は問題を起こすでもなく過ごしていた。
あの態度が家の中だけだとわかって、胸をなでおろす。


↓1 帰宅後提督行動安価(午前)

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 00:18:04.39 ID:e+7wjeq7o
手作り御菓子作り

68: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 00:24:52.37 ID:895Jxjnn0
提督「どんなお菓子がいいだろう……」

提督「↓1がいいな」

69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 00:25:16.65 ID:gox6jA1BO
ゼリー

70: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 00:32:21.96 ID:895Jxjnn0
↓1 制作中イベント安価

71: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 00:36:36.99 ID:KSvGlKK3o
提督の昔の回想が入る

72: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 00:40:30.77 ID:895Jxjnn0
清霜「しれーかん」

清霜「この後どうする?」

提督「艤装外したら台所においで」

清霜「おやつ?」

提督「ああ、そうだ」

清霜「やったー!」

提督「早く艤装を外して手を洗ってきなさい」

73: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 00:42:56.92 ID:895Jxjnn0
ゼリーを作り終え、あらかた家の事を済ませてしまうともうすることはない。
昔のように喜んでくれるかどうか心配だが、いつものように残さず食べてくれるだろう。


↓1 提督行動安価(午後)

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 00:52:13.56 ID:3Q6ExYQVo
おつー
安価なら朝霜の回想

82: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 23:25:36.88 ID:895Jxjnn0
窓の外には海岸線が広がっている。
艦娘となって駆けた海ではない。
しかし、あの時を思い出してしまうのはあの時が最も輝かしかったからだろう。
今はもう海を駆けることもない。
実家にも帰れず一生司令と共に暮らすのかもしれない。
それでもあの頃だったら喜んでいただろう。


↓1 朝霜好感度上昇コンマ(2桁目)

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 23:26:10.80 ID:CZaVM/9eO

84: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 23:30:00.66 ID:895Jxjnn0
19→27


朝霜「……今度話してみるか」

85: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 23:32:56.81 ID:895Jxjnn0
提督「そろそろ帰ってくるころだな」

玄関で待っていると扉が開かれる。


↓2 誰が開けたか

87: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 23:33:35.87 ID:hDNT5D7wo
清霜

88: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 23:39:14.20 ID:895Jxjnn0
提督「お帰り」

清霜「……ただいま」

提督「おやつがあるから手を洗って食べておいで」

清霜「……」


↓1 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 23:39:34.83 ID:KSvGlKK3o

91: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 23:46:17.19 ID:895Jxjnn0
8→16


清霜はなにも言わずに俺の脇を通り過ぎる。
今日も駄目かと思っていると手を洗う音が聞こえてくる。

92: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/06(金) 23:53:18.37 ID:895Jxjnn0
夕食時、三人は部屋に閉じこもっている。
ここに来たての頃は手伝ってくれもしたが、今は一人で台所に立っている。
部屋の中で何をしているのか、呼んでもなかなか出てこないこともあった。


↓2 夕食時イベント安価

93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/06(金) 23:57:08.34 ID:KSvGlKK3o
好き嫌いが無くなっているが無言の食卓

95: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/07(土) 00:04:36.37 ID:9APvng3R0
いつものように無言で箸を進める。
部屋から出てきてくれただけでも良いことだ。
それ以上は望まない方がいいだろう。
食べ終わると各自が風呂場か自室に行ってしまう。
事前に決めているのか、動きはスムーズだ。
食器を洗おうと洗い場に行く。
いつもなら嫌いなものの一つや二つが残っているものの、今日は見当たらない。
それだけでも親代わりとして嬉しさを感じた。

96: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/07(土) 00:06:20.76 ID:9APvng3R0
↓2 提督の寝床イベント安価(場合によっては再安価)

98: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 00:09:38.09 ID:MjqlVQm6O
屋根の上で寝る

99: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/07(土) 00:17:26.82 ID:9APvng3R0
窓を開けて屋根に上る。
夜風にあたりながら物思いにふけるといつの間にか瞼が落ちてくる。
やがて意識が遠のいていき……。


↓2 三人就寝時イベント安価

101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 00:21:47.71 ID:uyGmNdtc0
提督が屋根から落ちて頭を打ち記憶喪失に

103: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/07(土) 00:29:51.46 ID:9APvng3R0
何かが落ちる音がした。
慌てて外を眺めると提督がのびている。
救急車を呼ぶまでそう時間はかからない。

104: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/07(土) 00:30:22.01 ID:9APvng3R0
↓2 誰が看病するか

106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 00:31:12.67 ID:3NetlyLAo
朝霜

108: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/07(土) 00:35:15.68 ID:9APvng3R0
司令は何も覚えていないようだった。
頭を打った衝撃で一時的に忘れたらしい。
少なからず心配する二人を学校に送り、司令の世話をする。


↓2 朝霜行動安価

110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 00:37:09.54 ID:nlKJNW/Bo
学校の事を話す

111: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/07(土) 00:44:59.91 ID:9APvng3R0
朝霜「司令、そういや学校の事なにも話してなかったよな」

朝霜「話してやるよ」


↓1 朝霜好感度上昇コンマ(2桁目)

112: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/07(土) 00:45:55.55 ID:3NetlyLAo

115: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/07(土) 00:53:02.85 ID:9APvng3R0
すごい


好感度

朝霜 32

早霜 4

清霜 16

平均 17


今日はここまで

121: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 00:00:30.47 ID:rgcoASYJ0
一通りの事を話し終えて退屈していないかと提督を見ると、僅かに顔がにやけている。

朝霜「ほんとに覚えてないのか?」

提督「ああ」

朝霜「あたい達のこともか?」

提督「それはわかる」

提督「でもどうして会ってどうして一緒に住んでるんだか……」

朝霜「しょうがねえなぁ」


↓2 早霜、清霜帰宅時イベント安価

123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/08(日) 00:02:13.49 ID:gRDeJeSWo
提督について早霜、清霜二人だけでお話

124: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 00:05:48.33 ID:rgcoASYJ0
清霜「……司令、大丈夫かな?」

早霜「さぁ……わかりませんね」

清霜「うん……」


↓1 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

↓2 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/08(日) 00:06:04.38 ID:NRVl887qO

126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/08(日) 00:06:10.08 ID:xyZkRspEO

127: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 00:11:31.88 ID:rgcoASYJ0
早霜 4→7


早霜「朝霜姉さんに任せておけば大丈夫でしょう」

清霜「そうだね……」

特に心配する必要もなく別の話題に切り替えようとする。
しかし居間の方から提督の悲鳴が聞こえてきた。

128: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 00:35:42.68 ID:rgcoASYJ0
宛がわれた部屋の窓の外を眺める。
景色の奥に広がる海は静かで、とても戦いが起こるとは考えられない。
招集されて早半年、形ばかりの士官教育を受けはれて駆逐隊の司令とのことだ。
なんでも新鋭艦で編成されているらしい。
一体どんな艦娘であるか想像もつかない。
艦娘は素質のある人間をもとに作られるらしいがそれ以外は何も聞いていない。

提督「年頃の娘がねぇ……」

素質というものがどんなものだか知らないが、お互いそれの為に迷惑しているのは間違いない。
背後からノックの音がする。

129: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 00:37:04.89 ID:rgcoASYJ0
入ってきた3人と簡単な挨拶をする。


↓1 3人の様子

130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/08(日) 00:38:05.98 ID:fNfcc/w6o
朝霜は心配そう
他二人は興味なさそう

131: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 00:46:04.14 ID:rgcoASYJ0
3人の内の2人は心ここにあらずといった感じで特に俺には興味がないようだ。
それに比べてもう1人は他の2人を心配そうに見ている。

提督「まずはこのあたりの哨戒らしい」

提督「指令書の通りに動いてくれ」

朝霜「はい」

提督「大丈夫か?」

2人に聞く。

清霜「あっ、はい!」

早霜「……大丈夫です」

緊張しているのか返答がおぼつかない。

提督「よろしく頼むぞ」

132: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 00:49:10.62 ID:rgcoASYJ0
居間に駆け込むと朝霜姉さんの傍らに気を失っている司令の姿が見える。

清霜「どうしたの?」

朝霜「いやぁ、記憶喪失なら叩けば治ると思って……」

朝霜「失敗だったかな?」

司令官は僅かに動いているようでこのまま起き上がるのを待つしかないようだ。


↓2 待っている間どうするか

134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/08(日) 00:50:37.54 ID:gRDeJeSWo
読書

135: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 00:56:05.15 ID:rgcoASYJ0
早霜「本でも読んでましょうか」

清霜「いいかも!」

朝霜「本か……」


↓2 読書中イベント安価

136: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/08(日) 00:58:49.09 ID:gRDeJeSWo
清霜に読めない漢字の読みをを教えてあげる姉二人

138: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 01:13:43.76 ID:rgcoASYJ0
清霜「……これなんて読むの?」

朝霜「これはな―」

いつものように尋ねられた字の読み方を教える。
答えを熱心に聞いている清霜の姿は愛らしい。
司令との間に何があって仲が冷え切っているのか、とても想像がつかない。
以前は仲が良く、暇を見つけては遊んでいる姿が見られた。

朝霜「だよな、早霜」

早霜「ええ、あっていますよ」

139: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 01:17:17.01 ID:rgcoASYJ0
目を開ける。
見渡すと横になって寝ている3人の姿があった。
戦っていた頃は確かに仲が良かったのに、どこで間違えてしまったのか今はぎこちない。


↓2 誰が起きるか(1人だけ)

141: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/08(日) 01:19:04.39 ID:cACiDybxo
朝霜

142: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 01:30:24.34 ID:rgcoASYJ0
朝霜「ん……調子はどうだい?」

提督「いろいろ思い出せたよ」

朝霜「そりゃよかった」

提督「……頼みごとがあるんだ」


↓2 朝霜好感度上昇コンマ(2桁目)

144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/08(日) 01:31:10.93 ID:fNfcc/w6o
ほい

145: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 01:48:31.34 ID:rgcoASYJ0
32→41


朝霜「なんでも聞いてやるよ」

提督「早霜と清霜と仲直りしたい」

提督「手伝ってくれないか?」

朝霜「司令の頼みなら断るわけにはいかねーな」

提督「いいのか?」

朝霜「もちろんさ」

146: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/08(日) 01:50:04.52 ID:rgcoASYJ0
今日はここまで


朝霜 41

清霜 16

早霜 7


平均 21

153: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/15(日) 23:30:48.26 ID:mAS/O7GX0
提督「何をしたらいい?」

朝霜「↓1には↓2だな!」

154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 23:31:24.79 ID:Q5dDKaBuo
早霜

155: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 23:31:47.56 ID:5BC42DQSo
会話

157: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/15(日) 23:42:15.14 ID:mAS/O7GX0
提督「聞いちゃくれないよ」

朝霜「なんでもいいから話してみなよ」

朝霜「しつこいのが司令のいいとこじゃないか」


↓2 好感度上昇コンマ(2桁目)

159: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 23:44:34.73 ID:W6iUzsfAO
ぽい

160: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/15(日) 23:52:22.32 ID:mAS/O7GX0
7→14


休日、部屋から早霜が出てくる。
他の二人はまだ眠っているようだった。

提督「早霜」

早霜「……なんですか」

意外にも返答が帰ってくる。


↓2 会話内容安価

162: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/15(日) 23:56:33.90 ID:9gc/bLOGo
なにか食べたいものあるか

163: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 00:01:18.59 ID:Ncd3WXCl0
提督「何か食べたいものあるか?」

提督「二人に内緒で作ってやるよ」

早霜「……↓2」


↓2 食べ物安価

165: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 00:06:59.92 ID:zBy617BPo
あんみつ

167: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 00:10:03.22 ID:Ncd3WXCl0
提督「朝からか?」

早霜「嫌ならいいです」

提督「すぐ作るから待ってろ」

早霜「……」

168: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 00:13:45.41 ID:Ncd3WXCl0
提督「どうだ?」

早霜「……」

提督「懐かしいなぁ」

提督「4人で作ったこともあったな」

早霜「……」

提督「これ食べたら朝食も食べろよ?」

早霜「……ごちそうさまでした」

169: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 00:14:47.48 ID:Ncd3WXCl0
提督「↓1に↓2でもしてみよう」

170: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 00:15:12.27 ID:ZJdX+0rt0
憲兵

171: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 00:15:35.04 ID:y3jN9i4Xo
清霜

174: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 00:23:36.07 ID:Ncd3WXCl0
憲兵に昔話


居住区の馴染みの憲兵とすれ違う。

提督「ご苦労さまです」

憲兵「どうもこんにちは」

提督「仕事が増えて大変ですね」

憲兵「あなたから言われるとどうも嫌味っぽいですな」

憲兵「しかし昔も今も変わりませんよ」

憲兵「昔は敵に目を光らせ、今は人間に目を光らせ」

提督「……まだありますか」

憲兵「まだまだ少なくないですな」

175: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 00:25:37.08 ID:Ncd3WXCl0
休日の夜、何もすることが無く居間に4人で集まっている。


↓2 イベント安価

177: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 00:26:37.60 ID:qZzfRLfAO
停電

179: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 00:27:59.22 ID:Ncd3WXCl0
すると突然灯りが消えてしまう。


↓2 各人行動安価(全員でなくてよい)

180: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 00:29:12.05 ID:6uAP9Mr10
清霜が懐中電灯探そうとしてこける

183: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 00:35:10.41 ID:Ncd3WXCl0
清霜「懐中電灯探してくる」

そう言って立ち上がったらしい清霜が歩き出す。


↓2 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

185: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 00:35:56.15 ID:6uAP9Mr10
コンマ

189: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 00:41:14.34 ID:Ncd3WXCl0
16→17


清霜「わっ!」

清霜の声の後に清霜が転んだらしい音がする。

提督「大丈夫か?」

清霜「……大丈夫」

しかし、その後動こうとする気配はなかった。

190: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 00:44:08.56 ID:Ncd3WXCl0
料理していると珍しく早く起きた朝霜が台所に入ってきた。

朝霜「みんなでどっか行こうぜ」

朝霜「いざとなったらアタイがなんとかしてやっからよ」

提督「……どこに行く?」

朝霜「↓2」

192: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 00:45:37.50 ID:qZzfRLfAO
ショッピングセンター

193: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 00:50:20.81 ID:Ncd3WXCl0
↓2 ショッピングセンター昔の思い出安価

194: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/16(月) 00:52:03.90 ID:zBy617BPo
無理して大人っぽい服を買おうとする清霜

200: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/16(月) 23:59:54.42 ID:Ncd3WXCl0
清霜「こっちのお店がいい!」

提督「年相応なのにしなさい」

清霜「そんなんじゃいつまでたっても戦艦になれないよ」

提督「服でなるもんじゃないだろ」

清霜「むー」

201: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/17(火) 00:06:07.10 ID:SNGAnhMb0
提督「なんてこともあったな」

朝霜「そうだねぇ」

提督「まぁ、まずは二人を誘ってきてくれ」

提督「話はそれからだ」

202: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/17(火) 00:10:33.23 ID:SNGAnhMb0
提督「艦娘の居住区から出ることになるのだから十分注意すること」

提督「特に電車内では特に注意すること」

提督「何かあったら私に報告するように」

提督「以上だ」

いざ出発という時に3人に言って聞かせる。
居住区を出てしまえば何をされるかわからない。
しかし、身の安全を心配しながら、3人で再び買い物ができることを喜んでいた。


↓2 電車内イベント安価

204: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/17(火) 00:19:44.52 ID:qbwK1vcdO
朝霜が痴漢をとっちめる

205: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/17(火) 00:27:46.10 ID:SNGAnhMb0
電車の中は混んでいた。
すし詰めになって揺られていると隣の女性の様子がおかしいことに気づく。
病気かと言われればそうでもなく、なにやら嫌そうな顔をしていた。
思い当たることはただ一つである。
とっさに手を掴み、叫ぶ。

206: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/17(火) 00:37:34.92 ID:SNGAnhMb0
予定より遅れてしまったが、無事に着くことができた。
朝霜が何やら前方でもてはやされている。
その中に割って入る。

提督「早速だがお昼でも探そうか」


↓2 見つかった店

207: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/17(火) 00:43:02.82 ID:OLcWD4ugO
和風レストラン

212: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/19(木) 00:00:21.31 ID:9X9s35IW0
提督「好きなもの頼んでいいからな」

朝霜「太っ腹だねぇ」

朝霜「早霜達も頼めよ?」

朝霜「折角司令が奢ってくれるんだからな」

清霜「……」


↓2 食事中イベント安価

214: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 00:06:40.35 ID:UB4O16Koo
清霜、好き嫌いしてた頃の回想

216: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/19(木) 00:08:44.51 ID:9X9s35IW0
↓2 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

218: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 00:11:56.78 ID:QqteQL6AO
そい

220: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/19(木) 00:24:36.73 ID:9X9s35IW0
17→24


清霜「これ食べられない」

提督「俺が食べてやろうか?」

早霜「あら、甘やかしちゃだめですよ」

早霜「それに、ちゃんと食べなきゃ戦艦にはなれないわ」

清霜「はーい」

――

清霜(あのあと……)

清霜(……今のままじゃ駄目かも)

221: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/19(木) 00:25:46.03 ID:9X9s35IW0
提督「みんな満腹か?」

朝霜「おう!」

清霜「……うん」

提督「それじゃあ、どこかの店に入るか」


↓2 入った店

222: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 00:28:52.09 ID:rcrLtLnHo
怪しげな占い用品専門店

225: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/19(木) 00:31:40.13 ID:9X9s35IW0
↓2 イベント安価

227: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/19(木) 00:45:21.39 ID:B5baz9K80
怪しげな店員う占いしてもらう

231: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/20(金) 00:00:49.74 ID:2N2vhHBd0
「いらっしゃい」

「占いましょうか」

提督「お願いします」

「……いきます」


↓1 誰を占うか

232: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 00:01:59.06 ID:u0bxBgnSo
朝霜

233: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/20(金) 00:16:39.11 ID:2N2vhHBd0
「いま人間関係で悩んでいますね?」

「例えば妹たちのことや義理の父親のことで」

「あなたはちょうどその人たちの中間にいる」

「そのことで悩んでいるようですが、あなたの妹や父はあなたを愛しています」

「安心してください」

朝霜「……あたい達がこの先どうなるかわかるか?」

「わかります」

朝霜「どうなる?」

「いえません」

234: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/20(金) 00:20:14.98 ID:2N2vhHBd0
清霜「あの人怪しかったね」

朝霜「そうだな」

早霜「……」

朝霜「お!↓1だ」

朝霜「司令官、行こうぜ」


↓1 入った店

237: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/20(金) 00:27:02.10 ID:2N2vhHBd0
提督「ラブリー鳳翔?」

朝霜「今人気みたいなんだよ」

提督「欲しいのか?」

朝霜「まさかぁ」

朝霜「視聴するだけだよ」


↓1 イベント安価

238: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 00:28:10.66 ID:xEbBUBofO
一様にラブリー鳳翔にハマる面々

239: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/20(金) 00:34:37.92 ID:2N2vhHBd0
ヘッドフォンから流れる音楽に耳を傾ける。
作詞作曲の妙もあるだろうが、歌声に心を奪われる。
ヘッドフォンを外しても透き通った歌声は頭から離れない。
ふと気が付くとCDを手にしていた。


↓1 朝霜、早霜、清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

240: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 00:35:16.51 ID:ltdroeuZO

241: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/20(金) 00:41:04.19 ID:2N2vhHBd0
5上昇


清霜「あ、買ったんだ」

提督「衝動買いしてしまった」

早霜「……後で貸してください」

提督「帰ったらみんなで聴くか」

朝霜「いいねぇ」


↓1 入った店

242: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 00:42:04.24 ID:qTAZygcyO
ペットショップ

243: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/20(金) 00:51:54.64 ID:2N2vhHBd0
提督「うちじゃ飼えないぞ」

清霜「見るだけ」

提督「ならいいんだ」


↓1 イベント安価

244: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 00:57:25.73 ID:EDbR/lUto
犬と戯れる早霜

247: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/20(金) 23:45:53.94 ID:2N2vhHBd0
フタサンゴーゴー投下


朝霜 46

早霜 19

清霜 29

248: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/20(金) 23:55:11.51 ID:2N2vhHBd0
早霜が柵に囲まれた犬の腹を撫でている。
犬はなんとも嬉しそうだが早霜の表情はわからない。
そのうちに早霜がその場から離れる。


↓2 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

250: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/20(金) 23:57:23.08 ID:kZC2CYBAO
ぽいぽい

251: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/21(土) 00:04:26.81 ID:fdzc5eJI0
提督「楽しかったか?」

早霜「……全く」

提督「……ごめんな」

早霜「……」


↓1 帰宅時イベント安価

252: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 00:05:15.56 ID:xsLPk0Yto
早霜回想

253: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/21(土) 00:27:05.00 ID:fdzc5eJI0
早霜「司令官」

提督「どうした?」

早霜「手紙、来てないかしら」

提督「お父さんからの手紙か?」

早霜「はい」

提督「南方から南方へ」

提督「今月も来てるぞ」

早霜「そう……よかったです」

254: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/21(土) 00:37:40.03 ID:fdzc5eJI0
↓1 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

255: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 00:38:32.25 ID:EcplaZhRo

256: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/21(土) 00:43:35.87 ID:fdzc5eJI0
19→21


提督「犬、どうだった?」

早霜「……哀れでした」

提督「どうして」

早霜「……」

257: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/21(土) 00:45:18.34 ID:fdzc5eJI0
提督「朝か……」

提督「さて、朝食の準備だ」


↓1 朝食時イベント安価

258: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 00:47:48.96 ID:TA5jEjLAO
朝霜が手伝おうとする

259: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/21(土) 00:52:44.68 ID:fdzc5eJI0
朝霜「アタイも手伝うぜ」

提督「あっちで座ってていいぞ」

朝霜「なんかやるよ」

提督「そうだなぁ……」


↓1 朝霜好感度上昇コンマ(2桁目)

260: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/21(土) 00:54:41.66 ID:xHc3VYgBo
99

261: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/21(土) 01:04:21.10 ID:fdzc5eJI0
46→52


朝霜「ここに来たての頃は4人で一緒に作ったよな」

提督「そうだったな」

朝霜「覚えてるか?」

朝霜「家族との面会が許されたことがあったの」

提督「ああ……」

提督「あの後関係が悪くなったんだよな」

朝霜「……アタイが悪かった」

提督「朝霜?」

朝霜「帰ったら、また話させてくれ」

266: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/23(月) 00:00:13.20 ID:oeC/w0Wv0
扉の開く音がする。
一人で帰ってきたのは朝霜だった。

提督「お帰り」

朝霜「ただいま」

提督「……」

朝霜「着替えたら話すから」

提督「わかった」

267: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/23(月) 00:11:01.59 ID:oeC/w0Wv0
着替え終わった朝霜は部屋から出てくると、机のそばに座った。
机の上には湯気が立っている湯呑が二つ乗っている。

提督「話してくれ」

朝霜「……終戦したての時、一度だけ家族のもとに返された事があったよな」

朝霜「家族や親戚に見送られながらここに帰ったあの日から……」

朝霜「司令も気づいてただろ?」

朝霜「清霜と早霜の様子がおかしくなってた」

朝霜「あんなに司令と仲が良かったのに、突然遠ざけるようになっちまって……」

朝霜「アタイは二人の変化が耐えられなかった」

朝霜「八つ当たりだったんだよ」

朝霜「司令のせいじゃないとは分っていながら司令のせいだなんて言って……」

朝霜「それから話しかけ辛くなった」

朝霜「ごめん」

提督「……」


↓1、2 提督セリフ安価(参考)

268: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 00:15:07.28 ID:IzC13WDYo
話してくれてありがとう

269: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 01:45:53.35 ID:7S/Dda/wo
辛かったな、ごめんな

271: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/23(月) 23:50:58.33 ID:oeC/w0Wv0
提督「……話してくれてありがとう」

提督「辛かったな、ごめんな」

朝霜は俯いたままだ。


↓1 朝霜行動安価

272: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 23:52:46.17 ID:dNZFd+OWo
今までの罪悪感で涙がポロポロ

274: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/23(月) 23:57:47.56 ID:oeC/w0Wv0
しかし、朝霜の膝が濡れていることに気づく。


↓1 提督行動安価

275: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/23(月) 23:58:14.62 ID:7S/Dda/wo
頭なでる

277: ◆6Vn1EAXh6k 2015/11/24(火) 00:03:56.72 ID:Nwg5hcyf0
朝霜の頭を撫でると、次第に声が漏れ始める。
それでも撫で続けていると、耐えきれなくなったのか朝霜が抱きついてくる。
泣いている姿は少女と変わりなかった。


↓1 朝霜好感度上昇コンマ(2桁目)

278: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/11/24(火) 00:04:38.58 ID:+HNrDEqTo

283: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/07(月) 01:05:17.83 ID:2uu/+xPu0
朝霜 57

早霜 21

清霜 29


ヒトマルヒトゴー投下

285: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/07(月) 01:15:41.96 ID:2uu/+xPu0
朝霜が泣き止んだのを見計らって夕飯の準備をする。
丁度よく早霜達も帰って来た。


↓2 夕食時イベント安価

287: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/07(月) 01:23:19.13 ID:7rlzIPslO
以前より少しだけ会話がある食卓

288: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/07(月) 01:27:30.66 ID:2uu/+xPu0
最近、全員が揃って食事をすることが増えた。

提督「おいしいか?」

嬉しさについ口にしてしまうが、それにも短く答えてくれることが多くなった。
清霜も僅かながらに感想などを言ってくれる。

289: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/07(月) 01:29:13.14 ID:2uu/+xPu0
今日はここまで


↓2 提督行動安価(平日)

291: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/07(月) 01:37:14.80 ID:RRwgtJAoO
他の夕雲型に出会う

293: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/07(月) 23:30:15.44 ID:2uu/+xPu0
↓2 会う夕雲型の艦娘

295: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/07(月) 23:38:27.20 ID:Kvv/mgHMo
長波

296: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/07(月) 23:43:01.00 ID:2uu/+xPu0
↓1 提督の用事

297: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/07(月) 23:43:27.83 ID:XnBR5ct7O
暇つぶし

298: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/07(月) 23:57:18.80 ID:2uu/+xPu0
長波「なんの用だよ

299: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/08(火) 00:01:05.11 ID:mkFxsLiq0
提督「暇つぶしだよ」

長波「こっちは忙しいんだよ」

提督「玉の輿だもんなぁ……」

長波「何言ってんだよ」

提督「……↓1の好物、なんだか知ってるか?」

長波「はぁ?」

長波「↓2だろ」


↓1 朝霜、早霜、清霜のいずれか

↓2 食べ物

300: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 00:01:52.31 ID:boOMo2QVO
清霜

301: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 00:02:03.19 ID:gPRnZxLDO
シュールストレミング

302: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/08(火) 00:03:41.98 ID:mkFxsLiq0
提督「嘘だろ?」

長波「↓2とかじゃないか?」


↓2 食べ物安価

303: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 00:06:12.77 ID:/bK8F8PWo
ハンバーグ

304: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 00:06:15.52 ID:kfajNOdeO
デザートオムレツ

307: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/08(火) 00:19:19.37 ID:mkFxsLiq0
提督「今度作ってみるよ」

長波「頑張りな」


↓2 長波提督と長波の関係

309: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 00:21:58.88 ID:rNMxFCD6o
オシドリ夫婦

310: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/08(火) 00:30:22.24 ID:mkFxsLiq0
↓2 提督行動安価(午後)

311: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 00:32:20.68 ID:rNMxFCD6o
デザートオムレツ材料買い

313: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/08(火) 00:38:10.80 ID:mkFxsLiq0
提督「洒落たものが好きなんだな」

提督「なにをトッピングするか……」


↓2 トッピング安価

315: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 00:39:36.15 ID:4Fpw1S0AO
みかん

316: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/08(火) 00:45:18.95 ID:mkFxsLiq0
提督「朝霜達の分も作ってやろう」


↓2 オムレツの出来

318: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 00:46:16.50 ID:mqJ8iUTnO
中々いい出来

320: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/08(火) 00:56:35.20 ID:mkFxsLiq0
朝霜「帰ってきたよ」

提督「おかえり」

提督「おやつにデザートオムレツ作ったから手、洗ってきなさい」

朝霜「はーい」


↓2 清霜反応安価

322: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 00:58:04.79 ID:NC2UY7B/o
早く食べたくてそわそわうずうずしている

323: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/08(火) 01:04:51.70 ID:mkFxsLiq0
食卓に並べてあるデザートオムレツを見た途端に清霜がそわそわし始める。
荷物を下し終えた清霜は他の二人よりも早く洗面所に行き、手を洗う。
そしてほかの二人が来るやいなや真っ先に手をつけた。


↓2 清霜食べた感想

325: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 01:07:12.23 ID:jHh+fKbeO
ツンデレ

328: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/08(火) 01:13:12.76 ID:mkFxsLiq0
清霜「し、司令官にしては上出来じゃない?」

提督「そうかそうか」


↓2 他の二人の反応安価(清霜好感度上昇コンマ 2桁目)

329: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 01:15:11.83 ID:rNMxFCD6o
朝霜ー清霜をからかう
早霜ー無表情(完食)

331: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/08(火) 01:20:37.96 ID:mkFxsLiq0
29→33


朝霜「とか何とか言って完食してんじゃん」

清霜「まあまあおいしかったから……」

朝霜「だとよ、司令」

提督「もっと腕をみがくからな」

清霜「もう知らない!」

清霜が部屋から出て行ってしまう。

早霜「ごちそうさまでした」


↓2 早霜好感度上昇コンマ(各桁の小さい方)

333: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 01:31:27.04 ID:52nEoz7kO

335: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/08(火) 01:43:26.26 ID:mkFxsLiq0
上昇なし


早霜が清霜の皿も一緒に洗い場へと運ぶ。

朝霜「早霜も完食だったな」

提督「ああ」

朝霜「夜も期待しといてやるよ」

提督「任せておけ」


↓2 夕食時イベント安価

337: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/08(火) 01:51:23.78 ID:/bK8F8PWo
清霜が皿の用意をしてくれている

341: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/09(水) 23:50:42.79 ID:8eBUrEgD0
夕飯を作っていると背後から音がする。
振り向くと意外にも皿を持った清霜がいた。

清霜「お皿、これでいいの?」

提督「ああ」


↓2 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

343: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/09(水) 23:56:35.71 ID:Dg7ExYhIO

344: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 00:01:14.22 ID:CcbtExfo0
33→40


提督「清霜」

清霜「何?」

提督「手伝ってくれたお礼だ」

おかずを摘まみ、持ち上げる。
清霜の開けた口に咥えさせる。

朝霜「あー!」

朝霜「なんだよずりーなぁ」

提督「手伝ったご褒美だからな」

朝霜「はーい」

345: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 00:05:58.45 ID:CcbtExfo0
一人残された部屋の中、溜まっている家族からの手紙を取り出す。
字は近頃乱れ始めてきていた。
部屋の外からの楽し気な笑い声にため息が出る。


↓2 夜、イベント安価

346: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 00:09:41.19 ID:eFkEUQ0QO
早霜が提督の部屋に来た

348: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 00:13:32.78 ID:CcbtExfo0
布団の中に入って体を温める。
今日は慣れないおやつを作るなど、疲れてばかりだった。
瞼が落ちかけていると戸が開く音がする。

早霜「提督……」


↓2 早霜行動安価(健全)

349: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 00:15:39.45 ID:oJv0Meaio
小さく謝る

351: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 00:20:39.08 ID:CcbtExfo0
ばれてない?


早霜「……ごめんなさい」


↓2 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

353: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 00:21:39.18 ID:IIsKtaXao
高め

354: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 00:25:31.41 ID:CcbtExfo0
21→22


提督「……どうした?」

しかし返事はなく、影は消えていった。
これは夢なのか現実なのか。
わからないまま瞼は落ちていった。


↓2 朝イベント安価(平日)

355: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 00:32:37.41 ID:k/XvZglqo
早霜の身辺調査

357: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 00:40:06.93 ID:CcbtExfo0
提督「早霜の身辺調査を頼みたい」

憲兵「なにかやらかしましたか」

提督「いや、なにも」

憲兵「なら手荒な真似はできませんね」

憲兵「家族構成ぐらいなら明日にでも報告しますよ」

提督「お願いします」


↓1 提督昼行動安価(平日)

358: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 00:43:22.33 ID:yD3f6ly7o
料理本を買いにいこう

359: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 00:44:46.62 ID:CcbtExfo0
提督「さて、こんなものだろう」

提督「これで料理の幅が広がるな」

提督「あいつらに↓2でも作ってやるか」

361: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 00:55:27.29 ID:IIsKtaXao
天津飯

362: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 00:59:12.02 ID:CcbtExfo0
朝霜達の前に天津飯を並べる。

提督「力作だ」

提督「食べてみてくれ」


↓1 食事中イベント安価

363: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 01:03:24.54 ID:k/XvZglqo
早霜の好みにクリティカルだった模様

364: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 01:07:19.70 ID:CcbtExfo0
↓1 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

365: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 01:08:48.16 ID:6GUqsaBNo
いい風吹いてる

367: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 01:13:02.30 ID:CcbtExfo0
22→23


早霜「おいしい……」

提督「それはよか―」

早霜の頬には涙が伝っていた。

提督「早霜?」

早霜「熱いだけです」

朝霜「そんなわけないだろ」

清霜「どうしたの?」

3人が一斉に顔をのぞき込むが、早霜は俯いてしまって顔が見えない。


↓1 夜、イベント安価

368: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 01:16:12.52 ID:6GUqsaBNo
清霜と朝霜が二人だけで夕食の時の早霜について話してる

369: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 01:26:01.03 ID:CcbtExfo0
清霜「……何があったのかな?」

朝霜「早霜のことか?」

清霜の髪を洗いながら答える。
入浴の際には3人で洗い合っていたが、今は早霜はいない。

清霜「泣いてたよね」

朝霜「ああ」

清霜「……何かできないかな?」

朝霜「……前よりもあたいらと距離置くようになったよな」

朝霜「冗談も言ってくれなくなったしよ」

清霜「うん」

朝霜「……今は聞かないでおこう」


↓1 朝、イベント安価(平日)

370: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 01:36:19.63 ID:IIsKtaXao
清霜寝坊

372: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 01:50:06.08 ID:CcbtExfo0
清霜「今何時?」

提督「遅刻だよ」

清霜「しまった……」

提督「今から行っても間に合わないぞ」

清霜「でも行かなきゃ」

提督「休むって連絡しといたから」

清霜「え!?」

提督「今日一日遊ぼう」

376: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/10(木) 23:55:14.39 ID:CcbtExfo0
清霜を待っている合間に憲兵と会う。

憲兵「早霜の家庭のことなんですがね」

憲兵「父親は南方で戦死、今は母親一人の暮らしのようです」

提督「ありがとう」

提督「参考になるよ」


↓1 清霜の服装

↓2 清霜と行く場所

377: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 23:56:49.66 ID:mETfHKh2o
寒いからか割とモコモコの服

378: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/10(木) 23:58:25.32 ID:e6PrnHCMo
動物園

379: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 00:03:06.71 ID:hqJ/hqeJ0
提督「動物園か……」

提督「その格好だと仲間だと思われるんじゃないか?」

清霜「そうかなぁ……」

近くの動物園は決して大きいとは言えないが施設はそれなりに充実していた。

提督「どこに行こうか」


↓2 何をするか

381: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 00:05:19.43 ID:Rho8djUBO
アルカパを見る

382: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 00:06:01.45 ID:hqJ/hqeJ0
↓2 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

384: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 00:08:13.12 ID:DWRYf7rVo
ドラクエかな

385: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 00:12:40.46 ID:hqJ/hqeJ0
40→41


清霜「アルカパ?」

そこにはアルパカを模した張りぼてがあるだけだった。

提督「読み間違えたか」

清霜「……次は↓2の所に行く?」

387: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 00:15:01.10 ID:yInJlRckO
ヒツジ

389: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 00:16:27.96 ID:hqJ/hqeJ0
↓2 羊イベント安価

391: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 00:18:54.40 ID:3mXgGgsuO
羊狩り体験

394: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 00:20:34.02 ID:hqJ/hqeJ0
清霜「羊狩り……」

提督「紅葉狩りみたいなものだよ」

清霜「あっ、そっか……」

提督「とは言っても体験だからな……」


↓2 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

396: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 00:22:32.71 ID:Bow34h3So
ほい

397: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 00:33:19.58 ID:hqJ/hqeJ0
41→48


清霜「ふわふわしてるね」

提督「そうだな」

清霜「もふもふしたいなぁ」

提督「そうだな」

清霜「……楽しくないの?」

提督「予想を裏切られて驚いてるだけだよ」

提督「↓2に食べに行こうか」

399: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 00:35:44.43 ID:3mXgGgsuO
ジンギスカン

401: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 00:37:34.02 ID:hqJ/hqeJ0
提督「腹いせにジンギスカンだ」

清霜「えっ……」

提督「うまいぞー」


↓2 食事中イベント安価

403: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 00:40:42.16 ID:rUr8zKLVO
スンスン泣きながら「美味しい……」(完食)

404: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 00:43:00.06 ID:hqJ/hqeJ0
↓2 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

406: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 00:45:57.14 ID:PnXNbkdno

407: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 00:50:09.85 ID:hqJ/hqeJ0
48→49


清霜「おいしい……」

言葉に反して店内には泣き声が響いている。
それでも清霜は食べ続け、ついには完食してしまった。

清霜「おいしかったよ」

提督「あ、ああ……」

すっかり店内の空気は沈んでしまった。


↓2 行く場所安価(動物園以外)

409: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 00:52:19.18 ID:POI0y5S/O
しばふ公園

410: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 00:58:17.11 ID:hqJ/hqeJ0
提督「落ち着いたか?」

清霜「うん」

提督「ならよかった」


↓2 イベント安価

412: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 01:06:27.58 ID:nY8YaCLIO
ジンギスカンチョイスに腹立てて頭ポカポカしてくる

413: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 01:07:55.21 ID:hqJ/hqeJ0
↓2 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

415: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 01:08:31.55 ID:128MQH/No
任せて

416: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 01:20:03.79 ID:hqJ/hqeJ0
49→54


清霜「司令官」

鋭い声色に思わず息をのむ。

提督「なんだ?」

清霜「美味しかったけど許したわけじゃないから」

提督「……」

清霜「殴らせてよ」

提督「……いいだろう」

何も言わず清霜が拳を振り上げる。
しかし頭に感じた衝撃はとても弱いものだった。
それが何回も繰り返して感じられる。

清霜「ばか、司令官のばか」

清霜「なんであそこでジンギスカンなの?」

清霜「信じらんない」


↓2 提督ご機嫌取り行動安価(お出かけ最終安価)

418: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 01:24:50.02 ID:PnXNbkdno
アイスクリームパーラー

419: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 01:32:30.91 ID:hqJ/hqeJ0
提督「好きなの頼んでいいんだぞ」


↓2 清霜の頼むもの

420: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 01:33:39.33 ID:B7Dt22TKO
宇治抹茶とチョコブラウニーのダブル

421: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 01:34:19.05 ID:p4nxlNXCo
アイスクレープ

422: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 01:37:40.41 ID:hqJ/hqeJ0
↓2 食事中イベント安価

423: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/11(金) 01:38:41.64 ID:PnXNbkdno
提督が頼んだ>>420と途中で交換して食べあう

425: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 01:46:37.19 ID:hqJ/hqeJ0
清霜「ねえねえ、交換しない?」

提督「飽きたのか?」

清霜「ううん」

清霜「司令官のもおいしそうだし、こっちもおいしいから」

提督「よし、そうしよう」

清霜「やった」

426: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/11(金) 02:18:14.78 ID:hqJ/hqeJ0
清霜「司令官」

提督「なんだ?」

清霜「家に帰ったら話したいことがあるんだけど……」

提督「わかった」

429: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/12(土) 01:06:22.51 ID:6HjITR1H0
今日はお休み


↓1、2 小話安価

430: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 01:07:18.50 ID:pPAcdEpKO
早霜とその母親

431: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/12(土) 01:09:26.65 ID:0ksliwn6O
朝霜の奇妙な冒険

433: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/13(日) 00:25:49.55 ID:EDrhya5G0
机を隔てて向かい合って座る。
清霜は俯きがちで、目には不安の色がうつる。

清霜「ごめんなさい」

突然清霜が口を開いた。

清霜「司令官には迷惑をかけてきました」

434: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/13(日) 00:40:28.17 ID:EDrhya5G0
提督「なんであんな態度を取ったのか、理由を説明してくれないか?」

清霜「……私達の体にはまだ艦が残ってるでしょ?」

提督「ああ」

清霜「だから人によっては私達を人間として扱ってくれない」

清霜「艦娘の悪い噂と一緒に勝手な妄想がはびこってる」

提督「それが理由か?」

清霜「ううん」

清霜「前に帰省したことがあったよね」

提督「ああ」

清霜「あのときにね、久しぶりに会った友達と遊びにいったの」

清霜「そしたら、みんなで川辺を歩いてるときに川に落とされちゃった」

清霜「なんだかわからない内に引き上げられて、それで言われたの」

清霜「艦娘なのに浮けないんだ、って」

清霜「聞いてくれれば答えるのにね」

清霜「それからわからなくなっちゃった」

清霜「だから司令官にあたったりして……」

提督「……」


↓1、2 提督応答セリフ安価(参考)

435: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 00:43:50.17 ID:BInnadsko
迷惑なんて思ってくれるな

436: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 00:44:11.35 ID:h/l7+I9lo
だきしめる

438: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/13(日) 00:45:11.93 ID:EDrhya5G0
清霜の隣に座り直し、清霜を抱きしめる。


↓2 清霜反応安価

440: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 00:49:13.84 ID:aPxbxMnGO
ビックリして身じろぎするけど本気で嫌がってはいない

441: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/13(日) 00:57:04.90 ID:EDrhya5G0
清霜が驚いたのか身じろぎする。
しかし本気で嫌がっているようではない。

提督「迷惑なんて思ってくれるな」

提督「今も昔も、大切な娘みたいなものだと思ってる」

提督「いくらそっけない態度とられたって揺るぐものか」

提督「でも、これからは頼って欲しい」

提督「なにかあったらすぐに言ってくれ」


↓2 清霜行動安価

442: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 01:04:09.58 ID:zGswT7gZO
涙ぐみつつうなづく

443: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 01:05:07.65 ID:qRMZ2B0+o
↑+「いいお父さんしてよね」とややからかい気味に

444: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/13(日) 01:19:12.26 ID:EDrhya5G0
清霜は涙ぐみながらうなづいていた。
しかし腕の中で顔を上げると笑いながら言う。

清霜「いいお父さんしてよね」

提督「それじゃあ、いい娘になってくれよ?」

清霜「うん」

445: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/13(日) 01:19:39.30 ID:EDrhya5G0
↓2 夕飯イベント安価

447: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 01:22:30.90 ID:M0ksqIN+o
清霜の様子を見てからか何故か提督を睨んでくる早霜

448: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/13(日) 01:35:48.60 ID:EDrhya5G0
清霜は以前よりも笑顔が増え、よく接してくれるようになった。
しかしそれとは対照的に早霜がなぜか睨んでくる。


↓2 早霜行動安価

449: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/13(日) 01:37:32.89 ID:BInnadsko
提督に忠告

453: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/13(日) 01:42:59.88 ID:EDrhya5G0
食器を片付けた後、自室に戻って休憩していると扉をノックする音が聞こえた。
返事のあと入ってきたのは早霜だった。

早霜「清霜に何をしたんですか」

提督「ちょっと話しただけさ」

早霜「何をするつもりですか」

提督「別になにもする気はないよ」

早霜「……本当かもしれませんが、注意した方がいいですよ」

458: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/13(日) 23:45:26.49 ID:EDrhya5G0
早霜「じゃあ、行ってきます」

「気を付けてくるのよ」

早霜「ええ」

「これから会えなくなるけど、頑張ってね」

早霜「司令官はいい人だから……」

459: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/13(日) 23:58:23.68 ID:EDrhya5G0
朝霜「司令はどこ行ったんだ」

朝霜「ったく」

「あら、迷子ですか?」

朝霜「逆だよ」

朝霜「あたいが探してんの」

「心配ですから一緒に探しますよ」

朝霜「お、ありがとな」

「いえ」

「どこかに行く予定でしたか?」

朝霜「ああ」

朝霜「なんでもラブホに会えるとかなんとか」

「……ラブホ?」

朝霜「今話題のラブホ」

朝霜「楽しみだなぁ」

「……」

朝霜「家族みんなで聴いてるんだ」

「……そうでしたか」

朝霜「お姉さんもしかして知らないのか?」

「はい」

朝霜「そっかぁ」

朝霜「まだ知らない人もいるんだな」

「一緒にそこまで行ければいいのですけど、用事があって……」

朝霜「付き合わせて悪いな」

「いえ、お気になさらず」

460: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/14(月) 00:00:42.95 ID:nRyJlmdT0
↓2 朝イベント安価(平日)

462: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/14(月) 00:14:56.23 ID:To6CoJqco
早霜が起きない

463: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/14(月) 00:31:02.83 ID:nRyJlmdT0
清霜「まだ起きてないの?」

提督「何回か起こしたんだけどな」

朝霜「もう行っちゃうからな」

提督「今日は休ませるよ」

朝霜「ちぇっ」

朝霜「みんなずりーなぁ」

提督「そう言うなよ」

464: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/14(月) 00:32:29.61 ID:nRyJlmdT0
提督「早霜、行ったぞ」

早霜「そうですか」

提督「早く着替えろよ」

早霜「出ていってください」

提督「ああ、すまんすまん」


↓2 午前中どう過ごすか行動安価

466: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/14(月) 00:40:08.74 ID:D8Uhtli9o
普段よりすこし念入りにお掃除

467: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/14(月) 00:43:27.96 ID:nRyJlmdT0
提督「まずは掃除をしようか」

早霜「はい」


↓2 掃除中イベント安価

468: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/14(月) 01:43:32.27 ID:A73yliVro
アルバム発見

469: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/14(月) 01:46:53.05 ID:htHD+JWMo
鎮守府時代の↑

472: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/15(火) 00:00:18.19 ID:muL7z/RE0
押し入れから古びたアルバムが見つかる。
表紙には何も書かれていないが、鎮守府時代のものであることは覚えていた。

提督「懐かしいな」

早霜「ええ、このころは幸せでしたね」

提督「……」


↓2 鎮守府時代の思い出安価

473: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 00:02:55.11 ID:Pg/f453Do
デレデレ早霜

475: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/15(火) 00:07:37.51 ID:muL7z/RE0
早霜「司令官」

早霜「今夜も飲みますか?」

提督「そうしようかな」

早霜「じゃあ、お部屋で待ってますね」

提督「ありがとう」

早霜「いえ、自慢の提督ですから」


↓2 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

477: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 00:21:05.76 ID:UYOLiagWo

478: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/15(火) 00:25:31.14 ID:muL7z/RE0
23→30


早霜「今は……」

提督「……今は?」

早霜「いえ、なんでもありません」

早霜「はやく掃除しましょう」


↓2 昼食時イベント安価(早霜と提督)

479: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 00:48:24.53 ID:Lb9LIn24o
清霜の好き嫌いについて

481: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/15(火) 01:18:18.90 ID:muL7z/RE0
今日はここまで


↓1、2 夕雲型小話

482: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 01:20:57.92 ID:Lb9LIn24o
おつ

姉達に可愛がられる清霜

483: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/15(火) 01:22:17.57 ID:DzAfsvSQO
意外とちゃっかりしてる巻雲

486: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/16(水) 23:00:27.68 ID:iTfp9G610
提督「清霜に好き嫌いとかあったかな?」

早霜「そうですね……」


↓1 清霜好き嫌い安価(なくてもよい)

487: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/16(水) 23:02:35.09 ID:ZpnyBTSno
匂いがきついものは嫌い

488: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/16(水) 23:07:24.62 ID:iTfp9G610
早霜「匂いがきついものは嫌いみたいですね」

提督「そうか……」

早霜「だから、シュールストレミングなんて食べさせちゃだめですよ」

提督「因みに早霜は何が好物なんだ?」


↓1 早霜の好物

489: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/16(水) 23:10:49.26 ID:I8EZQutSO
カルボナーラ

490: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/16(水) 23:15:44.56 ID:iTfp9G610
早霜「カルボナーラ、です」

提督「そうか」

早霜「私の好物なんか聞いてどうするのかしら」

提督「なんでもないよ」


↓1 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

491: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/16(水) 23:20:48.12 ID:o20Z1dCTo
n

493: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/16(水) 23:25:07.60 ID:iTfp9G610
30→31


早霜「早く食べてしまいましょう」

提督「そうだな」


↓1 午後何をするか

494: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/16(水) 23:28:10.34 ID:dmI5+Nn0o
裁縫

495: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/16(水) 23:29:21.29 ID:iTfp9G610
提督「早霜は何してるんだ?」

早霜「裁縫です」

提督「そうか」


↓1 何を縫っているか

496: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/16(水) 23:31:14.03 ID:ZpnyBTSno
ミシンで布巾を結構な量

497: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/16(水) 23:36:46.30 ID:iTfp9G610
提督「結構な量だな」

早霜「このくらい必要なんですよ」

提督「そうなのか」

早霜「はい」


↓1 提督行動安価

498: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/16(水) 23:40:45.31 ID:dmI5+Nn0o
肩もみ

499: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/16(水) 23:44:59.25 ID:iTfp9G610
↓1 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

500: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/16(水) 23:46:14.90 ID:ZpnyBTSno

501: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/16(水) 23:51:11.09 ID:iTfp9G610
31→40


提督「肩揉むよ」

早霜「あら、ありがとうございます」

提督「ほんのお礼だよ」

早霜「ふふ……そうですか」

提督「なにか困ったことがあったら言うんだぞ」

提督「できる限り力になるから」

早霜「……はい」

505: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/18(金) 00:20:17.17 ID:9/8kT/hV0
↓1 夕食イベント安価(カルボナーラ)

506: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 00:22:36.97 ID:6olX3hSQO
早霜の要望で胡椒多めにかけたら皆むせた

508: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/18(金) 00:30:29.96 ID:9/8kT/hV0
早霜「胡椒は多めにかけましょう」

朝霜「うまいのか?」

早霜「ええ、とっても」

清霜「じゃあ……」

カルボナーラに胡椒がかけられ、一斉に口に入れる。
途端にあまりの胡椒の多さにむせ返る。

早霜「まったく、だらしないですね……」

朝霜「早霜もむせてるじゃないか」

早霜「そんなっ、ことはありません」

清霜「ほらむせた」

早霜「むせてません」


↓1 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

509: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 00:33:27.94 ID:tFYt4R7mo

511: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/18(金) 00:43:00.20 ID:9/8kT/hV0
40→49


戸が開けられる。
入ってきたのは早霜だった。

早霜「司令官……」

提督「なんだ?」

早霜はどこか話しにくそうにしていた。

提督「話してみなさい」

早霜「……迷惑だと思いませんか?」

提督「思わない」

早霜「本当に?」


↓1、2 提督セリフ安価(参考)

512: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 00:46:11.17 ID:6olX3hSQO
むしろ生活に張りが出てきたよ

513: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 00:49:02.53 ID:tYIibDcBO
良い子達ばかりだからな

514: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/18(金) 01:02:24.50 ID:9/8kT/hV0
提督「いい子達ばかりだからな」

提督「むしろ生活に張りがでてきたよ」

早霜「……」

早霜「一つだけ、一つだけお願いがあります」

そう言って早霜が差し出したのは一通の手紙だった。
差出人は早霜の母親であった。

早霜「読んでみてください」

手紙を広げると、そこには実の母が書いたとは思えない文言が書かれている。

提督「誰かのいたずらか?」

早霜が首を振る。

515: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/18(金) 01:08:23.01 ID:9/8kT/hV0
もう一度手紙に目を向ける。
どこからか聞いたのか根も葉もない噂を根拠に書かれているらしかった。

早霜「帰省した時にはこうなっていました」

早霜が目を落としぼそりと言う。

早霜「……助けてください」


↓1、2 提督セリフ安価(参考)

516: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 01:11:35.66 ID:b9BgI17No
言うのが遅いぞ

517: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 01:12:04.12 ID:kvJh/U13o
まかせなさい

519: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/18(金) 01:19:45.41 ID:9/8kT/hV0
提督「言うのが遅いぞ」

早霜「……」

提督「まかせなさい」

提督「一緒に解決しよう」


↓1 提督の対策安価

518: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 01:12:20.39 ID:XnXNFlBpo
どうしたらお母さんに誤解だと分かってもらえるか、一緒に考えよう

521: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/18(金) 01:31:46.97 ID:9/8kT/hV0
早霜「そうですね……」

清霜「あれ?こんな所にいたの?」

提督「清霜か」

清霜「布団にいなかったからびっくりしちゃった」

早霜「司令官と明日の話をしていたのよ」

早霜「明日↓1に連れて行ってくれるらしいわ」


↓2 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

522: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 01:33:22.51 ID:XnXNFlBpo
デパート

523: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/18(金) 01:33:47.86 ID:tFYt4R7mo
映画館

524: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/18(金) 01:35:25.56 ID:9/8kT/hV0
49→57


清霜「デパート!?」

早霜「なんでも買ってくれるらしいわ」

提督「早霜?」

清霜「やったー!」

528: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/18(金) 23:55:42.46 ID:9/8kT/hV0
↓1 朝イベント安価(休日)

529: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 00:03:08.40 ID:5m9D4O1Co
デパート行く用意万全な霜たち

530: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/19(土) 00:11:49.49 ID:Y3hy4QO10
朝霜「準備はいいのかい?」

清霜「うん」

早霜「あら、清霜、糸くずが……」

清霜「あ、ごめん」

早霜「とれたわ」

朝霜「ん、準備万端」

早霜「司令官」

提督「……」

早霜「準備できましたよ」


↓1 電車内イベント安価

531: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 00:17:50.40 ID:jrj5epieo
予定外出費だから多少控えめにしてくれと頼み込む

532: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/19(土) 00:24:10.69 ID:Y3hy4QO10
提督「……予定外の出費だから」

朝霜「なんだ?」

提督「予定外の出費だから多少控えめにしてくれ」

清霜「司令官そんなこと気にしてたの?」

提督「え?」

早霜「ちゃんとみんな冗談だって気づいてますよ」

朝霜「え?」

提督「そうだったのか……」

朝霜「お、おう」

提督「いやぁ、いくらか気が楽になったよ」


↓1 デパート内行動安価

533: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 00:28:39.18 ID:OLsuLkdrO
提督の安堵を無自覚に裏切る早霜

534: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/19(土) 00:36:06.94 ID:Y3hy4QO10
早霜「あら、いいですね」


↓1 高価なもの安価

535: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 00:43:29.59 ID:l9N6uXfYO
ビンテージのワイン

537: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/19(土) 00:45:37.40 ID:Y3hy4QO10
のぞき込むとラベルの剥がれている瓶にワインの文字が書かれている。

提督「ワインか」

早霜「買いましょうか」

提督「それくらいなら買ってもいいぞ」

早霜「ありがとうございます」

提督「どこか見たいところ探しておいてくれよ」


↓1 次に見る場所

538: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 00:52:11.14 ID:jrj5epieo
ブランド洋服店

539: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/19(土) 00:57:44.95 ID:Y3hy4QO10
提督「……」

朝霜「見るだけだから安心しなって」

提督「そうか」


↓1 買うもの

540: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 01:01:29.44 ID:5m9D4O1Co
着物風洋装(10万円弱)

541: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/19(土) 01:06:41.32 ID:Y3hy4QO10
提督「……」

清霜「うわっ、高いね」

提督「そうだな」

清霜「こんなの買う人いるのかな?」

提督「着物なのに洋装はおかしいな」

清霜「そうだよね」

提督「……買おう」


↓1 何着か

542: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 01:11:02.34 ID:7fMLFmGFO
清霜朝霜や提督の分も含めて4着

543: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/19(土) 01:13:45.51 ID:Y3hy4QO10
清霜「4着も買っちゃって大丈夫なの?」

提督「司令官時代の貯金があるからな」


↓1 昼食安価

544: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 01:19:50.78 ID:l9N6uXfYO
蕎麦屋でてんでに注文

545: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/19(土) 01:25:38.23 ID:Y3hy4QO10
朝霜「さあ、頼むか」

清霜「そうだね」

早霜「お酒、合うんですよね」

提督「……」


↓1 昼食時イベント安価

546: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 01:30:29.52 ID:Pyg2UOLNo
一番高いの頼む霜しすたーず

547: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/19(土) 01:39:28.32 ID:Y3hy4QO10
清霜「この店で一番高いうどんください」

朝霜「あたいは一番高いそばな」

早霜「私とこの人に同じのをひとつずつ」

提督「……大した出費じゃないから大丈夫だ」

提督「大した出費じゃ……」


↓1 どこに行くか(デパート外でもよい)

548: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 01:42:41.57 ID:56MJPGhjO
アスレチック遊具多めの公園へ

553: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/19(土) 23:51:31.62 ID:Y3hy4QO10
提督「こんなところにこんなものがあったんだな」

手元の地図を見て思わずうなってしまう。
運動など碌にしていない体はもってくれるだろうか。

清霜「楽しそうでしょ?」

提督「そうだな……」

早霜「さ、行きましょうか」

朝霜「お、おう」


↓1 イベント安価

554: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/19(土) 23:59:43.03 ID:WIeSDlK4o
提督、衰えを実感

555: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 00:00:34.91 ID:6DUjHhZl0
↓1 看病者安価(霜たちから一人のみ)

556: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 00:01:37.36 ID:EfSaf4two
朝霜

557: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 00:09:34.90 ID:6DUjHhZl0
提督「すまないな」

朝霜「いいんだよ」

朝霜「清霜たちについてっただけだし」

提督「そうだったのか」


↓1 朝霜好感度上昇コンマ(2桁目)

558: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 00:10:13.00 ID:5Ts2w8TNo

559: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 00:16:27.45 ID:6DUjHhZl0
提督「朝霜が行きたかったんじゃないのか?」

朝霜「そんな訳ないだろ!」

提督「早霜はワイン、清霜は服、俺はそば」

提督「後は朝霜だけじゃないか」

朝霜「譲ったんだよ!」

提督「そうかなぁ」

提督「ここに来てからずっとにやけてるぞ」

朝霜「なっ……」


↓1 帰りの電車内イベント安価

560: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 00:19:16.92 ID:5Ts2w8TNo
清霜と朝霜が提督にもたれて寝る

561: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 00:27:15.92 ID:6DUjHhZl0
両隣から寝息が聞こえてくる。
遊び疲れたのか清霜と朝霜が肩にもたれて寝てしまっている。
二人の温かさに気持ちがやわらんでいると、清霜の隣に座っている早霜から声がかけられる。

提督「どうした?」

早霜「ありがとうございました」

早霜「私たちにいろいろしてくれて……」

提督「いいんだよ」

早霜「……」

提督「お母さん、大変そうだな」

早霜「はい」

提督「精一杯頑張るからな」

早霜「はい」


↓1 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

562: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 00:35:21.58 ID:G6ERs+Iho

563: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 00:40:06.54 ID:6DUjHhZl0
57→62


早霜「一緒に、来てくれるんですね?」

提督「ああ」

早霜「挨拶ですか……ふふっ」

提督「緊張するなぁ」


↓1 夕食時イベント安価

564: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 00:42:08.72 ID:EfSaf4two
にやけてる早霜をからかう朝霜

565: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 00:44:13.39 ID:6DUjHhZl0
好感度

朝霜 57

早霜 62

清霜 54

566: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 01:00:06.14 ID:6DUjHhZl0
朝霜「なににやけてるのさ」

早霜「なんでもないわ」

朝霜「電車の中からにやにやにやにや」

朝霜「なんでもないわけがないだろ?」

早霜「なんでもありません」

朝霜「そうかなぁ……」


↓1 夜イベント安価

567: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 01:01:42.90 ID:wF4g3vVKo
提督の部屋でうだうだごろごろする清霜

568: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 01:06:52.98 ID:6DUjHhZl0
清霜「司令官」

提督「どうした?」

清霜「ひまー」

提督「俺に言われてもなぁ……」

清霜「今何してんの?」

提督「仕事だよ」

提督「ちょっと待っててくれよ」

清霜「えー」


↓1 清霜行動安価

569: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 01:09:05.85 ID:hFNpPqTUO
提督の頭に顎乗っけてうだうだ続行

570: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 01:15:46.80 ID:6DUjHhZl0
つま先立ちで立って司令官の頭に顎を乗せる。

清霜「しれーかーん」

清霜「ひーまー」

提督「おとなしくしててくれよ」

清霜「はーい」

しかし暇なことに変わりはないので顎を擦り付ける。


↓1 提督行動安価

571: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 01:18:42.81 ID:83IuLMzYO
頭を小さく揺らすささやかな抵抗

572: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 01:24:59.46 ID:6DUjHhZl0
司令官の頭が小さく揺れだす。
負けじと顎を擦り付けると頭の揺れがわずかに大きくなる。


↓1 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

573: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 01:26:06.75 ID:EfSaf4two

574: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 01:34:10.49 ID:6DUjHhZl0
54→61

終いには司令官の手は止まり、もっぱら頭を動かすのに集中しているようだった。
そろそろ疲れて来たので司令の体を抱いて姿勢を保つ。
その頃には暇もなくなっていた。

580: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 23:35:32.82 ID:6DUjHhZl0
↓1 朝イベント安価(休日)

581: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 23:42:12.59 ID:v2rwCkSjO
早霜が早起きして朝食に挑戦

582: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/20(日) 23:47:45.09 ID:6DUjHhZl0
↓1 早霜料理力コンマ

583: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/20(日) 23:50:46.20 ID:3/QXOUv9O
ほい

584: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/21(月) 00:02:29.32 ID:bIBF7cQw0
提督「早霜、起きてたのか」

早霜「はい」

早霜「朝ごはん、作っておきました」

提督「あ、ああ」

提督「ありがとう」

早霜「熱いうちにどうぞ」

提督「いただきます」


↓1 提督反応安価

585: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 00:10:45.42 ID:9gcsiyzuo
頑張ったな

586: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/21(月) 00:19:31.81 ID:bIBF7cQw0
提督「……頑張ったな」

早霜「そうですか……」


↓1 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

587: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 00:30:07.36 ID:mYX0UDMQ0
ソイヤ

588: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/21(月) 00:32:47.97 ID:bIBF7cQw0
62→65


早霜「もっと頑張ります」


↓1 休日何をするか

589: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 00:47:44.52 ID:UA56G541O
市民プールで泳いだり水中歩行したり

590: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/21(月) 01:15:54.24 ID:bIBF7cQw0
↓1 それぞれの服装

591: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 01:19:44.79 ID:0klxiSxUo
霜達 スク水

提督 海パン

592: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/21(月) 01:31:33.42 ID:bIBF7cQw0
↓1 プールイベント安価

593: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/21(月) 01:36:13.21 ID:1RLcRPEdo
客が殆どいないため貸しきり状態ではしゃぐ霜たち

597: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/22(火) 00:41:29.14 ID:LYSFkNSi0
清霜「人少ないね」

提督「今の季節はな……」

朝霜「はやく遊ぼうぜ!」

早霜「慌てないでくださいよ」

提督「寒くないのか?」


↓1 プールでの遊び安価

598: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/22(火) 00:43:41.18 ID:UfF5R5NHO
艤装なしで水面に浮けるか試す霜たち

599: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/22(火) 00:56:01.99 ID:LYSFkNSi0
朝霜「そういやさ、あたい達って偽装なしでも水面に浮けるのか?」

早霜「確かに機械も多少は入っているし……」

清霜「……」

早霜「試してみます?」

清霜「……浮ける訳ないじゃん」

朝霜「やってみたのか?」

清霜「……帰る」

朝霜「清霜!」

慌てて追いかけるが清霜は走って行ってしまった。

早霜「取り合えず司令官に伝えておいてください」

朝霜「わかった」

早霜「私は清霜を追います」


↓1 清霜どこに逃げるか(服装も)

600: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/22(火) 01:06:58.43 ID:FaTj01euo
水着のまま
更衣室の隅

601: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/22(火) 01:16:18.78 ID:LYSFkNSi0
早霜「こんな所にいたのね……」

清霜「……」

清霜は俯いて膝を抱えていた。

早霜「どうしたの?」

清霜「……」


↓1 早霜行動安価

602: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/22(火) 01:18:33.98 ID:ixpCohEko
頭なでなでのあとぎゅっと抱き締めてあげる

603: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/22(火) 01:27:07.54 ID:LYSFkNSi0
いくら話しかけても何も話してくれそうにない。
それならばと、頭を撫でてみる。
すると清霜は嗚咽を漏らし始めた。
辛いことがあったのだろう。
それに直面している自分にはその辛さがよくわかった。
頭を優しく囲むようにして抱きしめる。


↓1 提督行動安価

604: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/22(火) 01:31:47.17 ID:ngPP7PhKO
清霜の抱える悩みをそれとなく朝霜に伝える

605: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/22(火) 01:37:27.38 ID:LYSFkNSi0
提督「実はな、あいつ帰省した時に友達から酷い仕打ちをうけたんだ」

提督「艦娘は人と艦を混ぜて作られる」

提督「だから誤解も受けるし差別もされる」

提督「偶然思い出したんだろうな」

朝霜「そうか……」


↓1 朝霜行動安価

606: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/22(火) 01:43:17.90 ID:/lvoja5mO
素直に清霜に謝ろうとするけどつい余計な憎まれ口を叩いてしまう

607: ◆6Vn1EAXh6k 2015/12/22(火) 01:59:37.39 ID:LYSFkNSi0
今日はここまで


↓1 清霜の状態

608: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/22(火) 02:15:26.23 ID:WIU0UKI4O
早霜のおかげで大分落ち着いている

615: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/01(金) 00:25:55.66 ID:M5P393330
朝霜「大丈夫だったか……」

清霜「早霜姉さんのおかげでね……」

朝霜「その……えっと……清霜もよ、小さい事でくよくよしてないでよ、もっとでっかくいこうぜ」


↓1 清霜反応安価

616: 以下、2016年がお送りします The VIP Service 10th Anniversary! 2016/01/01(金) 00:31:18.13 ID:C0ywf/ZOo
提督に泣きつく(嘘泣き)

618: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/01(金) 00:59:33.44 ID:M5P393330
清霜が俯いてしまう。

提督「朝霜」

朝霜「……」

朝霜が黙っていると清霜が提督に泣きつく。


↓1 提督行動安価

↓2 朝霜行動安価

619: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 01:00:42.15 ID:kmonLCj+o
優しく抱き締める

620: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 01:00:58.46 ID:mVvBIfSHo
あわあわ

621: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/01(金) 01:12:21.06 ID:M5P393330
提督が抱きしめる。
対する朝霜はあわあわするばかりだ。

早霜「朝霜姉さん」

朝霜「早霜……」

早霜「泣いてませんよ」

朝霜「え?」

早霜「嘘泣きです」

朝霜「……」

提督の腕の中からしてやったというように清霜が笑うのを見て、朝霜はため息をついた。


↓1 昼食安価(そこでの出来事も)

622: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 01:17:07.09 ID:0zmvM+V90
カレーハウス
辛口に挑戦して撃沈する朝霜

623: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/01(金) 01:21:45.79 ID:M5P393330
朝霜「……」

提督「大丈夫か?」

朝霜「……」

早霜「そっとしておいてあげましょう」

清霜「辛口なんて頼むから……」


↓1 提督行動安価

624: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 01:27:51.73 ID:C0ywf/ZOo
甘口を追加で頼んで朝霜の分を食いきる

626: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/01(金) 01:30:16.52 ID:M5P393330
提督「甘口追加してください」

清霜「なにしてるの?」

提督「このままじゃ勿体ないからな」


↓1 朝霜好感度上昇コンマ(2桁目)

627: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 01:32:04.54 ID:XpvTHnfzO

628: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/01(金) 01:38:24.13 ID:M5P393330
57→62

朝霜「あんがとよ」

提督「なんのこれしき」

629: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/01(金) 01:40:34.72 ID:M5P393330
好感度表

朝霜 62

早霜 65

清霜 61

630: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/01(金) 01:41:47.87 ID:M5P393330
↓1 午後イベント安価

631: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 02:17:59.16 ID:khpJCA/bo
腰が痛くて動けない提督

635: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/02(土) 23:55:26.32 ID:6lvk9G8g0
提督「ん、痛たた」

清霜「どうしたの?」

提督「腰が痛くなった」

早霜「司令官まさか……」

提督「歳かな」

提督「ここは安全だろうから3人だけで遊んできてくれ」


↓1 どこで遊ぶか(そこで起きる出来事もあわせて)

636: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/02(土) 23:59:01.08 ID:10URcFk1o
公園
公園のベンチで休んでる提督のすぐそばで談笑してる3人

637: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/03(日) 00:06:51.22 ID:kL2be2vx0
清霜「それでね、鳳翔さんが―」

提督「おい」

早霜「なんですか?」

提督「ここでいいのか?」

朝霜「ああ、うるさかったか?」

提督「そうじゃないんだが……」

提督「もっと楽しい所があるだろ?」

清霜「それもそうだけど……司令官がいると安心するから」

提督「清霜……」

提督「よし、何か甘いものでも食べにいくか」


↓1 甘いもの安価(起こる出来事もあわせて)

638: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 00:10:44.88 ID:1d2Lc6cuo
ういろう

話題が羊羮との違いについてに

639: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/03(日) 00:21:50.38 ID:kL2be2vx0
清霜「ういろうと羊羹ってどう違うの?」

朝霜「……」

提督「頼んでみるか?」

清霜「いいの?」

提督「ああ、いいとも」


↓1 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

640: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 00:23:10.96 ID:3q2NHVoZo

641: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/03(日) 00:26:08.38 ID:kL2be2vx0
61→70

清霜「司令官、ありがと」

満面の笑みで清霜が言う。

提督「どういたしまして」


↓1 帰宅時出来事安価

642: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 00:40:50.53 ID:/B+m12Ffo
疲れてしまった様子の早霜をおんぶして帰る
ほかの二人にも今度してあげると約束する

643: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/03(日) 00:51:39.53 ID:kL2be2vx0
早霜「ん……」

提督「疲れたか?」

早霜「少しだけですが……」

提督「ほら」

早霜の前でしゃがみ、うながす。

早霜「ふふふ……では失礼して」

背中に重さを感じる。

朝霜「あ、ずりーぞ早霜」

清霜「あたしもしたい」

提督「今度するから」


↓1 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

644: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 00:53:43.71 ID:1d2Lc6cuo

645: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/03(日) 01:11:58.59 ID:kL2be2vx0
65→72

早霜「お父さんを思い出します」

提督「元気か?」

早霜「南方で戦死しました」


↓1 帰宅後の出来事安価

646: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 01:13:41.04 ID:3q2NHVoZo
朝霜による湿布貼り初体験

647: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/03(日) 01:24:16.29 ID:kL2be2vx0
朝霜「そのままにしといてくれよ」

提督「ああ」

朝霜「腰のこの辺かい」

提督「ああ、そこだったと思う」

朝霜「よいしょっと」

提督「あー初めての感触だよ」

朝霜「へー」

提督「湿布なんて張ったことなかったよ」


↓1 朝霜好感度上昇コンマ(2桁目)

648: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 01:29:50.58 ID:/B+m12Ffo

650: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/03(日) 01:32:10.60 ID:kL2be2vx0
62→67


朝霜「ついに歳とったな」

提督「ああ、悲しいよ」


↓1 夕食時出来事安価

651: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 01:38:17.42 ID:8ZnMdXboO
金剛筋肉の衰えを情け容赦なく指摘する霜たち
拗ねる提督

653: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/03(日) 01:48:30.53 ID:kL2be2vx0
金剛筋肉硬そう


清霜「大丈夫?」

提督「何がだ?」

清霜「筋肉弱くなってるんじゃない?」

提督「そんなことないぞ」

早霜「たまには運動した方がいいですよ」

朝霜「体は大事にしねーとな」

提督「……」

提督「別に弱くなってないから……」

提督「そりゃお前たちと比べておじさんかもしれないけどな……」


↓1 夜の出来事安価

654: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/03(日) 01:59:39.88 ID:6d1zfj5Xo
寝る前にストレッチする提督を
扉の隙間から生暖かかったり優しかったりてんでの目で見つめる霜’s

657: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/04(月) 00:00:36.14 ID:If69rrnJ0
早霜と清霜が司令の部屋を覗き込んでいる。
二人にならって見てみると司令がストレッチをしているところだった。
午後の事が余程応えたのか必死の形相だ。


↓1 霜達合同好感度上昇コンマ(2桁目)

658: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 00:02:54.80 ID:IAml5ocOo

659: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/04(月) 00:11:37.68 ID:If69rrnJ0
好感度表


朝霜 75

早霜 80

清霜 80

660: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/04(月) 00:14:24.25 ID:If69rrnJ0
提督「準備できたか?」

早霜「はい」

清霜「頑張ってね」

朝霜「アタイ達がついてるからな!」

早霜「姉さんたちは学校でしょう?」

清霜「ぐっ……」

提督「それじゃ行くか」


↓1 行きの電車内の出来事(内容によっては再安価)

661: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 00:17:25.89 ID:NXHjRAcko
母親に会う緊張で手が震えてる早霜
そっと手を添える提督

662: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/04(月) 00:45:01.11 ID:If69rrnJ0
窓から外の景色はあまり変わっていない。
何が楽しいのか早霜は出発した時からそれをずっと見つめている。
景色から視線を逸らし、早霜に送られてきていた手紙の文面を思い出す。
母親の字はだんだんと乱れていっていた。
そして早霜は誰にも話さないでそれを隠し、一人で背負い込んでいた。
何故気づけなかったのか、自責の念にとらわれる。
気持ちを切り替えようとまた景色を見る。
ふと視線を早霜に向ける。
よく整然としていられるものだ。
そう思いながら眺めていると、膝の上で握られている手が震えている。
そっと手を添えるが震えは収まりそうにない。


↓1 故郷での出来事安価

663: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 00:52:09.87 ID:tDmTezU2o
余所者の提督に対して明らかにトゲトゲしい態度で迎えられる

664: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/04(月) 00:58:54.88 ID:If69rrnJ0
駅の周辺には黒い服装の男がいた。

何やらこちらを睨んでいる。

提督「はやく行こうか」

早霜「……ごめんなさい」

提督「いいんだよ」


↓1 早霜家での出来事安価

665: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 01:03:51.20 ID:FEQ/SfPHO
とんだxxxxが帰ってきたと態度を硬化させてる早霜母
必死に誤解を解こうとする提督

666: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/04(月) 01:33:56.22 ID:If69rrnJ0
早霜母「改心したかと思えばまさか男を連れてくるなんて」

提督「違います」

提督「私は娘さんの上司です」

早霜母「なにが違いますか」

早霜母「艦娘は男をたぶらかして遊んでいる」

早霜母「男もそれに甘んじてほうけている」

早霜母「みんな情報の通りです」

提督「みんな根も葉もない噂ですよ」

早霜母「あなた達が嘘をついてるんでしょう」

提督「そんな」

早霜「お母さん」

早霜母「あなたは黙ってなさい」

早霜母「どうせ身体でも売って楽しんでるのでしょう」

早霜「そんなこと……」

早霜母「あなたの話は聞きたくありません」

早霜母「出ていきなさい」

何も言わずに早霜が視線を送る。

提督「二人だけで話したい」

提督「すぐに迎えにいくから」


↓1 母親との決着(長期戦)

667: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 01:41:48.51 ID:IAml5ocOo
大分理解してもらえたが、後日鎮守府跡で延長戦を行う事に

668: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/04(月) 01:51:55.57 ID:If69rrnJ0
早霜母「あなたの言いたいことはわかりました」

早霜母「後日そちらに向かいます」

提督「わかりました」

提督「早霜も連れてきましょう」

早霜母「出来ることならそうしてください」

提督「……どういう意味ですか」

早霜母「あの子、売ろうと思ってるんです」

提督「……」

早霜母「あの子がいままでしてきたことへの償いになると思って」

提督「そんなこと―」

早霜母「子供に何をするか、親の勝手でしょう?」

早霜母「今頃捕まってるんじゃないかしら」

669: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/04(月) 02:00:22.19 ID:If69rrnJ0
町の景色は変わっていなかった。
幼い頃遊んだ公園を歩く。
すると大型車が後方で止まり、運転手が走ってくる。

「落とし物だ」

見ると手袋を手に持っている。

早霜「あら、ありがとうございます」

「こんな所で何してるんだい」

早霜「時間をつぶしてるんです」

「そうか……誰かにつけられてないか?」

早霜「いえ……心当たりがありません」

「……ならいいんだ」

「すまなかったな」

そう言うと男は大型車へ走っていった。

674: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/04(月) 23:55:22.10 ID:If69rrnJ0
一人佇んでいるとまた大型車が停まる。
しかし、出てきたのは黒い服装の男たちだった。
複数の男に襲われ、なすすべもなく車に押し込められる。
一人の男が合図すると車はどこかに走って行ってしまった。

早霜「あなた達は誰……」

「お前を受け取りにきたんだよ」

「艦娘なら売られても平気だよな」

早霜「一体誰が……」

「お前の母親だよ」

「罪滅ぼしだとかなんだとかでな」

早霜「……」


↓1 早霜反応安価

↓2 男たち行動安価(味見関係)

675: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/04(月) 23:59:54.98 ID:CIy05GCOO
強がるけど涙が一筋

677: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/05(火) 00:13:30.95 ID:Q981dpMu0
「おい、折角なら俺たちにやらせろよ」

男たちの手が早霜に群がる。
逃げられないように体を固定され、肩や腰を触られる。

早霜「……触らないで」

「強がってるけど泣いてんじゃん」

「かわいー」

早霜「……」

胸に指が触れそうになった時、車が突然止まり、男たちがバランスを崩して倒れる。

「おい、いきなり止まるな!」

「悪かったな」

運転席から振り返ったのは公園で会った男だった。

678: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/05(火) 00:33:33.77 ID:Q981dpMu0
男は席から立つと早霜に群がる男たちを一蹴し、早霜を下す。
早霜は一瞬の出来事に固まってしまっていた。

公園男「おい、大丈夫かい?」

早霜「はい……」

公園男「危ない所だったな」

早霜「はい……」

公園男「ここじゃなんだ、俺のうちにくるか?」

早霜「……」

公園男「別に何しようって訳じゃないさ」

公園男「俺も故郷に帰ってるんだ」

公園男「家が花屋でな、おふくろとおやじでやってたんだが人手が足りないからって呼び出されたんだ」

公園男「どうだい?」

早霜「……」


↓1 早霜男に対しての行動安価

679: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 00:36:02.72 ID:QtyPjZJNO
「電話がしたい」と伝える。連絡するのは提督の携帯

680: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/05(火) 00:49:56.08 ID:Q981dpMu0
早霜「電話がしたいです」

公園男「わかった」

公園男「見張ってるから早くしな」

早霜「ありがとうございます」

急いで司令官の携帯に電話を掛ける。
電話から聞こえてくる司令官の声は息切れていた。

提督『大丈夫か?何もされてないか?』

早霜「はい、助けてもらいましたから」

提督『今どこにいるんだ?』

早霜「わかりません」

提督『……助けてくれた人にかわってくれ』


↓1 何を話すか

681: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 00:54:19.35 ID:PiiUNfzDO
礼を述べた上で素性を問う

682: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/05(火) 01:00:52.28 ID:Q981dpMu0
提督『家の早霜を助けてくれてありがとうございます』

提督『ただ……あなたは一体何者ですか?』

公園男「そんなことより、どうしてあの子を放っておいたんだ」

公園男「あんたは彼女の何だ」

提督『……保護者です』

公園男「保護者?」

公園男「彼女を危ない目に遭わせといてよくそんなことが言えるな」

提督『申し訳ない』

公園男「とにかく彼女は俺の家で預かる」


↓1 早霜は男を疑っているか(疑っていない場合は男に対する感情)

683: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 01:03:16.36 ID:bIpHYlg3o
疑っている

684: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/05(火) 01:10:13.99 ID:Q981dpMu0
公園男「行こうか」

早霜「……はい」

公園男「いやかい?」

早霜「……」

公園男「そりゃそうだよな」

公園男「……迎えに来てもらうか」

早霜「ご両親にですか?」

公園男「ああ、それなら安心できるだろ?」

早霜「……はい」

公園男「とにかく場所を変えよう」


↓1 迎えに来た男の両親の反応

685: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 01:12:12.88 ID:neFFIQbKo
元艦娘と知ってるけど普通に歓迎

686: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/05(火) 01:20:35.32 ID:Q981dpMu0
車が目の前で停まる。

母「さ、早く乗りなさい」

父「いつ追手がくるかわからないからなぁ」

公男「乗るか?」

早霜「……お言葉に甘えて」


↓1 公男の家出の出来事安価

687: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 01:28:14.56 ID:bIpHYlg3o
公男の母は提督、父は憲兵だった頃の写真が飾ってあった

688: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/05(火) 01:35:39.44 ID:Q981dpMu0
早霜「これは……」

公男「おふくろは提督、おやじは憲兵だったんだ」

早霜「……」

公男「もっともおふくろの方は名ばかりの提督だけどな」

公男「何かあった時の予備さ」

早霜「私を助けたのも私が艦娘だからですか?」

公男「誰であろうと助けるのは当たり前じゃないか」

早霜「……」

早霜「ありがとうございます……」

公男「いいんだよ」

公男「保護者がくるまでゆっくりしていきな」


↓1 引き続き家での出来事安価

689: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 01:46:17.45 ID:2r/gnB1wO
自分が拐かされると知っていたのか公男に聞く早霜

690: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/05(火) 01:51:08.00 ID:Q981dpMu0
早霜「私が連れていかれると知っていたのですか?」

公男「いや、君の周りに怪しい男がいたからわかったんだ」

早霜「でも……」

公男「君を襲ってから車に押し込むまでに運転手と入れ替わったんだ」

早霜「……」

691: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/05(火) 01:52:00.61 ID:Q981dpMu0
今日はここまで


↓1 早霜の疑いが解けたか

↓2 早霜の公男への感情

692: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 01:59:36.99 ID:9Gw4nUORO
とりあえず納得

693: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/05(火) 02:02:30.21 ID:bIpHYlg3o
感謝

698: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/06(水) 23:50:31.36 ID:RTcArthS0
早霜「わかりました」

公男「納得して貰えてよかった」

早霜「ありがとうございました」

公男「どういたしまして」

早霜「……」

早霜「……あなたも体目当てかと思いました」

公男「どうしてなんだ?」

早霜「そういう風に見る人もいるでしょう?」

公男「そうだな」

早霜「艦娘は前線にいながら淫らな行為をしていたとか」

早霜「整備士にまで色目をつかったとか」

699: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/07(木) 00:11:07.29 ID:gtekAAbd0
早霜「……怖かったんです」

早霜「いつ沈むかわからない」

早霜「いつ死ぬのかわからない」

早霜「安心したかった」

早霜「だから父親も恋人も作りました」

早霜「そうじゃなきゃ碌に戦えませんでした」

公男「君にもそういう人がいたのかい?」

早霜「はい」

早霜「優しくていい人ですよ」

早霜「今日も私の為に母と話してくれてますし……」

早霜「だから責めないで上げてください」

公男「……わかった」


↓1 帰り際早霜行動安価(公男に対して)

700: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:21:57.11 ID:SUMg6KSj0
丁重に礼を述べる

701: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/07(木) 00:26:59.20 ID:gtekAAbd0
早霜「助けて頂きありがとうございました」

公男「いやいや」

公男「無事でよかった」

早霜「あとでお礼させていただきます」

公男「そんなものいいよ」

早霜「ではまた……」


↓1 早霜のお礼内容安価

702: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:29:26.74 ID:aYADm7gao
お米20kg

703: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/07(木) 00:35:43.14 ID:gtekAAbd0
提督「お邪魔します」

公男「ああ、あがってくれ」

早霜「お礼にあがりました」

公男「お礼?」

早霜「お米です」

公男「なんだか悪いな」

早霜「いえ、受け取ってください」

公男「ありがとう」

提督「案外家から近い場所で安心しました」

早霜「運ぶの大変ですからね」

公男「一体何キロあるんだい?」

早霜「20キロです」


↓1 平日朝出来事安価

704: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/07(木) 00:50:08.82 ID:11UUYtfZO
簡単な護身術練習

708: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/08(金) 00:15:11.94 ID:W0dOX2go0
提督「自分の身は自分で守らなくちゃいけない」

朝霜「それでアタイらを早く起こしたのかよ」

早霜「腰、大丈夫ですか?」

提督「……」

清霜「司令官に教わるんだったら、早霜姉さんの恩人に習った方がいいんじゃない?」

朝霜「お、いいね!」

朝霜「アタイも賛成」

提督「……忙しいかもしれないし」

朝霜「でもこの近くに住んでるんだろ?」

提督「……ああ」

清霜「頼んでみようよ」


↓1 受けてくれるか

709: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/08(金) 00:32:28.05 ID:iQwn6tMwo
提督を立ててやんわりと断る

710: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/08(金) 00:34:32.11 ID:W0dOX2go0
清霜「どうだった?」

提督「やんわりと断られたよ」

提督「近いと言っても電車で数駅だからな」

清霜「そっかぁ……」

提督「会いたかったのか?」

清霜「お礼言いたかったんだけどね」


↓1 夕方の出来事安価

711: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/08(金) 01:00:09.69 ID:cgR27Khqo
早霜を気遣う霜達

712: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/08(金) 01:18:26.94 ID:W0dOX2go0
朝霜「残念だったな、早霜」

早霜「ええ」

提督「なんだ、早霜も会いたがってたのか?」

早霜「はい」

提督「……まさかあの人の事を」


↓1 恋愛感情があるかないか

713: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/08(金) 01:20:31.40 ID:C22NdqIEo
ない

714: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/08(金) 01:24:45.36 ID:W0dOX2go0
早霜「そんなことありませんよ」

早霜「ただお仕事に興味が……」

提督「……大変だぞ?」

早霜「何を想像してるんですか?」


↓1 夕食時イベント安価

715: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/08(金) 01:32:16.60 ID:iQwn6tMwo
護身術を勘違いしてる清霜朝霜達によるあらぶる鷹のポーズ

722: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/10(日) 00:15:16.27 ID:FwHWjyHD0
清霜「ねえねえ司令官」

提督「なんだ?」

清霜「護身術ってこんなのだよね」

清霜が両手を挙げ、曲げた足を前に突き出す。

提督「違うよ」

清霜「そうなの?」

提督「早く手伝ってきなさい」

清霜「はーい」

清霜が台所に向かう。
しばらく仕事に熱中していると背後から声がかけられる。

朝霜「司令官、護身術ってこんなのだろ?」

朝霜が清霜と全く同じポーズを取ってみせる。

提督「違うよ」

朝霜「そうなのか?」

提督「そうだ」

それが確認したかっただけなのか、朝霜が出ていってしまう。
また仕事を始める。
今度はノックの音がして扉が開く。

早霜「司令官、ごはんができました」

提督「ありがとう」

早霜「それと、護身術ってこんなのですか?」

両手を挙げ、片足を突き出す姿は以前見たものと同じだった。


↓1 夜イベント安価

723: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 00:17:57.88 ID:SFh9OqI3o
今日の出来事について話し込む姉妹達

724: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/10(日) 00:27:48.30 ID:FwHWjyHD0
清霜「今日は大変だったね」

早霜「そうね」

清霜「どうやったら戦艦になれるのかな?」

早霜「でも武蔵さん達に迷惑かけちゃだめよ」

清霜「はーい」

朝霜「まぁ、武蔵さんもまんざらじゃなさそうだけどな」

清霜「ほんとに?」

早霜「清霜はみんなから愛されるから……」

朝霜「今度の夕雲型の会合もあれやるのか?」

早霜「やるんじゃないかしら」

清霜「えー」


↓1 朝の出来事安価(平日)


夕雲型の集まり(小ネタ)は本編の休日にて

725: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 00:48:12.02 ID:oGBQZ7VGo
それぞれ個性のでる寝癖のついた霜達

727: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/10(日) 00:56:40.42 ID:FwHWjyHD0
提督「……その髪型どうしたんだ?」

清霜「へ?」


↓1 清霜の寝癖

728: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 01:02:33.10 ID:SFh9OqI3o
普段は内側になってる髪の青色の方しか見えないように折り畳まれてる

729: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/10(日) 01:14:41.50 ID:FwHWjyHD0
提督「真っ青だな」

清霜「そうなの?」

提督「鏡見て来いよ」

清霜「うん」

早霜「おはようございます」

早霜「あら、真っ青ね」

提督「そういう早霜も↓1だけどな」

730: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 01:34:58.70 ID:TJNwgYR9O
前髪がほとんど逆立っておでこ丸見え

731: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/10(日) 01:40:36.02 ID:FwHWjyHD0
早霜「えっ!?」

早霜が蹲る。

提督「どうした?」

早霜「見ないでください……」

提督「わかった」

朝霜「蹲ってどうしたんだ?」


↓1 朝霜の寝癖安価

732: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 01:52:47.49 ID:OWxkpN2VO
アホ毛が三本に増えて右目が見えてる

733: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/10(日) 02:02:37.63 ID:FwHWjyHD0
今日はここまで

↓1 夕雲の現在

↓2 巻雲の現在

734: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 02:19:03.60 ID:0jMBAVSaO
一足飛びで女子大生
おつ

735: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 02:26:27.62 ID:/YZ8q7l0O
メガネ店でアルバイト(正社員間近)

738: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/10(日) 23:50:17.26 ID:FwHWjyHD0
提督「目が出てるぞ」

朝霜「そんなことどうでもいいだろ」

早霜「……もうお嫁にいけない」

朝霜「まさか早霜……」

早霜「司令官との子供がここに……」

提督「早霜!?」

朝霜「司令……信じてたのに……」

提督「誤解だ!」

朝霜「誤解で子供ができるものか」

朝霜「司令官、最低だよ」


↓1 朝食時イベント安価

739: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/10(日) 23:53:39.74 ID:pVx2boqoo
請われるまま早霜のおでこナデナデをする提督と
おでこが大きくなる様を想像する清霜

740: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/11(月) 00:05:36.29 ID:8ka29OxS0
提督「なぁ朝霜」

朝霜「……」

提督「違うんだよ」

朝霜「……ごちそうさま」

朝霜が一人出ていってしまう。

提督「……早霜」

早霜「ごめんなさい」

早霜「まさか信じ込まれるとは……」

提督「早霜からも言ってくれよ?」

早霜「おでこ、撫でてください」

提督「いいのか?」

早霜「髪をあげなければ……」

提督「……わかった」

言われるままに額を撫でる。

早霜「ふふふ……くすぐったいです」

提督「変な感じだな」

清霜「……ねぇ司令官」

提督「なんだ?」

清霜「ううん、なんでもない」

清霜(変な想像しちゃった……)


↓1 昼提督行動安価(平日)

741: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 00:11:07.69 ID:VSVUWwBno
朝霜のご機嫌取りをするべく今から好物の用意に取り掛かる

742: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/11(月) 00:12:17.62 ID:8ka29OxS0
↓1 朝霜好物安価

743: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 00:14:54.38 ID:wl69OJqBo
トロトロお肉のハッシュドビーフ

744: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/11(月) 00:20:12.74 ID:8ka29OxS0
朝霜「用ってなんだよ、早霜」

早霜「ごめんなさい」

早霜「ほんの冗談のつもりだったの」

朝霜「冗談?」

早霜「私が妊娠してるってこと」

朝霜「……」

早霜「まさか信じるとは思わなくて……」

朝霜「……司令官は?」

早霜「気にしてたみたい」


↓1 朝霜帰宅後イベント安価

745: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 00:22:12.63 ID:UJSevIw/o
恥ずかしくて素直には謝れない朝霜

746: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/11(月) 00:29:48.66 ID:8ka29OxS0
朝霜「司令……」

提督「お帰り」

朝霜「その……なんだ」

朝霜「今朝はよ」

朝霜「その……」

提督「どうした?」

朝霜「は、早霜の奴ももう少し考えて欲しいよな」

朝霜「本当かと思って信じちゃったぜ」

朝霜「司令がそんなことするはずないのにな」

朝霜「だから……その……ごめん」

提督「……ハッシュドビーフ、もう少しでできるから期待してろよ?」

朝霜「ほんとか?」

提督「嘘言ってどうするんだよ」

朝霜「ありがとな、司令」


↓1 朝霜好感度上昇コンマ(2桁目)

747: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 00:35:30.88 ID:VSVUWwBno

748: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/11(月) 00:38:32.46 ID:8ka29OxS0
75→83


提督「早霜のことも許してやれよ?」

朝霜「わかってるって」


↓1 夜イベント安価

749: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 00:43:57.42 ID:twkvrnjvO
自分のおでこが変じゃないか清霜が聞きにくる

750: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/11(月) 00:50:11.54 ID:8ka29OxS0
清霜「司令官」

提督「どうした?」

提督「湯冷めしちゃうぞ」

清霜「私のおでこ変じゃないかな?」

提督「どうして?」

清霜「突然気になっちゃって」

提督「普通だと思うけどな」

清霜「そうかな」

提督「気にしないのが一番だよ」


↓1 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

751: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 00:59:08.16 ID:8Lma5M88O

752: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/11(月) 01:11:15.14 ID:8ka29OxS0
清霜「そうかなぁ」

提督「そうだよ」


↓1 風雲の現在

↓2 高波の現在

753: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 01:13:10.33 ID:UJSevIw/o
富豪の令嬢

754: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 01:14:11.72 ID:MEgE+NYio
魚屋

755: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/11(月) 01:20:34.45 ID:8ka29OxS0
↓1 夕雲型会合の開催場所

756: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 01:24:24.18 ID:jC903k6M0
大衆酒場

757: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/11(月) 01:27:43.88 ID:8ka29OxS0
夕雲 女子大生

巻雲 めがね屋アルバイト

風雲 富豪の令嬢

長波 長波提督の妻

高波 魚屋


↓1 会合イベント安価

758: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 01:33:40.77 ID:VSVUWwBno
キャンパスライフトークの夕雲
メガネセールストークの巻雲

759: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/11(月) 01:40:27.59 ID:8ka29OxS0
今日はここまで


↓1 夕雲、巻雲各艦娘の結婚の有無(結婚している場合結婚相手も)

↓2 風雲、高波各艦娘の結婚の有無(結婚している場合結婚相手も)

760: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 01:41:29.26 ID:oac5/D7IO
両方いない

761: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 01:42:40.32 ID:wl69OJqBo
高波にだけいる(魚屋の若旦那)

764: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/12(火) 00:06:54.36 ID:pbX/T4n90
清霜「大学ってすごいんだね」

夕雲「そうですよ」

夕雲「清霜さんも一度見に来る?」

清霜「うん!行く!」

夕雲「待ってるわ」

巻雲「夕雲姉さんは眼鏡かければもてると思いますけど」

夕雲「もうモテてるから必要ないわ」


↓1 巻雲が夕雲に勧める眼鏡

↓2 巻雲が他の夕雲型に勧める眼鏡(一人だけ)

765: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 00:10:38.00 ID:+V6bEGV7o
下側フレームなしピンクメガネ

766: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 00:32:36.59 ID:YKz+yRhto
清霜に勉強ができそうなインテリメガネ

767: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/12(火) 00:48:40.24 ID:pbX/T4n90
巻雲「じゃーん」

巻雲「かけてみてください」

夕雲「どうかしら?」

巻雲「似合ってます」

巻雲「この眼鏡がなんと!」

長波「こんなところで眼鏡売ろうとするなよ」

巻雲「ぶー」

巻雲「清霜にも眼鏡があります」

清霜「私に?」

巻雲「これで勉強できるように見えるインテリ眼鏡です」


↓1 会合イベント安価

768: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 00:50:42.29 ID:6vw70iXoO
酒を頼もうとすると店員から断られる

769: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/12(火) 01:06:43.96 ID:pbX/T4n90
巻雲「すいませーん」

店員「はいご注文承ります」

巻雲「お酒ください」

店員「未成年の方にはお出しせきません」

巻雲「……この二人は既婚者です」

高波「えっ!?」

長波「私達をだしにつかうなよ」

店員「……そのお二人だけになら」

巻雲「じゃあ↓1と↓2をください」


↓1 高波への酒安価(飲んだ反応も)

↓2 長波への酒安価(飲んだ反応も)

770: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 01:14:25.38 ID:+V6bEGV7o
なんか珍しい焼酎 のろけ話炸裂

771: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 01:16:50.65 ID:z7rQyJHUO
カルーアミルク
悪ふざけで清霜に飲ませたがる

772: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/12(火) 01:22:09.26 ID:pbX/T4n90
今日はここまで

短くてすまぬ


↓1、2 高波ののろけ話

773: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 01:26:39.90 ID:YKz+yRhto
素敵なクリスマスデートエピソード

774: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 01:31:27.19 ID:AkPfmg/UO
頬っぺた突っつかれたらお腹突っつき返す、そんなスキンシップの応酬

778: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/12(火) 23:45:18.61 ID:pbX/T4n90
高波「……」

夕雲「もう、飲ませちゃだめでしょ」

巻雲「面白そうでつい」

夕雲「それになんか珍しい焼酎なんて……」

長波「まぁ大丈夫だろ」

長波「清霜も飲んでみなよ、このカルーアミルクうまいぞ」

清霜「私は未成年だから」

長波「いいじゃんいいじゃん」

清霜「私は―」

高波「大好き、かもです」

朝霜「いきなりどうしたんだ?」

高波「クリスマスの日に手を繋いで帰ったり」

高波「体を突っつき合ったり……」

夕雲「もしかして酔ってる?」

高波「酔ってないかも……です」

風雲「愛し合ってるのね」

風雲「長波はどうなの?」

長波「へっ!?あたし?」


↓1、2 長波のおしどり夫婦話

779: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 23:47:30.68 ID:00Ux/THUo
洗いっこ

780: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/12(火) 23:49:31.68 ID:8ad3QDYfo
抱き会って眠るときが一番幸せ 

781: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/13(水) 00:03:27.68 ID:z+K1cqtn0
長波「あたしは……洗いっこしたり」

長波「あと抱き合って眠る時が一番幸せだったり……」

夕雲「あら、顔が赤いわよ」

夕雲「酔っちゃったの?」

長波「……これ、アルコール入ってない」

長波「たぶん高波のにも入ってないと思う」

高波「……」

清霜「は、早霜姉さんにも春の風が吹きそうだったのにね」

早霜「あの人はお兄さんみたいな人だから」

風雲「いい人と出会ったの?」

夕雲「よかったわね」

巻雲「これで結婚組が一人増えますね」

高波「……別に恥ずかしくないかも、です」


↓1 さらなる出来事安価

782: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 00:04:32.82 ID:2iwKvA/Vo
戦中の思い出話に花咲かす

783: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/13(水) 00:18:46.50 ID:z+K1cqtn0
清霜「そういえば私たちの編成って史実と関係なかったんだね」

夕雲「同型艦で集まった順からでしたか?」

風雲「集めるの大変だったのね」

長波「集めたら集めたで戦いが終わったら手持ち無沙汰だしな」

巻雲「でも高波みたいにいい人にも出会えますもんね」

早霜「その噂、はやってましたね」

朝霜「そういえばうちの司令が―」


↓1 帰り際の出来事安価

784: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 00:24:01.02 ID:lp1PGOcyo
迎えに来ている魚屋の若旦那(昭和のイケメンといった出で立ち)

785: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/13(水) 00:32:42.08 ID:z+K1cqtn0
若旦那「今終わったところかい?」

高波「そうかも!です!」

夕雲「あら、高波さんの旦那さんですか?」

若旦那「はい、高波がいつもお世話になってます」

夕雲「こちらこそ高波さんがお世話になって……」

清霜「昭和のイケメンって感じですね」

朝霜「こら、清霜」

若旦那「よく言われます」

若旦那「どうです?皆さん乗っていきますか?」


↓1 車内の出来事

786: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 00:35:34.06 ID:gO15vdw6O
帰りが思ってたより遅くなったせいで提督から霜たちに向けて大丈夫かメールが

787: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/13(水) 00:42:33.00 ID:z+K1cqtn0
清霜「あっ」

長波「どうした?」

清霜「司令官からメールがきてた」

清霜「もうこんな時間なんだ」

早霜「私にも……心配性なのね」

若旦那「じゃあ急いでいくよ」

清霜「おねがいします」

788: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/13(水) 00:45:36.01 ID:z+K1cqtn0
今日はここまで

明日は投下休み


↓1 遅く帰った霜達に対する提督の態度

789: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/13(水) 00:51:25.39 ID:2iwKvA/Vo
無事帰ってきたのが嬉しくて三人まとめて抱きしめる

791: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/14(木) 23:58:31.31 ID:M35wp+RD0
夕雲「それじゃあね」

早霜「また誘ってくださいね」

清霜「ばいばい」

朝霜「ありがとな」

夕雲「はい」

突然扉が開き三人が中に連れ込まれる。
唖然としていると中から妹達の声が聞こえてきた。

清霜『司令官、こんな所で恥ずかしいよ』

朝霜『シャワーでも浴びさせてくれよ』

早霜『今は我慢してください』

夕雲「……」


↓1 夕雲行動安価

792: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:03:36.58 ID:qjoibbrmo
凄みのある笑顔を浮かべ車の扉を取り外してなかの様子を伺う

793: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 00:11:40.98 ID:Nx4kU9Jo0
言葉足らずでごめんなさい


声がして玄関を見ると三人の影があった。
思わず家に引き込んで三人を抱きしめる。
三人はなにやら文句を言っているようだがまんざらでもなさそうだ。
幸福感に浸っていると突然扉が外れる。
外れた扉を見ると少女が凄みのある笑顔を浮かべていた。

提督「……送ってくれてありがとう」

夕雲「あら、清霜さんたちの提督さんでしたか」


↓1 提督行動安価

794: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:16:27.86 ID:UJF2cA53O
ドアを直す

795: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 00:26:30.42 ID:Nx4kU9Jo0
夕雲「それじゃ、ごゆっくり」

しかし今まで乗っていた車が目の前を通り過ぎてしまった。

清霜「夕雲姉さん」

早霜「泊まっていきますか?」

夕雲「……お願いしていいかしら」

取り敢えず扉を直す。

提督「そうしていくといい」

夕雲「ありがとうございます」


↓1 霜達合同好感度上昇コンマ(2桁目)

796: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:27:04.20 ID:f31hfL59o

797: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 00:28:33.69 ID:Nx4kU9Jo0
朝霜「司令」

提督「なんだ?」

朝霜「手、出すなよ」

提督「わかってるよ」


↓1 夜の出来事安価(まだ寝ない)

798: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:30:30.21 ID:KYcVTrFdo
風呂場で夕雲相手にラッキー   

799: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 00:38:33.30 ID:Nx4kU9Jo0
提督「ここが風呂場だ」

提督「詳しくはうちの子に聞いてくれ」

夕雲「あら、一緒に入らないのですか?」

提督「そんなことしないさ」

提督「じゃあこれで―」

夕雲に背を向け、数歩歩いたところで体が倒れる。
どうやら物を踏みつけて転んでしまったようだった。
目を開けると真上は夕雲のスカートの中だった。


↓1 夕雲行動安価

800: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 00:43:17.60 ID:RcllxVlno
むしろ押し付けてくる

801: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 01:06:33.34 ID:Nx4kU9Jo0
夕雲「そんなに私のスカートの中が見たいんですか?」

夕雲の足がこめかみに押し付けられる。

提督「痛たたた」

提督「悪かった、悪かったから」


↓1 夕雲風呂上り時の出来事安価

802: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:11:19.91 ID:tEtV3fvso
パジャマ姿の霜ズに怒られたり呆れられたりからかわれている正座中の提督

803: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 01:17:40.36 ID:Nx4kU9Jo0
清霜「夕雲姉さんに聞きました」

清霜「司令官が夕雲姉さんのスカート覗いたって」

清霜「どういうこと!」

提督「あれは不可抗力で……」

朝霜「夕雲姉さんの色気にあてられたか」

清霜「司令官!」

提督「違うんだ」

提督「早霜、なんとか言ってくれ」

早霜「……」

早霜が呆れたような目で見てくる。

提督「……夕雲」


↓1 夕雲行動安価

804: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:21:47.10 ID:0EO9jNGzO
うふふ、と笑いながら提督に寄り添う
一通り霜たち(と提督)の反応楽しんでからなんでもないのとネタばらし

805: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 01:27:13.23 ID:Nx4kU9Jo0
夕雲「うふふ」

提督「夕雲?」

清霜「司令官……なにしたの?」

提督「いや、これは」

朝霜「風呂上がりなのに逆上せちまうなぁ」

早霜「司令官……」

早霜「私、見損なったかもしれません」

提督「……」

夕雲「ごめんなさい、清霜さん」

清霜「なんで謝るの?」

夕雲「なんでもないのよ」

806: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 01:28:51.79 ID:Nx4kU9Jo0
提督「布団が人数分ないから誰か俺のを使ってくれ」

朝霜「司令はどこで寝るんだよ」

提督「どこでも眠れるよ」


↓1 提督の布団で寝る艦娘

807: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:31:56.65 ID:UJF2cA53O
朝霜

809: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 01:35:19.07 ID:Nx4kU9Jo0
朝霜「あたいが使うから夕雲姉はあたいのを使ってよ」

夕雲「お言葉に甘えるわ」

提督「じゃあ何かあったら呼んでくれ」

提督「お休み」

810: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 01:45:15.28 ID:Nx4kU9Jo0
夕雲「提督さん、凍死しちゃうわよ」

朝霜「司令が寝てからあたいらで運ぶかしないとな」

早霜「誰の布団に入れてあげます?」

朝霜「あたいだろ?」


↓1 誰の布団に入れるか

811: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:46:32.34 ID:WdrRoM78O
清霜

812: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 01:51:52.94 ID:Nx4kU9Jo0
清霜「私の布団がいい」

朝霜「いいのか?」

清霜「ちゃんと謝りたいから」

夕雲「……じゃあ誘ってくるわね」


↓1 提督の反応安価

813: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:54:58.35 ID:tEtV3fvso
清霜がいいというのであれば、と何度も確認しながら誘いに乗る

814: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 01:58:47.52 ID:Nx4kU9Jo0
提督「本当にいいんだな?」

提督「夕雲に騙されたとか、罰ゲームとかじゃないんだな?」

清霜「うん」

提督「入るぞ」

清霜「どうぞ」

提督「お邪魔します」

清霜「どう?」

提督「あったかい」

清霜「よかったら抱いてもいいよ」

夕雲「!」

提督「じゃあ遠慮なく……」

提督「……もっとあったかい」

清霜「でしょ」


↓1 清霜謝罪の言葉安価

815: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 01:59:37.24 ID:f31hfL59o
そんなこと司令官がするはずないって分かってたのに、ごめん

816: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 02:03:01.57 ID:Nx4kU9Jo0
清霜「そんなこと司令官がするはずないってわかってたのに、ごめん」

提督「いいんだよ」

提督「誤解が解けて」

清霜「……ありがと」

夕雲「……」

817: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 02:07:41.82 ID:Nx4kU9Jo0
夕雲「提督さん、もう寝ちゃいました?」

提督「起きてるよ」

夕雲「……ごめんなさい」

提督「いいんだよ」

夕雲「もっとひどい人かと思ってました」

提督「どうして?」

夕雲「前に会った時はみんなあなたの事を話したがってなかったから」

提督「……」

夕雲「でもみんな変わったわ」

夕雲「提督さんのおかげかしら」

818: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/15(金) 02:09:40.20 ID:Nx4kU9Jo0
今日はここまで


↓1 清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

↓2 朝の出来事安価と夕雲行動安価

819: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/15(金) 02:13:22.82 ID:cNQzdG4Yo

ksk

822: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/16(土) 00:26:44.62 ID:juLhveIQ0
マルマルサンマルに繰り上げ

823: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/16(土) 00:33:12.10 ID:juLhveIQ0
↓1 作っている料理安価

825: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/16(土) 00:45:05.58 ID:juLhveIQ0
提督「作っておいてくれたのか」

夕雲「はい」

夕雲「簡単にスクランブルエッグにしてみました」

提督「上手いな」

清霜「すごいね」

夕雲「そうでしょう?」

朝霜「卵焼き作りたかったんじゃないのか?」

夕雲「そんなんじゃないわ」


↓1 夕雲行動安価

826: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 00:48:19.88 ID:IVTPN1D4O
朝食中も無意識にさっき失敗した手首のスナップの練習してる

827: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/16(土) 00:57:37.33 ID:juLhveIQ0
提督「夕雲」

夕雲「なにかしら」

提督「その手の動きはなんだ?」

夕雲「あ、これ?」

夕雲「なんでもないのよ」

提督「へー」

早霜「スナップ、ですよね」

夕雲「早霜さん」

早霜「ビンタの練習じゃないですか?」

提督「もてると大変だな」


↓1 引き続き夕雲行動安価

828: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 01:02:21.90 ID:qkmbefFCo
巻雲から買って(貰って)きた眼鏡(霜達のもある)をみんなで掛けてみる

829: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/16(土) 01:07:31.73 ID:juLhveIQ0
清霜「しれいかーん」

提督「その眼鏡どうしたんだ?」

清霜「巻雲姉さんからもらったの」

提督「あとでお礼しなくちゃな」

夕雲「その心配はありませんよ」

提督「夕雲もかけてるのか」

夕雲「巻雲さんもセールスですから」

夕雲「壊れたりしたら直してもらってくださいね」

提督「わかった」

早霜「司令官」


↓1 早霜の眼鏡

830: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 01:10:16.64 ID:P4QLQoXmo
下側フレームなし白ぶちメガネ

831: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/16(土) 01:18:37.86 ID:juLhveIQ0
提督「夕雲の色違いか」

早霜「似合ってるでしょう?」

提督「ああ、よく似合ってるよ」

早霜「よかった……」

提督「そういえば朝霜はどうした?」


↓1 朝霜の眼鏡

832: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 01:23:16.53 ID:bLzIOqC4o
レンズの大きい青ぶちの眼鏡

834: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/16(土) 01:28:10.37 ID:juLhveIQ0
朝霜「こ、ここにいる」

提督「うん、朝霜も似合ってる」

朝霜「……本当か?」

提督「嘘つくはずがないだろ」

朝霜「……」


↓1 夕雲いつ帰るか

835: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 01:32:08.85 ID:qkmbefFCo
お昼前

836: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/16(土) 01:34:15.35 ID:juLhveIQ0
夕雲「それじゃ、これで帰りますね」

提督「また来てくれよ?」

夕雲「いろいろありがとうございました」


↓1 最後の夕雲イベント安価

837: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/16(土) 01:38:12.18 ID:NzRnSlkbO
妹達をよろしく、と言いつつ密かに提督と連絡先交換

838: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/16(土) 01:46:51.26 ID:juLhveIQ0
夕雲「妹達をよろしくお願いします」

手が差し出される。

提督「こちらこそよろしく」

手を握ると夕雲は満足そうに家を出る。
残ったものは握手の際に渡された紙切れだけだった。

842: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/18(月) 00:02:51.36 ID:gG9Mg7hf0
好感度表

朝霜 85

早霜 82

清霜 91


マルマルヒトマル投下

843: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/18(月) 00:10:46.47 ID:gG9Mg7hf0
早霜「司令官とそういう関係だったんですね」

早霜「別れ際に手紙を渡されるなんて」

提督「ただの連絡先だよ」

提督「ほら」

紙切れを早霜に渡す。


↓1 連絡先の他に何か書かれていたか(書かれていた場合は書かれている内容)

844: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:15:37.38 ID:taeT546DO
「なおこのメモ書きは自動的に消滅する」

845: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/18(月) 00:21:30.40 ID:gG9Mg7hf0
早霜「司令官、これ」

早霜が紙切れを開いてこちらに見せる。

提督「なおこのメモ書きは自動的に消滅する」

早霜「早くしないと消えちゃいますよ」

提督「何かに記録しておかないとな」


↓1 休日のお昼の出来事安価

846: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:24:00.73 ID:4r5abLaTo
スパイ大作戦知らんよなぁ

早霜による無言の構ってアピール(主に視線)

848: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/18(月) 00:31:01.32 ID:gG9Mg7hf0
仕事をしていると早霜が飲み物を持って部屋に入ってくる。

早霜「どうぞ」

提督「そこ置いておいてくれ」

早霜「はい」

すぐに出ていくかと思ったが、何か企んでいるのかなかなか出ようとしない。

提督「早霜?」

早霜「……」

振り向くとすぐに目が合った。


↓1 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

849: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:38:46.50 ID:E0zQ0Kgho

851: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/18(月) 00:49:13.05 ID:gG9Mg7hf0
提督「ほら、こっちに来なさい」

早霜「……」

近づいてきた早霜の髪を撫でると早霜が目を細める。

提督「これでいいか?」

早霜「……良しとします」

早霜「でも、次はもっと構ってくださいね」


↓1 午後の出来事安価

852: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 00:53:15.98 ID:E0zQ0Kgho
早霜が見てる所で朝霜清霜がさっきの早霜の真似をして撫でて貰いにいく

853: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/18(月) 01:03:34.66 ID:gG9Mg7hf0
朝霜「司令官……」

清霜「じー……」

提督「どうした?」

朝霜「じー」

清霜「じー」

取り敢えず二人の頭を撫でる。


↓1 朝霜清霜好感度上昇コンマ(2桁目)

854: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 01:06:35.33 ID:5tO/xIDi0

855: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/18(月) 01:10:45.43 ID:gG9Mg7hf0
朝霜「そんなんじゃ」

清霜「まだ良しじゃないよ」

早霜「……」


↓1 早霜の反応安価

856: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 01:14:44.80 ID:tO/oiD1kO
隠そうとするも隠しきれないドヤ顔で霜二人の頭を撫でる

857: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/18(月) 01:21:54.64 ID:gG9Mg7hf0
早霜「じゃあ私が撫でてあげるわ」

清霜「えっ」

早霜「どうしたの?」

朝霜「どや顔だぞ」

早霜「あら、隠せてるとおもったのに……」

早霜が二人に手を伸ばし頭を撫でる。


↓1 二人の反応安価

858: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 01:25:12.99 ID:ZT5++Q1so
悔しい、でもなんか嬉しいかも

859: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/18(月) 01:32:58.94 ID:gG9Mg7hf0
清霜「むー」

朝霜「悔しい……でも……」

早霜「ふふふ……」

早霜「顔は正直ね」

二人はすっかり蕩け切った顔になっていた。

提督「……」


↓1 提督行動安価

860: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 01:34:06.00 ID:qK9YAG+Yo
写真とる

861: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/18(月) 01:43:35.96 ID:gG9Mg7hf0
いざという時のために懐に忍ばせていたカメラで三人を撮る。
写真を確認してみると姉が妹たちの頭を撫でている写真にしか見えない。

提督「どっちが姉だかわからないな……」


↓1 晩御飯時の出来事安価

862: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/18(月) 01:46:47.29 ID:AhsPx7/Wo
朝霜の密かなイカ嫌いが発覚(食感が苦手)

868: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/19(火) 00:15:38.04 ID:idZY0zxW0
朝霜「……」

提督「……あんまり箸が進んでないな」

朝霜「なんでもない」

早霜「だって朝霜姉さんは」

清霜「ねぇ」

提督「どうした?」

朝霜「イカ……食感がだめ……」

提督「なんだ、そんなことか」

提督「でも食べてるんだからえらいじゃないか」


↓1 朝霜好感度上昇コンマ(2桁目)

869: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 00:23:02.71 ID:gdyIdmQPo

870: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/19(火) 00:37:14.18 ID:idZY0zxW0
朝霜「そこまで言うんなら、食べてやってもいいぜ」

清霜「偉いね」

早霜「偉い偉い」

871: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/19(火) 00:50:43.95 ID:idZY0zxW0
提督「早く風呂入ってこいよ」

清霜「……何か企んでる?」

朝霜「ついに覗きか?」

提督「そんなんじゃないよ」

872: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/19(火) 01:01:58.51 ID:idZY0zxW0
電源を入れて動作を確かめる。
これがあれば彼女たちを快楽に沈めることなどたやすい。
彼女達があがるまで体を布団にいれた。

874: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/19(火) 01:15:12.79 ID:idZY0zxW0
清霜「あれ?お炬燵出したの?」

提督「他の二人はどうしたんだ?」

清霜「まだちょっとかかるみたい」

提督「清霜も入るだろ?」

清霜「うん」

清霜がいそいそと俺にかかっている布団をめくり、体を入れる。

清霜「あったかーい」

提督「俺もあったかいよ」


↓1 清霜を見た早霜の反応安価

875: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 01:18:46.51 ID:gdyIdmQPo
はしたないといいつつ炬燵イン

876: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/19(火) 01:30:23.01 ID:idZY0zxW0
早霜「はしたないですよ」

清霜「早霜姉さんも入れば?」

早霜「失礼します」

言葉に反して早霜は清霜と同様に俺と同じ側に入る。

提督「はしたないぞ」

早霜「愛娘だからいいでしょう?」

早霜「甘えたいんです」


↓1、2 提督早霜に対しての甘やかし行動安価

877: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 01:49:15.18 ID:AASJb/Q6o
ミカン剥いて食べさせる

878: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/19(火) 01:51:42.67 ID:UwurbK4pO
腕枕

882: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/28(木) 23:47:56.10 ID:yDYj4ITn0
好感度表

朝霜 95

早霜 87

清霜 94


フタサンゴーゴー投下

883: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/28(木) 23:56:42.78 ID:yDYj4ITn0
提督「ミカンでも剥くかな」

提督「早霜も食べるだろ?」

早霜「はい」

提督「ちょっと待ってろよ……」

体を起き上がらせてこたつの上のミカンに手を伸ばす。
それと一緒に早霜も起き上がり、嬉しそうにミカンを剥く手を見つめている。

提督「あーん」

剥き終わったミカンを持ち、早霜に口を開けるように促す。

早霜「あーん」

早霜の開いた口にミカンを入れる。

提督「おいしいか?」

早霜「はい」

提督「まだあるからどんどん食えよ」

884: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 00:03:47.00 ID:VN9LywFJ0
早霜にせがまれて腕枕をしているとこたつの側面から足が入ってくる。
朝霜が入ってきたようだが、顔は見えない。

提督「早霜」

早霜は素直に頭をどかす。

提督「朝霜、どうしたんだ?」

朝霜「……3人で楽しんでたらいいだろ」

朝霜の正面にまわると、朝霜は頬を膨らませていた。


↓1 早霜好感度上昇コンマ(2桁目)

↓2 朝霜に対しての提督行動安価

885: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 00:07:47.60 ID:v2yH9upVO

886: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 00:08:58.05 ID:WT3PXiT1o
ほっぺつつく

887: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 00:23:33.91 ID:VN9LywFJ0
87→93


朝霜の頬をつつくと、肌の弾力にはじき返される。
それでもつつき続ける。


↓1 朝霜好感度上昇コンマ(2桁目)

888: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 00:24:42.02 ID:BKP25x15O
ぷにぷに

889: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 00:34:54.75 ID:VN9LywFJ0
朝霜「そんなんで騙されないからな」

提督「悪かったからさ、機嫌治してくれよ」

朝霜「いーやーだ」


↓1 就寝時の出来事安価

890: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 00:41:27.79 ID:mWwA0JLeo
朝霜のさっきの態度をからかう霜達

891: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 00:45:27.18 ID:VN9LywFJ0
清霜「朝霜姉さん」

朝霜「ん?」

清霜「ぷくー」

朝霜「なっ、清霜!」

早霜「うふふ、私もやろうかしら」

朝霜「やらなくていいから!」

早霜「あら、残念」


↓1 朝の出来事安価(平日)

892: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 00:54:21.64 ID:RZOzWrDo0
朝御飯をつくる霜達

893: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 00:56:19.33 ID:VN9LywFJ0
↓1 朝ごはんの内容安価

894: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 00:57:12.87 ID:Z63K06cBO
ドッグフード

895: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 01:10:21.04 ID:VN9LywFJ0
提督「ドッグフード?」

朝霜「冗談だよ」

清霜「本当は↓1だよ」

896: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:11:21.54 ID:nfogn0zFO
キャットフード

899: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 01:19:06.50 ID:VN9LywFJ0
提督「……」

早霜「ねこまんまのことですよ」

提督「ああ、なんだ」

朝霜「ごはんに合う具にしたんだぜ」

提督「楽しみだよ」


↓1 霜達合同好感度上昇コンマ(2桁目)

900: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:21:20.57 ID:i5pg5YGDO

902: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 01:27:03.78 ID:VN9LywFJ0
早霜のみ1足りない


清霜「どう?」

提督「美味しいけど……お前たちはこれだけで足りるのか?」

清霜「う……」

提督「急いで何かつくるからな」

903: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 01:34:01.02 ID:VN9LywFJ0
書類に目を通し、ため息をつく。
海軍は艦娘を手放し、艦娘は親元に渡る。
予想はできていたことだが、なによりも気がかりなのは早霜の事だった。

提督「……明日に備えようかな」

早霜を何らかの形で何としても引き取らなければいけない。
そのために早霜の母親と会うのだった。

904: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 01:34:47.02 ID:VN9LywFJ0
↓1 夜の出来事安価

905: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:36:28.94 ID:V4ubIAvZo
なんだか寝付けない早霜

906: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 01:48:07.58 ID:VN9LywFJ0
提督「寝付けないのか?」

早霜「はい」

提督「寒いだろうから早く入りなさい」

早霜「お邪魔します」

早霜が俺の布団に入ってくる。

提督「……辛いか?」

早霜「……はい」

提督「俺の養子になることがか?」

早霜「……親子じゃなくなるのが辛い」

提督「すまないな……」

早霜「いいんですよお父さん」

早霜「艦娘になってから、私とっても幸せでしたから」

提督「頑張ろうな……」

早霜「はい」

907: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/29(金) 01:49:24.58 ID:VN9LywFJ0
今日はここまで


↓1 当日の朝の出来事安価

908: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/29(金) 01:50:24.23 ID:RZOzWrDoo
おつ
前に早霜助けてくれた男が来る

913: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/31(日) 00:10:22.03 ID:fNtOY5zn0
提督「今日はありがとう」

公男「いえ、いいんですよ」

公男「ほかならぬ早霜ちゃんのためですから」

早霜「今日は私が料理を作りました」

公男「そりゃあ楽しみだ」

早霜「期待、していてくださいね」


↓1 早霜の料理と味安価

914: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:19:26.37 ID:5OwcSlKKo
炒飯
塩気強め

915: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/31(日) 00:21:27.17 ID:fNtOY5zn0
↓1 公男に対する霜達の反応安価

916: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:28:35.93 ID:NHFFZYjco
清霜 すぐに親しくなる
朝霜 事情を聞いて感謝する

918: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/31(日) 00:41:30.84 ID:fNtOY5zn0
朝霜「早霜を助けてくれてありがとう」

公男「礼を言われる程でもないさ」

清霜「気を付けた方がいいわよ」

公男「何にだい?」

清霜「早霜姉さんの料理は―」

早霜「どうぞ、召し上がってください」

公男「お、ありがとう」

朝霜「炒飯か」

朝霜「これなら早霜でも大丈夫だな」

清霜「おいしそう」

清霜「いただきます」

清霜が炒飯を口に運ぶ。

早霜「どう?」

清霜「……ちょっとしょっぱいかも」


↓1 早霜母に会うまでの道の出来事

919: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 00:43:44.92 ID:E4nYCNwuo
霜達の当たりがきつかった時の思い出話

920: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/31(日) 00:57:49.75 ID:fNtOY5zn0
公男「いい子達ですね」

提督「ええ、自慢のむす……部下たちだよ」

公男「……昔からあんな感じだったんですか?」

提督「いや、あの家に住むようになってから辺りが強くなったな」

早霜「その件はごめんなさい」

提督「いいんだよ」

提督「ただ、先に入浴しないようにしたり洗濯物は別で洗ったりしてたな」

公男「反抗期だったんですか?」

早霜「別にそれくらいなら気にしませんでしたよ」


↓1 早霜母の様子

921: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 01:07:17.92 ID:EaAAXuVNo
冷淡

922: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/31(日) 01:10:12.49 ID:fNtOY5zn0
提督「娘さんを養子にさせて頂きたいです」

早霜母「そうですか……」

提督「何一つ不自由させません」

早霜母「……早霜はどう思ってるの?」

早霜「私は……私は……司令官の娘になりたいです」


↓1 早霜母行動安価

923: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 01:24:10.73 ID:/qy2WIMGo
好きにしなさい

924: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/31(日) 01:31:03.34 ID:fNtOY5zn0
早霜母「好きにしなさい」

早霜「ありがとうございます」

早霜母「私はこれで帰ります」

提督「必要な書類等はこちらから送ります」

早霜母「……早く送ってくださいね」


↓1 帰り道の出来事

925: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 01:34:26.01 ID:BDRKv9yl0
微妙な表情の早霜

926: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/31(日) 01:41:30.78 ID:fNtOY5zn0
公男「いつでも頼っていいんだよ」

早霜「ありがとうございます……」

提督「俺の娘は嫌かな?」

早霜「そんなことはありませんよ」

提督「そりゃよかった」

早霜「さ、早く帰りましょう」

927: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/31(日) 01:53:37.55 ID:fNtOY5zn0
その日は泊まることになり、あてがわれた部屋に居るとノックの音がした。

早霜「ちょっといいですか?」

公男「どうしたんだい?」

早霜「胸、貸してください」

公男「……」

早霜「……だめ、ですか?」

公男「……どうぞ」

早霜「ありがとうございます」

早霜の細い腕が背中に回される。

公男「……何かあるなら聞くよ」

早霜「……」

928: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/31(日) 01:54:17.88 ID:fNtOY5zn0
今日はここまで


↓1、2 早霜セリフ安価

929: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 01:57:15.96 ID:1oX3EDsqo


最後までどうでもいいような目で見られていたのが辛かった

930: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/31(日) 01:58:55.93 ID:E4nYCNwuo
嬉しいはずなのに素直に喜べない

おつ

932: ◆6Vn1EAXh6k 2016/01/31(日) 23:41:22.38 ID:fNtOY5zn0
早霜「嬉しいはずなのに……素直に喜べないです」

早霜「最後まで、どうでもいいような目で見られていたのが辛かった……」

公男「……」

公男「……そうじゃないかもしれない」

早霜「……」

公男「早霜ちゃんのお母さんも離れたがってなかったような気がしたけどね」

早霜「……」


↓1 早霜行動安価

933: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:12:49.22 ID:rKfDY6Yho
ちょっと涙がでちゃう

934: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/01(月) 00:18:42.00 ID:28Mn5M780
早霜「……」

早霜「……ありがとうございます」

早霜が顔をあげる。
その頬には涙が伝っていた。


↓1 早霜に対して提督行動安価

935: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:24:11.43 ID:a49anO9Lo
頭を撫でてあげつつ「思いっきり泣いてもいいぞ」

936: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/01(月) 00:30:53.04 ID:28Mn5M780
↓1 提督か公男かどちらが撫でるか

937: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 00:41:19.24 ID:rKfDY6Yho
提督

938: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/01(月) 00:46:49.97 ID:28Mn5M780
提督「早霜」

早霜「なんですか?」

しゃがみながら早霜の頭に手を伸ばす。
早霜の顔が安堵したように緩む。

提督「思いっきり泣いてもいいぞ」


↓1 好感度上昇コンマ(2桁目)

939: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/01(月) 01:51:00.98 ID:duXsgVIFO

941: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/02(火) 23:35:35.84 ID:FOCCLry00
長い間胸に顔を埋めていた早霜が泣き出す。
ゆっくり髪を撫でてみるが泣き止む気配はない。


↓1 提督宅にて夕雲型会議中の出来事

942: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/02(火) 23:53:05.66 ID:RHgABEnmo
特に意見はないけど早霜にべったりの朝霜

943: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/03(水) 00:13:17.41 ID:bcwY3tqi0
夕雲「朝霜さん」

朝霜「んう?」

夕雲「なんで早霜さんにべったりなのかしら」

朝霜「こうしてられるのも今の内だからなぁ」

夕雲「朝霜さんは寮に移るの?」

朝霜「ああ、アタイと清霜は寮に行くよ」

夕雲「この中だと風雲もそうね」

風雲「夕雲姉さんはどうするの?」

夕雲「私はいままで通りアパートよ」

夕雲「少し生活が大変になるわね」

944: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/03(水) 00:18:07.79 ID:bcwY3tqi0
湯呑に茶を注いでいると背後から夕雲に話しかけられる。

夕雲「夕雲がやりますよ」

提督「お客様なんだから座ってろよ」

夕雲「だって早霜さんのお父さんがちゃんと料理できるか心配だったんですもの」

提督「いつも作ってたから心配ないよ」

夕雲「本当に?」

提督「ああ」

夕雲「……夕雲が早霜さんのお母さんになってあげてもいいですけど」


↓1 提督反応安価

945: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:19:07.97 ID:MbCvsHfH0
思わずむせる

946: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/03(水) 00:25:23.61 ID:bcwY3tqi0
夕雲の言葉に思わずむせてしまう。

夕雲「あら、提督さんたら……」


↓1 夕雲の本気度コンマ

947: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:26:25.01 ID:2e5BdphtO
二桁目?

950: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/03(水) 00:29:21.75 ID:bcwY3tqi0
夕雲「もちろん冗談ですよ」

提督「いきなり驚いたよ」

夕雲「そうでしょう?」

夕雲「早霜さんのこと、いつでも相談にのりますからね」

951: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/03(水) 00:30:28.70 ID:bcwY3tqi0
↓1 大人になった霜達と提督イベント安価

952: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:32:05.56 ID:au22E8Nco
それぞれの子供と会う

953: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/03(水) 00:42:31.77 ID:bcwY3tqi0
早子「お爺ちゃん誰がくるの?」

提督「いとこかな」

早子「いとこがいるの?」

提督「ああ、いるぞぉ」

早子「どんな子?」


↓1 朝子、清子がどんな子か

954: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 00:46:08.18 ID:1hEza1vho
朝子:提督見るなりよじ登りたがるおてんば
清子:おどおどした人見知り

955: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/03(水) 00:54:46.92 ID:bcwY3tqi0
今日はここまで


↓1 それぞれの霜達の結婚相手(提督除く)

↓2 大人になった霜達と提督イベント安価

↓3 大人になった夕雲型イベント安価

956: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:00:17.76 ID:OoKDhpdmo
早霜…公男
朝霜…冒険家
清霜…2mオーバーの小心者

957: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:11:34.73 ID:au22E8Nco
全員の結婚式で泣いてたことをネタにされる提督


958: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 01:13:30.00 ID:5YxqG0c0o
みんなで鎮守府跡に行く

961: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/03(水) 23:45:17.26 ID:bcwY3tqi0
↓1 夕雲、巻雲、風雲のその後

962: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 23:46:56.96 ID:cTvs5Tg70
その後みんな幸せに暮らしましたとさ
めでたしめでたし

963: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/03(水) 23:47:57.29 ID:bcwY3tqi0
↓1 長波、高波のその後

964: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/03(水) 23:49:50.65 ID:au22E8Nco
長波は子沢山
高波は子供居ないけど相変わらずラブラブ

965: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/04(木) 00:07:02.91 ID:t1DDEpni0
提督「ああ、来たね」

清霜「司令官、変わりはなかった?」

提督「健康そのものだよ」

提督「清子ちゃんはどうだい?」

清子「……健康……です」

提督「そりゃあよかった」

提督「あっちに早霜と早子ちゃんがいるから、遊んできなさい」

清子「!……うん」

清霜「公男さんはどうしたの?」

提督「そのうち来るらしいよ」

966: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/04(木) 00:21:30.64 ID:t1DDEpni0
朝子「登らせて!」

朝霜「こら、まずは挨拶だろ」

朝霜「こんにちは」

朝子「こんにちは」

提督「こんにちは」

提督「元気だったかい?」

朝子「うん!」

提督「よかったよかった」

提督「あっちにみんないるから遊んでおいで」

朝子「うん!」

朝霜「すまないな、司令」

提督「いいんだよ」

提督「それで、夫婦関係はどうだい?」

朝霜「会わない日の方が多いけどうまくいってるよ」

970: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/06(土) 00:15:36.62 ID:0FGkePTd0
↓1 提督は結婚したか(結婚しても子供なし)

971: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 00:16:26.00 ID:dxun/NSzO
結婚した

972: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/06(土) 00:17:41.39 ID:0FGkePTd0
↓1 結婚相手

973: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 00:20:39.90 ID:pDHTnv6Qo
してる

975: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/06(土) 00:25:19.41 ID:0FGkePTd0
朝霜「司令もどうなんだ?」

提督「なにが」

朝霜「夕雲夫人のことだよ」

提督「……」

提督「……あっちにいるから会って来いよ」

朝霜「はーい」

976: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/06(土) 00:38:26.53 ID:0FGkePTd0
夕雲「あら、いらっしゃい」

朝霜「本気じゃなかったくせにすっかり虜になっちまったな」

夕雲「いけないかしら」

早子「おばあちゃんいけないことしたの?」

朝霜「いや、してないよ」

977: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/06(土) 00:44:00.06 ID:0FGkePTd0
朝霜「そういえば司令は自分の結婚式でも泣いてたよな」

提督「う……」

清霜「私の時も泣いてたね」

早霜「私の時もそうですね」

朝霜「涙もろいんだな」

提督「……そんなことないぞ」

朝霜「早霜、本当か?」

早霜「姉さんたちが離れていくって、家に帰ってから号泣してました」

提督「内緒って言っただろ!」

清霜「本当だったの?」

978: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/06(土) 00:46:07.38 ID:0FGkePTd0
↓1 鎮守府跡までの電車内の出来事安価(夕雲型のみ)

979: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 00:49:20.50 ID:7Li9jkYRo
巻雲がバイト→正社員→店長になった話で盛り上がる

980: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/06(土) 00:56:20.01 ID:0FGkePTd0
今日はここまで

↓1 鎮守府跡の様子

981: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/06(土) 00:58:31.64 ID:pDHTnv6Qo
沖縄の平和記念公園の平和の礎のような感じで慰霊碑がいっぱい建ってる

983: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/08(月) 00:00:39.18 ID:QFKyC+En0
清霜「……ねぇ」

視線が清霜に集まる。

清霜「……そういえば巻雲姉さんは正社員になったんだっけ?」

巻雲「……今は店長ですよ」

早霜「そうでしたっけ」

長波「忘れちゃだめだろ」

高波「もっと出世できるかもですか?」

巻雲「社長の椅子は目の前です」

風雲「飛びすぎですよ」

朝霜「……」

朝霜「……夕雲姉さん」

一人窓の外を見ていた夕雲が振り向く。

夕雲「……何かしら?」

朝霜「あ、いや……」

984: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/08(月) 00:14:45.65 ID:QFKyC+En0
風雲「人、少なくてよかったわね」

立ち並ぶ慰霊碑の周りには数人しか見当たらない。

早霜「ここからは別行動にしましょうか」

朝霜「行くぜ、清霜」

高波「長波姉さんと風雲姉さんも行くかもです」

長波「……行こうか」

985: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/08(月) 00:16:15.79 ID:QFKyC+En0
巻雲「夕雲姉さん」

夕雲「……」

巻雲「一緒に行きますか?」

夕雲「……一人にしてちょうだい」

巻雲「……わかりました」

986: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/08(月) 00:29:32.55 ID:QFKyC+En0
清霜「……夕雲姉さん大丈夫かなぁ」

朝霜「心配ないんじゃないか?」

清霜「そうだといいけど……」

慰霊碑の間を歩いていると見慣れた名前を見つける。

朝霜「ん、ああ、この整備士のおっちゃん、お世話になったな」

清霜「ほんとだ」

早霜「生きていて欲しかったですね」

清霜「うん」

987: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/08(月) 00:31:49.49 ID:QFKyC+En0
↓1 夕雲型の新生活の様子

988: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:36:37.76 ID:9jIJtGJxo
提督と一緒になって気を張らなくなったせいか時々戦時中を思い出してぼぅっとする夕雲

989: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/08(月) 00:43:48.89 ID:QFKyC+En0
提督「夕雲」

夕雲「んぅ……」

夕雲「なんですか?」

提督「また思い出してるのか?」

夕雲「昔の男をって、嫉妬ですか?」

提督「やっぱり昔のことか」

夕雲「……ええ」


↓1 提督行動安価

990: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 00:51:32.88 ID:Xz5BTvDQ0
提督「甘えてくれてもいいんだぞ」

991: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/08(月) 00:59:18.84 ID:QFKyC+En0
提督「甘えてくれてもいいんだぞ」

夕雲「もう、夕雲のセリフですよ」


↓1 夕雲の甘え内容安価

992: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/08(月) 01:20:42.05 ID:KVIgayyfo
うなじに顔すりすり

993: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/08(月) 01:29:43.49 ID:QFKyC+En0
夕雲が肩にもたれかかってくる。
腕がまわされ、抱きしめられる。

夕雲「提督さん……」

うなじに顔が摺り寄せられる。

提督「くすぐったいな」

夕雲「お願い、もう少しこのままでいさせてください」

994: ◆6Vn1EAXh6k 2016/02/08(月) 01:30:22.40 ID:QFKyC+En0
これで終わり

うめよろ

引用元: 【艦これ安価】提督「夕雲型の霜の艦」