2: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 16:23:57.66 ID:pTNThHJ1
ノ√c’º⸍ᴗº)、 「新入生勧誘について作戦会議を始めたいと思います!」

6cƠᴗƠ∂ 「はいデス」
၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「うぃっす〜」
ʃt(c◜・ ᴗ ・)「お願いします」
/cリsˆヮ˚)ʂ 「よろしく」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「まずは意気込みでも」コホン

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「おぉ」

/cリsˆヮ˚)ʂ 「やる気あるわね」

6cƠᴗƠ∂ (ラブライブを終えてからかのんはちょっと変わりまシタ…!)

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「えーっと…激動の1年を乗り越えた私たちも遂に2年生になります」

ʃt(c◜・ ᴗ ・) コクン

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「私たちが2年生になるということは1年生が入ってくるわけで」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ ウンウン

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「他の部活と同じように私たちも新入生を募集して、新生Liella!としてラブライブ優勝を目指したいと思っています!」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ パチパチパチ
ʃt(c◜・ ᴗ ・) パチパチパチ

6cƠᴗƠ∂ 「熱いデス…!」パチパチパチ

4: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 16:34:42.53 ID:pTNThHJ1
ノ√c’º⸍ᴗº)、 「ビシッといい所見せてスクールアイドルに興味持ってもらいたいよね!」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「音楽科は目的があって入学する子も多いだろうから頑張らないと!」グッ

ʃt(c◜・ ᴗ ・) 「千砂都さんが言うと説得力が凄いです…」

6cƠᴗƠ∂ 「心配ありまセン!可可達にはかのんがついてマス!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「わたし!?」

6cƠᴗƠ∂ 「かのんのスバラシイ〜コエを聞けば去年の可可のようにイチコロ違いなしデス〜」キラキラ

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「うーん…褒めてくれるのは嬉しいけど…」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「けど…?」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「やっぱりみんなのパフォーマンスを見て判断してもらいたいなって」

6cƠᴗƠ∂ 「かのん…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「ちぃちゃんのダンス」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「可可ちゃんの華やかさ」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「恋ちゃんの優雅さ」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「すみれちゃんの爆発力」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「全部合わさったLiella!を見てもらいたい」


5: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 16:38:18.44 ID:pTNThHJ1
ʃt(c◜・ ᴗ ・)「それを見ていただくのであらば」フフッ

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「やっぱりライブしかないね!」

6cƠᴗƠ∂ 「釘付けにしてやりまショウ!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「うん!」

/cリsˆヮ˚)ʂ フフッ

6cƠᴗƠ∂ 「何笑ってるデスか」

/cリsˆヮ˚)ʂ 「いや、私たちスクールアイドルだしそりゃライブになるだろうなと思って」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「わかんないよ〜私たちが漫才やる可能性もあったかもしれない」テケテン

/cリsˆヮ˚)ʂ 「それはないでしょ」フッ

6cƠᴗƠ∂ 「可可と、かのんで、クーカーデース!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「クーカーセカンドライブだね」クスクス

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「私たちの実績であれば多少時間を多く貰うことも出来るかもしれません…」

/cリsˆヮ˚)ʂ 「そんなことしなくていいから」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「あ、そうですか…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「冗談はこれくらいにして、ライブのコンセプトとか考えていこっか」

一同「お〜」

6: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 16:42:36.71 ID:pTNThHJ1
──────

─────

────

わたし(私も今日から結ヶ丘の一年生)

わたし(この町へ来たばかりで不安もいっぱいだけど…)

わたし(今こうして歩いているだけで新しい出会いの予感がしますっ)

わたし「…」

わたし「なーんて…」

わたし(物語の主人公みたいなモノローグ、私には合ってないよね)

~♪

わたし「素敵な歌声…」

テクテク…

わたし(この先かな…?)フラ~

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「♪ル~ル〜~ルル〜〜…ってあぶない!」

わたし「きゃっ」

7: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 16:46:10.72 ID:pTNThHJ1
ノ√c’º⸍ᴗº)、 サッ!

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「ご、ごめんなさい!歌に夢中で気付かなくて…大丈夫ですか?」

わたし「は、はい大丈夫です!こちらこそごめんなさい…素敵な歌声がすると思ってぼーっとしてて…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「素敵な歌声だなんてそんな…」テレテレ

わたし(あれ…この人の制服…)

わたし「あの…結ヶ丘の生徒…ですよね…?」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「そうですけど………あっ!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「もしかして結ヶ丘の新入生さん!?」グイッ

わたし「は、はい、そうです」ビクッ

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「やっぱり!そっかぁ新入生かぁ…」

わたし(先輩、だよね…?)

8: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 16:51:06.62 ID:pTNThHJ1
ノ√c’º⸍ᴗº)、 「私、澁谷かのんっていいます!Liella!っていうグループでスクールアイドルやってます!」ニコッ

わたし「スクールアイドル…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「…さっき歌に興味ありそうだったよね!」ズイッ

わたし「えっ」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「スクールアイドルやってみない!?」

わたし「えっと…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「まだ部活決めてないならスクールアイドル、オススメだよ!」グイッ

わたし「…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「スクールアイドルって凄いんだよ!ラブライブって大会まであって…」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「かのんちゃん」ツンツン

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「あ、ちぃちゃんおはよう!」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「うぃっすー」

わたし(…お友達?)

9: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 16:56:23.27 ID:pTNThHJ1
ノ√c’º⸍ᴗº)、 「見て見て!Liella!に入りたいって新入生が!」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「新入生さん困ってるように見たけど…?」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「え」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「意気込みはいいけど突っ走るのはメッだよ?」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「うん…」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「周りの人も見てたよ?」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「はぃ…」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「次は気を付けようね」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「うん…」シュン

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「あ、うちのリーダーがごめんね〜」

わたし(この人もスクールアイドルなんだ…)

10: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 17:00:41.17 ID:pTNThHJ1
わたし「あの…」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「なに?」ニコ

わたし「スクールアイドルってそんなに楽しいんですか?」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「うん、楽しいよ」

わたし(…)

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「楽しいけどそれだけがスクールアイドルの魅力じゃないと思うかな」

わたし「それって…」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「うーん…来週の部活説明会に来てもらえるとばっちり伝わるかな!」ニコッ

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「ライブもする予定だよ!今回のために新曲も…」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「かのんちゃん?」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「あっ…」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「ってことで説明会、来てね!」

わたし「…わかりました!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「じゃあ、またね~!」

わたし「はい」ペコリ

わたし(…)

わたし(かのんさん、賑やかな人だったな)

わたし(もう一人の先輩も名前は聞けなかったけどしっかりしてて)

わたし(スクールアイドルかぁ…)

──────

─────

────

11: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 17:04:55.56 ID:pTNThHJ1
ノ√c’º⸍ᴗº)、 「はぁ~~~~~~~~~」パタリ

6cƠᴗƠ∂ 「新学期早々からため息ついてどうしマシタ?」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「登校中に歌ってたら新入生とぶつかりそうになっちゃってさぁ…」

6cƠᴗƠ∂ 「ほぅ」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「話してた流れでそのままLiella!に誘っちゃったんだよね…」

6cƠᴗƠ∂ 「誘うのはスバラシイことじゃないデスか?」キョトン

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「新入生だ!と思ってテンション上がってたからさぁ…変な先輩だと思われてたらどうしよう…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「あ〜恥ずかし゛い゛い゛い゛い」バタバタ

/cリsˆヮ˚)ʂ 「そういえば朝から歌ってるゴキゲンな先輩がいるって噂になってたわね」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「え゛」

/cリsˆヮ˚)ʂ 「なんか歌が上手い先輩がいるぞって。話聞いた感じあなたのことね」

6cƠᴗƠ∂ 「流石かのんデスね!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「い゛や゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」

6cƠᴗƠ∂ 「いや、これはチャンスデスよ!可可にはわかりマス!噂にまんまと誘われる新入生達…スバラシイコエを聞き興味津々…ファーストインプレッションはこれにて完璧…ライブの前の話題作りはこれで万全デス!」

/cリsˆヮ˚)ʂ 「可可のこのプラス思考は見習いたいところだわ」

6cƠᴗƠ∂ 「そうデス!これから毎日朝練デス!爽やかな春の風に乗せてかのんのスバラシイコエを毎朝お届けするのデス!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「それは勘弁して…」パタリ

──────

─────

────

12: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 17:10:49.34 ID:pTNThHJ1
「以上合唱部の紹介でした」

パチパチパチパチ

新入生A「合唱部歌うまかったね」

新入生B「普通科の私たちでも入れるかなぁ」

わたし(どの部活もレベル高くてすごい…)

わたし(私が入れる部活なんてあるのかな…)

「次はスクールアイドル部の紹介です」

わたし(あ…スクールアイドル部だ)

パチパチパチパチ

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「こんにちは〜私たち結ヶ丘女子スクールアイドル部」

Liella!「Liella!でーす!」💫


「Liella!ーー!」
「本物だ!」
「かわいいー!」


わたし(凄い人気…)

13: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 17:15:19.36 ID:pTNThHJ1
ノ√c’º⸍ᴗº)、 「えへへ、ありがと〜」ブンブン

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「今日はスクールアイドル部の活動紹介とライブ、やっちゃうよー!」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「ライブはなんと新曲!」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「期待しててください」フフッ

/cリsˆヮ˚)ʂ 「まずは活動紹介ね」

6cƠᴗƠ∂ 「かのんと可可が紹介するデス」ビシッ

「クーカー!」

6cƠᴗƠ∂ 「!」

6cƠᴗƠ∂ 「かのん、今の聞きマシタか!?」ピョンピョン

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「私たちのこと知ってる人もいるみたいだね」フフッ

6cƠᴗƠ∂ 「嬉しいデス〜」

14: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 17:22:00.19 ID:pTNThHJ1
ノ√c’º⸍ᴗº)、 「最初は私と可可ちゃんの二人でスクールアイドルやってたんだよね」

6cƠᴗƠ∂ 「クーカーデス!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「次にはすみれちゃんが入ってくれて」

/cリsˆヮ˚)ʂ ギャラクシーポーズ

6cƠᴗƠ∂ 「次は千砂都が加入しまシタ」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ マルポーズ

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「最後に恋ちゃんが入って今のLiella!になったんだよね」

ʃt(c◜・ ᴗ ・) ペコリ

6cƠᴗƠ∂ 「その後すぐに文化祭でLiella!のファーストライブがありまシタ!」

15: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 17:27:19.44 ID:pTNThHJ1
ノ√c’º⸍ᴗº)、 「文化祭のライブ見てくた人もいるかな?」

6cƠᴗƠ∂ 「いたら手あげてくだサーイ!」スッ

スッ!

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「すごい!たくさんいるね!」

6cƠᴗƠ∂ 「文化祭でライブ出来てよかったデスね!レンレン!」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「はい…本当に良かったです…!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「それからラブライブにも出場したね」

6cƠᴗƠ∂ 「結果は東京大会で2位でシタ」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「…凄く悔しくて、次は絶対優勝しようってみんなで円陣組んだね」

6cƠᴗƠ∂ 「ハイ、今年は絶対優勝するデス!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「以上が去年の活動になります」

/cリsˆヮ˚)ʂ 「こう振り返ると色々あった1年だったわね」ファサッ

16: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 17:32:15.74 ID:pTNThHJ1
ʃt(c◜・ ᴗ ・) 「活動紹介に加えて、スクールアイドルの魅力もお伝えするのはいかがでしょう」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「一人づつスクールアイドルやっててよかったところ言ってみる?」

6cƠᴗƠ∂ 「いいデスね!可可から順に行きまショウ」

6cƠᴗƠ∂ 「可可は自分で作った可愛い服が着られるところデス!」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「自分で考えたダンスをみんなと一緒に踊れるとこ!」

/cリsˆヮ˚)ʂ 「ギャラクシーな私を見てもらえると所ね」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「お母様と同じくこの場所でスクールアイドルが出来ている所です」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「わたしは歌が歌えるところ、かな」

ザワ…

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「うん、確かに他の部活でも歌は歌えるよ」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「でも私はこのスクールアイドル部じゃないとダメだったの」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「みんながいたから歌えるようになったんだ」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「本当にスクールアイドル初めて良かったと思ってます」ニコッ

17: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 17:36:52.16 ID:pTNThHJ1
၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「スクールアイドルには色々な魅力があるのがわかって貰えたかな?」

ʃt(c◜・ ᴗ ・) 「入部の理由は何でも構いません、可愛い服が着たいから、友達が入るから、人気になりたいから」

/cリsˆヮ˚)ʂ 「勿論ラブライブに出たいからって人も大歓迎よ」

6cƠᴗƠ∂ 「すみれは人気者になりたいって理由で入りマシタね」

/cリsˆヮ˚)ʂ 「私のことはいいのよ!」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「皆さんと一緒に活動できるのを楽しみにしています」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「じゃあ最後にライブやっちゃうよ!」

၄(cʸ„ò ᴗ óリ၃ 「みんな一緒に盛り上がろうね!」

6cƠᴗƠ∂ 「入り口で配ったサイリウムは持ってマスか〜!」

/cリsˆヮ˚)ʂ 「じゃあ行くわよ!」

──────

─────

────

19: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 17:42:22.81 ID:pTNThHJ1
わたし(それからはもうあっという間の時間だった)

先輩達が一斉に踊り出すだけで、目の前の小さなステージが、まぶしいライトに包まれた本物の舞台へ変わったように見えた

今まで聴いたことないはずなのに自然と体は動いていて

先輩達の指先、視線、足取りが次はこう応援すべきと教えてくれている気がした

そして何より先輩達の声がとても綺麗で透き通っていて力強く心に響いて……

こんな凄い世界があったなんて知らなかった……!

先輩達の練習風景はこれまでちらっと見えていたけれど、本気の彼女達はこんなにも違うんだなって

聞こえてくる音も、目に入る景色も、全てが私の心を掴んでいった

20: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 17:50:54.45 ID:pTNThHJ1
気が付いたら配られていたサイリウムを振り上げ、彼女らの動きに、声に夢中になることしかできなかった

周りの新入生を含め、皆が一体となっていることが心地よかった

私たちに向けられた最高のパフォーマンス、先輩へ送る全力の応援、全員が全力を尽くすことでひとつの世界を作り上げている

それが楽しいんだ、だから特別な場所なんだって、いつまでも応援していたい!

これがスクールアイドル、これがLiella!なんだ!

そう思った時にはステージの照明は落ちていて、ライブの終わりを告げていた

周りのサイリウムが消えていく中、私のサイリウムは最後まで付いたままだった

──────

─────

────

21: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 17:56:25.72 ID:pTNThHJ1
コンコン

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「どうぞー!」

ガチャ

わたし「失礼します」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「あ、この間の!」

わたし「はい、お久しぶりです」ペコリ

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「あの時は無理矢理勧誘してごめんね?」

わたし「いえ、全然!先輩のおかげで私もスクールアイドルにも興味を持つことが出来ました!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「よかったぁ…変な先輩だって思われてたらどうしようって心配だったんだよね」

わたし「変な先輩だとは思いましたよ」クスクス

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「え゛」

わたし「本当にスクールアイドルが好きなんだろうなとも思いました」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「…うん」

わたし「それで今日来た理由なんですけど…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「うん」

─────

────

23: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 18:02:42.10 ID:pTNThHJ1
わたし「失礼しました!」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「またね〜」

ガチャ

わたし「あ、こんにちは!」ペコリ

ʃt(c◜・ ᴗ ・) 「こんにちは」

ガチャ

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「お疲れ様です」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「あ、恋ちゃんおつかれ〜」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「今、部室から1年生が出てきましたけど」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「あの子、私が初日に勧誘した子」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「そうだったのですね、部室に来たということは入部希望ですか?」



ノ√c’º⸍ᴗº)、 「ううん、入部はしないって」

25: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 18:09:47.80 ID:pTNThHJ1
ʃt(c◜・ ᴗ ・)「そうですか…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「部活紹介のライブを見てスクールアイドルってキラキラしててかっこいいって熱く語ってくれたんだけどね」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「でしたら…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「でもそれ以上にLiella! をみんなで一緒に応援できるのが一番だって」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「それって…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「あのライブでファンになってくれたみたい」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「それは…嬉しいですね」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「うん、嬉しかった」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「ファンになってくれたあの方のためにもさらに頑張らないといけないですね」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「うん、早くみんな来ないかなぁ」

コンコン

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「はーい」

ʃt(c◜・ ᴗ ・)「ちょうど来たみたいですね」

ガチャ

わたし「あの…」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「あれ、どうしたの?」

わたし「…」

わたし「サイン…貰ってもいいですか…?」

ノ√c’º⸍ᴗº)、 フフッ

ノ√c’º⸍ᴗº)、 「もちろん!」

26: 名無しで叶える物語(もんじゃ) 2022/07/17(日) 18:12:36.92 ID:pTNThHJ1
おしまいです。
ありがとうございました。

引用元: 新入生「結ヶ丘のスクールアイドル」