1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:26:00 RO.Xz0qw
ポヨン…

サシャ「おおおお!!すごく柔らかいです!」

ミーナ「私も触らせて……おおおお!?流石アニ!やわらかぁぁぁい…」

クリスタ「私も…!ふぉぉぉぉ…!?」

エレン「俺も俺も…すげぇぇぇえ…!!」

ユミル「ホントだ…すっげぇ柔らかいな…!」

アニ「そんなこと……ん?」


"
"

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:28:44 RO.Xz0qw
クリスタ「どうしたの、アニ?」

アニ「いや、なんか変な声が…」

サシャ「なんですか、それ…ププ…」

エレン「全く…アニは変なことを言うぜ…あー、やわらけー…」ムニムニ

アニ「!?」


3 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:30:35 RO.Xz0qw
アニ「エレン!!?」

サシャ「え?エレン?」

クリスタ「エレンがどうしたの?」

アニ「いや…ここに今エレンが…」

ミカサ「アニ…」

ミカサ「ないない、それはない…」フーッ

アニ「」イラッ


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:33:09 RO.Xz0qw
クリスタ「でも、ホントにエレンはいないよ?」

サシャ「第一、ここは女子寮ですしね…もしエレンがいたら営倉どころじゃないですよ!」

アニ「いや…そうなんだけどさ…」

ユミル「とりあえず今日はもう寝ようぜ、そろそろ教官が巡回にくるしよ」

アニ「あ、ああ…」


5 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:36:07 RO.Xz0qw
クリスタ「じゃあ、灯り消すよ~」

フッ…

アニ(はぁ…聞き間違いだったのかな…)

スゥー…

ハァー…

エレン「あぁー…アニの髪いい匂いだぁー…」ボソッ

アニ「きゃああああああああああああああ!!?」


"
"
6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:38:22 RO.Xz0qw
クリスタ「ああああ、アニ!!どうしたの!!?」

アニ「えええエレンが今ここに…!!」

アニ「……いない…?」

ユミル「おいいせっかく寝かけてたのによ!」

アニ「あ、あぁ…ごめん…」

クリスタ「じ、じゃあ灯り消すから…」

フッ…


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:40:14 RO.Xz0qw

...

アニ(なんだ…やっぱりいなかったのか…)

スゥー…

ハァー…

エレン「アニの髪うめぇ…」クチャクチャ

アニ「やっぱいるぅぅぅぅううう!!?」


8 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:42:51 RO.Xz0qw
ユミル「おい!!うっせーぞ!」

アニ「だだだだだって!!」

サシャ「」グゥー…

クリスタ「そんなにお化けが怖いなら私と一緒に寝る?」クスッ

アニ「お、おばけなんかじゃ…!」

アニ「でも…寝る」グスッ

クリスタ「うん、そうしよっか」ニコッ

クリスタ「じゃあ灯り消すよ?」

フッ…


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:46:02 RO.Xz0qw
アニ(あ、クリスタあったかい…)


アニ(このまま抱きついちゃお…)ギュ

クリスタ「ん…」クゥー

アニ(ふふ…もう寝ちゃってる…)

アニ(そろそろ私も…)

スゥー…

ハァー…

エレン「アニとクリスタの板挟みサイコォォ…」スリスリ

アニ「あぁぁぁぁああああああ!!!??」


10 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:48:34 RO.Xz0qw
ユミル「何度言えばすむんだ…?ええ…?」

アニ「だって…だって…!」グスッ

クリスタ「よしよし」

アニ「うう…」

クリスタ「明日は休みだし私が朝まで付き合うからね?もう大丈夫だよ?」

アニ「うう…クリスタぁ…」グスッ


11 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:52:33 RO.Xz0qw
~朝、食堂~

アニ「…はよぅ」

クリスタ「…おはよ」

ライナー「うわっ、2人ともクマが凄いぞ?昨日は寝たのか?」

クリスタ「えへへ…2人でお話してたらいつの間にか朝になっちゃてて…」

アニ「うん…」

エレン「おいおい…ほどほどにしとけよ…?」

アニ「!?」

エレン「ん?どうしたそんなに強張って?」

エレン「おかしいぞ?」ニコッ


12 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 05:58:15 RO.Xz0qw
エレン「はぁ~…今日は訓練が休みだからなぁ~…」

クリスタ「そんなに訓練がしたいんだね…ハハ」

エレン「立体起動は訓練中しか使えないからなぁ、アニの髪の毛も嗅ぎたいし」

クリスタ「個人で使うのは禁止されてるもんね」

ライナー「ん?」

ライナー「今アニの髪の毛も嗅ぎたいって…」

アニ「!?」

エレン「そんなこと言うわけないだろ?ハハハ」

ライナー「だよな!アハハハハハ」


13 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 06:02:33 RO.Xz0qw
ミカサ「エレン、早くご飯食べないと冷めちゃう」

エレン「あぁ、そうだな」

エレン「お、今日のスープは美味いな!流石アニの唾液を混ぜ込んだだけはあるぜ!」

アニ「!?」

ミカサ「私はそこまで…」

ライナー「俺もあんまり美味しくは感じないぞ?」

エレン「俺のにしか混ざってないからな、ハハハ」

ライナー「何がだよ!ハハハハハハ!!」

アニ「」ガタガタ


14 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 06:09:24 RO.Xz0qw
アルミンマルコ「エレン!!」バターン

エレン「!?」

エレン「ど、どうしたんだよお前ら…」

アルミン「エレン、君は僕達が作ったミカサ薬を勝手に飲んだね!?」

エレン「は?なんだそりゃ?」

マルコ「対象の相手へ対するあらゆるセクハラ攻撃を本人以外の人物に気づかれることなく実行できる薬だよ!」

アニ「!!」

アルミン「エレンの場合は鈍感だからミカサのセクハラに気づかないかもしれないけど…一般人がセクハラされると普通に気づいちゃうんだよ!?」

エレン「セクハラ?俺はただアニへ愛を注いでたはずだが…」

ミカサ「」




16 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 06:13:12 RO.Xz0qw
アニ「私が被害にあってる!助けて…!」

アルミン「と、とりあえずこの薬を飲むんだ!」

エレン「えぇー…」

マルコ「アニへの愛が深まるよ」

エレン「喜んで」ゴクッ

エレン「うっ…!?」


17 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/22(日) 06:15:30 RO.Xz0qw
エレン「…はぁ!?」

エレン「ん?なんだ?なんで俺は食堂に…?」

アルミン「戻った…!」

マルコ「やったねアルミン!」

アニ「よかった…これで…」

ライナー「…結局なんだったんだ…?」

クリスタ「さぁ?」