1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 12:48:25.00 ID:VWeodVUmP
母「何言ってんのよ!はやく準備しなさい!」

ブサ男「わかったよ…行ってきます」

ガチャ

高校

いじめッ子「ようブサ男!」ボカッ

ブサ男「うっ!」

いじめッ子「今日も不細工だな!」ドスッ

ブサ男「がはっ!」チーン

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 12:52:20.49 ID:VWeodVUmP
ブサ男の幼馴染み女「ちょっと止めてよ!あんた!」

いじめッ子「チッ!またテメーかよ。しらけるわ…」

幼馴染み「ちょっと、ブサ男大丈夫?」

ブサ男「ありがとう…大丈夫」

幼馴染み「またいじめられたら言いなよ!私が追い払ってやるから!」

ブサ男「ダサいな…俺」

グラッ

幼馴染み「ちょっと!ほんとに大丈夫!?」

ブサ男「ちょっとフラッとしただけ…大丈夫」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 12:54:05.05 ID:VWeodVUmP
次の日の放課後

ブサ男「(帰るか)…」

校門前

ブサ男「あれ…幼馴染み?」


幼馴染み「……」

イケメン先輩「俺と付き合ってほしい…好きだ幼馴染み」

幼馴染み「…はい」ポッ

ブサ男「え…?」

幼馴染み&イケ先「チュッ」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 12:55:32.05 ID:VWeodVUmP
ブサ男「……」

幼馴染み「あ!ブサ男…」

イケ先「ん?何こいつ?幼馴染みの友達?」

幼馴染み「いえ、ただのクラスメイトです…」


ブサ男「すいません…帰ります」

イケ先「こいつキモいから関わるのやめた方がいいぞ」

幼馴染み「全然関わりなんかないですよ!こんなキモいやつ…」

ブサ男「………」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 12:59:33.26 ID:VWeodVUmP
家にて

ピンポーン

母「あら!ひさしぶり!どうぞ上がって!」

トントン

ブサ男「はい…」

幼馴染み「あたし…」

ブサ男「……」

幼馴染み「今日はごめんなさい」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:00:34.62 ID:VWeodVUmP
ガチャ

ブサ男「なんのこと?」

幼馴染み「先輩のこと」

ブサ男「ああ…しょうがないよ…俺みたいなキモいやつとなんか関わってない方が良いさ」

ガチャ…バタン

幼馴染み「先輩の前だったから…」

ブサ男「はやく帰った方がいいよ…俺の家に来てるってばれたら怒られるよ」

幼馴染み「バカ………あたし…」

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:01:37.20 ID:VWeodVUmP
幼馴染み「おじゃましました」

母「幼馴染みちゃんもう帰っちゃうの?」

幼馴染み「宿題があるので…失礼します」

母「お隣なんだからいつでも来てよね?ブサ男友達は幼馴染みちゃんしかいないみたいだし…」


幼馴染み「はい」ズキッ

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:02:49.68 ID:VWeodVUmP
学校

いじめッ子「ブサ男!パン買ってこいや」

ブサ男「……勘弁して」

いじめッ子「何口答えしてんだ!」ドオオオン!

ブサ男「ううっ!」

幼馴染み「…………」チラッ

ブサ男「………」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:04:22.74 ID:VWeodVUmP
放課後

ブサ男「……」ガクッ…ガクッ…

イケ先&幼馴染み「ハハハハハハハハ」イチャイチャ

自宅にて

ブサ男「………」バタン

母「!!!!ブサ男!!!」


ブサ男「足が…足に力が入らない…!」ピクピク

母「ちょっと!救急車呼ぶから待ってて!」

ピーポーピーポーピーポー


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:05:28.69 ID:VWeodVUmP
看護師「検査が終わりました。先生から説明があるのでこちらへどうぞ」

母「はい…」

医師「どうぞ、そこへお掛けください」

母「あの子は!あの子は何かの悪い病気なんですか!?」ボロボロ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:06:14.97 ID:VWeodVUmP
医師「お子さま、ご家族様には大変つらいことだと思うのですが…お子さまの病気はALSという病気です」

母「ALS?」

医師「はい、筋萎縮性側索硬化症とも言います」

母「それは、どういう病気なんですか?」

医師「全身の筋肉が萎縮していきます。お子さまが歩けなくなったのはこのALSの症状でしょう。相当無理をなさっていたんだと思います」

母「ブサ男はどうなるんですか?」

医師「この病気に対する根本的な治療法は現在ありません。3年から4年で呼吸筋も麻痺してしまい人工呼吸器が必要になり、死に至ります」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:07:43.13 ID:VWeodVUmP
母「うそ…」

医師「少しでも進行を遅らせるようこちらも尽力いたします」

病室

母「ブサ男…大丈夫?」

ブサ男「母さん…俺の病気…何?普通の病気じゃないよね?」

母「…………」

ブサ男「治らないんだ…?」

母「…………」ポロポロ



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:08:40.29 ID:VWeodVUmP
ブサ男「何なんだよ!何か言ってくれよ!」

母「ALS…っていう病気らしいの…全身の筋肉が萎縮していくって…」ポロポロポロ

ブサ男「そっか…じゃあ俺…死んじゃうんだね…」ポロポロ

母「うぅ…ごめんなさい…ごめんなさい…ごめんなさい…」ポロポロポロ

ブサ男「うぅ…クソ…」ポロポロポロ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:09:56.86 ID:VWeodVUmP
次の日病室にて

母「とりあえず学校には事情説明したから」

ブサ男「うん…」

ガラガラ

先生「ブサ男!大丈夫か?」

ブサ男「先生…」

先生「事情は聞いt」

ブサ男「クラスの人には言わないでください」

先生「あ………わかった…言わない」
ブサ男「ありがとうございます」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:11:00.15 ID:VWeodVUmP
1週間後

ピピッ

ブサ男「ん?」

幼馴染み
件名:無題
本文:「最近学校来てないけど、どうしたの?体調悪いの?やっぱり学校…嫌?」

ブサ男「……」グッ

ブサ男
件名:無題
本文:「どうもないよ。ただ行きたくないだけ。もうメール送ってくんなよ。先輩とよろしくやっときな」

ピピッ

幼馴染み
件名:無題
本文:「もういい」

ブサ男「………」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:13:27.39 ID:VWeodVUmP
5か月後幼馴染み

イケ先「幼馴染みちゃん…帰ろうか」

幼馴染み「はい」

イケ先「今日俺んち寄ってかない?」

幼馴染み「え?でも…」

イケ先「いいじゃん!いいじゃん!」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:14:50.62 ID:VWeodVUmP
イケ先宅

イケ先「まあ適当にゆっくりして~」

幼馴染み「はい…」

イケ先「疲れたねー」

幼馴染みの隣にスッ

幼馴染み「あ…」

イケ先「………」

チュッ

ガバッ!


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:15:56.81 ID:VWeodVUmP
幼馴染み「ちょ!な!なんですか!」

イケ先「もう5か月経つしいいじゃん!」

幼馴染み「いや!」

モミモミモミモミモミモミ

幼馴染み「やめて!」

イケ先「いいじゃねえか!俺たち付き合ってるんだぜ!?」

幼馴染み「嫌!いやあ!」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:17:10.38 ID:VWeodVUmP
   スルー

クチュ

幼馴染み「あ…」

イケ先「  てんじゃん!気持ちいいんだろ?」

幼馴染み「あ…いや…!!!!!」

バチ-ン !

イケ先「ッッッテェ!! 」

イケ先「なにすんだよ!このアマァ!」

幼馴染み「帰ります…さようなら」


ガチャ…バタン!

イケ先「あんだよあいつ…つまんねえ」

幼馴染み「うぅ…なにやってんだろ…あたし」ポロポロポロ

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:18:46.76 ID:VWeodVUmP
次の日の放課後
幼馴染み「……?先輩?とかわいこちゃん?」

イケ先「かわいこちゃん今日俺家に来なよ!」

かわいこちゃん「ええ?でも先輩幼馴染みと付き合ってるじゃないですか~」

イケ先「浮気されちゃったんだよ~」
かわいこちゃん「うそぉー!幼馴染み誰と浮気してたんですかあ?」

イケ先「え?あ…あのブサ男ってやつだよ!!」

かわいこちゃん「サイテー」

幼馴染み「何言ってんのよ」ドクンドクン



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:20:43.94 ID:VWeodVUmP
次の日の学校

黒板

幼馴染みサイテー浮気ビ  !!不登校のブサ男と毎日    ざんまい!
幼馴染み「何よ…これ…」

クスクスクスクス

いじめッ子「帰ってさっさとブサ男と猿のように しとけ   よ!」

かわいこちゃん「先輩…昨日泣いてた…」グスン

かわいこ友「大丈夫だからね!かわいこ…」


ブチッ!

幼馴染み「何…言ってんのよ!くそが!」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:22:02.10 ID:VWeodVUmP
ガラガラ

先生「席につけー」

クラスメイトC「先生!幼馴染みちゃんが暴れてるんです!」

先生「ちょっと!幼馴染み!落ち着け!」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:24:04.91 ID:VWeodVUmP
職員室

先生「何があったんだ」

幼馴染み「何もありません」

先生「そんなわけないだろう…何かあるんならすぐ先生に言えy…」

幼馴染み「ブサ男は…何で学校に来ないんですか?」

先生「………来たくないそうだ…」

幼馴染み「不登校の生徒をほっとくなんて教師失格ですよ」

先生「…………」

幼馴染み「もう帰ります」

ガラガラ

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:25:52.69 ID:VWeodVUmP
帰り道

幼馴染み「うぅ…」グスン

ケータイパカッ

ピッピッピッピッ

病院

医師「ブサ男君の症状進行が早すぎる…こんなのはじめてだ」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:27:36.08 ID:VWeodVUmP
病室

ピピッ

ブサ男「あ…う…あ」

看護師「携帯ね。はいどうぞ」パカッ

幼馴染み
件名:無題
本文:今から家行って良い?

看護師「あら!女の子からじゃない
!ん?家?」

ブサ男「あ…う…(めんどくせえなこの看護師)」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:28:31.71 ID:VWeodVUmP
看護師「あ!コミュニケーションボード」

看護師「私が代わりに打とうか?」

ブサ男「…」

ポチ…ポチ

ジ…ブ…ン…デ

看護師「そっか…」

ピッ…ピッ…ピッ…



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:29:33.19 ID:VWeodVUmP
幼馴染み宅前

ピピッ

ブサ男
件名:無題
本文:何かかあたなさはやらはさかま?

病院

幼馴染み
件名:無題
本文:は?ほんとに頭おかしくなったの?もうすぐ着くから!

ブサ男「…(止めろよ)」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:31:41.68 ID:VWeodVUmP
ブサ男宅

ピンポーン

母「はい」

ガチャ

母「あ…幼馴染みちゃん」

幼馴染み「ブサ男君に会わせてください」

母「ごめんね…今誰にも会いたくないっt」

ズカズカ

幼馴染み「お邪魔します!」


母「ちょっと!幼馴染ちゃん!」

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:32:52.32 ID:VWeodVUmP
ドンドン!

幼馴染み「ちょっと!ブサ男!いるんでしょ?開けてよ!」グスン

幼馴染み「もう勝手に開けるよ!」

ガチャ





ガラン…


幼馴染み「え?」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:34:31.10 ID:VWeodVUmP
幼馴染み「おばさん!どういうことなんですか!?ブサ男はどこにいったの!?」

母「…病院」

幼馴染み「え?」

母「ブサ男は悪い病気なの…」グスン

幼馴染み「そんな…」ウルウル

幼馴染み「どこの病院なんですか!?」

母「○○病院よ…」

幼馴染み「ありがとうございます!」



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:35:41.65 ID:VWeodVUmP
学校

ガラガラ

先生「おい…これなんだよ…」

いじめッ子「ブサ男死んだのかなって思ってー花手向けてやったんだよーwwwwwwww 」


クスクスクスクスクスクスwwwwwwww


先生「…」

トントントン

いじめッ子「なんだよ…」

バチーン!

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:37:04.80 ID:VWeodVUmP
先生「ブサ男は…ブサ男はな!お前らがこうやってあいつのことで笑っている間も!病気と、闘ってるんだよ!!」ポロポロ

いじめッ子「え?」


ざわざわざわざわ

先生「…今日は自習だ」



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:38:29.19 ID:VWeodVUmP
病院

ガラガラ!

幼馴染み「ブサ男!」

ブサ男「!!!!あ…う」

幼馴染み「うそ……」

ブサ男「あ…う…あ(何で来たんだよ…こんな姿見られたら絶対引かれるよ)」



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:40:18.03 ID:VWeodVUmP
幼馴染み「あんた…話せないの?手も…足も…動かないの…?」

ブサ男「あ…う…(でも久しぶりだなあ…変わらないな…やっぱ可愛いわ…先輩とはまだ付き合ってんのかな?)」

幼馴染み「ごめん…ごめんなさい…」ポロポロ

ブサ男「あ…う…(泣くなよ…これでも俺は嬉しいんだぞ…あれ?)」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:41:51.58 ID:VWeodVUmP
ブサ男「…」ポロ

ブサ男「あああああ(何で俺泣いてんだよ、みっとない…)」ポロポロポロ

ブサ男「あ…う…あ(そうだコミュニケーションボード)」

ポチ…ポチ…ポチ…


幼馴染み「え?」

ア…リ…ガ…ト…ウ

幼馴染み「う…うぅ…うわあああああああん」ボロボロボロ

ブサ男「あ…あ(ずっと好きだったんだぞ…バカ野郎)」

ポチ…ポチ…ポチ…


fin


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:49:23.04 ID:VWeodVUmP
あとがき

先生「よう!ブサ男!久しぶりだな」

ブサ男「…」

先生「何か言ってくれよ…ブサ男…先生な…寂しいよ」

母「ありがとうございます。わざわざお参りにきていだいて」

先生「いえ…」グスン

母「本当にご迷惑お掛けしました」

先生「ブサ男君は本当に素晴らしい生徒でした…私が何もしてやれなかったのが本当に悔しいです」

母「そうでしょうか?あの子は…ブサ男はあの時先生が誰にも病気のことを言わなかったことを本当に感謝していましたよ」

先生「そう…ですか」



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 13:58:11.38 ID:VWeodVUmP
母「はい」

先生「そう…でず…が」ポロポロ

???「先生…とブサ男のおかあさん?」

先生「ん?いじめっこか…何でここに…」

いじめッ子「墓参りに…」

先生「そうか…お前が来るとはな」

いじめっこ「先生…ブサ男のおかあさん…すいませんでした!」

先生&母「え?」

いじめッ子「俺が…あいつを…いじめてたから…あいつは」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/08/28(水) 14:02:45.75 ID:VWeodVUmP
母「確かにあなたがあの子をいじめてたことは一生許せない…」

先生&いじめッ子「…」

母「でも今日あなたがここに来てくれたことは凄く嬉しいの…ブサ男も同じだと思う」

いじめッ子「う…うぅ」グスン

母「今からでも…ブサ男の友達になってくれる?」

いじめッ子「は…い」ポロポロ

先生「よく言ったな…いじめッ子…偉いぞ」