1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 01:38:56.45 ID:MdcUz1Kf0
にちようび!

唯「やっほー、おまたせあずにゃん!」

梓「もう、おそいですよっ」

唯「ごめんごめん、出かけるの久しぶりだったんだもん」

梓「・・・・」


唯「・・・・あずにゃん?」

梓「は、はい!」

唯「もしかして私にみとれちゃってたぁ? やだなあもうあずにゃんったら!」

梓「そんなことないですから早く行きましょう!」

唯「どこに?」

梓「そ、それは…えっと……」

唯「じゃあアイスでも食べに行こっか」

梓「・・・そうですね。はい!」


3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 01:44:56.20 ID:MdcUz1Kf0

唯「ふっでぺーんふっふー♪」

梓「道でうたわないでください・・・まったく、小学生ですかっ」

唯「だってあずにゃんと一緒にでかけるの久しぶりなんだもーん」

梓「そういえば・・・そうですねー」

唯「ちょっと前まではよくデートしてたのにぃ」

梓「デートじゃないですよっ」


唯「……ぎゅ」

梓「ひゃっ」

唯「あずにゃんの手、あったかいね」

梓「な、なんでいきなり・・・」

唯「だって手をつないだら、デートみたいなんだもん」

梓「……変なこと、言わないでくださいよぉ・・・」


唯「あ、ついたよ!」たったっ

梓「きゃっ?! 突然走らないでください!」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 01:53:11.44 ID:MdcUz1Kf0

唯「あずにゃんみてみてー! 三段重ねだよっ」

梓「こぼしますよ、そんなことやってると。ていうかはやく食べちゃいましょうよ」

唯「あ、あずにゃんチョコチップだね! ひとくちー」

梓「ひゃっ」

唯「ふむぅ・・・やぁらはい、あいふのなかにほりほりとかはいひょこひっぷが・・・・」もぐもぐ

梓「もう、溶けちゃいますよ?」

唯「んーじゃああずにゃん私のも食べてよぉ」

梓「え・・・いいんですか?」

唯「はやくー、溶けちゃうってば!」

梓「あ、それじゃあしつれいします・・・はむっ」

唯「どう、どう? お味の方はっ」

梓「……甘くて、なんかほっこりしますね」くすっ

唯「でしょでしょー! このお店のストロベリーミックスは絶品だよ!一年分たべちゃいたいぐらい!」

梓「ふふ、おなかこわしちゃいますよ?」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 02:05:27.32 ID:MdcUz1Kf0

唯「ふぅ・・・食べたねー」

梓「なんか唯先輩とデートするといつもアイス屋さんに行ってる気がする…」

唯「え、デート?」きらきらっ

梓「こっことばのアヤです!」あたふた

唯「なぁんだー、やっぱりあずにゃんもデートだとおもってたんだー」だきっ

梓「ま、まちなかで抱きつかないでください!」

唯「あずにゃんかわいいー!」ぎゅう

梓「もう・・・クラスの子に見られたら、はずかしくてしんじゃいますよ」

唯「みつけたら紹介してよねっ。桜高軽音部の天才ギターボーカル、平沢唯先輩ですって!」

梓「調子のりすぎですっ」がばっ

唯「あうっ……あずにゃんしどい・・・・」

梓「だいたいAmもおぼえてないのになにが天才ですか。もっと練習してくださいっ」

唯「あうー・・・あずにゃぁん・・・・」

梓「じゃあ、次は楽器屋さん行ってみましょうよ」

唯「そうだね!」

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 02:17:40.59 ID:MdcUz1Kf0

がっきてん!

唯「みてみてこのギター、さわちゃんのとおんなじ!」

梓「わ、フライングVがこの値段かー…中古かな」

唯「ぎゅいーん! おぉまえらかぐごじろぉ゙ぉ゙おおおっ」

梓「店内で騒がないでください!」

唯「だってー、ギター持ったらやりたくなっちゃうじゃん、鏡の前とかでさー」

梓「そ、それは……」

唯「あずにゃんはないの? 小さいころ、ギターはじめてもった時に」

梓「う・・・・」

唯「小4のあずにゃんが、鏡のまえで・・・・ぎゅいーん!」

梓「ぎゅいーんはしてません!」

唯「他はやったんだねー」にやにや

梓「うぅ・・・!」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 02:23:18.68 ID:MdcUz1Kf0

梓「あ、これ欲しかったんだ」

唯「なあに、それ」

梓「これ、自分が弾いた音をその場で録音できるんですよ」

唯「ほぇー・・・」

梓「えっと……ちょっと試しにやってみますね」

じゃーん♪

梓「こうすると」

じゃーん♪ じゃーん♪ じゃーん♪

唯「わ、一人で合わせられるんだね! 私もやってみる!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 02:24:01.20 ID:MdcUz1Kf0

梓「はい、ここをこうですよ」

唯「こ、こうかな?」

じゃきみょーん

唯「あ、まちがえちゃった」

じゃきみょーん じゃきみょーん じゃきみょーん じゃきみょーん

唯「あずにゃーん、これどうやってとめるのー?!」うるっ

梓(お客さんの視線がいたい・・・!)

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 02:29:10.43 ID:MdcUz1Kf0

唯「はぁっ・・・はあっ……」

梓「ふぅ…」

唯「あずにゃあん・・・急に走り出さないでよぉ……」

梓「視線がいたたまれなかったんです! もう、みてらんないですよっ」

唯「ごめんなしゃい・・・」

梓「これにこりたらちゃんと練習するんですからねっ」

唯「うん・・・あれ?」

梓「?」

唯「雨、降ってきたかも…」

梓「あ・・・傘、もってますか?」

唯「……ない」

梓「……すいません、私もです」


唯「――はしれえっ!」

梓「ひゃっ、はい!」

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 02:39:26.29 ID:MdcUz1Kf0

唯「……ふぅっ、ここなら雨宿りできるね」

梓「でもここって立ってたら邪魔になりますよ」

唯「んー、じゃあもう電車乗ってどっか行っちゃおっか?」

梓「あ、それもいいかも・・・・」

唯「私ね、あずにゃんと行ってみたかったところあるんだあ」

梓「え……あ、はい。どこですか?」

唯「?」

梓「いえ、なんでもないです。それより唯先輩の行ってみたかったとこって――」

唯「それは着くまでのないしょ! さ、あずにゃん切符買って」

梓「あ、私パスモなんで大丈夫です」

唯「あー、いいなあ! なんか都会人みたい!」

梓(私と、って……どういう意味なんだろ……?)

唯「あずにゃん?」

梓「ひゃ、はい!」あせっ

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 02:48:26.93 ID:MdcUz1Kf0

唯「なんか暗くなってきたねー」

梓「はい……まだ5時なのに」

唯「陽が沈むの、早くなったよねえ」

梓「もう12月ですもんね…」

唯「・・・・来年は、大学生かあ…」

梓「・・・・」

唯「……想像つかないなあ」

梓「・・・・」


ぎゅ

唯「……あず、にゃん?」

梓「なんでもないです」

唯「手、あったかいな」

梓「・・・・唯先輩だって」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 02:52:27.32 ID:MdcUz1Kf0

唯「あ、着いたよ!」

梓「……はい」

唯「……いこ! ドア閉まっちゃうよっ」ぐいっ

梓「あっはい!」


唯「……えーっと」

梓「どうしたんですか?」

唯「……こっから、どっちだったかなあ」

梓「はぁ・・・大丈夫かなあ・・・」

唯「心配しないであずにゃん! ちゃんと連れてってあげるからねっ」

梓「はぁ・・・」


梓「・・・・ふふっ」

唯「?」

梓「ほら唯先輩、いきましょう!」

唯「うん!」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 03:00:24.51 ID:MdcUz1Kf0

唯「あれ、こっちだっけ? いやでもこっちだったような……」

梓「……」

唯「うーん…たしかあの看板が見えたとこだから・・・・」きょろきょろ

梓「……」にこにこ

唯「……あずにゃん? えへ、どしたの?」

梓「えっと………」


梓「……なんでもないです」くすっ

唯「……そっか」にこっ


唯「あ、あった!」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 03:05:56.93 ID:MdcUz1Kf0

梓「ここは…?」

唯「プラネタリウム。むかし、今のうちに越してくるずっと前に来たんだよ」

梓「そうなんですか・・・・」

唯「結構混んでるなー……あ、よかった。きょうやってるって!」

梓「そんなあせらないでください、子どもみたいですよ」

唯「あずにゃんの方が子どもだもん」

梓「唯先輩の方が子どもですー」

唯「むぅ……あ、そろそろ次の上映はじまっちゃうって!」

梓「あ、待ってください。チケット買わなきゃ」

唯「あはは……そうだったね」

唯「あずにゃんがいなきゃ忘れちゃうところだったよ」

梓「・・・えへへ」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 03:14:15.86 ID:MdcUz1Kf0

梓「わあ……思ったより広いんですね」

唯「でしょ? この天井いっぱいに星空が広がるんだよ!」

梓「なんだか楽しみですね」

唯「Cの12と13だから・・・・あずにゃん、こっちだよ」

梓「あ、はい……きゃっ」

ぎゅっ


唯「あ、あずにゃん大丈夫?」

梓「はい……ちょっと、つんのめちゃって。すいません」

唯「ここ段差あるから気をつけてね?」

梓「・・・・はい」

唯「あずにゃん?」

梓「・・・・あ、はい!」

唯「ほんとにだいじょうぶ?」

梓「……だ、だいじょうぶです!」

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 03:19:14.95 ID:MdcUz1Kf0

唯「ふう! 着いたねっ」

梓「はい・・・・って、席けっこう近いですね」

唯「そうなんだよぉ、だからこうやって、ぎゅーって!」だきっ

梓「もっもうはしゃがないでくださいよぉ・・・・」

唯「あずにゃんあったかーい…」

梓「そんな、・・・・はずかしいですからっ」

唯「えー。ぎゅってするのだめー?」

梓「だーめです。ていうか変だと思われちゃいますよ」

唯「むー・・・・じゃあ、なにならいいの?」

梓「へ?!」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 03:21:36.04 ID:MdcUz1Kf0

唯「あずにゃんはなにならしていいの?」

梓「へ、えっ、えっと……そのっ」

唯「ちゅー?」

梓「だっだめです! それは絶対にだめ!」ぶんぶんっ


唯「そっか…」しゅん

梓「あ……」


唯「……むぅ」

梓「……その、えっと」

唯「?」


梓「……手なら、つないでても、…いいですよ」

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 03:25:31.28 ID:MdcUz1Kf0

唯「……はい」にこっ

梓「・・・・」かあっ

唯「あずにゃん、顔まっかだよ」

梓「唯先輩は……ずるいです。ずるいですよっ」

唯「……あずにゃんだって、手をはなさないくせに」

梓「……しりませんっ」ぷいっ


唯「……」

梓「……」


唯「…ぷふっ・・・ふふふっ……」

梓「くふふっ・・・・なにが、おかしいんですか……ふふっ」

唯「あずにゃんだって……くふふっ」

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 03:29:53.86 ID:MdcUz1Kf0

唯「あ。はじまったね」


梓「……わあ…!」

唯「ね。……すごいよね」

梓「はい…!」


唯「私ね、おぼえてるんだ。あっちがオリオン座でね、あれがペテロ……なんだっけ?」

梓「ペテルギウス、ですか?」

唯「そうそれ!」

梓「ぜんぜん覚えてないじゃないですか」くすくす

唯「そんなことないもん……あ、あそこがおうし座かな」

梓「……」

唯「……」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 03:34:14.72 ID:MdcUz1Kf0

唯「……」

梓「……」


梓「……唯先輩」

唯「なぁに、あずにゃん」

梓「……いえ、やっぱなんでもないです」

唯「そっか…」


梓「唯先輩も、東京いくんですか?」

唯「・・・・そう、かな」


梓「……」

唯「……」

ぎゅ


梓「…その、受験。がんばってくださいね」

唯「うん……ありがと、あずにゃん」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 03:36:46.80 ID:MdcUz1Kf0

唯「きれいだねえ」

梓「そうですね……」


唯「あっちがおうし座で」

梓「はい」

唯「おおいぬ座と、こいぬ座」

梓「……あは」

唯「?」

梓「私たちみたいだなって」

唯「……えへへ」

唯「こねこ座って、ないかなあ」

梓「あるかもしれませんね」

唯「こんど、見つけとくね」

梓「……はい」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 03:42:21.22 ID:MdcUz1Kf0

唯「なんだか、ねむくなってきちゃうね……」

梓「……はい」

唯「あれは……冬の第三角形の上のほうだから、ふたご座かな」

梓「はい」

唯「あれは……なんだろう、四つの星が、こうつながってるやつ」

梓「あ、それはたぶんトラック座ですよ」

唯「へえ……あずにゃんもの知りだねえ」

梓「えへへ・・・・わっ」

唯「へ?!」

梓「トラック座がこっちに近づいてきます! 唯先輩避けて!!」

唯「なっ……きゃあっ!!」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 03:53:10.76 ID:MdcUz1Kf0

――――――
――――
――

梓「……ぃせんぱい、唯先輩っ!」

唯「ほぇ…あずにゃん?」

梓「起きてください、唯先輩!」

唯「あれ……いつの間に」

梓「はぁ・・・もうプラネタリウムおわっちゃいましたよ」

唯「あはは……一瞬ねちゃってたよ」

梓「まったく、自分から連れてきておいてなんですかっ」

唯「ごめんってぇ…あ、じゃあせっかくだからどっか食べにいこっか?」

梓「もう……そんなので忘れませんからね?」

唯「ええー、なんでぇ…!」

梓「……唯先輩、無防備すぎますよっ」

唯「ほえ?」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 04:00:43.39 ID:MdcUz1Kf0

梓「とにかく行きましょうよ、もうみんな出ちゃいましたよ」

唯「あ、うん・・・・」

梓「・・・・」

唯「あずにゃん、おこってる?」

梓「・・・そりゃあ怒りますよ、自分から言い出したのに途中で寝ちゃうとかありえないじゃないですか」

唯「……えへへ」にやにや

梓「なっなんですか」

唯「…あずにゃんってさ、本当に怒ってる時って『怒ってない』って言うもんねぇ」

梓「……!」

唯「よかったよかった。さ、あずにゃんいこ?」

梓「もう唯先輩なんてしらない・・・・」


唯「でも。ごめんね、あずにゃん」

梓「・・・・気にしてないですよ」にこっ

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 04:06:06.47 ID:MdcUz1Kf0

梓「それに、唯先輩は明け方までずっと勉強してるんですもん。私のほうこそ気を使えなくてすいません」

唯「あ、……う、うん! いっやーもう大変なんだよ、ずっと英単語をたっくさん・・・・あははっ」

梓「・・・・してるんですかー?」じとっ

唯「き、昨日はちょっと夜更かししちゃったかな・・・・あははっ」

梓「正直にいってください。寝たの何時ですか」

唯「ええーっと・・・・四時過ぎかな、いや五時かな?」

梓「はぁ・・・・まったくもう、無駄に起きててどうするんですか」

唯「だってギー太がぁ・・・・ひっく、えぐっ」

梓「・・・・まあ、息抜きも大事ですけどね。きょうみたいな日だって、うん」

唯「ところであずにゃん、いいことあったの?」

梓「え、なんでですか」

唯「だってなんか、うれしそうだし」

梓「しりませんっ」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 04:15:27.98 ID:MdcUz1Kf0

唯「じゃあ晩ごはんどうしよっか?」

梓「唯先輩はなにか食べたいものとかあります?」

唯「えーっと……じゃあ、駅前のサティ行こっか! 屋上レストラン行こうよ!」

梓「いいですね! ……でもお金、大丈夫ですか?」

唯「だーいじょうぶ! きょうのためにたーくさん貯めといたんだよっ」

梓「きょうのために、ですか?」

唯「それにお母さんがね、偏差値あげたらボーナスくれるって言ってたからがんばっちゃったよ。えへへっ」

梓「あ、それでこないだの模試で…」

唯「えっへん!」

梓「・・・・調子にのって遊んでばっかだと、また下がりますよ」くすっ

唯「あずにゃん、てきびしい・・・うぅ・・・・」

梓「でも、……ありがとうございます」

唯「……えへ」

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 04:20:56.76 ID:MdcUz1Kf0

唯「ふわぁ……」

梓「……って、言ってるそばからあくびしてるじゃないですか」

唯「らって、昨日ねむれなくってぇ…」

梓「もう、勉強もいいですけど夜更かししすぎは身体によくないですからね」

唯「そうだねぇ……ふぁあ」ふらふら

梓「ちゃんと前みて歩いてください。あぶないですよっ」

唯「ごめんってぇ……あ、じゃああの劇団トラック座の看板のとこを右だよ」

梓「はい。……でも結構遠いんですねえ」

唯「プラネタリウムへの行き道はあんなにすぐだったのにねー…」

梓「きっと行く道は楽しみだから早いんですよ」

唯「そうだね……いき~はよいよい、かえりは♪」

梓「きゃ?! 唯先輩あぶないっ! 看板が落ちてくる!」

ドンッ

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 04:33:18.08 ID:MdcUz1Kf0

唯「あ、あぶなかったぁ・・・・」がくがく

梓「そ、そうですね・・・・」ぶるぶる


唯「ちょっと今ので目が覚めたよ…」

梓「唯先輩はあぶなかっかしいんです、気をつけてください」ぐいっ

唯「あ、あずにゃん待ってよぉ!」


唯「あれ? サティ、この辺のはずなのに……」

梓「道間違えちゃったんでしょうか・・・・?」

唯「うーん、じゃあたしか駅の反対側にそごうがあったはずだからそっち行ってみようよ」

梓「はい!」

59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 04:44:55.47 ID:MdcUz1Kf0

唯「・・・・あれー? おっかしいなあ…」

梓「ほんとにそごう、このビルなんですか?」

唯「うん……たぶんこの、ヤマダ電機だと思う・・・・・」

梓「そうだったんですか・・・」

唯「ヤマダ電機じゃ、ごはん食べられないよねえ・・・」


梓「・・・あ、じゃあいっそ東京の方いってみませんか?」

唯「おお、それはいいかも!」

梓「じゃあ駅に急ぎましょう! 遅くなっちゃいますよっ」

唯「うん!」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 04:51:24.71 ID:MdcUz1Kf0

がたんごとん

唯「そういえば、雨あがってたね」

梓「あ、そうですね。気づきませんでした」

唯「えー、もう8時かあ・・・あ、そろそろ着くね」

梓「どこ行きましょうか?」

唯「ふふん、いいとこ知ってるんだぁ」

梓「それは楽しみですね」くすっ


ぷしゅー

梓「着きましたね」

唯「こっちだよ、あずにゃん!」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 04:57:01.17 ID:MdcUz1Kf0

てんぼうれすとらん!

梓「ちょ・・・こんな高いとこ、大丈夫なんですか?!」

唯「そりゃ11階だもん! あ、あずにゃん高所恐怖症?」

梓「そっちじゃないです! お金の話ですよっ」

唯「ここね。今日はれでぃーすでーなんだよっ」

梓「へぇ・・・すごいですね」

唯「むかしはおばあちゃんや憂と三人でよく来たんだよねぇ♪」

ウエイター「お席は喫煙と禁煙どちらにいたしましょうか」

唯「あ、禁煙でおねがいします!」

ウエイター「それではこちらにどうぞ」


梓「わあ・・・・・!」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 05:17:07.44 ID:MdcUz1Kf0

梓「すごい・・・」

唯「なんだか・・・空を飛んでるみたいだよね」

梓「はい・・・街の灯って、こんなにきれいだったんですね・・・」

唯「ささ、ごはんたべようよ!」

梓「・・・あ、はい!」

唯「みとれちゃった?」にこっ

梓「・・・はい、ちょっとだけ」くすっ

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 05:20:39.88 ID:MdcUz1Kf0

唯「ほら、あずにゃんの来たよ」

梓「はい・・・おいしそうですね」

唯「ピラフ、すきなの?」

梓「えっと・・・好きっていうか、小さい頃よく食べてたんで」

唯「ほえー……」

梓「たまにこういうレストランとか連れてってもらった時、いつも同じもの食べてたんですよね」

唯「へえー・・・じゃあわたしと一緒だね!」

梓「ハンバーグ、ですか?」

唯「思い出の味だよ!」

梓「ふふ、いっしょなんですね」

唯「えへへ」

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 05:22:58.28 ID:MdcUz1Kf0

唯「ふぅ! おいしかったなっと」

梓「まだデザートが残ってますよ」くすっ

唯「あ、そうだったね・・・ふぁ」

梓「もう、またあくびなんかしちゃって。ていうか口よごれてますよ」

唯「あずにゃんふいてー」

梓「はいはい。……あの」

唯「んー?」

梓「きょうは、誘ってくれてありがとうございました」

唯「んーん! あずにゃんと会いたかったんだもん!」

梓「・・・えへへ」

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 05:27:25.54 ID:MdcUz1Kf0




  キキーッ



     ドンッ

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 05:39:04.80 ID:MdcUz1Kf0

唯「――はっ」

梓「大丈夫、ですか・・・?」

唯「ごめんごめん、一瞬寝ちゃってたかも・・・」

梓「あの、無理しないでくださいね? 身体の方が大事ですから」

唯「あずにゃんごめんね、心配かけちゃって」

梓「・・・それはいいんです。気にしないでください」

唯「そんなことないよぉ」

梓「だって、心配できるのも・・・一緒にいるうちだけですし」

唯「あずにゃん・・・!」

梓「ほら、アイスとけちゃいますよ。ていうかまたアイスですか」くすっ

唯「だって好きなんだもん・・・えへ」

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 05:41:43.77 ID:MdcUz1Kf0

唯「じゃあ・・・帰ろっか」

梓「はい・・・」

唯「あずにゃん、どしたの?」

梓「いえ、・・・でもなんか、一日が終わっちゃうなあって」

唯「家に帰るまでがデートだよ、あずにゃんっ」

梓「またそんな遠足みたいな」くすっ


ぴろりーん♪

梓「あれ・・・ええっ?!」

唯「どうしたの?」

梓「いや、純からメール来たんですけど……」

唯「なになに……ええっ、電車で人身事故?!」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 05:44:25.74 ID:MdcUz1Kf0

梓「うわー…踏み切りでトラックが……」

唯「うーん、当分帰れないね・・・どうしよっか?」

梓「とりあえず、マックで時間でもつぶします?」

唯「そうしよっかあ」

梓「はい!」


唯「・・・あずにゃん、なんだか楽しそうだねっ」

梓「そっそんなことないですよっ」ぎゅー

唯「いたた、手にぎるのつよすぎだよぉ」

梓「あ……ごめんなさい」

唯「んーん、わたしもあずにゃんと一緒にいれてうれしいもん!」

梓「……そんなこと、言わないでくださいよぉ」

唯「・・・?」

梓「離れられなく、なっちゃうじゃないですか・・・」

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 05:50:13.60 ID:MdcUz1Kf0

唯「・・・・あずにゃん」

梓「?」

唯「行こっか」

梓「・・・はい」


唯「ねえ、帰りはこっちのエレベーターのろ?」

梓「あ、はい」

唯「ここね、壁がガラスになっててすーごいきれいなんだよ!」

ぴんぽーん♪

唯「さ、のってのって」

梓「はい・・・わ、すごいですね!」

唯「……ぎゅー」

梓「ひゃっ」

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 05:52:49.07 ID:MdcUz1Kf0

梓「……」

唯「……あずにゃん」

梓「……」

唯「……また、行こうね」

梓「……」ぎゅっ

唯「また、遊びにいけるよ。きっと」

梓「……はい」



ぴんぽーん♪

唯「えっと・・・駅ってどっちだったっけ」

梓「こっちですよ。もう、しっかりしてください」くすっ

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 05:54:49.91 ID:MdcUz1Kf0

梓「・・・あ、そうだ」

唯「ほえ?」

梓「せっかくですし、TSUTAYA寄ってきませんか? たぶんまだ時間かかりますし」

唯「いいねえ!」

梓「たしかこの辺にあるって……あ、あれだ」

87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:00:56.83 ID:MdcUz1Kf0

つたやさん!

梓「あ、このCD」

唯「どれどれ?」

梓「この緑のやつです。アイスランドのバンドなんですけど、すっごいきれいなんですよ」

唯「へえ・・・」

梓「ここ試聴できるみたいですよ。よかったら聴いてみましょうよ!」

唯「うん!」

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:01:37.65 ID:MdcUz1Kf0

 ~♪

唯「なんだかゆったりして・・・この女の人、かわいい歌声だねぇ」

梓「唯先輩の声とちょっと似てませんか?」

唯「え? そうかなあ。てへへ」

梓「……なんだか聴いてると、ちょっと眠たくなっちゃいますね」くすっ

唯「ふふ、そうだね。」

梓「……あ、このアルバムの4トラック目が――」

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:03:52.03 ID:MdcUz1Kf0



   ガッ  シ   ャ ー   ン



94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:09:06.36 ID:MdcUz1Kf0

梓「うわあ……」

唯「あの人、買ったばっかりだったのに・・・」

梓「ま、まあ落としちゃったのは仕方ないですよね」

唯「あ、うん。私もベッドから起きた時にCD踏んじゃったことがあって」

梓「それはちゃんと片付けてないからでしょっ」

唯「ごめんごめん」

梓「もう・・・憂にばっかりまかせっきりだからそうなるんですよ。上京したらどうするんですかっ」

唯「は、はんせいします・・・・」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:12:18.64 ID:MdcUz1Kf0

梓「そろそろマックにでも行きます?」

唯「あ、うんそうだね」



てくてく

唯「って、」

ぽつぽつ

梓「また、」


唯梓「「雨、降ってきちゃった……」」

唯「ぬれないように急がなきゃ!」


たっ たっ たっ

唯「あ、たしかこっちだから!」ぐいっ

梓「ちょ・・・ほんとに道あってるんですかー?!」

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:15:13.78 ID:MdcUz1Kf0

唯「はぁっ…はあ……」

梓「ふぅっ………って、いきおいで入っちゃいましたけど・・・ここってその、   な、」

唯「ほえ?」

 ぴっ

梓「あっ!」

唯「ボタン、おしちゃった・・・」

梓「しゅ、宿泊のボタン・・・」

唯「ど、どうしよう・・・」

梓「……ここは、あの、カウンターで間違えましたって、」


唯「あずにゃん」にやにや

梓「へ?」

唯「……泊まってみない?」

梓「ええっ」

98: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:18:26.46 ID:MdcUz1Kf0

梓「でっでもお金とかっ」

唯「そこは大丈夫! 唯先輩にまかせんしゃーい」

梓「はぁ・・・」

唯「あ・・・あずにゃん、おうち大丈夫?」

梓「それは、今日もうちの両親いないですから大丈夫といえば大丈夫ですけど……」

唯「じゃあ行ってみようよ! なんかお風呂とかきらきらしてて面白いとこなんだって!」

梓「あっ・・・ちょっ――」


梓「・・・もう」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:24:06.02 ID:MdcUz1Kf0

へや!

梓「私きょう、なんかすっごい流されてる感じがする・・・」

唯「どしたのあずにゃん?」

梓「いえ、なんでもないです・・・」

唯「ふうん・・・それにしても広いねえっ、ダブルベッドだよ」

梓「そりゃダブルベッドに決まってるでしょ」

唯「なんでー?」

梓「いや、その・・・えーっと」

唯「なんでダブルベッドなの?」

梓「・・・しっしらないですっ」

唯「ふふ、あずにゃん赤くなってるよ」

梓「・・・わざとですかっ」

唯「んー、お風呂みてくるねっ」

 たっ たっ たっ

梓「・・・まったく、もう」

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:31:51.21 ID:MdcUz1Kf0

唯『わあっ、ねえきてきて! すっごいよ!』

梓「なんですかー?」

唯『こっちこっちー! はやくぅ!』

梓「はいはい・・・」


唯「みて! ここ、お風呂の色がかわるの!」

 ぱっ

梓「わあ・・・」

唯「……あずにゃんこういうとこ初めて?」

梓「なっなに聞いてるんですかっ、初めてに決まってるでしょ!」

唯「わたしはねー、」

梓「え・・・・?」


唯「……うちのクラスの子がね、面白いとこだよって言ってたから気になってたんだぁ」

梓「そ、それだけ?」

唯「うん。……あずにゃん、どうしたの?」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:39:44.56 ID:MdcUz1Kf0

梓「なんでもないです。心配して損しましたよ」

唯「……あずにゃん、もしかしてやきもち?」

梓「ちーがーいーまーすーっ!」

唯「あーずにゃんっ♪」だきっ

梓「ひゃっ…!」

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:40:36.68 ID:MdcUz1Kf0

梓「……」

唯「……」ぎゅー

梓「……」

唯「……おふろ、はいろっか?」

梓「あ、・・・・・はい」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:49:53.67 ID:MdcUz1Kf0

梓「あの・・・えっと、とりあえずお風呂にお湯ためましょうよ!」

唯「うん・・・そうだねっ」


きゅっきゅっ
じゃー



唯「そのあいだ、あっちでのんびりしようよ」

梓「・・・はい」


唯「……」

梓「……」

唯「・・・ねむくなってきちゃうよ」

梓「ねたらだめです、しにますよ」

唯「……なんで?」

梓「・・・言ってみた、だけです」

唯「へんなあずにゃん」くすっ

111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:51:36.86 ID:MdcUz1Kf0

唯「じゃあ、寝ないようにテレビでもつけよっか」

梓「そうですね。映画でもみてみましょうよ」

ぴっ

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 06:55:59.19 ID:MdcUz1Kf0


           ド           ー               ン




                           _,,,,,,,.........:::::::::::--::.,_
                  .,----─''''''''''""~        |  ~"'-:::.,_
                  .|                   .|      ~"'-:::.,_
                  .|                   .|          ~"l
                ._|_______        |             |
          ,:;::=ニニ"─────:::.,    ̄"'''''':, .. .|             |
          /              ,l /''''''''''''''ー‐:,';  . |             |
       .  /               ,l l / ̄ ̄ ̄~~l'';   |             |
    ;''''''l   /             ,---:,.l'''      .|.||.  |             |
    |  |  ./             |   |l |       | ||.. |             |
    '┬' ./  ____         |   .|.l  _,,,...:::::;:::' .||.. |             |
      ̄l''''''''"~ー--:::::::;,.:::''''',:''''''::, .l,,,,,,,,,,l.| ./ .,,.::''"  .||.....|             |
      '::,,_          '::..,,,.:''''''''''l | | ,,::::'"     ||.....|             |
      | | ~"'''''ー-:::::::::....,,,,,,___,....::'" | ""     ,::::.|| . |        _,.:::::-'
    .  ,::,|             l    |   _,,..::-‐'''"~~| .|     _,..:::-'::,~|
     . l ':,:ー-::::,,,_      . l   _,,...|.:‐''"~   _,,.::-‐'_l,..:::-''"~  /,:::,l |
      |~"';:,'''ー-::::二,''ー-;-:,::':'''"~  ||     ./...,,."':,      _,.:::l l:::l|..l
      ;'''ー'=::,,,,_/':,  ~"''''/,:'--:::::...:-'''|     / ,...,"'; ';l'''"|_,,..:::''ニ-'";'::'/
      |ニ; .;:.....,, ~"''''ー-:::' ,l   :: |.. .|_,,...:::'',l./ ,,,,'; | lニニ.::'"~ 'ー‐''
      ~"''-''=;:.|"''''┐-:::..,_~"''''''''ー‐''''|   l l' ::::::|,l__|
           ~"''ー''=::;;:::'  l'''''ー;   |,..::-'"l l  '''//
                 ~"'''''==---'‐''';"~.':,"'‐'',:'
                          ~"''''''''''"

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 07:00:34.09 ID:MdcUz1Kf0


唯「きゃああああっ?!」


梓「いやあああああっ!!」




梓「ゆっゆいせんぱい、音が!!」

唯「こっ、これかな・・・!!」

ぴっ


しーん


唯「・・・ふぅ」

梓「死ぬかとおもいましたよぉ・・・」ぎゅっ

唯「よしよし」なでなで

梓「でも、まさか音量が最大になってたなんて・・・」

唯「ひどいいたずらだよ。ぶーぶー」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 07:03:10.77 ID:MdcUz1Kf0

唯「あ、あずにゃん・・・・いまの映画、なんだったの……?」

梓「はい、えーっと番組表番組表……」


梓「――スティーヴン・スピルバーグ監督の『激突』、みたいです」

唯「そ、そうなんだ・・・」

梓「出世作ですよ、たしか」

唯「へぇ……こわかったねぇ」

梓「ほんとですね・・・ジョーズかと思った・・・・」


唯「あ、そろそろわいたんじゃないかな?」

梓「そうですね。もう、水に流しましょう!」

唯「さんせーっ!」

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 07:16:20.89 ID:MdcUz1Kf0

唯『あずにゃーん、まだあ?』

梓「待ってください・・・」ぬぎぬぎ

がらっ

唯「まあまあ、そんな恥ずかしがらないで」

梓「きゃっ?! いっいきなりあけないでください!」

唯「……もう、はやくぬいじゃいなよぉ」

梓「いつも思うんですけど、唯先輩にははじらいっていうのがないんですか?!」

唯「はじらい?」ぽかーん

梓「もういいです。なんかふっきれました」ぬぎぬぎ

唯「ささっ、あずにゃんおじょうさまこちらへ」

梓「はいはい」

唯「・・・えいっ!」ばさっ

梓「あっ、バスタオルかえして!」

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 07:23:34.22 ID:MdcUz1Kf0

梓「うぅ……!」もじもじ

唯「あずにゃん、かわいいねぇ」

梓「唯先輩のばか・・・・うぅ・・・・!」

唯「ぎゅー」ぴとっ

梓「ひゃっ・・・」

唯「からだ、ひえちゃうよ?」

梓「・・・・・ゆいせんぱいが、わるいんだもん・・・」

唯「ごめんね。……じゃあ、からだあらってあげるね」

梓「えっ・・・・・・は、はい」

127: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 07:26:49.48 ID:MdcUz1Kf0

唯「あずにゃんはいつもどこからあらうのー?」

梓「えっと・・・肩、とか」

唯「この辺かなー」

梓「やっ・・・」

唯「んー?」

梓「……あの、耳元に息かかると、その・・・・」

唯「ふー」

梓「ひゃあっ」

唯「あずにゃんってほんとかわいいよねえ」

梓「・・・・さいっていです…」

唯「ごめんごめん、ちゃんと洗うからあ!」

130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 07:35:49.30 ID:MdcUz1Kf0

唯「~♪」ごしごし

梓「……」

唯「いいなああずにゃん、足がしゅってしてて」ごしごし

梓「そんなこと・・・・ないですよ」

唯「肌がね、つるつるのすべすべなんだよ」つるっ

梓「やっ・・・くすぐったいですって」

唯「……足のゆびもちょこんてしてて、あずにゃんみたい」

梓「あんまりみないでください……ていうか、あずにゃんみたいってなんですか」

唯「……」ごしごし

梓「・・・んっ・・・」

唯「きもちいい?」

梓「……はい・・・」

唯「ちゃーんと洗ってあげるからねっ」

梓「……はい」かあっ

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 07:44:44.93 ID:MdcUz1Kf0

唯「あいをーこめてーすらっすーらとねっ♪」ごしごし

梓「……ゆいせんぱい」

唯「なあにー?」ごしごし

梓「どうして……どうして、私なんかのために、ここまでしてくれるんですか?」

唯「あずにゃん・・・?」

梓「……わたし、唯先輩に迷惑かけてばっかりなのに・・・」

唯「……あずにゃん」

ぎゅっ

梓「……ううっ・・・ひっく・・・」うるっ

唯「……私、あずにゃんが入ってくれてよかった」

唯「あずにゃんのこと、ほんとに大好きなんだよ」

梓「・・・ぐすっ……くふっ……ひっ・・・」

唯「だから……そんなこと、言わないで」

梓「……はい・・・」ぎゅっ

133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 07:47:05.91 ID:MdcUz1Kf0

唯「さ、あわ流しちゃお!」

ぱしゃーっ

梓「ひゃっ・・・」

唯「うりゃ! シャワーこうげきだぞっ」きゃっきゃ

梓「きゃっ、目にはいっちゃいますってえ!」きゃっきゃ

唯「あははっ」

梓「もう・・・ほんとうに子供みたいな人ですね」くすっ


唯「あずにゃん、全部ながせた?」

梓「……はい!」にこっ

唯「じゃあ、一緒にお風呂はいろうよっ」

梓「・・・そうですね」

139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 08:26:26.18 ID:MdcUz1Kf0

かぽーん

唯「ふぅ・・・あったかあったか」

梓「……ひろいですねえ」

唯「あずにゃんこっちきなよぉ」

梓「・・・は、はい……」

唯「えいっ」だきっ

梓「……えへ」

唯「あったかくて気持ちいいねえ」

梓「……なんだか、とけちゃいそうですね」

唯「・・・そうだねっ」

140: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 08:29:14.70 ID:MdcUz1Kf0

梓「……」

唯「……はじめて、だね」

梓「なにがですかー・・・・?」

唯「こうやって……ちょくせつ、抱きしめるの」

梓「……あったかいです」

唯「そう、だね……」


梓「……」

唯「あずにゃん、どしたの」

梓「なにがですか?」

唯「……今のあずにゃん、すごくさみしそうな目してた」

梓「……ふふ、超能力者みたいですね」

141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 08:35:52.62 ID:MdcUz1Kf0

梓「なんだか……明日が来るのが、怖くなっちゃいました」

唯「……うん」

梓「わがままとかも、思っちゃいますよ」

唯「どんな? ・・・・・きくよ?」

梓「いいです」

唯「言って」

梓「………」

梓「たとえば、もし……」

唯「……」

梓「……このまま、離れたくない・・・なんて言ったら、おこりますか?」

唯「………」

梓「……すいません、やっぱりなんでもない――」

ちゅ

142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 08:42:10.39 ID:MdcUz1Kf0

梓「……!」

唯「……」



梓「……」

唯「……ごめんね」

梓「……勝手、ですよ」

唯「……ごめん」

143: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 08:42:40.00 ID:MdcUz1Kf0

梓「わたしの気持ちなんて知らないで、どんどん振り回して」

唯「……」

梓「いっつも一歩前で、わたしの知らないとこを引きずりこんでいって」

唯「……」

梓「……わすれられなく、なっちゃいますよ」

唯「……ごめん」

梓「……はなれられなく……ぐすっ・・・なっちゃい、ます……」

唯「……じゃあ、離さないもん」

ぎゅっ

145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 08:47:12.91 ID:MdcUz1Kf0

梓「……どういう、いみ、ですかっ……」


ちゅ

唯「……こういう意味じゃ、だめ、かな」

梓「……意味、わかんないです。ちゃんといってください」

唯「うん……じゃあ、あずにゃんだけに、言うね」





梓「……あ…」

唯「……聴こえた?」

梓「・・・はい。……聴こえました」にこっ

梓「唯先輩、私も・・・おねがいします」

唯「……ありがと。だいすき!」ぎゅっ

梓「……わたしもです」ぎゅー

146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 08:48:45.74 ID:MdcUz1Kf0

唯「……のぼせちゃいそう。あがろっか」

梓「あ・・・はい」

唯「……ねむくなってきちゃったもんね」

梓「……はい」

唯「えっと・・・一緒に、ねよ?」

梓「・・・はい」

147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 08:51:06.25 ID:MdcUz1Kf0

唯「……なんか、あっついね・・・」

梓「そう、ですね……もう冬なのに、のぼせちゃいましたよ」

唯「うん、私も」

梓「唯先輩の、せいですからねっ」

唯「あはは。じゃあクーラーとかつけちゃおっか」

梓「クーラーにがてなのに?」

唯「なにごとも挑戦なのです! ふんすっ」

梓「もう・・・」くすくす


ぴっ

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 08:52:29.42 ID:MdcUz1Kf0


           ド           ー               ン




                           _,,,,,,,.........:::::::::::--::.,_
                  .,----─''''''''''""~        |  ~"'-:::.,_
                  .|                   .|      ~"'-:::.,_
                  .|                   .|          ~"l
                ._|_______        |             |
          ,:;::=ニニ"─────:::.,    ̄"'''''':, .. .|             |
          /              ,l /''''''''''''''ー‐:,';  . |             |
       .  /               ,l l / ̄ ̄ ̄~~l'';   |             |
    ;''''''l   /             ,---:,.l'''      .|.||.  |             |
    |  |  ./             |   |l |       | ||.. |             |
    '┬' ./  ____         |   .|.l  _,,,...:::::;:::' .||.. |             |
      ̄l''''''''"~ー--:::::::;,.:::''''',:''''''::, .l,,,,,,,,,,l.| ./ .,,.::''"  .||.....|             |
      '::,,_          '::..,,,.:''''''''''l | | ,,::::'"     ||.....|             |
      | | ~"'''''ー-:::::::::....,,,,,,___,....::'" | ""     ,::::.|| . |        _,.:::::-'
    .  ,::,|             l    | 



唯「わああああっ!!!」

梓「はっはやくとめてください!!!?」

ぴっ

152: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 09:03:19.17 ID:MdcUz1Kf0

唯「ふぃー・・・なんかもう眠気がふっとんじゃったよ・・・」

梓「もう……同じ失敗くりかえさないでください!」

唯「だって、いいところにリモコンがあったからクーラーかなって・・・」

梓「そのリモコン置いたの唯先輩でしょうがっ」

唯「ごべんなさぁい・・・ぐすっ」

梓「まったくもう……」


梓「……しょうがない人ですね、ほんと」くすっ

唯「……えへへっ」

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 09:06:54.03 ID:MdcUz1Kf0

唯「……でも、おふとんも冷たくて気持ちいいね」

梓「そうですね・・・」

唯「……あずにゃん」

梓「……はい」

唯「……手、つなご」

梓「・・・はい」

唯「……こっち、きて」

梓「……」

195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 12:37:53.65 ID:MdcUz1Kf0



        ボ        ボ        ボ        ボ        ー        ン




             ヽ (. : ) ,________~ヽ (. : ) ,  ( '            ) (  、
               (、. ' __ロ_ロ_ロ____/(、. ' ⌒   `  )        ; (    )  '
              .; (  __            ||__ヽ (. : ) ,  ( '       (、. ' ⌒   `  )
               (、. ' ⌒         ||::| |; ) ( . ⌒ )        ~ヽ (. : ) ,  ( '
            . ~ヽ (. : ⊆⊇     .  ||O_─..||‘ ' ` ”, )|| ̄ ̄|| ̄, . (、. ' ⌒   `  )
              , . (、. ' ⌒  ̄ ̄ ̄゜.| |─ ̄_||  ||:|__||__||_ヽ (. : ) ,  ( '
             ~ヽ (. : )_ F U S O___|_|_─」 ̄ ||:|__||__||__||__||__||
               ; ) ( ||_|二 二 二|__|_||_.__/|_____________|
     .            _□□|二二二|□□|]_|_/⌒、|___:::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ヘ:⊇
                .〔⊆|⊇__[二]___⊆|⊇:_〕_|.∴.|::| ||::||::::| 〔三三三〕|||||.∴.||.∴.|ヘ
                  ~ゞゝ__ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ゞゝ∵ノ ̄ ̄ゞゞゝノゞゞゝ .ゞゞゝ∵ノゝ∵ノ

199: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 12:41:42.04 ID:MdcUz1Kf0

唯「うっひゃあ・・・・昨日の人身事故、ほんとにすごかったんだねえ」

梓「ほら、テレビばっか見てないで早く支度してください。チェックアウトの時間近いんですよ?」

唯「・・・・えへへー」

梓「なんですか、その顔は」

唯「いやあ、昨日のあずにゃんかわいかったなあって・・・・ほむっ?!」

梓「もうしらない!!」

バタン

唯「あずにゃん…いきなり顔面にバスタオルはひどいよ……うぅ」

200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 12:44:33.18 ID:MdcUz1Kf0

えきまえ!

唯「でも、楽しかったねえ・・・・!」

梓「・・・・はい」にこっ

唯「それに、」

ぎゅ

唯「……これからは、恋人つなぎしなきゃね」

梓「・・・・は、はい」かあっ

唯「あー、あずにゃんてれてるぅ」ぷにっ

梓「からかわないでください! ……もうっ」


唯「あ。ねえねえ」

梓「なんですか?」

唯「せっかくだから、こっちのゲーセンよってこうよ!」

梓「はぁ……帰ったらちゃんと受験勉強再開してくださいよ?」

唯「わっわかってるよお!」

202: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 12:47:09.44 ID:MdcUz1Kf0

唯「じゃあ私、こっちのシミュレーションゲームやってみる!」

梓「はぁ……遊ぶのもほどほどにしましょうね?」

唯「わかってるよぉ……よし、すたーと!」

ぽちっ

唯「おっ、おおー……こ、こうかな?」

梓「あ、うまいですうまいです。そこをこっちで」

唯「やったあ! これなららくしょーじゃん……ふぁ」

梓「ほら、あくびしてるとミスりますよ」

唯「だって昨日あずにゃんのせいでよふかし――」


梓「あっ、唯先輩あぶない?!」

204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 12:48:46.45 ID:MdcUz1Kf0



       ボ       ボ       ボ       ボ       ー       ン



                           _,,,,,,,.........:::::::::::--::.,_
                  .,----─''''''''''""~        |  ~"'-:::.,_
                  .|                   .|      ~"'-:::.,_
                  .|                   .|          ~"l
                ._|_______        |             |
          ,:;::=ニニ"─────:::.,    ̄"'''''':, .. .|             |
          /              ,l /''''''''''''''ー‐:,';  . |             |
       .  /               ,l l / ̄ ̄ ̄~~l'';   |             |
    ;''''''l   /             ,---:,.l'''      .|.||.  |             |
    |  |  ./             |   |l |       | ||.. |             |   
    '┬' ./  ____         |   .|.l  _,,,...:::::;:::' .||.. |             |
      ̄l''''''''"~ー--:::::::;,.:::''''',:''''''::, .l,,,,,,,,,,l.| ./ .,,.::''"  .||.....|             |
      '::,,_          '::..,,,.:''''''''''l | | ,,::::'"     ||.....|             |
      | | ~"'''''ー-:::::::::....,,,,,,___,....::'" | ""     ,::::.|| . |        _,.:::::-'
    .  ,::,|             l    |   _,,..::-‐'''"~~| .|     _,..:::-'::,~|
     . l ':,:ー-::::,,,_      . l   _,,...|.:‐''"~   _,,.::-‐'_l,..:::-''"~  /,:::,l |
      |~"';:,'''ー-::::二,''ー-;-:,::':'''"~  ||     ./...,,."':,      _,.:::l l:::l|..l
      ;'''ー'=::,,,,_/':,  ~"''''/,:'--:::::...:-'''|     / ,...,"'; ';l'''"|_,,..:::''ニ-'";'::'/
      |ニ; .;:.....,, ~"''''ー-:::' ,l   :: |.. .|_,,...:::'',l./ ,,,,'; | lニニ.::'"~ 'ー‐''
      ~"''-''=;:.|"''''┐-:::..,_~"''''''''ー‐''''|   l l' ::::::|,l__|
           ~"''ー''=::;;:::'  l'''''ー;   |,..::-'"l l  '''//
                 ~"'''''==---'‐''';"~.':,"'‐'',:'
                          ~"''''''''''"

205: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/04/11(月) 12:54:24.91 ID:MdcUz1Kf0

唯「……あっちゃー、私死んじゃったー」


梓「もう、油断してるからですよっ」

唯「公園のゾンビを倒したと思ったら、トラックが突っ込んでくるなんて……」

梓「さっ帰りましょう! 唯先輩には受験勉強が待ってます!」

唯「ええっ、このまま休まず勉強なんてしたら、本当に死んじゃうよぉ・・・・!」

梓「もう憂にはメールしましたからね。みっちり勉強してもらいますからねっ」

唯「うぅ…あずにゃんのきちくー・・・・!」


梓「それに……だいじょうぶですよ」

唯「?」

梓「人間、そんな簡単にしんじゃったりはしませんから」にこっ

唯「そんなぁ・・・!」



おわり。

引用元: 唯「唯梓だけど眠くなってきたら私がトラックに轢かれて死ぬ話」