2: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 09:42:47.29 ID:34ARQf8i
果林「間違って同好会のメンバー全員に送信しちゃった…」


愛しい菜々!おはよー!チュッ(笑)

もう私と菜々は既に運命共同体となっておりますので、どうか最後までお付き合いください(笑)

明日の晩は抱っこして、腕枕して寝てあげるからね

菜々!私にもチュッは?(笑)

まだお風呂かな?一緒に入ろう! 今度ね!って…もう私と菜々は、何でもありでしょ?(笑)

また湯船に浸かって、ちょっと恥ずかしそうな顔のかわいい菜々を見せてね! チュッ

6: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 09:50:21.93 ID:34ARQf8i
次の日

かすみ「愛しの果林せんぱーいっ! おはよー! チュッ(笑)」

果林「ふんっ(鉄拳制裁)」ボスッ

かすみ「ごふっ」

果林「はぁ…、やっぱり読んだのね。あれ」

かすみ「慌てて消したみたいですけどぉ、せつ菜先輩も全員既読になってましたよ」

果林「こういう時だけ既読早いのなんなの…」

10: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 09:58:09.86 ID:34ARQf8i
かすみ「ていうか果林先輩、エマ先輩と付き合ってるんじゃなかったでしたっけ?」

果林「う」

かすみ「もしかしてぇ?」

果林「その通りよ…」

かすみ「あちゃー…やっちゃいましたねぇ」

果林「昨日のアレからエマとも連絡つかないし…もう私は終わりよ…」ズーン

侑「あ、愛しの果林さーんっ! おはよー! チュッ(笑)」

歩夢「ふんっ(押し倒し)」ボスッ

16: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 10:06:40.77 ID:34ARQf8i
果林「うぅ…」

かすみ「侑せんぱぁい、今日ってDiverDivaのライブですよね? あんな様子で大丈夫なんでしょうか?」

侑「大丈夫じゃないかも…」ゲッソリ

歩夢「愛ちゃんにフォローしてもらうしかないね」テカテカ

しずく「み、みなさん大変です!」バタバタ

かすみ「そんなに慌ててどーしたの?」

璃奈「それが…果林さんのあのLine、全校生徒に知れ渡ってる。璃奈ちゃんボード「ガクブル」」

果林「えっ」

20: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 10:15:11.95 ID:34ARQf8i
「あのメールはどういうことなのー!?」「菜々って一体誰なんですかー!?」「まさか…生徒会長?」

「よっ、下半身虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会ー(意味不明)」「エマさんとのお噂はー?」

「果林さん、菜々って人と付き合ってるの…!?」姫乃「私にもチュッしてくださ~~い!」「www」

かすみ「うわぁ…、この野次の中でライブするの…?」

璃奈「ぶるぶる。ちなみにあの中にはビールの売り子のバイトをしている彼方さんがいるはず」

歩夢「同好会の仲間が野次られてる中でバイトなんて凄いメンタルだね…」

しずく(スクールアイドルのライブでビールの売り子…??)

27: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 10:24:20.35 ID:34ARQf8i
エマ(お忍び観客席)「…」

彼方(ビールの売り子)「あれ…エマちゃん?」

エマ「アナタハ…バイトチュウ ノ カナタチャン(ショックでカタコトになっている)」

彼方「こんなところで何をしてるのー?」

エマ「ワタシ、モウイラナイッテ…セツナチャン ガ イルカラ イラナイッテ…」

彼方「そんな…! エマちゃんが果林ちゃんの同好会入りにどれだけ貢献したと思ってるの」

エマ「ショウガナイヨ…」

彼方「エマちゃん、いやエマちゃん(イケボ)。ウチに来ない?」

エマ「エッ…///」

彼方「果林ちゃんを見返してやろうじゃない」

エマ「カ、カナタチャン…///」

31: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 10:32:59.21 ID:34ARQf8i
果林「…」ブルブル

愛「さ、行こう」

果林「っ…」

愛「…愛、してるんだよね?」

果林「え…?」

愛「愛だけに! …じゃなくて、エマっちのことも、どちらも」

果林「あなた…!」

愛「その気持ち、分かるよ。だって…愛さんも」


愛「りなりーと付き合ってる一方で侑とも付き合ってるから」

42: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 10:40:36.80 ID:34ARQf8i
果林「えっ…えええっ!?」

愛「バレたら困ることだけど、だからこそ燃える。そういうの、あるよね?」

果林「…!!」

愛「だから今のカリンの気持ちはよく分かる。似た者同士」

果林「このこと…璃奈ちゃんも歩夢も知らないのよね? どうして私に」

愛「知られたら〇されるかもしれないね! でも、朝香果林はDiverDivaの相棒で、ライバルだから」ビシィッ

果林「あ…」

愛「ほら! 気合入れて! 野次なんてあたしたちの歌声で消し飛ばそう!」シュタッ

果林「…! えぇ!」

48: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 10:48:51.74 ID:34ARQf8i
「すごいライブだったねー」「あんなメールが暴露されたのにすっごいメンタルー」

侑「凄いライブでしたね! 大盛り上がりじゃないですか」

果林「ええ。…ところで、エマは?」

しずく「…結局来なかったね。エマさん」ヒソヒソ

かすみ「そりゃああんなLineを見た直後じゃねぇ」ヒソヒソ

歩夢「せつ菜ちゃんは生徒会の用事で今日は来れないって言ってたよね…」ヒソヒソ

果林「いないのね…」

愛「まぁ、時を待つのも一つなんじゃないかな。すぐ来るよ、刹那だけにね!」

51: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 10:56:10.54 ID:34ARQf8i
果林「はぁ…」トボトボ

果林(あの子の言う通り、今は待つしかないわね…)



愛「♪~」

璃奈「ところで愛さん」

愛「ん? 何ー? 愛しのりなりー チュッ」

璃奈「実はさっきの控室の話、聞いてたんだけど。璃奈ちゃんボード「ブチギレ」」スマホダシー

愛「あ、通話中になってる…」サー


璃奈(その日、愛さんは璃奈ちゃんにこってり絞られたのだった…。璃奈ちゃんボード「テカテカ」)

56: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 11:04:52.29 ID:34ARQf8i
遥「エマさん、いらっしゃい! どうぞ座ってください」

エマ「ありがとう、遥ちゃん」

彼方「はーい、じゃあ夜ご飯にしようねー。もやしのスープ・もやしのサラダ・もやしバーグね」

エマ「……ヘルシーだね」

彼方「ごめんねー? 今日のビールの売り子、全然売れなかったから」ショボン

遥「ドンマイだよ! お姉ちゃん!」

彼方「ありがと遥ちゃん~。大好き~」ギュッ

エマ「…彼方ちゃんと遥ちゃんはいつも仲良しで、いいね」

エマ「私は…」

60: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 11:15:59.02 ID:34ARQf8i
エマ(あんなに、私に笑いかけてくれた果林ちゃん)

エマ(一緒にスクールアイドルをすることになって、一緒に頑張って)

エマ(そして…告白してくれて)

エマ(あれからまだそんなに経ってないけど、ずっと幸せだった。なのに―――)

エマ「全部全部、嘘だったのかな…?」グス…

彼方「―――まだ、もやしバーグもスープも出来たてでアツアツだから」スッ

遥「食べごろの温かさになるまで、エマさんも一緒にこうしてましょう?」ギュッ

エマ「彼方ちゃん…! 遥ちゃん…! うん…!!」

61: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 11:25:38.36 ID:34ARQf8i
彼方「思うにー、エマちゃんは強気にいって良いと思うんだよね」

エマ「強気…?」

遥「はい。だってエマさんと果林さんとの仲は少なくとも同好会の中では公開してたんですよね?」

遥「だったらせつ菜さんとのことが浮気。つまり、不貞です!」

エマ「で、でも…」

彼方「エマちゃん。私は果林ちゃんの友だちでもあるからさ…」

彼方「果林ちゃんのエマちゃんを好きな気持ちは、絶対嘘じゃないって思うんだよ」

エマ「彼方ちゃん…!」

63: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 11:32:25.88 ID:34ARQf8i
エマ「分かった。私、Lineする――彼方ちゃん、これ飲むね」

遥「えっ…!? それ、お姉ちゃんが持って帰ってきた売れ残りのノンアルコールビール!?」

エマ「!! …ぷはぁ」ゴクゴクゴクゴク

彼方「おおー、いい飲みっぷり」

エマ「よーひ! わたひ、おくゆね(※ノンアルです)!」

遥「!? ノンアル…だよね?」

エマ「かぃんちゃんのことはわはさないんだからー(※ノンアルです)」

遥「え゙っ!? 果林さんじゃなくてせつ菜さんとLineするんですか!?」

エマ「怒りの感情が先に出ちゃったみたいだねぇ」

64: >>63の最後は彼方ちゃんですね(あら) 2022/08/14(日) 11:38:05.15 ID:34ARQf8i
せつ菜「はぁ…終わらない…」ピロリロリン

せつ菜「…」ピロリロリン

せつ菜「うー、この時の報告書どこ…?」

せつ菜「…」ピロリロリン

せつ菜「…」ピロリロリン

せつ菜「さっきから一体……!!!???」


せつ菜「エマさんがビール片手に自撮りしてる…!?」

せつ菜「仕事しよう…」

66: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 11:45:09.30 ID:34ARQf8i
彼方「せつ菜ちゃん、一回既読になったけど返信こないねー」

エマ「このどぉぼーねこー。かぃんちゃんをかえせー(※)」

遥「どこで泥棒猫とか覚えたんだろう…」

エマ「すやぁ…(※)」

彼方「ありゃー? エマちゃん寝ちゃったね。じゃあ私もすやぴ」zzz

遥「ええっ!? エマさん!? お姉ちゃん!?」ピロリロリン

遥「ん…?」

67: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 11:54:34.80 ID:34ARQf8i
璃奈「というわけで次の日」ツヤツヤ

かすみ「同好会の皆さんに集まってもらったわけですが」

果林「エマ…」

エマ「果林ちゃん…」ズキズキ

愛「なんでエマっち頭痛そうなの?」シオシオ

せつ菜「そういう愛さんはしなびてません?」

侑「一体何が始まるの?」


しずく「今から始まるのは――この、名探偵しずくが解き明かした今回の事件についての回答編ですっ!」

しずく「」ドヤァ

68: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 12:01:15.57 ID:34ARQf8i
しずく「今回の件の発端は言わずもがな、例のLine」

愛しい菜々!おはよー!チュッ(笑)

もう私と菜々は既に運命共同体となっておりますので、どうか最後までお付き合いください(笑)

明日の晩は抱っこして、腕枕して寝てあげるからね

菜々!私にもチュッは?(笑)

まだお風呂かな?一緒に入ろう! 今度ね!って…もう私と菜々は、何でもありでしょ?(笑)

また湯船に浸かって、ちょっと恥ずかしそうな顔のかわいい菜々を見せてね! チュッ

果林「再掲しなくていいから」

69: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 12:10:11.64 ID:34ARQf8i
かすみ「何回見ても笑っちゃうね…ぷぷっ」

侑「あの果林さんが、っていうのもポイント高いよね」

果林「うぅ」

エマ「っ…」

せつ菜「んー…?」

しずく「そう、このせつ菜さんのピンと来ていない反応。これが本当のポイントなんです」

愛「え? どういうこと?」


ランジュ「実はこの『菜々』…中川菜々=優木せつ菜のことじゃないのよ!」ドン!

しずく「な、なんだってぇーーー!? …あれ?」

70: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 12:16:40.76 ID:34ARQf8i
ランジュ「『菜々』はランジュが飼ってる パンダ 。読みは『ツァイツァイ』よ」

彼方(パンダって日本で飼えるんだ…?)

ランジュ「日本では飼えないから当然中国にいるわ。でも、オンラインでいつでも様子を見られるの」

ミア「ボクの知り合いが作った『いつでも菜々』でね」

栞子「そしてこのソフト、ライブカメラで水遊びや寝ているときの姿も見られるんです」

ランジュ「そう、だから果林はライブカメラで見た菜々を見て自分もそこにいるような錯覚に陥った」

ランジュ「そしてあんな恥ずかしい文書をファンレターとして誤送信してしまった…ということラ」


しずく「私の出番が…」シクシク

かすみ「ドンマイ」ポン

74: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 12:23:19.70 ID:34ARQf8i
果林「…///」カアアアア

エマ「じゃ、じゃあ…」

彼方「せつ菜ちゃんと浮気してたワケじゃないってこと?」

果林「そ…そんなワケないじゃない! 私は…///」

せつ菜「エマさんと付き合っていますもんね♪」

エマ「~~~~~~~~っ////」

77: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 12:29:03.89 ID:34ARQf8i
果林「えっ!? もしかしてエマ、私のこと疑ってたの?」

エマ「疑ってたよ…。ゴメン…」

果林「てっきり、あんまりにも恥ずかしい内容だったからエマも恥ずかしくなっちゃったのかと…」

果林「それか、パンダに夢中であんな恥ずかしい文章打った私のこと幻滅しちゃったか…」

かすみ「ぶーぶー、せつ菜先輩が早く「ん?」って思って否定してくれればすれ違わなかったんですよぉ?」

せつ菜「近頃『菜々』って呼ばれてもピンとこない時があって…。あと、昨日は生徒会で忙しかったし」

せつ菜「それに本当に付き合ってるのは…///」ゴニョゴニョ

かすみ「?」

80: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 12:37:16.92 ID:34ARQf8i
栞子「ちなみに、誤送信された文章を外部に流してしまったのはせつ菜さんですね」

せつ菜「えっ!? 本当です…! 寝不足でつい…すみません」

果林「いいえ、同好会全員に誤解させるような文章を打ってしまった私が悪いわ…」

エマ「ううん。果林ちゃんを信じられなかった私も悪いの」

エマ「私が信じられなかったから彼方ちゃんが心配してくれて」

彼方「おかしいなーと思った私が璃奈ちゃんに相談してー」

璃奈「愛さんから色々絞り出して、かすみちゃんとしずくちゃんに話して」

しずく「ランジュさんたちと話し合ってついに、真実を見つけ出したんですよね!」

果林「みんな…!」

果林「ありがとう…!!」

83: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 12:44:50.59 ID:34ARQf8i
彼方「さ、それじゃあ後は若い二人にお任せしてー」

かすみ「お邪魔虫たちは退散しましょうか」ニヤリ

果林「ちょ、あななたち///」

エマ「もう…///」


果林「不安にさせて、ゴメンね?」

エマ「ううん。…でも、たくさん不安になって、心配になって、泣きそうだったから―――」


エマ「――今日はたくさんキスして、一緒にお風呂に入って、腕枕して寝てくれる?」

84: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 12:50:06.57 ID:34ARQf8i
しずく「事件はまだ終わっていません!」ドヤァ

彼方「そうなの?」

しずく「はい! 名探偵しずくは更にその先まで解き明かしています」

愛「藪蛇じゃないかなー…」

しずく「せつ菜さんがあのLineを見てすんとも思わなかった理由」

しずく「それは…せつ菜さんが果林さんではなく別の人と付き合っているからに他ならないのです!」

かすみ「あー…しず子の話の途中からいなくなったと思ったらそういう…」

璃奈「最初からいなかった人もいる。璃奈ちゃんボード『いんがおうほう』」

85: 名無しで叶える物語(あら) 2022/08/14(日) 12:56:33.19 ID:34ARQf8i
侑「…」ソローリ

歩夢「どこに行くの? 侑ちゃん」

侑「ギクッ」

歩夢「せつ菜ちゃん、一体誰と付き合ってるんだろうね?」

歩夢「それと、情報提供『りなりーと付き合ってる一方で侑とも付き合ってるから』」

歩夢「ランジュちゃんとミアちゃんと栞子ちゃんも付き合ってる人がいるんだってね…」ユラリ


歩夢「ね?愛しい侑ちゃん♪」



引用元: 果林「『愛しい菜々、おはよーチュッ』と…送信………あっ!」