1: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 21:42:23.76 ID:037W2RTd
可可「…!! それはさすがによくないことではないデスカ」

かのん「でも最近すみれちゃん調子のっててうざいんだよね。だからちょっとした仕返しというか」

可可「でも画ビョウは危ないです…ケガしちゃいます…」

かのん「……でも可可ちゃんもすみれちゃんに悪態ついたりバカにしてるよね、あれはいいの?」

可可「そ、それは…」

かのん「同じようなことだし、可可ちゃんも文句言えないよね。まぁ見ててよwきっと面白いから!」

可可「あっ…」

5: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 21:46:00.04 ID:037W2RTd
かのん「あっすみれちゃんきた!隠れよ!」

可可「あっ……」

すみれ「」

上履きハキー

すみれ「ッッッツッッ!!」

すみれ「…ナニコレ……」

ポイッ……タタタッ……

かのん「www みた!?可可ちゃん、すみれちゃんの顔!!フフッ」

可可「すみれは困ってるように見えました……かのんはすみれが嫌いなのですか…」

8: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 21:48:29.26 ID:037W2RTd
かのん「まさか!そんなわけないじゃん!嫌いじゃないよ!ちょっとしたイタズラだって 」

可可 「イタズラ……ですか……」

かのん「そうそう!可可ちゃんもすみれちゃんからかってるよね!?それと同じ!」

可可「でも……」

タタタッ

ちさと「ういっす!ういっす!」

かのん「ちーちゃんういっすー」

10: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 21:52:44.44 ID:037W2RTd
可可「ちさと……かのんがすみれに…」

かのん「ちーちゃん!今すみれちゃんにイタズラして遊んでたの!一緒にやらない!?」

ちさと「えー??どんなイタズラ?」

かのん「すみれちゃんの上履きにかるく画ビョウいれたのw軽くね軽くw」

可可「すみれは驚いていました…」

かのん「まぁ最近調子のってたし、ちょっとした罰としてねwちーちゃんもなんかないかな」

ちさと「うーん、じゃあ次の授業の教科書を隠して焦らせるドッキリやってみよっか!」

14: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 21:57:43.15 ID:037W2RTd
可可「……驚かせるだけなんですよね……」

ちさと「勿論。かのんちゃんもどうかなこれ」

かのん「いいね!さすがちーちゃん!じゃあ私が席に呼んで話してる間にお願い!」

───休み時間───

かのん「すみれちゃんちょっとこっちの席いい?次の曲のことなんだけど」

すみれ「休み時間まで熱心ね~わかったわよ。 」

かのん(今だよちーちゃん)

ちさと(ういっす!)

可可「………」

かのん「って感じで~」

すみれ「そこはまた部活でね、もう席に戻るわ」

29: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 22:35:40.63 ID:037W2RTd
キンコーン

すみれ「………あれ?…教科書がない…」

ガサゴソッ

すみれ「…持ってきてたような……」

かのん ちさと「プフッwww」

可可「………」

可可(まぁドッキリさせるだけと言っていたのでもう返すのでしょう)

先生「始めまぁす」

かのん ちさと(wwwwww)

可可(もう始まったのに返さないのですか!!)

すみれ「……」

─────
───


キンコーン

32: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 22:38:00.41 ID:037W2RTd
スタスタスタ

可可「ドッキリですぐに返すのではなかったのですか!!」

かのん「まぁまぁw」

ちさと「さっきこっそり戻しといたからw」

可可「さすがにやりすぎではないですか」

かのん「ッチ…ウッセーナ…………」

可可 「」ビクッ

かのん「うそうそwもうやめるからwすみれちゃんももう反省したんだろうしね」

ちさと「もう今日はこれでおしまい!終わり終わり!それでいい、ね?」

可可「わかりました……」

─────
───


放課後

36: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 22:42:41.18 ID:037W2RTd
かのん「今日も練習頑張ろうね!」

ちさと「ういっすー!!」

可可「…はい…」

すみれ「悪いんだけど、今日練習休んでいいかしら、体調が悪くて…」

可可(朝の画ビョウでしょうか……)

かのん「すみれちゃんなに言ってるの!!大会近いんだよ!」

ちさと「ちょっとキツイだろうけど、頑張ろ?すみれちゃんならやれるって信じてるから!」

すみれ「わかったわよ……」ズキズキ

可可(大丈夫でしょうか……)

37: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 22:46:01.50 ID:037W2RTd
ちさと「はい!ワン!ツー!ワン!ツー!」

すみれ「ッッ」

すみれ(痛い……)

ちさと「すみれちゃん!動き悪いよ!」

かのん「もうちょっと頑張ろ?ね!」

すみれ「そうね、泣いてもいられないし……」

可可(しゅみれ……)

──


かのん「今日の練習も終わり!お疲れ様~」

40: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 22:55:11.49 ID:037W2RTd
すみれ「今日は早めに帰るわね……お疲れ様……」

スタッサタッ

可可(すみれ痛そうデス……足を引きずってました…)

かのん「ふぅ……」

かのん「ブヒョwwwwww」

ちさと「フフフwww」

可可「!!? ?????」

かのん「いや~今日は面白かったねw すみれちゃんの驚いた顔と言ったらw」

ちさと「ほんとビックリしてたねw」

可可「ッッ!二人はなにを………………」

かのん「いやいや、すみれちゃんのためにね?すみれちゃんが好きだからちょっとからかってるの」

かのん「嫌いだからじゃないよ?そこは勘違いしないでほしいけど」

42: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 23:02:57.34 ID:037W2RTd
ちさと「すみれちゃんもこれを機会にして頑張ってくれるって私信じてるの」

可可「でも…やりすぎです!すみれはほんとに困ってました!練習も早退を進めるべきだったのでは?」

かのん「はぁ…可可ちゃんも日頃私達よりすみれちゃんにキツイこと言ってるよね?なんで1日だけの私達がそんなこと言われなきゃいけないのかなぁ」

可可「で、ですが…」

ちさと「まぁまぁ…今回で終わりなんだし…二人ともここらへんで、ね?」

可可(ちさとも参加してたのに……)

可可「ほんとにこれ以上は良くないと思いますよ……」

かのん「分かってるって!じゃあ今日は帰ろ?たこやき食べてこうよ!」

45: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 23:13:30.10 ID:037W2RTd
───
──

翌朝

可可(昨日はモヤモヤしましたが、それも終わりです……今日からはいつも通りに……)


可可(靴箱にすみれがいますね……)

すみれ 「!!!…………!!グスッ」

タタタッ

可可(……すみれ?)


かのん「可可ちゃんおはよう!フフフwww」

可可「おはようございます。かのん、笑顔ですがどうされたんです?」

かのん「ちょっとね~プフッ」

ちさと「二人ともおはよう!ういっす~」

52: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 23:25:35.85 ID:037W2RTd
かのん「ねぇねぇ!さっきね!すみれちゃんの靴箱に手紙入れといたの!すっごいびっくりしてた!」

ちさと「えー?どんな内容?」

かのん「フフフ、ちょっとびっくりさせただけだって、それだけ……」

可可「……」

可可(すみれは泣いてるように見えました……)

可可(でもなんでしょうこの感情……)
ゾクゾクゾクッッ

可可(すみれの泣き顔になぜかそそるものを感じたのです……)

可可(人の泣き顔がみたいです)

55: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/03(水) 23:34:09.92 ID:037W2RTd
可可(すみれの曇り顔もいいですが…それよりも……)

可可(このニコニコ調子にのってるかのんを曇らせたらどんな顔をするんでしょうか……)

ブルルンッブルッ

ゾクゾクゾク

可可「ッッ!ハァハァ……」

可可(今やると事情を知ってる可可が疑われそうな気がしますね……ほとぼりが冷めたころに試してみましょう…)

かのん「可可ちゃん?どうしたの?教室いこ?」

可可「そうですね。行きましょうか」

───
──

数週間後

79: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/04(木) 19:29:25.76 ID:BmHK0vK2
可可(手紙の日からこの数週間の間、かのんがすみれに手を出すことはなかったように見えます)

可可(しかしすみれは靴箱を見るたびに警戒し、 憔悴してる様子でした)

────
──


すみれ「ハァ……」

可可「…どうしたのです、すみれ、元気がありませんが……」

すみれ「……!そんなことないわ!ちょっと眠かっただけよ!珍しくわね、私を心配するなんて」

可可「……心配なんてしてないです……」


──
───

80: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/04(木) 19:32:52.75 ID:BmHK0vK2
──


可可「かのん、おはようございます!」

かのん「可可ちゃんおはよう!」

テクテク

かのん「はぁ~最近退屈だなぁ……またすみれちゃんの上履きにプレゼントしてあげようかなwなんてね」

可可「やりすぎちゃだめですよー」

かのん「冗談だってw」

上履きハキー

かのん「!!! !」

かのん「なにこれ…ウェッッ…なんで……!」

可可「…………」

81: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/04(木) 19:40:03.90 ID:BmHK0vK2
かのん「なんで…ゴキブリが……上履きにこんなに…ウェッッ……」

オエエエ……

可可「かのんは教室に行っててください!私が中身を捨ててきます!」

タタタッ

バサッ

可可「…」

可可(上履きを履いてゴキブリを踏んだことを気付いたかのん表情……)
ゾクゾクゾク

可可「今なら画ビョウを入れたときのかのんの気持ち、分かる気がしますね……」

可可(昨日の下校前に仕込んだ回がありました)


可可(まだまだこれからですよ…かのん……)

──


可可「職員室から上履きを借りて来ました!」

かのん「ありがとう可可ちゃん…」

82: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/04(木) 19:47:07.50 ID:BmHK0vK2
すみれ「かのんが青ざめた顔で教室に入ってきたけどどうしたの…?」

かのん「…大したことではないんだけど…」


可可「実は……」


───
──


すみれ「なにそれ……なによそれ…」

可可「……」

かのん「グスッ……」

すみれ「最低ったら最低よ!なんで人が嫌がることを隠れてやるのよ!それなら直接言えばいいじゃない……!」

すみれ「私もこの間上履きを画ビョウを入れられてたわ…!」

かのん「……!!」ズキッ

すみれ「そんな陰湿な嫌がらせなんて…最低よ……」

87: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/04(木) 20:20:57.82 ID:BmHK0vK2
かのん「……私…………ごめん……今日は早退するね…」


すみれ「大丈夫…?………辛いなら先生に言って送っていくわよ……」

かのん「……!」ズキズキズキズキ

かのん「だ、大丈夫……!帰れるから……大丈夫だから…ごめんね……すみれちゃん……ごめんね……」

トボトボ……

可可「かのん……大丈夫でしょうか……」
ゾクゾクゾク

すみれ「メンタルが強い子とは言えないかもしれないわね…明日は支えてあげなきゃ……」

ちさと「…………」

90: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/04(木) 20:30:27.77 ID:BmHK0vK2
──

放課後 部室



すみれ「今日は部活なしね……私はかのんのところ行ってみるけど…二人ははどうする……?」

可可「私はちょっとやることがあるので……後で向かいます」

ちさと「私も後で合流するね……」

すみれ「わかったわ、先に行ってるわね……」

キィ…ガチャ…バタンッ

可可「……」

ちさと「……」



ちさと「可可ちゃんさぁ……」


可可・ちさと「かのんちゃんの顔よかった(です)ね~()!!」
ゾクゾクゾク

95: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/04(木) 20:34:24.08 ID:BmHK0vK2
可可「ゴキブリを踏んで青ざめた顔も興奮しましたが!!!」

ちさと「すみれちゃんへの罪悪感のときのあの顔!!!」


可可・ちさと「たまんね~!!!」

ゾクゾクゾクゾクゾクゾクゾクゾクゾク


可可「ほんとによかったです!こんな世界があるとは思いませんでした!」

ちさと「かのんちゃんのあの顔ほんと最高だよね!!青ざめて行き場のない感情を感じ取れたよ!」

可可・ちさと「クウウウウウウ」

96: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/04(木) 20:41:36.43 ID:BmHK0vK2
ちさと「でもまさか可可ちゃんが、かのんちゃんの曇り顔を見たがる同士だとは思わなかったよ!」

可可「私もちさとがそんな趣味を持ってるとはこの間まで思いませんでした!」

可可「ちさとの興味の対象はすみれだと思っていましたから」

ちさと「かのんちゃんがいけないことやってるなぁと思ったんだけど……一応乗っかってみたんだよね」

ちさと「このネタでどうやって曇らせるか考えて時に、可可ちゃんがかのんちゃんにイタズラしようとしたのを見て思いついちゃった……」

──

1週間前 早朝


可可 「……」

キョロキョロ……

可可「早朝なら誰もいませんね…今なら…」

99: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/04(木) 22:37:47.12 ID:BmHK0vK2
可可(かのんの靴箱はここですね…画ビョウをここで……)

ちさと「可可ちゃん、なにやってるの?」

可可「!!!」


可可「いや…それは… 」
画鋲ボトボトボト

可可「あっ…………これは…」

ちさと「ふーん、かのんちゃんの靴に画ビョウいれようとしたんだ?すみれちゃんへの仕打ちへの罰かな?」

可可「……いけないのですか……もう言ってしまえばいいです…スクールアイドル部は終わりですね」

ちさと「言わないよ?…むしろ応援してるかも私」

可可「!? どういうことですか?」


ちさと「こないだのかのんちゃんは明らかに調子に乗ってたからね~私もかのんちゃんに御灸を据えるのも必要だと思うんだ、それに……」

可可「それに……?」

ちさと「かのんちゃんがすみれちゃんと同じ目…、いやそれ以上なことで曇る顔が見てみたいの」

可可「!!!」

100: 名無しで叶える物語(とうふ) 2022/08/04(木) 22:47:54.57 ID:BmHK0vK2
可可(それから私達は意気投合をしました。)

可可(ただのイタズラで終わらせようと考えていましたが、すみれからの良心で心を痛ませる手を思い付いたです)

可可(結果としてこれは最高の結果、最高の顔を見せてくれました)

ゾクゾクゾク

───
──



ちさと「さぁ今日も練習始めるよー!」

かのん「ういっすー!!」

すみれ「やるわよ!」

可可「はい!!」

恋「みなさん気合い入ってますね!」


可可(あれから私達は嫌がらせはスクールアイドル部の活躍に嫉妬した生徒の仕業ということで話を終わらせました)



可可(嫉妬には負けない!とリエラの団結はあの事件以来強くなった気がするのです)


ちさとの「可可ちゃん、今日はどうする」ボソッ

可可「今日はかのんとすみれの上履きに画ビョウを入れましょう」
ゾクゾクゾク

終わり

引用元: 可可「かのん、靴箱の前でなにしてるデス?」かのん「すみれちゃんの上履きに画ビョウ入れてるのw」