1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:22:24.08 ID:d7TXKz780
マミ「いい加減にしてください」

俺「そうだぞお前」

まどか「えっ?わたし?」

マミ「あなた誰なの?」

俺「そうだよ誰だよお前。ピンクの髪の毛したキャラクターなんてロクな女いねえんだぞ」

マミ「あなたよあなた」ギリギリ

俺「あいててててて」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:26:02.89 ID:d7TXKz780
俺「あ、マジですいません八ツ橋あげるんで許してくだしゃい」

マミ「いらないわよそんなの」

俺「えマミさんて甘いもののためなら友達とか魔法少女にしようとするんですよね」

マミ「は?なにそれ」

俺「え、だって、まどかを魔法少女に勧誘したとき《願い事が決まらないなら、ケーキを頼みましょう。みんなでパーティするの》とか言ってたじゃないですか」

マミ「あ、いや、それは物のはずみというか・・・」

俺「どんだけケーキ好きなんすか。そりゃ太るわ」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:28:28.70 ID:d7TXKz780
マミ「あなたほんと失礼ね。行きましょ鹿目さん」

俺「逃げるんですかハムさん」

マミ「マ・ミです!!!!!」

俺「マムさん?田舎のお母さんみたいな体型だからですか?」

マミ「誰が美奈子よ!!!!」

俺「いやそこまでは言ってないですけど」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:31:09.68 ID:d7TXKz780
まどか「あ、マミさん。もう予鈴鳴っちゃいますよ」

マミ「いけない。こんな失礼な人を相手にしてるなんて時間の無駄ね」

俺「そうですねハムさん行きましょう」

マミ「だからついてこないで!!!
なんなのあなた!いい加減にしてよ!
ファンなの?ファンならファンなりのマナーってもんがあるんじゃないの?」

俺「そんなブヒブヒ怒らないでくださいソウルジェム濁りますよ」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:33:19.82 ID:d7TXKz780
まどか「マ、マミさん落ち着いて」

まどか「田村くんももうやめなよ・・・」

俺「はあ。まあ今日はこんなもんかね」

俺「じゃマムさん放課後会いましょう。ここで待ってますんで」

マミ「誰が行きますか!!!!!」スタスタ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:35:09.80 ID:d7TXKz780
マミ「あの人なんなの?鹿目さんのクラスメイト?」

まどか「あ、はい・・・田村くんはちょっと変わってるみたいで」

マミ「変わってるどころの話じゃないわよ!」

まどか「ですよね・・・でもあんなに話してるところ初めて見ました。
もしかして本当にマミさんのファンなのかも」

マミ「えっ」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:37:50.67 ID:d7TXKz780
マミ「ばっ、ばかなこと言っちゃだめよ鹿目さん。どうしてそう思うのかしら」

まどか「なんか、田村くんてあんまりクラスでも話さないし、ちょっと浮いてるんですけど
なんかマミさんと話しているときはすごく生き生きしてたから・・・」

まどか「なんてそんなわけないですよね。変なこと言ってごめんなさい」

マミ「・・・・・・」

マミ「わたしにファンが」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:40:48.25 ID:d7TXKz780
マミ「ファン・・・」

マミ「でもおかしくはないはずよね。
わたしって一応人助けも頑張ってるし、学校でも良き先輩だし、それにちょっとかわいいし・・・」

マミ「い、今までファンができなかったのがおかしかったのよね」

マミ「ふふふ。そう考えるとあの子もかわいいものよね」

マミ「素直になれないからってあんなちょっかいだして」

マミ「次会ったときはもう少しやさしくしてあげ

俺「デブ先輩ちーす」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:45:40.70 ID:d7TXKz780
俺「痛い痛い殴らないで体重がのって痛い」

マミ「あなたね。わたしは仮にも先輩なのよ。それに先輩じゃないにしたって、人を傷つけるような言葉はつかうべきじゃないわ」

俺「・・・・・・」

マミ「わかった?」

俺「ふぇ・・・」

マミ「えっ?」

俺「ふぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:48:12.86 ID:d7TXKz780
俺「ふぇぇぇ!ふぇぇぇ!」

マミ「え、ちょっと。泣いてるの?」

俺「ふぇぇぇん」グスグス

マミ「ご、ごめんなさい言い過ぎたわよ」

俺「ふぇぇぇぇん!!!」

マミ「ああ、どうしたら泣き止んでくれるのかしら」

俺「ふぇぇぇぇん!デート!ふぇぇぇん!」

マミ「えっ、デート?」

俺「または精神的ショックに対する慰謝料30万円!ふぇぇぇぇん!」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:50:29.28 ID:d7TXKz780
マミ「さりげなく金品を要求しないでちょうだい」

俺「バレてたか」

マミ「デート、って言ったかしら」

俺「こんなデートに食いつく先輩やだわー」

マミ「も、もういいわ!別に食いついたわけじゃないわよ」

俺「しかたないなー。デートしてやるよ」

マミ「えっ?」

俺「えっ?」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:52:26.60 ID:d7TXKz780
マミ「それってこっちのセリフよね」

俺「いや、まあそんなのはどうでもいいですよね。とりあえず、今日の放課後待ってますんで」

マミ「あっ、田村くん」



俺「めっちゃ緊張したわーやべー」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 18:55:42.80 ID:d7TXKz780
昼休み
マミ「というわけで恋愛経験豊富なあなたに相談しにきたの」

さやか「それはナイスなチョイスですよマミさん。ここはさやかちゃんにまかせておきなさい」

マミ「ええどうしたらいいのかわからないの」

さやか「しっかしあたしのクラスの田村がマミさんのファンだったとは驚きを隠せないわ」

さやか「まあでもお出かけだと思って楽しんで出かけてきたらいいんじゃないですかマミさん」

さやか「嫌いな人をデートに誘うわけないしね」

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:00:47.31 ID:d7TXKz780
マミ「やっぱりそうよね。ってことは田村くんはわたしに惚れてしまったのかしら」

さやか「おそらくそうでしょうね。またはその豊満な身体目的か」

マミ「女子中学生の意見にしては生々しいわね」

さやか「あたしだって言いたくないですけど、確かにマミさんの身体ってなんかおいしそうですよね」

マミ「そ、そうかしら。実は最近よくハムを食べてるの。たんぱく質は胸をつくるっていうから」

さやか「へぇーハミさんのマム食べてみたい」

マミ「いやマミさんのハムね。ハミさんって誰なの」

さやか「まあとにかく頑張ってくださいねマミさん」

マミ「ありがとう美樹さん。わたしちょっと頑張ってくるわね」バタン


さやか「・・・・・・はあ」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:05:12.77 ID:d7TXKz780
放課後
マミ「ここ、で合ってるわよね」

俺「あ、マミさーん」

マミ「あ、田村くん。ごめんなさい待ったかしら」

俺「いえ、漬物を漬けてたのでそんなに気になりませんでした。食べますか?」

マミ「あ、え、遠慮しておくわ」

俺「そうですか残念です。ではまずマミさん」

マミ「?」

俺「今日は来てくださってありがとうございます。憧れのマミさんとデートなんて田村、すごく嬉しいです。
今日はデートといえど、ご多忙のマミさんの日頃の疲れを癒していただけたらなと思ってます」

マミ「田村・・・くん・・・///」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:09:51.74 ID:d7TXKz780
マミ「あ、あなたそういうしっかりした態度とれるならどうして」

俺「ふふっ。それではまずデートプランの説明をさせていただきます」

マミ「ええ、お願いしようかしら。しっかりエスコートしてちょうだいね。ふふっ」

俺「おまかせください。マミさんのような素晴らしいレディーを退屈させるわけにはいきませんからね」

俺「ええ、まず。夜景の見えるレストランを予約してありますので、そこで有機野菜をふんだんに使った料理を召し上がっていただきます」

マミ「まあ素敵」

俺「そして食後は夜の見滝原を風に吹かれながら二人で歓談しつつ散歩」

マミ「いいわね」

俺「んでそのあとに、雰囲気に流されたマミさんをラブホテルに連れ込んで、めでたく処女喪失という流れになっております」

マミ「!?!?!?」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:13:00.94 ID:d7TXKz780
マミ「えっ?」

俺「いかがでしょうかマミさん」

マミ「あ、いや」

俺「どこかおかしいところが?」

マミ「あ、あのそのデートプランの中に」

俺「あ、マミさんもしかして有機野菜の料理とかより、ラーメン大食いフードファイトとかのがよかった感じですか」

マミ「ち、違うわよ!!!!なんでわたしが処女喪失する流れになってるのよ!」

俺「しょうがないなじゃあ俺が童貞喪失ってことにしてもいいですよ」

マミ「どっちも同じよ!!!!帰る!!!!」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:16:00.12 ID:d7TXKz780
俺「嘘ですごめんなさいマミさん。デートプランなんてないんです。とりあえずジャスコ行きましょうよジャスコ」

マミ「はあ・・・そうよね中学生だもんね」

俺「さ、行きましょうマミさん。
ビレバンとかストーンマーケットとかああいうしょぼい店をひやかした後にフードコートでたまりましょう!あそこ水は飲み放題ですから」

マミ「そんなデートいや・・・」

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:18:27.19 ID:d7TXKz780
ジャスコ
俺「なんだかんだ言ってジャスコきましたね」

マミ「せめてイオンって言ってほしいわ」

俺「あ、そうだ。まずは本屋行っていいですか?問題集みたいんで」

マミ「意外とまじめなのね田村くん」

俺「いやーわかんないとこあって」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:20:49.43 ID:d7TXKz780
俺「あ、あったあった。これなんですけど」

マミ「あなたこんな問題も分からないの?もしかしてお勉強苦手なのかしら」

マミ「ほら、ちょっと見せなさい」グイッ

俺「あっ」

マミ「えーっと、ここは」

俺「(すげえいい匂いするマミさん」

マミ「この公式をあてはめて」

俺「(まるで、バーベキューみたいな」

マミ「誰がBBQよ」


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:24:20.37 ID:d7TXKz780
マミ「もう。教えるのやめるわよ」

俺「ごめんなさいマミさん」

マミ「えーっとそれで、この答えは」

俺「やっぱり我慢できん!」

マミ「えっ、ちょ、田村くん?」

俺「マミさん!マミさぁん!」クンカクンカ

マミ「ちょ、田村くんやめて!やめなさい!」

俺「マミさぁん!マミすぁん!!!香ばしい!香ばしいよう!!!」クンカクンカ

マミ「やめなさい田村くん!」

マミ「その人に迷惑でしょ」

俺「えっ?」

デブ「な、なんなんですか」

俺「あ、まちがえた」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:33:40.02 ID:d7TXKz780
マミ「さっきは散々だったわね。あ、そうだエイデンに寄ってもいいかしら」

俺「ほんとですね。あ、いきましょう」

マミ「これこれー。どう思う田村くん」

俺「マッサージ機ですか。マミさん疲れてそうですもんね」

マミ「うーん。そんなに疲れてるわけじゃないんだけど。
やっぱり魔女退治とかしてるとなんだか癒しがほしくなるのよね」

俺「だったらどうですか?癒し系ペット。たむちゃん」

マミ「なんだか名前からして嫌悪感を拭えないのだけれど一応話だけは聞きましょうか」

俺「たむちゃんはかわいいペット。育てやすくて人に懐きやすい!
躾をすればしっかり自分でトイレもでる。(たまに失敗する)
猫や犬に比べて手がかからない!
飼い主の 着に  を押しつけるのが大好きで、あなたも運がよければ見られるかも」

マミ「何が悲しくてわたしの 着で    するようなペットを養わなきゃいけないのよ。癒しどころの騒ぎじゃないわよ」


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:39:44.33 ID:d7TXKz780
俺「ほらでも、マミさん前言ってたじゃないですか3話くらいで」

マミ「えっ」

俺「もうわたし・・・一人じゃないんだ。とかなんとか」

俺「一人がいやなら誰かに頼ればいいのに」

マミ「そんなこと・・・できるわけないじゃない」

俺「えっ」

マミ「だって。こんなこと誰に相談したらいいの?
わたし、家族なんていないし、友達と呼べるほど仲のいい友達もいないわ。
それに仲がよかったら、なおさら話せない。危険に巻き込みたくなんてないもね」

俺「・・・・・・」


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:43:52.96 ID:d7TXKz780
マミ「結局わたしたちって、一人で戦うしかないのよ。グリーフシードにしたっていくつも魔女が落とすわけじゃない。
誰かとそれを奪い合うなんてこと、したくないわ」

俺「マミさんは、優しいんですね」

俺「ドジでデブで必殺技の名前もダサいし意味からん髪型だけど、マミさんは、誰よりもみんなのことを考えてるんですね」

俺「じゃなきゃ、そんな小さい頃から人助けのために魔法少女なんてやれないですから」

マミ「田村・・・くん」

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/07/29(月) 19:48:32.62 ID:d7TXKz780
俺「マミさん、いつも俺たちの平和を守ってくれてありがとうございます」

マミ「・・・・・・」

マミ「困ったな。泣くつもりなんてなかったのに」

マミ「あんまり人に褒められたことがないから、すごく、嬉しい」

俺「いいんですよ、泣いても」

マミ「田村くん、、、、」

俺「たまには、弱さを見せてください」

俺「で、でもわたし魔法少女だから弱さなんて」

俺「いいんですよ。俺の前では何かを取り繕う必要なんてないんですから」

俺「いいの?わたし、もう誰かに頼っても、いいの?」

俺「いいんだよ、マミ。さあ飛び込んでおいで」

俺「田村くん!!!」

俺「マミ!!!!!」