1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:19:20.86 ID:StOFdrfGO
路地裏にて……

アキ「その為に私はどうすればいいの? 答えなさい、ブルーノ!!」

ブルーノ「……素直にイチャイチャしたいって言えばいいんじゃないの?」

アキ「ソーン・ウィップ・ワン!」パチーン

ブルーノ「ぐわっ!?」

アキ「それが出来ないから聞いているの! 察しなさいよ!!」プンスカ


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:22:19.39 ID:StOFdrfGO
アキ(私は遊星に救われた……初めは感謝の気持ちだったけど、それは何時しか恋へと変わっていた)

アキ(今では遊星の事を想うだけでハートはバーニング、ホールは激流葬///)

アキ「でもこの想いを伝えるのは恥ずかしい……でもイチャイチャもしたい……どうすればいいの?」

ブルーノ「じゃあ直接的な方法はやめて、さりげなく伝える方法を考えるとかは……」

アキ「ソーン・ウィップ・ツー!!」パチーン

ブルーノ「がはっ!?」

アキ「遊星は病的なまでに恋愛に関しては鈍感なのよ! 遠回しに言っても伝わる訳がないじゃない!!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:25:31.81 ID:StOFdrfGO
アキ「もうなんであんなに鈍感なのかしら……脳みその代わりに蟹みそが詰まっているとしか思えないわ」

ブルーノ「な、ならもう色仕掛けで誘うとか?」

アキ「真面目に答えなさい! ソーン・ウィップ・スリー!!!」パチーン

ブルーノ「げはぁ!?」

アキ「まあ、その手も悪くはないわね。幸い私は遊戯王のヒロイン……スタイルは良い方だし」

ブルーノ(悪くないならなんで叩いたんだよ……)


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:29:30.38 ID:StOFdrfGO
アキ「でも遊星は 欲も低そうだから駄目ね……仮に裸で迫っても落ち着いた顔で『そんな恰好していると風邪ひくぞ』って上着貸してくれそうなのよね」

アキ「まあ、それはそれでカッコイイんだけどね。上着もクンカクンカできるし///」

ブルーノ「そ、そうだね。あはは」

アキ「真面目な話してるのに何笑ってるのよ! ソーン・ウィップ・フォー!!!!」パチーン

ブルーノ「あふぅん!!」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:32:48.97 ID:StOFdrfGO
アキ「アイライクユーの言葉なら言えるの。物理の相談をする事もできる……ああ、アイラブユーの言葉が言いたい……」

ブルーノ「な、ならもう取る手は一つしかないよ……」ヨロヨロ

アキ「何かしら?」

ブルーノ「それは……デュエルだよ」

アキ「デュエルですって?」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:36:40.93 ID:StOFdrfGO
ブルーノ「僕達はデュエリストだ。自分が欲しいもの、夢はデュエルで掴むべきだ」

ブルーノ「だから遊星との恋愛も、デュエルで掴むんだ!」

アキ「…………」

ブルーノ(ま、また叩かれるかな?)

アキ「……さすがね、ブルーノ。やはりあなたに相談してよかったわ」ニコッ

ブルーノ「アキさん!」ホッ

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:39:57.44 ID:StOFdrfGO
アキ「私、今から遊星の所に行くわ! そしてこのイチャイチャしたいという想いをデュエルで遊星に伝えてくる!!」

ブルーノ「頑張ってね。応援してるよ!」

アキ「ブルーノ、ありがとう。あなたがいなければこの方法に思い当たらなかった。だから……」





アキ「これはそのお礼よ! ラスト・ソーン・ウィップ!!!!!」パチィィン!

ブルーノ「イワァァァァク!!」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:45:09.86 ID:StOFdrfGO
…………

アキ(という訳で来てしまったわ、遊星達の住むガレージに……)

アキ(中から作業の音が聞こえるから遊星は居るわね)

アキ(そしてこの時間ならクロウはバイト中、ジャックは喫茶店でディスアド中……故に中に居るのは遊星だけだわ)

アキ(この扉を開ければ遊星が……大丈夫、何時もみたいに普通入れば良いんだから……)

アキ(ふ、普通に、入れば……)

アキ「あ、あわわ///」ガタガタ

アキ(き、き、き、緊張し過ぎてうまく動けない……)



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:49:39.76 ID:StOFdrfGO
アキ(落ち着け、落ち着きなさい、十六夜アキ。あなたはこんな弱い子じゃないでしょ?)

アキ(一年ちょっと前まではコートと仮面を装着して堂々と外で「私は魔女……破滅をもたらす黒薔薇の魔女(キリッ」とか言いながら破壊活動してたじゃない!
あれができたならこのくらいどうって事ないはずよ?)

アキ(そうだ、困った時はカードよ。カードは何時も私の味方……どんな困難も私はカードで乗り越えてきたのだから!!)


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:51:55.57 ID:StOFdrfGO
アキ「お願い、力を貸して、ブラック・ローズ・ドラゴン! ブラック・ローズ・ガイル!!」

ドゴォォォォン!!!


モブ1「なんだ、あの爆発は?」

モブ2「ポッポタイムの方からだぞ!」

モブ3「終わりだ! 世界の終わりだ!!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:53:32.66 ID:StOFdrfGO
アキ「…………」

アキ(や、やってしまった……ガレージが跡形もなく吹き飛んでしまった……)

アキ(これじゃあ中にいた遊星も……私、こんなつもりじゃあ……)ウルウル

アキ「ゆ、遊星ぇぇぇぇ!!」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 14:56:05.43 ID:StOFdrfGO
ブオォォォン!!

アキ「!」

アキ(煙の中から深紅のDホイールが飛び出した……遊星!?)

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 15:01:19.57 ID:StOFdrfGO
アキ「遊星、無事だったのね!」ダッ

遊星「…………」

アキ「ゆ、遊星?」

遊星「全て、吹き飛んでしまった……」

アキ「え?」

遊星「俺達の寝床も、パソコンも、工具も、カップ麺も、新型エンジンの設計図も、ついでにジャックのDホイールも……」

遊星「アキ……今の爆発、お前のブラック・ローズの力だよな?」

アキ「…………(滝汗」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 15:05:13.07 ID:StOFdrfGO
アキ(やばい、遊星確実に怒ってる……違うの、私そんなつもりなかったの)

遊星「なぜこんな事をした、アキ?」

アキ(私は……私は……)

遊星「アキ、答えてくれ?」

アキ「…………」

アキ「……ふふふ、あははははははは!!」

遊星「!」

アキ「忘れたの、遊星? 私は魔女、黒薔薇の魔女……人の痛みは私の喜びなのよ!!」

遊星「なんだって? アキ、お前はまた心の闇に囚われたというのか!?」

アキ(……何言ってんだろ、私)



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 15:08:56.70 ID:StOFdrfGO
アキ「私は所詮呪われた力を持つ女なのよ! だから全てを、この目に映る全てを破壊してやるわ!!」

遊星「目を覚ませ、アキ! どうしてこんな……ハッ!」

遊星「そうか、イリアステル……イリアステルがお前に何かしたんだな?」

アキ「…………」

アキ「そうよ、全てはイリアステルの為に!!」

遊星「おのれ、イリアステル……俺達の絆を壊そうというのか!」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 15:13:36.07 ID:StOFdrfGO
遊星「アキ、お前がイリアステルによって憎しみを植え付けられたというのなら」

遊星「そんなもの全部吐き出せ! 俺が何度でも受け止めてやる!!」キリッ

アキ(遊星!)ドキーン

アキ「ふ、ふん。御託は良いわ。さあ、私を止めたければデュエルで勝負よ!!」

遊星「いくぞ、アキ! 俺がお前の目を覚まさせてやる!!」

アキ(遊星、私やっぱりあなたの事……)

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 15:15:31.79 ID:StOFdrfGO
…………

アキ(こうして私は遊星とデュエルを行う事ができた)

アキ(この一件で新型エンジンの開発が大幅に遅れたり、ジャックは大会までにDホイールの修理が終わらず走って参加する事になったりしたけど)

アキ(私と遊星の距離は確実に縮まった気がする)

アキ(だけど私はこれで終わらせるつもりはない。もっともっと、遊星との距離を縮める。そして……)


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/24(火) 15:18:01.78 ID:StOFdrfGO
アキ「何時の日か必ず、遊星とイチャイチャしてみせるわ!」