1: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/23(木) 18:31:47.01 ID:UANl8jU3O
夜景が綺麗な、高級レストランにて。

二人っきりで、向き合いながら。


楓「私と、結婚してください」


俺の担当アイドル――高垣楓は、そう言った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487842307

2: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/23(木) 18:48:31.46 ID:UANl8jU3O
『××月××日の夜』

『二人で、飲みに行きません?』

『いいお店が、予約できそうなんです』


……と、脳裏に蘇るのは数週間の彼女の誘い。

なるほど、確かに良い店である。

『他のみんなには、ナイショでお願いしますね?……ふふっ』という言葉にも頷ける。


P「――」


返事を、しなければと思う。

が、急に喉が渇いて口と舌がうまく回らない。

……テンパっているのだ、初ステージに立つ前の新人アイドルのように。

4: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/23(木) 19:57:22.05 ID:UANl8jU3O
楓「初めて……だったんです。ここまで、私を引き出してくれた人は」


楓「自分の気持ちを伝えるのが苦手だった私に、ここまで付き添ってくれた人は」


……確かに、出会ったばかりの頃の楓さんは、初対面の人と話す事を苦手に感じていた。
初期の頃は言葉に詰まってしまうことがよくあったし、お酒の席で相談をする事も多かった。


楓「そして。あなたは私を選んでくれて、ここまで育ててくれました」


楓「……」


楓「……私は、あなたと一緒にいたい。これからも、この先も、ずっとずっと、その向こうまで」


楓「あの頃よりも。魅力的な子たちが、もっといっぱいいる中で」



楓「あなたは……また、私を、選んでくれますか?」

5: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/23(木) 19:58:30.10 ID:UANl8jU3O

P「選びます」


6: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/23(木) 20:06:41.48 ID:UANl8jU3O
即答だった。

あの頃を思い出しながら、あの頃と同じように聞かれて。

そうしたら、あの頃と同じように、即答していた。


楓「本当に……私で、いいんですか?」

P「はい」

楓「……でも」

P「……楓さん。俺も、あなたと同じ気持ちです」

P「俺も、あなたと一緒にいたい」


7: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/23(木) 20:11:05.44 ID:UANl8jU3O
不安そうなオッドアイの瞳が、ゆっくりと閉じられていく。

楓さんは、ほっとしたように、自分の胸を撫で下ろし、


楓「……よかった……」


心から嬉しそうに、微笑んだ。

瞳の端からは、小粒な涙が、ポロポロと流れていた。

8: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/23(木) 20:16:41.41 ID:UANl8jU3O

……しばらくして、楓さんの涙も止まり。


楓「はぁ……夢、じゃないかしら……?」

P「夢じゃないですよ」

楓「嬉しくても、止まらないくらいの涙は、流れるんですね」

P「キレイ、でした」

楓「……ふふっ」


楓「でも、本当によかった。コレが無駄にならなくて」

P「……コレ?」

9: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/23(木) 20:30:03.80 ID:UANl8jU3O
楓さんが、机の下から取り出した小箱。

パカッと開いた、その中から出て来たものは。


楓「本当は、もっと上手に……告白と一緒に、出すつもりだったんですけど」


給料3ヶ月分では納まりそうにない輝き。

一目見て高貴なものだとわかるモノ。

かと言って主張し過ぎる事はなく、装飾者を主役とする慎みのある指輪。


コレには我らが緑の事務員もニッコリ――ではなく。

10: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/23(木) 20:30:59.69 ID:UANl8jU3O

楓「指輪をはめる指は……ね?」


楓さんは、いつものように微笑んだ。

12: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/23(木) 22:48:42.46 ID:33BtvxvI0
『……実は』

『ホテル、取ってあるんです』

『プロデューサー、明日はオフ……でしたよね?』

『ふふっ……私もなんです』

『意味は……わかりますよね?』



パーフェクト・コミュニケーション!



P「……とまぁ、最高の一夜を過ごしたわけだが」

P「俺は一つ、忘れていた」

13: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/23(木) 22:50:21.12 ID:UANl8jU3O

P「……他のアイドルに、どう説明しよう……」

楓「zzz……zzz……」


16: ◆cad9vEEdTSaN 2017/02/24(金) 00:59:05.22 ID:ZKHQSsfZO
楓さんと結ばれたことに後悔はない。

むしろ、幸せの絶頂である。

しかしまぁ、勢いに任せた行動だったことは否めない。


P「ちひろさんに、常務に、部長に……ううむ、マジでどう説明しよう……」

P「………」

P「というか、だ……」

P「冷静に、なってみると、だ……」


『Pちゃまへの想いを込めて、歌います』

『待てますか』

『どうしよ、Pさん…。アタシ、本気で役の気分に…!』

『神崎P……。あっ、なんでもないです!あわわ……』

『とりあえずお好きな壁に、まゆを……ね?』


P「ざっと、思い返してみると……うん」

P「……」

P「……勘違いなら、いいなぁ……」

楓「……すやぁ……」

引用元: 高垣楓「プロデューサー、今度飲みに行きません?」