1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/30(土) 21:46:46.07 ID:o7yZ6XqI0
男「昨日何かした訳でもないし、死んでもないしな...夢...だよなあ...」
男「しかし不思議な部屋だ。どうなってるんだ?」



SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462020405

2: 2016/04/30(土) 21:47:51.68 ID:o7yZ6XqI0
男「さて、どうしようか...」

部屋には、赤、青、緑、黄の4つの扉がある。男の身長よりもずっとずっと大きな、20mほどの大きさだ。



3: 2016/04/30(土) 21:50:08.27 ID:o7yZ6XqI0
男「なんで俺こんな所にいるんだ...?そもそも何をすればいいんだ...」

男「まぁ...考えてもしょうがないんだし...扉に入ってみようかな」


5: 2016/04/30(土) 21:52:51.48 ID:o7yZ6XqI0
男「まずは目の前の、赤いやつだな。どれどれ...」

男「うぉっ案外簡単に開くもんだな。これ」



男が思い切り力を入れて押すと、赤い扉は勢いよく開いた



6: 2016/04/30(土) 21:55:33.79 ID:o7yZ6XqI0
男「うおおお!!熱っ!」

男が扉を開けた先には、まさに地獄、いや、ゲームの火山系ステージのようであった。

男「熱...でも溶けるほどじゃないな、真夏の暑さと似たような感じがするな」


7: 2016/04/30(土) 21:58:10.94 ID:o7yZ6XqI0
男「とにかく進んでみよう...誰かいるかも」

30分ぐらい歩いた所に、小さな村のようなものがあった。

男「!あそこなら誰かいるかもな...よし、行ってみよう」



11: 2016/04/30(土) 22:03:26.69 ID:o7yZ6XqI0
男「村についたけど...誰もいないな...」

その村には、つい先ほどまで人がいた形跡があったものの、今は誰一人としていなかった。

男「.....気味悪いな...なんか」


12: 2016/04/30(土) 22:06:02.72 ID:o7yZ6XqI0
男「さて...どうしようか...来てみたはいいが...」

男「水とかあるけど...喉は渇いてないんだよな」

男「まだ奥はあるみたいだし、進んでみるかな、誰かいればいいんだけど。」



14: 2016/04/30(土) 22:09:21.25 ID:o7yZ6XqI0
男がしばらく進んでいると、ついに一人の少女を見つけた。

男「!!やった!人がいる!よし、話し掛けてみよう」

男「な、なあ君」

少女「!?ひ、人?よかった...私以外にもいたんだ...」



15: 2016/04/30(土) 22:11:17.08 ID:o7yZ6XqI0
男「君もここに気づいたらいたのか?」



少女「はい...では、あなたも?」



男「うん、そうなんだ。それで...どうだろう、やっぱり僕以外には誰にも?」



少女「はい...誰にもあってません」



男「そうか...」


16: 2016/04/30(土) 22:13:45.21 ID:o7yZ6XqI0
男「とりあえず、一旦戻ろう」



少女「戻るって、何処にですか?」



男「ついてきて」



男は自分の目覚めた部屋へ少女と共に戻った



男「ここだ。」



少女「こ、ここは...」





17: 2016/04/30(土) 22:16:20.64 ID:o7yZ6XqI0
男「俺はここで目が覚めたんだ」



少女「すごい...大きな扉...」

少女「でもなんでこんな...?」



男「俺もわからないよ...でも取り敢えず、君がいたんだから、もしかしたら、他の扉にも誰かいるかも」



少女「そうですね!行きましょう!」


18: 2016/04/30(土) 22:19:24.69 ID:o7yZ6XqI0
男「次は...右にあるこの扉だな」



男達は、青の扉を開けた。すると



少女「きゃあ!」



男「うぅ!す、凄い風だ!しかも寒い!」



青の扉を開けると、そこには、氷と雪の世界が広がっていた。


23: 2016/04/30(土) 22:35:34.18 ID:o7yZ6XqI0
男「ここも...最初以外全然寒く感じないな...」



少女「そうですよね...もう全然寒くないです」



男「お、すっげえええ!でっけえ城だあ!」



少女「わぁ....すごい...シンデレラ城みたい...」



男「ここまで馬鹿デカイ城があるなら誰かいるだろう。いってみよう!....え、えーと名前は...?」


24: 2016/04/30(土) 22:40:48.14 ID:o7yZ6XqI0
少女「名前はライト、ライトといいます。あなたは?」



男「俺は...ええと...なんだっけ...ゴメン、名前覚えてないんだ...」



ライト「え!?それって、記憶喪失じゃ...」



男「大丈夫!大丈夫だよ。それより名前、ユートでいいよ。」



ライト「ユート...さんですね、わかりました。改めて、よろしくお願いします。」



ユート「うん。こっちこそよろしくね。」



ユート「じゃ、行こっか!あの城に!」



そうして、二人は氷の城へと足を進めたのだった。


25: 2016/04/30(土) 22:47:19.52 ID:o7yZ6XqI0
ユート「さぁ、中に入るぞー!」



ライト「はい!」



二人が重い扉を開け、目にしたのは、とても長く続く、廊下だった。とても綺麗にされており、清潔感に溢れている。ただ、そこに1つ、問題があった。



ユート「やっぱり人がいない...」



人の気配は全くなく、気味が悪いほどに静かであった。



ユート「まあ、探せば何かあるだろ。おーい!ライトー!」



「なーにー?」と人を探していたライトの声が聞こえてくる。



ユート「二人で手分けして、何かないか探そうぜー!武器でも、何でもいいからー!」



「わかったー!」と声が聞こえてから、ユートはライトのいない1階から探し始めた。


26: 2016/04/30(土) 22:54:30.83 ID:o7yZ6XqI0
10分、いや20分ぐらいだろうか。それほどたってから、二人は1階の中央にある部屋へ集まり、それぞれの成果を報告しあった。



ユート「俺は、武器とコンパス、そしてバックだな!」



ライト「私は服と救急箱、そしてこの水だよ」



ユート「これだけあれば十分だろ。誰もいなかったし、帰ろうか」



ライト「うん、そうだね帰ろ



その瞬間だった。天井かを突き破り、ヤツが落ちてきた。

毛むくじゃらの、大男が


27: 2016/04/30(土) 23:02:34.17 ID:o7yZ6XqI0
大男「グオォォォォォォオ!!!」



辺り一帯に響きわたる轟音。



ユート「逃げろ!逃げるぞ!ライト!」



ライト「う、うん!」



二人は全力で走り、ひたすら逃げた。そして、扉へと駆け込み、扉を閉めた。



二人「「はあ...はあ...はあ...」」



ユート「あれは...あれはなんだったんだ...?」



ライト「私に聞かないで...くださいよ....」



二人は息を整えながら、ゆっくりと喋った


28: 2016/04/30(土) 23:06:30.76 ID:o7yZ6XqI0
ユート「なぁ...あいつってさあ...武器もって戦ったら...勝てたのかな...」



ライト「多分...いや、絶対無理だと思うよ...あんなの...」



ユート「本当に...何なんだよ...この世界は...」



ユートは思い出す事も出来ない元いた世界と比べながら、そう言った


29: 2016/04/30(土) 23:07:46.83 ID:o7yZ6XqI0
2章終了です。ここまでが土台ですかね。多分ではまた十分ほど休憩します


30: 2016/04/30(土) 23:17:30.86 ID:o7yZ6XqI0
再開します


31: 2016/04/30(土) 23:29:30.89 ID:o7yZ6XqI0
ユート「次は...この緑の扉か...」



ライト「何もいない事を祈りましょう...」



ユート「とにかく行ってみよう」



二人が緑の扉を開けると、そこには今までとは違う、穏やか平原が広がっていた。



ライト「わぁ...!お花がこんなにたくさん...!」



ユート「ここは...平和...なのか」



ライト「ユート!あそこに人が...!」



ユート「本当だ!おーい!おーい!」



二人が大声で叫ぶと、その人はこちらへ近づいてきた。近くでみると、普通の人ではなく。ドラゴンが混ざったような、そんな見た目をしていた。



ユート「ひ、人じゃない...のか?」



ドラゴン「いや、人とドラゴンのハーフだよ、みんなからよくそう言われるんだけど...そんなにドラゴンにみえるかな?」



ライト「あの、あなたは?」



ドラゴン「僕は、カーチスっていうんだ。君達は?」



ユート「俺がユートでそっちがライトっていうんだ。よろしくな。」



カーチス「うん、よろしく」


32: 2016/04/30(土) 23:35:05.40 ID:o7yZ6XqI0
ユート「それで、さっきよくドラゴンと間違えられるって言ってたけど...他に人がいるのか?」



カーチス「うん、光界にいるよ。」



ユート「光界?」



カーチス「...まあいいや、教えてあげる。この世界は、炎界、氷界、緑界、光界にわかれてて、光界からは炎界へ、炎界からは氷界、氷界は緑界へ緑界は光界へと行けるんだ。」


33: 2016/04/30(土) 23:37:22.90 ID:o7yZ6XqI0
カーチス「そして、今はみんな光界に避難してるんだ。」



ユート「どうしてだ?」



カーチス「氷界にアイスイエティが出たからね」



ユート「!!あいつか...」


34: 2016/04/30(土) 23:41:27.86 ID:o7yZ6XqI0
カーチス「だから今、龍の神のボクが、調査にきてるんだ。」



ユート「り、龍の神...」



カーチス「本当はもう一人、光の女神さんがいたんだけど...炎界に遊びに行っちゃって戻ってこないんだよねぇ」



ユート「それって...」



カーチス「いいんだよ、君を元の世界に送るために彼女も頑張ってるんだからさ」


35: 2016/04/30(土) 23:47:34.75 ID:o7yZ6XqI0
カーチス「じゃあ、四つの扉の部屋へ戻るといい。彼女も待ってるよ」



ユート「お、おう。ありがとうな、じゃあ」



ユートは急いで扉の部屋へ戻った。すると、そこにライトが待っていた。



ライト「君に出会ったときに、わかったんだよ、この世界に迷いこんじゃったんだろうなって。」



ライト「楽しかったよ、ありがとう。」



ユート「待っーーーー



そう叫んだ瞬間、視界が真っ白に包まれた

そして気づくと、自分の部屋だった。





36: 2016/04/30(土) 23:53:27.26 ID:o7yZ6XqI0
夢だったのだろうか?そう思いながら、彼は元いた世界で、日常に戻っていった。



普通に朝起きて、通学して、挨拶しながら、教室へ入って...だがそこへ、普通じゃないものが来た。いや、来てくれた

教師「転入生を紹介する。入ってこい」

ガラガラとドアの音を立てながら入ってきた彼女の名前はーーーー



END


引用元: 男「起きたら知らない部屋にいた」