1 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/24(火) 14:07:30 lHMeb2g6
エレン「いてぇぇえ!!どこに刺してるの父さん!!」

グリシャ「エレン、動くんじゃない!」ブスッ

エレン「いてぇぇええぇ!!」

グリシャ「また動くから、薬が無くなってしまうだろ?」

エレン「その薬は何の薬なの!?」

グリシャ「今説明しても無駄なんだ!記憶障害が起こると言ってるだろ!」ブスッ

エレン「ああぁぁぁあぁあぁぁああ!!いてぇぇえ!」

グリシャ「大袈裟だぞエレン、まだ12回目だ」


"


4 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/24(火) 14:14:10 lHMeb2g6
エレン「もうやめてよ父さん!父さんは母さんが」ブスッ

エレン「いってぇぇ!!ふざけんなぁぁあ!」ジタバタ

グリシャ「だから動くんじゃない!いくら私が名医でも難しいだろ!」

エレン「しょっちゅう苦情がきて」ブスッ

エレン「いてぇって!喋ってる途中!」

グリシャ「うるさーい!!大人しくさされなさい!」ブスッ

エレン「痛い!痛いって!もうやめてよ!」

グリシャ「ならば大人しくしなさい!」ブスッ



"
6 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/24(火) 14:21:49 lHMeb2g6
グリシャ「はぁはぁ……まずい、そろそろ薬が空になってしまう……」

エレン「何で刺しながら薬押し出してるの!?確認してから」ブスッ

エレン「いってぇぇえ!話を最後まで聞けよ!この糞親父!!」

グリシャ「素人が指図するなぁ!!後実の父親に糞親父とは何事だ!」バシンッ

エレン「痛っ!何でぶつんだよ!」

グリシャ「躾だ!今まで私はお前を甘やかし過ぎたようだ!」

グリシャ「エレン、覚悟しなさい!」バシンッ


7 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/24(火) 14:27:36 lHMeb2g6
エレン「も、もうやめてよ父さん……」

グリシャ「反省したか?」

エレン「確かに糞親父は言い過ぎました、父さんごめんなさい」

グリシャ「そうか、わかってくれたか」

エレン「でも記憶障害が起こるなら殴らなくてもよかっ」ブスッ

エレン「いってぇぇえ!都合が悪くなったら刺さないでよ!」

グリシャ「もう少し躾が必要なようだ」バシンッ

エレン「痛っ!やめてよ父さん!」


9 : 以下、名無しが深夜にお送りします :2013/09/24(火) 14:41:21 lHMeb2g6
グリシャ「薬はこれで最後だ、エレン、大人しくしているんだぞ?」

エレン「」チーン

グリシャ「そうだ、動くんじゃないぞ?」ブスッ

グググッ

グリシャ「よしエレン、もう動いてもいいぞ?」

エレン「」

グリシャ「エレン?まあいい、この鍵を見る度に思い出すんだぞ?」




おわり