2: ◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/09/26(月) 20:12:58.31 ID:XKvrlj5h
――メイ、メイ。

メイ「う、うーん…」

――メイ、起きて。

メイ「んん…あれ、私…」

3: ◆2XUM89JJWNIX (光) 2022/09/26(月) 20:14:14.91 ID:XKvrlj5h
四季「やっと起きた。おはよう」

メイ「四季…ふぁぁ、おはよー…ん?」

四季「今日のメイはお寝坊さん」

メイ「待て待て待て。どうしてお前が私の部屋にいるんだ」

5: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:15:16.85 ID:XKvrlj5h
四季「メイに会いに来たから」

メイ「はぁ?なんでだよ」

四季「メイに会いたかったから」

メイ「答えになってない!」

7: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:16:19.02 ID:XKvrlj5h
四季「おかしなことを言う。メイに会いたい以上の理由なんて、あるわけがない」

メイ「わけわかんねぇ、一体何が目的で…いや、そもそもどうやってここに」

四季「メイ」

メイ「っ!?」

9: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:17:31.47 ID:XKvrlj5h
四季「メイ、私の目を見て」

メイ「な、なんだってんだ、急に…」

四季「メイにもっと見て欲しい。もっと知って欲しい。私のことを、私の気持ちを」

メイ「お、おい、本当にどうしたんだよ。今のお前、なんか変だぞ」

10: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:19:22.73 ID:XKvrlj5h
四季「メイ、可愛い」

メイ「はあっ!?」

四季「可愛い、可愛い。すごく可愛い。可愛い」

メイ「う、うるせぇ!やめろ!可愛いって言うんじゃねぇ!」

11: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:20:40.57 ID:XKvrlj5h
四季「ちゃんと私を見て。私の声を聞いて」

メイ「やめろって言ってる…っ、なんだこれ、四季から視線を外せない…!?」

四季「それでいい。メイはいい子」

メイ「身動きも取れない…なんだよ、なにがどうなってんだ!?」

12: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:22:34.25 ID:XKvrlj5h
四季「可愛い、可愛い、可愛い、可愛い」

メイ「やめろ、それ以上言うな、やめてくれ…!」

四季「メイ――」

「可愛い」

メイ「や、やめろーっ!!!!」

13: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:23:56.35 ID:XKvrlj5h
……………………………………

メイ「うわああっ!?」

四季「やっと起きた、大丈夫?」

メイ「はあっ、はあっ、し、四季…?」

四季「心配した、ずっとうなされていたから…」

14: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:25:08.37 ID:XKvrlj5h
メイ「はぁ、はぁ…ゆ…夢…?」

四季「怖い夢を見たの?」

メイ「よく思い出せない…けど…不思議な感じだった。懐かしいような、くすぐったいような…」

四季「メイ…」

15: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:26:13.86 ID:XKvrlj5h
メイ「…悪い。少しの間、こうさせてくれ」

四季「うん。メイ、可愛い」

メイ「言うなっての、恥ずかしいんだから…」

四季「照れ屋さんなところはさらなり」

16: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:27:40.47 ID:XKvrlj5h
メイ「枕草子みたいに言うんじゃねぇよ…」

四季「いい子。おいで」

メイ「んぅ…」

ああ、あったかい。こうやって四季の腕の中に包まれていると、すごく落ち着くんだ。

17: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:29:50.86 ID:XKvrlj5h
四季「メイ、大好き」

澄んだ声が耳をくすぐる。四季の体温が心地よくて、私は身を預けたまま、うとうとしてしまう。

四季「メイ、メイ――」

沈みゆく意識の中で、ふと気付く。

四季「――――」

私は…なんで四季は、私の部屋にいるんだ?

18: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:31:47.15 ID:XKvrlj5h
……………………………………

四季「メイ?」

メイ「っ!?」

ここは、私の家の…リビング…?

四季「起きたばかりですぐ寝ちゃうなんて、寝不足?」

19: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:33:07.53 ID:XKvrlj5h
メイ「あ…ああ、悪い、ぼーっとしてた」

四季「朝ごはん、もうすぐできるけど、食べられる?」

メイ「もちろん、食べる食べる」

四季「本日のメニューはトーストとサラダ。ジャムはお好みのブルーベリー」

21: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:34:35.85 ID:XKvrlj5h
メイ「そりゃ最高。あ、手伝うよ」

四季「いいから、そのまま待っていて。お寝坊さん」

メイ「ちぇっ」

こう言われては仕方ないので、大人しくテーブルで待つことにする。

22: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:36:04.05 ID:XKvrlj5h
手際よく朝食の準備をする四季は、どこか楽しそうに見える。

トースターの音、窓から差し込む陽の光、エプロン姿の四季。どれもこれも、見慣れた朝の光景だ。

四季「お待たせ」

メイ「おお、美味そう。あれ、ジャム変えたのか?」

24: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:38:26.59 ID:XKvrlj5h
四季「変えてみた。お値段の割に美味しいって評判」

メイ「それはぜひ試してみなきゃだな」

テーブルの向かいに四季が座り、二人揃っていただきます。トーストにたっぷりとジャムを塗ってかぶりつく。カリッとした音と食感がたまらない。

メイ「んんっ、んまい!」

25: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:41:36.90 ID:XKvrlj5h
その様子を見ていた四季が軽く笑い、自分のトーストに口をつけた。これまたカリッとした良い音が響いて、満足げに小さく頷く。

四季「評判は正しかった。焼き加減も抜群」

メイ「へへ、とびっきりの朝ごはんだな――ん?」

二口目を頬張ったところで、ふと気付く。妙に視野が狭いというか、周囲の様子がぼやけて、曖昧な感じがする。四季と朝ごはんだけは、はっきりと見えるのに。

26: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:44:26.65 ID:XKvrlj5h
四季「どうしたの?」

寝起きだからかなと、目を擦ってみたけれど…違う、寝ぼけ眼のせいじゃない。他のものに注意を向けることができない…いや、認識することができないんだ。

メイ「なん…」

「なんだよ、これは」と言ったつもりが、言葉になっていなかった。空気が急に薄くなったかのように、音も、光も、この場にある全てのものが遠のいて、輪郭を失っていく。

27: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:46:24.83 ID:XKvrlj5h
メイ「し、き…」

私はかろうじて四季の名前を口にした。それが精一杯だった。

四季「メイは可愛い。天使みたい」

薄れていく感覚の中で、四季の声だけがはっきりと聞こえた。深い霧に落ちていくように、私は意識を手放した。

28: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:48:29.17 ID:XKvrlj5h
……………………………………

メイ「…うわあっ!?」

四季「メイ、大丈夫?」

メイ「えっ…あれ、ここは…」

ぼんやりした頭と目で辺りを見回す。焚き火、森、テント、小川、湖――

29: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:50:45.23 ID:XKvrlj5h
四季「慣れないアウトドアで疲れちゃった?」

隣に腰掛けた四季が心配そうに覗いている。アウトドア…そうだ、思い出した。今日は四季の趣味に付き合って、湖のほとりにキャンプしに来たんだった。

メイ「悪い。なんつーか、久々だからさ、こういうの」

「でも、楽しいぞ」と付け足すと、ホッとしたように笑みを浮かべてくれた。徐々に意識がはっきりしてくる。小川のせせらぎ、森を流れる風、静かに波打つ湖――すごく良い雰囲気の場所だ。

30: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:52:23.55 ID:XKvrlj5h
四季「夏も、もう終わる」

焚き火を見つめたまま、四季が呟く。

四季「ここは星がとても綺麗に見える」

辺りはいつの間にか夜になっていた。四季も私も、その変化に違和感を抱くことはなかった。焚き火だけが変わらずパチパチと音を立てている。

四季「だから、メイと一緒に来たかった」

31: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 20:54:42.07 ID:XKvrlj5h
四季はケトルを手に取ってマグへと注いだ。ふわり、とコーヒーの香りが立ち上る。

メイ「夜なのにコーヒーか?」

四季「心配ない、ディカフェ。星を見ながらのコーヒーは格別」

二つあるマグの片方を取ると「メイはこっち。お砂糖は二つ入れてある」と私に差し出した。

32: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:04:08.27 ID:XKvrlj5h
メイ「ありがと。いただく」

ふぅふぅしながら、湯気がたなびくマグカップに口をつける。熱い。けど、甘くて苦くて美味しい。

四季「ほら、星が輝いている」

メイ「わ…!」

コーヒーから空へと視線を向けると、その先には雲一つない満天の星が広がっていた。しばらくの間、私は喋ることを忘れていた。私たちを包み込むような、静かに響き渡る星の歌声――

33: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:05:50.22 ID:XKvrlj5h
メイ「すげえな」

四季「圧巻」

メイ「きっとここでしか見られない光景だな」

四季「うん。メイと一緒に来たかった」

メイ「ああ、本当に――」

四季の言葉に頷こうとした。そのとき、ぐらり、と視界が揺れた。

34: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:08:03.12 ID:XKvrlj5h
メイ「くっ…またかよ」

呟いたが、やはり声にならなかった。いつの間にか周囲を霧が満たしていた。目の前がぼんやりして、頭がくらくらする。焚き火はなおも燃え続けていた。

四季「メイ、私は――」

四季が何か言ったようだけど、私には聞き取ることができなかった。頭の中が雲がかって、なにもかもが白く塗りつぶされていく。

四季「――――」

まどろみの中に、深く深く解けていくみたいに。

35: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:09:42.16 ID:XKvrlj5h
……………………………………

目を開くと、そこには何もない空間が広がっていた。薄暗さと静けさだけが満ちていて、私はその中で揺られていた。私はここが水の中だと直感した。

私は怖いとも、不思議だとも思わなかった。水の中なのに、しっかりと息も出来ていた。

メイ「さっき飲んだのは熱いお茶じゃなくて、コーヒーだってのに」

ん、さっきってなんだ?

メイ「わけわかんねぇ」

36: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:11:38.70 ID:XKvrlj5h
記憶は曖昧だけど、頭ははっきりしていた。水面からはかなり離れているようで、光さえ届かない。私の体はゆっくりと、ひそやかに、下へ下へと沈んでいく。誰かがこっちに来いって、呼んでいるみたいに。

メイ「誰か…そうだ、四季は…あいつもどこかにいるのか?」

ふと、水底へと目を凝らす。視界の端の方で何かが小さく光ったような気がする。星かな。

メイ「いや、水中に星は無いよな」

でも、海の星って書いて、ヒトデって読むんだったか?

37: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:13:12.64 ID:XKvrlj5h
私が『星』に近付くにつれて光は小さくなり、徐々にシルエットがはっきりしてくる。ああ、あれはきっと――視力は悪い方だけど、見間違えたりなんかしない。忘れるはずがない。

メイ「見つけたぞ。なんだよお前、そんなところで」

四季は水底で揺られていた。本を抱きしめ、良い夢でも見てそうな優しい寝顔で、ふわふわと流れに身を預けている。

メイ「なるほどな、ここが四季のお昼寝スポットってわけか」

38: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:15:28.01 ID:XKvrlj5h
静かな場所が好きなのは知ってるし、心安らげるということもわかってる。

メイ「だけどさ。ここはあまりにも殺風景だし…お前にはちょっと寂しすぎるんじゃないか?」

そのとき、上から一筋の光が差し込み、真っ暗だった水底を照らし出す。四季はゆっくりと目を開けて、二人の視線が交わる。

まるで、おとぎ話の眠り姫みたいだ。四季の顔を見て、そんなことを思ったりした。

39: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:16:47.71 ID:XKvrlj5h
四季「あなたは私に光をくれた」

声が聞こえた。口元は軽く笑みを浮かべたままだけど、四季が語りかけてくるのがわかる。

四季「あなたは私の世界を広げてくれた」

私も同じだ。迷っていた私の手を取って、四季が一緒に新しい世界に飛び込んでくれたから。

40: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:20:19.67 ID:XKvrlj5h
四季「メイに会えて嬉しい」

メイ「私もだ」

私は手を伸ばして、四季の手に触れた。四季はそっと握り返してくれた。私たちはやっと微笑み合った。二人を照らす光と色が広がっていく――

41: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:21:45.12 ID:XKvrlj5h
……………………………………

消毒液のにおいがする。試験管の音、誰かが歌う声、匂い、ぬくもり。

メイ「ん、んん…」

四季「メイ、起きた?」

メイ「四季…ここは…」

42: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:23:07.98 ID:XKvrlj5h
四季「科学室。私が来た時には寝ていた」

メイ「あ…これ、四季の白衣」

四季「他にかけるものがなかったから。毛布とかの代わり」

メイ「そっか…ありがとな」

43: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:24:07.51 ID:XKvrlj5h
四季がじっと見つめている。無表情だけど、心配している顔だ。

メイ「別に、なんてことねーよ」

四季「それならいい」

メイ「でも、なんだか長い夢を見てたみたいだ」

44: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:25:10.76 ID:XKvrlj5h
四季「夢。良い夢だった?」

メイ「どうかな。私、夢ってすぐ忘れる方だから」

四季「良い夢だったと思う」

メイ「えっ?」

45: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:26:08.16 ID:XKvrlj5h
四季「メイの寝顔、どことなく嬉しそうだった」

メイ「あ…」

四季「いい顔すぎて、写真、撮るの忘れた」

メイ「…ふふ、そっか。四季が言うなら、そうかもな」

46: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:27:13.16 ID:XKvrlj5h
四季もくすっと小さく笑って、火にかけたケトルに向き直る。

メイ「――ああいうのに憧れてるのかな、私」

四季「なにか言った?」

メイ「いや、ただの寝言だよ」

47: 名無しで叶える物語(光) 2022/09/26(月) 21:28:36.51 ID:XKvrlj5h
四季「コーヒーを淹れる。飲む?」

メイ「頼むよ。あ、砂糖は」

四季「わかってる。お砂糖は二つ」

そうだよ。私も四季と一緒の時間を過ごせることが、本当に嬉しいんだ。



終わり

引用元: 四季「夢の彼方で」