2: 名無しで叶える物語(茸) 2022/07/23(土) 13:15:28.14 ID:EXEgNzTE
きな子「今日からスクールアイドルとしてお世話になります!頑張るっすから、ご指導お願いします!かのん先輩!」

かのん「せ・ん・ぱ・いィ~!?↑↑」エヘヘッ

かのん「もー、きな子ちゃんってばぁ。そんな風に甘えたって練習やさしくしたりしないからねぇ??」

きな子「はいっす!」

千砂都「じゃさっそく始めるよー。きな子ちゃんはまず見ててね。ワン、ツー、スリー、フォー」タッタッ

きな子「ふおおおお!すごいっす千砂都先輩!」

かのん「………………」

4: 名無しで叶える物語(茸) 2022/07/23(土) 13:18:10.86 ID:EXEgNzTE
きな子「ランニングっすね、頑張ります!これでも北海道の田舎では毎日おいかけっこしてたんす!負けませんよ、かのん先輩!」

かのん「せ・ん・ぱ・いィ~!?↑↑」エヘヘッ

かのん「もー、きな子ちゃんってばぁ。そんな風に甘えたって手加減したりしないからねぇ??」

きな子「はいっす!」

すみれ「へえ、それなりに走れるじゃないの。田舎で育ったってのも悪いことじゃないわね」

きな子「ほ、褒めてもらえて光栄っす!すみれ先輩!」

かのん「………………」

6: 名無しで叶える物語(茸) 2022/07/23(土) 13:22:09.42 ID:EXEgNzTE
きな子「間もなく中間考査っすね。いっしょけんめい勉強していい点数取るんで、見ててください!かのん先輩!」

かのん「せ・ん・ぱ・いィ~!?↑↑」エヘヘッ

かのん「もー、きな子ちゃんってばぁ。そんな風に甘えたって点数低かったら褒めてあげないからねぇ??」

きな子「はいっす!」

恋「おや、きな子さんはこの単元が苦手みたいですね。去年わたくしがまとめたノートがあるので、よければ使ってください」

きな子「ありがとうございます!とってもわかりやすくて感動っす、恋先輩!」

かのん「………………」

9: 名無しで叶える物語(茸) 2022/07/23(土) 13:24:41.19 ID:EXEgNzTE
きな子「うわぁ~、これが実際の衣装っすか!どれもこれも可愛くて、目移りしちゃいます。わぁぁっ、すごく似合ってるっすよ、かのん先輩!」

かのん「せ・ん・ぱ・いィ~!?↑↑」エヘヘッ

かのん「もー、きな子ちゃんってばぁ。そんな風に甘えたってこっちの衣装は譲ってあげないからねぇ??」

きな子「はいっす!」

可可「この衣装を着るときは、リボンを先に通すノデスよ。やってあげるからジッとしてるデス、キナ子」

きな子「きゃああっ、これがわたし……!?べ、別人みたいっす!可可先輩のおかげっす!」

かのん「………………」

11: 名無しで叶える物語(茸) 2022/07/23(土) 13:26:56.46 ID:EXEgNzTE
きな子「うう…初めてのステージ、緊張するっす……うまくできなかったら、失敗したらどうしよう、かのん先輩…」

かのん「せ・ん・ぱ・いィ~!?↑↑」エヘヘッ

かのん「もー、きな子ちゃんってばぁ。そんな風に甘えたって結果はついてこないんだからねぇ??」

きな子「はいっす…」

かのん「きな子ちゃんはたくさん練習頑張ったよね。歌もダンスも頑張って覚えたし、厳しいトレーニングにもついてきた。大丈夫、きな子ちゃんの中にはちゃんと実力が灯ってるよ」

きな子「そうっすね… かのん先輩と同じステージに立ちたくて、いっしょけんめい頑張りました」

かのん「だったら自信持って!きな子ちゃんの初めてのステージ、めいっぱい楽しまなきゃもったいないよ!」

きな子「はいっす!」

12: 名無しで叶える物語(茸) 2022/07/23(土) 13:29:53.28 ID:EXEgNzTE
きな子「見てください!東京予選、一位はLiella! ──ってことは… 決勝大会に出場っすよ!かのん先輩!」ワアアッ

かのん「せ・ん・ぱ・いィ~!?↑↑」エヘヘッ

かのん「もー、きな子ちゃんってばぁ。そんな風に甘えたって全国の壁はもっと厚いんだからねぇ??」

きな子「はいっす!」

恋「でも、前回のわたくし達が突破できなかった壁を今回は突破できた… 今年こそ、Liella!が優勝できるはずですよ!」

きな子「そ、その通りっす!いつまでも臆してるんじゃだめっすよね。優勝できると思って頑張るっす、恋先輩!」

かのん「………………」

13: 名無しで叶える物語(茸) 2022/07/23(土) 13:32:30.53 ID:EXEgNzTE
きな子「ううっ…… グスッ 優勝、できませんでした……ッ わたしが、あそこでミスしなければ… ごめんなさい、かのん先輩………ッ」ヒグッ

かのん「せ・ん・ぱ・いィ~!?↑↑」エヘヘッ

かのん「もー、きな子ちゃんってばぁ。そんな風に甘えたって事実は変わらないよ、誰よりも自分がわかってるよねぇ??」

きな子「はいッ、…すぅ……」

千砂都「今年こそはいけると思った。でも、この結果こそが今の私達の実力ってことなんだよね。大丈夫、チャンスはまだあと一年あるんだから」

きな子「次こそ…… 次こそは、絶対に優勝してみせるっす…!もう二度とこんな悔しい想いはしたくないっすから…!」

かのん「………………」

15: 名無しで叶える物語(茸) 2022/07/23(土) 13:36:04.35 ID:EXEgNzTE
きな子「やっと戻ってきたっす、このステージに。ラブライブ!決勝大会。去年は叶えられなかった栄光を、今年こそ絶対に掴み取りたいっす!かのん先輩!」

かのん「せ・ん・ぱ・いィ~!?↑↑」エヘヘッ

かのん「もー、きな子ちゃんってばぁ。そんな風に甘えたって私達は知ってるんだからねぇ??」

きな子「はい!?」

すみれ「去年優勝できなかったのは自分のせいだって、あなたがずっと責任を感じていたこと」

可可「そして、そのために誰よりもタクサンの練習を一人で頑張っていたことも。クク達は、全部知ってイマス」

かのん「だからこそ今年は──きな子ちゃんをセンターにしたんだよ。優勝、しようね!」

きな子「…………はいっす!!」

16: 名無しで叶える物語(茸) 2022/07/23(土) 13:40:20.46 ID:EXEgNzTE
優勝旗 ハタハタ…

きな子「二年間、ありがとうございました。この優勝旗を来年も持って帰ってこられるように、わたし達全員で一丸となってLiella!の伝統を守り抜くっす!かのん先輩!」

かのん「せ・ん・ぱ・いィ~!?」

かのん「もー、きな子ちゃんってば。そんな風に甘えたって、もうだめだよ」

きな子「……いやっす…」

きな子「いやっす!かのん先輩っ!卒業してほしくないっす!」

きな子「きな子の青春は、そしてスクールアイドルとしての軌跡は、かのん先輩と出会うところから始まったんすよ!かのん先輩と一緒じゃなきゃ、かのん先輩がいなきゃいやっす!きな子だけじゃなにもできないっす!!」

かのん「私達は卒業するんだよ。これからはきな子ちゃん達が結ヶ丘を、そしてLiella!を引っ張っていくんだから。先輩は、今日でおしまい」

かのん「頑張れ。きな子先輩」ニッ──

きな子「いやっす……いやっすよぉ… かのんせんぱいぃ………」

ワァァン…… ウワァァアン………

17: 名無しで叶える物語(茸) 2022/07/23(土) 13:42:55.44 ID:EXEgNzTE
五年後──


きな子「わぁぁっ、すごく似合ってるっすよ、かのん先輩!」

かのん「せ・ん・ぱ・いィ~!?↑↑」エヘヘッ

かのん「もー、きな子ちゃんってばぁ。そんな風に甘えたってこっちの衣装は譲ってあげないからねぇ??」

きな子「はいっす!」

きな子「でももう、かのん先輩は先輩じゃなくなるんすね。これからは対等っす」

かのん「そうだよ。結局ずっと呼んでくれたけど、今日で本当に先輩禁止」

かのん「私ももうきな子ちゃんのこと、きな子ちゃんって呼べないよ」

かのん「これからずっとよろしくね、きな子」

きな子「はいっす!一生かけて大事にします、かのん」

「「病めるときも、健やかなるときも──」」


おしまい

引用元: 【SS】きな子「よろしくお願いします!かのん先輩!」かのん「せ・ん・ぱ・いィ~!?↑↑」エヘヘッ