1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:10:15.04 ID:MPLghT9C0
姉「え?なんて?」

兄「だから、妹がアイドルになったんだってば」

姉「お誕生日とかにケーキに刺すヤツ?」

兄「姉さん、それはキャンドルだ」

姉「アンデス山脈にいるタカ目の鳥?」

兄「それはコンドル」

姉「今円高の影響で安くなってる?」

兄「アメリカドルかな」

姉「リリーラがレベル40で進化?」

兄「ユレイドル」

姉「高級な   ワイフ」

兄「  ドール・・・って何言わせんだ」

姉「ここまで的確に返してくれてうれしい」

兄「いつも通りですから」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:11:41.08 ID:MPLghT9C0
姉「で、妹がアイドルになったんだって?すごいじゃん。何があったの?」

兄「オーディションに受かったとか」

姉「・・・そういうの受けるガラだっけ?」

兄「・・・いや」

姉「なんでだろ?」

兄「なんでだろうね」

ガチャ タダイマー

姉「妹だね」

兄「妹だな」

妹「あれ、珍しいね、お兄ちゃんとお姉ちゃんが二人でテーブルで談笑なんて」

姉「珍しいかな」

兄「週6くらい?」

姉「そんなに多い?」

兄「そうでもないか」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:13:13.24 ID:MPLghT9C0
妹「何の話してたの?」

兄「なんでしょう?」

妹「わかんないよ」

姉「ヒント!共通の話題!」

妹「あったっけ?」

兄「ヒント2!両方大好きなもの!」

妹「ええ?」

姉「ヒント3!今応援してる、私たちが大好きな大人気アイドルといえば?」

妹「えぇ~わかんないよー・・・。ギブアップ」

兄「妹のことでしたー」

姉「妹のことでしたー」

妹「えっ」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:13:51.98 ID:MPLghT9C0
兄「俺らの共通の話題といえばお前のことしかないだろ」

姉「学年も違うし部活も違うし趣味も違うんだから」

妹「えー・・・なんか照れるな」

姉「そういえばアイドルになったんだって?」

妹「え?なってないよ?」

姉「え!?兄嘘ついたの?」

兄「そんな!オーディション受かったって言ってたじゃんか!」

妹「もしかして、お兄ちゃんが言ってるのって、先週のオーディションの話?」

兄「うん」

妹「アイドルが良く分かんないけど、違うと思うよ。私のはドラマのお手伝いだし」

兄「ごめんよくわからんのだがどう違うの?」

妹「アルバイトみたいなものってことかな。なんかね、今度のドラマはキャストに新人を起用するらしくて。素人でもよいらしいから、応募したら、受かったの」

姉「えっすごくない?」

妹「そうなの?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:15:42.32 ID:MPLghT9C0
兄「それは、妹がプロを蹴落とした瞬間ということではないのか?」

妹「流石にそれはないと思うんだけど」

姉「ね!ね!いつやるの?いつやるの!」

妹「撮影がまだ先なんだから・・・もっと先だよ。それに私、レッスンも何も受けてないよ?」

兄「レッスン料とかは大丈夫なのか?」

妹「わかんないけど、お金もらえるそうだし、大丈夫なんじゃない?」

姉「はー・・・」

兄「ほー・・・」

妹「というか、私これ以外にもいろいろお仕事やってるよ?」

姉「えっ」

兄「えっ」

妹「雑誌のモデルとかパンフレットのモデルとかもやってるし」

姉「えっ」

兄「えっ」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:18:37.97 ID:MPLghT9C0
妹「・・・知らなかったの?」

姉「兄くんよ」

兄「なんだい姉さん」

姉「妹さ」

兄「うん」

姉「もしかしたらさ」

兄「うん」

姉「わたしたちより稼いでるんじゃない?」

兄「ありえる」

姉「まずくない?」

兄「まずいな」

姉「バイト増やす?」

兄「増やそう」

妹「何言ってんの二人とも」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:21:24.67 ID:MPLghT9C0
姉「姉としての威厳が」

兄「兄としての威厳が」

妹「二人とも、それ以上バイトしたら過労死するよ?ただでさえ週6っておかしいのに」

姉「いやー他にやることもないし」

兄「ねー」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:22:54.98 ID:MPLghT9C0
妹「そんなに暇なんだったら部活でもしたらいいのに」

姉「あたし帰宅部のホープだから」

兄「俺帰宅部のエースだし」

妹「無意味に息ぴったりだよね」

兄「まぁな」

姉「まぁね」

兄「じゃあ俺寝るわ」

姉「おやすみ」

妹「おやすみ」

・・・ バタン

妹「・・・」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:24:42.40 ID:MPLghT9C0
 
兄「・・・」トントン

カチャ キィ・・・

妹「お兄ちゃん」

兄「のっほぉ!?(すごい小声で)」

妹「あんまり、無理しないでね」

兄「・・・ん」

バタン

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:25:14.60 ID:MPLghT9C0
――――――――――――――――――――――――――

妹「ねぇ」

妹友「んー?」

妹「あの・・・あんまり雑誌広げないでくれないかな・・・」

妹友「やだ」

妹「えー」

妹友「どこで何の雑誌を読もうが、私の勝手」

妹「それにしたって、それ・・・私が出てる月ピンポイントじゃん」

妹友「当たり前」

妹友「恥ずかしいなぁもう・・・」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:26:18.23 ID:MPLghT9C0
――――――――――――――――――――――――――

兄「よっし、俺今日はバイトだし、帰るわ」

友「今日もだろ」

兄「そういやそうか」

友「頑張れよ」

兄「おう」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:27:29.22 ID:MPLghT9C0
――――――――――――――――――――――――――

兄「おはようございまー」

後輩「あ、先輩。おはようございます」

兄「おお後輩」

後輩「最近、シフト増やしました?」

兄「まぁね」

後輩「大丈夫なんですか?そんなに詰め込んで」

兄「頑丈さだけが取り柄ですから」

後輩「ホントに体には気を付けてくださいね」

兄「俺は周りに恵まれてるわ」

後輩「え?」

兄「いんや。何も」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:28:25.41 ID:MPLghT9C0
――――――――――――――――――――――――――
姉友「おい」

姉「・・・」

姉友「おい!起きろ!」

姉「ふぁい!?ね、寝てません!」

姉友「安心しろ。ここは学校だが、今は休み時間だ。次は移動だって忘れたのか?」

姉「ああ!そうだったね!このアルトリコーダーは使うっけ?ソプラノだっけ?」

姉友「次科学だぞ」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:30:07.41 ID:MPLghT9C0
――――――――――――――――――――――――――

姉「いらっしゃいませ!」

客「えーと・・・あの、」

オイオイ ハヤクヤレヨー

客「す、スマイルひとつください!」

姉「はい!」ニコッ

客「 」キュン

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:30:50.20 ID:MPLghT9C0
――――――――――――――――――――――――――
姉「ただいま!」

妹「おかえりお姉ちゃん。今日は遅かったね」

姉「寝てても良かったのに」

妹「まだ10時じゃん」

姉「明日撮影なんでしょ?体に響かない?」

妹「響かない、響かないって。心配しすぎだよ。明日は普通に学校もあるんだよ?」

姉「学校もあるの!?大丈夫!?過労死しない!?」

妹「しないってば。お姉ちゃん、ソワソワしすぎだよ」

姉「そわそそわなんなんてしてないしてないよ!」

妹「二重音声みたいになってるよ」

姉「い、いや大丈夫なら、いいのさー・・・」

妹「口調が変になってるよ。晩御飯、あっためるね」

姉「あ、それくらい自分で・・・」

妹「疲れてるんでしょ?座ってて」

姉「・・・ハイ」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:33:22.85 ID:MPLghT9C0
――――――――――――――――――――――――――
兄「・・・」ガチャ・・・

ソーッ スッ バタン

パチッ

妹「お兄ちゃん、おかえり」

兄「・・・悪いな、起こしちまったか」

妹「ううん。晩御飯、温めるね」

兄「おいおい、そんなの自分でやるからよい子は早く寝なさい」

妹「悪い子だから」

兄「悪い子には悪戯しちゃうぞゲッヘッヘ」

妹「きゃーお兄ちゃんのけだものー」

ズルッ

兄「・・・今日は水色か」

ガスッ

妹「本当に見る?」

兄「すみません」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:34:05.36 ID:MPLghT9C0
妹「しかもスカートならともかく、ズボンだよ?これ、ズボンだよ?」

兄「すみません」

妹「一枚多めにめくったら普通に生だよ?」

兄「生妹とか興奮するんでやめてください」

ガスッ

妹「温めるね」

兄「すみません」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:35:14.06 ID:MPLghT9C0
――――――――――――――――――――――――――

兄「・・・」パチッ

兄「・・・」ガサゴソ

兄「・・・」ガチャッ

妹「お兄ちゃん」

兄「・・・!!!」ビビビックゥ!

妹「・・・」

兄「・・・ん・・・おう・・・どうしたんだ、こんな時間に・・・」

妹「ん・・・行ってらっしゃい」

兄「おう・・・」

ガチャン

妹「・・・」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:36:41.10 ID:MPLghT9C0
――――――――――――――――――――――――――

姉「・・・」ワクワク

兄「・・・」ドキドキ

姉「・・・」ソワソワ

兄「・・・」チラッチラッ

ガチャ

姉「・・・来たっ!」

妹「おかえりー・・・ってどうしたの二人とも」

兄「いいやべべつになななにももも!?」

妹「動揺が隠しきれてないよ」

姉「さ、撮影だったんでしょ!?テレビ局とか行ったの!?」

妹「いや、今日はテレビ局には行ってないけど・・・」

姉「撮影しなかったの?」

妹「したよ」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:37:42.34 ID:MPLghT9C0
兄「野外での撮影だな!」

妹「そうだよ」

姉「きゃー!野外でだなんて!野外でだなんて!」

兄「姉さん  いぞこのー!」

姉「兄にはかなわないよー♪」

キャッキャウフフ

妹「・・・元気いいね二人とも」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:38:25.90 ID:MPLghT9C0
兄「そういや晩飯できてるぞ。食うか?」

妹「えっ?あ、うん・・・」

姉「じゃじゃーん今日は兄特製パエリアでーす」

兄「姉さん特製リゾットもあるぞー」

妹「お米ばっかじゃん」

姉「妹ちゃんお米好きだし」

兄「オムライスかシルパンチョかパエリアか悩んだ」

姉「ミルヒライスやビビンバも捨て難かったよー」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:40:32.48 ID:MPLghT9C0
妹「よくそんなにお米料理のバリエーションあるね・・・」

兄「まぁ量は二つとも半人前だから、ちょうどいいと思うぞ」

姉「スープもあるしね」

妹「ホントだ。今日はどうしたの?」

姉「いつも通りだよ」

兄「いつも通りだよ」

妹「はぁ・・・」ズズッ

妹「あれ、二人は食べないの?」

兄「もちろん食べるぜ!」

姉「イェイ!」

妹「元気いいね」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:43:22.07 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

姉「それで、撮影はどうだったのさ!」

兄「ま、まさかいやらしい監督さんに『ゲヘヘ・・・』とか言われたり・・・」

姉「ま、枕  !」

妹「そんなことあるとこだったらとっくに辞めてるよ。しかもゲヘヘって言うだけって、結構無害じゃん」

姉「異性が不快に感じる言動だけでもセクハラなの。知ってた?妹ちゃん」

妹「そんなに厳しくしないでも・・・」

兄「これからは言動に気を使わないと・・・」

妹「大学生じゃん」

姉「大学生以下の逮捕件数も年々上昇しているからね・・・」

妹「少なくともセクハラが原因ではないよ」

兄「キャーチカーンと電車内で女性に言われれば、俺は即逮捕だ・・・」

姉「魔法のことばね」

兄「タイホポーン」

妹「ACに謝りなよ」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:45:00.08 ID:MPLghT9C0
兄「こんにちわ」

姉「職務質問よろしいかな」

兄「ありがとう」

姉「身分を証明できるものを」

兄「さようなら」

姉「詳しくは署で聞きます」

兄「魔法のことばでた~のしい~不審者(なかま)が~」

姉「ぽぽぽぽーん!」

妹「やめなさいってば」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:46:50.26 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

妹「・・・」

妹友「・・・」

妹「ねぇ」

妹友「何」

妹「雑誌はもういいよ」

妹友「うん」

妹「せめてさ」

妹友「うん」

妹「TV○郎、TV○テーション、週刊TV○イド」

妹友「うん」

妹「月刊TV○イド、月間○ビジョン、TV○あ」

妹友「うん」

妹「どれか一つに絞りなよ」

妹友「それは無理」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:49:56.14 ID:MPLghT9C0
妹「なんで」

妹友「全部載ってる」

妹「わぁお」

妹友「貴方のインタビュー」

妹「わぁお」

妹友「監督も期待」

妹「わぁお・・・」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:50:20.24 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

姉「兄」

兄「何」

姉「次」

兄「待て」

姉「無理」

兄「嫌」

姉「むぅ」

妹「何してんのさ」

兄「・・・これ」

妹「うちも購読してたんだね、TV○郎」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:52:16.19 ID:MPLghT9C0
姉「はやく、はやく!」

妹「一緒に読めばいいじゃん」

姉「読むペースが違うのです」

妹「1ページもないと思うんだけどな、私のトコは」

姉「それでもです」

妹「はぁ」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:53:08.23 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

妹「『だから、私は精いっぱい生きてます』」

監督「はいカットー」

妹「・・・駄目でしたか?」

監督「ううん、全然オッケー。予想以上」

主演「すごいね君」

妹「そうですか?」

ヒロイン「憎らしいくらいよ」

妹「いえいえ、そんな・・・」

大物「新人なら新人らしく、もっとつけあがってもいいんだぞ」

監督「はっはっは。それもそうだな」

妹「はぁ」

監督「じゃ、次のシーン行こうか」

妹「はい」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:54:33.58 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

妹「『この一瞬一瞬が、いつも大切な時間で』」

姉「・・・」

妹「『いつだって忘れることはありませんでした』」

姉「・・・」

妹「『だから貴方も・・・』」

姉「・・・」

妹「あの」

姉「あ、どうぞお気になさらず」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:55:56.10 ID:MPLghT9C0
妹「いや、気になるんだけど」

姉「えー」

妹「えーじゃない」

姉「うー」

妹「うーじゃない」

姉「い・・・」

妹「いーじゃない、あーじゃない」

姉「せ、先手を取られた」

妹「流石に分かるよ」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 04:58:21.25 ID:MPLghT9C0
姉「妹よ」

妹「何?」

姉「今、楽しい?」

妹「それなりには」

姉「なら、良かった」

ガチャ

兄「ただいマサチューセッツ工科大学経営学部」

バタン

妹「長いよお兄ちゃん。おかえり」

姉「そうだよ兄、工学部にしなよ」

妹「そこ?」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:00:45.64 ID:MPLghT9C0

―――――――――――――――――――――――――

姉「・・・」ワクワク

兄「・・・」ドキドキ

姉「・・・」ソワソワ

兄「・・・」チラッチラッ

チャラレラーラー・・・

姉「来たっ!」

兄「来たっ!」

妹「・・・お兄ちゃん、お姉ちゃん」

兄「なんだッ!」

姉「気が散る!何!?」

妹「も、もうちょっと普通に見れないの?」

姉「無理!」

兄「無理ッ!」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:02:11.16 ID:MPLghT9C0
妹「でも、一話、私出ないよ?」

姉「え」

兄「え」

妹「私3話からなの」

姉「え」

兄「え」

妹「いや、そういう役だから」

姉「ちょっと監督に文句言ってくる」

兄「同行しよう」

妹「待ちなさい」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:04:26.37 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

姉「・・・」ワクワク

兄「・・・」ドキドキ

姉「・・・」ソワソワ

兄「・・・」チラッチラッ

チャラレラーラー・・・

姉「来たぁ!!」

兄「来たぇ!!」

妹「もうー・・・」

TV『初めまして、私は・・・』

姉「きょおえええええ!!妹ちゃんが喋ってるっぅぅぅ!!」

兄「TVで見る妹たんもかわE-------!!!」

妹「も、もうちょっと静かに見てよ」

キョエェェェェ カワE-----!!

妹「・・・もう」クスッ

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:07:55.04 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

チーン・・・

兄「父さん、母さん」

兄「今日、妹が、TVに出たんだ」

兄「もうすぐ、国民的アイドルも夢じゃない」

兄「・・・気が、早いかな」

兄「あんたらの一人娘は」

兄「立派に、育ってるよ」



姉「・・・」

妹「・・・」

姉「ねよっか」

妹「うん

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:09:18.93 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

姉「どーん」

兄「なんだ姉さん、急に」

姉「なんでも」

兄「離れてくれないか?暑苦しい」

姉「それだけ?」

兄「胸が当たって興奮する、あといい匂いがする」

姉「嬉しいねぇ、当ててんのよ」

兄「それ以上やると俺は狼男に変身するぞ」

姉「きゃー兄が狼になったー」

妹「お兄ちゃん狼になっちゃだめどーん」

兄「妹までどうした」

妹「どうにも」

兄「二人まとめて襲うぞ、姉妹 するぞ」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:11:44.92 ID:MPLghT9C0
姉「・・・する?」

妹「私たち、血、つながってないよ」

姉「事実上、赤の他人だもんね」

兄「でも、きょうだいだろ」

妹「うん」

姉「ついでに、家族だよね」

妹「うん」

兄「妹」

妹「うん?」

兄「泣いてる?」

妹「泣いてない」

兄「そうか」

姉「うりうり」

妹「やめて」

姉「ごめん」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:12:29.16 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――
監督「はいカットー」

監督「終わりです」

主演「いよっしゃあああああああああ!!」

ヒロイン「あなたあああああああああ!!」

主演「ハニイイイイイイイイイイ!!」

大物「いつの間にあんなに仲良くなったんだアイツら」

監督「打ち上げあるけど、行く?」

妹「あ、すみません。ちょっと、体調が・・・」

監督「あっそう。ならいいよー」

プロデューサー「君、ちょっといい?」

妹「はい?」

プロデューサー「君、無所属なんだって?」

妹「はい」

プロデューサー「君さえよければ、系列のプロダクションに口きくけど、どうする?」

妹「は・・・あの、どういうことですか?」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:14:12.55 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

妹「撮影が押して・・・遅くなっちゃった」

妹「早く帰らないと」

妹「晩御飯の支度もしてない」

妹「・・・ん?」フラッ

妹「昨日、徹夜でセリフ練習したの、まずかったかな・・・」

キキーッ

妹「え?」

ドンッ

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:17:22.30 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

兄「ドゥビドゥバー♪ドゥビドゥバー♪」

トゥルルル・・・ガチャ

兄「はーいもしもしぃ」

兄「えっ・・・?妹が!?」

兄「はい、すぐ向かいます!!」

兄「クソッ・・・!!」ガチャッ カカカッ

兄「もしもし姉さんか!?
妹が!妹が――!!」

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:19:36.14 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――
姉「たまには休憩も乙なものねぇん」

ヴーン ヴーン

姉「なんじゃらほい」

姉「え、兄、どうしたの?」

姉「えっ・・・!?」

ガタン!

姉「店長!今日早引けします!!」

店長「どうした?」

姉「妹が車に撥ねられて、病院に――!!」

店長「・・・わかった!代わりは私が呼んでおく!」

姉「ありがとうございます!」

店長「待て!」

姉「なんですか!?」

店長「タクシーを呼んだ。そっちの方が早いだろ?」

姉「店長・・・!!」

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:24:23.61 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

タッタッタッタッ・・・

バタン!

兄「・・・妹!大丈夫か!?」

妹「あ、お兄ちゃん」

兄「えっ」

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:26:01.80 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

姉「・・・ねんざ?」

医者「はい。あと打撲が数か所ありますね」

兄「それだけですか?」

医者「はい。安全運転だったのと、ブレーキのタイミング、あとは彼女の運動神経が良かったのが幸いしたようですね。うまく衝撃を逃がせたようです」

妹「ごめんね、心配かけて」

兄「心配したんだぞぉ・・・!」ギュッ

姉「無事で良かった!無事で良かったよ!」ギュッ

医者「・・・」

医者「もしかすると、あなた方は・・・」

姉「そうです、10年前の・・・」

医者「そうですか、こんなに、大きく」

兄「あの時は、ありがとうございました」

医者「いえ、自分は何もできませんでした」

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:26:39.23 ID:MPLghT9C0
兄「いいえ、そんなことはありません」

医者「・・・」

兄「あの時の、子です」

妹「・・・どうも」

医者「・・・あの時の」

姉「こんなに、立派に育ちました」

医者「本当に、本当にすみません・・・」

姉「いいんです。母は、幸せだったと、言っていました」

兄「父は・・・良く覚えてませんが、幸せそうでした」

医者「・・・」

妹「本当に、ありがとうございました」

医者「いえ・・・」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:28:37.13 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

男性「じ、女優さんにけがをさせてしまうなんて・・・!死んでも償いきれません!お詫びはなんでもいたします!ほ、本当に、すみませんでした!!」

妹「大げさな・・・」

兄「頭を上げてください、妹もこう言っていますし・・・」

男性「ありがとうございます。少なくとも、医療費と、慰謝料、またそれに伴う雑費、交通費、入院中の給料分に関してはこちらで・・・」

妹「いえ、収録も終わっていますし・・・」

男性「それでは私の気がすみません!!」

妹「あうっ・・・」

姉「じゃあお願いします♪」

妹「お姉ちゃん!?」

姉「まぁ、どっちかが折れないとダメでしょ?いい人で良かったじゃん」

男性「ありがとうございます!」

妹「いいのかな・・・」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:30:36.28 ID:MPLghT9C0
―――――――――――――――――――――――――

妹「どうしようこれ・・・」

姉「すごいねぇ・・・」

兄「すごいなぁ・・・」

妹「本当に、収録のお給料分まるまる・・・」

姉「倍になっちゃったねぇ」

兄「いいじゃんサインあげたし」

妹「それでチャラってのもどうかと・・・」

姉「何か食べに行こうぜ!」

兄「いいね!」

妹「さっそく使うの!?」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:31:45.44 ID:MPLghT9C0
兄「いや俺が奢るよ」

姉「いやいや私が」

妹「このお金は!?」

姉「とっとこーよ」

兄「そうだよ」

妹「はぁ・・・あ、その前に」

姉「ん?」

妹「ちょっと電話」

兄「ん」

カチャ カコカコ ピッ

妹「もしもし?」

プロデューサー『もしもし?』

妹「前のお話ですが」

プロデューサー『なかったことにってかい?』

妹「なんでわかったんですか?」

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:33:44.90 ID:MPLghT9C0
プロデューサー『ところでさ』

妹「はい?」

プロデューサー『声優、やってみない?』

妹「は?」

プロデューサー『その声、いけると思うよ」

妹「・・・考えさせてください」クスッ

プロデューサー『おうよ。決まったらまた電話頂戴』

ガチャッ

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:34:30.34 ID:MPLghT9C0
妹「・・・ふふっ」

姉「・・・電話終わりに、笑顔?」

兄「男か、男なのか」

妹「そうだよ」

兄「うわああああああああああああもう死ぬううううううう」

姉「ダークサイドに墜ちてやるううううううううううううう」

妹「嘘だよ。プロデューサーさんだよ」

兄「なんだうそか」

姉「何のお話?」

妹「メジャーデビューするかって聞かれたから、いいえ、って言っといた」

兄「・・・良かったのか?」

妹「うん」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:38:46.15 ID:MPLghT9C0
妹「それでね」

兄「うん?」

妹「声優にならないか?って言われたんだけど」

姉「声優かぁ」

兄「声優かぁ」

妹「どう?」

姉「大変なんじゃない?」

兄「大変そうだろ」

妹「じゃ、やめとくよ」

兄「ま、お前の好きにしろ」

姉「そーしろなさい」

妹「お姉ちゃん言葉おかしいよ?」

姉「そうかな」

妹「そうだよ」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/08/24(水) 05:39:37.15 ID:MPLghT9C0
兄「メシ行こうぜ、メシ」

姉「そうだね」

妹「ねぇ、お兄ちゃん、お姉ちゃん」

兄「ん?」

姉「ん?」

妹「大好きだよ」

兄「俺も」

姉「私も」

兄「やっぱり妹は」

姉「TVに出なくても」

兄「俺たちの、アイドルだな」

姉「私たちの、アイドルだね」

妹「もう」クスッ


          終わり

引用元: 兄「妹がアイドルになった」