1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 10:19:16.78 ID:mdYx24jv0
ミク「まー、あれだよね?数うちゃ当たるもんね」

ルカ「Pついてる人が勝手に曲作って出すもんね」

ミク「もう何個持ち歌あるかわかんないわー」

ルカ「あー、もう絶対忘れてる曲とかあるよねー」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 10:21:54.96 ID:mdYx24jv0
ミク「この前もテレビの放送依頼きてさ」

ルカ「マジで?」

ミク「どうせ上の人らが勝手に決めて出したんだけどさ」

ルカ「うんうん」

ミク「放送みたら『彼女の声の魅力とは!?』って言われて恥ずかしかった」

ルカ「私ら人間じゃないのにねー」

ミク「なー?」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 10:26:48.16 ID:mdYx24jv0
ミク「正直な話、私らって楽器だよね?」

ルカ「まぁ…打ち込みようソフトだよ」

ミク「ピアノとかギターとかと変わんないのにさ、人間扱いされるの疲れるっていうか」

ルカ「あー、消失とか?」

ミク「あれなー…うん、でもセリフ通りだったし、別になんとも?」

ルカ「よく口回るよね」

ミク「だって私ら機械じゃん」

ルカ「だよねー」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 10:31:49.74 ID:mdYx24jv0
ルカ「私らってよくからませられるじゃん?」

ミク「声の感じが合うからねー」

ルカ「だからってMMDとかで百合られるとこめるって言うか」

ミク「こめる?」

ルカ「困る」

ミク「機械なんだから間違うなよ」

ルカ「PもSS描くやつも人間なんだからしかたないんだよ」

ミク「人間だもんね」

ルカ「人間だからね」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 10:34:43.53 ID:mdYx24jv0
ルカ「ところで話し戻すけどさ」

ミク「うん」

ルカ「あのキャラ絵あるじゃん」

ミク「あるね」

ルカ「でも私らの本体ってディスクじゃん?」

ミク「ぎゃっぷ萌え?」

ルカ「ギャップでもなんでもないよ」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 10:37:36.13 ID:mdYx24jv0
ルカ「正直、自分から見ると違和感あるって言うか」

ミク「なんで感情あるんだよ」

ルカ「そりゃ、そういうプログラムが…」

ミク「ついてねーよ」

ルカ「ついてないね、ごめん」

ミク「謝るんなら初めからやんなよ」

ルカ「うん、ごめん」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 10:42:38.21 ID:mdYx24jv0
ミク「でもこんなこといってもさ」

ルカ「なに?」

ミク「イメージって勝手に広がって勝手に解釈されるよね」

ルカ「あー」

ミク「曲書いてる人なんて自分のオナニーなのにね」

ルカ「どゆこと?」

ミク「書いて気持ち良かったらそれでいいんだよ」

ルカ「そうなの?」

ミク「じゃないとあんな歌詞書けないと思うよ?」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 10:47:40.41 ID:mdYx24jv0
ミク「勝手に歌わしてくれるのはお金が入るからいいんだけどさ」

ルカ「曲作ってもその人の曲じゃなくなるもんね」

ミク「知名度もそんなに広がらないしね」

ルカ「『あ、ボカロの曲だ』ってなるだけだもんね」

ミク「ま、当然だよね」

ルカ「自分で歌わないのかな?」

ミク「歌えないでしょー、どんな顔して歌うの?あの歌詞と高すぎる音でさ」

ルカ「まぁ、普通に考えたら恥ずかしいよね」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 10:53:24.67 ID:mdYx24jv0
ミク「ハイカラ革命ってなんだよ」

ルカ「知らないよ」

ミク「光線銃なんてそんなにないよ」

ルカ「ないよ」

ミク「カラオケでもランクインしてるよ!みんな歌ってね☆」

ルカ「そしたら私たちにもお金はいるからお願い☆」

ミク「書いてる人にお金って入るのかな?」

ルカ「知らない、考えたこともない」

ミク「だよね」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 10:58:27.42 ID:mdYx24jv0
ミク「書いてる人ていうか私達が有名になるのも無理はないんだよねー」

ルカ「私『達』?」

ミク「いや、怒られたからさ、私『ら』はだめだって」

ルカ「さすが」

ミク「言われれば何だってしますよ」

ルカ「拒否権ないしね」

ミク「拒否とかの前に意思がないしね」

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 11:04:43.76 ID:mdYx24jv0
ミク「いや普通の人ってさ、曲も歌詞も一人でやるじゃん」

ルカ「だいたいね、その場合じゃないことも多いけど」

ミク「でも私らの場合はその比じゃないじゃん?」

ルカ「?」

ミク「曲書いてる人も、詩を書いてる人もめっちゃ多いじゃん?」

ルカ「普通はそんなにいても邪魔になるのにねー」

ミク「お給料も払えないしね」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 11:08:36.11 ID:mdYx24jv0
ミク「でもあいつらって給料いらないじゃん。勝手に垂れ流すじゃん?」

ルカ「歌わしてもらってるのに垂れ流すって…」

ミク「オマーン湖とか大声で歌わせてやろうか?」

ルカ「もう歌ってるよ」

ミク「もう、この変 さんめ☆」

ルカ「それで、垂れ流してどうしたの」

ミク「ためらいがなくなったね」

ルカ「感情なんてないし、機械だし。プログラムだし」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 11:15:03.50 ID:mdYx24jv0
IA「ちーっす」

ミク「お、来たな?妄想垂れ流し」

IA「なんすか?やめてくださいよ」

ミク「あんた使う人少ないけどPVとかすごいらしいじゃん」

ルカ「かわいいキャラたくさんだしね」

IA「あー、歌わされる身にもなってくださいよ…」

ミク「変 チックな歌詞とどっちがいい?」

IA「黒歴史歌わされるのと変わらないっすよ」

ルカ「どっちもどっち?」

ミク・IA「軽快なテンポで耳に入りやすい歌詞とPVで再生数はがっぽりですから大好きです」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 11:22:25.36 ID:mdYx24jv0
ルカ「>>26だって」

ミク「まじかよ…」

IA「落胆すんなって」

ミク「だって」

ルカ「ギターだって上手い人と下手な人いるじゃん」

ミク「なるほどな!そういうことだ」

IA「こういうこと出来るのもいいすっね」

ルカ「使い方次第」

IA「称賛は私らに、批判はクリエイター側によろしくお願いします」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 11:31:06.68 ID:mdYx24jv0
ミク「固定ファン来てんじゃねぇか」

IA「>>27さーん!」

ルカ「でもそのイメージって曲書いてる人のイメージだよね」

ミク「本当は喋ったりしないのに」

IA「いうなよ、夢壊すなよ」

ルカ「でも機械萌えっていうジャンルもあるから大丈夫だもんね☆」

ミク「そうだよね!>>29さん、天使なんて、うふふ、ありがとうございます☆」

IA「あんたら怖いよ」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 11:35:04.16 ID:mdYx24jv0
ルカ「話戻すけどさ」

IA「なんのですか」

ミク「女神だなんてー、もう…そんなんじゃないですよ、でもちょっと、うれs」

ルカ「いつまでやってんだよ」

ミク「邪魔すんなよ」

ルカ「どんだけどんよくなんだよ」

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 11:41:49.09 ID:mdYx24jv0
ミク「あー、だからさ?どんだけ曲があってもさ、人間には限界ってあるんだよ」

ルカ「ほう?」

ミク「私らはどんだけ」

ルカ「私『達』」

ミク「私『達』はどれだけ歌おうとも疲れないし、24時間フル稼働、歌い損じなし、レコーディングの練習期間いらない」

IA「楽器ですし」

ミク「しかも、PCでどこででも何人でもヤレルから物量の限界がない」

ルカ「普通は疲れたり眠るなりするけどね」

ミク「うんこもしない。ガチアイドルでしょ?」

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 11:50:14.29 ID:mdYx24jv0
ミク「だから最初に言ったように数撃てば当たるんだよね」

ルカ「有名じゃない曲もいっぱいあるもんね」

ミク「正直なとこ持ち歌10000はあるんじゃない?」

ルカ「マジで?」

ミク「Wikiより参照」

IA「まじすか」

ミク「多分、他の子らと一緒にしたら20000はくだらないかも」

ルカ「え、すごくね?」

IA「人間アーティストの100倍はありますね」

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 12:00:35.42 ID:mdYx24jv0
ミク「AKB48とか目じゃねーぜ」

ルカ「なんたって二次絵は」

IA「僕の考えたいっちばんかわいい女の子☆」

ミク「こんな文書いてても正体はすごいよ」

IA「てかルカさん固定ファンきてますよ」

ルカ「お兄ちゃん!もうご飯できてるんですから食べに来てください!」

ミク「カーちゃんかよ」

ルカ「妹だよ」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 12:08:20.28 ID:mdYx24jv0
ミク「>>36の言うこともわかる。でもクリエイターの顔なんてわかる?」

IA「クリエイターさん、顔出しNGなんで…」

ルカ「正直、上手い人がやろうが波に乗って『ボカロの歌』ってなったらそれでいいんですよね」

ミク「でもやっぱ、GUMIには負けてるのかな…」

IA「初代は強い」

ルカ「ポケモンだって、ガンダムだってファンはいるもん、大丈夫だよ」

ミク「でも、次世代の方が使いやすいよね」

IA「movaとスマフォ比べるようなもんですもん」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 12:13:25.37 ID:mdYx24jv0
GUMI「呼ばれた気がした」

ルカ「マジで?」

GUMI「ミクさん、テレビの取材ですよ」

ミク「どうせBSでしょ?」

GUMI「地上波です。地デジです」

ルカ「マジで」

GUMI「バックに千本桜流して、ニュースで取り上げられます」

ミク「まーじかー」

IA「がんばってください」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 12:22:10.10 ID:mdYx24jv0
GUMI「でも流れるのは誰かのオナニーなんで」

ミク「そうだけどさー、MMD入るんでしょ?」

GUMI「まぁ、そうじゃないとイメージが…」

ミク「またホログラムにサイリウムふる奴らが映されるの?」

IA「しょうがないですよ、人間さん達は私達を人間扱いしたいみたいですし」

ルカ「私達の歌で日本中埋め尽くされるのももう少しかな?」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 12:27:37.69 ID:mdYx24jv0
ミク「知らないうちに普通になってるってことか」

GUMI「いつのまにか韓国が流行っていたように」

ミク「でも、私ら国とか関係ないもんね」

ルカ「めちゃくちゃ中立だもんな」

IA「私、宗教っぽい曲も歌ったっす」

ミク「あー大丈夫大丈夫、全部クリエイターに行くからもーまんたい(無問題)」

ルカ「外の言葉なんて批判来ない?」

ミク「このごろ中国語のやつ流行ったからいけるって」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 12:40:15.77 ID:mdYx24jv0
GUMI「どうでもいいけどそろそろ書いてる人の時間だよ」

ミク「まじで?」

ルカ「書いてるこれもどれも私達の言葉ではないからね」

IA「それはどこでも同じですけど」

GUMI「私達もお昼にしよ?おいしい蕎麦屋さんを見つけたの」

ミク「マジで?いくいく」

IA「ミクさん、売れてるんですから奢ってくださいね?」

ミク「わかったわかった」

ルカ「じゃ、行きますか」

ミク「そーばー♪」

50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 12:42:46.02 ID:mdYx24jv0
GUMI「じゃあ、これからも」

ミク「私達をよろしくね☆」

ルカ「これからもいっぱい素敵な歌を歌わせてね!」

IA「待ってますから」


ミク「こんなもんか」

ルカ「行くか」

IA「おい、ガチで奢れよ?」

GUMI「あ、ほんとに終わりです。ばーい」

引用元: ミク「私らが歌う曲が人気なんだって」ルカ「マジで?」