1: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 16:04:16.57 ID:ZY6v3j0M0
 

まほ「大隊長はみほだな」

ケイ「あなたについて行くわよ」

絹代「大隊長殿、部隊名の下知をお願いします!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1468134256

2: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 16:11:43.76 ID:ZY6v3j0M0
みほ「え…、じゃあ西住まほチームが(とても卑 な4文字の言葉)チームで、
ケイさんのところが(すごく卑 な4文字の言葉)チームで、ウチが(メチャクチャ
卑 な4文字の言葉)チームで」

アンチョビ「え…ええ…」

ダージリン「み…、みほさん、それはちょっとどうかと…」

3: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 16:16:15.18 ID:ZY6v3j0M0
杏「おっ♪西住ちゃんやるねえ♡」

桃「会長…」

ケイ「オーマイガッ…」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 16:21:56.18 ID:ZY6v3j0M0
ミカ「…」(顔真っ赤)

絹代「?」(箱入りのお嬢さまなので意味がわかってない)

カチューシャ「ミホーシャ!なんなのよその部隊名は!そんな部隊名でもしも事故死でもしたら
葬式がとんでもないことになるじゃないの!」

5: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 16:26:16.87 ID:ZY6v3j0M0
エリカ「そうよ!あんた何考えてんのよ!」

まほ「いや、それで行こう。大隊長はみほだ」

一同「ええええ!」

6: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 16:30:43.29 ID:ZY6v3j0M0
中略


ダージリン「え…、えーっと…で、ここからが肝心なんだけど、作戦名はどうする?」

みほ「3箇所を責めて突き上げる作戦なので、(とてつもなく卑 な作戦名)作戦で」

7: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 16:35:24.86 ID:ZY6v3j0M0
アンチョビ「わーっ!わーっ!わーっ!」

ダージリン「こ…、こんな格言ご存知…」

杏「もー西住ちゃんったら大胆なんだから♡」

8: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 16:38:10.89 ID:ZY6v3j0M0
ケイ「ジーザスクライスト…」

ミカ「…」(耳まで真っ赤)

絹代「?」(やっぱりわかってない)

9: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 16:53:34.28 ID:ZY6v3j0M0
カチューシャ「ふざけんなゴルぁぁぁぁ!そんな作戦名口に出して言えるかぁぁぁ!」

エリカ「あんたいいかげんにしなさいよ!」

まほ「いや、それで行こう」

一同「ええええ!?」

10: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 17:05:13.60 ID:ZY6v3j0M0
みほ「では右側面に(とても卑 な4文字の言葉)チーム、左に(すごく卑 な4文字の言葉)チーム、
中央に(メチャクチャ卑 な4文字の言葉)チームでお願いします。(とてつもなく卑 な作戦名)作戦
開始します!パンツァーフォー!」

12: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 18:21:53.38 ID:ZY6v3j0M0
作戦開始

まほ「大隊長、(とても卑 な4文字の言葉)チームは高地ふもとに達した。いま先遣隊を送っている」

カチューシャ「よくそんなチーム名口に出して言えるわね…」

13: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 18:39:23.89 ID:ZY6v3j0M0
まほ「大隊長の判断を乞う」

カチューシャ「無視しないでよ」

絹代「3時方向より敵襲!」

ケイ「CQCQ!(すごく卑 な4文字の言葉)チーム敵と遭遇!(は…、恥ずかしい…)」

ダージリン「(メチャクチャ卑 な4文字の言葉)チーム各車、微速後退しつつ応戦。うう…」

アッサム「心中お察しします…」

14: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 19:16:22.85 ID:ZY6v3j0M0
みほ「向こうはまず(すごく卑 な4文字の言葉)と(メチャクチャ卑 な4文字の言葉)を潰しにきた…」

まほ「こちら(とても卑 な4文字の言葉)、高地頂上に達した」

みほ「(とても卑 な4文字の言葉)は二手に分かれて上から(すごく卑 な4文字の言葉)と
(メチャクチャ卑 な4文字の言葉)の援護をお願いします!」

沙織「なんで平然とあんな言葉を口に出して言えるのよ…」

エリカ「もうやだこの変 姉妹…」




15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 19:29:34.96 ID:ZY6v3j0M0
まほ「上からの謎の砲撃をなんとかしないと」

みほ「会長、磯辺さん、アンチョビさん、ミカさん、お願いしたいことがあります」



アンチョビ「(凄まじく卑 な4文字の言葉)小隊!全速前進!(半泣き)」

16: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 19:42:44.80 ID:ZY6v3j0M0
いろいろあって試合終了


優花里「あ…、あの、西住殿、なんであんなチーム名や作戦名にしたんですか?」

みほ「だって、沙織さんが耳まで真っ赤になって声を上ずらせてチーム名や作戦名を連呼してる
ところを見たらゾクゾクしちゃって♡」

沙織「…」

19: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 19:48:30.42 ID:ZY6v3j0M0
みほ「それに、他のみんなも同じように戦車の中で羞恥と恥辱に身悶えしてると思うと
もうたまらなくなって、試合中に何度も上り詰めてしまって…」

沙織「…」

優花里「…」

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/10(日) 20:56:05.86 ID:ZY6v3j0M0
まほ「はっはっは、みほは本当にいやらしいなあ。そう言う私もみほが
声を殺して絶 に達しているところを想像して何度も  てしまったが」

みほ「もうお姉ちゃんったら♡」

沙織「なにこの淫獣姉妹…」

23: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 21:02:10.47 ID:ZY6v3j0M0
華「これは付き合い方を考え直したほうがいいのでしょうか…」

エリカ「もうやだ…、誰か助けて…」

優花里「西住殿!惚れ直しました!私と結婚してください!」

沙織「えっ」

麻子「ここにもいたか変 」

24: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 21:09:32.37 ID:ZY6v3j0M0
ケイ「…」

アリサ「ねえ、隊長なんか静かになったけどどうしたの?」

ナオミ「ああ、隊長って経験豊富だって自慢してるけど本当はただの耳年増だって噂本当だったみたい」

25: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 21:15:13.02 ID:ZY6v3j0M0
細見「あの…、隊長、ちょっとお耳を…」

絹代「うん?どうした?え…?ええええ!?意味もわからず大声で連呼していたが
まさかそんなことだったとは…、一思いに殺してくれ…」

26: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 21:20:29.72 ID:ZY6v3j0M0
ペパロニ「アンチョビ姐さん…」

アンチョビ「いいんだ…」(もう清らかだったあの頃には戻れない…さようなら、昨日までの私…)

27: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 21:26:58.74 ID:ZY6v3j0M0
ノンナ「あの清らかな我らが同志カチューシャが大人の階段を2段飛ばしで駆け上がってしまいました。
あの変 姉妹には必ずこの代償を払わせてやりましょう」

クラーラ「その通りです、我々の天使を汚した報いを受けさせねば」

28: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 21:30:11.73 ID:ZY6v3j0M0
アキ「あの…、ミカ…」

ミカ「すまない…、気を遣わせてしまって…」

ミッコ(ミカって意外とウブなんだな…)

29: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 21:36:21.02 ID:ZY6v3j0M0
ローズヒップ「ダージリン様、ずっと気になってたんですけど(とてつもなく卑 な作戦名)って
どういう意味ですの?」

ダージリン「それはね、ローズヒップ、…アッサムに聞きなさい」

アッサム「ちょっと!私に振らないでください!」

30: ◆e6ps/CejpA 2016/07/10(日) 21:42:36.58 ID:ZY6v3j0M0
その後、大洗女子学園は再び危機に見舞われたが今度はどの学校も助けてくれなかった。




                   終

引用元: 【ガルパン劇場版】 絹代「大隊長殿、部隊名の下知をお願いします」