1: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:12:59.85 ID:7mrpq7ap
かのくぅ(クーカー)

2: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:14:46.52 ID:7mrpq7ap
かのん「まさか席が並ぶなんてね。改めてよろしくね、可可ちゃん」

可可「こちらこそデス!席決めは神引きデシタ!新学期早々、幸先が良さそうデス!」

かのん「あるいは、運を使い果たしちゃったかもよ?」

可可「それはありません!かのんの近くが、可可のラッキープレイスですので!」

3: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:17:12.01 ID:7mrpq7ap
かのん「相変わらずお上手だねぇ」

可可「本気で言ってるのデスよ?授業中ずっとかのんの後ろ姿を見られるというのは、それだけで嬉しいことなのデス!」

かのん「そうかなぁ、私の背中なんて見たって面白くないと思うけど」

可可「たまには横や後ろを向いてクダサイね、前みたいに横顔が見れないというのは寂しいので!」

4: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:18:47.44 ID:7mrpq7ap
かのん「あははっ、了解。用もなく後ろ向いちゃうよー」

可可「そうしてもらえると嬉しいデス、可可はいつでもウェルカム、デス!」

――――――――

かのん「とかなんとか言ってたのに」

5: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:20:17.71 ID:7mrpq7ap
可可「すやぁ…」

かのん「ちょっと目を離したらおやすみモード。昨日も遅くまで起きてたって言ってたっけ」

可可「くー…くー…」

かのん「ま、振り返れば可可ちゃんの寝顔っていうのも、悪くないかな」

6: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:21:47.44 ID:7mrpq7ap
可可「んんー…」

かのん「あんまり夜更かし過ぎないようにね、頑張り屋さん」

可可「えへへ…くー…」

かのん「ふふっ、訂正。確かにかなりいい席かもね、これは」

7: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:23:21.16 ID:7mrpq7ap
……………………………………

先生「まずは三角比の相互関係のおさらいです。この関係を用いれば、sinθ、cosθ、tanθのうち、どれか一つの値さえわかれば、他の二つを導き出すことが可能でしたね」

かのん「うーん…」

先生「三角関数を学ぶ上で、これらの基本性質はとても重要になりますので、不安だなという人は必ず復習しておいてください。次に、三角比と三角関数の違いですが――」

かのん「うーーーん…」

8: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:24:47.35 ID:7mrpq7ap
――――――――

休み時間

かのん「だぁぁぁ、なんとか乗り切った…」

可可「かのん。さっきの授業、かなり悩んでいマシタね」

かのん「私には難しすぎるよぉ、記号や公式が次から次へとやってきて…ねえ、可可ちゃん。高校数学ってどうしてこんなに難しいんだろう?」

可可「高校だから、じゃないデスか?」

9: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:26:05.43 ID:7mrpq7ap
かのん「だよねぇ、はぁぁ…」

可可「でも、数学に翻弄されるかのんの姿は、後ろから見ていて楽しかったデス」

かのん「笑い事じゃないよ、人が苦労してるのにー」

可可「そんな様子もとても可愛かった、と言っているのデス」

10: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:28:14.87 ID:7mrpq7ap
かのん「いいよね、可可ちゃんは数学得意だから余裕そうでさ」

可可「勉強に苦戦するかのんを間近で見られる。ここは言葉どおりの特等席なのかもしれマセンね」

かのん「ちぃちゃーん、すみれちゃーん!可可ちゃんが意地悪するよー!」

可可「あははっ、でも、この席はかのんにとっても良い環境なのデスよ?」

11: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:30:05.74 ID:7mrpq7ap
かのん「むぅ…いい環境って?」

可可「勉強がわからなくて困ったときは、後ろを向けば良いのデス!可可が教えマスから!」

かのん「先生に指されたとき、答えを教えてくれるってこと?」

可可「指されても答えられるようにするということデス!可可がしっかり丁寧に個別指導いたしマスので!この席順はお勉強にも最適デス!」

かのん「う、うーん。ありがたいんだけど、逃げ場が無くなってしまったような…」

12: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:31:18.39 ID:7mrpq7ap
……………………………………

可可「むむむむむ…」

かのん「可可ちゃん、険しい顔してどうしたの?何か悩み?」

可可「あ、かのん…いえ、なんでもありマセン」

かのん「そうは見えないよ、今日の可可ちゃん、ずっと思い詰めてる様子だもん。私でよければ、話聞くよ」

13: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:32:44.64 ID:7mrpq7ap
可可「うぅ、ですが…」

かのん「無理には聞かないけど、遠慮しないで話してくれたら嬉しいな。話しにくいことなら、どこか場所と時間を改めてもいいから」

可可「かのん…いえ、ここで大丈夫デス。可可の話、聞いてもらえマスか?」

かのん「もちろんだよ!」

14: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:34:20.20 ID:7mrpq7ap
可可「ありがとうございマス。実は、可可…」

かのん「うん」

可可「最近、衣装作りがスランプなのデス」

かのん「スランプ?」

15: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:36:45.81 ID:7mrpq7ap
可可「ハイ…一年生が入部して、活動が更に進化していく中で、Liella!が今後どのような色を出していくべきか、ずっと考えていたのですが…」

かのん「そっか、色々と考えてくれてたんだ」

可可「考えれば考えるほど深みにはまって、難しいデス…」

かのん「確かに、新しくなったり、変わる部分があると戸惑っちゃうよね」

16: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:38:11.32 ID:7mrpq7ap
可可「かのんなら、こういうときどうしマスか?」

かのん「そうだね、うーん…あ、良いこと思い出した!私も作詞に困ってるときに試した、とっておきの方法があるんだけど」

可可「わあっ、どんな方法デスか?教えてください!」

かのん「知りたい?いいよ、その方法はね…」

17: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:39:33.28 ID:7mrpq7ap
可可「その方法は…!」

かのん「恋ちゃんのお屋敷で、ジャパニーズ缶詰」

可可「それは嫌デスー!」

かのん「えー、私のときは有無を言わさず部屋に閉じ込めたのに、自分はやらないんだ?」

18: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:41:28.59 ID:7mrpq7ap
可可「そ、それは…」

かのん「さっそく恋ちゃんにお願いしなきゃだね。衣装のデザインが終わるまで出られませんって、専用のお部屋を用意してもらわないと!」

可可「くぅっ…そ、その節は大変なご迷惑を…どうか、どうかジャパニーズ缶詰だけは…」

かのん「あはははっ、うそうそ、冗談だって」

19: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:45:56.50 ID:7mrpq7ap
可可「ふぇ…?」

かのん「ジャパニーズ缶詰される側のプレッシャー、これでわかってもらえたかな」

可可「だ、騙したのデスね!ひどいデス、可可の気持ちを弄んで!まさか、この前の仕返しのつもりで…!」

かのん「そんなつもりじゃ。でも、ちょっとは気持ちがほぐれたでしょ?」

20: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:47:22.94 ID:7mrpq7ap
可可「えっ?」

かのん「気になってたんだ。可可ちゃん、最近難しい顔してることが多かったから」

可可「あ…」

かのん「自分を追い込んでも、上手くいかないときってあるよ。そんなときは、肩の力を抜いて、少し一休みしないとね。悩みから距離を置くと、案外うまくいくもんだって」

21: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:48:42.37 ID:7mrpq7ap
可可「かのん…ありがとうございマス!」

かのん「いえいえ。気晴らしにさ、甘い飲み物でも買いに行こうよ。今日はなんだかミルクティーの気分なんだ」

可可「それなら、今日は可可がご馳走しマス!」

かのん「そうと決まれば、急いで買いに行かなきゃだね、お昼休みが終わる前に!」

可可「はいデス!」

23: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:50:09.14 ID:7mrpq7ap
……………………………………

可可「かのん、かのんっ」

かのん「んー?」

可可「見てクダサイ、衣装のデザインが出来上がりマシタ!」

かのん「わ、可愛いね!」

24: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:51:12.76 ID:7mrpq7ap
可可「かのんは、いいと思いマスか?」

かのん「うん、すごく良いと思うよ!曲のイメージともぴったりだし、きっとみんなも賛成してくれるよ!」

可可「わあ、そう言ってもらえると、頑張った甲斐がありマス!」

かのん「でもこれ、どうして英語のノートに書いてあるの?」

25: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:52:32.70 ID:7mrpq7ap
可可「完成したのがついさっきだから、デス!」

かのん「ついさっき?ってことは、英語の授業中に描いてたってこと?」

可可「ハイ!閃きが頭の中を駆け抜けて、これだーって思いマシタので、一気に仕上げちゃいマシタ!」

かのん「私の後ろで内職してたんだ。いけないんだー」

26: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:53:58.83 ID:7mrpq7ap
可可「存分に目隠しにさせてもらいマシタ。この席は本当に便利デス!アイデアが浮かんできたのも、かのんの後ろ姿のおかげかもしれマセン!」

かのん「ご利益みたい言ってくれちゃって。でも、一区切りついたみたいでよかったよ!」

可可「胸のつかえが取れた心地デス!そこで提案なのデスが、今日の帰りにクレープを食べにいきマセンか?この前、話を聞いてくれたお礼もしたいので!」

かのん「それと、可可ちゃんの頑張りの労いだね。いいね、行こう行こう!」

27: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:54:45.77 ID:7mrpq7ap
……………………………………

可可「かーのーん」

かのん「なにかな、可可ちゃん」

可可「呼んでみただけ、デス」

かのん「はいはい、好きだね、それ」

28: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:55:42.65 ID:7mrpq7ap
可可「かーのんっ」

かのん「こらこら、背中触らないの」

可可「かのんの背中がすぐそこにある以上、それは無理な話デス」

かのん「もう、すぐぺたぺたしてくるんだから」

29: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 14:58:57.67 ID:7mrpq7ap
可可「ふふふっ♪」

かのん「どうしたの、随分とご機嫌だね」

可可「様々な検討を重ねた結果、この席はやはりスバラシイなと思いまして」

かのん「それはまた。どう素晴らしいの?」

30: ◆2XUM89JJWNIX (たこやき) 2022/07/18(月) 15:00:00.40 ID:7mrpq7ap
可可「なにもかもデス。日々の生活が、より楽しく、キラキラしたものに思えるのデス」

かのん「それはなによりだねぇ、何か理由があるの?」

可可「そんなの決まっていマス。前にも言ったでしょう?かのんの近くは、可可のラッキープレイスなのデス!」



終わり

引用元: かのん「お気に入り席」