とりくろ!シリーズ 前編

317: ◆6RLd267PvQ 22/07/11(月) 00:11:35 ID:mY9z
北条加蓮「品揃えわるーい」

更新します

318: ◆6RLd267PvQ 22/07/11(月) 00:11:54 ID:mY9z
~コンビニ~

店員「ラーッシャッシャー」

響子「今日は午前中にピンチェのお仕事で、午後からハートハーモナイズのお仕事……時間がないし、おにぎりでも買おっかな」テコテコ

響子「……ん?」チラ

加蓮「ちょっと、このコンビニ品揃え悪いんじゃないの?」

藍子「そうですねぇ、まさかクーラードリンクもモドリ玉も置いていないとは思いませんでした」

加蓮「こんなんじゃ猛暑に勝てないでしょ」

響子「火山エリアにでも行く気なんですか」

319: ◆6RLd267PvQ 22/07/11(月) 00:12:12 ID:mY9z
藍子「あ、響子ちゃんですよ加蓮ちゃん」

加蓮「狂化チャンス・デス?そんなシステムあったっけサンブレイク」

響子「ブレイクしてるのは頭みたいですね」

加蓮「失礼な、これでも生き残るのに必死なんだよ」

藍子「生存本能ですよ、生存本能」

320: ◆6RLd267PvQ 22/07/11(月) 00:12:29 ID:mY9z
響子「まぁ、熱中症対策は大事だと思いますけど…」

藍子「というか響子ちゃん、ダメじゃないですか、コンビニのおにぎりなんか食べたりしちゃ」

加蓮「そうだよ、普段から栄養バランスがーって口酸っぱく言ってるのに」

藍子「公式の記述にない事しちゃダメですよ」

加蓮「あ、そっちか」

321: ◆6RLd267PvQ 22/07/11(月) 00:12:42 ID:mY9z
響子「ふふーん、残念でした、五十嵐響子はコンビニのおにぎりもサンドイッチも食べるんです、さてはちゃんとデレぽ見てませんね藍子ちゃん」

藍子「   って言いましたよ、   って」

加蓮「言っちゃったねえ、アイドルなのに」

響子「ハイハイ、どうせ藍子ちゃんの事だから○○に入るのは「さん」ですよね、乗せられませんよ」

藍子「さんぽブレイクされました」

加蓮「看破されたねえ、シビレ罠」

322: ◆6RLd267PvQ 22/07/11(月) 00:13:05 ID:mY9z
響子「どれだけモンハンに結びつけたいんですか…ほら、用事がないなら事務所にでも行きますよ、お店のいい迷惑ですよこんなの」

加蓮「『いい』迷惑ならいいんじゃないの?」

響子「わかりました、なら私勝手に帰ります」

響子(こういう屁理屈は相手にしないのが正解……そう簡単には捕えられませんよ)

323: ◆6RLd267PvQ 22/07/11(月) 00:13:18 ID:mY9z
藍子「勝手に帰るんですか!?支払いもせずに!!」

加蓮「ダメだよ、ユニットメンバーから犯罪者出しちゃコトだって!!」

響子「すみません、唐揚げ棒ひとつ下さい」

店員「アリャス」

324: ◆6RLd267PvQ 22/07/11(月) 00:13:31 ID:mY9z
藍子「響子ちゃんが……唐揚げを……」

加蓮「天変地異の前触れ……まさか街に古龍が!?」

響子「二人が騒がしくしてるお詫びですからね」

加蓮「ならななチキにしとこうよ、唐揚げ棒安いじゃん」

藍子「私、揚げ鶏にします、あと麦茶も」

響子「あ……詫びる気持ちはちゃんと持ってた…」

店員「アリャッシャー!」

325: ◆6RLd267PvQ 22/07/11(月) 00:13:46 ID:mY9z
~~~

~その頃、事務所・昼休み~

P「ぬぁーっ……」ピコピコ

ちひろ「モンハン、良いですねー、新発売のやつですか?」

P「どこをどう見たらそう見えますかねこれが」

ちひろ「え、だって新しいのって携帯機のやつですよね?」

P「ええ、七夕で財布から流れジュエルが飛び立った後なのでPSPでゴッドイーターですとも」ピコピコ

おわれ。

329: ◆6RLd267PvQ 22/07/12(火) 00:08:43 ID:EJw0
高森藍子「職員さーん」

更新します

330: ◆6RLd267PvQ 22/07/12(火) 00:08:56 ID:EJw0
~ショッピングモール・迷子センター~

藍子「職員さん、いないのかな……?ごめんね、ちょっとここで待ってようね」

落ち武者「あいすまぬ……!」ズタボロ

職員さん「おいどうすんだ、アレどう見ても落ち武者だよ」ヒソヒソ

職員B「え~…手のこんだ特殊メイクとかじゃないんですか?忙しいんですから相手にしない方が……」ヒソヒソ

331: ◆6RLd267PvQ 22/07/12(火) 00:09:13 ID:EJw0
藍子「う~ん、ゆるふわ無限力で過去からお侍さんを転移させてみたのはいいけど、やっぱりまだうまく能力を使いこなせないなあ」ミュイーン

職員さん「何か手から宇宙空間みたいの出してるんだけど」ヒソヒソ

職員B「どうせ手のこんだトリックですって、最近は3D技術も発達してるんですから」ヒソヒソ

藍子「プロデューサーさんから借りた戦国無双、実際にどんな人が戦ってたのか気になって、とりあえず戦国時代からお侍さんを取り寄せてみたけど、レアリティがコモン級だったから戻さないと…」

落ち武者「拙者、顧問ではござらぬ」ズタボロ

332: ◆6RLd267PvQ 22/07/12(火) 00:09:31 ID:EJw0
藍子「せめてSRの宇佐美定満さんとか呼んでウサミン星の教育を施してから還したいんだけどなぁ、時代が動くのに……夏休みの自由研究にもなるし…」

職員さん「どうすんだ、上杉軍がウサミン星に滅ぼされるぞ」ヒソヒソ

職員B「ウサミン星?……あー、落花生とかの原産国でしたっけ」ヒソヒソ

333: ◆6RLd267PvQ 22/07/12(火) 00:09:43 ID:EJw0
藍子「迷子センターの職員さーん、いないならいないって返事してくださーい」

職員さん「いないよー!」

職員B「ちょっと」ヒソヒソ

藍子「留守かあ…」シュン

職員B「ウソでしょ」ヒソヒソ

334: ◆6RLd267PvQ 22/07/12(火) 00:10:00 ID:EJw0
職員さん「何となくあの子の扱い方がわかってきた……わかりたくなかったけど」ヒソヒソ

職員B「そうでしょうね」ヒソヒソ

落ち武者「ぐ……拙者、限界が近うござる」ガクッ

藍子「ああ、そう言えば怪我してるんでしたね、見た目からはちょっと分かりづらいですけど」

職員さん「頭に矢とか刺さってるよ、普通に腕とかプランプランしてるよ」ヒソヒソ

335: ◆6RLd267PvQ 22/07/12(火) 00:10:16 ID:EJw0
藍子「やっぱり怪我というからには破裂するくらいはしないとわかりにくくて」

職員さん「人間がそうそう破裂してたまるか」ヒソヒソ

職員B「あぁ…多分あの子の方も頭をケガしてるんですよ、それか暑さにやられたか」ヒソヒソ

職員さん「あ、なるほど、ということはつまり…」ヒソヒソ

職員B「はい、ウチの管轄じゃなく救急の管轄だと思います」ヒソヒソ

職員さん「よーし119番だ」ヒソヒソ

336: ◆6RLd267PvQ 22/07/12(火) 00:10:31 ID:EJw0
職員B「うまく厄介払いできそうですね…」ヒソヒソ

藍子「厄介払いって誰のことでしょう」ヒョコッ

職員さん「それは勿論君たちの……えっ」

職員B「あちゃー…」

藍子「見 つ け ま し た よ」ニコォ

職員さん「ぬぁーっ!!!」ケータイトリダシポパピプペー

職員B「B級ホラーをタダで立ち見した気分ですね…」

337: ◆6RLd267PvQ 22/07/12(火) 00:10:45 ID:EJw0
~~~

~事務所~

ちひろ「…って連絡が来たんですけどこれ大スキャンダルじゃないんですか」

P「誰も信じないからゴシップにもなりませんよ」

おわれ。

345: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 00:09:08 ID:GzwL
吉岡沙紀「トリクロマティック・ナチュレの生命倫理」

更新します。

346: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 00:09:24 ID:GzwL
~北条家・加蓮の部屋~

加蓮「崇めよ」フンス

藍子「タガメ?」

響子「何か加蓮さんがふんぞり返ってる…」

加蓮「今日は生命尊重の日だよ、私生命だから崇めて」

藍子「加蓮ちゃんは生命だったんですね~」

響子「みんなそうですよ」

347: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 00:09:37 ID:GzwL
藍子「でも聞いたことないじゃないですか、破裂したり粒子化しても生き返る生命なんて。クマムシでも死にますよ」

響子「さっきから謎に虫推しですよね」

加蓮「生きてるって素晴らしい事だよ、おかげで明日も明後日もポテトが食べられるからね」

響子「死にますよそんな食生活」

藍子「そう言えば生命で思い出したんですけどこないだ街で孔明のコスプレした人がいたんですよね」

加蓮「藍子が喚んだとかじゃなくて?」

348: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 00:10:38 ID:GzwL
藍子「私が呼び寄せてるの戦国時代からですよ、日本の」

加蓮「何かの手違いでしょ、三國無双と戦国無双がごっちゃになったんだよきっと」

響子「生命倫理に基づいて話をしましょうよ」

加蓮「え~、今更それ言うの?手遅れじゃない?」

藍子「そうですよ、響子ちゃんだって塵芥になった加蓮ちゃんを拾い集めて組み立てるという生命に対する冒涜行為を働いてるんですからね」

349: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 00:10:54 ID:GzwL
響子「やりたくてやれるようになったわけじゃないんですよ」

藍子「などと供述しており…」

加蓮「また破裂する事があったら頼むね、今度は気持ち鼻を高くして貰えると嬉しいかも」

響子「いっそ顔面福笑いにしてあげましょうか」

~~~~

350: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 00:11:07 ID:GzwL
~後日・事務所~

響子「で、その後ホントに破裂して、組み直して1日終わりましたね」

沙紀「ずいぶん前衛的なボケっすね。アーティスティックで、独創的で、最高にエキセントリックっすよ」

響子「あ、スニッカーズのスニリプの時の台詞ですね」

沙紀「おぉ~、流石響子ちゃん、熱烈なまでにアタシに詳しいっすねぇ♪」

351: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 00:11:25 ID:GzwL
響子「これでも大好きなユニット仲間ですからね、まとめwikiなんかに頼らずともこれくらいは知っていますとも」フンス

沙紀「や…そう真っ直ぐに言われると何か照れちゃうな…あ、そうそう、こないだのお仕事で優待券貰ったんすけど、響子ちゃん、いっちょ叫びに行かないっすか?」

響子「良いですね、行きましょ行きましょ!あ、プロデューサーさんもご一緒にどうですか、いい息抜きになると思いますけど!」

沙紀「そうそう、気分転換には、絶叫マシーンが一番っす!思いっきり叫べば、嫌なことも吹っ飛ぶから!」

P「いや、水を差すのも悪いし遠慮しておくよ、今回はな。また誘ってくれ」

352: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 00:11:40 ID:GzwL
響子「そうですか?なら仕方ないですね、行きましょ沙紀さん、何物にも縛られないあのスリルと爽快感が私達を待っています」

沙紀「いや、縛られたくない気持ちはよくわかるけど、安全バーはちゃんとつけましょ、安全バーは……」

ガチャリ バタン

P「……ぬぁーっ……」ノビーッ

P「……一番尊重されるべき生命は響子だよなあ……」

おわれ。

356: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 16:15:06 ID:GzwL
no title


五十嵐響子「チャパチャパじゃないんですよ」

久々1日2話更新。

357: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 16:15:24 ID:GzwL
~ステージ上~

響子「何やってるんですか」

加蓮「何って、ライブだけど」

藍子「トリクロマティック・ナチュレのライブですよね」

智香「ライブの応援に呼ばれたのできましたっ☆」

響子「智香さんの純真な心が痛い」

358: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 16:15:40 ID:GzwL
藍子「法子ちゃんでも良いんですけどね、何なら」

加蓮「そだね、法子ちゃんなら髪の色も近いか」

響子「他の人巻き込むのやめましょうよ」

~~~

~事務所~

P「おかしい……実におかしい」

ちひろ「ひぃふぅみぃ」ペラペラ

P「何故だ……何故加蓮だけがお迎えできなかったんだ……?アレだけ課金したと言うのに……わりと他のガシャは勝てていると言うのに……」

359: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 16:15:54 ID:GzwL
ちひろ「いやぁ、定期収入があるって助かりますねぇ」チッヒッヒ

P「鬼か悪魔でいらっしゃる?」

ちひろ「嫌ですね、人聞きの悪い、誰が悪魔ですか誰が」

P「いやぁ、絶対アクマイト光線で死ぬタイプのキャラでしょ、一撃必殺でしょ」

ちひろ「これはたまたま買った宝くじが当たったからで、ガシャの収入とかじゃありませんよ」

P「何だ宝くじか……」

360: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 16:16:07 ID:GzwL
ちひろ「ガシャの収入は別にあります」ペラペラ

P「ぬぁーっ!!!」グスッ…エグッ……ヒッック!!!

361: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 16:16:20 ID:GzwL
ちひろ「な、何もそんな号泣しなくても……」

P「それだけアコギな商売してるんですよ!!!!!」

ちひろ「でも智香ちゃんは来てくれたじゃないですか、ちゃんとそちらにも見返りはあるって事ですよ」

P「お金を払っても商品を出さない商売しながらよく言えるな」

362: ◆6RLd267PvQ 22/07/13(水) 16:16:30 ID:GzwL
ちひろ「是非智香ちゃんにエールを貰ってどんどん回してくださいね、経済を」

P「俺が善人じゃなかったらアンタ2、3回刺されてますよ」

ちひろ「善人は自分のこと善人って言いませんけどね」

おわれ。

364: ◆6RLd267PvQ 22/07/14(木) 00:19:46 ID:s4Ha
龍崎薫「トリクロマティック・ナチュレとせんせぇのお弁当!」

更新します。スマホ落としてカバーガラスにヒビが…w

365: ◆6RLd267PvQ 22/07/14(木) 00:20:02 ID:s4Ha
響子「やさしさにーつつまれたならー」

加蓮「包まれてるじゃん」

藍子「優しさには定評ありますよ私」

響子「集団リンチなんですよ」

366: ◆6RLd267PvQ 22/07/14(木) 00:20:16 ID:s4Ha
~女子寮・キッチン~

薫「せんせぇがね、お仕事いそがしくてちゃんとごはん食べれてないんだって!」

響子「それはいけませんね…由々しき事態と言うやつです」フム

薫「ゆゆしき?」

藍子「そのままにしておくと危ないですよ、って意味の言葉です」

薫「あぶない……せんせぇのキケンがあぶない!!助けなきゃ!!」ワタワタ

響子「藍子ちゃん!」

367: ◆6RLd267PvQ 22/07/14(木) 00:20:31 ID:s4Ha
藍子「先に由々しき事態って言ったの響子ちゃんですよ、5つ前の台詞を読み返してください」

響子「メタ発言も控えて欲しいんですけど!!」

加蓮「もー、るっさいなー……せっかくあと少しでフルコンボいけたのに、1ミスしちゃったじゃん」

響子「よくまぁこの状況で平然とデレステ叩けますね」

薫「どうしよ……せんせぇ、あぶないの…?いのちは助かるかなぁ」ガタガタ

藍子「大丈夫ですよ、全部響子ちゃんがどうにかしてくれるので」ニッコリ

368: ◆6RLd267PvQ 22/07/14(木) 00:20:47 ID:s4Ha
薫「きょうこお姉ちゃん、せんせぇのいのちを助けて!かおる、がんばってお手伝いするからっ!」

加蓮「ここまで言わせたんだから響子、理解ってるよね」

藍子「さあ見せて貰いますよ……響子ちゃんの【腕前】ってやつを…」

響子「後方審査員面やめて貰えません?」

~~~

369: ◆6RLd267PvQ 22/07/14(木) 00:21:02 ID:s4Ha
響子「と言っても、今すぐ本当に命が危ないとかはないと思うんですよ、それならちひろさんや清良さんが黙ってませんからね」ジュー…

薫「あ、そっかぁ!きよらさん、かんごしさんだもんね!あいお姉ちゃんやありすちゃんもきづくかも!ふたりとも、すごく頭いいし」

響子「そうそう、皆が見てるんです、特別なことをする必要は……よっと」クルンッ

薫「わー!フライパンのごはんがくるんって!すごーい!かおるのママみたい!」

響子「それほどでも♪後は……ブロッコリーを添えて彩りをよくしましょうか」

370: ◆6RLd267PvQ 22/07/14(木) 00:21:19 ID:s4Ha
薫「かおるブロッコリーすき!にがくないもんね!」

響子「薫ちゃんは偉いですねー♪」

薫「んと、それじゃあかおる、何しよう?」

響子「じゃあ今からブロッコリーを茹でるので、薫ちゃんには火の番をしてもらおうかな」

薫「火のばん!ママのお手伝いでやるよ!かおるが火をつかう時もあるけど、ママに見てもらうんだー」

藍子「………こういうの何て言うんでしたっけ」

加蓮「疎外感?」

371: ◆6RLd267PvQ 22/07/14(木) 00:21:33 ID:s4Ha
藍子「私達、今回出る幕がないですよね」

加蓮「まぁ、台所に入っても邪魔になるしね」

響子「よしっと、オムライス弁当の完成です!」

薫「おいしそー!かおるも食べたいなあ」

響子「ちゃーんとチキンライスは多めに作ってますよ。プロデューサーさんに届けてから、あたため直して卵を載せましょうね」

薫「かおる、たまごのせるやつやりたい!あいお姉ちゃんといっしょにやったことある!」

372: ◆6RLd267PvQ 22/07/14(木) 00:21:45 ID:s4Ha
響子「じゃあ後で、私がちゃんと見守るので、一緒に頑張ろうね♪」

薫「はーい!がんばりまー!」

藍子「平和に終わりましたね…今回」

加蓮「ぬぁーっがなかったからね」

藍子「あ、今ので1カウントにしましょう」

加蓮「ノルマ制なのこれ」

おわれ。

377: ◆6RLd267PvQ 22/07/15(金) 01:15:27 ID:FZwa
~事務所~

紗南「突然だけどちょっとした息抜きしない?」

P「息抜き…良いだろう、俺のテクニックを見せてやるぞ」ポキポキ

紗南「ふふっ、そう簡単にあたしを攻略できると思わないことだね……じゃあ、いくよっ!」

P「よっ!このっ!」カチカチ

紗南「ぬっ、やるね……!」ピコピコ

P「お前にこてんぱんにされてから俺も練習してきたからな…!」カチカチカチカチ

378: ◆6RLd267PvQ 22/07/15(金) 01:15:57 ID:FZwa
紗南「……でも、まだまだぬるいっ!この一撃で…!今だっ!思い出ボム発射!!!」チュドーン!!!

P「だーっ!!!俺の育てたアイドルがぁーっ!!!」ドカーン!!!

紗南「…ふ、10年早いんだよね」

P「くっそぉ……もっぺん勝負だ、次は俺本気出すからな、このゲームの最強キャラ使ってやる…」カチカチ

ゲーム画面『ヘーイ!!!エヴリワン!!!』

紗南「ほう?ならあたしは敢えてこの子で勝負だ!」ピローン

379: ◆6RLd267PvQ 22/07/15(金) 01:34:00 ID:FZwa
ゲーム画面『大丈夫、あなたが育てたアイドルだよ』

P「馬鹿な、そのキャラの性能は…一コンボでも貰えば体力消し飛ぶぞ!」カチカチ

紗南「逆境こそがチャンスでしょ?ほらほらやるよっ」ピコピコ

P「よし、ここは必殺のカポエイラコンボで」カチカチ

Pのキャラ『学んだのよ!密林で!!』カポエイラ!!

紗南「何の!幽体離脱でスカす!」ピコピコ

紗南のキャラのサポートキャラ『加蓮が果てた~!!!』モッフモフ

P「げっ、そいつそんな事できたのか!?」

380: ◆6RLd267PvQ 22/07/15(金) 01:34:18 ID:FZwa
紗南「相手の意表を突くのは勝利の基本!この勝負、貰ったー!!!」ドカーン!!

Pのキャラ『ダンスの中に垣間見える武の匂い…やっぱり只者ではなかったわね』スタスタ

P「どこいくねーん!!」

紗南「あー、このキャラ負けても倒れないんだよね、海の向こうに旅立つんだよ」

P「成程……流石に世界レベルともなると一敗地に塗れる事もないのか…」

381: ◆6RLd267PvQ 22/07/15(金) 01:34:35 ID:FZwa
紗南「じゃあ次はあたし藍子さんにしよー♪」

P「げ、反射でハメる気だなお前……ならこっちは響子使うもんね、壁を貫通する『強火』スキルもあるしな」

ちひろ「はいはい、そこまでです、ストーップ」パンパン

P「……あれ、もう昼休み終わってた?」

紗南「げ、お仕事の時間ぎりぎりじゃん」

ちひろ「まだ間に合いますから二人とも急いで片付けて下さいね、今日はファミ魂のインタビューでもうすぐ記者さん来るんですから」

紗南「記者さんって善澤さんでしょ?あの人ならちょっとくらい散らかってても…」

382: ◆6RLd267PvQ 22/07/15(金) 01:34:55 ID:FZwa
P「や、親しき仲にも礼儀ありだ、さっさと片付けるぞ、ほら」ガチャガチャ

紗南「はーい。やっぱり一時間の昼休みじゃ物足りないよねー」ガサガサ

ちひろ「…そう言えば今回はついに出番がなかったですね、あの三人」

P「ああ、アイツらなら企画でひろしの挑戦状やってます」

ちひろ「あの臭ゲーですか……靴下の弾幕が凄いんですよね、アレ…」

紗南「千歳飴で救いのヒーロー召喚できるんだよね、お助け料めちゃめちゃ高いけど…」

~~~

383: ◆6RLd267PvQ 22/07/15(金) 01:35:27 ID:FZwa


~収録ブース~

加蓮「このヒーロー何かしたっけ」ピコピコ

藍子「全く役に立ちませんね、寝返りましたし」

画面『私は常に強いものの味方だ』

響子「とりあえずその豚さんからトドメをさすといいと思います」

加蓮「同感」

藍子「珍しく気が合いますね」

384: ◆6RLd267PvQ 22/07/15(金) 01:35:45 ID:FZwa
画面『何だと!?私を裏切るのかこの豚野郎!!!』ブーブー!!!

画面『待て、やめろ、よさないか、やめるんだ!!』

画面『ぬぁーっ!!!』ドカーン

加蓮「よし」

藍子「これで…」

響子「お掃除完了ですね!」

ディレクター「スマセーン それ味方倒しただけなのでラスボス倒すまで終われませーん」

加蓮「……」

藍子「クソゲーですね」

響子「藍子ちゃん」

おわれ。

395: ◆6RLd267PvQ 22/07/16(土) 00:07:27 ID:FRL5
白菊ほたる「とろ」モバP「トロ」


もはやトとロしかあってないとりくろシリーズ最新話。

396: ◆6RLd267PvQ 22/07/16(土) 00:07:46 ID:FRL5
~加蓮の部屋~

加蓮「スカルプチャーがスクエアーでシャイニングだから夏はこの色がいいよ、ネイル」

響子「あ、ネイルの話してたんですね今の」

藍子「爪かぁ」

加蓮「そうそう、キューティクルリッパーがCカーブでコリンスキーもエメリーボードだよ、だからこの色」

響子「さては詳しくないですね」

397: ◆6RLd267PvQ 22/07/16(土) 00:08:03 ID:FRL5
加蓮「バカな事言わないでほしいな、私トリクロのビジュアル担当だよ?趣味ネイルだよ?ほら見て、この鮮やかな虹色のネイル」ドヨーン

藍子「わぁ、真っ黒!」パァァァ

響子「虹も全色混ぜたら黒になるんですよ」ハァ…

加蓮「芸は身を助けるって言うし、仮に私がアイドル引退したとしてもこれで食べていけるからね」フンス

藍子「ポテトならお値打ちですしね」

響子「300円弱しか稼げないって事になりますよね」

加蓮「300円」サラサラァ

響子「そのくだりはもういいですから」

~~~

398: ◆6RLd267PvQ 22/07/16(土) 00:12:23 ID:qOW3
~高級寿司屋~

ほたる「い、いいんですか、私なんかがこんな高そうなお店……」

P「何言ってんだ、お前が襲われたお爺さんを守って勇敢に取り抑えたって訊いた時は肝が冷えたんだからな俺は……」

茄子「そうですねぇ、たまたま偶然にも私が通りかかって、そしたら暴漢さんの頭の上にうえきちゃんがクリーンヒットしましたもん、お手柄ですよ、ほたるちゃん、いい子いい子」ナデナデ

ほたる「か、茄子さんっ、嬉しいけどい、今は…恥ずかしいので…」

399: ◆6RLd267PvQ 22/07/16(土) 06:21:34 ID:FRL5
P「そんでその助けたお爺さんがまさかの大富豪で、お金なんか受け取れないです!ってなって、最終的に寿司屋でタダ食いできるように一筆したためてくれたんだから、しっかり味わって食わないと罰が当たるぞ」

ほたる「ば、バチが当たるんですか…!?す、すみませんすみません、私の武功のせいで…!」ペコペコ

P「武士かお前は」

大将「で、何にしやしょうか」

400: ◆6RLd267PvQ 22/07/16(土) 06:22:26 ID:FRL5
P「……と言ってもな、何食えばいいかわかんないんだよな……タダとは言え、値段書いてないだろ」

茄子「時価ってやつですかね、私もこんなお店に来るのは初めてですし……回転寿司なら茄子田楽とか頼むんですけどね」

P「もはや寿司ですらないだろそれ」

大将「茄子なら揚げ茄子の美味しいのできますよ、あ、天ぷらがいいですか」

P「できるのかよ」

401: ◆6RLd267PvQ 22/07/16(土) 06:22:52 ID:FRL5
ほたる「多分茄子さんの幸運パワーが作用したんじゃ…」

茄子「さぁてどうでしょうね?じゃ、とりあえず茶碗蒸し下さい♪」

P「ほんで頼まないのかよ茄子天」

茄子「だって、ただなすがままに幸運の導く通りに食べるのって、逆に不自由じゃないですか」

P「そういうもんかね……なら大将、俺が茄子天貰っとくよ」

大将「あいよ!…で、そっちのお嬢さんは何にするか決まったかい、茄子、揚げようか?」

ほたる「あ…いえ、私がいる部屋で私が注文したものに油を使うのは…その、危ないので……」

P「賢明な判断」

402: ◆6RLd267PvQ 22/07/16(土) 15:12:30 ID:FRL5
茄子「それならプロデューサーさんがほたるちゃんに茄子天を分けてあげればいいんじゃないですか?」

P「ああ、それなら多分少なくとも油で事故にはならないだろ…どういう理屈かはわからんが」

ほたる「いえ、でも私……その」

大将「お、何か食べたいものがあったかい?遠慮なく何でも言ってみな、握ってあげるから」

P「そうだぞ、元はと言えばお前きっかけなんだから」

ほたる「…よし、それじゃ、贅沢を…します…!」フンス

茄子「お、ほたるちゃんに火が付きましたね!」

ほたる「火!?油に火が!?」ワタワタ

茄子「あああ、違います違います、そうじゃなくてっ」

P「つくづくほたるの面倒見がいいなあ茄子は……」

403: ◆6RLd267PvQ 22/07/16(土) 15:12:55 ID:FRL5
ほたる「……では、その……中トロを、おねがいします」

P「中トロか……」

茄子「こんな立派なお店の中トロ……」

大将「口の中スッキリするよ、キレがよくてねえ」ニギニギ

ほたる「ですよね……大トロも美味しいですけど……中トロ……楽しみです……」キラキラ

P「おお、ほたるが輝いて見えるな…」

茄子「幸せの絶頂って感じですね……」

P(そう、確かにその時点では幸せの絶頂であったと思う、だが俺達は少しだけ油断をしていたんだ)

404: ◆6RLd267PvQ 22/07/16(土) 15:13:18 ID:FRL5
大将「へいトローチおまち!!」ダンッ

ほたる「」

茄子「まぁ!」

P「おおぅ……シャリに……トローチが…」

大将「……あれ?何で俺はこんなもん握っちまったんだ…?確かに新鮮な脂ののった中トロを……」

405: ◆6RLd267PvQ 22/07/16(土) 15:14:46 ID:qOW3
ほたる「そう言えばボーカルレッスンで喉がイガイガしてたんですよね……あの、ありがとうございます……いただきます」ニッコリモグモグ

茄子「あっ……ほたるちゃん、良ければ私が中トロを頼んで……」

ハイライトオフほたる「茄子さんは茄子さんの好きなものを食べてください♪わあ、トローチなんて久しぶりだやあ…」スーッ…

男泣きP「ぬぁーっ!!!」ダバァ!!!ボロッボロッ……

大将「くっ、面目ないったらねえや……お嬢さん、もう一度、もう一度チャンスをくれぃ…!」グズッ…ズビーッ!

ほたる「トローチは美味しいですねえ…」ボヤーン

P(その瞳は、まるで虹の七色をすべてぶち撒けて混ぜた時のように濁っていた…)

おわれ。

409: ◆6RLd267PvQ 22/07/17(日) 00:09:09 ID:pAn3
高森藍子「トリクロマティック・ナチュレの水商売」

更新。

410: ◆6RLd267PvQ 22/07/17(日) 00:09:31 ID:pAn3
藍子「この浄水器は凄いんですよ、これから出てくるお水を飲むだけで身体の細胞が活性化して肉体が若返り不老不死になるという……」

響子「そんな浄水器あったらフリーザ様が黙ってないと思うんですよね」

加蓮「……」グビッ

藍子「どうですか加蓮ちゃん、お水の味は!」

加蓮「消毒臭い」

~~~~

411: ◆6RLd267PvQ 22/07/17(日) 00:09:46 ID:pAn3
~事務所~

響子「って事が先日ありまして、クーリング・オフで返品したんですよ」

加蓮「巴ちゃんとこの名前出したら一発だったね」

P「それは本当にクーリング・オフなのか?」

藍子「いやぁ、持つべきものはスミの入った黒服さんを従えたお友達ですね」ズズー

P「お前もあっさり騙されるんじゃないよ…」

412: ◆6RLd267PvQ 22/07/17(日) 00:10:06 ID:pAn3
藍子「次は人体に有毒な農薬を削ぎ落とす野菜用洗剤か磁気ペンダントのどちらかにしときます、会員なので安くなると思いますし」

P「まずお前がその店から足洗え」

加蓮「これはまた…」

響子「黒服さん達の力を借りるしかありませんねぇ…穏便に済ませたいんですけれど」

P「というか、ホントにスミなんか入ってたのか、黒服さん達」

藍子「シンデレラガールズ劇場1494話を参照してください」ポリポリ

P「呑気に芋けんぴ食ってる場合かお前は……」

響子「危機感が足りてない……」

413: ◆6RLd267PvQ 22/07/17(日) 00:10:22 ID:pAn3
P「まぁ、あんまりダーティな話を続けてもアレだ、他の話題に切り替えようじゃないか」

加蓮「他の話ね……そう言えば気になってたんだけど、ほたるちゃんからトローチ貰ったよ私」

響子「あ、私も貰いました」

藍子「喉に気を使えって警告ですかね」

P「そこもあんまり触れてほしくない話題だなあ……」

~~~

414: ◆6RLd267PvQ 22/07/17(日) 00:10:42 ID:pAn3
~高級寿司屋~

大将「いやぁ、こないだは本当にすまなかったね、今回こそはと思ってあらかじめ握って詰めといたよ、トロ三昧だ」

ほたる「わわっ、今度は本当にトロのお寿司です…!」

大将「大トロ中トロビントロネギトロとろサーモントロハマチ、オマケで漬けも入れといたよ」

茄子「今日はほたるちゃんが来る前から私がお店で待機してちゃーんと握るところを見ていましたので、後はほたるちゃんが食べるだけ、ですよ~」

ほたる「じゃ、じゃあ…あの、茄子さん、良かったら、これ、一緒に食べましょう……私だけじゃ、その、色々不安なので…」

茄子「喜んでいただきます♪あ、でも中トロはちゃんとほたるちゃんが食べるんですよ?」

ほたる「は、はい…!」

~~~~

415: ◆6RLd267PvQ 22/07/17(日) 00:11:00 ID:pAn3
~後日・事務所~

ほたる「朋さん、ここのお寿司屋さん本当に凄いんですよ、私がお寿司食べても何も起きなくて…!」

朋「苦労してきたのね…よしよし、今度はあたしとも一緒に食べに行こうね…」

藍子「ダメですよほたるちゃん、朋さん」ズイッ

朋「へ?ダメって…?」

藍子「そうやって上手い話で擦り寄ってくる人ほど信用したら危ないんです、気が付かないうちに危ない商売の片棒を担がされ」

P「ぬぁーっ!!!」ガバァ

416: ◆6RLd267PvQ 22/07/17(日) 00:11:12 ID:pAn3
さるぐつわ藍子「もがが」

P「気にしなくて大丈夫だからな、な?」ニコォ

響子「そうですよ、二人の場合上手い話でなく旨い話ですしね♪」ニコォ

P「さーあっち行こうなー藍子なー」ズリズリ

響子「同郷のほたるちゃんを貶したらどうなるか、たーっぷりと教育してあげますからねー」ズリズリ

朋「…何だったのかしら、今の」

ほたる「さ、さぁ…」

おわれ。

420: 名無しさん@おーぷん 22/07/17(日) 10:45:21 ID:sBad
みりあ「みりあのお胸、75cmあるんだよーっ!」

晴「74もあんだけど、うっとうしいわ」

聖「82……おっきい……」

くるみ「く、くるみ馬鹿だから、自分のお胸のサイズがわかんないのぉ……」

蘭子「東芝の短距離地対空誘導弾!(81cmです!)」

颯「82だよっ!」

美羽「これでも80ありまから、はーと」

七海「78あるのれす」

裕美「私も……」

むつみ「同じく78ですよ」



亜子「さくらでも75あるからなぁ」

さくら「えへへ~」

泉「ちょ、ちょっと……」



?「どーせ」シクシク

421: ◆6RLd267PvQ 22/07/18(月) 10:43:01 ID:Ian8
北条加蓮「トリクロマティック・ナチュレと海の日」

更新

422: ◆6RLd267PvQ 22/07/18(月) 10:43:24 ID:Ian8
~海水浴場~

藍子「海の水って何でしょっぱいんでしょうね」

加蓮「何でって、そういうモンなんじゃないの?」

響子「海の近くだと塩が採れるとかは聞いたことありますね、詳しくは知りませんけど」

藍子「やっぱり海中で用を足す人が多いからなんじゃないでしょうか」

響子「だとしたらどれだけ出すんですか」

響子「とにかくほら、せっかくの海、ビーチなんですから泳ぎましょうよ、日焼け止めもバッチリ塗りましたし」

423: ◆6RLd267PvQ 22/07/18(月) 10:44:40 ID:Ian8
加蓮「悪いけど二人で行ってきてよ、私ポテポテの実の能力者だから海に嫌われてカナヅチなんだ」

藍子「海の家でたっぷり食べてましたからねぇ」

響子「……一瞬本当かと思っちゃった」

加蓮「あー、でも藍子の場合まずいか、藍子は東京湾じゃないと」

藍子「私がドラム缶だとしたら加蓮ちゃんを抱えて海に沈みますね」

響子「そんなしょーもない理由で心中とかやめてくれませんかね、私達遊びに来たんですよ」

424: ◆6RLd267PvQ 22/07/18(月) 10:45:58 ID:SZex
藍子「いいですよ、別にドラム缶でも。知ってます?ドラムカンから3文字抜いて別の3文字を足すとドラえもんになるんですよ」

加蓮「ああ、だからネジが一個抜けてるんだ」

響子「ちょっと私泳いできますね」ザッザッ

藍子加蓮「「ああっ、待って待って」」

響子「二人ともかまってちゃんなんですか、もう……」

425: ◆6RLd267PvQ 22/07/18(月) 10:46:27 ID:SZex
~波打ち際~

加蓮「あ、魚」

魚「ピッチピチ」

響子「打ち上げられちゃったんですかね」

藍子「海に返すか土に還すかの2択ですね」

加蓮「いや、響子いるし焼くか煮るかの2択だよ」

響子「まず食べられるお魚かもわからないですからね?」

426: ◆6RLd267PvQ 22/07/18(月) 10:46:47 ID:SZex
加蓮「何で?魚じゃん」

藍子「そうですよ、無人島ロケとかでよく食料確保とかで釣るじゃないですか」

響子「アレは…一応見守る人がいますから……番組の企画とか広報的にはいない体なだけで……」

加蓮「でも幸子は?」

藍子「ありすちゃん達はヘビ食べてましたよ?」

響子「そこを引き合いに出すのは反則なんですよ」

427: ◆6RLd267PvQ 22/07/18(月) 17:49:02 ID:Ian8
藍子「そっかあ、もしかしたら毒があるお魚かもしれないし、体に悪いものを食べている可能性だってありますよね…」

響子「珍しく物わかりが良いじゃないですか」

藍子「それは、私だって日々進歩してるんです、昨日までの私じゃないんですよ」エッヘン

響子「おお……何だか感動の涙が…我が子を見守る母親の気持ちになるですよ…」グスン

加蓮「響子、むしろ幼児退行してるからそれ」

428: ◆6RLd267PvQ 22/07/18(月) 17:49:39 ID:Ian8
藍子「まずはこの海の水を浄水器にかけて濾過するところからですね!任せてください、さあこの海岸の総額はおいくらですか!?」

響子「」スンッ

加蓮「すん…って真顔になった」

響子「」クイクイ

藍子「?」

加蓮「響子がやめましょうねって最期の力を振り絞って言ってるけど」

藍子「響子ちゃんの充電器も探さないとダメでしょうか」

加蓮「響子って何なの」

藍子「さあ」

魚「ピッチピチ」

ぬぁわれ。

432: ◆6RLd267PvQ 22/07/19(火) 01:32:40 ID:nnYY
五十嵐響子「トリクロマティック・ナチュレと知育菓子チャレンジ」

更新。

433: ◆6RLd267PvQ 22/07/19(火) 01:33:04 ID:nnYY
~事務所・配信動画撮影中~

響子「はい、ということで本日は知育菓子の日!懐かしいお菓子がズラリ勢ぞろいしています!」

加蓮「へー、子供の頃こんなの食べてたんだ、みんなは」

藍子「加蓮ちゃんは病院食でしたからね、今日はそんな加蓮ちゃんへの紹介も兼ねて、色んなお菓子をみんなで食べていきたいと思いますよ」

加蓮「あ、でもこれとか病院の売店にあったな、懐かしいな~、どうぶつビスケット」

響子「バターの風味が豊かで、食べてると止まらなくなるんですよね、どうぶつの形のビスケットに英語でどうぶつの名前が書いてあるのでお勉強にもなるというすぐれものです!」

434: ◆6RLd267PvQ 22/07/19(火) 01:33:18 ID:nnYY
藍子「豊かなぬくもり溢れ♪」

加蓮「あ、ピンキージョーンズ」

藍子「豊かなぬくもり溢れ♪」

響子「…ん?」

藍子「豊かなぬくもり溢れぇ~え、高森藍子!」

響子「歌詞を忘れたんですね」

加蓮「自己アピールがすごい」

~~~

435: ◆6RLd267PvQ 22/07/19(火) 09:30:11 ID:nnYY
藍子「クセになりますねこれ」ポリポリ

加蓮「これは……ダッグ、犬だね」ポリポリ

藍子「発音が忠実ですねー」

加蓮「TVでその手の番組とかも見境なく見てたからね、暇だったし昔は」ポリポリ

響子「どうぶつビスケット、美味しいのはわかりますけど……延々と食べてると次のお菓子に行けないんですよね…」

加蓮「私達これ食べるから次のやつ紹介しなよ」

藍子「響子ちゃんの分は代わりに食べますから」

響子「…帰りにスーパーで買います」

436: ◆6RLd267PvQ 22/07/19(火) 09:30:38 ID:nnYY
響子「では、次はこれ、ねるねるねるねです!これは有名ですよね、弟達がよく食べていましたし」

加蓮「睡眠導入剤なの?」

響子「寝るじゃなく練るんですよ」

藍子「もう作り方とかすっかり忘れてますね、これ」

響子「まあ、買うのにも少し勇気がいりますからね、子供向けの知育菓子って」

加蓮「何々、作り方は……この容器に水を入れるのか、なるほどね」

響子「トレイに1番の粉を入れたら、水を入れまして…すると、かき混ぜるうちに色が変わっていくんですよ、楽しいでしょう?」

藍子「ちょっと待ってください」

響子「藍子ちゃん?どうかしましたか?」

437: ◆6RLd267PvQ 22/07/19(火) 09:31:03 ID:nnYY
藍子「それで響子ちゃんは満足なんですか?」

響子「……へ?」

藍子「ただ与えられた手順通りに工程をこなしてお菓子を作り上げる……確かに知育菓子のあるべき姿だと思いますよ、ですが」

藍子「あくまでソレは小さなお子さんの話です。私達、もう高校1年なんですよ」

響子「!」

藍子「…革命、起こしてみませんか、ねるねるねるねに」

加蓮「…何かよくない流れな気がする」

響子「なるほど…そうですね、確かに……お料理も最初は忠実にレシピを守って作りますが、最終的には自ら味付けを切り開いていかなきゃいけないんです」

響子「わかりました、不安ではありますが、その提案、受けて立ちましょう」

加蓮「あー…響子がそっちに行ったかー」

438: ◆6RLd267PvQ 22/07/19(火) 16:57:29 ID:nnYY
藍子「とにかく粉の色を変えればいいんですよね、お醤油とかいいんじゃないでしょうか」

響子「でもそれだと塩分が……ここは練り物なんですし、彩りも豊かになりますから、練り辛子チューブなど加えてみるのは…」

加蓮「逃ーげよ」スタスタ バタン

藍子「確かに彩りは大事ですね…刺激も欲しいのでデスソースなどいかがでしょうか」

響子「最近はどこのお店も辛いもの推してますからね、アリだと思います!とすると、それに合わせるなら……」

~~~

439: ◆6RLd267PvQ 22/07/19(火) 16:57:50 ID:nnYY
P「へえ、懐かしいな、ねるねるねるねなんてガキの頃食って以来だよ」

響子「是非食べてみてください、新境地に到れることうけあいですから」

藍子「輝きの向こう側へご案内しますよ」

P「そんな大げさな。たかがねるねるねるねだろ?一体どんな味か…」パクッ

P「ぬぶぁばはぁーっ!!!!」ヒギャー!!!

藍子「毒味は失敗ですね」

響子「料理の発展に犠牲は付き物です、あまり気に病んではいけませんよ」

P「水、水はどこだ!!」ジタバタ

藍子「あ、ねるねるねるねに付いてる水用の小さいパックならここに」

P「せめてコップで持ってきてくれ!!」ジタバタ

※無論、配信はお流れになりましたとさ。

おわれ。

442: ◆6RLd267PvQ 22/07/20(水) 00:12:29 ID:DzF8
二宮飛鳥「階下でトリクロマティック・ナチュレの二人が騒がしいな…」

更新します。ほぼトリクロは出ません。

443: ◆6RLd267PvQ 22/07/20(水) 00:12:44 ID:DzF8
~事務所~

藍子「志乃さん志乃さん、今日は何飲まれてるんですか?」

志乃「いい質問ね……今日の気分は透き通る白……即ち、ノンアルコールウォーターよ…」グビッ

藍子「ノンアルコールウォーター、凄いですね!ノンアルコールなのにウォーターですからね!憧れるなあ」

響子「水ならありますよ」

藍子「水じゃダメですよ、ノンアルコールじゃないと」

響子「藍子ちゃんちの水道はビールサーバーか何かなんですかね」

444: ◆6RLd267PvQ 22/07/20(水) 00:13:09 ID:DzF8
~~~

~うどん屋~

P「さて、ちゃっちゃと啜って仕事の続きだな」

加蓮「この暑いのによくうどん屋さんなんて入るよね、まぁ、嫌いじゃないけどさ」

肇「何だかすみません、私までご馳走になるなんて」

飛鳥「と言うより、随分と懐かしい顔ぶれだな…交わらざりし運命の二度目の交錯……と言うわけか」

肇「ふふっ、何だかこうして顔を揃えるのも久しぶりですよね、私達」

加蓮「レッスン日でスタジオに来てた肇と、事務所で雑誌読んでた私と、この暑いのにわざわざ屋上で黄昏れてた飛鳥かぁ…」

飛鳥「わざわざ振り返らないで貰いたいね、人が何処で何をしようと、個人の勝手というものだろう、論って何になると言うんだ、ナンセンス極まりないね」アセアセ

P「うん、論って熱中症を防ぐことはできるな、説教してもいいかアイドル」

445: ◆6RLd267PvQ 22/07/20(水) 11:48:38 ID:DzF8
飛鳥「む……ボクだって本来なら明るい場所を好ましく思ったりはしないが、不可抗力というヤツだったんだ……静謐を好むボクに、事務所のあの喧騒は相応しくない、そうだろう」

肇「志乃さんと藍子ちゃんと響子ちゃんがいたそうです」

P「あ~……なら仕方ないか……でもせめて蘭子を見倣って日傘くらいはだな……」

飛鳥「次があればそうするさ…できればもう勘弁願いたいが……」

加蓮「志乃さんはわからないけど、響子と藍子の二人は無理なんじゃないかな、シリーズ名的に…」

P「何をお前も常識人面してんだよ」

加蓮「今日ははっちゃける空気でもないし、疲れるからやんないよ」

P「雑な奴……」

446: ◆6RLd267PvQ 22/07/20(水) 11:49:05 ID:DzF8
店員「お待たせしました、かけうどんときつねうどん、海老天うどんと月見うどん、それといなり寿司です」

肇「あ、きつねうどんといなり寿司、私です」

飛鳥「油揚げが重複しているじゃないか……ボクは月見だね」

P「かけは俺だな」

加蓮「で、海老天が私ね、ご馳走さま♪」

P「一番高い海老天うどんを遠慮もなくノータイムで選んだのはこの女」

加蓮「うん、やっぱ揚げ物入ってるとジャンク感出るよね、天かすとちくわ天と野菜のかき揚げも欲しかったかな~」

P「汁気が滅びるぞ」

加蓮「【魚が滅びるぞ】みたいに言わないでよ」

447: ◆6RLd267PvQ 22/07/20(水) 11:49:22 ID:DzF8
飛鳥「フ…何だい、その物騒なフレーズは」

加蓮「いや、この前公園の池でばったり美希と会ってさ、私あの子とはネイル仲間なんだけど」

肇「ああ、そう言えば、お二人とも趣味がネイルでしたね」

加蓮「話してみたら結構気が合ってさ、少し似てるのかな、私達」

P(まぁ、不真面目そうに見えてやる時は自分を顧みないトコが似てるっちゃ似てるのかな…不惜身命と言うか…)

加蓮「確かあの時は……」

~~~

448: ◆6RLd267PvQ 22/07/20(水) 20:05:56 ID:DzF8
~カモ先生のいる公園~

加蓮「え、ポテトを池に?」

美希「うん、カモ先生にあげようと思ったの! そうしたらハニーがね」

ハニー『魚が滅びるぞ』

美希「って。そんなことないって思うなー」

加蓮「ポテトだし、大丈夫でしょ」

美希「だよねー?」

P「ぬぁーっ!!!!」ブンドルブンドルー!!!

加蓮「あ、ブンドル団だ」

美希「レシピッピを盗むのはよくないって思うな」

P「よくないのはお前らの倫理観だよ」

449: ◆6RLd267PvQ 22/07/20(水) 20:06:16 ID:DzF8
~~~

加蓮「って感じで」

P「環境破壊を未然に防いだんだよな、俺は…」

肇「加蓮さん、ダメですよ、油ものを池に投げ込むのは不法投棄ですし、何より中の魚が」

加蓮「わかってるって、面白かったからちょっと悪ノリしてみただけだってば、ねえ?」

P「そこで俺に同意を求めるなよ、と言うか、今日ははっちゃける空気じゃないとかどの口で言ったんだ」

加蓮「この口だけど?」ズズー

肇「何と言うか、芯がブレないですね、加蓮さんは……飛鳥ちゃん?」

飛鳥「……ああ、何かな」

肇「いえ、箸が進んでないみたいでしたから……もしかして、食欲が無かったり…」

加蓮「ダメだよ、いつもブロック栄養食ばっか食べてるから。体に悪いって言ってるでしょ」

飛鳥「キミにだけは言われたくないんだけどね」

P「何だ、猫舌か?麺が伸びるぞ」

450: ◆6RLd267PvQ 22/07/20(水) 20:06:53 ID:DzF8
飛鳥「猫舌はボクではなく雪美だろう、そうではないんだ、今日は『月面着陸の日』だと言うから、敢えてカレンダーに踊らされるのも一興かと月見うどんを選んでみたわけだが…」

加蓮「あ、ここで日付ネタなんだ」

肇「全然気付きませんでしたね…」

P「猫舌じゃないならサッサと食べりゃいいだろに」

飛鳥「…待ってくれ、キミ達は疑問に思わないのか、これは『月見うどん』なんだぞ…」

加蓮「疑問?」

肇「何か、気になる部分でもあるのでしょうか……一見して、普通の卵が乗っているだけですけど…」

P「オーソドックスな月見うどんだよな」

飛鳥「……卵を載せて月見と銘打つのなら、この卵を崩した先にあるのは月面崩壊じゃないか……そして卵を崩さずに食べる事もまたこの出汁の海から月と言う衛星を消し去る事を意味する……いくら暗闇を好むボクとは言
え……あまりに重すぎる選択だ……!世界線の数値を変えてしまいかねない程にね……」

P「俺仕事あるから勘定払っとくよ」

加蓮「肇、海老天1個余ったんだけど食べる?」

肇「あ、はい、いただきます。…ん~♪」ハムッ

飛鳥「ボクと言う存在をも消し去るつもりか!?」

P「まず月見うどんを選んだのはお前自身なんだよ、選択に責任を持て」

451: ◆6RLd267PvQ 22/07/21(木) 02:42:44 ID:ZBeG
飛鳥「ぐ……!そうか、確かにそうだ……己の選択が、時に世界をも壊してしまうのだと云うことを、ボクは身を以て知っている筈だというのに…何てバカな事を…!」

加蓮「肇、あの生卵も食べちゃいなよ」

肇「いえ、もう白身が若干煮えてます、生卵ではなく半熟卵なのでは」

飛鳥「うぁーっ!!!」ズズズー!!!

加蓮「あ、食べた」

肇「美味しいですよね、飛鳥ちゃん、ここのうどん」

飛鳥「…伸びている」

おわれ。

452: ◆6RLd267PvQ 22/07/21(木) 02:45:57 ID:ZBeG
おーぷんの規制で日を跨いでしまったのですぐに次の投下を始めます。多分また規制食らうんだけど……。

お早めに読みたい場合はpixivの方でユーザー名「humming」で検索を。ぷちかれ(ちっこい加蓮)のアイコンが目印ですよ。

ではひとまずお目汚し、失礼をば。

453: ◆6RLd267PvQ 22/07/21(木) 02:47:06 ID:ZBeG
モバP「トリクロマティック・ナチュレと三本の矢」

更新します。

454: ◆6RLd267PvQ 22/07/21(木) 02:47:22 ID:ZBeG
ちひろ「ただいまお得なプランを行っておりまして、今加入していただくと」

P「ギガ使い放題とか言うんじゃないだろうな」

ちひろ「いえ、『ぬぁーっ』の回数制限がなくなります、全台詞ぬぁーっで投稿できますよ」

P「面白いと思うのか」

~~~

455: ◆6RLd267PvQ 22/07/21(木) 10:33:14 ID:ZBeG
~事務所~

藍子「ぬぁーっ!」

加蓮「ぬぁーっ」

響子「やめましょう」

藍子「ぬぁ切れが悪いですね響子ちゃんは」

加蓮「ぬぁリが良くないね」

響子「歯切れとノリをそういう言い方する人この世にいていいと思いますかね」

P「何て言うか……ユニットとしてはバラバラだよなお前らって」ハァ

456: ◆6RLd267PvQ 22/07/21(木) 10:33:38 ID:ZBeG
加蓮「だから今から声を揃えようとしてるんじゃん」

藍子「ですよ、赤信号、みんなでぬぁたれば怖くないんです」

響子「みんな揃って跳ねられるんですよ」

P「あまりにも運転手側が哀れになるから絶対やめろ」

藍子「ぬぁわれになるんですか」

加蓮「ぬぁわれなら仕方ないか」

響子「ぬぁーっ!!!」ダンッ

藍子「タイミング遅いですよ」

加蓮「今更ぬぁわれてもちょっと困るよ」

P「今のはガチのマジでの叫びだからな」

457: ◆6RLd267PvQ 22/07/21(木) 10:34:06 ID:ZBeG
P「いいか、ここに一本割り箸があるだろ」

加蓮「うん」

藍子「余りの割り箸ですね、お弁当屋さんの」

P「これをへし折ってみろ」ハイッ

藍子「えいっ」パキッ

加蓮「おー、きれいに割れたね」

藍子「割り箸はこう、口に咥えて割るとうまく割れますよね」

響子「プロデューサーさん、多分割り箸だとダメだと思いますよ、三矢の教えは…」

458: ◆6RLd267PvQ 22/07/21(木) 16:55:26 ID:ZBeG
藍子「ああ、アレですか、毛利元就さんの。プロデューサーさんから借りた戦国無双で見ました」

P「たまたま貸したゲームに出てたか……なら何で普通に割り箸割ったんだよ」

藍子「勿体ないと思いませんか?」

加蓮「環境破壊だよ、環境破壊」

P「……まあ、確かに……」

響子「言い負かされちゃダメですよ!」

P「だが、冷静に考えてみろ、事務所に矢なんてそう都合よく……」

翠「お疲れさまです、心頭滅却すれば火もまた涼しとは言いますが…まだ修行が足りませんね…」フゥ……

P「あ」

加蓮「お」

藍子「矢」

響子「あっ……」

翠「?」

459: ◆6RLd267PvQ 22/07/21(木) 16:55:53 ID:ZBeG
藍子「すみません、へし折っても構わない矢って貰えたりしませんか?」

加蓮「ちょっと3本くらいボキッとやりたいんだけどさ」

響子「3本なら折っちゃダメなやつですよね?」

翠「なっ……矢を、折る……!?いけません、そのような神をも恐れぬ愚行……祟りがありますよ!」

藍子「大丈夫ですよ、毛利元就さんだってやってるんですから、何なら神社のある島で戦争まで起こしてるんですよね?」

P「俺にふるんじゃない、そこまで歴史に明るいわけじゃないんだぞ」

加蓮「矢を一本くれたら代わりにカニの脚を一本あげるからさぁ」

翠「かに」ジュルリ

響子「釣られないで下さい翠さん、加蓮さんが出せるカニなんてどうせカニカマ止まりに決まっています、コンビニの」

加蓮「コンビニのカニカマだって美味しいじゃん、何なら本物よりカニカマのが好きだって言う人もいるんだよ」

翠「かにかま」ジュルリ

P「カニカマでもいいのかよ、どんだけ安いんだよお前の信仰心」

460: ◆6RLd267PvQ 22/07/21(木) 16:56:14 ID:ZBeG
美由紀「今かにかまとかにを同列にしなかった?」ニュッ

藍子「加蓮ちゃんがやりました」ユビサシ

P「まあ、言ったのは加蓮と響子だな」ユビサシ

加蓮「えっ」

響子「私は指摘しただけですが!??」

翠「かにかま…」

美由紀「それじゃみゆきの実家に来る?むきむきし放題だよ、かにもみぐるみも。網走の近くなんだけどねっ♪」ニッコォ

加蓮「網走って」

響子「刑務所のある……」

藍子「番外地かぁ」

P「お土産はカニで頼むぞ」

463: ◆6RLd267PvQ 22/07/21(木) 23:30:50 ID:ZBeG
美由紀「じゃあ、ちょっと三人を借りていくねー♪」ズルズル

加蓮「嫌だー!!まだしにたくないいい」ズリズリ

美由紀「むきむきするだけだから♪上手にむきむきできると気持ちいいよー♪」

響子「むきむきに悪意しか感じないんですけどむきむきって何なんですか!ねえ!私関係ないですってば!」ズリズリ

翠「かにかま……」ズリズリ

ガチャリ バタン

P「響子には悪いことをしたな……しかし、むきむきか……一体何を剥こうと言うんだ…」

藍子「今日は7月21日ですよ、決まってるじゃないですか」

P「何がだ」

藍子「    の日なんですから剥くのは     で」

P「ぬぁぬぁぬぁぬぁぬぁーっ!!!!!」ピーーッ!!!

おわれ。

465: ◆6RLd267PvQ 22/07/22(金) 00:38:56 ID:b3h1
高森藍子「洋上加蓮」

更新します。

466: ◆6RLd267PvQ 22/07/22(金) 00:39:12 ID:b3h1
~洋上~

加蓮「…………」

響子「…………」

翠「…………」

美由紀「いやぁ、来たね、ベーリング海!!」ザッパアアアン

加蓮「帰る」サラサラァ

響子「ズルいですよ加蓮さん!粒子化して風にのって帰るなんて!!」ガバッ

467: ◆6RLd267PvQ 22/07/22(金) 00:39:34 ID:b3h1
加蓮「えー、帰りたいじゃ…っぷ」ザバアアアア!ビシャアアア!

翠「精神を集中させて…呼吸を意識して……これも美味しいカニカマの為……!!」コオオオオ

加蓮「カニカマの呼吸かぁ……」

響子「せめてカニを食べるつもりではいましょうよ」

美由紀「穫れたてのかにかまは絶品だからねー!気合い入れていこー!」ザバアアアア

響子「何でよりによって台風の日にベーリング海なんですか!!!」ドザアアア

加蓮「オホーツク海じゃダメぇ?」

471: ◆6RLd267PvQ 22/07/22(金) 00:42:01 ID:b3h1
美由紀「せっかくだから美味しいかにをたっぷり食べてほしいし、それにこれくらいの方が撮れ高もあるはずってちひろさんがね!」

翠「獲れ高……!」ゴクリ

響子「翠さんはどうしてそうなっちゃってるんですか」

加蓮「あっ、アレ、カニじゃない?」

響子「カニって言うかアレは……」

ショウグンギザミ「カニカニ!」シャキーン

472: ◆6RLd267PvQ 22/07/22(金) 00:42:17 ID:b3h1
翠「任せてください、射止めてみせます!」スッ

美由紀「このための翠ちゃんだからね~、さぁさぁ、皆もいそいで武器を構えないと!」

加蓮「仕方ないなあ……」スチャッ

響子「うう、何で私がこんな目に…」スチャッ

美由紀「かかれーっ!」ザバアアアア……

473: ◆6RLd267PvQ 22/07/22(金) 00:42:31 ID:b3h1
~~~

藍子「……ん……」チュンチュン チチチチチ……

藍子「ぬふぁー……っ…」ムニャ

「藍子~、朝ごはん、パンケーキとウインナー、焼けたわよ~」

藍子「……今いく~…」

藍子「………夢かぁ」ボヤー…

藍子「あ……ゲーム、スリープモードになってる…」ボンボヤージ…

474: ◆6RLd267PvQ 22/07/22(金) 00:42:47 ID:b3h1
藍子「そう言えば今日って何の日だったっけ……」スマホタプタプ

スマホ「7月22日はONE PIECEの連載開始日です」

藍子「わぁ、そっかあ♪」ニッコニコ

藍子「早速読者仲間の加蓮ちゃんにチェインを送りましょう!今日は1日たっぷり語れそうですね…!」ポチポチタプタプ

藍子『加蓮ちゃん、今日はお暇ですか?』

藍子「ふんふ~ん♪」ピロリン

藍子「あっ、返事早い……!えーと、どれどれ…」

475: ◆6RLd267PvQ 22/07/22(金) 00:42:59 ID:b3h1
加蓮『今オホーツク海にいるから忙しい』

藍子「……おお~」ホエー

~事務所~

藍子「ってメッセージが来たんですけどこれってONE PIECEみたいに壮大な伏線だったりしますかね」ワクワク

P「いや、どちらかと言うと前回俺達が送り出した伏線の回収だろこれ」

おわれ。

480: ◆6RLd267PvQ 22/07/23(土) 00:10:16 ID:MDy6
モバP「俺の鰻重だ、誰にもやらん」

更新します。

481: ◆6RLd267PvQ 22/07/23(土) 00:10:33 ID:MDy6
~事務所~

P「っほぉ…素晴らしい匂いだ……っと、山椒はこれか」パカッ

P「宅配でうな重なんて贅沢、そうそうできないからな……へへ……あぁイカン、よだれが」ジュル

P「土用の丑の日だからな……俺だってスタドリエナドリだけじゃ身が保たん、何がスタミナが全回復しました、だ、こちとらリアルのスタミナ削っとんじゃ」ワリバシパキッ

P「では……いただきます!」

藍子「じーっ……」

P「どわあ!?」

482: ◆6RLd267PvQ 22/07/23(土) 00:10:46 ID:MDy6
藍子「美味しそうな鰻ですねぇ…さぞかし精が付くことでしょう…」ジュル

P「お、おう……ダメだぞ。これは俺が大枚叩いてだな…」

藍子「なら、どうして事務所で食べようとするんですか?私達に……見せつけて悦に入りたかったんでしょう、正直に白状したらどうなんですか」

P「……わかったよ、正直に言ったら許してくれるんだな」

藍子「事と次第によっては15口ほど貰います」

P「【全部食べます】の間違いだろ」

483: ◆6RLd267PvQ 22/07/23(土) 00:11:14 ID:MDy6
P「はぁ…仕方ない、じゃあ正直に言うが、二人が抜けてる間の仕事でTVに藍子が映ってたトコ、苦情と問い合わせが殺到してて、カメラキャラの藍子ちゃんはどうしたーだの、こんなトンチキな子のはずないだろーだの
のクレーム応対で数日間事務所にカンヅメ、メシすら食えずにドリンクだけで飢えを凌いでいたんだよ」

藍子「話が長いので一口いいですか」

P「聞けよ」

484: ◆6RLd267PvQ 22/07/23(土) 00:11:35 ID:MDy6
藍子「つまり私のせいで事務所に閉じ込められて極限まですり減った精神と空腹がプロデューサーさんの財布の紐を緩めるに至ったわけですよね、じゃあ私のおかげじゃないですか」

P「お前の『せい』な」

藍子「いいじゃないですか、一口くらい~」ユサユサコズエ

P「ふわぁーっ!!!」ユサユサコズエ

加蓮「あ~……疲れた……」ガチャリ

響子「何で私があんな目に…」ガチャリ

藍子「あ、何だか疲れてそうな二人がいます、丁度いいので私この鰻重持っていきます、さあ下さい」ヨコセヨ

485: ◆6RLd267PvQ 22/07/23(土) 00:12:00 ID:MDy6
P「なら何で割り箸持ってよだれ垂らしてるのか説明して貰えるか」

加蓮「なに、ウナギ?……やだよそんな濃いの、今食べたら吐くよ私達」

響子「夏バテ以前に船酔いで……あんな嵐のオホーツク海をわざわざ……うう、まだ地面が揺れてる感じします……」

加蓮「ウナギよりエナドリ………というか酔い止め……」

響子「私の鞄の中に入ってますけど…うっぷ」

加蓮「響子、絶叫マシンは平気なのに何酔ってんの……」

響子「誰だって酔うと思うんですよ…」

藍子「…………」

486: ◆6RLd267PvQ 22/07/23(土) 00:12:13 ID:MDy6
藍子「響子ちゃんも加蓮ちゃんも食べないそうなので私が食べていいですか?」クビカシゲ

P「……」ポパピプペ

藍子「?」

P「もしもし鰻屋さん?追加で特上鰻重、仕事にならないので餌を与えて黙らせるので大至急」

藍子「わぁい!!」

487: ◆6RLd267PvQ 22/07/23(土) 00:12:40 ID:MDy6
P「お前のはこの冷えた並の鰻重だよ、鰻は一切れしかないけどな、高い店だから」

藍子「えっ」

出前の人「ちわっす、大至急との事なので特上お持ちしました!考えられないくらい早いのは尺の都合っす!」ペコリ

P「心得ていてくれて助かる、お代はひいふうみ、ほい」

出前の人「あざーしたー!」バタン

P「っほぉ…素晴らしい匂いだ……っと、山椒はこれか」パカッ

藍子「そっちがいいです、ください」モグモグ

P「並を食いながら要求通ると思うのか」

おわれ。

491: ◆6RLd267PvQ 22/07/24(日) 12:19:59 ID:KMCJ
北条加蓮「トリクロマティック・ナチュレとギネス記録」


更新。

492: ◆6RLd267PvQ 22/07/24(日) 12:20:21 ID:KMCJ
~事務所~

加蓮「へー……」スマホタプタプ

響子「加蓮さん、さっきから熱心に何見てらっしゃるんです?」

加蓮「ニュース記事」

P「へえ、まあ時事問題や社会情勢を知るのは確かに大事だからな…」

藍子「あ、私好きな科目は社会科です!」フンス

P「そうだな、戦国無双とか好きだもんな」

加蓮「何でこないだここ行かなかったんだろ…」ハァ…

P「こないだ?」

493: ◆6RLd267PvQ 22/07/24(日) 12:20:36 ID:KMCJ
加蓮「23日」

P「何だ、昨日じゃないか」

響子「昨日って、ちょうど私達が北海道から戻ってきた日ですけど」

加蓮「ねえ、もっかい行く予定とかない?……ないか流石に」

P「そもそも俺に聞かれてもだな……お前達を引きずって行ったの、美由紀じゃないか」

響子「北海道で何かやり残しがあった…とかですか?観光地巡りとかですかね」

加蓮「違う違う、これだよ」

494: ◆6RLd267PvQ 22/07/24(日) 12:20:50 ID:KMCJ
響子「これは……」

P「巨大コロッケでギネス記録、23日午後……」

加蓮「279キロだって。食べきれるかな」

P「事切れるわ」

495: ◆6RLd267PvQ 22/07/24(日) 12:21:06 ID:KMCJ
響子「流石に一人で食べる気じゃないですよね…?」

加蓮「バカだね響子は、私だってそんなに狂ってないよ」

響子「ストレートにバカ呼ばわりされてちょっとムッとしましたけど流石にそれはそうですよね」

加蓮「私達3人で食べるんだよ」

響子「人のことよくバカって言えましたね」

藍子「わあ、私もいいんですか?タッパーに入れて持ち帰っても大丈夫かなあ」ワクワク

響子「入るタッパーがないと思うんですが」

496: ◆6RLd267PvQ 22/07/24(日) 12:21:20 ID:KMCJ
P「タッパー何個持ち込む気だよ」

加蓮「とりあえず取り分は、私が80g、響子が205キロ、藍子は74で」

響子「私に何の恨みがあるんですか!」

藍子「74」シューン

P「お前はお前で胸を見つめるな」

加蓮「いや、ほら、響子の実家なら弟と妹もいるし、これくらいペロリかなって」

響子「ビッグマム海賊団じゃないんですよ」

497: ◆6RLd267PvQ 22/07/24(日) 12:21:31 ID:KMCJ
藍子「でもそれだと20g余りますよね、どうするつもりなんですか?」

加蓮「そこが最大の問題なんだよね」

響子「最大の問題は加蓮さんのアタマだと思います」

P(俺の分って発想はないんだな……)ションボリ

~~~

498: ◆6RLd267PvQ 22/07/24(日) 12:21:46 ID:KMCJ
~定食屋~

油「じゅあーっ!」ジュワアアア

P「とりあえず皆コロッケ定食でいいよな」

藍子「今この瞬間、挽き潰された肉とすり潰された芋とが釜茹での刑に処されていると思うとお腹がすいてきますねぇ」

響子「その想像でよくお腹すきますね……ねぇ、加蓮さん…加蓮さん?」

加蓮「やっぱりメンチカツ定食にしたらダメかな、ここのメンチカツ美味しいんだよね」

響子「加蓮さん」

P「自由かお前は」

おわれ。

502: ◆6RLd267PvQ 22/07/25(月) 01:01:35 ID:ADci
五十嵐響子「トリクロマティック・ナチュレと変わり種のかき氷ですっ」

更新行きます。

503: ◆6RLd267PvQ 22/07/25(月) 01:02:18 ID:ADci
~女子寮・キッチン~

藍子「かき氷って基本全部同じ味なんですよね、シロップ」

加蓮「あー、アレ?鼻つまんで食べるとみんな同じ味に感じるとか」

藍子「それです、何か香料?が違うだけとかって」

響子「あの……かき氷、食べるんですか食べないんですか、折角かき氷機出してきたのに」

加蓮「何か変わった味のかき氷できない?」

504: ◆6RLd267PvQ 22/07/25(月) 01:02:36 ID:ADci
藍子「どの色のシロップも同じ味って言われると負けた気がするじゃないですか、カメラキャラとしては映える気もしますけど」

響子「変わった味のかき氷……うーん…そう言われても急には……」

加蓮「あ、そうだ、デレぽに書き込んでみるのどう?」スマホタプタプ

藍子「なるほど、皆さんから広く募るわけですね、そしてそれを響子ちゃんに再現させる」

響子「体よく働かせようとしないでほしいんですけど」

505: ◆6RLd267PvQ 22/07/25(月) 01:02:53 ID:ADci
加蓮「あ、もうリプ付いた」ピロン

茜『アツアツのカレーを!!氷にかけてみては!?』

加蓮「だって」

藍子「さあ響子ちゃん」

響子「正気ですか」

加蓮「茜ちゃんは正気なんじゃないかな」

藍子「はい、茜ちゃんならこういうこと言い出しかねません、多分まとめWikiにも」

響子「載ってるわけないですよね」

506: ◆6RLd267PvQ 22/07/25(月) 01:03:09 ID:ADci
響子「全く…食べ物を無駄にするのは反対です、ただでさえ最近はお値段高騰してて色々大変なんですから……」

加蓮「あ、リプきた」ピロン

響子「次はマトモな案だと助かるんですけどね…」

志保『パフェのトッピングにかき氷を添えてみては?昔働いてたお店の一つにそんなメニューありましたので!』

加蓮「だって」

藍子「さあ響子ちゃん」

響子「作れると思うんですか」

507: ◆6RLd267PvQ 22/07/25(月) 01:03:28 ID:ADci
藍子「よしんばここが女子寮だったとしても響子ちゃんなら」

響子「よしんばどころか紛れもなく女子寮ですしそんな気の利いた材料ないですから」

加蓮「つまんないなー、響子ならパフェくらいぱぱーっと作って出してくれそうな気がするのに」

藍子「そうですね、パフェくらいは作れるようになっておかないと、響子ちゃんを名乗るならば」

響子「私は私なんですよ、偽物みたいに言わないで貰えます?」

加蓮「あ、リプ」ピロン

藍子「さあ響子ちゃん」

響子「せめて内容を確認してからふって下さいよ」

508: ◆6RLd267PvQ 22/07/25(月) 01:03:45 ID:ADci
加蓮「えーと…なになに?」

楓『ラム酒をふってみるのはどうでしょうか?あ、でもムッシュをフッたら恨むかも……?なんて』

藍子「冷えますね」ガタブル

加蓮「冷房急に寒いね」ガタブル

響子「別に温度イジってないですけどね…」

加蓮「ラム酒か、まぁお酒だけど、ラム酒ならいいのかな…?どうだろ」

藍子「うーん、未成年飲酒がどうとか言われちゃうと、ちょっと写真を撮りづらいですよね」

響子「それだとラムレーズンのアイスとか未成年買えなくなるじゃないですか、極端な量じゃなければ大丈夫だと思いますけどね」

509: ◆6RLd267PvQ 22/07/25(月) 01:04:03 ID:ADci
加蓮「でもなぁ…もうちょっと当たり障りないやつの方が…あっ、リプ来た」ピロン

藍子「これは……」

響子「わあっ、ナイスアイデアじゃないですか、ちょっと時間はかかりますけど、これ、やってみましょうよ!」

加蓮「……やる?」

藍子「変わり種と言えば変わり種ですけど、正統派と言えば正統派ですよね、これ」フフッ

響子「えーと、紅茶のティーバッグは……あ、あったあった♪」

510: ◆6RLd267PvQ 22/07/25(月) 01:04:19 ID:ADci
卯月『ミルクティーを凍らせて、それをかき氷にするのってどうでしょう?私、よくお家で食べてるんですよ♪』

加蓮「ミルクティーを凍らせるからちょっと時間かかるんだよね」

響子「あら熱をとってからじゃないと凍らせられませんからね」

藍子「じゃあ、先に言っておきましょうか」

加蓮「?」

響子「何の話です?」

511: ◆6RLd267PvQ 22/07/25(月) 01:04:32 ID:ADci
藍子「ぬぁーっ!!!」ズキズキーン!!!

加蓮「わっ、びっくりした」

響子「それ、お決まりなんですね…というか、やたらと真に迫ってたような」

藍子「ゆるふわ無限力で未来に食べるかき氷のアイスクリーム頭痛を今に呼び寄せてみました」エヘン

加蓮「多分一番の変わり種はアンタだと思うよ」

おわれ。

515: ◆6RLd267PvQ 22/07/26(火) 17:12:15 ID:wsxc
高森藍子「昨日だったんですよ」

誕生日回(誕生日は昨日)更新。

516: ◆6RLd267PvQ 22/07/26(火) 17:12:32 ID:wsxc
~事務所~

藍子「むす」プクッ

P「ふー、暑い暑い……」ガチャ

藍子「天むす」プクッ

響子「あ、お疲れさまです」

加蓮「お疲れー」

藍子「もーむす」プクッ

P「藍子は語尾むす縛りでもやってるのか」

517: ◆6RLd267PvQ 22/07/26(火) 17:12:45 ID:wsxc
響子「何かわかりませんけどずっとこの調子なんですよね」

加蓮「何かあったっけ?」

P「心当たりは特にないがなぁ」

藍子「ぬぁーっ!!!」ダンッ!!

P「あ、キレた」

響子「語尾もむすじゃなくなりましたね…」

加蓮「何、重い日?」

響子「加蓮さん」

518: ◆6RLd267PvQ 22/07/26(火) 17:12:59 ID:wsxc
P「悪いが、だとすると男の俺にはサッパリだ…とりあえず、横になるなら仮眠室空いてるが…」

響子「多分ですけどそういうんじゃないと思うのでお気遣い大丈夫です、すみません」ペコリ

P「いや、こちらこそ何か踏み込んですみません」ペコリ

加蓮「男には耐えられない痛みでも女なら耐えられるんだよ、強いから」

P「ごもっともで…」

519: ◆6RLd267PvQ 22/07/26(火) 17:13:19 ID:wsxc
藍子「わからないんですか」

P「えっ」

響子「へ?」

加蓮「何が」

藍子「昨日!!私!!産まれたんですよ!!!」

加蓮「響子から!?」

響子「何で私が藍子ちゃん産むんですか!!」

P「おじさん居場所ねえよこのトーク!!!」

藍子「下の話じゃないんですよ!!」

520: ◆6RLd267PvQ 22/07/26(火) 17:13:37 ID:wsxc
加蓮「えっ、じゃあ上から産まれたの、そんな事ある?」

P「ピッコロ大魔王かザエルアポロ・グランツなら或いは……」

響子「……あ、もしかして!」パンッ

藍子「そう!」ユビサシ!

響子「昨日のミルクティーかき氷の他に斬新なかき氷のアイデアが産まれたとか!」

加蓮「リプしなよそれなら」

藍子「ちがああああああああう!!!!!!!」

521: ◆6RLd267PvQ 22/07/26(火) 17:13:54 ID:wsxc
P「恵磨以上の声出てたぞ今」

響子「窓ガラスにヒビが……」

加蓮「鼓膜破けた」キーン

P「やべえ、ちょっと耳鼻科連れて行くからあと頼むわ」

響子「あ、はい、鼓膜程度なら多分すぐ治ると思いますので、加蓮さんは」

加蓮「きこえない」キーン

522: ◆6RLd267PvQ 22/07/26(火) 17:14:09 ID:wsxc
P「まあ、体破けても元に戻るもんな…念の為に連れて行くから、藍子のアレ頼むぞ」ガチャリバタン

藍子「………響子ちゃあん」グスッ

響子「自業自得って言葉はまとめwikiに記載されてないんですか?」ニッコリ

藍子「載ってないですよー!!たぶん!!!」ワーン!

響子「よしよし、わるいこわるいこ」ナデナデ

523: ◆6RLd267PvQ 22/07/26(火) 17:14:29 ID:wsxc
藍子「いじめってこんな感じなんですね、皆して私のこと、ぐずっ、嫌いなんだ」

宅配のお兄さん「ちわーす、受け取りのハンコお願いしまーす!」

響子「あ、はーい!」

宅配のお兄さん「すんません、大事な届け物なのに……速達でもちょっと遅れるんですよ今…」

響子「お中元とかで皆さん忙しそうですよね、このご時勢ですし。はい、ハンコぺたんっと」

宅配のお兄さん「すみません、次のご利用ではサービスしますんで!」ガチャ バタン

響子「お気遣いなく~」フリフリ

524: ◆6RLd267PvQ 22/07/26(火) 17:14:42 ID:wsxc
藍子「……何の荷物ですか、ぞれ」ズズー

響子「うーん、折角ですし二人が帰ってきてから開けましょうか」

藍子「またそうやっていじわるするー!」エーン!!

荷物【響子&加蓮&Pより】『めっちゃ美味い抹茶ケーキ』(結構遠い店の高ーいオーダーメイド品)

響子「早く鼓膜治ると良いですね」ニッコリ

藍子「知らないもん」ムス

※この後めちゃくちゃ祝われてまた泣いた。

おわれ。

528: ◆6RLd267PvQ 22/07/27(水) 18:02:36 ID:O9MC
モバP「トリクロマティック・ナチュレと選挙戦略」
更新。

529: ◆6RLd267PvQ 22/07/27(水) 18:03:29 ID:O9MC
~事務所~

藍子「始まりましたねぇ」シャクシャク

加蓮「んー」シャンシャン

響子「何の話です?」シャクシャク

P「アレだろ、総選挙」シャクシャク

響子「あ~……結構メタな話題ふるんですね…」

加蓮「あ、ミスった…」シャンシャン

藍子「誰に入れます?」シャクシャク

響子「それは、やっぱり私達じゃないんですか?」シャクシャク

530: ◆6RLd267PvQ 22/07/27(水) 18:03:46 ID:O9MC
P「お前達の事は勿論好きだが、総選挙となると話が違ってくる、と俺の脳内で作者が言ってるな」シャクシャク

響子「また出てきたんですか、作者さんの人格」シャクシャク

P「やっぱりボイス付きの子が増えないことには本当の意味でコンテンツ楽しめないからボイス付いてない子に全ツッパだと」シオパッパッ

加蓮「その気持ちもまぁわかるかなー」シャンシャン

響子「まぁ、確かにデレステ単独での総選挙になりましたし……結構な格差がありますからね…声のあるなしは……」

藍子「響子ちゃん、麦茶」クイクイ

響子「あ、私が一番近いですね、はい」

531: ◆6RLd267PvQ 22/07/27(水) 18:04:04 ID:O9MC
藍子「よいしょ」トクトクトク カラン

P「難しい問題だよな、実際。担当に曲が欲しいって人もいれば、担当度外視でボイスない子にツッコむって人もいて、そのどれもが正しいと思うしな」

加蓮「まぁ、取れる取れないじゃなく、2回目の1位とかとっても顰蹙買っちゃうし……楓さんとかなら納得もするけど」シャンシャン

藍子「私は1位取りたいなぁ……なァ、ベック」シャンクシャンクス

P「誰がベン・ベックマンだよ」シャクシャク

響子「ですから伝わりにくいONE PIECEネタはやめときましょうってば…」

532: ◆6RLd267PvQ 22/07/27(水) 18:04:20 ID:O9MC
加蓮「よし、フルコンボー…ふぅ、あ、藍子麦茶」

藍子「ベックに言ってくださいよ、今週号的に」シャクシャク

加蓮「じゃあベック、お茶」

P「お前らはベックマンの事を何だと思ってんだ」

響子「あ……ちょっと失礼します」トタタ

P「ん、どこ行く気だ」シャクシャク

響子「少しお花を…!」バタバタ ガチャリ

533: ◆6RLd267PvQ 22/07/27(水) 18:04:40 ID:O9MC
藍子「お花…ドレスローザかなぁ」

加蓮「ワノ国かもよ、今週号的には」フラワァッ

P「確かにONE PIECE読んでないと確実に意味わからんノリになってるな今回……総選挙の話はどこ行ったんだよ……」ピッ

TV『ぬぁーっ!!!』ドゴゴォン

P「何でこのタイミングでONE PIECEやってんだ」

加蓮「これちょっと前の回だね」

藍子「カイドウさんいいやられ声しますよねー、最近私の中の人出番ないんですよ」

加蓮「女兵士あんま出てないからねぇここ何話か」

P「おわれおわれこの話!!!」

おわれ。

535: ◆6RLd267PvQ 22/07/28(木) 01:39:57 ID:dqfc
高森藍子「トリクロマティック・ナチュレと自由研究のテーマについて」

更新

536: ◆6RLd267PvQ 22/07/28(木) 01:40:13 ID:dqfc
~藍子の部屋~

ミーンミンミン

藍子「ぬぁーっ……」モンモン

藍子「夏休みの自由研究のテーマが……決まりません…」

藍子「まとめwikiのコピペじゃ…だめかなぁ……」

藍子「………」ポパピプペ

藍子「あ。先生ですか?自由研究なんですけど、まとめwikiのコピペって大丈夫ですかね」

~~~

537: ◆6RLd267PvQ 22/07/28(木) 01:40:27 ID:dqfc
~事務所~

藍子「ダメでした」シュン

P「正直者か」

加蓮「わざわざ言わなきゃそれっぽく誤魔化せたのに藍子はバカだなあ」ペロペロ

響子「あ、美味しそうなアイスですね、まだ冷凍庫にありますか?」

加蓮「うん、美味しいよ、シーソルトアイス」ペロペロ

P「ガリガリ君に塩振っただけだろ」

538: ◆6RLd267PvQ 22/07/28(木) 01:40:42 ID:dqfc
加蓮「甘さが引き立つんだよ、プロデューサーさんも昨日スイカに塩振ったじゃん」

P「それとこれとはまた違うと思うんだが……」

響子「普通にガリガリ君そのまま食べますね、私は」

藍子「自由研究かぁ…やらないのも自由じゃないですかね」

P「その自由が許されるなら毎年誰も悩んだりしないんだよ」

響子「でも難しいですよね、自分で考えて継続的に研究するのって」

539: ◆6RLd267PvQ 22/07/28(木) 01:41:01 ID:dqfc
加蓮「まぁ、研究してそうなアイドルなら晶葉ちゃんとか志希とかいるけどね」

P「…紗南なら格ゲーのコンボを研究してたけどな」

響子「それは何か違いませんか」

藍子「う~ん……仮に皆さんが自由研究するなら何にします?」

加蓮「私課題とかやらない派なんだよね、適当に体調の事ではぐらかすもん」

P「小狡い奴……らしいっちゃらしいが」

540: ◆6RLd267PvQ 22/07/28(木) 01:41:16 ID:dqfc
響子「私はそうだなあ…新しいレシピの開発とか…あと、弟達が飼ってるカブトムシとか、観察日記つけてましたね、可愛いですよ、カブトムシ」

藍子「カブトムシかぁ…兜を被った落ち武者じゃだめでしょうか」

P「だから誰も信じないっての」

加蓮「…でも、観察日記でいいなら一番の解決法があると思うけどね」

響子「ホントですか?加蓮さんに案があるなんて、何だか…」

P「珍しいよな…自分ではやらないくせに」

加蓮「それとこれとは話違うでしょ、思いつく事くらいは私だってあるよ」

541: ◆6RLd267PvQ 22/07/28(木) 01:41:34 ID:dqfc
藍子「で、観察対象は何なんですか?そんなに興味深くて人目を引くような生き物、身近にありますかね」

P「…う~ん………思い浮かばんのだが…」

加蓮「はぁ……何でみんな思い浮かばないのかな」

藍子「是非とも聞かせてください、私、気になります!」

P「加蓮がアイス食ってたからって氷菓ネタをぶっこむんじゃないよ」

542: ◆6RLd267PvQ 22/07/28(木) 01:41:53 ID:dqfc
加蓮「事務所」

藍子「えっ」

響子「あっ」

P「事務所の観察日記て」

加蓮「でも藍子しか書けないと思うよ、藍子だけの自由研究だよ」

藍子「なるほど……つまりほほえみDiaryって事ですね!!」

P「巻き込むな歌鈴を」

おわれ。

546: ◆6RLd267PvQ 22/07/29(金) 11:16:21 ID:rc9P
五十嵐響子「トリクロマティック・ナチュレと分裂の危機」

更新します。

547: ◆6RLd267PvQ 22/07/29(金) 11:17:47 ID:rc9P
ピンポンパンポン。

今回はドラゴンボール超スーパーヒーローの変身ネタがほんの少し含まれています。

公式Twitterで既にお披露目されたものではありますが、ネタバレ注意です。

閲覧は、自己責任でお願い申し上げます。

548: ◆6RLd267PvQ 22/07/29(金) 11:18:04 ID:rc9P
~事務所~

P「今日集まって貰ったのは他でもない……仕事の話なんだが」

加蓮「あぁ、ついにクビとか?」

響子「仕方ないですよね…折角アイドルになれましたけど…」

藍子「誰のせいでこうなったんですかね」 

加蓮「藍子だよ」

549: ◆6RLd267PvQ 22/07/29(金) 11:18:19 ID:rc9P
響子「お茶の間に奇行を晒したばっかりに…」

藍子「奇行って何ですか、自然体でよろしくってスタッフさんに言われたからありのままを見せただけですよ」

P「いや、あのな」

加蓮「世間はありのままの藍子を見てどう感じると思う?」

藍子「わぁ、ゆるふわだぁ!って」

加蓮「そうだね、頭がだいぶゆるふわなのは確かだね」

550: ◆6RLd267PvQ 22/07/29(金) 11:18:39 ID:rc9P
響子「トリクロも解散ですかね…私だけ二人と家が離れてるので……寂しくなりますね」

P「あのな」

加蓮「そう?普通に遊びに行くよ」

藍子「そうですよ、遊びに来て下さい」

響子「ありがたいようなそうでもないような…」

加蓮「じゃあ、とりあえず皆でプロデューサーさんにお礼言おっか」

P「仕事の話…」

響子「プロデューサーさん、体調にだけはどうかどうかお気をつけて」

551: ◆6RLd267PvQ 22/07/29(金) 11:18:55 ID:rc9P
藍子「面白い顔のスタッフさんとかいたら写真送ってください、カメラキャラとしては気になるので」

加蓮「暇になったら遊びに来てね、待ってる」

P「ぬぁーっ!!!」ダンダンッ

響子「」ビクッ

藍子「」ビクッ

加蓮「」サラサラァ

P「仕事の!!!話を!!!!させろや!!!!!」

~~~

552: ◆6RLd267PvQ 22/07/29(金) 11:19:09 ID:rc9P
~都内・某スポーツジム~

コーチ「はい、では今日はよろしくお願いします」

響子「スポーツジムの宣伝コーナーって……」

藍子「私達より他に適任がいたと思うなぁ…」

加蓮「すみません、体組織の崩壊を食い止めるサプリとか置いてないですか」サラサラァ

コーチ「おお、これは綺麗に体組織が分離してますね、ですが大丈夫、当ジムの特製プロテインを飲めばあっという間に回復するでしょう、オススメです」

加蓮「ください」サラサラァ

553: ◆6RLd267PvQ 22/07/29(金) 11:19:22 ID:rc9P
コーチ「本来は会員限定の品なのですが…今回に限ってはお値打ち価格で」

加蓮「いいからください、早くしないと顔がなくなって飲めなくなる」サラサラァ

響子「そしたらまた私達が組み立てるんですから…」

藍子「もうクローン加蓮ちゃんとか造ったほうが早い気がするなあ」

~~~

554: ◆6RLd267PvQ 22/07/29(金) 11:19:35 ID:rc9P
~事務所~

P「…流れで送り出してしばらく経つ……いつものことだからまぁ大丈夫だとは思うが、加蓮の分離が心配だ……」ズズー

P「番組のコンセプト的には、ジムに不慣れなアイドルのトレーニング風景の特集だから、茜や亜季や有香に振るのもアレだったしなぁ…」

スマホ「チャパチャパ!」

P「お、着信……もしもし」ピッ

555: ◆6RLd267PvQ 22/07/29(金) 11:19:51 ID:rc9P
響子「プロデューサーさん!一大事です!加蓮さんが……加蓮さんが!」

加蓮マックス「ウオオオオオオオオ!!!!」

藍子「ダメですよ、もっと若本さんっぽく叫ばないと」

加蓮マックス「ウオオオオオオオオ!!!!」ズシーン

コーチ「凄いでしょう、レッドリボン軍が開発に協力してくれたおかげでご覧の通り、体細胞の活性化と再生、パワーアップだけでなく、巨大化までしてしまうんです」

響子「でも今度は意思が分離してるじゃないですか!!!」

556: ◆6RLd267PvQ 22/07/29(金) 11:20:03 ID:rc9P
藍子「でも確かに、自己再生と言えばセルですからねぇ」

P「…カプセルコーポレーションの電話番号調べないとか……」

おわれ。

560: ◆6RLd267PvQ 22/07/30(土) 00:09:43 ID:Lyll
木場真奈美「トリクロマティック・ナチュレと鬼ごっこ…か」

本日分の更新になります。

561: ◆6RLd267PvQ 22/07/30(土) 00:10:04 ID:Lyll
藍子「おかしい……」

薫「まてー!」

舞「待ちませーん♪」

藍子「鬼ごっこ……やっぱりアレは変です」

響子「真剣な顔して鬼ごっこを眺めて…どうしたんですか?」

加蓮「事案なら警察呼ぶけど」

薫「つかまえたー!次、舞ちゃんがおにー!」

舞「もーっ、仕方ないなあ…いーち、にー」

562: ◆6RLd267PvQ 22/07/30(土) 00:10:18 ID:Lyll
藍子「アレです、まさに今の瞬間です、見ましたか」

加蓮「デレステ忙しい」シャンシャン

響子「今の…というと、薫ちゃんが舞ちゃんを捕まえて、鬼が交代したところですよね?別におかしいところは何も」

藍子「全てがおかしいんですよ」

加蓮「アンタの?」シャンシャン

響子「加蓮さん」

563: ◆6RLd267PvQ 22/07/30(土) 00:10:35 ID:Lyll
藍子「考えてみてくださいよ、鬼ごっこなんですよ、アレ」

響子「ですね」

藍子「鬼に捕まります、するとどうなりますか」

響子「鬼が交代します」

藍子「殺されるべきでしょう!!!!」

響子「子供の遊びですよ!!??」

加蓮「あ、ミスった…」シャンシャン

564: ◆6RLd267PvQ 22/07/30(土) 00:10:54 ID:Lyll
藍子「じゃあ何ですか、鬼って増殖するんですか、触れると伝染るんですか、厄災弾なんですか」

響子「最後のはわかりませんけど…知りませんよ、鬼になんてあったことありませんし」

加蓮「真奈美さんが鬼の衣装着てたくらいだね、パッと浮かぶのは」シャンシャン

TIPS……「厄災弾(ONE PIECE)」

被弾すると感染するウイルスの弾丸。
感染者に触れるとさらに感染して増殖し、戦場を地獄絵図に変える兵器。リアルに鬼になる弾もある。

響子「解説が出てきた」

565: ◆6RLd267PvQ 22/07/30(土) 00:11:10 ID:Lyll
藍子「じゃあ真奈美さんは前科あるんですかね、役作りで」

響子「役作りのためだけに服役してたらビックリしますよ、うかつに節分できませんよ世の親御さんは」

真奈美「いや……それはどうかな」

加蓮「あ、本人来たよ」

藍子「あの、ちょっと話をお聞きしたいんですが」

真奈美「ほう?何かな」

566: ◆6RLd267PvQ 22/07/30(土) 00:11:30 ID:Lyll
藍子「一体何人程手にかければ鬼になれ」

響子「ぬぁーっ!!!」ゼンリョクソシ!!!

真奈美「フ…そうだな……ざっと100人程は殺めてしまったかもしれないな……この声でね」

加蓮「流石真奈美さん、ブレないね~」

藍子「歌声で人って死んじゃうんですか……まとめwikiには載ってないですけど……」

真奈美「世界は思っているよりもずっと広いと言うことだ、視野を広く持たないと置いていかれてしまうぞ…ではな」スタスタ…

響子「凄い…こんな藍子ちゃんを平常心でいなして去っていく……」

加蓮「クールだよねえ、こんな藍子相手に」

567: ◆6RLd267PvQ 22/07/30(土) 00:11:45 ID:Lyll
藍子「歌って人を……そっか、病気や寝不足で弱った人の前で大声で歌って眠りを妨げれば……!」

響子「放置するにはあまりに危険な思想に行き着いてますけどどうしますか加蓮さん」

加蓮「寝たら忘れると思う」シャンシャン

おわれ。

571: ◆6RLd267PvQ 22/07/31(日) 00:08:46 ID:0ivj
北条加蓮「トリクロマティック・ナチュレと大量の棒アイス」

更新します。

572: ◆6RLd267PvQ 22/07/31(日) 00:09:00 ID:0ivj
~女子寮・キッチン~

加蓮「あっつ…」パタパタ

響子「体から熱が引くまでの辛抱ですよ、エアコン入ってますし」

藍子「せっかくアイス買ってきたのに溶けました…」シューン

加蓮「藍子はバカだね」

藍子「バカって言う方がバカなんでしょうか?」キョトン

響子「そこで私にふられても」ビクッ

573: ◆6RLd267PvQ 22/07/31(日) 00:09:59 ID:0ivj
加蓮「だからさ~、言ったじゃん、棒アイスは絶対に溶けて、凍らせ直しても変な感じになるから、買うなら吸いだすタイプかカップのやつにしなよって」

藍子「だって……おいしそうだったじゃないですか」

加蓮「にしてもだよ、ひぃひぃ言いながら棒の抹茶ミルクアイスを10箱買って抱えて、もう箱が湿気ってるじゃん」

響子「想定外でしたよね、あそこで『袋は大丈夫です!エコなので!』って」

藍子「だって………エコじゃないですか、加蓮ちゃん達に持たせれば」

加蓮「エゴだよそれは」

574: ◆6RLd267PvQ 22/07/31(日) 00:10:11 ID:0ivj
響子「どうします?こんなにたくさんはここの冷凍庫にも入り切りませんよ」グイグイギュー

加蓮「カップアイスとかなら最悪溶けてもどうにかなったのに」

藍子「……何で外はエアコン効かせてないんですか、おかしいです」

加蓮「おかしいのはその発想だと思う」

575: ◆6RLd267PvQ 22/07/31(日) 00:10:23 ID:0ivj
藍子「今日が何の日か知ってますか?クールジャパンの日です。クールジャパンの日なんですよ」

加蓮「日本だけ氷河期にでもなると思った?」

響子「いやいや、流石の藍子ちゃんもそこまでは」

藍子「思ってました……スクラット捕まえるためにどんぐりも持ち歩いてました…」

加蓮「……スクラットって何」

響子「アイス・エイジのあの……リス?ですかね」

加蓮「あー、いつも何かやかましいヤツ」

響子「ですです」

576: ◆6RLd267PvQ 22/07/31(日) 00:10:38 ID:0ivj
藍子「はぁ……誰かが都合よくこのアイスをしょぶ………消化してくれたらなあ」

響子「今処分って言いましたよね」

加蓮「どの口で言えたの、エコとか」ハァ

藍子「……奥の手を使います、響子ちゃん、エビクリームコロッケです」

響子「聖ちゃん呼べば瞬時に凍るとでも思ってるんですか」

藍子「じゃあボルシチで」

加蓮「アーニャちゃんでもダメだと思う」

577: ◆6RLd267PvQ 22/07/31(日) 00:10:52 ID:0ivj
藍子「でも二人揃えば!」

響子「人数が増えて気温が上がりますね」

加蓮「そもそもコロッケもボルシチも気温上がるでしょ…」

藍子「……仕方ないので、奥の手を使います」

加蓮「あれ、今ループとかした?」

響子「いえ、そういうのは…流石に世界観さんの都合も考えないと……」

578: ◆6RLd267PvQ 22/07/31(日) 00:11:05 ID:0ivj
藍子「今からこのアイスを買う直前まで時を巻き戻します!!!」ユルフワムゲンチカラー!

世界観さん「ぬぁーっ!!!」ギュイイイ!

響子「わあ、とんでもないことになりましたよ」

加蓮「ループとかしてるじゃん…」

~~~

579: ◆6RLd267PvQ 22/07/31(日) 00:11:16 ID:0ivj
~スーパーマーケット~

藍子「さあ、今度こそ袋を貰って帰りましょうね!」ドヤァ!!

加蓮「ツッコむのもめんどくさくない?」

響子「ツッコまないと繰り返しますよこれ」

おわれ。

583: ◆6RLd267PvQ 22/08/01(月) 01:27:24 ID:U6oL
五十嵐響子「トリクロマティック・ナチュレと美穂ちゃんの水着の話」

更新します。

584: ◆6RLd267PvQ 22/08/01(月) 01:28:05 ID:U6oL
~事務所~

藍子「暇だなぁ」

加蓮「嫌な予感しかしない」

響子「同感です」

卯月「あっ、響子ちゃーん響子ちゃーん響子ちゃーん」

響子「えっ」

藍子「もう少し緩急付けて…こうかな」ユルフワムゲンチカラー

卯月「きょっきょっきょこちゃんきょこちゃんパッション!」デーレラジー

加蓮「音MADだこれ」ジトメ

585: ◆6RLd267PvQ 22/08/01(月) 01:28:22 ID:U6oL
~~~

卯月「突然びっくりしました」アハハ

藍子「急に来ると流石の卯月ちゃんも対処できないですよね~」

卯月「私の『普通化(ノーマライザー)』を使っていればどうにか無効化できたんですけど…」

響子「卯月ちゃんがそっち側でした」ズーン

加蓮「卯月が畜生なのはいつもの事だけど能力者とかは知らなかったかなあ」

響子「うう……この時空だと美穂ちゃんは美穂ちゃんで天然入ってますし……マトモなの私だけじゃないですか」

586: ◆6RLd267PvQ 22/08/01(月) 01:28:38 ID:U6oL
美穂「あっ、珍しい組み合わせだ…何の集まりなんだろう?」ヒョコッ

響子「ぬぁーっ!!!!」グルングルンビターン!!!

藍子「今回は捻りが加わりましたね」

加蓮「卯月がいるとバク転もバフがかかるんだね」

卯月「新技の習得、おめでとうございます、響子ちゃん♪」

響子「1ミリたりとも嬉しくない!!」

587: ◆6RLd267PvQ 22/08/01(月) 01:28:52 ID:U6oL
美穂「あ、そういえばちょうどよかった、皆に相談したいことがあるんだけど……」

卯月「課金ですか?」

藍子「時間の巻き戻しは……乱用するとリスクがあったらかっこいいですねえ」キラキラ

響子「助けて加蓮さん」

加蓮「響子の眼が死んだよ」

588: ◆6RLd267PvQ 22/08/01(月) 01:29:06 ID:U6oL
美穂「う~ん、そういうのとは違うんだけど……私、今度の撮影で水着を着ることになってて、オフショットの体で撮るから水着も自分で選ばなくちゃって…」

藍子「何だ、課金するのはプロデューサーさんでしたか」ツマンナイ

加蓮「茶飯事だしね」

響子「今度プロデューサーさんに差し入れしよう…」

美穂「でも、こう、アイドルが着るようなおしゃれでかわいい水着とかわからないから…皆なら相談に乗ってくれたりとか、するかなって…」

589: ◆6RLd267PvQ 22/08/01(月) 01:29:29 ID:U6oL
加蓮「美穂は着せ替えがいがあるからね、よしきた、この加蓮ちゃんが一肌脱ぎましょう」フンス

藍子「おれがこの手で皮を剥いでやる」ワキワキ

加蓮「唐突なジャイアンはやめて」

美穂「と、とりあえず候補は2つまで絞れたんだけど……一生懸命考えたので…!」

藍子「美穂ちゃんが公式で水着を着るまでに10年かかりました」メメタァ

卯月「長かったですねえ」

美穂「10…年……?あれ、でも私誕生日は毎年お祝いされてるけど歳は」

加蓮「世界の秩序は守ったほうがいいと思う、あとメメタァはメタ発言の擬音とかじゃない」

590: ◆6RLd267PvQ 22/08/01(月) 01:29:49 ID:U6oL
藍子「あれ、メダナイッでしたっけ」

加蓮「スマブラのメタナイトでもないし」

藍子「メガメタグロスさんでしたか!」ポンッ

加蓮「どちらかと言えばドータクンでしょアンタ」

響子「あーもう収拾付きませんってば!」パンパンパン

591: ◆6RLd267PvQ 22/08/01(月) 01:30:03 ID:U6oL
美穂「とりあえず、このクマさんビキニでもいいかなぁって……かわいいよね?」クマサーン

加蓮「熊本の女って熊装備デフォなの」

藍子「アシラ一式着ますか、それなら」

卯月「いえ、エッグベアの毛皮にしましょう」

響子「私は目にクマができそうです」

おわれ。

595: ◆6RLd267PvQ 22/08/02(火) 00:22:48 ID:YmzY
【速報】五十嵐響子、溶ける。

↑タイトルです。50話。更新します。

596: ◆6RLd267PvQ 22/08/02(火) 00:23:20 ID:YmzY
~女子寮・浴室~

溶ける響子「ふぇ~……」ダルーン

周子「響子ちゃんだいぶお疲れっぽいねぇ」

紗枝「せやなぁ、けど、響子はん、夏バテとかそういうんはならなそうな気ぃするけどねぇ」

周子「いやぁ、わかんないよ、周りに栄養面の気配りとかしてても、案外自分のことって疎かになったりしちゃうから」

アーニャ「アー…そう言えば、アーニャ、この前街でキョウコを見かけましたね」

597: ◆6RLd267PvQ 22/08/02(火) 00:23:38 ID:YmzY
周子「ホント?あ、寮の買い物とかしてたんかな、歯磨き粉とか」

紗枝「何や、また響子はんに自分の買いもん押し付けたん?しょうのない人やね、周子はんも」フッ

周子「え、いやいやいや、流石にシューコちゃんも無理矢理人に買い物とか押し付けたりはしないって、心外だなー」

紗枝「ほんの冗談や、たまにはイジり返さんと帳尻合わへんからね」

アーニャ「ハロシンドルーグ……二人は、仲良し、ですね♪」

598: ◆6RLd267PvQ 22/08/02(火) 00:23:55 ID:YmzY
紗枝「仲が良い~言うよりは腐れ縁の方やね」

周子「何だかんだユニット組んで長いからね。…て、話逸れてるって。響子ちゃんの買い物の話でしょ」

癒やされている響子「ふへへ」ダルーン

紗枝「そっちも気ぃになるけど、響子はんこのままやとアカン事なるんやない?」

アーニャ「アー……オッティピ……溶けてますね」

幸せを感じる響子「ぬぁー…つかれがお湯に…とーけーていーくー」ダルーン

599: ◆6RLd267PvQ 22/08/02(火) 00:24:11 ID:YmzY
周子「はぁ……とりあえず、話も気にはなるけど先に洗面器で響子ちゃん掬っとこっか」ザバ

アーニャ「キンギョすくい…じゃなくて、キョウコすくいですね♪」ザバ

紗枝「……あいどるって溶けるもんなんやなぁ…」

~~~

600: ◆6RLd267PvQ 22/08/02(火) 00:24:26 ID:YmzY
~脱衣所~

響子「こ、この度は大変なご迷惑を……!」ペコー

紗枝「ええよええよ、気にしんといて」

周子「そうそう、紗枝はん何気にずっと見てただけだったしね」

アーニャ「アーニャ、たくさんすくいました♪貴重な経験で、少しワクワクしましたね」フンス

響子「うう、ごめんねアーニャちゃん……周子さんもありがとうございます」

601: ◆6RLd267PvQ 22/08/02(火) 00:24:42 ID:YmzY
周子「かまへんかまへん、お礼はハンバーグ弁当でいいよ」

紗枝「また手間のかかることを…」

響子「それくらいで良いなら喜んでお作りします!えっと、私、明日事務所まで届けにいきますか?」

周子「わわ、本気で作るつもりなん?いや、冗談だって、あ、シューコちゃんそこまでガメつく見えちゃってたか…」ズーン

紗枝「勝手に無茶振りして勝手に落ち込んどるわこの人」

602: ◆6RLd267PvQ 22/08/02(火) 00:24:58 ID:YmzY
アーニャ「ダー!そうです、ハンバーグ、アーニャ、言おうとしてたこと忘れていましたね」ポンッ

周子「あ、そうだよ、結局響子ちゃんが何買ってたか聞いてへんし」

紗枝「ここまで引っ張ったんやし、おもろい話なんやろねぇ」

アーニャ「ハイ♪キョウコ、この前一人でこっそりハンバーガー食べていましたね♪」

響子「げっ、見られちゃってました…?」

周子「あら珍しい」

紗枝「明日のお天気、槍か薙刀かもわからんね」

603: ◆6RLd267PvQ 22/08/02(火) 00:25:18 ID:YmzY
響子「…たまにくらい、私もジャンクなのを食べたかったんです」ムー

周子「なら、加蓮ちゃんとか誘えば良かったのに」

響子「加蓮さんは……一緒にお店に行くとポテトを大量に頼むので…後処理で私の好きなものが選べないんですよ…」ハァ…

アーニャ「なら、アイコと一緒に行くのはどうですか?きっと喜ぶと思います」

響子「そうですね、ハッピーセットより私で遊ぶと思いますよ」アハハ…

604: ◆6RLd267PvQ 22/08/02(火) 00:25:31 ID:YmzY
紗枝「これは溶けてもしゃーないなぁ…」

周子「定期的にあたしらでケアしてあげるしかないかな、これは」

響子「おかげで凄くいいお風呂でした…明日も頑張りますよ!えい、えい、おー!」

※ささやかな息抜きを堪能した響子なのでした。

おわれ。

610: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:37:39 ID:keCc
松田亜利沙「と!トリクロマティック・ナチュレのCD販促ライブですとぉ!?!?」

カバー曲CD発売おめでとう、トリクロマティック・ナチュレ。

…そんでお前出るのかよ(タイトル)。更新します!

611: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:37:57 ID:keCc
~事務所~

P「よし、ステージ演出は自然と音楽の融合をテーマにしてみるか…折角いい場所を確保できたしな」カタカタ

ちひろ「CDの販促ライブで自然公園の野外ステージとは、またどうしてなんです?」

P「カバー元の楽曲のMVやら、歌詞のテーマでもある冒険を考えると、アクティビティの充実してる自然公園の方がいいかなと思ったので」

ちひろ「確かにこの公園はアスレチックも多いですし、キッチンカーなんかも頻繁に来る場所ですから、賑わいはありますが…」

612: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:38:16 ID:keCc
P「勿論ショップでステージを用意することもできます。これはある種の賭けですが…今は配信もできますし、期間中無料公開にして、初動は遅くとも全体の売上向上に繋がれば…と。勿論カバー以外にも3人のソロ曲や全
体曲なんかも盛り込みますが、配信分はカバーのみにして、来てくれるファンも損はしないように…」

ちひろ「……水を差す様で申し訳ないんですけど、その日って天気予報を見る限り……」

P「あ、あと3人はカバー曲ライブの合同レッスン中で…いやぁ、皆他にもユニット活動がある中で、意欲的にトリクロの活動にもしっかり取り組んでくれてて……期待には答えないとなぁ……!それに、普段より安くで借
りられたのも大きいですからね…何で安かったんだろう…あんないいステージなのになぁ」ニッコニコキラキラァ!!

613: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:38:37 ID:keCc
ちひろ(…言えない…こんなにキラキラと純粋な目をしたプロデューサーさんに……その日に台風が直撃します!なんて……今更言えない……)

~~~

~ライブ当日・ステージ・大豪雨~

ザバザバ!!!

P「」チーン

藍子「わぁ、誰もいません」

加蓮「いたら狂気だよ」

響子「チャパチャパどころかザバザバって……」

614: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:38:55 ID:keCc
P「こりゃ悪い夢だ……安いと言ってもそれなりなんだぞ……はは、は……」グスッ

響子「…お金もですけど……このステージ、プロデューサーさんが頑張って考えてくれたんですよね……」

P「あ、あぁ……ロケバスでここまで来れたのが奇跡なくらいの豪雨だが……こりゃ仕方ないか…」

ちひろ「因みに、キャンセル料はちゃんと発生するそうです」キッパリ

P「…知ってたなら天気の事教えてくれれば良かったのに…」シューン

615: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:39:12 ID:keCc
ちひろ「プロデューサーさんの怠慢ですよ、普通野外でステージをやるなら最低限その日の天気は確認すべきです、ただでさえ酷暑で大変なんですよ」

P「…た、確かに……ファンが倒れたらそれこそマズイ……く、今後はこんな事のないようにしないとな……」

加蓮「で、帰るの?」

P「他に選択肢はないじゃないか」

加蓮「私、嫌だ」

P「え、いや、でもこの雨」

響子「ですが、折角プロデューサーさんが必死になって用意したステージです」

藍子「最悪何かあれば私が巻き戻します」

616: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:39:27 ID:keCc
加蓮「『逆境こそがチャンス』でしょ?」ニッ

P「お前達……」

響子「あ、くれぐれも加蓮さんは熱とか出さないで下さいね」

加蓮「熱が出ようがここは引けないでしょ、むしろ私、今燃えてるし」メラメラァ

藍子「りあむさんかぁ」

加蓮「それりあむ泣くからやめたげなって…泣きつかれるの手間なんだから」

617: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:39:42 ID:keCc
響子「じゃあ、やってきます!スタッフさんも準備OKみたいですし!」

藍子「まぁ、雨の中でのライブなら前例もありますから大丈夫ですよきっと」

加蓮「前例…?」

前例の男『今日の俺は50%の俺だったんだよ!』

加蓮「……めちゃめちゃ黒歴史じゃん、やめたげなって、ピピンさん泣いちゃうよ」

響子「ピピン呼びは更に追討ちだと思うんですけどね」

P「ライブ成功しても315プロに頭下げに行くことになるからやめてくれ」

~~~

618: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:39:56 ID:keCc
~後日・ニュース特番~

ニュースキャスター「…ということになっており、警察の方で、お魚くわえたドラ猫の聴取にとりかかっている模様です。何故か毎週日曜日の6時に必ず犯行を繰り返すため、警察もいよいよ無視できなくなったそうですね」

ニュースキャスター「それでは次の…ああ、こちらは今話題のホットなニュースですね。アイドルユニット、トリクロマティック・ナチュレのCD販促ライブで、配信された動画の再生数が爆発的に伸び、話題となっています。専門家の方にお聞きしてみましょう」

619: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:40:32 ID:keCc
専門家の方「いやぁ~、あれは伸びると見た瞬間に確信しましたね、ありさは……ちょっと話すと長くなっちゃうんで要点だけ簡潔に纏めますけどあの豪雨の中で奇跡的にセットが無事でしかも何のトラブルも起きずにステ
ージを終えるなんてありさのデータベース的には前例がないんです!奇跡なんですよ!たまーに藍子ちゃんが何やら手を前に付き出すフリをしていたのがちょっとだけ気にはなりましたけどアレもアレでミステリアスなのが
芸術点高くてそう言えばあの手を出した時直前でセットが崩れそうになっていた様に見えるんですけど何故か次の瞬間なかったことみたいになっててそれも凄く話題でまぁでもアイドルちゃんならタイムマシンくらいは軽く
作っちゃえるから過去に遡って未来を書き換えたりしてたとしても別に不思議じゃ」

ニュースキャスター「あの、カメラもう回ってないんですけど」

620: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:40:52 ID:keCc
専門家の方「なんですと!?!?めちゃくちゃ簡潔に纏めてたじゃないですか!ありさ的にはここから加蓮ちゃんと響子ちゃんについても語りたくてまず加蓮ちゃんは体が」

桃子「はいはい、それ以上はお兄ちゃんと律子さんが後始末大変だから自重して帰ろうねー」ズリズリ

専門家の方「ぬぁーっ!!!ちょ、待って下さい桃子ちゃんセンパイ!!!まだ!!まだあのライブについて語りきれてないんです!!この千載一遇のチャンスを逃すわけにはーっ!!!」ズリズリ

桃子「こうなると思って外にもうタクシー待たせてるからサッサと乗るよほら」ズルズル

専門家の方「お慈悲を!!どうかもう20分ほどコーナーの尺を~!!!」ワーン!

~~~

621: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:41:20 ID:keCc
~事務所・仮眠室~

藍子「うーん……うーん……」クラクラ

加蓮「藍子……能力の使い過ぎで……」

藍子「はんぺんと……ところてんが……壮絶な戦いをぉ……」クラクラ

響子「これ、いつもの発作ですね……酷い時は亀の悪夢を見るそうですが…」

加蓮「じゃあ今回は軽症か……でも、何で亀?」

622: ◆6RLd267PvQ 22/08/03(水) 00:41:32 ID:keCc
響子「常人には理解ができないから言わない、だそうです」

加蓮「藍子がおかしいのってこの悪夢のせいなのかな……ちょっと心配……」

藍子「5年2組じゃーい……」クラクラ

P「すまない……本当にすまない……どうか悪夢から覚醒めてくれ……!」グズッ

※大体21時間程(無印の巻数)寝込んだそうです。

おわれ。

626: ◆6RLd267PvQ 22/08/04(木) 00:08:16 ID:Bbau
高森藍子「ごほうびください」

更新します。

627: ◆6RLd267PvQ 22/08/04(木) 00:08:36 ID:Bbau
~朝・事務所~

P「んっ…ぷは……!よぅし、エネルギー補給完了!」

藍子「朝ご飯、スタミナドリンクですか…」ホエー

P「まぁな、これさえ飲んでれば最低限の栄養は接種できるから」

藍子「響子ちゃんが見たらどんな顔するかなあ」

P「怖いこと言うな……そりゃ、俺だってきちんと朝飯が食えるならそれに越したことないと思ってるさ、けど夜討ち朝駆けの業界だから、食事を摂る時間も不規則になりがちなんだよ」

藍子「成程、つまり食糧と言うより兵糧だと」

P「ある意味ではそうかもな……だからこの前鰻食われそうになった時は半分意地だったよ」

628: ◆6RLd267PvQ 22/08/04(木) 00:08:55 ID:Bbau
藍子「……プロデューサーさんばっかりいい鰻食べるんですから。私もあれ食べたかったです」

P「並をやっただろお前には」

藍子「足りませんよ、また鰻重買って下さい!」ユサユサ

P「別にあの時もお前に買ったわけじゃ……少しは遠慮を知れ、お前は…」

藍子「でもこの前のライブは私頑張ったじゃないですか!」

P「う…それを言われちまうと……弱いな…」

藍子「じゃあ今からでも鰻を食べに行きますよ、さぁさぁ」グイー

P「こんな朝っぱらから開いてないんだよ」

629: ◆6RLd267PvQ 22/08/04(木) 00:09:11 ID:Bbau
藍子「移動時間を考えたら今からでも遅いくらいです、他県ですし」

P「どこまで行く気だよ」

藍子「私あれ食べてみたいんですよ、飛沫武士」

P「時勢的にやべえ食いモン出てきた…飛沫じゃなくひつまぶしだろ」

藍子「あ、でもアレも食べたいです、ウカムルバス」

P「ウカムルバス」

藍子「丑の日は「う」の付くものを食べるんですよ?ひとまず今から狩りに行きましょう、アカムトルム」

P「「う」が付いてねえ」

630: ◆6RLd267PvQ 22/08/04(木) 00:09:25 ID:Bbau
加蓮「お、やってるねー朝から」

響子「おはようございまーす♪」

P「おう、おはよう、ライブ改めてお疲れ様だな」

響子「今日は台風一過って感じでいいお天気ですよね、洗濯物がどっさり溜まってたので一通り干して来ちゃいました」

藍子「じゃあ皆さん、ウルトラマンを狩りにいきますよ」スチャッ

P「ウルトラマン食うのかよ」

631: ◆6RLd267PvQ 22/08/04(木) 00:09:39 ID:Bbau
響子「あー、今日も丑の日でしたっけ」

P「一の丑、二の丑ってあるからな、今日が今年2回目の丑の日だ」

藍子「……ウルトラマンが駄目ならじゃあ最上静香ちゃんに戦いを挑めばいいんですかね」

P「やめてやれ泣くぞ」

加蓮「要するに、「う」が付けば何でも良いんでしょ?……あ、あった」

響子「加蓮さん、いきなり冷蔵庫漁ってどうしたんです?」

藍子「鰻があるんですか!?」

632: ◆6RLd267PvQ 22/08/04(木) 00:09:52 ID:Bbau
加蓮「はい「烏龍茶」」ドン

藍子「烏龍茶」

響子「烏龍茶…」

泰葉「没収します」シュン!

P「うわあワープしてきた」

633: ◆6RLd267PvQ 22/08/04(木) 00:10:03 ID:Bbau
泰葉「芸歴11年にもなればワープくらいは使えるようになります、烏龍茶は喉の脂を取るので、歌う前には控えたほうがいいと思います、では」シュン!

加蓮「……今日ってボイトレとか入ってたっけ」

響子「何となく事務所に顔を出しただけでオフですよね、私達」

藍子「私の烏龍茶…」シュン…

P「烏龍茶で良かったのかよ」

※最終的に「ウ」ーバーイーツでそれぞれ好きなものを食べたそうです。

おわれ。

637: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:09:58 ID:d1hx
高森藍子「運転手さーん」

藍子の職業奇襲シリーズ再び。更新します。

638: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:10:14 ID:d1hx
~タクシー車内~

運転手「……」グビッ

運転手「焼け付く太陽の陽射し……栄養ドリンクをぐいっと煽る俺……ふ……渋いぜ」

※彼の名は葉都保留人。人呼んで、ハードボイルドドライバーである(自称)。

藍子「人呼んでって、呼んでないじゃないですか、自称だもの」

639: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:10:30 ID:d1hx
藍子「人呼んでって、呼んでないじゃないですか、自称だもの」

運転手「ほう……お嬢ちゃん、視えるのかい…天の啓示が」ニヤリ

藍子「ナレーションくらい見えないとこんな危険な世界で生きていけません、あと、乗せてください、急いでいます」ガチャ バン!

運転手「構わないさ、対価は……チッポケな札びらと、お嬢ちゃんの『刻』を戴くぜ……命のな」スパーッ

藍子「タバコ、やめたほうがいいと思いますよ、都内、禁煙なので」

運転手「フ……コイツはシガレットチョコさ……好物なんでね」スパーッ

~~~

640: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:10:53 ID:d1hx
運転手(午後4時を少しばかり過ぎた頃、俺はどうやら妙なお嬢ちゃんに捕まっちまったらしい……望まぬ試練とやらに…見舞われることになった…)

藍子「前の前の信号を右です」

運転手「おっと、通り過ぎてからそう言われても刻は戻らない……摂理ってヤツさ、理解るだろ?……判断が、ほんの少し遅かった様だな」フッ

藍子「大丈夫です、戻します」ユルフワムゲンチカラー

運転手「なっ、この『能力』はまさか……」

藍子「私は…その摂理に抗います」ミョンミョン

運転手「いいのかい…たかだか信号を2つ3つ通り過ぎただけの事で…そんな大層な能力、見ず知らずの俺なんかに明かしてしまって」

藍子「タクシー代が勿体ないじゃないですか」ミョンミョン

641: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:11:08 ID:d1hx
運転手「摂理を曲げただけでなく、核心まで突いて来るとは……ますます面白いお嬢ちゃんだ…」フッ

運転手(俺達は戻った……信号を1つ、2つ、3つと戻り……そして突然、世界は暗黒に包まれた)

運転手(闇の中で、車酔いにも似た感覚を覚え、しかし周りには何も見えず……永遠にも思えた一瞬が終わる時、俺達の行く手に見えたのは……そう)

~~~

642: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:11:24 ID:d1hx
~とあるあばら家~

母親「たけし……ゴホッ……もういい加減に諦めたらどうなんだい……ゴホッゲホッ」

たけし少年「やだい!おれはどうしても、ゆで卵を完成させるんだ!」

母親「途中で殻が割れて中身が出たり、中身がまだ固まってないから変な形で割れたり……さっきから、失敗作ばかりじゃないか……ゴホッ……」

たけし少年「それでもおれは…栄養満点のゆで卵を、体の弱い母ちゃんに作ってあげたいんだ……こんなことくらいで、諦めて……たまるかよ!!」

643: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:11:38 ID:d1hx
母親「そりゃあ立派な志さ……でもその志の陰で、犠牲になる者がいることを……忘れちゃいけな……ゴホッゴホッ!!」

たけし少年「母ちゃん!!よく噛んで食べないから咽るんだ!水を飲んで、ちゃんとよく噛めば、黄身が喉に詰まるなんて事、絶対ない!!」

母親「そうだね…でも流石の母ちゃんも…物量には勝てないからね……」

たけし少年「おれの失敗したゆで卵は母ちゃんが食って片付けてくれる…無駄になる卵なんてひとつもない……おれは母ちゃんのために、完璧なゆで卵を…作らなきゃならないんだよおおお!!!」

~~~

644: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:11:54 ID:d1hx
藍子「……しゅさん………運転手さん」

運転手「……はっ!」ビクッ

藍子「起きて下さい、というか、乗せてください」

運転手「ここは……そうか、お嬢ちゃんが乗車する前まで…戻って来ちまったか…」スパーッ

藍子「とにかく、時間がないので乗せてくださいね、頼みますよ」ガチャ バン!

運転手「因みに。目的地を訊いていなかったな……一体どこまでドライブするつもりだい?」

645: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:12:12 ID:d1hx
藍子「4時からスーパーのタイムセールなんです、友達が仕事で買いに行けないので、代わりに買いに行かなければいけません」

運転手「へえ……わざわざタイムセールにタクシーを使うなんて、大胆な判断をするじゃないか」

藍子「いいんです、お買い物にかかった分のお金は立て替えてくれるそうなので、なるべく高くついたほうがお得じゃないですか」ニヤリ

運転手「フ、悪い顔だ……良いだろう、付き合うぜ、そのタイムセール…一体何を買うつもりかな」

藍子「お一人様1パック80円の卵です」ドンッ!

646: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:12:26 ID:d1hx
運転手「……因果なモノだな……ちょうどさっき、旧い幻想を視ていたよ」

藍子「たけしって言うんですね、お名前」

運転手「……視えていたのか……ハードボイルドに過去は要らない……過ぎた幻は、眠らせておくものさ」

藍子「お母さん、元気ですか?」

運転手「最近はフィットボクシングにハマッてるぜ」フッ

ブロロロロロ……

~~~

647: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:12:40 ID:d1hx
~後日・女子寮キッチン~

響子「じゃあハイ、160円」チャリン

藍子「あれ?」

響子「2パック買ってきてくれましたよね、その分です」

藍子「……タク代、領収書は渡しましたよね…?」

響子「払うわけないじゃないですか」

藍子「!!???」ガーン!

648: ◆6RLd267PvQ 22/08/05(金) 00:12:55 ID:d1hx
響子「立て替えるのは卵の代金だけに決まっているでしょ、大体藍子ちゃんはいつもいつもろくでもない事ばっかり企んで!一体4時まで何してたんですか!!」ヌァーッ!!!

藍子「リオレイア亜種の卵運んでました……」

響子「ゲームはスリープにできるでしょ!!!」

藍子「一度運び出したら止まらなくなったんですよ!!!」

ギャースカ!ワースカ!

美穂「ゆで卵美味しいね、加蓮ちゃん」モグモグ

加蓮「ちょっと咽るけどね、ゲホッ」

おわれ。