2: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:14:05.03 ID:gAxlNljN0
イストワール「かくかくのしかしか…という訳で、アイエフさんには諜報部から店舗別特典ドラマCD企画募集係に移動していただきます」

アイエフ「なるほど…うまうまというわけですね」

イストワール「はい」

アイエフ「…って!!納得できるわけないじゃないですか!!な、なんでなんですか!?私なにかやらかしましたか!?」

イストワール「うーんと、ですね」

イストワール「…なんでも、ネプテューヌさん曰く『店舗別特典ドラマCDの企画?うーん、考えるの面倒くさいからゲイム業界のみんなから募集するのはどうかな?あ、担当者はあいちゃんで!』とのことです」

アイエフ「…あのグウタラ女神っ!」

イストワール「あ、それとですね…『引き受けてくれなかったらあいちゃんのバイク紫に塗装しちゃうから!』ともおっしゃっていました」

アイエフ「人質作戦とは卑怯なことを…っ!」

イストワール「私個人といたしましても、アイエフさんは適任だと感じております。助手にコンパさんもお付けしますので、引き受けてくださいませんか?」

アイエフ「あー、もーっ!わかったわよ!やればいいんでしょ!」

イストワール「毎度無茶振りをしてしまい、申し訳ありません…」

3: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:15:08.70 ID:gAxlNljN0

コンパ「あいちゃんとお仕事、楽しみですー!」

アイエフ「私はあんまりノリ気じゃないけど…」

コンパ「…え?あいちゃん、私とお仕事するのもしかしてイヤなんです?」

アイエフ「そ、そんなことないわよ!コンパと一緒に仕事できるのは楽しみよっ!」

コンパ「…ほ、ほんとです?」

アイエフ「もちろんよっ!」

コンパ「わーい!あいちゃん大好きですー!」

アイエフ「こ、こら!急に抱きつかないのっ!」

4: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:16:29.37 ID:gAxlNljN0

アイエフ「きのう、ドラマCD企画募集のサイトを作ってみたはいいけれど…応募なんて来るのかしら?」

コンパ「うーんと、今メールを確認してみるです!」

コンパ「う、うわー!大変ですーっ!」

アイエフ「ど、どうしたのこんぱ!?」

コンパ「応募が…応募が…!」

アイエフ「まさかゼロ!?」

コンパ「5000件以上来てるですーっ!!」

アイエフ「…ごせん?」

5: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:17:30.08 ID:gAxlNljN0
コンパ「はいです!」

アイエフ「さすがに来すぎじゃない!?デンゲキコのところでやってるラノベ新人賞より来てるじゃない!!」

コンパ「あいちゃんもパソコンの画面見てみるです!」

アイエフ「うわっ!ほんとに来てるっ!」

【ネプ子様がネプ子様FC副会長に愛の告白をするCD】

【現実では下っ端だけど、異世界転生したらチートで最強CD】

【幼年幼女を守る会のセミナーCD】

【カリスマナス農家と考える第一次産業とは赤字産業なのか、迫り来る世界的飢餓とその政策CD】

コンパ「いろんな企画があるですー」

アイエフ「うーん、全部は見ていられないし、目を引くタイトルのものをピックアップして見ていきましょうか」

6: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:19:07.51 ID:gAxlNljN0

【ノワールにお友達がたくさん出来てお友達ハーレムになるCD】

アイエフ「なによこの企画…」

コンパ「お友達ハーレムってヘンな言葉ですー」

アイエフ「ラステイション関連で言えば、こんな企画も来てるわ」

【お姉ちゃんがユニに甘えてくるCD】

アイエフ「えぇ…なんかさっきから応募者が誰かだいたい分かる感じがするのは気のせいかしら…?」

コンパ「ユニちゃん関連でしたらこんなのもあるですー!」

7: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:20:28.76 ID:gAxlNljN0

【信じておくり出した最愛の姉がケーシャに  られて悔しがるユニCD】

アイエフ「うっわー。どんな特殊なシチュエーションなのよ…」

コンパ「 、  られ…ってなんですー?」

アイエフ「コンパは知らなくていいのよ!!」

コンパ「でも気になるですー!あ、  られ企画が他にもあるですー!」

【信じておくり出したネプギアちゃんと金髪巨 美女がダブルピースでツーショット写メ送ってきて悔しがるネプテューヌCD】

アイエフ「…ベール様」

コンパ「同じアドレスから他にも企画が複数来てるですよー!」

【金髪巨 美女とユニちゃんが姉妹だったことが発覚するCD】

【姉の貧 に嫌気がさして金髪巨 美女の妹になることを決意するロムラムちゃんCD】

コンパ「うーん、この人よっぽど妹さんが欲しいんでしょうか?」

アイエフ「妹だけじゃないみたいよ…」

8: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:21:50.52 ID:gAxlNljN0

【ネプテューヌ、ブラン、ノワールがベールの年下のママになって3人がかりで甘やかしちゃうCD】

コンパ「ど、どういう意味ですー??」

アイエフ「バブみ勢だったのね…」

コンパ「ばぶみ…?」

アイエフ「コ、コンパは知らなくていいの!はぁ、まさかベール様がこんなに闇の深いお方だったなんて…」

コンパ「闇が深そうな企画と言えばこんなのも来てるですー。アドレスから察するに異世界からの応募みたいですー」

【お姉ちゃんや他の女神、女神候補生の皆さんが生き返って私を許してくれて、みんなで楽しく過ごすCD】

アイエフ「…」

コンパ「…」

アイエフ「これはちょっと重すぎるから一旦おいときましょう」

コンパ「…ですです」

9: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:23:00.36 ID:gAxlNljN0

【ネプテューヌさんがキリキリ働いてくれるCD】

コンパ「プラネタワー内で使ってるアドレスから送られて来てるですー」

アイエフ「イストワール様…あれ?プラネタワーのアドレスからは他にも応募があるみたいね」

【いーすんが休暇をくれるCD】

【働いてもいないネプテューヌさんが休暇を欲しがらないCD】

【いーすんがイヤミ言ってこないCD】

【誰のせいでイヤミ言わなくちゃいけないかネプテューヌさんが理解してくれるCD】

【いーすんの性能が上がって仕事を全部やってくれるCD】

【お姉ちゃんといーすんさんがケンカやめてくれるCD】

アイエフ「レスバトルみたいになってるわね…」

コンパ「企画バトルですー」

アイエフ「なんかこっちが疲れてきちゃうわね…もっとほのぼのした企画はないのかしら?」

コンパ「うーん、あ、こんなのがあるですー」

10: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:24:40.01 ID:gAxlNljN0

【また らくせんして おちこんでいる おねえちゃんを なぐさめてあげるCD】

【らくせんして おちこんでいる おねえちゃんの ぜつぼうがお が とってもかわいいCD】

コンぱ「はーとふるですー」

アイエフ「いやいやいやいや…どっちか1人心に悪魔を飼ってるわよ…」

コンパ「悪魔といえば、こんな企画も来てるですー」

【最初は〜、「けっ!お前みたいな卑怯なヤツに屈するかよっ!この悪魔っ!」とか言っちゃううずめちゃんを〜、「うずめをプルルート様のワンちゃんにしてほしいの〜」って言うまで〜、かわいがってあげちゃうCD〜】

アイエフ「げっ!これ同人とかでよくあるシチュエーション…ていうか、プラネテューヌの健全ゲーでこんな企画ダメよっ!」

コンパ「どうじんってなんですー?」

アイエフ「あぁーっ!なんでもないわよっ!もうっ!なんでこんな勝手な企画ばっかり来るのかしらね」

コンパ「あ!あいちゃんと私をモデルにした企画もあるですよー!」

【最愛のコンパちゃんをネズミ界No.3に  られて爆炎覚醒(笑)しちゃうアイエフCD】

アイエフ「あのドブネズミっ!!万が一にもアンタとコンパがいい感じになることなんてないからっ!!今度シメとかないと…」

コンぱ「うーん。よくわかんないですけど、この  りっていうのがゲイム業界で流行ってるですー?」

アイエフ「いや、流行ってるというより自分の嫉妬心を満たすの丁度いいだけじゃないかしら…」

11: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:25:47.45 ID:gAxlNljN0

アイエフ「結局、あれだけあった企画にもまともなモノがほとんどなかったわね…」

コンパ「でもでも、期日までに脚本を仕上げて提出しないとですー!」

アイエフ「そうなのよねー」

コンパ「そうです!ならいっそ、全部採用しちゃうのはどうです!?」

アイエフ「どういうことよ?」

コンパ「いろんな企画のいいとこ取りをして、脚本を作っちゃうってことですっ!」

アイエフ「えー、うーん。でも策がないのも事実だし…うーん…」

12: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:26:59.32 ID:gAxlNljN0

〜〜数日後〜〜


イストワール「アイエフさん、脚本完成お疲れ様でした」

アイエフ「い、いえ…大変でしたがなんとか…はは」

イストワール「なんでも企画の応募は5000件以上あったとか」

アイエフ「あ、はい。そうです…」

イストワール「さぞかし面白い脚本が出来ているのでしょう!わくわくします!」

イストワール「では、読んでみますね」

13: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:28:30.60 ID:gAxlNljN0

【ドラマCD ゲイム業界の日常?(仮)】


〜〜プラネテューヌ〜〜


ネプテューヌ「くっそー!ベールにネプギアを  られちゃった!!」

うずめ「アッ…ぷるっちの足で踏まれるの…好きぃ…」

プルルート「ぷるっち?プルルート様、だよね〜?」

うずめ「はいぃ…プルルート様ぁ…」

ネプテューヌ「あのー、私の部屋でマニアックな   するのやめてくれるかなー?ただでさえイライラしててリア充なんて見たくないんだよねー!」

プルルート「うーん。ねぷちゃんも〜、私のワンちゃんになりたいの〜?」

うずめ「え…」

プルルート「あ〜、うずめちゃん今嫉妬したでしょ〜?私のワンちゃんは自分だけがいいのかな〜?」

うずめ「ち、ちげーよっ!」

プルルート「ふぅん。なら〜、私がねぷちゃんを可愛がってもいいの〜?」

うずめ「そ、それは…」

ネプテューヌ「あー、この流れ見たことある。「うずめちゃんの口かは聞きたいな〜」とか、「いい子にはご褒美あげなきゃね〜」みたいな言葉絶対出てくるヤツだよこれ…」

ネプテューヌ「そんなお約束な展開見てらんないよっ!ネプギア  られて人恋しいから、街でナンパでもして来ようっと!」

14: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:29:52.63 ID:gAxlNljN0

ネプ子様FC副会長「今日もねぷ子様とノワール様の百合同人が大量でいい日だな〜。ぜんぶ2冊ずつ買ったから、帰ったら1つはノワール様の顔に私の顔写真くっつけちゃおっ!」

ネプテューヌ「へいカノジョ!暇ならデートしない?」

副会長「えっ!ま、まさか本物のねぷ子様!?い、いや待て待て。私みたいな喪女に春が訪れるなんてありえない!はっ!そう言えばギアちゃんFCの人から聞いたことがある!ネプギマとかいうニセモノに騙されて金銭を貢がされたたとっ!これはハニトラだっ!た、助けてーっ!」

ネプテューヌ「ねぷっ!?ちょっとナンパしただけで声かけ事案になっちゃったよ!」

アブネス「ガラッ!幼女の悲鳴が聞こえたわよっ!幼女を襲おうとする  コンは死罪よ!」

ネプテューヌ「わ、私、襲ってなんて…」

副会長「この人ですっ!」

15: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:30:58.88 ID:gAxlNljN0

アブネス「幼女が幼女をナンパだなんて世も末ね!いいこと?今度、  コン撲滅セミナーを開くから、それを聞きに来なさい。今回はそれで見逃してあげるから!ちなみに、参加費は10万クレジットね!」

ネプテューヌ「じゅ、10万…!そ、そんなお金…私には…」

アブネス「じゃ、そういうことだから!あと、そのセミナーな隣の会場でマザコングがセミナーしてるけど、そっちと間違えないようにねっ!ガラッ!」

ネプテューヌ「困ったな〜。そうだ!こういうときは私の親友に相談しに行こう!頼れるのは親友!はっきりわかるよね!」

17: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:32:51.76 ID:gAxlNljN0

〜〜ルウィー〜〜


ブラン「ふ、ふふ…もうすぐデンゲキコ大賞の一次審査結果のウェブ発表ね…」

ブラン「今回は本当に自信作よ…犯罪神を倒す力を得るため、姉や友人たちを殺した少女。悲しみに明け暮れる少女の前に1人の女性が異世界から転生してくる。その転生者は現実では下っ端と呼ばれていたけれど、転生と同時にチートなスキルを手に入れる。その力を使って少女の殺した人たちを生き返らせる。そしてハッピーエンド…よ」

ブラン「私は異世界チーレムとかは好きじゃないけれど…プロは読者のニーズに応えるもの…私情は挟まない」

ブラン「そうしているうちに、発表の時間ね…」

PC画面「落選」

ブラン「…」

18: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:34:09.25 ID:gAxlNljN0
ブラン「…はは」

ブラン「キレるというより、泣きたい…」

ロム「お、お姉ちゃん…?泣いてるの…?涙ふきふき」

ブラン「ロム…ありがとう」

ラム「…」

ブラン「ラムも、心配して来てくれたのよね。ありがとう」

ラム「え!?心配!?そ、そう!心配で来たのよっ!」

ブラン「…?」

ロム「ラムちゃんね、私にはよくわからないけど、お姉ちゃんが悲しそうにしてるの見るの、好きなんだって」

ラム「わ、わー!ロムちゃんそれ言わないでよーっ!」

19: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:35:22.14 ID:gAxlNljN0

ブラン「え、どういうこと…?」

ロム「お姉ちゃんの絶望顔が見たくて、お姉ちゃんがデンゲキコ編集部に送った原稿から1ページ抜いといたんだもんね!」

ブラン「どういうことかしら…!?」

ラム「え!?な、なんのことかなー?」

ブラン「これはお仕置きが必要ね…」

ラム「わ、わー!かんべんしてー!」

ロム「…」

ロム「ラムちゃんの絶望顔…」

20: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:36:41.81 ID:gAxlNljN0

ラム「ふんだっ!ちょっとイタズラしたくらいでそんなに怒らなくたっていいじゃない!」

ロム「ラムちゃん。落ち着いて」

ラム「だいたいね!新人賞で1ページ抜けてるなんてよくある話なのよ!最終選考に残って、1ページ抜けてるから送ってくださいってメールが来てデビューした作家さんもいるんだから!」

ロム「うんうん」

ラム「もう!あったま来た!お姉ちゃんキレキャラだし!貧 だし!貧 だし!」

ロム「貧 だしね!」

ラム「私、実はベールさんから妹として引き抜きの話が来てるのよ!」

ロム「え、そうなの?」

ラム「そうよ!ロムちゃんも一緒に行かない!?」

ロム「うーん。どうせ連れ戻されるだろうし…戻ってきたときお姉ちゃん怒るよね…怒られて、絶望顔するラムちゃん…うんっ!リーンボックス行こっ!」

ラム「おー!」

21: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:37:34.18 ID:gAxlNljN0

ブラン「ロム?ラム?どこにいるの?」

書き置き「ひん    きれきゃら な おねえちゃん なんかより きょ    で やさしい べーるさん の ところに いきます。らむちゃん ろむちゃん より」

ブラン「…え?」

ブラン「ロムとラムが家出…?しかもベールみたいな幼女誘拐願望が人一倍強い女のところへなんて…」

ブラン「ど、どうしたら…」

ブラン「そうだわ!こういうときは、親友のところに相談に行けばいいのよ!」

ブラン「よし。行くわよ…」

22: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:40:09.09 ID:gAxlNljN0

〜〜リーンボックス〜〜


ネプギア「お姉ちゃんがいーすんさんとケンカやめてくれなくて…」

ベール「それで家出を?ですが、ネプテューヌとイストワールのケンカなんていつものことではなくて?」

ネプギア「そうなんですが…休暇をくれとか、あげませんとか、イジワルとか、なんでイジワル言ってるのかわからないのかとか…あまりに低レベルな煽り合いで、見てられなくって…」

ベール「なんとなく想像できてしまいますわね…まぁ、ネプギアちゃんならいつまでもリーンボックスにいてくれてかまいませんが」

ネプギア「あはは…」

ベール「で?ロムちゃんとラムちゃんはどうして家出を?」

ラム「お姉ちゃんが貧 だからーっ!」

ロム「ラ、ラムちゃん、それじゃベールさんに伝わらないよ…」

ベール「でも確かにあの貧 は問題ですわ。じゅうぶん家出の原因になりえますわね」

ロム「そ、そうかな…」

ベール「そしてっと」

ユニ「…ぐすっ、ぐすんっ」

ベール「ユニちゃんはどうして家出をいたしましたの?しかも、涙を流して…可愛らしい顔が台無しですわよ?」

23: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:41:10.80 ID:gAxlNljN0

ロム「ユニちゃんの絶望顔…」

ユニ「…アタシ、見ちゃったんです」

ベール「…なにをですの?」

ユニ「戸籍をっ!!」

ベール「戸籍?」

ユニ「うぅ…ぐすっ…」

ベール「お話しできる状態じゃないようですわね。困りましたわ…」

ネプギア「待ってくださいね。今ラステイションの戸籍管理システムに侵入するから…あっ!ユニちゃんの戸籍あったよ!あれ?でも、これ…」

ベール「見せてくださいまし」

ベール「えっ!ユニちゃんの姉がわたくしということになっておりますねっ」

ネプギア「なんでちょっと嬉しそうなんですかベールさん…」

24: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:43:15.39 ID:gAxlNljN0
ユニ「こ、これを見たお姉ちゃんが…なにかの間違いだから安心してって言って…調査に出かけて…」

ベール「なるほど。しかし、まだそれだけでは家出の原因にはなりませんわね」

ユニ「そして、そして…ワヤワヤしてるうちにお姉ちゃんがケーシャに  られちゃったの!!」

ネプギア「ワヤワヤの部分が気になるよユニちゃん!」

ユニ「私、私…辛くて、辛くて。もう一週間も何も食べてないし飲んでないし寝てないんです…」

ベール「そ、それはかなりマズイですわ!わかりました!わたくしがユニちゃんを癒してさしあげます!ユニちゃん。なんなりとおっしゃってくださいな」

ラム「ユニちゃん、かわいそう…」

ネプギア「私たちがついてるからね!で、でもワヤワヤの部分が気になるんだけど…」

ロム「絶望顔…」

25: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:44:04.95 ID:gAxlNljN0

ユニ「じゃ、じゃあ…ベールさんにお願いをしてもいいですか…?」

ベール「ふふ。もちろん」

ユニ「…このお面つけて私に甘えてきてください」

つノワールのお面

ベール「…え?」

ユニ「なんでもするって言いましたよね?」

ベール「え、えぇ。ですが…い、いえ!他でもないユニちゃんのためですわ。やりましょう!」

26: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:45:55.12 ID:gAxlNljN0

ノワール(ベール)「ユニちゃ〜ん!頭なでなでしてくださいな〜!」

ユニ「違うっっ!!!」

ノワール(ベール)「ひぇっ!」

ユニ「ちゃんとお姉ちゃんになりきってください!」

ノワール(ベール)「わ、わかりましたわ…」

ノワール(ベール)「ふ、ふんっ!ユニになんて甘えたくないけど甘えてあげるんだからねっ!感謝しなさいよっ!」

ユニ「違う違う違う違う違うっっ!!」

ノワール(ベール)「こ、今度はどこがダメでしたの?」

ユニ「もっと!ツンの中に本当は甘えたくてしょうがないという媚びた心を込めてくださいっ!!」

ノワール(ベール)「え、えぇぇ…」

ユニ「ほら!続きやりますよ!」

ノワール(ベール)「ユ、ユニぃ…わ、私…」

ユニ「違うっっ!!」

ノワール(ベール)「ちょっと指摘が早くありませんこと!?もうちょっと聞いてからでもよろしくなくて!?」

ユニ「はぁ〜。今の感じだと無理だと思ったから言ったんです」

ノワール(ベール)「も〜!どうすればいいんですの!?」

ノワール(ベール)「そうですわ!こういう時こそ親友に相談ですわ!」

ノワール(ベール)「行きますわよ…ラステイションへ!」

27: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:47:16.19 ID:gAxlNljN0

〜〜ラステイション〜〜


ネプテューヌ「お待たせーっ!プラネテューヌ編から結構たっちゃったけど、主人公の再登場だよ!」

ブラン「あなたは誰に向かって話してるのよ…」

ノワール(ベール)「みなさんもお悩みがあって、親友に相談を?」

ネプテューヌ「そうだよっ!」

ブラン「頼れるのは親友」

ノワール「おまたせ!私のお友達ハーレムのみんな!」

ネプテューヌ「きゃーっ!ノワールだいすきぃ!」

ブラン「私も…その、ノワール大好き。ルウィーとラステイションのハードに互換性付けない?」

28: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:48:52.43 ID:gAxlNljN0

ノワール(ベール)「わたくしもノワールのこと愛しています。できれば、わたくしのママになって欲しいですわ」

ブラン「なにそれちょっと引く」

ネプテューヌ「ベールがノワールにオギャってるところ想像すると笑えるんだけどっ。ぷぷーっ」

ノワール(ベール)「あら、わたくしはブランとネプテューヌにもあわよくばママになって欲しいと感じておりますわ」

ネプテューヌ「ねぷっ!?」

ブラン「引く…」

ノワール「はいはい!そこまでよ。まずベールはそのお面とって。順番にみんなの悩みを聞くから」

29: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:49:54.88 ID:gAxlNljN0

ノワール「なるほどね。ネプテューヌはお金、ブランは家出したロムラムちゃんと新人賞、ベールは私のモノマネね」

ネプテューヌ「なんとかなるかなー?」

ブラン「親友に頼るしかないの!」

ベール「お願いいたしますわ!」

ノワール「大丈夫!私を誰だと思っているの?このノワールに任せなさい!」

30: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:51:23.23 ID:gAxlNljN0

〜数日後〜

ケーシャ「あれから、ネプテューヌさんはノワールさんが紹介したバイト(ヒヨコの性別を見分ける仕事)でお金を貯めてセミナーに行きました」

ケーシャ「そのセミナーに触発されて、今ではプラネタワーで孤児院をやっているそうです。社会奉仕の精神を学んだことで、イストワールさんと和解。ネプギアちゃんが戻ってきたみたいです」

ケーシャ「ブランさんはノワールさんのコネで出版社から本を出してもらいました。ノワールさんが各アフィブロガーに依頼して絶賛記事を書かせたところ、大ブレイク。ロムラムちゃんも戻ってきたみたいです」

ケーシャ「ベールさんはノワールさんのモノマネを完全にマスターし、ユニと幸せに暮らしているみたいです」

ケーシャ「余談ですが、プラネテューヌで看護学生に対してストーカー行為を繰り返していたネズミが爆炎に焼かれたらしいです」

ケーシャ「そして、私は…」

ノワール「ケーシャ!ほら、デートに行くわよ!」

ケーシャ「はい!ノワールさん…」

ケーシャ「いま、とっても幸せです!」

ケーシャ「ユニの戸籍を書き換えたりワヤワヤしたり…いろいろ頑張ったかいがありました!」

おわり

31: ◆w0H99JXzb9SL 2017/02/16(木) 19:51:50.05 ID:gAxlNljN0

アイエフ「…と、いう感じが完成脚本にかりますが、どうでしょうか?」

イストワール「…」

イストワール「うーんと、ボツです☆」

アイエフ「ですよねーw」

本当におわり

引用元: 【ネプテューヌ】アイエフ「新作ゲームの特典ドラマCD企画募集係に移動…?」