1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 23:48:35.29 ID:yvYf0bN60
QB「願い事が決まったってほんとなのかい?」

まどか「うん」

QB「じゃあ、願いを叶えてあげるから僕と契約して魔法少女になってよ!」

まどか「いいよ」


ほむら「だ、ダメよ、まどか!」カクレテル



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 23:52:46.18 ID:yvYf0bN60
まどか「けど、普通に契約するのもなんか面白くないかな~って」

QB「どういうことだい? 言ってる意味がよくわからないんだけど」

まどか「QB、わたしとゲームをしようよ」

まどか「QBが勝ったら、わたしすぐにでも魔法少女になるよ」


ほむら「ゲーム!? な、何を言っているのまどか…!」マダ

ほむら「魔法少女になるってことは遊びじゃないのよ!」カクレテル

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/16(金) 23:56:29.51 ID:yvYf0bN60
QB「なんだか回りくどいなぁ…」クシクシ

QB「けど、まどかがそうしたいって言うなら僕は別にかまわないよ」

QB(特になにも考えてなさそうだし、ゲームに勝てば問題ないさ)

まどか「けどね、負けたらQBはもう誰も魔法少女にしちゃだめだよ」

QB「えっ!?」ザワッ…


ほむら「ざわ・・・ざわ・・・」ズットカクレテル



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:01:44.74 ID:IPjzAdEl0
まどか「当然だよね、わたしが契約するってそのぐらい価値があることだもんね?」ウェヒヒ

QB「ま、まぁ、そうだね…」ダラダラ

まどか「ゲームは対等じゃないと成り立たないから、このぐらいしょうがないよね」

QB「ちょっといいかい? そのゲームを始める前にゲームの内容を聞いてもいいかな?」

まどか「うん、別にいいよ」


ほむら「……」ジー


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:06:40.59 ID:IPjzAdEl0
まどか「ゲームって言ってもそんなに難しいものじゃないよ」

まどか「それにQBにとっても有利なんだよ?」

QB「へぇ…、それは嬉しいね」

まどか「ゲームの内容は…、『わたしがQBがこれからする行動を当てられるかどうか』、だよ」


ほむら「は…?」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:08:10.14 ID:IPjzAdEl0
QB「うん? それは僕の行動を予想して、あらかじめ紙に書いておいたりして」

QB「あとで答えあわせをするというものかい?」

まどか「ううん。例えばわたしが『QBが右前足をあげる』って言ったら」

まどか「QBは左前足をあげればQBの勝ち、右前足をあげたらわたしの勝ちだよ」


ほむら「有利なんてものじゃないわよ、まどか! そんなの必ず負けるわ!」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:10:32.52 ID:IPjzAdEl0
QB「そんなゲームでいいのかい? 正直、僕が負けるとは思えないんだけど」

まどか「うん、それでいいの。だってわたし魔法少女になりたいんだから」

まどか「だから、QBが勝ったら『必ず』わたしを魔法少女にしてね?」

QB「わかったよ」

QB(最近の少女の考えはよくわからないなぁ…)

QB(まぁいいか、こんなことでまどかが契約してくれるなら僕は万々歳だからね)


ほむら「この世界もダメね…、時間を巻き戻しましょう…」ガクリ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:20:06.06 ID:IPjzAdEl0
まどか「じゃあいくよ?」

QB「うん、いつでもいいよ」

まどか「QBはこれから…、わたしを……」

QB「…」ゴクリ

まどか『魔法少女にしようとする!』ウェヒッ


ほむら「え?」キョトン



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:23:36.37 ID:IPjzAdEl0
QB(ふむ。まどかの予想は僕がまどかを魔法少女にしようとする…)

QB(つまり、それとは関係ない行動を取れば僕の勝ちというわけだね)

まどか「ねぇ、QB。早く何かしてよっ」

まどか「足をあげてもいいし寝転がってもいいよ。そしたらわたしの負けで…」

まどか『QBはわたしを魔法少女にしてくれるんだよね?』

QB(ん?)


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:27:21.89 ID:IPjzAdEl0
QB(まどかの言うとおり、僕がこの場で寝転がれば僕の勝ち……)

QB(そうすれば僕はまどかと契約しようと……あれ!?)

QB(契約しようとしたらまどかの予想が当たることになって…)

QB(僕の負けになるッ!!?)ガクゼン

まどか「うぇひひ、どうしたのかなQB、顔色が悪いよ?」ウェヒヒヒヒヒヒ


ほむら「まどか…、恐ろしい子!」シロメ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:30:28.15 ID:IPjzAdEl0
QB(こ、こんなのってないよ…、あんまりだよ…!)

QB(っていうか、イカサマじゃないかなって思うな、僕…)

QB(…うん、やめさせよう。このゲームはなかったことにするべきだ)

QB「……」スゥ

まどか「もしかして喋るのかな? 喋られたらわたしの負けだなー」ウェヒヒヒ

QB「!?」ング…

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:33:48.11 ID:IPjzAdEl0
QB(喋ったら僕の勝ちだって!? な、ならテレパシーで…)

まどか「それともテレパシーでも送られるのかな? わたし負けちゃうよー」ティヒヒヒ

QB(よ、読まれてる!? どういうことなんだ…、どうしてそこまで僕に勝たせたがる…)

QB(……そういえばあの時、)

~まどか「だから、QBが勝ったら『必ず』わたしを魔法少女にしてね?」~

QB(ハッ!)



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:36:14.00 ID:IPjzAdEl0
QB(どうする…、どうすればいいんだ…!)

QB(僕が何かすればその瞬間、自動的に僕の勝ちになる)

QB(何か…、何か回避する方法は…んん?)

ほむら「」コソコソ

QB(あ、あれは暁美ほむら……そうだ!)


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:39:14.71 ID:IPjzAdEl0
QB(僕が何か行動をとる前に、僕が絶命すればゲームは中断……)

QB(それでどうにかうやむやに出来るはずだ!)

QB(暁美ほむら…気付いてくれ! 今僕は鹿目まどかを魔法少女にしようとしているぞー!)ジー

QB(いいのか!? まどかが魔法少女になってしまっても、かまわないって言うのかッ!!)ジィィー


ほむら「ほむっ!? インキュベーターに見つかったようね…」

ほむら「どういうわけか熱い視線を送られているわ」ファサッ


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:43:03.19 ID:IPjzAdEl0
QB(おーい、暁美ほむらー! 今、目が合っただろう!?)

QB(目を逸らさないで! お願いだから! こっちを見てよぅ!)

QB(今にも君の大切なまどかが凶悪なインキュベーターの毒牙にかかりそうになっているんだぞ!)

QB(君はそれでいいのかッ! 暁美ほむらァァッ!)


ほむら「……なんとなく、殺して欲しそうな顔してるわね…」

ほむら「あぁ…、そういうことね」フフッ



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:47:10.71 ID:IPjzAdEl0
QB(なっ、笑った!? この状況を察して、僕がなにも出来ないことを知って…!)

まどか「…?」チラッ

ほむら「…!」アッ

QB(こ、こうなったら…、ここは運がいいのか悪いのかここは歩道の真ん中……)

まどか「……」チョイチョイ

ほむら「……」コクリ

QB(偶然通りかかった自転車か何かに轢かれて…)

QB(いや、この際、歩行者に踏まれただけでも死んでやるっ!)


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:52:16.64 ID:IPjzAdEl0
まどか「ねぇQB、ここって誰か通りかかったら、踏まれたりして危ないと思うんだ」

QB「!」ビクン

QB(まさか…)

ほむら「私の出番と言うわけね」ファサッ

まどか「ほむらちゃん、QBを危なくない場所に移動してもらってもいいかな?」

ほむら「えぇ、任せて。こんな可愛い生き物が怪我をすることろなんて見たくないもの」ニコォ

QB(あ、おわった……)


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:55:41.63 ID:IPjzAdEl0
――――
――

QB(以来、僕は暁美ほむらの家のベランダで置物と化している…)

QB(ワルプルギスの夜が来た時も、まどかに連れられて安全を確保され)

QB(4人の魔法少女たちが結束して魔女を撃破…)グスン

QB(もうこうなったら……)

QB(何億分の一、何兆分の一かはわからないが、隕石が降ってきて僕を直撃する可能性に…)

QB(かけるっ!!)クワッ

QB「……」

QB(……まだかなー)


   -OSIMAI-

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/17(土) 00:59:00.41 ID:IPjzAdEl0
人食いワニのジレンマ、なんて言われてる自己言及のパラドックスでした
べぇやんをこういう感じで精神的に追い詰めるのって楽しいよね
最後まで読んでくれてありがとう