1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/06(土) 22:28:12.83 ID:+RfXibmV0
さやか「もう私にはまどかしか…」

まどか「大丈夫だよ、ずっと傍にいるよさやかちゃん」

まどか(自分がゾンビだとわかって上条君を仁美ちゃんに取られて私に依存するさやかちゃんかわいい)


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/06(土) 22:55:29.93 ID:+RfXibmV0
さやか「だったらあんたが戦ってよ」

さやか(あれなに言ってるんだろ、私)

まどか「さやか…ちゃん?」

さやか「キュウべえから聞いたわよ。あんた誰よりも才能あるんでしょ?私みたいな苦労をしなくても簡単に魔女をやっつけられるんでしょ?」

さやか「私の為に何かしようって言うんなら、まず私と同じ立場になってみなさいよ。無理でしょ。当然だよね。ただの同情で人間やめられるわけないもんね?」

まどか「あ……」

さやか(やめて…)

さやか「何でも出来るくせに何もしないあんたの代わりに、あたしがこんな目に遭ってるの。それを棚に上げて、知ったような事言わないで」

まどか「さやか…ちゃん…」

さやか(ああ…もう私はダメだ、ごめんまどか…)

まどか「さやかちゃん!」

さやか「ついて来ないで…!」

まどか「…」

ぎゅッ

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/06(土) 23:06:16.19 ID:+RfXibmV0
まどかはさやかの手首を握っていた

さやか「…」

さやか「離してよ」

まどか「…嫌だよ」

さやか「離せ」

まどか「嫌」

まどか「このままさやかちゃんがどこか行っちゃいそうだから…」

さやか「…もうまどかの知ってる美樹さやかなんていないんだよ」

さやか「私はゾンビ」

さやか「もう恭介からも必要とされないだろうし」

さやか「あはは…本当にどこかに行くかもね」

まどか「私は…」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/06(土) 23:17:26.18 ID:+RfXibmV0
まどか「私はさやかちゃんが必要だよ…」

さやか「は…?」

さやか「なに?同情?」

さやか「安い慰めなんていらないんだよ!!」

さやか「本当は私のことなんて気持ち悪いと思ってるクセに!!」

まどか「そんなことないっ!!!!」

さやか「なっ…まどか…?」

まどか「ゾンビかなんてどうでもいい!」

まどか「私にとってさやかちゃんはさやかちゃんだよ!」

さやか「…うるさい」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/06(土) 23:26:33.50 ID:+RfXibmV0
さやか「うるさい!うるさい!!」

さやか「私は人間ですらない価値のない存在なの!」

さやか(だから…もう私のことは見捨ててよまどか…)

まどか「違う」

まどか「私にとっては、一番大切な存在だよさやかちゃん」

さやか「もう…やめてよ」

まどか「上条君のことで絶望しないで」

まどか「さやかちゃんには私がいることをわかって」

さやか「あ…あ」

さやか「やめて…まどか…」

さやか「まどかにひどいこと言った私なんかに優しくしないで…」

ギュウ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/06(土) 23:36:26.33 ID:+RfXibmV0
まどかはさやかを抱きしめた

まどか「さやかちゃんのためだったら、私は魔法少女にだってなれるよ」

まどか「いっしょに苦しみをわかちあえるならなんだってなれるよ」

まどか「私は…さやかちゃんの上条君みたいな存在になれないかな?」

さやか「ああ…ううっ…」

さやか「ごめんごめんねまどか…!」

さやか「私…私…!」

涙を流すさやか

まどか「ほら、ちゃんと涙だって流せる」

まどか「さやかちゃんはさやかちゃんのままだよ」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/06(土) 23:43:18.56 ID:+RfXibmV0
まどか「さやかちゃん…」

顔近づけるまどか

さやか「ぐすっ…ふぇ…まどか……?」

まどか「目を閉じて、さやかちゃん」

さやか「え…」

さやか(もしかして…まどか…)

さやか(でも…まどかになら…)

さやか「…うん」

まどか「ずっと傍にいるよ、さやかちゃん」

まどかはさやかに口付けを交わした



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 03:25:31.23 ID:Q2yhwogGO
さやか「あーもう疲れちゃった。今日はさっさと帰ろうか、まどか」

まどか「さやかちゃん・・・」

まどか「もう、自分を傷つけるようなことはしないで」

さやか「そうでもしないと勝てないのよ。あたしは、弱いから」

まどか「さやかちゃんは弱くなんかないよ! いつもわたしを助けてくれたのはさやかちゃんだよ!?」

まどか「あの工場の時だって、ううんそれ以外にもいっぱい・・・」

まどか「さやかちゃん、そんなこと続けてたら壊れちゃうよ・・・」

さやか「壊れるって? あたしが?」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 03:32:39.38 ID:Q2yhwogGO
さやか「私はもう石ころなんだよ! 魔女を殺すことにしか意味のない存在なんだよ!」

さやか「あんたにはわからないでしょ!? あたしにはもう価値なんてないのにさ!」

まどか「わ・・・わたしはたださやかちゃんが心配で」

さやか「だったらアンタが戦ってよ!!」

さやか「あたしの為に何かしようってならまずあたしと同じ立場になってみなさいよ!」

さやか「無理でしょ? 当然だよね!」

さやか「ただの同情で人間やめられる訳ないもんね!」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 03:40:05.51 ID:Q2yhwogGO
さやか「あんたにはわからないでしょうよ! あたしがどんな思いで戦ってるか・・・」

さやか(違う・・・まどかはただ本当にあたしの事が・・・)

まどか「さやかちゃん・・・!」

さやか「ついてこないで!」ダッ

まどか「待って! さやかちゃん!」

さやか(バカだよあたし。なんてこと言ってんの・・・)

さやか(もう救いようがないよ・・・!)

まどか「はぁっ はぁっ」

(さやかちゃん・・・)

(早く見つけなきゃ!!)


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 03:51:09.28 ID:Q2yhwogGO
まどか「はぁっ はぁっ さやかちゃん!」

さやか「・・・ついてこないでって言ったでしょ」

まどか「わたしじゃ、ダメかな・・・」

さやか「え・・・?」

まどか「さやかちゃんは自分に価値がないって言うけど、わたしはやだよ」

まどか「さやかちゃんがいなくなるの、やだよぅ・・・」ヒック

まどか「ねぇ、わたしが上条君の代わりにさ、さやかちゃんの価値見つけるから」ヒック

さやか「あんた、何言ってんの?」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 04:06:45.29 ID:Q2yhwogGO
まどか「わたし、さやかちゃんのことが好き・・・なの」

まどか「最初は憧れだと思ってたよ? いっつも守ってくれてかっこいいなって」

まどか「でも! さやかちゃんが自分を石ころだと思ってても、ゾンビだと思ってても!」

まどか「わたしはさやかちゃんにいてほしい。自分のこと蔑ろにしないでほしい」

さやか「何よそれ・・・意味わかんない」

まどか「うん、そうだよね。意味わかんないよね、気持ち悪いよね」

まどか「でも、さやかちゃんのこと大事に思ってる人が、傷付いてほしくない人がいることは、わかってほしい」

さやか「・・・」

まどか「それにわたし、さやかちゃんの為なら、いいよ」

まどか「キュゥべぇ! 聞こえる?」

さやか「あんた、何を・・・?」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 04:18:02.02 ID:Q2yhwogGO
QB「なんだい? まどか」

まどか「わたしの願い事、決まったよ」

まどか「わたしの願いは、さやかちゃんを元の女の子に戻すこと・・・」

QB「本当にそれが君の願いなんだね? いいだろう。契約は」

ザンッ

Q/B「」

さやか「あんた、自分がなにしようとしたかわかってんの!?」

まどか「わかってるよ。わたしはさやかちゃんを助ける・・・!」

さやか「まどか・・・」

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 04:32:11.93 ID:Q2yhwogGO
さやか「さっきのことは、ゴメン。あたし、熱くなってた」

さやか「でも、戦い方は変えられない。あたしは、負けられないから」

まどか「で、でも・・・」

さやか「いいから! それと、あんたはもう魔法少女に関わっちゃだめ。勿論あたしにも」

まどか「だ、ダメだよ! そんなの! さやかちゃん、いつか本当に・・・」

さやか「大丈夫だから。あたしには理由ができた」

さやか「あんたを魔法少女にさせないためにあたしは死ねない」

まどか「違うよ! そういうことじゃないんだよ!」

さやか「・・・ごめん。じゃあね、まどか」

まどか「さやかちゃん・・・そうじゃないよ・・・」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 04:45:53.12 ID:Q2yhwogGO
――――――――――――――――――

さやか「うおああああああああああああッ!」ザクッ

使い魔「ギャアアアアアアアアアアアア」

ほむら「どうして分からないの?」

ほむら「余裕がないのなら魔女だけを狙って仕留めなきゃ駄目なのよ」

ほむら「使いなさい。ソウルジェムはもう限界のはずよ」カラン

さやか「・・・」シュウウウ

ほむら(受け取った・・・!?)

さやか「あたしは誰かを見捨てたり利用しない、見返りだっていらない」

さやか「そのためにも死ねない。これはありがたく貰っておくわ」

ほむら「いつまでも綺麗事ばかり言っているとあなた・・・死ぬわよ」

さやか「じゃあどうしろって言うのさ!」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 05:04:26.35 ID:Q2yhwogGO
ほむら「それは・・・」

さやか「あたしには力がない。素質がないから死ねって言うんでしょ!?」

さやか「いっそ殺してよ。あたしのこと」

さやか「まどかには魔女を狩りに旅に出たってでも言ってさ」

さやか「あんた、なんだかんだ言ってまどかだけは大事に思ってるようだからさ。任せるよ、まどかのこと」

ほむら「・・・」チャキ

まどか「だめぇっ!」

パァン


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 05:20:22.24 ID:Q2yhwogGO
ほむら「!! まどか!」

さやか「ま、どか・・・? カフッ」

まどか「さやかちゃん死んじゃダメだよ! ほむらちゃん速くさやかちゃんを治してぇ!」

ほむら「くっ回復魔法は得意じゃないんだけれど」パァアアア

ほむら「私の魔法でも長らえることはできるけど、回復なら癒しの願いを持つ美樹さやかのほうが確実よ」

さやか「まどか・・・なんで・・・」

まどか「さやかちゃんソウルジェムを握って! はやく!」ギュッ

さやか(ここで、死んだら・・・まどかまた・・・!)

さやか「くっぅあああああああああ!」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 05:32:47.17 ID:Q2yhwogGO
パァアアア

さやか「はぁッはぁッ まどか、もう関わるなって・・・」

まどか「さやかちゃんのことやっぱり放って置けないよ」

まどか「わたし、あれから放課後いつも探してたんだよ? さやかちゃんのこと」

さやか「なんで、あんたは・・・」

さやか「ああもう! 意味わかんない!」

さやか「なんであたしは弱いのよ! なんで仁美なのよ!」

さやか「なんであんたは、まどかはあたしを見捨てないのよ・・・」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 05:46:03.44 ID:Q2yhwogGO
ほむら(・・・ここは美樹さやかのためにもまどかに任せたほうがよさそうね)スッ

まどか「わたしはさやかちゃんのことが大事だから! さやかちゃんが傷付くのは他の何よりも苦しいから!」

まどか「さやかちゃんが辛いなら抱き締める! キスだってできる!」

まどか「ゾンビなんて、石ころなんて関係ない! さやかちゃんが認めなくたって関係ない!」

まどか「さやかちゃんの背に庇われるだけじゃない! わたしがさやかちゃんの力になりたいから! 少しでもさやかちゃんの為になりたいから!」

まどか「わたしはさやかちゃんが好きだからぁっ!!」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 06:00:47.21 ID:Q2yhwogGO
さやか「まどか・・・」

さやか「今まで、ごめん」グスッ

さやか「恭介のことも、まどかのことも、まだあたしにははっきりとはわからない」

さやか「まどかが契約しようとした時、考えるより先に動いてた。」

さやか「まどかにはあたしみたいには絶対なってほしくないって思った」

さやか「あたし自身、生きてていいんだってそんな風に思えたのはまどかのおかげだよ」ポロ

さやか「もう無茶はしない。魔女との戦い方だっていろいろ工夫する」

さやか「だから・・・だからまた、一緒に魔女退治に来てくれる? あたしについて来てくれる?」

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/07(日) 06:15:04.75 ID:Q2yhwogGO
まどか「・・・もちろん!」ポロ

まどか「ふふ、やっといつものさやかちゃんに戻った」

まどか「おかえり、さやかちゃん」

さやか「うん、ただいま。まどか・・・」

まどか「さやかちゃん、さやかちゃん・・・!」ダキッ

さやか「ごめんね、まどか。あたしのせいで」

まどか「ううん、いいの。こうしてまたさやかちゃんと一緒になれたから・・・」

さやか「これからはずっとあたしがまどかを守から、ずっと側にいるから」

さやか「まどかもあたしから離れないでね?」

チュッ

まどか「・・・ぇ?」

さやか「ふふ、まどかの気持ち、ちょっとだけわかったかも」

さやか「好きだよ、まどか」

まどか「・・・うん、わたしも!」